議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 柏崎市

平成17年第1回定例会(第3日目 2月28日)




平成17年第1回定例会(第3日目 2月28日)




               目        次


 開 議 時 刻 …………………………………………………………………………  7


 日 程 第 1 …………………………………………………………………………  7


 日 程 第 2 …………………………………………………………………………  7


 日 程 第 3 ………………………………………………………………………… 65


 日 程 第 4 ………………………………………………………………………… 65


 日 程 第 5 ………………………………………………………………………… 65


 日 程 第 6 ………………………………………………………………………… 65


 日 程 第 7 ………………………………………………………………………… 66


 日 程 第 8 ………………………………………………………………………… 66


 日 程 第 9 ………………………………………………………………………… 66


 日 程 第10 ………………………………………………………………………… 66


 日 程 第11 ………………………………………………………………………… 67


 日 程 第12 ………………………………………………………………………… 67


 日 程 第13 ………………………………………………………………………… 67


 日 程 第14 ………………………………………………………………………… 67


 日 程 第15 ………………………………………………………………………… 67


 日 程 第16 ………………………………………………………………………… 67


 日 程 第17 ………………………………………………………………………… 67


 日 程 第18 ………………………………………………………………………… 67


 日 程 第19 ………………………………………………………………………… 67


 日 程 第20 ………………………………………………………………………… 67


 日 程 第21 ………………………………………………………………………… 67


 日 程 第22 ………………………………………………………………………… 67


 日 程 第23 ………………………………………………………………………… 67


 日 程 第24 ………………………………………………………………………… 67


 日 程 第25 ………………………………………………………………………… 67


 日 程 第26 ………………………………………………………………………… 67


 日 程 第27 ………………………………………………………………………… 67


 日 程 第28 ………………………………………………………………………… 67


 日 程 第29 ………………………………………………………………………… 67


 日 程 第30 ………………………………………………………………………… 68


 日 程 第31 ………………………………………………………………………… 68


 日 程 第32 ………………………………………………………………………… 68


 日 程 第33 ………………………………………………………………………… 68


 日 程 第34 ………………………………………………………………………… 68


 日 程 第35 ………………………………………………………………………… 68


 日 程 第36 ………………………………………………………………………… 68


 日 程 第37 ………………………………………………………………………… 68


 日 程 第38 ………………………………………………………………………… 68


 日 程 第39 ………………………………………………………………………… 68


 日 程 第40 ………………………………………………………………………… 68


 日 程 第41 ………………………………………………………………………… 68


 日 程 第42 ………………………………………………………………………… 69


 日 程 第43 ………………………………………………………………………… 69


 日 程 第44 ………………………………………………………………………… 69


 日 程 第45 ………………………………………………………………………… 69


 日 程 第46 ………………………………………………………………………… 69


 日 程 第47 ………………………………………………………………………… 69


 日 程 第48 ………………………………………………………………………… 69


 日 程 第49 ………………………………………………………………………… 69


 日 程 第50 ………………………………………………………………………… 69


 日 程 第51 ………………………………………………………………………… 69


 日 程 第52 ………………………………………………………………………… 69


 日 程 第53 ………………………………………………………………………… 69


 日 程 第54 ………………………………………………………………………… 69


 日 程 第55 ………………………………………………………………………… 70


 日 程 第56 ………………………………………………………………………… 70


 日 程 第57 ………………………………………………………………………… 70


 日 程 第58 ………………………………………………………………………… 70


 日 程 第59 ………………………………………………………………………… 70


 日 程 第60 ………………………………………………………………………… 70


 日 程 第61 ………………………………………………………………………… 70


 日 程 第62 ………………………………………………………………………… 70


 日 程 第63 ………………………………………………………………………… 71


 日 程 第64 ………………………………………………………………………… 71


 日 程 第65 ………………………………………………………………………… 71


 日 程 第66 ………………………………………………………………………… 71


 日 程 第67 ………………………………………………………………………… 71


 日 程 第68 ………………………………………………………………………… 71


 日 程 第69 ………………………………………………………………………… 71


 日 程 第70 ………………………………………………………………………… 71


 日 程 第71 ………………………………………………………………………… 71


 日 程 第72 ………………………………………………………………………… 72


 日 程 第73 ………………………………………………………………………… 72


 日 程 第74 ………………………………………………………………………… 72


 日 程 第75 ………………………………………………………………………… 72


 散 会 時 刻 ………………………………………………………………………… 73


 署 名 議 員 ………………………………………………………………………… 73





          平成17年第1回柏崎市議会定例会会議録


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


           平成17年 2月28日(月)第3日目


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


                議事日程第3号


           平成17年 2月28日午前10時開議





第 1         会議録署名議員の指名


第 2(議第 29号) 平成17年度一般会計予算


第 3(議第 30号) 平成17年度国民健康保険事業特別会計予算


第 4(議第 31号) 平成17年度老人保健特別会計予算


第 5(議第 32号) 平成17年度介護保険特別会計予算


第 6(議第 33号) 平成17年度土地取得事業特別会計予算


第 7(議第 34号) 平成17年度墓園事業特別会計予算


第 8(議第 35号) 平成17年度下水道事業特別会計予算


第 9(議第 36号) 平成17年度農業集落排水事業特別会計予算


第10(議第 37号) 平成17年度ガス事業会計予算


第11(議第 38号) 平成17年度水道事業会計予算


第12(議第 39号) 部制条例の一部を改正する条例


第13(議第 40号) 行政手続条例の一部を改正する条例


第14(議第 41号) 情報公開条例の一部を改正する条例


第15(議第 42号) 個人情報保護条例の一部を改正する条例


第16(議第 43号) 職員定数条例の一部を改正する条例


第17(議第 44号) 職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部を改正す


            る条例


第18(議第 45号) 職員の懲戒の手続及び効果に関する条例の一部を改正する条例


第19(議第 46号) 職務に専念する義務の特例に関する条例の一部を改正する条例


第20(議第 47号) 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例


第21(議第 48号) 職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例


第22(議第 49号) 市民会館条例等の一部を改正する条例


第23(議第 50号) 行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例


第24(議第 51号) 手数料条例の一部を改正する条例


第25(議第 52号) 廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例


第26(議第 53号) 柏崎市が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調査


            結果の縦覧等の手続に関する条例


第27(議第 54号) 斎場条例


第28(議第 55号) 消防本部及び消防署設置条例


第29(議第 56号) 火災予防条例


第30(議第 57号) 知的障害児施設さざなみ学園設置条例


第31(議第 58号) 養護老人ホーム御山荘設置条例


第32(議第 59号) 市立児童館設置及び管理に関する条例を廃止する条例


第33(議第100号) 元気館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例


第34(議第 60号) 農業委員会の部会の定数条例の一部を改正する条例


第35(議第 61号) 文化財保護条例の一部を改正する条例


第36(議第 62号) 文化財調査審議会設置条例の一部を改正する条例


第37(議第 63号) 企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改正する


            条例


第38(議第 64号) ガス供給条例の一部を改正する条例


第39(議第 65号) 上水道事業給水条例の一部を改正する条例


第40(議第 66号) 簡易水道事業給水条例の一部を改正する条例


第41(議第 67号) 工業用水道事業給水条例の一部を改正する条例


第42(議第 68号) 公の施設の指定管理者の指定について


第43(議第 69号) 公の施設の指定管理者の指定について


第44(議第 70号) 公の施設の指定管理者の指定について


第45(議第 71号) 公の施設の指定管理者の指定について


第46(議第 72号) 公の施設の指定管理者の指定について


第47 議第 73号) 公の施設の指定管理者の指定について


第48(議第 74号) 公の施設の指定管理者の指定について


第49(議第 75号) 公の施設の指定管理者の指定について


第50(議第 76号) 公の施設の指定管理者の指定について


第51(議第 77号) 公の施設の指定管理者の指定について


第52 議第 78号) 公の施設の指定管理者の指定について


第53(議第 79号) 公の施設の指定管理者の指定について


第54(議第 80号) 柏崎市、高柳町、小国町、刈羽村、西山町及び出雲崎町の公の


            施設の相互利用に関する協定の廃止について


第55(議第 81号) 柏崎市、高柳町、刈羽村、西山町及び出雲崎町の公の施設の相


            互利用に関する協定の締結について


第56(議第 82号) 柏崎市刈羽郡介護認定審査会を共同設置する普通地方公共団体


            の数の減少及び柏崎市刈羽郡介護認定審査会共同設置規約の変


            更について


第57(議第 83号) 柏崎市刈羽郡介護認定審査会を共同設置する普通地方公共団体


            の数の減少及び柏崎市刈羽郡介護認定審査会共同設置規約の変


            更について


第58(議第 84号) 柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会を共同設置する普通地方


            公共団体の数の減少及び柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会


            共同設置規約の変更について


第59(議第 85号) 柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会を共同設置する普通地方


            公共団体の数の減少及び柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会


            共同設置規約の変更について


第60(議第 86号) 北陸自動車道の救急業務に係る関係関連事務の受託の廃止につ


            いて


第61(議第 87号) 消防に関する事務の受託について


第62(議第 88号) 消防に関する事務の受託について


第63(議第 89号) し尿の収集運搬・し尿処理に関する事務の受託について


第64(議第 90号) ごみ処理・最終処分場に関する事務の受託について


第65(議第 91号) 火葬に関する事務の受託について


第66(議第 92号) 新潟県立こども自然王国の管理及び運営に関する事務の受託に


            ついて


第67(議第 93号) 休日急患診療に関する事務の受託の廃止について


第68(議第 94号) 休日急患診療に関する事務の受託の廃止について


第69(議第 95号) 財産の減額貸付及び無償貸付について(土地及び建物)


第70(議第 96号) 市道路線の廃止について


第71(議第 97号) 市道路線の認定について


第72(請第  1号) サービス利用の制限や負担増など介護保険の改悪に反対し、改


            善を求める請願


第73(請第  2号) 国家公務員の「地域別給与」への改悪を行わず、地方財政の確


            立と充実を求める請願


第74(議第  3号) 被災者生活再建支援法の改善等に関する意見書提出を求める請


            願


第75         諸般の報告


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


本日の会議に付した事件


議事日程に同じ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


出席議員(28人)


                 議 長(23番)今   井   元   紀


                 副議長(27番)霜   田       彰


 1番 若   井   洋   一     2番 宮   崎   栄   子


 3番 笠   原   浩   栄     4番 高   橋   新   一


 5番 矢   部   忠   夫     6番 荒   城   彦   一


 7番 佐   藤   敏   彦     8番 飯   塚   寿   之


 9番 池   田   千 賀 子    10番 持   田   繁   義


11番 五 位 野   和   夫    12番 若   井   恵   子


13番 真   貝   維   義    14番 遠   藤       清


15番 本   間   厚   幸    17番 金   子   錦   弥


18番 武   藤   司   郎    20番 五 十 嵐   直   樹


21番 丸   山   敏   彦    22番 小   池       寛


24番 三 井 田   孝   欧    25番 中   村   明   臣


26番 入   沢   徳   明    28番 坂   井   隆   雄


29番 戸   田       東    30番 梅   沢       明


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


欠席議員(1人)


16番 吉   野   芳   章


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


欠  員(1人)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


職務のため議場に出席した事務局職員


事務局長  茂  野  信  之   事務局長代理   阿  部  忠  夫


庶務係長  佐  藤  世志光    議事調査係主任  高  橋  和  行


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


説明のため出席した者


    市    長           会 田   洋


    助役(産業振興部長)       若 山 正 樹


    収 入 役            伊 藤 要 一


    総合企画部長           品 田 正 樹


    総合企画部参事          北 原   恵


    市民生活部長           山 田 信 之


    福祉保健部長           大 谷 正 利


    都市整備部長           田 村 史 朗


    人事課長             清 水 紀 彦


    財務課長             村 木 正 博


    企画政策課長           山 田   秀


    市町村合併対策室長        須 田 幹 一


    情報化総合戦略室長        渡 部 智 史


    税務課長             長 井 武 彦


    防災・原子力安全対策課長     布 施   実


    市民活動支援課長         高 橋 敏 郎


    市民課長             入 江 洋 一


    環境政策課長           酒 井   明


    福祉課長             渡 辺   仁


    介護高齢対策課長         猪 爪 一 郎


    子ども課長            霜 田 直 幸


    国保医療課長           泉   満 彦


    元気支援課長           遠 山 和 博


    観光交流課長           堀   敏 昭


    商工振興課長           三井田   隆


    農林水産課長           内 山   均


    国営土地改良事業推進室長     徳 永 忠 正


    下水道課長            近 藤 清 信


    ガス水道局長           歌 代 俊 樹


    ガス水道局業務課長        小 竹 省一郎


    教育長              小 林 和 徳


    教育次長             山 田 哲 治


    教育委員会教育総務課長      真 貝 清 一


    教育委員会学校教育課長      山 本 甚 一


    教育委員会生涯学習・体育課長   永 井 郁 雄


    教育委員会文化振興課長      小 林 清 禧


    農業委員会事務局長        荒 木 邦 栄


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


               午前10時00分 開議


○議長(今井元紀)


 ただいまから本日の会議を開きます。


 ただいまの出席議員数は28人です。


 欠席届は、吉野芳章議員です。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第1 会議録署名議員の指名


○議長(今井元紀)


 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、宮崎栄子議員及び真貝維義議員を指名いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第2(議第 29号) 平成17年度一般会計予算


○議長(今井元紀)


 日程第2 平成17年度一般会計予算を議題といたします。


 提案理由の説明は終わっていますので、これより質疑に入ります。


 最初に、総括質疑を行います。


 あらかじめ6人の議員から発言の通告がございますので、順次、これを許可いたします。


 念のために順番を申し上げます。


 五十嵐議員、笠原議員、飯塚議員、霜田議員、持田議員、真貝議員、そういう順番ですので、御承知ください。


 それでは、五十嵐議員。


○20番(五十嵐直樹)


 おはようございます。


 議第29号平成17年度一般会計予算について、会派を代表して、総括質疑をさせていただきます。


 平成17年度の地方財政計画では、対前年度比1.1%減の規模に抑え、三位一体改革の一環として、一般財源に結びつく国庫補助負担金を1兆1,239億円とし、うち1兆1,160億円を所得譲与税及び税源移譲予定特例交付金として税源移譲する。一方、地方交付税総額は対前年度比0.1%の増加であり、これに地方税と臨時財政対策債を加え、一般財源も微増しています。


 国の前年並みという財源措置にもかかわらず、柏崎市においては、災害復旧のための財政支出が多くなることや、原子力発電所に係る固定資産税が約5億円減額になることなどで、前年にも増して財源難に直面していると言われている中で、平成17年度一般会計当初予算は385億7,000万円で、前年度に対し、3億3,000万円減額であり、率にしてマイナス0.8%の予算編成でありますが、16億円の借換債分を除いた金額で比較すると、実質的には、前年度に比較して12億7,000万円増額予算を編成されたと言われています。


 柏崎市は、市制を施行して、平成17年が66年目になるのかと思いますが、今まで65年の歴史の中で、減額予算がなされたのは、過去8度の経緯があります。私は、財源難や災害復旧を最優先にした予算編成であることは、よく承知いたしておりますけれども、そのために既存事業の継続が中心となり、施設の改修事業が先送りになったり、新規事業も抑制されたり、いろいろな事情も承知の上で申し上げさせていただければ、願わくば、一歩と言わずとも、半歩前進した予算編成であってほしかったと感じるところであります。市長は、市長になって初めての予算編成をされたわけでありますが、率直なお気持ちをお聞かせいただきたいと、こう思っております。


 また、新年度予算の編成を前に、16年度において、災害復旧に係る事業について、国庫補助金等の財源の取り込みに全力を注いだり、平成16年度補正予算で措置することにより、平成17年度予算編成における一般財源への影響を極力少なくすること等に努めた努力は、認めるところであります。平成15年度末に、ようやく積み増しを終えた公共用施設維持管理基金を、原発関連交付金の利用目的の柔軟化や、財源不足により条例を廃止したり、新たに制定をしたりして、財源の有効活用ということで、公共施設管理基金及び財政調整基金から合わせて7億円、その他の基金から1億7,000万円取り崩して財源に充てております。市長は、今年度の予算編成は、例年にも増して厳しい状況下での作業を強いられたと言われておりますが、この50億円がなかったらどうなっていたのだろうかとも考えるところであります。また、積み増しするだけが得策と言えないところであると思いますけれども、毎年、17年度ペースで取り崩せば、五、六年しかもたないのではないのかと感じるところであります。今後、この基金が、どう維持、推移していくのか心配もあるところであります。基金の今後の方向性について、お聞かせをいただきたいと思います。


 また、健全財政を持続するためには、三位一体の改革による地方財政への影響は、税源移譲に象徴されるように、地方独自の財源確保と財政運営が求められてくると言われています。それを乗り切るためには、自己責任と自己決定に基づくゼロベースからの事業選択が必要で、合併を契機に、市が担うすべての事務を点検し、健全財政が今後、持続できるよう、市政運営に留意していくとも申しているわけでありますが、西山町、高柳町との合併、そして、市が担うすべての事務を点検する事務作業は、大変なものがあると思うのでありますが、その取り組みについては、施政方針の中で触れられておりますが、いかがなものでありますか。


 また、市長は、「厳しい財政状況は、来年度以降も続くことは明白であり、今後はさらなる行財政改革に取り組むとともに、相当以上の覚悟を持って臨まなければならないとの決意を新たにしている」と施政方針で述べております。予算編成を終え、これから審議に入るところでありますが、この厳しい財政状況が、来年度以降、どのような財政見通しになっていくのか、あわせてお聞きいたします。


 3番目と4番目が1番に関連しますので、2番は後回しにさせていただいて、3番から先させていただきます。


 次に、経常費の今後の動向について、お尋ねいたします。


 経常費の削減については、前年度、あるいは、それ以前からの課題でありました。いかに経常費を減らし、需用費とのバランスを保てるのか、難儀なところであります。平成17年度の経常費は、総額、割合ともに、金額的には減っていますが、内容は前年度の借換債という特殊要因によるもので、それを差し引くと予算額は増加しているところであります。予算における経常費は、年々増加傾向にあり、市民の要望の多様化や都市基盤整備が進み、維持管理経費の増加などによるもので、限られた財源の中で、経常費の増加は、市の財政の硬直化につながると言われております。そのために、事務事業を初めとする行政運営全般の見直しや人件費の削減、市民負担のあり方等を検討する必要性があると感じます。


 ここで平成15年度からの数字で申し上げますが、数字だけで物を申すのは少し乱暴なものがあるのかもわかりません。きちんと内容を精査した上で申し上げるべきものかもしれませんが、主なものを申し上げます。総務費は3カ年連続して増加傾向にありまして、その総増額は5億6,055万9,000円。民生費も3年度ともに増額で、総増額は5億3,698万4,000円であります。次に、農林水産業費は減額あり、あるいは、増額ありでありまして、商工費も同じような傾向であります。また、土木費は3カ年減額された予算でありまして、減額総額が最も多く、13億1,258万1,000円であります。教育費も増減ありの予算編成となっておりますが、増額傾向にあるものはふえ続け、減額傾向にあるものは減り続け、数字の上だけでは、偏った予算編成のように感ずるところもあります。


 市長は、施政方針において、先ほども少し触れましたが、事務事業を初めとする行政運営全般の見直し、第三セクターなどのほか、民を支援する公のあり方、行政と民間、市民との役割分担や協働のあり方、指定管理者制度を導入した施設管理のあり方などの検証や、職員定数管理の適正化等を図るため、新たに第三次行政改革大綱を今年度策定し、むだを省いた、効率的で効果的な行政運営を目指すと述べておられます。その取り組みについて伺うものであります。また、今後、その経常費の動向についても、お伺いをいたしたいと思います。


 次に、歳入の今後の見通しとなる方向性について、お聞きをいたします。


 平成17年度の歳入については、市民税の法人分は、市内の一部、工業界で前年度が穏やかな回復傾向にあり、受注の活発化が見られ、実績も好調なことなどにより、前年度比5.7%増を見込み、固定資産税では、土地の地目異動や、地価の下落修正及び負担調整等の増により、前年度比6.7%増、家屋は新築や増築家屋の増加によって1.6%の増となり、ほかに地方譲与税や地方交付税、使用済核燃料税等の増額を見込んだものの、市民税の個人分は、地震災害の影響を考慮して前年度比0.9%の減、固定資産税の原子力発電所の償却資産分に係る恒常的な減額約5億円などにより、歳入合計は対前年度3億3,000万円の減額であり、今後においても、国の三位一体改革に伴う地方交付税や補助金等の削減などにより、次年度以降も財政難は続くものと予想されます。平成17年度の予算編成を終えて、まだ間もないところであり、また、その予算審議が、これからまさに始まろうとしている時点では、確たることが言えない現状であるのかと考えるところでありますが、今後も、歳入不足や市民ニーズの多様化と増加等により、歳出の経常的な増加を考えると、現時点で今後の歳入の見通し、方向性を伺うものであります。


 諸事業の見直しの取り組みについて、お伺いをいたします。


 先ほど経常費の関係でも述べましたが、行政運営全般の見直し等は、相当な労力や時間を費やす大変な作業であると思いますが、柏崎市の財政状況を考えると、避けて通れない作業とも感ずるところであります。ミニ新幹線構想の実現性については、市長は、疑問があるものの、関係自治体や団体で構成されている会の成り立ち等を考えると、継続して加入するとして、あわせて、柏崎市が高速交通体系のもとで陸の孤島とならないよう、交通の利便性の確保のために力点を置いていくとしております。フロンティアパーク事業については、議会議決を踏まえて、2カ年間継続して、さらなる発掘調査をし、敷地内の製鉄遺跡の保存との整合性を図り、改めて議会へ示す考えを述べられ、柏崎・夢の森公園の整備については、施設整備、管理運営の両面を見直し、スリム化を図るため、東京電力と具体的な協議に入っているとし、近いうちに議会に説明あるとしていますが、いずれも相手があり、市だけの考えを持って成立する話でないと思いますし、議会との関係もあり、この諸事業の見直しの取り組みについて伺うものであります。


 これで第1回目の質疑を終わらせていただきます。


○議長(今井元紀)


 市長。


○市長(会田 洋)


 おはようございます。


 五十嵐議員の御質問にお答えをしたいと思います。


 まず、私の方から総括的なことについてお答えをして、具体的、個別の問題につきましては、関係部課長の方から御答弁を申し上げたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


 まず、最初に、17年度の予算編成、これを踏まえてどうであったかという、率直な気持ちを聞かせろということでございます。


 既に、17年度予算、17年度の施政についての方針は、前回、本会議で申し上げたところでございます。今もいろいろと御指摘がございましたけれども、この17年度の予算、あるいは、今後の財政見通し等も含めて、ちょっと申し上げますが、既に申し上げておりますように、今、例えば、三位一体の改革、あるいは、市町村合併、こういったものの進行によりまして、1つは、国と地方との関係が、今、大きく変わりつつあるというふうに思うわけでございます。別の言い方をしますと、これまでのように、国に頼って財政運営をするわけには、なかなか、いかなくなってくる。国もお金のない時代、あとは、自治体が自己責任、自主性を持って市政運営、財政運営を行っていかなければいけない、こういう時代に、今、入りつつあるわけでございます。あわせて、柏崎市にとりましては、その大きな歳入の柱でございました原子力発電所からの固定資産税、これが逓減をする、そういう時期にあるわけでございます。そんな中で、これまでと同じような発想で、これからは、市政の運営はなかなか難しいのではないかというふうに考えているところでございまして、確かに健全財政の堅持、これは非常に大事な、十分に注意をしていかなければいけないことでございますけれども、問題は、やっぱり、その中身、いかにして、市民の福祉の向上、市の発展のために、限られた財源を振り分けていくか、あるいは、負担と給付の関係を、今後、どういうふうにつくり上げていくのか、そういう今、新たな岐点に立っているのではないかなというふうに思っているところでございます。


 そういった意味で、これから行財政改革、あるいは、新たな総合計画、立案をする中で、また、議会を初め、市民の皆様方とも十分御相談をしていかなければいけないというふうに思っておりますけれども、まさに行政の役割、市が果たすべき役割、あるいは、公と民間との役割分担、市民と行政とのかかわり合い、協働、あるいは、その役割分担、こういったものも含めて、改めて、いろいろと検討をしていかなければいけないというふうに考えているところでございまして、そういった点も含めて、この17年度予算の中では、必ずしも1からそういった点検ができたわけではございませんが、今後、十分、時間をかけながら、健全財政の維持にも留意をしながら、これからの市の行政のあり方、市民の皆さんとのかかわり、こういったものを検討していく必要があるかなというふうに思っているところでございます。


 まだ言葉が足りないようでしたら、また、後で、補足をさせていただきたいと思います。


 それで、そんな観点で申し上げますと、先ほどお尋ねのありましたミニ新幹線の問題、あるいは、夢の森公園、これについても、これまでの延長ではなくて、ここで一度見直しが必要だというのが私の基本的な考え方でございます。


 ちょっと順番があれでございますが、まず、夢の森公園につきましては、趣旨については、既に申し上げているとおりでございますが、将来の市民の皆さんの負担をできるだけ軽減する形で計画の見直しをしたいというふうに考えておりまして、既に1月から、寄附者でございます東京電力と協議に入っております。東京電力は副所長及び担当者、市の方からは都市整備部長及び担当者で、検討会を設けてきておりまして、検討スケジュールの調整、あるいは、検討課題の整理、関係者への説明方法等について、まずは協議をしてまいっております。2月にも2回目の検討会を行っておりますが、この中で、柏崎市といたしましては、東京電力に対しまして、寄附金として15億円というお金が提供されることになっておりますけれども、少なくとも今のフレームでは十五、六年しか維持管理もたないということになっておりますが、これをせめて倍の30年程度、維持管理行えるようにフレームを見直せないかということを申し入れております。


 つまり1つは、現在計画されております、これから進めようとしております、建物等の施設整備について、まず見直しを行っていただいて、経費の節減を図っていただきたい。それから、維持管理、これについても、できるだけ地元の皆さんを中心にして、自主的に運営管理ができるように、経費の節減を図るということで、先ほど申し上げました30年程度、維持管理運営できるように、施設整備、建設費等の減額分については、先ほどの15億円に、さらにプラスをして、上乗せできないものかということも含めて、申し入れをしているところでございます。これらのフレームの見直しにつきましては、基本的には、これまで進めてきております環境共生公園のコンセプト、環境学校、自然環境の保全、あるいは、自然との共生、地元の皆さんを含めて、さまざまな自主的な活動、ボランティアの活動をベースにした運営と、こういったコンセプトについては、そのまま尊重しながら、今申し上げたフレームの見直しを進めさせていただいております。3月にも検討会を行うこととしておりまして、なるべく早い時期に、この検討の成果、見直し案を作成をして、関係する皆さん、あるいは、市民の皆さんにも御説明をして、合意をいただきたいと思っておりますし、議会には、できれば6月議会には、その内容について説明をさせていただけるように、作業を進めてまいりたいというふうに思っているところでございます。この見直しの内容によりましては、予定をしております平成18年春の開園、これがおくれることになるかもしれませんが、このスケジュールの点についても、今、検討を、あわせて、しているところでございます。


 ミニ新幹線の問題につきましては、これも施政方針演説で述べさせていただいたところでございます。今後は、特に信越本線の高速化や、あるいは、この柏崎地域の鉄道利便性の向上に向けて、どういった取り組みが必要であるか、これを、上越新幹線直行特急早期実現期成同盟会、この中で、関係者と協議を行いながら、検討を進めてまいりたいというふうに思っております。特に、北陸新幹線が、10年後には、金沢まで運転がされるという時期が迫ってまいります。そういうことになりますと、今の上越新幹線、そして、北陸新幹線のはざまにあって、この柏崎地域が交通の谷間となるという懸念は、十分あるわけでございますので、あるいは、新潟県といたしましても、県土の分断といいますか、縦の交通体系を、今後、どうしていくのかという大きな課題もあるわけでございますので、今後、そういった両新幹線を結ぶ信越本線の高速化、あるいは、利便性の向上策、こういったもの、例えば、両新幹線に確実に接続をできる、優先列車の、優等列車を走らせるとか、いろいろと新たにとり得る手段について、検討をしてまいりたいというふうに思っております。新年度、この同盟会の予算を計上しておりますが、この同盟会の場でも私の考え方を述べて、会長である知事を初め、会員の皆様方と意見交換をして、上越・柏崎・長岡間の鉄道利便性の向上策を、今後、見出してまいりたいというふうに考えております。


 それから、フロンティアパーク事業についてでございます。これにつきましても、今、事業者であります中小企業基盤整備機構と協議を進めております。基本的考え方は、施政方針演説の中でも申し上げておりますが、もう少し具体的に申し上げますと、これまで現状保存として下ケ久保C遺跡を中心に1,400平米保存をするということで、あとは記録保存という、今、考え方で、議会でも御承認をいただいておりますが、この1,400平米の部分をもう少し広げて、少なくとも公園として整備できるぐらいの面積が確保できないか、保存できないかというふうに考えております。あわせまして、フロンティアパーク事業に支障のない範囲で、周辺部で、しかも、意味のある、価値のある遺跡の部分、これもあわせて現状保存ができないものか、それも検討をしているところでございます。ただいま精力的に、いろいろと協議・検討をしておりますが、まだ具体的に整備機構の方と合意に達しておりませんが、できれば、3月中には方向を出していきたいと。具体的な面積、現状保存をする面積、あるいは、それに伴います費用負担や財源の問題、これがまだ課題として残っておりますので、それらの方向が出ましたら、速やかに議会の皆様方に御報告・御提案を申し上げ、御理解をいただければありがたいなと、こんなふうに思っているところでございます。


 とりあえず私の方からは以上で、あとは関係部課長から答弁を申し上げます。


○議長(今井元紀)


 総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 自席で御答弁をさせていただくことをお許しいただきたいと思います。


 五十嵐議員の、17年度予算に関する今後の財政健全化と財政見通しということと、それから、3番目、経常費の動向、歳入の今後の見通し、これについて、私の方から、私の立場で若干説明をさせていただきます。


 財政見通し全般につきましては、市長が今ほどの答弁の中で総括的に申し上げましたので、重複は避けさせていただきます。歳入と、経常費を含めます歳出というふうに、ちょっと分けまして、考え方を私の方から述べさせていただきたいと思います。


 歳入はですね、今ほど市長が申しましたように、かなり厳しいというのは、議員の皆さんも十分承知をされているということだと思います。一番いいのは、税収を上げるという方法を考えるのがですね、ちょっと遠回りだかもしれませんが、確実といいますか、将来的には一番確実な道だろうというふうに思っております。2年前でしたですかね、使用済核燃料税という新税もつくらせていただきましたが、ああいううまい話がそうそうあるわけではございませんので、新税をつくるというようなことが、今後、頻繁にできるとは、とても思えません。あれは、ある意味では、税というのは、市民の負担を増すことです、結果として。そういうことがいいのかどうかというのは、やはり慎重に考えるべきだろうというふうには基本的に思っております。それ以外の税収を上げるということの方法を探るとしたときに、やはり一言で言いますと、産業分野を活性化させるということがですね、これが一番遠回りのようで効果的ではないかというふうに思います。そういう意味では、企業誘致ですとか、企業立地、地場産業の振興でもいいわけですけども、いわゆる市の中の産業振興で税収を伸ばすということが、やっぱり一番適切なんだろうというふうに思います。そのための施策を、私どもとしても、真剣に考えてまいりたい。幾つかですね、今年度は、企業立地推進室の設置ですとか、企業立地推進補助金の創設というようなことで、多少なりとも工夫はさせてもらっているところですけども、今後も、その方向で努めていく。それによって税収を上げて、一般財源を確保していくということがですね、有効に働くように工夫をしてまいりたいというふうに思うわけであります。


 それから、歳出の方でございますけども、特に、議員さん、経常費の動向を気になるということで御指摘をいただきました。まさしく、そのとおりだというふうに思います。これをどういうふうに抑えていくのかというのが、我々としての課題でもあるわけであります。人件費につきましては、今年度策定をいたします行革の絡みの中で、定員の適正化計画というようなことで、職員数の削減を図っていくということの中で、着実に削減をしたいというふうに考えておりますし、公債費についても、投資的事業を吟味する中で、その増勢を抑えるというのは、ある程度、可能だろうなというふうに思っております。ただ、扶助費ですとかですね、扶助費的な経費というのは、これだけの少子高齢化という社会になりますと、容易じゃないなというのが、実際の担当としては感じているところでありますけれども、そうは言いましても、やはり行財政改革ということで、今年度取り組もうとしているわけですけども、この中で、やはり少し、全事業等を見直す、大変な作業だと思いますけども、先ほど市長が言いましたように、公がやることは何なのかというようなことから始めまして、お互いの、公と市民、民間との分担のあり方、協働の仕方、あるいは、その費用負担のあり方につきましても、我々としては、検討を深めてまいりたいというふうに思っております。一言で言いますと、人件費を初めとした行財政改革の徹底、それから、どの事業が必要なのか、あるいは、どの事業が不要なのかというあたりを、十分、吟味をしていきたいというふうに思っております。ことし、平成17年度は、その年だろうなというふうに思っております。


 それから、中で、基金のお話が出ました。基金、一般的にはですね、いろいろ議論があるところだと思うんですけども、基金を用いないで、要するに、単年度でですね、その年の収入で、その年の歳出を賄っていくというのが、一番望ましいと思うんですけども、そうは言っても、これは、現実には、やっぱり、なかなか、そうはなりません。特に、この税収が落ち込んでいる、あるいは、国の交付税等の三位一体改革がどうなるかわからんという中では、一定程度の安全弁というのは必要だろうというふうに思います。御存じのとおり、基金には、目的基金とですね、そうじゃなくて、財調みたいな一般的な調整機能を持つ基金というのがあるわけですけども、目的基金が本当に、どういうときに、どれだけ必要なのかというのは、今回、公共用施設維持管理基金等を廃止して新しく創設させていただきました、あれに見るように、やはり、その時々の目的とか財政状況、ほかの財源で充てられるものがあるとすれば、やはり、そこらをちょっと整理しながら、目的の基金というのは運用していくという必要があると思いますし、また、その額がですね、例えば、今回の公共管理基金が、どの程度の額があればいいのか、どういうふうに積んでいけばいいのかというあたりは、ちょっと、まだ我々としても、十分、検討し切れているという状況ではありません。今後の財政運営の中で、この厳しくなる中でですね、この基金が、どういうふうに、我々としては機能させるべきかというあたりは、十分、検証してまいりたいなというふうに思っております。要するに、バランスといいますかね、どういうことにどれだけお金を使うのか、それによって市民サービスを充実させていくのかというのは、ある意味ではバランスだと思います。いろんな、土木費も必要でしょうし、教育費も必要でしょうし、民生費も一定程度必要だと。その中で、どこが柏崎市の、市の目指すですね、市民満足度を高める方策なのかというのは、また、議会の皆様とも十分議論させていただきたいというふうに思っておりますので、御理解を賜りたいと思います。


○議長(今井元紀)


 五十嵐議員。


○20番(五十嵐直樹)


 それでは、一、二点、再質問をさせていただきたいと思います。


 財政健全化については、今、話ございました。今後も厳しい財政状況が続くんだということでありますし、また、歳入の中でも、これもちょっと重複するようなことになるんですけれども、部長の方からも答弁ございましたが、新税はなかなか創設することはできないんだと。市民負担につながってくる部分があると。あるいはまた、事業者との合意、経産省との関係もあるのかもわかりませんし、また、核燃料の新税は経産省の関係でしたけども、そういうことで、また、事業者との合意という、そのものもあるんだろうと、こう思うので、なかなか、それは難しいということで、今後も、じゃあ税収を上げていくためには、企業誘致とか図って、それが一番遠回りだけれども、一番の、確実である、税収を上げる方法だったというような答弁なんだろうと、こう思っておりますが、それをするためには、やはり企業誘致をしなきゃならない、整備をしていかなきゃならんですよね。やはり何でもかんでも持ってくればいいという、そんなものじゃないんだろうと思いますし、そういうことを整備をしながら、やはり、やっていかなきゃならんということは、今、このフロンティアパーク事業は、そのものに、それが当たるんだろうと、こう思うわけですよね。そういうことをきちんと踏まえた中での、やはり企業誘致も含めてやっていかなきゃならんだろうと、こう思うんですが、その辺をもう一度、お聞かせいただきたいと思いますし、それから、歳出の方の関係ですけれども、前にも私も申し上げたんですが、今、民生費が相当占めているわけですよね。これをなかなか削れと言っても、なかなか大変なことなんだろうと、こう思います。病気になった人たち、あるいは、家族に、手厚く介護してもらうことは、本当に、これは、うれしいことだろうと思うし、また、家族だけじゃなくて、その病人にとっても、ことなんだろうと、こう思っていますが、ただ、病気にならないための取り組みですよね、そういうことを、16年度から新たに高齢者のための筋力トレーニングやりましたよね。ああいう施策が、もう少し早く、そういうことがとれなかったのか。なかなか、厳しくなったから、それを見直すんじゃなくて、そうならない、前にですね、そういう取り組みを、やはり、やってくるべきだと、こう思って、私は一般質問でも、前にも、この民生費の中で、筋力トレーニングできないのかということで、長野県の松本市の例を挙げて質問をさせてもらったこともあるんですが、そういう取り組みを、これは款の中で聞くべきなのかもしれませんが、そういうことの取り組みをやらなきゃならない、そういう、もう時期を逸しているんじゃないかというような気もするんですけども、その辺、少しまた、考えをお聞かせいただきたいと思います。


 それから、市長が施政方針の中で、ミニ新幹線のことを言われました。3月1日、あすからJRの列車ダイヤが改正になりますよね。今、信越本線の、私は全部見たわけじゃないんですが、ダイヤを見てみますと、増便はもちろんありません。時間も、たしか、全く変わらない。変わったのは、上越新幹線の発車時刻が最大で2分早くなるというのが、ちょっと変更になったような感じでありますね。そういうことから、市長は、列車の増便、言葉じりをとらえるようで申しわけないんですけども、列車の増便や乗りかえ時間の短縮等ということを言われていた中で考えると、なかなか、これは、JRとの交渉は、ただごとでないなという感じがするんですけども、その辺の、また、取り組みの決意を、ひとつ市長からもう一度お聞かせいただきたいなと、こう思うんですね。


 そういうことで、この3点について、もう一度聞かせていただきたいと思います。


○議長(今井元紀)


 市長。


○市長(会田 洋)


 3点にわたって再質問がございましたので、順次、お答えをいたしますが、市の歳入をふやす、これは何といっても景気がよくなる、あるいは、柏崎経済が活性化するということが一番でございますので、企業誘致も含めて、全力で取り組まなきゃいけないと。私は、4年間の最大のテーマとして、そのことを、取り組むことを決意をしているわけでございます。


 今、お尋ねのフロンティアパークにつきましては、先ほど、今、中小企業基盤整備機構と協議をしている旨のお話を申し上げましたが、これは前提として、もちろん、フロンティアパーク事業そのものは継続して行う、それも、スケジュールもおくらせない、その範囲の中で協議をしているということで、御理解をいただきたいというふうに思っております。


 一言、付言いたしますと、そういったことで、今度、企業立地推進室も設け、企業誘致、これについても、これまで以上に力を入れて進めていきたいと、こう思っておりますが、あわせて、これもかねてから申し上げているところでありますが、これまで、この地域で培われている地場の産業ですね、これをいかに元気にするかと、これも非常に、私は、大事なテーマだと思っておりますし、あるいは、もっと申し上げると、そういった地場の産業が新しい分野に進出をする、あるいは、新たに産業を興す、起業、こういったことについても、行政として、どんな支援ができるか、これも関係する業界の皆さんとよく相談をして進めていかなきゃいけない、こう思っているところでございます。


 それから、2点目の点も、私も全く同感でございます。筋力トレーニングの事業も進めてきておりますが、高齢化が進行する、これは避けられないわけでございますが、お話のように、やっぱり健康で元気なお年寄りをふやすといいますか、できるだけ元気で生活をしていただく、活動していただく、こういう方がふえていただくということが、非常に大事なことだと思いますので、17年度におきましても、新たに水中歩行訓練のモデル事業、こういったものも実施をして、成人病予防、こういったものにも少し取り組んでいきたいと思っておりますが、まだまだ不十分でございますので、御指摘のように、こういった保健も含めまして、そういった面での、これから気配り・配慮もしていかなきゃいけないと、こういうふうに思っております。


 それから、3点目の、ミニ新幹線の問題でございます。御指摘のように、この間、まだ私も、JRと、そういった交通の問題で、まだ本格的にやりとりをしておりません。今後、機会をとらえて、十分、議論をしなきゃいけないと思っております。この問題については、本当に柏崎市にとってはですね、これは今日に始まったことではなくて、積年の課題だというふうに私も認識をしておるわけでございまして、昔を振り返れば、曽地峠と米山峠に挟まれて、冬期間は交通が途絶をするような、そういう中からですね、当時からずっと、この柏崎・刈羽地域の交通の利便性の確保、これが歴代の市長、あるいは、市政の課題であったと、積年の課題だというふうに、私も強く認識をしておるわけでございますので、これについては、これまでの運動の経緯もございますけれども、なお、柏崎市だけでなくて、周辺の市町村、あるいは、県ともですね、力を携えて進んでいかなければいけないと、こう思っておるわけです。


 ちょっと一言申し上げると、例えば、上越新幹線1つにしても、例えば、北陸新幹線が通ると余計そうですが、もう既に、長岡駅は乗りかえ駅ではなくなっておるわけでございます。長岡も、上越新幹線の中では、通過駅の1つに過ぎないという今、状況がございます。そうしますと、例えば、長岡をとまらない新幹線、列車が今後、ふえていくというおそれも十分、今でもとまらない列車はありますが、あるわけでございまして、そういったことは、一つ長岡や中越地域だけでなくて、この柏崎にとっても非常にゆゆしい問題になるわけでございますので、そういったことも含めて、周辺の市町村とも足並みをそろえて、この交通問題に取り組んでいかなきゃいけない。あわせて、これはJRだけの問題ではなくて、総合的な交通体系の中で、いかに利用客をふやすかというか、利用の問題もですね、あるいは、交通の分担、そういったものも含めて、今後、どうあるべきか、一言で言えば、利用客をふやすということが一番大事なことなんですけれども、そういった総合的な交通体系の中で、今後、JRなり信越本線の役割がどうあるべきかということも視野に入れながら、全力で取り組んでいきたいと、こう思っておりますので、議会の皆様方からも御理解いただきたいと、こう思います。よろしくお願いいたします。


○議長(今井元紀)


 総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 1点目の産業振興云々の関係で、簡単に1点だけ補足をさせていただきたいと思いますけども、やはりソフトとハードと、両方必要だと思います。それで、私、企画の立場で申し上げますと、やはり、1つにはインフラ、これは、道路はもちろんです、下水道等ももちろんですけども、私はやっぱり情報のインフラだろうというふうに思います。光ファイバーが全市に整備をされますので、このメリットは大きいんだろうなというふうに思います。それから、もう1つは、電気料、公共料金が安いという1つのメリットもあります。これは電源地域だというメリット、最大限にですね、従来以上に、また、割り引き等の枠を広げるように要請をしていきたいというふうに思います。それから、公共料金ですね、きれいな水が豊富にあるというようなこと、それも安く提供できるというようなこともですね、この地域の産業興しの1つの重要な要素だと思いますので、こういったのを総力的にですね、総合的に、やっぱり掲げながら産業振興を図っていきたいというふうに思っております。


○議長(今井元紀)


 五十嵐議員。


○20番(五十嵐直樹)


 ありがとうございました。これで終わります。


○議長(今井元紀)


 次、笠原浩栄議員。


○3番(笠原浩栄)


 議第29号平成17年度一般会計予算について、社会クラブを代表して、質疑をさせていただきます。


 平成17年度の予算編成に当たり、国の三位一体改革の地方への税源移譲の不透明さや、昨年の一連の災害の発生、市町村合併にかかわる特例債事業の開始など、財政計画に大きな努力をされたと思います。国の税財政改革の動向が地方財政計画に影響がありますので、少し触れておきたいと思います。


 昨年の11月26日、政府は、国・地方財政の三位一体改革を、来年度分も含めて、総額2兆8,380億円程度の補助金の廃止・縮減を柱にした全体像を決めました。このうち税源移譲は1兆7,600億円で、昨年度分を含めて2兆4,160億円であります。補助金削減では、約4,700億円が事業の縮小・廃止に充てられ、約6,000億円は交付金となりました。合計1兆円余りの税源移譲がなされなかったわけであります。また、義務教育費の国庫負担金は8,500億円で、今年度分4,250億円で、義務教育制度のあり方は、秋までの中央教育審議会にゆだねられ、一方で生活保護費、児童扶養手当は、地方との協議とするようになりました。このように、税源移譲の、これは当市の財政計画にも少なからず影響を及ぼしていると思います。


 これから、市長の施政方針演説と教育長の施政方針及び、幾つかの予算にかかわる政策課題に触れて質問、質疑を行いたいと思います。よろしくお願い申し上げます。


 今年度の当初予算案は、一般会計予算の総額は385億7,000万円で、昨年の当初予算389億円より0.8%、3億3,000万下回る予算になりました。ただし、この16年度は、減税補てん債の借りかえが約16億にのっており、この両年度の借換債を除いた額で比べると、実質12億3,500万、3.3%の増額となります。昨年の水害や中越地震の災害復旧、柏崎地域広域事務組合の事務移管や合併特例債事業の開始などが、増額の要因になっていると思います。また、特別会計、企業会計を合わせた予算総額は762億6,011万円で、昨年の当初予算の2.8%増となりました。一般会計の歳入では、歳入の柱になる市税159億3,200万円、原発の固定資産税の減額で、昨年と比較すると1.3%の減少であります。そして、三位一体改革との関連で、国の財源措置は、普通交付税と臨時財政対策債を合わせて、昨年並みの24億6,000万円余を計上しております。補助金が削減された反面、税源移譲分としての所得譲与税3億1,000万円を計上しております。厳しい財政状況を補うために、2つの財政手法を提案したわけであります。公共用施設維持管理基金の再編と、財政調整基金への一部組みかえ、再編された公共施設維持管理基金から5億円、財政調整基金から4億円を取り崩し、財源としたわけであります。


 主に市債で賄う公共事業関連では、合併特例債の計上、あるいは、災害復旧事業の増額により22億7,000万円になりました。市長も施政方針で言われるように、従来、堅持してきた起債の20億円の上限枠について、災害復旧対策に重点を置き、特殊事情もあったことにより、超えざるを得ない、財源確保に難渋されたと言われております。また、私も、このことは了としながらも、予算編成の段階で、起債枠の変更も含めて、枠の堅持について検討があったか、お聞かせください。


 次に、政策課題でありますが、地域コミュニティ活動の充実についてであります。


 施政方針の中で、市民の声が生かされるまちづくりの中で、それぞれの地域の課題解決や、生活に向けて、地域がみずから考え、主体的に取り組むことによって、市民の連携、協働によるまちづくりの推進をすることを目指して、2年間策定作業を進めてきた地域コミュニティ計画に基づき、それぞれの地域で生活を支援するコミュニティ活動推進事業を、今年度から本格的に実施するとあります。地域の活動推進計画は、イベントや、スポーツや健康、産業、あるいはまた、地域の隅々に及ぶ市民の、若者が定着できる地域づくりを目指すわけであります。コミュニティ活動推進活動で、このような地域にこたえていく政策姿勢をお尋ねいたします。


 次に、地域医療の充実について、お尋ねいたします。


 市民の、医療体制の充実を求める声が高くなっております。健康で元気な生活を送ることは、だれしも望むところであります。万一の場合、医療体制が充実していることが、市民の安全につながります。施政方針の中にもうたわれております、また、地域医療のあり方について、広く意見を求め、問題点の洗い出しや今後の医療体制の整備・充実に向けて、検討を進める場として、医療問題懇談会の設置について期待するものでありますが、具体的な検討内容をお聞かせください。


 また、無医地区の解消は、地域の大きな関心事であります。県も今年度予算で、柏崎地域の医療、過疎地域の医師の確保について、市町村との連携した予算を計上しております。今後、無医地区の解消に向けた基本姿勢について、お伺いをいたします。


 次の質問は、子育て支援の充実についてであります。


 新かしわざきこども夢ぷらんの、子育てを地域で支えるためには、基本的な方向で、家庭や地域など社会全体で子供と子育て家庭を支える環境整備を進め、さまざまな子育て支援サービスの充実、ニーズにこたえ、対応した、多様な良質な保育サービスに努めますとあります。現状の課題の中でも、近年の少子化、核家族化、地域社会の変化などで、子育てへの不安が増大している。そのため、かつて家族や地域が持っていた次代を担う子供たちの育成の機能を、地域社会の力をかりて、現代社会にふさわしい形で再構築するとともに、子育てを社会全体でつくり上げていくことが求められている。そして、地域における子育て支援サービスの充実では、これまでのこども夢ぷらんにより、子供を生み育てる環境整備を進め、核家族化の進行、就労形態の多様化に対応して、保育サービスの充実を初めとする、仕事と子育てとの両立支援を中心の対策として進めてきました。元気館の子育て支援センターの充実、保育園・幼稚園での地域子育て支援センターの設置、一時保育事業、緊急時の一時保育事業、病後児保育など、多くの子育て支援対策は評価されるところでありますが、新たに、一時保育事業で、今後の保護者の日常生活に密着したニーズに対応する、保育園以外の、フォンジェ、キッズマジックといった、多くの方が集まる場所での短時間の一時預かり保育を実施するとあります。こども夢ぷらんにのせてある、町中での一時預かり保育事業について、新たな子育て支援対策でありますので、内容について伺います。


 次に、教育の充実について伺います。


 今、学校教育が揺れているような気がしてなりません。定着した教科の枠を超えた指導で、子供の問題解決能力を養い、学びながら生きる力を身につける総合学習見直しの動きが、三位一体改革での義務教育費国庫負担の扱いで、自治体が求める教職員の確保など、問題が山積していると思います。教育長は、教育方針の中で、基礎基本を徹底し、学ぶ意欲を高める、心を磨き体を鍛える、信頼される特徴ある学校づくりなどを挙げ、柏崎に愛着を持ちながら、学校で学び、家庭や地域の人々とかかわりながら、故郷のよさを満喫し、故郷をこよなく愛し続けていく子供の育成を方針といたしました。このことの実践は、まさに教職員の陣容と熱意にかかわると思います。今日でも多人数学級の解消に努力されておりますが、今年度から補助教員の採用は市費となり、削減されました。柏崎の学校教育の充実に向けて、教職員の確保の方向についてお聞かせください。


 次に、農業振興についてであります。


 集落営農ビジョン、その実施に向けた考え方について、伺いたいと思います。日本の米政策は、大転換の重要な節目の時期にあります。米政策大綱が平成14年に決定され、この大綱に基づき、具体的な取り組みが16年度から18年度までの3カ年の対策として進めております。今後の米づくりの本来のあるべき姿を22年までに実現するとあります。これは、農業者や農業団体が、需要情勢を見ながら、主体的に需給調整を実施するシステムづくりにあります。行政と農業団体は連携をして、農業者、農業団体の自主的・主体的な取り組みを強化し、早ければ19年度には新しい需給システムづくりに移行するとあります。既に水田農業ビジョンが策定され、農業団体と地域農業者との協議が進められ、国営土地改良事業と連動した新たな農地の基盤整備を視野に、集落営農組織の立ち上げに前向きに取り組む地域が多くあらわれています。まさに水田農業ビジョンが次の地域に移り、集落営農ビジョンづくりに入ろうとしているわけであります。このような農家の取り組みに支援する方策についてお伺いいたします。


 最後の質問となります。


 原子力防災の充実と広報センターのあり方についてであります。


 以前、原子力防災に関連をして、事故発生時の避難経路の確保と市民への情報の徹底を要望した経緯があります。また、避難道路の建設の要望も出されているところであります。市長は、施政方針の中で、「原子力発電所の安全確保は、柏崎市民の1人として希求するところです。原子力発電所の安全・安心の確保に向けて、国、事業者の姿勢に対して、市民の目線で常に厳しい目を持ち、これに対応していくことが基本姿勢です。市民の命と健康を守る立場の市長として、責任の持てる体制づくりを最大限に追求します」とあります。まさに原子力防災は、重要な対策であります。原子力防災の充実と、今、行われています原子力広報センターの事業の変更もあるように伺っておりますが、その考え方についてお伺いし、質問といたします。


 よろしくお願いします。


○議長(今井元紀)


 総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 議員から7点いただきました。個別の事業の内容にもわたりますので、それぞれの部長が、入れかわり立ちかわりで恐縮ですけども、お答えさせていただくことになろうかと思います。御了承いただきたいと思います。


 私の方から、1番の、財政の話をさせていただきたいというふうに思います。


 御質問の趣旨は、市債がいろいろな状況でふえているし、20億円枠を堅持できなかったんだけども、そこらが今後、どういうふうになるのか、どう考えているのかという御質問だというふうに御理解をさせていただいて、若干、数字もちょっと申し上げさせていただきたいというふうに思います。


 今ほどのお話にありましたように、今年度の市債の総額は32億3,800万、約であります。いわゆる20億円の起債枠に該当する部分は、概数で言いますと22億7,000万円ということですので、20億円の自主起債規制枠というのは、堅持をできなかったというのは、御指摘のとおりであります。この要因は、災害復旧事業債分の3億1,400万円、これが余計だったといいますか、想定外だったわけでありまして、これを除きますと、合併特例債分の4億ちょっとになりますけども、これを入れても20億円の枠におさまっていたというのが、実は、ことしの状況であります。


 この災害復旧事業債につきましては、これも御存じだと思うんですけども、この元利償還金につきましては、補助裏分は95%、単独分は約50%が、普通交付税の基準財政需要額に算定をされるわけでありまして、これで計算をいたしますと、災害に係る起債の平成16、17年度の額の合計は、特別会計を含めて、28億3,000万。普通交付税から特別交付税に算入されない分、すなわち、将来にわたりまして、その元利償還金を一般財源で措置をしなければならないのは、13億1,000万というふうに計算上はなるわけであります。それから、合併特例債は、これも既に御存じだと思いますけども、元利償還金の7割が交付税算入されるわけで、逆に言えば3割の元利償還金が一般財源の負担ということになります。


 そういう状況の中で、じゃあ、今後、どうするんだという答えになるわけですけども、町村合併に伴います2町の補正予算の作業を、今、やっている最中であります。4月に入ったら、また、臨時議会で御判断をいただこうというふうに思っております。それから、広域事務組合の財政状況も、今、整理をさせていただいております。御存じのように、広域事務組合の施設整備に関する債務というのがあるわけでございまして、ここらも含めまして、年間償還額がどういうふうになるのかというのは、ちょっと整理をしてみたいなというふうに思っておりますが、いずれにしましても、起債の残高をふやさないというようなことは堅持をしていきたいというふうに思いますので、したがって、その20億円という枠は、20億円のままでいいのかどうかというのもですね、全体の、今言った両町の起債の状況ですとか、それから、広域分の起債の状況、ここらを勘案して早急に整理をしたいというふうに思っております。あわせまして、市債以外の経費、先ほど五十嵐議員にもお答えしましたけども、そのあり方についても、十分、私どもでですね、新年度、18年度に向けまして点検をしてまいりたいというふうに思っております。


○議長(今井元紀)


 市民生活部長。


○市民生活部長(山田信行)


 2番目の、地域コミュニティ活動の充実でありますが、15年4月からスタートした新しいコミュニティ施策による地域づくりが、ようやく実を結ぶ段階となりました。3つあるわけですけど、コミュニティ計画を立てるということと、コミュニティの管理とか運営、その事業をバックアップするということと、このたび御質問の、いよいよ地域づくりが具体的にスタートするということでありますが、この内容ですが、自分たちで選択し、実施する段階となりましたが、地域の特性を生かして、自分たちでできることから始めていただきたいというふうに考えています。1年1地区、上限100万円ということで考えておりますが、地域のやれる内容によって、必ずしも100万円にならない地域も出てくるかなというふうに考えております。地域の方々にも、できることから頑張っていただきたいと思っていますし、市も、これをしっかり応援していきたいというふうに思っております。そして、少しずつ事業の成果が見えてくれば、地域がまさに変わっていくんだというふうに思っています。


 簡単ですが、以上です。


○議長(今井元紀)


 福祉保健部長。


○福祉保健部長(大谷正利)


 自席で答弁させていただきたいと存じますので、御容赦をいただきたいと思います。


 3、地域医療の充実についてと、4の子育て支援一時預かり事業のあり方について、答弁を申し上げます。


 地域医療の充実につきましては、市長が施政方針でも申し述べましたが、市民のだれもが健康で元気な生活を送ることを望むところであります。笠原議員がおっしゃられますように、万が一の場合の医療体制が充実していることが、市民の安心につながると考えます。平成17年度は、地域医療の充実を図るために、主なる事業といたしまして、3つの項目を掲げたところでございます。


 1つは、米山地区に診療所を開設することでございます。米山地区は、山田先生が亡くなられて以来、現在、無医地区でございます。米山駅と併設する元農協支所の建物を借り上げ、医師会の協力を得ながら、診療所を開設したいと思います。なお、診療日は週1回、午後のみの診療であり、医師は、柏崎市刈羽郡医師会の開業医の先生を派遣していただき、診療に当たることとし、診療所の開設時期といたしましては、8月を予定いたしております。


 2つ目の項目は、谷根診療所の移転改修でございます。谷根診療所は、昭和38年に建設をし、老朽化が著しいことから、西部保育園に統合となる谷根保育園を転用することとし、県の補助金を導入して改修工事を施工し、現在の診療所と同様に、コミュニティ・デイホームとの併設を図ってまいります。なお、新しい診療所の業務は、12月上旬を予定いたしております。


 3つ目の項目でございますが、医療問題懇談会の設置についてでございます。市が平成15年9月に実施した市民満足度調査では、医療に関する施策の需要度が高い割に、満足度が低いという結果となっております。本市における地域医療のあり方などについて、問題点の洗い出しや広く意見を求めていく場として、市民や医療機関など関係者による医療問題懇談会を設置し、検討・協議を行い、地域医療行政の推進を図ってまいりたいと考えております。なお、懇談会の委員は15人程度、委員は、医療関係団体、病院群輪番制医療機関、社会福祉及び女性団体、一般市民の公募委員、その他行政関係機関などを予定いたしております。なお、鵜川診療所の廃止・統合につきましては、五位野議員から、昨年12月議会において、この問題について一般質問をいただいたところでございますが、鵜川診療所は、建物の老朽化や受診者数の減少に伴い、医療機器の設備整備が整っています野田診療所での受診による地域医療の充実・推進を図りたいことから、現在、地元協議会へは具体的な代替案を提示しながら話し合いを行っているところでございます。今後も、代替案をベースに、17年度末まで、地域住民の皆様と十分協議をしてまいりたいと存じます。


 次に、4、子育て支援一時預かり事業のあり方についてでございます。


 これまでも、議会や市民の皆様方から、市の中心部での一時保育事業を実施してほしいとの要望をいただいておりました。しかしながら、市の中心部における公立・私立保育園の園児の入園状況は、通常保育の定員で満杯の状況であり、一時保育は難しい状況にあります。このようなことから、一時保育ではありませんが、市中心部のフォンジェ、キッズマジックにおいて、これにかわるものといたしまして、一時預かり保育を実施することにより、少しでも市民ニーズにこたえたいというものであります。主な利用対象者としては、商店街への買い物客、美容院などの客、あるいは、学校行事への参加者などの子供を念頭に置いているところであります。市の中心部の利用しやすい場所にあることの利点を最大限に活用し、子供を遊ばせながら、気軽に一時預かりや育児相談ができる活用を図ってまいります。事業内容といたしましては、一時預かり事業、子育て相談、絵本の読み語り会、それから、わくわくタイムキッズバージョン、子育て講座、出前相談・保育、触れ合い交流事業など、キッズマジックの50坪を借用して事業展開を図ってまいりたいというものでございます。


 以上でございます。


○議長(今井元紀)


 教育長。


○教育長(小林和徳)


 笠原議員お尋ねの、教育の充実について、教職員の確保をどのように考えているのかという御指摘だろうと思います。


 基本的には、教職員の確保については、義務教育費国庫負担制度の基本を堅持していっていただきたいということを、県・国には要望もしているところであります。御承知のように、義務教育でありますから、全国共通の最小限の教育内容を明示したり、あるいは、最低限の教育水準を確保するということで、これは、いわば国家戦略、国家としての責任であるというふうに思いますから、そういう制度があるわけであります。つまり、自治体の経済力の優劣に応じて教育の水準や定着に優劣があるなどということは、あってはならないわけでありますから、やはり、そういう意味からも、教員の確保については、基本的には現行の義務教育費国庫負担、とりわけ人件費にあっても堅持していってもらいたい。


 ただ、その中で、同じ財源であっても、その地方の実態に応じたように使えるという、総額裁量制といいますかね、そういう部分で、例えば、我が県は、小規模の学校も多いし、あるいは、こういう状況の学校が多いので、この財源の人件費としては、こんなふうなところに重点を充てて使いたいというところを、自由裁量を認めていく。例えば、新潟県の場合であれば、それらを、例えば、少人数学級を、ことしは、何学年以下までつくっていこうとか、あるいは、中学校の何年までをひとつ少人数学級にしていこうとか、三十何人以下学級にしていこうというようなふうに振り向けるとか、あるいは、生徒指導上、困難な学校があるということが把握されれば、あるいは、今回の地震のように、心のケアというものが非常に重きを置く状況となったときに、そういったところの加配の教員に回すとか、そういうことを柔軟に対応できるようなものにしていただきたいというのが、県・国に対しては、私はあります。


 そういう状況の中にあって、当面、柏崎市の場合は、緊急雇用対策の国の補助金を充当して、指導補助員制度というものを打ち立てて、四、五年になるでしょうか、推移してきております。しかしながら、この制度は、16年度いっぱいをもってなくなるということになっていましたから、従前から、その後どうするかということについて、憂慮をしてきていたところであります。そして、そういう中にある中で、このような災害があり、非常に財政が逼迫しているという状況で、この確保が非常に難しかったと、率直に申し上げますが。しかし、現行21名を確保していたわけでありますけども、国の補助金というものがなくなるということは、柏崎市にとってみると、あるいは、教育予算の中から見てみると、いわば、新たな事業を三千何百万もかけて創出していくというのに匹敵するわけでございます。非常に難しいわけですけれども、やはり、先ほど申し上げましたように、これまでの経緯を踏まえる中で、この制度というものの意味は、議員御指摘のように、基礎・基本の定着、あるいは、心の教育の充実、体力の増強、特色のある学校経営等を考えたときに、やはり、一定程度の人数を確保したいということで、当面15名を確保して、この難局を乗り切っていきたいということであります。


 なお、少しでも現状の教育水準を維持していきたいということから、教育センター機能の充実を図っております。例えば、現場に直接乗り込んで指導をしていく嘱託指導主事というようなもの、あるいは、割愛される指導主事、これの1名増等を図りながら、水準は保っていきたいというふうに思っております。


 以上であります。


○議長(今井元紀)


 産業振興部長。


○助役(産業振興部長)(若山正樹)


 それでは、6番目の、集落営農ビジョン、その実現に向けた考え方、これはどうかということについてお答えを申し上げます。


 結論から申し上げまして、この集落の話し合いにより営農体制をつくったりして、圃場整備に立ち向かっていこうという集落、そういう集落が営農ビジョンを策定するに際しまして、3年間を限度として、市の方で支援をしていこうと、いわゆる営農委員会支援事業補助金という制度を創設させていただきました。御案内のとおり、この慢性的な水不足に悩まされておりました、この柏崎・刈羽平野も、国営の土地改良事業が推進されてきて、いよいよ圃場整備のネックとなっておりました用水の確保ということが、見通しが立ってきたわけでございます。今、柏崎土地改良区、あるいは、農協と連携して、この圃場整備事業を積極的に推進していこうということで取り組んでいるわけでございますけど、この圃場整備事業に取り組むに当たりまして、国県の補助事業を導入するには、県営事業の経営体育成基盤整備事業というのがあるわけなんでございますが、この採択要件といたしまして、集落営農ビジョンを策定するということが、条件といいますか、求められているわけでございまして、このビジョンには、集落単位で集落営農委員会を立ち上げることというのが1つございます。それからまた、将来の営農方向をきちっと定めることということ。また、3つ目といたしましては、集落の担い手を明確にきちんと決めて、だれが、どこの田んぼを耕すのかということを決めていただきたいというのがございます。また、農地の集団化とか連檐化、そうしたことによって転作対応を進めていくというのを定める必要があります。


 こういった営農プランづくりが必要になるわけですけども、また、加えて、この県営の事業を採択するに当たりましては、100%の同意が必要だという、また、厳しい条件もつけられてているわけであります。この前段といたしまして、将来、当地域の、自分たちの地域で圃場整備をやっていこうということを発意する段階から、受益者の理解を得て、仮同意ですね、ここに持っていくまでに、もう、最短でも3年ぐらいはかかるだろうというふうに、私らも判断しているわけであります。


 こうした中で、今、市内では12の集落で、そうした取り組みが行われまして、営農委員会を立ち上げて、圃場整備に向けての積極的な取り組みがなされているという状況がございます。具体的には、集落営農委員会には、地域の農業者の方々で、15人から30人弱ぐらいの方々が参画していただきまして、圃場整備推進部会とか、営農体制づくり部会とか、4つの、大体、どこの地域も同じですが、部会をつくって、集落営農ビジョンの策定に向かって、今、取り組んでいるという実態がございます。


 もちろん、この集落営農委員会の運営に当たっては、農協とか土地改良区、それから、県の柏崎地域振興局、あるいはまた、市の方では農林水産課、農業委員会、国営推進室、こういうところが一体となりまして、地域に出向いていって、いろいろと相談を受けたり、支援をしたりしているわけなんですけども、この場合、事業に取り組もうという盛り上がりから、この県営の調査事業申請までの、この期間、ここが一番大事だろうという位置づけの中で、また、しかも、そこが一番難儀なときじゃないかなということもありまして、この集落営農ビジョン策定活動に取り組む集落営農委員会に対しまして、会議費とか研修費、あるいはまた、事務費等、こういった経費を、一応、補助率は8割という考え方で、1地区20万円というものを限度といたしまして、最長3年間、補助してまいりたいと、このようなことで、新年度から取り組みたいということで考えております。


 以上でございます。


○議長(今井元紀)


 市民生活部長。


○市民生活部長(山田信行)


 次に、原子力防災の充実でありますが、昨年11月に予定していました、国と合同で行う原子力防災訓練は、震災のために中止となったところでありますが、新潟県では、17年度にも、改めて実施してほしいということで、国に要望しているところであります。国も前向きに検討しようということであるというふうに聞いております。


 この防災訓練を実施していく中で、恐らく、多くの問題点が浮上してくるものと思われますので、その問題点を、実効性を持たせる方向で整理していくことが重要と考えています。


 平成17年度には、新潟県が、国民保護法による国民保護計画をまとめることになっており、これを受けて、柏崎市では、18年度に、市の国民保護計画をつくるということになります。この国民保護計画には、原子力発電所に対する武力攻撃事態等に対する住民避難計画ものせるということになりますので、関係機関と協議を行うとともに、市民の皆さんの意見もお聞きしてまいりたいというふうに考えています。


 次に、広報センターのあり方でありますが、柏崎原子力広報センター、原子力センターへの広報委託事業は、発電所建設当時の施設見学などを通して、広報活動から、全号機が完成して以降の原子力防災研修を切り口として、原子力に対する正しい知識を身につけていただきたいということで、理解促進活動にシフトしてきたわけであります。展示コーナーもありますが、現在はメンテナンスも必要最小限にとめている状況であります。建物は新潟県の所有になりますが、平成18年度に補助金が得られるならば、展示コーナーを、環境やエネルギーというものを切り口にしました研修が行われるような、実験とか工作等も、また、行えるようなコーナーに衣がえしたいというふうに考えております。このようなことも含めまして、広報センターのあり方については、構成団体であります新潟県や隣接町村との協議をして、検討したいというふうに考えております。


 以上です。


○議長(今井元紀)


 笠原議員。


○3番(笠原浩栄)


 以上で終わります。ありがとうございました。


○議長(今井元紀)


 次に、飯塚寿之議員。


○8番(飯塚寿之)


 議第29号平成17年度柏崎市一般会計予算について、会派みらいを代表いたしまして、総括質疑を行います。


 最初に、お知らせいたしました発言の要旨の中で、3番の、まちづくりの方向性の中で、 (1)、(2)、第四次長期発展計画の取り組み、そして、17年度予算が市民参加型になっているかという2点につきましては、最初の行財政改革の考え方についてのところで関連いたしますので、そこで質問させていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


 平成17年度一般会計予算でありますが、例年にも増して厳しい予算編成であるというふうに市長が総括をされております。私たちも同様な認識を持つわけであります。原発の固定資産税の逓減は続いておりますし、水害、地震災害の復旧費の占める割合の大きさ、広域事務組合の事務・事業の承継、合併特例債事業、自主規制枠を超えてしまった起債、そして、債務返済費用以外の歳出を税収でどの程度賄えるかという収支、つまりプライマリーバランスが保てなくなったということ、そして、公共施設維持管理基金の取り崩しなど、まさに例年にない多くの厳しい要素を、あるいは、要因を抱えての予算編成であるかと思います。この現況を、今後、どのように、健全かつ持続可能なものにしていくのか、その見通しについて、お尋ねをします。


 お尋ねをしますが、見通しの総括的な部分においては、五十嵐議員、あるいは、笠原議員の質疑がありましたし、そして、当局の御答弁もありました。総括的なところは、そのような共通の認識に立って、もう少し具体的な道筋が見えるように、そして、効果的な予算の運用になるように、という立場で、少し焦点が狭まるかもしれませんけれども、お尋ねをしたいと思います。


 まず、1点目ですが、歳入についであります。


 一般財源224億のうち、市税は約159億であります。私は、この市税の中の市民税に絞りまして、お尋ねをしたいと思っております。市税は、構成比の中で41.3%を来年度予算は占めるわけでありますが、過去、平成13年、14年、15年の中で、特にこの市税の中の市民税を見ますと、13年は11.6%、構成比ですね、歳入に占める市民税の割合、11.6%、14年は11.1、15年は10.5%というふうに落ちてきて、減少をしてきております。その市民税の中で、また、とりわけ個人分を見ますと、平成13年度の調定額では約33億あったものが、15年の調定額では30億を切ってしまっているという数字になっております。この市民税の中の法人市民税は、緩やかな景気回復の中でふえているわけでありますが、個人市民税は減少をしている。しかも、著しく減少傾向となっております。


 この市民税の見通しについて、お聞きしたいわけでありますが、これは、やはり、柏崎の雇用が厳しいという以外の何物でもないというふうに認識するわけであります。自治体の雇用政策、これが、やはり、問われているのではないかと思うわけですが、とかく自治体の雇用政策といいますと、雇用政策は経済動向に任せてきた嫌いがあると思います。しかし、今日、この情勢にあっては、自治体も、雇用政策、きめ細やかな総合的な雇用支援策、就労支援策を打ち出さなくてはならないだろうというふうに思います。確かに、企業立地推進室の新設など、将来への展望、産業振興の開拓という視点については、評価ができるわけでありますが、しかし、日常の雇用政策、細やかな就労支援策は、この時代、どうしても必要になってくると思うわけでありますが、この市税の、個人市民税の見通しと、あわせて雇用政策について、まず、お伺いしたいと思います。


 次に、経常比率が毎年上昇しております。災害復旧費用、広域事務組合の仕事にかかわる経費、合併特例債、それらを引けば、昨年とほぼ同規模の予算であります。スクラップ・アンド・ビルド、見直しした事業もあるというふうに聞いておりますが、小幅であるという印象を持ちます。やりたい事業、やらねばならない事業に、お金が振り向けられない現実があるのではないでしょうか。原課から要望された事業、やりたい事業がやれない、このような財政運営、まさに硬直した財政運営だと思います。そろそろ、この硬直した財政運営に終止符を打つべきではないかと思いますが、いかがお考えでしょうか。


 第三次行政改革大綱の策定が、事業の中で上げられております。行革推進事業については、昨年同様、推進委員を置きまして、17年度はさらに専任職員を配置するわけでありますが、やはり、この行財政改革、どう取り組んでいくか、この視点は重要だと思います。


 作家の司馬遼太郎さんは、ある本の対談の中で、「日本人は、長い間、国家に対して、善良なる国民ではあったが、地域を支える住民ではなかったのではないか」と述べておられました。地域づくりに、住民が住民として、かかわりを持たなくなって久しいということを述べているのだと思います。


 そろそろ、大胆な行財政改革、すなわち協働運営の考え方、市民・民間でできることは市民・民間へ仕事をお願いすると。そこから派生する効果を引き出すという、本格的な市民との協働、補完性を持った市政運営の考え方を、行政内部の検討だけではなく、市民にしっかりと、きっちりと、積極的に提起すべきときではないかと思います。行財政改革は、行政の事務・事業をシェープする、削るばっかりではないのではないかと思うわけであります。例えば、コミュニティ活動推進事業では1億2,000万円かけるわけでありますが、これは、その先行投資というふうにとらえたいのですが、いかがでしょうか。そうであるならば、はっきりと市民の皆様に対して、展望も含め、地域、市民との役割分担、地域との政策の補完性について、訴えるべきではないかと思いますが、市長はいかがお考えでしょうか。


 しかし、一方で、市民活動支援事業に対しては、予算的に非常に薄く感じるわけであります。市民活動を育てる視点が弱いと思うわけです。市民活動が育たなければ、肥大した行政サービス、硬直した財政は、いつまでも続くというふうに考えます。市長は、みずからまちづくりに参画する市民の形成なくして柏崎の自立と発展はないのだというふうに述べられております。行革大綱づくりにおきましては、その考え方を市民に明らかにして進めるべきではないかと。事業をゼロベースから見直すということとあわせ、具体的な指示をどのように出されるのか、取り組みと考え方について、お聞きしたいと思います。


 次に、まちづくりの方向性について2点、行革の質問に関連しますので、続けて質疑をさせていただきますが、第四次長期発展計画と市民参加についてであります。


 第四次長期発展計画の策定に2,000万、2,000万円ですね、市民120名の参加で、この計画策定が着手されます。新しい理念を訴えながらというふうに市長は述べられておりますが、市長もかわられました。柏崎は今、ターニングポイントに立っているわけでありまして、そういう意味からも、将来を見据えた上で、この本予算案は、審議されなければならないというふうに思います。長期計画の事業化は、私たち市民にとっても重要な課題であります。第四次長期発展計画の策定についての取り組み方について、お聞きしたいわけでありますが、本予算案は、見事に市民参画でまちづくりを進めるという方向づけがされていると思います。そういう印象を持ちました。例えば、さまざまな検討委員会、企画策定事業、これは予算書に上がっているだけで、私の足し算が正しければ、200名以上の市民が参画をします。いろんな検討委員会、策定事業ですね、200名以上の市民が参画をする。駅周辺のプランづくりを入れれば、300名を超えるのではないかと。たくさんの市民の方が参画をするわけであります。額にしても、2,300万程度に上るというふうに認識をするわけですが、確かに市民との対話型、市民参画型になっているなという印象はありますが、しかし、これまでの計画策定、あるいは、審議、検討委員会はどうであったのか、その手法、体制について総括をすれば、市民の力が十分引き出されてきたのかどうか疑問があります。参画していただくなら、やはり市民の皆様の力が十分引き出されるべきであります。単なるスケジュールの消化では済まない。公募のあり方や参画とはどういうことか。市民参画に関する経費を上げる上で、その市民参加の取り組み方、市民の力をどう引き出していくかという、その点について、お聞かせいただきたいと思います。


 また、市民参加のことで申し上げますと、例えば、本予算案、あるいは、市長の施政方針にありますが、例えば、エネルギー政策とか循環型社会ということが言われております。これを引き合いに出しますと、それぞれの施策は、各部や各課で取り組まれていくわけであります。企画の方では資源エネルギーの研究、太陽光エネルギー、農業では耕畜連携の農業、循環型農業の推進、教育では生ごみ処理機の利用と、このようにですね、新しいエネルギー、あるいは、循環型社会について、各課で取り組まれるわけですが、それぞれ取り組まれることは十分理解しますが、各課がその施策をそれぞれに取り組んで終わりなのか、それとも連携をさせて循環型社会を実らせるのかでは、成果は大きな違いがあると思います。柏崎に関する研究をされている市民、学生もおられますし、事業化をしている方々もたくさんおられるわけでありますが、この予算案の運用に当たりまして、1プラス1が3とか4とかになるように、そして、厳しく少ないお金を効果的に使おうと、あるいは、人的資源を大いに利用しようというような認識に立って、この予算を運用していくのか。仕事の進め方も含めて、この市民参加という点でお聞きをしたいと思います。数字にあらわれない部分かもしれませんが、この予算運用の基本的な考え方、仕事の進め方について、お聞きしたいと思います。


 3点目に、防災計画の見直しの具体化について、お聞きしますが、昨年は水害、震災で大きな被害がありました。私たちは、この災害の年、平成16年を忘れてはならないと思います。復旧最優先の予算編成は、大変歓迎をされるものであり、評価するものでありますが、災害を防ぐ、この防災、そして、災害が起きてもできるだけ損害を少なくしようという、減災といいますか、そのような防災計画の具体的な見直しについて、市長も施政方針で触れられておりました。この予算案では、防災計画の見直しについては、数値として、業務として、どのように表現されているのか、お聞きしたいと思います。


 最後に、本予算につきまして、利便性の高いまちづくり、利便性の高い都市整備を目指した予算になっているだろうかという観点で、質問をさせていただきますが、個々のサービスの充実ぶり、新規サービスは、市民のニーズに合ったものと評価できると思います。さらにまた、詳しく審査されなければならないわけでありますが、都市整備、あるいは、政策連携も追求したときに、市民の足が、あるいは、市民の関心が、それぞれのサービスに向いていかなければならないというように思うわけであります。つまり、サービスや施設にアクセスできなければならない。インターネットで言えば、アクセス件数がふえるということは、いいことであるわけですが、市民が柏崎市内のいろんなサービス、いろんな施設にどんどんアクセスできる、そのようなまちづくりに、どうも柏崎はなっていないという印象が、市民の中には強くあるわけであります。機能集中と分散において、あるいは、市民活動がアクセスしやすいかどうか、アクセスしやすい市民の生活環境になっているか、そのまちづくりの思想について、お聞きをいたします。


 以上、御答弁をよろしくお願いいたします。


○議長(今井元紀)


 市長。


○市長(会田 洋)


 多岐にわたって御質問がありましたので、個別の問題については、それぞれ担当部課長の方でお答えを申し上げますが、私の方で、ちょっと幾つかあった中で、行財政改革にかかわって、市民参加の問題について、いろいろな角度からお尋ねがありましたので、この基本的な考え方を申し上げたいというふうに思っております。


 施政方針の中でも申し上げましたように、申し上げるまでもなく、この市政の主役、中心は、市民の皆さんでございます。このまちづくりを進めていく上で、いかに市民の皆さんの声を反映をして、市民の力を生かしてまちづくりを進めていくか、その総合力が問われているということは、私が再三申し上げているところでございます。そういう意味で、17年度の中で、まだ不十分ではございますが、いろいろな計画づくりなり、いろいろな事業の中で、市民参加の問題なり、市民との協働、こういったものについて、配慮をして、進めてまいりたいというふうに思っているわけでございます。


 ただ、この市民参加、あるいは、市民との協働、こういった問題については、あらかじめ何かマニュアルがあったり、決まった定型のものがあるわけではないわけでございまして、お互いに協力をしながら、試行錯誤の中で新しいものを生み出していく必要があるわけでございます。特に市民参加という言葉で申し上げますと、行政が行政側から市民参加という言い方には、実は、言葉の上で矛盾がないわけではないわけでございます。私が思いますのに、そういった行政と市民の関係ということから申し上げると、模式的に申し上げると、およそ3つの形があるかなというふうに思っております。1つは、行政が進める施策・事業に対して市民の皆さんから、いろんな意見を出していただく、参加していただくと。ここは文字どおり市民参加ということになるわけでございます。これをどう進めるかという問題が1つあろうかと思います。それから、いろんな事業の中で、市民と行政が一緒になって、協働で、いろいろ物事を進めていく、事業を進めるという、そういう協働ということになりますか、そういうものがあろうかと思います。もう1つは、やはり私は、これが非常に一番重要だと思っておりますが、やっぱり市民の皆さん自身が自主的・主体的にいろいろ取り組んでいく、それを行政ができるところを応援をすると、この形が非常に大事なのではないかなというふうにも思っているところでございます。


 今、17年度予算の中で、いろいろと御提案を申し上げております、総合計画を初めとして、いろんな委員会なり、計画づくり、こういったものは、どちらかといえば、私が今、申し上げた中で、最初に申し上げた課題になるかなと思っているわけでございまして、私も、実は、こういった総合計画や計画づくりといったものは、いろいろ経験をしてきておりますけれども、これに対しての市民の皆さんへの参加のあり方、意見の反映の仕方、これはいろいろと課題があると、こういうふうに思っているわけでございまして、これから17年度の事業を進める上でも、その辺の課題をどういうふうに、少しでも解消して進めていくか、これはまた、検討しながら、また、皆さん方とも御相談をしながらいかなきゃいけないと。


 例えば、総合計画をつくるということを1つとりましても、もちろん委員の方をどういうふうに選ぶ、お願いをするかという問題もありますが、往々にして、先ほどもちょっと御指摘ありましたが、行政側があらかじめ敷いたレールの上を、委員会というテーブルをしつらえて走っていくということが、往々にして、あり得るわけでございまして、これは、ある程度、避けられない面もあるんですが、しかし、全く知識も情報もなしに、いろんなテーマを、市民の皆さんの参加だということで議論しても、これはなかなか成果が上がらないと。市民の皆さんにとっては、1つの勉強という形で終わるというか、それなりに意味があるかもしれませんが、私は、例えば、やはり今、行政がどういう、これまで取り組みをしてきているか、今、現状はどんな課題を持っているか、そういった面も含めてですね、十分に情報を開示をして、勉強もしていただきながら議論に参加をしていただくとか、いろんなやり方を含めて、工夫が要るのではないかなというふうに思っているところでございまして、そういったことも含めて、この市民参加の問題、市民の皆さんの声を生かして、行政運営をすることについては、多くの課題があると、いろいろ検討しながら、試行錯誤で進めていきたいと、このように思っているところでございます。


 あとは、それぞれ関係部長からお答え申し上げて、足りなければ、また、御答弁申し上げたいと思います。


○議長(今井元紀)


 総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 市長が今ほど答弁させていただきましたことと重複しないように、できるだけ整理をしてお答えをさせていただきたいと思います。


 最初に、財政に関連いたしまして、歳入に係る市税の見通しということで、中でも個人市民税のお話が出ました。挙げられた数字もそうですし、御指摘のとおり、個人市民税がやっぱり落ちてきているという、非常に我々としても危機感を持っております。市民税、雇用情勢も大きな、あれだと思いますので、その結果、例えば、国保のまた、加入者がふえて、国保財政を、こう言っちゃ何ですが、圧迫するという要因の1つにもなっているというようなことで、非常にゆゆしき問題だなと思っております。多少、ここへ来て、雇用情勢、かなり好転をしているというふうに聞いておりますけども、取り組みをどういうふうにしているのかというようなことについては、また、産業振興部の方からお答えをさせていただきますけども、市税、特に個人市民税の落ち込みぶりというのは、やや、ちょっと、このところ、ずっと続いております。市税全体としても、そういう状況ですので、特にここをどういうふうにしていくのか。法人が上がっていますので、それが上がれば、結果として個人所得もふえるんじゃないかという楽観的な見方もできますけども、さはさりながら、やはり市として雇用をどうしていくかというあたりはですね、課題だという認識は共通しております。


 それから、以下につきまして、行革、それから、長計、例を示されましたけども、要するに意思決定の中で市民参加をどうしていくかということだと思います。基本的には、市長が答弁をしたことに尽きるわけでありますけども、私なりの考えもちょっと簡単に入れながらお話をさせていただくと、まず、行革でありますけども、視点をどういうふうに置くのかということで御質問がありました。その点だけをお答えをさせていただきたいというふうに思います。


 私もそうですし、皆さんもそうだと思いますけども、行政運営は、やっぱり最小の経費で最大のサービスを上げるというのは、言うまでもないことでありますけども、事務・事業の見直しといいますか、やっている事業の見直しというのは、これは当然であります。それから、民間委託の推進、あるいは、言葉で言いますと、定員管理の適正なんて、よく言われることなんですけども、そういったのは当然といたしましても、今回、我々が考えているのは、やはり、まず行政が担うべき仕事というのは何なんだろうということですね。そこをやっぱり、少し、整理して出る必要があるだろうと。その上で、行政と民間との役割分担、協働のあり方というのをやっぱり探っていく。それから、民がやろうとしていることを、どういうふうに行政として支援できるのかというあたりですね。なお、もう1つ言えば、効率化もそうですけども、市民にわかりやすい行政運営をお示しをする。ここらがですね、行政とはどこまでやるのかと。市民に参加してもらったり、あるいは、市民と協働できるというのはないのかということで、そこらに力点を置いた行政全般の見直しをテーマとして掲げたいというふうに思っております。


 その中で、参画ということなんですけども、長期計画、総合計画なんかもそうであります。おざなりの会議にならないようにということで、これは、私なんかも大分経験してますけども、だんだん、市全体とすればですね、いわゆる「さあ、用意しました」と、「これでいかがですか」という、諮問という形はもちろんあるわけですが、そうでないような方向にだんだん来ているなというふうに、正直、感じております。


 この第四次総合計画をつくるときの考え方ですけども、先ほどもちょっとお話がありました、市民の皆さんから参加をしていただくのは、合計で、審議会、それから、分科会みたいなのも含めまして、全部で120人であります。これは、私の経験から言いますと、前回の倍の市民参加というふうになっておりまして、人数が多ければいいということでもないんでしょうけども、できるだけいろんな意見を拾いたいというふうに思いますし、公募なんかも進んで取り入れていきたいというふうに思ってます。


 市民の力、それに伴っているのかという御指摘もありました。市長の方からも答弁をしていただきましたけども、私は、お話を聞いていまして、例の、今の、裁判の市民参加というのがあります。アメリカなんかでやっております陪審員制度みたいなものをですね、司法の場でやったらどうだという検討を国でもされておりますけども、要するに情報提供がきちんとされて、それを市民が適切に判断をするということがですね、こういった市民参加の前提になるんだろうというふうに思いますので、情報提供に努めながらやっていただくと。行政とすれば、長計つくってくださいというふうに市民に丸投げすれば、それを議会に諮って、市民はこう言っていますが、どうですかというのが、一番楽なわけですけども、これはやっぱり、そうはいかないのがですね、そこに私ども、情報提供をしたり、行政としての整理をするという場面が必要だろうというふうに思いますので、ここらをうまくミックス、バランスをとりながらやらせていただきたいということで、基本的には、いわゆる市民参加を求めながら進めてまいりたいというのは、これ、共通していることを、御理解いただきたいと思います。


 そういう中で、いろんなことをやっていますけども、各課の仕事は連携をとれていますかという、次のお話がありました。特に循環型社会というようなことで、環境問題を中心に、お話をいただきましたけども、私どもとしましては、1つの協働のあり方としては、この環境分野というのは、非常に取り組みやすいというか、具体的にできやすい分野であります。そういう意味では、いろんな民間の動きとかについては、有形無形の支援をさせていただいているわけでありますし、そういった広報もさせていただいております。広報紙を使って宣伝をさせていただきながら、高めるというようなこともやっていますし、一方で、行政が取り組むべきことは、例えば、一昨年のリサイクルセンターの取り組みのように、まだ、やっぱり行政が先導すべきだろうというのは、基本的にやらせていただきながら取り組んでいるという実態であります。おっしゃるように、こういった民間の活動等を初めとしてですね、あるいは、市の中でやっている環境分野なら環境分野の施策をどう連携させるかというあたりが、1つの課題だというふうに思っておりますけども、今のこの環境について言いますと、先般立ち上がりました環境エネルギーネットワークあたりに行政としても関与しながらということで、それもまた、いいところを私ども行政の中でも取り組みながらやっていきたいと。基本的には、環境分野だけではなくて、いろんな施策がですね、役所の中でやる施策というのは、お互いに連携をするということで、当然でありますけども、そういうふうな仕組みに持っていきたいというふうに、工夫をしてまいりたいというふうに思っております。


 長くなって恐縮です。3番目の、最後の、利便性の高いまちづくり云々ということですけども、私は、集積・集中というのが、効率的な面から言うと、一番いいんだろうというふうに思いますけども、これだけ広い地域もあります。合併して、また、両町も加わるということの中でですね、そういう地域のよさとか、地域にも必要な拠点みたいなものもやっぱりあるんだろうというふうに思います。それが地域の自立というようなことにもつながるというふうに思うんですけども、要するに、どういうところにどういう拠点が必要なんだかというのは、一度、整理をする必要があるというふうに思ってますけども、集中だけでもいいわけでもない、分散だけでもいいわけでもないと。アクセスの問題ということで御指摘をいただきました。私どもとすれば、今、この、特に公共交通、それから、それ以外の地域の足をどう確保するのかというのが、市域が広がれば、なおさら課題になってくるというふうに思っております。循環バスなんかも、その1つの、具体的な支援策の1つでありますけども、新年度は、地域生活交通改革調査事業、ちょっと長いんですけども、要するに市内における公共交通の空白地域の実態を把握して、その対応策をちょっと調べたい、検討したいというふうに思っておりますので、その中で、拠点がどういうのがあって、そこでは、どういうアクセスがされて、今後、どこに問題があるのか、どうすればいいのかあたりは、ちょっと絞り込みたいというふうに思っておりますが、こういった、すべての拠点とか施設をですね、そのアクセスを行政だけで確保するのは、これは、現実には不可能であります。民間事業者はもちろんでありますし、市民の皆さんも、みずからのやっぱり責任において対応していただく、これは料金等のことも含めて申し上げているつもりですけども、そういった必要も今後は出てくるだろうということも、また、市民の皆さんからも御理解をしていただく必要があるというふうに思っております。


○議長(今井元紀)


 産業振興部長。


○助役(産業振興部長)(若山正樹)


 雇用対策の面について、お答え申し上げますが、本当に今、税収を上げるには、法人税もさることながら、市民税を上げるべきだと、そのためには雇用対策が大事だというお話も、御指摘のとおりでございます。


 それで、雇用情勢が極めて深刻な状況に陥ってから随分時間もたっているわけですけども、市といたしましても、いかにしたら、この雇用の掘り起こしができるかというようなことで、ワークシェアリング等の観点からも一生懸命取り組んでまいってきておりました。また、関係機関と連携をとりながら、まさに非常事態だというような認識のもとに取り組んできてございます。具体的には、柏崎職安管内の雇用促進協議会というのを、立ち上げの中で、そこでもって情報交換をしたり、あるいは、企業を回って協力依頼をしたり、あるいはまた、パンフレット作成、新聞紙上等への企業の呼びかけ等々、取り組んできております。また、公共職業安定所、それから、商工会議所、あるいは、市担当で、いろんな、常に連携をとりながらの連絡会議を持たせてきてまいっております。また、パートサテライトの設置についても、市の方でも支援をしていると、そういう取り組みをしているところでございます。


 それで、先ほど、雇用対策は景気の動向だけにもう頼るべきじゃないじゃないかというお話、これはもっともなことでありますが、今、管内における雇用の、失業情勢をちょっと見てみますと、常用の新規求人は、16年の7月から継続で増加に転じてきております。それで、これは、卸しとか、小売りとか、あるいは、製造業、製造業の中でも特に機械金属と自動車関連、ここが非常に、非常というか、幾分ふえてきているという状況にございます。また、有効求人倍率を見てみますと、御案内のことかと思いますが、8月からは連続して県平均を今、上回っておりまして、6年ぶりに0.8台を維持してずっと来ております。ただ、今はちょっと、また、落ちまして、0.77ということで推移をしておりますけれども、そういう状況で、幾分改善はしているということはございます。また、17年3月の新規高校卒業予定者の就職内定率の面でございますが、今、221人の希望者のうち197人が内定しておりまして、これは、内定率を見ますと89.1%ということで、前年よりも4ポイント高くなっているということがございまして、幾分明るさが感じられるということは言えるかとは思います。ただ、そうはいっても、常に危機感を持って、私ども、関係機関と連携をとりながら、この雇用対策は一生懸命取り組んでいかなくちゃいけないという気持ちでやっていきたいと思っております。


 以上でございます。


○議長(今井元紀)


 市民生活部長。


○市民生活部長(山田信行)


 3点目になりましたが、防災計画の基本的な見直しについてということでありますが、昨年の水害と地震を受けまして、具体的にさまざまな防災計画上の問題点が明らかになってまいりました。市の職員から、いろいろな問題点を聞いたり、市民の皆様からもお聞きしながら、具体的にそれを生かした防災計画にしなければならないというふうに考えています。私のところで何点かあるんですけど、例えば、情報収集と伝達方法とか、避難勧告の出し方とか、災害弱者の安全確保ですとか、町内会、消防団、自主防災組織を含めた防災マニュアルの整備ですとか、それは、今ほど言いましたように、もう少しですね、新年度にかけまして、経験を生かせる防災計画にしなければならないというふうに思っていますが、今、その防災計画の中でも、具体的に土砂崩れがする場所ですとか、道路改良が必要な場所ですとかというのをうたっておりますが、前の議会でも議論したと思いますけど、なかなか、今、予算状況で、何年まで、5カ年後には、こことここを全部整備するということが示されない状況も片方でありまして、だとすれば、今ほどお話がありました減災ですね、例えば、橋梁とか建物で言うと、壊れるんだけど、倒れてけがしないとか、土砂の方で言いますと、崩れることを前提にして、早目に察知して逃げるとか、そういう減災をするという部分についても、この防災計画の中に取り入れる必要があるなというふうに強く感じてまして、その辺のお知恵をですね、また、市民の皆さんからも聞きながら、17年度の防災づくりにしていきたいというふうに思っています。


○議長(今井元紀)


 飯塚議員。


○8番(飯塚寿之)


 御答弁ありがとうございました。


 とりわけ個人市民税の増収、雇用の確保につきましては、ハローワーク等々に行ける、就職意欲があって、なおかつハローワーク等々に行けるという方々についてはいいわけですが、いいわけですがといいますか、非常に可能性を感じるわけでありますが、就職したくても、なかなか就職できない就職困難者という、就職に関して阻害要因がある方々もたくさんおられるわけで、そういう方々については、やはり自治体としても、さまざまな支援が必要かと思います。雇用について、それから、協働のテーマについては、また、会派の方でも一般質問が、積極的な質問があるかと思いますので、また、そちらの方で意見交換をしたいと思います。


 ありがとうございました。質疑を終わります。


○議長(今井元紀)


 しばらく休憩いたします。


               午後 0時10分 休憩


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


               午後 1時15分 再開


○議長(今井元紀)


 会議を再開いたします。


 日程第2の総括質疑を続けます。


 霜田彰議員。


○27番(霜田 彰)


 それでは、引き続き、総括質疑をさせていただきます。


 議第29号平成17年度一般会計予算について、市民クラブを代表し、総括質疑をさせていただきます。


 さきに3人の議員が総括質疑をしていただいております。重複する項目については、省略させていただきたいと思います。


 国は、三位一体改革という名のもとに、義務教育費国庫負担金削減の方向で調整に入りましたし、税源移譲を伴わない事業の地方への移譲を進めています。また、郵政公社の民営化が決定すると、さらに大都市と地方の格差が広がり、地方自治体の財政悪化が懸念されます。新潟県は、18年度にも財政再建団体に転落するかもしれないという心配がありましたが、泉田知事は、自身の任期中は絶対そうはさせないという強い決意のもと、再建団体転落は免れましたが、危険水域にあることには変わりなく、今後、県の補助金・支出金が大幅に削減されることが予想されます。柏崎において、中越地震復旧のため、平成16年度補正で70億8,400万円、17年度29億円で対応していただきました。しかし、平成16年度で財政調整基金・起債等で11億7,000万円、17年度も3億1,000万円の市債発行を余儀なくされたことを考えると、今後の市債発行は、かなり減額しなければならないでしょう。また、柏崎市の特殊事情として、毎年5億円以上の原発固定資産税減収がありますし、5月1日の西山町、高柳町との合併後、合併特例債事業の市の負担分を予定しなければなりません。来年度以降の予算編成に当たり、厳しい財政運営が強いられると思います。


 先ほど五十嵐議員の質問に、総括的に市長もお答えになりましたけれども、確かに収入の当てがない。そうならば、もう一歩踏み込んで、私としては、従来の聖域である、農林水産費の関係では補助金の大幅削減、あるいは、民生費の利用者負担まで踏み込まなければいけないと思っておりますけれども、先ほど総括質疑の中で市長がお答えになりました、市民の考えを、声を聞くという答え以上に、今の、もう一歩踏み込んだところまで市長は御決断する覚悟はおありでしょうか。この点、お聞きしたいと思います。


 基金の運用についてお聞きします。


 平成16年、約50億円の公共用施設維持管理基金を、20億円の財政調整基金と31億4,600万円の公共施設管理基金に組みかえし、基金に弾力性を持たせたと、当局の説明を受けましたが、柏崎の平成16年度末の基金現在高は、まだ67億1,100万円あり、金利0.001%の普通預金で、金融機関に保管している状態です。従来、地方自治法では、安全かつ有利な運用方法として、単年度決算では国債も不適との判断でしたが、近年、各自治体の裁量にゆだねられていると聞いています。そこで、私の提案です。この際、海外の証券会社が元本保証のファンドを売り出しており、基金の安全かつ有利な運用として、ぜひ御検討いただけないかということです。予算執行に当たっては、年度当初、一時借り入れが必要であり、また、今回の地震災害復旧工事発注時の頭金不足から、基金の充当も考えられますが、長期的見地で、基金の幅広い運用を御検討願いたいと思いますが、見解をお聞きしたいと思います。


 次、合併特例債事業についてです。


 平成17年度、初めて合併特例債による事業、田尻小学校校舎改築事業15億3,300万円と、佐藤池球場改修工事2億2,500万円が計上されました。合併特例債総事業では、それぞれ21億2,700万円、1億9,400万円で説明されており、予算の段階で積算した後の変更は理解できるのですが、本来、合併特例債事業では、総事業費のうち95%が起債充当でき、そのうち70%が交付税措置されるものであります。田尻小学校校舎改築事業充当額が、当初計画の11億9,900万円より相当減額されていますが、その理由を伺いたいと思います。また、そのことは、新市建設計画の作成時からわかっていたことではないでしょうか。


 次、市内の道路建設についてです。


 平成16年度の補正予算で、街路事業のうち新橋海岸線、市道1−11号線等、1億6,100万円、道路新設改良事業で、市道柏崎9−7号線が2,000万円、それぞれ減額補正されました。その理由が、土地取得できなかったので工事を延期せざるを得なかったというものでした。以前から、道路工事において、計画着工から完成までに時間がかかり過ぎると、市民から多くの不満の声が聞かれます。柏崎の用地買収に対する取り組みが甘いのではないか、当局はどのように認識し、対処していく考えか、お聞きしたいと思います。


 次、8号バイパス及び国道建設についてです。


 平成13年、剣野B遺跡が発見されて以来、8号線バイパス工事は中断され、平成16年度まで現地調査が行われました。平成17年度予算は、記録整理だけですので、国道353号線より西側の工事は、いつでも着工できる状態になりましたが、その間、工事が二、三年おくれたのは確かです。また、ことし1月6日の一般質問で、武藤議員が、松波の避難道路建設を要望した際、当局は、国道352号線を重点に考えると答弁しながら、単に工期を説明しただけにとどまったのは、実に残念です。これら2つの事業は、ともに原発特措法に載っていることからも、国・県に強く働きかけていただきたいと思っております。この事業の推進に当たっては、市の負担も一部あると認識していますが、この事業への取り組みを、今後、どのように考えているか、お聞きしたいと思います。


 1回目の質問を終わらせていただきます。


○議長(今井元紀)


 総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 私の方から、3番まで、財政の関係をお話をさせていただきたいというふうに思います。


 最初に、次年度に向けまして、厳しい中、どういうふうに取り組んでいくのかというお尋ねであります。特に、具体的な例として出されました農業関係の補助金、それから、民生費の利用者負担というようなことでございますけども、お答えをさせていただきたいと思います。


 まず、すべての事務・事業を点検したいというのは、市長もかねて施政方針等で申し上げたとおりであります。基本的には、やっぱり1件審査、その中身を一つ一つ精査をした上で判断すべきだというふうに思うわけであります。事務・事業の必要性ですとか、投資効果というようなことを一件一件、やっぱり判断すべきだろうというふうに思います。財源が不足する、その解決策を直ちに、しかも、なおかつですね、一概に市民の皆さんに負担を強いるということは、必ずしも適当ではないというふうに思っておりますので、人件費等も含めた行財政改革を着実に実施した上で、なお不足する財源の手当については、真剣に検討してまいりたいということであります。それでも、なお、やはり財源が不足をするというようなことになりますと、例えば、今、具体的な例として出していただいた、そういうところまでですね、補助金を削る、あるいは、利用者の負担のあり方まで見直すということについても、あえて踏み込まざるを得ない場面は、当然出てくるだろうというふうに思いますので、そういう方向でちょっと検討をしてみたいというふうに思います。ただ、あらかじめですね、こういうふうに一律カットをするとか、利用者負担を何割にするとかという、規定の枠を決めて、あらかじめ、それありきということではなくて、どうすれば健全財政を維持できるかという観点で、聖域という概念は持たないでやりたいというのが、私どもの考え方であります。


 それから、2つ目の、基金の運用についてでありますけども、具体的に御提案をいただきました、外国証券会社が発行する元金保証のファンドの運用についてということであります。こうした銀行の信用状況を活用した元本確保の仕組みが主流になってきているという実態はございます。御存じだと思いますけど、ファンドの運用が万一失敗した場合に、その損失を信用状況を発行した銀行などが補てんするということで、元本を確保するというのが、このあらましの仕組みというふうに承っております。安全かつ有利ということで運用するというのが大原則でありますけども、この外国証券会社の元本保証ファンドというのは、元本が外貨ベースで確保されるものの、円ベースでの元本保証が確保されるということではないと、為替のリスクというのがあるんだそうです。したがいまして、この商品に関する運用は、もう少し、ちょっと慎重にいく必要はあるのかなと思っておりますけども、なお、今、御指摘をいただいた、御提案をいただいた、このファンドの運用も含め、安全かつ有利な運用のあり方、基金運用のあり方についてはですね、引き続き、やはり社会経済情勢、金融の状況を見ながら判断をしてまいりたいというふうに思っております。


 それから、3番目の、合併特例債の関係でありますけども、具体的な事業について、どうして減額になっているかということであります。理由は2つあります。1つは、建設事業費そのものがですね、実際に細かく精査をしていく段階で、結果として、当初より減額になったということから、この合併特例債も含めた対応の財源も減額となったという理由が1つあります。もう1つは、実は、ちょっと深刻な理由でありますけれども、学校建設にかかわる合併特例債の充当については、国は当初、建設費全体から補助金を引いた額全体をですね、この特例債事業の対象とするという見解を示しておりました。しかし、全国でごく一部だかもしれませんけども、非常に華美なですね、派手なつくりの学校建設をしようという、この際ですね、動きもあったものですから、国の方では、合併特例債を充当できる範囲を変更、具体的には縮小したという経過が、実はあります。これ、知っていたんじゃないかという話ですけども、実は、この見解が示されたのは昨年の7月でした。新市建設計画の財政計画は、その前の5月に一度変更しておりましたけれども、この時点では、この国の通知はなかったものであります。時間的な経過を言いますと、これが事実関係であります。したがいまして、学校建設に関する合併特例債の充当率が落ちるということは、承知をしていなかったと、あらかじめ承知をしていなかったということであります。そうは言いましても、この今回の国の方針変更が、合併特例債を特に活用して学校建設を進めようとしてる私どもの市にとっては、非常な、重大な影響を与えるということで、県を通じまして、何とか従来の対応とするよう要望しているところであります。実はうちの自治体だけではありません。けれども、県の方からの連絡等もありまして、当初予算では、国の指示どおりの、言われるとおりのですね、額で減額をして計上したというものでございます。


 以上であります。


○議長(今井元紀)


 都市整備部長。


○都市整備部長(田村史朗)


 4点目の、市内の道路建設事業について、完成までに時間がかかり過ぎる、用地買収に対する取り組みが甘いのではないかという御質問ですが、街路事業などは、用地買収や補償などで、事業費がかさむ事業となっておりますので、今日の予算確保の厳しい中では、事業の進捗には時間がかかるということをまず御理解をいただきたいと思います。その中で、用地の取り組みですけれども、用地買収価格や補償内容での地権者からの御理解に時間を要する、それから、地権者の皆様の生活設計に伴います移転の時期、それから、代替地の確保に時間を要したりということで、大変難しい要素を含んでいるということを御理解いただきたいと思います。例えば、これは極端な例ですけれども、新橋海岸線では、余り事例はありませんけれども、お墓を百数十基も移転するということで、関係者の皆さんの御理解をいただきながら、困難な事業にも取り組んでいるということも御理解いただきたいと思います。いずれにいたしましても、街路事業等におきましては、地権者等関係者の皆様の御理解が何よりも重要であります。そういった意味で、議員さんおっしゃられますように、それだけ用地買収が重要であるというふうに認識をしているところですので、今後も最大限の努力をしていきたいというふうに考えております。


 5点目の、国道8号バイパス、国道建設に関して、事業推進について、今後の取り組みはどう考えているのかという御質問ですが、国道8号バイパスにつきましては、御存じのとおり、平成14年の10月に、国道252号から353の間が、暫定2車線で供用したところです。現在、鯖石川の改修等の合併施工の関係もありまして、豊田橋の区間の事業を進めているところです。この区間につきましては、平成17年度中に供用の予定と聞いております。今後は、国道353から西、終点の鯨波の区間を国から着工していただきたいというふうに考えております。このことによりまして、さらに事業効果があらわれるというふうに考えているところです。そういった意味で、地元でのこの事業に対する熱意を示すためにも、平成17年度予算では、特別、バイパス対策室の予算を増額しておりませんけれども、今までの国道8号バイパス促進協議会の予算の中で、事業促進のための決起大会などを本年度開催したいというようなことも、事務担当では考えております。


 国道352号ほかの国道建設におきましても、国・県も大変財政事情が厳しい中ではありますけれども、議員さんがおっしゃいますような、原発特措法などの位置づけを最大限活用しながら、原発避難道路というようなことをアピールしながら、今後も国・県に強く働きかけをしてまいりたいと考えております。地元市会議員さん、皆さん、ほか関係者の皆さんの一層の御支援をお願いいたします。


 以上です。


○議長(今井元紀)


 霜田議員。


○27番(霜田 彰)


 その用地買収について、お聞きしたいのですけれども、私が実際経験して、例えば、東京近辺の外環高速、あれは、工事が着工してから一気にできたという経緯もありますし、そこの間の買収の期間が非常に短いわけでして、そういう面で、柏崎の土地の評価が非常に低いから、なかなか同意できないんだという部分があります。また、卑近な例で申しわけないのですけれども、松波から開運橋に至る道路で、2カ所ほど用地買収がスムーズにいかなかったために、非常に急なカーブを強いられて、結局、工事が、完成が2年ぐらいおくれたというのがありました。その2つの点から考えても、どうもやっぱり、今ほど部長がおっしゃった以前に、市民の実感としては、柏崎の用地買収がおくれているという感覚がします。言葉が悪ければ、まあまあ建設費がないから先延ばしだよというのは、ちょっと、うがった見方ですけれども、私の感覚はそうなんでして、もうちょっと実態に合ったような土地の評価というのが考えられるのか、1点、お聞きしたいと思います。


 それと、先ほどの、財政の見通しですけれども、たまたま収入の方に関しまして、部長の方がおっしゃいましたけれども、たまたま今の時期、金属関係が非常に忙しい、だから、多分、17年度の市民の収入はふえるかと思いますけれども、具体的な、もうちょっと、市でこうやるというのがないかなと、いろいろ案はありますけれども、いまいち踏み込みが足りないのですけど、やはり税収に対する見通しは明るくない、逆に言えば、はっきり言えば、全く予定がないということで解釈してよろしいのでしょうか。そこら辺、もう一度、ちょっと、お聞きします。


○議長(今井元紀)


 都市整備部長。


○都市整備部長(田村史朗)


 土地の評価についですけれども、私どもの方では、それが低いために交渉が、なかなか、できないというようなことは、余り認識をしておりません。そういった声をお聞きになっているということですけれども、私は、全般的には、そういう評価はないだろうというふうに考えております。特に、最近は、土地の価格が下がっているというようなこともありますので、むしろ、そちらの方にですね、私たちの方が、神経がいっているという部分があります。


 それで、たまたまですけど、松波から開運橋の部分のカーブ云々という話ありましたが、それが街路のお話だとすれば、これはもう都市計画決定をしたときに、もうカーブも決まっておりますので、それで難儀するとか、先延ばしするということは、ないだろうというふうに思いますし、ただ、費用がないから事業が延びていくというのは、これは前段、私、お話しましたように、なかなか事業費確保そのものが難しいということは、認識をしていただきたいと思います。ただ、それがですね、今回の新橋海岸線のように、用地が妥結しないで事業費が残っていくということは、大変遺憾でもありますので、用地買収、相手のある話ですけども、用地の方で、最大限、今後も努力していきたいというふうに考えております。


○議長(今井元紀)


 総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 市税の関係でありますけども、一般論でお答えするしか、ちょっと今、手元の資料がございません。さっき言いましたように、法人がですね、法人市民税が上がっているということは、そこでの利益が出ているということでありますので、何年後に、個人市民税の方に、それが回ってくるかということは、ちょっと言及はできませんけれども、回り回ってふえるだろうという予測はされます。ただ、先ほど飯塚議員が数字まで挙げておっしゃいましたように、下がって、ずっと低落をしてきているというのは、事実であります。ですから、私どもは、それを上げる工夫をする。それは具体的に、産業を活性化するという、さっき言いましたように、会社、企業が盛んになってもらうということになるわけですけども、個人の商店とかもあります。そういったところに対する雇用の確保の問題、それから、働く場の確保の問題、さらには今言った、個人消費の拡大というようなことで、総合的にやっぱり施策を展開していくということでクリアをしたいというふうに考えております。


○議長(今井元紀)


 霜田議員。


○27番(霜田 彰)


 終わります。


○議長(今井元紀)


 次、持田繁義議員。


○10番(持田繁義)


 17年度一般会計予算案についての総括質疑をさせていただきたいと思います。


 予算総額につきましては、約386億円ということで、昨年度より若干、総額的には下回るけれども、実質的にはふえているんだという御説明でありました。同時に、予算編成に当たっては、国の三位一体改革、さらには市町村合併、そして、災害復旧との関係で、かなり難渋されたということも、こもごも説明がなされてきたわけでありますが、国の三位一体改革、たとえ自主的に財政運営がなされるとしても、どうしても国とのかかわりがあるわけですけれども、これは今後の議論にすることにいたしまして、特に、説明の中でも、特別、今回、基本的に影響はないという角度でありましたが、それはそれとして、いずれにいたしましても、第1番目にお聞きしたいのは、災害復旧ですね、そこに最優先をした、いわゆる当面の大きな課題として、今回、予算編成がなされたわけであります。一方では、戦略的には、製造業を中心とする内容等で全体貫かれているのでありますけれども、その災害復旧を最優先をした予算でありますが、改めて数字で明らかにしていただきたいわけであります。それは一般会計に占める金額、そのトータルとしての割合、それから、特別会計に占める災害復旧の金額と割合、企業会計における災害復旧のその金額と割合、それらを合計したときに、どういう角度で全体の予算が影響したのか、このことを改めて数字で明らかにしていただきたいわけであります。そして、財源確保に難渋した予算編成ということでありますので、一般財源と合わせ、国・県の支出金で、この災害復旧が行われるわけでありますけれども、災害対策して、一般財源がどういう角度で従来よりも使われているのか、このこともですね、金額的には明らかにしていただきたいわけであります。


 なぜ、こんなことを聞くかといいますと、既存事業の、そういう角度があって、なかなか新規事業が取り組めない、極力抑制せざるを得ないという文言もあります。そして、既存事業の継続が中心にならざるを得ないという説明もなされてきたわけであります。そうすると、今回予算の新規事業というのは、相当吟味されたもの、言うなれば、市民の要求・要望の強いもの、または、先々の展望を期待をする事業、こういう角度から精査されたものであろうというふうに推測するんですが、こういう角度でとらえていっていいのかどうかをお伺いするわけであります。


 そこで、行政の継続性と改革性についてなんであります。市長就任されて、12月の所信表明では、「行政の継続性にも留意しながら、じっくり腰を落として取り組み、変革すべきところはきめ細かく、しかも、大胆に変革してまいりたい」と、このように述べられたわけであります。そういう点で、この精神を生かしての17年度予算編成、どのように反映されたのかという点をお聞きするわけであります。


 そういう思いが機構改革にもあらわれているものと推測するわけでありますけれども、その機構改革についてでありますが、1つは、広報広聴課の目指す方向と、いわゆる市民参加の関係であります。これは、先般も大分、この広報広聴課の内容等については、議論がなされているわけでありますが、これも先ほど飯塚議員の質疑の中で、市民参加の条件3つが出されて、一番大事なのは、市民自身が自主的に、主体的に取り組むという、ここは非常に大事な、私も、角度だと思います。そういう点で、この広報広聴課の目指す方向、いわゆる地域懇談会に加えて、移動市長室も含め、手紙、意見の集約と、4つの柱になるわけですけれども、これが、全体が貫かれているものなのかどうかを伺うわけであります。


 それから、消防本部、今度新しく独立するわけであります。そこと防災・原子力安全対策課との関係で、先ほどから、昨年の災害、風水害から地震、なお、原子力安全に当たっては、特別の重要性もあるわけであります。そういう点で、地域の消防団、それから、自主防災組織、さらには防災の見直しなどなど、大変、ここの任務は大きいものがあるんだろうと思うんです。そういう点で、新しく消防本部と独立、さらに、ここの防災・原子力安全課の関係、その人員、役割分担、そして、主たる責任はどこが請け負うのか、この関係を明らかにしていただきたいと思っています。


 それから、3つ目に、焦点となる機構改革でありますが、企業立地推進室が掲げられました。働く場の確保が市長4年間の最大のテーマだということも言われ、その精神がここにあるのかなと思ったところでありますが、この企業立地推進室の役割は、いわゆる企画的な内容も含むものかどうかと質疑したいところであります。これは、具体的に言いますと、いわゆる市役所庁内、庁内を横断的に見て、さらに関係団体とのコンタクトも含めて、地域経済振興を戦略的に、縦横に対処する部署なのかどうか。そして、既存の商工振興課との、いわゆる、ここも責任分担・役割分担があろうかと思うんですけれども、この辺の整理などをお伺いしたいわけであります。


 それから、また改めて、市民参加、その上に連携、協力と協働があるという角度で、2つの点でお聞きしますが、その1つは、コミュニティ支援事業であります。2年間の方向を定めるということで、これから、そのコミュニティ事業が本格をするということで、先ほども質疑があったように思うんですけれども、コミュニティ支援事業と一口に言っても、大きいところもありますし、中規模のところもありますし、わずか200世帯を切るようなコミュニティもあるわけです。目指す方向は、同じく、みずからのまちづくりに参画をしていくわけであります。そこにやはり、行政側の支援とケアというのは、おのずと違うと思います。そして、それぞれのコミュニティが果たす到達度も相当違ってくるんだろうと思うんです。その点で、先ほど山田部長は、この取り組みをする中で、それぞれが変わっていくものと予想するということでありますけれども、その取り組みをですね、あくまでも自主的に行われ、その変化を見るのか。さらに、それだけでなくて、その到達度に応じて、行政としてもフォロー・調整が行われるかどうか。この点を伺っておきたいと思います。


 それから、第四次長期発展計画へのアプローチでありますけれども、これは、これから10年間の先々というのは、大変見通しがつけづらい時代だろうと思います。ここで、120人ほどの市民参加によって、その方向性というよりも、市民の声を集約をして、その策定への過程としてあるんだろうと思うんですけれども、それには、やはり、行政の果たす役割や、専門家から見た役割や、もちろん市民からの参加からの意見などがあろうかと思うんですけれども、大枠のですね、概略的な方向をお伺いをさせていただきたいと思います。


 同時に、これは、これからの議論になっていくんでしょうけども、その議論の山場と言えば、それまでなんですけども、議会としても相当意見交換がなされるんだろうと思うんですけれども、山場というのは、大体、どの辺が設定されているのか。この点もお伺いをいたしておきます。


 それから、いわゆる予算編成の中で、継続事業と新規事業との関係でありますけれども、その1つに、フォンジェとのかかわりであります。確認の意味でお聞かせいただきたいわけであります。3年間、いわゆるフォンジェの支援ということで、都合2,880万円ほどが実行されてきたわけであります。今回、そういう名目にはならないわけですけれども、やはり町中にということで、これは先ほど、事業の内容は報告されておりますが、一時預かり保育、そして、もう1つが、風のまち心の健康づくりというのが登場したわけであります。どうしても町中で、あそこの場所ということになりますと、形を変えたフォンジェの支援対策ととらわれがちになるわけですけれども、そうではないんだと、新しい角度なんだということが言えるのかどうか。そして、先ほど、市民からの一定の要求があって、町中に一時預かり保育が必要だというね、こういう市民要求を具体化したんだという御説明でありますけれども、その、やはり市民要望との関係といいますか、このことも、風のまち心の健康づくりの観点からも御説明いただければありがたいと思います。


 それから、子ども育成基金の対応であります。このことにつきましては、私ども、従来から、この基金の、なぜ積むのかという方向性がどうもよくわからない。事業目的も、なかなか見えないということを指摘してきたところであります。今回の予算では、財政の許す範囲という言葉になっているかどうかあれですけれども、基本的には積まないというような状況も見えるわけであります。この子ども育成基金の対応は、今後、どういうふうになるのか。今年度、明確な方向が出せるのかどうか、出すのかどうか、この辺も伺っておきたいと思います。


 それから、農業振興にかかわってでありますが、さまざまな農業振興への施策が行われているわけであります。その中心に国営土地改良、水不足を解消するという点で、文字どおり、世紀の大事業だと思います。それから、水田農業ビジョンにかかわっての集団営農への支援、そして、中山間地助成事業などがかかわっているわけですけれども、いずれにいたしましても、当地域の農地整備等もおくれておるということと、農業全体を取り巻く環境というのは、決して安易なものではないなということは、だれしも確認できると思うんですけれども、しかし、農業をやりたい、続けたいと、拡張したいという、その思いをお持ちの農家自身、これ、やっぱり正面から受けとめると、これは大事な角度だと思うんです。同時に、地場産業としての農業、その生産性の向上、そこに地元の農産物が、どれだけ地元に反映される、いわば消費・流通、その価値レベルをどう向上させていくのか。全体を貫く問題に、いわゆる地産地消ということが言われているわけでありますけれども、それが、すべての分野で精神が貫かれているのかどうか。この点を伺っておきたいわけであります。


 それから、広域営農団地農道の利活用であります。このことにつきましても、これは県事業で、柏崎の予算では、事業費負担金として出ているわけでありますけれども、現在の農業情勢で、この広域営農団地農道というのは、どういう活用がされているんだろうかというのは、甚だ疑問にも思っていたところでありました。負担金だけが先行しているわけでありまして、あくまでも、この事業というのは、完成を目指すのかどうか。それとも、今、言われるように、事務・事業全体の見直しなどがあって、別の角度からソフト事業に振り向けるということもあり得るのかどうか。この点は、確認の意味で聞かせておいていただきたいと思います。


 次に、こういういろいろな事業をやる上でも、現実問題として行財政改革、余儀なくしているわけであります。財政状況を現実の目線で表現しているとはいえ、かなり厳しい表現になっておりますし、先ほど来から、ゼロベース問題から市民のサービス問題などなどが出ているわけでありますけれども、改めて、この行財政改革について、私なりにもお聞かせいただきたいなというふうに思っているわけであります。


 ダブっている部分で、通告した分については、省きますけれども、そういう点で、市が担うすべての事業の点検ということであったわけですけれども、これは、具体的には、どういう内容で実行されるのかという点で、やはり、それぞれ意味があって事務・事業が行われてきたわけであります。そういう経過があり、実績があり、そして、効果があるわけです。それらの報告が当然なされ、それにかかわる議論というのも、私ども、やる必要があるだろうという思いで、こういう角度で望む必要があるのではないかなと思うんですけれども、伺うわけであります。


 それから、ややもしますとお金がない。そうしますと、市民の要望、我慢してくれというようなことは、まず、ないだろうと思うんですけども、そうはならないわけです。それは、あくまでも、市民の切実な要求にこたえるというのは、一般的にも自治本来の使命でもありますし、住民の福祉の増進という、この基本原則からいっても、当然の内容だろうと思うんです。先ほどの行政改革、第三次については、いろいろともう議論されておりますが、そういう改革をする上で、職員の意識改革も、その行革の1つとして、考慮されているのかどうか。この点を伺っておきたいと思います。


 それから、市債発行については、今回に限りで、災害対策があって、20億円をはみ出しているわけですけれども、先ほど企画部長は、今後は、この20億円、これ自体も、全体も見て検討されるということですが、20億円を当然下回っての検討なんだろうと思うんですけれども、具体的にどういうことなのか、もう少し突っ込んで御答弁いただければありがたいと思います。


 それから、経常費と事業費の関係であります。現在、経常費と事業費の構成割合は86対14ということで、おおむね3カ年、大体、こういう形で推移しているようであります。ただ、当初の説明の中で、いわゆる市の勢い、市勢という観点から、事業費にどれだけ予算を振り向けることができるかが重要だとも、また、書いてありました。こういう86対14という、3カ年を見ると、こういう状況なんですけれども、この構成比というのは、今後、どういうふうにするのか。変えるのかどうか。市勢の観点からという、こういうことになりますと、どうしても事業費に、もう少し振り向けるのかどうか。そうすると、経常費を精査しなければならないということになるわけであります。その経常費の主なものが、人件費、第1位、2番が物件費、3番、公債費、4番、繰出金、5番が扶助費と、こうなっていますが、先ほどの御説明の中では、人件費、人員適正化計画の中で、これは見直されるということ、公債費についても一定程度精査がなされると、扶助費は難しいという御説明でありました。そうすると、この繰出金関係もかなりの金額になっているわけでありますが、この辺の見直しがあるのかどうか伺っておきます。


 最後に、合併特例債事業について伺います。


 総事業費は342億円ということで、既に提示をされ、合併特例債として220億円プラスアルファで232億円ということで、一覧表に出ているわけであります。これは、前議会からも、いわゆる市長の見直しという分野の大きな1つに、総額抑制ということがありました。17年度予算につきましては、田尻小学校、二中のプール、佐藤池野球場などが予定どおり計上されているわけでありますが、いずれにせよ、総額抑制、見直しということでの説明があるわけですけれども、これも後年度のものを検討課題としているというんですけれども、市民から見れば、わかりにくいわけです。そういう点で、年度展開といいますか、年度割といいますか、こういったものが、これは、長期計画を策定する上でも、やはり見なければならない内容なんではないかなと思うわけです。そういう点で、見直すといっても、吸収される側と言うとあれですけれども、高柳や西山町の皆さんのものを調整するというのは、感覚的に言っても、難しいなというふうに思うんです。そうすると、柏崎市域における、現在の柏崎市域における20事業、その総枠の見直しなのかな、その事業の順番がどうなのかなというふうに推測せざるを得ないんですけれども、この点を公表されるのかどうか。する場合、どの辺がどうなのかということも、現時点で明らかにできるものがあれば、お願いしたいと思います。


 以上です。


○議長(今井元紀)


 市長。


○市長(会田 洋)


 大変、多岐にわたる御質問でございますが、一、二、少し基本的なところについて、私の方からお話を申し上げて、あとは担当部長の方から答弁申し上げます。


 まず、行政の継続性と改革性ということのお尋ねでございます。私も、御指摘のように、行政の継続性に配慮と言ったか、考慮と言ったか、しながら改革を進めたいという旨の表明をさせていただいたわけでございます。この大きな柏崎丸、これまでの目的を持って進んでまいってきておりますが、これを急に大きくかじを切るということになりますと、今の近代的な船ですと、ひっくり返ることはないかもしれませんが、それに乗っている市民の皆さん方、大きな影響を受ける、けがをされる方も出てくるということもあるわけでございます。また、事業の中には、当然、市民の皆さん、地元の皆さんとお約束をして進めてきているものも、もちろん、あるわけでございますし、それから、事業によっては、それぞれ進捗度がございます。今から改めて検討をし直すことのできるものもあるかもれませんが、やはり、中には、もう引き返すことのできない事業というのも、多々あるわけでございます。そういったことも含めまして、もちろん何から何まで皆見直すということではございませんが、基本的に、これまで進んできておるもので、あるいは、もう引き返すことのできないものについては、これは当然、継続をして、あるいは、その必要性・重要性なもの、そういったものはもちろんでございますが、当然、継続をして進めていかなければいけないというふうに思うわけでございまして、ただ、先ほど申し上げましたように、今、柏崎市を取り巻く、あるいは、地方自治体を取り巻く社会経済情勢、大きく今、転換期にあるわけでございますので、そういった観点から、これまでとは、また、視点を変えて、新たな観点で、やはり、さまざまな取り組み、事務・事業については、光を当てていく、見直していく必要があるのも、また、事実でございます。これについて、私は、じっくり取り組むというふうに申し上げましたが、少し方向を変えることで、先々大きく行き先が変わってくるわけでございます。そういったことも見据えながら、何が市民の福祉向上のために、あるいは、柏崎の活力を高めるために必要なのかということで、必要なものについては、改革をし、取り組んでいくというふうに考えております。それが継続性と改革性ということに対する、一応、お答えとさせていただきます。


 それから、機構改革の中で、広報広聴課の目指す方向ということで、お尋ねがございましたが、広報広聴課の内容については、既に、この本会議の場でも御説明をしたところでございます。お尋ねの点は、恐らく、この、私が先ほども市民参加のかかわり中でいろいろ申し上げました行政と市民とのかかわり、これと広報広聴課の位置づけの問題だと思うわけでございますが、基本的に、広報広聴課は、そういう意味で、市民の皆さんの声を聞く、あるいは、市民の皆さんに対して行政のいろいろな情報をお伝えをするという窓口になる。そういう意味では、1つの総合窓口的な機能を持たせるものでございますが、ただ、私が先ほど申し上げましたように、行政と市民との連携、市民参加なり、市民との協働なり、あるいは、市民の皆さんがいろいろと活動されることに対して行政が支える、こういったさまざまな局面がございますけれども、これを、もちろん、広報広聴課がすべてを担うわけではないわけでございまして、そういった、さまざまな市民の皆さんとの関係というのは、これは市の行政、それぞれの部局が、それぞれの事業を通して進めていくということは、もちろんでございますので、そのように御理解をいただきたいというふうに思っております。


 それから、コミュニティ支援事業について、これは後でまた、詳しくはまた、担当部長がお答えするかと思いますが、私の考えは、今、各コミュニティセンター、それぞれの地域で地域コミュニティ計画を策定をされて、それに基づいて今後の活動、これに対して行政が支援をしていこうということで、予算も計上させていただいておりますが、ただ、御指摘のように、私は、一律に、これを等しく、満遍なく応援をするという考えはいかがかなというふうに思っております。やはり、基本的には、それぞれの地域でいろいろと知恵を出し、みずからの地域づくりをどうしていこうかということで、真剣に取り組まれている、そういう熟度といいますか、熱意ある地域、そういったところを、やはり、まずは優先をして応援をしていくということが大事なんではないかなというふうに考えておるところでございますが、これはまだ、これから、それぞれの地域が、これから、いろんな活動で動き出そうとしているわけでございますので、今後、そういった面も、それぞれの地域の皆さんと御相談をしながら、より、それぞれの活動が活発になるように、市としても支えてまいりたいなと、こう思っているところでございます。


 それから、フォンジェの問題、これもまあ、後で詳しくお話があると思いますが、基本的なことだけ、私、一言申し上げたいと思いますが、繰り返しになるかもしれませんが、これは、あくまでも私の公約の1つでございますが、子育て支援、この少子化の時代の中で、子供を育てることに対して、行政としても、できるだけ応援をしていく、子育て支援に力を入れていきたいということを1つの柱にしておりまして、そういう意味で、元気館の子育て支援センターの体制の強化・充実を図る、その一環として、町中での一時預かり保育、これまでも大変要望の強かったところでございますが、これを実施をしたいということでございまして、いずれ、こういった機能については、町の中心部だけではなくて、さらに拡充をしていく必要があるというふうに思っているわけでございます。あわせて、心の健康づくりといいますか、心のケアの対応についても、人が比較的集まりやすいといいますか、訪れやすい、そういったところで気楽に相談に来ていただけるような、そういうスペースが必要だということで、今まで検討を進めてまいってきたところでございますので、これらの、行政として、施策として取り組むべき課題について、フォンジェを利用してやりたいということでございます。結果として、そのことがフォンジェの場所を借りるということでの支援といえば、支援になるという側面はございますけれども、あくまでも行政的に必要な施策として、これを行いたいというものだということで、御理解をいただきたいと思います。


 それから、合併特例債事業のお尋ねがございました。この合併特例債については、先ほども田尻小学校の例で、霜田議員からもお尋ねがあったところでございまして、なかなか、私は、国がいろいろ約束してきていることが、果たして、今後、どうなるのかなと、この三位一体改革が進む中で、この特例債事業もどういうふうに進んでいくのかなあというふうに危惧をしている一人でございまして、この、先ほどの学校建築についても、当初想定をしていた額の起債が得られないということが、既に発生をしているわけでございます。基本的に、大変有利な起債ではございますけれども、しかし、起債はあくまでも借金でございますので、しかも、元利償還の7割は、交付税措置をされるというふうに、一応、言われておりますが、それを前提にしましても、3割はあくまでも一般財源で補てんをしなきゃいけないという問題等もございます。そういったこと等も含めますと、余り、これを乱用することは、財政規律を乱すことになりはしないかという懸念を私は持っているわけでございますので、そういった中で、後年度に見直すという言い方をしておりますが、当然、今年度から進めます総合計画、こういったものの検討の中でも、この特例債事業の中身についても、検討の対象にしていかなければいけないと、こう思っているところでございます。


 あとは、それぞれ関係部長から御答弁を申し上げます。


○議長(今井元紀)


 総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 議員からは、当部の関係するところで、行財政改革と、それから、財政全般のお話がありました。2つ目としては、第四次総合計画のお話、それから、今の合併特例債事業という、3点ございました。3番目のことは省略をさせていただきます。それから、財政の話で、一番最初に、災害復旧のために盛った予算はどのぐらいか、額を示してくれということですので、これは後ほど、担当の財務課長の方から説明をさせます。


 この財政に関しては、ちょっと、一生懸命メモをとっていたんですけども、漏れないようにやりますけど、もし不足がありましたら、また、後ほど、お尋ねをいただきたいと思います。


 市民要望に沿った予算になっているかというのが1つの考え方だと思います。御質問の趣旨だと思います。基本的には、そのつもりで考えているというふうに、御理解をいただきたいというふうに思います。


 行革とか見直し、事業の点検というのを、どういう視点でやるのかというお話もございました。私どもとすれば、必要があっていろんな事業をやってきているわけであります。必要のない事業は、もちろん、やっているという認識はないわけでありますけども、さはさりながら、やはり、こういう世の中でもあります。行政ニーズは、やっぱり、一般的には、複雑になったり、それこそ多くなったり、かさがふえたりということであります。一方、財源は限られているわけですので、福祉の増進という、簡単に言いますと、住民福祉の増進、市民サービスの向上というのは、当然、考えていかなければならないわけですけれども、一方で、財源との見合いの中でどうするかという、やはり、そこはきちんと見て出ないと、経費がかさむばっかりである、借金ばっかりふえると。市民の皆さんが負担をしてくれるという了解がとられればいいわけですけども、必ずしもそうはならないだろうと。財源を見ながら出るをはかるという、やっぱり、これが基本的な考え方でなければならないというふうに思うわけであります。どういう事業が、今やっている事業の中で本当に必要なのかというのは、いろんな判断があると思いますけども、議会の皆さんとも議論をさせていただきながら、そこを判断して出たいというふうに思うわけであります。結果として、市民の皆さんにも一定の御理解をいただかないものが出てくるとすれば、これは十分意を尽くして説明をし、御理解をしていただかなければならないというふうに思っているところであります。


 それから、職員の意識も、それに合わせて変えて出る必要があるのではないかということでありますけども、もちろん、その自覚で取り組みたいというふうに思っております。


 それから、市債の発行とプライマリーバランスで、20億円の枠をどうするんだという話でありますけども、起債は、御存じのように、行政需要に伴う負担を後年度世代と分担をするということで、一定程度必要だというふうに思いますけども、これがやっぱりふえるというのはですね、後年度負担がふえるというのは、基本的に避けたいというふうに思っています。さっきも、前の議員の質問にもお答えをしたように、2町との合併もあります。それから、広域事務組合の事業の継承ということもありますけども、その分の償還額、起債額等を計算をし、20億円、今までどおり、その枠にこだわるのかどうかということも含めて考えたいということであります。少なければ少ないほどいいと思いますけども、私は、さっき20億円の枠を見直すと言ったのは、増もあるということであります。ただ、それが、年度末の起債残高が年度当初よりふえていないという、そういうバランスをとりながらいきたいという、それが、今言ったように、これだけの規模、100の規模の中で20億というのか、120になったとき、それが20でまだいいのかということはですね、もう少し整理をしたいというのが、考え方の趣旨でありますので、御理解をいただきたいと思います。


 それから、もう1つ、財政に関しては、経常費と事業費の関係ということであります。決算書にも、お調べいただければわかるんですけども、平成11年度で77というのが経常費の割合であります、経常収支比率でありますけども。それが平成15年度、4年間で10ポイント上昇して87%ぐらいになっているわけであります。これが、ある意味では、問題なんでありまして、中身を分析しますと、さっきもちょっと触れたかもしれませんが、義務的経費は、ほかの県内6市とか類似団体、同じ人口とか面積の規模の団体と比較するものがあるんですけども、それから見ると低いんですね、人件費、扶助費等は。ただ、それ以外の経費、物件費ですとか、維持補修費とか、こういうのは、ちょっと、ほかの、今言ったような県内6市とか類似団体等に比べて、ちょっと高いという、こういう、実は、構造があります。したがいまして、やっぱり、この中身をちょっと分析をして、87%になっている、この経常収支比率をどういうふうに持っていけばいいのかと。我々は、これが高まるというのは、やっぱり財政の硬直化につながるという、当然、認識はありますので、下げていきたいという基本的な考え方は持っております。長計の議論の1つのテーマにはなってくるのかなというふうに思っております。


 以上が財政の関係であります。


 長計でありますけども、これも飯塚議員にお答えをさせていただいたとおりでありますけども、これまでは地域行政運営の指針ということが長計なわけですけども、総合計画であるわけでありますけども、これからはですね、行政だけではなくて、住民、広く市民といいますかね、事業者の皆さんも含めて、これが主体になって地域の統治・自治を行うという、そういう考え方に基づいて、主体の役割と関係性を明確にした自治をやっていくということが求められているんだろうと思います。そういう意味では、やっぱり多くの市民の皆さんに参加をしていただきたいなというふうに思っております。行政と市民の役割はどうなんだと、あるいは、専門家を入れてどういうふうにするんだということでありますけども、従来のように、行政がつくって、お示しをして、「どうでしょうか」ということで、御審議をいただくということではないということは、そうなんですけども、かといって、市民の皆さんに、さっき言った、丸投げで、つくってきてくださいという話も、これもいささか無理がある。やはり、その中間的なですね、市民の皆さんがつくっていただくのと、行政がその問題を整理をして、情報提供をしながらですね、やりとりをさせていただきながらつくると、その中間的な、やっぱり、レベルを想定をしているところであります。


 それから、山場はいつかというお尋ねがありました。常に山場だというふうに思っておりまして、この2年間、相当、やっぱり難儀だろうなと。120人という市民の皆さんの仕切りをするのは相当難儀です、はっきり言いまして。回数も当然ふえるわけでありますけども、その労をいとわないでやりたいという意味では、山場は常に山場であると。ただ、前に申しましたように、18年の9月の議会に基本構想の上程をしたい、議会の皆さんに御議決をいただくということで、スケジュールを組んでおりますので、それまでにですね、それに近くなってくれば、だんだんスケジュールもタイトになってくるし、仕事もふえてくるということで、あえて申し上げると、18年の9月に向けた作業の前といいますか、少し前あたりが最後の詰めになるだろうと、こういうふうに思っております。


○議長(今井元紀)


 財務課長。


○財務課長(村木正博)


 災害復旧にかかわる予算について、数字の御質問がありましたので、申し上げたいと思います。


 最初に、一般会計に占める金額とその割合でありますが、一般会計は9億513万2,000円、占める割合2.3%です。特別会計は、集排のみ20億176万2,000円で、集排自身に対しては74.9%、特会全体では7%の構成比となります。企業会計では4億1,245万7,000円で、企業会計の中で4.5%を占めております。それら合計では33億1,935万1,000円、全部の会計全体で4.4%の構成比かと思います。


 それから、財源確保に苦労した予算編成ということで、一財がどのぐらい使われたのかという御質問だったかと思いますが、最初に、16年度は1,145万1,000円の一財が使われておりますが、17年度は、一般会計において、7,492万円が直接、一般会計の支出分として、それから、集排に対する繰出金、これも一般会計になりますが、集排に対して2,336万円ということで、合計で9,828万円です。16年度の数字を1,145万1,000円と申し上げましたので、比較としては8,682万9,000円が一般財源として繰り出されているということになろうかと思います。


 なお、当初に予算説明をした中で、「限られた財源の中では、経常費の増加は、市の財政の硬直化につながると言わざるを得ない」と、「新年度予算においては、新規事務・事業の取り組みを抑制したり、施設の改修事業も先送りせざるを得なかった」というのは、先ほど言いましたように、去年と比較としての一財の8,682万9,000円のことももちろんなんでございますが、笠原議員さんに、部長の方で御答弁させていただいた中で、結局、元利償還金を一般財源で措置しなければならないのが13.1億円ありますというふうに申し上げたかと思います。災害の償還期間は、たしか10年ぐらいだったと思いますが、10年だとすると、この一財のほかにですね、1年間に1億3,000万ずつ毎年起債の負担がふえるということも、財政の硬直化の一因であるということから、そういうような表現で、相当の事業の絞り込みをしたと、こういうことでございます。お願いします。


○議長(今井元紀)


 市民生活部長。


○市民生活部長(山田信行)


 市民生活部では3点あったかと思いますが、機構改革の、広報広聴課の目指す方向と市民参加の関係は、今ほど市長が申し上げたとおりでありますので、省略させていただきます。


 次に、消防本部と防災・原子力安全対策課との関係、人員、役割分担ということでありますが、御存じのように、消防本部、消防署は、その施設・人員を活用して市民の身体・財産を火災から保護すること及び、火災・水災・地震などの災害を防除すること、また、これらの災害による被害を軽減することを任務とするものであり、そのための訓練を積んだ組織であります。一方、防災・原子力安全対策課は、市民生活の各分野にわたり重大な影響を及ぼすおそれのある自然災害等に対処するため、防災機関が機能を有効に発揮して、災害の予防、応急対策及び復旧・復興が円滑に行われるよう調整する事務を分掌しているわけであります。


 次に、人員の関係でありますが、合併後、5月1日以降の話をさせていただきますと、防災・原子力安全対策課が分掌しています消防団に関する事務を、消防本部に移管しますが、これは、消防団の任務からして、消防本部と協働してですね、または、指揮下で活動することが有効であるというわけであります。消防団事務が市町村事務とされていました関係で、今まで広域事務組合の事務ということになっていたわけですが、それぞれ、合併後はですね、消防が市の事務となるということから、本来のあるべき姿に戻すというものであります。


 なお、防災・原安課に消防団担当の職員がおりますが、1人が消防の方に行くという形になります。


 消防・防災といった業務につきましては、消防団や自主防災組織の協力に加え、市民一人一人から、自分のことは自分で守る、地域のことは地域で守るといった視点での参画をいただくとことが安全安心のまちづくりに欠かせないことでありまして、市民の皆さんの積極的な参加に期待するというものであります。


 それから、コミュニティ支援事業の関係で、これも市長から答弁がありましたが、若干補足をさせていただきたいと思います。


 いわゆる地域規模の違いをどうフォローするかということでありますが、大きさの大小はありますが、各地域ともしっかりとした組織をつくって対応をしていること、事業の大きさは違うかもしれませんが、1つの事業をやり遂げようというプロセスは同じでありまして、その地域に合った達成感が得られるというふうに考えております。小さいところは、外に向かって発信し、外から内に人を集める努力をしていくということになります。逆に、大きいところは、隅々まで声が届かないというデメリットもあるところでありますが、コミュニティが小さいからといって、決してマイナスばかりではないというふうに考えております。しかし、人の力、資金など、やはり小さいところは、何をやるにも壁に当たることもあると思いますが、小さいなりの特色、そこに住んでいる人が満足されることが一番大切ではないかというふうに考えておりまして、地域の満足度を大切にしたいということであります。その意味からも、地域の主体性を大切にしながら、少し弱い地域を側面的にフォローはしていきたいというふうに考えておりますが、行政として、中に入って、無理やり修正して高めると、あるいは、中身を変えるというようなことはしてはならないというふうにも考えております。また、コミュニティの推進協議会が、それぞれ、あるわけでありまして、今のコミュニティづくり作成に当たっても、それぞれの地域間交流をしているところであり、大きなところは小さなところから学び、小さなところも、また、大きなところからいろいろ学び、切磋琢磨しているという状況から見れば、そう大小の違いの心配をする必要はないんじゃないかなというふうに考えています。


○議長(今井元紀)


 産業振興部長。


○助役(産業振興部長)(若山正樹)


 それでは、企業立地推進室の役割と展望、そこについて、また、あわせて農業振興について、お答え申し上げます。


 まず、企業立地推進室の役割ということでありますけども、市長が、この施政方針の中で、産業の振興と働く場づくり、これを大きな柱の1つに掲げまして、企業立地推進室を新設するといったわけなんですけども、この企業誘致とか産業の場づくり、これは本当に、そう簡単ではないと。これからますます激化する都市間競争、あるいはまた、産業団地間競争という中で、本当に現実の問題としては、なかなか簡単なものではないんだと、強く認識しているからこそ、だからこそ必要なんだという意気込みで打ち出した施策だというふうに受けとめております。今まで商工振興課の中に、企業立地担当の副主幹等を置きながら、取り組んではきておりましたけれども、今回、商工振興課から分離独立させるということにするわけでございます。


 企業誘致戦略として重要な要素といたしましては、いかに、この柏崎に関心を持ってもらうか、それから、そのためには柏崎の魅力をどのようにつくって発信していくかと、そういうことがあるわけですけども、そのために、企業の方のビジネスの環境にも、また、合わせた、優遇措置とか、あるいはまた、柏崎の地域資源等を活用した産学連携の充実、あるいはまた、地域内の企業のさらなるレベルアップ、こういうことも総合的にやっていかなくちゃいけないということになるわけでございますけれども、そうした任務を負った室にしなくちゃいけないというふうに考えております。


 この目的に向かって、東京事務所と連携をしながら、市外とか県外の企業情報の収集、あるいはまた、関係機関との連携強化とか、あるいはまた、市外・県外企業への訪問活動の促進、それから、進出意向企業へのワンストップサービスを徹底すると。また、誘致のための優遇策の検討とか、そういったことを展開しなくちゃいけないというふうに思っているわけなんですけども、商工振興課と連携しながら、先ほど、市長の方、午前中の五十嵐議員さんにお答えさせていただきましたように、地場産業、あるいはまた、地元工業界の技術力のアップ、あるいはまた、新技術の拡大とか、さらに新事業への取り組み支援等々、地元産業力の強化、働く場づくりにもつなげる役割を担わせるというふうにしなくちゃいけないというふうに考えているところであります。


 御質問の中に、その役割とは企画的なことを含むのか、あるいはまた、庁内を横断的に見て地域戦略を練るのかということでございましたけども、まさに、そのような方向でいかなくちゃいけないというふうに思っております。もちろん、先ほど申し上げましたように、商工振興課の中に工業振興係というのが、なおも置く予定でございます。そことの連携も図りながら、それこそ市長をトップに、市職員全員がセールスマンであるというような意気込みでやっていかなくちゃいけないだろうというふうに思っているところでございます。


 次に、農業振興の方の件について、2点ございました。


 1つ目が、地産地消はどこに求めるのかということでございました。御質問の中には、農業振興に地産地消の精神が貫かれているのかと、そこはどうなっているのかということでありますけども、まさに御指摘の点は、常に、それを原点に置いて、それを念頭に置いてやっていかなくちゃいけないというふうに思っているところであります。


 柏崎の農業は、何といっても米、これが主産製品であると、主産産物であるということになるわけでありまして、この米においては、今年度からイモチ病に強いコシヒカリ、これを導入いたしまして、航空防除の方も、回数を1回減らすという取り組みを行おうということにしております。これを契機に、減農薬による米の生産というのが可能になるわけでありますので、今後は、化学肥料等も減らしながら、減農薬・減化学肥料米の生産地としてのブランド化を図ってまいりたいというのが1点ございます。


 また、堆肥センターの堆肥の投入を積極的に導入しようと、推進しようということで、よりおいしい米づくりを目指そうということでありますけど、そういう意味で、堆肥センターの保管庫の増設とか、あるいはまた、循環型農業推進事業というのを導入しまして、堆肥投入の農家への助成を行いながら、少しでも付加価値の高い農産物の供給体制を進めたいというふうに思っております。


 また、最近盛んであります、生産者のトレーサビリティシステム、この取り組みも、農協等と協力をしながら、特別栽培農産物という、このブランド化を図ってまいりたいというふうに思っているところでございます。


 また、1点では、当地域、早場米の地帯の優位性があるということもございまして、越路早生の団地化を図りまして、早場米のブランドの確立を目指して、JA柏崎と連携をしながら、昨年度から、この米販売戦略を進めているところでございます。


 ただ、一方、当地域では、園芸とか野菜、こういったことの大規模な取り組みというのが今まで、なかなか実践に結びついてきてないというのがございます。そうした中で、今、小規模農家によりまして、地元の消費者に対しても、新鮮で安全で安心な農産物の供給というのが図られているわけでありまして、今、安心で安全な食べ物が求められている中で、非常にこの関心も高まってきております。また、地元スーパーとか、そういった流通業界も、できるだけ柏崎の産品が欲しいんだがなという、また、要望も出てきておりますので、その辺におこたえする方向にも、また、努めていかなくちゃいけないというふうに思っております。


 また、1点、平成17年度の水田農業構造改革対策、いわゆる生産調整対応の中で、とも補償単価の見直しを行いまして、大豆とか、ソバとか、こういうのを、助成額の方を大幅に引き上げたいと思っております。補償金の方ですね、今まで反当たり3万8,000円だったところ、4万5,000円の方に引き上げると、転作の団地化の方につきましては、6万円に引き上げようと、そういう大幅な改革をやりまして、生産面積・生産量ともに拡大を図っていきたいというふうに考えております。ひいては、これが地元産の産物の生産量の拡大につながって、地産地消の運動へと結びつくのではないかというふうに、一応、考えております。


 それから、最後にですね、広域営農団地の利活用、これについてのお話がございました。 これは、広域営農団地につきましては、平成16年度現在では、柏崎地区の方は、一応、完了してございます。今現在、柏崎2期地区と第3期地区ということで今、取り組んでいるわけであります。それで、進捗状況の方は、一応、年度末の想定ではありますが、事業費ベースでいきますと82%に達しております。また、事業量ベースの方では83%。ともに約8割以上のところに来ております。この農道の計画は、基幹道路であります、いわゆる高速道とか、あるいはまた、8号線とか116号線と結びつけることによって、柏崎・刈羽の4市町、合併にもなってきますけれども、ここの地域の農産物の流通安定化を図るというのが目的でやっているわけなんですけど、ただ、一方では、一般車両の通行も見込んだ計画と、当初から、なっているところでございます。御指摘のように、現在、なかなか農業振興という観点で、当初の目的どおりいっているのかなという御指摘もございますが、全線が開通いたしますと、現在実施しております国営土地改良事業、あるいはまた、県営土地改良事業、あるいは、団体営の土地改良事業、こういったところとの連携の中で基盤整備も進んで、また、集落営農もどんどん進んでいく中で、柏崎・刈羽地域の基幹農道としての位置づけが、より高まっていくだろうというふうに思っているところであります。


 それで、最後に、長い期間かかって、最後までやり遂げる気持ちがあるのかどうかというお話でありますが、先ほど申し上げましたように、今、8割方まで来ております。それで、2期・3期終わるまでには、もう五、六年かかるかと思います。一応、平成23年を目標にしております。ただ、当初の全体計画の中にありました、大崎から、西山の方なんですけども、大崎から石地に向かっての区間がございますが、ここの区間につきましては、見直しの中で、当面、3期の中からは除外をしております。つまり、当初計画からは若干見直しがされているということでございます。


 以上でございます。


○議長(今井元紀)


 福祉保健部長。


○福祉保健部長(大谷正利)


 フォンジェ支援と新規事業の関係について、御答弁を申し上げます。


 これまで児童遊戯施設運営負担事業として、フォンジェ、キッズマジックに対しまして、平成14年から16年、本年度まで、3年の期限つきで、少子化対策や子育て支援に寄与できる有効な施設として、応分の負担をして、利用促進を図ってまいりましたが、本事業は16年度をもって終了いたします。しかし、キッズマジックは、全国的にもまれな屋内大型遊具を備えており、子供たちが遊びながら体力や知力をはぐくむことができる施設であります。親子ともども年間約5万人の利用者があり、子育て支援に寄与できる有効な施設であるとの認識をいたしております。これまで、市民の皆さんや議員の方々からも、市の中心部での一時保育事業の実施を検討してほしいとの要望をいただいておりますので、一時保育ではございませんが、キッズマジックにおいて、これにかわる補完的なものとして、市の中心部の利用しやすい場所にあることの利点を最大限に活用して、子供を遊ばせながら、気軽に育児相談を初め、一時預かりなどができる活用を図りたいというものであります。正職保育士1人、臨時保育士2人の3人体制で業務運営に当たることといたしております。


 なお、対象者や具体的な事業概要につきましては、午前中の笠原議員に御答弁申し上げましたので、割愛をさせていただきたいと存じます。


 新規の事業につきましては、町の中心部、フォンジェの空きスペースを活用し、実施する予定の、風のまち心の健康づくり事業について、御説明を申し上げます。


 精神保健に関する相談は、主に元気館で行っておりますが、相談件数は年々増加し、ここ数年では、平成14年度612件、平成15年度904件と、著しい増加傾向にあります。このようなストレス社会を背景に、ふえ続けるストレス性障害に早期に対応するために、市民のだれもが気軽に訪れることができ、また、気軽に相談できる場所の確保と、精神保健に関する情報コーナーや展示コーナーを設置し、市民の皆さんから精神保健に対する正しい知識と理解の得られるように、積極的な啓蒙活動を推進する場が必要であります。このたび、フォンジェの地下1階、30坪を利活用し、薬局の隣のスペースに、精神保健に関する情報コーナーや展示コーナー、それらのコーナーの一部を開放し、精神保健のボランティアの皆さんとともに、市民参加によるイベント、例えば、定期的なミニコンサートなど企画運営しながら、心のバリアフリーを推進していくことといたします。


 次に、子ども育成基金の対応でございます。


 かしわざき子ども育成基金は、御存じのとおり、平成12年4月1日に設置された基金で、21世紀を担う人材の育成と、子育て支援の推進を図る目的で設置されたものです。本基金の積立目標は、10年間で5億円としているところでありますが、16年度末では約1億800万円の見込みとなります。先日の予算説明におきまして、今後、財源の確保が可能となります時期に補正予算で対応させていただきたいという、基金原資の積み立ての説明をさせていただいたところでございます。


 また、基金の利活用時期、方法につきましては、こども夢ぷらん推進協議会、社会福祉政策審議会を初め、議員の方々からも早目に活用との御意見もありますことから、平成16年度においても引き続き検討をし、庁議などにおいて、事業提案をいたしてまいりましたが、結果的に、地域における子供会やコミュニティサークルなどの既存団体の運営費補助の域を出なかったり、また、急いで実施する必然性や新味に欠けることなどから、さらにもう1年かけて、児童のリーダー育成、地域活動育成や、子供を中心とした創造的イベント事業などを含め、活用時期・方法について、検討をしてまいります。


 以上でございます。


○議長(今井元紀)


 持田議員。


○10番(持田繁義)


 大分、時間も押していますから、これで終わりますが、また、細かいところは、委員会などで聞かせていただきます。ここでは終わります。ありがとうございました。


 次に、真貝議員。


○13番(真貝維義)


 議第29号平成17年度一般会計予算について、公明党を代表しまして、三、四点、総括的に質疑をさせていただきたいと思いますけども、かなり、5人の方がやっておりますので、重複するところがありますが、御容赦をいただきたいと思います。なるべく重複しないようにと思って、考えてはいるんですけども、なかなか、すき間を縫うのは難しいなと思っております。


 現在、我が国は、明治以来の中央集権体制から地方分権へと、国の姿を大きく変えようとしているわけであります。地方分権、市町村合併など、まさに歴史的な節目を迎えております。


 そういった中、当市におきましても、西山、高柳町、2町との合併準備に追われているところであります。こういった中で、昨年は7月の水害、台風、そして、記憶に新しい中越大震災と、本市も未曽有の大災害に見舞われました。このような非常時の中、そして、三位一体改革など、よい材料が全くない状況下での385億7,000万円の新年度予算、地震の復興費約29億円や、合併に伴い、広域事務組合の事業移管等もあるわけでありますけども、16年度の当初予算を押し上げた16億円の借換債を差し引いた金額で見ても、16年度予算の12億7,000万円増の385億7,000万円であります。大変な中での予算編成をされた市長を初め、職員の皆さんの苦労に、まずもって御苦労さまでしたと申し上げたいと思います。


 私ども公明党は、新年度予算要望で、被災者の立場に立った災害の復旧・復興は当然のことでありますが、すべての人々の人権が保障されたまちづくりの理念のもと、地域力の再生をキーワードに、住民が心豊かに安心して暮らせる柏崎の構築、さらなる発展を目指す予算要望をさせていただいたところでございます。


 おのおのの要望につきましては、委員会でお聞かせいただくといたしますが、先ほど申しましたが、なかなか、よい材料がない中での予算編成、市長の施政方針の冒頭でも、また、今年度予算の総括においても2回、当初予算の概要の中でも3カ所ほどですかね、この財政の厳しさ、今後の財政運営に触れられておりますが、最初に、健全財政運営と行政サービスという観点から質問をさせていただきたいと思います。


 1点目は、起債の自主規制枠の堅持とプライマリーバランスについてであります。


 先ほど来、話が出ておりますけれども、17年度の起債総額は22億7,000万円であります。災害復旧事業債の3億1,000万円を除けば、新たな合併特例債事業の4億1,000万円を加えても、辛うじて20億円の自主規制枠をクリアできるところであります。が、後ほど、また、聞かせていただきますが、このプライマリーバランスとの関係で申しますと、健全財政を維持していくという観点からも、今後の起債の20億の規制枠、額はともかくとして、先ほど来、見直しはするんだという話は出ておりますから、額はともかくといたしましても、この規制枠をやはり維持していく、ある程度、規制をみずからかけていくということが、やはり必要なんではないかなというふうな気がいたしますが、この辺のところについて、1点、お聞かせをいただきたいと思います。


 そしてまた、プライマリーバランスでありますが、私が言うのも何でありますけども、簡単に申せば、プライマリーバランスは、公債費以外の歳出が市債以外の歳入で賄われているかどうかを見るものであります。プライマリーバランスが赤字の場合は、現役世代がみずからの負担を超えた行政サービスを享受し、後世の世代に負担を転嫁すると、こういうふうに言われているわけであります。今年度は、災害復旧事業債として10億1,000万円の起債を見込むため、このプライマリーバランスは保てない、このような説明がなされているわけでありますが、17年度の元利償還額は36億3,000万円、このように言われています。実質的には、17年度から償還の始まる臨時対策債2,300万円が、この額に加わるわけでありますけれども。そしてまた、17年度のこの償還額の中には、7億7,000万円、広域事務組合の事務移管に伴ったものが含まれているわけであります。17年度起債残高見込みは、広域事務組合の起債残約44億円を含み、404億7,000万円であります。合併もあるわけでありますけども、今後のこのプライマリーバランスの維持ができるのかという、今後の見通しについて、お聞かせをいただきたいと、このように思います。


 次に、財政の弾力化、経常費、事業費の見直しについて、お聞かせをいただきたいと。


 これも、先ほど来、何人かの方が質問をしているわけでありますけども、市長は、施政方針の中で、「健全財政を維持しつつ、同規模の他市に比して、よいサービスを享受できる時代は終焉したと思わなければいけない。そしてまた、後年度に過大な負担を残さないため、次年度に向けて、従来のサービス内容を含む歳出全般をゼロから見直した上で、受益者負担等の視点も踏まえた、まさに必要な行政サービスのあり方について探ってまいります」と、このように述べております。先ほど言いましたけども、当初予算の概要についても、この中でも「財政運営の硬直化を防ぐために、すべての業務を幅広く点検・検討の必要を強く感じている」、このように述べられております。ここ数年来、経常経費の増加が議論されてきておるわけであります。新年度予算編成におきましては、さきに、私が今、言いました、市長が述べた、このようなことは、どのように議論をされてきたのか、この辺のところを1点、お聞かせください。


 そしてまた、18年度予算に向け、この17年度でゼロベースから行政サービスのあり方を検討すると、このように申されているわけであります。健全財政を維持していく観点から見れば、必要なことだと、私は評価をしているところであります。12年度ころからでありましょうか、ハードからソフトへと予算編成がシフトしてきたわけであります。ある意味で言えば、ハード事業は切り詰めるだけ切り詰めてきた感があります。そうしますと、この見直しは、ソフト事業が主体になるのではないかなと、こんなふうに考えるところであります。ソフト事業にメスを入れるということは、なかなか難儀かと思うわけでありますけれども、小さな役所と高度な行政サービスの両立、これをどのように行うか。先ほど来、部長も答弁の中で、さらなる行革の推進、民間委託への移行、そして、市民との協働と受益者負担の適正化、こんなふうに述べられています。これらについては、私も、この議論が急務ではないかと考えているところでありますが、この事業の見直し、当然、その手法には、行政評価なども考慮に入るのかと思いますけれども、この小さな役所と高度な行政サービスの両立について、お考えをお聞かせいただきたいと思います。


 あわせて、財政の健全運営に向けて、この今、言った、小さな役所と高度な行政サービスの両立、このバランスをどういうふうにさせるか。事業のカット、受益者負担が、政策的判断にゆだねられるのではないかなという気がいたします。この事業の見直し等について、改めて、市長の決意、お考えをお聞かせいただきたいと、このように思います。


 次に、新たな公の創出と地域コミュニティ計画について、お聞かせをいただきたいと思います。


 21世紀型の行政のあり方、先ほど申しましたが、小さな市役所と高度な行政サービス、この両立、そして、市民の活力と自主性の育成、こういう2つのテーマがあるわけでありますけども、この2つのテーマに共通するのが、市民参加であり、協働ではないかと考えているところであります。一昨年からスタートしました市民との協働事業、地域コミュニティ活動支援事業が、新年度、計画・実施・稼働するわけでありますけれども、この事業の目的は、市民がみずからできること、市民と行政が一緒にできること、行政でなければできないこと、これらのうちで、市民みずからができることと、行政と市民が一緒にできることの、この一部を、地域活動を通して取り組み、開始をする事業だと、このように説明がなされてまいりました。この事業が、この目的が成就することを、私も願っておりますけども、先ほども持田議員から質問がありました。私も、地域の力量に差があるように感じているところであります。そしてまた、先ほども市長の答弁があって、熱意のあるところからというお話がありました。部長の方からですね、そうは言っても、地域の大きさ等いろいろあるんで、それなりに対応していくんだという答弁がございましたけれども、この事業をやっていく中で、地域格差が広がらなければいいがなと思っているところでありますけど、私は、住民自治への初めの一歩の事業だというふうに思っております。そういった意味から、先ほどの答弁の域を出ないんであれば、答弁は求めませんが、もし、この住民自治という考え方から、この事業について、皆さん方が考えている点、先ほどの答弁よりも、もう少し、こういったことも考えているんだという点がありましたら、お答えをお願いしたいと、このように思います。


 そしてまた、このような取り組みの中から新たな公を創出したいと、こういったような話もあったわけであります。21世紀型の新たな公の創出については、どのように考えてきているのか、また、議論がなされているのかを、お伺いをしたいと思います。


 そして、この地域コミュニティ計画の実施とその評価については、どのような観点から行っていくのか、この点についても、お伺いをしたいと思います。


 3番目に、放射線治療研究事業について、お伺いをいたします。


 地域医療のあり方を考える医療問題懇談会、この設置の中身につきましては、委員会でお聞かせをいただくと、こういうことにいたしまして、16年度より取り組んでいる、がんの放射線治療に関する研究事業について、お伺いをしたいと思います。17年度の予算書を見ましても、どうも、ちょっと、計上がなされていないのではないかなと、私の見方が悪ければ、それでいいんでありますが、この16年度の当初予算のとき、私も、この問題について、質問をさせていただきました。何人かの議員が、この問題について、質問をしてきたわけでありますけれども、このがんの柏崎市が取り組む重粒子線の治療の、この施設の事業調査ですね、この施設の整備化を電源地域振興センターの調査事業で行うと、そしてまた、柏崎市としての調査研究をしていくんだと、こういうふうに説明されてきたわけでありますが、刈羽村との、この事業の関係もあるわけであります。刈羽村では、陽子線治療の計画が明らかになりました。私が承知をしているところでは、刈羽村では、この陽子線調査については、品田村長みずからが先頭に立って、実現に向けて取り組んでおり、この17年度が大きな山場で、18年度は実施計画に向けての調査費を計上したいと、こんな考えで取り組んでいるようなお話を聞き及んでおります。全国十数カ所で、この粒子線治療施設が、建設の計画がなされております。国も、この重粒子線の研究の方に力がシフトされてきているというふうに聞き及んでおりますが、同一地域に2つの建設というのは、これまた、無理なんだと、こういったことも聞いているわけであります。そういった関係、刈羽村との関係ですね、こういった中で、この事業がどのようになったのか、また、どのように推移しているのか、お聞かせをいただきたいと思います。


 4番目に、生活交通の確保について。


 公共のバスは、高齢者や子供たちにとって重要な交通手段であります。ここ一、二年、米山地区において試行されてきたスクールバスへの住民の混乗、そして、今年度、16年度ですね、16年度、刈羽郡病院を経由する駅南地区への循環バス構想の検討がなされることになっていたかと、このように思います。これらのことがどのように検討なされているのか、まだ、私どもは、何も聞いてないわけでありますけれども、今議会中に説明・報告等がなされるのかどうか、この辺を含んで、お聞かせいただきたいと思います。


 そしてまた、この新年度に実施をされる地域生活交通確保調査事業、これとの、私が述べましたような試行、調査・研究との関係、この辺のところをお聞かせをいただきたいと思います。


○議長(今井元紀)


 総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 1点目の、行財政運営と行政サービスということでありますけれども、プライマリーバランス、起債の制限枠の堅持につきましては、先ほど来、御説明をさせてもらっております。起債の枠をどうするのかということも含めて、少し数字を積み上げて検証をしたいというふうに思っておりますけれども、やはり健全財政を維持し、かつ後年度に負担を残さない、できるだけ、残す場合も少なくするという見地からは、この枠を、一定のものを定めまして、堅持をする覚悟は持ちたいというふうに思っております。


 実現可能性はどうかということでありますけども、広域のですね、ことしの場合ですと、44億強ふえておるわけでありますけども、これを起債ということでは、項目としては新しくふえたということになっているわけですが、これまでも負担金ということで、実際には市の方で負担をしているという額であります。起債の額そのものは、これを足しますと、ふえておりますけども、今、言ったようなこともありますし、それから、広域事務組合について言えば、新規の施設建設等がない状況ですと、今から10年後には、今44億のが4億ぐらい、1けた少なくなります、ということでございますので、可能であろうと。さらに、今、言いましたように、事業全体、これ以外の事業も含めて、起債をできるだけ抑制したいという方向をとりたいというふうに思っておりますので、もろもろ考え合わせると、覚悟を持ちながら、実現性可能であるというふうに考えております。


 それから、もう1つはですね、御質問は、ゼロベースの見直しと言っているけども、ソフトが中心になるんだけども、大丈夫かという、実際に切れるのかと。例えば、ソフト事業なんかで、結果として市民の負担になるんではないかと、そういうことも含めて大丈夫かという御質問であります。ハード整備も、先ほど五十嵐議員の質問にもお答えしましたように、インフラ整備というのは、当然必要な部分もあります。それから、メンテナンス等もあるわけでありますけども、いわゆる市民負担を伴う、いわゆるソフト事業等につきましては、くどいようですけども、どういう事業が必要で、その負担はどういうふうにすればいいのかと、あり方も含めて検討させていただきたいというふうに思っております。そういう見直しをしたいというふうに思っております。結果として、一概に、お金がないから、すぐ住民の負担だよということをですね、率先してとるという方向は、できるだけ避けたいと。その前に、もう少し、やることがあるだろうということはあるわけですけども、仮にそうなって、なお、財源が必要だと、サービスはどうしても必要で、そのための財源が確保できないということになったときには、市民の皆さんにも、そういう負担を生じる場面も出てくる可能性は十分あると。十分、それは説明をさせていただいて、議会の皆さんにも、市民の皆さんにも、御説明をさせていただく必要があるというふうに思っております。また、直近で思いますのは、ごみの有料化というのも、去年、おととしですか、地域を回って十分やらせていただきました。例えば、そういうことであります。そういうふうにして、住民の負担を御理解をしていただく場面も遅からず来るのかなというふうに思っておりますので、これは、我々としても覚悟をしているつもりであります。


 それから、3番目の、放射線の治療研究事業についてであります。


 議員、御存じのとおり、ことしやった仕事というのは、調査研究事業ということで、いろいろな関係施設へ調査に出かけたり、研究会に参加したりをいたしました。21万3,000円、16年度は予算をちょうだいいたしたところでございます。主だったのを1つ、2つ申し上げますと、4月には、粒子線治療施設普及研究会という、これは座長が茨城県知事、事務局は岐阜県なんですけども、こういったのに加入をさせていただいて、勉強をさせていただいたというようなこともあります。それから、新潟県の放射線医療研究会というのが10月にできまして、新大の先生とか、それから、事務局は県の財団法人であります新潟県産業創造機構、NICOであります。こういったところでもですね、産業として、これは成り立たないのかというような研究を中心にやっていただいている会があるわけで、そこに市としてもオブザーバー参加で勉強をするとか、そういう取り組みをさせていただきながら、あわせて、さっきお話ありました電源地域振興センターの相談事業として、調査をお願いをしてあります。今年度の作業ですので、間もなく報告書が上がってくるということなんですけども、この放射線治療が、医学的な視点から、治療法として、どれだけ有効なのかとか、技術的にどういう問題があるのか、あるいは、そのマーケティングですね、患者の集まりはどうなのか、経営的に成り立つのかとか、あるいは、地域経済全体に対して、どういう効果が期待できるのかというあたりを中心に、調査をしてもらってあります。平成17年度につきましては、特段、これを、項目を設けて予算化はしてございませんけども、政策調査事業でしたか、政策研究費ということで、52万ぐらいあったと思いますけども、予算化はしてございます。全部がこれにいくということではありませんけども、こういった今までの取り組みは継続をさせていただきながら、出る調査をですね、少し、我々としても、分析をする、必要に応じては県等に訴えてまいりたいというふうに思っています。それが1つ。


 それから、刈羽村との関係ですけども、今、議員がおっしゃった、そういう、村長が一生懸命やっているというのは知っておりますけども、来年、具体的に、どういう予算をとって、どういう動きをしたというのは、まことに申しわけありません、私、今の段階では把握をしておりません。もし情報がありましたら、ちょっとお聞かせいただきたいなと思いますし、我々もとりたいというふうに思うんですけども、この地域にですね、これは、村長も同じことをおっしゃっているんですけども、この地域にそういうのが2つも3つもあってもしようがないというふうに考えておられる、これは、そのとおりだと思います。これをですね、具体的な医療施設なりですね、研究施設より医療施設を村は考えているようですし、私どももそうだと思いますけども、これにはですね、この実現には、やっぱり、かなり、いろんなお金もかかるわけですが、県がやっぱり動いてもらわなきゃならんというのが1つあります。それから、大学ですね、特に医学部関係、この近くでは新潟大学だと思うんですけども、そういった医学関係者の皆さんの動きも必要であります。市内には、また、医師会というのもあるわけですので、そういったところとのやっぱり連携がありまして、なかなか実際には容易じゃない。県に当たったところでは、ややですね、財政難もあって、少しですね、話はわかるけども、というような感じで、正直言いまして、積極的に県が出資をしてまでというところまでは、どうも私の感触では、ちょっと持ってない。ただ、この県をどういうふうに巻き込んでいくのかというあたりが、今後のやっぱり、我々としては、ちょっと研究の1つの課題かなというふうに思っております。そんな認識をしながら、少し勉強をしたいというのが現状であります。


 それから、生活交通の確保ということですけども、委員会のときに御質問のあったあたりも、ちょっと御説明しようというふうに思っておりますけれども、ことし、17年度で予算化をさせていただく、その事業は、先ほども申しましたように、市民の足の確保、公共バスを含みます、いろんな交通手段ということで、足をどういうふうに確保すればいいのかというあたりをですね、そこで市民とどういうふうに協働できるのか、あるいは、負担割合はどうするのかというのも含めまして、ちょっと研究をしたいというふうに思っておりますので、概要を少し、1枚物にまとめまして、委員会のときに、御相談をといいますか、説明をさせていただきますので、今のところは、そういうことで御理解いただきたいと思います。


 それから、2つ目のコミュニティの話は、もし、補足といいますか、追加があれば、担当の部長からお答えをいたします。


○議長(今井元紀)


 市民生活部長。


○市民生活部長(山田信行)


 新たな公の創出と地域コミュニティ計画についてと。


 ここ数年言われてきた新たな公創出について、地域コミュニティ計画の実施と、その評価についてということで、地域コミュニティ計画については、今までもお話してきましたし、真貝さんからもお話がありましたが、全く同じだというふうに考えていまして、要するに、行政の方で100%お金も持ち、地域性も全く余り言わないで、こういうふうにしたいということはですね、もう時代の流れに合わないということだと思います。地域には地域の特性がありますし、自分たちの地域づくりはこうしたいというのが、場所によっては当然違ってくるわけで、そのための活動費の一部とかをもらいながら、みずから汗を流して、みずからの計画に従って地域づくりをやりたいということでありますので、3月末には、21のコミセンからですね、先ほど言われました、地域がみずからやることと、行政と一緒になってやること、それから、行政でなきゃ、これはだめだやという、3つに分けまして計画が上がってくるわけですし、初めて、それを、その計画に基づいてですね、審査はさせていただきますが、17年度から具体的な地域づくりが始まるということで、その評価面についても、どんなものが出てきて、どういう地域づくりになっていくかという部分については、大いに期待をしているというところであります。


○議長(今井元紀)


 真貝議員。


○13番(真貝維義)


 改めて、もう1回、市長に質問をさせていただきますけども、いわゆる総合企画部長の決意のほどはわかりましたし、考え方もよくわかったんですが、私は、やっぱり最後に来て、事業の見直しとかやっていく、また、受益者負担を求めて、当然、これは市民の皆さんにきちっとした情報を公開して、十分御理解をしていただいて、ということは大前提になりますけれども、それはそれとして、やはり、そういったものに向かっていくんだという、その方向づけといいますかね、やっていくという中には、やはり市長のリーダーシップも必要だし、最終的に、その事業を切ったり、また、これは受益者負担でいこうという判断はですね、やはりトップの判断になるんだろうと思うんですね。そういった意味で、私は、市長の決意のほど、お聞かせいただきたいと、こういうようにさっき言ったわけであります。再度、お答えをお願いできればと思いますし、そしてまた、どうもちょっと、今、答弁をしてもらった中で、私、新しい公の創出という考え方ですね、そこのところが、ちょっとよく、まだ、答弁なかったような気もするんだけど、見えないなという気がするんです。もう1回、ちょっと、そこのところを聞かせください。


○議長(今井元紀)


 市長。


○市長(会田 洋)


 前段の、私の決意ということでございますが、もう、これは再三再四、もう所信表明から施政演説の中でも申し上げているとおりでございますので、改めて申し上げなくても、真貝議員は、十分もう、おわかりかと思いますので、とにかく、先ほどから申し上げておりますように、もう地方自治体を取り巻く環境、これは今までと同じようには、もういかないということでございますので、どこまでできるかということについては、もちろん、これは、それぞれの手法といいますか、やり方もあろうかと思いますけれども、とにかく姿勢としては、ゼロから、それぞれ点検をして見直していくと、こういう決意でおります。


○議長(今井元紀)


 市民活動支援課長。


○市民活動支援課長(高橋敏郎)


 新しい公の考え方について、今のコミュニティ計画、コミュニティ活動推進事業をどう展開するか、ちょっと、お話をしたいと思っています。


 公というのをどういうふうにとらえるかにもよると思いますけれども、自治の第一歩というふうに私どもはとらえたいと考えております。まだまだ、このコミュニティ推進事業、これからやるわけですので、どんなふうになっていくかが、これからでございますが、やっぱり地域が主体性を持って動くということは、その第一歩ではないかなというふうに考えています。また、住民サービスという視点でも、今回、今までは、行政がすべて住民サービスを提供するというような立場にあったわけですが、このコミュニティ活動が始まりますと、自分たちが自分たちのために何かしようというふうな動きが出てくると思いますので、やはり新たな、その地域に合った住民サービスなんかも生まれてくるということも期待されると思いますので、それも新たな自治の始まりになるのかなと思います。そんな意味で、新たな公というまで、高いところまでは言い切れませんが、このコミュニティ活動推進事業は、地域の自立とか、自分たちのサービスを自分たちでやろうという、自治の第一歩になるということは、議員さんもおっしゃるとおり、私どももそう考えております。よろしくお願いいたします。


○議長(今井元紀)


 真貝議員。


○13番(真貝維義)


 新たな公のところは、また、そこから発生してくるという部分もありましたので、また、議論させていただきたいと思いますけども、いわゆる住民自治に向けての新たなスタートが始まったと、こういうことで期待をしているところであります。


 私は、もう地域もそうですけども、横並びという時代では、もうなくなった。地方自治もそうですが、横並びということはなくなったし、地域においても横並びということは、もうないんだと。もっと言えば、自治体もですね、地方自治体も、何でも税金で役所がやりますと、こういった時代ではないんではないかなと、こういう気がしております。何でも役所が税金でやるという体質を早く改善して、そして、そういうことを理解してもらえる市民の皆さんたちと新しい柏崎の構築に向けて進んでいかなきゃならないと、こんなふうに思っております。そういった意味で、納税者の立場から、市民の人たちから、この市民参加をしていただいて、柏崎市構築のために汗を流していただきたい、こんなふうに思っているところであります。


 そして、コミュニティに関して言えば、この自分たちの地域、自分たちが汗を流した中で、自分たちの豊かなまちづくりをしていくと、こういう意識が、住民の中にきちっとあれば、成功する、こんなふうに思っておりますので、その点のところもまた、十分フォローしてあげていただきたいということをお願いしたいと思います。


 17年度予算要望、これで質疑は、もう終わりにしますが、細かなことはまた、委員会で勉強させていただきたいと、こんなふうに思っております。ありがとうございました。


○議長(今井元紀)


 ここでしばらく休憩いたします。


               午後3時21分 休憩


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


               午後3時35分 再開


○議長(今井元紀)


 会議を再開いたします。


 日程第2の質疑を続けます。


 ほかに総括質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 なければ、款別の質疑に入ります。


 最初に、歳出1款議会費及び2款総務費について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 次に、3款民生費及び4款衛生費について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 次に、5款労働費、6款農林水産業費及び7款商工費について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 次に、8款土木費及び9款消防費について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 次に、10款教育費について。


 矢部議員。


○5番(矢部忠夫)


 教育委員会の方にお尋ねしたいんですが、いわゆる三位一体の改革の中で、当年度に続いて来年度も義務教育国庫負担金が削減をされて、地方特例交付金、つまり税源移譲予定特例交付金という形で、県にゆだねられるというんでしょうか、交付金が支給されるということになったわけでありますが、問題は、これが、新潟県がですね、先ほど来、議論というんでしょうか、お話があるように、非常に財政難であるということなわけであります。それが本市へ、どのような形で影響されるのかというあたりが心配事の1つであります。つまり、これは、おしなべて小中学校の職員が該当になるわけでありますけれども、これは、正規職員が影響するのか、あるいは、加配職員が対象になるのか、国からの資料等を読んでも、なかなか見えてないわけですが、この辺のことについて、教育委員会としては、どういうふうな対応を考えておられるのかというあたりについて、お聞かせをいただきたいと、こう思います。


○議長(今井元紀)


 山田次長。


○教育次長(山田哲治)


 今の議員さんの御質問でございますけれども、今の段階で、私どもも議員さんと同様に、心配している部分はございますが、現在の段階では、まだ様子が見えてないというふうなことがございます。したがいまして、当然、加配といいますか、こういうふうなものについても、従来どおりの形で、ある程度確保していただけるんじゃないかなと、このように私ども考えております。ということで、今の段階で、17年度に関して、16年度との比較の中での影響というのは、我々としては、今のところ、まだ把握をしていないということでございます。


○議長(今井元紀)


 教育費について、ほかに。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 次に、11款災害復旧費、12款公債費、13款諸支出金及び14款予備費について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 次に、歳入全款にわたって。


 三井田議員。


○24番(三井田孝欧)


 ここは方針の確認だけ1つさせていただきたいんですけど、県の核燃料税につきましては、装荷された核燃料に対して、現在12%、昨年9月の県議会で12%に値上がりをしました。その12%に値上がった核燃料税のうち、約20%を柏崎、刈羽、西山の3つの市町村で分けておりますが、ここに対して、今後、5月1日で合併するに当たって、まず1つ目は、柏崎と西山の分、合併した場合は、きちっと、この合計額をもらえるかどうかの確認を、市長が行ってくれたかどうかが、まず1つ。


 それと、ことし、交渉として、12%で、昨年値上がりしたこともさることながら、これだけ原子力に対して寄与している柏崎市が、たった、そのうちの20%しかもらわないということに対して、少し物申さなくちゃいけないんじゃないかなというのが私の考えなんですが、市長のお考えとしては、ことしも20%のままでよかったかと、もう少し交渉して、地元の苦労をわかってくれよと、こういう交渉をする、お考えがあったかどうか。


 以上の2点だけ、教えてください。


○議長(今井元紀)


 企画政策課長。


○企画政策課長(山田 秀)


 お答え申し上げます。


 核燃料税の配分につきましては、当市が西山と合併をしても、その分は確保するという話で、県の方からお話を聞いております。したがいまして、これまでと同様の措置が、柏崎市の歳入として今年度入ってくるというふうに考えているところであります。


 それから、配分額の妥当性といいますか、そういうことにつきましては、昨年、県に対しまして、現在20%でございますけども、他県の例を引き合いに出しまして、せめて40%くらいは配分が欲しいんだが、ということを迫ってまいったわけでありますけれども、県の方で、昨年の状況では、税率の見直しと、その辺の論議を、国を含めて、やっている中で、地元への配分をどうするかというところまでの、ところに議論がなかなかいきにくかったということで、要望はしましたんですが、今のところ、そこの増額の、こちら側の願いがかなっていないという状況であります。事務当局といたしましては、これからもそういった要望は、今年度もまた1つ、土俵に上げてまいりたいというふうに考えております。


 以上でございます。


○議長(今井元紀)


 市長。


○市長(会田 洋)


 今、答弁ありましたように、これまでも核燃料税の配分については、県に対しても、いろいろ要望してきておりますが、なかなか県のガードがかたいということのようでございますが、これも大変重要な問題でございますので、私も改めて、県とは今後、精力的に交渉しなきゃいけないなと、こう思っております。皆さんから、また、いろいろと御支援いただければと思って、よろしくお願いいたします。


○議長(今井元紀)


 三井田議員。


○24番(三井田孝欧)


 これは質問というより、要望になってしまうかもしれないんですが、仮に、ことし、向こうがのみませんと、県がのみませんと言った場合も、やっぱり市長として、それだったら、じゃあ、3年以内にもう1回更新してくれと、こういった方針を、今年度もう、言っておいた方がいいのではないかと、こう思いまして、政治の交渉カードとして、政治家である市長から、びしっと、県に物申していただきたいと、こう要望しまして、お願いいたします。


○議長(今井元紀)


 ほかに質疑は。


 矢部議員。


○5番(矢部忠夫)


 財政当局に1つだけ。


 さっきの質疑と同じんですが、いわゆる国の地方財政対策を見て、結局、さっきも言いました、三位一体の改革の中で、国庫補助分を一般財源化したわけです。具体的には地方譲与税という形でしたわけですが、補助金のカット分に比べて、いわゆる地方譲与税というふうな形で、形を変えたものがですね、率にすると、カットを100にすれば、80ないし85%ということになっているわけですよね。そうすると、当然、今まで補助金でもって措置をしていたものが、それだけ、一般的に言えばね、それだけを注目すれば、85%、あるいは、8割でもって歳出予算を組まなければならないということになって、そのまま考えれば、サービスの低下というか、そういうことになってしまう要素になっていると思うんですよ。しかし、そうは言っても、地方譲与税の算出が国調人口ということになっていますので、柏崎市にとっては、今までと比べて余計なのか少ないのかという論点もあります。その辺がですね、余計なのか少ないのかということも、おわかりでしたら、聞かせていただきたいこととあわせて、理論的には8割しか措置をしなかったということで、柏崎市は、歳出予算の中で、どういうような影響を起こしているのか。予算書を見ただけでは、そういうことは全くわかりませんので、その辺、率直に聞かせていただければ、これからの委員会審議等の中でも大いに参考にしたいと、こう思うんですが、いかがでしょうか。


○議長(今井元紀)


 財務課長。


○財務課長(村木正博)


 現段階で、国庫補助負担金に係る、税源移譲に係る部分に、じゃあ、どのように考えているかということだと思いますが、国庫補助負担金の、とりあえず、マクロはともかくとして、私どものミクロベースに考えたときには、例えば、削減額が、今、私どもが集計しているものでは、地域支え合い事業とか、スポーツエキスパートとか、あるいは、準要保護・要保護の生徒の援助費とか、ほかにもいろいろありますが、大きいのでは養護老人ホーム等の保護費等もありますけれども、こういうものを現段階で足しますと約1億円になります。ただし、この中には、ただしといいますか、この中というよりも、今後もですね、母子保健衛生費の負担金ですとか、国民健康保険の財政調整の交付金ですとか、公営住宅の家賃収入の補助金等もカットされるだろうと。ただし、金額がわからないんで、今、これは検討というか、対象にはしていませんと。対象にしていない中で1億円がカットされますと、1億800万ぐらいなんですが、計算はしております。一方で、税源移譲されたものとしては、予算書に出ておりますけども、3億1,093万円。去年のは去年のとしますと、1億6,393万円増になっています。このことを見た限りにおいては、ちょっと、これからカットされる部分がちょっと計算外になっていますけれども、プラスになっております。ただ、三位一体と言うがごとく、普通交付税に、それが影響をしてまいります。基準財政収入額においては、所得譲与税が全額交付税で、マイナスの影響として、いわゆる所得譲与税分が収入額にカウントされるということになります。一方で、需要額においては、削減された部分の単位費用が増になりますので、交付税ではプラスになります。ということで、結局どうだということになるんでございますが、普通交付税の方では7,000万ぐらい三角になるのではないかと、減るんではないかというふうな計算をしています。国庫補助負担金分の削減分と、税源移譲された所得譲与税の増分と、普通交付税のカットされた分というものを足したり引いたりしてますと、現段階では、千数百万円ぐらいの三角ではないかと。結果的には、千数百万円ぐらいというのは、今後、交付税の、また、単位費用等も変わってきたり、まだ、いろいろな状況がありますので、現段階で見た限りにおいては、プラスマイナスゼロぐらいなのかなと、柏崎市においては、プラマイゼロなのかなというふうな算定をしております。


○議長(今井元紀)


 ほかに質疑ございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 次に、第2条継続費、第3条債務負担行為、第4条地方債、第5条一時借入金及び第6条歳出予算の流用について、質疑ございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第29号は、議案付託表その2のとおり、所管常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第3(議第 30号) 平成17年度国民健康保険事業特別会計予算


○議長(今井元紀)


 日程第3 平成17年度国民健康保険事業特別会計予算を議題といたします。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第30号は、厚生常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第4(議第 31号) 平成17年度老人保健特別会計予算


○議長(今井元紀)


 日程第4 平成17年度老人保健特別会計予算を議題といたします。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第31号は、厚生常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第5(議第 32号) 平成17年度介護保険特別会計予算


○議長(今井元紀)


 日程第5 平成17年度介護保険特別会計予算を議題といたします。


 なお、本案につきましては、正誤表が配付されましたので、念のために申し上げます。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第32号は、厚生常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第6(議第 33号) 平成17年度土地取得事業特別会計予算


○議長(今井元紀)


 日程第6 平成17年度土地取得事業特別会計予算を議題といたします。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第33号は、総務常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第7(議第 34号) 平成17年度墓園事業特別会計予算


○議長(今井元紀)


 日程第7 平成17年度墓園事業特別会計予算を議題といたします。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第34号は、総務常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第8(議第 35号) 平成17年度下水道事業特別会計予算


○議長(今井元紀)


 日程第8 平成17年度下水道事業特別会計予算を議題といたします。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第35号は、建設企業常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第9(議第 36号) 平成17年度農業集落排水事業特別会計予算


○議長(今井元紀)


 日程第9 平成17年度農業集落排水事業特別会計予算を議題といたします。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第36号は、建設企業常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第10(議第 37号) 平成17年度ガス事業会計予算


○議長(今井元紀)


 日程第10 平成17年度ガス事業会計予算を議題といたします。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第37号は、建設企業常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第11(議第 38号) 平成17年度水道事業会計予算


○議長(今井元紀)


 日程第11 平成17年度水道事業会計予算を議題といたします。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第38号は、建設企業常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第12(議第 39号) 部制条例の一部を改正する条例


日程第13(議第 40号) 行政手続条例の一部を改正する条例


日程第14(議第 41号) 情報公開条例の一部を改正する条例


日程第15(議第 42号) 個人情報保護条例の一部を改正する条例


日程第16(議第 43号) 職員定数条例の一部を改正する条例


日程第17(議第 44号) 職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部を改


              正する条例


日程第18(議第 45号) 職員の懲戒の手続及び効果に関する条例の一部を改正する


              条例


日程第19(議第 46号) 職務に専念する義務の特例に関する条例の一部を改正する


              条例


日程第20(議第 47号) 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条


              例


日程第21(議第 48号) 職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例


日程第22(議第 49号) 市民会館条例等の一部を改正する条例


日程第23(議第 50号) 行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例


日程第24(議第 51号) 手数料条例の一部を改正する条例


日程第25(議第 52号) 廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例


日程第26(議第 53号) 柏崎市が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響


              調査結果の縦覧等の手続に関する条例


日程第27(議第 54号) 斎場条例


日程第28(議第 55号) 消防本部及び消防署設置条例


日程第29(議第 56号) 火災予防条例


○議長(今井元紀)


 日程第12 部制条例の一部を改正する条例から日程第29 火災予防条例までの18案を一括議題といたします。


 なお、議第39号については、お手元に正誤表が配付されましたので、念のために申し上げます。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第39号から議第56号までの18案は、総務常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第30(議第 57号) 知的障害児施設さざなみ学園設置条例


日程第31(議第 58号) 養護老人ホーム御山荘設置条例


日程第32(議第 59号) 市立児童館設置及び管理に関する条例を廃止する条例


日程第33(議第100号) 元気館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例


○議長(今井元紀)


 日程第30 知的障害児施設さざなみ学園設置条例から日程第33 元気館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例までの4案を一括議題といたします。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第57号から議第59号まで及び、議第100号の4案は、厚生常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第34(議第 60号) 農業委員会の部会の定数条例の一部を改正する条例


日程第35(議第 61号) 文化財保護条例の一部を改正する条例


日程第36(議第 62号) 文化財調査審議会設置条例の一部を改正する条例


○議長(今井元紀)


 日程第34 農業委員会の部会の定数条例の一部を改正する条例から日程第36 文化財調査審議会設置条例の一部を改正する条例までの3案を一括議題といたします。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第60号から議第62号までの3案は、文教経済常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第37(議第 63号) 企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改正


              する条例


日程第38(議第 64号) ガス供給条例の一部を改正する条例


日程第39(議第 65号) 上水道事業給水条例の一部を改正する条例


日程第40(議第 66号) 簡易水道事業給水条例の一部を改正する条例


日程第41(議第 67号) 工業用水道事業給水条例の一部を改正する条例


○議長(今井元紀)


 日程第37 企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改正する条例から、日程第41 工業用水道事業給水条例の一部を改正する条例までの5案を一括議題といたします。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第63号から議第67号までの5案は、建設企業常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第42(議第 68号) 公の施設の指定管理者の指定について


○議長(今井元紀)


 日程第42 公の施設の指定管理者の指定についてを議題といたします。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第68号は、総務常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第43(議第 69号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第44(議第 70号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第45(議第 71号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第46(議第 72号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第47(議第 73号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第48(議第 74号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第49(議第 75号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第50(議第 76号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第51(議第 77号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第52(議第 78号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第53(議第 79号) 公の施設の指定管理者の指定について


○議長(今井元紀)


 日程第43から日程第53 公の施設の指定管理者の指定についての11件を一括議題といたします。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第69号から議第79号までの11件は、文教経済常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第54(議第 80号) 柏崎市、高柳町、小国町、刈羽村、西山町及び出雲崎町の


              公の施設の相互利用に関する協定の廃止について


日程第55(議第 81号) 柏崎市、高柳町、刈羽村、西山町及び出雲崎町の公の施設


              の相互利用に関する協定の締結について


○議長(今井元紀)


 日程第54 柏崎市、高柳町、小国町、刈羽村、西山町及び出雲崎町の公の施設の相互利用に関する協定の廃止について及び日程第55 柏崎市、高柳町、刈羽村、西山町及び出雲崎町の公の施設の相互利用に関する協定の締結についての2件を一括議題といたします。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第80号及び81号の2件は、総務常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第56(議第 82号) 柏崎市刈羽郡介護認定審査会を共同設置する普通地方公共


              団体の数の減少及び柏崎市刈羽郡介護認定審査会共同設置


              規約の変更について


日程第57(議第 83号) 柏崎市刈羽郡介護認定審査会を共同設置する普通地方公共


              団体の数の減少及び柏崎市刈羽郡介護認定審査会共同設置


              規約の変更について


日程第58(議第 84号) 柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会を共同設置する普通


              地方公共団体の数の減少及び柏崎刈羽予防接種健康被害調


              査委員会共同設置規約の変更について


日程第59(議第 85号) 柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会を共同設置する普通


              地方公共団体の数の減少及び柏崎刈羽予防接種健康被害調


              査委員会共同設置規約の変更について


○議長(今井元紀)


 日程第56 柏崎市刈羽郡介護認定審査会を共同設置する普通地方公共団の数の減少及び柏崎市刈羽郡介護認定審査会共同設置規約の変更についてから日程第59 柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会を共同設置する普通地方公共団体の数の減少及び柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会共同設置規約の変更についてまでの4件を一括議題といたします。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第82号から議第85号までの4件は、厚生常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第60(議第 86号) 北陸自動車道の救急業務に係る関係関連事務の受託の廃止


              について


日程第61(議第 87号) 消防に関する事務の受託について


日程第62(議第 88号) 消防に関する事務の受託について


日程第63(議第 89号) し尿の収集運搬・し尿処理に関する事務の受託について


日程第64(議第 90号) ごみ処理・最終処分場に関する事務の受託について


日程第65(議第 91号) 火葬に関する事務の受託について


○議長(今井元紀)


 日程第60 北陸自動車道の救急業務に係る関係関連事務の受託の廃止についてから日程第65 火葬に関する事務の受託についてまでの6件を一括議題といたします。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第86号から議第91号までの6件は、総務常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第66(議第 92号) 新潟県立こども自然王国の管理及び運営に関する事務の受


              託について


日程第67(議第 93号) 休日急患診療に関する事務の受託の廃止について


日程第68(議第 94号) 休日急患診療に関する事務の受託の廃止について


日程第69(議第 95号) 財産の減額貸付及び無償貸付について(土地及び建物)


○議長(今井元紀)


 日程第66 新潟県立こども自然王国の管理及び運営に関する事務の受託についてから日程第69 財産の減額貸付及び無償貸付について(土地及び建物)までの4件を一括議題といたします。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第92号から議95号までの4件は、厚生常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第70(議第 96号) 市道路線の廃止について


日程第71(議第 97号) 市道路線の認定について


○議長(今井元紀)


 日程第70 市道路線の廃止について及び日程第71 市道路線の認定についての2件を一括して議題といたします。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第96号及び議第97号の2件は、建設企業常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


○議長(今井元紀)


 お諮りいたします。


 次の日程第72から日程第74までの3件の請願については、先例に従い、紹介議員の説明を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。したがって、紹介議員の説明を省略することに決定いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第72(請第  1号) サービス利用の制限や負担増など介護保険の改悪に反対し、


              改善を求める請願


日程第73(請第  2号) 国家公務員の「地域別給与」への改悪を行わず、地方財政


              の確立と充実を求める請願


日程第74(請第  3号) 被災者生活再建支援法の改善等に関する意見書提出を求め


              る請願


○議長(今井元紀)


 日程第72 サービス利用の制限や負担増など介護保険の改悪に反対し、改善を求める請願から日程第74 被災者生活再建支援法の改善等に関する意見書提出を求める請願までの3件を一括議題といたします。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの請第1号から請第3号までの3件は、請願文書表のとおり、所管常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第75 諸般の報告


○議長(今井元紀)


 日程第75 諸般の報告です。


 職員に朗読していただきます。


○事務局長(茂野信之)


 1 陳情 お手元の陳情文書表のとおり


  平成16年新潟県中越地震による被害の復旧に係る要望


  被災者生活再建支援法及び関連法令の改正等に関する陳情


 2 監査委員の報告


  現金出納検査結果報告は、平成16年度12月分の一般会計及び特別会計


  同じく平成16年度11月分のガス水道事業会計


  定期監査結果報告は、選挙委員会、公平委員会、農業委員会、会計課、都市整備部、下


  水道課


 3 閉会中の継続審査事件の報告


  お手元に配付のとおり、厚生常任委員会及び建設企業常任委員会


 以上です。


○議長(今井元紀)


 ただいま報告いたしましたうち、陳情は所管常任委員会で御研究をください。監査報告は、事務局においてごらん願います。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


○議長(今井元紀)


 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。


 お諮りいたします。


 委員会審査のため、3月1日から3月8日までの8日間を休会にいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。したがって、3月1日から3月8日までの8日間を休会とすることに決定いたしました。


 本日は、これで散会いたします。


               午後3時59分 散会


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する





   柏崎市議会議長   今  井  元  紀








   署名議員      宮  崎  栄  子








   署名議員      真  貝  維  義