議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 柏崎市

平成17年第1回定例会(第2日目 2月24日)




平成17年第1回定例会(第2日目 2月24日)




               目        次


 開 議 時 刻 …………………………………………………………………………  8


 日 程 第  1…………………………………………………………………………  8


 日 程 第  2…………………………………………………………………………  9


 日 程 第  3…………………………………………………………………………  9


 日 程 第  4…………………………………………………………………………  9


 日 程 第  5………………………………………………………………………… 10


 日 程 第  6………………………………………………………………………… 10


 日 程 第  7………………………………………………………………………… 10


 日 程 第  8………………………………………………………………………… 11


 日 程 第  9………………………………………………………………………… 11


 日 程 第 10………………………………………………………………………… 11


 日 程 第 11………………………………………………………………………… 11


 日 程 第 12………………………………………………………………………… 12


 日 程 第 13………………………………………………………………………… 12


 日 程 第 14………………………………………………………………………… 13


 日 程 第 15………………………………………………………………………… 17


 日 程 第 16………………………………………………………………………… 17


 日 程 第 17………………………………………………………………………… 18


 日 程 第 18………………………………………………………………………… 18


 日 程 第 19………………………………………………………………………… 19


 日 程 第 20………………………………………………………………………… 19


 日 程 第 21………………………………………………………………………… 19


 日 程 第 22………………………………………………………………………… 19


 日 程 第 23………………………………………………………………………… 20


 日 程 第 24………………………………………………………………………… 21


 日 程 第 25………………………………………………………………………… 21


 日 程 第 26………………………………………………………………………… 21


 日 程 第 27………………………………………………………………………… 21


 日 程 第 28………………………………………………………………………… 22


 日 程 第 29………………………………………………………………………… 23


 日 程 第 30………………………………………………………………………… 24


 日 程 第 31………………………………………………………………………… 25


 日 程 第 32………………………………………………………………………… 40


 日 程 第 33………………………………………………………………………… 71


 日 程 第 34………………………………………………………………………… 71


 日 程 第 35………………………………………………………………………… 71


 日 程 第 36………………………………………………………………………… 71


 日 程 第 37………………………………………………………………………… 71


 日 程 第 38………………………………………………………………………… 71


 日 程 第 39………………………………………………………………………… 71


 日 程 第 40………………………………………………………………………… 71


 日 程 第 41………………………………………………………………………… 71


 日 程 第 42………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 43………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 44………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 45………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 46………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 47………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 48………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 49………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 50………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 51………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 52………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 53………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 54………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 55………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 56………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 57………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 58………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 59………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 60………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 61………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 62………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 63………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 64………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 65………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 66………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 67………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 68………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 69………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 70………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 71………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 72………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 73………………………………………………………………………… 84


 日 程 第 74………………………………………………………………………… 85


 日 程 第 75………………………………………………………………………… 85


 日 程 第 76………………………………………………………………………… 85


 日 程 第 77………………………………………………………………………… 85


 日 程 第 78………………………………………………………………………… 85


 日 程 第 79………………………………………………………………………… 85


 日 程 第 80………………………………………………………………………… 85


 日 程 第 81………………………………………………………………………… 85


 日 程 第 82………………………………………………………………………… 85


 日 程 第 83………………………………………………………………………… 85


 日 程 第 84………………………………………………………………………… 85


 日 程 第 85………………………………………………………………………… 85


 日 程 第 86………………………………………………………………………… 85


 日 程 第 87………………………………………………………………………… 85


 日 程 第 88………………………………………………………………………… 85


 日 程 第 89………………………………………………………………………… 85


 日 程 第 90………………………………………………………………………… 85


 日 程 第 91………………………………………………………………………… 85


 日 程 第 92………………………………………………………………………… 85


 日 程 第 93………………………………………………………………………… 85


 日 程 第 94………………………………………………………………………… 85


 日 程 第 95………………………………………………………………………… 85


 日 程 第 96………………………………………………………………………… 85


 日 程 第 97………………………………………………………………………… 85


 日 程 第 98………………………………………………………………………… 85


 日 程 第 99………………………………………………………………………… 85


 日 程 第100………………………………………………………………………… 85


 日 程 第101………………………………………………………………………… 85


 散 会 時 刻 ………………………………………………………………………… 95


 署 名 議 員 ………………………………………………………………………… 95





          平成17年第1回柏崎市議会定例会会議録


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


           平成17年 2月24日(木)第2日目


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


                議事日程第2号


           平成17年 2月24日午前10時開議





第  1         会議録署名議員の指名


第  2(議第 11号) 特別職の給与に関する条例の一部を改正する条例


第  3(議第 12号) 公共施設管理基金条例


第  4(議第 98号) 税条例の一部を改正する条例


第  5(議第 13号) 西山町いきいき館設置及び管理に関する条例


第  6(議第 14号) 西山町いきいきデイサービスセンター設置及び管理に関する


             条例


第  7(議第 15号) 市立児童クラブ設置及び管理に関する条例の一部を改正する


             条例


第  8(議第 16号) 家族旅行村設置及び管理に関する条例


第  9(議第 17号) ふるさと体験村設置及び管理に関する条例


第 10(議第 18号) 高柳共同福祉施設設置及び管理に関する条例


第 11(議第 19号) 番神漁村センター設置及び管理に関する条例の一部を改正す


             る条例


第 12(議第 20号) 都市公園条例の一部を改正する条例


第 13(議第 21号) 公共下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条


             例


第 14(議第  2号) 平成16年度一般会計補正予算(第14号)


第 15(議第  3号) 平成16年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)


第 16(議第  4号) 平成16年度介護保険特別会計補正予算(第3号)


第 17(議第  5号) 平成16年度土地取得事業特別会計補正予算(第1号)


第 18(議第  6号) 平成16年度墓園事業特別会計補正予算(第4号)


第 19(議第  7号) 平成16年度下水道事業特別会計補正予算(第6号)


第 20(議第  8号) 平成16年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第4号)


第 21(議第  9号) 平成16年度ガス事業会計補正予算(第6号)


第 22(議第 10号) 平成16年度水道事業会計補正予算(第7号)


第 23(議第 22号) 柏崎刈羽地域合併協議会の廃止について


第 24(議第 23号) 新潟県柏崎地域広域事務組合を組織する地方公共団体の数の


             減少及び新潟県柏崎地域広域事務組合規約の変更について


第 25(議第 24号) 新潟県柏崎地域広域事務組合を組織する地方公共団体の数の


             減少及び規約の変更に伴う財産処分について


第 26(議第 25号) 新潟県柏崎地域広域事務組合の解散について


第 27(議第 26号) 新潟県柏崎地域広域事務組合の解散に伴う財産処分について


第 28(議第 27号) 長岡地区旧伝染病院管理組合を組織する地方公共団体の数の


             減少及び規約の変更について


第 29(議第 28号) 柏崎地域土地開発公社定款の変更について


第 30(議第 99号) 平成16年度一般会計補正予算(第15号)


第 31         市長の施政方針演説及び教育委員会の教育方針演説


第 32(議第 29号) 平成17年度一般会計予算


第 33(議第 30号) 平成17年度国民健康保険事業特別会計予算


第 34(議第 31号) 平成17年度老人保健特別会計予算


第 35(議第 32号) 平成17年度介護保険特別会計予算


第 36(議第 33号) 平成17年度土地取得事業特別会計予算


第 37(議第 34号) 平成17年度墓園事業特別会計予算


第 38(議第 35号) 平成17年度下水道事業特別会計予算


第 39(議第 36号) 平成17年度農業集落排水事業特別会計予算


第 40(議第 37号) 平成17年度ガス事業会計予算


第 41(議第 38号) 平成17年度水道事業会計予算


第 42(議第 39号) 部制条例の一部を改正する条例


第 43(議第 40号) 行政手続条例の一部を改正する条例


第 44(議第 41号) 情報公開条例の一部を改正する条例


第 45(議第 42号) 個人情報保護条例の一部を改正する条例


第 46(議第 43号) 職員定数条例の一部を改正する条例


第 47(議第 44号) 職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部を改正


             する条例


第 48(議第 45号) 職員の懲戒の手続及び効果に関する条例の一部を改正する条


             例


第 49(議第 46号) 職務に専念する義務の特例に関する条例の一部を改正する条


             例


第 50(議第 47号) 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例


第 51(議第 48号) 職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例


第 52(議第 49号) 市民会館条例等の一部を改正する条例


第 53(議第 50号) 行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例


第 54(議第 51号) 手数料条例の一部を改正する条例


第 55(議第 52号) 廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例


第 56(議第 53号) 柏崎市が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調


             査結果の縦覧等の手続に関する条例


第 57(議第 54号) 斎場条例


第 58(議第 55号) 消防本部及び消防署設置条例


第 59(議第 56号) 火災予防条例


第 60(議第 57号) 知的障害児施設さざなみ学園設置条例


第 61(議第 58号) 養護老人ホーム御山荘設置条例


第 62(議第 59号) 市立児童館設置及び管理に関する条例を廃止する条例


第 63(議第 60号) 農業委員会の部会の定数条例の一部を改正する条例


第 64(議第 61号) 文化財保護条例の一部を改正する条例


第 65(議第 62号) 文化財調査審議会設置条例の一部を改正する条例


第 66(議第 63号) 企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改正す


             る条例


第 67(議第 64号) ガス供給条例の一部を改正する条例


第 68(議第 65号) 上水道事業給水条例の一部を改正する条例


第 69(議第 66号) 簡易水道事業給水条例の一部を改正する条例


第 70(議第 67号) 工業用水道事業給水条例の一部を改正する条例


第 71(議第 68号) 公の施設の指定管理者の指定について


第 72(議第 69号) 公の施設の指定管理者の指定について


第 73(議第 70号) 公の施設の指定管理者の指定について


第 74(議第 71号) 公の施設の指定管理者の指定について


第 75(議第 72号) 公の施設の指定管理者の指定について


第 76(議第 73号) 公の施設の指定管理者の指定について


第 77(議第 74号) 公の施設の指定管理者の指定について


第 78(議第 75号) 公の施設の指定管理者の指定について


第 79(議第 76号) 公の施設の指定管理者の指定について


第 80(議第 77号) 公の施設の指定管理者の指定について


第 81(議第 78号) 公の施設の指定管理者の指定について


第 82(議第 79号) 公の施設の指定管理者の指定について


第 83(議第 80号) 柏崎市、高柳町、小国町、刈羽村、西山町及び出雲崎町の公


             の施設の相互利用に関する協定の廃止について


第 84(議第 81号) 柏崎市、高柳町、刈羽村、西山町及び出雲崎町の公の施設の


             相互利用に関する協定の締結について


第 85(議第 82号) 柏崎市刈羽郡介護認定審査会を共同設置する普通地方公共団


             体の数の減少及び柏崎市刈羽郡介護認定審査会共同設置規約


             の変更について


第 86(議第 83号) 柏崎市刈羽郡介護認定審査会を共同設置する普通地方公共団


             体の数の減少及び柏崎市刈羽郡介護認定審査会共同設置規約


             の変更について


第 87(議第 84号) 柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会を共同設置に関する普


             通地方公共団体の数の減少及び柏崎刈羽予防接種健康被害調


             査委員会共同設置規約の変更について


第 88(議第 85号) 柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会を共同設置する普通地


             方公共団体の数の減少及び柏崎刈羽予防接種健康被害調査委


             員会共同設置規約の変更について


第 89(議第 86号) 北陸自動車道の救急業務に係る関係関連事務の受託の廃止に


             ついて


第 90(議第 87号) 消防に関する事務の受託について


第 91(議第 88号) 消防に関する事務の受託について


第 92(議第 89号) し尿の収集運搬・し尿処理に関する事務の受託について


第 93(議第 90号) ごみ処理・最終処分場に関する事務の受託について


第 94(議第 91号) 火葬に関する事務の受託について


第 95(議第 92号) 新潟県立こども自然王国の管理及び運営に関する事務の受託


             について


第 96(議第 93号) 休日急患診療に関する事務の受託の廃止について


第 97(議第 94号) 休日急患診療に関する事務の受託の廃止について


第 98(議第 95号) 財産の減額貸付及び無償貸付について(土地及び建物)


第 99(議第 96号) 市道路線の廃止について


第100(議第 97号) 市道路線の認定について


第101(議第100号) 元気館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


本日の会議に付した事件


議事日程に同じ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


出席議員(28人)


                 議 長(23番)今   井   元   紀


                 副議長(27番)霜   田       彰


 1番 若   井   洋   一     2番 宮   崎   栄   子


 3番 笠   原   浩   栄     4番 高   橋   新   一


 5番 矢   部   忠   夫     6番 荒   城   彦   一


 7番 佐   藤   敏   彦     8番 飯   塚   寿   之


 9番 池   田   千 賀 子    10番 持   田   繁   義


11番 五 位 野   和   夫    12番 若   井   恵   子


13番 真   貝   維   義    14番 遠   藤       清


15番 本   間   厚   幸    17番 金   子   錦   弥


18番 武   藤   司   郎    20番 五 十 嵐   直   樹


21番 丸   山   敏   彦    22番 小   池       寛


24番 三 井 田   孝   欧    25番 中   村   明   臣


26番 入   沢   徳   明    28番 坂   井   隆   雄


29番 戸   田       東    30番 梅   沢       明


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


欠席議員(1人)


16番 吉   野   芳   章


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


欠  員(1人)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


職務のため議場に出席した事務局職員


事務局長  茂  野  信  之   事務局長代理   阿  部  忠  夫


庶務係長  佐  藤  世志光    議事調査係主任  高  橋  和  行


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


説明のため出席した者


    市    長           会 田   洋


    助役(産業振興部長)       若 山 正 樹


    収 入 役            伊 藤 要 一


    総合企画部長           品 田 正 樹


    総合企画部参事          北 原   恵


    市民生活部長           山 田 信 行


    福祉保健部長           大 谷 正 利


    都市整備部長           田 村 史 朗


    人事課長             清 水 紀 彦


    財務課長             村 木 正 博


    企画政策課長           山 田   秀


    市町村合併対策室長        須 田 幹 一


    情報化総合戦略室長        渡 部 智 史


    市民活動支援課長         高 橋 敏 郎


    市民課長             入 江 洋 一


    蓮池さんご一家帰国支援室長    灰 野 登美栄


    国保医療課長           泉   満 彦


    元気支援課長           遠 山 和 博


    観光交流課長           堀   敏 昭


    商工振興課長           三井田   隆


    農林水産課長           内 山   均


    国営土地改良事業推進室長     徳 永 忠 正


    建築住宅課長           須 田 信 之


    ガス水道局長           歌 代 俊 樹


    ガス水道局業務課長        小 竹 省一郎


    教育長              小 林 和 徳


    教育次長             山 田 哲 治


    教育委員会教育総務課長      真 貝 清 一


    教育委員会学校教育課長      山 本 甚 一


    教育委員会文化振興課長      小 林 清 禧


    農業委員会事務局長        荒 木 邦 栄


    監査委員事務局長         荒 木 武 博


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


               午前10時00分 開議


○議長(今井元紀)


 ただいまから、本日の会議を開きます。


 ただいまの出席議員数は28人です。


 欠席届は吉野芳章議員。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第1 会議録署名議員の指名


○議長(今井元紀)


 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、宮崎栄子議員及び真貝維義議員を指名いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第2(議第11号) 特別職の給与に関する条例の一部を改正する条例


日程第3(議第12号) 公共施設管理基金条例


日程第4(議第98号) 税条例の一部を改正する条例


○議長(今井元紀)


 日程第2 特別職の給与に関する条例の一部を改正する条例から日程第4 税条例の一部を改正する条例までの3案を一括議題といたします。


 お諮りいたします。


 本3案に対する委員長の報告は、会議規則第39条第3項の規定により、省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本3案に対する委員長の報告は、省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 採決は、1件ごとに行います。


 最初に、議第11号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第11号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第12号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第12号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第98号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第98号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第5(議第13号) 西山町いきいき館設置及び管理に関する条例


日程第6(議第14号) 西山町いきいきデイサービスセンター設置及び管理に関する条


            例


日程第7(議第15号) 市立児童クラブ設置及び管理に関する条例の一部を改正する条


            例


○議長(今井元紀)


 日程第5 西山町いきいき館設置及び管理に関する条例から日程第7 市立児童クラブ設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例までの3案を一括議題といたします。


 お諮りいたします。


 本3案に対する委員長の報告は、省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本3案に対する委員長の報告は、省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 採決は、1件ごとに行います。


 最初に、議第13号を採決いたします


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第13号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第14号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第14号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第15号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第15号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第 8(議第16号) 家族旅行村設置及び管理に関する条例


日程第 9(議第17号) ふるさと体験村設置及び管理に関する条例


日程第10(議第18号) 高柳共同福祉施設設置及び管理に関する条例


日程第11(議第19号) 番神漁村センター設置及び管理に関する条例の一部を改正す


             る条例


○議長(今井元紀)


 日程第8 家族旅行村設置及び管理に関する条例から日程第11 番神漁村センター設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例までの4案を一括議題といたします。


 お諮りいたします。


 本4案に対する委員長の報告は、省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本4案に対する委員長の報告は、省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 採決は、1件ごとに行います。


 最初に、議第16号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第16号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第17号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第17号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第18号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第18号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、第19号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第19号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第12(議第20号) 都市公園条例の一部を改正する条例


日程第13(議第21号) 公共下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条


             例


○議長(今井元紀)


 日程第12 都市公園条例の一部を改正する条例及び日程第13 公共下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例の2案を一括議題といたします。


 お諮りいたします。


 本案に対する委員長の報告は、省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本2案に対する委員長の報告は、省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 採決は、1件ごとに行います。


 最初に、議第20号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第20号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第21号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第21号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第14(議第2号) 平成16年度一般会計補正予算(第14号)


○議長(今井元紀)


 日程第14 平成16年度一般会計補正予算(第14号)を議題といたします。


 常任委員長の報告を求めます。


 最初に、総務常任委員長、高橋新一議員。


○総務常任委員長(高橋新一)


 おはようございます。


 総務常任委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、議第2号のうち付託部分について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 本案は、審査の過程において、市民生活部所管部分では、歳入における個人及び法人市民税の状況、コミュニティセンター整備事業における設計委託料の減額の内容などについて質疑がありました。


 また、総合企画部所管部分では、庁舎営繕整備工事に関して、機構改革の議会説明前での補正予算を措置するということの不当性、新設される広報広聴課の業務内容、課のしつらえ、総合案内との兼ね合い、ワン・ストップ・サービスを実施するのかどうか、広報広聴課の執務室における市長の対応、合併地域への対応などについて、質疑・意見がありました。中でも、議会への提案や説明の仕方について、非常に多くの指摘や強い抗議の意見がありました。このことについて、会田市長が本委員会に出席し、陳謝するとともに、資料提出を含めての追加説明がありました。


 ここで、討論を報告いたしますが、今ほど申し上げましたように、非常に強い抗議、あるいは、多くの指摘がありました。皆さんに少しでもこの内容をよくおわかりいただきたいという思いから、6人全員の討論、ほぼ委員の発言をそのままに近い形で報告させていただきます。したがいまして、若干、長くなります。それから、文章になっていないというふうな部分もあるかもしれませんが、お許しをいただきたいと思います。


 討論においては、6人の委員から次のような賛成の討論がありました。


 広報広聴課について、新しい角度から取り組むものは、資料は小出しにせずにやることを大原則にすべきである。やる以上は、やるべきこととハード・ソフトの面を同時進行としなければ、現実的な審議、そこに加えられる精神が生かされないと思う。そういう点では、広報広聴課は予算的には非常に少ないが、しかし、流れている中身というのは、議員がどういう角度から審議をするのかということを改めて当局が認識してほしいということを強く意見として述べておきたい。そのほか基金についても、積み立ててきたことの意味を十分踏まえて慎重な使い方をしてほしい。災害対応であるが、中越大震災と今回の豪雪もかかわって、市民にはわからない面があるかと感じる。時間も要するかと思うが、被災者の立場に立って対応してほしい点を要望して賛成する。


 2人目、今回の補正予算の大勢をなすものは、災害復旧と思うが、効果ある展開を望む。広聴広聴課については、最終的な結論を見出していくに、いろいろな曲折があったと思う。その原因は、新しい施策に取り組むことの姿勢に欠如があったと思われる。中身として、やることにいささかの反対もないが、提案してくる順序が非常に間違っていたと思う。少なくとも市長のサブ公約というものを補正予算で出してくるというのは疑問である。堂々と政策を訴えながら、そして、市民が理解し得る審議過程を経る、そういう方法をなぜとらなかったのか、この点に十分留意して対処してもらいたい。今回、このようにいろいろな議論が出てきた背景には、市長のそうした政治姿勢、そして、それを補佐する事務方に行き届かざる考えがそこに出てきたものと思う。非常に不満は残るが、現状を考え合わせるならば、非常に残念であるが、そうした意見を付して賛成する。


 次に、広報広聴課を新設するに当たって、基本的な部制の変更を行う議案提出の前に予算を出すというのは、まことに筋の通らない手法である。全体予算から見れば、額はわずかであるが、市長の公約に関する事業であり、100万円とはいいながら、その持つ意味は重大である。市民に開かれた市政という市長の姿勢であるが、これがどの程度、現実になっていくのかという面も1つある。


 もう1つは、対外的な市長の立場も十分に果たしていっていただきたい。内政に目を配ると同時に、外政にも今まで以上の熱意を持って取り組んでいただく必要がある。あわせて言うならば、議会と市民、議会と行政、これがこのことによってどういうふうに変わっていくのか、その点にもかなり留意していく必要があると考えている。委員会審査の大半をこの問題に費やしたが、それだけこの議案の持つ意味が大きいということと、それだけ重い議案をなぜこんな軽い扱いをして提案してきたかということが、大変な疑問、むしろ怒りを覚える。


 今後、この姿勢をきちんと修正しながら対応していただくことを強く希望する。その他の議案の部分は殊さらに言うこともないが、ただ営々として積み立ててきた基金がここで取り崩しをされることになった。これは必要に応じてやむを得ないことであるが、今後とも財政需要に的確にこたえるよう、財政当局は留意しながら財政運営に努めてほしい。


 以上述べて賛成する。


 次に、広報広聴課というのは、市としてこれから非常に大きな施策になってくる。特に合併を控えた中では非常に必要になってくると思う。そういう意味で、その辺のところが説明では余り聞こえてこなかった。資料についても、後から出てくる形は疑問に思う。本委員会だけでなく、議会全体でもっと議論すべき内容だったと思う。この後、部制条例改正が出てくるが、この辺はその中で議論することになると思うが、きょうの議論も十分組み入れた中で執行していくよう要望して賛成する。


 次に、広報広聴課の設置に伴って混乱になったが、これは市長の姿勢として、市民はお客様という立場でお迎えし、市政の対話をしていくという姿勢を積極的に打ち出している。その施策であると受けとめるが、今回の提案の仕方は、とてもその意識に庁内が固まっているとは言えない。そういう意識になっていないあらわれではないかと思う。この広報広聴課を立ち上げるに当たっては、庁内の体制、職員の意識、そこをまず改革しなければならないのではないか。そこまで言わざるを得ない今回の対応だったと思う。そのことを厳しく指摘し、改めてもらうことを要望して賛成する。


 次に、広報広聴課の部分については、中身的にはまだまだ議論すべき部分がたくさんある。セキュリティーの意味も含めて論議していかなければならないが、一応、本来の目的を聞いた中で賛成とする。このような討論がありました。


 採決の結果、本案は、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上です。


○議長(今井元紀)


 次に、厚生常任委員長、五位野和夫議員。


○厚生常任委員長(五位野和夫)


 おはようございます。


 厚生常任委員会の審査報告をいたします。


 付託された事件、議第2号平成16年度一般会計補正予算(第14号)のうち付託された部分の審査の経過と結果を報告いたします。


 本案は審査においては、知的障害施設訓練等支援事業について、施設へ支払われる額の単価が下がったことについての影響と実態はどうか、重度心身障害者への医療費の助成が増加した背景は何か、社会福祉法人による利用者負担額減免措置事業内容について、進行性筋萎縮症者療養等給付事業について、患者に対するケアやソフト、サービス等はどこが監督するのか、社会福祉事業基金積立金の活用と実態について、高齢者への予防接種事業については、予防接種の増加による医療費と接種者との関係はどうか、精神障害者地域生活支援センター整備事業は見送られたが、今後、実現の可能性はどうかなどの質疑がありました。


 討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上です。


○議長(今井元紀)


 次に、文教経済常任委員長、笠原浩栄議員。


○文教経済常任委員長(笠原浩栄)


 おはようございます。


 文教経済常任委員会の審査報告をいたします。


 付託された事件、議第2号平成16年度一般会計補正予算(第14号)について、本委員会の審査の過程及び結果について報告いたします。


 産業振興部関係では、地震による林道の復旧状況では、工事は発注してあるが、現在、雪による工事中止であり、繰り越し事業になると答弁がありました。ふるさと活性化対策事業の対象者と具体的な活動内容について、ワークプラザ柏崎の指定管理者制度の導入後の状況について、八石山線森林基幹道事業の減額では、用地交渉の難航等により、ルートの変更などの検討が必要であり、当初の計画からかなりおくれていると答弁がありました。融資預託事業の件数と取り組み状況について、水田農業確立対策事業の減額では、地元の都合で意見がまとまらなったが、基盤整備がおくれることはないと答弁がありました。


 教育委員会関係では、佐藤池野球場災害復旧工事の工事期間と工事内容について、子どもの居場所づくり新プラン地域子ども教育推進事業の具体的な活動内容について、就学奨励事業の認定割合について、奨学金の対象者、件数及び基準内容についてなどの質問、意見がありました。


 本案は討論なく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上でございます。


○議長(今井元紀)


 次に、建設企業常任委員長、入沢徳明議員。


○建設企業常任委員長(入沢徳明)


 おはようございます。


 建設企業常任委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、議第2号のうち付託部分について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 本案は、審査の過程で次のような質疑がありました。


 フロンティアパーク事業において、遺跡への配慮で防災上の最低限の工事を行っていることは承知しているが、さらなる周知をとの意見がありました。


 次に、都市整備部の関係において、減額補正と新潟県との精算があるが、その理由は何か。また、現在工事中の箇所で過日、高柳での雪崩事故があったが、心配ないのか。関連して、市道においての雪崩への安全対策はどのようにしているかなどの質疑がありました。


 次に、下水道事業の関係においては、合併処理浄化槽の震災復旧整備事業で、復旧状況はどうかなどの質疑、意見がありました。


 本案は討論なく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上であります。


○議長(今井元紀)


 ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。


 最初に、総務常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 次に、厚生常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 次に、文教経済常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 次に、建設企業常任委員長の報告について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 これより、議第2号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第2号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第15(議第3号) 平成16年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)


日程第16(議第4号) 平成16年度介護保険特別会計補正予算(第3号)


○議長(今井元紀)


 日程第15 平成16年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)及び日程第16 平成16年度介護保険特別会計補正予算(第3号)の2案を一括議題といたします。


 お諮りいたします。


 本2案に対する委員長の報告は、省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本2案に対する委員長の報告は、省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 採決は、1件ごとに行います。


 最初に、議第3号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第3号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第4号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第4号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第17(議第5号) 平成16年度土地取得事業特別会計補正予算(第1号)


日程第18(議第6号) 平成16年度墓園事業特別会計補正予算(第4号)


○議長(今井元紀)


 日程第17 平成16年度土地取得事業特別会計補正予算(第1号)及び日程第18 平成16年度墓園事業特別会計補正予算(第4号)の2案を一括議題といたします。


 お諮りいたします。


 本2案に対する委員長の報告は省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 採決は、1件ごとに行います。


 最初に、議第5号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第5号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第6号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第6号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第19(議第 7号) 平成16年度下水道事業特別会計補正予算(第6号)


日程第20(議第 8号) 平成16年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第4号)


日程第21(議第 9号) 平成16年度ガス事業会計補正予算(第6号)


日程第22(議第10号) 平成16年度水道事業会計補正予算(第7号)


○議長(今井元紀)


 日程第19 平成16年度下水道事業特別会計補正予算(第6号)から日程第22 平成16年度水道事業会計補正予算(第7号)までの4案を一括議題といたします。


 お諮りいたします。


 本4案に対する委員長の報告は、省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本4案に対する委員長の報告は、省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 採決は、1件ごとに行います。


 最初に、議第7号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第7号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第8号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第8号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第9号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第9号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第10号を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第10号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第23(議第22号) 柏崎刈羽地域合併協議会の廃止について


○議長(今井元紀)


 日程第23 柏崎刈羽地域合併協議会の廃止についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 本件については、委員長の報告を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 これより、議第22号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件を委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第22号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第24(議第23号) 新潟県柏崎地域広域事務組合を組織する地方公共団体の数の


             減少及び新潟県柏崎地域広域事務組合規約の変更について


日程第25(議第24号) 新潟県柏崎地域広域事務組合を組織する地方公共団体の数の


             減少及び規約の変更に伴う財産処分について


日程第26(議第25号) 新潟県柏崎地域広域事務組合の解散について


日程第27(議第26号) 新潟県柏崎地域広域事務組合の解散に伴う財産処分について


○議長(今井元紀)


 日程第24 新潟県柏崎地域広域事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び新潟県柏崎地域広域事務組合規約の変更についてから、日程第27 新潟県柏崎地域広域事務組合の解散に伴う財産処分についての4件を一括議題といたします。


 お諮りいたします。


 本4件に対する委員長の報告は、省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本4件に対する委員長の報告は、省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 採決は、1件ごとに行います。


 最初に、議第23号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件を委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第23号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第24号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件を委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第24号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第25号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件を委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第25号は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、議第26号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件を委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第26号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第28(議第27号) 長岡地区旧伝染病院管理組合を組織する地方公共団体の数の


             減少及び規約の変更について


○議長(今井元紀)


 日程第28 長岡地区旧伝染病院管理組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 本件については、委員長の報告を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 これより、議第27号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第27号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第29(議第28号) 柏崎地域土地開発公社定款の変更について


○議長(今井元紀)


 日程第29 柏崎地域土地開発公社定款の変更についてを議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により真貝維義議員の退席を求めます。


(真貝維義議員退席)


○議長(今井元紀)


 お諮りいたします。


 本件については、委員長の報告を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長の報告は、省略することに決定いたしました。


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 これより、議第28号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は原案可決です。


 本件は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第28号は、原案のとおり可決いたしました。


 真貝議員の復席を求めます。


               (真貝維義議員復席)


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第30(議第99号) 平成16年度一般会計補正予算(第15号)


○議長(今井元紀)


 日程第30 平成16年度一般会計補正予算(第15号)を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 助役。


○助役(産業振興部長)(若山正樹)


 おはようございます。


 それでは、議第99号について、御説明申し上げます。


 本案は、平成16年度一般会計補正予算(第15号)についてでございます。


 この補正予算は、このたびの19年ぶりの大雪により除雪委託料が不足し、今後の降雪に対応できないことから追加をしたいものであります。


 それでは、予算書の12ページ、13ページをごらんください。


 8款土木費、2項2目道路維持費、道路除排雪経費1億円は、今ほど申し上げましたように、除雪委託料を増額するものでございます。


 歳入につきましては、2ページの方をごらんいただきたいと思いますが、こちらにありますように、地方交付税9,400万円、国庫支出金600万円を追加して対応したいものであります。


 なお、本予算につきましては、直ちに執行しなければならないことから、本日、御議決をいただきたいものでございます。


 何とぞよろしく御審議をいただきますようお願い申し上げます。


○議長(今井元紀)


 ただいまの説明につき、質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 お諮りいたします。


 本案については、会議規則第37条の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありますか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本案については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 これより、議第99号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第99号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第31 市長の施政方針演説及び教育委員会の教育方針演説


○議長(今井元紀)


 日程第31 市長の施政方針演説及び教育委員会の教育方針演説です。


 最初に、市長が施政方針演説を行います。


 次に、教育長が教育方針演説を行います。


 市長。


○市長(会田 洋)


 どうもおはようございます。


 平成17年度当初予算を御審議いただくに当たり、私の施政方針を申し述べ、議員各位及び市民の皆様の御理解を賜りたいと存じます。


           平 成 17 年 度 施 政 方 針


                        柏崎市長 会 田  洋


 平成16年度は、水害、台風、そして、あの中越大震災と、自然災害が相次ぎ、市民の皆様が多大な被害を被るとともに、社会経済活動の各般にわたって深刻な打撃を受けました。人の力をはるかに凌駕した自然災害の凄まじさを痛感させられるとともに、このような災害に対する日ごろの備えの必要性、重要性を改めて認識したところでございます。被災された皆様の多くは、今なお不便で困難な生活を強いられており、その身体的、精神的、経済的痛手が癒えるに至っていないことはまことに心痛むものがございます。そのような困難の中にありながら、みずからの生活の再建に立ち向かっている被災者の皆様に心から敬意を表するとともに、市民の皆様が一日も早く被災前の平穏な日常生活を取り戻すことができますよう、市としても、その復旧、復興を最優先、最重要の課題として取り組む所存であります。


 来る5月1日、高柳町及び西山町との合併が行われます。市域が広がり、新たな市民をお迎えをしながら、それぞれの地域が持つ歴史や伝統、生活文化、地域の資源を大切にすることによって、その相乗効果を一体的に高めていく施策を講じていくことが、これからのまちづくりにおける重要な視点であります。同時に、この合併を契機として、新しく誕生する両隣の長岡圏域と上越圏域の狭間に位置する本市が、他に伍して活力あるまちづくりを進め、住んでよかったと思える、きらりと光る魅力を持ったまちとして飛躍することを期し、市民の皆様とともに力を結集して、その行くべき道を真剣に模索したいと考えております。


 折りしも、我が国は、国、地方を問わず、未曾有の財政難に直面しており、本市もその例外ではありません。このところのやや上向き傾向が見られる景気を反映して、法人市民税等の増収は期待できるものの、原子力発電所の償却資産に係る固定資産税の低減は今後も続き、国の三位一体改革に伴う地方交付税や補助金等の削減など、歳入全体としては減少する一方、市民ニーズの多様化と増加に伴い、ややもすると歳出は常に増嵩する傾向にあります。加えて、昨年の水害や地震災害等に対する復旧費により、財政調整基金は一時底をつくなど、今年度の予算編成は、例年にも増して厳しい状況下での作業を強いられました。この厳しい財政状況は、来年度以降も続くことは明白であることから、今後はさらなる行財政改革に取り組むとともに、相当以上の覚悟を持って臨まなければならないとの決意を新たにしているところであります。


 本市を取り巻くこうした時代背景や社会・経済情勢等を踏まえながら、厳しい中にも希望が持て、あすにつながるまちづくりをと思い描きつつ、私は初めての予算編成に臨んだところであります。昨年の市長選挙において市民の皆様に約束をし、また、市民の皆様から託されたこれからの柏崎のまちづくり、すなわち、


 1 安心して暮らせるまちづくり


 2 産業の振興と働く場づくり


 3 自然・歴史・文化を大切にするまちづくり


 4 自然にやさしいエネルギーのまちづくり


 5 教育環境の整備と人づくり


 6 身近な生活環境を良くするまちづくり


 7 市民の声が生かされるまちづくり


に向け、今年度はその第一段階と位置づけて取り組む所存です。


 以下に、主要な施策について御説明申し上げます。


1 安心して暮らせるまちづくり


 地域は、人が生まれ、育ち、生活していく上で、ともに支え合い、助け合って生きていく共通の基盤であります。その基盤が安全であることによって人は安心してその地で生き、暮らしていくことができます。私は、性別、年齢を問わず、また、障害のある・なしにかかわらず、すべての人の人権が尊重され、生きる喜びを享受し、安心して住むことができるまちづくりに努めてまいります。


 昨年10月の地震災害からの復旧は、何にも増して最優先で取り組まなければならない事業であります。被害が集中した公共下水道、農業集落排水の仮復旧は昨年末にとりあえず終了しておりますが、道路、ガス・水道、農地等も含め、大切な生活インフラについては、今年度内の本格復旧に全力で取り組みます。また、被災された皆様が一日も早く以前の生活に戻ることができますよう、被災者生活再建支援法に基づく支援に加えて、市独自の被災住宅等の廃棄物処理経費補助、災害対策資金への特別利子補給など、昨年度に引き続き、きめ細かい支援を継続いたします。


 今回の地震災害等を通じて、防災対策上、多くの問題点が浮き彫りになりました。その教訓、反省点を踏まえて、現行防災計画のより実態に合った機能する内容への見直しに取り組みます。また、避難所に指定されている各コミュニティセンターに補助電源装置を2カ年計画で導入するとともに、仮設住宅入居者を支援するため、光熱水費等の管理費の一部を負担します。


 災害に強いライフラインの強化を目指して石綿セメント管等の老朽水道管改良の促進を図るとともに、老朽化している赤坂山浄水場中央監視設備を今年度から2カ年継続事業で更新します。また、合併後の西山町及び刈羽村へのガス供給に遺漏なきを期すとともに、西山町への給水区域拡張事業について、合併特例債事業として今年度から5カ年継続で取り組みます。


 地域の安全・安心の確保は、近年の犯罪の多発・多様化とともに大きな課題となってきています。犯罪を未然に防止するため、関係機関連携のもと、安全・防犯情報メールの配信や防災行政無線による迅速な情報の提供を行っていくとともに、昨年度に引き続き、通学路を中心とした防犯灯の整備をほぼ完了させ、地域の皆様と協力して市民の安全・安心の確保に努めます。


 市が、一昨年実施した「市民満足度調査」によれば、重要度の高い施策として「医療体制の整備」を望む声がトップを占めました。健康で元気な生活を送ることはだれしも望むところでありますが、万一の場合の医療体制が充実していることが市民の安心につながります。地域医療のあり方について幅広く意見を求め、問題点の洗い出しや今後の医療体制の整備・充実に向けて検討を進める場として、市民の代表や医療機関等関係者による「医療問題懇談会」を設置するとともに、現在、無医地区となっている米山地区の診療所開設や谷根保育園(児童館)を転用・改修して、コミュニティデイホームと併設する谷根診療所の整備など、医師会等との連携を密にしながら、地域医療の充実に努めてまいります。


 母子家庭の自立を促すため、母親に対して、その就業に際して必要な資格や技能習得のための費用の一部を補助する、母子家庭自立支援給付事業を始めます。


 すべての市民の人権が尊重され、家庭や地域で個性を重んじたその人らしい安心のできる生活が送られるような社会づくりの指針となる地域福祉計画を今年度と来年度の2カ年で策定します。


 平成17年3月に策定される「新かしわざきこども夢ぷらん」に基づき、安心して子供を生み育てられるまちを目指して、元気館子育て支援センターの体制を充実するとともに、フォンジェ・キッズマジックにおいて従来実施している子育て相談・講座、絵本の読み語り、ワクワクタイムキッズバージョン等の事業の拡充に加え、まちなかでの一時預かり保育を新規に実施し、子育て支援事業の一層の充実を図ります。なお、フォンジェにおいては、市民だれもが気軽に立ち寄れる、健康相談の場を提供する「風の街こころの健康づくり」事業を開始します。


 本市の高齢化率は25%に近づきつつあります。高齢者の皆様が健康で生きがいを持って暮らせる社会づくりと、介護が必要になっても人生の最後まで個人として尊厳を失うことなく、地域の中で安心して暮らせる社会基盤の充実が必要不可欠であります。高齢者筋力向上トレーニング事業の拡充などの健康づくりや介護予防対策に積極的に取り組むとともに、訪問介護や宅老所的サービスも行う小規模多機能施設を目指しての高浜地区デイサービスセンターの新規開設、北園町公営住宅に新設される高齢者向けのバリアフリー住宅への生活援助員の配置など、在宅サービスを拡充することとあわせ、特別養護老人ホーム等施設サービスの充実に向けて民間事業者とも連携しながら、さらなる展開に努めてまいります。


 合併を契機に、次年度以降における福祉保健業務のワンストップサービス実現を目指し、今年度は障害者・高齢者福祉・育児支援及び保健指導業務について、住民記録との連動可能な総合的な福祉保健システムの構築を行います。


 高齢化の急進に伴い増加する脳血管疾患などの循環器系の疾病やがんや糖尿病などの生活習慣病を予防し、健康増進を図ることを目的とした「健康増進計画」の策定を今年度で完了します。この計画との整合を図りながら、成人の罹患率が高い歯周疾患、口腔内疾患の早期発見のための歯科検診や、生活習慣病などに効果があるとされる水中歩行運動推進モデル事業などに新規に取り組むほか、従来実施している総合検診事業を拡充します。


 情報通信環境の改善に向け、高浜、曾地及び米山地区において、光ファイバーによるサービス開始に向けた取り組みを進めるとともに、合併後の高柳町、西山町についても、高速大容量のインターネットサービスが享受できるように取り組みを展開し、新市における「通信環境格差ゼロ」を目指してまいります。


 原子力発電所の安全確保は、柏崎市民の等しく希求するところです。私は、原子力発電所の安全・安心の確保に向けて、国、事業者の姿勢に対し市民の目線で常に厳しい目を持ち、これに対応していくことを基本姿勢とします。原子力は、専門性、特殊性が高い分野であることから、県の技術委員会の専門家の知識も活用させていただくとともに、必要により独自に他の専門家の意見を求めるなど、市民の生命と健康を守る立場の市長として責任の持てる体制づくりを最大限追求します。かねて求めている原子力安全・保安院の分離独立を含むわかりやすく責任ある原子力安全規制体制のあり方について、今後とも、県や他の立地自治体と連携しつつ、国に継続して要請してまいります。一方、東京電力株式会社は、本市にとって重要な基幹企業の1つであります。今後とも、地域の振興のためにその総合的な力を最大限に発揮されることを期待し、共存を前提として相互の信頼関係の醸成に努めてまいります。


 この4月、本市及び新潟市を会場として、「原子力50年、安全と信頼の新たな段階を目指して」を基調テーマに、第38回原産年次大会が開催されます。この大会が、市民の皆様にとって立地地域の立場で原子力発電所の問題をさまざまな角度から考える1つの機会になればと思っております。


2 産業の振興と働く場づくり


 日本経済は、少しずつではありますが回復の兆しが見られ、また、本市においても、一部工業界で受注の活発化も見られるものの、依然として景気、雇用情勢とも先行きが不透明な情勢にあります。商業・サービス業を取り巻く環境も厳しい競争にさらされており、さらに観光・旅館業界においては、中越大震災の直接影響に加え、風評被害等の間接的被害のあおりを受け、大きな打撃を受けました。


 今年度は、地震による産業経済全般にわたる復興を目指しながら、産業界の皆様とより一層、連携・結束を強め、地域の実態に見合った産業振興策に取り組み、元気を取り戻す年としたいと考えております。幸いにして、昨年は、株式会社岡本硝子の進出という明るい話題や、初の工業メッセの成功といった喜ばしい傾向も見えてきました。こうした流れをさらに確実なものとして本市の産業が各般にわたり活力に満ち、雇用の確保が図られるよう施策を展開してまいります。


 地域経済の活性化を図るため、企業誘致を図るとともに、地元産業力の強化、新規分野への事業展開や起業への支援に取り組み、働く場づくりを進める「企業立地推進室」を新設します。あわせて、東京事務所に「企業立地アドバイザー」を配置し、首都圏情報の収集、訪問活動の充実を図ります。また、進出企業の水道料金の負担を軽減する「企業立地支援補助金制度」を創設し、他都市との競争力を高めてまいります。柏崎フロンティアパークについては、敷地内の製鉄遺跡の保存との整合を図りながら、所期の期間内での整備を進めます。


 中・上越地域の技能労働者を対象に、技能講習、特別講習等を実施する新潟県労働基準協会連合会の技能研修所(中・上越研修センター)が本市(劔地区)に開設されます。この施設は、地域産業の活性化、特に中小企業の人材育成に大きく貢献することが期待されるため、その開設費用の一部を助成し、本市への設置を支援いたします。


 柏崎工業界のレベルの高さを十分アピールした昨年の「柏崎工業メッセ2004」の事後フォロー及び次回開催に向けての継続性を確保し、当市の主要産業である機械・金属・電子機器等の製品及び技術力を「柏崎ブランド」として全国に発信するため、首都圏で開催される工業見本市(「M−Tech機械要素技術展」)への出展を支援いたします。


 柏崎技術開発振興協会及び柏崎あきんど協議会の事業を核とした、企業側のニーズと大学側のシーズのマッチングによる戦略的な技術開発の共同研究を支援する「産学連携支援事業」、商店街及び業種別団体が行うイベント活動及び活性化を目的とした調査・計画策定活動に対して支援する「商業活性化支援事業」、個人の創業や経営革新を支援する「創業等支援事業」などを展開して、意欲ある経営者や起業家の積極的な取り組みを支援します。


 農業については、昨年、相次いで当地を襲った自然災害からの復旧を最優先課題として取り組みを進めます。また、地域の農業生産性を高めるために、現在、進められている国営土地改良事業とそれに関連するほ場整備やかんがい排水などの基盤整備事業を着実に推進するとともに、「集落営農ビジョン」の作成や生産組織体制づくりなどに取り組む地元農家・営農組織に対し「営農委員会支援事業補助金制度」を創設し、その立ち上げに当たっての支援を行います。多少、条件は厳しくなったものの、さらに5年間継続されることとなった中山間地域等直接支払制度も有効に活用しながら、農家自身が意欲と希望を持てる地場産業としての農業の生産性の向上に努めてまいります。


 元気な柏崎を情報発信し、「観光入り込み客の増大」と「交流の促進」を図るため、内外から高い評価を得ている「海の大花火大会」や、市民の皆様によるイベントとして定着しつつある「かしわざき風の陣」、「どんGALA!祭り」等を支援し、地域の立地特性を生かすイベント開催や誘客活動に民間・行政挙げて取り組みます。


 柏崎港の観光拠点性を高め、港ににぎわいを呼ぶため、民間関係者によるにぎわい創出活動へのソフト支援を行いながら、周辺の施設整備に向け、国土交通省に補助事業要望をして取り組みます。


 市議会の同意を得て取得した柏崎トルコ文化村は、平成14年夏から株式会社ケー・ティ・ブイが借り受けて営業しておりましたが、今般、諸般の事情から経営を断念するとの申し出がありました。営業開始後、2年半で係る事態に立ち至った部分については、まことに遺憾に思うところであります。当該施設は、今後、市の責任と負担において管理することになりますが、早急に対応策を検討し、対処してまいりたいと存じます。


 いわゆるミニ新幹線構想の実現性には疑問を持っておりますが、上越新幹線直行特急早期実現期成同盟会については、これまでの取り組みの経過、県を初め、関係自治体及び団体で構成されている会の成り立ち等を勘案し、継続して加入しながら、今後の運動の方向性等を会全体で議論してまいりたいと思います。あわせて、本市が高速交通体系のもとで陸の孤島となることのないよう列車の増便や乗りかえ時間の短縮など、当面する交通利便性の確保のための働きかけに運動の力点を置いていきたいと思います。


 駅周辺のまちづくりについては、具体的な計画づくりの前段階として、構想・計画策定の段階から市民の皆様が参加できるルールづくりや、市民の皆様と行政との協働のシステムの構築に向けて県が実施する「都市政策ビジョンモデルプロジェクト事業」を活用しながら、継続して検討してまいります。


3 自然・歴史・文化を大切にするまちづくり


 人の生活の営みは、多くの人々に共有され、地域のにおいのしみ込んだ文化として醸成されながら、やがて子孫に継承されます。生まれ育った土地の自然や歴史・文化は、その人の人間形成に大きな影響を与えるだけでなく、そこを訪れる幾多の人たちの心にも安らぎや潤いを与えるものです。本市の恵まれた豊かな自然、地域の歴史や生活文化を新しく柏崎市となる高柳町、西山町のそれとあわせて守り育て、それぞれの地域の個性を大切にしたまちづくりを進めたいと考えております。


 昨年夏、新たな遺跡の発見から大幅な見直しをした柏崎フロンティアパーク内の軽井川南遺跡群については、昨年10月15日の議会議決を踏まえ、記録保存を前提として平成18年度までの2カ年間継続してさらなる発掘調査を行います。しかしながら、当該遺跡の価値が高く、国指定史跡にも値するとの学術評価もあることから、フロンティアパーク事業との整合性を考慮しつつ、現状保存の範囲をもう少し拡大できないものかどうか検討中であります。今後、中小企業基盤整備機構との合意やそれに伴う財源の負担について方向性が出ましたら、改めて議会にお示しをして御理解を得たいと思っております。


 2009年に開催予定の2巡目国体「トキめき新潟国体」に向け、体育都市・柏崎にふさわしい国民体育大会の実現を目指して、県など関係機関と緊密な連携を図り、スポーツ関係者を初め、多くの市民の参画をいただきながら準備を進めます。また、市としても、「国体準備室」に専任の職員を配置し、準備に万全を期します。


 建設以来20年近くが経過した佐藤池野球場は、中越大震災で被害を受けて使用を中止しておりますが、今年度から合併特例債を活用して2カ年の継続事業として改修、外野の拡張、地盤沈下対策などを行います。


4 自然にやさしいエネルギーのまちづくり


 京都議定書の発効により、地球温暖化防止対策は、いよいよ本格的な取り組みが求められることとなります。地球温暖化の防止に向けて、国・県・市町村がそれぞれの役割を果たさなければなりませんが、本市においては、特に市民生活や事業活動などの民生部門における対策が重要となります。


 先日、市民各層の皆様からなる本市域の総合的な地球温暖化対策の推進を図るための組織、「環境・エネルギーネットワーク」が立ち上がりました。こうした皆様とも連携・協働しながら、全市的な環境意識の高揚を図り、足元からのきめ細かい取り組みを進めてまいります。


 「環境・エネルギーネットワーク」等が行う一般家庭などにおける省エネ診断、省エネ提案等の取り組みに新たな支援を行うとともに、住宅用太陽光発電システムを設置する場合に一定額を補助する事業を今年度も継続して実施します。


 昨年度に引き続き、資源循環型社会に向けた新エネルギーシステムの導入及びこれと関連する環境産業の育成方策について、市民及び民間企業と協調して検討を進めることとし、特にバイオマス関連の有効活用に注目してまいります。


 資源循環型社会の形成に向けて、ごみ行政の一元化を目指したクリーン推進課を設置するとともに、里地・里山環境保全や市街地の緑化美化活動などを行う環境美化活動団体に対する協力金制度を創設します。


 柏崎・夢の森公園の整備については、将来における市民負担が懸念されることから、施設整備・管理運営の両面にわたってその見直しを行い、スリム化を図るため、寄附者である東京電力株式会社と具体的な協議を進めております。いずれ近いうちに、議会、市民の皆様に改めて御説明したいと思います。環境学校で既に取り組んでいる、人と自然との共生や環境の大切さを学ぶ体験プログラムの実証を踏まえて、地元での自主的な取り組みを重点に、地域の住民の皆様と一緒になって進めてまいりながら、この公園が完成後は、市民の皆様の理解を得て、多くの人々に親しまれる公園となりますよう検討してまいります。


5 教育環境の整備と人づくり


 次代を担う子供たちを育成するのは、現役世代に課せられた重要な責務の1つです。学校教育の充実だけでなく、家庭や地域、社会全体での子供の育成が今日的課題であるとの認識のもと、教育を総合的な人間形成のわざととらえ、各種施策を展開してまいります。


 1年先送りした田尻小学校の校舎棟改築、第二中学校改築の実施設計とプールの整備を合併特例債を活用して実施します。


 これまで国の緊急雇用創出事業を活用して指導補助員を小・中学校を配置してきましたが、今年度から国の補助制度がなくなることから、改めて市独自の財源で15名配置し、学校現場における児童・生徒により充実した教育を提供します。


 児童・生徒への通学途上での事件・事故の防止に向け、昨年度に引き続き、防犯灯を整備するほか、危険箇所の点検等、学校、地域とも協力し、学校現場及び通学路の安全確保のための取り組みを強化します。


 虐待、引きこもり等、複雑化する子供の心身の安全・安心のため、教育と福祉・保健の連携を一層強め、関係諸機関とも連絡を取り合いながら、一方の当事者である親への働きかけや支援も含め、子供の発達や環境の状況に応じた適切な対応を行ってまいります。


6 身近な生活環境を良くするまちづくり


 市民生活にとって、道路、ガス・上下水道、河川、公園といった身近な都市の基盤が整備され、暮らし回りの生活環境が整っていることが安全で利便性が高く、快適な暮らしを送るための欠かせない要素です。これらの環境改善を求める市民要望は、実に切実かつ多様であります。財政状況の厳しい中ではありますが、各地域の実態把握をよく行い、優先順位をつけながら、身近な生活環境の改善のために、極力これに対処していく所存です。


 国道8号、同バイパス、県道、市道等の主要な道路については、被災した道路の復旧を優先しながら、かねて計画の路線の事業進捗を図るほか、生活に直結する身近な道路・側溝等の維持・補修にも配慮してまいります。また、鯖石川、別山川、源太川その他の河川や、本体着工2年目を迎える鵜川治水ダム等、治水安全の向上のための事業を着実に推進するとともに、鵜川桜づつみモデル事業を完了させ、新しい桜並木の潤い空間を創出します。


 第6期拡張工事が2年目を迎える公共下水道事業は、佐藤池新田、池の峰、御山町地内での管渠整備を進めるとともに、雨水対策として柏崎駅南の塩込川の整備の継続、中浜地内ほかにおける雨水枝線の整備を行い、浸水地域の解消を図ることとしています。あわせて供用開始から23年が経過して老朽化が著しい自然環境浄化センターについて、計画的な維持修繕や改築更新に取り組み、よりよい環境整備を進めます。


 市民の足となっている路線バスを中心とする生活交通について、利用者が逓減傾向にあり、その維持確保が困難になってきていることから、市内全域における今後の生活交通のあり方を多角的に検討する地域生活交通確保調査事業を実施します。


 平成8年11月以来、据え置きとなっていたガス料金について、購入ガス原価の引き下げ及び経営効率化の努力により、平成17年7月1日から小口平均で7.49%、一般家庭用平均で3.59%の引き下げを行います。


7 市民の声が生かされるまちづくり


 まちづくりの主体は、言うまでもなく市民一人一人です。市民の皆様の声に耳を傾け、同時に行政の取り組もうとしていることや、その考え方を十分にお知らせすることを通して、市民の声が生かされる市政の実現を目指します。


 また、市民の自主的な活動を応援するとともに、市民と行政との協働によるまちづくりを通して、市民の皆様の力を生かしたまちづくりを展開してまいります。


 先ほど総務委員長からの報告にもございましたが、趣旨を十分に御説明する前に補正予算をお願いして、大変、御迷惑をおかけいたしましたが、改めて申し上げたいと思います。


 総合的な市民相談の機能も備えた「市民応接室」として「広報広聴課」を市役所1階に独立して新設し、より開かれた市役所を目指します。また、市長が地域や団体などに出向いて市民の皆様と直接対話する「移動市長室」、いつでも市長に意見・提言ができる「市長への手紙」制度を実施します。


 地域の課題解決や活性化に向けて、地域がみずから考え、主体的に取り組むことにより、市民との連携・協働によるまちづくりを推進することを目指して、2年間策定作業を進めてきた地域コミュニティ計画に基づき、それぞれの地域での活動を支援するコミュニティ活動推進事業を今年度から本格的に実施します。


 男女平等の調和の取れたまちづくりを目指して、「かしわざき男女共同参画プラン」を改定します。それを踏まえ、男女がともに輝ける社会をつくるための政策の基盤となる「(仮称)男女共同参画推進条例」の制定に向けて必要な取り組みを進めます。


合併後、そしてこれからの柏崎のまちづくりのために


 冒頭でも申し述べたように、来る5月1日、高柳町、西山町両町の皆様を市民としてお迎えして、新生・柏崎市がスタートします。これまで近隣の盟友として悩みを共有し、ともに歩み、ときに切磋琢磨し、競い合ってきた両町が、今後はいわば1つの家族として苦楽をともにすることになるわけです。


 合併という選択をした両町の皆様の心中を十分斟酌しつつ、両町の長所を財産として生かしながら、高柳町選挙区で1人、西山町選挙区で2人選出される新しい議員も加わる議会の皆様とともに、新生・柏崎市のまちづくりを力強く推進してまいります。


 合併に伴い、これまで広域事務組合が所掌していたし尿・ごみ処理、御山荘、さざなみ学園、斎場、消防の各業務は、柏崎市が承継して引き続き執行することとなります。サービスの低下を来たさないよう留意してまいります。


 新しいまちづくりの指針となる第四次総合計画は、今年度と来年度の2カ年をかけ、議会及び市民各界・各層の皆様と意見交換をしながら策定いたします。この計画策定に当たっては、合併に際し策定した新市建設計画を念頭に置きつつ、今後、予測される諸般の情勢も見据えながら、新しい理念、枠組みのもとで新市の将来像を探ってまいります。


 合併日の5月1日に市民会館において関係者をお招きして合併記念式典を催すほか、記念誌の作成、合併する3市町の代表的ふるさとイベント(柏崎市ふるさと祭り、高柳町きつねの夜祭り、西山町草生水まつり)の同時開催、これは8月を予定しております等、時節柄ささやかにではありますが、心を込めた幾つかの記念事業を執り行い、新市の門出を祝したい考えです。


 新市建設計画に掲げられた合併特例事業については、中・長期的見地から、特に後年度の事業については、その時々の社会経済・財政状況を踏まえながら、将来の本市の財政運営の健全性を損なうことのないよう、今後、精査・検証が必要と考えております。しかし、今年度については、予定の田尻小学校校舎改築、第二中学校(プール)建設、佐藤池野球場整備の各事業について予算計上するとともに、西山町への給水区域拡張事業についても、今年度から5カ年継続で取り組むことといたしました。


今年度予算の総括


 平成17年度一般会計の予算規模は、前年度の389億円を3億3,000万円下回っていますが、前年度の特殊要因である借換債16億円が減額になった一方で、災害復旧事業、合併に伴う広域事務組合の解散による事務移管、田尻小学校校舎改築事業などでの増額により、実質的には前年度を上回る予算となったと言えます。


 しかしながら、災害復旧関連事業が増嵩するため、既存事業の継続が中心となり、反面、施設の改修事業を先送りせざるを得なかったほか、新規事業も極力抑制せざるを得ませんでした。また、合併後の高柳町及び西山町に係る経費は当初予算には見込まず、4月臨時議会での補正予算で対応させていただくこととなっている一方、合併に伴い解散する広域事務組合に係る経費は、4月分については負担金で、残りの11カ月分は所定の事務事業として予算計上しております。


 目下の財源不足に対処するため、先ほど御議決いただいたように、公共用施設維持管理基金廃止後の公共施設管理基金及び財政調整基金からの計7億円を初めとして、その他の基金を合わせると8億7,000万円を取り崩して財源に充てております。


 また、従来、堅持してきた起債の、いわゆる20億円枠は、災害対策という特殊事情もあったことにより、超えざるを得ないなど、財源確保に難渋した予算編成でもありました。


 以上のような経過から、平成17年度当初予算として、


   一般会計 385億7,000万円     対前年比マイナス0.8%


   特別会計 285億5,761万5,000円 対前年比プラス6.6%


   企業会計 91億3,249万8,000円  対前年比プラス7.2%


   合計   762億6,011万3,000円 対前年比プラス2.8%


 を計上いたしました。


 私にとっては初めてとなる予算編成でありましたが、その作業の過程を通じて厳しい財源状況は、今後も続くものとの認識を新たにいたしております。これまでのように、原発財源という特殊な要因を内包しながらではありましたが、健全財政を維持しつつ、同規模の他市に比して、よりよいサービスを享受できる時代は終焉したと思わなければなりません。


 事務事業を初めとする行政運営全般の見直し、第三セクターなどのほか、民を支援する公のあり方、行政と民間・市民との役割分担や協働のあり方、指定管理者制度を導入した施設管理のあり方などの検証や職員定員管理の適正化等を図るため、新たに第三次行政改革大綱を今年度策定し、むだを省いた効率的で効果的な行政運営を目指します。


 後年度に過大な負担を残さない健全財政堅持のため、次年度に向けて従来のサービス内容を含む歳出全般をゼロから見直した上で、受益者負担等の視点も踏まえた真に必要な行政サービスのあり方について探ってまいります。


 時代は先の見通しのつけにくい、まさに不安定、不透明な長いトンネルの中に突入した感があります。こういうときこそ、市民の英知と力によって足元を固めることが肝要でございます。直面する課題に取り組み、それを解決していくことも当然必要ではありますが、先行きを見通すことが至難な中でも、極力、長期的な視野に立って物事を考え、事に処するということが今ほど大切なときはないと思います。選択の岐路に立ったとき、今、目の前の事象によって考えてよいと思われることが、果たして長い時間を経た後、歴史的に見て正しいと判断されるか、そのような視点もあわせ持ちながら、一つ一つ吟味した中で施策を展開してまいりたいと存じます。


 地方分権、地方自治が時代の趨勢と言われて久しいわけですが、市町村合併の進展や三位一体改革の行く末などを考えますと、これからは地方の自立、主体的で自主性を持った地方自治体での取り組みがますます肝要となります。そのためには、市民の皆様一人一人がまちを形成する当事者であるとの自覚を持って、みずからのまちづくりに参画することによる以外に、自立し、発展する地域の確立は望めないのではないかと思います。


 災害に負けないまちづくりを進め、医療・福祉・子育てなどの施策を展開をして、『安心して暮らせるまち』に、地域の産業を活性化させ、働く場をふやすことで、『げんきの出るまち』に、それらを通して若い人からお年寄りまでだれもが明るい『希望の持てるまち』に、これからの柏崎のまちづくりの方向性を定めて市民の皆様と力を合わせて全力投球で取り組む所存であります。


 まちづくりに果たす市民の皆様のパワーに期待しつつ、行政の担うべき分野、役割を見極めながら、議会及び市民の皆様とともに力強く次代を切り開く決意を表明して、私の施政方針といたします。


 どうもありがとうございました。


○議長(今井元紀)


 次に、教育長が教育方針演説を行います。


 教育長。


○教育長(小林和徳)


 それでは、教育委員会の平成17年度の教育方針を述べさせていただきます。


           平 成 17 年 度 教 育 方 針


                        柏崎市教育委員会


1 はじめに


 「柏崎で生まれた子供たちが、柏崎で育っていく過程において、柏崎に愛着を持ちながら学校で学び、家庭や地域の人々とかかわりながらふるさとのよさを満喫し、ふるさとをこよなく愛し続けていく、そんな教育環境を整えてください。私たちも喜んで手を貸しますよ。」1月30日、第4回「柏崎の教育を語る会」(柏崎青年会議所、市教育センター、市小中校長会共催)での多くの参会者の感想を総合すると、このように要約できるのではないかと思っています。市民の皆様の教育に寄せる熱い思いと励ましが背中を押してくれていると感じる反面、市民の皆様の切実な願いにどのようにこたえてくれるのかという厳しい御指摘でもあると認識するものであります。教育委員会はこのことを念頭を置いて、教育施策の具体的な展開を図ってまいります。


 来る5月1日、高柳町、西山町との合併により、市教育行政の所管区域が拡大し、学校数も39校にふえるとともに、高柳スキー場、西山総合体育館などの施設が加わります。これまで長い年月をかけて築いてこられた両町の学校教育・社会教育・文化・芸術・スポーツの持ち味と柏崎市のそれとの融合・調和を図りながら教育行政を進め、総合力を高めるとともに成果を上げていきたいと考えております。


 2月15日、中山文部科学大臣が、実施後、間もない学習指導要領の全面的な見直しを中央教育審議会に要請し、同審議会は、今秋までに基本的な方向をまとめるとしています。主要な部分は、「学習内容の定着を目指す」として、「総合的な学習」の時間のあり方に言及し、各教科との相対的な授業時間数の確保を意図し、学力低下傾向に一定の歯どめをかけ、「世界トップレベル」の学力の復活をうたっているところであります。大臣は、「現行の学習指導要領の理念や目標に誤りはない。ただ、そのねらいが十分に達成されているか、必要な手だてが十分講じられているかに課題がある」として見直しを求めています。


 教育における地方分権は、地方や学校現場に特色ある教育行政や、その学校ならではの学校経営を保障する道筋をつけています。学習指導要領の緩やかな縛りは、そういった意味から「現場主義」の教育改革の1つであり、仮に手直しが考えられるとしても、十分な検証を進めながら検討すべきだと考えます。いずれにいたしましても、柏崎市の学校教育が国全体の教育の動向からかけ離れて存在するはずもないわけでありますので、国における今後の検討の推移を注視していきたいと考えます。


2 学校教育の主要課題と施策


? 基礎・基本を徹底し、学ぶ意欲を高めること


 学校教育、とりわけ義務教育においては、生涯学習社会を生き抜く力の基礎を身につけさせるところであり、その過程を通して子供たちが学ぶ意欲の高まりを実感していくところであります。基礎のしっかりした、どんな場面でも生きて働く「確かな学力」が子供を支え、みずから考え、みずから学び続ける意欲的な生活習慣が子供を生き生きとさせ、子供は夢の実現に向けてたくましく進んでいくと考えます。


 このため少人数指導・複数教師によるティームティーチング・習熟度別指導等、個に応じたきめ細かな指導を進め、わかる授業、楽しい授業づくりを進めます。その際、根気よく取り組まないと、学習どころか日常の生活もままならない基礎的な知識・技能にあっては、「教え込む」ことをいとわない姿勢で臨みます。また、子供の生活体験・自然体験・社会体験はまさに個別的であり、多様であって、それが物の考え方や学習のスピード、加えて学習スタイルとなって個性的にあらわれることに留意しながら学習指導を進めます。


? 心を磨き体を鍛えること


 規範意識と倫理観、公共心などを初めとする豊かな人間性や社会性をはぐくみ、子供たちが正しい判断ができるよう導くのは大人の責任であります。いじめ、不登校、問題行動への適切な対応や障害等のある子供に対する適切な指導、さらには勤労観・職業観を育てることは、学校教育の課題ではありますが、同時に学校教育だけでは限界があります。学校での道徳教育の充実を家庭・地域と融合しながら進め、効果を高めることが大切です。また、生活体験・自然体験・社会体験の幅と奥行きを子供たちに保障する活動を進めながら、「我慢強さ、耐える力」を獲得させ、みずみずしい感性をよみがえらせることができるよう、意図的・計画的な取り組みをコミュニティ規模で推進できるよう提唱します。


 新潟県の児童・生徒の体力は、全国平均をはるかに下回っており、その水準に照らすと柏崎の場合は全般的に「県平均よりもやや上回っている」にすぎず、全国平均と比べて劣っていると言わざるを得ません。学校ごとに実態に応じた改善策を講じていますが、一層の努力が必要であります。また、体力の増強と相関して食生活の内容と習慣が人生80年の生き方を決めると言っても過言ではありません。食教育にも焦点を当てた取り組みを関係部局と連携して本格的に始動します。


 心と体の問題は、就学前の幼児期における家庭教育の成否がかぎを握っています。幼児教育と小学校教育のつながりを円滑にし、幼少期における家庭教育の充実に向けて、関係部局と連携を密にして取り組みます。


? 地域に信頼される特色ある学校をつくること


 学校の課題解決は、地域の課題解決と重ねる部分が多く、学校が家庭や地域と融合的にかかわりあって、課題解決に向けた取り組みを進めることは必然的なことであると考えます。子供たちや保護者、地域住民が魅力を感じ、信頼を寄せる学校づくりを進めていくには、校長がリーダーシップを発揮しやすいように条件整備を図ることが欠かせません。全国で数校が試行している、いわゆる「コミュニティ・スクール」は、この点で多くの示唆を与えてくれますが、将来の方向性は理解しつつも、当面、柏崎では地域に信頼される特色ある学校という理念に沿った改革・改善を目指しています。


 具体的には、学校の敷居を低くし、学校内外の人の流れを滑らかにして、学校からの情報発信と地域の教育力とが双方向的にかみ合っていくようにすることであります。これまでも各校ともそのような努力を続け、その地域のその学校ならではの特色が徐々にあらわれてきています。ここでは特色を出すことが目的ではなく、特色が出る教育活動そのものが職員の指導力を高め、子供の目の輝きとなってあらわれてくることを願っています。教育委員会といたしましても、この動きが一層、滑らかに進行するよう支援してまいります。


 関連予算のところは省略させていただきます。


? 教職員の服務規律の厳正を徹底すること


 新聞等に報道されました学校での体罰行為について、教育委員会といたしまして非常に重く受けとめております。広く市民の皆様に対し、教育にお寄せいただいた信頼を裏切るものであり、あってはならないことで、大変、申しわけなく、心からおわび申し上げます。特に、体罰については、再三、校長会を通じて指導し、取り組んでまいりましたが、まことに残念であり、やはり、教育委員会を含め、学校経営の任に当たる者が、これらのことに本当に対処し切れていなかったということのあらわれであると受けとめています。今後、このことも含め、教職員の服務規律の厳正を一層徹底すべく、総力を挙げて取り組んでまいります。


3 学校教育環境の整備等


? 健康で文化の薫りある学校の実現を目指します


 昨年から市内全小中学校の校地・校舎内全面禁煙を実施しましたが、すべての学校で順調に定着してまいりました。健康増進法に基づく取り組みでありますが、受動喫煙から子供を守る運動として家庭や地域に広がりを見せ、高く評価していただいております。今後は、教育関係機関での一層の理解も得て、青少年の健全育成の運動と連携しながら進めてまいりたいと考えます。


 また、学校は、日常的に感性を磨く素材をさりげなく提供するところでありたいものです。花、音楽、絵画、元気な子供の声・顔、情熱的な職員の姿等々、取り立てて構えることなく、その学校が育ててきた文化の薫りが漂うような学校の実現に向けて支援してまいります。


 学校改築では、昭和38年度建築の田尻小学校の改築を17年度・18年度の2カ年事業で実施いたします。老朽化と児童の増加に対応するとともに、総合学習や少人数指導等、学習形態・指導方法の多様化に柔軟に対応できる改築といたします。第二中学校は、基本設計と耐力度調査等を終え、17年度は実施設計段階に移り、18年度着工を目指します。


? 学校2学期制の本格実施に踏み出します


 平成15年度・16年度の2年間にわたり、規模を拡大しながら学校2学期制の試行を行ってきました。教育委員会では、試行実施校の実践結果をもとに、PTAや地域代表の方の意見も踏まえ、学校現場の理解を深めながら平成17年度本格実施を決定しました。教育委員会で決定する年間の授業日数を除き、夏休みなどの休業日の設定はおおむね校長の裁量に委ねるという形で実施します。年間の教育活動をどう仕組むかは校長の腕の見せどころであり、地域ごとの実情を加味して校長が主体的な意思を持って決定することになります。このことにより、先ほど申し上げました学校教育の主要課題の解決に、より有効かつ適切に対応しようというものであります。


? 教育センターの機能の周知・活用を図ります


 学校教育の主要課題の解決には、教職員の研修の機会と場を保障し、子供たちに不足しがちな各種の体験活動を補うなど、側面からの支援が欠かせません。教育センターでは、平成16年4月から平成17年1月までの10カ月間、延べ3,000人の教職員が各種研修に参加し、その成果を子供たちに還元しています。各種事業への子供の参加は延べ7,400人、科学の祭典では、親子で1万220人が参加し、自然科学の楽しさや人とのかかわりを学びました。17年度も、情報教育コーディネーターによるIT研修など各種研修や不登校などを含む諸問題に対する子供、保護者、教師の教育相談システムの有効な活用を図り、家庭・学校の支援策に一層の工夫を凝らして成果を上げたいと思います。


? 合併に伴う学校現場の支援体制を補強します


 現在、学校教育課・教育センター所属の職員のうち、学校現場を直接支える人員は、指導兼管理主事2人、指導主事3人、情報コーディネーター1人、科学技術教育指導員1人、教育相談部カウンセラー・学校訪問相談員等5人であります。5月の合併後は、学校数が7校ふえて39校となり、広域化しますが、教職員研修を初め、現場への新鮮な教育情報の提供や指導の機会を少なくとも現状維持し、現場の要請にこたえてまいります。具体的には、指導主事の1人増と嘱託指導主事を設置するなど、広域化した学校現場での直接指導を展開して主要課題の解決に迫ります。これに関連して教育センターの組織機構を見直し、新市教育体制に適合した、より機能しやすい体制に組みかえます。


 関連予算は省略いたします。


4 生涯学習・体育・スポーツ・文化振興の課題と施策


? 学習機会・場の拡充に努めること


 健康で生きがいを持って自己実現を目指すために学習する市民を支えます。特に、学んだ成果が広く地域や柏崎市民の人材育成や地域の活性化等につながる学習の掘り起こしに努めます。そのため、市民活動支援課(コミュニティ活動)・子ども課(幼児教育)と連携しながら、施策の内容の充実を図ります。


? 2巡目国体へ向けて競技力を向上させること


 4年後の2009年に開催される第64回国民体育大会(トキめき新潟国体)の柏崎で開催される3種目(卓球、水球、ハンドボール)を初め、各種競技の競技力向上を図ります。柏崎市国体準備委員会を核として、本格的な準備に入ります。


? スポーツ振興・体力づくりの裾野を広げること


 児童・生徒の体力低下の一因には、日常生活の中に歩くことを初めとして、体を動かさない生活習慣が一般化し、なかなかそこから脱し切れない状況があるのは異論のないところであります。スポーツに興じ、体力向上に意欲的に取り組む市民の(親の)姿で子供たちが感化される、そのような雰囲気が醸成されるよう努めます。また、市民の体力・健康づくり・ライフステージに合った生涯スポーツの振興として4年に一度開催し、8回目となります市民大運動会を合併を記念して両町の皆さんも加わり開催します。


? 文化財理解への啓発活動を進めること


 埋蔵文化財の発掘調査については、「軽井川南遺跡群」を初めとして、公共事業関連の発掘調査も多くなってきていることから、「遺跡は市民の宝物」という認識のもと、現実的に最善・最良の方法でそれぞれの実態に即した保存方法を検討してまいります。なお、「軽井川南遺跡群」については、現在、さらなる保存・活用の方策につきまして検討しておりますが、先ほど市長も申し上げたとおり、新たな方向が出ましたら御相談を申し上げます。


 さきの中越地震で大きな被害を受けた史跡・飯塚邸の修復に取り組み、1日でも早く通常公開ができるよう努めます。


 「綾子舞現地公開」のさらなる周知に努め、より多くの皆様からごらんいただくとともに、後継者の育成を支援してまいります。


 高柳町、西山町と合併することで、指定文化財も200点を超えることとなります。国・県指定文化財とも合わせて市民の皆さんに知っていただくとともに、保存・保護に努めます。


 関連予算は省略させていただきます。


5 青少年の育成と柏崎の教育3・3・3運動


 柏崎の教育3・3・3運動の実践の1つ「あいさつや声かけをしよう」を例にとってみましょう。


? 家庭の中では


 「子供は親の言うようにはならないが、親のするようにはする」家族同士でもあいさつが自然にできていれば、どこでも明るいあいさつのできる子供になっていきます。


? 地域では


 「あの子にあいさつや声かけをすると、元気のいいあいさつや返事が返ってきてこっちも元気になる」地域でのあいさつや声かけが気負わずできるようになっていきます。


? 学校では


 学校全体に元気がみなぎり、態度・行動に積極さが増し、教育効果が高まります。


 3つの実践(あいさつ・声かけ、読書、花いっぱい)、3つの体験(自然、生活社会、文化芸術)、3つの創造(健康な体、遊びと交流、ふるさと)など、家庭、学校、地域が個別でも取り組めるもの、それぞれが持ち味を出し合いながら歩調を合わせて進めるものなど、いろいろな組み合わせが考えられますが、市民総ぐるみの運動として定着するよう努めます。


 従来のPTAの取り組みも、幾つかの点でこの運動に共通点を見出すことができますので、意図的に取り上げることで意識啓発を図り、効果を高めていきます。


 また、コミュニティ活動の一環としての取り組みも、幾つかの共通点がありますので、市民活動支援課と連携して進められるよう努めます。


? 青少年育成センターでは


 無為に過ごしている青少年を家庭に帰し、地域の一員として活躍の場を与え、学校での生活に喜びを見出させることは青少年育成の基本であります。どの青少年にも、その発達段階に応じた3・3・3運動とのかかわりがあり、自己実現への意欲があるわけですから、そのように育てていかなければなりません。市青少年育成センターでは、街頭巡回活動における「地区育成活動の強化」を重点に掲げ、不審者問題への対応も含め、育成委員と学校地域の一層の連携を強化し、目的達成に迫りたい考えであります。そのため、17年度から学校の教職員も育成委員に委嘱するなど、全市的な取り組みを展開します。


6 終わりに


 学力低下論争をめぐっていろいろと議論がある中で、現行指導要領で示す教科の指導内容について、「子供の生活体験が乏しいのに、その上、知識の量まで減らしていいのか」という意見も登場してきました。生活体験の不足している部分を知識で補えるわけもなく、本末転倒であり、むしろ生活体験がないと生きて働く知識そのものも身につかないはずであります。生活体験・社会体験・自然体験が乏しければ乏しいほど、学習を成立させる興味・関心・意欲はなえたものとなり、学習はおもしろくなく、結果として知識も身につきにくいという、そういう経験はだれもが持っているのではないでしょうか。また、何よりも大切なことは、多くの体験活動は、子供の心をはぐくみ、感性を磨くという人格の完成に欠かせない営みを伴っているということを忘れるべきではありません。子供の体験活動は、柏崎の教育3・3・3運動の提唱されてきた根拠の1つでもあります。子供と一緒に体験活動を楽しみ、地域のよさを再発見したり、感動を分かち合ったりする大人の存在が柏崎市にはもっと必要であります。


 冒頭に申し上げたこと、「柏崎で生まれた子供たちが柏崎で育っていく過程において、柏崎に愛着を持ちながら学校で学び、家庭や地域の人々とかかわりながら、ふるさとのよさを満喫し、ふるさとをこよなく愛し続けていく。」教育委員会はこのことを目指してまいります。


 以上をもちまして、教育委員会の平成17年度の教育方針といたします。


 ありがとうございました。


○議長(今井元紀)


 ここでしばらく休憩をいたします。


               午前11時50分 休憩


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


               午後 1時01分 再開


○議長(今井元紀)


 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第32(議第29号) 平成17年度一般会計予算


○議長(今井元紀)


 日程第32 平成17年度一般会計予算を議題といたします。


 なお、本案については、お手元に正誤表が配付されておりますので、念のため申し上げます。


 提案理由の説明を求めます。


 最初に、総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 議第29号平成17年度一般会計予算の総合企画部所管部分について、御説明を申し上げます。


 最初に、本論に入ります前に、地方公共団体の予算編成及び財政運営の指針となっております地方財政計画につきまして、参考までに、その概略を簡単に御説明をさせていただきます。


 配付をさせていただいております予算資料2、平成17年度地方財政計画の説明をごらんいただきたいと思います。


 冒頭にあります策定方針は、要約いたしますと、平成17年度においては極めて厳しい地方財政の現状を踏まえ、歳出面においては閣議決定されている経済財政運営と構造改革に関する基本方針2003等に沿って、歳出総額の計画的な抑制を図る一方で、当面の重要課題である人間力の向上・発揮、個性と工夫に満ちた魅力ある都市と地方の形成、少子高齢化対策、循環型社会の構築、地球環境問題の対応等に財源の重点的配分を図ることとすること。


 歳入面におきましては、地方税などの一般財源の確保を図ることを基本とし、引き続き生ずることとなった大幅な財源不足について、地方財政の運営上、支障が生じないよう適切な補てん措置を講ずるということとしております。


 以下、当市に関係あるものについて、御説明をさせていただきます。


 1の地方税につきましてでありますけども、あるべき税制の構築に向け、定率減税の縮減、所得譲与税による税源移譲等の措置を講ずることとしております。


 その下の、2は、地方財源の財源不足見込み額の補てん措置として、(1)通常収支に係る財源不足について、(2)恒久的な減税に伴う地方への措置として、(3)税制改正に伴う減収分について、講ずるべき措置について、それぞれ説明をしてあるものであります。


 以上の結果、次のページ、2ページの後段の方にあります、中段以下にありますように、(4)でですね、結果的に平成17年度の地方交付税が前年度に比べまして0.1%増となったということであります。


 2ページ、その下の、3のところであります。三位一体改革に係る国庫補助負担金の一般財源化と、これに対応した税源移譲の措置が記載されておりますが、当市に関係するものは、このうちの(1)でございます。国庫補助負担金の一般財源化に対応して、平成18年度の税制改正による所得税から個人住民税への本格的な税源移譲を実施するまでの間、所得譲与税により税源移譲を実施するということでありまして、その算定方法としましては、人口割の計算により上下するということになっております。


 3ページにいきまして、4で地方債について、5で使用料・手数料の適正化について、6で財源の重点配分について、7で地方団体の公債費負担の軽減措置について、それから、8で地方公営企業の繰出金について、9で地方行財政運営の合理化・改革について、記載がされているものであります。


 4ページをお開きいただきたいと思いますけれども、ここには、地方団体の歳入総額の見込み額及び、その内訳について、記載がされております。平成17年度の地方財政規模は、5ページの6行目にありますように、歳入合計、前年度比1.1%減の83兆7,687億円をもって計画をされております。当市と予算の関係のある項目について申し上げます。


 4ページに戻っていただきまして、1の地方税でございます。前年度比3.1%の増、この表に書いてございませんが、市に関係する内容を申し上げますと、市町村民税のうち所得割が1.8%の増、法人税割が18.3%の増、固定資産税は0.7%の増をそれぞれ見込んでおります。


 それから、2番の地方譲与税でございますけども、これは先ほども申しましたように、税源移譲額が増加したことから、所得譲与税が大きく増額となり、全体で前年度比60.8%の増となっております。


 それから、3の地方特例交付金でございますが、恒久的な減税に伴う地方税の減収の一部を補てんするため、地方税の代替的性格を有する財源として交付されるものでありますけれども、新年度はこれに加えまして、暫定的に減額される義務教育費国庫負担金分の税源移譲予定特例交付金が増額となるため、前年度に比べまして37%の増となっているものであります。


 4の地方交付税、前年度比0.1%の増、それから、5の国庫支出金は前年度比7.6%の減となっております。


 5ページにまいりまして、6の地方債は前年度比13.3%の減を見込んでおりますけども、このうちの臨時財政対策債は前年度比23.1%と、大幅な減となっております。


 6ページをお開きをいただきたいと思います。6ページでは、地方団体の歳出総額の見込み額及び、その内訳、7ページにまいりますと、公営企業繰出金以下について記載がされておりますけども、説明は省略をさせていただきたいというふうに思います。


 以上、当市の予算審議の参考までに、そのあらましを申し上げさせていただきましたが、これは、お断りするまでもなく、地方全体を通じての計画でありまして、個々の市町村にはそれぞれ特有な事情があるため、この点も御理解をいただきたいというふうに思います。


 それでは、次に、当市の一般会計予算について申し上げます。


 まず、全般的なことを申し上げさせていただきますので、お手元にやはり配付をさせていただいております予算資料1というのをごらんいただきたいと思います。


 予算資料1でございますけども、1ページの上段に、各会計別予算額という表がございます。それぞれの会計ごとの予算額等を記載をしております。中段でありますけども、一般会計予算の財源内訳と一般財源充当額が記載をしてあるものであります。ここから御説明をさせていただきたいというふうに思います。


 これから申し上げます数値及び比較につきましては、ごらんいただいております表に記載のない部分につきましては、すべて前年度当初予算の額をもとに申し上げますので、あらかじめ御了解をいただきたいと思います。


 まず、歳入の欄をごらんいただきたいと思います。


 1の一般財源につきましては、前年度比0.3%減の224億3,381万3,000円を計上いたしました。このうち(1)にあります市税1.3%減の159億3,209万8,000円であります。この減額は、個人市民税及び原子力発電所の償却資産に係る固定資産税の減などが主なものでございます。一方、増額としましては、法人市民税、土地家屋に係る固定資産税及び使用済み核燃料税が主なものであり、全体としては、先ほど申しますような微減にとどまったというふうに認識をしております。


 (2)地方交付税につきましては、普通交付税15億5,000万円、特別交付税6億4,000万円の合計21億9,000万円、これは対前年度比28.8%の増であります。


 (3)その他につきましては7.4%減の43億1,171万5,000円を計上しました。これは今年度税源移譲に伴い、所得譲与税が大きく増額となったものの、臨時財政対策債が前年度比24.6%減の9億970万円となったことや、財政調整基金の取り崩し額を前年度より3億4,000万円減額をしたことなどによるものであります。


 2の特定財源につきましては、1.6%減の161億3,618万7,000円を計上してございます。このうち(1)の国庫支出金でありますけども、前年度比2億4,605万4,000円、4.0%の増となっておりますが、災害対応が主なものであります。


 (2)の市債でございますけども、前年度、約16億円の借換債が減少したにもかかわらず5,088万6,000円、これは1.6%の率になります。これの増額でありますけども、これは災害復旧や合併特例債分を措置したことなどによるものであります。


 (3)その他は8%、5億5,695万9,000円の減額でありますけれども、これは制度融資の減などが主なものであります。


 次に、一番下の、歳出について申し上げます。


 1の経常費は、歳出全体に対する構成比が、前年度比2.2ポイント、金額で11億3,687万6,000円の減となっております。これは、減税補てん債の借換えに伴う償還金の減が主なものであります。


 なお、(1)の人件費及び(2)のその他で、それぞれ大幅な増、もしくは、減となっております。これは広域事務組合に係る経費が、前年度までは一括して負担金で処理をされておりましたものが、解散に伴う事務の移管により、一般会計のそれぞれの費目に算入されたことによるものであります。


 それから、2の事業費にまいります。前年度比16.9%、8億687万6,000円の増額でありますけれども、これは災害復旧事業や田尻小学校校舎改築事業等の合併特例事業が主なものであります。


 目的別歳出予算を御説明させていただきますので、4ページをお開きください。


 一番右側の、対前年度比の比較増減率の大きい項目について、主な要因を御説明をさせていただきます。


 2款総務費の増額は、福祉保健総合システム構築事業や合併に伴う電算システム統合事業などにより増額となっているものであります。


 4款衛生費の減額は、前年度負担金支出としてここに集計されておりました広域事務組合ごみ処理場等の公債費が、12款の公債費の方に移動したということによるものであります。


 7款商工費の減額は、柏崎フロンティアパーク整備事業及び制度融資の減というものが主なものでございます。


 8款土木費の減額は、道路新設改良及び橋りょう新設改良、豪雪対策事業や街路国庫補助事業の減等によるものであります。


 9款の消防費、これの増額でありますけども、広域事務組合解散に伴います事務移管により常備消防費が全額こちらに計上されたことによる増と、中越地震の被災者生活再建支援事業による増額が主なものであります。


 10款教育費の増額は、田尻小学校校舎改築事業などが主なものであります。


 11款災害復旧費の増額は、中越地震及び豪雨災害の災害復旧費であります。


 12款公債費は、前年度の約16億円の借換債が減少したにもかかわらず、先ほど言いましたように、広域事務組合分の公債費を引き継いだため、減額は6億3,600万円となっております。その他の項目につきましては、増減に大きな相違がございませんので、説明は省略させていただきたいと存じます。


 その他の資料といたしまして、ごらんいただきますように、2ページに歳入予算額、それから、6ページに性質別歳出予算額、9ページに市制度融資預託金の内訳、10ページには、平成15年度の状況ですけども、県下7市の普通会計決算額の指数表等を添付してございます。説明は、恐縮ですが、省略をさせていただきたいと思います。


 なお、あわせて配付をさせていただきました予算資料3、平成17年度地方税制の改正案要旨というものがございます。これも説明は省略させていただきます。恐縮ですが、後ほどごらんをいただきたいというふうに思います。


 それでは、この予算書に基づきまして、平成17年度一般会計予算の総合企画部の所管事項について、御説明をさせていただきます。


 なお、歳入におきまして、予算全体にかかわることもございますので、市税等も含めまして、私の方で一括御説明を申し上げます。


 まず、予算書24ページ、25ページから御説明を申し上げます。


 歳入のうち、1款市税の主なものについて申し上げます。


 なお、御説明する数値は、いずれも右側の、今、これで言いますと、25ページの節の中の現年度分課税分という、この数字について申し上げます。


 1項市町村民税、1目個人は、平成16年度の税制改正により、妻の均等割非課税措置が廃止されましたが、経過措置により1人当たり2分の1の1,500円を増額分として見込んだほか、個人所得に関する各種指標が横ばい、もしくは、上昇数値となっていますが、地方財政数値及び中越地震の影響等を勘案した中で、前年度比0.9%減の26億7,877万5,000円を計上させていただきました。


 2目の法人でございます。市内事業所の景気は、一部の製造業を除いて、全体としては厳しい状況が続いているものの、全国的には穏やかに回復している景気の動向や、平成16年度の決算見込み等を勘案した中で、前年度比5.7%増の12億4,791万1,000円を計上させていただきました。


 2項1目の固定資産税は、全体で前年度比2.6%減の102億9,375万9,000円を計上いたしました。説明欄をごらんいただきたいと思いますけれども、土地につきましては、平成16年度決算見込みと平成16年中に行われました地目異動、地価の下落修正負担調整により、前年度比6.9%増の20億3,346万1,000円を見込みました。家屋につきましては、平成16年中における新増築家屋の増加と、その反対の滅失分を加減いたしまして、法定措置であります新築住宅の軽減等を差し引いて、前年度比1.6%増の36億6,589万4,000円を見込ませていただきました。


 1枚おめくりをいただきまして、26、27ページであります。やはり、27ページの説明欄のところでありますけども、償却資産につきましては、主に原子力発電施設の償却資産の減額に伴い、前年度比9.2%減の45億9,440万4,000円を見込んでおります。


 28、29ページをごらんいただきたいと思います。下の方でありますけども、9項使用済核燃料税であります。平成17年1月1日現在の保管量に対して、税率を乗じて4億9,707万6,000円を見込みました。


 その下、2款地方譲与税、1項所得譲与税は、税源移譲の拡大により大幅に増加し、その額は人口割で算定されるというもので、当市におきましては、前年度比211.5%増の3億1,093万円を計上したものであります。


 以上で税の項は終わりまして、その他の歳入の主なものを御説明申し上げます。


 飛びますけども、34、35ページをお開きいただきたいと思います。上段の方にあります、12款1項2目の電源立地地域対策交付金は、平成15年度の下期から長期発展対策交付金など各種交付金と統合となったものでありますけれども、今年度は合計で12億4,000万円を計上し、説明欄に記載の、それぞれの事業に充当するということにしております。


 ちょっと飛びます。54ページ、55ページをお願いいたします。16款2項1目4節の原子力発電施設等立地地域特別交付金5億3,424万円は、産業団地整備事業に関し、道路等、市が整備すべき事業の財源として見込んだものであります。その下、5節の県市町村合併特別交付金2億1,300万円は、合併に伴います福祉保健総合システム構築事業及び電算事務統合事業の経費の財源として充当するものであります。


 76ページ、77ページをお願いいたします。冒頭、上段の、19款繰入金の基金繰入金のうち、4節財政調整基金繰入金は、財源不足に対処するため、今年度4億円を繰り入れることといたしました。また、施設の管理に要する財源として、公共用施設維持管理基金から形を変えました9節の公共施設管理基金から3億円を繰り入れることとしたものであります。


 90ページ、91ページをお願いいたします。市債でありますけども、5目教育債におきまして、右側説明欄に合併特例債という起債がありますが、この市債が、合併に伴い、今年度から借り入れをするもので、3つの事業を合計いたしまして4億700万円を予定しているところであります。


 その他の歳入につきましては、記載のとおりでございますので、説明は省略させていただきます。


 次に、当部所管の歳出につきまして、新規事業等、主なものを中心に御説明をさせていただきます。


 まず、94、95ページをお開きいただきたいと思います。それぞれの項目につきましては、説明欄の最初に振ってあります事務事業番号、数字がございますけれども、これを冒頭に申し上げて説明をさせていただきます。


 2款総務費、1項1目一般管理費中、人事課の真ん中辺にあります、005の行政改革推進事業40万8,000円でございますけれども、第3次行政改革大綱の17年度策定を目指し、委員会開催費4回分を見込んだものであります。なお、この行革につきましては、人事課に専任の行革担当の職員を配置して取り組みたいという考えであります。


 それから、2枚おめくりをいただきまして、98、99ページでございます。上から2つ目の番号、015公の施設の指定管理者選定審議会経費53万3,000円でありますけども、市で管理委託している29の条例で定めた施設につきまして、昨年から計画的に指定管理者制度の導入を進めることとしておりますけども、2年目の今年もこのための審議会開催経費を計上させていただいたものであります。


 その下、016の合併記念式典経費は、高柳町、西山町との合併記念式典等に伴います経費100万円でございます。記念式典は、合併当日の5月1日の午後、市民会館で、来賓、関係者の皆さん、400人程度になろうかと思いますけども、お招きをしてとり行いたいというふうに考えているものであります。


 合併関連経費で、ちょっと飛びますが、一たん113ページをちょっとお開きいただきたいと思います。下の方に、101市町村合併対策費87万6,000円というのがございます。これは、この合併を記念いたしまして、合併記念誌を作成したいというふうに思っております。この経費が主なものであります。


 恐れ入ります。また、99ページ、もとへ戻っていただきたいと思います。今の合併の下に、017帰国支援事業1,511万6,000円がございます。蓮池さんの御一家は、お子様も帰国をされ、御家族自身で自立に向けた御努力は、徐々に軌道に乗っているというふうに承っております。御本人さんの御了解をいただいた上で、帰国支援室を3月末限りで廃止をし、4月から帰国支援に関する業務を人事課に移管をいたしまして、必要な支援は継続させていただくこととしておりまして、予算は16年度とほぼ同じ内容、同じ額で計上させていただいたものであります。


 今、帰国支援室の廃止の話が出ましたので、若干補足をさせていただきます。組織、機構の見直しでありますけれども、今ほど申しました行革の専任職員の配置ですとか、それから、帰国支援室の3月末の廃止というののほかに、主なものを申し上げます。施政方針、あるいは、これから私以下の部長が説明する中でも出てくるかもしれませんけども、私の方から簡単に触れさせていただきます。


 まず、先ほど出ました合併対策室でありますけれども、4月30日限り、5月1日から合併でございます。その前に廃止をしたいというふうに思いますけども、5月1日以降は、合併の後処理のために、専任職員を企画政策課に1名は配置をしておきたいというふうに考えているところであります。


 そのほか、先ほど施政方針でも市長の方から述べました、市民の皆様の声を聞くための広報広聴課を本館1階に新設をしたいということ、それから、雇用の場を創設するために企業立地推進室を新設し、室長1名を含む2名体制としたいということ、それから、2巡目国体に備えました国体準備室に専任の室長を配置したいということ、ごみ行政の一貫、一元化を図るため、5月から環境政策課のごみ対策係、クリーン係が、クリーンセンターに移動して、クリーン推進課として新たにスタートするというところが、機構上の主なものでございます。


 111ページにまいります。2款1項7目の企画費でありますけれども、このうちの一番上の、002地域振興事業中に、上越新幹線直行特急早期実現期成同盟会負担金として18万円を計上させていただきました。会員であります県や沿線市村と、長岡、柏崎、上越間の高速鉄道体系や利便性の向上のあり方、同盟会の運動の今後の方向性等について、会員の皆様と検討を深めてまいりたいというふうに思っております。


 真ん中辺の、003の総合計画策定事業2,030万5,000円でございます。これは、平成16年度をもって終了いたします現行の第三次長期発展計画を引き継ぐ、第四次の総合計画を策定するための経費を計上したものでございます。17年度、18年度の2カ年で新計画を策定したいというふうに思っております。18年の9月議会で、基本構想の御議決を、議会の皆さんにお諮りをしていきたいというふうに考えております。計画策定には、多くの市民の参画が得られますよう、策定市民会議及び分科会を設けまして、合わせて120人の市民に参加をしていただくというように今、考えております。


 それから、人口や産業経済フレームの設定ですとか、各資料の収集、アンケートの実施などにコンサルタントを活用いたしたく、委託料を計上させていただいております。いずれにいたしましても、時代の潮流などを踏まえました活発な議論ができますよう、配慮してまいりたいというふうに思います。議員各位からの御意見、御提案、御示唆などもよろしくお願いをしたいと思います。


 一番下の、004の東京事務所運営費497万2,000円に関して一言申し上げますと、東京事務所の体制につきましては、これまで企業誘致促進に係るものとして、もう1名分を7款の商工費で措置をしておりましたが、17年度は、東京事務所トータルで正職員1名の体制にしたいという考えであります。これは、産業振興部内におきまして、先ほど言いました企業立地に関する体制を、室を設けて強化したいというようなことに伴います見直しの結果であります。


 113ページをお開きいただきたいと思います。これの一番上の、005の政策研究費のうちの04新エネルギー調査研究事業19万1,000円でございますけども、16年度に引き続き計上させていただきました。16年度は、庁内関係課職員で研究会を立ち上げ、新エネルギーの活用見込み、普及や啓発への取り組み等に関する検討を行うとともに、市民を対象にした先進事例の紹介という形で、セミナーの開催なども行ってきたところですけども、バイオマス関連において、民間の事業促進などに向けた取り組みを継続していきたいというふうに考えているものであります。


 真ん中辺の、006生活交通対策事業3,563万8,000円でございます。これは、今までは7款の商工振興費で措置をしておりましたバス路線確保事業を企画費に移管をし、生活交通確保計画の策定を担当する私ども企画のサイドでの取り組みに、事業を整合させたものであります。バス路線の生活交通確保対策運行費補助金、これは、県と市で2分の1ずつ負担するものでありますけども、その補助金や運行契約保証金のほか、新たな取り組みとしまして、現状のバス交通、生活路線について、今後どうあるべきか、公共交通空白地域の対応方策、あるいは、効率をどう高めていくか等につきまして、検討調査を行うための調査委託料500万円の計上をさせていただいております。


 114ページ、115ページにまいります。2款1項8目の情報化推進費であります。真ん中辺の、002電子市役所推進事業7億8,084万9,000円の中の、01情報化関連総合委託事業5億6,843万2,000円でありますけれども、柏崎市情報化関連業務受託共同企業体、K.S.Uと言っております、ここに柏崎市の情報化関連システムの保守運用業務を総合委託、アウトソーシングしております、そのシステムサービス委託料であります。


 それから、その下の、002の地域イントラネット事業5,454万5,000円でありますけども、現行の市の117施設の公共施設を接続する行政イントラネットに係る回線使用料のほか、合併後の両町公共施設23カ所を接続するための回線使用料が主な経費でございます。


 その下の、03GIS推進事業3,029万8,000円は、道路台帳管理システム開発委託料2,319万6,000円がありますけども、平成16年度に設計を行ったシステムの開発に要する経費であります。開発期間は、平成17、18年度までの2カ年を予定しておりまして、その1年目に要する経費を計上させていただいたものであります。この完成したデジタル地図を利用した本庁舎におけます本格的な業務アプリケーションの第一段階として、本システムを導入するものであります。道路、道路占有物、公園、準用河川等の管理のみならず、住宅地図を併用しての災害時の情報発信にも役立つシステムを目指しております。


 それから、1つ飛んで、13の福祉保健総合システム構築事業1億2,578万1,000円でありますけども、福祉保健分野の電算化は、合併3市町において未構築の業務も多く、また、住民記録との連動がなされていないため、これまで懸案でありました。今回の合併を契機として、障害者、高齢者福祉、育児支援及び保健指導業務について、住民記録との連動可能な電算化を行い、総合的な福祉保健システムを構築したいというものであります。特財としては、県の、先ほど説明した、合併特例交付金の相当額を充てているということであります。


 003の地域情報化推進事業、このうちの02市域情報通信環境格差是正事業3,810万円でありますけれども、これは、光ファイバーによる高速大容量の常時接続インターネットサービスがいまだ供給されていない3つの地区、すなわち高浜、曾地、米山、この3地区につきまして、事業者の局舎の改修に係る経費について、補助、1カ所1,000万円の3カ所ということであります。総経費の3分の2相当になるわけですけども、これを補助したいとともに、これらの地域で、いわゆるBフレッツサービス加入に合わせまして、光ファイバー加入促進の補助金、初期工事費の半額補助、単価1万3,500円、これの600件分を、この管内でも行うために必要な経費を計上したというものであります。これによりまして、全市内で光ファイバーによるインターネット接続サービスが可能となります。


 132ページ、133ページに飛んでいただきます。4項2目市議会議員選挙費、この中の001市議会議員選挙費でありますけども、本年5月1日に合併となります高柳町及び西山町に係る合併特例定数による選挙経費であります。総額1,450万円を各節にわたり計上いたしました。選挙は合併の日から50日以内となっており、高柳町選挙区で1人、西山町選挙区で2人を選出するということになります。


 2枚めくっていただきまして、136、137ページの、5項統計調査費の関係であります。この真ん中辺に、09の国勢調査費というのがございます。4,285万7,000円でございますけども、御存じのとおり、本年10月1日現在で、5年に一度実施されます国勢調査に要する一連の経費を計上してあるものであります。


 ずっと飛んでいただきまして、350、351ページ、それと次の352、353ページであります。ここに12款の公債費が記載をされております。平成17年度償還予定の長期債に係る元金及び利子、並びに一時借入金利子について、措置をいたしたものであります。


 職員の人件費について、一括御説明申し上げますので、次の355ページの、給与費明細書をごらんいただきたいと思います。これは、一番上の、(1)総括表の合計欄をちょっとごらんいただきたいんですけども、一般職の給与費及び共済費合計で、対前年度比13億1,429万2,000円の増となっておりますけれども、これは、退職予定者の減少によります退職手当の減、これが約9,400万円ございますけども、採用・退職の差によります減、これが2億1,200万円ほどございます。こういったように、減額の要素も大きいものの、今回、合併に伴いまして身分移管をされる広域事務組合の職員198人の11カ月分の人件費が加わったことによるものであります。これが合計で16億2,051万6,000円という数字で、これが大きいために、差し引きとしては、結果として13億1,400万円、さっき言いました、この数字の増になっているということであります。


 それから、左側の方の、職員数の増減の比較でありますけれども、増で173人となっております。今ほど申しました広域職員の増が198、ここで173となっております、25の差でありますけれども、退職職員の不補充ということで、減による差がここで出ているというものであります。


 それから、まことに恐縮です、戻っていただきまして、予算の2条から第5条まで一括で御説明申し上げます。11ページまで戻っていただきたいと思います。


 まず、第2表の継続費について、申し上げます。10款教育費の田尻小学校校舎改築事業は、総事業費15億3,377万2,000円であります。本年度から平成18年度までの2カ年継続事業として実施するため、継続費を設定したいというものであります。佐藤池野球場改修事業は、総事業費2億2,500万円で、同じく今年度から18年度までの2カ年継続事業とするため、継続費を設定いたしたいというものであります。年割表は、表のとおりでございます。


 12ページへ飛んでいただきまして、第3表の債務負担行為について、御説明申し上げます。情報化関連業務委託は、IT関連業務のアウトソーシングの平成17年度新規分について、平成21年度まで1億251万6,000円、綾子舞会館管理代行は、指定管理者制度による管理委託について、平成21年度まで2,315万2,000円、それから、柏崎さけのふるさと公園管理代行も、同様の理由により、平成21年度まで1,320万円で、それぞれ債務負担行為を設定するものであります。


 新潟県信用保証協会損失保証契約に伴う損失保証は、経済景気対策特別資金について、平成17年度の新規の貸し付け枠を16億円と設定したことから、この貸し付けに係る損失保証として、今年度から償還完了予定の平成28年度まで、限度額1,920万円の債務負担行為を設定するものであります。


 13ページ、第4表の地方債について申し上げます。これは、本予算に係る地方債の借り入れにつきまして、起債の目的、限度額、起債の方法、利子、償還の方法について定めるものであります。個々にはごらんをいただくとおりであります。


 3ページに戻っていただきまして、第5条は、一時借入金の最高限度額を50億円と定めたいというものであります。第6条は、歳出予算の流用の特例について、例年のとおりに定めたいというものであります。


 最後に、予算資料の一部について、御説明を申し上げます。


 また、飛び飛びで本当に申しわけありませんが、368、369ページをお開きいただきたいと思います。こちらの方に、地方債の各年度における現在高の見込みに関する調書がございます。一番下の、欄外に記載をしてございますけども、今年度から事務を承継する広域分を合算した額で計上してございます。左側の方からごらんいただきたいと思いますけども、前々年度末、つまり15年度末における地方債現在高の合計は403億4,589万4,000円であり、前年度末、つまり16年度末における地方債現在高見込み額は410億2,063万6,000円。そして、一番右側の、当該年度末、つまり17年度末における地方債現在高見込み額は404億7,780万3,000円と試算をしております。昨年度及び今年度は、一般起債の自主規制枠である20億円を、災害という特殊要因のために堅持をできませんでした。これに加えまして、合併特例債事業の遂行と2町の事業、そして、広域分の事業という新たな要因も考え合わせたときに、この自主規制枠を今後どういうふうにしていけばいいのかというのを十分検討してまいりたい、今後とも起債の抑制については、意を用いながら、健全財政の維持に努めてまいりたいというふうに考えております。


 大変、長くなりました。以上で、総合企画部所管の説明を終わらせていただきます。


 何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。


○議長(今井元紀)


 次に、市民生活部長。


○市民生活部長(山田信行)


 それでは、市民生活部所管の平成17年度当初予算の御説明をいたします。


 最初に歳入ですが、市税ほか歳入全般につきまして、今ほど総合企画部長が御説明いたしましたので、私の方からは省略させていただきますが、市税収納率向上のため、納期限内納付、口座振替制度の推進等に取り組み、広報や訪問時等を利用して普及活動の啓蒙を行ってまいります。また、悪質な滞納者に対しては、厳正な姿勢で臨んでまいります。


 次に、歳出について、御説明いたします。


 市民生活部6課1室の所管する一般会計歳出予算は、12款の公債費、特にごみの最終処分場ですとか、ごみ処理場ですね、し尿処理場の公債費を含めまして、総予算の12.9%に当たる49億8,900万4,000円であります。


 それでは、最初に、市民活動支援課所管の予算について、御説明いたします。


 予算書102から103ページをお開きください。2款1項1目一般管理費のうち、市民活動支援課所管分について、御説明いたします。301町内会関係経費8,239万6,000円でございます。主なものとしましては、254の町内会に対する広報配布、各種申請の取りまとめ等の市政協力費が6,446万3,000円、町内会の施設建設資金として貸付預託するものが326万9,000円、町内会施設建設事業の補助金が1,429万9,000円でございます。


 次に、401男女共同参画推進事業600万円のうち、男女共同参画推進審議会の委員報酬25万円は、平成13年に策定いたしました男女共同参画プランの進捗状況や新しい課題等を審議いただく審議委員13人の報酬でございます。また、現在、素案づくりをしております(仮称)男女共同参画推進条例の策定委員を年度の後半あたりからお願いする予算30万8,000円、5年目を迎えた男女共同参画プランの改定をしていただく委員の報酬53万8,000円を計上いたしました。


 次に、118から119ページをお開きください。12目市民活動振興費のうち、001地域コミュニティ活動推進事業1億2,769万3,000円でございます。これにつきましては、15年4月からスタートしました新しいコミュニティ施策での地域づくりに係る経費でございます。現在21のコミュニティが2年間にわたる新たな地域コミュニティ計画の策定を終え、いよいよ事業活動に入ろうとしています。25のコミュニティのうち4つのコミュニティについては、16年度からの取り組みですので、もう1年、計画づくりを継続していただこうと考えています。コミュニティ管理運営事業補助金9,917万円については、既に御承知のように、コミュニティを地域の拠点として位置づけ、ここで地域活動を実践していくために、コミュニティセンターを管理運営し、地域をコーディネートしていくセンター長、主事の人件費相当分を補助金として支援していくものです。コミュニティ活動推進事業補助金1,900万円につきましては、先ほども申し上げましたが、2年間をかけて地域が知恵を出し合った地域コミュニティ計画を、17年度から事業化するための補助金でございます。自分たちで考え、自分たちでできることを自分たちの手で実践するための支援予算であります。以前から申し上げておるとおり、地域の特性を生かした事業計画をつくって補助申請をしていただき、1地域上限100万円の範囲内で地域づくりを応援したいと考えております。


 次に、02コミュニティ開館記念事業補助金は、今年度コミュニティ活動20周年を迎える米山地区に、他地区と同様に、100万円の事業費を補助いたします。あわせて03自治総合センターコミュニティ助成事業550万円につきましては、宝くじの助成制度を活用し、別俣、宮川、中通の3地区の地域づくり等に補助するものです。


 次に、002市民活動支援事業103万円のうち謝礼10万円でございますが、これはNPO啓発センターや市職員へのNPOの理解促進を図るための講師費用に充てる謝金でございます。NPO啓発事業委託料20万円につきましては、市内のNPO自身が、市民や仲間に対して、市民活動、市民公益活動について、啓発活動をしていく経費です。


 120から121ページをお開きください。003消費者対策事業155万5,000円のうち消費生活相談員報酬、申しわけございません、これがちょっと抜けておりまして、消費生活相談員報酬2人という脇に空欄になっていますが、115万2,000円という数字をつけ加えていただきたいと思います。115万2,000円については、高度化し、ふえる一方の訪問販売やカードローンなどの相談に、専門的な知識を有した相談員を配置し、ケースに応じた相談が可能となる経費です。


 006コミュニティセンター管理運営事業5,400万円のうち、01管理運営事業4,900万円は、コミュニティセンターの光熱水費、通信運搬費、浄化槽の保守点検手数料、清掃の管理委託料など、センターの維持管理に係る経費が主なものでございます。


 122ページ、123ページをお開きください。007コミュニティセンター整備事業は、総額で1億8,900万円でございます。主な内訳としましては、松波コミュニティセンター講堂棟のステージ増築について、その設計委託料を400万円見込ませていただきました。


 次に、整備工事費9,000万円につきましては、20周年を迎えます米山コミュニティセンター集会棟の屋上防水工事及び内装の改修等を予定しております。


 30周年を迎えます西中通は、講堂の屋根、外壁修繕、また、集会棟の内装改修などを計画しております。


 また、北条のコミュニティセンターについては、30周年であることに加え、先般の地震による被害の改修も含むとともに、集落排水への接続経費を計上したものが主なものであります。


 次に、03コミュニティセンター増築改修事業として、高田コミュニティセンターの講堂棟のステージ増築工事を9,500万円で実施したいと考えております。


 次に、13目交通安全対策費979万円のうち、01交通安全対策事業費940万5,000円について御説明いたします。交通安全対策会議事務嘱託員報酬374万6,000円を計上いたしました。学校、地域、保育園等に出かけまして交通安全啓発指導を行う専門知識を持った嘱託職員3名の報酬であります。また、交通指導員30人の報酬220万9,000円については、地域での交通立哨、イベントでの交通安全確保等に御協力をいただいております交通指導員さん30人に対する報酬であり、指導員さんは各地区から選出をしていただき、御協力をいただいております。


 次に、104から105ページをお開きください。戻りますが、申しわけございません。2款1項2目文書広報広聴費の広報広聴課分の説明でありますが、新年度からの所属は総合企画部になりますが、予算説明は、市民生活部の市民活動支援課の中に広報広聴係がある関係で、予算要求してまいりました市民生活部、私の方で、その課を新設する趣旨、職務分掌、課のしつらえ等について、御説明をし、御理解をいただきたいと思います。


 市長が施政方針で述べましたように、広報広聴を充実し、より開かれた市役所を目指すため、4月1日から広報広聴課を新設することとしたい考えです。昨日、総務常任委員会で、平成16年度補正予算で、庁舎営繕費と広報広聴課の新設等に伴う事前準備のための予算を御審議いただき、先ほど御議決いただいたところであります。庁舎レイアウト、職員体制等、一部、総合企画部所管の内容もありますが、先ほど申しました予算の関係もありますので、私の方から一括御説明をさせていただきます。


 市民の皆様が、市役所を訪れて、すぐ立ち寄れますように、本館1階、具体的には、現国保医療課と市金庫の間に広報広聴課を新設したいというものであります。広報係と広聴係を配し、課長以下5名で構成することといたします。特に、広聴係においては、市民の皆様の御意見や御相談を聞くための窓口とし、おいでいただいた市民の御意見や御相談を、まずはここで承ろうというシステムにしたい考えです。


 それでは、新しい広報広聴のうち、広聴の業務について、配付してございます資料A3版のものをもとに御説明をいたします。


 まず、一番上の、ここに記述いたしましたが、市長の所信表明を受けまして、市民の声を聞く手法を4つのシステムに整理をいたしました。市民とじかに対話することをねらいとして、移動市長室と、今までも実施してきました地域懇談会を位置づけました。また、市長に直接提言や意見を提案できる制度として、「市長への手紙」と「テーマを掲げて意見募集」を設けました。その目的としては、市民がいつでもどこからでも市政に提案ができること、そして、市長が市内各地で市民と直接触れ合って対話することをねらいとしました。期待される効果としては、市民と市がよきパートナーとして、まちづくりに取り組むことが可能になると考えました。


 次に、4つの個々の手法について、概略を御説明いたします。まず、「市長への手紙」でありますが、これは、専用のはがきを印刷いたしまして、コミュニティセンターや市内の公共施設50カ所程度に備えつけたいと考えております。このはがきで、いつでも意見を郵送することが可能になります。これは、合併します高柳町、西山町にも配置する考えです。また、広報かしわざきに年4回、専用のページを印刷し、切り取って封筒にして郵送できるようにもしたいと考えております。加えまして、市のホームページにも専用のフォームを設けますので、随時、意見を送信できるということになるわけであります。


 なお、送られてきました御意見は、広報広聴課で受け付けをし、担当部署の考えを聞き、市長が目を通すという流れを考えております。そのうち市長の署名つき返信を希望する方につきましては、市長決裁後、市長が直接署名をして、郵送で御返事を出したいというふうに考えております。


 次に、「テーマを掲げて意見募集」でございますが、これは、市政を運営していく上で生じてくる問題点や課題について、その時々に、市民に課題の内容をお知らせし、そのテーマについて、新しい御意見や情報を求めたいと考えています。


 計画や条例など、ある程度、素案が固まった段階で市民の意見を聞くパブリックコメントとは違い、問題と思われる案件が出たときに、随時、市民に意見を聞くという形を考えております。


 次に、地域懇談会の実施であります。これは、今までも市内10カ所程度で実施しておりました地域懇談会を、発展的に継続するものでございます。地域ごとに地域づくりをテーマとした課題を設定し、市長と懇談をしていただこうと考えております。今までの町内会長さんだけじゃなく、参集者の枠組みを少し広げて考えていきたいというふうにも思っております。なお、この地域懇談会は、高柳、西山でも開催したいと考えておりますが、両町の地域協議会と協議をし、相手の意向を尊重しながら、進める必要があるというふうに思っております。


 次に、移動市長室について、御説明をいたします。これは、市長が直接、市民のところに伺って、ともに対話をすることを目的としております。対象者は、市内の団体・サークルとしたいと考えております。単なる陳情や要望の会合ではなく、一定のテーマを持って対話することをねらいとしておりますので、対話したいテーマは、市民の方々から設定いただくことを考えております。


 次に、資料の裏面、裏をはぐっていただきたいんですが、事業予算の内容の概要を記載してございます。市長への手紙の予算につきましては、はがきの印刷費、はがきを置くスタンド及び郵送郵便料など28万5,000円でございます。一番右側の、移動市長室につきましては、必要な事務経費だけ8万円を計上いたしました。


 新しい広聴の業務内容の概略は以上でございますが、今まで申し上げてきました、これらの業務のほかに、先ほども申し上げましたが、市役所に直接おいでになり、意見を述べたり、声を聞いてほしいという市民の方がおられると思います。そういう市民の方の声を聞くことも広聴係の仕事と考えております。


 業務の概要を申し上げましたが、次に、1階事務室の配置の案について、御説明をいたします。恐れ入りますが、もう1枚の資料の配置図の模様をごらんになってください。


 簡単な絵にしてございますが、広報係と広聴係を配置し、広聴係の脇に市民の声をお聞きする応接スペースを設けてはどうかというふうに考えております。なお、カウンターは設けずに、植栽を幾つか配置する程度としまして、話しやすい雰囲気をつくりたいと考えました。市長の机もこの一角におきまして、市長とも対話できるスペースになるものと考えております。


 次に、広報広聴課の新設等に伴います本館執務室の全体レイアウトの変更につきまして、配付いたしました、もう1枚の資料に基づき、御説明申し上げます。一部、機構改革に関連する部分も含めて、この際、本庁全体のレイアウトの変更もあわせて、御説明させていただきます。


 まず、1枚目の、本館1階の青で囲った部分をごらんください。市民の皆様から相談や苦情を賜るには、広報広聴課は1階に配置することが適当であると考え、市金庫隣の、現在、国保医療課のレセプト点検を行っているスペースに配置したいと考えております。また、国保医療課の執務スペースを確保するため、右端の相談コーナーを半分に仕切りたいと考えております。


 次に、裏側、裏面をごらんください。本館3階のレイアウトの変更でございます。国保医療課のレセプト点検スペースを、現在、帰国支援室が入っていますところと、その隣のミーティングスペース、それから、今現在、私が座っているところを、それぞれ移動するとともに、帰国支援室をレセプト保管室として使用したいというものであります。


 また、産業振興部関係の部署をまとめるために、商工振興課及び企業立地推進室と環境政策課の位置を入れかえるとともに、5月以降、クリーンセンターに移動いたしますごみ対策係のスペースを、打ち合わせブースとして使用したいというものであります。さらに、左下の農業委員会のところに、国営土地改良推進室が若干入り込むということになっております。


 2枚目をごらんいただきたいんですが、4階のレイアウトの変更でございますが、市町村合併対策室の執務スペースが不要になりますので、人事課と企画政策課の執務場所を移動するものであります。


 資料は以上でありますが、恐れ入ります、また、予算書に戻っていただきまして、104から105ページになりますが、広報広聴課所管の予算について、御説明いたしたいと思います。


 2款1項2目文書広報広聴費5,169万9,000円のうち、広報広聴課所管分として4,433万2,000円を計上いたしました。101広報費4,024万1,000円のうち、01広報発行費2,260万6,000円につきましては、月2回発行の広報かしわざきに係る経費でございます。


 02メディア広報費といたしまして、地元FM局からの放送媒体を通じまして、市政のお知らせ、啓発等の番組を、計画的に実施していくものであり、933万1,000円を計上いたしました。


 05新市域動く市政教室経費として90万円を計上しました。これは、合併により新しい市が誕生しますが、各市町にある行政施設等を見学し、新しい市域の施設を学習することにより、市民の合併への理解を深めたいとするものであります。借り上げバスを利用して2回の実施を想定しております。


 102広聴費62万2,000円は、先ほど市長も施政方針で申し上げましたように、市民の声を広く聞きながら、市民の声を生かした施策を展開するために、新たに広聴活動費として確保したものでございます。


 新たな業務として、市長にはがきの郵送やホームページを利用して、直接、意見や提案を送付できる市長への手紙、また、市長がみずから地域のグループや市内の活動団体に出かけて、直接話し合いを行う移動市長室などを行いながら、繰り返しますが、市民の声を市政に生かしていきたいというふうに考えております。


 次に、税務課の所管について、御説明いたします。


 126、127ページをお開きください。2款2項2目賦課徴収費1億2,117万4,000円のうち、002資産税業務経費中、中ほどの、固定資産現況調査事業及び土地評価業務委託料2,887万5,000円は、平成18年度の評価がえに向けて地番家屋現況図の修正と土地評価額算出に必要な基礎データ等を調査、検討する経費です。その2行下の、標準宅地鑑定評価時点修正でありますが、これの業務委託料661万5,000円は、平成17年7月1日現在の450カ所の地価変動状況を調査するための経費を計上いたしました。


 次に、市民課所管について、御説明いたします。


 1枚めくっていただきまして、128、129ページをお開きください。2款3項1目戸籍住民基本台帳費のうち、主なものについて、御説明をいたします。


 002戸籍住民基本台帳関係経費1,025万2,000円は、戸籍住民基本台帳及び印鑑登録事務などに必要とする事務的な経常経費であります。


 次に、防災・原子力安全対策課所管分について、御説明をいたします。


 戻りますが、116から117をお開きください。2款1項9目原子力広報安全等対策費の001原子力広報安全等対策費1,730万円のうち、01原子力広報事業1,050万円は、地域出前講座を初めとした広報事業を財団法人柏崎原子力広報センターに委託する経費であります。原子力広報センターの運営については、展示施設から原子力防災研修をメーンにした研修を中心にした施設に、徐々に変えてまいりたいと考えております。03の一般経費680万円は、原子力広報安全等対策事業関係の一般経費です。主な内容は、市役所のロビーに設置してあります放射線監視表示装置、発電所データ表示装置の配線使用料と、放射線監視表示装置保守点検業務委託料及びサイト内データ表示システム保守点検業務委託料などであります。


 また、新規としまして、衛星携帯電話2台の購入費43万7,000円を計上させていただきました。西山町事務所、高柳町事務所との非常時通信手段として確保するものであり、発電所との通信用は、事業所から負担していただく予定でおります。


 次に、飛びますが、284、285ページをお開きください。9款1項1目常備消防費12億5,539万1,000円のうち、001柏崎地域広域事務組合負担金5,707万7,000円は、4月1カ月分の消防関係経費負担金と、次ページ以降、計上しております、消防本部庶務課分と書いてございますが、その分につきましては、柏崎地域広域事務組合が、先ほどからも申し上げておりますように、4月30日に解散するのに伴い、柏崎市が常備消防事務を承継するものであり、常備消防業務執行上、必要な経費や管理費であります。


 288から289ページをお願いします。2目非常備消防費1億1,799万円は、消防団担当の職員人件費と消防団関係経費について計上いたしました。


 次の290、291ページをお願いします。3目消防施設費5,301万1,000円は、非常備消防機械器具施設、水利などに関する経費及び常備消防に係る経費であります。


 002水利施設整備事業3,992万7,000円のうち、01防火水槽整備事業1,300万円は、40トン級防火水槽設置のための、平成18年度に設置を予定しております希望が丘地内でのボーリング調査委託料と、平成17年度に松波二丁目地内に設置する工事費及び、地震で被害のありました横山地内ほか6カ所の防火水槽修繕費であります。


 消防本部庶務課分、101常備消防施設整備事業、01常備消防施設整備事業320万円は、柏崎消防管内の携帯電話から発信される119番通報を、柏崎消防本部で直接受信するための工事費であります。これは、県内28消防本部が今年度一斉に、17年度一斉に取り組むものであります。


 4目水防費50万円は、水防訓練等に要する水防資材費の購入費と水防訓練出動費用弁償であります。


 292から293ページをお願いいたします。


 5目災害対策費1億7,850万5,000円は、防災会議、防災訓練、防災行政無線、自主防災組織、原子力防災などに関する経費であります。


 001災害対策事業1,263万円のうち、03一般経費1,197万7,000円は、災害用携帯電話、衛星携帯電話などの回線使用料、通信費、消防防災ヘリコプター運行負担金などのほかに、災害時拠点避難施設でありますコミュニティセンターとの通信を確保するため、小型発電機やパソコンの停電電源装置を整備する経費などであります。


 002防災行政無線事業3,414万1,000円のうち、01防災行政無線施設維持管理費2,894万1,000円は、防災行政無線の保守管理に要する経費及び、個別受信機の新規設置、撤去、移設に伴う経費であります。


 003自主防災組織育成事業140万6,000円は、昨年の水害、震災を受け、自主防災組織の確立は急務という認識でありますが、未設置の地域に積極的な取り組みをお願いもしているところであります。当初予算では、新たに6地域分を計上したものでございます。


 294から295ページをお開きください。004原子力防災対策事業1,032万8,000円のうち、01原子力防災対策事業324万9,000円の主なものとしては、原子力防災計画、原子力防災訓練用広報チラシなどの印刷製本費、災害対策本部用表示装置保守点検委託料などです。


 006被災者生活支援事業1億2,000万円は、中越地震で半壊以上の被害を受けられた罹災世帯に対し、国の支援制度に上乗せする形で支援する経費です。


 次に、環境政策課所管分について、御説明いたします。


 初めに、環境政策課の執行体制についてでありますが、市町村合併に伴いまして柏崎地域広域事務組合が解散をし、その事務を柏崎市が引き継ぐことになりました。これにより、これまで広域事務組合で行われていました、し尿・ごみ処理に関する業務はクリーン推進課への、斎場に関する業務は環境政策課への業務となります。これまで、ごみ行政は、収集は柏崎市、処理は広域事務組合という分担で行われてきましたが、広域事務組合が解散することを契機に、ごみ行政組織の一元化を図ることになりました。具体的には、現在、環境政策課にありますごみ対策係が、現在のクリーンセンターに移り、クリーンセンター職員と一体となってクリーン推進課となります。


 一方、環境保全係は、そのまま環境政策課として残ります。新しい環境政策課は、斎場に関する業務と、それから、企画政策課から新エネルギー関係業務が来るという体制ということになります。


 それでは、予算書の180から181ページをお開きください。4款1項1目保健衛生総務費10億9,057万4,000円のうち、環境政策課分は4億4,863万1,000円です。


 002柏崎地域広域事務組合負担金は、斎場に関する経常費、4月分の1カ月分を計上しました。


 003水道事業会計繰出金3億9,648万8,000円は、地方公営企業の繰出金通達に基づき、上水道の水源開発事業や簡易水道の建設改良事業、老朽管の更新などに要する経費であります。


 次に、196、197ページをお開きください。4目環境衛生費1億3,463万1,000円のうち、環境政策課分は1,841万2,000円になります。002の環境衛生事業には342万2,000円を計上いたしました。


 198、199ページをお願いいたします。003公害対策事業は892万4,000円を計上いたしました。


 004環境保全事業には、579万8,000円を計上いたしました。このうち03温暖化対策事業275万1,000円は、京都議定書の発効を踏まえ、地球温暖化防止対策はいよいよ本格的な取り組みが求められております。地球温暖化の問題は、先ほどの市長の話にもございましたが、国、県、市町村がそれぞれの役割を果たすということが必要となってまいりまして、柏崎市とすれば、特に市民生活や事業活動などの民生部門に対する啓発に要する経費を計上させていただきました。


 次のページになりますが、04の環境保全設備設置等補助金288万円は、太陽光発電システム設置事業補助金として15件分を計上いたしました。


 204から205ページをお願いいたします。4款1項7目斎場費4,521万1,000円は、柏崎地域広域事務組合が解散するのに伴い、柏崎市が斎場事業を承継するものであり、斎場の管理運営費であります。


 206から207ページお願いいたします。4款2項1目清掃総務費4億4,294万6,000円のうち、002柏崎地域広域事務組合負担金、し尿処理場・ごみ処理場は、4月分の1月、7,430万7,000円を計上いたしました。


 003ごみ対策事業は、7,835万8,000円を計上いたしました。


 02の海岸清掃費1,328万6,000円は、今年度も引き続き、きれいな海岸の確保のため、海水浴シーズンに合わせた海岸清掃と同時に、アダプト・プログラムの推進に努めてまいります。


 208から209ページをお開きください。2目塵芥処理費4億5,362万1,000円のうち、環境政策課計上分は1億7,437万3,000円であり、クリーン推進課分は2億7,924万8,000円となります。


 001ごみ収集委託費1億6,551万6,000円は、ごみ収集運搬作業を民間の事業者に委託する経費であります。


 クリーン推進課、003ごみ処理事業2億4,581万5,000円、それから、004ごみ最終処分事業3,343万3,000円は、先ほどから申しております柏崎地域広域事務組合が解散するのに伴い、柏崎市がその事業を承継するものであり、業務執行上、必要な経費及び施設の管理運営費であります。


 次ページ、3目し尿処理費9,129万4,000円も同じ理由による経費であります。


 何とぞよろしく御審議をお願いいたします。


○議長(今井元紀)


 次に、福祉保健部長。


○福祉保健部長(大谷正利)


 福祉保健部所管につきまして、御説明を申し上げます。


 歳出3款民生費は、76億465万円を計上いたしました。前年度と比較して3億3,478万円の増額、率にいたしまして4.6%の増となりました。増額の主なるものは、柏崎地域広域事務組合の解散に伴い柏崎市が事務を承継することから、養護老人ホーム御山荘及び知的障害児施設さざなみ学園の保護措置費や施設の管理運営費、保育園の児童措置費、特別会計への繰出金などでございます。


 なお、平成14年度から3カ年継続で支援をしているフォンジェ・キッズマジックへの児童遊戯施設運営費負担金2,880万円は、約束の年限が到来することから、平成17年度は減額をいたしました。


 それでは、新規及び主要な事業を中心に、説明欄に基づいて、御説明を申し上げます。


 予算書に関する説明書、歳出の138、139ページをお開きをいただきたいと思います。


 1目社会福祉総務費のうち、2枚めくっていただきまして、143ページ説明欄の、301国民健康保険事業特別会計繰出金5億6,843万3,000円は、前年度より1,750万7,000円減額をして計上いたしました。


 501職員人件費13人8,865万3,000円は、御山荘分として新たに計上しました。


 2目身体障害者福祉費のうち、002身体障害者支援費1億2,314万9,000円は、平成15年度に措置制度から支援費制度に移行したもので、後ほど説明します知的障害者支援費等を含め、サービスの質、量とも順調に推移をいたしているところでございます。


 147ページの上から7行目、柏崎市障害者福祉作業所運営補助金525万円は、平成17年10月から同作業所が法人化されることから、10月から平成18年3月までの半年分を助成するものです。201身体障害者デイサービス事業2,421万1,000円は、在宅障害者の社会参加促進事業の一環として元気館で実施するもので、先ほど御説明しました支援費制度の事業でございます。


 149ページの、3目知的障害者福祉費のうち、001知的障害者支援費3億2,724万7,000円は、社会福祉法人が運営する更正施設、授産施設及びグループホームの入所者やデイサービス事業者に支援するものです。


 151ページにいきまして、101知的障害者デイサービス事業1,980万1,000円は元気館で実施しているもので、支援費制度の該当事業でもございます。


 155ページにまいりまして、008コミュニティデイホーム事業4,190万2,000円は、これまでの15地区に加え、新たに別俣地区を開設し、16地区分の運営費を助成するものです。


 011介護保険特別会計繰出金7億8,627万2,000円は、介護給付費の本市負担分6億156万4,000円と職員人件費及び事務費分1億8,470万8,000円で、前年度と比較しまして4,651万4,000円増額いたして計上しました。


 157ページ、017高齢者在宅等安心確保事業109万1,000円は、北園町に建設される公営住宅のうち、高齢者向きのバリアフリー化した部屋が9室整備されることから、そこに生活援助員を配置し、安否確認や生活相談を行うものでございます。


 159ページ、102老人保健特別会計繰出金5億5,345万9,000円は、前年度より2,473万9,000円増額して計上いたしました。


 202の02高齢者筋力向上トレーニング事業575万円は、前年度から実施しているもので、一定の評価が得られることから、本年度も高齢者向けのトレーニング機器を使用した個別トレーニングを継続して実施してまいります。


 301御山荘老人保護措置事業7,649万1,000円は、管理運営費として新たに計上したものです。


 161ページ、5目社会福祉施設費のうち、1枚めくっていただきまして、103社会福祉施設建設資金元利償還金補助金2億8,800万8,000円は、むつみ荘のほか8施設の借入金に対する元利償還金を助成するものです。


 104高浜地区老人福祉施設整備事業900万円は、地域の介護保険施設整備を図るため、民間事業者が旧高浜保育園を活用し、デイサービス事業を開設することから、施設の改修工事費に対し、助成するものでございます。


 201御山荘費744万9,000円は、管理運営費分として新たに計上いたしました。


 164ページお願いいたします。1目児童福祉総務費のうち、1枚めくっていただきまして、05こんにちは絵本事業304万2,000円は、従来9カ月健診時に配布していた絵本を、1市2町の合併調整会議の結果に基づいて、1歳半及び3歳健診時にも配布するものです。


 10子育て支援一時預かり事業1,758万2,000円は、近年、保育ニーズの高い一時預かり保育をフォンジェ・キッズマジックの一部スペースを借り上げ、職員を配置し、直営で実施するとともに、子育て相談、講座、絵本の読み語り等、各種事業の拡充を図るために計上いたしたものでございます。


 169ページにまいりまして、003放課後児童健全育成事業5,226万3,000円は、市内13カ所の児童クラブの運営費を助成するものでございます。


 171ページ、006柏崎子ども育成基金積立金209万9,000円は、市民からの寄附金と利子分を計上したものですが、毎年、積み立てしている2,000万円の原資は、災害復旧等による財源不足のため、当初予算は未計上であります。今後、財源の確保が可能となります時期に補正予算で対応させていただきたいと存じます。


 008児童手当給付事業3億6,855万6,000円は、子育て家庭を経済的に支援するため、平成16年度から給付対象年齢を小学校3年生まで引き上げて実施しているものです。 101職員人件費19人1億3,125万2,000円は、さざなみ学園分として新たに計上しました。


 2目母子福祉費のうち、1枚めくっていただきまして、173ページ、006母子家庭自立支援給付事業60万円は、本年度新たに、母子家庭の母親に対し、就業に必要な資格や技能習得のための受講費用の一部を助成し、自立に向けた支援を行うものです。


 172、173ページ、3目児童措置費のうち、173ページ、下から11行目、私立保育園措置委託料4億5,072万1,000円は、市内6カ所の保育園措置委託料で、前年度より6,077万3,000円の増額を計上しました。その下の4行目、通園バス運行業務委託料2,051万円2,000円のうち、17年度4月から谷根保育園が西部保育園へ統合されることから、園児の送迎を確保するための通園タクシー運行業務委託料309万7,000円が組まれております。


 175ページ、101さざなみ学園費612万5,000円は、非常勤職員賃金や管理運営費を新たに計上したものです。


 180、181ページにまいりまして、今度は4款衛生費でございます。福祉保健所管部分は10億7,025万3,000円で、前年度と比較して327万1,000円の減額、率にして0.3%の減となりました。


 1目保健衛生総務費のうち185ページ、202の02病院群輪番制病院設備整備事業2,100万円及び203医療機器等整備事業227万5,000円は、救急医療として質の高い医療確保のため、核医学診断装置と人工透析患者の増加に伴い人工透析装置を更新する刈羽郡総合病院に対し、郡内町村とともに整備費の助成を行うものです。


 204医療問題懇談会運営費35万3,000円は、地域医療のあり方につきまして、問題点の洗い出しや広く意見を求めていく場として、市民や医療機関、関係者等による医療問題懇談会を設置するための運営費を計上いたしました。


 191ページにまいりまして、311の02精神障害者地域生活支援センター整備事業903万4,000円は、この事業は16年度、国において不採択となりましたが、本年度採択に向けて再度要望していくものでございます。


 312風の街「こころの健康づくり」事業736万円は、近年、子供から高齢者に至るまでストレス社会を背景にふえ続ける精神疾患等、早期に対応するため、フォンジェの地下1階部分を借り上げ、市民だれもが気軽に立ち寄れる健康相談の場の提供と精神保健の啓発を推進していくための運営費などを計上いたしたものでございます。


 192ページ、2目予防費のうち、1枚おめくりいただきまして、195ページの103高齢者予防接種事業3,555万4,000円は、高齢者の発症や重症化の防止を図るため、インフルエンザ予防接種受診者に対し、助成を行うものでございます。


 3目老人保健費のうち、101老人保健事業2億5,404万4,000円は、基本健康診査費や各種がん検診費など計上したものでございます。


 197ページ、05成人歯科保健事業193万円は、成人の約9割が歯周疾患に罹患していることから、これまでの健診を拡充し、40歳から70歳までの10歳刻みの節目の希望者に対し、歯科検診を行い、歯周疾患及び口腔内疾患の早期発見治療を図るため計上したものです。


 06総合健診費2,049万3,000円は、従来、国民健康保険特別会計で実施していた40歳から70歳までの5歳刻みの節目総合健診に加え、1市2町の合併調整会議の結果に基づきまして、40歳以上の希望者に対し、一般会計において、新たに健診事業を実施することにいたします。


 200ページにまいりまして、5目診療諸費のうち1枚おめくりいただきまして、02谷根診療所施設整備費1,750万円は、老朽化の著しい現診療所を廃止し、西部保育園に統合となる谷根保育園へ転用するとともに、建物の改修工事を行い、コミュニティデイホームとの併設を図るための工事費を計上いたしました。


 205ページにまいりまして、004米山地区診療諸費866万7,000円は、現在、無医地区となっている米山地区に、米山駅と併設する元農協支所の建物を借り上げ、医師会の協力を得ながら診療所を開設するための施設整備費と運営費を計上したものでございます。


 以上で、福祉保健所管分の説明を終わります。


 何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。


○議長(今井元紀)


 次に、産業振興部長。


○助役(産業振興部長)(若山正樹)


 続きまして、産業振興部所管の予算につきまして、新規事業、または主な事業を中心に御説明を申し上げます。


 産業振興部の関係は、2款、5款、6款、7款、11款にわたっております。それで、予算書の20ページに款別の比較がありますので、ごらんいただきたいと思います。


 対前年度比で見ますと、中ほどにあります5款の労働費では、融資預託枠の増等で5.8%の増、6款の農林水産業費では1.2%の増、ほぼ横ばいであります。一方、7款商工費では、先ほど総合企画部長の説明にもありましたように、柏崎フロンティアパーク整備事業の減、それから、融資預託事業の減等で8億3,871万7,000円、13.5%の減となっております。


 それでは、款別に御説明申し上げます。


 まず、観光交流課所管分でありますが、116、117ページをお願いいたします。2款の総務費、1項総務管理費の右側、真ん中の欄でありますが、001国際交流事業1,064万1,000円の中、01の友好交流推進事業301万円は、昨年度、中国峨眉山市訪問団を柏崎市にお迎えいたしましたが、今年度は柏崎市から峨眉山市を訪問する経費、それから、宜昌市訪問団を受け入れる経費でございます。なお、今回の峨眉山市訪問で、懸案となっております柏崎市と峨眉山市との間の友好都市の締結を行う予定としております。


 その下、02国際化に対応したまちづくり事業683万円は、柏崎地域の国際化事業に主体的に取り組んでおります財団法人柏崎地域国際化協会に対し、その活動を支援する補助金でございます。


 次に、118ページ、119ページをお開きください。04の港活用事業75万円は、国外としては6回目、通算9回目となります飛鳥クルーズ2005世界遺産慶州の旅の参加負担金等でございます。


 次に、大きく飛びまして、商工振興課関係でありますが、5款の労働費であります。214、215ページをお開きいただきたいと思います。下の欄、5款の労働費、1項1目労働諸費は、7億4,037万5,000円で5.4%の増といたしましたけれども、増の主な要因は、この後で説明させていただきます融資預託事業分でございます。


 中ほどの、002ワークプラザ柏崎管理運営事業1,286万6,000円は、雇用能力開発機構から市が取得したワークプラザを、昨年度、指定管理者制度により、シルバー人材センターを指定管理者として管理委託したところでありますけども、その経費を計上したものでございます。利用料金は指定管理者の収入といたしまして、その分差し引いた額を委託費として計上させていただいております。


 次に、003融資預託事業でございますが、7億2,390万円を計上いたしまして、それぞれ説明欄にあるとおりの融資枠を設定いたしました。昨年比4,290万円増額となりましたけども、最近の実績等を勘案し、計上したものでございます。


 なお、01に勤労者住宅リフォーム資金貸付金2,280万円がありますが、これは昨年度、新規取り組みとして創設をした制度でありますけども、今後も中越地震等の被災家屋があった中、利用の拡大が見込まれますことから、融資枠を拡大して市民ニーズに対応したいというものでございます。


 次に、6款の農林水産業費でありますが、220ページ、221ページをお願いいたします。2目の農業総務費のうち、002水田農業構造改革対策事業5,037万9,000円は、いわゆる生産調整に対応する事業でございます。米の需給調整を初め、流通制度、あるいは、経営などの構造改革を目指す国の米政策改革大綱が平成16年度にスタートしたわけでありますが、今、生産者の方は、自主的、主体的に生産調整を行う体制への転換に取り組んでいるところでございます。この米政策改革大綱に基づく水田農業ビジョンを推進するものでありまして、02にありますように、転作推進費補助金が4,241万5,000円、これを措置いたしまして、大豆・そば等の転作作物の本作団地化を進めると同時に、引き続き、農家の理解、協力を得て、地域とも補償推進事業に取り組み、また、生産目標達成集落への奨励金交付などもいたしまして、需要に見合った計画的生産を支援するものでございます。なお、従前の表現からいたしますと、生産調整率は、前年度の27.5%から26.6%へと、若干、減少、緩和されたところでございます。


 また、その中の循環型農業推進事業補助金60万円は、JA堆肥センター等の堆肥を水田に施肥した場合に、一定額の補助を行いまして、良質米の生産を支援するなど、循環型農業の普及を図ろうというものでございます。


 次に、224ページ、225ページをお開きください。中ほど、009ぶどう園振興対策事業881万円は、柏崎市の特産として定着をしつつあります柏崎ぶどう村ワイン、年々評価も高まり、販売数も本数も増加してきておりますが、しかし、経営基盤に課題が残っておりますことから、その安定化を図るため、ワイン用ぶどうの管理を支援し、また、市としても、引き続き、販売促進等への協力を行ってまいりたいというものでございます。


 次に、014農林水産業総合振興事業3,411万5,000円でありますが、これは、地元生産組合や、あるいは、農業生産法人が、トラクターとかコンバイン等、機械設備等を導入するに当たりまして、支援をするもの、あるいは、ふるさと活性化対策事業に充てる経費、並びにJA柏崎農協の堆肥保管施設建設に対しまして補助をする畜産環境美化対策事業補助金等でございます。


 次に、226ページ、227ページをお開きいただきたいと思います。上段の方、202の農地流動化助成事業372万2,000円は、認定農業者等の経営規模の拡大を促進するため、農用地の賃貸人に助成金を交付するものでございます。


 次に、農地費でございますが、下の方の、002農業施設維持管理事業6,018万3,000円は、農業施設や農道等の維持補修に充てる経費でございます。


 次に、228ページ、229ページをお開きください。上の方の、004農業農村整備県営事業負担金1億8,504万8,000円は、説明欄にありますように、たん水防除事業を初めとする各種県営事業に対する負担金でございます。このうち、たん水防除事業県負担金3,286万8,000円は、慢性的な水害を抜本的に解消するために取り組んでおります春日第2地区のたん水防除事業に対する県負担金でございます。


 また、02の広域営農団地農道整備事業負担金3,752万7,000円は、今までには1期の柏崎地区、15年度に完了いたしましたが、引き続き、2期、3期地区として事業を進めているものでございます。


 03の農免農道整備事業県負担金1,415万5,000円は、石曽根地区の農道整備事業に対する負担金であります。


 次、飛びまして、12の広域基幹河川改修事業附帯工事負担金4,100万円は、別山川改修に伴い、かけかえが必要になった長崎新田地区の農道橋、いわゆる中割橋の改修事業に充てる負担金でございます。


 次に、006農村総合整備事業1億3,405万円でありますが、03にありますとおり、14年度に着工いたしました広田地区を継続いたしますとともに、次のページ、231ページの04にありますとおりの、中通地区を新しい事業計画地区の対象としまして、今年度に採択を受け、18年度から工事に取り組むため、測量設計調査委託料、用地買収費等4,848万円を新規事業として措置させていただいたものでございます。


 次に、102国営土地改良関連事業6,435万3,000円でありますが、御案内のとおり、この国営土地改良事業は、栃ヶ原、後谷ダムが、平成19年度完成を目指して本体工事を継続しておりますし、また、市野新田ダムは、早期着工に向け、用地交渉中でございます。水利権等、地元交渉を引き続き進めてまいっておるわけでございます。この関連事業として、かんがい事業及び大型ほ場整備事業への取り組み機運が今、盛り上がってきておりまして、柏崎土地改良区、並びに国営土地改良事業推進室においても業務量が増加しておりますので、このため、引き続き、柏崎土地改良区に市職員1名を派遣し、また、事務推進体制の強化を図り、関連事業の推進を図ってまいりたいというふうに考えております。具体的事業としては、国営関連、県営、団体営事業調査計画事業負担金を措置しましたほか、02の国営土地改良関連ほ場整備事業負担金3,825万1,000円を措置いたしました。なお、ダムの水を効果的に活用する県営及び団体営かんがい事業は、昨年度から調査を実施しておりまして、18年度着工を目指しております。


 また、103国営土地改良支援事業の02集落営農確立事業の1つとして、積極的に集落営農の立ち上げとか、あるいは、ほ場整備事業に取り組む地域に対しまして、地元農家の活動を支援するため、営農委員会支援事業補助金制度を創設いたしまして、300万円を措置させていただきました。


 03の一般団体営土地改良事業では、506万3,000円を措置し、新道・佐水地区を対象に調査、測量、設計の取り組みを支援してまいります。


 次に、234、235ページをお願いいたします。006中山間地域等直接支払制度事業4,926万円は、引き続き、制度の継続となりました中山間地域等直接支払制度に基づきまして、条件不利地域で農業を守り、集落環境の維持に努めている地域に対しまして、交付金を支払うものでございます。現在、23集落がこの支援制度に取り組んでいるところでありますが、なお、対象地域の拡大に努めてまいりたいということでございます。


 次に、2項林業費、1目林業総務費でありますが、237ページをお開きください。003林道維持管理事業1,343万6,000円は、林道38路線の維持管理及び作業道補修等に要する経費でございます。


 次に、239ページをお開きください。2目の林業振興費のうち、003森林整備地域活動支援交付金事業400万円は、山の手入れ等を進めるために欠かせない活動、林況調査とか、あるいは、区域界の明確化とか、歩道の整備などを交付金によって支援したいというものでありまして、引き続き、今年度も400ヘクタールを対象として取り組むものでございます。


 次に、004林道整備事業1,576万9,000円でありますが、これは小清水大沢線の開設や成沢線開設工事等に引き続き充てるものでございます。


 次に、006森林基幹道事業1,723万8,000円は、八石山線と黒姫山線の工事及び丈量登記関係負担金に要する経費でございます。 次に、3項水産業費でありますが、242、243ページをお願いいたします。4目の漁港建設費、001漁港整備事業1億2,113万7,000円は、243ページの説明欄にありますとおり、主に荒浜漁港の離岸堤とか防波堤、あるいは、防砂堤等の工事費に充てるものでございます。


 次に、7款商工費について、御説明申し上げます。244ページ、245ページをお開きください。245ページの欄の、001番、融資預託事業でございますが、44億4,223万5,000円を計上いたしました、特に、01の地方産業育成資金貸付金を46.7%増、それから、03の中小企業等融資事業の中の制度資金を7.3%、それぞれ増額してございます。


 一方、その他の各種融資事業につきましては、最近の利用実績等を勘案し、減額、総体で前年度より3億2,285万1,000円、6.8%の減ということでの融資枠を措置いたしました。この中に07の県制度融資利子補給金補助金、いわゆるセーフティネット資金として35万3,000円を措置しましたほか、昨年の中越大地震で被害を受けました中小企業者の事業用建物が全半壊した場合の支援策として、県の方では、一定の利子補給をするために、大規模災害対策資金融資制度を創設したわけでありますけども、市といたしましては、これをもう少し一歩深めまして、一部損壊の場合にも一定の利子補給をする、中越地震災害対策資金特別利子補給金制度を創設いたしまして、これに対応する利子補給金193万7,000円を計上させていただいたところでございます。


 次に下の方、006工業振興事業1,950万円は、昨年度に引き続く事業でありますが、新技術、新製品研究開発等に積極的に取り組み、下請体質等からの脱却、あるいは、新産業創出を目指す中小企業に対しまして支援をする技術開発振興協会への負担金、並びにISO9000シリーズ等認証取得支援事業費補助金、また、創業等支援事業補助金等でございます。


 次に、246ページ、247ページをお開きください。一番上の、009商業活性化推進事業1,170万円は、16年度に柏崎の商業界全体の振興を図るために、従来の商業活性化協議会や、あるいはまた、市内の9つの商店街連合会等を再編いたしまして、やる気のある若い商業者が主体的となって発足いたしました柏崎あきんど協議会、この活動を支える負担金、並びに商業活性化イベント事業への補助金でございます。


 012の産学連携支援事業550万円は、市内企業グループと県内の大学等学術研究機関との連携で行う研究開発、あるいは、実用化試験等の事業に取り組む技術開発振興協会を支援する負担金、並びに地元大学と中小建設企業が取り組む建築土木技術研修会等を引き続き支援するものでございます。


 次に、013工業メッセ事業150万円は、昨年、地元工業界が中心となって開催し、成功をおさめました柏崎工業メッセ2004、この第2弾といたしまして、柏崎工業界を広くアピールし、また、情報発信の継続性を保つという意味で、当市の主要産業であります工業製品及び技術力を柏崎ブランドとして全国に発信するため、首都圏で開催されます工業見本市の出展を支援するというものでございます。


 016産業界情報化支援事業30万円は、インターネット等のIT技術を活用したビジネスへの展開を目指しますいいこって柏崎のポータルサイトへの支援に取り組んでおります柏崎IT活用研究会の負担金でございます。


 次に、020の安全衛生教育センター整備事業150万円は、新潟県労働基準協会連合会が設置する、技能労働者を対象とした研修所、この開設に対する支援でございます。これは、労働安全衛生法に基づき、中・上越地域の技能労働者を対象に、技能講習、特別講習等を実施する新潟県労働基準協会連合会の技能研修所が、柏崎にあります旧東芝プラント、ここの遊休施設を活用して開設されるということになりましたことから、この開設に必要な施設整備費の一部を助成するものでございます。


 次に、248ページ、249ページをお願いいたします。新しく商工振興課から分離独立することとしました企業立地推進室関係であります。201企業立地事業754万3,000円は、新しく企業立地推進室を設置し、専任のスタッフ2名を配置することとしたほか、東京事務所の専属職員の1名を削減したものの、企業立地アドバイザー1名を配置することといたしまして、企業立地推進室と連携を図りながら、有力企業の進出情報の収集、提供、あるいは、企業立地の働きかけ、さらには地元企業の新規分野への進出等を支援するため、非常勤職員等賃金240万円を措置したものでございます。また、一番下の、企業立地支援事業補助金117万2,000円は、柏崎市への企業立地を有利に展開、促進するために、今後、市内に工場を建設し、50人以上の常用労働者を雇用し、かつ一定量以上の水道水を使用する企業、月2,000立方メートル以上を基準としておりますが、そういう企業に対しまして水道料金の2分の1相当額を補助する、これも5年以内を条件としまして、年2,000万円を限度とするという条件をしまして、補助をする企業立地支援補助金を創設することといたしました。その第1号として、平成18年1月創業開始を予定しております株式会社岡本硝子が予定されますことから、その水道料補助分を措置するものでございます。


 次に、3目観光費であります。248ページ、249ページをお開きいただきたいと思います。済みません、同じところでございます。001地域活性化イベント支援事業1,100万円は、地域活性化をテーマに取り組んでおりますイベント、今年で12年を迎える風の陣への補助金が400万円、どんGALA!祭りの補助金が400万円、そして、市町村合併を記念して開催いたします1市2町の合同イベント、ふるさと・明かりの夜まつり負担金300万円でございます。


 次に、251ページをお開きください。003登山道、遊歩道等管理運営事業1,980万円のうち、02の登山道遊歩道整備事業1,600万円は、鴎が鼻で整備を進めております青海川遊歩道の工事費1,450万円のほか、鯨波上輪新田地内遊歩道さくの改修工事費150万円でございます。


 その下、004誘客宣伝事業2,399万3,000円のうち、全国ハイヤ・サミット柏崎大会補助金100万円は、今年、柏崎市において全国規模で開催されますおけさ節のルーツと言われるハイヤ節の全国大会開催への支援補助金でございます。


 次に、大きく飛びまして、348、349ページをお開きください。348、349でありますが、11款の災害復旧費のうち、1項農林水産施設災害復旧費の総額は1億1,740万2,000円でありまして、豪雨災害・中越地震災害で被害をこうむりました農地災害復旧費に1億200万円、農業用施設災害復旧費等に1億540万円等計上させていただいたものでございます。


 以上、産業振興部所管部分につきまして、主な事業、新規事業等を中心に御説明をさせていただきました。何とぞよろしく御審議をいただきますようにお願いを申し上げます。(発言する者あり)


○議長(今井元紀)


 訂正があれば訂正してください。


○助役(産業振興部長)(若山正樹)


 訂正を申し上げます、すみません。


 豪雨災害・中越地震災害で被害をこうむりました農地災害復旧費に1,200万円の修正をさせていただきます。


 何とぞよろしく御審議いただきますようお願い申し上げます。


○議長(今井元紀)


 ここでちょっと休憩をいたします。


               午後 3時11分 休憩


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


               午後 3時30分 再開


○議長(今井元紀)


 休憩前に引き続き、日程第32 平成17年度一般会計予算の説明を続けます。


 都市整備部長。


○都市整備部長(田村史朗)


 平成17年度一般会計予算のうち、都市整備部所管の予算について、主要なものや新規のものについて、御説明を申し上げます。


 最初に、201ページをごらんいただきたいと思います。4款1項4目環境衛生費のうち、右の欄、01下水道課分のうち、合併処理浄化槽設置整備事業1億1,126万4,000円につきましては、合併処理浄化槽100基分の設置に対して補助したいというものであります。


 02浄化槽維持管理組織運営事業補助金495万5,000円は、昨年に引き続き、中鯖石、南鯖石地区の維持管理組合に対して維持管理費等の補助を実施したいというものです。


 ページ飛びまして、224、225ページをごらんいただきたいと思います。6款1項3目農業振興費のうち、右の欄、101下水道課分の3億4,090万3,000円は、農業集落排水事業特別会計に対します一般会計からの繰出金を措置したものでございます。


 ページ飛びまして、248、249ページをごらんいただきたいと思います。7款1項2目商工振興費として、右中ほどの欄、101学園まちづくり推進室所管分として5億3,473万6,000円、柏崎フロンティアパーク関連公共施設整備事業委託料4億5,700万円は、道路、調整池、放流池の工事を中小企業基盤整備機構に委託しようとするものです。全体事業費の継続費11億5,380万円のうち、平成17年度分となります。


 次に、市の施行分となりますが、地区内の雨水、汚水、排水工事設計委託料として3,000万円、地区外の市の汚水排水工事として3,400万円を計上しております。


 次に、264、265ページをごらんいただきたいと思います。右の欄、004、01除雪車購入国庫補助事業3,600万円は、ロータリ除雪車1台と、歩道用小型除雪車の更新を、02市費事業260万円は、歩道用小型除雪機1台を更新いたします。


 次に、その下、007道路防災総点検事業1,000万円は、地震や豪雨時に発生する災害を未然に防止したいということで、平成8年、9年にかけまして実施をいたしました道路防災総点検調査をもとに、危険度の高い箇所から計画的に改善しているものでございます。今年度は、市道柏崎16−1号線、青海川地内の落石危険箇所の改修を予定しております。


 次に、3目道路新設改良費について、御説明をいたします。右の欄、都市整備課分から御説明をいたします。001の01地方道路整備臨時交付金事業1億3,800万円は、現在、佐藤池地内で整備をしております市道9−7号線を継続実施いたします。


 02豪雪対策事業に3億7,000万円を計上しております。市道柏崎10−5号線ほか12路線の市道の整備に取り組んでまいります。


 03市費事業8,000万円は、市道柏崎12−7号線ほか5路線を実施いたします。


 なお、整備を予定しております道路の内容につきましては、資料をもとに所管常任委員会で説明をさせていただきます。


 次のページ、266、267ページをごらんいただきたいと思います。4目橋りょう維持費3,641万4,000円のうち、右の欄、001橋りょう修繕事業741万4,000円は、市道18−57号線、森近橋等ほかの補修を、また、JRにかかります中央跨線橋2−3号線の落橋防止工事を、昨年に引き続き、実施いたします。


 5目橋りょう新設改良費1億8,000万円は、市道6−1号線、記載の箇所になりますが、1億500万円と県営事業負担金7,500万円は、市道柏崎11−66号線にあります鯖石川の土合橋ほか1路線のかけかえに対する県との合併事業に対する負担金であります。


 次に、268、269ページをごらんいただきたいと思います。3項河川費、3目河川改修費1億7,305万4,000円は、右の欄、001、01統合準用河川改修事業として3,300万円は、源太川の整備を予定しており、臨時河川等整備事業1億円は、大日川ほか3河川の整備を予定しています。なお、整備を予定しております河川及び、その内容につきましては、資料をもとに所管の常任委員会で説明をさせていただきます。


 飛びまして、274、275ページをごらんいただきたいと思います。8款5項2目まちづくり事業費、右の欄、001、01街路事業として2億8,600万円は、内容といたしましては、平成12年度から補助事業として取り組んでおります、まちづくり総合支援事業に採択されました新橋海岸線ほか記載の路線につきまして整備を進めてまいります。


 また、002港周辺にぎわい再生事業として3,700万円を計上いたしました。これは、新潟県との共同で、柏崎港及び周辺の活性化について検討してきました内容に基づいて、まちづくり交付金を受け、3カ年で実施したいもので、平成17年度は設計委託などを予定しております。


 次に、276、277ページをごらんいただきたいと思います。3目公共下水道費22億543万7,000円は、公共下水道事業特別会計に対する繰出金であります。主たるものは、下水道事業債に対する元利償還金でございまして、一定の基準より繰り出すものでございます。


 次に、4目公園管理費8,442万6,000円となっております。主として都市公園24カ所及び松雲山荘、港公園、みなとまち海浜公園等に対する維持管理費等整備費を各節に計上したものでございます。


 次に、280、281ページをごらんいただきたいと思います。5目国道8号バイパス事業対策費84万9,000円は、国道8号柏崎バイパスの事業促進に対する経常的な経費になっております。事業といたしましては、鯖石川改修との一体施工ということで、豊田橋のかけかえ工事をしておりますが、この区間は平成17年度に供用の予定となっております。


 6項学園まちづくり事業推進費として349万8,000円は、非常勤職員賃金等事務費になっております。


 7項環境学校開設準備事業費274万9,000円は、同じく非常勤職員賃金等の事務費となっております。


 次に、282、283ページをごらんいただきたいと思います。1目住宅管理費1億1,673万5,000円は、市営・県営住宅に係ります管理経費でございます。


 次に、284、285ページをごらんいただきたいと思います。2目住宅建設費は3億4,567万2,000円となっております。右の欄、002、02市営北園町住宅建設事業3億4,299万3,000円は、旧テクノスクール跡地に、平成16、17年度で28戸の建設を進めております全体事業費4億5,062万5,000円のうちの平成17年度事業分の建設事業費となっております。


 ページを飛びまして、350、351ページをごらんいただきたいと思います。11款2項2目道路橋りょう災害復旧費2億8,501万1,000円は、昨年の中越地震によります舗装や側溝などの本復旧工事や、雪消え後の道路陥没などの道路補修その他に対応したいというものです。


 ページ、戻っていただきまして、20、21ページをごらんいただきたいと思います。8款土木費全体で見ますと、8款土木費の総額は55億5,261万円、昨年度と比べまして3億4,020万円の5.8%の減となっております。減額の大きな項目といたしましては、道路新設改良費、街路事業費、公共下水道特別会計の繰出金の減額等が主なものとなっております。


 以上でございます。


 よろしく御審議のほど、お願い申し上げます。


○議長(今井元紀)


 次に、教育次長。


○教育次長(山田哲治)


 お疲れのところ大変恐縮でございます。一般会計、最後でございますが、教育委員会所管の歳出予算につきまして、御説明申し上げます。


 予算は2款、5款、7款、10款となります。


 それでは、最初に、108ページ、109ページでございますが、2款総務費、1項6目の市民会館費をお開きください。説明欄、文化振興課、001市民会館費の主なものは観レク公社への委託料などですが、02市民会館整備事業1,000万円は、大ホール屋根の防水、集会棟窓枠の改修など、経年劣化している部分の整備です。


 次の、03市民会館活性化促進事業300万円は、ロシアのピアニスト、イリーナのコンサート、劇団四季のミュージカル、中村紘子ピアノコンサートの公演を市民会館の活性化促進として支援しようとするものです。


 次に、飛びまして、216ページ、217ページでございます。5款労働費、1項2目の勤労青少年ホーム運営費です。説明欄の、003勤労青少年ホーム事業費243万6,000円は、ヤングカルチャー運営費のほか、潮風マラソン大会を支援する負担金などが主なものでございます。


 次に、また少し飛びまして、254ページ、255ページをお開きください。7款商工費、1項4目の交流プラザ運営費です。001交流プラザ管理運営事業2,714万8,000円は、市民プラザの交流プラザ部分の管理運営に要する経費です。


 次に、10款教育費でございますが、また少し飛びまして、296ページ、297ページでございます。1款教育総務費、2目教育委員会事務局費です。説明欄の、104奨学金貸付事業2,906万1,000円は、貸付金を初め、貸付事業に要する経費であります。16年度と同様に、おおむね20人の新たな貸し付けを予定しています。


 1枚めくっていただきまして、298ページ、299ページ中段の、3目義務教育振興費です。説明欄、006感動!学校かがやきプラン創造事業1,267万5,000円は、学校経営をより明確にし、総合的な学習の時間の充実と特色ある学校づくりを展開する学校の支援に要する経費です。


 次の、学校教育課、001特殊教育推進事業3,144万9,000円の主なものは、障害学級介助事業として介助員15名の配置に要する経費などであります。


 003教育支援事業966万1,000円の主なものでありますが、1枚めくっていただきまして、301ページの、学校現場におけるコンピューター活用能力技術支援の面などから、専門的かつ総合的な視点でコーディネートできる人材を配置する情報教育コーディネイト事業852万円であります。


 次の細目、004英語教育推進事業2,407万6,000円は、ALT4名体制で、英語教育、国際理解教育の推進を図るものです。


 005指導補助事業3,606万1,000円は、昨年まで全額、緊急地域雇用創出事業費補助金を活用して小中学校に指導補助員を配置しておりました、今年度、制度はなくなりましたが、学校現場において児童、生徒一人一人にきめ細かな学習指導ができ、効果を上げていることから、市単独事業で15名配置することとしたものでございます。


 次に、4目教育センター費です。1枚めくっていただきまして、303ページの、002情報教育事業、次の003科学技術教育事業においては、合併に伴い、これまで郡市で設置してまいりましたライブラリー協議会などを廃止しましたが、その経費を各項目に措置しております。


 次に、3枚めくっていただきまして、309ページの上段、2項小学校費、1目学校管理費です。細目04でございますけども、学校用務員委託事業5,184万円は、民間委託で対応する12人分の経費です。後ほど出てまいります中学校費の9人分3,888万円、これは333ページございますけども、と合わせて、全体では21人を民間委託で対応いたします。


 次に、1枚めくっていただきまして、311ページ、2目教育振興費です。細目102就学奨励事業2,453万6,000円は、経済的理由によって就学困難な児童への援助を行うものです。なお、後ほど出てまいりますが、中学校費にも就学奨励事業が計上されています。


 次に、3目学校建設費です。001小学校建設事業8億1,380万8,000円のうち、01田尻小学校校舎改築事業7億8,480万8,000円は、昨年、やむを得ず1年先送りとしておりました、老朽化しております田尻小学校の改築について、17年度、18年度、2カ年で改築しようとするもので、改築の工事請負費などを措置いたしたものでございます。なお、敷地内に仮校舎を整備し、4月から仮校舎で授業を行うこととしています。


 1枚めくっていただきまして313ページ、11施設整備事業1,550万円は、中通小学校キュービクル取りかえ工事、北条南小学校屋内体育館補強工事などが主なものでございます。


 3項中学校費、1目学校管理費の下段、04学校用務員委託事業、並びに、次の315ページ、2目教育振興費の102就学奨励事業は、先ほど小学校費で申し上げたのと同趣旨で実施する中学校分でございます。


 316ページ、317ページの、3目学校建設費をお願いします。001中学校建設事業1億2,773万3,000円は、第五中学校放送施設設備改修工事など学校整備工事、並びに下水道接続工事のほか、16年度基本設計を行いました第二中学校の改築につきまして、実施設計を行い、18年度からの改築を目指すものでございます。なお、この改築に合わせ、第二中学校については、校舎の配置も決まりましたので、先行して水泳プールの改築7,790万円も行います。


 次に、4項社会教育費、1目社会教育総務費です。002生涯学習推進事業376万2,000円の主なものは、1枚めくっていただきまして319ページ、市民大学開設事業や就学時健診等を活用した子育て講座などに要する費用です。なお、放課後や週末における子供の居場所づくり支援プラン、地域子ども教室推進事業については、県の推進協議会から市の実行委員会に直接支払われるため、予算計上はいたしませんが、おおむね500万円以内で行う予定でございます。


 1枚めくっていただきまして、320ページ、321ページをお願いします。011PTCA子ども交流体験活動促進事業165万6,000円は、完全学校週5日制に対応するもので、子供と大人の交流や体験活動をPTAが核となって地域と連携して実施する事業を引き続き支援するものです。


 次の、012学習プラザ管理運営事業2,889万3,000円は、市民プラザの学習プラザ部分の管理運営に要する経費です。


 次に、2目文化財保護費です。2枚めくっていただきまして、324、325ページをお願いします。007飯塚邸費、次の327ページになります、03飯塚邸災害復旧事業2,568万7,000円は、中越地震により被害を受けました飯塚邸について、仕切り塀、中門の復旧、母屋の壁塗りかえ、屋根の葺きかえなどを行うもので、夏の観光シーズンまでに復旧することとします。


 細目021遺跡発掘調査事業2億7,233万9,000円は、01柏崎市内遺跡発掘調査事業から、次の329ページ、12上原遺跡までの、遺跡の発掘調査や出土物等の整理作業などに要する経費です。なお、329ページの、08軽井川南遺跡群につきましては、去る10月臨時会で御議決いただいた内容で調査することで、1億4,000万円を計上しています。現在、さらなる保存活用の方策につきまして検討しておりますが、新たな方向が出ましたら御相談申し上げます。


 次に、3枚めくっていただきまして、4目図書館費です。334ページ、335ページをお願いします。


 001図書館管理運営費の07イベント開催費176万4,000円は、9月にソフィアセンターで行う早津剛ふるさとの原風景展の開催の経費が主なものでございます。


 1枚めくっていただきまして、336ページ、337ページをお願いします。


 次に、5目博物館費です。観レク公社に運営管理を委託する経費です。なお、細目の02博物館施設整備事業410万円は、老朽化に伴う空調機の取りかえを行うものです。


 次に、5項保健体育費、1目保健体育総務費です。説明欄は、次のページ、339ページ、003食教育推進事業28万7,000円は、16年度に策定した児童、生徒の食育推進プランにより、食教育の推進を図るものです。


 次に、341ページ、2目体育振興費です。001スポーツレクリエーション事業には、02市民スポーツ大会経費は、4年に一度開催し、8回目となります市民大運動会について、合併記念として両町の皆さんも加わり、10月に行う予定です。


 1枚めくっていただきまして、342ページ、343ページをお願いします。003選手強化事業1,210万円は、2009年開催の2巡目トキめき新潟国体の地元開催種目を中心に、ジュニア選手育成、強化を図るための事業を支援するものです。


 次の004大会開催補助事業364万2,000円は、秋に開催される柏崎ロードレース大会、フルマラソンなどを支援する経費です。


 008国民体育大会開催事業650万円は、開催準備に向け、モーリエ1に設置した国体準備室及び市民組織による準備委員会などに要する経費です。


 次に、344ページ、345ページ、3目体育施設費です。001体育施設管理運営事業3億3,943万3,000円の主なものは、観レク公社に運営管理を委託する経費です。


 002体育施設整備事業9,580万円は、佐藤池野球場が今年度から2カ年継続事業で改修工事に入ります。外野の拡張、地盤沈下対策、芝生の張りかえなどを行い、平成19年度夏の甲子園予選に間に合うようにします。今年度は、設計と一部工事に着手いたします。


 06総合体育館整備事業は、非常照明蓄電池の取りかえ。


 次の、347ページ、07県立アクアパーク整備事業は、採暖室の空調修繕工事などに要する費用です。


 次に、4目学校給食共同調理場運営費です。003給食業務管理事業2億904万4,000円の主なものは、共同調理場の調理業務等の民間委託に要する費用です。


 004給食施設設備整備事業3,000万円の主なものは、中央調理場調理室のダクト設備改修工事や各調理場の大型調理備品の更新などに要する費用です。


 次の、005食器更新事業500万円は、年次計画で行っておりますが、使用頻度の高い食器を中心に入れかえるものでございます。


 以上で、教育委員会所管事項の説明を終わらせていただきます。


 何とぞよろしくお願い申し上げます。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第33(議第30号) 平成17年度国民健康保険事業特別会計予算


日程第34(議第31号) 平成17年度老人保健特別会計予算


日程第35(議第32号) 平成17年度介護保険特別会計予算


日程第36(議第33号) 平成17年度土地取得事業特別会計予算


日程第37(議第34号) 平成17年度墓園事業特別会計予算


日程第38(議第35号) 平成17年度下水道事業特別会計予算


日程第39(議第36号) 平成17年度農業集落排水事業特別会計予算


日程第40(議第37号) 平成17年度ガス事業会計予算


日程第41(議第38号) 平成17年度水道事業会計予算


○議長(今井元紀)


 日程第33 平成17年度国民健康保険事業特別会計予算から日程第41 平成17年度水道事業会計予算までの9案を一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 最初に、福祉保健部長。


○福祉保健部長(大谷正利)


 議第30号平成17年度柏崎市国民健康保険事業特別会計予算について、御説明を申し上げます。


 予算書の373ページをお開きください。上から3行目の、(歳入歳出予算)第1条事業勘定の予算総額は68億9,052万2,000円で、前年度と比較して1億2,383万3,000円の増額、率にして1.8%増で編成をいたしました。


 2項直営診療施設勘定の予算総額は1億7,365万1,000円で、前年度と比較して647万6,000円の増額、率にして3.9%増で編成しました。


 それでは、事業勘定の歳出から御説明申し上げます。


 394、395ページをお開きください。1款1項1目一般管理費7,805万2,000円、2項1目徴税総務費4,120万5,000円は、職員人件費ほか医療給付の適正化事業、国保システム委託費等の事務的経費を計上したものです。


 396、397ページ、3項1目運営協議会費83万7,000円と4項趣旨普及費61万5,000円は、特に申し述べることはございません。


 398、399ページの、2款保険給付費、1項療養諸費の計欄41億8,216万4,000円、2項高額療養費の同じく計欄4億8,443万3,000円、3項移送費計欄90万円、4項出産育児諸費計欄2,100万円。1枚めくっていただきまして、400ページの、5項葬祭諸費計欄3,100万円を合わせまして47億1,949万7,000円を計上したもので、前年度と比較して1億8,016万1,000円増額、率にして4%増となります。これは、被保険者の加入増加傾向に加え、制度改正に伴う前期高齢者の段階的加入により、保険給付費の負担増が主なる要因です。


 3款1項老人保健拠出金14億4万1,000円は、老人保健制度に要する費用に充てるため、各保険者が老人医療や老人加入率などに応じて拠出金を負担するものであり、医療費拠出分としては1目に13億7,048万4,000円、前年度と比較して7.5%の減となります。この要因は、本来、老人保健対象者となるべき人が、平成14年10月の法改正以降、段階的に70歳から74歳までの国保の前期高齢者へシフトしていくため、減額となるものです。


 4款介護納付金4億2,961万3,000円は、介護保険制度に伴う社会保険診療報酬支払基金への納付金であり、国の指示に基づき、国保の2号被保険者に係る納付金分を納付するものです。なお、1人当たりの納付負担見込み額が4万5,200円程度となったことから、前年度と比較して約13%の増となります。


 5款1項1目高額医療費拠出金1億255万5,000円は、1件当たり70万円を超える高額医療費に対し、国保団体連合会より一定の率で交付される共同事業交付金などに対する県内各保険者の割り当て分でございます。


 6款1項1目保健衛生普及費3,113万4,000円は、被保険者の健康増進、疾病予防に資する事業を積極的に実施するために計上したもので、前年度と比較して4.7%の増となります。本年度は、新規事業として、糖尿病予防のための水中歩行運動推進モデル事業75万円が含まれているものです。


 次に、404ページにまいりまして、9款1項計欄の485万1,000円は、保険税の償還金及び還付加算金を、3項繰出金4,934万8,000円は、北条診療所及び野田診療所の運営費として直営診療施設勘定へ繰り出すものです。


 10款1項予備費は、前年度と同額の2,500万円を計上いたしました。


 以上で歳出を終わりまして、次に、歳入について、御説明を申し上げます。


 前に戻っていただきまして、386、387ページをお開きください。1款1項国民健康保険税の計欄20億2,958万6,000円は、前年度と比較して0.6%の減となりますが、本年度は、医療費分、介護納付金分とも、現行税率で積算しているものです。


 次に、3款1項国庫負担金15億8,460万6,000円、1枚めくっていただきまして、388ページ、2項国庫補助金5億7,289万8,000円、合わせまして21億5,750万4,000円で、前年度と比較して0.2%の減となります。これは、保険給付費の増加に伴い、療養給付費等負担金は増額となるものの、老人保健拠出金負担金及び普通調整交付金の大幅な減額に伴うものでございます。なお現在、国会において、三位一体改革関連法案である国の補助金等の整理及び合理化等に伴う国民健康保険法等の一部を改正する法律が審議中で、今後、療養給付費等負担金の国庫負担率が改正された場合は、補正予算等、必要な措置を講じさせていただきたいと存じます。


 4款療養給付費交付金18億9,698万1,000円は、社会保険診療報酬支払基金からの退職者医療費に対する交付金でございますが、退職被保険者の療養給付費の増加分を見込み、前年度と比較して3.6%増で計上したものです。


 5款1項県負担金2,563万8,000円は、歳出で御説明しました共同事業拠出金の4分の1相当額を、国と同様の高額医療費共同事業負担金として計上しました。


 6款1項連合会補助金198万円は、歳出6款保健衛生普及費のうち、個性豊かな保健事業及び、本年度新たに取り組む水中歩行運動推進モデル事業に係る特定財源分を計上したものです。


 7款1項共同事業交付金8,720万円は、歳出で御説明申し上げました5款共同事業拠出金として国保団体連合会に拠出する金額に対応するもので、前年度の見込みベースに計上したものです。


 1枚めくっていただきまして、390、391ページの、9款1項他会計繰入金5億6,843万3,000円は、前年度と比較して3%の減となっていますが、このうち保険基盤安定繰入金2億4,824万8,000円及び直診勘定分4,592万8,000円を除いた額2億7,425万7,000円は、被保険者1人当たり9,000円の3万473人分を見込んだ額であります。


 9款2項基金繰入金8,145万2,000円は、突発的な保険給付費の支出等、国保会計に不足が生じた場合に繰り入れを予定している額でございます。


 392、393ページの、10款1項2目その他の繰越金は、平成16年度の決算見込みの歳入歳出の差し引き額として2,740万7,000円を計上しました。


 11款諸収入は、延滞金のほか、健康診査の一部負担金が主なるもので、1項及び2項合わせて1,403万7,000円を計上いたしました。


 続きまして、直営診療施設勘定について、御説明を申し上げます。予算書は413ページからでございます。


 それでは、歳出から御説明申し上げます。422、423ページをお開きください。


 歳出の内容につきましては、野田及び北条診療所の運営に要するものです。予算総額は、先ほど申し上げました、1億7,365万1,000円を計上いたしております。


 1款1項施設管理費、424ページ計欄、1億283万4,000円、2項研究研修費92万8,000円は、野田及び北条診療所の医師、職員の人件費と両診療所の運営費でございます。


 2款1項医療費、1枚めくっていただきまして、426ページ、計欄6,938万9,000円は、両診療所の医薬材料費などを計上いたしております。


 次に、歳入について御説明を申し上げます。


 前に戻っていただきまして、416、417ページをお開きください。1款1項外来収入1億1,976万7,000円は、野田及び北条診療所の診療収入です。


 2款使用料及び手数料から5款寄附金までは、特に申し述べることはございません。


 次に、418ページ、419ページの、6款繰入金、1項事業勘定繰入金4,934万8,000円は、野田、北条診療所の運営費及び設備整備費の不足を補うため、一般会計から繰入金として事業勘定で受け入れをし、診療所に係る国庫支出金と合わせて事業勘定から繰り入れるものでございます。


 以上で、国保会計の説明を終わらせていただきます。


 何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。


 引き続きまして、議第31号老人保健特別会計予算について、御説明を申し上げます。予算書の443、444ページをお願いいたします。


 本年度予算総額は77億3,536万6,000円で、前年度と比較して3億8,350万2,000円の減額、率にして4.7%の減で計上しました。


 それでは、歳出から御説明を申し上げます。


 450、451ページをお開きください。1款1項総務管理費2,260万8,000円は、右の説明欄記載のとおり、共同電算処理業務や保険者別医療費通知等の委託料などが主なるものです。


 2款医療諸費77億1,275万5,000円は、制度改正により、対象年齢が75歳に引き上げたことに伴い、受給者を前年度より1万476人減の15万5,904人と見込み、医療費は過去の実績を勘案しまして、一部負担金を含めた1人当たり医療費を64万9,000円、対前年度比1.7%増とし、前年度と比較して3億8,257万9,000円の減額、率にして4.7%の減で計上しました。


 次に、歳入につきまして御説明を申し上げます。


 前に戻っていただきまして、446、447ページをお開きください。平成14年度の制度改正により、支払基金交付金拠出金と公費の負担割合70対30が見直され、5カ年で50対50へ段階的に移行することから、平成17年度の保険者拠出金で賄う支払交付金は減額となり、国・県・市の公費負担額がそれぞれ逆に増となっているものでございます。


 1款支払基金交付金45億241万3,000円は、前年度に比較して5億4,762万2,000円の減額、率にして10.8%の減で計上しました。


 2款国庫支出金21億4,441万円は、前年度と比較して1億1,187万1,000円の増額、率にして5.5%の増で計上いたしました。


 また、3款県支出金5億3,504万9,000円は、前年度と比較して2,750万6,000円の増額、率にして5.4%の増で計上しました。


 4款繰入金5億5,345万9,000円は、前年度と比較して2,473万9,000円の増額、率にして4.7%増で計上して、一般会計から繰り入れるものです。


 以上が、老人保健特別会計の説明でございます。


 よろしく御審議のほどお願いを申し上げます。


 福祉保健部最後の会計でございますが、議第32号平成17年度介護保険特別会計予算について、御説明を申し上げます。


 それでは、469ページから471ページをごらんください。介護保険事業につきましては、平成17年度が第2期介護保険事業計画の3年目の最終年度に当たりますことから、過去の実績と平成16年度の実績見込みを基本に、各種事業を推進してまいります。介護保険特別会計の予算総額は50億517万9,000円で、前年度と比較して3億833万9,000円の増額、率にいたしまして6.6%の増で編成をいたしました。


 それでは、歳出から御説明申し上げますので、478、479ページをお開きください。1款1項総務管理費1億1,463万7,000円は、職員人件費及び介護保険事務処理システム委託料などが主なるものです。


 480、481ページの、3項介護認定審査会費6,657万8,000円は、介護認定審査会及び認定調査等に係る経費です。


 482、483ページの、5項運営協議会費209万5,000円のうち150万円は、平成18年度からの第3期計画の計画書作成のための経費を計上いたしました。


 2款保険給付費、1項介護サービス等諸費46億4,549万9,000円は、要介護1から5の認定を受けた利用者に対する介護サービス費でございます。このうち1目居宅介護サービス給付費20億8,845万1,000円は、有料老人ホームやグループホームなどがふえることにより、前年度と比較して3億1,781万1,000円の増額となります。


 3目施設介護サービス給付費23億3,879万2,000円は、施設入所者数の実績等により、前年度と比較して3,848万3,000円の減額となります。


 7目居宅介護サービス計画給付費1億8,337万6,000円は、要介護者がサービスを受けるためのケアプラン作成経費で、前年度と比較して1,691万2,000円の増額となります。


 484ページにまいりまして、2項支援サービス等諸費1億3,858万4,000円は、要支援に認定された人に対する居宅支援サービス経費で、前年度と比較して719万3,000円の増額となっております。これは、要支援者の増加に伴う保険給付費でございます。


 次に、歳入について御説明を申し上げます。


 前に戻っていただきまして、472、473ページをお開きください。1款保険料は7億3,683万5,000円で、前年度と比較して806万4,000円の増額となっております。これは、第1号被保険者の増加によるものでございます。


 4款国庫支出金、1項国庫負担金は、国が保険給付費の20%を負担します介護給付費負担金9億6,250万3,000円です。


 2項国庫補助金は、保険給付費の約6%を交付されます調整交付金3億1,425万7,000円です。


 5款支払基金交付金10億4,000万4,000円は、保険給付費の32%に相当する額を社会保険診療報酬支払基金から交付を受けるものです。


 474ページの、7款県支出金6億126万4,000円は、県が保険給付費の12.5%を負担するものです。


 9款1項一般会計繰入金、1目介護給付費繰入金は、市が保険給付費の12.5%を負担します介護給付費繰入金6億156万4,000円です。


 2目その他一般会計繰入金1億8,470万8,000円は、職員の人件費や一般経費及び認定審査会などに係る事務費繰入金です。


 2項基金繰入金6,034万3,000円は、保険料不足額を介護給付費準備基金から繰り入れることといたしております。


 以上で、福祉保健部所管の特別会計の予算の説明を終わらせていただきます。


 よろしく御審議のほどをお願いいたします。


○議長(今井元紀)


 次に、総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 議第33号平成17年度土地取得事業特別会計予算について、御説明を申し上げます。ページで言いますと497ページでございます。


 この会計は、条例で定めております土地開発基金を原資として公共事業用地等の取得を円滑に行い、その経理の明確化を図るために設置をしております。平成17年度の予算額は7億2,000万円、前年度比44%の増額でございます。


 それでは、歳出から御説明をいたしますので、508、509ページをお開きいただきたいと思います。


 1款1項1目公共用地取得費4億7,000万円は、今年度の公共用地先行取得のための費用を見込んだものであります。


 2款1項1目基金償還費2億5,000万円は、土地開発基金借入金の償還及び運用利子の積み立てであります。


 続いて、歳入について申し上げます。


 1枚戻っていただいて、506、507ページをお開きください。


 1款1項1目不動産売払収入2億5,000万円は、道路改良事業用地などとして先行取得をいたしました土地について、公共事業用地として一般会計が今年買い戻す予定額を計上したものであります。


 2款1項1目基金借入金4億7,000万円は、今年度の公共用地先行取得の財源として基金からの借入金を措置したものであります。なお、今年度の用地取得については、現在、特定をしておりませんが、基金設置の趣旨にのっとり、適切に取得をしてまいりたいと考えております。


 何とぞよろしく御審議をお願いいたします。


○議長(今井元紀)


 次に、市民生活部長。


○市民生活部長(山田信行)


 議第34号平成17年度柏崎墓園事業特別会計予算について、御説明いたします。


 予算書の513ページをお願いいたします。


 1条で、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ658万4,000円と定めるということになっております。


 524から525ページをお開きください。


 昨年度との歳出合計の差額が1,750万2,000円となっておりまして、本年度減額になっておりますが、その主なものとしましては、墓園整備事業費が減額になっているということであります。


 1款1項1目墓園管理費500万8,000円は、墓園の維持管理、基金の積み立てなどに必要な予算を計上いたしたものであります。


 2目の墓園整備事業費157万6,000円は、墓園の整備に必要な予算を計上したものであります。


 委託料の32万5,000円は、6次にわたる墓地造成により墓域も拡大しておりますが、建設が始まった50年当時の手書きの地形図しかないことから、平成17年度の税務課関係資料の作成に合わせて測量し、地形図を作成したいという経費でございます。


 工事請負費125万円は、第8区駐車場予定地進入道路整備工事であり、平成16年度事業として整地をした道路に敷き砂利をし、それをさらに上路盤工の敷き砂利を今年度積み重ねまして、平成18年度舗装工事の下地の整備をしたいというものであります。


 次に、歳入について御説明いたします。戻りまして、522、523ページをお開きください。


 1款1項1目墓地使用料、墓地永代使用料486万円は、墓地の新規貸し付けによるものです。


 2項手数料の墓地管理手数料11万3,000円は、平成11年度以降の使用者から墓地管理手数料として5年間分を納入していただくものであります。


 2款1項1目の利子及び配当金5万5,000円は、墓園管理基金の利子収入であります。


 3款1項1目基金繰入金57万6,000円は、墓園管理基金からの繰入金であります。


 4款繰越金1,000円、5款雑入3万8,000円の、歳入合計658万4,000円で歳出との均衡を図っております。


 以上、何とぞよろしく御審議のほどお願いいたします。


○議長(今井元紀)


 次に、都市整備部長。


○都市整備部長(田村史朗)


 議第35号平成17年度下水道事業特別会計予算から御説明を申し上げます。


 予算書の537、538ページをごらんいただきたいと思います。


 歳入歳出総額は53億5,501万1,000円で、前年度比5億2,491万2,000円、8.9%の減額となっております。総括的に申しますと、第6期事業に2年次分といたしまして佐藤池新田、池の峰、御山町地内の汚水管渠整備を進めます。また、雨水整備としては、鵜川4号雨水幹線継続実施等によりまして、浸水地域の解消を図ります。自然環境浄化センターについて、老朽化の著しい施設整備の改築更新として、汚泥処理施設消化タンクの改築工事の着手や建屋屋根防水工事等を実施いたします。これらの整備によりまして、平成17年度末の下水道普及率は70%程度になる見込みであります。なお、平成15年度末におけます普及率は全国が66.7、新潟県が53.4、柏崎市が69%となっております。


 それでは、主要なものについて、歳出から御説明をいたします。


 予算書の544、545ページをごらんいただきたいと思います。


 1款下水道費、1項下水道管理費、1目下水道総務費1億8,241万3,000円は、職員人件費12人分、使用料徴収業務をガス水道局に委託しているための経費及び公営企業移行業務経費が主なものであります。なお、公営企業移行業務につきましては、平成17年度からの企業会計移行に向けて準備作業を進めてまいりましたが、新潟県中越地震によります、下水道施設が甚大な被害を被ったことから、また、災害復旧等2町の合併に全力を注ぐこととして、地方公営企業適用を今年度延期したいということであります。


 2目処理場費5億2,688万1,000円は、546、547ページにかけまして、自然環境浄化センター中継ポンプ場及び雨水ポンプ場の管理運営費であります。光熱水費、修繕費、薬剤医療費、運転管理費及び施設管理委託料、汚泥処理委託料等が主なものであります。


 次に、同じく546、547であります。3目環境維持費4,348万2,000円は、548、549ページにかけまして記載のとおり、雨水排水路の・門管理、しゅんせつ工事、下水道台帳作成委託やマンホール補修工事等を措置したものであります。


 550、551ページにまいりまして、2項下水道建設費、1目建設総務費9,869万7,000円は、職員人件費受益者負担金徴収経費を計上したものであります。


 2目下水道建設費18億5,370万円のうち、01補助事業9億2,850万円、補助事業の主なものといたしまして、雨水管渠実施設計委託料9,000万円、自然管渠浄化センター工事委託料4億1,000万円は、汚泥処理施設消化タンク2基の改築更新工事に着手し、平成19年度の完成を目指すとともに、建屋の屋根防水工事を実施いたします。また、自然環境浄化センター実施設計委託料2,500万円は、水処理施設第1系列汚泥処理施設脱水機増設、並びに建屋の耐震改築実施設計を予定しており、いずれも下水道事業団に委託することとしております。汚水管渠工事3億5,400万円は、今年度が2年次となります第6期計画区域の整備を進めてまいります。また、雨水管渠工事1億500万円は、駅南の鵜川4号雨水幹線塩込川の継続、いさざ川右岸雨水枝線、中浜2丁目になります、春日3丁目、並びに桜木町地内の雨水枝線を計画しております。ガス水道管移設補償1,010万円は、管渠工事に関連します経費であります。


 553ページをごらんいただきたいと思います。単独事業は9億2,520万円、汚水雨水管渠実施設計及び管路施設点検調査委託料として3,700万円、自然環境浄化センターの消化タンクの汚泥しゅんせつ委託料7,350万円、補助事業に関連いたします汚水管渠工事6億500万円、雨水管渠工事5,200万円、ガス水道管移設補償費1億4,920万円などを計上しております。


 2款公債費26億4,918万8,000円は、地方債の元利償還金及び一時借入金利子であります。


 3項予備費は、昨年度と同額の65万円を計上しております。


 以上で歳出の説明を終わりまして、続きまして、歳入について御説明をいたします。


 戻っていただきまして、540、541ページをごらんいただきたいと思います。


 1款分担金及び負担金5,412万2,000円は、下水道事業に対する受益者負担金であります。第6期区域の2年次分を計上したもので、前年度と比較して1億5,411万5,000円の減額となっております。これは、第5期区域後期分の徴収が終了することによるものであります。


 2款使用料及び手数料10億218万円は、下水道使用料が主なものでございます。景気の低迷や水需要の節水志向の高まりによりまして、一般家庭以外の有収水量が減少しており、平成16年度実績を考慮して計上させていただきました。前年度と比較して848万1,000円の増額となっております。


 3款国庫支出金4億8,760万円は、歳出の補助対象事業費に対応した額を計上しております。


 4款一般会計繰入金22億543万7,000円は、542、543ページの、5款繰入金3,000万円は、特に申し上げることはございません。


 6款諸収入、1項から3項の計1,757万1,000円は、原子力立地給付金及び消費税還付金が主なものであります。前年と比較いたしまして1,837万4,000円の減額となっております。これは、建設事業費の減少に伴いまして、消費税還付金が減額となったことによるものです。


 7款市債15億5,810万円は、歳出の建設事業費に対応した額を計上いたしました。


 歳入について説明を終わりまして、529ページをごらんいただきたいと思います。


 第1条は、予算の総額を定めたものであります。


 第2条は、債務負担行為を定めるものでありまして、532ページにございます、第2表債務負担行為の記載のとおり、自然環境浄化センター汚泥処理施設消化タンク2基の改築工事を日本下水道事業団に委託して、平成17年度から3カ年で実施することに伴い、総事業費10億4,000万円に対する平成18年度、19年度事業費7億1,900万円を限度額として設定するものであります。


 第3条は、地方債でありまして、533ページにあります、第3表地方債の記載のとおり、起債の目的、限度額、起債の方法、利率、償還等を定めたものであります。


 以上で下水道事業特別会計の予算を終わりまして、次に、農業集落排水事業特別会計予算につきまして、御説明を申し上げます。


 予算書の571、572ページをごらんいただきたいと思います。


 歳入歳出総額は26億7,130万2,000円で、前年度比20億3,513万2,000円、319.9%の増額ということになります。


 総括的に申し上げますと、農業集落排水事業12地区の処理場及び管渠の維持管理と、昨年10月23日に発生しました新潟県中越地震に係ります災害復旧事業が主なものであります。


 それでは、歳出から御説明をいたします。


 予算書の580、581ページをごらんいただきたいと思います。


 1款集落排水費、1項集落排水管理費、1目集落排水総務費4,601万9,000円は、職員人件費、ガス水道局に委託しております使用料徴収事務費が主なものであります。なお、一般経費に、昨年度から消費税納付事業者になったことから、1,385万円の消費税を計上しております。


 2目処理施設費1億5,272万1,000円及び3目管渠維持費1,735万2,000円は、市内12地区処理場と管渠の維持管理費であります。処理施設に係る光熱水費、機械設備修繕費、汚泥処理費、管理委託料、並びに管渠に係るマンホールポンプの修繕料、集落排水台帳作成委託料、マンホールのすりつけ工事費等を各地区別に計上したものであります。


 582、583ページにまいりまして、2項集落排水建設費、1目建設総務費4,068万6,000円は、職員人件費が主なものであります。


 2目農業集落排水事業、001農業集落排水事業2,000万円は、各地区の新規取りつけ管工事40カ所を計上したものであります。


 002農業集落排水災害復旧事業(中越地震)に20億176万2,000円を計上いたしました。内訳といたしましては、仮設ポンプの維持費として、光熱費、電気料1,191万4,000円、585ページの方になりますが、施設管理費1,808万4,000円、実施設計委託料2,000万円、管路施設復旧工事費16億5,000万円、ガス水道管移設補償費2億8,970万1,000円及び工事雑費事務費を各節に措置したものであります。


 2款公債費3億9,276万2,000円は、長期償還にかかわる元金及び利子でございます。


 次に、歳入について御説明をいたします。


 前に戻っていただきまして、574、575ページをごらんいただきたいと思います。


 1款分担金及び負担金3,354万円は、各地区の新規加入受益者分担金を計上しております。


 2款使用料及び手数料は、12地区の過去の実績及び新規接続者を見込み、昨年度比820万6,000円の増、2億1,108万円を計上したものであります。


 576、577ページにまいりまして、3款県支出金16億7,648万6,000円は、起債償還補助金、下田尻、中通、北条、広田、谷根、7,783万円及び、中越地震災害復旧事業にかかわる補助金15億9,865万6,000円を計上いたしました。


 4款繰入金3億4,090万3,000円、めくっていただきまして、578、579ページ、5款繰入金1,000万円については、特に申し上げることはございません。


 6款諸収入、1項から3項までの計979万2,000円は、原子力立地給付金及び排水設備等設置資金元金収入が主なものであります。前年度と比較して427万1,000円の減額となっております。これは、建設事業費の減少に伴いまして、消費税納付事業者になったことによるものであります。


 7款市債3億9,950万円は、中越地震災害復旧事業にかかわる分を計上いたしました。


 歳入の説明を終わりまして、565ページをごらんいただきたいと思います。


 第1条は、予算の総額を定めたものであります。


 第2条は、地方債でありまして、568ページにあります、第2表地方債に記載のとおり、起債の目的、限度額、起債の方法、利率、償還等を定めたものであります。


 以上で、議第35号及び議第36号の説明を終わらせていただきます。


 何とぞ御審議のほど、よろしくお願い申し上げます。


○議長(今井元紀)


 次に、ガス水道局長。


○ガス水道局長(歌代俊樹)


 議第37号平成17年度ガス事業会計予算、並びに議第38号平成17年度水道事業会計予算について、続けて説明させていただきます。


 議案説明に先立ちまして、平成17年度のガス水道事業会計予算で取り組みを予定しております重点事項について、御説明申し上げます。


 まず1点目は、10月23日に発生いたしました中越地震災害復旧に係る供給施設及び、管路復旧、並びに農業集落排水事業関連改良工事費であります。事業費は、ガス会計で2億541万3,000円、水道会計で2億152万4,000円、合計で4億693万7,000円を計上いたしました。


 2点目は、老朽管の改良事業であります。これは、市民生活に欠くことのできない災害に強いライフラインの整備を図るため、平成10年度から10カ年計画で取り組んでおりますが、今年はその8年目の事業費といたしまして、ガス会計で1億2,902万7,000円、水道会計で4億6,382万3,000円、合計で5億9,285万円を計上いたしました。


 3点目は、水質検査機器整備事業であります。正確で迅速な水質検査業務を行うため、平成15年度から5カ年の年次計画に基づきまして、国庫補助金を取り込み、老朽化いたしました水質検査機器の更新に取り組んでいるものであり、今年はその3年目の事業費といたしまして3,060万8,000円を計上いたしました。


 4点目は、車両の更新に当たり、環境保全や省エネの見地から、前年度に引き続きまして天然ガス自動車2台を購入し、低公害車の普及に寄与したいというものであります。


 以上、いずれの事業も前年度に引き続いて推進をさせていただきたいというものでございます。


 次に、5点目は、新規事業として赤坂山浄水場主要設備改良工事を行いたいというものであります。この施設は、第6次拡張事業に伴い、平成元年に稼動して以来16年が経過し、老朽化が進んでいるため、本年度から2カ年継続事業として設備の更新に取り組みたいというものであります。


 総事業費といたしまして7億2,135万円を予定しており、今年度分といたしまして3億1,500万円を計上いたしました。また、この改良事業に合わせまして、川内、谷根、赤岩ダムの、気象予測により、警報防災行政無線の早期の運用が図れるよう洪水予測プログラムを整備するとともに、川内、谷根ダムに地震計を設置いたします。


 それでは、議第37号平成17年度ガス事業会計予算について、御説明を申し上げます。


 ガス事業は、原料ガスの購入単価の引き下げや事務の効率化などにより、安定した収益を維持していることから、本年の7月1日から小口平均で7.49%、実質平均改定率5.05%の料金引き下げを実施させていただきます。後ほど議第64号で別途条例案を提出しているところであります。


 景気の低迷、他燃料、電力、石油、プロパンガス等の競合、並びに天候に左右されやすい事業の特殊性などにより、販売量の大幅な増加は、期待できない状況にあります。一方、老朽管対策及び経年劣化いたします供給施設の更新等、災害に強いライフラインの整備や保安対策に経費がかかることから、今後とも一層の事業開発と経営の効率化、並びに安定供給、保安の確保と、さらなるお客様サービスの向上が強く求められているところであります。このような経営環境を踏まえ、新年度予算におきましては、前年度比4.3%増の39億9,418万9,000円で編成をいたしました。


 それでは、予算書に従いまして、御説明を申し上げます。


 597ページ、お開きいただきたいと思います。


 第2条は、本年度の業務予定量であります。供給戸数2万7,967戸は年度末の見込みであります。年間総供給量2,607万9,000立方メートルは、販売量の予定でございまして、前年度に比べ約2.4%の増を見込みました。これにつきましては、過去数年間の推移及び大口需要の増を見込んだものであります。1日平均供給量は7万1,449立方メートル、本年度予定しております主要な建設改良事業は、寿町地内改良工事ほか記載のとおりであります。


 第3条は、収益的収入及び支出の予定額でありますが、まず、収入から御説明申し上げます。


 第1款ガス事業収益は、前年度比3.9%減の27億7,005万8,000円を計上いたしました。この内訳として第1項営業収益、すなわちガスの売り上げ収入は25億543万3,000円、第2項営業雑収益は受注工事収益など2億2,264万1,000円、第3項営業外収益は補助金など4,188万3,000円、第4項特別利益は10万1,000円を、それぞれ計上いたしました。


 次に、支出について申し上げます。


 第1款ガス事業費用は、前年比2.1%減の26億9,790万7,000円を計上いたしました。この内訳は第1項営業費用、すなわち売り上げ原価供給販売費及び一般加入費の合計で22億6,096万7,000円、第2項営業雑費用は、受注工事費などの2億1,362万5,000円、第3項営業外費用は、企業債利息など2億1,955万8,000円、第4項特別損失は275万7,000円、第5項予備費は100万円を、それぞれ計上いたしました。


 したがいまして、3条予算におきましては、収入支出差し引き7,215万1,000円の残額を生ずると予定しております。なお、消費税などを除いた当年度純利益は1,803万9,000円を見込んでおるところでございます。


 次に、第4条は、資本的収入及び支出の予定額であります。まず収入でありますが、第1款資本的収入は、前年度89.9%増の4億745万3,000円を計上いたしました。この内訳は、第1項企業債1億5,000万円、第2項工事負担金2億5,693万3,000円、第3項補助金52万円であります。


 次に、598ページにまいりまして、支出でありますが、第1款資本的支出は、前年度比29.2%増の12億2,413万1,000円を計上いたしました。増額の主な要因は、老朽管及び一般改良工事費、並びに公共下水道及び農業集落排水事業関連工事費の増によるものでございます。この内訳は、第1項建設改良費及び第2項企業債償還金で、それぞれ記載のとおりでございます。したがいまして、4条予算におきましては、収入額が支出額に対して8億1,667万8,000円不足することになりますので、第4条本文括弧書きに記載のとおり、財源補てんを講じたいというものであります。


 次の第5条から第9条につきましては、説明は省略させていただきます。


 以上のほか、各経費の詳細及び工事内容等につきましては、599ページ以下の予算に関する説明書に記載のとおりでありますので、後ほどごらんいただきたいと思います。


 次に、議第38号平成17年度水道事業会計予算について、御説明を申し上げます。


 水道事業は、昨年の5月から平均で10.95%の料金改定を実施させていただきましたが、ガス事業と同様、長引く景気の低迷や天候に左右されやすい事業の特殊性、少子高齢化、加えて節水型社会への移行などによりまして、給水量の大幅な増加は期待できない状況にあります。


 一方、老朽管対策や経年劣化する給水施設の更新等、施設整備の累増及び中越地震に係る固定資産売却費等の増により、経営環境は極めて厳しい状況にあるため、より一層の経営の合理化、並びに効率化が強く求められております。このような経営環境を踏まえまして、新年度予算は前年度比9.6%増の51億3,830万9,000円で編成をいたしました。


 それでは、予算書に従いまして御説明を申し上げます。


 633ページをごらんください。


 第2条は、本年度業務予定量であります。給水戸数3万5,913戸は、年度末の見込みであります。年間総給水量1,232万9,000立方メートルは、販売量の予定でございまして、前年度に比べ1.0%の増を見込みました。1日平均給水量は3万3,778立方メートル、本年度予定しております主要な建設改良事業は、赤坂山浄水場中央監視設備改良工事ほか記載のとおりであります。


 第3条は、収益的収入及び支出の予定額でありますが、まず、収入から御説明申し上げます。


 第1款上水道事業収益は、前年度比0.4%減の26億7,904万1,000円を計上いたしました。この内訳といたしまして、第1項営業収益、すなわち上水道売り上げ収入は24億231万4,000円、第2項営業雑収益は、受注工事収益など6,119万8,000円、第3項営業外収益は、一般会計からの水源開発繰入金などの2億1,542万8,000円、第4項特別利益は10万1,000円、それぞれ計上いたしました。


 第2款簡易水道事業収益は、一般会計からの補助金の減少により前年度比70.7%減の2,135万3,000円を計上いたしました。この内訳は第1項営業収益、すなわち簡易水道売り上げ収入として502万5,000円、第2項営業雑収益は受注工事収益など43万7,000円、第3項営業外収益は1,588万1,000円を計上いたしました。これは、平成15年度の簡易水道事業会計の赤字額の減少に伴い、一般会計からの簡易水道財政補助金が減額されることによるものでございます。続きまして、第4項特別利益は1万円をそれぞれ計上いたしました。


 したがいまして、第1款上水道事業収益と第2款簡易水道事業収益を合わせた収入合計は、前年度比1.5%減の27億39万4,000円といたしております。


 次に、支出について申し上げます。


 第1款上水道事業費用は、前年度1.5%増の25億7,666万1,000円を計上いたしました。この内訳は、第1項営業費用、すなわち原水及び浄水費、配水及び給水費など16億5,470万9,000円、第2項営業雑費用は受注工事費など2,358万7,000円、第3項営業外費用は企業債利息など8億9,460万7,000円、第4項特別損失は275万8,000円、第5項予備費は100万円をそれぞれ計上いたしました。


 第2款簡易水道事業費は、費用は前年度比10.6%減の3,969万3,000円を計上いたしました。この内訳として第1項営業費用、すなわち給水管理費は、対前年度比11.6%減の3,255万円、第2項営業雑費用は、受注工事費など122万4,000円、第3項営業外費用531万9,000円、第4項特別損失は10万円、634ページにまいりまして、第5項予備費は50万円を計上しました。


 第1款上水道事業費用と第2款簡易水道事業費用を合わせた支出合計は26億1,635万4,000円となり、前年度比較3,460万3,000円、1.3%の増であります。したがいまして、3条予算におきましては、収入支出差し引き8,404万円の残額を生ずると予定しております。なお、消費税などを除いた当年度の純利益は、4,931万2,000円を見込んでいるところでございます。


 次に、第4条は、資本的収入及び支出の予定額であります。


 まず収入でありますが、第1款資本的収入は、前年度比48.8%増の15億4,845万7,000円を計上いたしました。この内訳は、第1項企業債から第6項固定資産売却代金までそれぞれ記載させていただいたとおりでございます。


 次に、支出でありますが、第1款資本的支出として、前年度比25.3%増の24億3,791万5,000円を計上いたしました。増額の主な要因は、老朽管及び一般改良工事費、並びに赤坂山浄水場中央監視設備改良工事費、並びに公共下水道及び農業集落排水事業関連工事費の増額によるものでございます。内訳は、第1項建設改良費及び第2項企業債償還金で、それぞれ記載のとおりでございます。したがいまして、4条予算におきましては、収入額は支出額に対して8億8,945万8,000円不足することになりますので、第4条本文括弧書きに記載のとおり、財源補てんを講じたいというものでございます。


 次の第5条から第7条、635ページにまいりまして、第8条から第10条につきまして、説明は省略させていただきます。


 以上のほか、各経費の詳細及び工事内容等につきましては、637ページ以下の予算に関する説明書に記載のとおりでございますので、後ほどごらんいただきたいと思います。


 以上で説明を終わらせていただきます。


 何とぞよろしく御審議のほどお願いいたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第 42(議第 39号) 部制条例の一部を改正する条例


日程第 43(議第 40号) 行政手続条例の一部を改正する条例


日程第 44(議第 41号) 情報公開条例の一部を改正する条例


日程第 45(議第 42号) 個人情報保護条例の一部を改正する条例


日程第 46(議第 43号) 職員定数条例の一部を改正する条例


日程第 47(議第 44号) 職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部を


               改正する条例


日程第 48(議第 45号) 職員の懲戒の手続及び効果に関する条例の一部を改正す


               る条例


日程第 49(議第 46号) 職務に専念する義務の特例に関する条例の一部を改正す


               る条例


日程第 50(議第 47号) 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する


               条例


日程第 51(議第 48号) 職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例


日程第 52(議第 49号) 市民会館条例等の一部を改正する条例


日程第 53(議第 50号) 行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例


日程第 54(議第 51号) 手数料条例の一部を改正する条例


日程第 55(議第 52号) 廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条


               例


日程第 56(議第 53号) 柏崎市が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影


               響調査結果の縦覧等の手続に関する条例


日程第 57(議第 54号) 斎場条例


日程第 58(議第 55号) 消防本部及び消防署設置条例


日程第 59(議第 56号) 火災予防条例


日程第 60(議第 57号) 知的障害児施設さざなみ学園設置条例


日程第 61(議第 58号) 養護老人ホーム御山荘設置条例


日程第 62(議第 59号) 市立児童館設置及び管理に関する条例を廃止する条例


日程第 63(議第 60号) 農業委員会の部会の定数条例の一部を改正する条例


日程第 64(議第 61号) 文化財保護条例の一部を改正する条例


日程第 65(議第 62号) 文化財調査審議会設置条例の一部を改正する条例


日程第 66(議第 63号) 企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改


               正する条例


日程第 67(議第 64号) ガス供給条例の一部を改正する条例


日程第 68(議第 65号) 上水道事業給水条例の一部を改正する条例


日程第 69(議第 66号) 簡易水道事業給水条例の一部を改正する条例


日程第 70(議第 67号) 工業用水道事業給水条例の一部を改正する条例


日程第 71(議第 68号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第 72(議第 69号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第 73(議第 70号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第 74(議第 71号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第 75(議第 72号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第 76(議第 73号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第 77(議第 74号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第 78(議第 75号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第 79(議第 76号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第 80(議第 77号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第 81(議第 78号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第 82(議第 79号) 公の施設の指定管理者の指定について


日程第 83(議第 80号) 柏崎市、高柳町、小国町、刈羽村、西山町及び出雲崎町


               の公の施設の相互利用に関する協定の廃止について


日程第 84(議第 81号) 柏崎市、高柳町、刈羽村、西山町及び出雲崎町の公の施


               設の相互利用に関する協定の終結について


日程第 85(議第 82号) 柏崎市刈羽郡介護認定審査会を共同設置する普通地方公


               共団体の数の減少及び柏崎市刈羽郡介護認定審査会共同


               設置規約の変更について


日程第 86(議第 83号) 柏崎市刈羽郡介護認定審査会を共同設置する普通地方公


               共団体の数の減少及び柏崎市刈羽郡介護認定審査会共同


               設置規約の変更について


日程第 87(議第 84号) 柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会を共同設置に関す


               る普通地方公共団体の数の減少及び柏崎刈羽予防接種健


               康被害調査委員会共同設置規約の変更について


日程第 88(議第 85号) 柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会を共同設置する普


               通地方公共団体の数の減少及び柏崎刈羽予防接種健康被


               害調査委員会共同設置の変更について


日程第 89(議第 86号) 北陸自動車道の救急業務に係る関係関連事務の受託の廃


               止について


日程第 90(議第 87号) 消防に関する事務の受託について


日程第 91(議第 88号) 消防に関する事務の受託について


日程第 92(議第 89号) し尿の収集運搬・し尿処理に関する事務の受託について


日程第 93(議第 90号) ごみ処理・最終処分場に関する事務の受託について


日程第 94(議第 91号) 火葬に関する事務の受託について


日程第 95(議第 92号) 新潟県立こども自然王国の管理及び運営に関する事務の


               受託について


日程第 96(議第 93号) 休日急患診療に関する事務の受託の廃止について


日程第 97(議第 94号) 休日急患診療に関する事務の受託の廃止について


日程第 98(議第 95号) 財産の減額貸付及び無償貸付について(土地及び建物)


日程第 99(議第 96号) 市道路線の廃止について


日程第100(議第 97号) 市道路線の認定について


日程第101(議第100号) 元気館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条


               例


○議長(今井元紀)


 日程第42 部制条例の一部を改正する条例から日程第101 元気館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例までの60案を一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。助役。


○助役(産業振興部長)(若山正樹)


 議第39号から議第97号まで及び議第100号について、一括御説明申し上げます。


 議案としては、合併、並びに広域事務組合の解散、あるいは、指定管理者制度導入等に伴いまして、全部で60件の議案についての一方的な説明になりますけれども、簡潔な説明に努めますので、よろしくお願いを申し上げます。


 まず、議第39号について申し上げます。


 本案は、部制条例の一部を改正する条例の制定についてであります。これは、本年4月の機構改革に伴い、「広報広聴相談に関すること」については、市民生活部から総合企画部に移すこと、本年4月30日限りで新潟県柏崎地域広域事務組合が解散し、当該事務を本市が引き継ぐことから、市民生活部の事務分掌に「火葬に関すること」を追加したいというものであります。


 次に、議第40号について申し上げます。


 本案は、行政手続条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。これは、新潟県柏崎地域広域事務組合の解散及び当該事務の本市への承継に伴い、所要のみなし規定を附則に追加するものでございます。


 次に、議第41号について申し上げます。


 本案は、情報公開条例の一部を改正する条例の制定についてであります。これは、国においては「行政機関の保有する情報の公開に関する法律」が制定され、平成13年4月1日から施行されるところでありますが、本市の条例は一部、情報公開法に合っていない点があることから、条例改正を行うとともに、新潟県柏崎地域広域事務組合の解散及び当該事務の本市への承継に伴い、所要のみなし規定を附則に追加するなどいたしたいというものであります。


 主な改正の内容について申し上げます。


 1点は、広域事務組合の事務を承継することから、第2条の規定に「消防長」を加えること、附則に経過措置を加えること、2点目としては、情報公開法に合わせるため、第2条の公文書の定義を「職員が組織的に用いるものとして当該実施機関が保有している情報は記録されている」ものとして、決裁・供覧手続が終了していなくても、課の共有フォルダー等で有しているものは公開対象とすること、第5条において、「何人も公文書の公開の請求」ができることとしたこと、第6条において、公文書の原則公開を明確に定めるとともに、例外的に非公開とすべき情報を限定列挙したこと、第11条において、第三者に対する意見書提出の機会を付与したこと、3点目としては、公の施設の指定管理者の当該業務に関する情報に対する公開要請を設けたことなどの改正であります。


 次に、議第42号について御説明申し上げます。


 本案は、個人情報保護条例の一部を改正する条例の制定についてであります。これは、新潟県柏崎地域広域事務組合の解散及び当該事務の本市への承継に伴い、第2条の実施機関に「消防長」を加えるとともに、所要のみなし規定などを附則に追加するものであります。


 次に、議第43号について申し上げます。


 本案は、職員定数条例の一部を改正する条例の制定についてであります。これは、5月1日に高柳町及び西山町が本市に編入合併されること、並びに新潟県柏崎地域広域事務組合の解散に伴って、本市が当該事務の承継をすることに伴い、組織機構の改編及び職員数の増加があることから、各部局の職員定数を改正いたしたいというものであります。


 次に、議第44号について申し上げます。


 本案は、職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。これは、議第43号と同様の理由から、それぞれの団体に在籍していた職員で、引き続き本市の職員となるものについてのみなし規定を附則に追加するものであります。


 次に、議第45号について申し上げます。


 本案は、職員の懲戒の手続及び効果に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。これは、議第44号で申し上げた理由と同様でありますので、説明を省略させていただきます。


 次に、議第46号について申し上げます。


 本案は、職務に専念する義務の特例に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。これは、新潟県柏崎地域広域事務組合の解散及び当該事務の本市への承継に伴い、所要のみなし規定を附則に追加したいというものであります。


 次に、議第47号について申し上げます。


 本案は、職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。これは議第46号と同様、新潟県柏崎地域広域事務組合の解散及び当該事務の本市への承継に伴い、所要のみなし規定及び平成17年5月1日以降の旧組合職員に係る年次休暇は、旧組合条例により与えられた年次有給休暇の残日数とする規定を附則に追加したいというものであります。


 次に、議第48号について申し上げます。


 本案は、職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。これは、議第46号と同様の理由でありますので、説明を省略させていただきます。


 次に、議第49号について申し上げます。


 本案は、市民会館条例等の一部を改正する条例の制定についてでございます。これは、後ほど御説明申し上げます議第80号と関連いたしますが、本年4月1日に小国町が長岡市に編入合併されることに伴い、公の施設の相互利用に関する協定の廃止を行うことによるものであります。


 条例の概要を申し上げます。


 第1条において市民会館条例を、第2条において産業文化会館設置及び管理に関する条例を、第3条において都市公園条例を、第4条において交流プラザ設置及び管理に関する条例を、第5条において公民館条例を、第6条において体育施設設置及び管理に関する条例を、第7条において体育施設設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例をそれぞれ一部改正いたしたいというものであります。


 次に、議第50号について申し上げます。


 本案は、行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例の制定についてであります。これは、議第46号と同様の理由でありますので、説明を省略させていただきます。


 次に、議第51号について御説明申し上げます。


 本案は、手数料条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。これは、新潟県柏崎地域広域事務組合の解散及び当該事務の本市への承継に伴い、消防本部・消防署関係の手数料を別表に追加したいというものであります。


 次に、議第52号について申し上げます。


 本案は、廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。これは、新潟県柏崎地域広域事務組合の解散及び当該事務の本市への承継に伴い、本組合の廃棄物の処理及び清掃等に関する条例に規定している内容をすべて本市が引き継ぐことになることから、所要の改正を行いたいというものであります。


 改正の概要について申し上げます。


 第3条の2において、し尿処理場、ごみ処理場及び最終処分場を同組合から引き継ぐため、「施設の設置」について新たに規定しております。第3条の3において、廃棄物減量等推進審議会の庶務を市民生活部クリーン推進課が処理すること、第9条において、事業者排出の一般廃棄物の搬入における取り扱い、第11条において事業者が搬入する一般廃棄物処理手数料の徴収、第19条において事業者が搬入する産業廃棄物の処理手数料の徴収、第20条の2から第20条の6までにおいて、し尿の収集及び運搬について、それぞれ規定しております。


 次に、議第53号について申し上げます。


 本案は、柏崎市が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調査結果の縦覧等の手続に関する条例の制定についてであります。これは、議第52号と同様、新潟県柏崎地域広域事務組合の解散及び当該事務の本市への承継に伴い、本条例を制定する必要があるためでございます。


 条例の概要について申し上げます。


 第1条は「目的」、第2条は「対象となる施設の種類」、第3条は「縦覧の告示」、第4条は「縦覧の場所及び期間」、第5条は「意見書の提出先等の告示」、第6条は「意見書の提出先及び提出期限」、第7条は「環境影響評価との関係」、第8条は「他の市町村との協議」、第9条は「委任」について、それぞれ規定しております。


 次に、議第54号について申し上げます。


 本案は、斎場条例の制定についてであります。これは、議第52号と同様、新潟県柏崎地域広域事務組合の解散及び当該事務の本市への承継に伴い、斎場を引き継ぐために本条例を制定する必要があるためでございます。


 条例の概要について申し上げます。


 第1条は「設置」、第2条は「位置」、第3条は「使用許可」、第4条は「使用料」、第5条は「使用料の徴収方法」、第6条は「使用料の減免」、第7条は「使用料の還付」、第8条は「損害賠償」、第9条は「委任」について、それぞれ規定してございます。


 次に、議第55号について申し上げます。


 本案は、消防本部及び消防署設置条例の制定についてであります。これは、議第52号と同様、新潟県柏崎地域広域事務組合の解散及び当該事務の本市への承継に伴い、消防本部及び消防署を引き継ぐために本条例を制定する必要があるためでございます。


 条例の概要について申し上げます。


 第1条は「趣旨」、第2条は「設置」、第3条は「名称及び位置等」、第4条は「委任」について、それぞれ規定しております。


 次に、議第56号について申し上げます。


 本案は、火災予防条例の制定についてであります。これは、議第52号と同様、新潟県柏崎地域広域事務組合の解散及び当該事務の本市への承継に伴い、火災予防条例を制定するものであります。


 条例の概要について申し上げます。


 第1章は「総則」、第3章は「火を使用する設備の位置、構造及び管理の基準等」、第4章は「指定水量未満の危険物及び指定可燃物の貯蔵及び取り扱いの技術上の基準」、第5章は「避難管理」、第6章は「雑則」、第7章は「罰則」について、それぞれ規定しております。


 次に、議第57号について申し上げます。


 本案は、知的障害児施設さざなみ学園設置条例の制定についてであります。これは、議第52号と同様、新潟県柏崎地域広域事務組合の解散及び当該事務の本市への承継に伴い、知的障害児施設さざなみ学園を引き継ぐために本条例を制定する必要があるためでございます。


 条例の概要について申し上げます。


 第1条は「設置等」、第2条は「位置」、第3条は「委任」について、それぞれ規定しております。


 次に、議第58号について申し上げます。


 本案は、養護老人ホーム御山荘設置条例の制定についてであります。これは、議第52号と同様、新潟県柏崎地域広域事務組合の解散及び当該事務の本市への承継に伴い、養護老人ホーム御山荘を引き継ぐために本条例を制定する必要があるためでございます。


 条例の概要について申し上げます。


 第1条は「設置」、第2条は「位置」、第3条は「委任」について、それぞれ規定しております。


 次に、議第59号について御説明申し上げます。


 本案は、市立児童館設置及び管理に関する条例を廃止する条例の制定についてであります。これは、谷根児童館を廃止するためのものであります。


 次に、議第60号について申し上げます。


 本案は、農業委員会の部会の定数条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。これは、農業委員会等に関する法律の一部改正により、農業委員会に土地改良区の推薦する委員が1名加わることになったことに伴い、部会の定数及び所属部会の配分の変更を行いたいというものであります。


 附則において、次に任期の開始日である本年7月20日から施行することを規定しております。


 次に、議第61号について申し上げます。


 本案は、文化財保護条例の一部を改正する条例の制定についてであります。これは、文化財保護法の一部改正により、所要の改正を行いたいというものであります。


 改正の概要について申し上げます。


 第2条において「文化的景観」及び「伝統的建造物群」を追加すること、第4条において、指定に際しての所有者等の申請、または同意についての規定を追加すること、第6条において、審議会の名称を「文化財保護審議会」に変更すること、第8条において、「管理責任者」及び第9条として「届出」について条文を追加すること、第10条において、文化財の管理者等が現状を変更しようとするときは、従来の協議制から許可制に変更すること、第12条において、助成を行った場合の取り消し規定を追加したことなどであります。


 次に、議第62号について申し上げます。


 本案は、文化財調査審議会設置条例の一部を改正する条例の制定についてであります。これは議第61号で御説明したとおり、審議会の名称を「文化財調査審議会」から「文化財保護審議会」に変更すること及び所要の変更を行いというものであります。


 次に、議第63号について御説明申し上げます。


 本案は、企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。これは、西山・刈羽ガス企業団の解散及び当該事業の本市への譲渡に伴い、所要のみなし規定を附則に追加するなどいたしたいというものであります。


 次に、議第64号について御説明申し上げます。


 本案は、ガス供給条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。これは、1つは、柏崎地区ガス事業の区域について、原料価格の引き下げや販売の強化、事務の効率化などの経営努力により安定した収益を維持していることから、市民の皆さんに利益を還元し、さらに使用をいただけるよう小口平均で7.49%、一般家庭用平均で3.59%の料金引き下げを行うとともに、標準熱量を現在供給している熱量に変更すること、2つ目として、ガス料金について消費税の総額表示及び税込み請求方式に変更するため、所要の改正を行いたいというものであります。


 改正の概要について申し上げます。


 第15条においては、柏崎地区ガス事業の区域の標準熱量を43.1メガジュールに変更すること、第22条及び別表においては、消費税の総額及び税込み請求方式に変更すること、別表第2においては、ガス料金を改定することなどについて規定しております。


 次に、議第65号について御説明申し上げます。


 本案は、上水道事業給水条例の一部を改正する条例の制定についてであります。これは、料金について消費税の総額表示及び税込み請求方式に変更するため、所要の改正を行いたいというものであります。


 次に、議第66号について申し上げます。


 本案は、簡易水道事業給水条例の一部を改正する条例の制定についてであります。これは議第65号で申し上げたとおり、料金について消費税の総額表示及び税込み請求方式に変更するため、所要の改正を行いたいというものであります。


 次に、議第67号について申し上げます。


 本案は、工業用水道事業給水条例の一部を改正する条例の制定についてであります。これは議第65号で申し上げたとおり、料金について消費税の総額表示及び税込み請求方式に変更するため、所要の改正を行いたいというものであります。


 次に、議第68号について御説明申し上げます。


 本案は、公の施設の指定管理者の指定についてでございます。これは、市内の各「コミュニティセンター」の管理を行う指定管理者を「各地域のコミュニティ協議会」とし、その指定期間を平成17年4月1日から平成27年3月31日までの10年間にいたしたいというものであります。


 なお、本議案を含め、議第79号までの公の施設の指定管理者の指定については、去る12月議会において指定管理者に対応するため条例の一部改正を行ったところでありますが、「公の施設の指定管理者制度導入に係る運用方針」に基づき、公募せずに指定管理者(候補者)を選定するという特例措置を適用しているものでございます。


 次に、議第69号について御説明申し上げます。


 本案は、公の施設の指定管理者の指定についてでございます。これは、「コレクション展示館第1展示館」の管理を行う指定管理者を「財団法人痴娯の家」とし、その指定期間を平成17年4月1日から平成22年3月31日までの5年間といたしたいというものであります。


 次に、議第70号について御説明申し上げます。


 本案は、公の施設の指定管理者の指定についてでございます。これは、「コレクション展示館第2展示館」の管理を行う指定管理者を「財団法人黒船館」とし、その指定期間を平成17年4月1日から平成22年3月31日までの5年間といたしたいというものであります。


 次に、議第71号について御説明申し上げます。


 本案は、公の施設の指定管理者の指定についてでございます。これは、「コレクション展示館第3展示館」の管理を行う指定管理者を「財団法人同一庵藍民芸館」とし、その指定期間を平成17年4月1日から平成22年3月31日までの5年間といたしたいというものであります。


 次に、議第72号について御説明申し上げます。


 本案は、公の施設の指定管理者の指定についてでございます。これは、「鵜川総合研修センター」の管理を行う指定管理者を「鵜川振興協議会」とし、その指定期間を平成17年4月1日から平成27年3月31日までの10年間といたしたいというものであります。


 次に、議第73号について御説明申し上げます。


 本案は、公の施設の指定管理者の指定についてでございます。これは、「鵜川体育館」の管理を行う指定管理者を「鵜川振興協議会」とし、その指定期間を平成17年4月1日から平成27年3月31日までの10年間といたしたいというものであります。


 次に、議第74号について御説明申し上げます。


 本案は、公の施設の指定管理者の指定についてでございます。これは、「上米山生活改善センター」の管理を行う指定管理者を「上米山地区コミュニティ振興協議会」とし、その指定期間を平成17年4月1日から平成27年3月31日までの10年間といたしたいというものであります。


 次に、議第75号について御説明申し上げます。


 本案は、公の施設の指定管理者の指定についてでございます。これは、「伝統文化活用型交流促進施設」の管理を行う指定管理者を「柏崎農業協同組合」とし、その指定期間を平成17年4月1日から平成22年3月31日までの5年間といたしたいというものであります。


 次に、議第76号について御説明申し上げます。


 本案は、公の施設の指定管理者の指定についてでございます。これは「田島活性化施設」の管理を行う指定管理者を「田島町内会」とし、その指定期間を平成17年4月1日から平成27年3月31日までの10年間といたしたいというものであります。


 次に、議第77号について御説明申し上げます。


 本案は、公の施設の指定管理者の指定についてでございます。これは、「番神漁村センター」の管理を行う指定管理者を「柏崎漁業協同組合」とし、その指定期間を平成17年4月1日から平成27年3月31日までの10年間といたしたいというものであります。


 次に、議第78号について御説明申し上げます。


 本案は、公の施設の指定管理者の指定についてでございます。これは、「柏崎さけのふるさと公園」の管理を行う指定管理者を「青海川町内会」とし、その指定期間を平成17年4月1日から平成22年3月31日までの5年間といたしたいというものであります。


 次に、議第79号について御説明申し上げます。


 本案は、公の施設の指定管理者の指定についてでございます。これは、「松波体育館」の管理を行う指定管理者を「松波地区コミュニティ振興協議会」とし、その指定期間を平成17年4月1日から平成27年3月31日までの10年間といたしたいというものであります。


 次に、議第80号について申し上げます。


 本案は、柏崎市、高柳町、小国町、刈羽村、西山町及び出雲崎町の公の施設の相互利用に関する協定の廃止についてであります。これは、小国町が本年4月1日に長岡市に編入合併されることから、同協定を本年3月31日限りをもって廃止する必要があるためであります。


 次に、議第81号について御説明申し上げます。


 本案は、柏崎市、高柳町、刈羽村、西山町及び出雲崎町の公の施設の相互利用に関する協定を締結についてであります。これは、議第80号で御説明したとおり、小国町が長岡市に編入合併されることから現協定を廃止し、小国町を除く5市町村で新たに公の施設の相互利用に関する協定を締結いたしたいというものであります。


 次に、議第82号について御説明申し上げます。


 本案は、柏崎市刈羽郡介護認定審査会を共同設置する普通地方公共団体の数の減少及び柏崎市刈羽郡介護認定審査会共同設置規約の変更についてであります。これは、小国町が本年4月1日に長岡市に編入合併されることから、同審査会を設置する普通地方公共団体の数を減少させるとともに、それに伴い、規約について、所要の改正を行いたいというものであります。


 次に、議第83号について御説明申し上げます。


 本案は、柏崎市刈羽郡介護認定審査会を共同設置する普通地方公共団体の数の減少及び柏崎市刈羽郡介護認定審査会共同設置規約の変更についてであります。これは、高柳町及び西山町が本年5月1日に柏崎市に編入合併されることから、同審査会を設置する普通地方公共団体の数を減少させるとともに、それに伴い、規約について、所要の改正を行いたいというものであります。


 次に、議第84号について御説明申し上げます。


 本案は、柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会を共同設置する普通地方公共団体の数の減少及び柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会共同設置規約の変更についてであります。これは議第82号と同様に、小国町が本年4月1日に長岡市に編入合併されることから、同委員会を設置する普通地方公共団体の数を減少させるとともに、それに伴い、規約について、所要の改正や条文の整理を行いたいというものであります。


 次に、議第85号について御説明申し上げます。


 本案は、柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会を共同設置する普通地方公共団体の数の減少及び柏崎刈羽予防接種健康被害調査委員会共同設置規約の変更についてであります。これは議第83号と同様に、高柳町及び西山町が本年5月1日に柏崎市に編入合併されることから、同審査会を設置する普通地方公共団体の数を減少させるとともに、それに伴い、規約について、所要の改正を行いたいというものであります。


 次に、議第86号について御説明申し上げます。


 本案は、北陸自動車道の救急業務に係る関係関連事務の受託の廃止についてであります。これは、本年4月30日限りで新潟県柏崎地域広域事務組合が解散することから、当該事務の受託を廃止したいというものであります。


 次に、議第87号について申し上げます。


 本案は、消防に関する事務の受託についてであります。これは、新潟県柏崎地域広域事務組合の解散及び当該事務の本市への承継に伴い、刈羽村の消防団、消防水利及び水防に関する事務を除く消防に関する事務について規約を定め、本市が刈羽村から当該事務を受託するためであります。


 次に、議第88号について申し上げます。


 本案は、消防に関する事務の受託についてであります。これは、議第87号と同様の理由から、出雲崎町の消防団、消防水利及び水防に関する事務を除く消防に関する事務について規約を定め、本市が出雲崎町から当該事務を受託するためであります。


 次に、議第89号について申し上げます。


 本案は、し尿の収集運搬・し尿処理に関する事務の受託についてであります。これは議第87号と同様の理由から、刈羽村のし尿の収集運搬・し尿処理に関する事務について規約を定め、本市が刈羽村から当該事務を受託するためであります。


 次に、議第90号について申し上げます。


 本案は、ごみ処理・最終処分場に関する事務の受託についてであります。これは、議第87号と同様の理由から、刈羽村のごみ処理・最終処分場に関する事務について規約を定め、本市が刈羽村から当該事務を受託するためであります。


 次に、議第91号について申し上げます。


 本案は、火葬に関する事務の受託についてであります。これは議第87号と同様の理由から、刈羽村の火葬に関する事務について規約を定め、本市が刈羽村から当該事務を受託するためであります。


 次に、議第92号について申し上げます。


 本案は、新潟県立こども自然王国の管理及び運営に関する事務の受託についてであります。これは、本年5月1日に高柳町が本市に編入合併されることから、新潟県から高柳町が受託している新潟県立こども自然王国の管理及び運営に関する事務について、本市が引き継ぐ必要があることから、新たに新潟県から当該事務を受託したいというものであります。なお、同施設の管理条例については、昨年12月議会において御議決をいただいております。


 次に、議第93号について御説明申し上げます。


 本案は、休日急患診療に関する事務の受託の廃止についてであります。


 これは、議第92号と同様に、本年5月1日に高柳町が本市に編入合併されることから、当該事務の受託を廃止いたしたいというものであります。


 次に、議第94号について申し上げます。


 本案は、休日急患診療に関する事務の受託の廃止についてであります。これは、本年5月1日に西山町が本市に編入合併されることから、当該事務の受託を廃止いたしたいというものであります。


 次に、議第95号について申し上げます。


 本案は、財産の減額貸付及び無償貸付について(土地及び建物)であります。これは、旧高浜保育園に係る財産について、デイサービス事業等を実施する予定の株式会社さくら介護サービスに対して、土地にあっては固定資産税相当額に減額して貸し付けるとともに、建物にあっては無償で貸し付けたいというものであります。


 次に、議第96号について申し上げます。


 本案は、市道路線の廃止についてであります。柏崎3−4号線、柏崎4−49号線及び柏崎11−88号線は、いずれも都市計画街路日吉町・北園町線の改良工事に伴い、起点及び終点地番を変更、またはいずれかを変更し、再認定するため廃止する路線であります。


 次に、議第97号について申し上げます。


 本案は、市道路線の認定についてであります。柏崎3−4号線、柏崎4−49号線、柏崎4−70号線、柏崎4−71号線及び柏崎11−88号線は、いずれも都市計画街路日吉町・北園町線の改良工事に伴い、起点及び終点地番を変更、またはいずれかを変更し、再認定する路線であります。


 柏崎11−199号線は、地元町内会の申請によるものであり、住民の生活道路として重要な路線であるため、新たに認定する路線であります。


 最後になりますが、議第100号について申し上げます。


 本案は、元気館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。これは、元気館において従来から子育て支援に関する業務を行ってきたところでありますが、今後は新かしわざき子ども夢ぷらんの策定を機に、その位置づけを明確にするため、子育て支援センターを設けることとしたいので、所要の改正を行いたいというものであります。


 以上、何とぞよろしく御審議いただきますようお願い申し上げます。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


○議長(今井元紀)


 以上で、本日の日程は全部終了しました。


 お諮りいたします。


 議事の都合により、2月25日を休会にいたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、2月25日は休会とすることに決定いたしました。


 本日は、これで散会いたします。


               午後 5時35分 散会


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する





   柏崎市議会議長   今  井  元  紀








   署名議員      宮  崎  栄  子








   署名議員      真  貝  維  義