議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 柏崎市

平成16年第7回定例会(第1日目12月20日)




平成16年第7回定例会(第1日目12月20日)




               目        次


 開 会 時 刻 …………………………………………………………………………  6


 日 程 第 1 …………………………………………………………………………  7


 日 程 第 2 …………………………………………………………………………  7


 日 程 第 3 …………………………………………………………………………  7


 日 程 第 4 ………………………………………………………………………… 13


 日 程 第 5 ………………………………………………………………………… 13


 日 程 第 6 ………………………………………………………………………… 13


 日 程 第 7 ………………………………………………………………………… 13


 日 程 第 8 ………………………………………………………………………… 13


 日 程 第 9 ………………………………………………………………………… 13


 日 程 第10 ………………………………………………………………………… 13


 日 程 第11 ………………………………………………………………………… 13


 日 程 第12 ………………………………………………………………………… 13


 日 程 第13 ………………………………………………………………………… 13


 日 程 第14 ………………………………………………………………………… 21


 日 程 第15 ………………………………………………………………………… 27


 日 程 第16 ………………………………………………………………………… 27


 日 程 第17 ………………………………………………………………………… 27


 日 程 第18 ………………………………………………………………………… 27


 日 程 第19 ………………………………………………………………………… 27


 日 程 第20 ………………………………………………………………………… 27


 日 程 第21 ………………………………………………………………………… 27


 日 程 第22 ………………………………………………………………………… 32


 日 程 第23 ………………………………………………………………………… 33


 日程追加案件(議第188号)………………………………………………………… 34


 日程追加案件(議第189号)………………………………………………………… 40


 日 程 第24 ………………………………………………………………………… 43


 日 程 第25 ………………………………………………………………………… 43


 日 程 第26 ………………………………………………………………………… 43


 日 程 第27 ………………………………………………………………………… 46


 日 程 第28 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第29 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第30 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第31 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第32 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第33 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第34 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第35 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第36 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第37 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第38 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第39 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第40 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第41 ………………………………………………………………………… 47


 日 程 第42 ………………………………………………………………………… 52


 日 程 第43 ………………………………………………………………………… 56


 日 程 第44 ………………………………………………………………………… 56


 日 程 第45 ………………………………………………………………………… 57


 日 程 第46 ………………………………………………………………………… 58


 日 程 第47 ………………………………………………………………………… 58


 日 程 第48 ………………………………………………………………………… 58


 日 程 第49 ………………………………………………………………………… 58


 日 程 第50 ………………………………………………………………………… 60


 日 程 第51 ………………………………………………………………………… 60


 日程追加案件(議第190号)………………………………………………………… 61


 日程追加案件(議員発案第25号)…………………………………………………… 62


 日程追加案件(議員発案第26号)…………………………………………………… 64


 日 程 第52 ………………………………………………………………………… 66


 散 会 時 刻 ………………………………………………………………………… 67


 委員会審査報告書………………………………………………………………………… 67


 署 名 議 員 ………………………………………………………………………… 68





          平成16年第7回柏崎市議会定例会会議録


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


           平成16年12月20日(月)第1日目


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


                議事日程第1号


           平成16年12月20日午前10時開議





第 1         会期の決定


第 2         会議録署名議員の指名


第 3         市長の所信表明演説


第 4(承第 27号) 専決処分報告について(平成16年度一般会計補正予算(第8


            号))


第 5(承第 28号) 専決処分報告について(平成16年度ガス事業会計補正予算


            (第3号))


第 6(承第 29号) 専決処分報告について(平成16年度水道事業会計補正予算


            (第4号))


第 7(承第 30号) 専決処分報告について(介護保険条例の一部を改正する条例)


第 8(承第 31号) 専決処分報告について(平成16年度一般会計補正予算(第9


            号))


第 9(承第 32号) 専決処分報告について(平成16年度墓園事業特別会計補正予


            算(第2号))


第10(承第 33号) 専決処分報告について(平成16年度下水道事業特別会計補正


            予算(第4号))


第11(承第 34号) 専決処分報告について(平成16年度農業集落排水事業特別会


            計補正予算(第2号))


第12(承第 35号) 専決処分報告について(平成16年度ガス事業会計補正予算


            (第4号))


第13(承第 36号) 専決処分報告について(平成16年度水道事業会計補正予算


            (第5号))


第14(承第 18号) 決算の認定について(平成15年度一般会計)(継審案件)


第15(承第 19号) 決算の認定について(平成15年度国民健康保険事業特別会


            計)(継審案件)


第16(承第 20号) 決算の認定について(平成15年度老人保健特別会計)(継審


            案件)


第17(承第 21号) 決算の認定について(平成15年度土地取得事業特別会計)


            (継審案件)


第18(承第 22号) 決算の認定について(平成15年度下水道事業特別会計)(継


            審案件)


第19(承第 23号) 決算の認定について(平成15年度墓園事業特別会計)(継審


            案件)


第20(承第 24号) 決算の認定について(平成15年度農業集落排水事業特別会計)


            (継審案件)


第21(承第 25号) 決算の認定について(平成15年度介護保険特別会計)(継審


            案件)


第22(議第 82号) 平成16年度一般会計補正予算(第10号)


第23(議第 83号) 柏崎市及び柿崎町の公の施設の相互利用に関する協定の廃止に


            ついて


第24(議第 92号) 公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条


            例


第25(議第 93号) コミュニティセンター設置及び管理に関する条例の一部を改正


            する条例


第26(議第 94号) 手数料条例の一部を改正する条例


第27(議第 95号) コレクション展示館設置及び管理に関する条例の一部を改正す


            る条例


第28(議第 96号) 上米山生活改善センター設置及び管理に関する条例の一部を改


            正する条例


第29(議第 97号) 鵜川総合研修センター設置及び管理に関する条例の一部を改正


            する条例


第30(議第 98号) 鵜川体育館設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例


第31(議第 99号) 伝統文化活用型交流促進施設の設置及び管理に関する条例の一


            部を改正する条例


第32(議第100号) 田島活性化施設設置及び管理に関する条例の一部を改正する条


            例


第33(議第101号) 番神漁村センター設置及び管理に関する条例の一部を改正する


            条例


第34(議第102号) 柏崎さけのふるさと公園設置及び管理に関する条例の一部を改


            正する条例


第35(議第103号) 田尻いこいの広場設置及び管理に関する条例の一部を改正する


            条例


第36(議第104号) 市民の森交流施設設置及び管理に関する条例の一部を改正する


            条例


第37(議第105号) 鵜川体験の里「ほたる」設置及び管理に関する条例の一部を改


            正する条例


第38(議第106号) 市立学校設置条例の一部を改正する条例


第39(議第107号) 学校給食共同調理場設置条例の一部を改正する条例


第40(議第108号) 体育施設設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例


第41(議第109号) 松波体育館設置及び管理に関する条例


第42(議第 84号) 平成16年度一般会計補正予算(第11号)


第43(議第 85号) 平成16年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)


第44(議第 86号) 平成16年度介護保険特別会計補正予算(第2号)


第45(議第 87号) 平成16年度墓園事業特別会計補正予算(第3号)


第46(議第 88号) 平成16年度下水道事業特別会計補正予算(第5号)


第47(議第 89号) 平成16年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)


第48(議第 90号) 平成16年度ガス事業会計補正予算(第5号)


第49(議第 91号) 平成16年度水道事業会計補正予算(第6号)


第50(議第110号) 新潟県柏崎地域広域事務務組合規約の変更について


第51(議第111号) 市道路線の認定について


第52         諸般の報告


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


本日の会議に付した事件


議事日程のほかに下記案件


日程追加案件(議第188号) 新潟県中越地震に係る災害被害者に対する個人の市民税


               の減免の特例に関する条例


日程追加案件(議第189号) 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数


               の減少及び規約の変更について


日程追加案件(議第190号) 平成16年度一般会計補正予算(第12号)


日程追加案件(議員発案第25号) 新潟県中越大震災に対する特別立法の措置に関する


                 意見書(案)


日程追加案件(議員発案第26号) 北朝鮮に対する抗議と即時経済制裁を求める意見書


                 (案)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


出席議員(27人)


                 議 長(23番)今   井   元   紀


                 副議長(27番)霜   田       彰


 1番 若   井   洋   一     2番 宮   崎   栄   子


 3番 笠   原   浩   栄     4番 高   橋   新   一


 5番 矢   部   忠   夫     6番 荒   城   彦   一


 7番 佐   藤   敏   彦     8番 飯   塚   寿   之


 9番 池   田   千 賀 子    10番 持   田   繁   義


11番 五 位 野   和   夫    12番 若   井   恵   子


13番 真   貝   維   義    14番 遠   藤       清


15番 本   間   厚   幸    16番 吉   野   芳   章


17番 金   子   錦   弥    18番 武   藤   司   郎


20番 五 十 嵐   直   樹    21番 丸   山   敏   彦


22番 小   池       寛    24番 三 井 田   孝   欧


25番 中   村   明   臣    26番 入   沢   徳   明


30番 梅   沢       明


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


欠席議員(2人)


28番 坂   井   隆   雄    29番 戸   田       東


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


欠  員(1人)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


職務のため議場に出席した事務局職員


事務局長  茂  野  信  之   事務局長代理   阿  部  忠  夫


庶務係長  佐  藤  世志光    議事調査係主任  高  橋  和  行


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


説明のため出席した者


    市     長          会 田   洋


    収  入  役          棚 橋 二三男


    総合企画部長           品 田 正 樹


    市民生活部長           山 田 信 行


    福祉保健部長           大 谷 正 利


    産業振興部長           若 山 正 樹


    都市整備部長           田 村 史 朗


    人事課長             清 水 紀 彦


    財務課長             村 木 正 博


    企画政策課長           山 田   秀


    税務課長             長 井 武 彦


    防災・原子力安全対策課長     布 施   実


    市民活動支援課長         高 橋 敏 郎


    市民課長             入 江 洋 一


    環境政策課長           酒 井   明


    福祉課長             渡 辺   仁


    子ども課長            霜 田 直 幸


    観光交流課長           堀   敏 昭


    商工振興課長           三井田   隆


    農林水産課長           内 山   均


    都市整備課長           栗 原 研 爾


    国保医療課長代理         高 橋 昭 彦


    ガス水道局長           歌 代 俊 樹


    ガス水道局業務課長        小 竹 省一郎


    教育長              小 林 和 徳


    教育次長             山 田 哲 治


    教育委員会教育総務課長      真 貝 清 一


    教育委員会生涯学習・体育課長   永 井 郁 雄


    教育委員会文化振興課長      小 林 清 禧


    監査委員兼選挙管理委員会事務局長 荒 木 武 博


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


               午前10時00分 開会


○議長(今井元紀)


 ただいまから、平成16年第7回柏崎市議会定例会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 ただいまの出席議員数は27名です。


 欠席届は、坂井隆雄議員及び戸田 東議員です。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第1 会期の決定


○議長(今井元紀)


 日程第1 会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期定例会の会期は、本日から平成17年1月12日までの24日間といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、会期は24日間と決定いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第2 会議録署名議員の指名


○議長(今井元紀)


 日程第2 会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、飯塚寿之議員及び吉野芳章議員を指名いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第3 市長の所信表明演説


○議長(今井元紀)


 日程第3 市長の所信表明演説を行います。


 市長。


○市長(会田 洋)


                  所信表明


 12月定例議会の冒頭に当たり、私の所信を議員各位、並びに市民の皆さまに述べさせていただくことを大変光栄に存じます。


 先に行われた市長選挙において、市民の皆さまからの力強いご支援とご厚情を賜り、お陰をもちまして、初当選の栄に浴することができました。あらためて、その責任の重さを自覚するとともに、市民の皆さまから寄せられました期待と信頼にお応えするため、新しい柏崎のまちづくりに誠心誠意、全力で取り組んでまいります。


 これまで訴えてまいりました“市民の皆さまの声が生かされる市政”を進めながら、私が、まちづくりの基本理念として掲げました、安心して心豊かに暮らせるまちづくり、福祉・環境・文化を大切にするまちづくり、働く場づくり・人づくりの実現を目指して、着実に力強く邁進する決意であります。議員各位、並びに市民の皆さまのお力添えをよろしくお願い申し上げます。


 以下に、市長としての私の基本姿勢と市政運営の基本的な考え方を述べさせていただきます。


 まず、当面する課題への取り組みでございます。


 今年は、水害や台風、そして、中越大震災と、相次いで自然災害に見舞われ、市民の皆さまの生活、そして、柏崎の経済が重大な影響を受けたことは、ご承知のとおりであります。被害を受けられた地域の早期復旧と、被災された方々の一日も早い生活再建、さらには、風評等の二次的な被害を受けておられる関係者への支援などに、全力を挙げて取り組んでまいります。被災された皆さま方には、もうしばらくの間、不便な生活をご辛抱いただくことになりますが、ご理解とご協力をお願い申し上げる次第であります。


 なお、このたびの災害を教訓として、改めて災害に強いまちづくりに向けた取り組みを進め、防災計画の見直しなど、必要な措置を講じてまいります。


 市政運営の基本となる市の財政につきましては、公共用施設維持管理基金の積立て、毎年度の起債限度額の設定、新税創設といった措置を講ずるなど、苦しい財政状況の中でも、健全財政の維持に腐心してきたこれまでの努力を評価しつつ、引き続き健全財政の確立に努めてまいります。


 しかし、こうした努力にもかかわらず、本市の財政状況は、市税収入に大きな割合を占める東京電力の固定資産税の逓減が続く中、国の三位一体改革の影響や、相次ぐ自然災害に伴う復旧への財源投入等により、財政調整基金が、ほぼ底をつき、厳しい財政状況にあります。加えて、来年度に控えた高柳町・西山町との合併に伴い予想される財政需要、一連の災害の本格復旧に要する費用、必至とされる更なる三位一体改革による財源不足など、今後の財政運営には容易ならざるものがあります。


 今後は、各施策や事業の必要性・緊急性・有効性などを十分に吟味して、優先順位付けと絞込みを行うほか、事務事業の見直しにより、無駄を省き、経費の節減を図ることにより、より健全な財政運営に努めたいと存じます。さらには、こうした状況を逆にチャンスと捉え、英知を集めて行政の資的向上を図り、市民生活に活力をもたらすよう、意欲をもって取り組んでまいります。


 来たる年、5月1日に迫っている高柳町・西山町との合併につきましては、既に合併のための必要な協議は、ほぼ終了しておりますので、これまでの経緯、協議、並びに合意内容に沿って、合併が円滑に行われるよう、具体の準備を進めてまいります。合併に伴って両町に設置される地域自治区という新しいシステムが、その所期の目的を十分達成できるよう、関心を持って取り組むとともに、両地域の持つ特性や活力を生かし、相乗的な力に高めながら、新しい柏崎市全体のまちづくりを一体的に進めてまいります。


 次に、主な施策の基本方針について申し上げます。


 次に、主な施策について、その基本的な方針を申し述べたいと思います。


 詳しくは、平成17年度の予算をご審議いただく2月定例議会の場において、施政方針の中で述べさせていただくこととしまして、施策に関する、今日の私の所信は、これまで市民の皆さまに訴えてまいりましたことを柱として、その主なものについて述べさせていただきたいと存じます。


 まず、1番目に、医療・福祉・子育てについてでございます。


 健康で長寿を迎えることは、だれもが等しく望むところであります。市民一人ひとりが健康を保持し、その増進を図っていくためには、地域医療の確保と充実が重要な課題であります。


 しかし、本市の医療体制の現状に対する市民の満足度は極めて低く、救急医療や小児医療を始めとする地域医療の充実を求める切実な声もございます。今後、県・医師会・医療機関なども加えた協議の場を設け、訪問医療体制も含めた柏崎地域の医療体制の整備拡充について、協議・検討してまいります。


 柏崎市は、65歳以上の高齢化率が24%を超え、4人に1人が高齢者という時代に入りました。高齢者の皆さまが、老後も住み慣れた地域で、家庭的な雰囲気の中で必要な介護を受け、安心して快適な生活が送ることができるよう、在宅介護サービスの更なる充実を図るとともに、将来的には、各地域にデイサービスや訪問介護、宅老所的な機能などを備えた空き施設・空き家などを利用しての小規模多機能施設の整備を進めたいというふうに考えております。


 一方、柏崎市の合計特殊出生率は1.46人と、全国や県の平均数値を上回っているものの、数年来、連続して低下傾向にあります。現在、策定中の次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画「新かしわざきこども夢ぷらん」を基に、地域における子育て支援の更なる充実を図り、安心して子どもを産み、育てることのできる環境の整備に努めてまいります。


 あわせて、障がいのある方も、安心して暮らせるまちづくりを進めることが大切な課題であると認識し、“ノーマライゼーション”の考え方を基本に、障がいのある・なしにかかわらず、すべての人の人権が尊重され、社会的に等しく生活できるまちづくりを目指します。


 市民の健康を保持し、人づくりの上でも大きなウエイトを占めるスポーツの振興につきましても、力を注いでまいります。


 2番目に、産業の振興と働く場づくりについてでございます。


 活発な経済活動は、安定した市民生活を保障する大切な基盤であります。現在の全国規模の厳しい社会経済情勢の下で、地域産業の振興と雇用の場の創出が、当面する市政の最重要課題であると認識をしております。柏崎に働く場を増やし、地域経済に活力をもたらすことに全力で取り組んでまいります。そのため、主要産業である機械・金属等を始めとする地場産業の振興と育成を最優先に力を注いでまいります。高い技術と意欲を持った人や、企業を支援するシステムを構築するとともに、産・学連携による、地元リーディング企業の育成を戦略的に図るため、企業側のニーズと大学側のシーズのマッチングによる技術開発の共同研究を支援してまいります。また、今後、成長が期待される新規産業分野への事業展開や起業に対しても、積極的に応援をしてまいります。


 企業誘致につきましては、私自らが誘致セールスの先頭に立って、全力で取り組んでまいりたいと存じます。また、企業誘致のほか、雇用の拡大にむけた体制の強化を図るとともに、国・県の関係機関等との連携を一層緊密にしてまいりたいと存じます。


 柏崎フロンティアパークにつきましては、下ケ久保C遺跡を一部現状保存した上で、造成事業を継続するという方針が既に出されておりますが、私は、柏崎フロンティアパーク整備の必要性は十分認識しているものの、軽井川南遺跡群の保存・活用策については、もう少し時間をかけた検討が必要であると考えます。造成事業の継続との兼ね合いで、どう保存し、活用を考えたらよいか、関係機関、専門家などとも協議した上で、近々に方向性を出したいというふうに思っております。


 中心市街地の活性化のためには、商業機能だけではなく、文化・アミューズメント・各種サービス機能を始めとする多様な集客機能を集めてまちの魅力を高めること、また、多くの市民の皆さまが関心を持つ仕組みづくりや仕掛けづくりを充実させることなど、工夫を凝らす必要があります。そのためには、行政といたしましても、商工会議所・商店街などと連携を深めながら、商業者の意欲や創意工夫に対して一層の支援を行うほか、様々な応援体制を取ってまいりたいというふうに考えております。


 フォンジェの問題につきましては、今年度で、これまでの支援の枠組みが終了することになりますが、中心市街地の活性化の視点、多くの方々から利用されているキッズマジックの展開、まちなかの子育て支援事業の必要性なども視野に入れながら、その新たな活用策も含めた今後の対応について、改めて検討してまいります。


 柏崎の海・山・里の豊かな自然、歴史と文化を大切に守り育て、これらを生かして、観光入込客の増加と交流の促進を図ってまいります。高柳町・西山町との合併を機に、それぞれの地域の特性を生かした観光地点を結びつけ、回遊性のある広域的、個性的な観光地づくりに取り組み、広範な宣伝活動を行うことにより、誘客の増加を図ってまいります。


 食料自給率の向上や国土保全・水源涵養など、農業・農村の多面的な機能を守りながら、他地域に比べて著しく低い柏崎地域の農業の生産性を高めていくことが大きな課題となっております。そのため、平成9年度に着手した国営土地改良事業に伴う関連事業の「かんがい事業」及び「ほ場整備事業」推進のため、地元農家への支援と併せ、事業執行体制の強化を図ってまいります。あわせて、地産地消の推進、担い手の育成、高品質良食味の売れる米づくりへの取り組みなど、農業の振興に努めてまいります。


 3番目に、原子力発電所との共存と安全性確保についてでございます。


 東京電力柏崎刈羽原子力発電所につきましては、本市の重要な産業との認識の下、共存に努め、相互の信頼関係の醸成に努力してまいります。固定資産税を始めとする電源財源の活用、地元雇用の確保、地元経済活動に対する寄与など、原子力発電所が果たしている役割は、非常に大きなものがあります。今後とも、東京電力という大企業の持つ総合力をもって、地域振興の各般にわたって貢献していただくことを期待するものであります。


 原子力発電所の安全性につきましては、市民の皆さまが等しく強い関心を持っているところであり、市民の安全と健康を守る市長の立場といたしましても、この問題はゆるがせにできないところであります。国と東京電力に対し、徹底した情報公開と安全性の確保を最大限求めるとともに、一昨年の、東京電力の不正問題を契機に提起された原子力安全・保安院の分離・独立を含む安全規制の在り方については、引き続き国に強く働きかけてまいります。


 また、原子力発電所にかかわる安全協定の問題、防災計画等につきましては、今後とも、県との連携を密にしながら、原発立地点の首長として、市民の安全と健康を守る立場から、責任を持って対応できる体制の整備に努めてまいります。


 4番目に、人材の育成についてでございます。


 そのまちが栄えるも、衰えるも、すべて人に在ります。すなわち、まちづくりは人づくりに在ります。地域の将来を担う子どもたちの教育の重要性は、改めて論ずるまでもありませんが、人づくりの基盤は、家庭、学校、そして、地域社会です。


 学校教育では、心豊かで、自ら学び続け、柏崎を愛する子どもの育成を目指します。学ぶことに対する意識付けや動機付けを図りながら、子どもたちの基礎学力を高める必要があります。教育現場の声を生かしつつ、保護者・学校・地域が一体となった取り組みを全市的な運動として進めてまいります。また、子どもたちが安心して学べるよう、学校だけでなく、通学路も含めた安全な教育環境の整備に努めてまいります。


 生涯学習の面では、学ぶ喜びを持った心豊かな市民の育成を目指します。市民が学ぶ場を持ち、そこでの学習を通じて知識を習得し、生きがいを実感することができるよう、各種の施策を推進してまいります。


 5番目に、まちづくりについてでございます。


 「柏崎市第三次長期発展計画」の計画期間が、今年度をもって終了することから、今後、2ヵ年をかけて新しい柏崎市のまちづくりの基本となる次期総合計画、いわゆるマスタープランを、多くの市民の皆さまの参画をいただきながら策定したいと思っております。合併が一段落した後の、長岡・上越の両圏域に挟まれた、柏崎市のこれからのまちづくりのビジョン及び歩むべき方向性について、市民の英知を集めて、まとめ上げたい考えでございます。


 市民生活の基となる都市基盤の整備につきましては、生活環境改善のための公共下水道事業や合併浄化槽補助事業、幹線道路としての国道の改良事業、災害に強いまちを目指す、河川改修や治水ダムの建設など、従来進めてきた重要事業は、引き続き、国・県との連携、協力の下、その進捗を図ってまいります。また、市民生活にとって身近な市道等生活関連道路や側溝の整備・補修、通学路における防犯灯の設置など、暮らし回りの安全で快適なまちづくりにも一層力を入れてまいります。あわせて、柏崎にふさわしい景観を大切にし、まちなかに花や緑を増やすことによって、美しいまちづくりを進めます。


 人々の生活と心に潤いと豊かさを与えてくれるのは、その地域の匂いが香る歴史や文化です。永年培われた柏崎の歴史や生活文化を大切に守り育てるとともに、国指定重要無形民俗文化財の「綾子舞」を始めとする歴史的文化財の保護に努め、市民の様々な芸術活動・文化活動を応援するなど、柏崎の自然・歴史・文化を生かした魅力あるまちづくりを進めてまいります。


 6番目に、環境対策についてでございます。


 地球規模の課題である地球温暖化対策につきましては、国・県・市町村が、それぞれの役割を果たさなければなりません。本市におきましても、公共施設を中心に、再生可能エネルギーの普及に力を入れるとともに、市民、民間事業者、行政挙げて省エネルギーの推進を図り、二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量を削減するための取り組みを強めてまいります。あわせて、ごみの減量を図り、資源循環型社会の実現に向けて、様々な施策を展開いたします。また、環境産業の育成と振興にも力を注いでまいります。


 7番目に、市役所改革、行政改革についてでございます。


 国・地方を通して、いわゆる公的部門の漸進的な整理・縮小が避けて通れない状況を踏まえると、地方公共団体においても、新しい発想で、どう公共性・公益性を実現していくか、その方策を検討していく必要があります。


 これからの市役所には、何よりも、職員一人ひとりが市民の目線に立って物事を考え、市民の立場に立って仕事を進めることが望まれます。職員が、より一層のコスト意識とスピード感覚を持って市民サービスの向上に努めるとともに、その能力を最大限に生かし、意欲を持って行政に携わることができるよう、様々な研修を通じて、職員の意識啓発を図ってまいります。


 また、公平・公正な人材育成型の人事評価制度の構築に取り組み、女性職員の育成や管理職への登用も積極的に進めます。


 行財政改革にも意を用い、行政の担うべき役割を不断に検証しながら、事務事業を含む行政運営全般の見直し、民間委託の推進や職員の適正な定員管理の徹底などにより、無駄を省いた、効率的で効果的な行政運営を図ってまいります。


 以上が、主な施策に対する私の基本的な考え方でございます。


 なお、私は、今回の選挙において、現在、計画されている三つの事業について、その見直しを公約してまいりました。


 柏崎・夢の森公園につきましては、その決定の経緯や計画の内容について、必ずしも市民の理解を得ているとはいえない状況にあり、また、将来の市民負担がどうなるのか、改めて検証が必要であると認識しております。この計画に対する市民の皆さまへの、更なる説明とご理解をいただく努力が必要であるとともに、将来的に市民負担が過重となることのないよう、必要な計画の見直しについて、寄附者である東京電力と協議をしてまいりたいというふうに考えております。


 ミニ新幹線構想につきましては、現状では、あまりにも課題が多く、その実現可能性に疑問を抱かざるを得ませんが、期成同盟会を構成している県を始め、関係市町村・団体とも、今後の方向性や進め方について十分意見交換をし、高速鉄道交通体系の下で、本市が陸の孤島とならないよう、交通利便性を高める方策について、改めて検討してまいります。


 合併特例債事業につきましては、三位一体改革を巡る議論に見られるように、国・地方の財政制度そのものの行く末も不透明な中、起債償還時における、国からの地方交付税措置が果たして約束どおりに実施されるかどうか、疑問視せざるを得ません。これら合併特例債事業が、将来、本市の財政運営の健全性を損ねることのないよう、国の動向をよく見極めつつ、議会及び両町とも、十分にご相談させていただきながら、事業実施時における事業費の精査や、特に、後年度に予定されている事業内容の検証と事業の優先順位付けなどを中心に、総額の抑制を図る方向で、全事業期間の中で必要な見直しを行ってまいりたいというふうに考えております。


 おわりに当たり、私が市政運営を進めるに際しての姿勢について、若干付言いたしたいと思います。


 市政の運営に当たっては、情報の公開を積極的に進めるとともに、広報・広聴活動に力を注ぎ、政策の立案から決定に至る過程などが、市民の皆さまに分かりやすくなるように努力をしてまいります。


 それぞれの地域や、いろいろな団体などに出向き、皆さまと、じかに対話をする「移動市長室」の実施や、いつでも市長に意見・提言ができる「市長への手紙」の制度化のほか、広報かしわざきにテーマを掲げて意見を寄せてもらうなど、様々な方法を通じて市民の声をお聞きし、それが生かされる市政を進めてまいります。また、市政の極めて重要な問題については、市民アンケートや「市民参加のまちづくり基本条例」にうたわれている市民投票の制度を活用して、市民の皆さまのご意見を聴き、議会ともご相談しながら、判断してまいります。


 あわせて、市民の自主的な活動を応援するとともに、市民と行政との協働によるまちづくり、市民の皆さまの力を生かしたまちづくりを展開してまいります。


 人が、生まれ、育ち、学び、働き、育み、支え合うといった、人生のそれぞれの段階に応じて、必要とされる適切なサービスが提供されることで、市民の皆さまが、安心して、元気で、希望を持って、地域に根を下ろして暮らし続けることができ、地域づくりの担い手となることが可能になるものと思います。私は、柏崎が、そのような住んで良かったと思えるまち、他に誇れるまちとして発展し続けるよう、まちづくりの各種施策を積極的に進めてまいりたいと考えております。


 そのためにも、国から地方への財源や権限の移譲を確かなものにして、地方自治体が自主的・主体的に物事を決めていくことができる、真の地方自治確立のために努力してまいる所存です。


 先の市長選挙で示されました市民の皆さまの意思は、これまでの市政の継続よりも、市政の変化・改革を求めるものであります。私は、このような市民の皆さまの気持・期待に応えるためにも、これまで3期12年にわたって市政を運営し、市民をリードしてこられた西川前市長のご努力に敬意を表しつつ、行政の継続性にも留意をしながら、じっくり腰を落として取り組み、変革すべきところはきめ細かく、しかも、大胆に変革をしてまいりたいというふうに考えております。


 私は、公平・公正で片寄らず、市民の皆さまの声が生かされる市政運営を進めてまいります。新しいまちづくりに力強く、積極果敢に挑戦いたします。ややもすれば、閉塞感に覆われがちな柏崎市に新しい風を吹き込み、「安心」、「元気」、「希望」に満ちた魅力あるまちを、市民の皆さまと力を合わせて創り上げていくために、全力で取り組む決意であります。


 議員各位、並びに市民の皆さまのご支援、お力添えをお願い申し上げまして、私の所信の表明とさせていただきます。


 どうもありがとうございました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第 4(承第27号) 専決処分報告について(平成16年度一般会計補正予算(第


             8号))


日程第 5(承第28号) 専決処分報告について(平成16年度ガス事業会計補正予算


             (第3号))


日程第 6(承第29号) 専決処分報告について(平成16年度水道事業会計補正予算


             (第4号))


日程第 7(承第30号) 専決処分報告について(介護保険条例の一部を改正する条例)


日程第 8(承第31号) 専決処分報告について(平成16年度一般会計補正予算(第


             9号))


日程第 9(承第32号) 専決処分報告について(平成16年度墓園事業特別会計補正


             予算(第2号))


日程第10(承第33号) 専決処分報告について(平成16年度下水道事業特別会計補


             正予算(第4号))


日程第11(承第34号) 専決処分報告について(平成16年度農業集落排水事業特別


             会計補正予算(第2号))


日程第12(承第35号) 専決処分報告について(平成16年度ガス事業会計補正予算


             (第4号))


日程第13(承第36号) 専決処分報告について(平成16年度水道事業会計補正予算


             (第5号))


○議長(今井元紀)


 日程第4 専決処分報告について(平成16年度一般会計補正予算(第8号))から日程第13 専決処分報告について(平成16年度水道事業会計補正予算(第5号))までの10件を一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。市長。


○市長(会田 洋)


 本会議に議案を上程し、御審議していただくに当たり、慣例によれば、市長のかわりに助役が提案理由を説明させていただくところであります。しかし、御案内のとおり、助役が不在でありますので、今議会におきましては、人事案件を除き、私にかわりまして、総合企画部長に提案理由を説明させたいと思います。


 議員各位におかれましては、何とぞ御了承賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(今井元紀)


 総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 承第27号から承第36号までについて、一括御説明申し上げます。


 本案は、去る10月24日及び11月8日に専決処分をさせていただきました、平成16年度各会計の補正予算の承認及び介護保険条例の一部を改正する条例の承認についてでございます。


 補正予算につきましては、いずれも、去る10月23日に発生いたしました新潟県中越地震災害に対して、早急な復旧作業が必要なことから、関係経費を10月24日と11月8日の2回にわたりまして、予算措置をさせていただいたものであります。


 内容につきましては、11月5日の全員協議会においても、一部、報告をさせていただいたところでありますが、まず、承第27号について、御説明申し上げます。


 本案は、平成16年度一般会計補正予算(第8号)の承認についてであります。


 この補正予算は、地震発生後、直ちに登庁して、災害対策に従事をいたしました職員の時間外勤務手当や緊急対策に係る費用5,000万円について措置したものであります。


 内容を御説明いたします。


 予算書の12ページ、13ページをごらんいただきたいと思います。


 9款消防費、1項5目災害対策費、10.23新潟県中越地震災害対策事業5,000万円は、職員の時間外勤務手当のほか、地震発生後、直ちに対処した避難所の開設に係る経費、危険箇所に表示するためのバリケード等の消耗品費、情報発信のためのホームページ運営等に要した経費などであります。


 なお、歳入につきましては、2ページにお戻りいただきまして、そこに記載にありますとおり、全額、繰越金により対応してございます。


 次に、承第28号について御説明を申し上げます。


 本案は、平成16年度ガス事業会計補正予算(第3号)の承認についてであります。


 予算書の1ページをごらんいただきたいと思います。


 第2条、新潟県中越地震の災害対応のための人件費として、第1款ガス事業費用、第1項営業費用311万1,000円、第2項営業雑費用5万8,000円をそれぞれ増額したというものでございます。


 第3条は、資本勘定支弁職員の人件費として、第1款資本的支出、第1項建設改良費56万1,000円を増額したというものでございます。


 第4条は、議会の議決を経なければ流用することのできない経費のうち、職員給与費の増額もあわせて行ったというものであります。


 次に、承第29号について御説明申し上げます。


 本案は、平成16年度水道事業会計補正予算(第4号)の承認についてであります。


 予算書の1ページをお開きいただきたいと思います。


 第2条は、新潟県中越地震の災害対応のための人件費及び赤坂山浄水場維持管理業務委託費として、第1款上水道事業費用、第1項営業費用454万4,000円、第2項営業雑費用7万2,000円、第2款簡易水道事業費用、第1項営業費用30万7,000円を、それぞれ増額いたしたというものでございます。


 第3条は、資本勘定支弁職員の人件費として、第1款資本的支出、第1項建設改良費74万7,000円を増額いたしたというものでございます。


 第4条は、議会の議決を経なければ流用することのできない経費のうち、職員給与費の増額もあわせて行ったというものであります。


 承第30号につきましては、説明の都合上、最後にさせていただきたいと思います。


 承第31号について、引き続き御説明を申し上げます。


 本案は、平成16年度一般会計補正予算(第9号)についてでございます。


 この補正予算は、災害復旧に係る経費で、12月定例会で御議決いただく前に執行せざるを得ない経費につきまして、総額11億3,480万1,000円を追加するとともに、必要な地方債補正を行ったものであります。


 予算書の16ページ、17ページをお開きいただきたいと思います。


 2款総務費、1項1目一般管理費、町内会関係経費の町内会集会施設建設事業補助金225万円は、小清水町内会の集会施設において、液状化現象により、合併浄化槽の汚泥槽が地表に浮き上がったことから、町内で改修工事を実施するに当たり、補助金を交付したいというものであります。


 5目財産管理費、庁舎整備工事費455万8,000円は、庁用車車庫2階の保存文書書庫に亀裂が入ったことから、補強工事を実施するとともに、一部、文書を移動する必要があるため、書棚を購入したいものであります。


 6目市民会館費、市民会館災害復旧事業134万8,000円は、市民会館前面の窓枠が危険な状態にあることから改修し、あわせて駐車場からの階段に亀裂があるため、補修をするものであります。


 12目市民活動振興費、コミュニティセンター整備事業1,860万円は、南鯖石コミュニティセンター及び北条コミュニティセンターなど、市内13ヵ所のコミュニティセンターで外壁、天井、床などに亀裂が入ったりしたため、改修をするものであります。


 2項2目賦課徴収費、資産税業務経費28万円は、減免申請用紙送付等に係る経費を、それから、諸税業務経費57万3,000円は、家屋調査の事務処理等に係る経費を、それぞれ追加するものであります。


 3款民生費、2項3目児童措置費、保育園運営費の保育園措置事業82万8,000円は、中鯖石保育園ほか2ヵ所の保育園で、浄化槽に亀裂等が入ったことから修繕するものであります。


 18ページ、19ページにまいります。


 4款衛生費、1項4目環境衛生費、合併処理浄化槽設置整備事業の合併処理浄化槽災害復旧工事補助金1億円は、合併処理浄化槽に被害を受けた世帯が修理をするに当たり、50万円を上限として、修理費の2分の1を補助したいというものであります。


 2項2目塵芥処理費、被災廃棄物等経費1億5,080万3,000円は、被害を受けた家屋の建築廃材を処分するに当たり、その運搬処理手数料を措置するとともに、災害ごみ収集等に要する経費を追加したものであります。


 6款農林水産業費、1項3目農業振興費、農業集落排水事業特別会計繰出金1億9,174万4,000円は、後ほど御説明をいたします、農業集落排水事業特別会計において、8億円を超える災害復旧事業を実施することから、災害復旧事業費県補助金及び災害復旧事業債を充当しても、なお不足する部分に対しまして、一般会計から繰り出すものであります。


 7款商工費、1項2目商工振興費、ソフトパーク施設整備事業の情報開発センター施設整備事業170万円は、施設の壁が一部はがれて雨漏りがすることから、修繕を実施したいものであります。


 8款土木費、1項2目建築費、建築指導事業120万円は、北条地区四日町地内において、大規模な液状化現象が発生しことから、今後に対応するため、液状化地盤対策調査を実施するものであります。災害復旧住宅資金貸付金利子補給事業52万3,000円は、被害を受けた個人が、住宅金融公庫、または、民間の金融機関から、災害復興住宅融資を受けた場合、1.9%の利子に対して1%を県、0.9%を市が補てんする制度でありまして、10戸ほどの利用を見込んで措置をしたものであります。


 20ページ、21ページにまいります。


 4項1目港湾管理費、港湾管理事業の港湾関連施設整備事業156万円は、柏崎港にあります東京税関新潟事務所及び日本通運に貸してあります事務所の浄化槽が壊れたことから改修するものであります。


 5項4目公園管理費、公園等整備事業の公園災害復旧事業1,300万円は、長峰団地公園ほか6ヵ所について、修繕や災害復旧工事を実施するものであります。


 6項1目住宅管理費、住宅維持管理事業の応急仮設住宅管理費100万円は、応急仮設住宅地内のごみ箱や外灯の設置、並びに外灯に係る電気料であります。住宅営繕事業の県営住宅災害修繕事業650万円及び市営住宅災害修繕事業130万円は、それぞれ災害修繕工事を実施するものであります。


 2目住宅建設費、住宅災害復旧事業の応急仮設住宅関連整備事業760万円は、仮設住宅の駐車場を整備する必要があることから、工事費を措置したものであります。被災者住宅応急修理支援事業8,000万円は、国が最大60万円、県が最大100万円を負担して、被災者住宅の応急修理を実施するもので、50戸分を措置したものであります。


 22ページ、23ページをお開きください。


 9款消防費、1項3目消防施設費、水利施設整備事業の防火水槽整備事業54万2,000円は、穂波町及び東条の防火水槽に陥没やひび割れが見られることから、修繕を行うものであります。


 5目災害対策費、10.23新潟県中越地震対策事業634万7,000円は、職員の時間外勤務手当のほか、消耗品等の必要な経費を措置したものであります。


 10款教育費、4項2目文化財保護費、飯塚邸費の、飯塚邸災害復旧事業36万8,000円は、地震による屋根がわらに破損があることから、応急の処理を施すものであります。なお、飯塚邸につきましては、屋根の破損のほか、壁の破損、門の倒壊、庭の亀裂などがあり、これらは財源措置を考慮しながら、新年度に本格復旧工事を実施する方向で検討をいたしております。


 5項3目体育施設費、体育施設災害復旧事業の、総合体育館災害復旧事業41万8,000円は、総合体育館の受水槽の土台にひびが入ったことから、修繕をしたいというものであります。


 4目学校給食共同調理場運営費、給食業務管理事業22万4,000円は、職員による炊き出し等を実施したことから、調理員の人的対応の関係で、調理業務の委託料が増額となるため、これを追加するものであります。


 24ページ、25ページにまいります。


 11款災害復旧費、1項1目農地災害復旧費、農地災害復旧事業300万円は、個人所有の農地で亀裂が入ったものに対し、市が75%、個人が25%負担をして修復を行うもので、10ヵ所分を措置してあります。


 2目農業用施設災害復旧費、農業用施設災害復旧事業8,800万円は、農道補修、排水路補修、災害査定のための調査委託に要する経費であります。


 3目林道施設災害復旧費、林道施設災害復旧事業1,484万8,000円は、林道12路線、50ヵ所につきまして、復旧工事を実施するものであります。


 4目治山施設災害復旧費、治山施設災害復旧事業197万8,000円は、民家に危険の及ぶ可能性のある裏山について、市が75%、個人25%の負担により修復を行うもので、8ヵ所分を措置してあります。


 2項1目漁港施設災害復旧費、漁港施設災害復旧事業116万6,000円は、荒浜漁港の排水側溝が陥没したことから、改修工事を実施するものであります。


 2目道路橋りょう災害復旧費、道路橋りょう災害復旧事業2,000万円は、災害査定のための測量等の委託料であります。


 26ページ、27ページにまいりまして、同じく、道路橋りょう災害復旧事業3億5,934万3,000円でありますけれども、道路橋梁関連550ヵ所の復旧工事を実施するものであります。


 3目河川災害復旧費、河川災害復旧事業1,400万円は、鯖石川、長鳥川水系の消火栓13ヵ所について、崩落等があることから、補修を行うものであります。


 3項1目公立学校施設災害復旧費、公立学校施設災害復旧事業3,920万円は、市内の小・中学校13ヵ校につきまして、外壁等の破損があることから、補修工事を実施するものであります。


 以上で、歳出を終わりまして、歳入について御説明をいたしますので、3ページにお戻りをいただきたいと思います。


 地方交付税3億2,618万1,000円、国庫支出金1,693万1,000円、県支出金8,320万3,000円、繰入金2億3,790万1,000円、繰越金7,438万5,000円、市債3億9,620万円を追加として、歳出との均衡を図っております。


 次に、6ページの地方債補正について申し上げます。


 一連の災害復旧事業のために、公立学校施設災害復旧事業債及びその他公用・公共用施設災害復旧事業債を追加するとともに、公共土木施設災害復旧事業債を増額変更したいというものであります。


 次に、承第32号について申し上げます。


 本案は、平成16年度墓園事業特別会計補正予算(第2号)の承認についてであります。


 12ページ、13ページ、歳出をごらんいただきたいと思います。


 1款事業費、1項2目墓園整備事業費、墓園整備事業の墓園災害復旧事業208万4,000円は、中越地震により、第1区及び第5区に地盤のずれが生じたことから、修復をするものであります。


 なお、歳入は、2ページにございますように、全額繰越金により対応するものであります。


 続きまして、承第33号でございます。


 本案は、平成16年度下水道事業特別会計補正予算(第4号)の承認についてであります。


 歳出でございますけども、12ページ、13ページになります。


 1款下水道費、2項2目公共下水道建設費、公共下水道災害復旧事業の補助事業5,470万円は、応急復旧工事、仮設ポンプ設置工事、応急舗装復旧工事等に係る経費及びガス水道管移設補償費等を措置したものであります。その次の単独事業3,456万円は、補助事業とならないところの管路測量調査及び設計委託経費のほか、私道路面復旧に係る経費を措置したものであります。


 歳入につきましては、2ページをごらんください。


 国庫支出金3,646万6,000円、繰越金3,459万4,000円、市債1,820万円をそれぞれ追加して、歳出との均衡を図ってございます。


 4ページの地方債補正でございますが、下水道施設災害復旧のため、公共下水道災害復旧事業債を追加したいというものであります。


 次に、承第34号について、御説明申し上げます。


 本案は、平成16年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)の承認についてでございます。


 歳出でございますが、12ページ、13ページをごらんいただきたいと思います。


 1款集落排水費、2項2目農業集落排水事業費、農業集落排水災害復旧事業8億6,074万1,000円は、各地区の応急復旧工事、仮設ポンプ等設置工事、管路調査設計委託等に係る経費を措置したものでございます。


 歳入は、2ページにございますように、県支出金4億1,849万7,000円、繰入金1億9,174万4,000円、市債2億5,050万円を追加して、歳出との均衡を図っております。


 4ページの地方債補正でございます。


 農業集落排水施設災害復旧のため、農業集落排水災害復旧事業債を追加したいというものでございます。


 承第35号について御説明申し上げます。


 本案は、平成16年度ガス事業特別会計補正予算(第4号)の承認についてでございます。


 予算書の1ページをごらんいただきたいと思います。


 第2条、新潟県中越地震の災害復旧のための管路調査費、緊急遮断バルブ、水取器点検委託費、自動車借上料として、第1款ガス事業費用、第1項営業費用310万9,000円を増額したいというものであります。


 次に、承第36号について御説明申し上げます。


 本案は、平成16年度水道事業特別会計補正予算(第5号)の承認についてでございます。


 予算書の1ページをごらんいただきたいと思います。


 第2条、新潟県中越地震の災害復旧のための赤岩・谷根・川内それぞれのダムの臨時点検業務委託費、今熊配水池管理用道路災害復旧工事設計委託料、自動車借上料として、第1款上水道事業費用、第1項営業費用602万円を増額いたしたというものでございます。


 最後になります。お戻りをいただいて恐縮ですが、承第30号について御説明をさせていただきます。


 本案は、介護保険条例の一部を改正する条例の承認についてでございます。


 これは、新潟県中越地震による被害が発生したため、現行条例に災害等による納期限等の延長に関する規定を追加する必要があることから、平成16年10月29日付で専決処分をさせていただいたものであります。


 改正の概要を申し上げますと、第18条の2、介護保険料の普通徴収に係る納期限等の延長に関する規定を追加したものであります。


 なお、附則におきまして、この追加規定は、この地震の発生をいたしました平成16年10月23日から適用したいということで規定をしております。


 以上、何とぞよろしく御審議の上、御承認を賜りますようお願い申し上げます。


○議長(今井元紀)


 ただいまの説明につき、質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの承第27号から承第36号までの10件については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第27号から承第36号までの10件については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、承第27号を採決いたします。


 本件は、承認することに御異議ございませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第27号は、承認することに決定いたしました。


 次に、承第28号を採決いたします。


 本件は、承認することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第28号は、承認することに決定いたしました。


 次に、承第29号を採決いたします。


 本件は、承認することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第29号は、承認することに決定いたしました。


 次に、承第30号を採決いたします。


 本件は、承認することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第30号は、承認することに決定いたしました。


 次に、承第31号を採決いたします。


 本件は、承認することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第31号は、承認することに決定いたしました。


 次に、承第32号を採決いたします。


 本件は、承認することに御異議ございませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第32号は、承認することに決定いたしました。


 次に、承第33号を採決いたします。


 本件は、承認することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第33号は、承認することに決定いたしました。


 次に、承第34号を採決いたします。


 本件は、承認することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第34号は、承認することに決定いたしました。


 次に、承第35号を採決いたします。


 本件は、承認することに御異議ございませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第35号は、承認することに決定いたしました。


 次に、承第36号を採決いたします。


 本件は、承認することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第36号は、承認することに決定いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第14(承第18号) 決算の認定について(平成15年度一般会計)(継審案件)


○議長(今井元紀)


 日程第14 決算の認定について(平成15年度一般会計)を議題といたします。


 第一部決算特別委員長の報告を求めます。持田繁義議員。


○第一部決算特別委員長(持田繁義)


 おはようございます。


 第一部決算特別委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、承第18号平成15年度一般会計決算の認定について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 審査日程は、11月22日、11月29日及び12月1日でありました。


 これより、本件の審査の過程について、概要を報告いたします。


 総合企画部関係では、国の三位一体改革・交付税制度の見直し等を踏まえ、将来における財政運営の方向性と臨時財政対策債に対する考え方について、税収の減少に伴い、財政規模を縮小する必要について、不用額は、事業の精査・見直し等を考慮した結果かどうか、電算業務のアウトソーシング事業の契約形態と内容、公的個人認証サービス事業の成果、公共施設維持管理基金の今後の活用方法、東京事務所の具体的成果について、などの質疑がありました。


 市民生活部関係では、低下する収納率の対策、帰国支援事業の内容、省エネルギー・新エネルギー・低公害車等などの活用方針と事業の一貫性の検証について、ごみの不法投棄の課題と対策、リサイクルステーションの利用状況について、住民基本台帳カード利用条例の有効性について、男女共同参画推進の今後のありようについて、などの質疑がありました。


 福祉保健部関係では、高齢者予防接種事業の成果、コミュニティデイホームの運営と今後の方針、キッズマジック、いわゆるフォンジェに対する補助の実態と収支報告及び今後の検討課題、保育園の定員オーバーの実態について、などの質疑がありました。


 産業振興部関係では、勤労者住宅資金融資の内容、水田農業経営確立対策事業における達成率の評価、八石山線、並びに黒姫山線など、林道の進捗状況と目標年度、ぶどう園の今後の運営方針、創業等支援事業の成果と今後の活用方法の検討、コレクションビレッジの今後の運営、活用方法と西部地域の観光資源との関連、位置づけについて、などの質疑がありました。


 都市整備部関係では、柏崎駅周辺構想策定の活用と今後の方向性について、道路維持補修の地域からの要望達成状況、市道9−7号線、6−1号線の進捗状況と完了年度、公園管理の実態と契約形態について、柏崎フロンティアパークの工事における契約内容と市のチェック体制について、などの質疑がありました。


 教育委員会関係では、遺跡発掘調査事業の不用額の原因と内容、軽井川南遺跡群発掘調査における評価、PTCA子ども交流・体験活動促進事業の成果、英語教育におけるALT4人体制の充実度、成人フェスティバルの評価と今後、学校のグラウンド整備の状況と計画、教育相談事業での相談内容、給食調理業務等委託事業における課題と効果、生ごみ処理機の整備後の状況、教育方針の具体的成果について、などの質疑・意見がありました。


 なお、審査に当たりまして、バリアフリー対策にかかわっての事業で、柏崎駅と市営半田住宅C号棟のエレベーター設置、水辺環境、その保全と地域共生との立場から整備された吉井の長橋池、教育施設整備・環境整備に関して、中通公民館と中通小学校グラウンド、民営化にかかわって、はらまち保育園への、いわゆる現地視察を行いました。


 討論においては、2人の委員から、賛成・反対の討論がありました。


 まず、反対の討論から申し上げますと、長引く不況の中で、厳しい予算執行であったが、財政運営の面で、原発関連固定資産税の減額、景気低迷に伴う市民税収の減少、そして、収納率の低下の中で、制度が揺らいでいる交付税を当てにした臨時財政対策債を多額に借り入れ、借金残高がふえ続け、将来に対して心配であり、心すべきである。


 また、住民基本台帳ネットワーク及びそのカード利用など、国の言いなりで、利便性のない施策をかたくなに続けている。キッズマジックへの補助に対して、明確な事業費の報告がない。環境保全施策に一貫性が見えない。柏崎フロンティアパークや(仮称)環境共生公園整備事業での、市としてのきっちりとした取り組みがなく、他人任せである。柏崎フロンティアパークに係る遺跡の発掘に関しても、教育委員会としての文化財保護の立場が弱く、適正な行政の執行ができていないということで、本決算の認定には反対する。


 次に、賛成の討論では、国の三位一体改革及び国庫補助金削減の中で、厳しい財政状況であるが、新税が導入されたことは評価する。保育園の民営化や給食調理業務の委託など、行政改革を推進した。半田住宅C号棟と柏崎駅のエレベーター設置により、バリアフリー化が推進された。グラウンド改修により、児童の体力の向上が図られた。不用額についても、入札差金、暖冬による光熱水費・除雪費の執行残などで、行政としても、不用額を残さない努力が見えることから、本決算の認定に賛成する。


 このような討論がありました。


 本件につきましては、挙手採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 以上であります。


○議長(今井元紀)


 ただいまの委員長報告に対し、質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


 五位野議員。


○11番(五位野和夫)


 2003年度、平成15年度第一部決算について、認定できないという立場で討論いたします。


 原発問題、長引く不況からの企業撤退や老舗の転廃業、雇用不安、人口の減少など、今日、柏崎を取り巻く環境は、極めて厳しい状況です。


 私たちが、2002年10月から2003年2月に実施した予算要求アンケートでは、市民の要望が強い順番は、1番が高齢者・障害者の福祉の充実、2番目は、防災体制の充実、3番目は、買い物・通院など交通網の充実、4番目は、地場産業、農業への支援と続いています。これは、市の第3次長期計画策定におけるアンケートでも、また、さきの満足度調査にも共通にあらわれ、また、小・中学生でも、多くが柏崎に住み続けたいとし、その中でも、今後の市政で重視してほしい項目のトップスリーは、自然を守ること、商店街、産業づくり、福祉の充実を訴えていることからも不変の内容です。それだけに、市民が安心・安全、誇りの持てる自治体をどうつくるのか、住む町に誇りを持ち、自慢でき、夢と希望が語られること、それが自治体の活性化の条件となります。


 こういった状況の中で、市政は、これにこたえるものになっていたでしょうか。市政全体を貫く政治姿勢を見ると、法律に基づかない任意の寄附を東電から受けて進める環境共生公園、柏崎市の重点事業の学園ゾーン開発に、市民の目は依然として厳しいものがあります。それに輪をかける美術館建設問題がありました。しかも、県からもたらされる事業、千載一遇のチャンスとして進めていました。


 経常収支比率の上昇は、原発の固定資産の減少が大きな要因であって、柏崎市の特徴を物語っています。これを国の指導範囲の70から80%以内に抑えようとして、根本的に見直しを図ろうとすれば、市民サービスのカットにつながる危険性があります。


 また、国・県主導の市町村合併に忠実に従い、核兵器廃絶、柏崎市平和都市宣言をも拒否し続けています。西川市長は、ハードからソフトへと表現こそすれ、基本的に従来の枠を超えていません。原発問題でいえば、東電のトラブル隠しで、定期検査にも不正がまかり通る、そして、安全の保障が見えない原発行政が衝撃的に表面化しました。また、核燃料サイクル政策について、全量処理するのか、再処理しないで直接処分するのか、産業経済省も、原子力安全委員会も、電気事業連合も、さらに、核燃料サイクル開発機構でも、その試算をしていながら、データが隠されたことが、今年度になって発覚しました。このことは、原子力行政の信頼が完全に失われ、そのあり方が大きな曲がり角を迎えています。ですから、こういうときだからこそ、前例にとらわれない明確な自治像としてのメッセージを持つことが求められます。


 市長の最大の責任は、市民の安全を守ることです。そのためにも、防災重点地域は全市を視野に入れる必要があり、ヨウ素剤の家庭配置は当然のことであります。しかし、日本の原子力産業の特質の範疇から一歩も出ない対応に終始しています。このことが、核燃料サイクルへの見直しや原子力機関の独立を積極的に働きかけなければならないのに、いろいろな場面での発言はありますが、姿勢は弱いものとなっています。


 暮らしの問題、地域の暮らしの安全確保については、子ども育成基金の積み立てが行われていますが、将来への方向づけが不明確であり、この事業の性格、目的が見えません。今の子育て予算にこそ回すべきです。キッズマジック支援は、形を変えて子育て支援としていますが、事実上、フォンジェ支援であります。高い国保税、安心できる介護保険、保育料の軽減などは、暮らしに直接結びつく問題であり、割り切って一般会計からの繰り入れをふやすことが求められます。この点は不十分と考えます。


 また、行政改革の一環として、需用費の抑制が強調されています。しかし、その反映が福祉タクシー券の利用の減少、老人クラブ活動、敬老事業を75歳に引き上げるとか、学童保育の有料化を強行しました。さらに、生活保護行政では、国以上の厳しい審査を行っています。在宅サービス助成事業として、介護保険利用者負担の軽減への道を開きましたが、その一方で、介護見舞金は減額となりました。そして、行政の下請化、民間委託を経営感覚で進めています。全体として、予算総額の中に占める福祉予算を一定にとどめ、その中でスクラップ・アンド・ビルドなどを行っているに過ぎません。本当の意味で、市民に身を寄せたものになっているとは言えません。


 道路補修、側溝・水路の補修、カーブミラー設置など、地域の安全性、除雪対策、公園管理など、維持管理関係への市民からの要求は大きい中で、全体として予算を減額したことは問題であります。


 住民基本台帳ネットワークシステム事業については、住民基本台帳法による第2次稼働サービスへのシステム整備を行い、住民基本台帳カードの発行や住民票の広域交付が可能になったわけですが、現在の発行枚数が476枚であり、事業がスムーズに運用開始したとは言えません。この発行枚数からしても、その事業を取り組む時期に疑問を感じます。電子自治体への取り組みについては、個人情報の保護に万全を期すことは当然ながら、サービスが市民全体に等しくなされることが確立される時期になって取り組んでも遅くはありません。


 産業政策では、自立内発型、地元資源の発掘による循環上昇機構をつくる視点の弱さがあります。海外進出、リストラを応援する政府のもとで、地方に進出する企業は、極めて少なく、展望が見えないのに、誘致型の産業団地を造成しています。大事なことは、地元産業の振興と雇用の安定こそが、市民の活力の源であります。事業所得、市民所得が増すということに、内発的発展を方向づけなければなりません。21世紀柏崎産業戦略プランは、その立場から策定されたものとすれば、この推進発展への誘導は、どの分野が対応するのか、現状の商工振興部門では不十分であります。柏崎の産業づくりをどうするのか、この面からの特別室が必要であります。


 借りかえ融資のスタートは了としますが、市の制度融資の中での借りかえであって、実際に借りる人は、市の制度融資を含め、いろいろな機関から借りているわけであり、そういう実態に即して、この制度を改良する必要があります。


 農業分野での振興は、あらゆる面で腰が座らなければ長続きしません。中山間地対策は、特に力を入れなければ、農村地域そのものが崩壊します。その意味で、所得保障を中心の農業支援が求められます。ハード面が突出して、広域農道は投資と事業効果にバランスの効果を欠き、見直すべき事業の1つであります。


 また、JAとの関係は、柏崎農業を発展させる立場から、指導性とともに、透明性を持った対応が必要であり、さらに、ぶどう村の問題があります。本当に育てる農業、柏崎ブランドを売り込むには、位置づけを強化なものにする必要があります。


 以上の点を指摘し、平成15年度決算に対し、認定できないとする立場での反対討論とします。


○議長(今井元紀)


 ほかに討論はございますか。


 五十嵐議員。


○20番(五十嵐直樹)


 承第18号平成15年度一般会計決算において、認定すべき立場で討論をいたします。


 平成15年度一般会計当初予算額は375億円で、これに、追加補正額8億5,975万2,000円及び前年度繰越額6億6,253万6,000円を加えて、予算総額390億2,228万8,000円で、前年度比1.5%増でありました。


 最初に、総合企画部においては、ふえ続ける住民ニーズに対し、固定資産税を初めとする税収の落ち込み、国の三位一体改革交付税制度の見直しなど、厳しい状況の中で、事業、並びに執行額を厳しく選定し、最小の経費で最大の効果が上がるよう努力した経緯が見れること、あるいは、目標を50億円と設定していた公共施設維持管理基金の積み立ても、年度末で、その目標に達したこと、また、毎年度の起債も20億円以内とする起債枠についても、平成15年度においても、その枠内にとどめたこと、一般の起債残高は、平成14年度末の324億7,000万円が平成15年度末では313億2,000万円に減少したこと、電算業務のアウトソーシングを実施し、より低下で安定的に関連サービスを提供できるように努めたこと、などが挙げられると思います。


 産業振興部では、同所管の平成15年度決算では、労働費、農林水産業費、商工費等、いずれも高い執行率となっており、予算どおりに適正な執行が行われたように思います。商工振興費において、国は景気の回復にあると言われておりますが、地方においては、依然として、改善しない不況の中、勤労者住宅資金や地方産業育成資金、経済景気対策特別資金など、40億円を超える制度融資の貸し付け決定を行い、資金需要の要望にこたえ、景気回復への原動力となるよう努めた。


 観光交流関係では、市民の協力のもと、ぎおん柏崎まつり事業を開催し、市内はもちろん、県内外から、柏崎の花火の高い評価をされたこと、また、国際交流事業では、基本財産として1億円を支出し、協会の体制を充実し、業務を協会に移し、国際化業務窓口の一元化を図った。


 農林水産業関係では、柏崎刈羽平野の慢性的な水不足を抜本的に解消するために、国が推進している国営土地改良事業に取り組み、市民生活部では、個性豊かで活力に満ちた地域社会の形成を目指した地域コミュニティ計画の策定に要する経費を補助し、地域も汗をかき、行政とともに、活力あるまちづくりに頑張れる支援策ができたこと。夏期に渇水が生じた未給水地域に対し、給水設備を設置し、未給水状況の解消に努めた。柏崎市全体のエネルギー使用量及び二酸化炭素排出量の削減目指して、エネルギー使用実態の調査や省エネルギー実施プロジェクトを提案し、家庭や学校、事業所での省エネ意識の向上を図ったこと。地球温暖化防止対策として、住宅用太陽光発電システム設置、低公害車導入に対し、一定額を補助し、環境保全の促進に努めた。また、排出日が限定されている資源物を市内中心部で拠点回収し、市民の利便向上を図り、再利用可能な粗大ごみの家具などの有効利用を図ることができた。一方、防災行政無線屋外拡声受信機のデジタル化の更新により、正確で迅速な音声情報の伝達が可能となり、緊急時における住民への情報伝達体制が充実されたなど。


 福祉保健部においては、身体障害者支援及び知的障害者支援は、これまでの措置制度にかわり、15年度から、新たに障害者がサービスを選択し、直接、事業者と契約を結び、サービスの提供を受ける支援制度に移行され、制度の周知が図られ、障害者が求めるサービスに、より一層の支援ができたこと。コミュニティデイホーム事業は、平成15年に、中通地区を開設し、12地区、27ヵ所となり、きめ細かなサービスの提供に努められる努力が見られる。放課後児童健全育成事業は、新たに開設した鯖石児童クラブを含め、12ヵ所となり、運営費を支出した。民間でやれる事業は民間でと、日吉保育園をはらまち保育園に統合、民営化し、行政の効率化を図ったことは評価したい。第2次救急病院の刈羽郡総合病院が行う医療機器断層撮影装置等の整備に補助し、病院群輪番制病院施設整備事業、そして、X線撮影装置の設備整備として、柏崎中央病院に助成を行い、地域医療の拡充に貢献していること。


 また、都市整備部では、市民に身近な豪雪対策事業の道路改良や幹線道路整備を図る街路事業を着実にこなし、市民ニーズにこたえる努力が見える。柏崎港活性化ビジョン策定や都市計画用途地域変更調査、柏崎駅周辺構想策定など、今後のまちづくり計画を立てる等、また、柏崎駅のバリアフリーについて、多くの駅利用客の利便性を考慮し、エレベーターの設置事業に取り組み、半田C号棟のエレベーター設置事業は、障害者や老人世帯に気を配った初めての事業であり、福祉的要素も含んだ、評価できる事業と言える。


 教育関係においては、学校施設において、田尻小学校校舎改築のための設計調査を行ったところでありますけれども、一年も早い改築が待たれるところであります。大洲小学校プール改築、中通小学校グラウンド改修を行い、学習環境の整備や児童・生徒の体力増進となる事業を実施した。小・中学校指導補助員配置事業は、国の緊急地域雇用特別交付金を活用して、指導補助員を中学校に13人、小学校に8人配置し、学習指導や生活指導の充実を図り、保護者の皆さんや関係各方面から高い評価を得ている、学力の向上は期待されるところであります。


 以上、主なものを幾つか申し上げましたが、市にとって大きな成果と言える新税の創設がなされ、2億2,507万5,000円の歳入があったことは、平成15年度において評価されるものではないかと考えております。


 各部において、不用額は生じていますが、いずれも入札差金や少雪のための除排雪経費、あるいは、光熱費等の不用額で、事業を執り行わなかったために発生した不用額でなく、やむを得ないものと考えます。今後は、国の三位一体改革を初めとする諸制度改革が、柏崎市財政運営に与える影響を、一時的とはいえ、合併に伴う諸支出がふえること、減少する一方の市税収入等、柏崎市の財政状況は、一層の厳しさに直面していることに変わりなく、健全な財政運営を求め、賛成の討論といたします。


○議長(今井元紀)


 ほかに討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終結します。


 これより承第18号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(今井元紀)


 起立多数。


 したがって、承第18号は、認定することに決定いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第15(承第19号) 決算の認定について(平成15年度国民健康保険事業特別会


             計)(継審案件)


日程第16(承第20号) 決算の認定について(平成15年度老人保健特別会計)(継


             審案件)


日程第17(承第21号) 決算の認定について(平成15年度土地取得事業特別会計)


             (継審案件)


日程第18(承第22号) 決算の認定について(平成15年度下水道事業特別会計)


             (継審案件)


日程第19(承第23号) 決算の認定について(平成15年度墓園事業特別会計)(継


             審案件)


日程第20(承第24号) 決算の認定について(平成15年度農業集落排水事業特別会


             計)(継審案件)


日程第21(承第25号) 決算の認定について(平成15年度介護保険特別会計)(継


             審案件)


○議長(今井元紀)


 日程第15 決算の認定について(平成15年度国民健康保険事業特別会計)から日程第21 決算の認定について(平成15年度介護保険特別会計)までの7件を一括して議題といたします。


 第二部決算特別委員長の報告を求めます。武藤議員。


○第二部決算特別委員長(武藤司郎)


 おはようございます。


 第二部決算特別委員会の審査報告をいたします。


 付託を受けた事件、承第19号から承第25号まで、以上の7件について、本委員会の審査の経過及び結果を報告いたします。


 承第19号決算の認定について(平成15年度国民健康保険事業特別会計)でありますが、本件は、審査の過程において、老人保健の年齢の引き上げに伴う国保会計への影響、国保税の訪問徴収の状況、国保税滞納者の状況、資格証交付者の受診と滞納分の徴収、糖尿病予防対策の取り組み、応益・応能割合の見直しと滞納状況の変化、申請減免の申請状況などについて、質疑がありました。


 討論においては、2人の委員から、賛成・反対の討論がありました。


 反対の討論では、国保は、弱者・高齢者の多くを対象としている保険であり、保険会計であるということだけでは論じ切れない特徴を持っている。その中で、国・県・市の政策が非常に弱く、次第に負担が重くなる傾向に進んでいる。それは、応能・応益の負担割合、短期保険証や資格証の発行などという実態からも明らかである。現下の経済状況や老人保健の年齢引き上げという影響を考えるならば、政策的な手当を強めて改善すべきにもかかわらず、その対策が弱いことから、本決算の認定に反対する。


 賛成討論では、受益者負担が原則であり、弱体化している現状から見れば、制度の改正をしながら、健全財政を目指すという姿勢は必要不可欠と考えている。滞納者の中には、努力しても納められないという人もいると思うが、保護は求めるけれども、義務は果たしたくないという人が、もし、いるとすれば、ゆゆしきことと考える。滞納の解消を少しでも図りながら、一層の健全財政を目指してきた姿勢を評価して、本決算の認定に賛成する。


 このような討論がありました。


 本件は、挙手採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 承第20号の決算の認定について(平成15年度老人保健特別会計)でありますが、本件は、質疑・討論なく、挙手採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決定しました。


 承第21号決算の認定について(平成15年度土地取得事業特別会計)でありますが、本件は、質疑・討論なく、採決の結果、全員異議なく認定すべきものと決定しました。


 承第22号決算の認定について(平成15年度下水道事業特別会計)でありますが、本件は、審査の過程において、入札差金や請負率の状況と次年度の事業費への影響、企業会計移行への取り組み、下水道への未接続の対応について、質疑がありました。


 討論では、1人の委員から、工事区域が市の周辺部に移っていて、負担金が非常に多額になってきている上、さらに、つなぎ込みの工事費となると、なかなかつなぎ込むまでいっていないのが現実である。高額負担であることが、事業の進捗を困難にしている。そういった面での政策的な対応が弱いことから、本決算の認定に反対する。


 このような討論がありました。


 本件は、挙手採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決定しました。


 承第23号決算の認定について(平成15年度墓園事業特別会計)でありますが、本件は、質疑なく、採決の結果、全員異議なく認定すべきものと決定しました。


 承第24号決算の認定について(平成15年度農業集落排水事業特別会計)でありますが、本件は、審査の過程において、汚泥のコンポストの取り扱いについて質疑がありましたが、討論はなく、挙手採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決定しました。


 承第25号決算の認定について(平成15年度介護保険特別会計)でありますが、本件は、審査の過程において、介護サービスに対する苦情相談の対応、認定審査会の開催状況、生活困窮減免と不納欠損、介護保険利用の場合の制裁措置との関係について、質疑がありました。


 討論においては、1人の委員から、介護保険料の引き上げが行われた一方、低所得者への対応など、手厚い施策の跡が見られなかったことから、本決算の認定に反対するとの、このような討論がありました。


 本件は、挙手採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決定しました。


 以上です。


○議長(今井元紀)


 ただいまの委員長報告に対する質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 討論はございますか。


 宮崎議員。


○2番(宮崎栄子)


 決算の認定について(平成15年度国民健康保険事業特別会計・平成15年度老人保健特別会計・平成15年度下水道事業特別会計・平成15年度農業集落排水事業特別会計・平成15年度介護保険特別会計)について、認定できないという立場で討論をさせていただきます。


 簡潔に行います。


 平成15年度国民健康保険事業特別会計決算についてですが、国民健康保険は、私、毎回、議論させていただいておりますように、設立当初から、他の被用者保険などとは違い、経済的に弱い立場、高齢の方々が対象で、事業者からの補助があるわけでなく、国・県・市の公的な繰り入れ、支出金がどうしても必要という性格の保険であります。


 したがって、国民健康保険法の第1条には、この法律は、国民健康保険事業の健全な運営を確保し、もって社会保障及び国民保健の向上に寄与することを目的とするとうたっているのです。


 今、この社会保障制度である保険が、国の相次ぐ制度改悪によって、弱い立場の人を逆に苦しめています。国庫負担金の削減、低所得者の負担をふやす保険税の平準化による応益割の引き上げ、納められない人に対する制裁措置が強められています。こういう悪政に対して、弱い立場の人の防波堤の役割が、自治体には求められます。


 柏崎市では、1人当たり9,000円という一般会計からの繰入金がありますが、実質的に国保加入者の安定化に資する内容という面では弱いわけです。平成15年度の実質繰り入れは、1人当たり3,499円でした。現年度国保税の収納率は94.6%、滞納繰り越し分を加えますと82.7%で、前年度より1ポイント下がり、年々納められない世帯がふえてきています。国保加入者の所得階層は150万円以下が7割近いわけです。


 以上、弱い立場の国保への公的な対応が弱いということを述べさせていただき、反対の討論とします。


 また、老人保健事業会計も、同じ流れですので、同様の趣旨で反対であります。


 次に、平成15年度下水道事業特別会計決算・農業集落排水事業特別会計決算について、同様の反対できない立場で討論します。


 平成15年度公共事業の建設事業は、第5期6年目の整備で、15年末の普及率は68.95%、水洗化率90.64%となっています。面的整備が整ってきて、本来、この事業目的である環境の浄化、生活の質向上に向けて取り組みが強化される段階に来ている事業であると思います。2万3,515戸の供用状況に対して、1万9,399戸のつなぎ込みですので、4,116戸が、まだ残されていることになります。つなぎ込みまでいって、初めて、この事業の効果が発揮される性格上、当局の皆さんの、ここへの働きかけは努力されているわけですが、やはり、経済的な理由でできないというのが本当のところであると考えます。負担金の格差が各期・各事業ごとにあることは、加入者の平等性という面から追求されなければなりません。さらに、つなぎ込みをするための援助として、貸付金制度はありますが、残念ながら、これが有効に使われておりません。貸付限度額100万、償還期限5年、利率2.9%、決算審議の過程で、他の貸付金より利率が高く、今後、見直しを考えたいとのお答えもありましたが、工事区域が郊外に及び、負担金が多額となっている上でのつなぎ込みですので、財政的支援措置として、利用しやすい貸し付けも必要です。農業集落排水事業とともに、負担金の格差是正、また、周辺町村と比べての格差是正という面からも、政策的弱さを申し上げ、反対とさせていただきます。


 農業集落排水事業も、同様の趣旨でございます。


 最後に、平成15年度介護保険特別会計決算について、反対の立場で討論します。


 平成12年度から開始された介護保険は、高齢者の増加、サービス基盤が、一定程度、整備が進んだことなどにより、利用者が伸びて、財政需要が増額しました。介護保険法では、65歳以上の保険料は、3年ごとに見直しされることになっています。平成15年度、初めての見直しにおいて、柏崎市の65歳以上の保険料は、それまで月平均2,508円でしたが、これが2,967円と、459円、率にして約18.3%引き上げられました。全国の自治体の平均は13.1%でしたので、かなり上回る引き上げが行われたわけです。


 基金1億円の取り崩しで、値上げ幅の抑制に取り組まれたことは認めるところですが、今、高齢者の置かれている年金生活の実態を考えてみますと、年金から多くの方が引き落とされているわけですので、非常に厳しいものがあります。介護保険の創設の趣旨は、介護が必要となっても、できるだけ在宅で生活ができるようにとしたものです。しかし、実態は、これに遠く、初めて介護保険を利用する方が、利用したいサービスを選択しようとしたら、幾ら介護に支出できるのかと、まず、ケアマネージャーから聞かれた、そのことについて違和感を持ったというのが現実に起こっています。また、保険料の滞納も増加傾向にあり、サービス利用時の制裁措置も懸念されます。当市では、生活困窮減免という、私は、非常にすぐれた制度であると思いますが、低所得者への思い切った弾力運用で、高齢者が安心して介護保険が利用できることが求められています。介護サービスの利用が伸びれば、高齢者の保険料引き上げにはね返るという介護保険制度自体の矛盾や国庫負担の削減など、国の責任が一番大きいのが問題なわけですけれども、市としての対応の弱さも申し上げ、反対の討論とさせていただきます。


 以上です。


○議長(今井元紀)


 ほかに討論ございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 採決は1件ごとに行います。


 最初に、承第19号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(今井元紀)


 起立多数。


 したがって、承第19号は認定することに決定いたしました。


 次に、承第20号を採決いたします。


 本件に対する委員長報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(今井元紀)


 起立多数。


 したがって、承第20号は、認定することに決定いたしました。


 次に、承第21号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第21号は、認定することに決定いたしました。


 次に、承第22号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(今井元紀)


 起立多数です。


 したがって、承第22号は、認定することに決定いたしました。


 次に、承第23号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、承第23号は、認定することに決定いたしました。


 次に、承第24号を採決いたします。


 本件に対する委員長報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(今井元紀)


 起立多数です。


 したがって、承第24号は、認定することに決定いたしました。


 次に、承第25号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、認定です。


 本件は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(今井元紀)


 起立多数。


 したがって、承第25号は、認定することに決定いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第22(議第82号) 平成16年度一般会計補正予算(第10号)


○議長(今井元紀)


 日程第22 平成16年度一般会計補正予算(第10号)を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 議第82号について御説明申し上げます。


 本案は、平成16年度一般会計補正予算(第10号)についてでございます。


 この補正予算は、12月5日付で退任をされました西川正純前市長と、同じく3日付で辞任された安達公司前助役の退職手当を措置したものでございます。


 予算書の12ページ、13ページをごらんいただきたいと思います。


 2款総務費、1項1目一般管理費、職員人件費1億143万3,000円は、お二人の退職手当でございます。いずれも、特別職の職員の退職手当支給条例の定めに従い、算定をしたものであります。


 歳入につきましては、2ページをごらんいただきたいと思いますけども、全額、財政調整基金からの繰入金をもって対応したいというものであります。


 なお、退職金の支払いは、退職をした日から起算をして1ヵ月以内に支払わなければならないという規定がございますので、本日、御議決を賜りたいというものでございます。


 何とぞよろしく御審議をお願いいたします。


○議長(今井元紀)


 ただいまの説明につき、質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいまの議第82号については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第82号については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 これより議第82号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第82号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第23(議第83号) 柏崎市及び柿崎町の公の施設の相互利用に関する協定の廃止


             について


○議長(今井元紀)


 日程第23 柏崎市及び柿崎町の公の施設の相互利用に関する協定の廃止についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 議第83号について申し上げます。


 本案は、柏崎市及び柿崎町の公の施設の相互利用に関する協定の廃止についてであります。


 柿崎町が、平成17年1月1日に、上越市に編入合併されることから、同協定を平成16年12月31日限りをもって廃止する必要があるため、お諮りをするものであります。


 なお、今ほど申し上げました日程の都合から、本日、御議決を賜りますようお願いしたいと思います。


 何とぞよろしく御審議を願います。


○議長(今井元紀)


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 お諮りいたします。


 ただいまの議第83号については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第83号は、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 討論はありますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 これより議第83号を採決いたします。


 本件は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第83号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


○議長(今井元紀)


 お諮りいたします。


 ただいま市長から、議第188号及び議第189号が提出されました。


 ここで、これを日程に追加し、順次、議題といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第188号及び議第189号を日程に追加し、順次、議題とすることに決定いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程追加案件(議第188号) 新潟県中越地震に係る災害被害者に対する個人の市民税


               の減免の特例に関する条例


○議長(今井元紀)


 議第188号新潟県中越地震に係る災害被害者に対する個人の市民税の減免の特例に関する条例の制定についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 議第188号について御説明申し上げます。


 本案は、新潟県中越地震に係る災害被害者に対する個人の市民税の減免の特例に関する条例の制定についてであります。


 これは、新潟県中越地震による大規模な被害が発生したため、災害被害者に対する個人の市民税の減免の特例について定めたいというものであります。


 改正の概要を御説明申し上げます。


 第1条でございますが、新潟県中越地震による被害者に対して課する平成16年度分の個人の市民税の減免については、この条例の規定による旨を、第2条、個人の市民税の減免を行う場合の要件について、それぞれ規定をしております。


 第2条第1項において、災害により、市民税の納税義務者が生活保護法の規定による生活扶助を受けていることとなった場合には、災害を受けた日以後に納期の末日の到来するものについては、その全部を免除すること、同条第2項においては、市民税の納税義務者の所有に係る住宅、または家財につき、災害により受けた損害の額が、その住宅、または家財の価格の10分の3以上であるもので、平成15年度中の合計所得金額が1,000万円以下であるものに対し、平成16年において課する市民税の税額のうち、災害を受けた日以降に納期の末日の到来するものについて、軽減、または免除することができることを規定しております。


 第3条は、減免の申請、第4条は、減免の取り消し、第5条は、委任について、それぞれ規定をしております。


 なお、本案は、災害被害者の救済対策であることから、市民に対して、早急に制度の周知を図るとともに、市民への説明、事務処理等に係る期間を考慮する必要があることから、本日、御議決をいただきたいというものでございます。


 何とぞよろしく御審議をお願いいたします。


○議長(今井元紀)


 質疑はございますか。


 持田議員。


○10番(持田繁義)


 住宅家財の、いわゆる損壊率、損壊状況が10分の3以上である場合というふうに規定してますけども、これはあれですか、いわゆる災害にかかわっての住宅判定がありますね、全壊とか、大規模半壊とか、半壊ですね。これら、いろいろと出てくるわけですけれども、これとの関係は、どうなるものなんですか、少しお聞かせいただきたいんです。


○議長(今井元紀)


 税務課長。


○税務課長(長井武彦)


 先ほどの被害認定の関係ですけども、半壊につきましては20%という、20%以上というのがあります。そうしますと、今回、30%ですので、半壊の中でも該当しない人が出てくるかと思います。30%といいますと、例えば、固定資産税の減免、これにつきましては、20%以上でございますけども、それにかかわりまして、例えば、国保税だとか介護保険料、そこらあたりは30%以上ということになっておりますので、それと同じような取り扱いになるかと思います。


○議長(今井元紀)


 持田議員。


○10番(持田繁義)


 半壊といってもですね、結構大変な半壊もあるわけで、3割と規定しちゃうと、そこが全くグレーゾーンになっちゃうわけですね。ここを何とか、半壊だから、やはり、税法上の関係も含めてですね、ああいう損害部分について免除してもらうとかですね、いろいろとですね、やっぱり考えなければならないんじゃないかなと思うんですけども、やっぱり、この3割にするというですね、根拠というのは、やはり、あるんだろうと思うんですけども、なぜ3割にするのかなと、なぜ半壊の部分については見ないのかなと、いわゆる20%ですね、この辺はですね、20から30の間はどう見るのかとかですね、その辺の、万やむを得ないといいますか、そういうしんしゃく等があるのかどうか、この辺もちょっと聞かせてください。根拠と、その中間地点ですね、お願いします。


○議長(今井元紀)


 税務課長。


○税務課長(長井武彦)


 根拠になりますと、国の通達がありますけども、それが30%以上という根拠を示しております。市民税ですので、担税力に注目して、着目して行われるということになりますので、なかなか、その基準というのをどこに求めるのかということになりますと、なかなか明確な判断基準としては、家屋の損壊というようなことが挙げられるかと思いますけども、現実に、じゃ、どこに置くのかと。じゃ、30%、20%、40%、いろいろパーセンテージはあるかと思いますけども、今ほど言いましたけども、根拠としては、今、国の通達ということを挙げさせていただいております。


○議長(今井元紀)


 持田議員。


○10番(持田繁義)


 国の通達で3割ということなんですけれども、ここはあれですよね、半壊いうと、本当、大変な中身なんですよね。それで、あれですか、県内他市の例で、半壊の場合はこうだとかですね、何かあれですか、他の自治体での事例などを持ち合わせておりますか、ここのところに。あくまでも、大体、国の指導のとおりの3割ということに、みんな一律なのか、2割から3割レベルの、このですね、いわゆるグレーゾーン的なですね、この部分、万やむを得ないときには、例えば、市長の判断で何とかとかですね、これらの文言が入るのかどうかね。この辺についても、ちょっと伺っておきたいわけであります。


○議長(今井元紀)


 税務課長。


○税務課長(長井武彦)


 今回、この特例条例を制定するに当たりまして、各市の状況といいましょうか、それは確認させていただきました。今回、長岡、三条、それから、十日町、栃尾、見附等ですかね、それから、南魚沼、魚沼、それで柏崎と、ここらあたりが大体、被災地というような形になっておりますけども、ほかの市すべてが、この減免を一応適用するという話は聞いております。ただ、その減免率を、今言った30%にするか、20%にするかというのは、まだ、そういう情報は入ってきておりません。7月の水害のときに、三条市が、同じく、この特例条例を適用しておりますけども、そのときは30%を適用しているということで、今そういう、情報としては、そういうのが入ってきております。


○議長(今井元紀)


 持田議員。


○10番(持田繁義)


 ちょっと悪いですが、いわゆる3割、いわゆるね、住宅の損壊率というか、3割だと、被害状況がというとですね、どの程度、家ではね、どの程度のことを、感じなんですか、少し説明できますか。


○議長(今井元紀)


 税務課長。


○税務課長(長井武彦)


 なかなか難しいですね。実例を挙げる、挙げてもちょっとぴんときませんし、たまたま今回の認定基準というのが、どちらかといえば、点数の積み重ねみたいなところがあります。20%を超えまして、その後、40からは、今度、大規模判定になります。そうすると、ちょうど、その30ということは、その真ん中ということになりますけども、半壊というのが、この基準というのが、また、いろいろあります。今言った積み上げ式もありますし、また、傾きの加減だとか、そういうので、もうパーセンテージは設けて認定しまう点もありますので、そうですね、どのくらいと言われますと、ちょっと難しいというのが現状でございます。


○議長(今井元紀)


 持田議員。


○10番(持田繁義)


 だから、そこがですね、認定する場合の、非常にゾーンなんですね。それで、やはり、それはですね、だれが見てもわかる、これ3割というのは、こうなのかと。そういうですね、一覧的なですね、判定するのは、皆さんがするんでしょうから、私たちの目から見て、これはどうですか、3割ぐらいかなと、それが、そんな、わからないわけですよ、正直なところ。だけども、大変な実態だなということは、感じ的にはね、感覚的にはわかるんだけども、いろいろと調べてみても、やはり、20%ぐらいだ、22%だったと。こうなってもですね、3割いかないから、これは、あきらめてくださいと言わざるを得ないわけですね。そこで、やはり、そこ、政治というのは、20から30の間、この辺はですね、わからないわけですから、政治判断ということになるんだろうと思うんですね。そこの部分で、もう少しですね、何かないのかなと言いたいところなんですけれども、いかがなものなんですか。


○議長(今井元紀)


 市民生活部長。


○市民生活部長(山田信行)


 今、税務課長が説明いたしましたように、1つずつ、うちの中まで見させていただきましてですね、積み上げ算で、こうやってきてまして、結果として、30いくかどうかということで決めさせていただきたいというふうに考えています。


○議長(今井元紀)


 ほかに質疑ございますか。


 池田議員。


○9番(池田千賀子)


 済みません、1点だけ、ちょっと聞かせていただきたいと思います。


 今、半壊が20%以上、大規模半壊が40%以上ということで、ちょうど中間だというお話がありました。そうしますと、半壊の世帯でも、適用になる世帯とならない世帯があるという理解でよろしいのかと思いますけれども、被災された御家庭は、あくまでも自分のうちが半壊というふうに判断されたという理解でいらっしゃると思うんですが、そうすると、この制度が適用になる、ならないで、同じ半壊なのに、うちはなった、うちはならなかったというようなことが起きてくる可能性があると思うんですが、そういうことについては、被災された世帯に対して、どのように御理解いただくといいますか、説明をするという、そういう手立てを考えていらっしゃるんでしょうか。


○議長(今井元紀)


 市民生活部長。


○市民生活部長(山田信行)


 今ほどの国のですね、通達のことですとかいうことを説明しながらですね、具体的に、家屋の中の、こういう積み上げで何点、基礎で何点という説明をさせてもらってですね、したがって、同じ20%から39まで半壊があるわけですけど、そこの違いが出ていますという正直な説明をする以外ないかなというふうに思ってます。


○議長(今井元紀)


 矢部議員。


○5番(矢部忠夫)


 今の件に関してなんですが、いわゆる半壊も含めてですね、被災された家屋というのは、実数として、当局は把握をされているわけであります。そういった中でですね、基本的には、これは申請減免ということにはなっているわけでありますが、それから、先ほどの御説明の中でですね、きょう議決をしてもらって、市民に説明するんだと、こういう話でありましたけれども、具体的には、皆さんの方からですね、ある程度の申請が可能だという判断がつくのではないか、あるいは、つけておられるのではないかと思うわけですが、その辺、実態はどういうふうに把握されてるんですか。あくまでも申請減免という形で、申請がある人に限ってですね、今、部長答弁の、出かけていって、積み上げ式でもって算定をして適用するか、不適用であるかということの判定を伝えるか、ということになるのか、その辺はどうなんですか。


○議長(今井元紀)


 税務課長。


○税務課長(長井武彦)


 具体的な、これからの周知方法でございますけども、きょう承認いただきますと、1月5日号の広報と一緒にチラシを全戸配布させていただきたいというのが1つあります。その中で、今回の30%というのを説明させていただきたいと。今まで半壊という意味、言葉が出てきておりますけども、30%というとか、40%とか、そういう言い方はしておりませんので、あくまでも、また、違った基準という形で出てくるかと思います。


 それから、先ほどの減免ですけども、今回、私どもの被害調査の中でパーセンテージはわかりますので、30%以上については、申請書と一緒に世帯の方へ、そこら辺は、説明をした文書を入れまして、一応、お送りしたいというふうに考えております。


○議長(今井元紀)


 真貝議員。


○13番(真貝維義)


 減免措置になっているわけですけれども、全期前納をされている方もいるかと思うんですよね。そういう方々に対しては、逆に返還をするんですか、そこのとこを聞かせてください。


○議長(今井元紀)


 税務課長。


○税務課長(長井武彦)


 今回、固定資産税につきましても、同じような事例がありました。今回のについては、一応、決済とりまして、お返しするということにしてあります。当然、市民税についても、同じような取り扱いをさせていただきたいと思います。


○議長(今井元紀)


 三井田議員。


○24番(三井田孝欧)


 今回、この制度自体にとやかくと、そういう意味ではなくてですね、せっかく市長もかわられて、市民の側に立ったという所信表明のあった後に措置するわけですから、市民の側が利用しやすいものにすると、これが基本だと思います。


 例えばですね、今、基準に聞きましても、先ほどあった全壊・半壊、パーセンテージ、建築士さんたちが見られたレッドゾーン、赤ラベルが張ってあるがと、こういった基準が市民の側に立ってみれば、こういう3つの基準ができると。今回は、国の通達だから30%ですと。これは、利用する側からいったらですね、わけわからない状態です。これこそ、被害者の立場に立ってみればですね、被災者の立場に立ってみれば、国の通達は30%と言ってますが、市としては全面バックアップしたいですと。つきましては、皆様のもとに伺いまして、措置させていただきたいと。こういうような広報の仕方していただかないとですね、積み上げ式で30%になったら減免しますと。しかも、国が通達してるから、こんなことをやりますと。これはとてもですね、被災された市民の側に立った視点ではないのではないかと、こう思うんですが、今の、市民の側に立った判定基準と、自分が被災した感覚、この乖離と申しましょうかね、これを埋めるための努力というのは、そこに政治判断、新市長の政治判断も入ったんでしょうか。


○議長(今井元紀)


 市長。自席でどうぞ。


○市長(会田 洋)


 ただいまの議論はですね、1つは、まず、被害に遭われた方々、住宅に対する認定、調査認定の問題が1つあると思いますね。私が市長になりましてからも、いろいろと認定の問題について、先ほども、ちょっと、お話に出ておりましたが、何といいますか、最初に認定したものについて、いろいろ違うんじゃないかとか、もっと被害が大きいんじゃないかとか、あるいは、その後、さらに、被害が広がってきているから、もう一回見てほしいとか、いろんなお話もありまして、そういったことも含めてですね、そういった注文のあるところについては、もう一度よく調べる、あるいは、本当に被害者の立場に立ってですね、できるだけ拾えるものは拾うようにということで、さっき政治的判断という話が出ましたが、そういうことは別にしましてね、一定の基準のもとで、拾えるものについては拾うということについては指示をしてきておるところでございます。


 したがいまして、今、お話の点は、いわゆる認定をどうするかという問題と、それから、その認定に基づいて、どこで線を引いて、そういう減免の支援をしていくのかいうこととは、ちょっと、切り離して考える必要があるというふうに思っております。


 したがいまして、そのうち、後は何%がいいのかということについて、いろいろ議論があろうかと思いますが、一応、国の方で示された、30%ということは示されておりますので、私は、その線に沿ってですね、処理をしたいなと。ただ、今、お話のように、大変、被害を受けられた方から見ると、わかりにくいという問題、確かにあろうかと思いますので、その辺については、少し丁寧にですね、対応していく必要があるかなと、今お聞きをして、そういうふうに思っているところでございます。


○議長(今井元紀)


 持田議員。


○10番(持田繁義)


 今、三井田議員から指摘されたのは、非常に、これはですね、大事な内容だと思うんですよね。被災者の立場に立って、ものを考えるということだと思いますし、被災者の人たちがですね、矛盾を感じちゃってね、失望を感じるまでいくかどうか、それはあれですけれども、非常にこういった複雑な内容であるというのが、この被災の中身なんですよね。ですから、今、私は、ほかからも聞いてるのは半壊と、いわゆる罹災証明全部とっているわけですから、半壊というふうに、そこで、いわゆる住宅判定が受けたものについては、もうそこでですね、減免の対象にしちゃうと、この方が非常にわかりやすいという自治体もあるやに聞くんですね。だけど、先ほど担当者は、まだ、情報収集してないということなんですけれども、この辺は、ちょっと私、    なんではないかなということは言いたいところでありますけれども、やはり、半壊だと言われた、その部分ですね、そのことを受け、実際受けてるわけですよ。そしてまた、この損害のですね、減免申請するには、じゃ、自分はどうなんだかということを、また、改めて申請をする。改めて、その査定を見るということになるわけですよね、経過からいっても。非常に、これはですね、その人の気持ちにですね、何か、つめを立てるような気が、中身がないわけじゃないわけです。だから、やはり、半壊だという罹災証明があれば、これはもう、これで、減免対象にするよというぐらいのですね、構えは大事なんじゃないかなと。その方が合理的だと、事務的にも合理的だと、私は思うんですけれども、市長は、そういふうに答弁されていますから、何とも、これからはあれなんですけれども、私の意見としては述べておきたいと思います。


○議長(今井元紀)


 ほかに質疑ございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 お諮りいたします。


 ただいまの議第188号については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第188号については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 これより議第188号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第188号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程追加案件(議第189号) 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数


               の減少及び規約の変更について


○議長(今井元紀)


 最後にもう1つ、議第189号新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 議第189号について御説明申し上げます。


 本案は、新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてであります。


 これは、平成17年1月1日に、上越市へ編入合併が行われることから、本年12月31日限りで本組合を組織する安塚町、浦川原村、大島村、牧村、柿崎町、大潟町、頸城村、吉川町、中郷村、板倉町、清里村、三和村、名立町、上越地域広域行政組合及び頸北斎場施設組合を脱退させることとするため、本組合を組織する地方公共団体の数を減少すること、また、これに伴い、規約について、所要の変更を行うものであります。


 なお、同組合の事務局への提出期限が本日であるため、本日、御議決をいただきたいというものであります。


 何とぞよろしく御審議、お願いいたします。


○議長(今井元紀)


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 お諮りいたします。


 ただいまの議第189号については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議はありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第189号については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 これより議第189号を採決いたします。


 本件は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第189号は、原案のとおり可決いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


○議長(今井元紀)


 ここでしばらく休憩いたします。


               午後 0時14分 休憩


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


               午後 1時00分 再開


○議長(今井元紀)


 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 ここで、持田議員から発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 持田議員。


○10番(持田繁義)


 先ほど、議第188号の……、午後の冒頭で大変恐縮であります。


 先ほど、議第188号の新潟県中越地震に係る災害被害者に対する個人の市民税の減免の特例に関する条例の制定についての質疑の中で、各方面の情報収集についてどうなのかと、私が問うたところの関係で、私の方から、「担当者の    じゃないか」という発言をしたわけでありますけれども、このことについては削除していただきたいと思います。大変、関係者の皆さんに不愉快な思いをさせてしまいましたことは、おわびをいたします。


 以上であります。


○議長(今井元紀)


 この際、お諮りいたします。


 持田議員から、先ほどの本会議における発言について、会議規則第65条の規定により、その一部を取り消したい旨の申し出がございました。


 この取り消しの申し出を許可することに御異議ありませんか。


 真貝議員。


○13番(真貝維義)


 ただいまの取り消しについてですけども、不愉快な思いをさせたから取り消してくれと言うのとですね、事実に反したから取り消してくれとは、かなり意味合いも違うわけですよね。事実関係として、当局は    だというふうに思われて発言したんだろうと思いますから、そこのところについては、どうなのかを説明していただきたいと思います。


○議長(今井元紀)


 持田議員、説明できますか、持田議員。


○10番(持田繁義)


 それはですね、事実関係等については、私の、いろいろな個人のですね、情報も実はあって、その誤解も少々ありました。そこで、議論の中で、若干興奮的な面もありましたので、ついつい言葉が出ました。非常に不的確な発言だったというふうに思っておりますので、この点を踏まえて、削除していただきたいということであります。


○議長(今井元紀)


 よろしいですか。


 もう一度お諮りいたします。


 持田議員から、先ほどの本会議における発言について、会議規則第65条の規定により、その一部を取り消したい旨の申し出がございました。


 この取り消しの申し出を許可することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、持田議員からの発言の取り消しを許可することに決定いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第24(議第92号) 公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する


             条例


日程第25(議第93号) コミュニティセンター設置及び管理に関する条例の一部を改


             正する条例


日程第26(議第94号) 手数料条例の一部を改正する条例


○議長(今井元紀)


 日程第24 公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例から日程第26 手数料条例の一部を改正する条例まで3案を一括して議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 議第92号から議第94号までについて、一括御説明申し上げます。


 まず、議第92号について御説明申し上げます。


 本案は、公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 これは、職員を派遣できる団体のうち、財団法人信濃川テクノポリス開発機構が、平成16年11月1日から、財団法人にいがた産業創造機構と統合したことに伴い、所要の改正を行うものであります。


 次に、議第93号について御説明申し上げます。


 本案は、コミュニティセンター設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 これは、コミュニティセンターに指定管理者制度の導入を図るための改正を行いたいというものであります。


 公の施設に対する指定管理者制度導入に当たっての当市の考え方につきましては、去る8月に、公の施設の指定管理者制度導入に係る運用方針を定めまして、9月議会の総務常任委員会で御説明をさせていただいたところであります。市長が、指定管理者、候補者なんですけども、これを選定するに際し、原則、公募をするということとされているわけでありますけれども、その施設の性格及び設置目的等を考慮した場合、特定の団体に管理を行わせることが適当であると判断される施設については、公募をせずに指定管理者候補者を選定することとし、その特例措置を適用する施設として、コミュニティ施設・集会施設等、それから、特定の地域資産でありますとか地域資源を活用して市民の用に供する施設、これらを考えているところであります。コミュニティセンターは、公の施設ではありますけれども、地域に密着した住民の活動の場である施設であり、その管理も地元にお願いすることが施設の目的にもかなうということから、公募によらずに指定管理者制度を導入したいというものであります。


 改正の概要について申し上げます。


 第3条は、指定管理者による管理で、この施設の管理を地方自治法の規定に基づいて、指定管理者に行わせるということを規定しております。


 第4条は、指定管理者が行う業務を規定いたしております。


 第5条は、利用時間、第6条は、休館日、第7条は、使用の許可等、第8条は、使用の制限、第9条は、目的外使用等の禁止について、第10条は、使用者等の遵守事項、第11条は、原状回復、第12条は、損害賠償について、それぞれ規定しているものであります。


 次に、議第94号について申し上げます。


 本案は、手数料条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 これは、従来、土地・建物に関する公課証明につきましては、その他の証明として取り扱ってまいりましたわけですけれども、その根拠を明確にするため、当該証明を別表に追加をしたいというものでございます。


 以上、何とぞよろしく御審議をお願いいたします。


○議長(今井元紀)


 これにつき、質疑はございますか。


 矢部議員。


○5番(矢部忠夫)


 議第93号についてなんですが、いわゆる指定管理者制度のことなんですけども、今、部長、説明の中でですね、コミュニティセンターについては、公募によらず云々というふうに話をされたわけでありますが、その根拠とするのは、何でしたっけ、もう一度説明いただきたい。


○議長(今井元紀)


 総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 指定管理者の導入につきましては、自治法でですね、御存じのとおり、定められているわけであります。原則、公募によりなさいと、広く公募をしてですね、指定管理者制度導入のメリットを出せという規定になっておりますけれども、施設によりましてですね、公の施設の中にはですね、その公募によることが、かえって目的をそぐというようなことも考えられるわけでして、コミュニティセンターというのは、先ほど言いましたように、地域の皆さん自身にですね、守りをしてといいますか、管理をお願いして使っていただくということが、その目的にかなうというふうに判断をいたしましたので、一般原則によります公募はしない方が適当であると、こう判断したところであります。


○議長(今井元紀)


 矢部議員。


○5番(矢部忠夫)


 それで、関連してなんですが、その自治法のですね、規定によってという説明だったわけですが、前にも、このことで議論したと思うんですが、指定管理者制度について、柏崎市で条例を制定する必要があるんでないかという、前に議論したという記憶はあるんですが、結果として、条例が制定されてないわけですよね。そういう中で、こういう次々になってるということについて、私の記憶が間違いであれば訂正しますが、その辺について、どういう見解を持っておられるのか。いわゆる本来ならば、自治法の規定を持ってくるまでもなくですね、条例を持ってくると。条例によってですね、今、部長の話をされたような、特に市長が定める場合には、公募によらないということになってもよろしいかと思うんですけども、その辺の見解はどうなんでしょうか。


○議長(今井元紀)


 人事課長。


○人事課長(清水紀彦)


 平成15年12月に、公の施設の指定管理の指定手続に関する条例、手続条例ですね、これを定めまして、個々の施設別に個別条例を制定するということでございます。


○議長(今井元紀)


 ほかに質疑ございますか。


 池田議員。


○9番(池田千賀子)


 矢部議員と同様に、議第93号についてお聞かせいただきたいと思います。


 この後の議第95号から105号まででしょうか、こちらの方も、指定管理者制度に関する提案というふうに認識しておりますけれども、今の、部長からの御答弁いただきましたように、8月に運用方針を決められたということで、各種の施設については、導入についての調査をやられておられるというふうに認識しておるんですが、今回、この上程されました施設についての考え方、この後の議案については、これから考え方は述べられるんだと思いますけれども、そのほかに、今回、上程された議案のほかにですね、約20施設ぐらいでしょうか、検討すべき施設が残ってるかというふうに思います。それらを一括して、どのように調査をされて、どういう経過で、そういうふうな御判断をされたかということについて、説明をいただく機会がありますと、この柏崎における指定管理者制度の導入についての全容が、よりはっきりするのではないかというふうに考えますが、このような説明を求めた場合、御説明いただけますでしょうか。


○議長(今井元紀)


 総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 確かにおっしゃるとおりでしてですね、40本近くあったと思うんですけども、1本ごとに条例、さっき言いました、手続条例は定まっておりますけども、個々具体的にやるときには、それぞれごとにですね、指定管理者導入をするのか、それから、直営にするのか、直営にする、今回、この後で出ます、一部委託されてるものをですね、直営に戻すというのもあります。それから、原則、公募するというのが実は残っておりますんで、大きく挙げ、3つぐらいのジャンルに分かれるというふうに承知をしております。


 そういうことでですね、今回は、公募をする、公募をかける、一般原則により公募をかけるというのはですね、出ておりませんで、これは18年の、たしか9月だったと思うんですけども、その期限までに、3ヵ年の期間にやりなさいということでございますので、準備をしてですね、順次、お諮りをしたいというふうに思います。


 今回出してあるのは、それ以前のですね、さっき言いました指定管理者制度ですけども、その公募によらないものですとか、今まで管理委託をしたものを直営に戻すものとかというのを中心に、これから御説明をさせていただく、今の93号も含めましてですね、そういうものを出させていただくということであります。


 説明の方ですけども、私が今言ったことで、あらましはそうなんですけれども、これにつきましては、その施設の内容等ですね、事務方はもちろんそうですし、それから、相手方のあるですね、施設につきましては、相手方さんともですね、若干の意見交換させてもらいました。本来、一般原則で公募するというのが、法では、そういう定めしかないわけでありますんで、それによりたいと、よるべきだという原則はありますけれども、先ほどコミュニティセンターのことで申しましたように、そうではない方がいいんではないかというふうな判断はですね、若干、法律でも、自治体の判断に任せられているという部分があるというふうに解釈できますので、私どもの解釈を最終的にさせていただいて、9月の常任委員会でですね、総務委員会で御説明をさせていただいた。その資料は、たしか議員の皆さんにもですね、お配りをさせてあるというふうに思いますので、それで御理解いただけるものと思いますが、なお、不足の部分がありましたら、また、個別にお尋ねいただければ、御説明はさせていただきます。


○議長(今井元紀)


 三井田議員。


○24番(三井田孝欧)


 今の池田議員の御質問に関連してなんですけど、全体の方針ということで、後で資料をお出しいただきたいと思います。


 それは、どういう意味かといいますと、例えば、こども時代館、あれはですね、一般公募で、一般の民間企業が入ったとすると、著作権料を払わなくてはいけなくなってしまいます。あれこそ、第三セクター、もしくは、行政がやってるからこそ、著作権料を払わないで済むから運営できる、維持できるというものです。そういった理由等、施設のあり方と、一覧表でも何でもいいんですけど、そのような形で表を付議し、ちょうど委員会の場でもよろしいんですけど、一覧表に、理由と含めて、資料の提出をお願いしたいと思いますが、できますでしょうか。


○議長(今井元紀)


 人事課長。


○人事課長(清水紀彦)


 さきの9月総務委員会で、その運用指針、方針とですね、その施設別の区分、3つのパターンと申しましたけども、それをお示ししましたが、それ、お持ちなければ差し上げたいと思っています。


○議長(今井元紀)


 質疑ございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第92号から94号までの3案は、総務常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第27(議第 95号) コレクション展示館設置及び管理に関する条例の一部を改


              正する条例


日程第28(議第 96号) 上米山生活改善センター設置及び管理に関する条例の一部


              を改正する条例


日程第29(議第 97号) 鵜川総合研修センター設置及び管理に関する条例の一部を


              改正する条例


日程第30(議第 98号) 鵜川体育館設置及び管理に関する条例の一部を改正する条


              例


日程第31(議第 99号) 伝統文化活用型交流促進施設の設置及び管理に関する条例


              の一部を改正する条例


日程第32(議第100号) 田島活性化施設設置及び管理に関する条例の一部を改正す


              る条例


日程第33(議第101号) 番神漁村センター設置及び管理に関する条例の一部を改正


              する条例


日程第34(議第102号) 柏崎さけのふるさと公園設置及び管理に関する条例の一部


              を改正する条例


日程第35(議第103号) 田尻いこいの広場設置及び管理に関する条例の一部を改正


              する条例


日程第36(議第104号) 市民の森交流施設設置及び管理に関する条例の一部を改正


              する条例


日程第37(議第105号) 鵜川体験の里「ほたる」設置及び管理に関する条例の一部


              を改正する条例


日程第38(議第106号) 市立学校設置条例の一部を改正する条例


日程第39(議第107号) 学校給食共同調理場設置条例の一部を改正する条例


日程第40(議第108号) 体育施設設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例


日程第41(議第109号) 松波体育館設置及び管理に関する条例


○議長(今井元紀)


 日程第27 コレクション展示館設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例から日程第41 松波体育館設置及び管理に関する条例までの15案を一括して議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 議第95号から議第109号までにつきまして、一括御説明を申し上げます。


 議第95号から議第105号まで、並びに議第108号及び議第109号の議案は、いずれも指定管理者制度の導入にかかわるものであります。


 まず、議第95号について申し上げます。


 本案は、コレクション展示館設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 これは、先ほど議第93号で御説明申し上げましたコミュニティセンターと同様、コレクション展示館につきましては、その地域の資源ですとか、資産等を利用して御活用いただくという、その展示館の性質から、公募をかけずに指定管理者制度を導入したいというものでございます。


 改正の概要を申し上げます。


 第3条は、指定管理者による管理で、この施設の管理を地方自治法の規定に基づいて、指定管理者に行わせることを規定しております。


 第4条は、指定管理者が行う業務を規定するとともに、所要の改正を行いたいというものであります。


 次に、議第96号についてでございます。


 本案は、上米山生活改善センター設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 これは、上米山生活改善センターについて、公募をかけずに指定管理者制度を導入いたしたいというものであります。


 改正の概要を申し上げます。


 第3条は、指定管理者による管理で、この施設の管理を地方自治法の規定に基づいて、指定管理者に行わせるということを規定しております。


 第4条は、指定管理者が行う業務を規定しております。


 第5条は、使用時間、第6条は、休館日、第7条は、使用の許可、第8条は、使用の制限、第9条は、目的外使用等の禁止について、第10条は、使用者等の遵守事項、第11条は、原状回復、第12条は、損害賠償、第13条は、委任について、それぞれ規定するとともに、所要の改正を行いたいというものであります。


 次に、議第97号についてであります。


 本案は、鵜川総合研修センター設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 これは、鵜川総合研修センターについて、公募をかけずに指定管理者を導入したいとするための改正でございます。


 改正の概要は、今ほどの第96号と同様でございますので、省略をさせていただきます。


 次に、議第98号について御説明申し上げます。


 本案は、鵜川体育館設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 これは、鵜川体育館につきまして、公募をかけずに指定管理者制度を導入いたしたいというものでございまして、改正の概要は、議第96号と同様でございますので、説明は省略をさせていただきたいと思います。


 次に、議第99号について御説明申し上げます。


 本案は、伝統文化活用型交流促進施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 これは、伝統文化活用型交流促進施設について、公募をかけずに指定管理者制度を導入いたしたいというものでございます。


 改正の概要は、これも議第96号と同様でございますので、説明は省略させていただきます。


 次に、議第100号について御説明申し上げます。


 本案は、田島活性化施設設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 これは、この施設につきまして、公募をかけずに指定管理者制度を導入いたしたいというものでございまして、改正の概要は、これも議第96号と同様でございますので、省略をさせていただきます。


 次に、議第101号について御説明申し上げます。


 本案は、番神漁村センター設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 これは、番神漁村センターにつきまして、やはり、公募をかけずに指定管理者制度を導入したいというための規定でございます。


 使用料の規定を新たに追加をさせていただきましたが、それ以外の改正は、議第96号と同様でございますので、説明は省略をさせていただきます。


 次に、議第102号について御説明申し上げます。


 本案は、柏崎さけのふるさと公園設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 これは、柏崎さけのふるさと公園について、公募をかけずに指定管理者を導入したいというものでございます。


 改正の概要について申し上げます。


 第3条は、指定管理者による管理で、この施設の管理を地方自治法の規定に基づいて、指定管理者に行わせるということを規定しております。


 第4条は、指定管理者が行う業務を規定しております。


 第5条は、開館時間、第6条は、休館日、第8条は、入園者等の遵守事項について、それぞれ規定するとともに、所要の改正を行いたいというものであります。


 次に、議第103号について御説明申し上げます。


 本案は、田尻いこいの広場設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 この施設は、現在、地方自治法上の管理委託を受けている施設でありますが、管理の実態を見ますと、清掃など、ごく一部の業務だけを行っているものでありまして、指定管理者制度を導入するメリットが見出せないということから、直営とする方が適当であると判断し、管理の委託の規定を削除いたしたいというものであります。


 次に、議第104号について御説明申し上げます。


 本案は、市民の森交流施設設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 これも、今ほどの議第103号と同様の理由から、管理の委託の規定を削除いたしたいというものであります。


 次に、議第105号について申し上げます。


 本案は、鵜川体験の里「ほたる」設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 これも、先ほどの議第103号と同様の理由から、管理の委託の規定を削除するとともに、施行規則で規定をしておりました使用者の守るべき事項について、条例で規定をいたしたいというものでございます。


 次に、議第106号について御説明を申し上げます。


 本案は、市立学校設置条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 これは、別俣小学校が平成17年3月31日をもって閉校となるため、別表第1から同校を削除いたしたいというものであります。


 次に、議第107号について申し上げます。


 本案は、学校給食共同調理場設置条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 これは、今ほどの議第106号と同様の理由から、野田小学校に併設しておりました黒姫地区学校給食共同調理場が単独調理校となるため、第2条の表から、同調理場を削除いたしたいというものであります。


 次に、議第108号について申し上げます。


 本案は、体育施設設置及び管理に関する条例の制定であります。


 これは、議第103号で申し上げました理由と同様に、吉井体育館と笠島運動場については直営にするとともに、松波体育館については、指定管理者制度の導入を図るために、新たに条例制定を行う必要があることから、当該施設の規定を削除いたしたいというものであります。


 次に、議第109号について御説明申し上げます。


 本案は、松波体育館設置及び管理に関する条例の制定についてであります。


 これは、松波体育館が松波コミュニティセンターに併設されて、一体として利用されておりますが、松波コミュニティセンターに指定管理者制度の導入を図ることから、松波体育館もあわせて指定管理者制度の導入を図る必要があるため、新たに条例を制定いたしたいというものであります。


 なお、先ほど議第93号で御説明申し上げました施設と同様、松波体育館につきましても、公募をかけずに指定管理者制度を導入いたしたいというものであります。


 改正の概要を申し上げます。


 第1条は、松波体育館の設置、第2条は、名称及び位置、第3条は、指定者による管理で、この施設の管理を地方自治法の規定に基づいて、指定管理者に行わせることを規定しております。


 第4条は、指定管理者が行う業務、第5条は、使用時間、第6条は、休館日、第7条は、使用の許可、第8条は、使用の制限、第9条は、目的外使用の禁止について、第10条は、使用者等の遵守事項、第11条は、原状回復、第12条は、損害賠償、第13条は、委任について、それぞれ規定しているところであります。


 以上、何とぞよろしく御審議をお願いいたします。


○議長(今井元紀)


 ただいまの説明につき、質疑はございますか。


 中村議員。


○25番(中村明臣)


 言っておられる意味はよくわかるんですが、自主性という意味ですね、やはり、公募をかけるというのは、やはり、手を挙げて、私が管理したいという意思ですね、そういったものを確認するという意味で、ですから、その地域の人が手を挙げるのは、これは当然だと思うんですが、そういったところをですね、省略して、審議委員会もあるのに、そういうことを省略して、公募をかけないという意義はどの辺にあるんでしょうか。


○議長(今井元紀)


 人事課長。


○人事課長(清水紀彦)


 方針の中にですね、盛り込んでございますし、総務委員会でも御説明したところでございますけども、特例措置ということで、2つの区分がございます。1つが、コミュニティ施設、集会施設等でございまして、これは、部長が御説明申し上げたところでございますけども、これまで自主的な管理を地域住民の方々に委託したと、これからも、コミュニティセンターというのは、特に、そのようなことで御理解いただけると思うんですが、これからもですね、地域の方々にしてもらうのが適当だと。逆に、ほかの、例えば、民間企業とかですね、そういうふうなことが、参入することが不適当と申しましょうか、そういうふうな観点からのやつがコミュニティ施設、集会施設でございます。


 それから、特定の地域資産・資源を活用して、市民の用に供する施設、例えば、さけのふるさと公園、こういうふうなものは、やはり、地域のOBが町内会から受託をしていただいてるんですけども、やっぱり、やっていただくのは、ほかのところというよりも、ここしかないのではないかというふうな観点から、この2つのやつは特例措置として、運用方針に定めて、9月の委員会でも御説明をして、御理解をいただいたというふうに思っております。


○議長(今井元紀)


 飯塚議員。


○8番(飯塚寿之)


 関連するんですが、直営にしてもですね、公募によらずの指定管理者指定にしてもですね、指定管理者制度の導入には変わりないわけですけれども、その分、自治体のですね、権限が強化をされてきているわけですが、それぞれ指定された管理者はですね、管理者に対する監査、業務監査、あるいは、会計も含むんですけど、監査業務も、かなり、それは強化されるんだと思うんですが、これらの施設の監査のシステム、だれが、だれに対して監査をするのかということは、どうなっているんでしょうか。


○議長(今井元紀)


 人事課長。


○人事課長(清水紀彦)


 お答えします。


 この点に関しましては、市役所の担当部署が仕様書を作成します。それで、作成しますけれども、審査会議をかけないと。その仕様書に基づきまして、事業計画を作成してもらうということになります。それを判断して、市長が議会の方に、この団体に、この期間、指定期間ということで、御議決をいただくということになっております。


 したがいまして、審査会を、持とうが持ちまいが、監査といいましょうか、市が主体ですんで、毎年、事業計画に基づく事業報告をちょうだいするとか、あるいは、必要により監査をするとかいうふうなことは、審査会が有無にかかわらずやっていくということでございます。


○議長(今井元紀)


 ほかに質疑ございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第95号から議第109号までの15案は、文教経済常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第42(議第84号) 平成16年度一般会計補正予算(第11号)


○議長(今井元紀)


 日程第42 平成16年度一般会計補正予算(第11号)を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 議第84号について御説明を申し上げます。


 本案は、平成16年度一般会計補正予算(第11号)についてでございます。


 この補正予算の内容を総括的に申し上げますと、一般職員の時間外勤務手当や予定外退職者の手当等に伴う補正、それから、やむを得ない臨時の経費及び災害関連経費等について、それぞれ補正し、総額7億1,319万3,000円を追加するとともに、債務負担行為及び地方債の変更の補正を行うものであります。


 人件費について、最初に御説明をさせていただきます。


 42ページになりますが、補正予算給与費明細書の1の(1)の、この総括というところをごらんいただきたいと思います。


 一般職につきましては、育児休業等により、給料1,093万4,000円の減額、時間外勤務手当及び予定外退職手当の増加等により、職員手当7,083万3,000円の追加、共済費185万3,000円を減額、合計5,804万6,000円を追加いたしております。


 これから御説明をさせていただきます、補正予算書の各款・項に出てまいります2節の給料、3節の職員手当等、4節共済費のうち、これら人件費に係る増減につきましては、それぞれの款・項での説明は省略をさせていただきますので、御了解をいただきたいと思います。


 歳出の主な内容について、順次、御説明をさせていただきます。


 まず、22ページ、23ページをお開きいただきたいと思います。


 2款総務費、1項1目一般管理費、広域事務組合職員の退職手当に係る負担金296万9,000円は、広域事務組合において、予定外退職者があることから、同職員の柏崎市在籍分の負担金を支出したいものであります。財務会計システム更新事業155万円は、昨年10月から稼働しております財務会計システムにおいて、若干のシステム修正が必要なことから、委託料を措置するものであります。


 3項1目戸籍住民基本台帳費、戸籍住民基本台帳関係経費154万7,000円は、合併に際し、高柳町、西山町、2町分の印鑑登録を集約する必要があり、その作業に2ヵ月近く要することから、事前に必要な経費を追加するものであります。


 24ページ、25ページをごらんください。


 3款民生費、1項1目社会福祉総務費、国民健康保険事業特別会計繰出金1,008万7,000円の減額であります。保険基盤安定負担金の国県の額が確定をしたため、繰出金を補正したいというものでございます。


 2目身体障害者福祉費、身体障害者支援費の身体障害者居宅生活支援事業1,173万円は、身体障害者のホームヘルプサービスの利用が当初見込みよりふえておりますことから、追加をしたいというものでございます。身体障害者保護費の補装具給付費94万9,000円は、国への平成15年度精算還付金であります。在宅心身障害児(者)福祉事業の重度身体障害者日常生活用具給付事業100万円及び身体障害者用自動車改造等助成事業40万円は、いずれも実績により利用増が見込まれることから、不足額を追加するものであります。身体障害者デイサービス事業47万8,000円は、元気館で実施をしております身体障害者のデイサービス事業について、利用増によりまして、介助員が不足することから、非常勤職員を配置いたしたいというものであります。


 3目知的障害者福祉費、知的障害者支援費の知的障害者居宅生活支援事業187万1,000円は、実績見込みによります不足額を追加するとともに、平成15年度の国県への精算還付金を措置するものであります。知的障害者デイサービス事業62万1,000円は、身体障害者デイサービス事業同様、介助員の不足があることから、非常勤職員を配置したいというものであります。


 4目老人福祉費、介護保険特別会計繰出金37万4,000円の減額は、特別会計における人件費が減額となることから、繰出金を補正するものであります。介護保険在宅サービス利用者負担額助成事業31万8,000円は、民間事業者を利用した際の低所得者に対する減免措置に伴う助成措置でありますが、実績見込みにより増額をいたしたいというものであります。


 続いて、26ページ、27ページをごらんいただきたいと思います。


 老人医療費助成事業(県老)124万9,000円は、受給件数が当初見込みよりふえたことから、追加するものであります。


 2項1目児童福祉総務費、児童手当給付事業321万7,000円は、国への平成15年度精算還付金であります。


 3目児童措置費、保育園運営費の保育園措置事業2,463万9,000円は、平成16年度保育所運営費負担金等の一部改正により、保育単価が平均2%アップしたことから、措置委託料を追加するものであります。


 3項2目扶助費、生活保護費3,055万7,000円は、生活保護受給者の入院が多く、医療扶助費が不足することから追加するとともに、平成15年度の国県への精算還付金を措置するものであります。


 4款衛生費、1項1目保健衛生総務費、精神保健対策事業23万8,000円と、次のページにあります、精神障害者在宅福祉事業15万円は、いずれも、県への平成15年度精算還付金であります。


 4目環境衛生費、環境保全事業の自然環境保全事業20万円は、5月以降、クマの出没が相次いだことに伴い、猟友会柏崎支部にクマの捕獲、監視を依頼したことから、謝礼を措置したいというものであります。


 2項1目清掃総務費、柏崎地域広域事務組合負担金2,891万6,000円は、広域事務組合職員の予定外退職に伴う退職手当の負担金であります。


 6款農林水産業費、1項2目農業総務費、水田農業構造改革対策事業の転作推進費補助金19万5,000円は、県の全額補助を得て、大豆転作の組織化、団地化を城之組生産組合が取り組むことから、措置をいたしたいというものであります。


 続いて、30ページ、31ページをごらんいただきたいと思います。


 一般経費20万円は、地震災害に係る非常勤職員の時間外勤務手当を追加するものであります。


 3目農業振興費、農業集落排水事業特別会計繰出金288万円は、特別会計におけます人件費補正に伴い、繰出金を補正するものであります。


 2項1目林業総務費、一般経費8万円は、市の所有する山林に、国が植林を行い、その後、材木の売却による収益を国と市で分配するという、官行造林事業について、この国分の権利を国からの要請に基づきまして、市が国から購入する、そのための経費を措置するものであります。


 続いて、32・33ページにまいりまして、8款土木費、2項3目道路新設改良費、道路新設改良事業の道路新設改良豪雪対策事業1,500万円の減額でありますけれども、これは入札差額の執行残であります。


 5目橋りょう新設改良費、橋りょう新設改良事業の橋りょう新設改良豪雪対策事業1,500万円は、市道6−1号線、東曲輪橋におきまして、軟弱地盤改良工事を実施したいというものであります。


 下段の方にまいりまして、5項2目街路事業費、街路事業国庫補助事業と同市費事業は、日吉町北園町線のJR交差部分の工事をJRに委託して実施をしたいということから、それぞれ支出科目を組みかえるものでございます。


 34ページ、35ページをお開きいただきます。


 3目公共下水道費、下水道事業特別会計繰出金741万円は、特別会計におけます人件費補正に伴い、繰出金を変更するものであります。


 6項1目住宅管理費、住宅管理事業の公営住宅管理システム経費50万円は、公営住宅法の改正により、家賃改定があることから、家賃決定に係るシステムを変更いたしたいというものであります。


 2目住宅建設費、住宅災害復旧事業の被災者住宅応急修理支援事業2億2,000万円は、国の災害救助法及び県の中越地震被災者住宅応急修理支援制度に基づきまして、被災者住宅の応急修理を実施するもので、専決予算に続き、半壊110万円の200戸分を措置したものであります。


 9款消防費、1項1目常備消防費、柏崎地域広域事務組合負担金2,185万2,000円でありますが、新潟県中越地震に係る消防職員の時間外勤務手当等の追加及び地方交付税の基準財政需要額の確定による再計算に伴い、負担金が増額となるものであります。


 2目非常備消防費、非常備消防一般管理費827万7,000円は、地震に伴います消防団員の災害活動により、費用弁償が不足することから、追加をいたしたいというものであります。


 5目災害対策費、10.23新潟県中越地震対策事業1億3,550万円は、県が3分の2、市が3分の1の負担をし、住宅の損壊状況及び所得状況により、最高100万円を交付する被災者生活再建支援事業と、最高350万円の貸し付けを行う災害援護資金貸付金制度を実施するに当たり、必要な経費を措置いたしたいものであります。


 36ページ、37ページでございますが、10款教育費、4項2目文化財保護費、文化財保護管理事業の文化財保護補助金60万円は、国県の補助を受けまして、平成16・17年度の2ヵ年で、大清水観音堂の屋根をふきかえるものであります。遺跡発掘調査事業の柏崎市内遺跡第14期発掘調査事業200万円は、与三及び山室において、県の圃場整備事業等のため、遺跡の試掘が必要なことから、国県の補助を受けて実施をするものであります。


 38・39ページにまいります。


 11款1項4目治山施設災害復旧費、治山施設災害復旧事業1,500万円は、県補助6割、本人負担1割、市費3割の負担により、人家の裏山を復旧するものであります。


 2項2目道路橋りょう災害復旧費、道路橋りょう災害復旧事業9,713万4,000円は、7.16水害において被害のあった市道20路線について、国庫補助3分の2、市費3分の1をもって復旧工事を実施いたしたいというものであります。


 3目河川災害復旧費、河川災害復旧事業4,083万1,000円は、同じく、7月の水害で被害のあった小俣川ほか2河川を国庫補助3分の2、市費3分の1をもって復旧工事を行いたいというものであります。


 最後になりますが、40ページ、41ページでございます。


 3項1目公立学校施設災害復旧費、公立学校施設災害復旧事業200万円は、学校施設の災害査定を受けるための設計委託料であります。


 以上で歳出の説明を終わります。


 歳入について、御説明を申し上げます。


 2ページをお開きいただきたいと思います。


 地方交付税4,000万円、分担金及び負担金1,067万3,000円、国庫支出金1億2,008万5,000円、県支出金3億2,874万3,000円、繰入金1億6,098万1,000円、諸収入231万1,000円、市債5,040万円をそれぞれ追加して、歳出との均衡を図っております。


 6ページ、債務負担行為補正について申し上げます。


 財団法人柏崎実践学園が民間金融機関から融資を受ける、こみの保育園建設資金の元利償還金に対する補助及び同利子償還金に対する補助に係る債務負担行為につきましては、こみの保育園が保育室を増築するに当たり、金融機関から借り入れした資金の償還金に対する補助に対して債務負担行為を設定するものであります。


 最後、7ページの、地方債補正について申し上げます。


 7月の水害及び新潟県中越地震の災害復旧事業に充当するため、農林水産施設災害復旧事業債及び公共土木施設災害復旧事業債を増額変更をいたしたいというものでございます。


 以上、何とぞよろしく御審議をお願いいたします。


○議長(今井元紀)


 質疑はございますか。


 最初に、総括質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 次に、歳出第2款総務費について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 次に、3款民生費及び4款衛生費について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 次に、5款労働費、6款農林水産業費及び7款商工費について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 次に、8款土木費及び9款消防費について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 次に、10款教育費及び11款災害復旧費について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 次に、歳入全款について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 次に、第2表 債務負担行為補正及び第3表 地方債補正について。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第84号は、議案付託表のとおり所管常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第43(議第85号) 平成16年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)


日程第44(議第86号) 平成16年度介護保険特別会計補正予算(第2号)


○議長(今井元紀)


 日程第43 平成16年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)及び日程第44 平成16年度介護保険特別会計補正予算(第2号)の2案を一括して議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 議第85号及び議第86号について、一括御説明を申し上げます。


 人件費の補正につきましては、先ほどの一般会計の補正と同じ理由でありますので、省略をさせていただくことを御了解いただきたいと思います。


 まず、議第85号について申し上げます。


 本案は、平成16年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)についてでございます。


 歳出から御説明を申し上げますので、予算書の16ページ、17ページをごらんいただきたいと思います。


 1款総務費、1項1目一般管理費、医療給付適正化事業51万2,000円は、医療給付に係る共同電算業務委託料が被保険者の増加により不足することから、追加をいたしたいというものでございます。一般経費20万8,000円は、合併の準備経費として必要な事務費を措置したいものであります。


 2款保険給付費、1項5目審査支払手数料118万7,000円は、被保険者の増加に伴い、審査に係るレセプトも増加したことから、審査手数料を追加したいというものであります。


 2項1目一般被保険者高額療養費892万3,000円は、2目退職被保険者等高額療養費331万5,000円及び5項1目葬祭費、葬祭費補助金350万円は、いずれも実績見込みによる追加であります。


 続いて、18ページ、19ページにまいりまして、3款老人保健拠出金、1項1目老人保健医療費拠出金7,048万7,000円の減額、2目老人保健事務費拠出金122万5,000円の減額及び4款介護納付金、1項1目介護納付金284万円の減額は、いずれも社会保険診療報酬支払基金から決定がなされたため、減額をするものであります。


 5款共同事業拠出金、1項1目高額医療費拠出金、高額医療費共同事業拠出金3万4,000円は、国保連合会の決定により、追加をするものであります。


 9款諸支出金、3項1目直営診療施設勘定繰出金6万9,000円は、野田診療所及び北条診療所における人件費補正に伴う繰出金の追加でございます。


 以上で歳出を終わりまして、歳入について御説明申し上げます。


 2ページに記載のとおり、国庫支出金8,561万8,000円、療養給付費交付金3,335万6,000円、繰入金1,008万7,000円をそれぞれ減額、県支出金8,000円、繰越金7,296万5,000円をそれぞれ追加いたしまして、歳出との均衡を図っております。


 また、直営診療施設勘定につきましては、4ページにありますように、人件費補正に対し、繰入金6万9,000円を追加することにより、歳出との均衡を図っているところであります。


 続きまして、議第86号について申し上げます。


 本案は、平成16年度介護保険特別会計補正予算(第2号)についてであります。


 予算書12ページ、13ページにございます人件費補正につきまして、2ページに記載のとおり、一般会計からの繰入金37万4,000円の減額をもって対応しているところでございます。


 以上、何とぞよろしく御審議をお願いいたします。


○議長(今井元紀)


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 ただいまの議第85号及び議第86号の2案は、厚生常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第45(議第87号) 平成16年度墓園事業特別会計補正予算(第3号)


○議長(今井元紀)


 日程第45 平成16年度墓園事業特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 議第87号について御説明申し上げます。


 本案は、平成16年度墓園事業特別会計補正予算(第3号)についてでございます。


 歳出から御説明をさせていただきますので、12ページ、13ページをごらんいただきたいと存じます。


 1款事業費、1項1目墓園管理費、墓園管理事業32万9,000円は、墓地使用料還付金が不足したことなどによります追加をしたいというものでございます。


 2目墓園整備事業費、墓園整備事業309万8,000円は、墓園内で漏水箇所があることから、給水管の改修工事を実施したいというものであります。


 なお、歳入は、2ページに記載のとおり、全額繰越金をもって対応してございます。


 何とぞよろしく御審議をお願いいたします。


○議長(今井元紀)


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第87号は、総務常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第46(議第88号) 平成16年度下水道事業特別会計補正予算(第5号)


日程第47(議第89号) 平成16年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)


日程第48(議第90号) 平成16年度ガス事業会計補正予算(第5号)


日程第49(議第91号) 平成16年度水道事業会計補正予算(第6号)


○議長(今井元紀)


 日程第46 平成16年度下水道事業特別会計補正予算(第5号)から日程第49 平成16年度水道事業会計補正予算(第6号)まで4案を一括して議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 議第88号から議第91号までにつきまして、一括御説明を申し上げます。


 まず、議第88号についてでございますが、本案は、平成16年度下水道事業特別会計補正予算(第5号)についてであります。


 これは、予算書12ページ、13ページに記載のとおり、職員の時間外手当の補正につきまして、2ページに記載の、一般会計繰入金をもって補正をいたしたいというものであります。


 次に、議第89号について申し上げます。


 本案は、平成16年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)についてでございます。


 歳出でございますが、12ページ、13ページをごらんいただきたいと思います。


 1款集落排水費、2項2目農業集落排水事業費900万円は、記載の4地区で、集落排水への新規加入者があることから、必要な経費を追加いたしたいというものであります。


 歳入につきましては、2ページに記載のとおりに、分担金及び負担金135万円、繰入金288万円、繰越金415万円、市債350万円の追加により対応したいものであります。


 次に、4ページの第2表 地方債補正について申し上げます。


 農業集落排水事業債につきまして、先ほどの地区におけます管路工事に伴い、増額の変更をいたしたいというものであります。


 続きまして、議第90号について御説明を申し上げます。


 本案は、平成16年度ガス事業会計補正予算(第5号)についてでございます。


 この補正予算の内容は、1点目といたしまして、10月23日に発生した新潟県中越地震の災害復旧に係る今後の職員手当、並びに当初予算で定めた今後の人件費所要見込み額の補正でございます。


 2点目といたしまして、ガス水道局庁舎自家発電設備改良工事の設備内容変更に伴う負担金の補正でございます。


 3点目といたしましては、日吉町北園町線道路改良工事に伴う北斗町、春日地内の中圧管改良工事の補正をいたしたいというものであります。


 それでは、各条について御説明申し上げます。


 予算書の1ページをごらんいただきたいと思います。


 第2条は、人件費負担金の補正といたしまして、第1款ガス事業費用、第1項営業費用265万1,000円、第2項営業雑費用15万2,000円をそれぞれ増額いたしたいというものであります。


 第3条は、第1款資本的支出、第1項建設改良費について、改良費、人件費の補正といたしまして、1,738万1,000円を増額し、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額及び、その補てん財源を補正いたしたいというものであります。


 第4条は、議会の議決を経なければ流用することのできない経費のうち、職員給与費の増額もあわせて行いたいというものであります。


 議第91号についてでございます。


 本案は、平成16年度水道事業会計補正予算(第6号)についてであります。


 補正の内容につきましては、1点目といたしまして、ガス事業会計と同様、10月23日に発生した新潟県中越地震の災害復旧に係る今後の職員手当及び当初予算で定めた今後の人件費所要見込み額の補正でございます。


 2点目といたしまして、ガス水道局庁舎自家発電設備改良工事の設備内容変更に伴う改良工事費の補正及び、これに伴うガス事業会計からの負担金の補正をいたしたいというものであります。


 まず、予算書の1ページをごらんいただきたいと存じます。


 第2条は、第1款上水道事業収益、第3項営業外収益200万円の増額補正を人件費の補正といたしまして、第1款上水道事業費用、第1項営業費用249万4,000円を増額、第2項営業雑費用13万6,000円を増額、第2款簡易水道事業費用、第1項営業費用11万5,000円をそれぞれ増額、合計で274万5,000円を増額したいというものであります。


 第3条では、第1款資本的支出、第1項建設改良費について、改良費、人件費の補正といたしまして614万2,000円を増額し、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額及び、その補てん財源を補正したいというものであります。


 第4条は、議会の議決を経なければ流用することのできない経費のうち、職員給与費の増額もあわせて行いたいというものであります。


 以上、詳細につきましては、それぞれ補正予算に関する説明書をごらんいただきたいと存じます。


 以上、何とぞよろしく御審議をお願いいたします。


○議長(今井元紀)


 ただいまの説明につき、質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第88号から議第91号までの4案は、建設企業常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第50(議第110号) 新潟県柏崎地域広域事務組合規約の変更について


○議長(今井元紀)


 日程第50 新潟県柏崎地域広域事務組合規約の変更についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 議第110号について御説明申し上げます。


 本案は、新潟県柏崎地域広域事務組合規約の変更についてでございます。


 柏崎地域広域事務組合常備消防事務の経費負担につきましては、本市は、当該年度の普通交付税の消防費に係る基準財政需要額の100分の75、その他の町村は、増加基準財政需要額に相当する額をもとに案分をいたしておりますけれども、平成16年度の普通交付税の消防費に係る基準財政需要額の補正係数が変更され、町村の増加基準財政需要額部分が減額となったことに伴い、結果として、本市の負担割合が大幅に増加する見込みとなりました。つきましては、普通交付税の変更にかかわらず、柏崎地域の常備消防体制には変更がないということでございますので、構成市町村の負担割合を、おおむね従来どおり維持することで、関係町村との協議が整いましたことから、規約第14条第3号(二)の規定中「100分の75」とあるを「100分の62.5」に改めたいというものでございます。


 何とぞよろしく御審議をお願いいたします。


○議長(今井元紀)


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第110号は、総務常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第51(議第111号) 市道路線の認定について


○議長(今井元紀)


 日程第51 市道路線の認定についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 議第111号について御説明申し上げます。


 本案は、市道路線の認定についてでございます。


 柏崎4−69号線は、北園町公営住宅建設事業により整備され、住民の生活道路として重要な路線であるため、新たに認定をいたしたいというものでございます。


 何とぞよろしく御審議をお願いいたします。


○議長(今井元紀)


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第111号は、建設企業常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


○議長(今井元紀)


 ただいま、市長から議第190号が提出されました。


 ここで、これを日程に追加し、直ちに議題にしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議第190号を日程に追加し、直ちに議題とすることに決定いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程追加案件(議第190号) 平成16年度一般会計補正予算(第12号)


○議長(今井元紀)


 議第190号平成16年度一般会計補正予算(第12号)を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。総合企画部長。


○総合企画部長(品田正樹)


 議第190号について御説明を申し上げます。


 本案は、平成16年度一般会計補正予算(第12号)についてでございます。


 この補正予算は、12月28日付で辞任をする予定の棚橋二三男収入役の退職手当と防災行政無線事業に係る経費を追加いたしたいというものであります。


 歳出から御説明をさせていただきますので、予算書の12ページ、13ページをごらんください。


 2款総務費、1項1目一般管理費、職員人件費1,244万5,000円は、収入役の退職手当であります。


 9款1項5目災害対策費、防災行政無線事業の防災行政無線施設維持管理費2,438万4,000円は、新潟県中越地震の影響から、戸別受信機の設置の要望が多く、来年3月までの見込みでは、例年の3倍程度の設置台数となりそうなことから、この不足分の経費を追加いたしたいというものであります。


 歳入につきましては、2ページにありますように、全額、財政調整基金からの繰入金をもって対応いたしたいというものであります。


 何とぞよろしく御審議をお願いいたします。


○議長(今井元紀)


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 ただいまの議第190号は、総務常任委員会に付託いたします。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


○議長(今井元紀)


 お諮りいたします。


 ただいま議員発案第25号が提出をされました。


 ここで、これを日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議員発案第25号を日程に追加し、直ちに議題とすることに決定いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程追加案件(議員発案第25号) 新潟県中越大震災に対する特別立法の措置に関する


                 意見書(案)


○議長(今井元紀)


 議員発案第25号新潟県中越大震災に対する特別立法の措置に関する意見書(案)を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 金子錦弥議員。


○17番(金子錦弥)


 議員発案第25号新潟県中越大震災に対する特別立法の措置に関する意見書(案)


 上記の議案を別紙のとおり議会会議規則第14条の規定により提出します。平成16年12月20日 柏崎市議会議長 今井元紀様


      新潟県中越大震災に対する特別立法の措置に関する意見書(案)


 去る10月23日の夕刻、阪神・淡路大震災以来の震度7の大地震が本県中越地方を襲い、死者40名、負傷者約3,000名を初めとして、上越新幹線の脱線や高速道路などの道路網の崩壊、地すべり・がけ崩れや約9万棟にも及ぶ住宅の損壊などの甚大な被害を引き起こすとともに、電気・ガス・水道などのライフラインの寸断、さらには農林水産関係基盤の喪失、製造業の生産停止など、県内経済・産業にわたって甚大な影響を与え、現時点での被害額は約3兆円規模に及ぶと試算されている。柏崎市・刈羽郡における農地、道路などの被害額は5市町村合わせて概算で195億5,000万円。これに教育施設を初め市町村の他の公的被害を加えると300億円。民間の被害額も400億円と推計され、少なく見積もって約700億円に上る。


 今回の震災の特徴は、巨大地震が中山間地域において発生し、さらに震度6、震度5クラスの余震が幾度となく続いたことから、大規模な地震災害が広範囲に起きたものであり、宅地や農地が山ごと大規模に崩れ、生活や生産の基盤となってきたすべてのものが一瞬にして崩壊する事態が生じている。


 中山間地域における復興・再生は、単に住宅を補修すれば済むというものではなく、農業を初めとする生業の基盤もあわせて再建し、生活の糧を得るための仕組みや、高齢化が進む中で重要な役割を果たしてきた地域コミュニティを一緒に再生しなければ、二度とふるさとへ戻ることができない。


 そのためには莫大な財政支出を要するが、被災市町村の多くは過疎・特別豪雪地帯に指定されるなど、財政力が弱いことから、国による財政支援が不可欠となっているにもかかわらず、現行の法体系だけでは十分な支援が得られない状況にある。


 よって、国会、並びに政府におかれては、新潟県中越大震災の復興・復旧に向けて、新たな法律の整備や財政支援等に関する特別立法等の措置を講じられるよう強く要望する。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


 平成16年12月20日


                                    柏崎市議会


 理由


  新潟県中越大震災の復興・復旧に不可欠な国の財政支援についての万全な措置を求めるため。


 以上であります。


○議長(今井元紀)


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 お諮りいたします。


 ただいまの議員発案第25号については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本件については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 討論はありますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 これより議員発案第25号を採決いたします。


 本件は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議員発案第25号は、原案のとおり可決されました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


○議長(今井元紀)


 お諮りいたします。


 ただいま議員発案第26号が提出をされました。


 ここで、これを日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思います。


 これに御異議ございませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議員発案第26号を日程に追加し、直ちに議題とすることに決定いたしました。


 持田議員。


○10番(持田繁義)


 ただいま日程に追加されました北朝鮮に対する抗議と即時経済制裁を求める意見書(案)でありますけれども、この問題につきましては、私どももかかわっての意見書も提案もしてきたところであります。


 さきの議会運営委員会でも、そしてまた、非公式でも、できる限り、この問題については関係する自治体でありますので、同時に市民も抱えていますので、全会一致で、この問題を通していただきたいということで、私なりに努力してきたところでありますけれども、残念ながら、それを受け入れられないという経過がございました。私どもは、この北朝鮮に対する、今のこの問題につきましては、全く言語道断ということと、それから、全容解明、それから、拉致全体にかかわる、このものが解決されるということは当然大事なことだと思っております。しかし、今すぐですね、経済制裁をという立場でなくて、やはり、これは、国会の質疑等の経過を踏まえまして、今やるべきは、粘り強い協議が必要なんじゃないかという立場をとっておるところであります、いうことでありますので、この意見書提案につきまして、私ども、審議の対象できませんので、ここで退場させていただきたいということであります。


 以上であります。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程追加案件(議員発案第26号) 北朝鮮に対する抗議と即時経済制裁を求める意見書


                 (案)


○議長(今井元紀)


 議員発案第26号北朝鮮に対する抗議と即時経済制裁を求める意見書(案)を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 丸山敏彦議員。


○21番(丸山敏彦)


 議員発案第26号北朝鮮に対する抗議と即時経済制裁を求める意見書(案)


 上記の議案を別紙のとおり議会会議規則第14条の規定により提出します。平成16年12月20日 柏崎市議会議長 今井元紀様


       北朝鮮に対する抗議と即時経済制裁を求める意見書(案)


 平成16年11月9日、平壌で開催された第3回日朝実務者協議の際に北朝鮮側から示された「横田めぐみさんの遺骨は、調査の結果、全く別人のもの」と判明した。


 平成14年の日朝平壌宣言では「拉致問題を含む諸問題の解決に誠意をもって取り組む」とうたった。これは国家間の約束であり、その文意のごとく誠意をもって調査し、解決に向かって努力を為すべきが当然である。しかるに一度ならず二度までも日本国をだます行為に及んだことは、誠にもって許しがたく、国家の犯罪行為だ。我々柏崎市議会は、このことに関し、怒りを込めて厳重に抗議する。


 柏崎市は蓮池さん御一家4人を取り戻すことができた。しかし、いまだ帰ることのできない拉致被害者が隣国北朝鮮に捕らわれていることを知るとき、激しい怒りを覚える。


 よって、国会、並びに政府におかれては、このような理不尽な事態を予想してつくった幾つかの制裁手段を、今こそ発動するときだ。北朝鮮に対する貿易の制限、送金の停止ができる改正外為法、北朝鮮関係船舶の入港を制限する特定船舶入港禁止法などを直ちに適用することを強く要望する。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


 平成16年12月20日


                                    柏崎市議会


 理由


  拉致問題の早期完全解決に向け、国会、並びに政府に対し、毅然たる対応を求めるため。


 以上であります。


○議長(今井元紀)


 質疑はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 質疑を終わります。


 お諮りいたします。


 ただいまの議員発案第26号については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本件については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 討論はございますか。


 高橋議員。


○4番(高橋新一)


 北朝鮮に対する抗議と即時経済制裁を求める意見書(案)に対しまして、社会クラブを代表いたしまして、賛成の立場で討論させていただきます。


 ただし、若干の要望を付しての賛成討論とさせていただきたいと思います。


 早期全面解決を望む気持ちは提案者、そして、皆さんと全く変わりはないわけであります。


 そこで、この意見書に対して、どう判断するか非常に悩んだところであります。


 去る11月9日の第3回日朝実務者協議においては、疑心暗鬼の部分はありましたけれども、それでも少しは進展があるのかもしれないという期待を持っておりました。しかし、今回の北朝鮮の誠実さの全くない態度には、非常に強い怒りを覚えるものであります。北朝鮮は、極めて問題が多い独裁国家であることは、論を待たないところでありますが、拉致を認めた2002年9月17日のことを考えると、実務者で協議を重ねてきたこと自体が大変な前進であり、対話の流れの中で蓮池 薫さん初め、5人の皆さんが24年ぶりに帰国を果たされたわけであります。また、子供さんたちの帰国も、後でありますが、実現したわけであります。そして、今回の曽我さんの夫ジェンキンスさん、そして、2人の娘さんの帰国も実現いたしました。


 今回、横田めぐみさんの遺骨だと称して、別人の遺骨をよこしたということは、まことに腹立たしいことであります。ただ、私が心配するのは、経済制裁によって、今まで、それでも続いてきた対話の窓口が閉ざされ、解決の糸口を失ってしまうというようなことにならなければよいがということであります。そうは言うものの、横田さん御夫妻初め、被害者の家族の心境を思うとき、経済制裁もやむを得ないというふうに判断いたしました。そのような思いから、経済制裁によって、逆に解決に道が閉ざされる、取りつく島がないというようなことがないように、十分留意をした上での最後のカードとした、経済制裁にしてほしいことを付して賛成の討論といたします。


○議長(今井元紀)


 討論はございますか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 討論を終わります。


 これより議員発案第26号を採決いたします。


 本件は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議員発案第26号は、原案のとおり可決されました。


 お諮りいたします。


 ただいま可決されました2件の意見書の送付先については、議長に一任願いたく思いますが、これに御異議ございませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(今井元紀)


 御異議なしと認めます。


 したがって、送付先は議長に一任することに決定いたしました。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


日程第52 諸般の報告


○議長(今井元紀)


 日程第52 諸般の報告です。


 職員に朗読をさせます。事務局長。


○事務局長(茂野信之)


 1 陳情 お手元に配付のとおり


  ・ 軽井川南製鉄遺跡群の保存についての要望


  ・ 平成17年度柏崎市私立幼稚園に対する助成の充実についての要望


  ・ 平成17年度税制改正及び行財政改革に関する要望


 2 監査委員の報告


  * 現金出納検査結果報告


   ・ 平成16年度8月分から10月分の一般会計、並びに特別会計


   ・ 同じく平成16年度7月分から10月分のガス・水道事業会計


  * 定期監査結果報告


   ・ 総合企画部 情報化総合戦略室、工事検査室


   ・ 都市整備部 維持管理課、学園まちづくり事業推進室、建築住宅課


   ・ 教育委員会 文化振興課、図書館


   ・ 議会事務局


 以上です。


○議長(今井元紀)


 ただいま報告いたしましたうち、陳情は所管常任委員会で御研究をお願いいたします。


 監査報告は、事務局でごらんいただきます。


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


○議長(今井元紀)


 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。


 本日はこれにて散会いたします。


               午後 2時25分 散会


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


            第一部決算特別委員会審査結果報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


       │                          │


 事件の番号 │     件              名     │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 承第18号 │ 決算の認定について(平成15年度一般会計)    │ 認定


       │                          │


   審査月日      平成16年11月22日


   審査月日      平成16年11月29日


   審査月日      平成16年12月 1日





   11月22日   出席委員 8人  欠  員 1人


   11月29日   出席委員 8人  欠  員 1人


   12月 1日   出席委員 8人  欠  員 1人





                             平成16年12月 1日


  柏崎市議会議長  今 井 元 紀 様


                  第一部決算特別委員長  持 田 繁 義


        〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜


             第二部決算特別委員会審査報告書


 本委員会に付託の事件は審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第103条の規定により報告します。


                    記


       │                          │


 事件の番号 │     件              名     │議決の結果


───────┼──────────────────────────┼─────


 承第19号 │ 決算の認定について(平成15年度国民健康保険事業 │認   定


       │ 特別会計)                    │


 承第20号 │ 決算の認定について(平成15年度老人保健特別会計)│認   定


 承第21号 │ 決算の認定について(平成15年度土地取得事業特別 │認   定


       │ 会計)                      │


 承第22号 │ 決算の認定について(平成15年度下水道事業特別会 │認   定


       │ 計)                       │


 承第23号 │ 決算の認定について(平成15年度墓園事業特別会計)│認   定


 承第24号 │ 決算の認定について(平成15年度農業集落排水事業 │認   定


       │ 特別会計)                    │


 承第25号 │ 決算の認定について(平成15年度介護保険特別会計)│認   定


       │                          │


   審査月日      平成16年11月16日





   出 席 委 員   8人     欠 席 委 員   1人





                             平成16年11月16日


  柏崎市議会議長  今 井 元 紀 様


                  第二部決算特別委員長  武 藤 司 郎


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する





   柏崎市議会議長   今  井  元  紀








   署名議員      飯  塚  寿  之








   署名議員      吉  野  芳  章