議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 三条市

平成19年第 4回定例会(第1号 9月 3日)




平成19年第 4回定例会(第1号 9月 3日)





平成19年三条市議会第4回定例会会議録(第1日目)


平成19年9月3日(月曜日)





 
  平成19年9月3日 午前10時開議


 第1.  会議録署名議員の指名


 第2.  会期の決定


 第3.  報   告


 第4.  議第9号 栄中学校体育館改修・補強建築工事請負契約の締結について


 第5.  決算審査特別委員会の設置について


 第6.  議第1号から議第8号、議第10号及び議第11号


      報第1号


      認定第1号及び認定第2号


     以上13件一括上程


―――――――――――――――――――――――――――――


本日の会議に付した事件


 日程第1.


   会議録署名議員の指名


 日程第2.


   会期の決定


 日程第3.


   報   告


 日程第4.


   議第9号 栄中学校体育館改修・補強建築工事請負契約の締結について


 日程第5.


   決算審査特別委員会の設置について


 日程第6.


   議第 1号 郵政民営化法等の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について


   議第 2号 政治倫理の確立のための三条市長の資産等の公開に関する条例の一部改正について


   議第 3号 三条市職員の退職手当に関する条例の一部改正について


   議第 4号 三条市金子新田会館の指定管理者の指定について


   議第 5号 三条市総合運動公園の指定管理者の指定について


   議第 6号 三条市体育施設等7施設の指定管理者の指定について


   議第 7号 字の変更について


   議第 8号 市道路線の認定及び変更について


   議第10号 平成19年度三条市一般会計補正予算


   議第11号 平成19年度三条市介護保険事業特別会計補正予算


   報第 1号 専決処分報告について(新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更について)


   認第 1号 平成18年度決算の認定について(三条市一般会計及び各特別会計)


   認第 2号 平成18年度決算の認定について(三条市水道事業会計)


―――――――――――――――――――――――――――――


出席議員  29名


       1番  笹 川 信 子 君        2番  野 崎 正 志 君


       4番  杉 井   旬 君        5番  土 田 俊 人 君


       6番  島 田 伸 子 君        7番  西 川 哲 司 君


       8番  坂 井 良 永 君        9番  佐 野   徹 君


      10番  横 山 一 雄 君       11番  梶     勉 君


      12番  武 石 栄 二 君       13番  熊 倉   均 君


      14番  佐 藤 宗 司 君       15番  吉 田 進一郎 君


      16番  小 林   誠 君       17番  藤 田 寅 雄 君


      18番  西 川 重 則 君       19番  阿 部 銀次郎 君


      20番  下 村 喜 作 君       21番  佐 藤 佐久一 君


      22番  佐 藤 和 雄 君       23番  ? 坂 登志郎 君


      24番  西 沢 慶 一 君       25番  岡 田 兵一郎 君


      26番  久 住 久 俊 君       27番  村 上 幸 一 君


      28番  木 菱 晃 栄 君       29番  原   茂 之 君


      30番  田 中   寿 君


―――――――――――――――――――――――――――――


欠席議員  な し


―――――――――――――――――――――――――――――


欠  員   1名


―――――――――――――――――――――――――――――


説明のための出席者


      市 長    國 定 勇 人 君   副市長     佐 藤 和 夫 君


      収入役    関 口 芳 史 君   教育長     松 永 悦 男 君


      総合政策部長 北 神   裕 君   総合政策部主幹 ? ? 長一郎 君


      総務部長   吉 田   實 君   福祉保健部長  小 林 東 一 君


      市民部長   長谷川 正 二 君   経済部長    関 崎 光 明 君


      建設部長   土 田 壮 一 君   行政課長    渡 辺 一 治 君


      財務課長   長谷川 正 実 君   監査委員事務局長


                                 平 岡 誠 一 君


      教育次長   阿 部 晃 義 君   教育総務課長  池 浦 倫 之 君


      水道局長   金 川   保 君   消防長     小 柳 喜久夫 君


      監査委員   野 島 廣一郎 君


―――――――――――――――――――――――――――――


会議事務に従事した事務局職員


      事務局長   北 神   均 君   事務局主幹   渡 辺   健 君


      主査     小 柳 雅 彦 君   主任      栗 山 陽 子 君


      主任     熊 木 隆 浩 君


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


午前10時00分 開会及び開議


○議長(村上幸一君) ただいまから平成19年三条市議会第4回定例会を開会いたします。


 出席全員であります。


―――――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) これより本日の会議を開きます。


 議事日程を報告いたします。


 本日の議事は、お手元に配付いたしました議事日程第1号によって行います。


 直ちに議事に入ります。


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


 ◎日程第1.  会議録署名議員の指名


○議長(村上幸一君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、


    8番  坂 井 良 永さん


   19番  阿 部 銀次郎さん


   29番  原   茂 之さん


を指名いたします。


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


 ◎日程第2.  会期の決定


○議長(村上幸一君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 本定例会の会期は、本日から来る9月25日までの23日間としたいと思いますが、御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は本日から来る9月25日までの23日間と決定いたしました。


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


 ◎日程第3.  報  告


○議長(村上幸一君) 日程第3、報告。


 報告の最初は、監査報告についてであります。監査委員から各会計5月分、6月分及び7月分の例月出納検査の結果の報告と、水道局にかかわる定期監査の結果の報告がありました。よって、それぞれの写しをお手元に配付いたしました。


 次は、お手元に配付済みのとおり、議会の委任による専決処分の報告及び第8期株式会社下田郷開発決算報告書等の提出がありましたので、報告いたします。


 次は、議長会についてであります。去る8月30日、小千谷市において、平成19年度新潟県市議会議長会秋季定期総会が開催されましたので、出席いたしました。会議の内容につきましては、記録の写しをお手元に配付いたしました。


 最後は、請願付託についてであります。お手元に配付いたしました請願文書表のとおり、請願1件を受理いたしましたので、その請願第19号を建設常任委員会に付託いたします。


 以上で報告を終わります。


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


 ◎日程第4.  議第9号 栄学校体育館改修・補強建築工事請負契約の締結について


○議長(村上幸一君) 日程第4、議第9号 栄中学校体育館改修・補強建築工事請負契約の締結についてを議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、土田俊人さんの退席を求めます。


  〔5番 土田俊人君退席〕


○議長(村上幸一君) 提案理由の説明をお願いいたします。副市長。


  〔登壇〕


○副市長(佐藤和夫君) おはようございます。それでは、ただいま御上程をいただきました議第9号 栄中学校体育館改修・補強建築工事請負契約の締結について、提案理由の御説明を申し上げます。


 この栄中学校体育館改修・補強建築工事につきましては、本年度当初予算で御議決をいただき、工事に向けて準備を進めてまいったところでございます。そこで、8月17日に工事の入札を行い、落札者が決まりましたことから、工事の請負契約の締結につきましてお願いを申し上げるものでございます。


 工事名につきましては、栄中学校体育館改修・補強建築工事。工事内容につきましては、耐震改修及び屋根、外壁、建具ほかの改修。契約金額につきましては、1億5,067万5,000円。契約者は、小柳・中央・吉田特定共同企業体。代表者、三条市東三条1丁目21番5号、小柳建設株式会社代表取締役、小柳直太郎でございます。


 なお、この建築工事は8月17日に9つの特定共同企業体による制限付一般競争入札を執行し、同日仮契約を締結させていただいたものでございます。工事期限につきましては、平成20年1月31日を予定しており、仮契約におきましては、議会の同意を得たときには本契約とみなす条項を定めさせていただいております。


 また、御参考までに申し上げさせていただきますが、附帯設備工事につきましても建築工事と同時に入札を執行させていただきました。


 電気設備工事につきましては、11業者による制限付一般競争入札を執行させていただき、落札者は株式会社斎藤電気商会、契約金額は1,312万5,000円でございます。


 それから、機械設備工事でございますが、11業者による制限付一般競争入札を執行させていただき、落札者は有限会社新潟設備、契約金額は1,152万9,000円でございます。建築工事と附帯設備工事の合計契約金額は1億7,532万9,000円でございます。


 なお、本工事につきましては、早期完成を図り、一日も早い教育環境を整備するため、先議案件として提案させていただいたものでございますので、よろしくお願い申し上げます。


 以上、大変雑駁な説明で恐縮でございますが、御審議の上、御議決を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。ありがとうございました。


―――――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) 午前10時25分まで休憩いたします。


午前10時07分 休憩


午前10時25分 再開


○議長(村上幸一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 これより質疑を行います。


 質疑の通告がありませんので、以上で質疑を終了いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) お諮りいたします。


 本案につきましては、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思いますが、御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員会付託を省略することに決定いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) これより討論を行います。


 討論の通告がありませんので、以上で討論を終了いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) これより採決を行います。


 本案につきましては、同意することに御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、本案は同意することに決定いたしました。


 土田俊人さんの除斥を解きます。


  〔5番 土田俊人君出席〕


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


 ◎日程第5.  決算審査特別委員会の設置について


○議長(村上幸一君) 日程第5、決算審査特別委員会の設置についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 本市議会に、三条市一般会計及び各特別会計並びに水道事業会計の平成18年度決算状況について審査を行うことを目的に、29人の委員をもって構成する決算審査特別委員会を設置したいと思いますが、御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、本市議会に三条市一般会計及び各特別会計並びに水道事業会計の平成18年度決算状況について審査を行うことを目的に、29人の委員をもって構成する決算審査特別委員会を設置することに決定いたしました。


 ただいま設置されました決算審査特別委員会の委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において29人の全議員の皆さんを指名いたします。


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


 ◎日程第6.  議第1号から議第8号、議第10号及び議第11号


         報第1号


         認定第1号及び認定第2号


        以上13件一括上程


○議長(村上幸一君) 日程第6、議第1号から議第8号、議第10号及び議第11号、報第1号、認定第1号及び認定第2号の以上13件一括議題といたします。


 なお、平成18年度決算に係る主要施策の成果その他執行実績報告書のほか、政令で定める書類並びに基金運用状況報告書がそれぞれお手元に提出されておりますので、御参照願います。


 それでは、提案理由の説明をお願いいたします。副市長。


  〔登壇〕


○副市長(佐藤和夫君) それでは、ただいま御上程をいただきました各議案につきまして、順次提案理由の御説明を申し上げます。


 最初に、議第1号 郵政民営化法等の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について御説明を申し上げます。


 制定の趣旨といたしましては、郵政民営化法等が平成19年10月1日から施行されることに伴い、関係条例の改正を本条例により一括して行うものでございます。改正いたします条例は、三条市情報公開条例、政治倫理の確立のための三条市長の資産等の公開に関する条例、三条市道路占用料条例、三条市下水道条例、三条市都市下水路条例の5本でございます。


 改正の内容でございますが、三条市情報公開条例におきましては非公開情報の項目から日本郵政公社を削るものでございますし、政治倫理の確立のための三条市長の資産等の公開に関する条例におきましては資産等報告書等の作成の項目から郵便貯金を削るものでございます。また、三条市道路占用料条例におきましては占用料を免除することができる項目から日本郵政公社が日本郵政公社法第19条第1項に規定する業務の用に供するための占用を削るものでございますし、三条市下水道条例及び三条市都市下水路条例におきましては占用料を免除することができる項目から日本郵政公社が日本郵政公社法第19条第1項に規定する業務の用に供する占用物件を削るものでございます。


 施行期日は、平成19年10月1日から施行するものでございます。


 次に、議第2号 政治倫理の確立のための三条市長の資産等の公開に関する条例の一部改正について御説明を申し上げます。


 改正の趣旨といたしましては、証券取引法等の一部を改正する法律が平成18年6月14日に公布され、公布の日から起算して1年6月を超えない範囲内において政令で定める日から施行されることに伴い、必要な改正を行うものでございます。


 改正の内容といたしましては、作成しなければならない資産等報告書に記載する事項から金銭信託を削り、証券取引法の法律名を金融商品取引法に改めるものでございます。


 施行期日は、証券取引法等の一部を改正する法律の施行の日から施行するものでございます。


 次に、議第3号 三条市職員の退職手当に関する条例の一部改正について御説明を申し上げます。


 改正の趣旨といたしましては、雇用保険法等の一部を改正する法律が平成19年4月23日に公布され、同年10月1日等から施行されることに伴い、職員の退職手当について必要な改正を行うものでございます。


 改正の内容でございますが、1点目といたしましては、職員が退職した場合に支給する失業者の退職手当の受給資格要件を6月以上から12月以上に改めるものでございます。2点目といたしましては、船員保険法の規定により失業者の退職手当に相当する給付の支給を受けることとなる者に対して、失業者の退職手当を給付することを禁じる規定を削除するものでございます。


 施行期日は、平成19年10月1日から施行するものでございます。ただし、船員保険法の規定による失業者の退職手当を給付することを禁じる規定の削除につきましては、平成22年4月1日から施行するものでございます。


 次に、議第4号 三条市金子新田会館の指定管理者の指定についてから議第6号 三条市体育施設等7施設の指定管理者の指定についてまでを一括御説明申し上げます。


 これらの各議案につきましては、指定管理者制度を導入するため準備を進めてまいったところでございますが、このたび指定管理者候補者が決定いたしましたことから、それぞれの施設の指定管理者の指定につきまして御提案をさせていただくものでございます。


 なお、各施設とも指定の期間は平成20年4月1日から平成25年3月31日までの5年間とするものでございます。


 次に、議第7号 字の変更について御説明を申し上げます。


 本議案につきましては、大字表記を廃止することに伴い、地方自治法第260条第1項の規定により、当市の区域内の字を変更するものでございます。


 施行期日につきましては、三条市長の告示のあった日から施行するものでございます。


 次に、議第8号 市道路線の認定及び変更について御説明を申し上げます。


 今回お願い申し上げます認定路線につきましては、一覧表のとおり4路線、実延長661.3メートルでございます。また、変更路線につきましては1路線、減少となります実延長472.1メートルでございます。これに伴います各路線の状況につきましては、それぞれ添付図を御参照いただきたいと存じます。


 次に、議第10号 平成19年度三条市一般会計補正予算について御説明を申し上げます。


 第1条におきまして、歳入歳出予算の総額にそれぞれ1億3,084万5,000円を追加し、補正後の予算の総額を420億8,157万5,000円とさせていただくものでございます。


 第1表の歳入歳出予算補正につきましては、歳出から御説明申し上げますので、3ページをお願い申し上げます。


 2款総務費、補正額2,166万7,000円でございます。老朽化した井栗集会所の解体経費と構内整備経費、栄スマートインターチェンジ設置に係る立地条件の整理や概略計画図の作成などの追加基礎調査の実施及び生活交通の確保や町の活性化等を目的とした公共交通体系を構築するための三条市地域公共交通総合連携計画の策定経費をお願いいたすものでございます。


 3款民生費、補正額6,630万6,000円でございます。障害者生活介護施設の建設費補助金及び社会福祉法人が整備する3カ所の小規模多機能型居宅介護施設に対して、国の交付金を受けた地域介護・福祉空間整備等交付金などでございます。


 4款衛生費、補正額51万2,000円でございます。最終処分場の地下水観測井戸の水質検査委託料でございます。


 6款農林水産業費、補正額209万5,000円でございます。農林県単の補助内示に伴う園芸振興費のほか、本年6月から7月に発生いたしました梅雨前線豪雨及び中越沖地震に伴う農林土木事業補助金でございます。


 9款消防費、補正額198万3,000円でございます。消防団員退職報償金に係る掛金が引き上げられたことなどによるもの及び災害対策寄附金を受け、災害救助用毛布を購入するものでございます。


 10款教育費、補正額1,361万1,000円でございます。下田調理場の重油漏出に伴う地下タンク配管改修工事等の経費及び寄附金2件を受け、各小中学校に図書等を購入いたすものでございます。


 11款災害復旧費、補正額2,467万1,000円でございます。6月から7月にかけて発生いたしました梅雨前線豪雨及び中越沖地震により被災した市道、林道、小中学校等公共施設の災害復旧費について措置させていただくものでございます。


 次に、歳入について御説明申し上げますので、1ページをお願い申し上げます。


 12款分担金及び負担金、補正額863万8,000円、14款国庫支出金、補正額4,399万2,000円、15款県支出金、補正額604万5,000円は、それぞれ歳出の補正に伴う財源でございます。


 16款財産収入、補正額590万1,000円は、井栗自治会に集会所用地として譲渡するものでございます。


 17款寄附金、補正額520万8,000円、18款繰入金、補正額10万1,000円は、それぞれ歳出の補正に伴う財源でございます。


 19款繰越金、補正額4,486万9,000円は、前年度繰越金でございます。


 20款諸収入、補正額439万1,000円につきましても歳出の補正に伴う財源でございます。


 21款市債は、補正額1,170万円でございます。


 5ページをお願いいたします。第2表、債務負担行為補正でございます。1、追加でございます。社会福祉法人さかえ福祉会が実施いたします特別養護老人ホーム増築事業に対する補助金でございまして、平成20年度に7,500万円を限度として補助いたすものでございます。


 6ページをお願い申し上げます。第3表、地方債補正でございます。1、追加でございます。道路橋梁災害復旧事業費から保健体育施設災害復旧事業費まで6件でございますが、それぞれ6月から7月にかけて発生いたしました梅雨前線豪雨及び中越沖地震に伴うものでございまして、限度額は1,170万円でございます。


 次に、議第11号 平成19年度三条市介護保険事業特別会計補正予算について御説明を申し上げます。


 第1条におきまして、歳入歳出予算の総額にそれぞれ3億4,618万7,000円を追加し、補正後の予算の総額を78億9,938万7,000円とさせていただくものでございます。これは、平成18年度の決算剰余金の処理をさせていただくものでございまして、介護給付費負担金等の実績による償還金のほか、過年度分の歳入金を措置させていただき、剰余金を介護給付費準備基金に積み立てるものでございます。


 次に、報第1号 専決処分報告について御説明を申し上げます。


 平成19年10月1日から新潟県市町村総合事務組合に新潟県後期高齢者医療広域連合を加入させることに伴い、同組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の一部変更について、地方自治法第179条第1項の規定により、平成19年8月10日をもって専決処分をいたしたものでございます。


 次に、認定第1号 平成18年度三条市各会計の決算について御説明を申し上げますので、決算書をごらんいただきたいと存じます。


 それでは最初に、各会計別決算額について御説明を申し上げますので、決算書の表紙をおはぐりいただいた目次の裏のページ、平成18年度会計別収入支出一覧表をごらんいただきたいと存じます。


 まず、一般会計歳入歳出決算でございますが、収入済額は416億531万5,234円で、予算に対する執行率は95.7%でございます。支出済額は409億7,283万1,050円で、予算に対する執行率は94.3%でございます。差し引き残額は6億3,248万4,184円でございますが、このうち3億5,000万円を財政調整基金に繰り入れ、1億3,546万4,000円は市町村合併補助金対象事業や災害復旧関連事業などを繰越明許費繰越額として19年度に繰り越しをさせていただくものでございます。


 次に、各特別会計について申し上げます。


 国民健康保険事業特別会計の収入済額は85億3,875万4,992円、支出済額は82億7,174万845円、差し引き残額は2億6,701万4,147円でございますが、このうち400万円は国民健康保険システム改修を繰越明許費繰越額として19年度に繰り越しをするものでございます。国民健康保険の年間平均被保険者数は3万6,094人、国民健康保険税の収納率は80.8%となっております。


 老人保健事業特別会計の収入済額は86億2,574万5,656円、支出済額は86億1,885万9,708円、差し引き残額は688万5,948円でございます。平成18年度の年間平均受給者数は1万3,669人でございます。


 介護保険事業特別会計の収入済額は69億4,974万7,690円、支出済額は66億974万4,600円、差し引き残額は3億4,000万3,090円でございますが、このうち1,482万7,000円は介護保険システム改修を繰越明許費繰越額として19年度に繰り越しをさせていただくものでございます。平成18年度末の要介護・要支援認定者数は4,251人でございます。


 農業集落排水事業特別会計の収入済額は10億6,509万7,434円、支出済額は10億6,501万3,918円、差し引き残額は8万3,516円でございます。平成18年度は、川通地区、中谷地区において供用開始に向けた汚水処理場建設工事及び管路施設整備工事を行ったところでございます。また、下保内、葎谷地区におきましては事業着手に向け、測量設計委託業務を委託いたしたところでございます。


 勤労者福祉共済事業特別会計の収入済額は1,559万708円、支出済額は1,311万2,530円、差し引き残額は247万8,178円でございます。平成18年度末の共済加入状況は410事業所、2,934人でございまして、7事業所、33人の減となったところでございます。


 公共下水道事業特別会計の収入済額は35億7,719万9,817円、支出済額は35億7,693万266円、差し引き残額は26万9,551円でございます。平成18年度は、3処理施設の維持管理を初め、汚水供用区域の拡大を図るため、嵐南汚水幹線工事及び面整備工事を実施いたしましたほか、雨水による水害対策として北三条線雨水幹線工事を実施いたしたところでございます。また、栄処理区、下田処理区の供用区域拡大のため、管渠整備工事を実施いたしたところでございます。


 以上、一般会計と6件の特別会計を合計した平成18年度各会計の収入済額は703億7,745万1,531円、執行率は96.7%、支出済額は691億2,823万2,917円、執行率は95.0%、差し引き残額は12億4,921万8,614円となったところでございます。


 次に、一般会計の歳入歳出決算のうち、歳入の主要な項目について御説明を申し上げますので、16ページをお願いを申し上げます。


 一般会計歳入歳出決算事項別明細書の歳入でございます。金額につきましては、右のページ、収入済額の欄をごらんいただきたいと存じます。


 1款市税130億4,601万9,423円、構成比31.3%、収納率は91.7%でございます。収入未済額につきましては、固定資産税や市民税など10億2,959万3,242円でございますが、収納体制の充実、強化を図り、徴収率の向上と滞納額削減を図ったところでございます。


 22ページをお願い申し上げます。10款地方交付税82億531万7,000円、構成比19.7%でございます。普通交付税は68億1万5,000円、特別交付税は14億530万2,000円でございます。普通交付税につきましては、合併補正のほか、水害に伴う雑損控除の影響などにより、総額では前年に比べ、8.2%の増額となったところでございます。


 30ページをお願いいたします。14款国庫支出金23億933万3,912円、構成比5.5%でございます。対象年齢の拡充などによる児童手当給付国庫負担金2億9,101万333円や、2つの社会福祉法人が実施する小規模多機能型居宅介護施設の整備に対する交付金3,000万円が含まれておるところでございます。


 34ページをお願いいたします。15款県支出金18億653万1,023円、構成比4.3%でございます。水害に係る団体営耕地及び林道施設災害復旧事業費補助金1億6,928万9,754円、合併に伴う市町村合併特別交付金6,380万円が含まれております。


 48ページをお願いいたします。20款諸収入52億8,952万238円、構成比12.7%でございます。水害に係る中小企業災害特別資金預託金繰戻金11億5,250万円、中小企業振興資金預託金繰戻金17億851万円が含まれております。


 54ページをお願いいたします。21款市債46億1,200万円、構成比11.1%でございます。このうち合併特例債は14億6,870万円でございます。


 次に、歳出につきましては、合併協議で策定いたしました新市建設計画を実行しつつ、多様化する市民ニーズに柔軟に対応しなければならないという認識のもと、6つの重点政策に取り組むこととし、予算執行に当たっては経営戦略プログラムを基本として効率的な執行に努め、持続的、安定的な行政サービスの提供に努めてまいったところでございます。


 内容につきましては、各部門別に大綱的に申し上げさせていただきます。


 まず、総務関係では、まちづくりの指針となる総合計画の策定業務の実施、市民のまちづくり活動を支援するまちづくりサポート交付金事業の実施や地域住民の交流を図るとともに、福祉、保健、教育、生涯学習等にも活用できる地域間交流施設の整備に取り組んできたところでございます。また、三条庁舎に災害発生時等の電源確保のため非常用発電機を整備するとともに、ホームページ上から防災情報だけでなく、観光などに関する情報の発信を行う地図情報システムの構築に取り組んでまいったところでございます。


 民生関係では、障害者の自立と社会参加を促進することを目指す障害者福祉計画の策定、高齢者福祉では後期高齢者医療制度を円滑に実施するための広域連合設立に係る経費や地域密着型の小規模多機能型居宅介護施設設置に対する補助、児童福祉では保育環境の向上を図るため千代が丘保育所の建設や学童保育の充実、児童手当給付の拡充に取り組んでまいったところでございます。


 保健医療関係では、幼児医療費助成制度の拡充のほか、健康運動教室の充実、学校、保育所及び地域を含めた食育啓発などに取り組んでまいったところでございます。


 衛生関係では、斎場の用地取得、造成工事などの実施、ごみ処理施設は環境影響評価、地質調査などの実施、し尿処理施設は用地造成設計業務などにより、早期建設に向け、積極的に取り組んでまいったところでございます。


 経済関係では、中小企業者の経営安定や販路開拓を支援するなど、地域産業の振興を図るとともに、中心市街地活性化のための新規出店者が行う空き店舗対策事業や、商店街団体が行うイベント事業に対して助成を実施したほか、観光関係では旅人が旅人を呼ぶ地域ぐるみのもてなし観光を目指した観光基本計画を策定してまいりました。また、農政では、安全、安心の農産物生産を基本として、新規就農者や農業生産法人の資本整備事業に対し助成を行うとともに、農業複合経営への支援や米の消費拡大、地産地消の推進、生産基盤の整備に取り組んでまいったところでございます。


 建設関係では、市民要望の多い生活関連の社会資本整備を中心に事業を進める一方、新保裏館線、島田線、半ノ木一ツ屋敷線道路改築事業や金子新田線などの整備促進を図ったところでございます。また、河川改修では一新橋かけかえ事業負担金のほか、嵐川橋、常盤橋の事業負担金を初め、御蔵橋のかけかえに伴う迂回仮橋を設置するなど、事業の早期完成に取り組むとともに、市街地の水害対策として市内ポンプ場の整備や排水路の改良工事、須頃郷地区水害対策として燕市と共同で排水機場の調査、概略設計を行ったところでございます。


 消防関係では、昨年の同報系防災行政無線システム構築に引き続き、高齢者や障害者のみの世帯等に燕三条FM緊急割込放送システムを利用した緊急告知FMラジオを無償貸与し、安心、安全のまちづくりに取り組むとともに、大規模災害に備え、地域住民と防災関係機関との連携や協力体制の強化を図ることを目的として、国県と合同で実施してまいったところでございます。


 教育関係では、小中学校等の施設整備を進め、教育環境の改善を図るとともに、スクールアシスタントやスクールガードを配置し、ゆとりのある教育環境の整備や地域の特色を生かした学習の推進と子供体験活動の充実と地域社会全体で学校安全に取り組む体制の整備に取り組んでまいったところでございます。また、上林小学校の校舎増築事業や栄中学校の耐震改修、大規模改修の実施設計を行うとともに、2009年に開催される国民体育大会の準備に取り組んでまいりました。


 さらに、災害復旧関係では、繰り越し事業で対応した道路橋梁施設、農林施設などの災害復旧事業を鋭意実施するとともに、平成18年6月30日から7月1日に発生した梅雨前線豪雨災害等により被災した道路橋梁施設、農林施設等の災害復旧事業を実施してまいりました。


 以上、各分野別に主要な取り組みを申し上げましたが、歳出全般にわたる経費の執行状況やその内容につきましては、歳入歳出決算書のほか、主要施策の成果その他執行実績報告書などに記載したところでございますので、御参照をいただきたいと存じます。


 次に、認定第2号 平成18年度水道事業会計決算につきまして、決算書により御説明を申し上げますので、決算書をお願いいたします。


 水道事業の運営に当たりましては、健全な企業経営に意を用いながら、清浄、豊富かつ安全でおいしい水の安定供給と市民サービスの向上に鋭意努力してまいったところでございます。


 それでは、決算書の3ページをお願いいたします。まず、収益的収入及び支出でございます。まず、収入でございますが、第1款水道事業収益の決算額は22億2,639万744円、予算額に比べまして2,229万5,256円の減で、執行率は99%でございます。


 次に、支出でございます。第1款水道事業費用の決算額は21億3,782万2,810円、不用額は6,760万4,190円で、執行率は96.9%でございます。


 次のページをお願いいたします。資本的収入及び支出でございます。まず、収入でございますが、第1款資本的収入の決算額は2億9,321万2,443円、予算額に比べまして458万8,557円の減で、執行率は98.5%でございます。


 次に、支出でございます。第1款資本的支出の決算額は7億5,064万6,910円、翌年度繰越額は1,540万6,000円、不用額は6,940万5,090円で、執行率は89.8%でございます。資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額4億5,743万4,467円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額1,819万4,265円、過年度分損益勘定留保資金2億5,575万3,715円及び当年度分損益勘定留保資金1億8,348万6,487円で補てんをさせていただいたものでございます。


 次に、7ページをお願い申し上げます。損益計算書でございます。営業利益につきましては、右欄の中ほどに記載してございますが、1億2,400万5,320円でございます。この営業利益に営業外収益及び特別利益を加え、営業外費用と特別損失を減じますと、6,874万4,867円の当年度純利益となるものでございます。


 次のページをお願い申し上げます。剰余金計算書の利益剰余金の部でございます。積立金の合計は6億2,340万2,806円でございます。最下欄の当年度未処分利益剰余金は6,874万4,867円でございます。


 次のページをお願いいたします。資本剰余金の部でございます。翌年度繰越資本剰余金は54億9,444万8,258円でございます。


 次に、剰余金処分計算書でございます。これにつきましては、当年度未処分利益剰余金6,874万4,867円の処分についてお願いを申し上げるものでございます。処分の内容につきましては、法定積立金の減債積立金に全額を積み立て、翌年度に未処分利益剰余金を繰り越しさせないというものでございます。


 次のページをお願い申し上げます。貸借対照表でございます。最下欄の資産合計、次のページの最下欄の負債資本合計ともに125億3,837万3,218円でございます。


 なお、次のページ以降につきましては、事業報告書並びに附属書類といたしまして、収益費用明細書、資本的収支明細書、固定資産明細書及び企業債明細書をつけてございますので、御参照を賜りたいと存じます。


 以上、大変雑駁な説明で恐縮でございますが、何とぞ御審議の上、それぞれ御議決、御認定を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。ありがとうございました。


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


○議長(村上幸一君) 以上で本日の日程は終了いたしました。


 次の会議は明後5日午前10時に開くこととし、本日はこれをもちまして散会いたします。


午前11時05分 散会