議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 三条市

平成18年第 5回定例会(第6号12月22日)




平成18年第 5回定例会(第6号12月22日)





平成18年三条市議会第5回定例会会議録(第6日目)


平成18年12月22日(金曜日)





 
  平成18年12月22日 午前10時開議


 第1.  議第1号から議第11号


      報第1号


      請願第8号


     以上13件一括上程


―――――――――――――――――――――――――――――


本日の会議に付した事件


 日程第1.


   議第 1号 三条市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定について


   議第 2号 三条市職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部改正について


   議第 3号 三条市妊産婦医療費助成条例等の一部改正について


   議第 4号 三条市住民基本台帳カードの利用に関する条例の一部改正について


   議第 5号 三条市農業集落排水施設条例の一部改正について


   議第 6号 三条市地域交流センター条例の一部を改正する条例の一部改正について


   議第 7号 新潟県後期高齢者医療広域連合の設置について


   議第 8号 市道路線の認定及び変更について


   議第 9号 土地の取得について


   議第10号 平成18年度三条市一般会計補正予算


   議第11号 平成18年度三条市国民健康保険事業特別会計補正予算


   報第 1号 専決処分報告について(平成18年度三条市一般会計補正予算)


   請願第8号 美術館機能を持つ芸術文化会館建設に関する請願


―――――――――――――――――――――――――――――


出席議員  30名


       1番  笹 川 信 子 君        2番  野 崎 正 志 君


       3番  佐 藤 卓 之 君        4番  杉 井   旬 君


       5番  土 田 俊 人 君        6番  島 田 伸 子 君


       7番  西 川 哲 司 君        8番  坂 井 良 永 君


       9番  佐 野   徹 君       10番  横 山 一 雄 君


      11番  梶     勉 君       12番  武 石 栄 二 君


      13番  熊 倉   均 君       14番  佐 藤 宗 司 君


      15番  吉 田 進一郎 君       16番  小 林   誠 君


      17番  藤 田 寅 雄 君       18番  西 川 重 則 君


      19番  阿 部 銀次郎 君       20番  下 村 喜 作 君


      21番  佐 藤 佐久一 君       22番  佐 藤 和 雄 君


      23番  ? 坂 登志郎 君       24番  西 沢 慶 一 君


      25番  岡 田 兵一郎 君       26番  久 住 久 俊 君


      27番  村 上 幸 一 君       28番  木 菱 晃 栄 君


      29番  原   茂 之 君       30番  田 中   寿 君


―――――――――――――――――――――――――――――


欠席議員  な し


―――――――――――――――――――――――――――――


説明のための出席者


      市 長    國 定 勇 人 君   助 役     佐 藤 和 夫 君


      収入役    関 口 芳 史 君   教育長     松 永 悦 男 君


      総合政策部長 北 神   裕 君   総務部長    吉 田   實 君


      福祉保健部長兼健康推進課長      市民部長    長谷川 正 二 君


             小 林 東 一 君


      経済部長   関 崎 光 明 君   建設部長    今 井 國 雄 君


      栄サービスセンター長         下田サービスセンター長


             ? ? 長一郎 君           西 川 賀 顕 君


      行政課長   渡 辺 一 治 君   教育次長    阿 部 晃 義 君


      水道局長   金 川   保 君   消防長     小 柳 喜久夫 君


―――――――――――――――――――――――――――――


会議事務に従事した事務局職員


      事務局長   北 神   均 君   事務局次長   渡 辺   健 君


      担任主査   小 柳 雅 彦 君   担任主査    五十嵐 玲 子 君


      主任     山 屋 和 徳 君   主任      熊 木 隆 浩 君


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


午前10時00分 開議


○議長(村上幸一君) これより本日の会議を開きます。


 出席全員であります。


 議事日程を報告いたします。


 本日の議事は、お手元に配付いたしました議事日程第6号によって行います。


 直ちに議事に入ります。


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


 ◎日程第1.  議第1号から議第11号


         報第1号


         請願第8号


        以上13件一括上程


○議長(村上幸一君) 日程第1、議第1号から議第11号及び報第1号並びに請願第8号の以上13件一括議題といたします。


 これより委員長報告を行います。


 報告の順序は、経済文教、民生、建設、総務常任委員長の順に行います。


 また、委員長報告に対する質疑は、各委員長報告の都度行うことといたします。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) それでは、最初に経済文教常任委員長の報告をお願いいたします。23番。


  〔登壇〕


○23番(?坂登志郎君) おはようございます。それでは、経済文教常任委員会における審査の概要について報告いたします。


 開催年月日から付託事件までにつきましては、お手元に配付されております審査報告書のとおりでありますので、省略させていただきます。


 当委員会における審査の結果について申し上げます。


 当委員会に付託された議第10号につきましては、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 請願第8号につきましても、全員異議なく採択すべきものと決定し、本請願を市長及び教育委員長に送付し、その処理の経過及び結果の報告を請求すべきものと決定いたしました。


 次に、質疑についてですが、議第10号、債務負担行為補正では中小企業構造改革資金の利用状況について、また歳出では商工費の新分野進出等企業支援事業補助金について、教育費の奨学基金積立金に関して若干の質疑があり、それぞれ答弁がなされました。


 なお、議案、請願とも討論はありませんでした。


 以上、当委員会における審査概要の報告といたします。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) これより経済文教常任委員長の報告に対する質疑を行います。(「なし」と呼ぶ者あり)


 以上で経済文教常任委員長の報告に対する質疑を終了いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) 次に、民生常任委員長の報告をお願いいたします。13番。


  〔登壇〕


○13番(熊倉 均君) おはようございます。ただいまから民生常任委員会における審査の概要について報告いたします。


 お手元に配付済みの民生常任委員会審査報告書をごらんいただきたいと思いますが、開催年月日から付託事件までは記載のとおりですので、省略させていただきます。


 次に、当委員会における審査の結果について報告いたします。


 議第3号、議第4号、議第6号の以上3件については、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定。


 議第7号については、挙手採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定。


 議第10号については、挙手採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定。


 議第11号については、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 次に、主な質疑内容について報告いたします。


 まず、議第4号については、住基カードの子育て支援サービスで、18歳未満の子供を3人以上持つ保護者が対象となった理由について質疑があり、他市の実施状況、対象世帯人口などを勘案した中で、子育てに負担のかかる保護者を支援する形で決定した、との答弁がありました。


 次に、住基カードを活用した職員の出退勤管理の有用性について質疑があり、カードの普及促進が図られるとともに、職員の出退勤状況の一元的な管理が可能となる、との答弁がありました。


 また、実証実験事業の今後の動向について質疑があり、子育て支援のありようについて、2年程度で成果を検証し、カード普及を含めて総合的に判断、検討して進めていきたい、出退勤管理、窓口支援、キオスク端末サービスについては継続実施し、状況を見て拡大していきたい、との答弁がありました。


 また、協力店でサンキッズカードを提示する際に、氏名、住所等が記載されているが、個人情報保護の観点から、ある程度省略できるデザインにできないか、という質疑があり、基本は身分証明書としての機能を持つ住基カードであり、記載が義務づけられている中で、子育て支援サービスを付与して普及促進に努めている、利用者に理解を求めていきたい、との答弁がありました。


 それから、目標枚数等を設定して、住基カードの普及に向け取り組んでいただきたい、との要望がありました。


 そのほか、子育て支援サービスの対象世帯への案内、割引サービス協力店一覧の周知の徹底について、窓口での申請手続の簡略化について、実証実験後の運用経費についてなどの質疑がありました。


 次に、議第7号について、広域連合は全市町村の加入で設立されるのか、また加入自治体の調整はどこの機関が行うのか、という質疑があり、法律上、全市町村加入が条件であるが、調整については準備委員会で対応することになるだろう、との答弁がありました。


 また、今回の規約案では、住民代表も審議する機関の設置が盛り込まれていないという批判があるようだが、検討される余地はあるのか、という質疑があり、広域連合設立後、事務局では市町村の代表や住民代表などで構成される諮問機関の設置を検討しているようだ、との答弁がありました。


 また、この医療制度を実施するに当たり、保険料等が一律化される中で、各自治体の実情を十分考慮しながら事務を行っていただきたい、との県への要望がありました。


 そのほか、構成議員の選出方法について、選挙管理委員会の設置の必要性について、保険料の賦課、徴収事務についてなどの質疑がありました。


 最後に、議第10号、一般会計補正予算の中で、生活保護費の増による具体的理由や生活保護者への就業支援策について質疑があり、生活保護者の高齢化が進むとともに、医療費の増嵩が主な原因である中で、就労可能と判断される方にはハローワークや就労支援コーディネーターとの連携を密にし、支援している、との答弁がありました。


 そのほか、保育園の増築に関連した定員枠について、広域連合設立委員会準備金についてなどの質疑、暖房便座設置の要望がありました。


 なお、議第3号、議第6号については若干の質疑があり、また議第11号に対する質疑はありませんでした。


 以上が主な質疑の概要であります。


 その後討論に入り、議第7号及び議第10号に対し、反対の立場での討論がありました。


 反対の主な理由は、広域連合の運営の中で住民が参加し、意見を反映させる仕組みが一層遠のくという問題があることから、関係する一般会計補正予算とあわせて反対するとのことでありました。


 以上、当委員会における審査概要の報告といたします。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) これより民生常任委員長の報告に対する質疑を行います。(「なし」と呼ぶ者あり)


 以上で民生常任委員長の報告に対する質疑を終了いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) 次に、建設常任委員長の報告をお願いいたします。17番。


  〔登壇〕


○17番(藤田寅雄君) おはようございます。ただいまから建設常任委員会における審査の概要について報告を申し上げます。


 開催年月日から付託事件までにつきましては、お手元に配付されております建設常任委員会審査報告書に記載のとおりでありますので、省略させていただきます。


 最初に、当委員会における審査結果について報告いたします。


 議第5号及び議第8号の以上2件については、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 議第9号については、全員異議なく同意すべきものと決定いたしました。


 議第10号については、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 次に、主な質疑の内容について御報告いたします。


 議第8号の市道路線の認定及び変更についてでは、合併後市道の拡幅などによる土地の取得については買収を基本とするということであるが、今回の路線の中で買収によって整備されたものはあるのか、との質疑に対し、今回の路線の中には、買収によるものはない、との答弁がありました。


 次に、幅員が4メーターに満たない部分がある路線については、将来4メーター以上に整備する予定があるのかの質疑に対し、今のところ拡幅の予定はない、との答弁がありました。


 次に、将来拡幅の要望が出てきて市道の整備が必要な場合は、土地の購入の可能性はあるのか、の質疑に対し、拡幅の要望が出てきて整備が必要だということになれば、決められた単価の中で用地を買収する、との答弁がありました。


 なお、議第5号、議第9号及び議第10号については、質疑はありませんでした。


 以上が、議案に対する主な質疑の内容であります。


 その後討論に入りましたが、討論はありませんでした。


 以上を申し上げまして、建設常任委員会の委員長報告といたします。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) これより建設常任委員長の報告に対する質疑を行います。(「なし」と呼ぶ者あり)


 以上で建設常任委員長の報告に対する質疑を終了いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) 最後に、総務常任委員長の報告をお願いします。11番。


  〔登壇〕


○11番(梶 勉君) おはようございます。ただいまから総務常任委員会における審査の概要について報告いたします。


 開催年月日から付託事件につきましては、お手元に配付されております審査報告書のとおりでありますので、省略させていただきます。


 最初に、当委員会の審査結果について報告いたします。


 議第1号、議第2号及び議第10号の以上3件につきましては、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 報第1号については、全員異議なく承認すべきものと決定いたしました。


 次に、審査の経過について、主な質疑の内容を報告いたします。


 最初に、議第1号では、契約期間については原則5年との説明があったが、地方自治法に照らした場合、5年は妥当なのか、5年にした根拠は何か、との問いに対して、リース契約等についてはその物品の耐用年数を考慮する必要があること、また5年を超える長期の設定をすると、業者側にとってみれば市と契約する機会が極端に減ってしまうこと、また市としても定期的に契約の相手方を見直す機会を確保する必要があること、さらに他の都市や都道府県の例を参考としながら5年を一つの目安として考えている、また役務の提供については、種類によっては5年では長いものもあると思うので、これから定める事務の取り扱い要綱等で、5年を最長期間とした中で契約の種類ごとに適当な期間を定める方向で現在検討を進めているところである、との答弁がありました。


 また、この条例を制定することにより、金額的にどれぐらいメリットがあると想定しているか、との問いに対して、リース契約については現在5年を一つの目安としてリース期間を設定して見積もりを出してもらい、見積もり合わせの中で契約をする形をとっているので、そういった意味ではコストの削減は余り期待できないと考えているが、役務の提供の部分では現在単年度ごとに業者が入れかわる可能性もあり、当然見積もり業者もそういったリスクも考慮した中での見積もりであったと思われるが、これが3年ないし5年という一定期間の安定受注が可能となるので、そういったリスクの低減に伴うコストの削減は当然期待できると考えている、との答弁がありました。


 そのほか、若干の質疑がありました。


 次に、議第2号では、90日以上休んでいる職員数、窓口サービスの影響について質疑があり、それぞれ答弁がありました。


 次に、議第10号では、地域間交流施設について、開館当初から指定管理者のようだが、指定管理者の考え方としては、当初はまず行政側でやって、さらにサービスの向上やコストの軽減が図られると期待できるものに指定管理者を取り入れていくべきではないか、なぜ当初から指定管理者を導入するのか、との問いに対して、部内でも当初1年くらいは直営でやってはどうかという意見もあった、また現在きりおか荘を管理している社会福祉協議会などからもアドバイスをいただいた中で、当初から指定管理者制度に基づいて効率的な運営と多様なサービスを提供していった方がいいのではないかと判断した、との答弁がありました。


 また、住民基本台帳カードを利用した出退勤管理について、これを行うことによって人件費の削減や作業効率のアップ等のメリットは生ずるのか、との問いに対して、残業が非常に多くなっているという中で、また先般職員が亡くなったという事実を踏まえて、職員の健康管理の面において出退勤管理を厳格にやっていきたいということなどにより、この出退勤管理システムを導入するものである、との答弁がありました。


 そのほか、地域間交流施設のパブリックコメントにおける提出意見の反映について、地域間交流施設の駐車場台数について、定年・勧奨退職と職員採用の関係について質疑があり、それぞれ答弁がありました。


 報第1号では、質疑がありませんでした。


 以上が主な質疑の内容であります。


 その後討論に入りましたが、討論はありませんでした。


 以上が総務常任委員会における審査概要の報告であります。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) これより総務常任委員長の報告に対する質疑を行います。(「なし」と呼ぶ者あり)


 以上で総務常任委員長の報告に対する質疑を終了いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) これより討論を行います。


 討論の通告がありますので、8番、坂井良永さんに発言を許可いたします。8番。


  〔登壇〕


○8番(坂井良永君) おはようございます。私は、日本共産党議員団を代表して、議第7号 新潟県後期高齢者医療広域連合の設置について及び議第10号 平成18年度三条市一般会計補正予算、3款1項5目の後期高齢者医療事業準備費に対し、反対の立場で討論いたします。


 2008年度から発足する後期高齢者医療制度は、75歳以上の高齢者と65歳から74歳までの要介護認定を受けた高齢者を現在加入している国保や組合健保などから切り離し、後期高齢者だけを被保険者とする独立した保険制度にするものです。この制度の最大の問題は、後期高齢者の医療給付費がふえれば、後期高齢者の保険料の値上げにつながるという仕組みになっていることです。そのことが受診抑制につながることにもなり、高齢者の命と健康に重大な影響をもたらすことが懸念されます。


 また、保険料は後期高齢者の年金から天引き方式で徴収され、保険料を滞納した場合は国保同様に短期被保険者証や資格証明書が発行されることとされています。国保で資格証明書の発行を受けた約半分の人が受診を控え、医療から遠ざけられていると言われており、健康悪化を引き起こすなど、問題になっています。この措置を後期高齢者医療制度でも継続するものであります。


 広域連合議会は、各市町村議会から1名の代表35名で構成されることになっており、保険料の減免の有無、財政方針、給付計画など、高齢者の生活にかかわる大事な問題を決定することになります。国民健康保険では、国保運営協議会で被保険者の代表も加わっているわけですが、この広域連合規約では後期高齢者の意思反映の仕組みがないと思います。後期高齢者の意思が反映される仕組みや議員定数の公平な配分など不十分であり、問題を抱えています。


 けさの地方紙でも報道されているとおり、加茂市は市町村の意向が正しく反映されるかどうかという点で問題があるとしています。だから、広域連合には加わらないと言っているとおり、大いに問題があると思います。


 以上の理由から、新潟県後期高齢者医療広域連合の設置についての議案に反対をいたします。


 そして、この広域連合設置に関する歳出を計上している一般会計補正予算についても、同様の理由から反対をいたします。


 以上で反対討論を終わります。


○議長(村上幸一君) 以上で討論を終了いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) これより採決を行います。


 最初に、議第1号から議第6号の以上6件一括採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、いずれも原案可決であります。いずれも原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、本案はいずれも原案のとおり決定いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) 次に、議第7号について採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 本案に対する委員長報告は原案可決であります。原案のとおり決定することに賛成の皆さんの起立を求めます。


  〔賛成者起立〕


○議長(村上幸一君) 起立多数であります。よって、本案は原案のとおり決定いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) 次に、議第8号について採決いたします。


 本案に対する委員長報告は原案可決であります。原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり決定いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) 次に、議第9号について採決いたします。


 本案に対する委員長報告は同意であります。同意することに御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、本案は同意することに決定いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) 次に、議第10号について採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 本案に対する委員長報告は原案可決であります。原案のとおり決定することに賛成の皆さんの起立を求めます。


  〔賛成者起立〕


○議長(村上幸一君) 起立多数であります。よって、本案は原案のとおり決定いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) 次に、議第11号について採決いたします。


 本案に対する委員長報告は原案可決であります。原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり決定いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) 次に、報第1号について採決いたします。


 本案に対する委員長報告は承認であります。承認することに御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、本案は承認することに決定いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) 最後に、請願第8号について採決いたします。


 本請願に対する委員長報告は採択であります。採択することに御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、本請願は採択することに決定いたしました。


 お諮りいたします。


 ただいま採択となりました請願第8号につきましては、委員長報告のとおり市長及び教育委員長へ送付し、その処理の経過及び結果の報告を請求したいと思いますが、御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


○議長(村上幸一君) 以上で提出事件のすべてを議了いたしました。よって、本日の会議を閉じ、第5回定例会を閉会いたします。


午前10時27分 閉会








 以上、会議の次第を記載し、その内容が正確であることを証し、ここに署名する。





           三 条 市 議 会





      議長        村上幸一


      副議長       西川重則


      署名議員      杉井 旬


      署名議員      佐藤宗司


      署名議員      西沢慶一