議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 三条市

平成18年第 3回定例会(第6号 6月30日)




平成18年第 3回定例会(第6号 6月30日)





平成18年三条市議会第3回定例会会議録(第6日目)


平成18年6月30日(金曜日)





 
  平成18年6月30日 午前10時開議


 第1.  報   告


 第2.  議第3号から議第24号


      報第1号及び報第2号


      請願第1号から請願第5号


     以上29件一括上程


 第3.  議第25号及び議第26号


     以上2件一括上程


 第4.  議員発案第1号 特別委員会の設置について


      議員発案第2号 特別委員会の設置について


     以上2件一括上程


 第5.  議員発案第3号 新潟県議会議員の選挙区見直しを求める決議


―――――――――――――――――――――――――――――


本日の会議に付した事件


 日程第1.


   報   告


 日程第2.


   議第 3号 非核平和都市宣言について


   議第 4号 三条市行政手続条例の一部改正について


   議第 5号 三条市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正


         について


   議第 6号 三条市特別職の職員の退職手当に関する条例の一部改正について


   議第 7号 三条市手数料条例の一部改正について


   議第 8号 三条市パルムセンター条例の一部改正について


   議第 9号 三条市地域交流センター条例の一部改正について


   議第10号 三条市ホームヘルパー派遣に伴う費用徴収条例の一部改正について


   議第11号 三条市金子新田会館条例の一部改正について


   議第12号 三条市都市公園条例の一部改正について


   議第13号 三条市栄青少年研修センター条例の一部改正について


   議第14号 三条市下田郷資料館条例の一部改正について


   議第15号 三条市民プール条例の一部改正について


   議第16号 三条市体育文化センター条例の一部改正について


   議第17号 三条市体育館条例の一部改正について


   議第18号 三条市ウェルネスしただ条例の一部改正について


   議第19号 三条市野球場条例の一部改正について


   議第20号 三条市うるおい広場条例の一部改正について


   議第21号 公の施設の区域外設置に関する協議について


   議第22号 市道路線の認定及び変更について


   議第23号 平成18年度三条市一般会計補正予算


   議第24号 平成18年度三条市老人保健事業特別会計補正予算


   報第 1号 専決処分報告について(三条市職員の給与に関する条例の一部改正について)


   報第 2号 専決処分報告について(平成18年度三条市老人保健事業特別会計補正予算)


   請願第1号 「出資法の上限金利の引下げ」等の改正を求める請願


   請願第2号 米国産牛肉の輸入やBSEに対して万全な対策を求める請願


   請願第3号 30人以下学級の実現を始めとする教育予算の充実を求める請願


   請願第4号 日本と同等の安全対策のない米国産牛肉の輸入再開に反対する請願


   請願第5号 「品目横断的経営安定対策」にかかわる請願


 日程第3.


   議第25号 新潟県中越衛生処理組合規約の変更について


   議第26号 平成18年度三条市一般会計補正予算


 日程第4.


   議員発案第1号 特別委員会の設置について


   議員発案第2号 特別委員会の設置について


 日程第5.


   議員発案第3号 新潟県議会議員の選挙区見直しを求める決議


 日程第6.(追加)


   議員発案第4号 出資法の上限金利の引下げ等の改正を求める意見書の提出について


 日程第7.(追加)


   議員発案第5号 アメリカ産牛肉の輸入やBSEに対し万全な対策を求める意見書の提出につ


           いて


日程第8.(追加)


   議員発案第6号 30人以下学級の実現を始めとする教育予算の充実を求める意見書の提出につ


           いて


―――――――――――――――――――――――――――――


出席議員  30名


       1番  笹 川 信 子 君        2番  野 崎 正 志 君


       3番  佐 藤 卓 之 君        4番  杉 井   旬 君


       5番  土 田 俊 人 君        6番  島 田 伸 子 君


       7番  西 川 哲 司 君        8番  坂 井 良 永 君


       9番  佐 野   徹 君       10番  横 山 一 雄 君


      11番  梶     勉 君       12番  武 石 栄 二 君


      13番  熊 倉   均 君       14番  佐 藤 宗 司 君


      15番  吉 田 進一郎 君       16番  小 林   誠 君


      17番  藤 田 寅 雄 君       18番  西 川 重 則 君


      19番  阿 部 銀次郎 君       20番  下 村 喜 作 君


      21番  佐 藤 佐久一 君       22番  佐 藤 和 雄 君


      23番  ? 坂 登志郎 君       24番  西 沢 慶 一 君


      25番  岡 田 兵一郎 君       26番  久 住 久 俊 君


      27番  村 上 幸 一 君       28番  木 菱 晃 栄 君


      29番  原   茂 之 君       30番  田 中   寿 君


―――――――――――――――――――――――――――――


欠席議員  な し


―――――――――――――――――――――――――――――


説明のための出席者


      市 長    高 橋 一 夫 君   助 役     佐 藤 和 夫 君


      収入役    関 口 芳 史 君   教育長     松 永 悦 男 君


      総合政策部長 北 神   裕 君   総務部長    吉 田   實 君


      福祉保健部長 小 林 東 一 君   市民部長    長谷川 正 二 君


      経済部長   関 崎 光 明 君   建設部長    今 井 國 雄 君


      栄サービスセンター長         下田サービスセンター長


             ? ? 長一郎 君           西 川 賀 顕 君


      行政課長   渡 辺 一 治 君   教育次長    阿 部 晃 義 君


      水道局長   金 川   保 君   消防長     小 柳 喜久夫 君


―――――――――――――――――――――――――――――


会議事務に従事した事務局職員


      事務局長   北 神   均 君   事務局次長   渡 辺   健 君


      担任主査   小 柳 雅 彦 君   担任主査    五十嵐 玲 子 君


      主任     山 屋 和 徳 君   主任      熊 木 隆 浩 君


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


午前10時00分 開議


○議長(村上幸一君) これより本日の会議を開きます。


 出席全員であります。


 議事日程を報告いたします。


 本日の議事は、お手元に配付いたしました議事日程第6号によって行います。


 直ちに議事に入ります。


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


 ◎日程第1.  報  告


○議長(村上幸一君) 日程第1、報告。


 報告は、監査報告についてであります。6月28日付三監第56号及び第57号をもって各会計5月分の例月出納検査の結果の報告が、また6月28日付三監第24号の2をもって教育委員会事務局所管施設にかかわる随時監査の結果の報告がありました。よって、それぞれの写しをお手元に配付いたしました。


 以上で報告を終わります。


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


 ◎日程第2.  議第3号から議第24号


         報第1号及び報第2号


         請願第1号から請願第5号


        以上29件一括上程


○議長(村上幸一君) 日程第2、議第3号から議第24号、報第1号及び報第2号、請願第1号から請願第5号の以上29件一括議題といたします。


 これより委員長報告を行います。


 報告の順序は、経済文教、民生、建設、総務常任委員長の順に行います。


 また、委員長報告に対する質疑は、各委員長報告の都度行うことといたします。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) それでは、最初に経済文教常任委員長の報告をお願いいたします。23番。


   〔登壇〕


○23番(?坂登志郎君) ただいまから経済文教常任委員会における審査の概要について御報告いたします。


 開催年月日から付託事件までにつきましては、お手元に配付されております審査報告書のとおりでありますので、省略をさせていただきます。


 当委員会における審査の結果について申し上げます。


 審査報告書に記載のとおり、当委員会に付託された11件の議案につきましては、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 また、請願第1号から請願第4号の以上4件につきましては、いずれも全員異議なく採択すべきものと決定。


 請願第5号については、賛成多数で閉会中の継続審査とすることとし、その旨を議長へ申し出ることに決定いたしました。


 次に、主な質疑の内容について報告いたします。


 議第17号及び議第18号について、指定管理者になった場合の下田体育館とウェルネスしただの利用料金、また三条市公共施設運営計画による効果額累計の試算根拠についての質疑があり、利用料金については合併調整時のとおり現行のままとし、効果額については指定管理者の努力による効果と考えているとの答弁がありました。


 また、議第23号については、若干の質疑があり、そのほかの議案については質疑がありませんでした。


 なお、議案についての討論はありませんでした。


 次に、請願審査に入り、各請願についてそれぞれ意見交換を行い、請願第5号は継続審査でなく、直ちに採決すべきとの討論がありました。


 以上、当委員会における審査概要の報告といたします。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) これより経済文教常任委員長の報告に対する質疑を行います。(「なし」と呼ぶ者あり)


 以上で経済文教常任委員長の報告に対する質疑を終了いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) 次に、民生常任委員長の報告をお願いいたします。13番。


   〔登壇〕


○13番(熊倉 均君) おはようございます。ただいまから民生常任委員会における審査の概要について報告いたします。


 お手元に配付されております民生常任委員会審査報告書をごらんいただきたいと思いますが、開催年月日から付託事件までにつきましては記載のとおりでありますので、省略させていただきます。


 次に、当委員会における審査の結果について報告いたします。


 議第9号、議第10号、議第23号、議第24号については、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定。


 報第2号については、全員異議なく承認すべきものと決定いたしました。


 次に、質疑の中で委員から指摘のあった事項を中心に報告いたします。


 まず、議第9号については、地域交流センター3施設の利用状況及び利用者の年齢層について質疑がありました。


 議第10号については、質疑はありませんでした。


 次に、議第23号については、第2款総務費のバス運行対策費の質疑の中で、循環バスのラッピングについては、5台とも統一した色で整備した方が高齢者も認識しやすく、利用しやすいと思うが、今回整備するのか、という質疑があり、現時点で協力いただく事業者の希望の有無も含めて検討したい、との答弁がありました。


 また、コースの追加、変更の主な理由について質疑があり、全域での運行路線の中で空白地域の解消を目的に見直しを図った、との答弁がありました。


 全域のバス路線に関連して、目的地まで時間がかかり利用しにくいので、もっと区間を狭めて本数をふやした方がいいのではないか、との質疑があり、運行経費の負担などを考慮しながら、今回最大限の見直しをさせていただいた、との答弁がありました。


 ほかに購入バス補助金の支出方法について、バス運行の有効利用のため直接市民からアイデアを募集したらどうかについて、児童生徒の通学における割引制度について、利用促進のため定期券の発行について、などの質疑がありました。


 次に、第3款民生費の質疑の中で、障害者自立支援システム開発業務委託料の内訳、整備完了時期などについて質疑があり、自立支援福祉サービスシステムへの切りかえ経費、当市のシステムに適合させるパッケージ導入及び研修費用等の経費を見込んでいる、整備時期については、自立支援法の動きに合わせて9月中までには仕組みをつくりたい、との答弁がありました。


 そのほか、管理システムの内容について、国の標準システムをつくる動きについてなどの質疑がありました。


 次に、第4款衛生費の質疑の中で、ごみ処理施設の建設に当たって基本計画の策定前にごみ処理焼却熱の活用法のアイデアを市民から募り、市全体でとらえた中で発電に限らず、熱を利用した施設の整備を検討してもよいのではないか、などの質疑があり、施設の規模からその電力を売電することは難しいが、今回の委員会での話を踏まえて検討させていただきたい、という答弁がありました。


 また、基本方針策定の段階からパブリックコメントを求めていく必要があるのではないか、という質疑があり、パブリックコメント方式は考えていないが、意見反映が可能な段階でそれぞれ検討させていただくことを考えている、との答弁がありました。


 さらに、環境影響評価の評価基準等の定め方について質疑があり、この業務は県の条例に基づくものであり、当市が定めた基準等を含めた方法書(案)を県の審議会に上げ、指導をもらって最終的に方法書を策定する、との答弁がありました。


 そのほか、基本設計委託業務の入札方法について、公衆浴場設備改善事業補助金の実績等について、などの質疑がありました。


 なお、議第24号及び報第2号に対する質疑はありませんでした。


 また、討論についてもございませんでした。


 以上、当委員会における審査概要の報告といたします。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) これより民生常任委員長の報告に対する質疑を行います。(「なし」と呼ぶ者あり)


 以上で民生常任委員長の報告に対する質疑を終了いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) 次に、建設常任委員長の報告をお願いいたします。17番。


   〔登壇〕


○17番(藤田寅雄君) おはようございます。ただいまから建設常任委員会の審査の概要と結果を報告いたします。


 開催年月日から付託事件につきましては、お手元に配付しております建設常任委員会審査報告書に記載のとおりでありますので、省略させていただきます。


 次に、当委員会における審査結果について報告いたします。


 議第12号及び議第22号の以上2件については、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 なお、審査の経過について報告いたします。


 両議案上程後、議第22号の市道路線認定及び変更の提案路線11カ所中、井栗250号線、大崎428号線、荻堀京坪団地線、下田大橋河川公園線の以上4カ所の現地視察を行い、その後議案ごとに審査を行いましたが、両議案とも質疑及び討論はございませんでした。


 以上、議員各位の御賛同をお願い申し上げ、建設常任委員会の委員長報告といたします。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) これより建設常任委員長の報告に対する質疑を行います。(「なし」と呼ぶ者あり)


 以上で建設常任委員長の報告に対する質疑を終了いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) 最後に、総務常任委員長の報告をお願いいたします。11番。


   〔登壇〕


○11番(梶 勉君) おはようございます。ただいまから総務常任委員会における審査の概要について報告いたします。


 開催年月日から付託事件につきましては、お手元に配付されております審査報告書のとおりでありますので、省略させていただきます。


 最初に、当委員会の審査の結果について報告いたします。


 議第3号から議第8号及び議第23号の以上7件については、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定。


 報第1号については、全員異議なく承認すべきものと決定いたしました。


 次に、審査の経過について主な質疑の内容を報告いたします。


 議第3号 非核平和都市宣言については、宣言後の市民に対する啓発、周知、対外的なPR方法について質疑があり、記念式典の開催、宣言塔の設置、中高生を対象に非核平和に関する標語の募集、また広報さんじょう等を通じてPRしていきたい、との答弁がありました。


 そのほか質疑はありませんでした。


 次に、議第4号 三条市行政手続条例の一部改正については、質疑がありませんでした。


 次に、議第5号 三条市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正については、議員の場合の勤務場所の解釈について質疑があり、報酬をもらっている、もらっていないは関係なく、あくまでも労務の提供が行われている場所を勤務場所とする、また勤務場所の届け出は必要ない、との答弁がありました。


 そのほか質疑はありませんでした。


 次に、議第6号 三条市特別職の職員の退職手当に関する条例の一部改正については、他市の状況等の質疑がありました。


 次に、議第7号 三条市手数料条例の一部改正については、本件に該当するものはどういうものかの質疑に対して、該当する場合の煙火の大きさ及び個数の基準について説明がありました。そのほか質疑はありませんでした。


 次に、議第8号 三条市パルムセンター条例の一部改正については、指定管理者制度を導入することによってどのくらいの経費の削減が見込まれるのか、の質疑に対して、施設の形態や内容によって削減効果は大きく違うが、経営戦略プログラムでは押しなべて2割程度の削減効果を見込んでいる、この施設については現在の委託料額を指定管理料の上限と考えており、それ以下に抑えていけるというふうに考えている、との答弁がありました。


 そのほか、指定管理者が設定する利用料金の額について質疑があり、条例に記載の額が上限となる、との答弁がありました。


 次に、議第23号 平成18年度三条市一般会計補正予算についてですが、まちづくり活動支援事業費については、同補助制度の全国、県内の採択状況について質疑があり、地域イベントの内示としては全国で78件、県内では三条市の「良寛さまとあ・そ・ぼ!祭」だけである、との答弁がありました。


 また、非核平和事業費については、栄、下田地区への趣旨の徹底、標語の審査方法について質疑があり、それぞれ答弁があったところであります。


 報第1号 専決処分報告については質疑がありませんでした。


 以上が主な質疑の内容であります。


 その後、討論に入りましたが、討論はありませんでした。


 以上が総務常任委員会における審査の概要の報告であります。議員各位の御賛同をお願い申し上げ、委員長報告といたします。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) これより総務常任委員長の報告に対する質疑を行います。(「なし」と呼ぶ者あり)


 以上で総務常任委員長の報告に対する質疑を終了いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) これより討論を行います。


 討論の通告がありますので、8番、坂井良永さんに発言を許可いたします。8番。


   〔登壇〕


○8番(坂井良永君) 私は、日本共産党議員団を代表して、請願第5号 「品目横断的経営安定対策」にかかわる請願について、継続審査とせず、本定例会において採決すべきとの立場で討論をさせていただきます。


 経済文教常任委員会の審査では継続審査とされたわけでありますが、品目横断的経営安定対策は来年度から政府が実施しようとする政策であり、対応が急がれる問題であります。意見書を提出するには今定例会を逃すと時期を失することになることから、今議会において結論を出していただきたいと思います。


 品目横断的経営安定対策は、これまで全農家を対象にしてきた大豆など品目ごとの価格保障を全廃し、要件を満たす認定農業者と法人化を目指す集落営農だけを支援対象にしようとするものであります。三条市において、この支援対象になる農家戸数は今後の法人化の見通しを含めても25%でしかありません。残る4件のうち3件の農家は支援の対象から外れてしまいます。法人化を目指す集落も土地と農家戸数の集積や経理の一元化など困難な課題が山積しております。


 また、農林水産省は、最終的な交付水準はことし8月ころ明らかにするとしており、農家への対策の周知は極めて不十分であります。そのため、多くの農家は来年の対応に苦慮しております。請願者の意向は、地域の実情を踏まえた多様な経営形態を支援し、そして意欲ある担い手を確保していくことが日本の農政に最も求められるということであります。


 来年から政府が品目横断的経営安定対策を始めようというこの時期に、継続審査とは請願者の趣旨に反するものと思います。継続審査とせず、本定例会において採決をしていただきたく各議員の御賛同をお願いいたしまして、討論を終わります。


○議長(村上幸一君) 以上で討論を終了いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) これより採決を行います。


 最初に、議第3号から議第24号の以上22件一括採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、いずれも原案可決であります。いずれも原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、議第3号から議第24号の以上22件は、いずれも原案のとおり決定いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) 次に、報第1号及び報第2号の以上2件一括採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、いずれも承認であります。いずれも承認することに御異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、報第1号及び報第2号の以上2件は、いずれも承認することに決定いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) 次に、請願第1号から請願第4号の以上4件一括採決いたします。


 本請願に対する委員長報告はいずれも採択であります。いずれも採択することに御異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、請願第1号から請願第4号の以上4件は、いずれも採択することに決定いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) 次に、請願第5号について採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 本請願について、経済文教常任委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに賛成の皆さんの起立を求めます。


   〔賛成者起立〕


○議長(村上幸一君) 起立多数であります。よって、請願第5号は経済文教常任委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


 ◎日程第3.  議第25号及び議第26号


        以上2件一括上程


○議長(村上幸一君) 日程第3、議第25号及び議第26号の以上2件一括議題といたします。


 提案理由の説明を願います。助役。


   〔登壇〕


○助役(佐藤和夫君) それでは、ただいま御上程をいただきました各議案につきまして、順次提案理由の御説明を申し上げます。


 まず最初に、議第25号 新潟県中越衛生処理組合規約の変更について御説明を申し上げます。


 平成18年7月1日から新潟県中越衛生処理組合を組織する地方公共団体である燕市におきまして、助役の定数を2人とし、また収入役を置かず、収入役の事務は市長が指名した助役が兼掌することとなるため、同組合規約の一部変更を行うものでございます。


 施行期日は、平成18年7月1日から施行するものでございます。


 次に、議第26号 平成18年度三条市一般会計補正予算について御説明を申し上げます。


 第1条におきまして、歳入歳出予算の総額にそれぞれ2億8,300万円を追加し、補正後の予算の総額を404億219万7,000円とさせていただくものでございます。この内容につきましては、上林小学校校舎増築費2億5,800万円と6月22日の火災により一部焼失いたしました丸井今井邸の復旧経費2,500万円でございます。


 最初に、上林小学校校舎増築費につきましては、補助採択の内示を受けたことに伴うものでございまして、事業内容は木造平家建てで多目的スペースやコンピューター室、図工室、家庭科室など708平方メートル増築するとともに、既存校舎の特別教室の一部を普通教室に改修し、あわせて外構工事として築山の移設や駐車場の整備を行うものでございます。この財源につきましては、国庫支出金、繰越金及び市債で措置させていただくものでございます。


 次に、丸井今井邸の復旧費でございますが、総面積251.95平方メートルのうち、焼失した2階部分及び消火活動により水損いたしました1階部分について原形復旧をさせていただくものでございまして、工事費2,400万円は加入しております火災共済金で対応し、実施設計委託料は繰越金で対応させていただくものでございます。


 第2条は、地方債の補正として上林小学校校舎増築事業を追加させていただくものでございます。


 以上、大変雑駁な説明で恐縮でございますが、御審議の上、それぞれ御議決を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。ありがとうございました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) 午前10時50分まで休憩いたします。


午前10時27分 休憩


午前10時50分 再開


○議長(村上幸一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 これより質疑を行います。


 質疑の通告がありませんので、以上で質疑を終了いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) お諮りいたします。


 ただいま上程の各議案につきましては、会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略したいと思いますが、御異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま上程の各議案につきましては、委員会付託を省略することに決定いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) これより討論を行います。


 討論の通告がありませんので、以上で討論を終了いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) これより採決を行います。


 議第25号及び議第26号の以上2件一括採決いたします。


 議第25号及び議第26号の以上2件につきましては、いずれも原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、議第25号及び議第26号の以上2件は、いずれも原案のとおり決定いたしました。


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


 ◎日程第4.  議員発案第1号 特別委員会の設置について


         議員発案第2号 特別委員会の設置について


        以上2件一括上程


○議長(村上幸一君) 日程第4、議員発案第1号 特別委員会の設置について及び議員発案第2号特別委員会の設置についての以上2件一括議題といたします。


 事務局長に議案の朗読をさせます。


   〔事務局長朗読〕


―――――――――――――――――――――――――――


    議員発案第1号


       特別委員会の設置について


     本市議会は、別紙のとおり「河川改修事業等調査特別委員会」を設置するものとする。


       平成18年6月29日 提出


              提 出 者  三条市議会議員  原   茂 之


              賛 成 者  三条市議会議員  田 中   寿


                同    三条市議会議員  横 山 一 雄


                同    三条市議会議員  小 林   誠


                同    三条市議会議員  野 崎 正 志





         特別委員会設置決議


 1 本市議会に、「河川改修事業等調査特別委員会」を設置し、委員15人をもって構成する。


 2 議会は、河川改修事業等調査特別委員会に対し、次の事項の審査を行わせるものとする。


   (1)五十嵐川・刈谷田川改修に関する事業及びそれらに関連する事業の調査・研究


 3 本特別委員会は、議会の閉会中も継続して審査を行うことができるものとし、議会が審査終了を議決するまで、継続して審査を行うものとする。


―――――――――――――――――――――――――――


    議員発案第2号


       特別委員会の設置について


     本市議会は、別紙のとおり「生活関連施設等調査特別委員会」を設置するものとする。


       平成18年6月29日 提出


              提 出 者  三条市議会議員  田 中   寿


              賛 成 者  三条市議会議員  横 山 一 雄


                同    三条市議会議員  小 林   誠


                同    三条市議会議員  野 崎 正 志


                同    三条市議会議員  原   茂 之





         特別委員会設置決議


 1 本市議会に、「生活関連施設等調査特別委員会」を設置し、委員15人をもって構成する。


 2 議会は、生活関連施設等調査特別委員会に対し、次の事項の審査を行わせるものとす


      る。


   (1)生活関連の整備に関する施設(ごみ焼却処理施設、し尿処理施設、斎場)建設事業の調査・研究


 3 本特別委員会は、議会の閉会中も継続して審査を行うことができるものとし、議会が審査終了を議決するまで、継続して審査を行うものとする。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) お諮りいたします。


 ただいま上程の各議案につきましては、提案理由の説明を省略し、直ちに採決したいと思いますが、御異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま上程の各議案につきましては、提案理由の説明を省略し、直ちに採決いたします。


 議員発案第1号及び議員発案第2号の以上2件一括採決いたします。


 議員発案第1号及び議員発案第2号の以上2件につきましては、いずれも原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、議員発案第1号及び議員発案第2号の以上2件は、いずれも原案のとおり決定いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) お諮りいたします。


 ただいま設置されました各特別委員会の委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において、河川改修事業等調査特別委員会委員に


       杉 井   旬 さん     梶     勉 さん


       武 石 栄 二 さん     熊 倉   均 さん


       阿 部 銀次郎 さん     佐 藤 佐久一 さん


       佐 藤 和 雄 さん     島 田 伸 子 さん


       吉 田 進一郎 さん     佐 野   徹 さん


       西 川 重 則 さん     岡 田 兵一郎 さん


       西 沢 慶 一 さん     笹 川 信 子 さん


       西 川 哲 司 さん


の以上15人を、


 生活関連施設等調査特別委員会委員に


       佐 藤 卓 之 さん     土 田 俊 人 さん


       下 村 喜 作 さん     久 住 久 俊 さん


       村 上 幸 一        木 菱 晃 栄 さん


       原   茂 之 さん     佐 藤 宗 司 さん


       ? 坂 登志郎 さん     田 中   寿 さん


       横 山 一 雄 さん     藤 田 寅 雄 さん


       坂 井 良 永 さん     小 林   誠 さん


       野 崎 正 志 さん


の以上15人をそれぞれ指名したいと思いますが、御異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました皆さんをそれぞれの特別委員会委員に選任することに決定いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) 各特別委員会を開催するため、しばらく休憩をいたします。


午前10時56分 休憩


午前11時17分 再開


○議長(村上幸一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 この際報告いたします。


 休憩中に開催されました各特別委員会におきまして、正副委員長の互選が行われました。その結果、


    河川改修事業等調査特別委員会委員長に  岡 田 兵一郎 さん


                同副委員長に  佐 藤 佐久一 さん


    生活関連施設等調査特別委員会委員長に  原   茂 之 さん


                同副委員長に  小 林   誠 さん


がそれぞれ当選されましたので、御報告いたします。


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


 ◎日程第5.  議員発案第3号 新潟県議会議員の選挙区見直しを求める決議


○議長(村上幸一君) 日程第5、議員発案第3号 新潟県議会議員の選挙区見直しを求める決議を議題といたします。


 お諮りいたします。


 ただいま上程の議員発案第3号につきましては、議案の朗読を省略し、直ちに採決したいと思いますが、御異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、議員発案第3号につきましては、議案の朗読を省略し、直ちに採決いたします。


 議員発案第3号につきましては、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、議員発案第3号は原案のとおり決定いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(村上幸一君) 先刻、横山一雄さんほか4人から議員発案第4号が、小林誠さんほか4人から議員発案第5号が、野崎正志さんほか4人から議員発案第6号がそれぞれ提出されました。


 お諮りいたします。


 この際、議員発案第4号から議員発案第6号の以上3件をそれぞれ日程に追加し、議題としたいと思いますが、御異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、議員発案第4号から議員発案第6号の以上3件をそれぞれ日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


 ◎日程第6.  議員発案第4号 出資法の上限金利の引下げ等の改正を求める意見書の提出について


○議長(村上幸一君) 日程第6、議員発案第4号 出資法の上限金利の引下げ等の改正を求める意見書の提出についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 ただいま上程の議員発案第4号につきましては、議案の朗読を省略し、直ちに採決したいと思いますが、御異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、議員発案第4号につきましては、議案の朗読を省略し、直ちに採決いたします。


 議員発案第4号につきましては、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、議員発案第4号は原案のとおり決定いたしました。


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


 ◎日程第7.  議員発案第5号 アメリカ産牛肉の輸入やBSEに対し万全な対策を求める意見書の提出について


○議長(村上幸一君) 日程第7、議員発案第5号 アメリカ産牛肉の輸入やBSEに対し万全な対策を求める意見書の提出についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 ただいま上程の議員発案第5号につきましては、議案の朗読を省略し、直ちに採決したいと思いますが、御異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、議員発案第5号につきましては、議案の朗読を省略し、直ちに採決いたします。


 議員発案第5号につきましては、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、議員発案第5号は原案のとおり決定いたしました。


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


 ◎日程第8.  議員発案第6号 30人以下学級の実現を始めとする教育予算の充実を求める意見書の提出について


○議長(村上幸一君) 日程第8、議員発案第6号 30人以下学級の実現を始めとする教育予算の充実を求める意見書の提出についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 ただいま上程の議員発案第6号につきましては、議案の朗読を省略し、直ちに採決したいと思いますが、御異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、議員発案第6号につきましては、議案の朗読を省略し、直ちに採決いたします。


 議員発案第6号につきましては、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村上幸一君) 御異議なしと認めます。よって、議員発案第6号は原案のとおり決定いたしました。


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


○議長(村上幸一君) 以上で提出事件のすべてを議了いたしました。よって、本日の会議を閉じ、第3回定例会を閉会いたします。


午前11時22分 閉会








 以上、会議の次第を記載し、その内容が正確であることを証し、ここに署名する。





           三 条 市 議 会





      議長        村上幸一


      副議長       西川重則


      署名議員      野崎正志


      署名議員      武石栄二


      署名議員      佐藤和雄