議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 三条市

平成17年第 3回定例会(第1号 9月15日)




平成17年第 3回定例会(第1号 9月15日)





平成17年三条市議会第3回定例会会議録(第1日目)


平成17年9月15日(木曜日)





 
  平成17年9月15日 午前10時開議


 第1.  会議録署名議員の指名


 第2.  会期の決定


 第3.  報   告


 第4.  議会運営委員会委員の選任について


 第5.  諮第1号 人権擁護委員候補者の推薦について


 第6.  議第9号 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について


 第7.  議第1号から議第8号、議第10号から議第14号


      報第1号から報第3号


      認定第1号から認定第6号


     以上22件一括上程


―――――――――――――――――――――――――――――


本日の会議に付した事件


 日程第1.


  会議録署名議員の指名


 日程第2.


  会期の決定


 日程第3.


  報   告


 日程第4.


  議会運営委員会委員の選任について


 日程第5.


  諮第  1号 人権擁護委員候補者の推薦について


 日程第6.


  議第  9号 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について


 日程第7.


  議第 1 号 三条市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定について


  議第 2 号 三条市立保育所条例の一部改正について


  議第 3 号 三条市営住宅条例の一部改正について


  議第 4 号 三条市火災予防条例の一部改正について


  議第 5 号 下水道事業に係る汚泥処理施設等の建設及び維持管理に関する事務の変更について


  議第 6 号 県央広域市町村圏協議会を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について


  議第 7 号 新潟県中越福祉事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について


  議第 8 号 三条・燕・西蒲・南蒲広域養護老人ホーム施設組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について


  議第 10号 県央土地開発公社定款の一部変更について


  議第 11号 三条市公共下水道事業嵐南汚水幹線工事請負契約の締結について


  議第 12号 動産の取得について


  議第 13号 平成17年度三条市一般会計補正予算


  議第 14号 平成17年度三条市介護保険事業特別会計補正予算


  報第 1 号 専決処分報告について(新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について)


  報第 2 号 専決処分報告について(平成17年度三条市一般会計補正予算)


  報第 3 号 専決処分報告について(平成17年度三条市水道事業会計補正予算)


  認定第 1号 平成16年度決算の認定について(三条市水道事業会計)


  認定第 2号 平成16年度決算の認定について(栄町水道事業会計)


  認定第 3号 平成16年度決算の認定について(下田村水道事業会計)


  認定第 4号 平成17年度決算の認定について(三条市水道事業会計)


  認定第 5号 平成17年度決算の認定について(栄町水道事業会計)


  認定第 6号 平成17年度決算の認定について(下田村水道事業会計)


―――――――――――――――――――――――――――――


出席議員  59名


       1番  小 林   誠 君        2番  土 田 俊 人 君


       3番  羽 賀 利 栄 君        4番  須 戸 幸 男 君


       5番  梶     勉 君        6番  島 田 伸 子 君


       7番  武士俣 昭 司 君        8番  吉 田 進一郎 君


       9番  佐 藤 宗 司 君       10番  佐 藤 喜八郎 君


      11番  高 橋   誉 君       12番  森 山   昭 君


      13番  鈴 木 孫 一 君       14番  高 橋   剛 君


      15番  阿 部 銀次郎 君       16番  山 本 春 男 君


      17番  和 田   武 君       18番  目 黒   眞 君


      19番  熊 倉   均 君       20番  武 石 栄 二 君


      21番  山 岸 康 男 君       22番  佐 藤 佐久一 君


      24番  小 出 和 子 君       25番  下 村 喜 作 君


      26番  米 田 美智子 君       27番  佐 野   徹 君


      28番  小浦方   功 君       29番  蝶名林 義 春 君


      30番  鈴 木   清 君       31番  西 沢 慶 一 君


      32番  佐 藤 和 雄 君       33番  角 田 正 明 君


      34番  堀   茂 信 君       35番  土 佐 敏 夫 君


      36番  ? 坂 登志郎 君       37番  横 山 一 雄 君


      38番  横 田 常 男 君       39番  藤 田 寅 雄 君


      40番  西 川 哲 司 君       41番  相 田 芳 枝 君


      42番  村 山 佐武郎 君       43番  稲 田 豊 秋 君


      44番  久 住 久 俊 君       45番  村 上 幸 一 君


      46番  田 中   寿 君       47番  西 川 重 則 君


      48番  鳶 田 眞 六 君       49番  吉 田   敦 君


      50番  飯 塚 喜久男 君       51番  木 菱 晃 栄 君


      52番  小 林 宅 栄 君       53番  渡 辺 庄 一 君


      54番  原   茂 之 君       55番  藤 田 雄 司 君


      56番  相 田 邦 夫 君       57番  岡 田 兵一郎 君


      58番  金 子 恒 夫 君       59番  渡 辺 朝 次 君


      60番  ? 野 賢 司 君


―――――――――――――――――――――――――――――


欠席議員  な し


―――――――――――――――――――――――――――――


説明のための出席者


      市 長    高 橋 一 夫 君   助 役     佐 藤 和 夫 君


      収入役    関 口 芳 史 君   教育長     松 永 悦 男 君


      総合政策部長 國 定 勇 人 君   総務部長    吉 田   實 君


      福祉保健部長 小 林 東 一 君   市民部長    長谷川 正 二 君


      経済部長   関 崎 光 明 君   建設部長    今 井 國 雄 君


      栄サービスセンター長         下田サービスセンター長


             ? ? 長一郎 君           西 川 賀 顕 君


      政策推進課長 若 山   裕 君   行政課長    渡 辺 一 治 君


      財務課長   長谷川 正 実 君   社会福祉課長  佐 藤 密 夫 君


      介護保険課長 坂 井 正 義 君   農林課長    吉 野 賢 一 君


      土木課長   小日向   毅 君   監査委員事務局長


                                 平 岡 誠 一 君


      教育次長   阿 部 晃 義 君   教育総務課長  永 井 一 雄 君


      水道局長   金 川   保 君   業務課長    川 瀬 哲 郎 君


      消防長    堀 内 俊 夫 君   消防本部次長  小 柳 喜久夫 君


      監査委員   野 島 廣一郎 君


―――――――――――――――――――――――――――――


会議事務に従事した事務局職員


      事務局長   北 神   均 君   事務局次長   渡 辺   健 君


      担任主査   小 柳 雅 彦 君   担任主査    五十嵐 玲 子 君


      主任     山 屋 和 徳 君   主任      熊 木 隆 浩 君


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


午前10時03分 開会及び開議


○議長(久住久俊君) ただいまから平成17年三条市議会第3回定例会を開会いたします。


 出席全員であります。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(久住久俊君) これより本日の会議を開きます。


 議事日程を報告いたします。


 本日の議事は、お手元に配付いたしました議事日程第1号によって行います。


 直ちに議事に入ります。


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


 ◎日程第1.  会議録署名議員の指名


○議長(久住久俊君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、


    3番  羽 賀 利 栄さん


   25番  下 村 喜 作さん


   46番  田 中   寿さん


 を指名いたします。


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


 ◎日程第2.  会期の決定


○議長(久住久俊君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 本定例会の会期は、本日から来る10月4日までの20日間としたいと思いますが、御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(久住久俊君) 御異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は本日から来る10月4日までの20日間と決定いたしました。


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


 ◎日程第3.  報  告


○議長(久住久俊君) 日程第3、報告。


 報告の最初は、議員辞職許可についてであります。去る8月11日、小林一雄さんから一身上の都合により三条市議会議員を辞職したい旨の願い出がありましたので、地方自治法第126条の規定により、同日議長において議員辞職を許可いたしましたので、報告いたします。


 次は、議会運営委員会委員辞任許可についてであります。去る8月15日、鈴木清さんから一身上の都合により議会運営委員を辞任したい旨の願い出がありましたので、委員会条例第14条の規定により、同日議長において辞任を許可いたしましたので、報告いたします。


 次は、監査報告についてであります。7月26日付三監第30号をもって一般会計及び特別会計5月分の例月出納検査の結果の報告が、7月26日付三監第31号及び第32号をもって各会計6月分の例月出納検査の結果の報告が、8月25日付三監第42号及び第43号をもって各会計7月分の例月出納検査の結果の報告がありました。よって、それぞれの写しをお手元に配付いたしました。


 次は、既にお手元に配付済みのとおり、議会の委任による専決処分の報告並びに第6期株式会社下田郷開発決算報告書等の提出がありましたので、報告いたします。


 最後は、議長会についてであります。去る8月26日、上越市において平成17年度新潟県市議会議長会秋季定期総会が開催されましたので、出席いたしました。会議の内容につきましては、記録の写しをお手元に配付いたしました。


 以上で報告を終わります。


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


 ◎日程第4.  議会運営委員会委員の選任について


○議長(久住久俊君) 日程第4、議会運営委員会委員の選任を行います。


 本件については、先ほど報告いたしましたとおり、議会運営委員でありました小林一雄さんの退職及び鈴木清さんの辞任に伴い、欠員となった委員2人を選任するものであります。


 お諮りいたします。


 議会運営委員会委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において佐藤和雄さん及び西川哲司さんを指名したいと思いますが、御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(久住久俊君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました佐藤和雄さん及び西川哲司さんを議会運営委員会委員に選任することに決定いたしました。


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


 ◎日程第5.  諮第1号 人権擁護委員候補者の推薦について


○議長(久住久俊君) 日程第5、諮第1号 人権擁護委員候補者の推薦についてを議題といたします。


 提案理由の説明をお願いいたします。市長。


  〔登壇〕


○市長(高橋一夫君) ただいま御上程をいただきました諮第1号 人権擁護委員候補者の推薦について、提案理由の説明を申し上げます。


 現人権擁護委員の金澤光幸さんは、平成17年12月31日に任期満了することとなりますので、その後任委員候補者として金澤光幸さんを推薦いたしたいので、議会の御同意を求めるものであります。


 よろしく御審議の上、御同意を賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(久住久俊君) これより質疑を行います。


 質疑の通告がありませんので、以上で質疑を終了いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(久住久俊君) お諮りいたします。


 直ちに採決したいと思いますが、御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(久住久俊君) 御異議なしと認めます。よって、直ちに採決いたします。


 諮第1号については、同意することに御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(久住久俊君) 御異議なしと認めます。よって、諮第1号は同意することに決定いたしました。


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


 ◎日程第6.  議第9号 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について


○議長(久住久俊君) 日程第6、議第9号 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてを議題といたします。


 提案理由の説明をお願いいたします。助役。


  〔登壇〕


○助役(佐藤和夫君) ただいま御上程をいただきました議第9号 新潟県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 変更の趣旨といたしましては、平成17年9月30日限りで新潟県市町村総合事務組合から塩沢町及び魚沼地域広域水道企業団が脱退するため、同組合を組織する地方公共団体の数を減少し、また水防法の改正に伴い、規約の一部変更を行うものでございます。


 施行期日は、平成17年10月1日から施行するものでございます。


 なお、本規約の変更につきましては、規約変更議決謄本の提出期限が9月15日となっておりますことから、先議案件として提案させていただくものでございます。


 何とぞ御審議の上、御議決を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。ありがとうございました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(久住久俊君) 午前10時25分まで休憩いたします。


午前10時12分 休憩


午前10時27分 再開


○議長(久住久俊君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 これより質疑を行います。


 質疑の通告がありませんので、以上で質疑を終了いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(久住久俊君) お諮りいたします。


 ただいま上程の議第9号につきましては、会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略したいと思いますが、御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(久住久俊君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま上程の議第9号につきましては、委員会付託を省略することに決定いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(久住久俊君) これより討論を行います。


 討論の通告がありませんので、以上で討論を終了いたしました。


―――――――――――――――――――――――――――


○議長(久住久俊君) これより採決を行います。


 議第9号については、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(久住久俊君) 御異議なしと認めます。よって、議第9号は原案のとおり決定いたしました。


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


 ◎日程第7.  議第1号から議第8号、議第10号から議第14号


         報第1号から報第3号


         認定第1号から認定第6号


        以上22件一括上程


○議長(久住久俊君) 日程第7、議第1号から議第8号、議第10号から議第14号、報第1号から報第3号及び認定第1号から認定第6号の以上22件一括議題といたします。


 提案理由の説明をお願いいたします。助役。


  〔登壇〕


○助役(佐藤和夫君) それでは、ただいま御上程をいただきました各議案につきまして、順次提案理由の御説明を申し上げます。


 まず最初に、議第1号 三条市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定について御説明を申し上げます。


 制定の趣旨といたしましては、地方公務員法第58条の2の規定に基づき、人事行政の運営等の状況の公表に関しまして必要な事項を条例で定めるものでございます。


 内容の主なものといたしましては、市長は任命権者から前年度における職員の任免及び職員数に関する状況や職員の給与の状況等人事行政の運営状況を、また公平委員会から勤務条件に関する措置の要求の状況などの報告を受け、毎年10月31日までにそれらを公表しなければならないこととするものでございます。


 なお、今年度に限りましては、11月30日までに公表することとする経過措置を設けさせていただくものでございます。


 施行期日は、公布の日から施行し、平成16年度分の報告及び公表から適用するものでございます。


 次に、議第2号 三条市立保育所条例の一部改正について御説明を申し上げます。


 改正の趣旨及び内容といたしましては、平成18年4月から三竹保育所を民営化することに伴い、同保育所を平成18年3月31日限りで廃止するため、必要な改正を行うものでございます。


 なお、移管先につきましては、社会福祉法人報徳福祉会を予定いたしておるところでございます。


 施行期日は、平成18年4月1日から施行するものでございます。


 次に、議第3号 三条市営住宅条例の一部改正について御説明を申し上げます。


 改正の趣旨といたしましては、現在建てかえ建設中の月岡及び曲渕地内の公営住宅につきまして年度内の完成が見込まれることから、必要な改正を行うものでございます。


 内容といたしましては、住宅の名称、戸数、位置について改正を行うものでございます。


 また、今回の建てかえ事業に伴い駐車場が設置されますことから、当該駐車場の使用料の額を定めるものでございます。


 施行期日は、それぞれ完成時期を踏まえ、月岡百刈住宅につきましては平成17年12月1日から、曲渕住宅につきましては平成18年4月1日から施行するものでございます。


 次に、議第4号 三条市火災予防条例の一部改正について御説明を申し上げます。


 改正の趣旨といたしましては、消防法の改正により住宅用防災機器の設置等の義務づけを行うこととなったことから、必要な改正を行うものでございます。


 内容の主なものといたしましては、一般住宅の就寝の用に供する居室などに住宅用防災機器の設置義務を定めるものでございます。


 施行期日は、公布の日等から施行するものでございます。


 次に、議第5号 下水道事業に係る汚泥処理施設等の建設及び維持管理に関する事務の変更について御説明を申し上げます。


 変更の趣旨といたしましては、下水道汚泥処理施設を新潟県と長岡市、三条市、加茂市及び和島村とで共同して設置する汚泥処理施設等の建設及び維持管理に関する事務につきまして、平成18年1月1日に和島村が長岡市と合併することに伴い、規約を変更するものでございます。


 施行期日は、平成18年1月1日から施行するものでございます。


 次に、議第6号 県央広域市町村圏協議会を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について御説明を申し上げます。


 変更の趣旨といたしましては、県央広域市町村圏協議会を組織する地方公共団体の寺泊町が平成18年1月1日に長岡市と合併することに伴い、平成17年12月31日限りで同協議会から脱退するため、同協議会を組織する地方公共団体の数を減少し、これに伴って規約の一部変更を行うものでございます。


 施行期日は、平成18年1月1日から施行するものでございます。


 次に、議第7号 新潟県中越福祉事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について御説明を申し上げます。


 変更の趣旨といたしましては、新潟県中越福祉事務組合を組織する地方公共団体の栃尾市が平成18年1月1日に長岡市と合併することに伴い、平成17年12月31日限りで同組合から脱退するため、同組合を組織する地方公共団体の数を減少し、これに伴って規約の一部変更を行うものでございます。


 施行期日は、平成18年1月1日から施行するものでございます。


 次に、議第8号 三条・燕・西蒲・南蒲広域養護老人ホーム施設組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について御説明を申し上げます。


 変更の趣旨といたしましては、三条・燕・西蒲・南蒲広域養護老人ホーム施設組合を組織する地方公共団体の巻町が平成17年10月10日に新潟市と合併することに伴い、平成17年10月9日限りで同組合から脱退するため、同組合を組織する地方公共団体の数を減少し、これに伴って規約の一部変更を行うものでございます。


 施行期日は、平成17年10月10日から施行するものでございます。


 次に、議第10号 県央土地開発公社定款の一部変更について御説明を申し上げます。


 変更の趣旨といたしましては、県央土地開発公社設立団体の寺泊町が平成18年1月1日に長岡市と合併することに伴い、平成17年12月31日限りで同公社から脱退するため、定款の一部変更を行うものでございます。


 施行期日は、平成18年1月1日から施行するものでございます。


 次に、議第11号 三条市公共下水道事業嵐南汚水幹線工事請負契約の締結について御説明を申し上げます。


 工事名は、三条市公共下水道事業嵐南汚水幹線工事。工事内容は、工事延長564.5メートル、推進工、内径800ミリメートルでございます。契約金額につきましては2億1,199万5,000円。契約者は竹中土木・小柳建設・外山組特定共同企業体、代表者は新潟市花園一丁目6番11号、株式会社竹中土木新潟営業所所長、青木達一でございます。


 なお、この工事は、平成17年7月29日に14の特定共同企業体による制限付一般競争入札を執行、同日仮契約を締結させていただいたものでございます。


 また、工事期間は420日で、平成17年度から平成18年度までの2カ年継続事業となり、工事期限につきましては平成18年11月27日を予定しておるものでございます。


 さらに、仮契約におきましては、議会の同意を得たときには本契約とみなす条項を定めさせていただいておりますので、御審議のほどよろしくお願い申し上げます。


 次に、議第12号 動産の取得について御説明を申し上げます。


 取得する動産名は、災害支援車1台。動産の規格は、災害支援車及び支援資機材一式でございます。取得金額につきましては3,768万4,500円。契約者は、新潟市材木町3番21号、新潟モリタ株式会社代表取締役、高橋憲男でございます。


 なお、この動産の取得につきましては、平成17年8月23日に入札指名業者7者による入札を執行、同日仮契約を締結させていただいたものでございます。


 また、納入期限につきましては平成18年3月2日を予定しており、仮契約におきましては議会の同意を得たときには本契約とみなす条項を定めさせていただいておりますので、御審議のほどよろしくお願い申し上げます。


 次に、議第13号 平成17年度三条市一般会計補正予算について御説明を申し上げます。


 第1条におきまして、歳入歳出予算の総額にそれぞれ1億6,492万5,000円を追加し、補正後の予算の総額を432億4,723万1,000円とさせていただくものでございます。


 第1表の歳入歳出予算補正につきましては、事項別明細書で御説明申し上げますので、3ページをお願いを申し上げます。


 第2表、債務負担行為補正でございます。1、変更でございますが、これは五十嵐川災害復旧助成事業に伴う移転代替地取得造成資金として4億円を追加し、補正後の限度額を9億円とさせていただくものでございます。


 増額の内容は、石上三丁目地内に開発面積1万1,791平方メートル、37区画の代替地を造成するものでございまして、これにより市で用意する代替地は合計104区画となるところでございます。


 次のページ、第3表、地方債補正でございます。1、変更、小学校大規模改造事業費、補正後限度額1億1,730万円。1,530万円の増は、須頃小学校のアスベスト含有吹きつけ材除去工事に充てるものでございます。小中学校におけるアスベスト含有吹きつけ材につきましては、7カ校においてその使用が確認され、緊急に除去工事を実施させていただくものでございまして、このうち大規模改造事業に該当する須頃小学校分について地方債をお願いいたすものでございます。


 15ページをお願い申し上げます。歳入歳出予算補正につきまして、歳出から御説明を申し上げます。


 2款総務費、1項10目情報政策費、補正額50万円は、県内の複数市町村が共同で行う電子申請システム構築に係る基本計画の策定事業負担金でございまして、事業費1,060万円でシステムの設計、開発、運用などの仕様をまとめる作業を委託するものでございます。


 3款民生費、1項1目社会福祉総務費、補正額147万1,000円は、寄附金4件を社会福祉基金に積み立てるものでございます。


 5目老人福祉費、補正額955万2,000円でございます。生きがい対応型デイサービス事業費につきましては寄附金1件、10万円をいただき、健康保持のための運動器具等を購入するものでございます。高齢者福祉事業費1,037万8,000円のうち、介護サービス費等利用者負担額助成費につきましては、6月28日の大雨による緊急施設入所等に係る利用者負担額の助成費でございます。また、社会福祉法人利用者負担軽減事業助成費につきましては、介護保険法の改正により10月から実施される施設給付の見直しに伴う低所得者対策として、対象者要件の拡充と軽減割合の見直しに基づくものでございます。次の介護保険事業特別会計繰出金92万6,000円の減につきましても、介護保険法の改正による施設給付の見直しと制度改正に対応した電算システム改修等に伴うものでございます。


 2項4目認可保育所費、補正額1,400万円は、三竹保育所の屋上防水、外壁塗装等の修繕工事でございます。


 4款衛生費、1項2目予防費、補正額95万6,000円は、予防接種による健康被害に対する医療費と医療手当を給付する予防接種事故救済給付負担金でございます。


 4目老人保健費、補正額10万円は寄附金1件をいただき、地域保健活動に使用する庁用器具を購入するものでございます。


 17ページをお願い申し上げます。6款農林水産業費、1項3目農業振興費、補正額2,499万3,000円でございます。農業担い手確保育成事業費66万8,000円は、新規就農者支援としてにいがた南蒲農業協同組合が事業主体となり、リースで資本装備を行うもので、対象者は1名でございます。中山間地域等活性化対策事業費10万円は、やまのふるさと創業支援事業として下田地区新屋集落の将来の自律的な発展を目指すための計画づくりと、イベント活動への助成を行うものでございます。一般経費2,422万5,000円は、農林水産業総合振興事業補助金でございまして、これは新潟米の高品質化整備としてにいがた南蒲農業協同組合のカントリーエレベーターのサイロ冷却装置の設置に対する助成でございまして、それぞれ県の補助事業として追加認定されたことに伴うものでございます。


 4目園芸振興対策費、補正額192万4,000円は、農林水産業総合振興事業補助金でございまして、同じく県の補助事業の追加認定を受け、施設園芸産地育成のため、にいがた南蒲農業協同組合が野菜パイプハウス3棟のリースを行うもので、対象者は2名でございます。


 6目農地費、補正額767万円は、8月10日及び8月15日の大雨による農地、農業用施設の災害復旧に係る農林土木事業補助金でございます。


 9款消防費、1項2目非常備消防費、補正額1,131万1,000円は、6月28日及び8月10日の大雨に伴う消防団員の出動手当でございます。


 5目災害対策費、補正額243万8,000円は、寄附金10件、50万3,000円をいただき、災害対策支部、10支部に配置する救急医薬品と、同じく寄附金1件、193万5,000円をいただき、災害用の備蓄毛布を購入するものでございます。


 10款教育費、2項小学校費、1目学校管理費、補正額3,500万円は、井栗、西鱈田、月岡及び須頃の各小学校のアスベスト含有吹きつけ材の除去工事請負費でございます。


 2目教育振興費、補正額10万円は寄附金1件で、教材備品を購入するものでございます。


 19ページをお願いいたします。3項中学校費、1目学校管理費、補正額1,200万円は、第一、第三及び大崎の各中学校のアスベスト含有吹きつけ材の除去工事請負費でございます。


 2目教育振興費、補正額30万円は寄附金1件で、教材備品を購入するものでございます。


 6項5目体育施設費、補正額22万円は、寄附金1件をいただき、総合体育館で使用する健康管理用の備品を購入するものでございます。


 11款災害復旧費、1項1目農地災害復旧費、補正額500万円、2目農業用施設災害復旧費、補正額2,873万円、3目林業施設災害復旧費、補正額866万円は、それぞれ昨年の7・13梅雨前線豪雨、ことしの8月10日及び15日の大雨に係る災害復旧工事でございます。


 次に、歳入について御説明申し上げますので、11ページをお願い申し上げます。10款地方交付税、補正額1億1,284万9,000円は、普通交付税でございます。15款県支出金、1項県負担金、補正額71万6,000円、2項県補助金、補正額3,146万4,000円、17款寄附金、補正額459万6,000円は、それぞれ歳出の説明内容に基づくものでございます。


 13ページをお願いいたします。20款市債、補正額1,530万円は、地方債補正で御説明申し上げました内容でございます。


 次に、議第14号 平成17年度三条市介護保険事業特別会計補正予算について御説明を申し上げます。


 第1条におきまして、歳入歳出予算の総額からそれぞれ1億6,194万円を減額し、補正後の予算の総額を71億6,406万円とさせていただくものでございます。これは、介護保険法の改正に伴い、10月から実施される施設給付の見直しと、制度改正に対応した電算システム改修費でございます。


 第1表の歳入歳出予算補正につきましては、事項別明細書で御説明申し上げますので、3ページをお願い申し上げます。


 第2表、地方債補正、1、変更は、介護保険財政安定化事業費でございまして、補正後限度額1億5,118万2,000円、3,346万8,000円の減でございます。これは、制度改正による施設給付の見直しに伴い、予定をしておりました県の介護保険財政安定化基金からの借り入れを減額するものでございます。


 13ページをお願い申し上げます。歳入歳出予算補正について、歳出から御説明を申し上げます。


 1款総務費、1項1目一般管理費、補正額2,398万5,000円は、制度改正に伴う電算システム改修経費等でございます。


 2款保険給付費、1項1目居宅介護サービス給付費、補正額5,354万1,000円の減、3目施設介護サービス給付費、補正額2億2,854万円の減は、介護保険法の改正に伴い、10月から施設等について居住費及び食費を保険給付の対象外とするとともに、関連する介護報酬の見直しに伴うものでございます。


 4項1目高額介護サービス費、補正額2,232万6,000円は、制度改正により低所得者層に配慮した高額介護サービス費の設定区分の見直し等による増でございます。


 15ページをお願い申し上げます。5項特定入所者介護サービス等費、補正額7,383万円は、施設給付の見直しにより居住費及び食費が保険給付の対象外とされたことから、低所得者の負担軽減を図るため新たな保険給付サービスとして創設されたもので、所得に応じて設定される負担限度額を超えた費用について保険給付を行うものでございます。


 次に、歳入について御説明を申し上げますので、9ページをお願い申し上げます。3款国庫支出金、1項国庫負担金、補正額3,718万5,000円の減、2項国庫補助金、補正額762万5,000円の減、4款支払基金交付金、1項支払基金交付金、補正額5,949万6,000円の減、5款県支出金、1項県負担金、補正額2,324万円の減。11ページをお願いいたします。7款繰入金、1項一般会計繰入金、補正額92万6,000円の減は、それぞれ歳出の説明内容に基づくものでございます。9款市債、補正額3,346万8,000円の減は、地方債補正で御説明申し上げました内容でございます。


 次に、報第1号 専決処分報告について御説明を申し上げます。平成17年9月1日から中条町及び黒川村が新潟県市町村総合事務組合を脱退し、胎内市が加入することに伴い、同組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の一部変更について、地方自治法第179条第1項の規定により、平成17年8月23日をもって専決処分をいたしたものでございます。


 次に、報第2号 専決処分報告について御説明を申し上げます。衆議院の解散に伴い、去る9月11日に行われました衆議院議員総選挙の執行に要する経費について、専決処分をさせていただいたものでございます。


 次のページをお願いいたします。第1条におきまして、歳入歳出予算の総額に4,630万6,000円を追加し、総額を430億8,230万6,000円とするものでございます。専決処分の日は、平成17年8月8日でございます。


 次に、報第3号 専決処分報告について御説明を申し上げます。平成17年度三条市水道事業会計補正予算の専決処分でございます。この内容につきましては、上水道臨時特例措置による公営企業借換債の執行が急がれたため、去る8月1日に専決処分をさせていただいたものでございます。


 次のページ、専決処分書でございます。第2条におきまして、資本的収入支出予算にそれぞれ1,130万円を追加し、資本的収入を総額2億7,756万7,000円、資本的支出を総額9億4,319万9,000円とさせていただいたものでございます。


 第3条、企業債の補正につきましては、上水道高金利対策借りかえに係る1件、限度額1,130万円を追加させていただいたものでございます。


 次に、認定第1号、認定第2号、認定第3号、平成16年度水道事業会計決算につきまして、決算書により一括御説明を申し上げます。説明に当たりましては、合併前の市町村ごとに調製した決算書により順次御説明申し上げますので、よろしくお願いを申し上げます。


 それでは、認定第1号、旧三条市の決算書の1ページをごらんいただきたいと存じます。


 まず、収益的収入及び支出でございます。収入でございますが、第1款水道事業収益の決算額は17億5,063万8,198円、予算額に比べまして413万9,198円の増で、執行率は100.2%でございます。


 次に、支出でございます。第1款水道事業費用の決算額は17億1,006万1,766円、不用額は1,587万7,234円で、執行率は99.1%でございます。


 次のページをお願い申し上げます。資本的収入及び支出でございます。まず、収入でございますが、第1款資本的収入の決算額は5,859万5,759円、予算額に比べまして817万3,241円の減で、執行率は87.8%でございます。


 次に、支出でございます。第1款資本的支出の決算額は4億347万4,507円、不用額は2,512万7,493円で、執行率は94.1%でございます。資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額3億4,487万8,748円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額1,377万2,491円、当年度分損益勘定留保資金2億5,463万6,378円及び建設改良積立金7,646万9,879円で補てんをさせていただいたものでございます。


 なお、次のページ以降につきましては、財務諸表、事業報告書並びに附属書類といたしまして収益的収入及び支出明細書、資本的収入及び支出明細書、固定資産明細書及び企業債明細書をつけてございますので、御参照を賜りたいと存じます。


 次に、認定第2号、旧栄町の決算書の1ページをごらんいただきたいと存じます。


 まず、収益的収入及び支出でございます。収入でございますが、第1款水道事業収益の決算額は2億7,186万5,189円、予算額に比べまして280万2,189円の増で、執行率は101.0%でございます。


 次に、支出でございますが、第1款水道事業費用の決算額は1億8,921万2,760円、不用額は2,393万7,240円で、執行率は88.8%でございます。


 次のページをお願い申し上げます。資本的収入及び支出でございます。まず、収入でございますが、第1款資本的収入の決算額は8,054万6,250円、予算額に比べまして1,370万1,750円の減で、執行率は85.5%でございます。


 次に、支出でございます。第1款資本的支出の決算額は1億4,978万4,163円、不用額は640万2,837円で、執行率は95.9%でございます。資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額6,923万7,913円は、当年度分損益勘定留保資金4,713万1,658円、建設改良積立金1,524万5,311円及び当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額686万944円で補てんをさせていただいたものでございます。


 なお、次のページ以降につきましては、財務諸表、事業報告書並びに附属書類といたしまして収益費用明細書、資本的収支明細書、固定資産明細書及び企業債明細書をつけてございますので、御参照を賜りたいと存じます。


 次に、認定第3号、旧下田村の決算書の1ページ、2ページをごらんいただきたいと存じます。


 まず、収益的収入及び支出でございます。収入でございますが、第1款水道事業収益の決算額は2億9,295万7,587円、予算額に比べまして440万5,587円の増で、執行率は101.5%でございます。


 次に、支出でございます。第1款水道事業費用の決算額は3億4,976万2,744円、不用額は1,670万7,256円で、執行率は95.4%でございます。


 次のページをお願い申し上げます。資本的収入及び支出でございます。まず、収入でございますが、第1款資本的収入の決算額は1億7,492万6,607円、予算額に比べまして93万3,393円の減で、執行率は99.5%でございます。


 次に、支出でございます。第1款資本的支出の決算額は2億4,157万18円、不用額は624万1,982円で、執行率は97.5%でございます。資本的収入が資本的支出額に対し不足する額6,664万3,411円は、過年度分損益勘定留保資金417万7,990円、当年度分損益勘定留保資金1,166万7,912円、建設改良積立金4,000万円及び当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額1,079万7,509円で補てんをさせていただいたものでございます。


 なお、次のページ以降につきましては、財務諸表、事業報告書並びに附属書類といたしまして収益費用明細書、資本的収支明細書、固定資産明細書及び企業債明細書をつけてございますので、御参照を賜りたいと思います。


 次に、認定第4号、第5号、第6号、平成17年度水道事業会計決算について、決算書により一括御説明を申し上げます。説明に当たりましては、合併前の市町村ごとに調製した決算書により順次御説明を申し上げます。


 それでは、認定第4号、旧三条市の決算書の1ページをごらんいただきたいと存じます。


 まず、収益的収入及び支出でございます。収入でございますが、第1款水道事業収益の決算額は1億1,541万7,718円、予算額に比べまして521万1,718円の増で、執行率は104.7%でございます。


 次に、支出でございます。第1款水道事業費用の決算額は1億2,626万7,226円、不用額は946万774円で、執行率は93.0%でございます。


 次のページをお願いいたします。資本的収入及び支出でございます。まず、収入でございますが、第1款資本的収入の決算額はありませんので、予算額に比べまして1,000円の減、執行率はゼロ%でございます。


 次に、支出でございます。第1款資本的支出の決算額は9万4,466円、超過額は4万1,466円で、執行率は178.2%でございます。資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額9万4,466円は、当年度分損益勘定留保資金で補てんをさせていただいたものでございます。


 なお、次のページ以降につきましては、財務諸表、事業報告書並びに附属書類といたしまして収益的収入及び支出明細書、資本的収入及び支出明細書、固定資産明細書及び企業債明細書をつけてございますので、御参照を賜りたいと存じます。


 次に、認定第5号、旧栄町の決算書の1ページをごらんいただきたいと存じます。


 まず、収益的収入及び支出でございます。収入でございますが、第1款水道事業収益の決算額は3,945万8,990円、予算額に比べまして539万7,010円の減で、執行率は88.0%でございます。


 次に、支出でございます。第1款水道事業費用の決算額は1,864万2,258円、不用額は995万2,742円で、執行率は65.2%でございます。


 次のページをお願い申し上げます。資本的収入及び支出でございます。まず、収入でございますが、第1款資本的収入の決算額は70万8,750円、予算額に比べまして47万9,750円の増で、執行率は309.5%でございます。


 次に、支出でございますが、予算額、決算額ともありませんでした。


 なお、次のページ以降につきましては、財務諸表、事業報告書並びに附属書類といたしまして収益費用明細書、資本的収支明細書、固定資産明細書及び企業債明細書をつけてございますので、御参照を賜りたいと思います。


 次に、認定第6号、旧下田村の決算書の1ページ、2ページをごらんいただきたいと存じます。


 まず、収益的収入及び支出でございます。収入でございますが、第1款水道事業収益の決算額は3,638万589円、予算額に比べまして1,286万5,589円の増で、執行率は154.7%でございます。


 次に、支出でございます。第1款水道事業費用の決算額は2,156万7,251円、不用額は698万3,749円で、執行率は75.5%でございます。


 次のページをお願い申し上げます。資本的収入及び支出でございます。まず、収入でございますが、予算額、決算額ともありませんでした。


 次に、支出でございます。第1款資本的支出の決算額は1,900円、不用額は13万8,100円で、執行率は1.4%でございます。資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額1,900円は、過年度分損益勘定留保資金で補てんをさせていただいたものでございます。


 なお、次のページ以降につきましては、財務諸表、事業報告書並びに附属書類といたしまして収益費用明細書、資本的収支明細書、固定資産明細書及び企業債明細書をつけてございますので、御参照を賜りたいと存じます。


 また、合併に伴う事業統合により平成17年4月30日で打ち切り決算とし、同日で各会計を閉鎖するとともに、すべての債権、債務につきましては新三条市の水道事業に引き継ぐものでございます。


 以上、大変雑駁な説明で恐縮でございますが、何とぞ御審議の上、それぞれ御議決、御認定を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。ありがとうございました。


―――――――――*=*=*=*=*=*―――――――――


○議長(久住久俊君) 以上で本日の日程は終了いたしました。


 次の会議は明16日午前10時に開くこととし、本日はこれをもちまして散会いたします。


午前11時10分 散会