議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 長岡市

平成27年 9月産業市民委員会−09月30日-01号




平成27年 9月産業市民委員会

平成27年9月30日(水)午後2時2分開議
   ────────※────────
〇出席委員(8人)
  高 見 美 加 君   永 井 亮 一 君
  池 田 和 幸 君   服 部 耕 一 君
  藤 井 達 徳 君   松 井 一 男 君
  五 井 文 雄 君   小坂井 和 夫 君
   ─────────────────
〇委員外議員で出席した者
  田 中 茂 樹 君   五十嵐 良 一 君
  池 田 明 弘 君   深 見 太 朗 君
  大 竹 雅 春 君   広 井   晃 君
  中 村 耕 一 君   加 藤 尚 登 君
  細 井 良 雄 君   丸 山 広 司 君
  山 田 省 吾 君   杵 渕 俊 久 君
  諸 橋 虎 雄 君   古川原 直 人 君
  丸 山 勝 総 君   桑 原   望 君
  水 科 三 郎 君   長谷川 一 作 君
  笠 井 則 雄 君   酒 井 正 春 君
  高 野 正 義 君   関   貴 志 君
  加 藤 一 康 君   小 熊 正 志 君
  関(正)議長
   ────────※────────
〇説明のため出席した者
  磯田副市長       高見副市長
  高橋地域政策監     金子政策監兼
                新エネルギー政策監
  広瀬市民部長      川上スポーツ
                振興課長
   ────────※────────
〇職務のため出席した事務局職員
  吉田事務局長      松永課長
  諸橋課長補佐      宮島議事係長
   ────────※────────
○高見美加 委員長  これより会議を開きます。
   ────────※────────
○高見美加 委員長  なお、報道関係者から写真撮影の申し出がありましたため、委員会傍聴規則に基づいて委員長においてこれを許可いたしましたので、御了承願います。
   ────────※────────
1 議案第98号 平成27年度長岡市一般会計補正予算
 (1) 第1条 歳入歳出予算の補正中当委員会付託分
 (2) 第2条 繰越明許費
○高見美加 委員長  議案第98号を議題といたします。
〇広瀬市民部長 〔予算書・説明書にて説明〕
○高見美加 委員長  まず、質疑はありませんか。
◆服部耕一 委員  済みません、1点だけちょっと確認したいんですが、若者が集うレクリエーション施設につきまして、現時点で対象年齢、年齢層とか、あとどのような場所に設置するとか、そういうふうなもし具体的な構想がございましたらお聞かせいただければありがたいと思います。
◎川上 スポーツ振興課長  この施設の具体の対象年齢ということでございますが、項目にもございますように若者を中心としたということで、何歳代というふうに細かく区切るものでの考えはございません。若者をはじめ、多くの皆さん方が集い、そしてにぎわう、楽しんでいただけるレクリエーション施設ということで考えているところでございます。
 また、具体の場所ですけれども、現段階では種目を含めて具体の場所とかということをあらかじめ決めるものではございませんで、これから若者たちの声、ニーズ等をお聞きしながら、そしてまた長岡市内の既存施設がいろいろあるわけでございます。また、長岡市にはいろいろ四季の自然、特色がございますので、そういうものを踏まえながら、そういったものを調査研究する中で場所等も考えていきたいと、こういうものでございます。
◎磯田 副市長  この件に関しては、総合戦略の中でいろいろな議論がある中で、やはり若者や、あるいはいろいろスポーツに親しむ高齢者を含めた多世代の皆さんが喜ぶような施設、そしてそこに外部から人が呼べるようなものもやはり、それは観光という観点ではないんですが、交流人口をふやすという観点からも意味のあることではないかという議論がありまして、例えば冬のスポーツでいうとモーグル、星野純子さんが山古志の古志高原スキー場でたしか昔練習して、それなりにああいうふうにメジャーになって活躍されていると。あるいは、寺泊の港にあれだけ広大な海浜といいますかが生まれ、そしてまた大河津分水の残土がそこにまた運び込まれるというふうなこれからの動きもある中で、あの砂浜を利用したいろいろなスポーツもあるのかなと。あるいは、東山、従来からいろいろな議論もありましたが、パークゴルフやグラウンドゴルフ、あるいはスケートボードとか、そういった多世代が利用できるようなスポーツ・レクリエーション施設も実現できるのではないかといった、そういう問題意識を持ちまして、特に冬等のスポーツも含めると、できれば今冬からきちんと調査をして、もう地方創生という流れの中では28年度予算である程度出れば一番いいし、余りおくれた話になると、総合戦略も5年間で一応の期間がありますので、その中に間に合いませんので、こういった形で調査関係経費を出させてもらったということでございます。
◆小坂井和夫 委員  これ私どもここに書いてある文字面で判断するというか、理解するわけでありまして、若者が集うという当初の説明がございましたんで、それはそれで言葉どおり受け入れるわけでございますが、今副市長のおっしゃった説明からすると、ちょっと若者が集うという、そのための調査経費とは、少し違ってくるのかなという思いを受けたんですが、その辺はどういうふうに理解、とればいいんですかね。
◎磯田 副市長  そこで、ここで若者「等」というふうに入れさせてもらって、総合戦略がやはり若者の志、意欲、思い、そういったものが実現するまちを目指すんだという、若者をいわばキーワードにしながらだんだん膨らんできているわけでして、そういう中でもちろん若者だけじゃなくて、それを支える市民全体が元気で、それでリジュベネーションというふうな英語で、若返る、まち全体が若返るそういう計画だというふうな形でまとめさせて、また後ほど説明させてもらいますが、そのような形になりました。そういう意味では、この「等」というのでごまかしているわけじゃありませんが、若者を中心にしながら、多世代、それこそ元気な高齢者は一種の若者であるというふうなことも言えるわけでありますんで、多世代の方のためのスポーツ・レクリエーションというふうな観点でございます。
◆小坂井和夫 委員  今の副市長の説明でよく理解できるわけでありますが、さっき説明で例えば東山のパークゴルフとか、いろんなお話もございました。キーワードというか、戸間口は若者でと、そこを出発点に、切り口にしながらというのはそれで理解できるわけでございますが、そういった東山あるいは寺泊ということも私は大事かなというふうな思いはしております。そういう意味で、今副市長が説明なさったようなその辺の思いもあるというやつは、やっぱり誤解を受けないようにきちんと説明をしていく必要があるんではないかというふうに思っていますんで、お願いします。
◆松井一男 委員  目が体育施設費、目細が屋外施設整備事業費というくくりは役所の都合上理解するんですが、今市民部長、スポーツ振興課長、また副市長の説明を伺っていると、特段屋外と銘打つ理由がどこにあるのかなと。インドアでありましたり、アウトドアに区別をする必要がなくて、多世代がいわゆる長岡の豊かな自然を生かしてレクリエーション、スポーツにこだわらない、レクリエーションという形で若返りを目途にそういった活動をする可能性を調査しようという趣旨から考えると、建物にくっついたものだっていいわけですし、屋根のあるところでやることだっていいのかなと考えながら、一応予算書ですので、このような目細が上がっているという理解でよろしいんでしょうか。
◎磯田 副市長  そのようなことでよろしいかと思います。内部的にこれは雑談ですが、私はボルダリングとかそういうのがいいんじゃないかなみたいなことを言ったんですけど、余り乗ってくれる方がいなくて、ここでは申し上げることはもちろんできないわけですが、これで全てが網羅されるということは全然ありませんので、今後もまた28年度当初予算の中でも、場合によったらこの関連の予算について個別に追加でまた出させてもらうというケースもあり得るというふうに思っております。
◆藤井達徳 委員  それでは、お願いいたします。
 この調査、1年ぐらいかけてやっていかれるという方向のようですが、この調査のやり方、どのような形でやっていかれるのか、アンケート方式ということなんだろうと思うんですが、またどのくらいの数を想定しているのか、この辺について、もし現段階でおわかりでしたら教えていただきたいと思います。
◎川上 スポーツ振興課長  調査の進め方でございますけれども、それこそ市内にはいろいろな若者団体等もございます。そういった方々の声をぜひともいろいろお聞きする機会を持ちながら進めていきたいというふうに考えております。そういった若者を集めた会合ですとか、それらをまた踏まえながら、そして既存のこれまでの関係団体等、スポーツ協会の関係団体等もございます。そういったところの意見、それから私どもの既存使用施設の現状、現況、こういったものを総合的に踏まえながら検証、検討を進めていきたい、このように考えております。
◆藤井達徳 委員  それから、この調査の委託先はおわかりでしょうか。
◎川上 スポーツ振興課長  まだ決定はもちろん当然していないわけでございますけれども、なかなかこういったレクリエーション施設整備の計画づくりといいますか、そういったのを専門に手がけているという事業者については長岡市内にあまりないわけでございまして、それらのことが可能なところがあるのか、それを含めてこれからしっかりと研究していきたいというふうに考えています。
○高見美加 委員長  それでは、意見はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○高見美加 委員長  議案第98号は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○高見美加 委員長  御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり決しました。
・議決事由 原案のとおり可決
   ────────※────────
○高見美加 委員長  これにて散会いたします。
  午後2時15分散会
   ────────※────────