議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 長岡市

平成27年 3月定例会本会議−03月27日-05号




平成27年 3月定例会本会議

 平成27年3月27日
         ────────────────────────
    議 事 日 程  第5号
     平成27年3月27日(金曜日)午後1時開議
第1 会議録署名議員の指名について
第2 各常任委員長の審査報告
第3 議案第24号から第29号まで、第31号から第40号まで及び第42号から第46号まで
第4 議案第30号 長岡市議会の議員の議員報酬、費用弁償等に関する条例の一部改正について
第5 議案第41号及び第6号
第6 議案第2号 平成27年度長岡市一般会計予算
第7 議案第3号 平成27年度長岡市国民健康保険事業特別会計予算
第8 議案第4号、第5号及び第7号から第12号まで
第9 議案第16号から第23号まで
第10 議案第47号から第53号まで
第11 発議第1号及び第2号
第12 まちづくり・新エネルギー対策特別委員会の中間報告
第13 議案第54号、報告第1号及び第2号
第14 諮問第1号 人権擁護委員の推薦について
         ────────────────────────
〇本日の会議に付した事件                           ページ
日程第1 会議録署名議員の指名について……………………………………………………106
日程第2 各常任委員長の審査報告……………………………………………………………107
日程第3……………………………………………………………………………………………108
 議案第24号 長岡市教育委員会教育長の勤務時間その他の勤務条件等に関する条例の制定について
 議案第25号 長岡市地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律附則第14条第1項に規定する経過措置に関する条例の制定について
 議案第26号 長岡市情報公開条例及び長岡市個人情報保護条例の一部改正について
 議案第27号 長岡市行政手続条例の一部改正について
 議案第28号 長岡市職員定数条例の一部改正について
 議案第29号 長岡市公益的法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正について
 議案第31号 長岡市特別職の職員の給与に関する条例等の一部改正等について
 議案第32号 長岡市職員の給与に関する条例等の一部改正について
 議案第33号 長岡市職員の退職手当に関する条例の一部改正について
 議案第34号 長岡市手数料条例の一部改正について
 議案第35号 長岡市立幼稚園条例の一部改正について
 議案第36号 長岡市公民館条例の一部改正について
 議案第37号 長岡市地域会館条例の一部改正について
 議案第38号 長岡市福祉サービス事業費用徴収条例の一部改正について
 議案第39号 長岡市保育園条例の一部改正について
 議案第40号 長岡市立へき地保育園条例の一部改正について
 議案第42号 長岡市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営の基準等に関する条例の一部改正について
 議案第43号 長岡市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法の基準等に関する条例の一部改正について
 議案第44号 長岡市指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法の基準等に関する条例の一部改正について
 議案第45号 長岡市農業集落排水施設条例の一部改正について
 議案第46号 長岡市道路占用料徴収条例の一部改正について
日程第4 議案第30号 長岡市議会の議員の議員報酬、費用弁償等に関する条例の一部改正について
      ………………………………………………………………………………………109
日程第5……………………………………………………………………………………………110
 議案第41号 長岡市介護保険条例の一部改正について
 議案第 6 号 平成27年度長岡市介護保険事業特別会計予算
日程第6 議案第2号 平成27年度長岡市一般会計予算…………………………………110
日程第7 議案第3号 平成27年度長岡市国民健康保険事業特別会計予算……………114
日程第8……………………………………………………………………………………………115
 議案第 4 号 平成27年度長岡市国民健康保険寺泊診療所事業特別会計予算
 議案第 5 号 平成27年度長岡市後期高齢者医療事業特別会計予算
 議案第 7 号 平成27年度長岡市診療所事業特別会計予算
 議案第 8 号 平成27年度長岡市と畜場事業特別会計予算
 議案第 9 号 平成27年度長岡市浄化槽整備事業特別会計予算
 議案第10号 平成27年度長岡市簡易水道事業特別会計予算
 議案第11号 平成27年度長岡市下水道事業会計予算
 議案第12号 平成27年度長岡市水道事業会計予算
日程第9……………………………………………………………………………………………115
 議案第16号 平成26年度長岡市一般会計補正予算
 議案第17号 平成26年度長岡市国民健康保険事業特別会計補正予算
 議案第18号 平成26年度長岡市国民健康保険寺泊診療所事業特別会計補正予算
 議案第19号 平成26年度長岡市介護保険事業特別会計補正予算
 議案第20号 平成26年度長岡市簡易水道事業特別会計補正予算
 議案第21号 平成26年度長岡市ガス事業清算特別会計補正予算
 議案第22号 平成26年度長岡市下水道事業会計補正予算
 議案第23号 平成26年度長岡市水道事業会計補正予算
日程第10…………………………………………………………………………………………116
 議案第47号 市の境界変更について
 議案第48号 市道路線の認定、変更及び廃止について
 議案第49号 契約の締結について(市道拡幅工事等委託)
 議案第50号 財産の取得について(新・社会福祉センター(仮称))
 議案第51号 資本剰余金の処分について(下水道事業会計)
 議案第52号 長岡市過疎地域自立促進計画の一部変更について
 議案第53号 見附市との間における定住自立圏形成に関する協定の一部変更について
日程第11…………………………………………………………………………………………117
 発議第1号 長岡市議会会議規則の一部改正について
 発議第2号 長岡市議会委員会条例の一部改正について
日程第12 まちづくり・新エネルギー対策特別委員会の中間報告………………………118
日程第13…………………………………………………………………………………………119
 議案第54号 長岡市国民健康保険条例の一部改正について
 報告第 1 号 専決処分の報告について(和解及び損害賠償)
 報告第 2 号 第4期長岡市障害者基本計画・障害福祉計画の報告について
日程第14 諮問第1号 人権擁護委員の推薦について……………………………………121
         ────────────※───────────
〇出席議員(37人)
        高 見 美 加 君        藤 井 盛 光 君
        木 島 祥 司 君        浮 部 文 雄 君
        広 井   晃 君        山 田 省 吾 君
        佐 藤 伸 広 君        丸 山 広 司 君
        関   充 夫 君        永 井 亮 一 君
        杵 渕 俊 久 君        細 井 良 雄 君
        中 村 耕 一 君        加 藤 尚 登 君
        水 科 三 郎 君        桑 原   望 君
        松 井 一 男 君        長谷川 一 作 君
        大 平 美惠子 君        諸 橋 虎 雄 君
        丸 山 勝 総 君        西 澤 信 勝 君
        杉 本 輝 榮 君        藤 井 達 徳 君
        古川原 直 人 君        関   正 史 君
        高 野 正 義 君        関   貴 志 君
        酒 井 正 春 君        笠 井 則 雄 君
        山 田 保一郎 君        加 藤 一 康 君
        五 井 文 雄 君        小 熊 正 志 君
        大 地 正 幸 君        小坂井 和 夫 君
        矢 野 一 夫 君
         ────────────────────────
〇欠員(1人)
         ────────────※───────────
〇説明のため出席した者
  市長      森   民 夫 君    副市長     山 崎 和 夫 君
  副市長     磯 田 達 伸 君    地域政策監   笠 原 芳 彦 君
  政策監兼原子力・防災統括監・危機管理監   理事・商工部長兼新エネルギー政策監
          金 子 淳 一 君            高 橋   譲 君
  理事・土木部長 中 野 一 樹 君    市長政策室長  近 藤 信 行 君
  総務部長    大 滝   靖 君    財務部長    阿 部 隆 夫 君
  原子力安全対策室長            地域振興戦略部長渡 邉 則 道 君
          小 嶋 洋 一 君
  市民協働推進室長山 崎 茂 樹 君    市民部長    広 瀬 弘 之 君
  福祉保健部長  水 澤 千 秋 君    環境部長    茨 木 正 春 君
  農林部長    野 口   剛 君    都市整備部長  森 山 建 之 君
  中心市街地整備室長            会計管理者   松 永 辰 夫 君
          小 林   周 君
  水道局長    野 口 和 弘 君    消防長     品 田   満 君
  教育長     加 藤 孝 博 君    教育部長    佐 藤 伸 吉 君
  子育て支援部長 若 月 和 浩 君    代表監査委員  金 山 宏 行 君
         ────────────※───────────
〇職務のため出席した事務局職員
  事務局長    吉 田 正 雄 君    課長      松 永   薫 君
  課長補佐    神 保 亜由美 君    議事係長    高 橋 浩 二 君

         ────────────※───────────

  午後1時開議
○議長(丸山勝総君) これより本日の会議を開きます。
         ────────────※───────────
○議長(丸山勝総君) 最初に、諸般の報告をいたします。
 内容については、お手元に配付した報告書のとおりであります。
         ────────────※───────────
○議長(丸山勝総君) なお、報道関係者からテレビ・写真撮影の申し出がありましたため、傍聴規則に基づいて議長においてこれを許可いたしましたので、御了承願います。
         ────────────※───────────
△日程第1 会議録署名議員の指名について
○議長(丸山勝総君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において関充夫議員及び永井亮一議員を指名いたします。
         ────────────※───────────
△日程第2 各常任委員長の審査報告
○議長(丸山勝総君) 日程第2、各常任委員長の審査報告を求めます。
 最初に、総務委員長古川原直人議員。
  〔古川原直人君登壇〕
◎古川原直人君 総務委員会の審査報告を申し上げます。
 当委員会に付託されました案件は、お手元に配付した報告書のとおり、平成27年度当初予算1件、平成26年度補正予算1件、条例10件及び事件議決3件でありまして、3月19日及び25日に慎重審査いたしました。
 その結果、議案15件は、いずれも原案のとおり可決すべきものと議決いたしました。
 以上、報告いたします。
○議長(丸山勝総君) 次に、文教福祉委員長松井一男議員。
  〔松井一男君登壇〕
◎松井一男君 文教福祉委員会の審査報告を申し上げます。
 当委員会に付託されました案件は、お手元に配付した報告書のとおり、平成27年度当初予算6件、平成26年度補正予算4件、条例10件及び事件議決1件であり、3月11日及び12日に慎重審査いたしました。
 その結果、議案21件は、いずれも原案のとおり可決すべきものと議決いたしました。
 以上、報告いたします。
○議長(丸山勝総君) 次に、産業市民委員長山田省吾議員。
  〔山田省吾君登壇〕
◎山田省吾君 産業市民委員会の審査報告を申し上げます。
 当委員会に付託されました案件は、お手元に配付した報告書のとおり、平成27年度当初予算2件、平成26年度補正予算1件及び条例1件でありまして、3月17日及び18日に慎重審査いたしました。
 その結果、議案4件は、いずれも原案のとおり可決すべきものと議決いたしました。
 以上、報告いたします。
○議長(丸山勝総君) 次に、建設委員長長谷川一作議員。
  〔長谷川一作君登壇〕
◎長谷川一作君 建設委員会の審査報告を申し上げます。
 当委員会に付託されました案件は、お手元に配付した報告書のとおり、平成27年度当初予算5件、平成26年度補正予算5件、条例2件及び事件議決3件でありまして、3月13日及び16日に慎重審査いたしました。
 その結果、議案15件は、いずれも原案のとおり可決すべきものと議決いたしました。
 以上、報告いたします。
○議長(丸山勝総君) 以上をもって、各常任委員長の審査報告は終了いたしました。
         ────────────※───────────
△日程第3
 議案第24号 長岡市教育委員会教育長の勤務時間その他の勤務条件等に関する条例の制定について
 議案第25号 長岡市地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律附則第14条第1項に規定する経過措置に関する条例の制定について
 議案第26号 長岡市情報公開条例及び長岡市個人情報保護条例の一部改正について
 議案第27号 長岡市行政手続条例の一部改正について
 議案第28号 長岡市職員定数条例の一部改正について
 議案第29号 長岡市公益的法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正について
 議案第31号 長岡市特別職の職員の給与に関する条例等の一部改正等について
 議案第32号 長岡市職員の給与に関する条例等の一部改正について
 議案第33号 長岡市職員の退職手当に関する条例の一部改正について
 議案第34号 長岡市手数料条例の一部改正について
 議案第35号 長岡市立幼稚園条例の一部改正について
 議案第36号 長岡市公民館条例の一部改正について
 議案第37号 長岡市地域会館条例の一部改正について
 議案第38号 長岡市福祉サービス事業費用徴収条例の一部改正について
 議案第39号 長岡市保育園条例の一部改正について
 議案第40号 長岡市立へき地保育園条例の一部改正について
 議案第42号 長岡市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営の基準等に関する条例の一部改正について
 議案第43号 長岡市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法の基準等に関する条例の一部改正について
 議案第44号 長岡市指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法の基準等に関する条例の一部改正について
 議案第45号 長岡市農業集落排水施設条例の一部改正について
 議案第46号 長岡市道路占用料徴収条例の一部改正について
○議長(丸山勝総君) 日程第3、議案第24号から第29号まで及び第31号から第40号まで並びに第42号から第46号までの条例21件を一括議題といたします。
 これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 質疑なしと認めます。
 これより討論に入ります。討論はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 討論なしと認めます。
 これより議案第24号から第29号まで及び第31号から第40号まで並びに第42号から第46号までの条例21件を一括して採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は、いずれも原案可決であります。本案は、いずれも委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 御異議なしと認めます。よって、本案はいずれも委員長報告のとおり可決されました。
         ────────────※───────────
△日程第4 議案第30号 長岡市議会の議員の議員報酬、費用弁償等に関する条例の一部改正について
○議長(丸山勝総君) 日程第4、議案第30号長岡市議会の議員の議員報酬、費用弁償等に関する条例の一部改正についてを議題といたします。
 これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 質疑なしと認めます。
 これより討論に入ります。討論の通告がありますので、発言を許します。諸橋虎雄議員。
  〔諸橋虎雄君登壇〕
◆諸橋虎雄君 日本共産党議員団の諸橋虎雄です。党議員団を代表し、議案第30号長岡市議会の議員の議員報酬、費用弁償等に関する条例の一部改正について、反対の立場で討論いたします。
 昨年4月の消費税8%への引き上げや円安による諸物価の高騰により、総務省の家計調査によれば家計消費支出は大きく落ち込んでいます。デパートや大型スーパーの売り上げも、昨年4月以降12月まで、9カ月連続して前年同月を下回っています。労働者の実質賃金は、一昨年7月以降、19カ月連続で前年同月比マイナスになっております。市民生活は、アベノミクスの恩恵どころか厳しい状況が続いているのであります。
 また、昨年9月議会で議員定数条例の一部改正が提案されました。その議会で私ども共産党議員団は、定数削減の目的に市財政の節減を言うのであれば、議員歳費を削っても議員定数は現行を維持すべきと主張し、議員定数削減に反対した経緯があります。
 以上の理由により、議員報酬を引き上げる本条例の一部改正に反対いたします。
○議長(丸山勝総君) 以上で通告による討論は終わりました。ほかに討論はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) これをもって討論を終結いたします。
 これより議案第30号長岡市議会の議員の議員報酬、費用弁償等に関する条例の一部改正についてを起立により採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕
○議長(丸山勝総君) 起立多数。よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。
         ────────────※───────────
△日程第5
 議案第41号 長岡市介護保険条例の一部改正について
 議案第 6 号 平成27年度長岡市介護保険事業特別会計予算
○議長(丸山勝総君) 日程第5、議案第41号及び第6号の2件を一括議題といたします。
 これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 質疑なしと認めます。
 これより討論に入ります。討論の通告がありますので、発言を許します。笠井則雄議員。
  〔笠井則雄君登壇〕
◆笠井則雄君 日本共産党議員団の笠井則雄であります。党議員団を代表いたしまして、議案第41号長岡市介護保険条例の一部改正について、議案第6号平成27年度長岡市介護保険事業特別会計予算について、委員長報告は原案可決でありますが、反対の立場で討論をいたします。
 第6期介護保険事業計画では、第1段階の区分の保険料軽減について評価をしているところであります。しかしながら、消費税増税や物価上昇で市民の生活が厳しい中、前期計画で月額約5,800円が第6期介護保険事業計画では約6,100円、5.5%の引き上げとなっております。このような高い介護保険料では、今後介護保険料の滞納増加が懸念をされているところであります。また、65歳以上負担率が21%から22%に引き上げられることも見過ごすことができません。
 介護保険の問題についていえば、介護保険制度導入の際に制度措置に国が50%負担をしていましたが、現在25%に引き下げられてしまったことが最大の要因であります。国に国庫負担の大幅引き上げを求めるとともに、当面は一般会計からの制度外繰り入れで対応すべきものと考えております。
 以上の理由により、本条例改正案と平成27年度長岡市介護保険事業特別会計には反対であります。
○議長(丸山勝総君) 以上で通告による討論は終わりました。ほかに討論はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) これをもって討論を終結いたします。
 これより議案第41号及び第6号の2件を一括して起立により採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は、いずれも原案可決であります。本案は、いずれも委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕
○議長(丸山勝総君) 起立多数。よって、本案はいずれも委員長報告のとおり可決されました。
         ────────────※───────────
△日程第6 議案第2号 平成27年度長岡市一般会計予算
○議長(丸山勝総君) 日程第6、議案第2号平成27年度長岡市一般会計予算を議題といたします。
 これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 質疑なしと認めます。
 これより討論に入ります。討論の通告がありますので、発言を許します。最初に、木島祥司議員。
  〔木島祥司君登壇〕
◆木島祥司君 日本共産党議員団の木島祥司でございます。党議員団を代表し、議案第2号平成27年度一般会計予算について、反対の立場で討論いたします。
 昨年4月から消費税が5%から8%に引き上げられ、市民の生活はどうでしょうか。年金は引き下げられ、労働者の実質賃金は19カ月連続で前年同月比マイナスとなり、デパート、コンビニなどの売り上げ統計も9カ月連続で前年同月を下回っています。3月21日に発表された内閣府社会意識に関する世論調査でも、悪い方向に向かっている分野で物価が31.3%、景気が30.3%となっており、国民は安倍政権の経済政策、アベノミクスの恩恵を実感できていないのがわかります。また、同調査では国の政策に民意が反映されていないと回答した人が69.4%にも上っています。
 長岡市の新年度予算は、例年にも増して国の悪政からの防波堤になり、市民の暮らし、営業を守り、医療、福祉、教育の充実をさせる市政が求められております。平成27年度長岡市一般会計予算を見ますと、住宅リフォーム支援事業の継続、ゲリラ豪雨の浸水被害対策、子育て支援の充実については評価をしております。また、子どもの医療費助成の対象年齢を拡充したことについても、一定の評価をしているところであります。しかし、歳入は厳しい経済情勢から、市税が総額約377億円で、7年前の平成20年度当初予算に比べると、景気低迷の影響で約30億円の減収であります。また、平成27年度末の市債残高は、一般会計で1,552億円、特別会計、企業会計で824億円で、合わせて2,376億円にも及び、借金は市民1人当たり85万円にもなります。さらに、合併特例期間が切れるため、地方交付税が減額されることも明らかになっています。
 このような厳しい財政状況の中、中心市街地に分散配置した市役所等の維持管理費は、大きな負担になっております。アオーレ長岡の年間維持費は約6億円、主な庁舎管理費を足し込むと約10億円の維持管理費になります。今後大手通表町西地区及び東地区市街地再開発事業が進めば、維持管理費がさらに多くなることは明らかであります。また、これまで中心市街地再開発事業に500億円近い巨費が投じられ、長岡駅周辺整備やアオーレ長岡、大手通中央地区だけで320億円の事業費がかかっています。さらに、大手通表町地区の再開発を加えますと、事業費はさらに膨れ上がります。今までの開発のしっかりとした検証がないまま中心市街地再開発事業が進むのは、大きな問題であると思います。
 一般会計から特別会計への繰り出しも重要な政策展開であると思います。国民健康保険料問題は深刻であります。5年連続で国民健康保険料の値上げが計画され、市民からも悲鳴の声が上がっています。5年間で約27%も値上げされており、所得階層100万円と200万円の世帯では、年間所得に占める国民健康保険料の割合が約18%にもなり、支払い能力の限界を超える金額です。ここに一般会計からの強い支援が求められていましたが、平成26年度は約1億5,000万円の一般会計からの繰り出し額でしたが、平成27年度当初予算では約1億円に減額されています。5年連続の値上げを抑えるためにも、少なくとも平成23年度当初予算並みの9億3,800万円の一般会計からの繰り出しを実施すべきであります。
 産業振興についても、原発に頼らない再生可能エネルギーへの転換が強く求められています。そのためにも、長岡市が持つ工業力も生かして、地域の豊富な自然エネルギーを利用し、さらに拡充することが必要です。また、中心市街地開発に偏らず、市内全域で使える商店リニューアル助成事業を実施すべきであります。
 農業の分野では、米価暴落による米作農家や集落営農組織への影響は大きなものがあり、大きく影響のある大規模農家や生産組織に対応する支援の拡充、生産費の補填を含めた支援が必要であります。そのためにも一般会計に占める商工費1.4%、農林水産業費2.3%を今こそ大幅に伸ばすべきと考えます。
 医療、福祉、教育、また支所を中心とした中山間地対策予算を充実して、市民が安心・安全に暮らせる予算展開が必要であります。そのことを求めまして、平成27年度一般会計予算には反対をいたします。
○議長(丸山勝総君) 次に、関正史議員。
  〔関正史君登壇〕
◆関正史君 市民クラブの関正史でございます。議案第2号平成27年度長岡市一般会計予算に対し、賛成の立場で市民クラブの意見を申し上げます。
 平成27年度当初予算は、地方創生関連補正予算と一体となった15カ月予算であると認識しています。平成27年度は、地方創生元年と位置づけられ、地方の政策立案、そして実行能力が試されるスタートの年であります。特に人口減少対策として、いかに東京一極集中に歯どめをかけ、地方に活力を生むことができるかが鍵となります。その対策として、ながおか・若者・しごと機構の設立、農政改革、農協改革と目まぐるしく変化し、厳しさを増す農業に対し、がんばる担い手農家支援の強化、また子育て支援の充実、特に保育料・授業料の軽減、子ども医療費助成の拡充と、全般にわたり定住人口の拡大、交流人口の拡大へより具体的に動き出す予算であり、評価いたします。
 暮らしの安心と安全の確保については、多世代健康まちづくりの事業の拡充、タニタカフェと連携した健康管理、防災・災害対策の強化、昨年度に引き続き地域経済の下支えをし、デフレからの脱却、景気回復を確かなものとし、雇用の拡大を図る予算と認識します。
 長岡のまちづくりは、中心部と周辺部の調和のとれたまちづくりがポイントであります。合併10年を迎え、中心部がにぎわい、周辺部が輝きを増し、どこに住んでも幸せ感の持てるまちづくりが必要と考えます。健康・医療・福祉、地域活動の支援、地域再生、地域の宝の磨き上げなど、各地域が輝くまちづくりを推進し、中心部と周辺地域との調和のとれたまちづくりを目指すものと評価します。
 終戦70年、長岡市、ホノルル市との平和交流記念事業が実施されます。真珠湾で慰霊の花火が打ち上げられることは、自治体外交の新たな1ページを開くことであります。長岡の意思を世界へ発信することであり、意義あるものと考えます。また、長岡空襲70年事業を実施することは、戦災都市長岡の市民にとって大変意義のあるものと考えます。歴史を見詰め、長岡市民一人一人が平和について考える貴重な1日となることを望みます。
 平成27年度は「〜地方創生元年〜未来に向かってたくましく前進する予算」をキャッチフレーズに、地域の活力を向上させるため、雇用の創出、産業振興、子育て支援など定住人口と交流人口の拡大に取り組み、長岡市の資源を生かし、地方創生政策を着実に推進する予算であると我が市民クラブは評価いたします。
 財政調整基金を過去最大の40億7,000万円取り崩し、積極型予算でありますが、その財源は今まで行ってきた行財政改革の成果であり、借金への依存度を低減した中での予算であります。
 今後とも行財政改革を進めるとともに、効率的な予算執行を実行していただくことを申し上げ、議案第2号平成27年度長岡市一般会計予算に市民クラブは賛成いたします。
○議長(丸山勝総君) 次に、関充夫議員。
  〔関充夫君登壇〕
◆関充夫君 しん長岡クラブの関充夫です。会派を代表して、議案第2号平成27年度長岡市一般会計予算に賛成の立場から討論に参加いたします。
 3月定例会の冒頭に、市長から平成27年度当初予算と市政執行の基本方針についての考えを聞いたわけです。その中で、長岡ならではの政策を着実に進化、成長させて、次の世代を担う若者に長岡の未来像を示していくことの大切さを述べられておりました。まさにそのとおりだと思います。その考えに基づき、人口減少対策と活力の維持、暮らしの安心と安全の確保、合併からの次の10年へ向けて各地域が輝くまちづくりの推進、次代を担う子どもたちの自信と誇りの醸成に長岡の誇りを世界へ発信するなど、5つの柱に基づくさまざまな施策と事業が組み立てられております。特に子育て支援や空き家対策、多世代健康まちづくり事業、中山間地地域の再生、がんばる担い手農家の支援など、長岡市の現状をきちんと踏まえた施策は評価できるものです。
 このように必要な施策や事業を展開するために、合併算定替が終わり、さらに地方交付税や市税の減少が見込まれる中で、有利な起債や特定財源を取り込み、さらに不急な事業を先延ばしし、今するべきことを最大限実施するために、財政調整基金を取り崩し、歳入を確保されていました。予算規模だけにとどまらない中身の充実においても、過去最大規模と言えるものと思っております。
 各常任委員会で会派の委員が慎重審議いたした結果、賛成したことも踏まえ、議案第2号平成27年度長岡市一般会計予算に賛成いたします。なお、当初の計画どおりにきちんと実施し、目的に沿った成果が実ることを期待しております。
○議長(丸山勝総君) 以上で通告による討論は終わりました。ほかに討論はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) これをもって討論を終結いたします。
 これより議案第2号平成27年度長岡市一般会計予算を起立により採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕
○議長(丸山勝総君) 起立多数。よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。
         ────────────※───────────
△日程第7 議案第3号 平成27年度長岡市国民健康保険事業特別会計予算
○議長(丸山勝総君) 日程第7、議案第3号平成27年度長岡市国民健康保険事業特別会計予算を議題といたします。
 これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 質疑なしと認めます。
 これより討論に入ります。討論の通告がありますので、発言を許します。細井良雄議員。
  〔細井良雄君登壇〕
◆細井良雄君 日本共産党議員団の細井良雄でございます。議案第3号平成27年度長岡市国民健康保険事業特別会計予算につきまして、日本共産党議員団を代表し、反対の立場で討論いたします。
 日本共産党議員団は、この4年間、多くの市民が加入する国民健康保険の抜本的な改善を訴えてまいりました。それは、国民健康保険が国民皆保険のベースとなる保険であり、他の社会保険などに加入することのできない自営業者や農民、そして非正規労働者やお年寄りなどの医療を保障するセーフティーネットの役割を果たすものだからであります。しかし、その実態は非常に厳しい状況が続いております。
 私どもの調査によると、世帯当たりの平均所得はこの間下がり続けているのにもかかわらず、保険料はこの4年間連続して値上げされ、本年度予算の上昇分も合わせると実に5年連続で約27%も値上げされることとなります。月25万円の所得のある自営業者の夫婦と子ども2人の世帯の場合、この4年間で値上げ幅は11万円を超え、年間の国保料は52万円にもなります。また、非正規で働く夫婦で月給が合わせて26万円の場合、7万円上がって33万円の保険料となっております。これは、年間の保険料が月収の1カ月から2カ月分に相当することになるものであります。失業して国保に入り、保険料が高いのにはびっくりした、国保料が高くてとても大変だという声が多くの方々から寄せられております。社会保険に比べると4人家族で所得が300万円の場合で社会保険の保険料が25万992円に対し、国保の保険料は52万2,800円と、実に2.1倍にもなり、負担の限界に来ていることを市も認めているところでございます。この原因は、国が負担分を50%から25%以下までに引き下げてきたところに大きな原因があります。国に対しその復活を強く求めるとともに、一般会計の繰り入れも平成23年度の9億円レベルに引き上げて、これ以上の値上げはやめて、国保料の減額を目指すべきであります。また、滞納者に対する医療抑制につながる保険証の取り上げは廃止すべきでございます。
 以上の理由により、平成27年度長岡市国民健康保険事業特別会計予算には反対いたします。
 以上であります。
○議長(丸山勝総君) 以上で通告による討論は終わりました。ほかに討論はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) これをもって討論を終結いたします。
 これより議案第3号平成27年度長岡市国民健康保険事業特別会計予算を起立により採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕
○議長(丸山勝総君) 起立多数。よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。
         ────────────※───────────
△日程第8
 議案第 4 号 平成27年度長岡市国民健康保険寺泊診療所事業特別会計予算
 議案第 5 号 平成27年度長岡市後期高齢者医療事業特別会計予算
 議案第 7 号 平成27年度長岡市診療所事業特別会計予算
 議案第 8 号 平成27年度長岡市と畜場事業特別会計予算
 議案第 9 号 平成27年度長岡市浄化槽整備事業特別会計予算
 議案第10号 平成27年度長岡市簡易水道事業特別会計予算
 議案第11号 平成27年度長岡市下水道事業会計予算
 議案第12号 平成27年度長岡市水道事業会計予算
○議長(丸山勝総君) 日程第8、議案第4号、第5号及び第7号から第12号までの平成27年度当初予算8件を一括議題といたします。
 これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 質疑なしと認めます。
 これより討論に入ります。討論はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 討論なしと認めます。
 これより議案第4号、第5号及び第7号から第12号までの平成27年度当初予算8件を一括して採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は、いずれも原案可決であります。本案は、いずれも委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 御異議なしと認めます。よって、本案はいずれも委員長報告のとおり可決されました。
         ────────────※───────────
△日程第9
 議案第16号 平成26年度長岡市一般会計補正予算
 議案第17号 平成26年度長岡市国民健康保険事業特別会計補正予算
 議案第18号 平成26年度長岡市国民健康保険寺泊診療所事業特別会計補正予算
 議案第19号 平成26年度長岡市介護保険事業特別会計補正予算
 議案第20号 平成26年度長岡市簡易水道事業特別会計補正予算
 議案第21号 平成26年度長岡市ガス事業清算特別会計補正予算
 議案第22号 平成26年度長岡市下水道事業会計補正予算
 議案第23号 平成26年度長岡市水道事業会計補正予算
○議長(丸山勝総君) 日程第9、議案第16号から第23号までの平成26年度補正予算8件を一括議題といたします。
 これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 質疑なしと認めます。
 これより討論に入ります。討論はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 討論なしと認めます。
 これより議案第16号から第23号までの平成26年度補正予算8件を一括して採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は、いずれも原案可決であります。本案は、いずれも委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 御異議なしと認めます。よって、本案はいずれも委員長報告のとおり可決されました。
         ────────────※───────────
△日程第10
 議案第47号 市の境界変更について
 議案第48号 市道路線の認定、変更及び廃止について
 議案第49号 契約の締結について(市道拡幅工事等委託)
 議案第50号 財産の取得について(新・社会福祉センター(仮称))
 議案第51号 資本剰余金の処分について(下水道事業会計)
 議案第52号 長岡市過疎地域自立促進計画の一部変更について
 議案第53号 見附市との間における定住自立圏形成に関する協定の一部変更について
○議長(丸山勝総君) 日程第10、議案第47号から第53号までの事件議決7件を一括議題といたします。
 これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 質疑なしと認めます。
 これより討論に入ります。討論はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 討論なしと認めます。
 これより議案第47号から第53号までの事件議決7件を一括して採決いたします。
 本件に対する委員長の報告は、いずれも原案可決であります。本件は、いずれも委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 御異議なしと認めます。よって、本件はいずれも委員長報告のとおり可決されました。
         ────────────※───────────
△日程第11
 発議第1号 長岡市議会会議規則の一部改正について
 発議第2号 長岡市議会委員会条例の一部改正について
○議長(丸山勝総君) 日程第11、発議第1号及び第2号の議員提出議案2件を一括議題といたします。
         ────────────────────────
発議第1号
   長岡市議会会議規則の一部改正について
 長岡市議会会議規則の一部を改正する規則を次のように定める。
  平成27年3月27日
               提出者 長岡市議会議会運営委員長 関   正 史
   長岡市議会会議規則の一部を改正する規則
 長岡市議会会議規則(昭和43年長岡市議会規則第1号)の一部を次のように改正する。
 第9条第2項、第14条第1項、第17条、第18条、第35条、第57条第2項、第70条第2項、第71条第1項及び第77条第2項中「4人」を「3人」に改める。
 別表に次のように加える。
 ┌───────┬──────────────────┬──────┬─────┐
 │特別委員協議会│所管事務の調査若しくは研究又は特別委│特別委員  │特別委員長│
 │       │員に周知すべき問題等の協議     │      │     │
 ├───────┼──────────────────┼──────┼─────┤
 │議会運営委員協│所管事務の調査若しくは研究又は議会運│議会運営委員│議会運営委│
 │議会     │営委員に周知すべき問題等の協議   │並びに議長及│員長   │
 │       │                  │び副議長  │     │
 ├───────┼──────────────────┼──────┼─────┤
 │各会派代表者会│議会の運営に際し、会派間の意見調整が│会派から選任│議長   │
 │議      │必要な問題等の協議         │された議員並│     │
 │       │                  │びに議長及び│     │
 │       │                  │副議長   │     │
 └───────┴──────────────────┴──────┴─────┘
   附 則
 この規則は、平成27年5月1日から施行する。
         ────────────────────────
発議第2号
   長岡市議会委員会条例の一部改正について
 長岡市議会委員会条例の一部を改正する条例を次のように定める。
  平成27年3月27日
               提出者 長岡市議会議会運営委員長 関   正 史
   長岡市議会委員会条例の一部を改正する条例
 長岡市議会委員会条例(昭和43年長岡市条例第16号)の一部を次のように改正する。
 第19条中「教育委員会の委員長」を「教育長」に改める。
 別表総務委員会の項中「11人」を「10人」に改め、同表文教福祉委員会の項中「9人」を「8人」に改め、同表産業市民委員会の項中「9人」を「8人」に改め、同表建設委員会の項中「9人」を「8人」に改める。
   附 則
 (施行期日)
1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。ただし、別表総務委員会の項、同表文教福祉委員会の項、同表産業市民委員会の項及び同表建設委員会の項の改正規定は、同年5月1日から施行する。
 (経過措置)
2 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律(平成26年法律第76号。以下「改正法」という。)の施行の際、現に在職する改正前の地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和31年法律第162号)第16条第1項の教育長については、改正法附則第2条第1項の規定により、なお従前の例により在職する間は、改正後の第19条の規定は適用せず、改正前の第19条の規定は、なおその効力を有する。
         ────────────────────────
○議長(丸山勝総君) 提出者の説明を求めます。議会運営委員長関正史議員。
  〔関正史君登壇〕
◎関正史君 発議第1号及び第2号について、一括して説明いたします。
 初めに、発議第1号長岡市議会会議規則の一部改正について説明いたします。これは、議員定数の削減に伴い、議案の提出に必要な人数等を「4人以上」から「3人以上」に改正するほか、議会活性化特別委員会の検討結果を踏まえ、協議又は調整を行う場として、「特別委員協議会」、「議会運営委員協議会」、「各会派代表者会議」を追加したいというものであります。
 次に、発議第2号長岡市議会委員会条例の一部改正について説明いたします。これは、新教育長の設置に伴い、委員会への出席を求める者のうち、「教育委員会の委員長」を「教育長」に改正するほか、議員定数の削減に伴い、各常任委員会の定数を1人ずつ減らしたいというものであります。
 以上であります。よろしく御審議をお願いいたします。
○議長(丸山勝総君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 質疑なしと認めます。
 これより討論に入ります。討論はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 討論なしと認めます。
 これより発議第1号及び第2号の議員提出議案2件を一括して採決いたします。
 本案は、いずれも原案のとおり決することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 御異議なしと認めます。よって、本案はいずれも原案のとおり可決されました。
         ────────────※───────────
△日程第12 まちづくり・新エネルギー対策特別委員会の中間報告
○議長(丸山勝総君) 日程第12、まちづくり・新エネルギー対策特別委員会の中間報告を求めます。まちづくり・新エネルギー対策特別委員長小熊正志議員。
  〔小熊正志君登壇〕
◎小熊正志君 まちづくり・新エネルギー対策特別委員会の中間報告を申し上げます。
 当委員会は、支所地域のまちづくりについて、昨年8月から委員協議会を4回開き、委員同士の協議を重ねてまいりました。そして、去る2月2日に特別委員会を開催し、お手元に配付した報告書のとおり委員会の意見を取りまとめたところであります。
 支所地域のまちづくりについては、合併当初から支所と地域委員会とを両輪とした長岡方式の地域自治により、市民ニーズを反映して効率的に進められているほか、新市一体感の醸成を目的とした「越後長岡・まちめぐり事業」などの実施により、相互の理解と交流が深められております。また、「ふるさと創生基金事業」をはじめとするソフト事業の支援により、住民主体のまちづくりが進められてまいりました。
 一方、人口減少、少子高齢化の進展により、地域が直面する新たな課題が見えてきており、合併から10年を迎える今、地域のあり方について改めて検討する必要性が高まっております。
 これらを踏まえ、当委員会では、人口減少時代における地域振興策について検討を行ってまいりました。その結果、詳細は報告書に記載のとおりでありますが、「地域の宝の磨き上げ・連携」「人材の育成、住民主体のまちづくり」の2項目にわたる提案を行い、まとめとして次のように提言しております。
 これまで進められてきた長岡方式の地域自治、ふるさと創生基金を活用した各種ソフト事業による支所地域のまちづくりは、住民主体のまちづくりを進める上で評価できる取り組みであり、今後も地域の活力を創出していくためには必要不可欠であること。
 また、住民主体のまちづくりをさらに推進するためには、子どもたちに地域に対する「誇り」と「自信」を持たせる取り組みが必要であり、そのためには地域の宝を地域で共有しながら磨き、地域に対する愛着を高め、地域で暮らしたい、地域を守りたい、つくりたいという地域住民みずからが活動する機運をさらに高めていく必要があること。
 あわせて、これからの人口減少社会に対応していくためには、農林水産業の成長産業化など成長する活力を取り戻すとともに、地域の活力を生み出すことができるよう、これまで以上に地域住民と行政(支所)との官民連携・協働のまちづくりについても検討を進めていく必要があること。
 報告書は以上でありますが、理事者側もその内容を十分御理解いただき、具体的な政策に反映されることを期待し、当委員会の中間報告といたします。
○議長(丸山勝総君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 質疑なしと認めます。
 以上をもって、まちづくり・新エネルギー対策特別委員会の中間報告は終了いたしました。
         ────────────※───────────
△日程第13
 議案第54号 長岡市国民健康保険条例の一部改正について
 報告第 1 号 専決処分の報告について(和解及び損害賠償)
 報告第 2 号 第4期長岡市障害者基本計画・障害福祉計画の報告について
○議長(丸山勝総君) 日程第13、議案第54号、報告第1号及び第2号の追加提出議案等3件を一括議題といたします。
 理事者の説明を求めます。森市長。
  〔市長森民夫君登壇〕
◎市長(森民夫君) 提案いたしました議案について説明いたします。
 議案は、条例1件であります。
 議案第54号長岡市国民健康保険条例の一部改正については、国民健康保険法及び国民健康保険法施行令の改正に伴い、国民健康保険料の賦課限度額の引き上げ等について所要の改正を行うものであります。
 続いて、報告事件について説明いたします。
 報告第1号専決処分の報告については、平成26年9月21日、長岡市高見1丁目9番地3で発生した堤岡中学校部活動中の打球による乗用車の物損事故について、和解及び損害賠償の専決処分を行ったものであります。
 報告第2号第4期長岡市障害者基本計画・障害福祉計画の報告については、障害者基本法の規定に基づき、報告するものであります。
 以上で説明を終わります。よろしく御審議をお願い申し上げます。
○議長(丸山勝総君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 質疑なしと認めます。
 議案第54号は、文教福祉委員会に付託いたします。
 報告第1号及び第2号の2件については、報告事項でありますので、これをもって終結いたします。
         ────────────────────────
○議長(丸山勝総君) この際、文教福祉委員会開催のため、しばらく休憩いたします。
  午後1時49分休憩
         ────────────────────────
  午後2時20分開議
○議長(丸山勝総君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
         ────────────────────────
○議長(丸山勝総君) 日程第13の議事を継続いたします。
 文教福祉委員長の審査報告を求めます。松井一男議員。
  〔松井一男君登壇〕
◎松井一男君 文教福祉委員会の審査報告を申し上げます。
 議案第54号長岡市国民健康保険条例の一部改正について。
 以上の議案は、原案のとおり可決すべきものと議決いたしました。
 以上、報告いたします。
○議長(丸山勝総君) 以上をもって、文教福祉委員長の審査報告は終了いたしました。
 これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 質疑なしと認めます。
 これより討論に入ります。討論はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 討論なしと認めます。
 これより議案第54号長岡市国民健康保険条例の一部改正についてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。本案は、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。
         ────────────※───────────
△日程第14 諮問第1号 人権擁護委員の推薦について
○議長(丸山勝総君) 日程第14、諮問第1号人権擁護委員の推薦についてを議題といたします。
 理事者の説明を求めます。森市長。
  〔市長森民夫君登壇〕
◎市長(森民夫君) 提案いたしました人事案件について説明いたします。
 諮問第1号人権擁護委員の推薦については、平成27年6月30日で任期が満了いたします古田島光子氏、高橋春彦氏及び高橋清太郎氏並びに酒井利明氏の後任として
  長岡市大島新町3丁目甲1262番地
       堀 内 憲 子 氏
  長岡市関原南3丁目4776番地
       丸 山 雅 人 氏
及び
  長岡市小国町小栗山381番地2
       岩 野 守 男 氏
並びに
  長岡市栃堀2889番地
       武士俣 幸 村 氏
を人権擁護委員として法務大臣に推薦したいというものであります。
 よろしく御同意をお願いいたします。
○議長(丸山勝総君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 質疑なしと認めます。
 お諮りいたします。本件については、委員会への付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 御異議なしと認めます。よって、本件については委員会への付託を省略することに決しました。
 これより討論に入ります。討論はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 討論なしと認めます。
 お諮りいたします。諮問第1号人権擁護委員の推薦については、これに同意することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(丸山勝総君) 御異議なしと認めます。よって、本件についてはこれに同意することに決しました。
         ────────────※───────────
○議長(丸山勝総君) なお、この際山崎副市長より発言を求められておりますので、これを許します。山崎副市長。
  〔副市長山崎和夫君登壇〕
◎副市長(山崎和夫君) 副市長退任に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。
 私は、昭和47年4月に長岡市職員に採用され、以来43年間お世話になりました。この間一般職を36年、地域政策監を3年、副市長を4年務めさせていただきました。このような長きにわたり長岡市のまちづくりにかかわることができましたのは、議員の皆様、森市長をはじめとする職員の皆様など多くの方々の御指導と御協力のおかげであります。心より御礼を申し上げます。ありがとうございました。
 この間3度にわたる市町村合併、中越大震災や7・13水害などからの復旧・復興、アオーレ長岡をはじめとする中心市街地の整備など、長岡の歴史に残る大きな出来事がありました。微力ではありましたが、これら歴史に刻まれる事業にかかわらさせていただきましたことは、私の大きな誇りであり、感謝の気持ちでいっぱいであります。
 さて、ことしは地方創生元年の年であります。長岡市では、多くの関係者の力を結集して希望に満ちた長岡の未来に向けて新たなプロジェクトがスタートいたします。私もこれまでとは違った視点、立場から汗を流していきたいと思っております。どうかよろしくお願いいたします。
 最後に、長岡市議会と長岡市の今後のますますの発展を御祈念申し上げ、御礼と退任の挨拶とさせていただきます。本当にありがとうございました。(拍手)
○議長(丸山勝総君) 以上をもちまして、山崎副市長の退任の挨拶は終了いたしました。
         ────────────※───────────
○議長(丸山勝総君) 以上をもって、平成27年長岡市議会3月定例会を終了いたします。
 今期定例会の会期は26日間でありましたが、この間終始議会運営に御協力をいただきましてまことにありがとうございました。ここに議員任期最終議会の閉会に当たり、衷心より厚く御礼を申し上げますとともに、議員各位並びに理事者の皆様の御健勝と御活躍を祈念いたしまして、閉会の挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)
         ────────────※───────────
○議長(丸山勝総君) これにて閉会いたします。
  午後2時27分閉会
         ────────────※───────────
 〔諸般の報告〕                       平成27年3月27日
1 監査報告書の受領について
  定期監査結果報告書1件、出納検査結果報告書1件を市監査委員から受領いたしました。なお、その写しはお手元に配付のとおりであります。
         ────────────※───────────
〇総務委員会審査報告書(その1)
1 議案第16号 平成26年度長岡市一般会計補正予算
 (1) 第1条 歳入歳出予算の補正中当委員会付託分
 (2) 第3条 繰越明許費中当委員会付託分
 (3) 第4条 債務負担行為中当委員会付託分
 (4) 第5条 地方債の補正
2 議案第24号 長岡市教育委員会教育長の勤務時間その他の勤務条件等に関する条例の制定について
3 議案第26号 長岡市情報公開条例及び長岡市個人情報保護条例の一部改正について
4 議案第27号 長岡市行政手続条例の一部改正について
5 議案第28号 長岡市職員定数条例の一部改正について
6 議案第29号 長岡市公益的法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正について
7 議案第30号 長岡市議会の議員の議員報酬、費用弁償等に関する条例の一部改正について
8 議案第31号 長岡市特別職の職員の給与に関する条例等の一部改正等について
9 議案第32号 長岡市職員の給与に関する条例等の一部改正について
10 議案第33号 長岡市職員の退職手当に関する条例の一部改正について
11 議案第34号 長岡市手数料条例の一部改正について
12 議案第47号 市の境界変更について
13 議案第52号 長岡市過疎地域自立促進計画の一部変更について
14 議案第53号 見附市との間における定住自立圏形成に関する協定の一部変更について
 以上の議案14件は、いずれも原案のとおり可決すべきものと議決しました。
 以上、報告します。
   平成27年3月19日
                 長岡市議会総務委員会委員長  古川原 直 人
 長岡市議会議長  丸 山 勝 総 様
         ────────────────────────
〇総務委員会審査報告書(その2)
1 議案第 2 号 平成27年度長岡市一般会計予算
 (1) 第1条 歳入歳出予算中当委員会付託分
 (2) 第3条 債務負担行為中当委員会付託分
 (3) 第4条 地方債
 (4) 第5条 一時借入金
 (5) 第6条 歳出予算の流用
 以上の議案は、原案のとおり可決すべきものと議決しました。
 以上、報告します。
   平成27年3月25日
                 長岡市議会総務委員会委員長  古川原 直 人
 長岡市議会議長  丸 山 勝 総 様
         ────────────────────────
〇文教福祉委員会審査報告書(その1)
1 議案第16号 平成26年度長岡市一般会計補正予算
 (1) 第1条 歳入歳出予算の補正中当委員会付託分
 (2) 第2条 継続費の補正中当委員会付託分
 (3) 第3条 繰越明許費中当委員会付託分
 (4) 第4条 債務負担行為中当委員会付託分
2 議案第17号 平成26年度長岡市国民健康保険事業特別会計補正予算
3 議案第18号 平成26年度長岡市国民健康保険寺泊診療所事業特別会計補正予算
4 議案第19号 平成26年度長岡市介護保険事業特別会計補正予算
5 議案第25号 長岡市地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律附則第14条第1項に規定する経過措置に関する条例の制定について
6 議案第35号 長岡市立幼稚園条例の一部改正について
7 議案第36号 長岡市公民館条例の一部改正について
8 議案第38号 長岡市福祉サービス事業費用徴収条例の一部改正について
9 議案第39号 長岡市保育園条例の一部改正について
10 議案第40号 長岡市立へき地保育園条例の一部改正について
11 議案第41号 長岡市介護保険条例の一部改正について
12 議案第42号 長岡市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営の基準等に関する条例の一部改正について
13 議案第43号 長岡市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法の基準等に関する条例の一部改正について
14 議案第44号 長岡市指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法の基準等に関する条例の一部改正について
15 議案第50号 財産の取得について(新・社会福祉センター(仮称))
 以上の議案15件は、いずれも原案のとおり可決すべきものと議決しました。
 以上、報告します。
   平成27年3月11日
                 長岡市議会文教福祉委員会委員長  松 井 一 男
 長岡市議会議長  丸 山 勝 総 様
         ────────────────────────
〇文教福祉委員会審査報告書(その2)
1 議案第 2 号 平成27年度長岡市一般会計予算
 (1) 第1条 歳入歳出予算中当委員会付託分
2 議案第 3 号 平成27年度長岡市国民健康保険事業特別会計予算
3 議案第 4 号 平成27年度長岡市国民健康保険寺泊診療所事業特別会計予算
4 議案第 5 号 平成27年度長岡市後期高齢者医療事業特別会計予算
5 議案第 6 号 平成27年度長岡市介護保険事業特別会計予算
6 議案第 7 号 平成27年度長岡市診療所事業特別会計予算
 以上の議案6件は、いずれも原案のとおり可決すべきものと議決しました。
 以上、報告します。
   平成27年3月12日
                 長岡市議会文教福祉委員会委員長  松 井 一 男
 長岡市議会議長  丸 山 勝 総 様
         ────────────────────────
〇産業市民委員会審査報告書(その1)
1 議案第16号 平成26年度長岡市一般会計補正予算
 (1) 第1条 歳入歳出予算の補正中当委員会付託分
 (2) 第2条 継続費の補正中当委員会付託分
 (3) 第3条 繰越明許費中当委員会付託分
 (4) 第4条 債務負担行為中当委員会付託分
2 議案第37号 長岡市地域会館条例の一部改正について
 以上の議案2件は、いずれも原案のとおり可決すべきものと議決しました。
 以上、報告します。
   平成27年3月17日
                 長岡市議会産業市民委員会委員長  山 田 省 吾
 長岡市議会議長  丸 山 勝 総 様
         ────────────────────────
〇産業市民委員会審査報告書(その2)
1 議案第 2 号 平成27年度長岡市一般会計予算
 (1) 第1条 歳入歳出予算中当委員会付託分
 (2) 第2条 継続費中当委員会付託分
 (3) 第3条 債務負担行為中当委員会付託分
2 議案第 8 号 平成27年度長岡市と畜場事業特別会計予算
 以上の議案2件は、いずれも原案のとおり可決すべきものと議決しました。
 以上、報告します。
   平成27年3月18日
                 長岡市議会産業市民委員会委員長  山 田 省 吾
 長岡市議会議長  丸 山 勝 総 様
         ────────────────────────
〇建設委員会審査報告書(その1)
1 議案第 2 号 平成27年度長岡市一般会計予算
 (1) 第1条 歳入歳出予算中当委員会付託分
 (2) 第2条 継続費中当委員会付託分
2 議案第 9 号 平成27年度長岡市浄化槽整備事業特別会計予算
3 議案第10号 平成27年度長岡市簡易水道事業特別会計予算
4 議案第16号 平成26年度長岡市一般会計補正予算
 (1) 第1条 歳入歳出予算の補正中当委員会付託分
 (2) 第3条 繰越明許費中当委員会付託分
 (3) 第4条 債務負担行為中当委員会付託分
5 議案第20号 平成26年度長岡市簡易水道事業特別会計補正予算
6 議案第21号 平成26年度長岡市ガス事業清算特別会計補正予算
7 議案第22号 平成26年度長岡市下水道事業会計補正予算
8 議案第23号 平成26年度長岡市水道事業会計補正予算
9 議案第45号 長岡市農業集落排水施設条例の一部改正について
10 議案第46号 長岡市道路占用料徴収条例の一部改正について
11 議案第48号 市道路線の認定、変更及び廃止について
12 議案第49号 契約の締結について(市道拡幅工事等委託)
13 議案第51号 資本剰余金の処分について(下水道事業会計)
 以上の議案13件は、いずれも原案のとおり可決すべきものと議決しました。
 以上、報告します。
   平成27年3月13日
                 長岡市議会建設委員会委員長  長谷川 一 作
 長岡市議会議長  丸 山 勝 総 様
         ────────────────────────
〇建設委員会審査報告書(その2)
1 議案第11号 平成27年度長岡市下水道事業会計予算
2 議案第12号 平成27年度長岡市水道事業会計予算
 以上の議案2件は、いずれも原案のとおり可決すべきものと議決しました。
 以上、報告します。
   平成27年3月16日
                 長岡市議会建設委員会委員長  長谷川 一 作
 長岡市議会議長  丸 山 勝 総 様
         ────────────────────────
〇文教福祉委員会審査報告書
1 議案第54号 長岡市国民健康保険条例の一部改正について
 以上の議案は、原案のとおり可決すべきものと議決しました。
 以上、報告します。
   平成27年3月27日
                 長岡市議会文教福祉委員会委員長  松 井 一 男
 長岡市議会議長  丸 山 勝 総 様
         ────────────※───────────
 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。
                       長岡市議会議長  丸 山 勝 総
                       長岡市議会議員  関   充 夫
                       長岡市議会議員  永 井 亮 一