議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 長岡市

平成27年 3月産業市民委員会−03月18日-02号




平成27年 3月産業市民委員会

平成27年3月18日(水)午前10時開議
   ────────※────────
〇出席委員(9人)
  山 田 省 吾 君   高 見 美 加 君
  杵 渕 俊 久 君   細 井 良 雄 君
  桑 原   望 君   関   正 史 君
  酒 井 正 春 君   山 田 保一郎 君
  小坂井 和 夫 君
   ─────────────────
〇委員外議員で出席した者
  藤 井 盛 光 君   木 島 祥 司 君
  広 井   晃 君   佐 藤 伸 広 君
  丸 山 広 司 君   関   充 夫 君
  中 村 耕 一 君   加 藤 尚 登 君
  大 平 美惠子 君   諸 橋 虎 雄 君
  古川原 直 人 君   高 野 正 義 君
  関   貴 志 君   五 井 文 雄 君
  小 熊 正 志 君   矢 野 一 夫 君
  丸山(勝)議長
   ────────※────────
〇説明のため出席した者
  山崎副市長       磯田副市長
  笠原地域政策監     金子政策監
  高橋理事・商工部長   山崎市民協働
                推進室長
  広瀬市民部長      茨木環境部長
  野口農林部長      竹田商工部副参事・
                工業振興課長
  小村市民協働      柳鳥市民交流・アオーレ
    担当課長        調整担当課長
  小池市民活動      河内国際交流課長
    推進課長
  佐藤生涯学習      川上スポーツ
    文化課長        振興課長
  韮沢市民課長      小林環境政策課長
  三川環境施設課長    佐藤環境業務課長
  伊藤商業振興課長    安達産業立地課長
  五十嵐観光企画課長   曽根まつり振興課長
  小林農政課長      遠藤農林整備課長
  田口農業委参事・
    事務局長
  赤川中之島支所長    瀬下越路支所長
  佐野三島支所長     甲野山古志支所長
  込山小国支所長     八子和島支所長
  関根寺泊支所長     武士俣栃尾支所長
  田邊与板支所長     谷内田川口支所長
   ────────※────────
〇職務のため出席した事務局職員
  吉田事務局長      松永課長
  神保課長補佐      高橋議事係長
  小川主査
   ────────※────────
○山田省吾 委員長  これより会議を開きます。
   ────────※────────
○山田省吾 委員長  なお、報道関係者から写真撮影の申し出がありましたため、委員会傍聴規則に基づいて委員長においてこれを許可いたしましたので、御了承願います。
   ────────※────────
1 議案第2号 平成27年度長岡市一般会計予算(続)
○山田省吾 委員長  議案第2号を議題といたします。
   ─────────────────
 (1) 第1条 歳入歳出予算中
  〔歳出7款〕
○山田省吾 委員長  質疑はありませんか。
◆関正史 委員  説明書の277ページの寺泊地域観光交流拠点整備事業費、きのうも説明はあったんですが、もう少し詳しくお願いしたいと思います。寺泊観光協会の建物もあろうかと思いますし、それとイベントスペース、どんなイメージを描いたらいいのかなというところをお聞かせ願いたいと思います。
◎五十嵐 観光企画課長  寺泊地域観光交流拠点整備事業費でございますけれども、長岡市全体の観光案内、PRを行うおもてなしの拠点として総合観光案内所を寺泊に整備するものでございます。具体的には現在の寺泊観光案内所を改修、増築いたしまして、隣接地の消防署寺泊出張所の跡地を活用して駐車場、イベントスペースの整備もあわせて行うものです。イベントスペースといいましても駐車場を整備いたしまして、何にでも使えるようなしつらえにしたいと思っております。
◆関正史 委員  そうすると、駐車場にテントを張って、例えばいろんな地域の方々がまた参加できるような考え方を持っていいんでしょうか。
◎五十嵐 観光企画課長  具体的な使い方につきましては、現在寺泊観光協会等と詰めておりまして、そういったいろんな地域のPRにも使いたいというふうなことで考えております。
◆関正史 委員  長岡市全体の観光案内というようなことで、また各地域の宝の磨き上げもありますので、大いに期待するところでありますので、ひとつよろしくお願いしたいと思います。
 もう1つお願いします。279ページの長岡古里映画学校実行委員会、この中身をもう少しお聞きしたいと思います。
◎五十嵐 観光企画課長  長岡古里映画学校ですけれども、これは実行委員会の負担金という形で予算を計上させていただいておりますが、皆さん御存じのとおり、映画「この空の花─長岡花火物語」というふるさと映画が長岡にあるわけでございますけれども、こうしたふるさとをテーマにした映画を通じまして、市民一人一人がこれまで以上にふるさとの歴史や風土といったよさを見詰め直していただいて、自信を持っていただき、未来につなげていこうというふうな趣旨で開催するものです。具体的にはふるさと映画の上映ですとか映画関係者による映画づくりのワークショップ、それからふるさと映画サミットやフォーラムといったものを関係団体によりまして実行委員会を組織し、開催していくことを想定しております。ことし2月に大分県臼杵市で臼杵古里映画学校が開催されました。私もそれを見てきたんですけれども、それを参考にしながら、長岡市におきましても例えば長岡には3大学がありますし、専門学校もありますので、若者がたくさんいらっしゃいます。そういったことも踏まえまして、長岡らしい映画学校を開催したいというふうに考えております。
◆細井良雄 委員  それでは、1点だけお願いします。
 説明書の261ページ、新エネルギー開発支援補助金4,900万円につきまして、まずその概要について報告願いたいと思います。
◎安達 産業立地課長  新エネルギー補助金につきましては、昨年度から実施しているものでありまして、付加価値の高い新エネルギー分野へ長岡の産業が参入できるように、それを支援するための補助金でございます。基本的には発電機等の発電装置等の製品の開発に対しての補助金、あと新エネ・省エネの技術開発に対する補助金ということで行ってまいりました。先般発電機の開発ということで、新聞報道等にもありましたが、大原鉄工所がマイクロ水力発電装置という試験機を柿町の地内で行いましたが、そういうもので徐々に成果があらわれてきているものでございます。また、新年度につきましてはさらにそれを拡充した形で、発電装置となると長岡の企業でもかなり限られた企業しかなかなか使えないということで、さらにその裾野を広げるために発電装置等の主要部品やそういう技術開発に対しても新年度の予算の中で見れるように考えておるところでございます。
◆細井良雄 委員  私もその新聞報道を見まして、農業地域ですので、農業水路がたくさんあります。ぜひ実用化していく方向でと考えているわけなんですけれども、今の段階で実用化のめどがつくとか、そういう点についてはどんなふうに考えられておりますか。
◎安達 産業立地課長  今般の大原鉄工所のマイクロ水力発電につきましては、実用化に向けて来年度もう1年度かけて、今試験機が5キロワットで来ていますが、それを20キロワットのものにさらにグレードアップした、本当に販売するのはそこで目指したいという、そういう試験等も行いまして、実際実用化に向けてできると思いますが、もう少し時間がかかる、来年度には実用機ができるものと考えております。
◆細井良雄 委員  私も柿町のところをちょっと見させてもらってきたんですけれども、洪水のときには退避できるというような、そういう点では新しい技術が入れられているというふうな話を聞いております。価格等についてはちょっと高目な感じがしたんですけれども、大体30キロワットのものを想定すると設備費といいますか、設置費にそんなにいっぱい金がかからんというのがメリットだというふうに伺っていますけれども、大体どのぐらいの予算規模であれば30キロワットというのができそうだという感じを今持っていらっしゃるんでしょうか。
◎安達 産業立地課長  実際の販売となるとどのぐらいの価格になるかというのは、私ども正確な数字は聞いておりませんので、ちょっとお答えができないところなんですが、ただ今回のつくり方自体が落差の少ないところ、あとさまざまな工夫をすることで大規模な、普通は水路に対して大きな工事をしないと設置できないんですが、それがあそこを見ていただいても軽微な工事でできるという面では、設置場所を選ばない、さらに設置費が軽減されるということになりますので、その分通常のものより経費が削減されて設置できるものだと考えております。
◆細井良雄 委員  先ほど関連する企業の協力によってもっとどんどんいいものにしていくというような話がありましたけれども、長岡市は農業が大変多くて、水路も張りめぐらされている中でそこでの発電が可能になればいろんな可能性が十分出てくるというふうに考えています。ぜひしっかりと進めていただきたいというふうに思います。
◆酒井正春 委員  再度ですが、説明書の279ページ、先ほど関正史委員からも質問がありました長岡古里映画学校実行委員会についてもう少し私もお聞きしたいんですが、この実行委員会は何人の構成メンバーで、委員長はまずどなたなのかお聞かせ願えますか。
◎五十嵐 観光企画課長  その辺はまだ決まっておりません。ただ、映画関係者を長岡に招聘して開催いたしますので、そういった関係者の中から例えば委員長をしていただいたり、委員長といいますか、学校長といいますか、そういった方を選んでお願いしていきたいというふうには考えております。実行委員会の団体も固定したものはまだ決まってございません。
◆酒井正春 委員  じゃあ、いつごろ決めていくのか、それと何人ぐらいで大体予想するのかはわかりますか。
◎五十嵐 観光企画課長  開催を来年の1月から2月ぐらいに予定しておりますので、4月から各関係団体を回りましてお願いをしていった中で断られる場合も当然ございますので、今数が幾つというふうなのはちょっと答えにくいんですが、できるだけ多くの団体に参加いただいてかかわっていただきたいというふうに考えております。
◆酒井正春 委員  最後、これは1年物ですか、2年物ですか、もっと長いんですか。
◎五十嵐 観光企画課長  基本的には1年というふうに考えておりますが、こういった大きなイベントはそうそうできるものではございませんけれども、そういった取り組みを通じて毎年継続した形で何か開催できればいいとは思っておりますが、こういった大きなイベントとしては来年度というふうに考えております。
◆高見美加 委員  説明書の259ページに中心市街地のアンテナショップ・チャレンジショップというふうにありますけれども、これは先日補正のときに議論が出た事業、新たな地方創生の事業とは絡まりがあるんでしょうか。
◎伊藤 商業振興課長  こちらのアンテナショップ・チャレンジショップ事業というのは、今大手通り、カーネーションプラザの1階におきまして地域の物産を置くアンテナショップ、あと若い方々から出店していただくチャレンジショップといったことでございまして、特別3月初日に経済対策であった事業とは直接の関係はございません。これは、引き続きやっておるものでございます。
◆高見美加 委員  わかりました。
 その下の起業・創業支援事業1,000万円ですが、昨年度より2倍に増額にされているんですが、その中身を教えてください。
◎伊藤 商業振興課長  こちらの起業・創業支援事業1,000万円ということでございますけど、こちらは昨年の7月に起業支援センターというものが城内町のところにオープンしております。そちらに対しまして、昨年は7月からオープンということで事務局体制も1名といったことで起業塾とかをやっておりまして、そちらに対して補助金を交付しております。新年度はその事務局体制をさらに充実していただいた分と、それから起業塾につきましてもこれから女性の起業といったところも注目しまして、そういったところの事業を拡大していただくということで補助金のほうを500万円から1,000万円ということにさせていただいております。
   ─────────────────
  〔9、10款〕
〇野口農林部長、茨木環境部長、広瀬市民部長 〔予算書及び説明書にて説明〕
○山田省吾 委員長  質疑はありませんか。
◆酒井正春 委員  説明書の429ページの説明を聞いていて思ったんですが、市民参加イベント開催事業費の中でマラソン選手がお二方載っておられます。それはそれでいいんですけれども、有森裕子さんの関係経費というのは15万3,000円と載っているんですが、ギャラとかはどうなっているんですか。
◎川上 スポーツ振興課長  有森裕子さんでございますが、御自身いろいろ障害者スポーツの育成支援、こういったところを個人的にも進めておられます。そういった意味で今回チャリティーランというようなことで、経費的な部分については有森さんの側で自己負担の中でおいでいただくという本当に温かい御配慮をいただいての取り組みになっております。
◆酒井正春 委員  とてもすばらしい。じゃあ、千葉真子さん、こっちは払うわけですね。わかりました。
   ─────────────────
  〔歳入〕
 (2) 第2条 継続費中当委員会付託分
 (3) 第3条 債務負担行為中当委員会付託分
〇野口農林部長、広瀬市民部長、茨木環境部長、山崎市民協働推進室長、高橋理事・商工部長 〔予算書及び説明書にて説明〕
○山田省吾 委員長  質疑はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
   ─────────────────
○山田省吾 委員長  それでは、本案に対する意見はありませんか。
◆山田保一郎 委員  それでは、平成27年度長岡市一般会計予算の当委員会付託分につきまして、公明党の意見を申し上げます。
 平成27年度は、地方創生元年であります。地域の活力を向上させるためには、雇用創出、産業振興と地域経済をしっかり支えていくことが必要であります。
 新年度予算におきましては、地元中小企業の魅力を動画で配信する情報発信力の強化、中小企業振興資金創業貸付の貸付限度額の引き上げ、ものづくり未来支援補助金による支援の拡充など、きめ細やかな支援策が盛られております。
 また、長岡地域若者サポートステーションとの連携による若者就労支援では、新規事業としてサポートステーション卒業者の職場定着の支援を実施されることになっており、評価をしているところであります。
 また、太平洋戦争終戦70年の年に長岡ホノルル平和交流記念事業の実施は日米友好と平和の大切さを発信していく、長岡におきましても歴史に残る大変重要な事業と考えております。当局の万全な取り組みで大成功いたしますよう要望し、27年度予算に賛成をいたします。
◆細井良雄 委員  平成27年度一般会計予算、産業市民委員会付託分について、日本共産党議員団の意見を申し上げます。
 新年度予算における一般会計に占める商工費の割合は1.4%と前年比0.1%減であります。また、農林水産予算は0.2%伸びましたが、2.3%として依然として低い水準にあります。長岡市の農林業や商工業に対する予算を今こそ大幅に伸ばすべきと考えるものであります。米価の暴落による米作農家や集落営農組織の影響は大きなものがあり、今後の営農推進に大きな不安が広がっております。この中で農業への新しい新規加入者、機械の購入などに対する支援がふやされたことは評価しますが、予算規模が少なく、大きく影響のある大規模農家や生産組織に対応できるものになっておりません。また、他の自治体などが実施している種もみに対する補助などの生産費の補填を含めた支援がないことは問題であります。
 また、中心市街地の開発に偏らず、市内全域で使える商店リニューアル助成事業を実施すべきであります。
 原発に依存しないエネルギーへの転換は大きく進めるべきであり、新エネルギーのより一層の普及へ支援枠の拡大や予算規模をふやして転換促進を進めるべきであります。
 また、急激な人口減少などによる中山間地域の活力低下は待ったなしの段階に入っております。長岡市の総合的な中山間地域対策を一刻も早く樹立し、実行することを要望し、反対の意見といたします。
◆高見美加 委員  議案第2号平成27年度長岡市一般会計予算のうち当委員会付託分について、市民クラブの意見を申し上げます。
 真の地域経済の再生と向上に向け、中小企業振興資金創業貸付の貸付限度額の引き上げ、市内企業の情報発信力強化、新エネルギー産業分野への進出促進、ものづくり未来支援補助金による支援拡充など、特に若者の定住促進のための就労支援、日本一起業しやすい長岡を目指しての創業、起業する人への引き続きの支援など、新たな雇用の場をみずから創出する政策は大いに期待するところであります。
 また、農業を取り巻くさまざまな諸課題を見据え、複合部門導入支援事業の拡充や新農業人リクルート支援事業、意欲ある担い手に向けた総合支援事業など、国内有数の食料供給地としての長岡の農林水産業をさらに競争力のある強い産業にしていく施策であり、長岡産食材を全国に発信していくことを期待いたします。
 合併10年、終戦70年を迎え、各周年事業、長岡らしさを感じる観光のまちづくりのための各事業など、市民が豊かな歴史と多様な文化に誇りの持てるまちづくり関連予算が随所に見られ、高く評価するところであります。
 よって、平成27年度一般会計予算に賛成いたします。地方創生元年と言われる本年、地域の活力向上のために若者がこの地に明るくたくましい未来を描ける施策展開を期待し、市民クラブの意見といたします。
○山田省吾 委員長  議案第2号は、原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。
  〔賛成者挙手〕
○山田省吾 委員長  挙手多数。よって、本案は原案のとおり決しました。
・議決事由 原案のとおり可決
   ────────※────────
2 議案第8号 平成27年度長岡市と畜場事業特別会計予算
○山田省吾 委員長  議案第8号を議題といたします。
〇野口農林部長 〔予算書及び説明書にて説明〕
○山田省吾 委員長  まず、質疑はありませんか。
◆酒井正春 委員  説明書の特139ページの1款2項の施設整備費ですが、内臓処理室の機器改良工事等の設計委託があって、この年に工事も一緒にやっちゃうということなんでしょうか。
◎小林 農政課長  はい。御質問のとおり、年度内に設計並びに工事を行いたいというふうに考えております。
◆酒井正春 委員  となると、2,000万円で2つの工事が入っているんですが、これを大まか分けると何対何なんですか。
◎小林 農政課長  この工事費の比率でございますけれども、2,000万円に対しまして内臓処理室の機器改良が1,700万円、大動物ノッキング室改修が300万円というふうに見込んでおります。
◆酒井正春 委員  わかりました。設計委託料が約300万円に対してどの程度かなということがちょっと気になったのでお聞きしました。
○山田省吾 委員長  それでは、意見はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○山田省吾 委員長  議案第8号は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○山田省吾 委員長  御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり決しました。
・議決事由 原案のとおり可決
   ────────※────────
○山田省吾 委員長  これにて散会いたします。
  午前11時散会
   ────────※────────