議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 長岡市

平成27年 3月文教福祉委員会−03月02日-01号




平成27年 3月文教福祉委員会

平成27年3月2日(月)午後1時57分開議
   ────────※────────
〇出席委員(9人)
  松 井 一 男 君   杉 本 輝 榮 君
  木 島 祥 司 君   浮 部 文 雄 君
  関   充 夫 君   中 村 耕 一 君
  大 平 美惠子 君   高 野 正 義 君
  小 熊 正 志 君
   ─────────────────
〇委員外議員で出席した者
  高 見 美 加 君   藤 井 盛 光 君
  広 井   晃 君   山 田 省 吾 君
  佐 藤 伸 広 君   丸 山 広 司 君
  永 井 亮 一 君   杵 渕 俊 久 君
  細 井 良 雄 君   加 藤 尚 登 君
  水 科 三 郎 君   桑 原   望 君
  長谷川 一 作 君   諸 橋 虎 雄 君
  西 澤 信 勝 君   藤 井 達 徳 君
  古川原 直 人 君   関   正 史 君
  関   貴 志 君   酒 井 正 春 君
  笠 井 則 雄 君   山 田 保一郎 君
  加 藤 一 康 君   五 井 文 雄 君
  大 地 正 幸 君   小坂井 和 夫 君
  矢 野 一 夫 君
  丸山(勝)議長
   ────────※────────
〇説明のため出席した者
  山崎副市長       磯田副市長
  笠原地域政策監     金子政策監
  水澤福祉保健部長    成田福祉総務課長
  木元健康課長
  加藤教育長       佐藤教育部長
  若月子育て支援部長   中村教育施設課長
  田村学務課長      金垣中央図書館長
  波多子ども家庭課長
   ────────※────────
〇職務のため出席した事務局職員
  吉田事務局長      松永課長
  神保課長補佐      高橋議事係長
   ────────※────────
○松井一男 委員長  これより会議を開きます。
   ────────※────────
○松井一男 委員長  なお、報道関係者から写真撮影の申し出がありましたため、委員会傍聴規則に基づいて委員長においてこれを許可いたしましたので、御了承願います。
   ────────※────────
1 議案第1号 専決処分について
 (1) 専決第2号 平成26年度長岡市一般会計補正予算
  ア 第1条 歳入歳出予算の補正中当委員会付託分
○松井一男 委員長  議案第1号を議題といたします。
〇水澤福祉保健部長 〔予算書・説明書にて説明〕
○松井一男 委員長  まず、質疑はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○松井一男 委員長  それでは、意見はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○松井一男 委員長  議案第1号は、提出のとおり承認することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○松井一男 委員長  御異議なしと認めます。よって、本件は提出のとおり承認することに決しました。
・議決事由 提出のとおり承認
   ────────※────────
2 議案第13号 平成26年度長岡市一般会計補正予算
 (1) 第1条 歳入歳出予算の補正中当委員会付託分
 (2) 第2条 繰越明許費中当委員会付託分
 (3) 第3条 債務負担行為中当委員会付託分
○松井一男 委員長  議案第13号を議題といたします。
〇水澤福祉保健部長、若月子育て支援部長、佐藤教育部長 〔予算書・説明書にて説明〕
○松井一男 委員長  まず、質疑はありませんか。
◆大平美惠子 委員 25ページの多世代健康まちづくり事業費についてです。健康くらぶコンテンツ発信業務委託料ですが、かなり高額になっておりますが、この内訳をお知らせください。
◎成田 福祉総務課長  今回この健康くらぶにつきましては、長岡市の1次予防の一環として捉える中で、数多くの市民の皆様から御参画いただきまして健康づくりに励んでいただこうということで予算措置をしたものでございますけれども、このコンテンツ発信業務委託料につきましては、具体的に言いますと、会員だけが見れるインターネット上の画面等のシステムを維持するもの、それからレシピですとかフィットネス等の健康に関するような情報、そういったものを配信する経費等で2,952万円、若干市民の会費の低減を図る経費として756万円、あとポイントシステムを拡充させていただく中で3,400万円という経費を盛らさせていただいたところでございます。
◆大平美惠子 委員 私も会員にさせていただいていて、時々この画面も見ますけれども、このコンテンツの中身、内容についても改良というか、中身を充実させていくという方向だと思うんですが、これによってまた新たに改良される点というのはどういうところですか。
◎成田 福祉総務課長  具体的なところはこれから、予算後の話になるかというふうに思いますけれども、やはり今配信されているものとしては健康レシピ、あとフィットネス等の情報がございますが、同じものが流れていると飽きてしまいますので、逐次といいますか、定期的にその情報については更新をさせていただくというような形を考えているというところでございます。
◆木島祥司 委員 25ページで今大平委員から質問があったところなんですけれども、これって市としていろいろ目標にしている数字とかというのはあるんでしょうか。健康くらぶの会員の関係なんですけれども。
◎成田 福祉総務課長  具体的に何人という目標を定めているということではないというふうに今のところは思っています。ただ、少なくともある程度の人数がそろわないと、こういう健康づくりその他についてはなかなか一定の効果が得られないという中で、早目に、最低でも3,000人の方々から会員になっていただくような努力はさせていただいているというところでございます。
◆中村耕一 委員 35ページの教育諸費の中で多世代健康まちづくり事業費、学校給食献立作成等委託料という項目が出ております。健康に関する食ということで、多世代にわたるということは理解できるところでございます。学校給食の献立をつくるということをタニタに委託するということですけれども、大人の場合にはカロリー重視とか、そういうものがありますけれども、子育て世代には栄養価であるとか、いろいろなものって考えなきゃいけないという部分はあるかと思います。その辺の兼ね合いがどうなっているかということと、これまで、例えば地域の地消地産であるとか、そういうふうなことがあると思います。さっき全域で作成ということでありましたけれども、そういう地域差みたいなのは出てくるのかどういうのか、その辺ちょっとお聞かせ願いたいと思います。
◎田村 学務課長  今委員御指摘のように、学校給食というものはある意味ではもう完全な健康食であるわけです。その摂取基準につきましても文部科学省のほうの栄養摂取基準に基づきまして、小学生は約600キロカロリー、中学生は約800キロカロリーが摂取基準となっております。その中で株式会社タニタが展開しております、どちらかというと肥満防止、生活習慣病予防の観点からつくられている健康食ですが、同じ健康食という切り口から学校給食にも展開していきたいと。これは、事前に見積もりをいただく段階で調整をしておりますけれども、タニタのノウハウを生かしながら学校の栄養摂取基準がとれる献立を開発していただきたいということで事前の打ち合わせをさせていただいているところです。
 また、2点目の地場産品の利用につきましても、これは当然長岡市の学校給食ですから、地場の野菜、また長岡の伝統野菜、これらのものを取り入れていただくようにこれも調整をさせていただいておるところですので、言ってみれば長岡の野菜、食材を使って健康な給食レシピをつくっていただく、これに取り組んでいきたいと思っております。
○松井一男 委員長  それでは、意見はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○松井一男 委員長  議案第13号は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○松井一男 委員長  御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり決しました。
・議決事由 原案のとおり可決
   ────────※────────
○松井一男 委員長  これにて散会いたします。
  午後2時14分散会
   ────────※────────