議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 新潟市

平成17年 6月29日議会運営委員会−06月29日-01号




平成17年 6月29日議会運営委員会

                議会運営委員会会議録
              平成17年6月29日(最終日)
                                      第1委員会室

平成17年6月29日   午前10時00分開会
             午前11時16分閉会


〇委員会
 1 発言の取り消しについて
 2 指定専決に係る和解及び損害賠償の額の決定について(報告)の正誤について
 3 請願の撤回について
 4 その後提出のあった請願について
 5 報告について(その後報告のあったもの)
 6 地方六団体改革案の早期実現に関する意見書の提出について
 7 地方議会制度の充実強化に関する意見書の提出について
 8 道路特定財源に関する意見書の提出についての要請について
 9 新潟県議会議員の選挙区見直しを求める決議について
 10 本日の議事日程について
 11 本日の全員協議会について


〇委員協議会
 1 巻町との合併準備検討会議委員について
 2 新潟まつり民謡流し参加実行委員会の結果について
 3 会派控室の改修について
 4 常任委員会の審査日程(案)について
 5 各種議員連盟総会の開催について
 6 9月定例会について
 7 その他


〇出席委員等
  (委員長) 石 橋 慶 助
 (副委員長) 白 根 慶 治
  (委 員) 金 子 益 夫  安 沢 節 英  永 井 武 弘  渡 辺   仁
        渡 辺   均  大 泉   弘  志 田 常 佳  田 中 義 清
        藤 田   隆  鈴 木 克 夫  柏   一 二  青 木   学
        真 島 義 郎  小 林 十三子  吉 田 ひさみ  佐 藤   憲
        中 山   均  進   直一郎
  (議 長) 佐 藤 豊 美
  (副議長) 関 口 松 柏


〇出席説明員
  企画財政局長   若 林   孝
  財政部長     鈴 木 広 志
  財政課長     鈴 木   亨



  以上のてんまつは会議録のとおりであるので署名する

     議会運営委員長  石 橋 慶 助



○石橋慶助 委員長  ただいまから議会運営委員会を開会いたします。
                             (午前10:00)
 本日の欠席はございません。
 本会議の欠席も連絡は入っておりません。
 議題に入ります。
1 発言の取り消しについて
 別紙1をごらんいただきたいと思います。
 ここで議長から発言を求められておりますので,お聞き取りを願います。
○佐藤豊美 議長  発言の取り消しでございますが,去る21日の一般質問における佐藤幸雄議員の発言についてでございます。
 同議員から発言の取り消し申出書が提出されたところであります。内容といたしましては,別紙1のとおり,21日の本会議の一般質問の中で錯誤があったので,その部分の取り消しを申し出てきたものでございます。
 なお,発言の取り消しにつきましては,会議規則第64条の規定によりまして,議会の許可を必要とすることから,本日の議事日程に上程したいと思いますので,何とぞよろしくお願いをいたします。
 以上でございます。
○石橋慶助 委員長  お聞きのとおりでございます。
 本件につきましては,お手元の資料と同じものが本会議場に配付されますので,御承知おき願いたいと思います。
◆中山均 委員  この訂正の趣旨がちょっとよくわからないので,説明していただきたいのですけれども,「新聞紙上に載せ」というのを削除するということですか。ということは,この文面は,「先に市民の意見を聞くなど議会意思を軽視し」ということになるということですか。それはそれでいいんですけれど,そういうことで確認していいんですか。佐藤議員の発言なので,自由なんですけど。
 それで,もう一点,新聞紙上に市が直接載せたわけじゃないんでしょうけども,僕は佐藤議員の立場には立たないけれども,事実関係として議会の議論の前に新聞紙上にこの条例の問題が取り上げられたことは間違いないわけですよね。なので,そもそもこの意図がよくわからないんですけど,本人が削除したいというなら,それはそれでいいんですけども,どういう意図で,どういう経緯でこういうふうになったのか,もし御存じだったら,議長でも委員長でも一応御説明いただきたいと思うんですけど。
○石橋慶助 委員長  休憩します。            (午前10:03)
                   (休  憩)
○石橋慶助 委員長  委員会を再開いたします。      (午前10:04)
2 指定専決に係る和解及び損害賠償の額の決定について(報告)の正誤について
 別紙2をごらんいただきたいと思います。
 これも議長から発言を求められておりますので,お聞き取りを願います。
○佐藤豊美 議長  指定専決に係る和解及び損害賠償の額の決定についての正誤についてでありますが,21日に市長から既に本会議において報告した内容の一部に誤りがあり,別紙2のとおり訂正したい旨の申し出がありましたので,私としましては,本日議場に正誤表を配付することにしたいと考えているところであります。御了承をいただきたいと思います。
 以上でございます。
○石橋慶助 委員長  また,このことに関連して財政部長から発言を求められておりますので,お聞き取り願います。
◎鈴木広志 財政部長  指定専決に係る報告につきまして誤りがございました。今議会におきましては,議案及び予算説明書につきましても,正誤表による訂正をお願いしたところであり,再びのミスで大変申しわけなく,恐縮に存じております。おわび申し上げます。
 内容でございますが,一番上の新財第292号の2と次の新財第317号の2につきましては,「事故の発生」と表記すべきところ,誤って「発見」と表記したものであり,最後の新財第336号の2につきましては,事故発生年月日を誤って「平成17年」としたものでございます。
 よろしくお取り計らいくださいますようお願い申し上げます。
○石橋慶助 委員長  お聞きのとおりでございます。
◆鈴木克夫 委員  財政部長にお聞きしますけれども,微細な誤りですから,部長がたびたび陳謝することではないと思いますけれども,最近どうも何か財政課の方でこういうのが多いのですけれども,仕事が大変過多になっているのか,それとも下請にでも出してやり方が変わったためにこういうことが起きてきているのか,その辺はどうなんですかね。余りうちの財政でこういうことはなかったわけだから,その辺ちょっと心配して聞くのですが。
◎鈴木広志 財政部長  財政課の仕事が忙しいのはそのとおりでございますが,ほかに出しているということはございません。従前どおり財政課の方でチェック,校正をしております。そういう中で,原因というのは本当に不注意としか今申し上げようがなくて,もう少し深い原因については,今少しわかっていないというところでございます。
○石橋慶助 委員長  本件につきましては,別紙2と同じものを本会議場にも配付し,議員各位に周知したいと思いますが,それでよろしいですか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように決定いたします。
3 請願の撤回について
 別紙3をごらん願いたいと思います。
 6月22日付,提出者から議長に申し出があったものであります。この請願は,市民厚生常任委員会に付託済みのものであり,撤回の申し出については,本会議において諮ることになります。したがって,本日の本会議に上程されることになりますので,御承知おきを願います。
4 その後提出のあった請願について
 件名,別紙4のとおりであります。
 請願第29号 新潟市小須戸地区地域審議会委員の増員を求めることについて,付託委員会の決定でありますが,委員長私案を事務局から報告させます。
           (事務局が別紙4に朱字で記載のとおり報告)
○石橋慶助 委員長  ただいまの報告のとおりでよろしいでしょうか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように決定いたします。
5 報告について
 その後報告のあったものです。
 定期監査の結果について,社団法人しろね農業振興公社の経営状況を説明する書類の提出についてであります。
 なお,いずれも本日の本会議で報告されることになりますので,御承知おきを願います。
6 地方六団体改革案の早期実現に関する意見書の提出について
 別紙5をごらんいただきたいと思います。
 ここで議会事務局次長から発言を求められておりますので,お聞き取り願います。
◎松浦一市 事務局次長  前回の委員会でこの意見書の送付先について経済財政諮問会議が妥当かどうかという質問がございまして,調べましたところ,経済財政諮問会議は内閣府の機関で,送付先としては妥当なんですが,依頼先の方に聞きましたら,そこに記載してあります4人の民間委員の方に参考送付をしていただきたいということでございました。
 以上でございます。
○石橋慶助 委員長  お聞きのとおりであります。
 本件につきましては,持ち帰りとなっていたものでありますが,ここで各会派の意向をお聞きしたいと思います。
◆白根慶治 委員  案文の用意をしてありまして,配付をさせていただきたいと思いますので,お願いいたします。
○石橋慶助 委員長  案文を配付したいということでありますが,配付してよろしいでしょうか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  それでは,配付いたします。
 (事務局が「真の地方分権の早期実現に関する意見書(案)」配付)
○石橋慶助 委員長  ただいまお配りした案文について補足説明はございますか。
◆白根慶治 委員  若干考え方を説明させてください。
 前回の委員会で地方六団体改革案の早期実現に関する意見書の提出ということで,全国市議会議長会の方から依頼がありまして,そのことについて当委員会でも議論をしたところでありまして,今回出しました案文につきましては,議長会からの依頼文及びこの間議運でも議論したものをそれぞれ尊重させていただきまして,文案の整理をしたのが1点であります。
 もう1点は,当議会の主体性はやっぱり持ったらいいんじゃなかろうかという議論もありましたので,そのことも尊重させてもらいました。そのことは,表題に真の地方分権の早期実現に関する意見書というふうに改めさせてもらった点,また議長会から要請がありましたのは,義務教育費の問題,あるいは生活保護費の問題については,1項目としてくくっていたものですけれども,誤解を招くおそれがある,しかもこの間議論したこととも若干経緯が違うんじゃなかろうか,そういうふうに考えまして,1項ずつ別々にさせていただきました。これらを含めて,考え方としてはわかりやすくなったのかなというふうに考えて,このように案文を整理させてもらって提案するところですので,どうかひとつよろしく御議論の上,できましたら賛同いただきたい,こう思っております。
○石橋慶助 委員長  ただいまの説明に質疑はございますか。
                   (な  し)
○石橋慶助 委員長  それでは,案文の配付がありましたので,ここで改めて各会派の意向を聞かせていただきます。
◆鈴木克夫 委員  私どもは,この案文では賛成することはできません。この間,白根副委員長が本当に汗をかきながら,全会一致を求めて動かれたということについては,敬意を表しているところではございますけども,議運の冒頭にも述べましたように,地方六団体の改革案を私どもはすべてよしというふうに思っておりません。とりわけ町村議会の中では,やはりこれと異にする意見はあります。その意味で地方六団体の改革案を絶対視するような中身につきましては,反対せざるを得ないということで,申しわけございませんけど,この意見書に賛成することはできません。
 以上でございます。
◆志田常佳 委員  うちの方は,前から賛成だったんですが,白根議員から汗をかいていただいて,最初の地方六団体改革案の早期実現に関する意見書の案から,表題を真の地方分権の早期実現に関する意見書の案で私どもも納得して,中身も大体同じということで,前回同様賛成の立場であります。
◆永井武弘 委員  新潟クラブは,賛成であります。
◆青木学 委員  市民共生ネットも賛成です。
◆佐藤憲 委員  にいがたつゆ草も賛成です。
◆小林十三子 委員  公明党も賛成です。
◆中山均 委員  無所属連合は,新案文の方に賛成です。共産党さんから今言われた問題提起については,以前のたしか9月議会でしたか,地方六団体の改革案を半ば絶対視するかのような表題であったようなものに比べれば,その六団体の中での異論,反論についても,ある程度踏まえてあって,例えば義務教育費の問題についても,これは知事会の中でもいろいろ反論があるので,そうした個別事項の最終的な取り扱いを少し先送りしている点とか,幾つか評価できるところがあると思いますので,今回は賛成させていただきます。
 なお,1点触れておきたいことがあるのですが,前回義務教育費の問題と生活保護費の問題が一緒くたになっているということで問題提起させていただいたんですが,この旧案と新案は,そういう意味では旧案の第2項についてと今回の新しい案の2項目,3項目というのは,全く違うものなんですよね。事務局の方からも全国市議会議長会にこの問題について問い合わせをしていただいたようですけども,ほかの自治体からも旧案の六団体の案文の第2項については,いろいろ異論とか問い合わせが届いているということで,旧案の2番目については非常に不適切な表現だったということが,図らずも客観的に証明されたということを申し上げておきたい。というのは,今までこの種の議長会の案文について,議長会のものだから,反対はおかしいみたいな議論がしばしばあったんですけども,議長会の権威や公正性を否定するものではありませんけれども,事務方のこうした案文作業については,いろいろ検討しなければいけないということが図らずも証明されたということで,今後もこうした案文については,当市議会としてもきちんと議論の上で成案を求めるべきだというふうに改めて申し上げて,意見といたします。
◆進直一郎 委員  改革ネットは,前の案文でも今回の案文でも意味は変わらないと思いますので,賛成いたします。
○石橋慶助 委員長  ただいまお聞きしたところ全会一致とならないようですが,賛成会派の皆さんはいかがお考えでしょうか。
◆白根慶治 委員  有志議員の提案にさせていただきたいと思います。
○石橋慶助 委員長  有志議員の提案ということで,確認してよろしいでしょうか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように確認します。
 また,有志議員提案は本日の本会議で提案することでよろしいでしょうか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように確認します。
 案文はただいま配付のとおりでよろしいでしょうか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように確認します。
 提案議員はどなたでしょうか。
◆白根慶治 委員  できましたら,反対がありました議員を除いたきょう出席の議運委員ということでお願いできればと思います。
○石橋慶助 委員長  提案議員の氏名を確認したいと思いますが,どなたでしょうか。
◆白根慶治 委員  申し上げさせていただきますが,私白根慶治,金子益夫委員,安沢節英委員,永井武弘委員,渡辺仁委員,渡辺均委員,大泉弘委員,志田常佳委員,田中義清委員,藤田隆委員,青木学委員,真島義郎委員,小林十三子委員,吉田ひさみ委員,佐藤憲委員,中山均委員,進直一郎委員。
○石橋慶助 委員長  では,提案議員の確認をもう一度いたします。
 白根委員,金子委員,安沢委員,永井委員,渡辺仁委員,渡辺均委員,大泉委員,志田委員,田中委員,藤田委員,青木委員,真島委員,小林委員,吉田委員,佐藤委員,中山委員,進委員ということでよろしいでしょうか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように確認します。
 委員会付託を省略し,即決したいと思いますが,よろしいですか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように決定いたします。
 提案理由の説明者はいかがいたしましょうか。
◆白根慶治 委員  勝手ですけれども,私がさせていただきたいと思いますので,よろしくお願いします。
○石橋慶助 委員長  提案理由の説明者は白根委員ということでよろしいですか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように確認いたします。
 討論の有無はいかがでございましょうか。
                   (な  し)
○石橋慶助 委員長  なしということで確認します。
 なお,本件は議員提案第45号となります。
7 地方議会制度の充実強化に関する意見書の提出について
 別紙6をごらんいただきたいと思います。
 本件につきましても,持ち帰りとなっていたものであります。各会派の意向をお聞かせ願いたいと思います。
◆白根慶治 委員  案文の用意がありますので,配付せていただきたいと思います。
○石橋慶助 委員長  案文を配付したいということでありますが,配付してよろしいですか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  事務局,お願いします。
 (事務局が「地方議会制度の充実強化に関する意見書(案)」配付)
○石橋慶助 委員長  案文についての補足説明はございますか。
◆白根慶治 委員  若干ですけれども,考え方を説明させてください。
 この件につきましても,地方制度の充実強化に関する意見書の提出ということで,全国市議会議長会の方から依頼があったものでありますけれども,前回の当委員会でもいろんな議論がありました。それを参考にしながら,私ども新潟市議会としての主体性を持とうじゃないかということの中で,若干文案についても変更させてもらったものです。例えば細かいことですけれども,「近時大きく変化をしているとか」という表現等が見られるわけですけども,この辺はわかりやすい「近時」よりも「近年」の方がいいんじゃないかということを加えさせていただいたり,あるいは後段の方で地方議会の権能に関する活性化ということの中で,例えば幾つかの項目が記述をされていました。例えば議長に議会の招集権を付与することとか,委員会にも議案提案権を認めることとか,議会の附属機関の設置を可能にすることとか,そういう部分がありましたけれども,そのほかにも議論されていることというのは多くあるものですから,逐一言わなくてもいいんじゃなかろうかという判断と,もう一点はいろんな場所で十分な協議をしてきちっと決めていただきたい,こういう観点に立って,若干ですけれども,修正をして案文をつくらせてもらったものでありますので,何とぞひとつ全会派,全委員の御賛同をいただきたく補足をさせていただいて,説明にかえます。
○石橋慶助 委員長  ただいまの説明に質疑はございますか。
                   (な  し)
○石橋慶助 委員長  案文の配付がありましたので,改めて各会派の意向をお聞かせ願いたいと思います。
◆永井武弘 委員  新潟クラブは賛成です。
◆志田常佳 委員  市民クラブは,前回同様,ちょっと文言が違ってきましたけれども,了として賛成であります。
◆鈴木克夫 委員  白根副委員長の努力を評価しまして,賛成したいと思います。
◆青木学 委員  市民共生ネットも賛成です。
◆小林十三子 委員  公明党も賛成です。
◆佐藤憲 委員  にいがたつゆ草も賛成です。
◆中山均 委員  無所属連合も賛成です。
◆進直一郎 委員  改革ネットも賛成です。
○石橋慶助 委員長  それでは,この案文により意見書を提出することで全会一致決定してよろしいでしょうか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように決定いたします。
 本日の本会議に提案することに御異議ありませんか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように決定いたします。
 提案議員は,本日の出席の議運委員でよろしいでしょうか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように決定いたします。
 提案理由説明者は,議運委員長でよろしいでしょうか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように決定いたします。
 委員会付託を省略し,即決したいと思いますが,よろしいでしょうか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように決定いたします。
 討論の有無はいかがでしょうか。
                   (な  し)
○石橋慶助 委員長  なしということで確認いたします。
 なお,本件は議員提案第46号となります。
8 道路特定財源に関する意見書の提出についての要請について
 別紙7でございますが,さきの議会運営委員会において所管の常任委員会に参考送付し,意見をいただいた上で再度協議することに決定してありますが,ここで議長から発言を求められておりますので,お聞き取り願います。
○佐藤豊美 議長  道路特定財源に関する意見書の提出についての要請についてでありますが,所管の常任委員会に参考送付いたしましたところ,建設常任委員長さんから,合併後の新潟市の一体化を図るために早急に道路整備が必要であり,市として道路特定財源の堅持を求めていくべきで,要請には賛成であるとの多数意見,また一方,財源を不採算高速道路の建設や公団の債務返済に充てるなど財源は余っており,また渋滞緩和や環境対策は車の総量規制や公共交通の拡充で対応すべきで,財政状況からも一般財源化すべきであるから,要請の趣旨には反対であるとの少数意見があり,委員会では一致を見なかった旨の報告を受けたところでございます。本件の取り扱いについて御協議いただければありがたいと思っている次第であります。
 以上であります。
○石橋慶助 委員長  お聞きのとおりであります。
 意見の一致を見なかったものでありますが,この取り扱いについていかがいたしましょうか。
◆白根慶治 委員  案文の用意がありますので,配付をさせていただきたいと思います。
○石橋慶助 委員長  案文があるということですので,案文を配付してよろしいですか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  事務局,お願いします。
 (事務局が「道路特定財源に関する意見書(案)」配付)
○石橋慶助 委員長  ここで改めて案文の配付がありましたので,各会派の意向をお聞きしたいと思います。
◆鈴木克夫 委員  るる書かれておりますけれども,最終的には道路特定財源制度を堅持せよということでございます。私どもは,この制度がある限りいわゆる生活道路,一般市町村の道路財源がこのために予算措置されていないという問題意識を持っているものですから,本当に生活道路を充実していくならば,この特定財源をやめて,一般財源化して国土交通省の予算をふやしていくと,その方が手っ取り早いと思いますので,この意見書には賛成することはできません。
 以上でございます。
◆永井武弘 委員  この道路特定財源に関しては,これから新潟市が政令指定都市になるということで,港湾,あるいは道路整備は必要でありますので,賛成であります。
◆志田常佳 委員  市民クラブは,この案文に対して賛成の立場であります。
◆青木学 委員  市民共生ネットも賛成です。
◆真島義郎 委員  賛成でございます。
◆佐藤憲 委員  賛成です。
◆中山均 委員  道路特定財源については,いろいろ議論があって,社会的にもいろいろ問題になっているところでもありますし,確かに地方六団体の中でも圧倒的多数がこれについては維持してほしいという意見が多いのは承知しておりますが,地方の道路の整備ということを考えたとしても,道路特定財源の使い方が,国が圧倒的に多くの裁量権を持っているということを考えてもですね,その制度のあり方自身も見直していかなければならないし,地方の道路をちゃんとつくって推進していくという立場で考えても,このままでは私どもというか,少なくとも当会派としては3名は賛成できません。少なくとも3名は賛成できません。ほかの2名,まだ態度は未定です。会派としてはまとまっています。
◆進直一郎 委員  改革ネットは賛成です。
○石橋慶助 委員長  お聞きしたところ全会一致にならないようですが,賛成会派の皆さん,いかがお考えですか。
◆白根慶治 委員  有志議員の提案としてお願いしたいと思います。
○石橋慶助 委員長  有志議員提案ということで確認してよろしいですか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように確認します。
 また,有志議員提案は本日の本会議で提案することでよろしいでしょうか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように確認します。
 案文は,ただいま配付のとおりでよろしいですか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように確認します。
 提案議員は,どなたでしょうか。
◆白根慶治 委員  提案議員につきましては,本日出席の議運委員のうち,反対のありました共産党の委員の方,それから無所属連合の委員の方を除いた全委員で提案議員としてお願いしたいと思います。
○石橋慶助 委員長  それでは,提案議員を改めて確認します。
 白根委員,金子委員,安沢委員,永井委員,渡辺仁委員,渡辺均委員,大泉委員,志田委員,田中委員,藤田委員,青木委員,真島委員,小林委員,吉田委員,佐藤委員,進委員ということでよろしいですか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように確認します。
 提案理由説明者は,どなたでございましょうか。
◆白根慶治 委員  私,白根慶治がさせていただきたいと思います。
○石橋慶助 委員長  白根委員ということで確認します。
 委員会付託を省略し,即決したいと思いますが,よろしいですか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように決定いたします。
 討論の有無はいかがですか。
                   (な  し)
○石橋慶助 委員長  なしということで確認いたします。
 なお,本件は議員提案第47号となります。
9 新潟県議会議員の選挙区見直しを求める決議について
 別紙8でありますが,改革ネットから提案があり,持ち帰りとなっていたものであります。
 各会派の意向をお聞かせ願います。
◆進直一郎 委員  案文を差しかえしたいのですが,お願いします。
○石橋慶助 委員長  今,進委員から案文の差しかえをしたいということでありますが,差しかえということで配付してよろしいですか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  それでは,配付いたします。
 (事務局が「新潟県議会議員の選挙区見直しを求める決議(案)配付)
○石橋慶助 委員長  お配りしました案文についての補足説明はございますか。
               (「ありません」との声あり)
○石橋慶助 委員長  案文に対しての質疑はございますか。
                   (な  し)
○石橋慶助 委員長  ここで各会派の意向をお聞かせ願いたいと思います。
◆渡辺均 委員  この案には,新潟クラブとして賛成であります。
◆志田常佳 委員  この案文を了とし,市民クラブも賛成であります。
                (「賛成」との声あり)
○石橋慶助 委員長  全会派賛成でよろしいですか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  全会一致賛成ということで,そのように決定いたします。
 本日の本会議に提案することに御異議ございませんか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように決定いたします。
 提案議員は,本日出席の議運委員でよろしいですか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように決定いたします。
 提案理由説明者は,議運委員長でよろしいですか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように決定いたします。
 委員会付託を省略し,即決したいと思いますが,よろしいですか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように決定いたします。
 討論の有無はいかがですか。
                   (な  し)
○石橋慶助 委員長  なしということで確認をいたします。
 なお,本件は議員提案第48号となります。
◆進直一郎 委員  議決されましたら,県議会議長あてに送付するということでお願いをしたいと思います。
○石橋慶助 委員長  県議会の方に送付したいということでありましたが,それでよろしいですか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように決定いたします。
10 本日の議事日程について
 日程第1 会議録署名議員の指名
 ここで先ほど決定いたしました議員提案でありますが,日程第2として議員提案第45号 真の地方分権の早期実現に関する意見書の提出について,日程第3として議員提案第46号 地方議会制度の充実強化に関する意見書の提出について,日程第4として議員提案第47号 道路特定財源に関する意見書の提出について,日程第5として議員提案第48号 新潟県議会議員の選挙区見直しを求める決議について,がそれぞれ入ります。
 したがって,以下繰り下がった日程番号で申し上げます。
 日程第6 発言の取り消し
 日程第7 請願の撤回
 日程第8 請願継続審査
 本日付託する請願について,議会閉会中の継続審査の議決を願うことになります。
 日程第9 報告
 定期監査の結果について,社団法人しろね農業振興公社の経営状況を説明する書類の提出についてです。
 日程第10 委員会の閉会中の継続審査・調査
 別紙9及び10のとおり各委員長から申し出がありました,委員会において審査・調査中の事件について,議会閉会中の継続審査・調査の議決を願うことになります。
 日程第11 議案第48号から第103号まで及び105号から第115号まで
 日程第12 請願,陳情
 各常任委員会審査の経過並びに結果報告,いずれも別紙11のとおりであります。
 以上日程第11及び第12を一括して議題とし,各常任委員長の報告を願うことになります。
 討論の有無はいかがでしょうか。
◆鈴木克夫 委員  討論を行います。議案第52号 新潟市における法令遵守の推進等に関する条例の制定について,賛成する立場で私鈴木克夫が行います。
◆中山均 委員  同じく52号について,私も賛成の立場で討論を行います。それと,請願第24号,第26号,第27号について,一括して反対討論を行います。
◆進直一郎 委員  請願第24号,26号,27号について,山際議員が一括して反対討論を行います。それで,中山委員も討論を行うということですが,山際議員の方を先にやらせていただきたいと。
◆永井武弘 委員  請願第26号,27号に賛成討論,佐々木薫議員。
◆中山均 委員  討論のところでちょっと漏れがあったのですけど,議案第 102号 指定管理者の指定について,うちの会派の小林義昭議員が反対討論を行います。
○石橋慶助 委員長  ほかにございませんか。
                   (な  し)
○石橋慶助 委員長  それでは確認いたします。
 議案について,第52号,賛成討論で鈴木議員です。第52号,賛成討論で中山議員。第102号,反対討論で小林義昭議員です。請願第24号,26号,27号に反対の立場で中山議員。請願24号,26号,27号,同じく反対で山際議員。それから,請願第26号,27号賛成で佐々木議員ということでありますが,このとおり確認してよろしいですか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  それでは,そのように確認します。
 討論は,最初に議案,続いて請願という形でやらせていただいてよろしいですか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  それでは,最初に議案第102号について,反対討論で小林議員が入ります。続いて,議案第52号,賛成討論で鈴木議員にお願いします。続いて議案第52号,賛成討論で中山議員が入ります。それから,請願の方は,請願第24号,26号,27号について反対討論で山際議員,続いて請願第26号,27号について賛成討論で佐々木薫議員,それから請願第24号,26号,27号について反対討論で中山議員ということで確認したいと思いますが,それでよろしいですか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように確認します。
 次に,議案などの採決の方法ですが,反対のある議案第66号,第67号,第100号,第102号及び第108号は,以上可決に反対であります。また,議題には載せておりませんが,除斥のある議案第110号 契約の締結についてでありますが,野上議員が除斥となります。反対のある請願第23号第1項から第3項までは,以上不採択に反対であります。また,反対のある請願第24号第1項から第3項まで,第26号第1項から第3項まで,及び第27号第1項及び第2項は,以上採択に反対であります。また,反対のある陳情第28号は,不採択に反対であります。
 以上については別途に採決し,他の議案は一括して採決したいと思いますが,それでよろしいですか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように決定いたします。
 なお,請願第23号第1項から第3項まで,請願第26号第2項及び第3項については,それぞれまとめて採決したいと思いますが,よろしいですか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように決定します。
 以上が別途採決の一括採決です。
11 本日の全員協議会について
 執行部から,巻町国民健康保険病院の民間譲渡について,市長からございます。議会側から予定はありません。
 以上で委員会を閉会し,委員協議会を開会します。(午前10:53)
1 巻町との合併準備検討会議委員について
 別紙12をごらんいただきたいと思います。
 各会派から1名推薦していただいた名簿でございます。このとおり確認してよろしいですか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように確認いたします。
2 新潟まつり民謡流し参加実行委員会の結果について
 別紙13をごらんいただきたいと思います。
 本件につきましては,去る6月23日に第1回目の会議を開き,種々御検討いただきました。その結果につきましては,お手元にお配りしたとおりでございますので,ごらんいただきたいと思います。
 なお,民謡流しに参加するための諸経費として,全議員から一律5,000円を御負担願うということで御決定いただいたところでございます。よろしくお願いいたします。
 また,着がえの場所,出陣式及び納会の会場ですが,本年は本町通6番町のホテルディアモント新潟に変わっておりますので,これも御承知おきを願います。
3 会派控室の改修について
 ここで議会事務局総務課長から発言を求められておりますので,お聞き取りを願います。
◎岩崎徹 議会事務局総務課長  会派控室の改修について説明させていただきます。
 別紙14をごらんいただきたいと思います。
 今回の改修工事は,すべての間仕切りを取り外す大規模な工事となりますことから,工事期間を7月4日から26日まで3週間ほど予定しております。工事期間中につきましては,工事による粉じんや騒音などが発生することが予想されること,また空調もきかなくなりますことから,大変御不便をおかけいたしますが,工事期間中は,共産党議員団の控室を除いて会派控室は御利用できなくなりますので,御了承いただきたいと思います。
 資料の2枚目をごらんいただきたいと思います。改修後の図面が下欄に記載されておりますが,廊下部分に仮設の間仕切りと載っております。この部分は,工事期間中通行ができなくなりますので,御承知おき願いたいと思います。
 また,7月4日から工事を始めさせていただきたいと思いますので,貴重品などは,恐れ入りますが,お持ち帰りいただきますようお願いいたします。
 なお,工事期間中,議員控室が使用できなくなりますので,議会運営委員会室及び副議長応接室を開放させていただきたいと考えております。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。
○石橋慶助 委員長  お聞きのとおりでございます。
◆志田常佳 委員  机の上の書類は全部撤去しなきゃだめだろう。
◎岩崎徹 議会事務局総務課長  できれば撤去していただければありがたいのですが,私ども机をそのまま廊下の方に移動して工事をさせていただきたいと思いますので,貴重品だけ机,ロッカーに入れておかなければ……。できれば撤去していただけるよう御指導いただければありがたいと思いますが。
◆青木学 委員  今の件で,以前も黒埼との合併のときだったか,全員協議会室を控室に使った経緯があったような気がするんですけど,全員協議会室はそういうふうな形では使えるんですか,使えないんですか。
◎岩崎徹 議会事務局総務課長  現在拡大庁議で使っているということもありますし,出入り口を工事の関係で封鎖いたしますので,今回全員協議会室は使用できないということで御了承いただきたいと思うのですが。
○石橋慶助 委員長  お聞きのとおりでございます。
4 常任委員会の審査日程(案)について
 現在,各常任委員会の審査日程(案)につきましては,委員会審査の初日に審査日程(案)が配付されておりますが,私としましては,できるだけ早く各委員に審査日程(案)を配付していただけないかと考えたところでございます。
 このことにつきましては,先日4常任委員長さんと協議させていただいたわけですが,問題が議会全体にかかわることなので,議運で御協議していただいてはということでこの場でお諮りしたわけでございます。つきましては,本件についてどのようにお考えか,皆さんのお考えをお聞かせ願いたいということでございます。
◆金子益夫 委員  私たち増員選挙で当選させていただいて2カ月になりますが,常任委員会とかこうした会合に出させていただいて,これまでの自分の地元の委員会とか会議の進め方といささか違うなという感じで見ることが幾つかまずございました。その一番は,今委員長が発言してくれております常任委員会なんかで当日席に座ってから,これからの3日間,4日間の委員会審査は,今お手元に配付のとおり委員長私案で進めたいと思いますが,御異議ございませんかということでこの間から始まったわけですが,私にしてみれば,そのために大変幹部職員の皆さん方があれだけ両側に何十人もおいでいただいて,じゃこれで決まりましたので,関係のない方はお引き取り願って結構ですということで,非常に範囲も豊栄から岩室まで広くなり,例えば私は文教経済常任委員会に所属させていただいておりますが,五つの農業委員会の事務局長なんかも全部おいでになっている。ところが,決まった瞬間にお帰りになって結構ですということで,それだけ仕事の多忙な人たちをあれだけ寄せておいて,異議なしと決まった瞬間にお引き取りということがいかがなものかというのが1点。
 もう一つは,私どもも3日,4日にわたる委員会審査を事前に,あるいは前の晩によく勉強してくるためからいっても,どこから入るのかが全くわからない。これまで豊栄市においては,5日前までには各自の自宅に今議会の常任委員会は幾日の日の午前はこのところ,午後はこれというふうに割られて配付をされていたために,その担当の幹部職員が当然その時間までには来ている。我々もそれに沿って事前勉強してくるということで,それが当然だと思っていたんですが,新潟へ来てみたらまるで違うものですから,そういう直せるところは,すべて新潟並みと言わなくても,直していただけたら,お互いに時間のむだと経費の削減につながるのかなということで,石橋委員長に私が提案させていただきました。
 以上です。
○石橋慶助 委員長  委員協議会を一たん休憩します。   (午前11:01)
                   (休  憩)
○石橋慶助 委員長  委員協議会を再開いたします。    (午前11:09)
 常任委員会の審査日程(案)については,本会議初日に各常任委員長から案を配付するということでよろしいですか。
◆鈴木克夫 委員  確認ですが,案を招集日に配付するんですね。それで,委員会初日に決定するということ。
○石橋慶助 委員長  そうです。決定は各委員会の初日。
 よろしいですか。
                 (異 議 な し)
○石橋慶助 委員長  そのように決定いたします。
5 各種議員連盟総会の開催について
 本日の本会議終了後,全員協議会室において,記載のとおり(1)から(8)までの順で会議を開催しますので,御周知方願います。
6 9月定例会について
 執行部と協議した結果,招集日は9月12日,月曜日,会期の最終日は9月28日,水曜日を予定しております。御承知おきを願いたいと思います。
 なお,第1議運につきましては,8月29日,月曜日,午前10時からです。第2議運は,招集日の1週間前の9月5日,月曜日,午前10時からそれぞれ予定しておりますので,御承知おきを願いたいと思います。
7 その他
 特に議題にはのせてありませんが,何かございますでしょうか。
◆中山均 委員  長引いて申しわけないのですけれども,まだ明確な提案というわけじゃないのですけれども,費用弁償のことを問題提起させていただきたいということで少しお話しをさせていただきますが,合併して遠くから来られている方と,新潟市内の我々と,同じ額の費用弁償をいただいているのですが,これはずっと議会改革の小委員会でも棚上げになっていた問題で,例えば廃止という意見もありますし,それから交通費の実費補償という意見もあるし,ほかの自治体を見ると,個別にこれは問題ありということで供託しているような人たちもいるし,選挙区以外のいろんなNPOとかに寄附しているような例もあって,この費用弁償の問題については,全国的にもいろんな議論が始まっているので,問題提起として今こういう広いところから,広い議会になってしまったので,改めてこれは早急に何らかの,今までどおりということではない方法を考えた方がいいのではないかと。ただ,当会派としても具体的な提案がまだできない状態なので,一応第一弾の問題提起ということで皆さんにお話だけさせていただきたいということで,以上です。
○石橋慶助 委員長  ほかに何かありませんか。
                   (な  し)
○石橋慶助 委員長  ここで,議題にのせてありませんが,文教経済常任委員長である渡辺均委員から発言を求められておりますので,お聞き取り願います。
◆渡辺均 委員  この後11時半から,食と花の推進課さんから大農業都市特区構想に係る国への提案についてということで報告があるということですので,大変申しわけありませんが,各会派の文教経済常任委員の方に,文教経済常任委員協議会を開催しますので,御周知をお願いしたいと思います。
○石橋慶助 委員長  その旨お願いします。
 また,総務常任委員長の吉田ひさみ委員から発言がありますので,お聞き取り願います。
◆吉田ひさみ 委員  引き続き急な話で申しわけありません。
 あす30日の午前10時から総務常任委員会を開催させていただきます。委員の方々に御周知よろしくお願いいたします。
○石橋慶助 委員長  お聞きのとおりであります。
 明日10時から総務常任委員会を開催する旨の発言でございます。そのように御周知方お願いいたします。
 次に,財政部長から発言を求められておりますので,お聞き取りを願います。
◎鈴木広志 財政部長  市長及び助役の海外視察についてでございます。
 最初に,篠田市長のロシア訪問についてでございます。新潟ハバロフスク姉妹都市提携40周年記念事業参加のためハバロフスク市を,また新しい姉妹都市となりましたビロビジャン市を訪問いたします。出発予定は7月29日,帰国予定は8月2日でございます。
 次に,大泉助役の中国訪問でございます。ハルビン市との間で交わした覚書に基づき,同市を訪問し,新潟市が主催する新潟市都市環境説明会などに出席いたします。また,その後天津市を訪問し,定期航空路開設などについて意見交換を行うものでございます。出発予定は7月18日,帰国予定は7月23日でございます。
 以上でございます。
○石橋慶助 委員長  お聞きのとおりであります。
 以上で委員協議会を閉会します。             (午前11:16)