議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 新潟市

平成17年 6月定例会本会議−06月29日-04号




平成17年 6月定例会本会議

           平成17年 新潟市議会6月定例会会議録  6月29日
  ────────────────────────────────────────────

議事日程(第4号)
   平成17年6月29日午後1時30分開議
 第1 会議録署名議員の指名
 第2 議員提案第45号真の地方分権の早期実現に関する意見書の提出について
 第3 議員提案第46号地方議会制度の充実強化に関する意見書の提出について
 第4 議員提案第47号道路特定財源に関する意見書の提出について
 第5 議員提案第48号新潟県議会議員の選挙区見直しを求める決議について
 第6 発言の取り消し
 第7 請願の撤回
 第8 請願継続審査
 第9 報告
     定期監査の結果について
     社団法人しろね農業振興公社の経営状況を説明する書類の提出について
 第10 委員会の閉会中の継続審査・調査
 第11 議案第48号から第103号まで及び第105号から第115号まで
              (各常任委員会審査の経過並びに結果報告)
 第12 請願,陳情
              (各常任委員会審査の経過並びに結果報告)
  ────────────────────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 議員提案第45号真の地方分権の早期実現に関する意見書の提出について
 日程第3 議員提案第46号地方議会制度の充実強化に関する意見書の提出について
 日程第4 議員提案第47号道路特定財源に関する意見書の提出について
 日程第5 議員提案第48号新潟県議会議員の選挙区見直しを求める決議について
 日程第6 発言の取り消し
 日程第7 請願の撤回
 日程第8 請願継続審査
 日程第9 報告
       定期監査の結果について
       社団法人しろね農業振興公社の経営状況を説明する書類の提出について
 日程第10 委員会の閉会中の継続審査・調査
 日程第11 議案
  第 48 号 平成17年度新潟市一般会計補正予算………………………………………………………各 所 管
  第 49 号 平成17年度新潟市下水道事業会計補正予算………………………………………………建  設
  第 50 号 平成17年度新潟市土地取得事業会計補正予算……………………………………………総  務
  第 51 号 平成17年度新潟市老人保健事業会計補正予算……………………………………………市民厚生
  第 52 号 新潟市における法令遵守の推進等に関する条例の制定について………………………総  務
  第 53 号 新潟都市計画駅西土地区画整理事業施行規程の廃止について…………………………建  設
  第 54 号 新潟市個人情報保護条例の一部改正について……………………………………………総  務
  第 55 号 新潟市コミュニティセンター及びコミュニティハウス条例の一部改正について……市民厚生
  第 56 号 新潟市市税条例の一部改正について………………………………………………………総  務
  第 57 号 新潟市保育所条例の一部改正について……………………………………………………市民厚生
  第 58 号 新潟市老人憩の家条例の一部改正について………………………………………………市民厚生
  第 59 号 新潟市地区計画等の区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正について
        ………………………………………………………………………………………………建  設
  第 60 号 新潟市火災予防条例の一部改正について…………………………………………………総  務
  第 61 号 新潟市音楽文化会館条例の一部改正について……………………………………………総  務
  第 62 号 新潟市水族館条例の一部改正について……………………………………………………総  務
  第 63 号 新潟市民プラザ条例の一部改正について…………………………………………………総  務
  第 64 号 新潟市民芸術文化会館条例の一部改正について…………………………………………総  務
  第 65 号 新潟市會津八一記念館条例の一部改正について…………………………………………総  務
  第 66 号 新潟市新津本町二番館条例の一部改正について…………………………………………総  務
  第 67 号 新潟市新津駐車場条例の一部改正について………………………………………………総  務
  第 68 号 新潟市地域保健福祉センター条例の一部改正について…………………………………市民厚生
  第 69 号 新潟市総合福祉会館条例の一部改正について……………………………………………市民厚生
  第 70 号 新潟市西川社会福祉センター条例の一部改正について…………………………………市民厚生
  第 71 号 新潟市母子生活支援施設条例の一部改正について………………………………………市民厚生
  第 72 号 新潟市新津育ちの森条例の一部改正について……………………………………………市民厚生
  第 73 号 新潟市身体障害者デイサービスセンター条例の一部改正について……………………市民厚生
  第 74 号 新潟市老人デイサービスセンター条例の一部改正について……………………………市民厚生
  第 75 号 新潟市老人福祉センター条例の一部改正について………………………………………市民厚生
  第 76 号 新潟市高齢者支援センター条例の一部改正について……………………………………市民厚生
  第 77 号 新潟市高齢者生きがいルーム条例の一部改正について…………………………………市民厚生
  第 78 号 新潟市急患診療センター条例の一部改正について………………………………………市民厚生
  第 79 号 新潟市ふれあい健康センター条例の一部改正について…………………………………市民厚生
  第 80 号 新潟市西堀地下駐車場条例の一部改正について…………………………………………文教経済
  第 81 号 新潟市産業振興センター条例の一部改正について………………………………………文教経済
  第 82 号 新潟市職業訓練実習場条例の一部改正について…………………………………………文教経済
  第 83 号 新潟市食肉センター条例の一部改正について……………………………………………文教経済
  第 84 号 新潟市小須戸地区花とみどりのシンボルゾーン条例の一部改正について……………文教経済
  第 85 号 新潟市農村環境改善センター及び地域研修センター条例の一部改正について………文教経済
  第 86 号 新潟市海辺の森条例の一部改正について…………………………………………………文教経済
  第 87 号 新潟市臨空船江会館条例の一部改正について……………………………………………建  設
  第 88 号 新潟市山の下みなとタワー展望展示室条例の一部改正について………………………建  設
  第 89 号 新潟市自転車等駐車場条例の一部改正について…………………………………………建  設
  第 90 号 新潟市都市公園条例の一部改正について…………………………………………………建  設
  第 91 号 新潟市天寿園条例の一部改正について……………………………………………………建  設
  第 92 号 新潟市石油の里公園条例の一部改正について……………………………………………建  設
  第 93 号 新潟市信濃バレー親水レクリエーション広場条例の一部改正について………………建  設
  第 94 号 新潟市青少年三川自然の森条例の一部改正について……………………………………文教経済
  第 95 号 新潟市体育施設条例の一部改正について…………………………………………………文教経済
  第 96 号 新潟市支所設置条例の一部改正について…………………………………………………市民厚生
  第 97 号 町(字)の区域及び名称の変更について…………………………………………………市民厚生
  第 98 号 住居表示に関する法律第3条第1項の規定による本市における実施区域及び当該区域における住居表示の方法について
        ………………………………………………………………………………………………市民厚生
  第 99 号 戸籍事務の電子計算機処理による管理に関する事務の受託について…………………市民厚生
  第 100 号 指定管理者の指定について…………………………………………………………………総  務
  第 101 号 指定管理者の指定について…………………………………………………………………市民厚生
  第 102 号 指定管理者の指定について…………………………………………………………………文教経済
  第 103 号 公有水面埋立ての免許の出願に関し意見を述べることについて………………………建  設
  第 105 号 市長専決処分について………………………………………………………………………各 所 管
  第 106 号 契約の締結について…………………………………………………………………………総  務
  第 107 号 契約の締結について…………………………………………………………………………総  務
  第 108 号 契約の締結について…………………………………………………………………………総  務
  第 109 号 契約の締結について…………………………………………………………………………総  務
  第 110 号 契約の締結について…………………………………………………………………………総  務
  第 111 号 契約の締結について…………………………………………………………………………総  務
  第 112 号 契約の締結について…………………………………………………………………………総  務
  第 113 号 契約の締結について…………………………………………………………………………総  務
  第 114 号 契約の締結について…………………………………………………………………………総  務
  第 115 号 契約の締結について…………………………………………………………………………総  務
              (各常任委員会審査の経過並びに結果報告)
 日程第12 請願,陳情
  請願
  第 23 号 学校給食を行政が直接責任を持って実施することを求めることについて(第1項・第2項・第3項)
        ………………………………………………………………………………………………文教経済
  第 24 号 北朝鮮による拉致事件について詳しく記述している中学校公民教科書の採択を求めることについて(第1項・第2項・第3項)
        ………………………………………………………………………………………………文教経済
  第 26 号 新潟市の中学校教科書選定と開かれた採択に向けての一層の推進に関することについて(第1項・第2項・第3項)
        ………………………………………………………………………………………………文教経済
  第 27 号 北朝鮮による拉致事件を初め,人権や国家主権について最も詳しく記述し,学習指導要領に最も合致している中学校公民教科書の採択を求めることについて(第1項・第2項)
        ………………………………………………………………………………………………文教経済
  陳情
  第 28 号 定率減税の廃止,縮小を中止することを求める意見書の提出について………………総  務
              (各常任委員会審査の経過並びに結果報告)
  ────────────────────────────────────────────
本日付託の請願
  第 29 号 新潟市小須戸地区地域審議会委員の増員を求めることについて………………………総  務
  ────────────────────────────────────────────
出 席 議 員(77人)
    早 福   卓      佐々木   茂      小 石 光 夫
    金 子 益 夫      佐 藤 幸 雄      石 橋 慶 助
    佐 藤 豊 美      安 沢 節 英      永 井 武 弘
    玉 木 良 平      木 村 文 祐      大 島 甚一郎
    渡 辺   仁      遠 藤   哲      高 橋 哲 男
    阿 部 松 雄      渡 辺   均      若 林 国 昭
    渡 辺 孝 二      金 子   孝      佐々木   薫
    古 泉 幸 一      川 島   勝      藤 塚 仁一郎
    松 原 藤 衛      野 上 達 也      橋 田 憲 司
    田 村   清      大 泉   弘      横 山 山 人
    志 田 常 佳      金 子 由 征      宮 腰   弼
    山 崎 敬 雄      田 中 義 清      藤 田   隆
    青 柳 正 司      下 坂 忠 彦      丸 山 俊 一
    山 田 修 一      渋 谷 明 治      鈴 木 克 夫
    明 戸 和 枝      今 井 ヨシイ      目 崎 良 治
    渡 辺 有 子      柏   一 二      小 山 哲 夫
    白 根 慶 治      阿 部 紀 夫      関 口 松 柏
    青 木   学      本 図 良 雄      室 橋 春 季
    小 泉 仲 之      古 川   久      新 保 正 樹
    真 島 義 郎      青 木 千代子       小 林 十三子
    鷲 尾 令 子      山 田 洋 子      斎 藤 栄 路
    高 橋 三 義      吉 田 ひさみ      佐 藤   憲
    栗 原   学      中 山   均      栃 倉 幸 一
    小 林 義 昭      大 野   久      岡 本 松 男
    中 川 征 二      轡 田   朗      進   直一郎
    渡 辺 和 光      山 際   敦
  ────────────────────────────────────────────
欠 席 議 員(0人)
  ────────────────────────────────────────────
欠 員 議 員(1人)
  ────────────────────────────────────────────
職務のため出席した者の職氏名
   市長        篠 田   昭      助役        大 泉 淳 一
   収入役       堀 川   武      総務局長      小 原 克 己
   企画財政局長    若 林   孝      市民局長      宮 崎 敏 春
   産業経済局長    鈴 木 伸 作      都市整備局長    鎌 田 秀 一
   総務部長      神 部   昭      国際文化部長    阿 部 愛 子
   市政創造推進担当部長西   和 男      企画部長      石 井 洋 司
   財政部長      鈴 木 広 志      市民生活部長    長谷川 裕 一
   保健福祉部長    宮 原 源 治      環境部長      貝 瀬 寿 夫
   商工労働部長    尾 崎 千 尋      農林水産部長    山 田 四 郎
   都市計画部長    元 井 悦 朗      開発建築部長    池 上 忠 志
   土木部長      井 浦 正 弘      下水道部長     見 田 栄 洋
   市民病院事務局長  渡 辺   力      消防長       渡 邊 俊 英
   秘書課長      仁多見   浩      財政課長      鈴 木   亨
   水道事業管理者   長谷川   守      業務部長      金 子 民 男
   技術部長      山 垣 浩 司      教育長       佐 藤 満 夫
   学校教育部長    加 藤 三 郎      生涯学習部長    佐 藤 信 幸
   代表監査委員    熊 田 光 男
  ────────────────────────────────────────────
職務のため出席した者の職氏名
   事務局長      遠 藤   実      事務局次長     松 浦 一 市
   総務課長      岩 崎   徹      議事課長補佐    吉 田 哲 之
   議事係長      藤 崎 三七雄      委員会係長     結 城 辰 男
   議事課主査     星 野   隆      議事課主査     野 口 美津子
   議事課主査     長 沼   剛      議事課副主査    工 藤 勇 一
   議事課副主査    石 川 陽 一      議事課副主査    丸 山 紀 子
  ────────────────────────────────────────────
                                       午後1時30分開議
○議長(佐藤豊美) ただいまから本日の会議を開きます。
    ─────────────────────────────────────────
△日程第1 会議録署名議員の指名
○議長(佐藤豊美) 日程第1,会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は,会議規則第80条の規定により,
            渡 辺 孝 二 議員 及び 本 図 良 雄 議員
を指名します。
    ─────────────────────────────────────────
△日程第2 議員提案第45号真の地方分権の早期実現に関する意見書の提出について
○議長(佐藤豊美) 次に日程第2,議員提案第45号真の地方分権の早期実現に関する意見書の提出についてを議題とします。
 職員に朗読させます。
                 〔松浦一市事務局次長 朗読〕
  ────────────────────────────────────────────
△議員提案第45号
 真の地方分権の早期実現に関する意見書の提出について
 このことについて,次のとおり意見書を提出するものとする。
     平成17年6月29日提出
         新潟市議会議員        白  根  慶  治
            同           金  子  益  夫
            同           安  沢  節  英
            同           永  井  武  弘
            同           渡  辺     仁
            同           渡  辺     均
            同           大  泉     弘
            同           志  田  常  佳
            同           田  中  義  清
            同           藤  田     隆
            同           青  木     学
            同           真  島  義  郎
            同           小  林  十 三 子
            同           吉  田  ひ さ み
            同           佐  藤     憲
            同           中  山     均
            同           進     直 一 郎
  ────────────────────────────────────────────
               真の地方分権の早期実現に関する意見書
 地方六団体は,「基本方針2004」に基づく政府からの要請により,昨年8月に,地方分権の理念に沿った三位一体の改革を実現すべく,地方六団体として,その改革案を小泉内閣総理大臣に提出したところである。
 しかしながら,昨年11月の「三位一体の改革について」の政府・与党合意の税源移譲案は,その移譲額を平成16年度分を含め,おおむね3兆円とし,その約8割を明示したものの,残りの約2割については,平成17年中に検討を行い,結論を得るとし,多くの課題が先送りをされ,真の地方分権改革とは言えない状況にある。
 よって,政府においては,平成5年の衆参両議院による地方分権推進に関する全会一致の国会決議を初め,地方分権一括法の施行といった国民の意思を改めて確認し,真の「三位一体の改革」の実現を図るため,残された課題等について,地方六団体の提案を十分踏まえ,改革案の実現を強く求めるものである。
                       記
1 地方六団体の改革案を踏まえたおおむね3兆円規模の税源移譲を確実に実現すること。
1 義務教育費国庫負担金等の個別事項の最終的な取り扱いは,「国と地方の協議の場」において協議,決定すること。
1 生活保護費,児童扶養手当等の国庫負担率引き下げは,地方への単なる負担転嫁であり絶対認められないこと。
1 政府の改革案は,地方六団体の改革案の一部しか実現されておらず,地方六団体の改革案を優先して実施すること。
1 地方六団体の改革案で示した平成19年度から21年度までの第2期改革案について政府の方針を早期に明示すること。
1 地方交付税制度については,「基本方針2004」及び「政府・与党合意」に基づき,地方公共団体の財政運営に支障が生じないよう,法定率分の引き上げを含み地方交付税総額を確実に確保するとともに,財源保障機能,財源調整機能を充実強化すること。
 以上,地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
    平成17年6月29日
                                  新 潟 市 議 会 議 長
                                    佐  藤  豊  美
       衆議院議長
       参議院議長
       内閣総理大臣
       総務大臣              あて
       財務大臣
       内閣官房長官
       郵政民営化・経済財政政策担当大臣
  ────────────────────────────────────────────
○議長(佐藤豊美) 提案議員の説明を求めます。
                  〔白根慶治議員 登壇〕
◆白根慶治 議員提案第45号について,提案理由の説明を申し上げます。
 地方六団体は,地方分権の理念に沿った三位一体の改革を実現すべく,昨年8月に,地方六団体として「国庫補助負担金等に関する改革案」を小泉内閣総理大臣に提出したところであります。
 しかしながら,昨年11月の「三位一体の改革について」の政府・与党合意の税源移譲案では,多くの課題が先送りされて,真の地方分権改革とは言えない状況になっています。
 よって,政府及び国会に対して,三位一体改革が地方分権の理念に基づいた真の地方分権改革となるよう,平成5年の地方分権推進に関する国会決議を初め,地方分権一括法の施行といった国民の意思を改めて確認し,地方六団体の提案を十分に踏まえ,当議会として改革案の実現を強く求めるものであります。
 何とぞ全議員の賛同をお願い申し上げ,提案理由の説明を終わります。(拍手)
○議長(佐藤豊美) ただいまの説明に質疑はありませんか。───質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいまの議員提案第45号については,会議規則第37条第2項の規定により,委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(佐藤豊美) 御異議なしと認めます。したがって,議員提案第45号については委員会付託を省略することに決定しました。
 ただいまから討論に入ります。
 討論はありませんか。───討論はないものと認めます。
 それでは,議員提案第45号を採決します。
 本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。
                  〔賛 成 者 起 立〕
○議長(佐藤豊美) 起立多数です。したがって,本案は原案のとおり可決されました。
    ─────────────────────────────────────────
△日程第3 議員提案第46号地方議会制度の充実強化に関する意見書の提出について
○議長(佐藤豊美) 次に日程第3,議員提案第46号地方議会制度の充実強化に関する意見書の提出についてを議題とします。
 職員に朗読させます。
                 〔松浦一市事務局次長 朗読〕
  ────────────────────────────────────────────
△議員提案第46号
 地方議会制度の充実強化に関する意見書の提出について
 このことについて,次のとおり意見書を提出するものとする。
     平成17年6月29日提出
         新潟市議会議員        石  橋  慶  助
            同           白  根  慶  治
            同           金  子  益  夫
            同           安  沢  節  英
            同           永  井  武  弘
            同           渡  辺     仁
            同           渡  辺     均
            同           大  泉     弘
            同           志  田  常  佳
            同           田  中  義  清
            同           藤  田     隆
            同           鈴  木  克  夫
            同           柏     一  二
            同           青  木     学
            同           真  島  義  郎
            同           小  林  十 三 子
            同           吉  田  ひ さ み
            同           佐  藤     憲
            同           中  山     均
            同           進     直 一 郎
  ────────────────────────────────────────────
               地方議会制度の充実強化に関する意見書
 平成5年の衆参両議院における地方分権推進決議以降,地方分権一括法の施行や市町村合併に伴う地方自治に係る地勢図の変化など,地方議会を取り巻く環境は,近年大きく変化してきている。
 また,今日,三位一体の改革などが進められる中で,税財政面での自己決定権が強まれば,それに伴い議会の執行機関に対する監視機能を強化し,みずから住民のための政策を発信していかなければならないのは必然である。
 このような中,二元代表制のもとでの地方議会の役割は一層その重要性を増していることから,住民自治の代表機関である議会の機能のさらなる充実と,その活性化を図ることが強く求められている。一方,当議会においても,みずからの議会改革等を積極的に行っているところであるが,これらの環境に対応した議会の機能を十分発揮するためには,解決すべきさまざまな制度的課題がある。
 こうした課題は,現行の地方自治法が制定後60年経過し,「議会と首長との関係」等にかかわる状況が変化しているにもかかわらず,ほとんど見直されておらず,議会に係る制度が実態にそぐわなくなっていることから,議会制度全般にわたる見直しが急務である。
 21世紀における地方自治制度を考えるとき,住民自治の合議体である「議会」が自主性,自律性を発揮して初めて「地方自治の本旨」は実現するものであり,時代の趨勢に対応した議会改革なくして地方分権改革は完結しないと考える。
 よって,国におかれては,現在,第28次地方制度調査会において「議会のあり方」を審議項目として取り上げ,活発な審議が行われているところであるが,地方議会制度の規制緩和,弾力化はもとより,地方議会の権能強化及びその活性化のため,十分な協議の上に立って抜本的な制度改正が図られるよう強く求める。
 以上,地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
    平成17年6月29日
                                  新 潟 市 議 会 議 長
                                    佐  藤  豊  美
       衆議院議長
       参議院議長
                   あて
       内閣総理大臣
       総務大臣
  ────────────────────────────────────────────
○議長(佐藤豊美) 提案議員の説明を求めます。
                  〔石橋慶助議員 登壇〕
◆石橋慶助 議員提案第46号について,提案理由の説明を申し上げます。
 地方分権一括法の施行や市町村合併に伴う地方自治に係る地勢図の変化など,地方議会を取り巻く環境が大きく変化してきている中で,議会の執行機関に対する監視機能の強化や,住民を取り巻く環境変化にいち早く対応できる体制づくりが急務となっております。現行の地方自治法は制定後60年経過しているにもかかわらず,ほとんど見直しが行われていないため,議会に係る制度が実態にそぐわなくなっております。議会制度全般にわたる見直しが必要と考えます。
 よって,政府及び国会に対して,地方議会の権能強化及び活性化のため,抜本的な制度改正が図られるよう強く求めるものであります。
 何とぞ全員の御賛同をお願い申し上げ,提案理由の説明を終わります。
○議長(佐藤豊美) ただいまの説明について質疑はありませんか。───質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいまの議員提案第46号については,会議規則第37条第2項の規定により,委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(佐藤豊美) 御異議なしと認めます。したがって,議員提案第46号については委員会付託を省略することに決定しました。
 ただいまから討論に入ります。
 討論はありませんか。───討論はないものと認めます。
 それでは,議員提案第46号を採決します。
 本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(佐藤豊美) 御異議なしと認めます。したがって,本案は原案のとおり可決されました。
    ─────────────────────────────────────────
△日程第4 議員提案第47号道路特定財源に関する意見書の提出について
○議長(佐藤豊美) 次に日程第4,議員提案第47号道路特定財源に関する意見書の提出についてを議題とします。
 職員に朗読させます。
                 〔松浦一市事務局次長 朗読〕
  ────────────────────────────────────────────
△議員提案第47号
  道路特定財源に関する意見書の提出について
 このことについて,次のとおり意見書を提出するものとする。
     平成17年6月29日提出
         新潟市議会議員        白  根  慶  治
            同           金  子  益  夫
            同           安  沢  節  英
            同           永  井  武  弘
            同           渡  辺     仁
            同           渡  辺     均
            同           大  泉     弘
            同           志  田  常  佳
            同           田  中  義  清
            同           藤  田     隆
            同           青  木     学
            同           真  島  義  郎
            同           小  林  十 三 子
            同           吉  田  ひ さ み
            同           佐  藤     憲
            同           進     直 一 郎
  ────────────────────────────────────────────
                 道路特定財源に関する意見書
 道路は地方の生活を支える最も重要な社会基盤として,地域の交通の円滑化に資するほか,都市部と地方部の交流・交易基盤として,その必要性はますます大きくなっております。
 本市は,環日本海の中枢拠点都市として,高速自動車道や国際空港及び特定重要港湾などを初めとした都市機能の集積が進む中,依然河川断面部及び鉄道横断部での交通容量不足の解消が大きな課題となっています。
 また,本市は平成17年3月21日に近隣12市町村と合併し,これにより政令指定都市の実現も可能な78万都市が誕生しました。新市の一体化と交流人口の拡大を推進するため,78万都市を支える幹線道路の整備がますます重要になっています。
 さらに,今日,高度道路情報システム(ITS)を初め,バリアフリー,交通安全対策,防災対策など安全で快適な道路整備の推進が強く求められております。
 これら道路整備の財政的基盤である道路特定財源制度は,受益者負担の原則のもとに成り立っている制度であり,依然として非常に大きい道路整備の必要性にかんがみ,その使途については,あくまでも道路に関する事業に充てることが適当と考えております。
 よって,政府におかれては,地方における道路網整備の実態とその必要性を認識され,その財源を確保する道路特定財源制度を堅持し,地方の道路整備がおくれることのないよう強く要望します。
 以上,地方自治法第99条の規定により,意見書を提出します。
    平成17年6月29日
                                  新 潟 市 議 会 議 長
                                    佐  藤  豊  美
       内閣総理大臣
       財務大臣        あて
       国土交通大臣
  ────────────────────────────────────────────
○議長(佐藤豊美) 提案議員の説明を求めます。
                  〔白根慶治議員 登壇〕
◆白根慶治 議員提案第47号について,提案理由の説明を申し上げます。
 本市では,環日本海の中枢拠点都市として都市機能の集積が進む中,交通容量不足の解消が大きな課題となっています。
 また,合併後の新市の一体化と交流人口の拡大を進めるため,幹線道路の整備がますます重要になっています。
 これら道路整備の財政的基盤である道路特定財源制度は,受益者負担の原則のもとに成り立っている制度であり,依然として道路整備の必要性が非常に大きいことから,その使途については,道路に関する事業に充てることが適当と考えます。
 よって,政府に対して,道路の整備を推進する上で必要不可欠な道路特定財源制度を堅持するよう強く求めるものです。
 何とぞ全員の御賛同をお願い申し上げ,提案理由の説明を終わります。(拍手)
○議長(佐藤豊美) ただいまの説明について質疑はありませんか。───質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいまの議員提案第47号については,会議規則第37条第2項の規定により,委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(佐藤豊美) 御異議なしと認めます。したがって,議員提案第47号については委員会付託を省略することに決定しました。
 ただいまから討論に入ります。
 討論はありませんか。───討論はないものと認めます。
 それでは,議員提案第47号を採決します。
 本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。
                  〔賛 成 者 起 立〕
○議長(佐藤豊美) 起立多数です。したがって,本案は原案のとおり可決されました。
    ─────────────────────────────────────────
△日程第5 議員提案第48号新潟県議会議員の選挙区見直しを求める決議について
○議長(佐藤豊美) 次に日程第5,議員提案第48号新潟県会議員の選挙区見直しを求める決議についてを議題とします。
 職員に朗読させます。
                 〔松浦一市事務局次長 朗読〕
  ────────────────────────────────────────────
△議員提案第48号
  新潟県議会議員の選挙区見直しを求める決議について
 このことについて,次のとおり決議するものとする。
     平成17年6月29日提出
         新潟市議会議員        石  橋  慶  助
            同           白  根  慶  治
            同           金  子  益  夫
            同           安  沢  節  英
            同           永  井  武  弘
            同           渡  辺     仁
            同           渡  辺     均
            同           大  泉     弘
            同           志  田  常  佳
            同           田  中  義  清
            同           藤  田     隆
            同           鈴  木  克  夫
            同           柏     一  二
            同           青  木     学
            同           真  島  義  郎
            同           小  林  十 三 子
            同           吉  田  ひ さ み
            同           佐  藤     憲
            同           中  山     均
            同           進     直 一 郎
  ────────────────────────────────────────────
              新潟県議会議員の選挙区見直しを求める決議
 現在,新潟県内において,各市町村は住民福祉向上,地域の自立と行財政基盤拡充に向けて住民の合意を得ながら鋭意市町村合併に取り組んでいる。
 また,この市町村合併は,三役の失職や議員定数の削減など痛みを伴いながらも,地域住民の一体感をつくり出し地域の将来に誇りと愛情が持てるまちづくりのために懸命な努力を伴いながら実行されている。
 こうしたまちづくりにも関連の深い県議会議員は,地域代表として県議会の場においてその役割を果たしているところであるが,平成16年9月定例県議会で可決された「新潟県議会議員の選挙区の特例に関する条例」は,現在進められている合併が平成17年度末には完結見通しであることを勘案すると,合併して実体のなくなる旧市町村単位を基本とする選挙区から議員を選出することや,合併後の市町村を分割し選挙区を設定することなどと,合併市町村が志向するまちづくりや県議会議員と地域住民との一体感を損なうことが憂慮される。
 本市においても,平成17年3月21日より13市町村が一体となったが,現行選挙で県議会議員選挙を行うとすれば,旧新潟市,旧新津市,旧白根市,旧豊栄市,旧中蒲原郡,旧西蒲原郡の6選挙区とばらばらになり,とても政令市としてのまちづくりを一体として取り組めないことが予想される。旧白根市では平成16年12月議会で合併後の市町村で県議会議員選挙を行うよう決議を行っている。
 よって,新潟県議会議員選挙については,合併後の市町村を基本単位として選挙区が決定されるよう強く求めるものである。
 以上,決議する。
    平成17年6月29日
                                      新 潟 市 議 会
  ────────────────────────────────────────────
○議長(佐藤豊美) 提案議員の説明を求めます。
                  〔石橋慶助議員 登壇〕
◆石橋慶助 議員提案第48号について,提案理由の説明を申し上げます。
 本市において,平成16年9月定例県議会で可決された「新潟県議会議員の選挙区の特例に関する条例」で県議会選挙を行うことになりますと,旧新潟市,旧新津市,旧白根市,旧豊栄市,旧中蒲原郡,旧西蒲原郡の6選挙区とばらばらになってしまいます。これでは我々が目指す政令市としてのまちづくりに,一体として取り組めないことが予想されます。
 よって,新潟県議会議員選挙につきましては,合併後の市町村を基本単位として選挙区が決定されるよう強く求めるものであります。
 何とぞ全員の御賛同をお願い申し上げ,提案理由の説明を終わります。
○議長(佐藤豊美) ただいまの説明について質疑はありませんか。───質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいまの議員提案第48号については,会議規則第37条第2項の規定により,委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(佐藤豊美) 御異議なしと認めます。したがって,議員提案第48号については委員会付託を省略することに決定しました。
 ただいまから討論に入ります。
 討論はありませんか。───討論はないものと認めます。
 それでは,議員提案第48号を採決します。
 本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(佐藤豊美) 御異議なしと認めます。したがって,本案は原案のとおり可決されました。
    ─────────────────────────────────────────
△日程第6 発言の取り消し
○議長(佐藤豊美) 次に日程第6,発言の取り消しを議題とします。
 佐藤幸雄議員から,6月21日の本会議における発言について,会議規則第64条の規定により,お手元に配付の発言取消申出書に記載した部分を取り消したいとの申し出がありました。(当該箇所取り消し済み)
 お諮りします。この発言の取り消し申し出を許可することに御異議ありませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(佐藤豊美) 御異議なしと認めます。したがって,佐藤幸雄議員からの発言の取り消し申し出を許可することに決定しました。
    ─────────────────────────────────────────
△日程第7 請願の撤回
○議長(佐藤豊美) 次に日程第7,請願の撤回を議題とします。
 市民厚生常任委員会において継続審査中の請願第5号年金給付額の据え置き等に関する意見書の提出については,平成17年6月22日付で提出者からお手元に配付のとおり撤回の申し出がありました。
 お諮りします。ただいま議題となっています請願の撤回については,会議規則第19条第1項の規定により承認することに御異議ありませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(佐藤豊美) 御異議なしと認めます。したがって,請願の撤回についてはこれを承認することに決定しました。
    ─────────────────────────────────────────
△日程第8 請願継続審査
○議長(佐藤豊美) 次に日程第8,請願継続審査を議題とします。
 お諮りします。本日所管の常任委員会に付託しました請願第29号新潟市小須戸地区地域審議会委員の増員を求めることについては,議会閉会中においても継続審査を願うことにしたいと思います。これに御異議ありませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(佐藤豊美) 御異議なしと認めます。したがって,継続審査とすることに決定しました。
    ─────────────────────────────────────────
△日程第9 報告
○議長(佐藤豊美) 次に日程第9,報告です。
 定期監査の結果について,社団法人しろね農業振興公社の経営状況を説明する書類の提出について,本件については,市長及び監査委員から報告書が提出されており,内容はお手元に配付のとおりです。
    ─────────────────────────────────────────
△日程第10 委員会の閉会中の継続審査・調査
○議長(佐藤豊美) 次に日程第10,委員会の閉会中の継続審査・調査を議題とします。
 各委員長から,目下委員会において審査・調査中の事件について,会議規則第103条の規定により,お手元に配付してあります申出書のとおり,閉会中の継続審査・調査の申し出があります。
 お諮りします。各委員長から申し出のとおり,閉会中の継続審査・調査とすることに御異議ありませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(佐藤豊美) 御異議なしと認めます。したがって,各委員長から申し出のとおり,閉会中の継続審査・調査とすることに決定しました。(巻末に閉会中の継続審査申出書及び閉会中の継続調査申出書添付)
    ─────────────────────────────────────────
△日程第11 議案第48号から第103号まで及び第105号から第115号
△日程第12 請願,陳情
○議長(佐藤豊美) 次に日程第11,議案第48号から第103号まで及び第105号から第115号まで並びに日程第12,請願,陳情を一括して議題とします。
 各常任委員長の報告を求めます。
 最初に,建設常任委員長にお願いします。
                  〔進 直一郎議員 登壇〕
◆建設常任委員長(進直一郎) 建設常任委員会に付託されました議案の審査の経過と結果について報告いたします。
 本委員会は,それぞれ慎重審査の結果,いずれも全会一致をもって,原案のとおり可決もしくは承認すべきものと決定しました。
 以下,特に意見,要望のありました点について申し上げます。
 最初に,議案第87号から議案第93号までの指定管理者制度への移行に関連して,
 これらの条例改正は,「できる」規定に基づくものであるために,移行の条件が整った施設から条例改正をしてもよいのではないか。
 指定管理者の選定に当たっては,公平,平等,確実性,透明性の観点から審査されることが望まれるところであるが,議案第87号と第88号に関しては,市長に特定の団体を選考する権限を与える条項を,附則の経過措置としてではなく本則でうたっている。
 これは,公正な競争の確保の点からバランスを欠いたように見受けられるため,市全体としてさらに公募に合う形に条例を精査し,市長の専決条項を空文化できるよう要望する。
 また,多様化する市民ニーズに,より効果的,効率的に対応するため,指定管理者の選定に当たっては,「指針」に書かれている運営委員会の設置等について留意するよう要望する。
 なお,民間の管理による経費の削減は,低賃金労働者の拡大に道を開くことになりかねず,慎重な対応を求める。
 さらに,従業員の労働条件についての規定がなく,就業規則の制定,労働基本権の保障等,設置者責任と雇用責任について明示すべきで,今後改善を求める。
 制度に対する認識に関しては,施設の担当課と行政経営課との間にずれがあると感じられるので,再度詳細を確認し,無理のない,市民によりわかりやすい運用を要望する。
 今後とも市民から信頼される行政を目指すとともに,総合的な把握と的確な対応に注意を払いながら業務を進めていただくことに期待をしたい。
との意見,要望がありました。
 次に,議案第105号市長専決処分について関係部分に関連して,
 専決第5号の土木企画課分において,
 歳出について用地買収の不調による11億2,500万余の執行残が出ているが,地権者との交渉については,一段と努力して,年度内に予算を執行し,事業の進捗に努められたい。
との意見,要望がありました。
 以上で報告を終わります。(巻末に委員会審査報告書添付)(拍手)
○議長(佐藤豊美) 次に,市民厚生常任委員長にお願いします。
                〔小林十三子議員 登壇〕(拍手)
◆市民厚生常任委員長(小林十三子) 市民厚生常任委員会に付託され,結論の出ました議案の審査の経過と結果について御報告いたします。
 本委員会は,それぞれ慎重審査の結果,いずれも全会一致をもって,原案のとおり,可決もしくは承認すべきものと決定をいたしました。
 以下,特に意見,要望のありました点について申し上げます。
 初めに,議案第57号新潟市保育所条例の一部改正について及び議案第58号新潟市老人憩の家条例の一部改正について,
 沼垂保育園並びに沼垂荘は,地元の宿願が果たされるわけであり,高く評価する。核家族化が進む中で,常に高齢者と園児が接しやすい環境をつくり出す複合施設として大いに注目され,期待されるところであり,さらに地元住民の声に耳を傾け,遺漏なく事業を遂行されたい。
との意見,要望がありました。
 次に,議案第68号から議案第79号までの指定管理者制度の導入に伴う条例の一部改正について,
 利用者にとって,利用しやすく,施設の活用拡大が図られ,市民,住民の供に値するよう,万全の対応を願う。今後,さらに地域の振興や活性化につながることを期待する。
 指定管理者の選考,指定に当たっては,これまで管理業務を行ってきた団体の実績や専門性,技術,人材などの蓄積を尊重し,職員の雇用確保に努められたい。
 また,これまでの活動実績などを踏まえて,当該事業者が良好に運営されると認められる場合,もしくは,その施設の性格上,利用者との信頼関係が重要である場合は,公募によらず指定管理者の候補者とし,継続性を確保することを強く求める。
 一方,専門性の条件などで,当面,公募することが不適当との理由は理解するが,本則で市長の専決条項を規定することは,特定の団体が指定管理者となる可能性を否定できず,公募を可能な限り実現するために,その条項を空文化するよう強く求める。
 また,民営化により,利益の追求のため,経費節減,効率性に重点を置き,住民サービスの向上を目指す自治体の公的責任を放棄し,サービスの後退,または,利用料の引き上げにつながることも懸念される。
 施設の設置目的が十分達成されているか,個人情報の保護も含めて,幅広いチェック体制の充実を希望する。
 また,制度導入に当たっては,単なる民への移行ではなく,関連事務事業を含め,施設の再編整理,あるいは直営を維持したまま一部の業務を委託することなども考えるべきではないか。
との意見がありました。
 なお,議案第69号の新潟市総合福祉会館においては,所有財産や職員派遣などの諸問題の早期解決を,議案第71号の新潟市母子生活支援施設においては,さらに情報収集を行い,同様な活動をしている民間団体を含めての選考を望む。
との要望がありました。
 次に,議案第97号町(字)の区域及び名称の変更について,
 よりよいまちづくりの観点から,また合理的な行政運営上の観点からも,わかりやすい町の名称への変更は,政令指定都市移行までに,できるだけ速やかに行われたい。
との意見,要望がありました。
 次に,議案第101号指定管理者の指定について,
 よりよいコミュニティづくりの中で,新潟市金津地区コミュニティセンターにおいては,指定管理者制度を活用しつつ,有効に施設運営がなされるよう,指導,啓発を望む。
との意見,要望がありました。
 以上で,報告を終わります。(巻末に委員会審査報告書添付)(拍手)
  ────────────────────────────────────────────
○議長(佐藤豊美) 次に,文教経済常任委員長にお願いします。
                〔渡辺 均議員 登壇〕(拍手)
◆文教経済常任委員長(渡辺均) 文教経済常任委員会に付託され結論の出ました議案並びに請願の審査の経過と結果について報告します。
 まず,議案について申し上げます。
 本委員会は,それぞれ慎重審査の結果,議案第102号については,多数をもって原案のとおり可決すべきものと決定し,そのほかの議案については,いずれも全会一致をもって可決もしくは承認すべきものと決定いたしました。
 以下,特に意見,要望のありました点について申し上げます。
 初めに,議案第48号平成17年度新潟市一般会計補正予算関係部分について,
 小須戸地区花とみどりのシンボルゾーンの市民農園,体験農園の用地取得に係る補正予算であるが,市民農園などの整備については,農地の保全というばかりではなく,都市住民の農業体験という観点からも,本市にとっては有用な事業であることから,合併建設計画に沿って整備を推進されたい。
 また,これらの施設は,田園型政令指定都市を目指す本市にとって,多くの市民が希望しており,市内の他の地域でも展開されるよう,強く要望する。
との意見,要望がありました。
 次に,指定管理者制度関連議案に対する総体的な意見として,
 指定管理者制度移行のための条例の一部改正であり,さらなる市民サービスの向上と経費の削減に努められ,円滑な制度移行を図られたい。
 また,本制度は従来の公共管理の硬直性の解消,民間活力の活用などの利点がある一方,安全性,信頼性,職員の労働条件,サービスの品質などに対する不安が指摘されている。
 このことから,各受託者との間で交される協定書の中に,そうした不安を解消するための要素が十分に盛り込まれることを要望する。
 さらに,指定管理者の選定においては,透明性,公平性が必要であり,公募する場合は,多くのNPO法人や地域団体も公募できるよう,十分な準備期間と周知方法に配慮されたい。
 また,業者選定に当たる選考委員会の中に応募団体の役員を含むようなやり方は,公平性を欠くことになるため,施設を管理する担当部署が業者を選考するのではなく,契約課のような専門のセクションと外部調査委員制度を創設し,第2の官製談合との指摘が起きないように,早急な改善を求める。
 さらに,本制度移行に関する条例改正案の説明方法について,
 今回の指定管理者関連議案に係る多くの施設は,広域合併により広がった市域においても,新しい議員にとっても,旧新潟市の議員にとっても,お互いに,よく把握していないものが少なくない。
 そのような中で,施設の概要など基本的な説明がなかったことは,合併後,初の本格的で大量の指定管理者制度を審査する議会への提案のあり方として適切だったのか,強い遺憾の意を表明する。
との意見,要望がありました。
 次に,議案第80号新潟市西堀地下駐車場条例の一部改正について,
 指定管理者制度導入を考えての条例の一部改正ではあるが,西堀地下駐車場は施設の老朽化が進み,稼働率も低下し,一層の赤字経営へと落ち込んでいると聞いている。
 早急に,近年の多種多様な車種に合うような,新機種の機械の入れかえを図り,新規巻き返しのできるような,経営体制を整えて,指定管理者制度へと移行されたい。
 また,一方で,都市計画課が所管する新潟市駐車場建設奨励条例があり,西堀地下駐車場の厳しい経営状況の中において,周辺の駐車場建設を促進してきた。
 目的が相反するとも言える,異なる2つの制度の関係も含め,中心市街地活性化政策全体の中で,一連の制度,事業,施設について横断的な見直しを行い,西堀地下駐車場の改廃も含めた再検討を望む。
との意見,要望がありました。
 次に,議案第94号新潟市青少年三川自然の森条例の一部改正について,
 これまで阿賀町に管理委託してきた新潟市青少年三川自然の森に指定管理者制度を取り入れて,積極的に民間活力を導入し,市民サービスの向上を図り,さらに経費の節減を図ろうとするものであり,評価する。
 この施設は,昭和56年以降,旧三川村の生産組合に管理委託していたものであることから,指定管理者の選定に当たっては,優先的にその対象とされたい。
 一方,施設の利用者の増加が期待でき,地域の活性化にもつながるような民間事業者を選定されたい。
との意見,要望がありました。
 次に,議案第95号新潟市体育施設条例の一部改正について,
 指定管理者の選定については,透明性を確保し慎重に行うことを期待する。
 今後,合併された市町村の体育施設も指定管理者制度への移行が検討されると思うが,その際には民間事業者に広く機会を与えるように配慮されたい。
との意見,要望がありました。
 次に,議案第102号指定管理者の指定について,
 本議案に賛成の立場から,
 新潟市バイオリサーチセンターの指定管理者の指定については,該当施設の設置目的に照らし,この業者を選定したことは,ふさわしいものと考える。
 今後は,利用者の確保を積極的に進めるとともに,供用開始後は施設の適切な管理に十分留意されたい。
 また,バイオテクノロジーは,これから発展が大きく期待される分野であり,共同研究施設を拠点に新規産業の創出,地域産業の振興及び発展に寄与されたい。
 さらに,他の地域に自慢ができ,新潟の活性化につながるように,全国に大いに発信されたい。
との意見,要望がありました。
 一方,本議案に反対の立場から,
 官製談合の究明がいまだに続いており,指定管理者制度関連議案が多数提案されている中で,指定管理者の選定においても不透明さがある。
 指定管理者の選定委員会のメンバー5名のうち,2名の欠席の中で結果を出すという軽率な行為は,公平を旨とする行政のあるまじき姿勢である。
 また,受託業者と協力関係にある者が,選定委員になっていることも疑問である。
 さらに,選考基準では,バイオテクノロジーに関する十分な知識を有する者をセンター長とする規定になっているにもかかわらず,科学的な知識,知見,業績を客観的に分析,評価できる人物が委員の中にいなかったことも不合理である。
 センター長だけでなく,研究員の研究実績などについても詳細に明らかにされるべきである。
 また,選定された業者は,新潟市及び県内主要バイオ関連企業の17社の出資により,新潟バイオリサーチパーク構想の推進母体として設立されており,これではできレースと言われても仕方がない。
 さらに,選定されなかった業者の資料は,名称などがマジックで塗りつぶされており,説明資料において公募したという公的な行為を明らかにしていない。
 選定された業者同様に,公募した業者の内容を議会に説明するべきであり,指定管理者の選定に大きな疑問がある。
との意見がありました。
 次に,議案第105号市長専決処分について関係部分のうち,
初めに,専決第5号平成16年度新潟市一般会計補正予算について,
 小・中学校における大規模改造事業の実施は,児童生徒が待望するものであり,今後とも学校環境の整備,充実に努められたい。
 また,近年,環境に優しい木造の校舎がぬくもりのある教育現場として奨励されつつあることから,特に小学校の大規模改造に当たっては,木材をふんだんに使うことを一考願う。
 さらに,工事の発注額が低廉になることは歓迎すべきことであるが,その品質も十分にチェックされたい。
 また,専決第7号平成16年度新潟市と畜事業会計補正予算について,
 今後とも国,県の補助金など適切な財源の確保を要望する。
との意見,要望がありました。
 次に,請願について申し上げます。
 初めに,請願第23号学校給食を行政が直接責任を持って実施することを求めることについて第1項から第3項について,
 採択を主張する。
との意見。
 一方,旧新津市の議会で決定され,合併の流れの中で新潟市の事業になったことを踏まえ,不採択を主張する。
との意見があり,委員会は採決の結果,多数をもって不採択とすべきものと決定いたしました。
 次に,請願第24号北朝鮮による拉致事件について詳しく記述している中学校公民教科書の採択を求めることについて第1項から第3項について,
 採択を主張する。
との意見。
 一方,検定に合格したすべての教科書を平等に扱うべきであり,また教科書の選定は教育委員会の権限であることから,市議会で教科書に関する決議を行うことは適当ではなく,不採択を主張する。
との意見があり,委員会は採決の結果,多数をもって採択すべきものと決定いたしました。
 次に,請願第26号新潟市の中学校教科書選定と開かれた採択に向けての一層の推進に関することについて第1項から第3項について,
 歴史認識に関しては,国家間の関係でいろいろと問題になっているが,日本の歴史教科書だということの認識を持っていただきたいため,採択を主張する。
との意見。
 一方,教科書選定は教育委員会の権限であり,趣旨説明の中で,特定の教科書を採択することが当然だと言わんばかりの説明だったこと。また,国の検定を通ってきたほかの教科書を否定するような趣旨で主張されたものと言えることから,不採択を主張する。
との意見があり,委員会は採決の結果,多数をもって採択すべきものと決定いたしました。
 次に,請願第27号北朝鮮による拉致事件を初め,人権や国家主権について最も詳しく記述し,学習指導要領に最も合致している中学校公民教科書の採択を求めることについて第1項及び第2項について,
 新潟県内から拉致された人が多く,何といっても,これは最大の人権侵害であり,国家主権の侵害である。
 これを正しく子供たちに伝えていく義務があるため,採択を主張する。
との意見。
 一方,人権というのは,さまざまな面から語られなくてはならないので,特定の教科書だけを取り出して,事実上,1社の教科書を薦めているような請願については,不採択を主張する。
との意見があり,委員会は採決の結果,多数をもって採択すべきものと決定いたしました。
 以上で,報告を終わります。
 ただいまの報告で「議案第100号」と申し上げましたが,「議案第105号」と訂正いたします。(当該箇所訂正済み)(巻末に委員会審査報告書添付)(拍手)
  ────────────────────────────────────────────
○議長(佐藤豊美) 次に,総務常任委員長にお願いします。
 吉田ひさみ議員。
                〔吉田ひさみ議員 登壇〕(拍手)
◆総務常任委員長(吉田ひさみ) 総務常任委員会に付託され,結論の出ました議案並びに陳情の審査の経過と結果について報告します。
 最初に,議案について申し上げます。
 本委員会は,熱心な質疑と議論が行われ,慎重審査の結果,議案第66号,第67号,第100号及び第108号については,多数をもって原案のとおり可決すべきものと決定し,その他の議案については,いずれも全会一致をもって原案のとおり可決もしくは承認すべきものと決定いたしました。
 以下,特に意見,要望のありました点について申し上げます。
 最初に,財政問題全般について,
 平成16年度決算見込みにおいて,
 市税全体として,当初見込み額を若干下回るとのことであるが,来年度は税源移譲との関連で所得税制の改正が予想されるので,税収の動向には一層の注意を喚起されたい。
 また,合併された市町村の打ち切り決算による一時借入返済金などの前年度不用額については,基金への積み立てをしてもなお残り,今後事業選別を行い,弾力性に配慮した資金計画を望む。
 さらに,地方交付税の推移を見守るとともに,連続立体交差事業という新たな需要が生じるので,起債償還引当交付税の動向を注意しながら,一層の市債管理に注意を払っていただきたい。
との意見,要望がありました。
 次に,議案第52号新潟市における法令遵守の推進等に関する条例の制定について,
 初めに,総論的意見として,
 公正で公平,透明な行政執行に向けた職員倫理,体制整備,新たな公益通報者保護とさまざまな働きかけ行為に対する適切な対処方針が示されたことは,官製談合事件によって失墜した市政に対する信頼を回復していく立場から,積極的な意義を持つものと評価する。
 この条例が,市政改革・創造推進という施策目標を実現するための基盤となることを強く期待する。
 また,議員としてのまじめな働きかけ行為であったとしても,職員が非常に強いプレッシャーを受けているという実態が明らかにされた以上,これに対する対策を立てることは当然である。
 議員が節度を持ちながらも積極的に働きかける行動は当然のことであり,私たち議員はこれにさまざまな制約のたがをはめることを意図したものでないことをしっかり受けとめて,適切な行動をとる必要がある。
 今後改善すべき点として,委員の委嘱は議会の同意を義務づけること,公益目的通報にマスコミなどの外部通報を加えること,職員の不正を市民がチェックし,法令遵守審査委員会に通報できるようにすることなどが挙げられるが,今回の条例は事件の再発防止に向け,一歩前進するものであり,賛成する。
 本来なら地方公務員法,倫理規定等で対応すべきと思うが,提案に至るまでの背景や諸般の事情を勘案して賛同する。
 なお,条例制定後の施行に際しては,規則の遵守は当然であるが,くれぐれも議員活動等が制限されるようなことがあってはならない。
との意見がありました。
 一方,法令遵守の推進のための基本条例的な位置づけを持ちながら,談合問題の再発防止のための制度づくりに力点が置かれ,倫理,公益目的通報者保護,特定要求行為への対処とあれもこれも詰め込んだ条例になっているという印象をぬぐえず,個々の制度の是非のみに焦点が当たってしまうという欠陥を持っている。
 この条例が,談合解消の決め手と考えず,関連施策の一つとして,本条例が実効を上げるよう各部門と精力的に調整されたい。
 条例制定や制度づくりの過程では,組織全体として関心や熱意があるとしても,日常業務に追われているうちに問題意識が磨耗し,いつのまにか日常業務のほんの一部に押し込められる可能性を常に持っている。
 したがって,3年程度の実施状況を総括し,必要な見直しを行うべきである。
との意見,要望がありました。
 次に,各論的意見としては,
 第1条の目的だけでは,制定の趣旨が伝わってこない。できれば談合事件に対する痛切な反省を込めて,再発防止を誓った前文を設けるべきではなかったかと考える。
 今後,市民や職員に本条例の趣旨を周知徹底するためにも,リーフレットなどの作成の際には,そのことを配慮願いたい。
 外部に設置する法令遵守審査会については,事細かく規定しているにもかかわらず,市役所内部のコンプライアンス推進のための組織,体制については,「必要な体制を整備する」とあいまいであり,細部事項を規定する規則に委任している。
 条例と規則両方を並べなければ,推進体制がわからないというのは明らかに不備である。
 なお,審査会委員の選定に当たっては,市長の独断で決めることなく,広く意見を聞きながら職務に適した専門的知識と人格を備え,公正な立場で判断できる人を選ぶよう望む。
 公益通報者保護の制度化については,密告推奨制度であり,職員間に疑心暗鬼を生み,かえって職場を暗くし,風通しを悪くするという指摘もあるが,官民問わず不祥事が明らかになってきたのは,その多くが内部通報によるものであることから,この制度をしっかり整備し,運用に十分配慮されたい。
 特定要求行為については,議員の活動に焦点が絞られており,あたかも議員の働きかけを「悪」と制限するかのような条文と言える。
 また,特定要求行為と不当要求行為との区別,判断が極めて難しく,その時々の役所組織が抱える倫理,体制,作風や個々の職員によって恣意的に運用される危険性を常に内包している。
 施行に際しては,職員への趣旨の徹底と一方的な法解釈が行われないよう求めるとともに,コンプライアンス推進管理者への特別な研修,指導等が特に重要であり,それらにしっかりと対応されたい。
 議員の正当な活動をもっと広範に記録し,公開することが必要と考えるが,条例は情報公開との関連で記録範囲を狭く限定し,現場の職員が判断に迷うのではとの心配がある。
との意見,要望がありました。
 次に,議案第54号新潟市個人情報保護条例の一部改正について,
 改正によって,偽りその他不正の手段により,個人情報の開示を受けた者に対する罰則規定が設けられたことは妥当である。今回の改正の趣旨を踏まえて,大量の個人情報を取り扱う事務事業の点検を進めるよう要望する。
との意見,要望がありました。
 次に,議案第56号新潟市市税条例の一部改正について,
 今回の改正は現役世代との税負担の公平を確保するとして,税を負担する力のない住民に対する非課税措置を廃止するもので,租税政策上適当ではなく,しかも介護保険料などの負担増につながり,高齢者にとっては深刻な問題である。
 また,支払い報告提出義務の範囲拡大は,フリーターの課税強化となることから,市民に対する各種控除,還付措置等の周知徹底をお願いしたい。
との意見,要望がありました。
 次に,議案第61号から第67号までの条例の一部改正について,
 初めに,賛成の立場から,
 指定管理者制度については,効率的運用によるメリットは認めるものの,公として施設運営の責任範囲の明確化,過度な利益追求施策のチェック等は欠かせない。
 また,運用に当たっては非典型雇用,不安定雇用を公みずからが生み出してしまうという側面もあり,雇用条件のチェックなどに十分留意されたい。
 また,既存施設への制度適用期限については,郷土歴史博物館への制度導入の際にも明らかにされており,これまでの間,管理委託を受けている財団等のあり方も含め,本格的な検討を行わなかった執行部の取り組みについては,厳しく指摘せざるを得ない。
 公募を原則としながら,市長の権限で特定の団体を選考できる規定が盛り込まれている施設は,何年も現在の管理委託事業者が指定管理者となり続ける可能性を否定できない。
 原則公募の規定を空文化せず,選定に関する年次計画を策定し,速やかに公表するよう求めたい。
 また,特別職や議員が関与している事業者が指定管理者となることに一定の制限が必要である。
 音楽文化会館,水族館,市民芸術文化会館について,現状では現在の管理受託者を指定することはやむを得ないと考えるが,民間の知恵と企業努力を学び,職員の意識改革を図りながら,公募に応じられる体力,体制,機能を整える3年間としていくことを強く望む。
 また,選定委員の人選には十分配慮し,公正な指定管理者の指定がなされることを望む。
との意見,要望がありました。
 一方,議案第66号及び第67号には反対の立場から,
 新津地域振興株式会社は昭和62年に旧新津市が筆頭株主となって設立された第三セクターで,公の施設の管理のみを業務としている会社であるが,3年以内に整理も含めて検討しなければならない会社であるということが質疑の中で明らかになった。
 そういう会社が果たして原則3年間とはいえ,安定した財政運営や管理ができるのか疑問であり,市民サービスの観点からも支障を及ぼすおそれがあると思われ,反対する。
との意見がありました。
 次に,議案第100号指定管理者の指定について,
 初めに,本議案に賛成の立場から,
 旧日銀支店長役宅の指定管理者の選定委員会は非公開で行われ,また指定業者の代表者は,かつて当該施設の保存を市に働きかけ,その保存活用計画の策定に積極的にかかわり,施設利用の考え方でも優位性があり得たという点で,この決定に疑問を持たれるのは当然のことである。
 指定管理者の指定は従来の契約行為ではなく行政処分であることから,公正・公平・透明性という点で疑義を持たれることのないよう,厳正な選定手続きを行うべきであり,今後の選定においては厳格な対処を強く求める。
 また,事業内容,事業者の組み合わせには疑問が残るが,3年の期限とのことであり,事業の実施状況は十分にチェックされたい。
 なお,指定管理者制度は一般的に行政行為の外注下請化になりがちである。急がず導入方針を検討するよう希望する。
との意見,要望がありました。
 次に,本議案に反対の立場から,
 指定管理者に決定した団体の代表が,歴史文化施設保存活用基本計画策定委員会のメンバーとして計画策定にかかわっていたことから,この選定において公平な競争が行われたとは言いがたい。
 いち早く情報を知り尽くしているがゆえに,他の団体とは比べ物にならないほど正確な自主事業計画の提案ができ,選定されたのではないか。公平・透明性が担保されなければ,多額の市民の税金を注ぎ込んだ施設が,民間業者のもうけのために提供されることになり,今回の決定には不明朗さを強く感じる。
との意見がありました。
 次に,議案第106号から第115号までの契約議案について,
 賛成の立場から,
 入札改革によって一定の成果が上がっているが,落札率は一定の範囲内にとどまっている傾向がある。予定価格の事前公表は,案件によって差し控えるなど,入札のあり方についてさらに研究し,検討すべきである。
との意見がありました。
 一方,議案第108号には反対の立場から,
 新津西部学校給食センターは,4,200食という大量の学校給食をつくる公設民営の施設であり,地元住民からも署名とともに反対の意思が示されていることから,市民要求を無視する行為を容認することはできない。
との意見がありました。
 次に,陳情について申し上げます。
 陳情第28号定率減税の廃止,縮小を中止することを求める意見書の提出について,
 採択を主張する。
との意見があり,委員会は採決の結果,多数をもって不採択とすべきものと決定しました。
 以上で報告を終わります。(巻末に委員会審査報告書添付)(拍手)
  ────────────────────────────────────────────
○議長(佐藤豊美) ただいまの各常任委員長報告に質疑はありませんか。───質疑なしと認めます。
 ただいまから討論に入ります。
 まず,最初に議案について行います。
 最初に,反対者の討論を許します。
                〔小林義昭議員 登壇〕(拍手)
◆小林義昭 無所属連合の小林義昭です。私は,文教経済常任委員長報告のうち,議案第102号指定管理者の指定について反対の意見を申し上げます。
 この議案は,もともと旧新津市で進めてきた新潟薬科大学を核とする新潟バイオリサーチパーク構想の一環として,新潟市バイオリサーチセンターを新潟市が合併建設計画に基づいて建設をし,新潟バイオリサーチパーク推進機構株式会社を指定管理者として指定するものです。旧新津市で進めてきた構想を新潟市が引き継ぐものですが,合併によって旧事業も含めて新潟市の責任となります。今後の警鐘の意味も含めて若干の意見を申し上げます。
 この構想に,自治体の実力以上の背伸びがあったように見受けられます。新潟薬科大学は,1977年に新潟市上新栄町に設立され,ことしじゅうに旧新津市キャンパスに全面移転します。この移転の過程で同構想が生まれ,旧新津市は薬科大学用地,インフラの整備に13億円,応用生命科学部新設に9億3,000万円を助成をし,合わせて22億円強を支出しました。この金額は,旧新津市の一般会計の1割強に当たり,新潟市が5年前に新潟医療福祉大学の新設で助成をした24億8,500万に比べてもぬきんでております。そして,今後この構想として考えられている公設研究集積ゾーン,バイオ関連企業集積ゾーンの敷地は約10年前に旧新津市がカキ生産団地として分譲したものですが,現在生産組合も解散をし,団地の半分は生産放棄に陥っている状態です。この周辺の構想にもともと無理がなかったのでしょうか。
 そして,新潟バイオリサーチパーク推進機構株式会社は,資本金8,000万円のうち旧新津市が株の4分の1の2,000万円を出資をする第三セクターの株式会社です。また,湯田旧新津市長が合併の前日まで取締役になっておりました。医療,食品,環境を主要研究開発テーマに,バイオテクノロジーを軸に新規産業の創出や産業技術の高度化を図るとしています。この株式会社の社長は,米菓会社の会長さんが務められていることに代表されるように,主な出資会社は食品会社です。目標どおりにこの構想が実現するのでしょうか。
 今回の指定管理者の指定に当たり,市は4月8日に募集要項を配付をし,18日に説明会,28日に締め切りという日程で行いました。新しい事業で新たな指定管理者という耳なれない募集が1カ月も満たない期間で,他の組織に十分な周知と検討時間が保証されたでしょうか。それが市の第三セクター会社以外に1社の応募だけにあらわれているのではないでしょうか。しかも,市の第三セクター会社を審査する選定委員に5名中,市の産業経済局長,新津支所長を初め3名が市の職員で過半数を占めています。利用率,収入見込みで新潟バイオリサーチパーク推進機構株式会社は80%,1億1,000万円を見込んでおります。もう一社は49%,5,000万です。利用率,収入率見込みは大きな差があり,点数で一番差がついています。見込みと違ったときの責任はどうなるのでしょうか。重大な違反のときは契約を破棄することができることになっておりますが,利用率の見積もりとどのくらい離れれば契約の破棄につながるのかも明確になっておりません。まさにできレースとは言えませんか。
 私は,新たな分野で新しい仕事ですので,もっと周知時間を十分にとって広く募集し,選考すべきだったというふうに考えております。議員の皆さんの賛同をよろしくお願い申し上げます。(拍手)
○議長(佐藤豊美) 次に,賛成者の討論を許します。
                〔鈴木克夫議員 登壇〕(拍手)
◆鈴木克夫 日本共産党新潟市議会議員団の鈴木克夫であります。議員団を代表しまして,議案第52号新潟市における法令遵守の推進等に関する条例の改正について,賛成する立場から討論を行います。
 この条例案につきましては,「議員活動の制限につながるのではないか」「不当要求の基準があいまい」など条例制定については慎重な意見を求める声が多くあったところですが,総務常任委員会では透明で公正な行政執行につながるものとして全会一致,可決されたものであります。条例は,可決されたとしても,運用の問題,市民周知の問題,不当な要求からまじめに働く市職員を守ることができるかなど,まだ解明が必要な問題が残っていると思います。条例を施行するまでの間に,改めて問題点の一つ一つを精査し,必要ならば条例を修正するとした寛容な態度で臨まれるよう要望するものであります。
 私どもは,このいわゆるコンプライアンス条例の提案には二つの大きな問題があると考えています。その一つは,条例案を提案する篠田市長の政治姿勢に係る問題です。本会議での一般質問でもお話ししましたが,法令遵守という条例です。条例はわかりやすく,時の権力者の意向で運用が左右されないよう,客観的な尺度を持った条例でなければなりません。残念ながら提案された条例案は,決してわかりやすいとは言えません。
 また,「官製談合の根絶を目指すというなら,千代田区のように公益通報条例,天下りの禁止,市職員の意識向上を目指す倫理規定を条例化する方が先決ではないか」という市民の声もあります。しかし,市長はコンプライアンス条例を提案してきました。
 なぜ今コンプライアンス条例なのかとの委員会質疑では,官製談合も条例制定のきっかけになったことは間違いないが,12市町村との合併で新市が誕生し,すべての市職員が早く共通の課題に取り組み,迅速かつ的確に施策に反映させるためには組織における規範意識の強化と法令遵守の理念の確立が急がれるとして,談合問題だけでなく合併によって生まれる行政サービスの格差をなくすためにも法令遵守,コンプライアンス条例が必要であるとの認識が示されたところであります。そうであるとするならば,公務労働とは何かという基本理念を条例上にも明示しなければならないと思いますが,それが明記されていません。
 篠田市政になり,官から民への流れが急速に強められています。「単なる公的サービスの民間開放,民間委託は行政の政策能力を低下させるおそれがあるばかりでなく,NPO,コミュニティー,個人,また地域の企業など行政の下請機関化を許し,一方で行政側の権威が強まり,新たな特権と今まで以上の癒着を生む措置をつくる危険がある」と本会議で私は問題提起を行い,市長の考えを求めたところであります。市長は,この質問にもまともな答弁もすることもなく,かつ本条例上にも反映されておりません。まことに残念であります。こうしたことを許すなら,市職員が今後ますます民間事業者等との間でさまざまな問題に巻き込まれていく危険があります。
 例えば指定管理者の業者選定などは,公務労働の役割と責任をはっきりさせなければ,業者との癒着を生む温床となる可能性があります。篠田市長が公務労働の役割と責任を明確にさせてこそ市職員を守ることにつながると思います。それが市長の最低限の責務であり,当然条例に明記されるべきものと考えます。
 二つ目の問題は,条例の中身の問題です。市民の立場から見て条例の目的がはっきりしているか,公平,公正な運用が担保できるのか等,条例の根幹にかかわる部分で不十分さがあると思います。私どもは,条例制定の趣旨と条例の円滑な運用を目指して五つの改善点を提案しました。一つに,条例の趣旨を明確にする前文規定を折り込むこと。二つに公益目的通報に外部通報を加えること。三つに市職員の不正を市民がチェックし,法令遵守審査会に通報できる制度にすること。四つに法令遵守審査会の選任は議会同意が必要とすること。五つに法令遵守審査会の調査に対する協力義務を市長にも義務づけることの5点でありますが,市長からの具体的な受けとめはありませんでした。これも残念なことであります。
 そこで,一般質問終了後,私どもはこの五つの改善提案を含んだ条例の修正案をつくってみました。これが修正案でございます(資料を手に持って示す)。市民の信頼を損なう不祥事を二度と起こさない,これが行政にも議会にも問われています。残念ながら,このたびの条例案にはその決意があらわれていません。なぜか。市も議会も官製談合問題の真相究明が不十分なままで,再発防止のための教訓が明らかになっていないからであります。
 私たちの修正案の眼目は,再発防止の決意を反映させ,事件を風化させず,時の権力者によってゆがめられることを許さない恒久的な制度の確立を目指すものであると確信していますが,この修正案の取り扱いにつきましては素材として提起し,議会初め市民の皆さんにさらに検証していただき,市長提案の条例との違いや,どちらが市民活動の自由と職員の身分を守り,市民が望む再発防止策を確立することになるか,問いかけたいと考えているところであります。
 内部告発制度の条例化は,かねてから当議員団が求めてきたものであり,条例化による制度化で再発防止に向けた一歩を踏み出したことは評価できるものでありますので,職員の倫理確立の徹底を初めとした市長の条例運用の状況や市民周知の速度を見計らった上で,市民の正当な要求行為が抑制されるなどの問題があれば,市民論議を経た後修正案を提出し,議会諸兄の判断をいただきたいと考えていますので,よろしくお願いをしたいと思います。修正案については,私どものホームページに掲載し,市民の御意見をいただくことにしたいと考えています。
 以上述べてきたところでありますが,私どもの真意を市長から推しはかっていただき,公平,公正な運用が図られるよう求め,討論といたします。(拍手)
○議長(佐藤豊美) 続いて,賛成者の討論を許します。
                  〔中山 均議員 登壇〕
◆中山均 無所属連合の中山です。私も議案第52号,いわゆる法令遵守条例に関して討論いたします。
 私の話の中身は,なぜこれが賛成討論なのかと疑われるように聞こえるかもしれませんが,最後にはなぜ賛成討論かということを明確に述べさせていただきますので,しばらくおつき合い願いたいと思います。
 最初に,先ほども全員協議会で市長から報告がありましたように,先ほど新潟地裁において逮捕された本市職員の4名に対する判決が下されました。この判決は,関係者から聞くところによれば,4名に対する判決というよりは,本市の今までの制度運用や施策に対する厳しい内容を含んだ判決だったと聞いております。
 それは,例えば長年にわたる建設業界のあしき慣行を毅然として正して法令遵守させる指導力が欠如していた。背景に根深い官民癒着の構造があった。組織的,構造的な中で,いわば職務行為として予定価格を本人たちは漏えいしていた。そして,そうした本人たちに裁判所は同情の念さえ表明しておられます。そして,指名業者の一覧を表示して,談合を容認していた状況などについてもきちんと判決理由の中で述べられているとのことです。そして,当時の本市の中枢幹部の不作為による部分が非常に大きい。そして,これらのそうした中枢幹部の地位,権限,責任に比較すれば,この4名の行ったことが主導的とは言いがたいと指摘しております。これを踏まえて,ぜひ私の討論を聞いていただきたいと思います。
 この本条例に関連して,先日の本会議で私は法令遵守体制に関する一般質問を行いました。その中で,指名競争入札における指名業者一覧の事前公表問題に関する質問に対し,市長の答弁はいわゆる適正化法施行令を示した上で,「入札契約手続の透明性確保の要請と談合防止の要請のどちらを重視するかで事前,事後のどちらの時点での公表も可能になっている。ただし,現段階で考えると,談合防止の要請をより重視すべきであった」というふうに答弁されました。これを聞いて,一見これは適正のように思えますが,私はあいた口がふさがりませんでした。ちなみに,あいた口がふさがらないというのは歯医者が治さなければいけない病気でもあるんですけれども,さすがの歯医者の私も自分のあいた口は治療できませんでした。
 この市長答弁では,「事前,事後のどちらも可能」としておりますが,このように言い切ってしまうことには独禁法との関係,また適正化法がそもそも目的とするところから考えて,法律上疑義があると私は考えています。これは,私だけではなく法律の専門家でもある弁護士の藤巻元雄元調査委員長,またこの問題を国会でも取り上げた本県選出の参議院議員で,やはり弁護士でもある近藤正道氏も同様の意見ですし,先ほど述べましたように判決文でもわざわざ判決理由の中で,この制度運用が非常に問題だったということが取り上げられております。
 ただ,この点については従前この制度運用を続けていた新潟市,また現在も続けている国交省にあっては,口が避けても法律に抵触するおそれがあるとは言えないと思いますし,ここで法律論争をやっても意味がないので,とりあえずこの問題は置いておいても構いません。しかし,百歩譲ってこの法律解釈に議論の余地があるとしても,今回の市長答弁にはその他争う余地のない問題点が幾つも含まれていると考えます。
 まず,この答弁の分脈からは,透明性の確保と談合防止のうち,当時は透明性の方を優先して事前公表を行ってきたが,その判断は間違っていたということになります。つまり当時の新潟市としては,一応もっともらしい判断をしたことになっていて,でもそれが判断ミスであったということになってしまいます。しかし,この見解は調査委員会報告書の問題意識と大きく隔たりがあるだけでなく,これまで積み重ねられた総務常任委員会での調査や質疑で明らかにされた事実関係とも大きく乖離しています。
 例えば総務委員会の質疑では,前契約課長は適正化法に基づいて事前公表したという市側の一部の弁明については,改めて契約課自身としてみずから否定しておられます。なぜなら,適正化法は2001年施行であり,事前公表の制度運用ははるかにその前から続いてきたものであって,この制度運用が透明性を確保するという積極的な意図を持って新たにとられたものではなく,単に従前から漫然と引き継いできた事務でしかなかったことが,その質疑の中でも明らかにされています。市長答弁は,「状況判断が適切でなかった」とかとなっていますが,状況判断などという御立派な状況などそもそもなかったのであります。しかも,透明性の確保のための事前公表などという誇れるような代物ではなく,設計図書受領の確認のため一覧表を現場に張り出していただけであって,広く業界関係者全体や当該工事地域の住民等に積極的に公表するための措置,例えばもっと多くの人の目につくところに大々的に張り出すとか,ホームページで積極的に公開するとか,そういう施策がとられていたわけではありません。まず,指名された業者が優先的に目にすることのできる情報であって,とても公表と言えるようなものではありません。この事実だけでも答弁の主張,少なくともそれが与える印象とは大きくかけ離れるものであります。
 さらに,調査報告書でも委員会質疑でも明らかになったことですが,そもそも指名委員会の委員自身,また市の局長級の幹部自身が,入札まではこれらの情報が秘密にされていると思っていたと異口同音に証言しています。指名委員会委員や市の幹部が知らないような制度運用が,どうして透明性確保を優先した事前公表などと言えるのでしょうか。これを考えるだけでも,僕から言わせればちゃんちゃらおかしいと言わなければなりません。しかも,我々有志議員3名が国や県,各市町村に連絡をとって実態を調査したところ,これらの公共機関においてこの事前公表によって透明性の確保がなされたことを確認できる具体的な事例,事実は確認できませんでした。例えば指名されなかった業者による不服申し立て件数もほとんど皆無であるということも明らかになっております。したがって,この事前公表の根拠とされる透明性の確保,不服申し立て機会の確保,これはいまだに国交省でも続けられておりますが,これは実は単なる建前でしかなかったのではないかという我々の問題意識も事前に伝えましたし,質問本文中でも言及しました。しかし,問題は無視され,すりかえられました。
 このような問題を見てくれば,この市長答弁はそもそも事実無根の当時の判断を持ち出し,それが透明性確保を優先したものであるかのように結果的に強弁したものとなり,たとえ意図がどうあろうとそのまま素直に聞けば法律の条文にもひっかかっていないけれども,単なる判断ミスであったということを述べているにすぎません。これは,市が責任を持って調査を依頼した調査委員会が予定価格漏えいより問題と強く指弾した立場と問題意識を市の組織としてみずから否定するものであると言えると思います。市長答弁が議員にとって満足のいかないものであることは往々にしてあることでもあります。それは,むしろ当然のことです。しかし,今回はそういう意味で度を超していますし,事前に何度にもわたる綿密な打ち合わせも無視されていますし,何より事実経過に反する答弁と言っても過言ではありません。
 そもそも法令遵守の基本的な考え方として,市の施策や制度が単に法令の条文に抵触しなければそれでよいというのではなく,その法令の目的や理念,精神に照らしてどうあるべきなのかということが検討されるべきであることは言うまでもありません。この点は今回の法令遵守条例の説明で,担当課からも本来最も重要な点としてたびたび言及された課題でもあります。だとすれば,この問題が当時の制度運用は法令遵守の点で違法ではなかったが云々などと言うべきではなく,法令の本来の目的に沿った制度運用だったか検証しないまま運用を続けてきたことこそが問題だったと最低限言及すべきだと思います。以上の点は,事前に担当部長や担当課にもこの読み原稿をお届けしてあります。明確な反論があるならば,いつでも反論していただきたいと思います。
 この事前公表問題は,だれか特定の人物が強引にしいた制度運用ではありませんし,既に新潟市としても制度変更を完了しているものですので,特定の個人の名誉をおとしめることはなく,法令遵守の観点から過去の教訓を今後に生かすことのできるものであるはずでした。そして,今回事件の反省のもとで作成されている本条例が,具体的な課題に十分有効かどうかをシミュレーションする上でも非常によいケーススタディーとなると考え,質問に取り上げさせていただきましたが,全くむだでした。だれも傷つけることのない非常によいケーススタディーと思いましたが,結局傷ついたのはこのおれだけだったぜという感じです。
 私は,あの制度運用を続けてきたことそのものを非難するものではありません。ただ,この期に及んで深く考えずに表面的に反省し,担当課が深く考えずに答弁を書き,幹部が深く考えずに答弁をチェックし,深く考えずにゴーサインを出し,市長も,申しわけありませんけれども,深く考えずに答弁してしまうということが積み重ねられてこの答弁に至ったことに,関係者の問題意識の不十分さを感じざるを得ません。この問題だったからよかったものの,市民の生活や命にかかわるような課題に関して,このような形で真の法令遵守の理念に無自覚なまま,施策や制度やその検討が積み重ねられていったらたまったものではありません。今回の答弁原稿には,結局今までの市政のあり方の反省がそこにはないと残念ながら言わざるを得ません。
 これは,この本法令遵守条例の所管課による説明は当初から私が指摘してきた問題と図らずも符合しております。それは,法令遵守と言いながら,条例本体で制度化されているのは内部告発と要求行為防止が中心で,具体的に法令を遵守していく基本的な指針や制度が条例本体中にはなく,個別の非違行為にフォーカスが当たっているのではないか,これは結局官製談合事件を反省したことにはならないのではないかと私はたびたび指摘してきました。今回の答弁でもそうした問題が明確に浮き出てきたことは,したがって私から言わせればある意味当然とも言えます。しかし,その非違行為ではなく,構造的な問題が官製談合事件の決定的な問題だったということは,今回の第1審の判決でも明らかになっております。
 さらに言えば,市のこうした問題意識の欠如を重ねて証明するように,今回の議会で提案されている指定管理者制度関連議案を見ても,同様の問題が浮上しております。これは,先ほど委員長報告の中でもたびたび指摘されておりました。そして,その指定管理者問題で1点申し上げれば,きちんとした手続を踏まず,きちんとした説明もなく,自動的,機械的にただ条例の新旧表を提案する,そのようなことは指定管理にかかわる自治法改正の理念からいっても,議会と執行部との関係のとり方からいっても甚だ問題であります。各条例案は議案書で提案しているんだから,おまえら勝手に自分で調べておけというのなら,こちらの一般質問の事前通告や読み原稿のすり合わせのやり方だって考え直さなければなりません。
 たびたび例に挙げさせていただきますが,本町露店市場管理事務所の指定暴力団問題だって,事前に詳細をお知らせしておいたからよかったものの,これが通告だけなら大騒ぎだったと思います。しかも,質問のすり合わせでは,「先生,指定暴力団という言葉は不穏当なので,できれば本会議場では使わないでいただけませんか」などと担当部長からちゃっかり働きかけまでいただきました。ぺいぺいの1期生議員の私は,その働きかけを受け入れ,当時は暴力団という言葉も使わず,再質問も行わず,穏当に済ませたら,暴力団とわかっている業者を「ベテラン業者」などと答弁するなど,実にありがたい御答弁しかいただけませんでした。
 遵守の名に値しないようなことが現に今行われている中で,とてもこの条例には賛成するわけにはいかないと思って,私は当初反対しようと思っておりました。しかし,よく考えたら,もしかして執行部はこのようについついこのようなとんでもないことをやってしまうみずからの状態をみずから正すため,これを制定するつもりなのかもしれないと無理やり思うことにいたしました。できれば単なる法律の条文に抵触するかどうかだけではなく,真の法令遵守の精神で市の政策や制度や事務事業が地方自治の本旨に沿って,真の住民の幸福に資するものとなるよう現状の見直しと改善から始め,そしてその精神があまねく市の組織全体に浸透することを期待して,気を取り直して賛成することとしたいと思います。
 以上です。(拍手)
○議長(佐藤豊美) 次に,請願について行います。
 最初に,反対者の討論を許します。
                  〔山際 敦議員 登壇〕
◆山際敦 改革ネットの山際敦です。私は,請願第24号北朝鮮による拉致事件について詳しく記述している中学校公民教科書の採択を求めることについて,請願第26号新潟市の中学校教科書選定と開かれた採択に向けての一層の推進に関することについて及び請願第27号北朝鮮による拉致事件を初め,人権や国家主権について最も詳しく記述し,学習指導要領に最も合致している中学校公民教科書の採択を求めることについての文教経済常任委員長報告,採択に反対の立場から討論を行います。
 教科書の採択は,慎重かつ厳正に教育委員会が行うべきことであり,検定済みの教科書は公平に扱う必要があります。この請願は,特定の教科書を採択するべきとの教育委員会の決定に圧力を加える行為であり,軽々に判断すべきことでないと言えます。しかし,議会として判断を求められているわけでございますから,一定の見解を明らかにさせていただき,意見を表明させていただくものであります。
 これら3件の請願の要旨と趣旨説明,さらに質疑でも明らかになっておりますが,これらの請願は事実上特定の1社の教科書を採択すべきと主張しているものと受けとめられますし,また全国で行われている議論,そして今回の審議内容を聞く限りにおきまして,本3件の請願者が想定している教科書は,扶桑社の「新しい歴史教科書」及び「新しい公民教科書」であると判断せざるを得ません。
 日本国憲法にありますように,何人であれ思想,信条,歴史観などを持つことは自由であり,保障されなければなりません。また,本来教育というものは特定の思想,信条を押しつけるものであってはなりません。しかしながら,扶桑社の「新しい歴史教科書」及び「新しい公民教科書」を読ませていただく限り,中学校の教科書として扱うことに大きな異議を持つものであります。
 この教科書をつくった団体は,これまでの戦後の歴史教育は日本人が受け継ぐべき文化と伝統を忘れ,日本人の誇りを失わせるものであり,既存の歴史教科書は必要以上に日本をおとしめる自虐史観に基づいて,旧敵国のプロパガンダをそのまま事実として記述していると批判し,それにかわる子供たちが日本人として自信と責任を持つことができるような教科書を目指すとしています。しかしながら,教科書の幾つかの内容を挙げますが,「新しい歴史教科書」の第2次世界大戦の項では,「日本の緒戦の勝利は,東南アジアやインドの人々に独立への夢と勇気をはぐくんだ」,「日本の将兵は敢闘の精神を発揮してよく戦った」などと書くばかりでなく,「多くの国民はよく働き,よく戦った。それは,戦争の勝利を願ってのことであった」と片寄った文章が目立ちますし,江戸時代の学問の発達では,「日本の科学技術は,西洋諸国に比べても劣らないほどの水準に達していた」,日露戦争では「ロシア兵よりも練兵で勝っていた」などと記述し,外国との比較の中で日本の主観的な優位性のみを誇示する内容となっております。
 また,公民教科書では,他社の教科書が明記している世界人権宣言,男女雇用機会均等法,子どもの権利条例などが書かれておらず,平等権の箇所では「行き過ぎた平等意識はかえって社会を混乱させ,個性を奪ってしまう結果になることがある」と記述し,憲法学習のコラム「男女共同参画社会の課題」では,「一方で,これらの条例に対して「性別と男女差別を混同し,男らしさ,女らしさという日本の伝統的な価値観まで否定している」「女性の社会進出を強調する余り,とにかく働くべきだという考えを押しつけ,子育てなどで社会に貢献している専業主婦の立場を軽視している」といった反対の声が上がっている」などとジェンダーフリーを曲解した批判が記述全体の3分の2も当てられています。「自国の歴史と伝統を学ぶ意味」の項においても,「深い考えもなしに外国を基準としたり,モデルに見立てたりすることによって,独立心を失った頼りない国民になるおそれが出てきたことは警戒しなくてはならない」などといった文章が並び,バランスのとれない内容となっております。
 現在の学校教育では,覚え込ませ型ではなく思考力育成型の学習に重点が置かれています。教科書は,多様な考えを受けとめて,生徒に問題を投げかけ,主体的に考えさせるものが必要であり,主観的な日本人の物語を教科書で扱うことには異議を唱えざるを得ません。
 当然ですが,私は戦争を知らない世代であります。私の祖父は,あの戦争で南方戦線に配属されておりました。祖父が他界する数年前,戦後50周年のニュースを祖父と2人で見ていた際,それまで一切戦争の経験など語ったことのない祖父が突然戦争の体験を語りました。それは,捕虜収容所に配属された際,軍医が行った生体解剖を手伝わされ,その現地捕虜の亡きがらを敷地内に埋めたとの告白でございました。いつも優しかった祖父が,初めて見せた苦悩と悔恨の表情に大変衝撃を受けました。皆様それぞれあの戦争にいろいろな思いがありましょうが,無辜の民衆に多大な苦痛を与えたことは厳然たる事実であり,決して正当化できないものでございます。
 過去の過ちを反省せず,反省する人々の歴史観を自虐史観と呼び,過去の過ちを教えないことが日本人としての自信と誇りを持つことであるなどということは,過去を無視し,自立を妨げるものであります。植民地支配を受けたアジアの方々,特に民俗のアイデンティティーを否定する創氏改名や神社の参拝を強制された韓国,朝鮮の方々からすれば過去の戦争に大義があった,結果的によいことをしたとし,正当化する姿は批判されてもいたし方がないものであると思います。
 私の学生時代の恩師である石川真澄氏は,「自虐史観というが,戦争を反省できるのは我々だけである」と語っておられました。日本のアジア,太平洋諸国に対する侵略の事実を直視し,戦争で被害を受けた人々の苦しみを思い,さらにみずからの過去の反省に立ち,過ちを是正することがあの過ちを繰り返さない唯一の方法であると私は信じます。そして,この思いを後世に伝え,風化させぬこと,過去の事実を忘れないように教えることが本当の意味での日本人としての自信とこの国の誇りを持たせ,これからの国際化する次代を担う人を育てるという歴史教育のあるべき姿なのではないでしょうか。
 また,請願第26号の第2項及び第3項の教科書採択の過程を公開すべしとのことについてですが,趣旨としては理解できます。しかし,本市の現状におきましては,教科書採択後ウェブ上で一切の議事録を公開しておることなど,既に教科書採択の情報公開度においてトップランクにあることを考えるに,現状を踏まえていないと判断せざるを得ません。
 よって,請願の趣旨は事実認識を欠いており,妥当でないと考えます。
 また,請願第24号の第1項及び請願第27号の第1項の拉致事件の記述に関してですが,北朝鮮による拉致事件は極めて重要な問題であり,国家による犯罪であることは言うまでもないことです。この点におきましては,願意には非常に同意いたしますが,さきに述べましたように特定の教科書採択を求めることについては賛同しかねるものでございます。
 以上,本請願の趣旨に反対の立場から意見を申し上げました。議員諸兄の御理解と御賛同をお願いし,反対討論を終わります。(拍手)
○議長(佐藤豊美) 次に,賛成者の討論を許します。
                〔佐々木 薫議員 登壇〕(拍手)
◆佐々木薫 新潟クラブ,佐々木薫です。今反対討論ございましたが,文教経済常任委員長報告にありました請願第26号新潟市の教科書選定と開かれた採択に向けて一層の推進に関する請願と請願第27号北朝鮮による拉致事件を初め,人権や国家主権について最も詳しく記述し,学習指導要領に最も合致している中学校公民教科書の採択を求めることについての請願について,賛成討論いたします。
 まず,この二つの請願は文教経済常任委員会で今反対討論でもいろいろありましたような,ある特定の1社の教科書の採択をねらったものであるから,よろしくないとか,また教育基本法の第10条「教育は不当な支配に屈することなく」といった観点から,教育行政に対して議会からの圧力だからよろしくないといったような言われ方をしていますが,果たして本当にそういう状況なのでしょうか。教育長にお尋ねしたいところでありますが,きょうは御安心ください。私がすべてそういった点は喝破いたしますので。
 はっきり申しまして,不当な支配や圧力というのは,ある特定の教育関係者たちなどであります。私は,教師は聖職の面も有すると思い,他の公務員よりは給料もある程度高くてよいと思いますし,社会的地位の向上,職場としての教育環境の整備についても訴えてよいと思います。しかし,市民の代弁者として言いたいのであります。教育課程や学習指導要領の問題だけでなく,道徳教育や学力調査の問題も,さらには教科書検定から採択の問題などいっぱいあります。公の教育の場に関して変な思想やイデオロギーを持ち込まないでほしい,そういうふうに願っております。こういったものが教育において不当な支配と思われます。不当な圧力をかけているのは,前回の教科書採択の年に全国新聞紙面をにぎわした事件でも明らかであり,新しい歴史教科書をつくる会(以下つくる会と称します)が,推薦する教科書の採択を暴力で,デモで阻止しようとしていた団体ではないでしょうか。これはいかなる団体でしょうか。これ以上は問いません。
 教育委員会は,もともとはそういった公と個人の両立を目指す,すなわち義務と権利は同等だと理解できる善良なる市民の意思を教育の場に反映させるために存在し,不当な圧力や,時には起こり得る政治権力の横暴や過激な労働運動などから子供や教育権を守るためにあるのではないでしょうか。そういった意味では,もっとしっかりしてほしいと思うところではあります。現時点ではしかと独立もしており,教育委員長は最高判断の権限もゆだねられ,その実行においては教育長が務められており,当然教育権を侵すような場合,拒否権も発動できます。ですから,教科書選定に関してでも,しかと採択権が確立されており,それに伴い責任も付随しているのでありますが,この件に関してはいま一つ不透明なところがあり,私は不満でもあり,今後明確化する余地を残していると思っておりますが,何ら問題はないと考えます。
 では,圧力の提起とは何なのでしょうか。要望したり,権利を言ったりすることもとらえようによっては圧力です。要は不当であるか,不当でないかでございます。ですから,この二つの請願を採決することは全く問題ではありません。我々は市民の代表者なのです。議会の権力を行使しないことは,ある意味において市民の負託にこたえていないということであります。背任行為でもあります。職業政治家としたら職務放棄でございます。議会の意思は市民の意思でもあります。民意を反映するのは我々議会人の務めでもあると思います。ですから,教育権は侵すことなく,議会はあくまでもルールにのっとり,議会として合法的に最大限権限を発動するまでであります。
 私は,今回の教科書採択においては,前回の4年前の記録をあさってみました。そこで,さらにこれらに反対する人たちにですね,逆に反問させていただきます。平成13年6月議会に付託された陳情第44号,覚えていらっしゃいますか。憲法,教育基本法と相入れない教科書の採択をやめることについてに賛同した方々はだれでございましたか。この陳情はですね,「新しい歴史教科書をつくる会のメンバーが執筆した中学校歴史公民教科書が危ない教科書として国民の強い批判を受けながらも検定に合格し,いよいよ学校教育の現場に登場しようとしています。」割愛します。「以上のことから,つくる会の教科書を採択しないよう教育委員会に働きかけるよう陳情します。」
 私はですね,こういったのを特定の1社と言うんです。26号にしても27号にしても,特定の1社を挙げてはおりません。はっきり180度立場は逆ですが,同じ要領で圧力をかけているのは,まさにこういった陳情のことではないでしょうか。こういった陳情が提出されているのを是と認めておきながら,今回提出されたこれら請願は否として認めようとしないのであれば,請願,陳情の提出基準は何なのでしょうか。これは,ダブルスタンダードの何物でもございません。この陳情第44号を見て,私は墓穴を掘るとはまさにこのことではなかろうかと思いました。このことからも明らかなように,今回提出された請願は不当な圧力もなく審議され,採決にかけられるべきであります。このような説明をすれば,おのずとこれから請願に反対される方々の思考がおわかりいただけるかと思います。
 そして,つくる会が推薦する教科書に反対する団体についてですが,私いろいろ勉強させてもらいました。本当におもしろい。これ結構笑えましてですね,何と表紙なんです,これが。「使ったら危険,「つくる会」歴史・公民教科書」,「子供を戦争に導く教科書は要らない」,すごい文句ですね。こんな文句見たら,世のお母さん方はびっくりしますよ。案の定,中身の一例ですが,こうも書いてあります。「現行の学習指導要領は,確かに愛国心を強調しているととらえられやすい内容や神話についての項目も盛り込まれている。ところが,当該の各項には我が国の歴史に対する愛情を深めとあるのであって」,ここからが大事なんです。「愛情の対象は国ではなく歴史に力点がある」と言っているんです。要は国を愛するということをどうにか打ち消したいという,こういった思惑があるわけです。しかし,各項の目標の前に教科の大目標というのがあるんです,学習指導要領には。そこにはちゃんと「我が国の国土と歴史に対する理解と愛情を深め」と書いてあるわけです。唯物的な言い回しで,私は余り好きではございませんが,要は国土と歴史を愛するということは国全部のことを指しているわけでございます。大目標を外しておいて,自分の都合のよいところだけをつまみ食いするといった手法はあいた口がふさがりません。
 また,教科書採択に関しての書籍なのにですね,学習指導要領の抜粋もないんです。見当たりません,全然。表題が1社のみを敵視したものですから,ヒステリックな論調ですから,しようがないでしょう。まさに片寄っているというのはですね,こういった書籍を書かれている方たちだと私は思うのですが,皆さんいかがですか。
 他にですね,反対派の団体さんのいろいろな勉強会をとある方から聞きました。そしたらね,子供何ちゃらネット21ですか,「今学校で起きていること」と題して特集を組み,つくる会の推薦する教科書について「戦争する人間をつくる教科書」と書いてあるんです。このようなレッテルを張り,懸命に教員やですね,市民を言葉でたぶらかそうとしているわけです。いや,本当にですね,戦争をする人間をつくる教科書でしたら,文部科学省が検定合格させますか。これら団体の人たちは,本当につくる会が推薦している本をですね,読んでいるんでしょうか。甚だ疑問に思えてなりません。
 ───────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
 つくる会が推薦する教科書に反対する側の運動を煽動する人,同調する人は,例えば明治期の政治家,軍人と違って昭和初期の政治家,軍人と似通ったところがあります。どういったことかと申しますと,物事の見きわめが浅く,洞察力のなさ,国際社会における情報収集力の欠如,世の中,いわゆる時世を機敏に感じられず,深い思慮にも乏しい。そして,国際政治においては田舎侍が抜け切れずに国際社交の場において孤立していったあの日本のようであり,あの未曾有の悲惨な大東亜戦争へと日本を陥れてしまった,そういった意味で大変こういった片寄った思想の方々は似ていると思います。思考の方向は違うといえども同根であると思います。ハリウッド西部劇やお子様向けのテレビアニメのように,悪玉,善玉でしか分別ができない。思考の幼稚さを露呈しているようなものであり,このような思慮の浅い人間になっては困る。本当に困ります。これから見ればあちらが変に見える,あちらから見ればこちらが変に見えるといったぐあいで誹謗,中傷論のかけ合いになりますから,この辺でやめておきますが,このようにレッテルを張り,短いインパクトのある文言を駆使して民衆を短絡的な思考にさせ,そしてある一方向へ持っていこうとする方が危ないと思います。かえってこっちの方が危険です。「使ったら危険」と書いてあります,こういった書籍の方が危険であります。
 片や,こちらがつくる会と歩調を合わせているように思われているという書籍でございますが,元文化庁長官であられました三浦朱門さんが書かれています。「全歴史教科書を徹底検証する」と書かれてあります。表題が全然違うでしょう。こちらの方はですね,ちゃんと最後に学習指導要領の抜粋なんかも載せてありますし,ましてやちゃんと社会科の教科書8社を客観的に見て評価を下しているんです。こういった教科書採択に関しての論調や姿勢を見ただけでも,どちらの考えの方が沈着冷静に教科書採択に挑んでいるのか判断していただきたいんであります。
 そして,つくる会が推薦する教科書が採択に参入したことにより,大分教科書採択の現場も変わりました。偏向歴史教科書の象徴であった「従軍慰安婦」という言葉はすべて教科書からなくなりました。南京事件の誇大な犠牲者数も日本書籍の1社だけになりました。南京事件のこういった問題もすべて,これはどういった意味をなすのでしょうか。
○議長(佐藤豊美) 佐々木議員に申し上げます。討論は簡潔にお願いします。
◆佐々木薫 今まで偏向した教科書がまともな教科書会社の新規参入により危機感を感じ,客観的,多面的にとらえている史実を正確に把握した歴史が確定したものを記載し,学習指導要領に準拠し,バランスのよい記述にしなくてはいけないと気づき始めた証拠なんであります。
 歴史を記述するときのバランスとは何なんでしょう。菅原道真,二宮尊徳,東郷平八郎といった人物についての記述がない,天皇に関しての記述もない。
○議長(佐藤豊美) 再度申し上げます。討論は簡潔にお願いします。
◆佐々木薫 はい,わかりました。
 一切触れずですね,まさに逆に朝鮮独立運動に参加した柳寛順とか李舜臣などでよろしいんでしょうか,こういった方々が歴史教科書に載っていて。反対する人の方がよほど歴史を客観的に見ていない。いや,目を閉ざして見ようとしていない。自分たちの歴史観で歴史に善悪のイデオロギーを与え,それを子供たちに押しつけようとしている。文言は多少改善されてきましたが,内容はまだ改善すべき箇所がたくさんあります。自虐史観や階級闘争史観からの脱却でございます。階級闘争史観が根底にあり,民衆イコール善,権力イコール悪などの図式が至るところにあります。ですから,この論法でいくと50年後か100年後には私たち議員を含め,特に執行部の方々はことごとく悪者ということになってしまう,そういったことになりはしないでしょうか。
 これら二つの請願に関しては共通したことがございます。それは,当たり前のことを当たり前に言っているということです。教科書の中身が間違っているとか合っているかについては,この際ですから,百歩譲って,時間もないので,論議いたしません。文部科学省の教科書検定に合格したのであれば,少なからず,よしとしなければならないでしょうから。では,何を見るのか。各教科書は,文部科学省が示す学習指導要領を踏まえて編さんされていますが,教科書ごとに学習指導要領の踏まえ方には濃淡があるということです。
 これは,以前私の一般質問で,このことはピンからキリまであり,いわば不良品を検査したにすぎないと表現しました。そして,だから,採択においては一番子供たちにとってふさわしい教科書はどれか,その物差しは学習指導要領にあると言っているのにですね,前教育長の答弁では何か私が言わんとしたことが理解してもらえなかった。これは,私が悪いのでありましょう。要はですね,学習指導要領には法規制があり,教科の目標,科目分野ごとの目標,そして内容の取り扱い,これらを遵守し,採択に当たってはもっと重要視しなければならないことは当然のことで,採択の基準にも明記しているところであります。これをこうしてくださいとかということをですね,言っている請願ではございません。
 最後になります。国際化時代だからこそ日本人が日本を知り,語らなければならない時代です。自分のお国自慢の話もろくにできない人に興味がわくでしょうか。その人の国に魅力を感じますでしょうか。それだけではございません。縁あって,この日本という国に生まれ育ったわけでございます。せっかくですから,日本に愛着を持って幸せを感じてほしいと思いませんか。人が生きていく上において,すべての源は愛でございます。愛するべき,愛するにふさわしい国にするにはどうしたらよいのか,今の歴史,公民の教科書で果たしてよいのでしょうか。
 いろいろと議場で物議を醸しました。あとは皆様の良心に問いかけます。多くの皆様の御賛同をお願いいたします。これにて私の賛成討論を終えます。御清聴,いろいろな御批判ありがとうございました。(拍手)
                  〔「議長」と呼ぶ者あり〕
○議長(佐藤豊美) 山田修一議員。
◆山田修一 議員がね,本会議においていかなる意見を述べたとしても,それは自由でありますが,しかし述べてはならない部分もあります。ただいまの中である国の,中国と言っていましたね。要人に対する断定的にこうでないですかなんていう発言については,これは大変な問題ですよ。私は,議長において,その発言についてしかるべき対処されるよう要望いたします。必要ならば動議として提出します。(拍手)
○議長(佐藤豊美) 山田議員に申し上げます。
 議長におきまして,今の発言について精査しまして,それなりのものをちゃんと差し上げますので,しばらくお待ちください。
                〔「休憩,休憩」と呼ぶ者あり〕
○議長(佐藤豊美) 休憩します。
                                       午後3時31分休憩
    ─────────────────────────────────────────
                                       午後4時20分開議
○議長(佐藤豊美) 本会議を再開します。
 ここで佐々木薫議員から発言を求められておりますので,発言を許します。
 佐々木薫議員。
                  〔佐々木 薫議員 登壇〕
◆佐々木薫 ただいまの賛成討論の中での発言において,以下の部分を削除させていただきます。─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────以上の部分を削除させていただきます。(当該箇所取り消し済み)
 私の発言により議事進行をおくらせましたこと,まことに申しわけございませんでした。(拍手)
○議長(佐藤豊美) ただいまの佐々木薫議員の討論における発言について,会議規則第64条の規定により,当該部分を取り消したいとの申し出がありました。ここの取り消しの申し出を許可することに御異議ありませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(佐藤豊美) 御異議なしと認めます。
 したがって,佐々木薫議員からの発言の取り消しの申し出を許可することに決定しました。
  ────────────────────────────────────────────
○議長(佐藤豊美) 次に,反対者の討論を許します。
                〔中山 均議員 登壇〕(拍手)
◆中山均 先ほどは佐々木薫議員の熱い賛成討論,大変お疲れさまでございました。先ほどの発言を少し引用させていただければ,過激な労働運動とかデモとかいろんな発言がありました。最近労働運動もそう過激ではありませんし,デモというのはもともと憲法で保障されている集会や結社の自由,あるいは示威行動の自由であります。これがあたかも不適切であるかのような発言は,それこそ佐々木薫議員がおっしゃられた昭和初期における政治家や軍人の思想にもつながるものではないかということを一言危惧を申し上げておきたいと思います。
 私は,先ほど文教経済常任委員長から報告のありました請願第24・26・27号の各教科書関連の請願に反対させていただく立場から討論をさせていただきます。いずれも独立した教育行政である教科書選定作業に議会が物を申すことは,佐々木薫議員の口から言わせれば,もちろんやっちゃいけないというまではいきませんけれども,不適切だという点でそもそも採択すべきではないという立場を明らかにした上で,その上であえて内容に踏み込んで議論したいと思います。
 まず,請願第26号について申し上げます。この請願の請願者は,文教経済常任委員協議会質疑の中で,「以前はすべての教科書で従軍慰安婦の強制連行が書かれていた。作り話が流布されて大変なことになってしまった」と述べておられました。請願者の個別の発言を取り上げて申しわけありませんが,自分の支持する教科書以外は皆事実を歪曲したゆがんだ教科書だと言ってはばからない方だったし,事は教育にかかわる重要な議論でもありますし,またこの認識が彼らをしてこのような行動をとらせた決定的な認識でありますし,これこそまさに先ほどの佐々木薫議員の発言から言わせてもらえば視野が狭い発言でありますので,この発言についてあえて取り上げたいと思います。
 この請願者の発言のうち,「以前はすべての教科書で従軍慰安婦の強制連行が書かれていた」というのは意外かと思われるかもしれませんが,そもそも完全に事実と異なっております。いわゆる慰安婦問題が取り上げられていたころの教科書の記述の一覧も見ましたけれども,各当該部分の教科書の記述はそれぞれまちまちでありまして,単に慰安婦としている教科書もありますし,慰安婦全体を無理やり奴隷狩りにしたかのように書いてある教科書などなく,きちんと穏当に記述している教科書の方が多数であります。だから,そもそも彼らが大変なことになってしまったという認識,事実自体存在しません。存在しない事実に対し,大慌てで大騒ぎしていたことになります。
 次に,「作り話が流布されて大変なことになった」というふうな発言についてですが,もちろんいわゆる慰安婦問題の証言者の証言の中にはその信用性に問題があるもの,またあるいは作り話や誇張がある可能性も否定できません。それはそうだと思います。しかし,例えば被差別部落をかたってゆすり,たかりを行う悪質業者がいるからといって,部落差別問題の存在そのものが否定されないのと同様,この問題についても作り話や誇張する人が中にはいたとしても,他の膨大な資料や証言や客観的な証拠全体をすべて否定できるものではなく,特定の誇張や作り話をもって史実全体を否定することはできません。
 この事実関係についても,例えば「軍慰安所は軍人の士気の振興,軍規の維持,略奪,強姦,放火,捕虜虐殺などの犯罪の予防,性病の予防のために必要である」とその意義を説く当時の軍の教育参考資料や1942年9月3日の陸軍省課長会報で,当時の恩賞課長が「将校以下の慰安施設を次のとおりつくりたり」として,各地域に具体的な数を挙げて慰安所を開設したと報告した資料を初め,旧軍の残したさまざまな資料や参謀の日記など,この存在を証明するものがあります。
 その中で,例えば中国に派遣されていた第10軍参謀である山崎少佐の日記,これは1937年12月18日付ですが,この中には「先行せる寺田中佐は憲兵を指導して湖州に娯楽機関を設置す」と慰安所を軍が設置したことを明記し,最初は慰安婦の集まりも悪く,「最初四名だったが本日より七名になった。未だ恐怖心ある為,集まりも悪く,サービスも不良」だったこと,そして「生命の安全があり,金銭を支払い,酷使しないことが普及すれば100名くらい慰安婦は集まるだろう」というふうに述べた上で,この少人数の慰安婦のまま「兵は何処からか伝え聞きて大盛況を呈し,ともすれば酷使に陥り」などとあり,さらに少佐の部下が「憲兵隊長と早速出掛けて行く。約一時間半にて帰り来る……概ね満足の体なり」とあからさまに記述したものもあります。
 この日記自体信用できないというわけにはいきません。なぜなら実はこの日記の記述は,つくる会を支持する研究者などによっても軍の積極的な関与を否定するために引用されている資料でもあるからです。それは,この日記には結局強制的に慰安婦を集めたと読み取れる記述がないという,まあこちらから言わせればへ理屈のような主張であります。しかし,酷使しないと言いながら,兵が大勢来て大繁盛になって,酷使に至ってしまったことを書いてあることからも明らかなように,軍の認識がどうだったかにかかわらず,結果的に甘い言葉や金銭にだまされて募集に応じた者が,単純に自由意思で純粋な商売として慰安婦になったと言えるのかという主張も当然成り立ちます。
 また,つくる会側は,この日記で軍が慰安所を開設したと書いてあるだけで,募集は業者だったというふうに弁明しておりますが,兵士の満足のため必要性に応じて慰安所を開設した軍の責任がないと言えるのかとの当然の反論も成り立ちます。こうした資料の解釈をめぐっても,もちろん議論はあります。すべての慰安婦が奴隷狩りのようにして集められたわけではないでしょうし,初期には日本軍も余裕があって,恐らく環境もそこそこのものだったかもしれませんし,中には高い給料を得ていた人もいただろうし,私の会派の先輩の,実際に戦場に赴かれた大野議員のお話を伺っても,すべて全地域で一律にこのようなものが設置され,すべての施設で慰安婦が奴隷状態に置かれていたわけではないでしょう。しかし,百歩譲ってつくる会側の主張に立ったとしても,軍に随行した慰安婦の存在と軍が慰安所を開設するなどの関与をしたこと自体,これは反対派,賛成派双方の間でも否定できない事実なのであります。請願者は,この事実からも目をそむけ,歴史学の到達点そのものを否定していると言わなければなりません。
 また,請願者の持参したつくる会作成の教科書問題の経緯,こういう資料です(資料を手に持って示す)。ちなみに,先ほど佐々木薫議員は「この請願には扶桑社の教科書を採択してくれなどとは書いていない」というふうに言っておられましたが,この資料では,確かに文面には書いていません。しかし,そのつくる会発行のチラシがこの扶桑社の教科書をこのように宣伝していることだけは事実であります。
 この請願者の持参したつくる会作成の教科書問題の経緯という資料を見ますと,1997年,「政府が慰安婦強制連行の資料なしと答弁」というふうにあって,この政府答弁があたかも決定的なものであるかのように書かれています。これは,1997年1月30日,第140回国会参議院予算委員会での自民党,片山虎之助議員による質疑での答弁を指すものと思われますが,実際の審議は以下のように進められました。何とか強制性を否定したい片山議員は,発言の中でこの慰安婦問題の事実と軍の関与を認めた上で,「強制連行や強制募集,そういうことの事実が確認できたかどうか」というふうに質問しました。すると,政府側委員は,確かにこの資料のとおり,「政府が調査した限りの文書の中には,軍や官憲による慰安婦の強制募集を直接示すような記述は見出せなかった」と答弁しています。しかし,直ちにそれに続く答弁があります。ここには書いてありません。それは,こういう答弁であります。「ただ,総合的に判断した結果,一定の強制性がある。」「いわゆる従軍慰安婦の方々の日常の生活等においては強制性が見られる」等と答弁し,さらに「慰安婦の募集や移送,管理などが甘言,弾圧によるなど総じて本人たちの意思に反して行われた」と述べた当時の河野洋平官房長官の談話についても「その根拠となる資料がある」というふうに述べているのです。政府が認めているのは,奴隷狩りのような狭い意味での強制連行,強制募集を直接政府や軍が指示した文書が存在していないことのみであって,軍に随行していたいわゆる慰安婦の存在やその置かれた環境の強制性を否定した答弁ではないのです。つくる会の資料は,こうした事実を意図的に隠ぺいしておりますし,開かれた議論とか公平な記述とか主張されるのなら,まず自分たちの資料のこうした点から改善すべきだと思います。
 さらに,請願書の文面の中には,教科書の選定過程での教育委員会等への圧力などが書かれていました。しかし,新潟市の選定作業において,そのような事実は確認されませんでしたし,先ほど山際議員からも発言があったように,新潟市のこのような選定,採択作業は後で議事録も公開され,他の自治体と比較しても透明性の高いものになっており,新潟市に対してこうした請願を提出する,そもそも請願者の利益がないと言わなければなりません。
 以上のような事実が多くの委員によって指摘されたところ,請願者は「中央からおりてきた資料や文書で,自分で詳細に検討したわけではない。表現が適切でないところもあるかもしれない」などと言っておられました。ちなみに,委員協議会で発言されたのは,つくる会の新潟県の支部長か副支部長です。「表現が適切でないところもあるかもしれない,中央からおりてきた資料や文書で自分で詳細に検討したわけではない」,これは正直で非常によい発言であります。しかし,せいぜいその程度の検討しかしていないのだとしたら,「他の7社の教科書はすべてゆがんでいる」「事実ではないことが書いてある」などという発言をいやしくも議会において,軽々に論ずるべきではありません。議会の場で請願者の発言は自由であります。しかし,権利ばかりでなく,義務が重要だとするのがこうした方々の主張であります。そういう意味では開かれた議会における発言の自由の権利だけではなく,その発言の客観性と教科書という独立した教育行政に対して発言する者の責務というものを,まずはわきまえていただきたいものだと思います。
 しかも,こうした方々が一貫して重要であると主張しておられる学習指導要領にはそもそもどう書いてあるでしょうか。「みずから学び,みずから考える力の育成」とあります。これは,まさに先ほどの佐々木薫議員の発言からすれば,墓穴を掘った発言であります。「みずから学び,みずから考える力の育成」と書いてある学習指導要領が重要だといいながら,請願者は「中央から来た文書なので」とか,「自分で十分検討,分析したわけではない」という発言を繰り返しているわけです。そういう態度は,請願者御自身や賛成議員の皆さんが重視されるこの学習指導要領の精神とは,残念ながらかけ離れているものでありますし,これらの主張をうのみにする方々,あるいは会派の中に紹介議員がいるので,賛成せざるを得ないという判断をしておられる方がいらっしゃるとしたら,これもみずから学び,みずから考える態度とはとても言えませんし,教育の独立性や議会の権威,議員としての責務を否定し,会派の都合を優先するものだと言わなければなりません。
 現在の文部科学省の検定制度やその内容自体にさまざまな問題があると私自身も思います。歴史認識をめぐるさまざまな思いが双方にあるでしょう。先日触れたように,肉親を戦争で亡くした方々にもそれぞれの立場で特別な思いがあるでしょうし,双方理解を深めていきたいと私も思います。しかし,少なくともこの検定制度は,佐々木薫議員もみずからお認めになったように,現在の歴史学で明らかになったさまざまな史実の現段階での公式の到達点と政府の基本的な立場の,その範囲の中で行われていることが前提となっているはずであります。そういう意味で言えば,私も個人的にはとても賛同しがたい内容の教科書もありますが,しかしどの教科書もこの国家の制度の範囲の中で記述がなされていると双方が考える必要があります。その範囲の中でそれぞれの執筆陣によって,強調する史実や問題意識がそれぞれ異なるのは当然のことであって,どこか1社だけがすぐれ,他の会社すべてがとんでもない教科書だという主張に基づいて提案されている請願は,公正な立場で議論すべき議会が採択するべきものではありません。
 先ほど佐々木薫議員の発言の中で,「使ったら危険,つくる会の教科書」という過激なタイトルの本が紹介されておりましたが,つくる会やつくる会を支持する人たちもかなり過激なことを言っておりまして,今の教科書やこれまでの教科書が「とんでも本」だとかですね,そういうことを公式なホームページの中で紹介していたりするのであります。また,これらの団体が支持する教科書を採択したある自治体の教育委員は,「これを読むと聖書を読むのと同じで気持ちが安らぐ」というふうに発言しております。他の自治体の選択にとやかく言うつもりはありませんが,本市においてこのように聖書と同じだからとか,気持ちが安らぐとか安らがないとか,そういう観点で選定,採択が進められないよう望みたいと思います。
 次に,他の二つの24号,27号の請願,いわゆる北朝鮮の拉致問題を教科書で十分書けという主張でありますが,国家の主権や人権を重視すべきなのは言うまでもありません。しかし,それは特定の問題のみを強調して語られるべきことではありません。拉致問題は,当然許しがたい犯罪として,そしていまだに未解決の問題として適宜,適切に取り上げられるべきだと思います。しかし,それだけが教科書で取り上げられるべき国家主権や人権の問題を考える教材でしょうか。例えば日本の国家主権や日本人の人権が日米安全保障条約によって著しく侵害されている事実,ヨーロッパ諸国と米軍との間で結ばれている協定と比較しても,不平等で不当な日米地位協定,それにより日本人の土地が勝手に米軍に使用され続け,日本の女性が米軍兵士から暴行を受け,しかもその犯罪者は国内法で裁かれないまま米国内へさっさと連れ帰られる事実。そして,これらの見直しが全国知事会などでも求められているにもかかわらず,国によって長年放置されている事実,これらの事実にも目を向ける必要があります。
○議長(佐藤豊美) 中山議員に申し上げます。討論は簡潔にお願いします。
◆中山均 はい。
 1977年9月27日,米軍厚木基地を離陸し,洋上の空母,ミッドウェーに向かった米軍のファントムジェット機が横浜市の住宅街に墜落するという大事故で,大けがを負った幼い子供2人が家族のみとる中で病院で命を落とし,重症のお母さんも精神を病んで,やがて命を落とされたという本当に痛ましい事件もありました。この国に真の愛国主義者はいないのかと嘆かざるを得ない事件であります。しかし,私は私の主張するこれらの個別の問題,例えば米軍の問題のみを取り上げろとか,従軍慰安婦問題だけを詳しく取り上げるべきだとは全く言いませんし,思いません。あくまで全体のバランスの中で取り上げられるべきだし,さらに言えば拉致問題は国民的課題の一つとして,教科書とは別の方法も活用し,例えば周辺諸国との外交も含めた政治的なイニシアチブも含め,解決するべきだと思います。また,人権という概念は北朝鮮の拉致問題のみに集約されるべきではありません。まず,人間としての尊厳の大切さが教えられなければなりません。
 ドイツでは,戦前ヒトラーの独裁に対し,ドイツ国民が反発できなかった理由の一つに……
                   〔何事か呼ぶ者あり〕
◆中山均 もうすぐ終わります。ドイツ社会に個人主義が確立しておらず,国民が集団主義に埋没したことがあるという反省を踏まえて,戦後ドイツの教育は個人の判断力を養い,自立を促し,時には上からの権威に挑戦することを若い世代に教えてきました。他国の教育とはいえ,上からの指示や引き継ぎに逆らえなかった本市のいわゆる官製談合事件を考えても教訓深い話であります。
 人権という概念は,そのようにさまざまな切り口で語られ,教育されるべきであって,個別の事件のみを詳細に強調することは適切ではなく,しかもこれも質疑の中で明らかになったとおり,特に請願第27号についても,事実上1社のみに教科書選定を求める内容となっていることから,これについても反対するものであります。
 以上,みずから学び,みずから考えるという学習指導要領の精神に基づき,良心に恥ずことのない懸命な判断を皆さんに求めまして,討論を終わります。ありがとうございました。(拍手)
○議長(佐藤豊美) ほかに討論はありませんか。───以上で討論を終わります。
 それでは,採決したいと思いますが,採決の方法については,反対のある議案第66号,第67号,第100号,第102号及び第108号について並びに除斥のある議案第110号について,反対のある請願第23号についての第1項から第3項まで,第24号についての第1項から第3項まで,第26号についての第1項から第3項まで,第27号についての第1項及び第2項について,反対のある陳情第28号については別途に採決し,他の議案については一括して採決したいと思います。これに御異議ありませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(佐藤豊美) 御異議なしと認めます。
 それでは,順次採決します。
 最初に,反対のある議案について行います。
 議案第66号新潟市新津本町二番館条例の一部改正について,総務常任委員長報告可決のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。
                  〔賛 成 者 起 立〕
○議長(佐藤豊美) 起立多数です。したがって,議案第66号は総務常任委員長報告のとおり決定しました。
 次に,議案第67号新潟市新津駐車場条例の一部改正について,総務常任委員長報告可決のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。
                  〔賛 成 者 起 立〕
○議長(佐藤豊美) 起立多数です。したがって,議案第67号は総務常任委員長報告のとおり決定しました。
 次に,議案第100号指定管理者の指定について,総務常任委員長報告可決のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。
                  〔賛 成 者 起 立〕
○議長(佐藤豊美) 起立多数です。したがって,議案第100号は総務常任委員長報告のとおり決定しました。
 次に,議案第102号指定管理者の指定について,文教経済常任委員長報告可決のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。
                  〔賛 成 者 起 立〕
○議長(佐藤豊美) 起立多数です。したがって,議案第102号は文教経済常任委員長報告のとおり決定しました。
 次に,議案第108号契約の締結について,総務常任委員長報告可決のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。
                  〔賛 成 者 起 立〕
○議長(佐藤豊美) 起立多数です。したがって,議案第108号は総務常任委員長報告のとおり決定しました。
○議長(佐藤豊美) 次に,除斥のある議案について……
                  〔野上達也議員 除斥〕
○議長(佐藤豊美) 議案第110号契約の締結について,総務常任委員長報告可決のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。
                  〔賛 成 者 起 立〕
○議長(佐藤豊美) 起立全員です。したがって,議案第110号は総務常任委員長報告のとおり決定しました。
                  〔野上達也議員 着席〕
○議長(佐藤豊美) 次に,反対のある請願,陳情について行います。
 請願第23号学校給食を行政が直接責任を持って実施することを求めることについての第1項から第3項までについて,文教経済常任委員長報告不採択のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。
                  〔賛 成 者 起 立〕
○議長(佐藤豊美) 起立多数です。したがって,請願第23号についての第1項から第3項までは文教経済常任委員長報告のとおり決定しました。
 次に,請願第24号北朝鮮による拉致事件について詳しく記述している中学校公民教科書の採択を求めることについての第1項,平成17年度に行われる中学校公民教科書の採択手続に当たっては,北朝鮮による拉致事件についての記述が正確で詳しい教科書を採択することについて,文教経済常任委員長報告採択のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。
                  〔賛 成 者 起 立〕
○議長(佐藤豊美) 起立多数です。したがって,請願第24号についての第1項は文教常任委員長報告のとおり決定しました。
 次に,同請願についての第2項,平成17年度に行われる中学校公民教科書の採択手続に当たっては,中学校学習指導要領の「各国が相互に主権を尊重し,各国民が協力し合うことが重要であることを認識させるとともに,自国を愛し,その平和と繁栄を図ることが大切であることを自覚させる」との目標に最も忠実に編集され,国家主権や安全保障,領土問題,国旗,国家の意義を最も積極的に説いている教科書を採択することについて,文教経済常任委員長報告採択のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。
                  〔賛 成 者 起 立〕
○議長(佐藤豊美) 起立多数です。したがって,請願第24号についての第2項は文教経済常任委員長報告のとおり決定しました。
 次に,同請願についての第3項,平成17年度に行われる中学校公民教科書の採択手続に当たっては,家族共同体の意義を最も積極的に説いている教科書を採択することについて,文教経済常任委員長報告採択のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。
                  〔賛 成 者 起 立〕
○議長(佐藤豊美) 起立多数です。したがって,請願第24号についての第3項は文教経済常任委員長報告のとおり決定しました。
 次に,請願第26号新潟市の中学校教科書選定と開かれた採択に向けての一層の推進に関することについての第1項,中学校歴史教科書の採択に当たっては,日本の歴史教科書だということをしかと認識し,日本人の精神性,伝統,文化,歴史並びにそれらを伝えるにふさわしい人物等が記載され,特に学習指導要領の歴史的分野目標(1)「我が国の歴史に対する愛情を深め,国民としての自覚を育てる」(2)「国家,社会及び文化の発展や人々の生活の向上に尽くした歴史上の人物と現在に伝わる文化遺産を,その時代や地域との関連において理解させ,尊重する態度を育てる」等を重視し,最も適している教科書を選定することについて,文教経済常任委員長報告採択のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。
                  〔賛 成 者 起 立〕
○議長(佐藤豊美) 起立多数です。したがって,請願第26号についての第1項は文教経済常任委員長報告のとおり決定しました。
 次に,同請願についての第2項,教育委員会において,使用される教科書の採択事務に関するルールを定めたら,あらかじめ公表するなど,開かれた採択を一層推進すること及び第3項,適切な採択に係る審議環境の確保のため,教育委員会の会議を行うに当たっては,公開,非公開を適切に判断し,公開での傍聴に関するルールを明確に定めることや,採択後には採択結果・理由に関する情報を積極的に公開するなど万全を期すことについて,文教経済常任委員長報告採択のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。
                  〔賛 成 者 起 立〕
○議長(佐藤豊美) 起立多数です。したがって,請願第26号についての第2項及び第3項は文教経済常任委員長の報告のとおり決定しました。
 次に,請願第27号北朝鮮による拉致事件を初め,人権や国家主権について最も詳しく記述し,学校指導要領に最も合致している中学校公民教科書の採択を求めることについての第1項,平成17年度に行われる中学校公民教科書の採択手続に当たっては,北朝鮮による拉致事件や領土問題に見られる国家主権についての記述が最も多く,指導要領に最も合致した教科書を採択することについて,文教経済常任委員長報告採択のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。
                  〔賛 成 者 起 立〕
○議長(佐藤豊美) 起立多数です。したがって,請願第27号についての第1項は文教経済常任委員長報告のとおり決定しました。
 次に,同請願についての第2項,平成17年度に行われる中学校公民教科書の採択手続に当たっては,国旗,国家の意義を積極的に説いている教科書を採択することについて,文教経済常任委員長報告採択のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。
                  〔賛 成 者 起 立〕
○議長(佐藤豊美) 起立多数です。したがって,請願第27号についての第2項は文教経済常任委員長報告のとおり決定しました。
 次に,陳情第28号定率減税の廃止,縮小を中止することを求める意見書の提出について,総務常任委員長報告不採択のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。
                  〔賛 成 者 起 立〕
○議長(佐藤豊美) 起立多数です。したがって,陳情第28号は総務常任委員長報告のとおり決定しました。
 次に,ただいま議決しました議案及び請願,陳情を除く議案第48号平成17年度新潟市一般会計補正予算を初めとする各議案について,各常任委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。
                  〔賛 成 者 起 立〕
○議長(佐藤豊美) 起立全員です。したがって,各常任委員長報告のとおり決定しました。
 次に,ただいま採択されました請願第24号第1項から第3項まで,請願第26号第1項から第3項まで及び請願第27号第1項及び第2項については,教育長に対し,処理の経過及び結果の請求をします。
    ─────────────────────────────────────────
○議長(佐藤豊美) これで本日の日程は全部終了しました。
 以上で平成17年6月新潟市議会定例会を閉会します。
                                       午後4時51分閉会
  ────────────────────────────────────────────


    以上会議のてん末を承認し署名する。


        新潟市議会議長       佐 藤 豊 美


        新潟市議会副議長      関 口 松 柏


        署 名 議 員       渡 辺 孝 二


        署 名 議 員       本 図 良 雄



                                       平成17年6月24日
  新潟市議会議長   佐  藤  豊  美  様
                         建設常任委員長     進     直 一 郎
                  閉会中の継続審査申出書
 本委員会は,審査中の事件について,次のとおり閉会中もなお継続して審査をする必要があると認めたので,会議規則第103条の規定により申し出ます。

                       記
 1 事  件
  ┌──────┬───────────────────────────────────┐
  │ 番  号 │            件         名            │
  ├──────┼───────────────────────────────────┤
  │陳情第13号│都市計画道路・寄居浜女池線から続く鳥屋野潟沿いの市道(通称曽野木線)の│
  │      │拡幅について                             │
  ├──────┼───────────────────────────────────┤
  │陳情第22号│交通安全のための桃山小学校通りの歩道の電柱移設に関することについて  │
  └──────┴───────────────────────────────────┘

 2 理  由
  引き続き審査を要するため。
  ────────────────────────────────────────────
                                       平成17年6月24日
  新潟市議会議長   佐  藤  豊  美  様
                         市民厚生常任委員長   小  林  十 三 子
                  閉会中の継続審査申出書
 本委員会は,審査中の事件について,次のとおり閉会中もなお継続して審査をする必要があると認めたので,会議規則第103条の規定により申し出ます。

                       記
 1 事  件
  ┌──────┬───────────────────────────────────┐
  │ 番  号 │            件         名            │
  ├──────┼───────────────────────────────────┤
  │請願第11号│2004年の年金制度「改革」に反対する意見書の提出について      │
  ├──────┼───────────────────────────────────┤
  │請願第25号│サービス利用の制限や負担増など介護保険の改悪に反対し,改善を求める意見│
  │      │書の提出について                           │
  ├──────┼───────────────────────────────────┤
  │陳情第17号│生活保護国庫負担削減と基準引き下げ中止を求める意見書の提出について  │
  ├──────┼───────────────────────────────────┤
  │陳情第24号│シルバー人材センターの業務から表具内装業務を外すことについて     │
  ├──────┼───────────────────────────────────┤
  │陳情第29号│社会保障制度の抜本改革を求める意見書の提出について          │
  ├──────┼───────────────────────────────────┤
  │陳情第30号│被災者生活再建支援法の改善等に関する意見書の提出について       │
  ├──────┼───────────────────────────────────┤
  │陳情第32号│障害者自立支援法案に関する意見書の提出について            │
  └──────┴───────────────────────────────────┘

 2 理  由
  引き続き審査を要するため。
  ────────────────────────────────────────────
                                       平成17年6月24日
  新潟市議会議長   佐  藤  豊  美  様
                         文教経済常任委員長   渡  辺     均
                  閉会中の継続審査申出書
 本委員会は,審査中の事件について,次のとおり閉会中もなお継続して審査をする必要があると認めたので,会議規則第103条の規定により申し出ます。

                       記
 1 事  件
  ┌──────┬───────────────────────────────────┐
  │ 番  号 │            件         名            │
  ├──────┼───────────────────────────────────┤
  │請願第 7 号│新潟市におけるスケート競技のための環境整備について          │
  │      │ 第2項 スケート競技の振興と幼児や少年の健全な発育に資するため,また│
  │      │    ハンデのある方も含めすべての市民が気軽に利用できるスポーツ施設│
  │      │    として,各種大会の開催も可能なスケート場の建設をすること。  │
  ├──────┼───────────────────────────────────┤
  │請願第17号│アメリカ産牛肉の輸入解禁に反対する意見書の提出について        │
  ├──────┼───────────────────────────────────┤
  │請願第18号│政府米の買い入れと備蓄の充実を求める意見書の提出について       │
  ├──────┼───────────────────────────────────┤
  │請願第28号│米国産牛肉の拙速な輸入再開に反対し,BSEの万全な対策を求める意見書の│
  │      │提出について                             │
  ├──────┼───────────────────────────────────┤
  │陳情第 7 号│農家が意欲を持って稲作に取り組むことのできる米政策の実現を求める意見書│
  │      │の提出について                            │
  ├──────┼───────────────────────────────────┤
  │陳情第25号│生活保護基準以下の最低賃金の抜本改正を求める意見書の提出について   │
  ├──────┼───────────────────────────────────┤
  │陳情第31号│遺伝子組み換え稲の栽培実験中止を求める要望及び意見書の提出について  │
  └──────┴───────────────────────────────────┘

 2 理  由
  引き続き審査を要するため。
  ────────────────────────────────────────────
                                       平成17年6月24日
  新潟市議会議長   佐  藤  豊  美  様
                         総務常任委員長     吉  田  ひ さ み
                  閉会中の継続審査申出書
 本委員会は,審査中の事件について,次のとおり閉会中もなお継続して審査をする必要があると認めたので,会議規則第103条の規定により申し出ます。

                       記
 1 事  件
  ┌──────┬───────────────────────────────────┐
  │ 番  号 │            件         名            │
  ├──────┼───────────────────────────────────┤
  │請願第 6 号│改悪消費税法の凍結を求め,大増税計画に反対する意見書の提出について  │
  └──────┴───────────────────────────────────┘

 2 理  由
  引き続き審査を要するため。
  ────────────────────────────────────────────
                                       平成17年6月24日
  新潟市議会議長   佐  藤  豊  美  様
                         議会運営委員長     石  橋  慶  助
                  閉会中の継続審査申出書
 本委員会は,審査中の事件について,次のとおり閉会中もなお継続して審査をする必要があると認めたので,会議規則第103条の規定により申し出ます。

                       記

  ┌──────┬───────────────────────────────────┐
  │ 番  号 │            件         名            │
  ├──────┼───────────────────────────────────┤
  │請願第22号│新潟市発注工事をめぐる官製談合問題の徹底した真相究明を求めることについ│
  │      │て                                  │
  └──────┴───────────────────────────────────┘

 2 理  由
  引き続き審査を要するため。
  ────────────────────────────────────────────
                                       平成17年6月24日
  新潟市議会議長   佐  藤  豊  美  様
                         総務常任委員長     吉  田  ひ さ み
                  閉会中の継続調査申出書
 本委員会は,所管事務のうち下記の事件について,調査終了まで閉会中もなお継続調査を要するものと決定したので,会議規則第103条の規定により申し出ます。

                       記
 1 事  件
  談合問題の構造的要因とその背景及び入札制度改革も含めた再発防止の方策について
 2 理  由
  引き続き調査を要するため。
  ────────────────────────────────────────────
                                       平成17年6月24日
  新潟市議会議長   佐  藤  豊  美  様
                         建設常任委員長     進     直 一 郎
                    委員会審査報告書
 本委員会に付託された事件は,審査の結果,次のとおり決定したので,会議規則第102条の規定により報告します。

                       記

  ┌──────┬─────────────────────────┬─────────┐
  │ 事件の番号 │       件         名       │審 査 の 結 果│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第48号│平成17年度新潟市一般会計補正予算関係部分    │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第49号│平成17年度新潟市下水道事業会計補正予算     │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第53号│新潟都市計画駅西土地区画整理事業施行規程の廃止につ│原案可決すべきもの│
  │      │いて                       │         │
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第59号│新潟市地区計画等の区域内における建築物の制限に関す│原案可決すべきもの│
  │      │る条例の一部改正について             │         │
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第87号│新潟市臨空船江会館条例の一部改正について     │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第88号│新潟市山の下みなとタワー展望展示室条例の一部改正に│原案可決すべきもの│
  │      │ついて                      │         │
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第89号│新潟市自転車等駐車場条例の一部改正について    │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第90号│新潟市都市公園条例の一部改正について       │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第91号│新潟市天寿園条例の一部改正について        │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第92号│新潟市石油の里公園条例の一部改正について     │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第93号│新潟市信濃バレー親水レクリエーション広場条例の一部│原案可決すべきもの│
  │      │改正について                   │         │
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第103号 │公有水面埋立ての免許の出願に関し意見を述べることに│原案可決すべきもの│
  │      │ついて                      │         │
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第105号 │市長専決処分について関係部分           │原案承認すべきもの│
  └──────┴─────────────────────────┴─────────┘

  ────────────────────────────────────────────
                                       平成17年6月24日
  新潟市議会議長   佐  藤  豊  美  様
                         市民厚生常任委員長   小  林  十 三 子
                    委員会審査報告書
 本委員会に付託された事件は,審査の結果,次のとおり決定したので,会議規則第102条の規定により報告します。

                       記

  ┌──────┬─────────────────────────┬─────────┐
  │ 事件の番号 │       件         名       │審 査 の 結 果│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第48号│平成17年度新潟市一般会計補正予算関係部分    │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第51号│平成17年度新潟市老人保健事業会計補正予算    │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第55号│新潟市コミュニティセンター及びコミュニティハウス条│原案可決すべきもの│
  │      │例の一部改正について               │         │
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第57号│新潟市保育所条例の一部改正について        │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第58号│新潟市老人憩の家条例の一部改正について      │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第68号│新潟市地域保健福祉センター条例の一部改正について │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第69号│新潟市総合福祉会館条例の一部改正について     │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第70号│新潟市西川社会福祉センター条例の一部改正について │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第71号│新潟市母子生活支援施設条例の一部改正について   │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第72号│新潟市新津育ちの森条例の一部改正について     │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第73号│新潟市身体障害者デイサービスセンター条例の一部改正│原案可決すべきもの│
  │      │について                     │         │
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第74号│新潟市老人デイサービスセンター条例の一部改正につい│原案可決すべきもの│
  │      │て                        │         │
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第75号│新潟市老人福祉センター条例の一部改正について   │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第76号│新潟市高齢者支援センター条例の一部改正について  │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第77号│新潟市高齢者生きがいルーム条例の一部改正について │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第78号│新潟市急患診療センター条例の一部改正について   │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第79号│新潟市ふれあい健康センター条例の一部改正について │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第96号│新潟市支所設置条例の一部改正について       │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第97号│町(字)の区域及び名称の変更について       │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第98号│住居表示に関する法律第3条第1項の規定による本市に│原案可決すべきもの│
  │      │おける実施区域及び当該区域における住居表示の方法に│         │
  │      │ついて                      │         │
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第99号│戸籍事務の電子計算機処理による管理に関する事務の受│原案可決すべきもの│
  │      │託について                    │         │
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第101号 │指定管理者の指定について             │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第105号 │市長専決処分について関係部分           │原案承認すべきもの│
  └──────┴─────────────────────────┴─────────┘

  ────────────────────────────────────────────
                                       平成17年6月24日
  新潟市議会議長   佐  藤  豊  美  様
                         文教経済常任委員長   渡  辺     均
                    委員会審査報告書
 本委員会に付託された事件は,審査の結果,次のとおり決定したので,会議規則第102条の規定により報告します。

                       記

  ┌──────┬─────────────────────────┬─────────┐
  │ 事件の番号 │       件         名       │審 査 の 結 果│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第48号│平成17年度新潟市一般会計補正予算関係部分    │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第80号│新潟市西堀地下駐車場条例の一部改正について    │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第81号│新潟市産業振興センター条例の一部改正について   │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第82号│新潟市職業訓練実習場条例の一部改正について    │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第83号│新潟市食肉センター条例の一部改正について     │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第84号│新潟市小須戸地区花とみどりのシンボルゾーン条例の一│原案可決すべきもの│
  │      │部改正について                  │         │
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第85号│新潟市農村環境改善センター及び地域研修センター条例│原案可決すべきもの│
  │      │の一部改正について                │         │
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第86号│新潟市海辺の森条例の一部改正について       │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第94号│新潟市青少年三川自然の森条例の一部改正について  │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第95号│新潟市体育施設条例の一部改正について       │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第102号 │指定管理者の指定について             │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第105号 │市長専決処分について関係部分           │原案承認すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │請願第23号│学校給食を行政が直接責任を持って実施することを求め│不採択とすべきもの│
  │      │ることについて                  │         │
  │      │ 第1項 新津市の学校給食は新潟市と合併した後も,│         │
  │      │    行政が直接責任を持って実施すること。   │         │
  │      ├─────────────────────────┼─────────┤
  │      │ 第2項 新津市がこれまで進めてきた,安全で安心な│不採択とすべきもの│
  │      │    地元の農産物を活用し,食物アレルギーへもき│         │
  │      │    め細かな対応ができる自校直営方式を実施する│         │
  │      │    こと。                  │         │
  │      ├─────────────────────────┼─────────┤
  │      │ 第3項 1カ所で4,200食をつくる大量調理方式でな │不採択とすべきもの│
  │      │    く,各小中学校ごとにつくる自校直営方式での│         │
  │      │    建設を計画的に進めること。        │         │
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │請願第24号│北朝鮮による拉致事件について詳しく記述している中学│採択すべきもの  │
  │      │校公民教科書の採択を求めることについて      │         │
  │      │ 第1項 平成17年度に行われる中学校公民教科書の│         │
  │      │    採択手続に当たっては,北朝鮮による拉致事件│         │
  │      │    についての記述が正確で詳しい教科書を採択す│         │
  │      │    ること。                 │         │
  │      ├─────────────────────────┼─────────┤
  │      │ 第2項 平成17年度に行われる中学校公民教科書の│採択すべきもの  │
  │      │    採択手続に当たっては,中学校学習指導要領の│         │
  │      │    「各国が相互に主権を尊重し,各国民が協力し│         │
  │      │    合うことが重要であることを認識させるととも│         │
  │      │    に,自国を愛し,その平和と繁栄を図ることが│         │
  │      │    大切であることを自覚させる」との目標に最も│         │
  │      │    忠実に編集され,国家主権や安全保障,領土問│         │
  │      │    題,国旗,国歌の意義を最も積極的に説いてい│         │
  │      │    る教科書を採択すること。         │         │
  │      ├─────────────────────────┼─────────┤
  │      │ 第3項 平成17年度に行われる中学校公民教科書の│採択すべきもの  │
  │      │    採択手続に当たっては,家族共同体の意義を最│         │
  │      │    も積極的に説いている教科書を採択すること。│         │
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │請願第26号│新潟市の中学校教科書選定と開かれた採択に向けての一│採択すべきもの  │
  │      │層の推進に関することについて           │         │
  │      │ 第1項 中学校歴史教科書の採択に当たっては,日本│         │
  │      │    の歴史教科書だということをしかと認識し,日│         │
  │      │    本人の精神性,伝統,文化,歴史並びにそれら│         │
  │      │    を伝えるにふさわしい人物等が記載され,特に│         │
  │      │    学習指導要領の歴史的分野目標(1)「我が国の歴│         │
  │      │    史に対する愛情を深め,国民としての自覚を育│         │
  │      │    てる」(2)「国家,社会及び文化の発展や人々の│         │
  │      │    生活の向上に尽くした歴史上の人物と現在に伝│         │
  │      │    わる文化遺産を,その時代や地域との関連にお│         │
  │      │    いて理解させ,尊重する態度を育てる」等を重│         │
  │      │    視し,最も適している教科書を選定すること。│         │
  │      ├─────────────────────────┼─────────┤
  │      │ 第2項 教育委員会において,使用される教科書の採│採択すべきもの  │
  │      │    択事務に関するルールを定めたら,あらかじめ│         │
  │      │    公表するなど,開かれた採択を一層推進するこ│         │
  │      │    と。                   │         │
  │      ├─────────────────────────┼─────────┤
  │      │ 第3項 適切な採択に係る審議環境の確保のため,教│採択すべきもの  │
  │      │    育委員会の会議を行うに当たっては,公開,非│         │
  │      │    公開を適切に判断し,公開での傍聴に関するル│         │
  │      │    ールを明確に定めることや,採択後には採択結│         │
  │      │    果・理由に関する情報を積極的に公開するなど│         │
  │      │    万全を期すこと。             │         │
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │請願第27号│北朝鮮による拉致事件を初め,人権や国家主権について│採択すべきもの  │
  │      │最も詳しく記述し,学習指導要領に最も合致している中│         │
  │      │学校公民教科書の採択を求めることについて     │         │
  │      │ 第1項 平成17年度に行われる中学校公民教科書の│         │
  │      │    採択手続に当たっては,北朝鮮による拉致事件│         │
  │      │    や領土問題に見られる国家主権についての記述│         │
  │      │    が最も多く,指導要領に最も合致した教科書を│         │
  │      │    採択すること。              │         │
  │      ├─────────────────────────┼─────────┤
  │      │ 第2項 平成17年度に行われる中学校公民教科書の│採択すべきもの  │
  │      │    採択手続に当たっては,国旗,国歌の意義を積│         │
  │      │    極的に説いている教科書を採択すること。  │         │
  └──────┴─────────────────────────┴─────────┘

  ────────────────────────────────────────────
                                       平成17年6月24日
  新潟市議会議長   佐  藤  豊  美  様
                         総務常任委員長     吉  田  ひ さ み
                    委員会審査報告書
 本委員会に付託された事件は,審査の結果,次のとおり決定したので,会議規則第102条の規定により報告します。

                       記

  ┌──────┬─────────────────────────┬─────────┐
  │ 事件の番号 │       件         名       │審 査 の 結 果│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第48号│平成17年度新潟市一般会計補正予算関係部分    │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第50号│平成17年度新潟市土地取得事業会計補正予算    │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第52号│新潟市における法令遵守の推進等に関する条例の制定に│原案可決すべきもの│
  │      │ついて                      │         │
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第54号│新潟市個人情報保護条例の一部改正について     │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第56号│新潟市市税条例の一部改正について         │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第60号│新潟市火災予防条例の一部改正について       │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第61号│新潟市音楽文化会館条例の一部改正について     │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第62号│新潟市水族館条例の一部改正について        │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第63号│新潟市民プラザ条例の一部改正について       │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第64号│新潟市民芸術文化会館条例の一部改正について    │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第65号│新潟市會津八一記念館条例の一部改正について    │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第66号│新潟市新津本町二番館条例の一部改正について    │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第67号│新潟市新津駐車場条例の一部改正について      │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第100号 │指定管理者の指定について             │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第105号 │市長専決処分について関係部分           │原案承認すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第106号 │契約の締結について                │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第107号 │契約の締結について                │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第108号 │契約の締結について                │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第109号 │契約の締結について                │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第110号 │契約の締結について                │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第111号 │契約の締結について                │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第112号 │契約の締結について                │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第113号 │契約の締結について                │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第114号 │契約の締結について                │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │議案第115号 │契約の締結について                │原案可決すべきもの│
  ├──────┼─────────────────────────┼─────────┤
  │陳情第28号│定率減税の廃止,縮小を中止することを求める意見書の│不採択とすべきもの│
  │      │提出について                   │         │
  └──────┴─────────────────────────┴─────────┘