議事ロックス -地方議会議事録検索-


新潟県 新潟市

平成17年 6月定例会本会議−06月15日-目次




平成17年 6月定例会本会議

           平成17年 新潟市議会6月定例会会議録  目  次
  ────────────────────────────────────────────

6月15日(第1号)
 議事日程……………………………………………………………………………………………………………… 1
 付議事件……………………………………………………………………………………………………………… 2
 出欠席議員…………………………………………………………………………………………………………… 5
 説明のため出席した者……………………………………………………………………………………………… 6
 職務のため出席した者……………………………………………………………………………………………… 6
 開  会……………………………………………………………………………………………………………… 6
 会議録署名議員の指名……………………………………………………………………………………………… 6
 会期の決定…………………………………………………………………………………………………………… 7
 報  告……………………………………………………………………………………………………………… 7
 議会運営委員の補充選任…………………………………………………………………………………………… 7
 新潟東港地域水道用水供給企業団議会補欠議員の選挙………………………………………………………… 8
 新潟東港臨海水道企業団議会補欠議員の選挙…………………………………………………………………… 8
 三条・燕・西蒲・南蒲広域養護老人ホーム施設組合議会補欠議員の選挙…………………………………… 9
 議案第48号から第105号まで,諮問第2号及び報告第1号から第4号まで並びに議案第106号から第115号まで
  提案理由説明(篠田市長)………………………………………………………………………………………10
  採 決………………………………………………………………………………………………………………12
 散  会………………………………………………………………………………………………………………12
 会議録署名……………………………………………………………………………………………………………13

6月20日(第2号)
 議事日程………………………………………………………………………………………………………………15
 付議事件………………………………………………………………………………………………………………16
 出欠席議員……………………………………………………………………………………………………………17
 説明のため出席した者………………………………………………………………………………………………18
 職務のため出席した者………………………………………………………………………………………………18
 開  議………………………………………………………………………………………………………………18
 会議録署名議員の指名………………………………………………………………………………………………18
 報  告………………………………………………………………………………………………………………19
 新潟駅連続立体交差事業,新潟駅周辺整備及び新交通システム,総合交通体系にかかわる調査,研究について
  新潟駅連続立体交差事業及び総合交通体系調査特別委員会調査の中間報告(渋谷明治議員)…………19
 中小企業対策や地場産業の振興及び農水産業の振興など,産業の活性化と雇用の確保にかかわる調査,研究について
  地域経済活性化・雇用対策調査特別委員会調査の経過並びに結果報告(古川 久議員)………………20
 (仮称)新潟市総合卸売センター建設計画等にかかわる調査,研究について
  (仮称)新潟市総合卸売センター建設計画等調査特別委員会調査の経過並びに結果報告(佐藤幸雄議員)
   ……………………………………………………………………………………………………………………22
 議員提案第40号政令指定都市調査特別委員会委員の定数の変更について
 議員提案第41号新潟駅連続立体交差事業及び総合交通体系調査特別委員会の名称及び付議事項の変更
 並びに委員の定数の変更について
  提案理由説明(石橋慶助議員)…………………………………………………………………………………23
  採 決………………………………………………………………………………………………………………23
 政令指定都市調査特別委員の補充選任……………………………………………………………………………23
 新潟駅連続立体交差事業調査特別委員の補充選任………………………………………………………………24
 議員提案第42号総合交通体系等調査特別委員会設置について
 議員提案第43号農業活性化調査特別委員会設置について
 議員提案第44号財政出資団体調査特別委員会設置について
  提案理由説明(石橋慶助議員)…………………………………………………………………………………27
  採 決………………………………………………………………………………………………………………27
 休憩,開議……………………………………………………………………………………………………………28
 一般質問
  木村文祐議員の質問………………………………………………………………………………………………29
   1 81万人政令市の交通システムについて
    (1) 新・新潟市合併マニフェストの中で陸の玄関口新潟駅周辺の整備をうたっているが,具体的な計画をどのように考えているのか。
    (2) 新市交通システム改善事業について
    (3) その中で北部方面など各方面別の交通体系(区制後の地区内交通)について急ぐべきと思うがどうか。
  篠田市長の答弁……………………………………………………………………………………………………32
  再質問(木村文祐議員)…………………………………………………………………………………………33
  答 弁(篠田市長)………………………………………………………………………………………………34

  遠藤 哲議員の質問………………………………………………………………………………………………34
   1 災害対策の取り組みについて
    (1) 災害発生時における住民の避難所の対応について
    (2) 避難指示等の発令時における高齢者や障害者の避難対策について
    (3) 避難所指定施設における食料,飲料水,毛布等の備蓄対策の現状と今後の取り組みについて
    (4) 避難住民に対する情報提供の対策について
   2 構造改革特区について
    (1) 本市として今後構造改革特区についてどのような取り組みが考えられるか。
    (2) 特別養護老人ホームのサテライト型居住施設推進特区の認定申請をすべきと思うがどうか。
   3 白根地区における循環バスについて
    (1) 昨年12月より試験運行がされているが利用者の利便性に伴わない運行時間及びコースの見直しを早急にすべきと思うがどうか。
   4 合併後における職員の給与及び手当について
    (1) 合併13市町村の職員の給与について不平等になっていないか。
    (2) 合併前の課長補佐と合併後の人事による課長補佐の管理職としての扱いの違いはどこにあるのか。
   5 ITによる行財政改革と事務事業の効率化について
    (1) 業務,システムの最適化の推進についてどのように取り組むのか。
    (2) CIO(情報化統括責任者)制度の導入を急ぐべきと思うがどうか。
    (3) 手続の簡素化,合理化の徹底,業務処理の短縮化の取り組みとして,オンライン利用の促進についてどのように取り組むのか。
   6 市長と支所職員との意見交換会における課題について
    (1) 支所職員との意見交換会においてどのような意見が示され,示された課題の改善策についてどのように取り組むのか。
  篠田市長の答弁……………………………………………………………………………………………………38
  元井都市計画部長の答弁…………………………………………………………………………………………40
  神部総務部長の答弁………………………………………………………………………………………………40
  石井企画部長の答弁………………………………………………………………………………………………40
  再質問(遠藤 哲議員)…………………………………………………………………………………………41
  答 弁(神部総務部長)…………………………………………………………………………………………41
 休憩,開議……………………………………………………………………………………………………………42

  佐々木 薫議員の質問……………………………………………………………………………………………42
   1 非核平和都市宣言について
    (1) 理念,概念をどう考えているのか。
    (2) どのような基準で人選をしているのか。
    (3) 懇話会人選変更追加が可能か。
    (4) 防衛,安全保障に詳しい人物を懇話会メンバーに入れるべきではないか。
    (5) この宣言によって国策を誤らせるような事態につながらないか。
   2 終戦60周年を迎え護国神社への参拝について
    (1) 節目,節目に適宜式典へ参加するという意向にふさわしいので参列してはどうか。
   3 教科書採択について(教育長)
    (1) 教育委員及び教育委員会従事者,専門調査員選定に当たっては,学習指導要領や国歌,国旗法に反対する者を選任すべきではないと思うがどうか。
    (2) 学習指導要領に反対している団体,教員はいるのか。
    (3) 学習指導要領に反対する団体から教科書選定委員や専門調査員が選任されるのは誤りではないか。
    (4) 教科書会社1社だけを批判する人物がいるようだが,元専門調査員だったとのことについてどう認識しているのか。
    (5) 地域性を考慮して当地の偉人を取り上げることも重要視してもらいたいがどうか。
  篠田市長の答弁……………………………………………………………………………………………………46
  佐藤教育長の答弁…………………………………………………………………………………………………47

  柏 一二議員の質問………………………………………………………………………………………………48
   1 非核平和都市宣言について
    (1) 非核平和都市宣言の意義を改めて問う。
    (2) 北東アジアの平和と安定を求めるべきではないか。
    (3) 宣言を生かす具体的な行動計画をつくり,白根,新津の平和行政の継承,発展を
   2 白根支所管内の市営住宅の早期建設について
    (1) 激しい老朽状態にあるが状況の把握はしているのか。
    (2) 建設計画を前倒しして早期改修と増設を
   3 新飯田・茨曽根・庄瀬保育園の存続について
    (1) 住民との合意のない統合計画は無理であり撤回すべきと思うがどうか。
    (2) 少子化の解消,地域の活性化,産業振興のための地域の拠点として存続すべき。
   4 循環バスの本格運行への移行について
    (1) 地域の特性と住民ニーズに沿った重要な事業との認識は
    (2) 検討課題,要望を尊重し,住民の強い要求に立っての本格運行への移行を
   5 区割りについて
    (1) 行政区画編成基準は10万人となっているが,行政効率優先主義になっており面積や地域間の交流などが考慮されていないがどうか。
    (2) 押しつけのパターンではなく住民の意向を尊重し10万人を下回る区割りも容認すべきではないか。
   6 政令指定都市について
    (1) 既存の政令指定都市にない豊かな自然環境や広大な農地のある農村を生かすという田園型構想は,地域の農地と集落を守っていけるのか。
    (2) 旧白根市民の利便性の向上と要求実現のために支所に一層の権限と財源を保障してこそ分権型ではないか。
  篠田市長の答弁……………………………………………………………………………………………………51
  鎌田都市整備局長の答弁…………………………………………………………………………………………52
  宮原保健福祉部長の答弁…………………………………………………………………………………………53
 休憩,開議……………………………………………………………………………………………………………53

  今井ヨシイ議員の質問……………………………………………………………………………………………54
   1 スーパーダイエー新潟店撤退方針に関連して問う。
    (1) 存続の要請はどのような内容か。
    (2) その結果はどのような内容か。
    (3) 仮に撤退した場合,中心市街地のまちづくりに重大な影響を及ぼすこととなる。撤退後のまちづくりの対応策はどのように考えているのか。
    (4) 他都市ではギャンブル施設への転用が大きな問題となっているが見解を問う。
   2 「保健・医療・福祉最先端都市」実現のための理念とその具体策は
    (1) 理念を改めて問う。
    (2) マニフェストに盛り込まれないのはなぜか。
    (3) 地域福祉の構築を
     ア 市行政の果たす役割
     イ 社協,NPO,市民グループ,ボランティアなどのネットワーク化を
   3 介護保険見直しと第3期介護保険事業計画策定に関して問う。
    (1) 制度見直しで新たに介護保険化される事業と影響は(平成17年度ベース)
     ア 老人保健事業の内容と影響額
     イ 介護予防・地域ささえ合い事業の内容と影響額
     ウ 在宅介護支援センター運営事業の内容と影響額
    (2) 高齢者の保健や福祉に対する市の責任が後退することはないのか。
    (3) 次期1号保険料設定に関して
     ア 平成17年度末赤字見込額10億8,000万円を保険料に転嫁させないこと。
     イ 税制改悪による「配偶者特別控除」「老年者控除」「定率減税縮小・廃止」に伴う影響は。また65歳,妻と2人暮らし,年金収入256万円ケースの場合,介護保険料の影響額は幾らか。
     ウ 高齢者の生活実態を考慮した保険料の設定をすべき。
    (4) 10月から導入される居住費,食費の全額利用者負担となる影響とその対策を
     ア 低所得者への制度見直し策はどのような内容か。
     イ 低所得者が施設退所とならないよう市独自策をとるべき。
   4 西新潟に養護学校の早期建設と教育条件整備に関して
    (1) 過去最高の児童生徒数となった現養護学校の条件整備を図るべきである。
     ア 不足している普通教室の増設を
     イ 教諭の増員を
     ウ 介助員の増員を
    (2) 西新潟に養護学校を早急に設置すべきである。
     ア 合併建設計画を前倒しして関係者の願いにこたえよ。
     イ 県との協議状況とその結果は
  篠田市長の答弁……………………………………………………………………………………………………59
  宮原保健福祉部長の答弁…………………………………………………………………………………………60
  加藤学校教育部長の答弁…………………………………………………………………………………………62
  再質問(今井ヨシイ議員)………………………………………………………………………………………62
  答 弁(篠田市長)………………………………………………………………………………………………63
 休憩,開議……………………………………………………………………………………………………………63

  藤田 隆議員の質問………………………………………………………………………………………………63
   1 両川地区における学校統合について
    (1) 両川地域で新しい場所での学校統合賛成の結論が出た場合,市長は財源及び予算づけについてどのように考えているか。
    (2) 今後の課題について
     ア 平成22年の新学校の開校を目指す上で今後の課題は
     イ 酒屋小,割野小の未償還の起債または返還が必要な補助金はあるのか。
     ウ 新学校開校以降の二つの学校の校舎はどうするのか。また二つの学校の耐用年数はどのくらいあるのか。耐用年数が来るまで地域のコミュニティ活動の場として残せないか。
   2 子どもセーフティ・スタッフについて(教育長)
    (1) 新潟市における子どもセーフティ・スタッフの現状について
    (2) 2年目を迎えて市としての成果は。学校区によって取り組みに温度差があると思うがどのように受けとめているか。また今後の対策は
    (3) セーフティ・スタッフの服装について
     ア ジャンパーと帽子の種類は
     イ スタッフのロゴ(マーク)について
     ウ ながらパトロール,あるいは地域の巡視などの時間帯について
     エ 車を使用する変質者対策について
   3 新潟市の水道事業の広域化計画等について(水道事業管理者)
    (1) 水道施設の再編計画による経営効率化の推進について
    (2) 広域的水質管理体制の構築について
    (3) (仮称)信濃川浄水場の給水開始と新技術の導入について
  篠田市長の答弁……………………………………………………………………………………………………68
  佐藤教育長の答弁…………………………………………………………………………………………………68
  長谷川水道事業管理者の答弁……………………………………………………………………………………69

  本図良雄議員の質問………………………………………………………………………………………………71
   1 非核平和都市宣言について
    (1) 具体的取り組みで普及啓発をする計画になっているがどのように取り組むのか。
      普及啓発事業の一環で本庁,支所での宣言塔やモニュメントなどの設置,憲法の集いなど平和に関連する市の事業でのパンフレットヘの宣言の掲載,平和シンポジウムなど開催してはどうか。
    (2) 歴史的観点から見れば新潟市が原爆投下地に指定されていた事実がある。そういう点からも新潟市が宣言をする意味は大きいと考える。平和市長会議があるが加盟する考えはないか。
   2 亀田駅周辺の福祉の先進まちづくりについて
    (1) 亀田駅舎に連結する市の公益施設の進捗状況と駅周辺の文教・福祉ゾーンの拡大についてどのように考えているか。
   3 子どもセーフティ・スタッフ事業について(教育長)
    (1) セーフティ・スタッフ事業の報告会は各学校ごとに学期に1回開催し成果と課題について情報交換を行うことになっているが,内容について保護者や地域に周知されているのか。また市全体で共有化する取り組みはあるのか。発表会(研修会)などを行う考えはあるか。
    (2) セーフティ・スタッフ組織だけでなく他の組織との連携はどのように考えているのか。
    (3) 地域の人たちもセーフティ・スタッフ事業の趣旨を理解しながら,各学校区ごとに子供を守る取り組みが始まろうとしている。その中で地域からは「安全パトロール」など記載された腕章やワッペンを配布してもらいたいという声がある。積極的な提言に市としてこたえる考えはあるか。
   4 中学校スクールランチ事業について(教育長)
    (1) 利用率についてはどうか。(旧亀田町と新潟市の対比)学校ごとによる利用率の極端な差はないのか。あるとすればどういう理由か。
    (2) ランチルームはすべての学校で整備されているのか。またランチルームの整備基準(面積など)はあるのか。未整備校の対応についてはどのように取り組んでいくのか。
  篠田市長の答弁……………………………………………………………………………………………………75
  石井企画部長の答弁………………………………………………………………………………………………75
  佐藤教育長の答弁…………………………………………………………………………………………………75

  渡辺孝二議員の質問………………………………………………………………………………………………76
   1 新潟大外環状道路の整備促進とJR信越本線亀田駅荻川駅間における新駅の設置,パークアンドレールライド事業について
    (1) 大外環状道路全線45キロメートルのうち29キロメートルのルートが未定である。早急なルート決定と事業実施を望むがその見通しについて
    (2) 政令市移行後における本事業の整備促進は新市の責任において実施するものか。また国,県とのかかわりをどのように考えているか。
    (3) 新駅の設置は都心方向に向かう慢性的な渋滞や都心部の交通緩和対策とあわせ交通体系の有効活用からして強力に推進すべきと思うが,市長としてどのような考えや姿勢で取り組むのか。
    (4) 関係機関や地元住民との合意形成が重要な課題となるが事業促進を図るため地元に勉強会的な委員会や懇談会が設置された場合,全面的な協力と財政的措置を講ずるべきであると思うがどうか。
   2 支所(旧市町村)庁舎の有効活用について
    (1) 当面の有効活用について
    (2) 政令市移行後の有効活用について
    (3) 有効活用について地域住民の理解が必要となるが地域審議会とのかかわりは
  篠田市長の答弁……………………………………………………………………………………………………79
  若林企画財政局長の答弁…………………………………………………………………………………………79

  金子益夫議員の質問………………………………………………………………………………………………80
   1 平成の大合併について
    (1) 国内でも屈指の広地域,多市町村による大合併であったが,混乱も余りなくほぼ予定どおり達成できたと思う。振り返って統括責任者としてどのように総括しているか。
   2 田園型政令市について
    (1) まことにタイトル,ネーミングはよいが具体策が見えてこない。政令市移行までには明確に示せるか。
    (2) 学者や専門家の意見より,現場で汗して働く農家の意見を優先,重視すべきと思うがどうか。
   3 地産地消について
    (1) 公立の保育園や幼稚園,小・中学校また老人介護施設等の地場産の使用割合(米,野菜,果物)がまだまだ少ない。政策的にもっともっと高めることが必要と思うがどうか。
   4 豊栄地区(早通北)の道路整備について
    (1) 市道正尺早通線,早通北尾山線の計画概要について
     ア 早通北地区の局部改良についてどう対処するか。
     イ 20数年来の懸案であり早急に取り組んでもらいたいがどうか。
     ウ この局部改良の先から濁川ICまでの計画はどうなっているか。
     エ この道路計画は豊栄地区と北地区の一体化に大きく寄与すると思うがどうか。
  篠田市長の答弁……………………………………………………………………………………………………82
  山田農林水産部長の答弁…………………………………………………………………………………………84
  井浦土木部長の答弁………………………………………………………………………………………………84

  玉木良平議員の質問………………………………………………………………………………………………84
   1 安心,安全な地域をつくるためにどう取り組むか。
    (1) 7.13水害の認識と信濃川下流中ノ口川の治水事業の現状について
    (2) 7.13水害後の信濃川下流部及び中ノ口川の堤防改修について
    (3) 消防団の組織の充実と水防活動について
    (4) 七穂・大割地区の水防拠点としての活用及び避難場所の指定について
  篠田市長の答弁……………………………………………………………………………………………………86
 休憩,開議……………………………………………………………………………………………………………87

  高橋三義議員の質問………………………………………………………………………………………………88
   1 構造改革特区と地域再生構想に関連した施策の展開について
    (1) 構造改革特区と地域再生構想を成功させるためには何が不可欠と考えるか。
    (2) 構造改革特区について
     ア 新潟市国際創業特区
      (ア)外資系企業誘致の見通しはどうか。
      (イ)競合する都市との補助,助成の優位性について
      (ウ)競合する港とのインフラ整備の優位性について
      (エ)万代島と魚市場を出島にしたらどうか。
     イ 農業特区構想はどうあるべきと考えるか。
    (3) 地域再生構想推進について
     ア 水の都にいがた水辺空間にぎわい再生計画の拡充について
     イ 物流拠点機能向上について
     ウ 合併などで使用されなくなった公共施設の市民団体への貸し出しについて
   2 特定外来生物被害防止法について
    (1) 外来生物の実態調査とその対策及び検査体制について
    (2) 外来生物を侵入させない聖域の指定について
    (3) 新潟版レッドデータブックの活用について
    (4) 生物多様性回復施策について
   3 景観法について
    (1) これまでの取り組みと今後の方針について
    (2) 景観法を活用した計画について
     ア 景観法の活用方法と候補地はあるのか。
      (ア)メインストリートのあり方について
      (イ)信濃川沿いの高層建築物について
      (ウ)潤いのある緑化生活空間づくりについて
     イ 景観協定地区に緑地帯も加えてはどうか。
    (3) 町並み保存についての考え方と合併市町村の現状は
    (4) 古町周辺優良建築物等整備事業を景観法のモデル事業にしてはどうか。
   4 葬儀について
    (1) 自然葬について市の考え方はどうか。
    (2) 葬儀場の利用状況について
    (3) 墓地について
     ア 墓地管理について市民からの問題提起はあるのか。
     イ 部落共同墓地の整備と管理のあり方について
    (4) 合同納骨堂について
    (5) ペットの死後処理方法はどうあるべきか。
   5 新教育長に期待して(教育長)
    (1) 基本的な考え方と今の問題点をどうとらえているのか。
    (2) 新潟市教育委員会の意識改革について
    (3) 全県学力調査の結果と今後の取り組みについて
    (4) 合併地域の2学期制導入について
    (5) 読む通知表にしてはどうか。
    (6) 高等学校の学区変更による影響について
    (7) 子供の健康と家族とのきずなを深める食事のあり方について
    (8) 新・教育ビジョン作成の中で教育委員会が取り組んでいるものとは何か。
  篠田市長の答弁……………………………………………………………………………………………………94
  宮崎市民局長の答弁………………………………………………………………………………………………97
  佐藤教育長の答弁…………………………………………………………………………………………………99

  佐藤 憲議員の質問…………………………………………………………………………………………… 101
   1 新潟駅連続立体交差事業について
    (1) 計画の意義(三者会談の結果を踏まえて)
    (2) 今後の進め方
     ア 商業者と連携した幹線道路沿線のまちづくり
    (3) 都市軸の強化に資する基幹公共交通軸への対応について
   2 中心市街地活性化について
    (1) 分権型政令市における商業施策
   3 防災とコミュニティ放送について
    (1) 防災におけるコミュニティ放送の活用法
    (2) 今の制度では合併後の大都市新潟では機能しないと思われ,災害に強いといわれるコミュニティ放送が機能しないのではないか。
   4 2011年ラグビーW杯の新潟誘致について
   5 若年層スポーツの振興について
    (1) 若者のニーズにあったスポーツ振興
  篠田市長の答弁………………………………………………………………………………………………… 106
  宮崎市民局長の答弁…………………………………………………………………………………………… 107
  佐藤生涯学習部長の答弁……………………………………………………………………………………… 108
 散  会…………………………………………………………………………………………………………… 108
 会議録署名………………………………………………………………………………………………………… 109

6月21日(第3号)
 議事日程…………………………………………………………………………………………………………… 111
 付議事件…………………………………………………………………………………………………………… 111
 出欠席議員………………………………………………………………………………………………………… 112
 説明のため出席した者…………………………………………………………………………………………… 112
 職務のため出席した者…………………………………………………………………………………………… 113
 開  議…………………………………………………………………………………………………………… 113
 会議録署名議員の指名…………………………………………………………………………………………… 113
 一般質問
  阿部松雄議員の質問…………………………………………………………………………………………… 114
   1 合併後の諸問題について
    (1) 各支所の建設計画に沿った予算状況について
    (2) 小須戸地区のバス路線確保に向けた取り組みについて
     ア 赤塚地区の住民バスの利用状況と地域住民のかかわりについて
     イ 小須戸地区の天ヶ沢・鎌倉集落での住民バスの可能性について
   2 入札・契約制度関係について
    (1) 談合事件の中間的な総括としての感想は
    (2) 公正取引委員会の立入調査前1年間の平均落札率と調査後,現在までの平均落札率は
    (3) 損害賠償請求の現在の状況について
    (4) 訴訟になった場合議会に諮るのはいつごろなのか。
    (5) 3月の合併後,本庁及び支所の業者指名や落札率の状況について
    (6) 市内業者の育成について
    (7) 入札監視委員会の活用と今後の入札・契約制度について
  篠田市長の答弁………………………………………………………………………………………………… 117
  石井企画部長の答弁…………………………………………………………………………………………… 118
  元井都市計画部長の答弁……………………………………………………………………………………… 118
  鈴木財政部長の答弁…………………………………………………………………………………………… 119
  再質問(阿部松雄議員)……………………………………………………………………………………… 119
  答 弁(石井企画部長)……………………………………………………………………………………… 120

  阿部紀夫議員の質問…………………………………………………………………………………………… 120
   1 合併建設計画等の関連について
    (1) 区制移行時での合併建設計画の見直しの考え方について
    (2) 新・総合計画策定の手法,趣旨,期間,構成,工程などの考え方について
    (3) 区制移行後の地域審議会は豊栄地域協議会の取り組みを参考に自治協議会として発展させるべきでないか。
    (4) 地域振興費については区制移行後は一定の基準を設けるなど検討を加え,さらに充実をすべきでないか。
   2 市の福祉行政と市社会福祉協議会組織の関連について
    (1) 社会福祉協議会への市の派遣職員数及び職員OBの配置状況などについて
    (2) 合併関連市町村を含めた社会福祉協議会とのこれまでの連携についての評価について
    (3) 社会福祉協議会組織の見直しが検討されているが今後の市の対応について
   3 住民基本台帳の大量閲覧制度について
    (1) 前年度の閲覧申請件数及び1件当たりの請求数について
    (2) これまでの大量閲覧申請の請求に対する市の対応について
    (3) 閲覧制度を原則非公開とするよう国に対して法改正を求めるべきでないか。
    (4) ダイレクトメール送付目的での閲覧を制限する条例を制定する考えはないか。
  篠田市長の答弁………………………………………………………………………………………………… 125
  長谷川市民生活部長の答弁…………………………………………………………………………………… 127

  小林義昭議員の質問…………………………………………………………………………………………… 128
   1 市職員の天下りは廃止すべきである。
    (1) 「新潟日報」('05年5月20日)同記事の感想を問う。
    (2) 官製談合問題で天下りOB職員が重大な役割を果たしてきたが,その反省が生かされていないのではないか。
    (3) 幹部職員の天下り率が高いのは実態的に組織対応といえないか。
    (4) 幹部職員も定年まで働き続けられる雰囲気をつくり,天下りを一切やめるべきでないか。
   2 市立小学校での児童「教室たらい回し」は子供の人権軽視と教育委員会として人権感覚が希薄ではないか。(教育長)
    (1) 教育委員会事務局として今回の事件をどのように考えているか。
    (2) 教育委員会として今回の事件をどのように考えているか。
    (3) 両組織は事件を認知してからどのように対応したのか。
    (4) 教育委員会は事件を認知して直ちに委員会を開催しなかったのはなぜか。
    (5) 児童及び家族への補償をどのように考えているか。
    (6) 再発防止策をどのように考えているか。
   3 学校敷地内全面禁煙は喫煙者が敷地外でたばこを吸うことになり,新たな問題が発生する可能性がある。分煙対策を徹底すべきでないか。(教育長)
    (1) 全面禁煙にする理由は何か。
    (2) 家庭や社会で一般的に喫煙がされている中で教育現場だけで全面禁煙をしても実効が上がるのか。
    (3) 喫煙者が敷地外で喫煙することになり新たな問題が発生しないか。(喫煙の自由も保障されるべきでないか)
    (4) 分煙政策を徹底すべきでないか。
    (5) 児童喫煙を少なくするには家庭,社会,教育現場で喫煙をやめさせる取り組みと説得,教育こそ重視されるべきでないか。
   4 ごみの減量化に関して消費者にだけ責任を取らせる形でのごみの有料化は慎重にすべきである。
    (1) ごみの発生源にこそ問題があると考えるがどうか。
    (2) 地方自治体(ごみの処分者)は連携して抜本的製造者責任の改善を国に働きかけるべきでないか。
    (3) 消費者が現状でできるごみの減量対策をどのように考えているか。
    (4) 紙の資源化を進めるために1週間に1回程度の分別回収を実施すべきでないか。
    (5) 市役所施設の自動販売機をワンウェイ容器からリターナブル瓶に積極的に切りかえるべきでないか。
    (6) 製造者責任が明確になった時点で「生活弱者」に配慮した形でごみの有料化を検討すべきでないか。
  篠田市長の答弁………………………………………………………………………………………………… 133
  貝瀬環境部長の答弁…………………………………………………………………………………………… 133
  佐藤教育長の答弁……………………………………………………………………………………………… 134
  再質問(小林義昭議員)……………………………………………………………………………………… 136
  答 弁(篠田市長)…………………………………………………………………………………………… 137
  答 弁(佐藤教育長)………………………………………………………………………………………… 138
 休憩,開議………………………………………………………………………………………………………… 138

  真島義郎議員の質問…………………………………………………………………………………………… 138
   1 2010年問題等について
    (1) 危機感を県とどのように共有するのか。
    (2) 臨港鉄道「臨港貨物線」を活用すべきと思うがどうか。
    (3) 市民に十分な理解を求めてはどうか。
   2 巻町との合併について
    (1) 巻町国民健康保険病院等の売却の見通しはどうか。
    (2) 赤字病院を解決することが合併条件と決めているが変更はないか。
    (3) 合併の期日までに売却できない場合の考え方について
   3 ごみ問題等について
    (1) 一般家庭の生ごみ問題等について
     ア 家庭用生ごみ処理機の活用状況はどうか。
     イ エコープラザ啓発事業の見直しについてどう思うか。
    (2) 事業系紙ごみの搬入規制について
     ア 9月までの企業へのPRについてどのように取り組むのか。
     イ NPO法人(「エコオフィス町内会」)と連携し協働してはどうか。
     ウ 古紙の再利用製品の利用促進についてどう考えるか。
   4 教育問題について(教育長)
    (1) 教育長の教育方針について
     ア 中間報告発表会の時期はいつか。
     イ 中間報告の進行状況はどうか。
     ウ 中間報告案に対しての基本的な考え方について
    (2) 小学校教師による「不適切な指導」について
     ア 教育長の見解は
     イ 市教委の対応は(今回と全般について)
     ウ 児童等のケアは十分か。
    (3) 市の学力実態と体力実態について
     ア 本市の状況はどうであったのか。
     イ 早寝早起き運動の提唱者(小学校長)を本市に招待してはどうか。
  篠田市長の答弁………………………………………………………………………………………………… 143
  貝瀬環境部長の答弁…………………………………………………………………………………………… 144
  佐藤教育長の答弁……………………………………………………………………………………………… 145

  佐藤幸雄議員の質問…………………………………………………………………………………………… 146
   1 合併関係について
    (1) 公選で選ばれた人すべて失職前提の合併でなかったのか。
    (2) 失職議員に対し背信行為であると思うがどうか。
    (3) 吉沢支所長の現在の待遇,給与について
    (4) 少くとも合併前に12市町村長の了解はとれていたのか。
    (5) 合併市町村との事前の取り決めが守られていない。
   2 談合問題について
    (1) 談合構図はいつの時期にどのような形でできたと思うか。
    (2) 諸悪の根源を究明し市民に知らせる義務があると思うがどうか。
    (3) 先般の質問で「昔は新聞記者で今は市長だから」との答弁だが,市長になったら臭い物にはふたをするということなのか。
    (4) 処罰は不当であり弱いものいじめである。所見を
   3 議会軽視について
    (1) 議会制民主主義の定義についての所見を
    (2) 議会軽視と議会冒涜について
   4 市民病院の調剤薬局の誘致について
    (1) 区画整理組合を二転三転と混乱させた経緯について
    (2) なぜ特別待遇をさせようとしたのか。
    (3) 国会議員に頼まれたからとうわさがあるが,いつだれにどのように頼まれたのか。
    (4) 市長の口ききについてだれが処罰するのか。
  篠田市長の答弁………………………………………………………………………………………………… 152
  神部総務部長の答弁…………………………………………………………………………………………… 153
  再質問(佐藤幸雄議員)……………………………………………………………………………………… 153
  答 弁(篠田市長)…………………………………………………………………………………………… 154
  再々質問(佐藤幸雄議員)…………………………………………………………………………………… 155
  答 弁(篠田市長)…………………………………………………………………………………………… 155

  小泉仲之議員の質問…………………………………………………………………………………………… 155
   1 政令指定都市に向けた行政改革について
    (1) 政令市移行に伴う県と新潟市間での事務事業移譲に伴う事務費について,県は平成15年度決算ベースで250億円と試算するが,市として今回の案で検討した場合歳入歳出と財源はどのようになるのか。
    (2) 権限移譲に伴う人員の増減はどうなるのか。市長はこれまで合併効果で10年で500人の職員,220億円の削減ができると説明しているが,これにどのような変更があるのか。
    (3) 予算や事業計画の多くは執行部の定める基本計画,ビジョン等に沿ってつくられる以上,市民の代表としての議会のかかわりが大切。新・新潟市総合計画,教育ビジョン,新市農業構想などあらゆる分野の基本的計画を対象とし,1議会決議の必要性,2計画策定過程での議会への報告,3実施状況の毎年度報告の義務づけ,4計画の策定,変更,廃止についての議会からの意見聴取を行政執行部側は行う必要があると考えるがどうか。
   2 新潟水俣病40周年と環境対策について
    (1) 新潟水俣病が発生し40年を振り返り,新潟市政において何を教訓にし活動を進めているか。
    (2) 反公害・環境教育が大切だ。積極的に総合学習の時間などを利用し,「環境と人間のふれあい館」を訪れ環境学習を進めることを指導すべきではないか。(教育長)
    (3) 新潟市地球温暖化対策率先実行計画の実施状況について
     ア 平成16年度の実施状況及び目標達成率は
     イ この5年間の活動の総括についてどのように考えているか。
     ウ 今年度,次期5年間の新目標計画を策定するが,具体的目標値も含め計画内容はどのようなものか。
    (4) 庁舎の省エネ環境対策について
     ア 合併したことにより本庁,支所などの合計庁舎管理費はどれほどか。
     イ 庁舎の省エネ環境対策や管理コスト削減を進めるためESCO事業の活用を初め,もっと積極的に民間の優れた技術やノウハウ,資金を取り入れるなど早急に本市での庁舎管理手法を抜本的に再検討すべきではないか。
   3 指定管理者制度と市外郭団体の改革について
    (1) 包括外部監査人より評価機関の設置,全面的な再検討など外郭団体政策の確立が求められているが所見は
    (2) 外郭団体では理事者が市幹部による当て職の兼職が多く経営の責任執行体制があいまい。市長,助役の役員就任禁止や代表者への経営責任と業績に見合った報酬・退職金制度を導入する等の改革が必要であり外郭団体の改革への考えは
    (3) 土地開発公社は,代替地における含み資産の減少の改善,駅周辺整備事業用地の先行取得での利子補給が停止したことによる多額な利子負担のあり方の見直し等が求められており,低利の資金への借りかえも含めどのように対処するか。
    (4) 指定管理者制度に関して
     ア 指定管理者の選定は,公的な規制のある契約によらないだけに公正な選考が求められる。現行のやり方では民間の不信を買っている。選考委員に外郭団体を育ててきた市幹部を外し外部専門委員を中心にすべきだがどうか。
     イ 包括外部監査人から公共施設の管理業務が大きなウエートを占める市開発公社は廃止も視野に入れた抜本的な見直しが求められている。指定管理者制度の中どのように事業展開するのか,今後の経営方針を伺う。
   4 私立幼稚園・認可外保育所支援強化について
    (1) 現行の国の施策を受けての本市での少子化対策についての現状評価と課題認識について
    (2) 子供の側や保護者の多様な生活実態を考えるなら,保育園,幼稚園,市立,私立,認可,認可外を問わず公平な支援が望まれる。市支援が子供一人当たり現行は26倍の開きがあり是正を図るべきだ。私立幼稚園や認可外保育所に通う子供にも市より大幅な支援の手を差し伸べるべきと思うがどうか。
  篠田市長の答弁………………………………………………………………………………………………… 162
  宮崎市民局長の答弁…………………………………………………………………………………………… 163
  佐藤教育長の答弁……………………………………………………………………………………………… 165
  再質問(小泉仲之議員)……………………………………………………………………………………… 166
  答 弁(篠田市長)…………………………………………………………………………………………… 167
  答 弁(宮崎市民局長)……………………………………………………………………………………… 167
 休憩………………………………………………………………………………………………………………… 167
 開議………………………………………………………………………………………………………………… 168

  鈴木克夫議員の質問…………………………………………………………………………………………… 168
   1 民間委託を進める篠田市政は公務労働の役割及び責任をどう考えるのか。
    (1) 「自治体の市場化」について
    (2) 民間委託は市内の雇用の質の劣化を促進し,サービスの不安定性,不確実性を増大させる要因,契機となるのではないか。
    (3) 「市民と行政の協働」を進める上での公務労働の役割と責任についてどう考えるのか。
   2 旧日本銀行新潟支店長役宅に見る指定管理者制度の問題点について
    (1) 本市が旧日本銀行新潟支店長役宅を平成11年度に買収したその目的と買収額について
    (2) 旧日本銀行新潟支店長役宅の調査委託から指定管理者決定までの経過に問題はなかったのか。
    (3) 本市は指定管理者に対してどのような運営目標を求めたのか明らかにすること。また委託経費は幾らなのか。
    (4) 議会のチェック機能が果たせなくなることについてどう答えるのか。
     ア 事業の計画書,選定理由,業務内容,協定書などの情報開示について
     イ 決算委員会などでは事業報告や調査報告などは明らかにされるのか。
    (5) 選定委員会の透明性と第三者機関での調査,検討,評価について
    (6) 民間事業者が倒産した場合市の損害の責任はどこが負うのか。住民負担によって補うことはないのか。
    (7) 指定管理者制度の導入によりこれまでの外郭団体の職員はどうなるのか。その不安にどうこたえるのか。
   3 官製談合問題とコンプライアンス条例について
    (1) 本市官製談合問題を生んだ要因とそれを醸成させた責任者はだれなのか。(市長の認識)
    (2) 市議の関与で入札制度はゆがめられたのか。(市長の認識)
    (3) 提案されたコンプライアンス条例の問題点と改善提案について
     ア なぜコンプライアンス条例なのか。
     イ 条例の趣旨を明確にする前文規定がなぜないのか。
     ウ 公益目的通報に外部通報を加えることについて
     エ 市職員の不正を市民がチェックし,法令遵守委員会に通報できる制度を
     オ 法令遵守委員会の選任は議会同意を求めることについて
     カ 法令遵守委員会の調査に対する協力義務を市長にも義務づけることについて
   4 業務委託の現状と最低制限価格制度の導入について
   5 維持補修予算について
    (1) 住民要望の強い「側溝の改修」「市道の補修」「交通安全施設の修繕」などの現状について
    (2) 今後の維持補修費の見通しについて
    (3) 安全安心のまちづくりと逆行する維持補修費のマイナスシーリング撤廃を
   6 消防体制について
   7 不況対策と地域経済活性化について
    (1) 小規模工事登録制度の昨年度実績と今年度の受注目標額について
    (2) 「住宅・店舗リフォーム制度」と景気対策について
    (3) 産業活性化と数値目標の設定について
    (4) 農産物の価格保障制度について
    (5) 地域経済振興基本条例の制定
  篠田市長の答弁………………………………………………………………………………………………… 173
  小原総務局長の答弁…………………………………………………………………………………………… 174
  鈴木財政部長の答弁…………………………………………………………………………………………… 175
  渡邊消防長の答弁……………………………………………………………………………………………… 176
  池上開発建築部長の答弁……………………………………………………………………………………… 177
  鈴木産業経済局長の答弁……………………………………………………………………………………… 177
  再質問(鈴木克夫議員)……………………………………………………………………………………… 178
  答 弁(篠田市長)…………………………………………………………………………………………… 179
  答 弁(小原総務局長)……………………………………………………………………………………… 180
  答 弁(池上開発建築部長)………………………………………………………………………………… 180
  答 弁(鈴木産業経済局長)………………………………………………………………………………… 180
  再々質問(鈴木克夫議員)…………………………………………………………………………………… 180
  答 弁(篠田市長)…………………………………………………………………………………………… 181
  答 弁(小原総務局長)……………………………………………………………………………………… 181

  鷲尾令子議員の質問…………………………………………………………………………………………… 181
   1 アレルギー対策について
    (1) 本市のアレルギー対策の現状について
    (2) 今後,全庁的な「アレルギー対策検討委員会」等の設置を図り関係者の連携をとりながらの対策を推進してはどうか。
    (3) 早急に日本アレルギー学会認定医の名簿を設置してはどうか。
   2 妊婦一般健康診査について
    (1) 健康診査の助成拡大について
    (2) 里帰り出産に伴う妊婦健康診査について
   3 カラーバリアフリー対策について
    (1) カラーバリアフリーに対する本市の取り組みと今後の推進について
    (2) 平成15年より学校における色覚異常の検査が廃止されたが,学校現場における学習に対する配慮はどのように行われているのか。(教育長)
   4 高齢者の安心を確保するための施策について
    (1) 24時間対応の困りごと相談窓口の設置と支援サービスの提供について
   5 市の墓地管理と今後の整備計画について
    (1) 合併に伴う墓地管理数の変化について
    (2) 現状の管理状況について
    (3) 老朽化している松浜霊堂に対し今後どのような対応を考えているのか。
    (4) 松浜霊園内にはまだ増設可能なスペースがあるが活用の考えはあるのか。
    (5) 黒埼町との合併計画の中で示された墓地公園計画の策定についてこれまでの具体的進展は
    (6) 早急に本市の整備計画を示すべきときではないかと思うがどのように考えるか。
  篠田市長の答弁………………………………………………………………………………………………… 185
  宮原保健福祉部長の答弁……………………………………………………………………………………… 185
  佐藤教育長の答弁……………………………………………………………………………………………… 187

  山田洋子議員の質問…………………………………………………………………………………………… 187
   1 市政とマニフェストについて
    (1) 職員とのビジョンの共有化はどんな方法がよいと思うか。
    (2) 市長はこのような北川知事のスタンスについてどう思っているのか。
    (3) 組織の柔軟な改編や問題や課題によって組織の柔軟な対応を取る考えや抱負はないか。
    (4) マニフェストの理念について
    (5) 田園型政令市というのは政策のどの切り口からも顔を出すものだと思うが考えを問う。
    (6) 食と花の新潟交流センターについて
    (7) 新潟ブランドについて
    (8) ごみは出口を減らすことより入口の方がより重要と思うがどうか。
    (9) 市民との協働について
  篠田市長の答弁………………………………………………………………………………………………… 192
  山田農林水産部長の答弁……………………………………………………………………………………… 194
  貝瀬環境部長の答弁…………………………………………………………………………………………… 194
 休憩,開議………………………………………………………………………………………………………… 195

  中山 均議員の質問…………………………………………………………………………………………… 195
   1 法令遵守体制について
    (1) 指名競争入札制度に関連して
     ア 指名業者の「事前公表」は,法令遵守の観点からは何が問題だったのか,改めて見解を問う。
     イ 業者への法令遵守の注意喚起について
    (2) 法令遵守の推進体制について
   2 住民基本台帳の閲覧制度について
    (1) 私たちの調査結果を受けて所感を
    (2) 問題のある業者の簡易裁判所への通知は
    (3) 本制度は個人情報保護法や「個人情報の自己コントロール権」と著しく矛盾,乖離していると考えるがどうか。
    (4) 住民基本台帳事務は自治事務であり,住民票情報の権利利益の保護を図るべき責任は自治体にある。本市でも条例,要綱その他の方法で制限する必要性があるのではないか。
    (5) せめて閲覧請求者の情報については「ガラス張り」にすべきであると考えるがどうか。
   3 対岸諸国との信頼関係と非核平和都市宣言
    (1) 対岸諸国との信頼関係を確立するという観点から改めて宣言の意義や役割を問う。
    (2) 非核三原則の三原則目「持ち込ませず」問題について
    (3) 「日本非核宣言自治体協議会」(旧新津市が加入)や世界平和市長会,あるいは平和を目指す対岸諸国都市との連携した行動も視野に入れるべきと思うがどうか。
  篠田市長の答弁………………………………………………………………………………………………… 201
  長谷川市民生活部長の答弁…………………………………………………………………………………… 202

  田中義清議員の質問…………………………………………………………………………………………… 203
   1 農業問題について
    (1) 米の生産調整について
     ア 今年度の生産調整の実施状況と転作実績に対する所見について
     イ 生産調整に対する考え方と取り組み姿勢を明確に
     ウ 広大な生産調整対象面積の有効活用とそれに必要な施策について
     エ 生産調整未達成の場合のデメリットとその対応について
     オ 生産調整実施者のメリット対策の欠陥とその改善を国に要望すべき。
     カ 生産調整対応を新潟市として統一すべきではないか。
     キ 消費純増策の実態と制度活用について
     ク 平成16年産米在庫量と後年度生産目標面積の関係から在庫を減らすための対応はしたのか。
    (2) 新・新潟市合併マニフェストの中の農業問題について
     ア 食料自給率を61%から65%へ高めると言うが,具体的手法,時期,巻町との関係について問う。
     イ コシヒカリ一等米比率を毎年95%以上目標としているが,本市の現実からして極めて高いハードルである。その目標達成のための具体的手法について問う。
     ウ 構造改革特区の制度活用による特区申請について,もう少し踏み込んだ具体的取り組みと目的実現に向けた計画,スケジュールについての見解
     エ 合併建設計画にも登載の(仮称)アグリパーク国際農業研究センターの整備方針と(仮称)食と花のにいがた交流センターとの機能,役割を明確にし,変更に当たっては市民の理解を得るべき。
     オ マニフェストには載っていないが本来載るべきと思われる資源循環センター建設事業(概算事業費約14億円)がマニフェストに載らないのはなぜか。計画どおり来年度から2カ年で事業完了は可能か。
    (3) (仮称)新市農業構想について
     ア 策定の進捗状況とこの構想の本市行政計画の中における位置づけ及び構想策定後の具体的計画について
     イ 策定に当たっての基本的方針及び旧市町村の農業関係行政計画,今後策定される新市総合計画等との調整方針について
     ウ 数値目標を設定し目標達成に向けた具体的手法を明確にすべき。
   2 白根第一土地区画整理組合について
    (1) 組合が破綻状態に陥った要因と現状についてどのように認識しているか。
    (2) 組合から旧白根市への申し入れ書に対する見解と申し入れ書に対する旧白根市当局,請願採択した旧白根市議会双方に対する所見
    (3) 旧白根市議会3月定例会以後の組合の経過と市の対応について
    (4) 大通黄金1号公園の整備方針と組合支援の考え方について
    (5) 旧白根市からの当該事務の引き継ぎ事項と早期解散に向けてどのような方針で臨むのか。
  篠田市長の答弁………………………………………………………………………………………………… 208
  山田農林水産部長の答弁……………………………………………………………………………………… 209
  池上開発建築部長の答弁……………………………………………………………………………………… 211

  山際 敦議員の質問…………………………………………………………………………………………… 212
   1 里山,里海について
    (1) 里山利用林,里山オーナー制度等の活用による里山創生事業について
    (2) 里山から新しい産業を起こすことについて
    (3) 里山を生かした教育について
    (4) 海岸清掃について
   2 自然環境,生物多様性保護について
    (1) 特定外来生物の現状把握及び対策について
    (2) これから流入する可能性のある外来生物の飛散防止について
    (3) 放流に伴う問題について
  篠田市長の答弁………………………………………………………………………………………………… 216
  貝瀬環境部長の答弁…………………………………………………………………………………………… 216

  小山哲夫議員の質問…………………………………………………………………………………………… 217
   1 政令指定都市について
    (1) 移譲事務について「協議を開始した」と言われているが,新潟市はどういう基本的な考え方で協議に臨んでいるのか。
    (2) 県単独事業の補助金打ち切りに対しては現行の水準を確保すべきと考えるがどのように考えるか。
    (3) 区制になったら住民自治や住民の要望を実現する仕組みをどのようにつくるのか。
    (4) 政令指定都市の財政計画は県との協議終了後速やかに公表すべきと思うがどうか。
   2 吸収された旧新津市のすぐれた行政サービスを積極的に取り入れることについて
    (1) 旧新津市の重度心身障害者医療費助成制度を新潟市は積極的に取り入れるべきと思うがどうか。
    (2) 段階的に保育料を上げることをやめ保育料の軽減率を引き上げるべきと考えるがどうか。
    (3) 旧新津市で実施してきた「介護予防・地域支え合い事業」いわゆる「介護予防教室」など地域に根差したきめ細かな取り組みこそ今求められているのではないか。合併によって後退させるのではなく,全市的な展開も視野に入れながらやっていくべきではないか。
   3 合併から3カ月で生まれている諸問題について
    (1) 国民健康保険証のカード化について
     ア 保険証の大きさ,品質,印字等について改善すべきと思うがどうか。
    (2) 障害のある児童,生徒のいる学校への介助員の配置について
     ア 経過措置はあるものの合併によって「新潟市の制度に統一する」となった。障害のある児童,生徒については,基準は基準としながらも現場の状況に合わせて対応することが強く望まれるがどのように考えるか。
    (3) 新津加茂線のバス路線の廃止について
     ア 他の自治体ともう一度相談し復活させるべきと考えるがどうか。
    (4) 学校給食の民間委託について
     ア 学校給食に対する市長の基本的な考え方はどういうものか。
     イ 今回の説明会で新津の保護者を初め関係者の理解を得られたとは言えないが考えはどうか。
     ウ 説明会はなぜ旧新津市のようにきめ細かくやらないのか。これが篠田市長の言う分権なのか。
     エ 説明会では参加した方から「子供たちの意見も聞いてほしい」という意見も多く出された。こうした声にどうこたえるのか。
  篠田市長の答弁………………………………………………………………………………………………… 221
  宮崎市民局長の答弁…………………………………………………………………………………………… 222
  加藤学校教育部長の答弁……………………………………………………………………………………… 224
  元井都市計画部長の答弁……………………………………………………………………………………… 224
  再質問(小山哲夫議員)……………………………………………………………………………………… 225
  答 弁(篠田市長)…………………………………………………………………………………………… 225
  答 弁(加藤学校教育部長)………………………………………………………………………………… 226
 散  会…………………………………………………………………………………………………………… 226
 会議録署名………………………………………………………………………………………………………… 226

6月29日(第4号)
 議事日程…………………………………………………………………………………………………………… 227
 付議事件…………………………………………………………………………………………………………… 227
 本日付託の請願…………………………………………………………………………………………………… 230
 出欠席議員………………………………………………………………………………………………………… 230
 説明のため出席した者…………………………………………………………………………………………… 231
 職務のため出席した者…………………………………………………………………………………………… 231
 開  議…………………………………………………………………………………………………………… 232
 会議録署名議員の指名…………………………………………………………………………………………… 232
 議員提案第45号真の地方分権の早期実現に関する意見書の提出について
  提案理由説明(白根慶治議員)……………………………………………………………………………… 234
  採 決…………………………………………………………………………………………………………… 234
 議員提案第46号地方議会制度の充実強化に関する意見書の提出について
  提案理由説明(石橋慶助議員)……………………………………………………………………………… 236
  採 決…………………………………………………………………………………………………………… 236
 議員提案第47号道路特定財源に関する意見書の提出について
  提案理由説明(白根慶治議員)……………………………………………………………………………… 238
  採 決…………………………………………………………………………………………………………… 239
 議員提案第48号新潟県議会議員の選挙区見直しを求める決議について
  提案理由説明(石橋慶助議員)……………………………………………………………………………… 240
  採 決…………………………………………………………………………………………………………… 241
 発言の取り消し…………………………………………………………………………………………………… 241
 請願の撤回………………………………………………………………………………………………………… 241
 請願継続審査……………………………………………………………………………………………………… 241
 報  告…………………………………………………………………………………………………………… 242
 委員会の閉会中の継続審査・調査……………………………………………………………………………… 242
 議案第48号から第103号まで及び第105号から第115号まで
 請願,陳情
  建設常任委員長報告(進 直一郎議員)…………………………………………………………………… 242
  市民厚生常任委員長報告(小林十三子議員)……………………………………………………………… 243
  文教経済常任委員長報告(渡辺 均議員)………………………………………………………………… 244
  総務常任委員長報告(吉田ひさみ議員)…………………………………………………………………… 248
  討 論
   反対討論(小林義昭議員)………………………………………………………………………………… 252
   賛成討論(鈴木克夫議員)………………………………………………………………………………… 253
   賛成討論(中山 均議員)………………………………………………………………………………… 254
   反対討論(山際 敦議員)………………………………………………………………………………… 258
   賛成討論(佐々木 薫議員)……………………………………………………………………………… 260
 休憩,開議………………………………………………………………………………………………………… 264
   佐々木薫議員の発言取り消し……………………………………………………………………………… 264
   反対討論(中山 均議員)………………………………………………………………………………… 264
  採 決…………………………………………………………………………………………………………… 269
 閉  会…………………………………………………………………………………………………………… 272
 会議録署名………………………………………………………………………………………………………… 272
 閉会中の継続審査・調査申出書………………………………………………………………………………… 273
 各委員会審査報告書……………………………………………………………………………………………… 276