議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 真鶴町

平成26年第4回定例会(第1日 9月 9日)




平成26年第4回定例会(第1日 9月 9日)





       平成26年第4回真鶴町議会定例会会議録(第1日)


             平成26年9月9日(火)


 
1.出席議員 11名


 1番   板 垣 由美子         7番   海 野 弘 幸


 2番   田 中 俊 一         8番   青 木   繁


 3番   黒 岩 範 子         9番   村 田 知 章


 4番   高 橋   敦        10番   青 木   嚴


 5番   光 吉 孝 浩        11番   二 見 和 幸


 6番   岩 本 克 美





2.欠席議員  0名





3.執行部出席者


町長        宇 賀 一 章    町民生活課長    長 沼   隆


副町長       青 木   剛    健康福祉課長    細 田 政 広


教育長       牧 岡   努    まちづくり課長   青 木 富士夫


企画調整課長    西 垣 将 弘    産業観光課長    五十嵐 徹 也


総務課長      奥 野   憲    会計課長      岩 本 祐 子


税務収納課長    峯 尾 龍 夫    教育課長      岩 本 幹 彦





4.出席した議会書記


議会事務局長    二 見 良 幸


書記        二 見 浩 子    書記        中 村 恵 美





5.議事日程


   日程第  1 同意第 2号 副町長の選任について


   日程第  2 同意第 3号 教育委員会委員の任命について


   日程第  3 議案第43号 公有水面埋立てに関する意見について


   日程第  4 議案第44号 平成26年度真鶴町一般会計補正予算(第2号)に


                 ついて


   日程第  5 議案第45号 平成26年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(事


                 業勘定)補正予算(第1号)ついて


   日程第  6 議案第46号 平成26年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施


                 設勘定)補正予算(第1号)について


   日程第  7 議案第47号 平成26年度真鶴町下水道事業特別会計補正予算(


                 第1号)について


   日程第  8 議案第48号 平成26年度真鶴町介護保険事業特別会計補正予算


                 (第1号)について


   日程第  9 議案第49号 平成26年度真鶴町後期高齢者医療特別会計補正予


                 算(第1号)について


   日程第 10 陳情第 2号 手話言語法制定を求める意見書の提出を求める陳情


                 書


   追加日程第1 発議第 1号 集団的自衛権の行使を容認する閣議決定の撤回を求


                 める意見書


   日程第 11        監査報告


   日程第 12 認定第 1号 決算の認定について(平成25年度真鶴町一般会計


                 決算)





             (開会 午前10時02分)


○(議長)  皆さん、おはようございます。


○(議長)  ただいまの出席議員は11名で、定足数に達しておりますので、これより平成26年第4回真鶴町議会定例会を開会いたします。


○(議長)  本定例会の会期は本日より9月26日までの18日間といたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。会期は本日より9月26日までの18日間と決定いたしました。


○(議長)  次に、会議録署名議員は、会議規則第116条の規定により、1番板垣由美子君及び6番岩本克美君を指名します。


○(議長)  それでは、これから諸般の報告をいたします。まず、9月3日付けで経済文教常任委員会委員長の岩本克美君の辞任が同委員会において許可されたことに伴い、同委員長に田中俊一君。同副委員長に青木繁君が就任いたしました。また、海野弘幸君が同委員会委員を辞任し、青木嚴が同委員会の委員になりました。


○(議長)  引き続き、平成26年6月から26年8月までの報告事項についてお手元に印刷し、皆様のお手元に配付しております、その報告書をもって報告にかえさせていただきます。これで諸般の報告を終わります。


○(議長)  では、本日の会議を開きます。


○(議長)  本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。


○(議長)  これより、日程に従い審議を進めます。


○(議長)  それでは、日程第1、議案第2号「副町長の選任について」を議題といたします。


○(議長)  本案について、提出者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  おはようございます。きょうは朝から錦織君のテレビを見て、残念だったがおめでとうと一言言いたい。


 それでは始めます。同意第2号は副町長の選任についてであります。本案件は、平成24年11月9日に前副町長の退任以降不在であった副町長を選任いたしたく、地方自治法第162条の規定により議会の同意を求めたく提案するものであります。


 よろしくご審議の上、ご賛同いただきますようよろしくお願い申し上げます。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑はございますか。


○11番議員(二見和幸)  11番、二見和幸です。


 町長は当選されてから、公約どおり報酬を30%カットと、現在もしております。そのときに町長29万円、副町長13万2,000円、教育長12万円カットしたと思うんですが、これは報酬は同じってことですか。


○(町長)  そのとおりでございます。


○11番議員(二見和幸)  わかりました。そのいただいた略歴から見て、行政に明るくて即戦力になる方だと思いますが、もし可決されたらいつから登庁ということになるんですか。


○(町長)  本日付けで辞令交付したいと思います。


○(議長)  他に質疑がないようですから。


○5番議員(光吉孝浩)  5番、光吉です。


 これまでに町長が一人で頑張ってこられたんですけども、ここにきて副町長を選任するということ、この理由で町民の方からもどうしてなんだという声をいくつかいただいたので、その理由ちょっと参考の資料だけじゃ学歴と職歴なので、ご紹介いただければと思います。


○(町長)  私が就任して以来、9月26日で2年がたちます。その間副町長については置かないとは言いませんでした。適任者がいればいつでも求めるということを話した中で、2年間副町長の代理として参事3名、4名に補ってもらっているわけなんですが、どうしても私が庁舎を出る機会が多くなりまして、どうしても参事職員でない特別職が一人いないと何かあった場合、単純な話、大島・広島みたいなことがあると町にもマイナスになりますし、また今まで参事が副町長の代理をしてたんですが、どうしても参事だと副町長の話すことがなかなかできない。また自分の仕事もたまってくるということで、ここで副町長を求めたわけでございます。決して私の仕事を逃げるでなく、これからまた一歩先に進むためには副町長を置くことが私は適当だと思い、ここに選任を挙げたわけでございます。


 どうぞよろしくお願いいたします。


○(議長)  それでは、質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案に、同意することに賛成の方の起立を求めます。


                (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって「副町長の選任について」の件は、同意することに決定いたしました。


○(議長)  それでは、暫時休憩いたします。10時25分まで、15分間休憩します。


             (休憩 午前10時10分)


             (再開 午前10時24分)


○(議長)  それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  青木剛副町長の入場を許可します。


○(議長)  ただいま、副町長に選任することになりました青木剛君の選任について同意をいたしました。ここで、青木剛君から皆さんにご挨拶をしたい旨の申し出がありますので、発言を許可いたします。


 副町長、青木剛君、登壇を許します。


○(副町長)  ただいま、青木議長のご配慮により発言が認められ、本会議の貴重なお時間をいただきましたので、副町長就任に当たり一言ご挨拶を申し上げます。先ほど、副町長選任の議案に議会の同意をいただきました、青木剛でございます。このたびは議会のご同意をいただきまして、まことにありがとうございます。生まれ育った真鶴町の副町長を拝命したことは私自身、身に余る光栄であると同時に、その責任の重さに身の引き締まる思いをしているところでございます。与えられた重責に身を引き締めながら町長のよき補佐役として、誠心誠意、全力を尽くして参りたいと考えております。宇賀町長の行政運営の基本姿勢でありますオール真鶴体制を支えて、施策の実現に向け、そして宇賀町長が目指す真鶴町景気倍増計画を推進するために微力ではございますが、これまでの行政経験を生かし宇賀町長を補佐して参りたいと考えておりますので、どうか議員の皆様方におかれましてはご指導とご鞭撻を心からお願い申し上げまして、簡単ではございますが就任に当たっての挨拶とさせていただきます。よろしくお願いいたします。


○(議長)  それでは、続けます。


○(議長)  日程第2、同意第3号「教育委員会委員の任命について」の件を議題といたします。


○(議長)  まず本案について、提出者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  同意第3号は、教育委員会委員の任命についてであります。教育委員会委員の脇山亞子氏の任期が平成26年10月11日をもって満了となるため、同氏を再任いたしたく地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会の同意を求めたく提案するものであります。


 よろしくご審議の上、ご賛同いただきますようお願い申し上げます。


○(議長)  これをもって提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑はございますか。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。よって、討論を省略して採決をいたします。


○(議長)  本案は、同意することに賛成の方の起立を求めます。


                (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって「教育委員会委員の任命について」の件は、同意することに決しました。


○(議長)  続けます。日程第3、議案第43号「公有水面埋立てに関する意見について」の件を議題といたします。


○(議長)  本案について、提出者からの提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第43号は、公有水面埋立てに関する意見についてであります。本提案は、真鶴町が埋立免許を出願したことに伴い、免許権者である神奈川県知事から公有水面埋立法第3条第1項の規定により意見を求められたため、これに対し異議がない旨を回答することについて、同条第4項の規定により議会の議決を求めたく提案するものでございます。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご賛同いただきますようお願い申し上げます。


○(議長)  それでは、内容説明を担当課長に求めます。


○(産業観光課長)  議案第43号、公有水面埋立てに関する意見についてご説明させていただきます。公有水面埋立法第3条第4項の規定により、次の埋立てについて異議のない旨、回答することに関し、議会の議決を求めるものでございます。


 埋立ての内容につきましては、次のとおりでございます。


 出願人、漁港管理者、真鶴町。代表、真鶴町長宇賀一章。埋立て位置、足柄下郡真鶴町岩字真崎5番1及び同6番1の地先公有水面。埋立ての面積、82.06平方メートル。埋立て地の用途、漁港施設用地、物揚場でございます。


 恐れ入りますが、A3横の議案第43号の資料をお願いをいたします。


 なお、資料の縮尺につきましては、埋立免許願書添付図面につきまして、A1で作成しておりますが、本資料はA3に縮小したものとなっており、縮尺は実際と異なっております。縮尺の度数を消しておらずまことに申しわけございません。


 本資料は今回の埋立て区域を示した図面で、図面中央、朱色で塗られた箇所が埋立てする部分です。青色部分が埋立てに関する工事の影響区域で、面積は7,422.86?でございます。実際に青色部分全てを施行することではなく、作業船等が作業する行動範囲を示しております。図面右側の朱色部分は埋立て区域の拡大図で、82.09平方メートルでございます。


 恐れ入ります、資料裏面をお願いをいたします。


 上部が埋立て地の縦断図面であり、下側の図面が横断図を示しております。下側の横断図面をごらん願います。


 埋立て面積の算出は、埋立法により平成25年春分の満潮位、H.W.L.ハイウオーターレベル+1.51と表示されているラインから上の部分が埋立て面積となります。上面左側から0.5メートルの地点に少し飛び出している部分がございますが、こちらは船をつなぐ係船環で工事施工時に6カ所新たに設置する計画でございます。また、左側縦の面に張り出しているものは、船が接岸する際にクッションとなる防舷材で11カ所設置する計画でございます。係船環、防舷材とも工作物であり、本埋立て面積には算定されませんが、許可後の工事施工時の計画として記載されているものでございます。


 以上で説明を終了させていただきます。


○(議長)  これをもって提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑はございますか。


○9番議員(村田知章)  9番、村田です。


 議運のときにもちょっとふれたんですが、環境アセスメントについての説明をお願いいたします。


○(産業観光課長)  今回の埋立てにつきましては、環境アセスメントを出願時にする必要はないというものでございます。ただし、当然申請の段階では環境についての記載等、配慮等は申請の内容にございます。1994年、神奈川県教育委員会による真鶴半島総合調査報告書をもとに環境についての意見を提出しておりますが、真鶴半島ではウメボシイソギンチャクやサンゴイソギンチャク等、県指定の天然記念物等、多種にわたる付着動物がありますが、岩漁港では真鶴港ほどの付着動物も多くなくクロフジツボ等が見うけられますが、そちらは岸壁ではなくロープ上に見られることから希少種自体存在しないと思われるという形で申請をしたものでございます。また、当地はもともと物揚場でありまして、港内に頻繁に船の出入りがある場所ということもあり、自然形態におよぼす影響は少ないと思われます。また、今回埋立てを行うことによって、埋立てをしない施工のときよりも海底の掘削量が減少し水の濁りも少なくなることから、埋立てを行わない物揚場改修よりも海底に生息する蛭藻等には悪い影響はないと思われます。


○(議長)  それでは、質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。よって、討論を省略して採決をいたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


                (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「公有水面埋立てに関する意見について」の件は、原案のとおり可決しました。


○(議長)  続けます。日程第4、議案第44号「平成26年度真鶴町一般会計補正予算(第2号)について」を議題といたします。


○(議長)  本案について、提出者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第44号の提案理由を申し上げます。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ1億1,307万1,000円を追加し、予算の総額を31億6,613万7,000円とするものでございます。


 詳細につきましては、担当課長に説明させますので、よろしくご審議の上、ご賛同いただきますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(企画調整課長)  議案第44号、平成26年度真鶴町一般会計補正予算(第2号)の説明をいたします。


 第1条は、歳入歳出予算の補正で1億1,307万1,000円を追加し、予算の総額を31億6,613万7,000円とするものです。


 第2条は、債務負担行為の補正で1件の追加をするものでございます。


 1ページをお願いします。


 第1表、歳入歳出予算補正につきましては記載のとおりでありますので、事項別明細で詳細に説明させていただきます。


 4ページをお願いいたします。


 第2表、債務負担行為補正です。将来にわたる債務を負担する行為について、この事項、期間及び限度額を定めておくもので追加は1件、タイムカード機器借上料は期間を平成27年度から平成31年度まで、限度額を22万5,000円と定めるものでございます。


 7ページをお願いいたします。


 2歳入です。11款分担金及び負担金、1項負担金、3目衛生費負担金から補正額2万5,000円を減額し、計を3,648万5,000円とするもので、火葬場経営費湯河原町負担金を減額するものです。


 13款国庫支出金、3項委託金、3目教育費委託金から10万4,000円を減額し、計を139万6,000円にするもので、社会教育活性化支援プログラム委託金は額の決定により減額するものです。


 14款県支出金、2項県補助金、3目衛生費県補助金に7万2,000円追加し、計を246万8,000円とするもので、風疹予防接種事業に補助金を措置したもの。


 4目農林水産業費県補助金に184万8,000円追加し、計を7,337万1,000円とするもので、農地台帳システム整備事業補助金は法改正により義務づけられた農地台帳整備にかかる補助金を措置したもの。


 6目教育費県補助金から2万5,000円を減額し、計を91万8,000円とするもので、放課後子ども教室推進事業費補助金は交付額決定により減額するもの。


 7目市町村自治基盤強化総合補助金から1,340万円を減額し、計を396万円とするもので、市町村自治基盤強化総合補助金は(仮称)真鶴産業活性化センター整備にかかるもので、新たな観光の核づくり等促進交付金の交付決定を受け、減額するもの。


 11目新たな観光の核づくり等促進交付金に2,000万円を追加し、計を2,000万円とするもので、新たな観光の核づくり等促進交付金は(仮称)真鶴産業活性化センターにかかる交付金の決定に処置したものでございます。


 次のページをお願いします。


 3項委託料、1目総務費委託料に10万6,000円を追加し、計を1,592万4,000円とするもので、学校基本調査委託金から国勢調査調査区設定作業交付金まで交付決定により追加、減額するものでございます。


 16款1項寄附金、1目一般寄附金に85万円を追加し、計を292万5,000円とするもので、ふるさと応援基金寄附金は4月から7月の実績、寄附件数の増が見こまれることにより増額するものです。


 17款繰入金、1項基金繰入金、7目美術館運営基金繰入金から12万2,000円を減額し、計を1,812万6,000円とするもので、美術館運営基金繰入金は貯蔵目録増刷費用にかかる繰入金を減額するものです。


 2項特別会計繰入金、1目下水道事業特別会計繰入金に110万3,000円を追加し、計を110万4,000円とするもので、平成25年度下水道事業特別会計の繰越金の額の発生に伴い繰り入れるもの。


 2目介護保険事業特別会計繰入金に208万3,000円を追加し、計を208万4,000円とするもので、平成25年度介護保険事業費確定に伴い、清算分を繰り入れるもの。


 次のページお願いします。


 3目後期高齢者医療特別会計繰入金に17万円を追加し、計を17万1,000円とするもので、平成25年度後期高齢者医療特別会計の事務経費確定に伴い清算分を繰り入れるものです。


 18款1項1目繰越金に1億1,135万4,000円を追加し、計を1億5,135万4,000円とするもので、前年度繰越金が確定したことから当初予算との差額を増額するものです。


 19款諸収入、3項1目雑入に66万1,000円を追加し、計を3,452万2,000円とするもので、消防団員安全装備品整備等助成事業助成金は消防団員公務災害等共済基金から助成金64万5,000円を、映画上映参加者保険料は映画「じんじん」上映会実行委員会からの参加者、傷害保険料1万6,000円を措置したものです。


 20款1項町債、2目商工観光債から1,150万円を減額し、計を1,170万円とするもので、(仮称)真鶴産業活性化センター整備事業債の減は新たな観光の核づくり等促進交付金の決定及びその他特定財源の取り扱いに基づき再計算し、1,150万円を減額するものです。


 次のページをお願いします。


 3歳出です。1款1項1目議会費に補正額52万7,000円を追加し、計を8,198万6,000円とするもので、議会運営事業52万7,000円の増は地域再生の先進事業に取り組んでいる島根県海士町との交流を深めるための表敬訪問及び安曇野市庁舎竣工式出席に要する旅費を増額するものです。


 2款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費に624万6,000円を追加し、計を2億4,599万7,000円とするもので、一般経費624万6,000円の増で、特別職給料から職員共済負担金までは副町長の人件費分の増額。普通旅費は安曇野市庁舎竣工式出席のための旅費の総額。消耗品費は箱根駅伝往路、優勝盾購入及び事務用消耗品の増額。タイムレコーダー借上料はタイムレコーダー更新にかかる借上料を措置したものです。


 2目文書広報費に1万6,000円を追加し、計を656万4,000円とするもので、広報事業1万6,000円の増は映画上映保険料で映画「じんじん」上映参加者800人の傷害保険料を措置したものです。


 4目財産管理費に135万2,000円を追加し、計を1,737万8,000円とするもので、庁舎維持管理経費7万2,000円の減は清掃業務委託料の契約額確定による減額。町有土地貸付事業88万4,000円の増は、町有土地貸地料還付金で平成26年4月、5月に収入した平成25年度貸地料の湯河原町分を還付するもの。公有財産維持管理経費54万円の増は、町有地内水路修繕料を増額したものです。


 5目企画費に8,362万3,000円を追加し、計を1億89万9,000円とするもので、一般経費187万3,000円の増は、次のページをお願いします。


 普通旅費は海士町表敬訪問及び職員の出張旅費の増。消耗品費は安曇野市庁舎竣工に伴い寄贈する小松石銘盤の購入費。ふるさと応援寄附金謝礼金は寄附件数の増加見込みよる増額。OA化推進事業90万円の増はLAN配線整備工事で庁舎と町民センター間の住基系ネットワーク用ケーブルを敷設するもの。財政調整基金積立事業8,000万円の増は財政調整基金元金を積み立てるもの。ふるさと応援基金積立事業85万円の増はふるさと応援基金元金積立で寄附件数の増加見込みにより増額するものでございます。


 9目情報センター費から8万4,000円を減額し、計を960万4,000円とするもので、情報センター真鶴施設管理経費8万4,000円の減は自動開閉装置保守業務委託料及び清掃業務委託料の契約額確定により減額するものです。


 3項1目戸籍住民基本台帳費に39万7,000円を追加し、計を5,376万1,000円とするもので、戸籍住民基本台帳等経費は39万7,000円の増。備品購入費は窓口用レジスター購入の契約額確定により減額。神奈川県町村情報システム共同事業組合負担金はシステム改修に伴う負担金の増額です。


 5項統計調査費、1目統計調査総務費に10万6,000円を追加し、計を83万2,000円とするもので、統計調査事業10万6,000円の増は各種統計事務の県委託金の確定に伴い事務経費を増額するものです。


 次のページをお願いします。


 3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費から24万3,000円を減額し、計を3億8,273万6,000円とするもので、一般経費3万6,000円の増は普通旅費及び有料道路通行料を増額。福祉団体支援事業1万8,000円の減は郡遺族会解散に伴う負担金の減額。横浜弁護士会法律扶助事業補助金は額の確定により減額。介護保険事業特別会計繰出金は27万9,000円の減。介護保険事業特別会計へ介護保険事業勘定事務費繰出し及びサービス勘定その他繰出しの減額。臨時福祉給付金事業1万8,000円の増は事務用消耗品の増額及び事務機器借上料は契約額確定により減額するものです。


 2項児童福祉費、3目児童措置費、補正額は0円で計は1億7,871万3,000円。子育て世帯臨時特例給付金事業の事務用消耗品及び通信運搬費の郵送料を増額。事務機器借上料は契約額確定により減額するものです。


 次のページをお願いします。


 4款衛生費、1項保健衛生費、2目保健事業費に6万円を追加し、計を425万6,000円とするもので、母子保健事業6万円の増は、前年度養育医療費国庫負担金及び前年度養育医療費県費負担金の精算による返還金を措置したものです。


 3目予防費に187万5,000円を追加し、計を2,113万4,000円とするもので、予防接種事業192万5,000円の増は、法改正により法定となった水疱瘡ワクチン接種及び高齢者肺炎球菌ワクチン接種にかかる経費として、消耗品費から予防接種委託料を増額。健康づくり事業5万円の減は食生活改善推進団体活動委託金を減額するものです。


 4目火葬場費から3万2,000円を減額し、計を2,985万9,000円とするもので、火葬場事業3万2,000円の減は浄化槽設備保守管理業務委託料及び清掃業務委託料の契約額確定により減額するものです。


 5款農林水産業費、1項農業費、1目農業委員会費に184万8,000円を追加し、計を296万7,000円とするもので、農地台帳システム整備事業184万8,000円の増は農地台帳システム整備事業委託料で、法定となった農地台帳整備にかかる委託料を措置したものです。


 3項水産業費、2目水産振興費は財源更正で、次のページをお願いします。


 県支出金は新たな観光の核づくり等促進交付金の交付決定により660万円の増。起債の再計算により町債は1,150万円の減。一般財源は490万円の増となっております。


 6款商工観光費、1項商工費、1目商工総務費に8万1,000円を追加し、計を2,932万円とするもので、商店街助成事業8万1,000円の増は光熱水費で商店街街灯電気料を増額するものです。


 2項1目観光費に6万6,000円を追加し、計を4,656万8,000円とするもので、観光宣伝事業6万6,000円の増は、まち観光活性化事業事前調査の実施により不足する普通旅費を増額するものです。


 7款土木費、2項道路橋りょう費、1目道路維持費に25万4,000円を追加し、計を3,492万3,000円とするもので、道路維持管理事業25万4,000円の増は町道内支障木等の樹木伐採作業委託料を措置したものです。次のページをお願いします。


 4項都市計画費、1目都市計画総務費に6万4,000円を追加し、計を1億1,918万2,000円とするもので、都市計画事業5万3,000円の増は都市計画審議会委員報酬及び費用弁償、審議会開催分の増額。都市計画図修正業務委託料は契約額確定により減額するもの。まちづくり推進事業1万1,000円の増は、まちづくり審議会委員等謝礼1回分を増額するものです。


 5項住宅費、1目住宅管理費に26万3,000円を追加し、計を133万7,000円とするもので、町営住宅事業26万3,000円の増は、ドアホーム一体型ガス警報機取りかえのため修繕料を増額するものです。


 8款1項消防費、1目非常備消防費に64万7,000円を追加し、計を4,240万2,000円とするもので、消防団運営費64万7,000円の増は消防団員安全装備品整備等助成事業助成金を受け、消防団員用の消耗品及び備品としてデジタル簡易無線機の購入費を増額するものでございます。


 9款教育費、1項教育総務費、1目事務局費に4万8,000円を追加し、計を7,267万7,000円とするもので、教職員等健康管理経費が4万8,000円の増。次のページをお願いします。


 教職員健康診断委託料で受診者数増により増額するものです。


 3目教育振興費に62万4,000円を追加し、計を1,162万4,000円とするもので、児童生徒就学援助事業62万4,000円の増は、要保護及び準要保護児童・生徒援助費で対象者増により増額するものでございます。


 2項小学校費、1目学校管理費に88万4,000円を追加し、計を5,262万9,000円とするもので、学校施設管理運営費75万6,000円の増は修繕料で、高圧交流負荷開閉器更新のための増額。備品購入費6万7,000円の減は、学校運営用備品購入費の契約額確定により減額するもの。再生可能エネルギー等導入推進基金事業19万5,000円増は、太陽光発電設備及び蓄電池設備整備事業でデマンド感知装置の設置費を増額するものです。


 3目給食費に10万円を追加し、計を1,137万円とするもので、給食事業10万円の増は調理機器の修繕料を増額するものです。


 3項中学校費、1目学校管理費から26万7,000円を減額し、計を2,044万4,000円とするもので、備品購入事業26万7,000円の減は、学校運営用備品購入費の契約額確定により減額するものです。


 次のページをお願いします。


 5項社会教育費、1目社会教育総務費は財源更正で県補助金の確定によるものです。


 2目公民館費に12万5,000円を追加し、計を185万4,000円とするもので、一般経費12万5,000円の増は印刷機用消耗品を増額するものです。


 4目町民センター費から12万9,000円を減額し、計を1,269万4,000円とするもので、町民センター施設管理経費12万9,000円の減で、修繕料はブラインド取りかえのための増額。衛生・空調・換気設備保守管理業務委託料から清掃業務委託料は契約額確定により減額するものです。


 6目美術館費から41万8,000円を減額し、計を4,118万円とするもので、一般経費35万円の減で、印刷製本費が常設展パンフレット増刷等の契約額確定により減額。修繕料から自動車保険料は電気自動車廃車に伴う減額。自動車借上料は自動車リースの契約額確定により減額するもの。中川一政美術館施設管理運営費6万8,000円の減で、浄化槽設備保守管理業務委託料から清掃業務委託料は契約額確定により減額するものです。


 7目図書館費から2万6,000円を減額し、計を1,431万4,000円とするもので、一般経費2万6,000円の減は複写機借上料で、機器更新により減額となったものです。


 8目貝類博物館運営費から12万4,000円を減額し、計を520万5,000円とするもので、貝類博物館運営事業2万円の減で海の学校運営等委託料及び浄化槽保守点検業務委託料は契約額確定により減額するもの。社会教育活性化支援プログラム事業10万4,000円の減で、講師等謝礼から――次のページをお願いします。


 社会教育活性化支援プログラム事業委託料は公民館等を中心とした社会教育活性化支援プログラムの採択額決定により増減するものでございます。


 6項保健体育費、1目保健体育総務費に6万円を追加し、計を506万円とするもので、スポーツ振興委員活動事業7万円の増は全国スポーツ推進委員連合表彰に出席する委員の費用弁償を増額するもの。岩ふれあい館管理運営事業1万円の減で、浄化槽設備保守管理業務委託料は契約額確定により減額するものです。


 2目体育館運営費から3万5,000円を減額し、計を524万3,000円とするもので、町立体育館施設管理運営事業3万5,000円の減で、自動ドア保守点検委託料及び清掃業務委託料は契約額確定により減額するものです。


 13款1項1目予備費に1,516万3,000円を追加し、計を2,249万8,000円とするもので、歳入歳出を調整したものです。


 以上で説明を終わります。


○(議長)  それでは、これをもって提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○9番議員(村田知章)  9番、村田です。


 私のほうから2点ほど。20ページの農地台帳システム整備事業、これ県の補助事業だと思うんですけれども、そのシステム改修によってどのようにかわるのかというのが具体的にちょっとわからないので、このシステム改修はどういうものなのか教えていただければと思います。それに合わせて、真鶴町の現在の農場の現状も教えていただければと思います。


 二つ目の質問として、22ページ、土木費の町道内樹木伐採作業委託料のことなんですけれども、結構町民の方から伐採してほしいというふうな要望が出て、なかなかやってくれないんだみたいなことも時々聞くのですが、やはり住民の方のお手数をかなりかけてやってもらってるような現状もあると思います。それで、町として町民から言われてやるというのではなくて、町が率先してそういうところあったら先に、住民に言われる前にやるというようなことがないのかということも教えていただければと思います。


○(産業観光課長)  農地台帳システムについてご説明いたします。


 本システムは、電算化によりまして農地の場所・地図等を一般に公表、通常のインターネットからでも農地の場所等を地図で検索できるようにするものでございます。


 また、そちらにはその農地の貸す意向ですとか、耕作状況等そういった状況も載せられるものでございますが、ただ、所有者等につきましては当然インターネット等で見ることはできませんので窓口でご相談ということに、申請していただくという形になります。


 また、このシステムの目的といたしましては、担い手が利用する農地面積を全農地の8割、担い手に集約したい農地を、いろいろ分散している農地を担い手に、大きく農家をやろうとされてるような方に集約したいという、そういったシステム、そういった制度にするものでございます。そういった農地の、ですから電算化によりまして農地の現状とかそういったものが見やすくなる、地図上でも見れるというようなシステムにするものでございます。


 なお、当町の農地の現状といたしましては、農地面積は82ヘクタール、農家戸数56件、農地筆数1,758、こちら調査等報告されているものでございます。


 また、固定資産税の状況でいきますと、単純に農地で課税されている面積でいきますと、農地面積が108.6ヘクタール。農地筆数は1,190という形になっております。現状といたしましては、やはり農地耕作放棄地等はここ数年はやはり増えているような状況に思われます。


 以上でございます。


○(まちづくり課長)  道路維持管理事業の町道内樹木伐採作業委託料につきましては、町道真第294号線の支障木の伐採と町道真第505号線の民地にかかる張り出し枝の伐採ということで、いずれにしましても道路の脇にある道路畦畔、所有地から出ている樹木についての伐採でございます。議員の言われるように、町道内のパトロールにつきましては車が通る部分については日ごろ十分に行っているところですが、人が歩くだけの車が通らない部分についての町道についてはそれほどパトロールが十分には行えておりません。ですが、基本的には道路内及び道路畦畔からの樹木の枝張り等については定期的に作業しているところです。


 あと、真鶴半島内の町有地の樹木につきましては産業観光課及び総務課等が定期的に行っているところでございます。


○9番議員(村田知章)  20ページの台帳システムのほうなんですけれども、ネットで検索して見やすくなることですごく期待したいと思うんですけれども、これはいつからネット検索が始まるのでしょうか。教えていただければと思います。


 それとあと、22ページの町道の樹木の伐採の件ですけれども、これ大体、苦情というか要望してくるところというのは毎年ほとんど決まってくると思うんですけれども、やはりそういうの大体予測を立てて、それを年間計画として伐採していくということをできないのかどうか教えていただければと思います。


○(産業観光課長)  いつからということでございますが、こちらで予算をお認めいただいた後、システム導入して参ります。


 また、これにつきましては、ただ単に現況の課税状況と連動するだけではございませんで、実際の農家の耕作状況ですとか、その先にここを貸す意向とかそういったことまでこの台帳システムには記載する項目となっておりますので、一応今年度中にシステムを導入いたしまして、地図の検索につきましては一応来年度以降という、そういった意向調査等ございますので、なると思われます。


○(まちづくり課長)  ただいまのご質問の樹木の伐採を定期的にできないかということですが、今回予算で上げているのは、樹木の伐採ということで危険木の伐採っていうことで大規模な根本から木を切るということと、あと民地の屋根にかかるような太い枝の張り出しということで、定期的な樹木の伐採につきましては、そういう普通の剪定ばさみとかそういうもので行えるものについては随時、町の職員が率先して行っているところです。


 ただ、議員の言われる県道とか135号線の県の管理しているところについても、町民の方から多く要望等があるものについては町のほうから道路管理者等に連絡しているというのが現状でございます。


○11番議員(二見和幸)  11番、二見です。


 7ページ、新たな観光の核づくり等促進交付金、これは観光の核となる(仮称)真鶴産業活性化センターに行くお金だと思うんですが、これ活性化センターの準備の進みぐあいわかれば教えてください。


○(産業観光課長)  現在の進捗状況でございますが、改修計画の設計がここで終了いたしております。ここで入札に今月かける予定で、入札が22日ですと翌日以降から工期が始まり、一応設計の段階ではおおむね改修は2カ月程度の設計内容でございます。11月末までには改修工事が終了するものでございます。


 この工事に合わせまして、この設計の説明会を来週、近隣また観光協会事業者さん等、商工会さんを含めて説明会を現地のほうで行う、来週18日の夜7時から現地で行うというような手配を商工会さん等に通知等出させていただいている状況です。


 また、合わせまして運営計画につきましても、ここで協議会を商工会、観光協会さん、また水産加工の関係者の方を含めた協議によりまして額と運営の内容について詰めていく計画でございます。


○11番議員(二見和幸)  11番、二見です。


 その予定ですと、前回質問したんですけど、12月1日ぐらいのオープンっていうのは可能だということですか。


○(産業観光課長)  12月の最初のオープンを目途に進めている状況でございます。


○3番議員(黒岩範子)  3番、黒岩です。


 農林水産費の水産業費の水産振興費のことで伺います。


 活性化センターの問題ですけれども、中身として21ページを見ますと県の支出金が得た関係で増えて、それでまた町債が2,320万が1,150万減ったということで、1,170万になったということについては大変評価できることだと思います。


 ただ、問題は当初予算が4,481万7,000円だったわけですけれども、今回補正後の予算でそういう県の支出金が増えてるとか、いろいろなことがあっても結局は4,725万5,000円になっているということで、約300万ほど増えてるということがあるわけです。


 そして、これは振興事業に使われると思うんですけれども、これからの問題として補正でこういうふうに組みましたけれども、実際にはもっと費用がかかりますというようなことがあってはならないと思うんですけれども、その辺の見通しも含めていかがでしょうか。


○(企画調整課長)  補正予算書の19ページからになるかと思います。


 3項水産業費、2目水産振興費、これにつきましては今回財源、要は収入の財源を更正してあるもので歳出予算、要は事業に使う予算については当初と全くかわっておりません。


 以上です。


○3番議員(黒岩範子)  すみません、当初の場合は4,481万7,000円が工事関係費で、その他に243万8,000円っていうことで、合計4,725万5,000円っていうのはかわってないということですか。


○(企画調整課長)  そのとおりです。歳出は全くかわっておりません。


○3番議員(黒岩範子)  わかりました。


 そうすると、今後もこの補正のされたこの範囲内で進めてくということで、よろしいわけですか。


○(産業観光課長)  ここで設計終了して入札かけると先ほど申しましたが、そちらについても予算どおりの設計で動いております。もちろん現段階で増額をするということは考えてはおりません。


○1番議員(板垣由美子)  1番、板垣です。


 18ページの、3款民生費の子育て世帯臨時特例給付金事業のとこなんですけれども、通信運搬費が6,000円ということで、補正に上がっておりますけれども、この事業の進捗状況をお知らせいただきたいと思います。


○(健康福祉課長)  通信運搬費につきましては、向こうから封筒でかえってくる、受取人払いということで多少超過しておりましたので、これについての予算を計上したということです。


 また、進捗状況につきましては現段階では対象者の申請が6割程度まで済んでいるということで、今その処理をしている段階でございます。10月の第2週あたりに審査を終えて、第1回目の振り込みということで、振り込みで対応をしていきたいというところです。


 また、まだ4割ほど申請が済んでございませんので、これについてはこちらから電話連絡等した中で申請をしていただくというようなところで考えておるところでございます。


 以上でございます。


○(議長)  よろしいですか。


○1番議員(板垣由美子)  はい。


○5番議員(光吉孝浩)  5番、光吉です。


 歳出の財産管理費の……。


○(議長)  何ページですか。


○5番議員(光吉孝浩)  13ページです。14ページの説明のところなんですけど、公有財産維持管理経費、修繕料とありますけれども、こちらの修繕料は、どのようなものの修繕料でしょうか。


○(総務課長)  こちらのほうは、先ほど企画調整課長のほうから説明があったと思うんですが、町有地内の水路改修費の経費とさせていただきました。以上です。


○5番議員(光吉孝浩)  済みません、申しわけありません。


 あと1点なんですが、24ページ、住宅管理費の町営住宅事業の修繕料、こちらの補正前からすると20%近く増えていますが、これは予測できないものだったのかというのをちょっと聞きたいんですが。


○(健康福祉課長)  こちらにつきましては、本来なら、当初予算のほうに載せていかなきゃいけない部分でございましたが、今回、新たに住宅を引っ越すというか、退去する方がいまして、この中の清掃をしていた中で、各ドアについておりますドアホン、これと一体化になっておりますガスの警報器、こちらの使用期限がもう切れるということに気がつきまして、そちらについての、新しい物をつけるという修繕についての予算を措置したところでございます。本来であれば、当初予算の中で確認がとれていれば、当初予算で載せるべきものだったというふうに思っております。以上でございます。


○5番議員(光吉孝浩)  先ほどの水路の修繕及び、この住宅事業の修繕もそうなんですが、昨今、古くなったインフラの修繕というものが全国的にも問題になっていると思うんですけども、これを予測して組み込んでいく、将来的に負担が増えていくのをどれぐらい予測していくような取り組みとか、システムというのは、町でやっていますでしょうか。


○(総務課長)  議員が言われるように、インフラの耐用年数の関係で、今、一番大きな問題になっております橋とか、そういうものなんですが、こういう庁舎、建物のそういうようなもので、町のほうで今財政計画をつくっておりますけど、そちらの中で維持管理経費を予算のほうに組み込むというか、計画を立てなければというふうには一応考えてますが、現状では、維持管理経費ですね、その補修に係る部分ですね、そちらのほうは、今のところまだ、そこまで把握されてはおりません。以上です。


○(まちづくり課長)  今、総務課長のほうから話がありましたが、橋梁とか道路につきましては、以前に、橋梁長寿命化修繕計画というものを委託して、成果が出ている中で、今年度は真鶴橋の修繕の委託につきまして、現在実施しているところで、今後、真鶴町にある橋について、その重要度から順次委託して的確に整備していくということで、年次計画を立てて、それは橋梁等について順次行っていく予定にはなっております。


○5番議員(光吉孝浩)  わかりました。取り組みをお願いしておきます。


 あと1点、ちょっと二見議員の質問に関連したことでよろしいですか。


○(議長)  はい。


○5番議員(光吉孝浩)  活性化センターのほうで計画が進んでいるということをおっしゃられましたけれども、建設計画は以前、サンプルの図案を見せてくれましたが、ああいったデザインで進められた建設計画ということでしょうか。


○(産業観光課長)  デザイン自体は基本的には変わりません。昨年、危険箇所の調査を行った、それをもとに行っております。また、区画割等も以前お渡ししたものでございますが、ただ、デザイン自体は、あれは全く、全くといいますか、絵的、まだ美の基準等、そういったものもございますので、あそこまで派手なという形ではございません。美の基準と照らし合わせながら、ただし現状の形ではなく、お客さんを呼べるようなデザインは考えております。


○5番議員(光吉孝浩)  私もその点、真鶴町では全国的に美の基準でコードがあるにもかかわらず、割と洋風で派手な感じの1枚絵のデザインが通っているということだったので、今後の進みぐあいをうまく調整していってもらえればと思います。


○(議長)  よろしいですか。


○5番議員(光吉孝浩)  はい。


○7番議員(海野弘幸)  7番、海野です。


 14ページの町有土地貸付料還付金、還付金というのはちょっとわからないんですけども、88万4,000円というのは、さっき湯河原さんのほうに渡すお金と言ってたんですけど、これは25年3月31日までに入ってこなきゃいけなかったお金が、入ってこなくて、4月以降入ってきた分の案分を渡しているということですか。


○(総務課長)  そのとおりであります。役所のほうは2カ月間、年度終了後、4月、5月、出納整理期間という期間がございます。その間に、前年度、25年度の賦課された部分が2カ月分が出納整理期間に入ってきた部分、その部分の持ち分割合で、湯河原のほうへ収入という形で、真鶴のほうから歳出しています。以上です。


○7番議員(海野弘幸)  これ、入ってきて渡してるということは、歳入に入ってるんですか、これ。


○(総務課長)  こちらのほうは25年度のほうに、歳入としては計上されております。それの、真鶴のほうに一括で入ってきて、それで歳出のほうで湯河原町のほうに持分割合の部分だけ歳出するということです。以上です。


○7番議員(海野弘幸)  予算に入ってるから、歳入に入れないで歳出だけここで組むというあれですか。それと還付金でいいんですか、これ。


○(総務課長)  私も還付金という名目はちょっとどうなのかなとは思いますけど。実際、湯河原のほうに支払わなければいけない部分ですから、それをお支払いしているというところです。以上です。


○7番議員(海野弘幸)  還付金って、去年、たしか言ったと思うんですけどね。それで直すというあれ言ってたんですけどね。多分、去年の同じ時期だと思う。


○(総務課長)  多分、本会議じゃなくて、委員会か何かではなかったかとは思うんですけど、申しわけございません。修正する云々というのは、ちょっと覚えてないんですが、今、財政担当の課長のほうと相談しまして、改めるということでご理解いただきたいと思います。わかりやすい言葉のほうに改める。ご理解いただきたいと思います。以上です。


○(議長)  よろしいですか。


○7番議員(海野弘幸)  はい。


○6番議員(岩本克美)  6番、岩本です。


 20ページの上から二つ目です。予防接種事業の予防接種委託料、181万6,000円、こちらのほう、水疱瘡と、それから肺炎予防というようなことで伺いました。毎年のことですけれども、非常に大事な事業ですし、これが具体的にどんな計画で予防接種事業をやっていくのか、それだけ説明をお願いしたいと思います。


○(健康福祉課長)  こちらにつきましては、厚生労働省の予防接種法の施行令の一部改正に伴いまして、議員がおっしゃるとおり、水痘、また高齢者の肺炎球菌接種、これについて改正が行われました。概要につきましては、水痘につきましては、1歳から3歳までの幼児ですね、子供たち、また26年度につきましては、26年度限りとなりますが、3歳から5歳までが入っております。それから、高齢者の肺炎球菌ワクチンの接種、これにつきましては、一応65歳から5歳刻み、65の次は70、70の次は75、対象者につきましては、65歳から5歳刻みで100歳まで、それから100歳以上の方々が対象になるというところでございます。これについて、補助事業ということになりますので、当町においてもこの事業を推進していくということになります。


 なお、施行日につきましては、10月1日という形になっております。また、小田原医師会のご協力を得ていますので、これについては、小田原医師会に加盟します小田原市、下郡の事務局が同じやり方でやっていくというようなところで考えております。以上でございます。


○(議長)  よろしいですか。


○6番議員(岩本克美)  結構です。


○(議長)  それでは、質疑はないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決をいたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


                (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「平成26年度真鶴町一般会計補正予算(第2号)について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  続けます。日程第5、議案第45号「平成26年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(事業勘定)補正予算(第1号)について」を議題といたします。


○(議長)  本案について提出者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第45号の提案理由を申し上げます。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ2,360万円を追加し、予算の総額を13億339万9,000円とするものでございます。


 詳細につきましては、担当課長に説明させますので、よろしくご審議の上、ご賛同いただきますようお願い申し上げます。


○(議長)  それでは、内容説明を担当課長に求めます。


○(町民生活課長)  議案第45号、平成26年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(事業勘定)補正予算(第1号)についてご説明いたします。


 第1条は、歳入歳出予算の補正で、歳入歳出予算の総額に2,360万円を追加し、予算の総額を13億339万9,000円とするものです。


 次の1ページをお願いします。


 第1表歳入歳出予算補正、1歳入、2歳出につきましては記載のとおりでありますので、事項別明細書で説明をさせていただきます。


 4ページをお願いします。内容の説明をさせていただきます。


 2歳入、3款国庫支出金、2項国庫補助金、1目財政調整交付金に77万8,000円を追加し、計を3,729万9,000円とするもので、普通調整交付金の増で電算システム改修費負担分確定によるものでございます。


 9款1項繰越金、2目その他繰越金に2,282万2,000円を追加し、計を3,282万2,000円とするもので、前年度繰越金の額の確定によるものでございます。


 次のページをお願いします。


 3歳出、1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費から19万4,000円を減額し、計を3,457万2,000円とするもので、神奈川県町村情報システム共同事業組合負担金の減で電算システム改修費の減によるものでございます。


 2目連合会負担金に97万2,000円を追加し、計を113万8,000円とするもので、国保団体連合会負担金の増で国保連合会と市町村とのネットワークシステムのバージョンアップに伴うものでございます。


 12款1項1目予備費に2,282万2,000円を追加し、計を2,387万3,000円とするもので、歳入歳出を調整したものでございます。


 以上で説明を終わります。


○(議長)  これをもって提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。質疑はございますか。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


                (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって「平成26年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(事業勘定)補正予算(第1号)について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  続けます。日程第6、議案第46号「平成26年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施設勘定)補正予算(第1号)について」の件を議題といたします。


○(議長)  本案について提出者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第46号の提案理由を申し上げます。


 今回の補正予算は歳入歳出それぞれ66万4,000円を追加し、予算の総額を1億617万7,000円とするものでございます。


 詳細につきましては担当課長に説明させますので、よろしくご審議の上、ご賛同いただきますようお願い申し上げます。


○(議長)  それでは、内容説明を担当課長に求めます。


○(町民生活課長)  議案第46号、平成26年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施設勘定)補正予算(第1号)についてご説明いたします。


 第1条は歳入歳出予算の補正で、歳入歳出予算の総額に66万4,000円を追加し、予算の総額を1億617万7,000円とするものです。


 次の1ページをお願いします。


 第1表歳入歳出予算補正、1歳入、2歳出につきましては記載のとおりでありますので、事項別明細書で説明させていただきます。


 4ページをお願いします。内容の説明をさせていただきます。


 2歳入、2款1項1目繰越金に66万4,000円を追加し、計を66万5,000円とするもので、前年度繰越金の額の確定によるものでございます。


 3歳出、3款1項1目予備費に66万4,000円を追加し、計を116万4,000円とするもので、歳入歳出を調整したものでございます。


 以上で説明を終わります。


○(議長)  これをもって提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。質疑はございませんか。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


                (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって「平成26年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施設勘定)補正予算(第1号)について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  続けます。日程第7、議案47号「平成26年度真鶴町下水道事業特別会計補正予算(第1号)について」の件を議題といたします。


○(議長)  本案について、提出者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第47号の提案理由を申し上げます。


 今回の補正予算は歳入歳出それぞれ110万3,000円を追加し、予算の総額を2億4,591万4,000円とするものでございます。


 詳細につきましては担当課長に説明させますので、よろしくご審議の上、ご賛同いただきますようお願い申し上げます。


○(議長)  それでは、内容説明を担当課長に求めます。


○(まちづくり課長)  議案第47号、平成26年度真鶴町下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてご説明いたします。


 第1条は歳入歳出予算の補正で、歳入歳出それぞれ110万3,000円を追加し、予算の総額を2億4,591万4,000円とするものです。


 次のページをお願いします。


 第1表歳入歳出予算補正、1歳入、2歳出につきましては記載のとおりでありますので、事項別明細書で詳細を説明をさせていただきます。


 4ページ、5ページをお願いいたします。


 2歳入です。6款1項1目繰越金に110万3,000円を追加し、計を110万4,000円とするもので、1節の前年度繰越金は、決算見込みによる繰越金の増額補正でございます。


 3歳出は、1款総務費、1項下水道総務費、3目一般会計繰出金に110万4,000円を追加し、計を110万5,000円とするもので、前年度繰越金を一般会計へ繰り出すものでございます。


 4款1項1目予備費から1,000円を減額し、28万4,000円とするもので、歳入歳出を調整したものです。


 以上で終わります。


○(議長)  それでは、これをもって提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑はございませんか。質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。よって、討論を省略して採決をいたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


                (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって「平成26年度真鶴町下水道事業特別会計補正予算(第1号)について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  続けます。日程第8、議案第48号「平成26年度真鶴町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について」の件を議題といたします。


○(議長)  本案について提出者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第48号の提案理由を申し上げます。


 今回の補正予算は保険事業勘定では、歳入歳出それぞれ443万5,000円を追加し、予算の総額を7億4,981万6,000円とするもので、介護サービス事業勘定では、歳入歳出それぞれ31万6,000円を追加し、予算の総額を366万2,000円とするものでございます。


 詳細につきましては担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご賛同いただきますようお願い申し上げます。


○(議長)  それでは、内容説明を担当課長に求めます。


○(健康福祉課長)  議案第48号、平成26年度真鶴町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)についてご説明いたします。


 第1条は、保険事業勘定における歳入歳出の予算の補正で、予算の総額に443万5,000円を追加し、予算の総額を7億4,981万6,000円とするものです。第2項は介護サービス事業勘定における歳入歳出予算の補正で、予算の総額に31万6,000円を追加し、予算の総額を366万2,000円とするものです。内容につきましては、まず先に議案に添付しております議案第48号資料にてご説明申し上げます。


 平成25年度介護給付精算表をごらんください。


 右側の歳出につきましては、介護サービス等諸費、その他諸費、高額介護サービス等費、特定入所者介護サービス等費で、総額6億4,137万5,845円を支出いたしました。


 続いて、左側の歳入でございます。中段?の計、これは特定財源として歳入した額でございます。歳出いたしました保険給付費の国庫支出金以下それぞれの負担割合による必要負担額、これは?に計上された額になります。それにより差し引きし、多かった場合は返還、少なかった場合は過年度分として交付されます。今回は国庫負担金、一般会計繰越金は返還、支払基金交付金は精算による追加交付、県負担金は次年度へ繰越充当となります。


 続きまして、裏面の2ページをお願いいたします。地域支援事業費精算表でございます。


 右側、歳出の介護予防事業費、包括的支援事業任意事業費で、計1,583万9,488円を支出しました。左側の歳入では、特定財源として中段の?の計の額を歳入いたしました。それぞれの負担割合による必要負担額、これは?に計上された額になります。それによりまして、差し引き、国庫補助金、支払基金交付金、県補助金、一般会計繰入金の全てが返還となる内容となっております。


 これを受けまして、改めて補正予算の1ページをお願いいたします。


 第1表歳入歳出予算補正は記載のとおりですので、事項別明細書で説明をさせていただきます。


 2ページをお願いいたします。こちらも同じく第2表歳入歳出予算補正は記載のとおりですので、事項別明細で説明をさせていただきます。


 5ページをお願いいたします。保険事業勘定です。


 2歳入です。


 4款1項支払基金交付金、1目介護保険給付費交付金に補正額203万4,000円を追加し、計を1億9,635万円とするもので、2節過年度分でございます。これは40歳から64歳までの2号被保険者分で、介護給付費の精算による追加交付分で、交付率は事業費の29%となっております。


 6款繰入金、1項一般会計繰入金、4目その他繰入金から、補正額13万5,000円を減額し、計を4,522万4,000円とするもので、2節事務費繰入金は、第6期介護保険事業計画作成委託料の契約に伴います執行残を繰入金から減額するものでございます。


 7款1項1目繰越金に補正額253万6,000円を追加し、計を453万6,000円とするもので、1節前年度繰越金でございます。


 平成25年度の介護保険特別会計歳入歳出額の差し引きが453万6,000円と確定したことにより、当初予算との差額を増額する内容でございます。


 次ページをお願いいたします。


 3歳出です。


 1款総務費、4項事業計画策定費、1目介護保険事業計画策定費から補正額13万5,000円減額し、計を302万4,000円とするもので、13節委託料は介護保険第6期計画策定委託料は契約に伴います執行残整理によります13万5,000円の減額でございます。


 6款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目第1号被保険者保険料還付金に61万9,000円追加し、計を91万9,000円とするもので、23節償還金利子及び割引料は第1号被保険者保険料還付金の増で25年度として納付された保険料で、死亡また、あるいは転出の事由により還付すべき額と当初予算との差額を追加したもので123名分となっております。


 3目償還金に補正額115万7,000円を追加し、計を115万8,000円とするもので、23節償還金利子及び割引料は国庫支出金と過年度分返還金で、平成25年度分の保険給付費及び地域支援事業費が確定したことからもらい過ぎた分を精算、返納するもので、国、県、社会保険診療報酬支払基金へのものでございます。


 6款諸支出金、2項繰出金、1目一般会計繰出金に補正額208万4,000円を追加し、計を208万5,000円とするもので、23節繰出金、25年度分の一般会計から繰り入れの額の確定に伴い、精算分を追加措置するものでございます。


 7款1項1目予備費に補正額71万円を追加し、計を393万4,000円とするもので、29節予備費は歳入歳出を調整するものでございます。


 11ページをお願いいたします。


 介護サービス事業勘定でございます。


 2歳入です。


 2款繰入金、1項一般会計繰入金、1目その他繰入金から14万4,000円減額し、計を0とするもので、1節職員給与費等繰入金は25年度の額確定に伴う精算による減額となっております。


 3款1項繰越金、1目前年度繰越金に補正額46万円追加し、計を66万円とするもので、25年度の額確定による増額でございます。


 3歳出です。


 1款1項1目介護予防支援事業費に補正額31万6,000円追加し、計を366万2,000円とするもので、13節委託料は介護予防サービス計画製作委託料で要支援者のケアプランを介護サービス事業者に委託するもので、こちらは実績及び見込みによる増額となっております。


 以上で説明を終了させていただきます。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑はございますか。


              (「なし」の声あり)


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


                (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「平成26年度真鶴町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  続けます。日程第9、議案第49号「平成26年度真鶴町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について」の件を議題といたします。


○(議長)  本案について、提案者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第49号の提案理由を申し上げます。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ283万2,000円を追加し、予算の総額を1億698万9,000円とするものです。


 詳細につきましては、担当課長に説明させますので、よろしくご審議の上、ご賛同いただきますようお願い申し上げます。


○(議長)  それでは、内容説明を担当課長に求めます。


○(町民生活課長)  議案第49号、平成26年度真鶴町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についてご説明いたします。


 第1条は歳入歳出予算の補正で、歳入歳出予算の総額に283万2,000円を追加し、予算の総額を1億698万9,000円とするものです。


 次の1ページをお願いします。


 第1表歳入歳出予算補正。


 1歳入、2歳出につきましては、記載のとおりでありますので、事項別明細書で説明させていただきます。


 4ページをお願いします。


 内容の説明をさせていただきます。


 2歳入、5款1項1目繰越金に283万2,000円を追加し、計を283万3,000円とするもので、前年度繰越金の額の確定によるものでございます。


 3歳出、3款諸支出金、3項繰出金、1目一般会計繰出金に17万1,000円を追加し、計を17万2,000円とするもので、前年度の事務経費が確定したことにより、一般会計へ繰り出すものでございます。


 4款1項1目予備費に266万1,000円を追加し、計を268万2,000円とするもので、歳入歳出を調整したものでございます。


 以上で説明を終わります。


○(議長)  それでは、これをもって提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑はございますか。


              (「なし」の声あり)


○(議長)  それでは、質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


                 (起立全員)


○(議長)  全員賛成。よって、「平成26年度真鶴町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  それでは、暫時休憩いたします。再開は1時40分。


             (休憩 午前11時55分)


             (再開 午後 1時45分)


○(議長)  それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  まずお諮りいたします。


○(議長)  ただいま、集団的自衛権の行使を容認する閣議決定の撤回を求める意見書の件が提出されました。


○(議長)  これを日程に追加し、日程第10の次に追加日程第1として日程の順序を変更し議題としたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。よって、集団的自衛権の行使を容認する閣議決定の撤回を求める意見書の件を日程に追加し、日程第10の次に追加日程第1として日程の順序を変更し議題とすることに決定いたしました。


○(議長)  それでは続けます。


 日程第10、陳情第2号「手話言語法制定を求める意見書の提出を求める陳情書」を議題といたします。


○(議長)  書記に陳情書を朗読させます。


○(書記)  平成26年8月6日 真鶴町議会議長 青木嚴殿


 陳情者 神奈川県藤沢市藤沢933−2 神奈川県聴覚障害者福祉センター内公益社団法人神奈川県聴覚障害者協会理事長 渡邊千城


 件名 手話言語法制定を求める意見書の提出を求める陳情書


○(議長)  それでは、お諮りします。


○(議長)  ただいま議題となっております陳情第2号については、所管の総務民生常任委員会に付託し、継続審査としたいと思います。


○(議長)  これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。よって、陳情第2号については、総務民生常任委員会に付託し、継続審査とすることと決定いたしました。


○(議長)  それでは、続けます。追加日程第1、発議第1号「集団的自衛権の行使を容認する閣議決定の撤回を求める意見書」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


○(書記)  発議第1号「集団的自衛権の行使を容認する閣議決定の撤回を求める意見書」


 上記の議案を別紙のとおり、真鶴町議会会議規則第14条の規定により提出します。


 平成26年9月9日提出 真鶴町議会議長 青木嚴殿


 提出者 真鶴町議会議員、村田知章、同黒岩範子


○(議長)  それでは、本件について、提出者の趣旨説明を求めます。


 村田知章君の登壇を許します。


○9番議員(村田知章)  9番、村田知章です。


 集団的自衛権の行使を容認する閣議決定の撤回を求めます。


 2014年7月1日に閣議決定された、海外で戦闘できる国となる集団的自衛権行使を容認することは明確な憲法違反であると考えます。解釈の変更で憲法そのものを無効化する行為は法治国家そのものを否定する行為ではないでしょうか。内閣が国家の最高法規である憲法を守らずして民主主義国家は成り立ち得ません。立憲主義を根底から否定する行為です。


 また、戦後世界各国から得てきた平和国家としての日本国の信頼そのものを失う行為であると考えます。


 よって、集団的自衛権の行使を容認する閣議決定の撤回を求めるとともに、平和国家としての国際貢献のあり方を武力ではなく憲法9条の定めによるところの正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求することを求めます。


 以上、地方自治法99条の規定に基づき意見書を提出いたします。


○(議長)  それではお諮りいたします。


○(議長)  ただいま議案となりました、発議第1号については、所管の総務民生常任委員会に付託したいと思います。


○(議長)  これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。よって、発議第1号については、総務民生常任委員会に付託することに決しました。


○(議長)  続けます。


○(議長)  日程第11、「監査委員の監査報告」を求めます。


○(議長)  岩本克美君、登壇願います。


○監査委員(岩本克美)  ただいまから、平成25年度決算審査に関する報告並びに意見を述べさせていただきます。


 地方自治法第233条第2項の規定により、平成25年度真鶴町一般会計ほか7特別会計歳入歳出決算が審査に付されました。


 これを受けて、平成26年7月14日を第1日目として17日、23日及び25日の計4日間にわたり計数の確認、予算執行の適否、収支の合理性、財政運営状況の適否を審査の主眼として決算審査を実施いたしました。


 その実施方法として、平成25年度真鶴町一般会計及び特別会計歳入歳出決算書、歳入歳出事項別明細書、実質収支に関する調書、財産に関する調書などの審査にあたっては、歳入簿、歳出簿、支出負担行為書、支出伝票、調査簿などにより、決算計数の正確性を精査するとともに、関係法令等に基づく定期監査、例月現金出納検査の諸資料を活用し、また効率的な予算の執行状況の可否について調査し、あわせて工事施工箇所等の現地確認や詳細な事情聴取も実施いたしました。


 さらに、監査当日においては、必要に応じ随時、関係者の説明を求めるなど慎重に審査をいたしました。


 その結果につきましては、お手元に提出してございます平成25年度真鶴町歳入歳出決算審査意見書として内容の取りまとめを行ったものでございます。


 これより、この決算審査の結果概要について申し上げます。


 審査意見書2ページの各会計別決算総括表の下段、合計欄ですが、平成25年度真鶴町一般会計、国民健康保険事業特別会計(事業勘定)、国民健康保険事業特別会計(施設勘定)、下水道事業特別会計、真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計、介護保険事業特別会計、介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)及び後期高齢者医療特別会計の歳入決算総額は56億111万5,921円で、歳出決算総額は54億2,036万6,408円でありました。


 各会計の決算額については、次のページにより個々に示しているとおりですが、この決算額は地方自治法施行令第166条第2項の規定に定められた歳入歳出決算事項別明細書及び実質収支に関する調書並びに諸帳簿などと照合したところ、計数は正確で誤りがありませんでした。


 まず3ページからの一般会計決算収支状況です。


 歳入総額30億3,460万6,718円、歳出総額28億8,325万2,665円で、形式収支額は1億5,135万4,053円のプラスとなりました。


 基金の取り崩し財源は2,957万4,875円で前年対比1億1,267万125円の減であった。起債額は2億1,373万5,000円で前年対比4,031万9,000円の減であった。財政の健全化の推進は引き続き努力を望むものであります。


 次に、歳入に関する事項ですが、歳入の30億3,460万6,718円、収入未済額1億1,676万5,295円は町税、分担金及び負担金、使用料及び手数料並びに財産収入のもので、不納欠損額338万2,315円は町税のものでした。


 次に4ページでは、款別歳入内訳ですが、歳入の財源を自主財源と依存財源に分けて比較すると、自主財源は総額に対する比率は44.3%で前年度より3.1ポイント減しています。これに対し依存財源は、55.7%で前年度より3.1ポイント増加しています。


 次に11ページからの歳出ですが、支出済額が前年度比較で7.2%の減となっています。また、不用額は1億707万4,335円です。


 以降、歳出における主な事業内要は総合計画の推進目標別に述べますと、最初に「海と緑にいだかれたこころよいまちづくり」では、豊かな自然を継承していくために、真鶴半島内では松の薬剤樹幹注入や被害木伐倒など松くい虫防除事業を継続実施した。


 町道整備では、国の社会資本整備事業交付金を活用して事業執行が行われております。また、簡易な修繕については、迅速に対応すべく町直営工事として実施したものであります。


 災害に強いまちづくり対策では、津波避難対策として海抜表示の作製・設置事業を実施しております。


 次に、「学び、ふれあい、豊かな文化をはぐくむまちづくりを目指して」では、遠藤貝類博物館事業を充実させ、体験学習、体験観光の拠点とした。また、教育環境整備のため、各学校等の修繕や町独自の取り組みとして、不登校訪問相談事業や心の教育相談事業、子ども放課後いきいきクラブなどを継続実施しております。


 「健やかで心かよう安らぎのまちづく」りでは、健康で安心して暮らしていけるよう、住民健診を初めとした各種検診事業や予防接種の実施、また、学童保育の充実のほか、子育て環境の良化のための事業を実施されている。


 「地域に息づくにぎわいと活力あるまちづくり」では、地場産業の振興として漁業振興、石材業振興等のための補助を行った。


 「まちづくり、みんなの手づくりで進めるまちづくり」では、自治会連合会への助成を継続するとともに、自治会の自立した活動や組織化を支援するものです。


 次に特別会計です。


 国民健康保険事業特別会(事業勘定)については、保健普及事業や疾病予防事業の実施により、医療費の抑制及び健康づくりの推進に重点的な取り組みを望みますが、国民健康保険税の収納にあたっては、納税の公平公正の観点からも、より一層の徴収率向上を望みます。


 国保事業を取り巻く環境は依然として厳しい状況に置かれており、健全で効率的な事業運営に一層の努力を望むものです。


 次に、国民健康保険事業特別会計(施設勘定)については、医師確保の問題から診療所の運営方法を根本から見直し、平成25年8月から指定管理者制度の導入を図り、地域医療振興協会に管理・運営を委託し、今後、町民から信頼され安心して診療が受けられる地域医療活動の拠点として、指定管理者による医療サービスの向上が図られるよう切に望みます。


 下水道事業特別会計については、公共下水道への接続世帯を増やすことが永年の課題となっておりますが、今後とも供用開始区域の拡大においては、十分検討をし、各家庭への下水道接続に対する理解を求めるなど、普及率の向上に努め、事業収入の根幹である下水道使用料の増収を図り、安定した事業運営が図られるよう願うものです。


 真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計の事業運営に当たっては、両施設での物品売払収入及び食堂売上収入の減収の常態化、経営の沈滞化が続いております。予算執行については、財源の繰上充用による手法ではなく、一般会計からの繰入れで補填する必要性を認めます。


 今後、民間的経営手法の導入を推進し、視点を変えた施設の有効活用を図ることにより、また、観光拠点としての役割を堅実に実施することにより、健全な経営と運営がなされるよう強く望むものです。


 次に、介護保険事業特別会計2会計の運営については、訪問調査、要介護認定事務の公平、効率化を目指し、利用者のニーズに応じた的確な介護給付が受けられるよう、平成24年度からスタートした第5期介護保険事業計画の中で、今後ともそのサービスの充実と確保に一層の努力を願うものです。


 後期高齢者医療特別会計は、国の制度改正に合わせ、平成20年度から新たに設置された会計で、75歳以上の者が加入する保険制度であり、運営主体は都道府県であるが、安定した制度運営に努められるよう望むものです。


 なお、以上の事業はおおむね計画どおり執行され、その成果は認められ、おおむね良好であったと判断できましたが、これからも前例を踏襲することなく、常に事務事業の見直しを行い、行政改革のさらなる推進、他制度の活用、見直しを行い、行政の簡素、効率化に一層努力されることを望むものであります。


 また、各事業の執行に当たっては、国、県の補助金等の利用や活用による財源確保に努められ、一部に改善を要する事務体制も見られたので、それぞれの事業内容等を十分に精査照合し、誤りない適正な執行管理がなされるよう努められたい。


 また、一般会計における町有財産の貸し付けに伴う使用料の収入未済額の早期解消を図ることにより、財源を確保することと、下水道事業特別会計における下水道接続勧奨の強化による下水道使用料の増収を図ることが急務である。


 事業内容としては、特に少子化対策としてひなづる幼稚園での3年保育の復活、小児医療費の無料化など、子育て世代に対する施策は若い世代を町に呼び込む施策として評価に値し、お林展望公園でのパークゴルフ場については、観光資源になることにより、誘客や財政面においても期待したい。また、町の一般財源である税収が減少傾向にあるので、事業実施に際しての起債による財源の充当など、償還金が後年度負担となることを十分意識した財政面を考え、慎重な執行に務めあげたい。


 さらに事業執行後における検証結果を踏まえ、本決算の意見等が新たな事業及び今後の予算編成に反映されるよう望むものです。


 厳しい財政状況を強いられ続けている中ではありますが、町民の要請に的確に対応していくためには、町税を初め保険料、保育料、住宅使用料、水道料など徴収体制を強化して、負担の公平公正性の確保を図るよう強く望むものであります。


 さらに特定財源の確保の面では、日ごろから国、県の補助金制度を効果的に活用するための調査研究、確認を行い、投資性、経済性の両面から行政運営が図られ、創造性と自立性のあるまちづくりの推進を願うものです。


 続きまして、平成25年度真鶴町水道事業会計決算でございます。


 地方公営企業法第30条第2項の規定により、決算報告書等関係書類を添えて監査委員の審査に附されたので、平成26年7月25日に計数の確認、予算執行の適否を審査の主眼として決算審査を実施いたしました。


 経営状況については、総収益2億3,184万6,328円で、前年度比710万2,292円、3.0%の減少、総費用は2億1,451万9,841円となり、前年度比1,037万4,164円、4.6%の減少であり、損益収支において1,732万6,487円の当年度純利益が発生した。これは、前年度対比327万1,872円の増加である。これにより、前年度繰越欠損金と合わせ当年度未処理欠損金は2億6,892万4,148円であります。水道使用水量は近年節水意識の浸透や、節水型家電製品の普及等により減少傾向にあり、依然として経営は厳しい状況にあります。


 建設事業では、公道の改修工事や下水道の工事に合わせて、配水管の敷設替工事の実施や将来にわたる安定給水確保のため、老朽化した施設の整備が進められました。


 有収率については、前年度に比べ1.76ポイント減少しておりますので、なお一層の努力を望むものであります。また、徴収状況は現年度分は97.61%と前年度に比べ0.04ポイント増加しました。徴収事務については、今後も一層の努力を願うものです。


 終わりに当たり、安全で安心な水を供給するため、今後も水源の確保と老朽管施設等の改良工事を継続的に実施していかなければなりませんが、そのためには安定的な水道使用量を維持していく必要があり、平成20年度に策定した上水道整備基本計画や、本年度策定した公営企業経営健全化計画を基に中長期的視野に立った計画的な施設の改修や更新を行い、将来にわたり安定した上水道の供給ができるよう切に望むものであります。


 以上により、上水道事業会計決算審査の結果は適正なものと認められます。


 以上、簡単ではございますが監査委員報告を終わりとします。


○(議長)  それでは、これをもって監査報告を終わります。


○(議長)  続けます。日程第12、認定第1号「決算の認定について(平成25年度真鶴町一般会計決算)」の件を議題といたします。


○(議長)  本件について、提出者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  提案理由の前に、朝話せばよかったんですが、今日は9月9日で救急の日であります。救急車の適正な利用を住民にお願いするとともに、日ごろの救急活動をしている職員に改めて感謝、またお礼を申し上げます。


 それでは、決算の認定についての提案理由を申し上げます。


 認定第1号は、平成25年度真鶴町一般会計決算の認定であります。


 さる7月4日に会計管理者より提出があり、7月14日から25日までの4日間において監査委員の審査に附し、その意見をつけて認定を求めるものです。


 詳細につきましては、会計管理者に説明させますので、よろしくご審議の上、ご賛同いただきますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を会計管理者に求めます。会計課長。


○(会計課長)  説明します。一般会計ほか6特別会計の決算につきまして、監査委員に普通建設事業の執行状況監査を5月27日、決算審査を7月14日から7月25日までの間の4日間受けました。


 説明方法につきましては、3ページから10ページまでの歳入歳出決算書は記載のとおりであり、11ページからの事項別明細書と重複する箇所もありますので事項別明細書にて説明し、内容は前年度との増減があるものを中心に説明いたします。なお、特別会計も同様ですので、よろしくお願いいたします。


 それでは、認定第1号「決算の認定について平成25年度真鶴町一般会計決算」11、12ページをお願いいたします。


 一般会計歳入歳出決算事項別明細書、歳入です。


 1款町税、1項町民税、1目個人、1節現年課税分、調定額3億6,058万8,200円、収入済額3億5,144万1,578円、前年度比1,104万5,762円の減、収納率97.46%、前年度比0.33%の減、収入未済額914万6,622円、備考欄001所得割3億3,941万2,643円、前年度比1,075万127円の減、002均等割1,202万8,935円、前年度比29万5,635円の減。2節滞納繰越分、調定額4,300万295円、収入済額1,157万4,102円、前年度比117万1,984円の増、収納率26.92%、前年度比3.52%の増、不納欠損額96万8,415円、25件分。収入未済額3,045万7,778円。


 2目法人、1節現年課税分、調定額2,673万5,500円、収入済額2,632万5,500円、前年度比396万600円の減、収納率98.47%、前年度比0.11%の増、収入未済額41万円。備考欄001法人税割793万9,100円、前年度比379万2,500円の減、002均等割1,838万6,400円、前年度比16万8,100円の減。2節滞納繰越分、調定額180万5,500円、収入済額52万8,100円で前年度比14万6,680円の減、収納率29.25%、前年度比2.52%の減、不納欠損額29万200円、7件分、収入未済額98万7,200円。


 2項1目固定資産税、1節現年課税分、調定額5億2,127万2,300円、収入済額5億780万8,951円、前年度比162万6,291円の増、収納率97.42%、前年度比0.03%の増、収入未済額1,346万3,349円。備考欄001土地1億9,702万1,834円、前年度比324万9,322円の減、002家屋2億2,017万7,126円、前年度比207万8,805円の増、003償却資産9,060万9,991円、前年度比279万6,808円の増。2節滞納繰越分、調定額5,772万2,665円、収入済額1,640万1,491円、前年度比265万7,289円の増、収納率28.41%、前年度比5.04%の増。不納欠損額210万7,500円、20件分、収入未済額3,921万3,674円。


 3項1目軽自動車税、1節現年課税分、調定額1,137万7,800円、収入済額1,114万200円、前年度比9万1,200円の増、収納率97.91%、前年度比1.04%の減、収入未済額23万7,600円。備考欄001原動機付自転車93万2,800円、848台分、前年度比3万4,900円の減、002軽自動車985万4,200円、1,628台分、前年度比11万6,600円の増、003小型特殊自動車6万1,200円、前年度比4,700円の増、004二輪の小型自動車29万2,000円、73台分、前年度比4,800円の増。2節滞納繰越分、調定額31万8,944円、収入済額15万4,700円、前年度比3,044円の増、収納率48.50%、前年度比7.49%の増、不納欠損額1万6,200円、4件分、収入未済額14万8,044円。


 4項1目町たばこ税、1節現年課税分、調定額及び収入済額ともに5,437万202円、前年度比482万3,063円の増、収納率100%。備考欄001一般分の紙巻きたばこ等5,314万3,675円、前年度比459万9,118円の増、002旧3級品の紙巻きたばこ122万6,527円、前年度比22万3,945円の増。25年4月に都道府県税、市町村税間で税源移譲があり、25年度の売上本数は前年度比2.24%の減でしたが、税収は9.73%の増となりました。


 2款地方譲与税、次の13、14ページをお願いします。


 1項1目1節地方揮発油譲与税、調定額及び収入済額ともに594万4,000円、前年度比8万5,000円の減。


 2項1目1節自動車重量譲与税、調定額及び収入済額ともに1,352万8,000円、前年度比71万7,000円の減、エコカー減税の影響。


 3款1項1目1節利子割交付金、調定額及び収入済額ともに187万1,000円、前年度比26万6,000円の減、景気低迷が続いているため。


 4款1項1目1節配当割交付金、調定額及び収入済額ともに412万3,000円、前年度比171万3,000円の増。


 5款1項1目1節株式等譲渡所得割交付金、調定額及び収入済額ともに722万3,000円で前年度比655万7,000円の増、税率アップ前の譲渡による増。


 6款1項1目1節地方消費税交付金、調定額、収入済額ともに5,995万8,000円で前年度比51万4,000円の減、景気低迷が続いているため。


 7款1項1目自動車取得税交付金、次のページをお願いします。1節自動車取得税交付金、調定額及び収入済額ともに996万2,000円、前年度比151万8,000円の減、エコカー減税の影響と考えられます。


 8款1項1目1節地方特例交付金、調定額及び収入済額ともに217万3,000円、前年度比18万5,000円の増。備考欄001減収補てん特例交付金は住民税における住宅借入金特別控除に伴う減収分を補填するもの。


 9款1項1目1節地方交付税、調定額及び収入済額ともに9億8,563万8,000円、前年度比5,287万5,000円の増。備考欄001普通交付税8億3,052万6,000円、前年度比3,879万3,000円の増、002特別交付税1億5,511万2,000円、前年度比1,408万2,000円の増、衛生組合最終処分場及び診療所について、地域の実情が配慮されたものが主な増の原因。


 10款1項1目1節交通安全対策特別交付金、調定額及び収入済額ともに103万3,000円、前年度比13万7,000円の減、交通反則金を財源として交付されたもので、年々減少しております。


 11款分担金及び負担金、1項負担金、1目総務費負担金、1節総務管理費負担金、調定額及び収入済額ともに337万4,831円、前年度比3万7,663円の増。備考欄001真鶴町・湯河原町共有土地管理事務負担金は、共有土地管理事務負担金の2分の1が湯河原町から負担されたものです。


 2目民生費負担金、1節児童福祉費負担金、調定額2,147万300円、収入済額1,961万1,500円、前年度比208万2,550円の減、収入未済額185万8,800円、現年度分2件、過年度分10件、16人、そのうち現年度分の2件は26年6月12日に納付済み。備考欄001入所児童徴収金100人分、002放課後児童クラブ保護者負担金33人分。


 3目衛生費負担金、1節保健衛生費負担金、調定額及び収入済額ともに1,868万2,691円、前年度比485万1,436円の増。備考欄001火葬場経営費湯河原町負担金、真鶴聖苑にかかる費用を火葬件数と人口割合で案分した湯河原町からの負担金、火葬炉内レンガ積みかえ工事による増、2節清掃費負担金、調定額及び収入済額ともに513万2,012円、前年度比829万767円の減、25年度は衛生組合へ職員の派遣がなかったため減、備考欄001し尿貯留施設管理費湯河原町負担金、し尿貯留施設にかかる費用をし尿搬入割合で案分した湯河原町からの負担金。


 次のページをお願いいたします。


 4目土木費負担金、1節道路等改修費負担金、調定額及び収入済額ともに125万2,950円、前年度同額。備考欄001道路等改修費負担金は、真鶴町水路改修事業及び町道真第443号線災害復旧事業を合わせた湯河原町負担金。


 12款使用料及び手数料、1項使用料、1目総務使用料、1節総務管理使用料、調定額及び収入済額ともに1,071万7,662円、前年度比812万9,181円の増、前年度ありました収入未済額518万6,764円は一括納付がありました。備考欄001宮ノ前レストハウス使用料112万9,466円、前年度比8万4,734円の減、002造船所使用料331万8,382円、前年度比306万8,382円の増、006造船所使用料過年度分518万6,764円、昨年度収入未済額に計上されていたもの。そのほかの明細は記載のとおりです。


 2目衛生使用料、1節保健衛生使用料、調定額及び収入済額ともに539万円、前年度比28万円の減。備考欄001火葬場使用料、他市町村の方が使用した有料分77件分。


 3目農林水産業使用料、1節農業使用料、調定額及び収入済額ともに6万5,400円、前年度比4万1,400円の増。備考欄001ふれあい農園使用料9区画分。2節水産業使用料、調定額及び収入済額ともに9万4,180円、前年度比888円の増。備考欄002漁港区域内占用料等は岩海岸における漁港区域内占用料で夏季の海の家1件分。


 4目商工観光使用料、1節観光使用料、調定額及び収入済額ともに521万3,200円、前年度比113万9,300円の増。備考欄004お林展望公園管理棟店舗使用料120万円は前年度同額です。展望公園管理棟2階の食堂の使用料で月額10万円の12カ月分、005お林展望公園パークゴルフ場等使用料401万3,200円は前年度比161万1,800円の増、延べ1万6,323人分。前年度ありました宮ノ前観光案内所使用料はケープ真鶴内へ移動したため47万2,500円の減。


 5目土木使用料、1節道路使用料、調定額及び収入済額ともに304万4,122円、前年度比3万4,139円の減、備考欄001道路占用料は東日本電信電話株式会社ほか11件、2節住宅使用料、調定額923万9,950円、収入済額922万8,350円、前年度比77万8,950円の減、収入未済額1万1,600円は住宅使用料で26年6月16日に納付済み。備考欄001町営住宅使用料は延べ36件分、002駐車場使用料は11台分。


 6目教育使用料、次のページ19、20ページをお願いいたします。1節幼稚園保育料、調定額及び収入済額ともに256万9,000円、前年度比78万6,000円の増、25年度から3歳児保育を開始したことによるもの。備考欄001町立ひなづる幼稚園保育料、園児数32名分、2節博物館観覧料、調定額及び収入済額ともに180万9,590円、前年度比6万2,880円の増。備考欄001博物館観覧料、入館者1万377人で前年度比303人の減。3節公民館使用料、調定額及び収入済額ともに66万7,970円、前年度比4,790円の減。備考欄001公民館使用料2,328件、3万862人が使用。4節美術館観覧料、調定額及び収入済額ともに749万5,710円、前年度比32万4,430円の減、前年度は中川先生のテレビ番組の放映があり入館者が増加したためその分の減。備考欄001美術館観覧料、観覧者1万5,159人。5節社会教育使用料、調定額及び収入済額ともに12万9,780円、前年度比6万690円の減。備考欄001コミュニティ真鶴使用料354件、3,948人が使用。6節保健体育使用料、調定額及び収入済額ともに125万6,790円、前年度比14万5,710円の減。備考欄001屋外運動場夜間照明施設使用料91件、前年度比9万220円の減、002町立体育館使用料1,447件、前年度比5万2,010円の減、003屋内運動場照明施設使用料619件、前年度比3,480円の減。


 2項手数料、1目総務手数料、1節徴税手数料、調定額及び収入済額ともに29万1,300円、前年度比900円の減。備考欄001督促手数料2,913件分。2節事務手数料、調定額及び収入済額ともに7万4,649円、前年度比762円の増。備考欄001町民交通傷害保険取扱事務手数料1,997口分。3節窓口事務手数料、調定額及び収入済額ともに419万8,500円、前年度比29万2,450円の減。備考欄001税務諸証明手数料から005船員手帳交付手数料で明細は記載のとおり。


 2目衛生手数料、1節畜犬登録手数料、調定額及び収入済額ともに29万8,400円、前年度比4万7,500円の減。備考欄001登録手数料21頭分、002注射済証交付手数料428頭分。2節清掃手数料、調定額及び収入済額ともに141万320円、前年度比13万6,560円の減。備考欄001し尿処理手数料、前年度比5万8,560円の減、し尿チケット手数料で110件分、002一般廃棄物収集運搬手数料、前年度比8万5,500円の減、家電リサイクル法にかかる家電の運搬手数料1万2,000円と粗大ごみ収集運搬手数料79万7,500円、003一般廃棄物処理業許可手数料、前年度比1万円の増、許可手数料1件、2,500円の6件分。


 次のページをお願いいたします。


 3目農林水産手数料、1節農業手数料、調定額及び収入済額ともに10万9,500円、前年度比5,400円の増。備考欄001農業者年金業務委託手数料、前年度比5,400円の増、002鳥獣飼養登録等手数料、前年度同額1名分。


 4目土木手数料、1節都市計画手数料、調定額及び収入済額ともに1万1,500円、前年度比1,350円の減。備考欄001屋外広告物許可申請手数料3件分。


 5目教育手数料、1節幼稚園入園料、調定額及び収入済額ともに3万6,000円。備考欄001町立ひなづる幼稚園入園料、3歳児10名、4歳児1名、5歳児1名、計12名分。


 13款国庫支出金、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金、1節社会福祉費負担金、調定額及び収入済額ともに7,702万2,175円、前年度比747万8,519円の増。備考欄001保険基盤安定制度負担金317万3,175円、前年度比3万5,981円の減、保険者支援分として保険料軽減の対象となった一般被保険者に応じて、低所得者を多く抱える市町村を支援する制度、負担割合2分の1、002障害児通所給付費負担金427万8,000円は2節の児童福祉費負担金からの予算措置替えによる増、007障害者自立支援事業給付費等負担金6,812万1,000円、前年度比286万1,500円の増、010障害者医療費負担金145万円、前年度比37万5,000円の増。2節児童福祉費負担金、調定額及び収入済額ともに8,835万623円、前年度比534万6,833円の減。備考欄001保育所運営費負担金、前年度比251万4,165円の増、002児童手当負担金5,723万3,333円、前年度比788万4,334円の増、24年度には、007子ども手当交付金が分かれていましたが、ここに含まれたため増。なお、24年度予算措置していました010障害児通所給付費負担金が1節社会福祉費負担金へ予算措置替えにより減。


 2目衛生費国庫負担金、1節保健衛生費負担金、調定額及び収入済額ともに9万円、備考欄001養育医療費負担金は、新規で負担金2分の1補助で、母子保健法に規定するもので、養育のため病院または診療所に入院することを必要とする未熟児に対し医療に要する費用を支給するもので対象は1件。


 2項国庫補助金、1目民生費国庫補助金、1節社会福祉費補助金、調定額及び収入済額ともに151万円、前年度比14万3,000円の減。備考欄004地域生活支援事業費補助金は、地域生活支援事業補助金及び障害者総合支援事業費補助金交付要綱に基づく事業で、基準額の2分の1の補助。3節臨時福祉給付金事業補助金、調定額及び収入済額ともに40万5,000円。備考欄002臨時福祉費給付金事務費補助金は、新規で消費税8%の引き上げに伴い、所得の低い方々への負担の影響に鑑み、暫定的、臨時的な措置をするための事務費補助。


 2目衛生費国庫補助金、1節保健衛生費補助金、調定額及び収入済額ともに127万7,000円、前年度比27万8,000円の増。備考欄003循環型社会形成推進交付金は、下水道計画区域外に合併処理浄化槽の設置に対する交付金で5人槽6基分。


 次のページをお願いいたします。


 004疾病予防対策事業費補助金は、前年度比27万5,000円の減、子宮がん、乳がん及び大腸がん検診にかかる分。


 3目土木費国庫補助金、1節土木総務費補助金、調定額及び収入済額ともに748万円、前年度比22万円の減。備考欄004社会資本整備総合交付金は、町道真第375号線、505号線、330号線、道路改修工事のための交付金で、事業費に対し補助率55%。


 4目教育費国庫補助金、1節教育総務費補助金、調定額及び収入済額ともに7万1,000円、前年度比2万1,000円の増。備考欄002特別支援教育就学奨励費補助金、児童8名分。


 5目消防費国庫補助金、1節消防費補助金、調定額及び収入済額ともに30万円、前年度比70万円の減。備考欄001社会資本整備総合交付金は避難誘導対策事業に対するもので、海抜表示板と避難経路シートの作成事業費に対する定額補助。


 3項委託金、1目総務費委託金、1節戸籍住民基本台帳費委託金、調定額及び収入済額ともに17万7,000円、前年度比4万6,000円の減。備考欄002自衛官募集事務委託金1万8,000円、前年度比1万2,000円の減、自衛官募集事務にかかる広報の経費、003中長期在留者住居地届出等事務委託金15万9,000円、前年度比4,000円の減、在留管理制度の規程による事務費。


 2目民生費委託金、1節社会福祉費委託金、調定額及び収入済額ともに234万2,133円、前年度比32万3,936円の減。備考欄001基礎年金等事務費委託金、前年度比21万9,794円の減、国民年金事務に要する経費、003協力・連携事務費委託金、前年度比10万4,142円の減、年金制度周知広報の掲載、年金相談、居所未登録者の再点検等にかかる経費。2節児童福祉費委託金、調定額及び収入済額ともに2万2,000円、前年度比1,552円の増。備考欄003特別児童扶養手当事務取扱交付金。


 3目教育費委託金、1節社会教育費委託金、調定額及び収入済額ともに147万9,200円。備考欄001社会教育活性化支援プログラム委託金は新規、全額歳出の社会教育活性化プログラム事業に充当。


 14款県支出金、1項県負担金、1目民生費県負担金、1節社会福祉費負担金、調定額及び収入済額ともに7,668万1,765円。備考欄001保険基盤安定制度負担金、前年度比37万6,984円の増、保険料軽減分として県負担分の2,267万1,451円と保険者支援分として158万6,587円、002民生委員協議会負担金、前年度と同額、003民生委員活動費負担金、前年度比9,700円の減、004障害児通所給付費負担金、新規で2節の児童福祉費負担金からの予算措置替えによる増。


 次のページをお願いします。


 005民生委員推薦会運営費負担金、新規で任期満了に伴う民生委員推薦会への負担金、012障害者自立支援事業給付費等負担金、前年度比172万6,110円の増、015保険基盤安定制度負担金(後期高齢者医療費分)、前年度比20万7,043円の増、低所得者の保険料軽減分の県負担分、016障害者医療費負担金、基準額の4分の1の補助で前年度比63万9,045円の減、017行旅死亡人取扱費負担金2件分、前年度比20万5,447円の増。2節児童福祉費負担金、調定額及び収入済額ともに2,941万8,378円、前年度比97万4,614円の減。備考欄001保育所運営費負担金、前年度比125万7,083円の増、002児童委員活動費負担金、前年度比9,700円の減、003児童手当負担金、前年度比177万3,335円の増。


 2目1節市町村移譲事務交付金、調定額及び収入済額ともに226万3,935円、前年度比39万4,780円の減、県立自然公園内における行為の許可等の事務の減が主な原因。


 3目衛生費県負担金、1節保健衛生費負担金、調定額及び収入済額ともに7万5,000円。備考欄001養育医療費負担金は新規で負担金4分の1補助、母子保健法に規定するもので、養育のため病院または診療所に入院することを必要とする未熟児に対し、医療に要する費用を支給するもの、対象は1件。


 2項県補助金、1目民生費県補助金、1節社会福祉費補助金、調定額及び収入済額ともに1,343万8,000円、前年度比87万8,000円の増。備考欄003老人クラブ活動等事業補助金、前年度比1万3,000円の減、005高齢者労働能力活用事業補助金、前年度比1万2,000円の増、012重度障害者医療費給付補助事業補助金、前年度比101万5,000円の減、017地域生活支援事業補助金、前年度比2万2,000円の減、020在宅障害者福祉対策推進事業補助金、前年度比8,000円の増、022障害者自立支援臨時特例交付金事業費補助金、前年度比8万8,000円の減、024地域支え合い体制づくり事業補助金、新規で真鶴町支え合い、分かち合い体制づくり実行委員会等への補助、高齢者等の要援護者を再調査し、町の総合計画に掲げる買い物代行、ごみ出し等のニーズを聴取した結果を9自治体ごとにデジタルマッピング化するとともに、おおむね80歳以上のひとり暮らし及び高齢者世帯の抽出アンケート調査の実施、アンケート結果の実態などを協議し、提言書を取りまとめたもの。2節児童福祉費補助金、調定額及び収入済額ともに1,678万8,000円、前年度比462万8,000円の増。備考欄001民間保育所運営費補助金、前年度比44万1,000円の減。


 次のページをお願いいたします。


 002ひとり親家庭等医療費助成事業補助金、前年度比2万1,000円の増、003小児医療費助成事業補助金、前年度比1万3,000円の増、004安心こども交付金事業費補助金、前年度比488万1,000円の増で内訳は子ども子育て支援システム構築調査委託事業238万9,000円、保育士等処遇改善臨時特例事業、保育園加算分234万1,000円等です。006放課後子どもプラン推進事業費補助金、前年度比15万4,000円の増。


 2目衛生費県補助金、1節保健衛生費補助金、調定額、収入済額ともに114万3,000円、前年度比283万5,000円の減。備考欄001一次救急医療対策事業補助金、前年度比1万1,000円の減。004健康増進事業補助金、前年度比3万1,000円の増、007地域自殺対策緊急強化交付金事業費補助金、前年度と同額。なお、前年度ありました子宮頸がん等ワクチン接種緊急事業補助金190万3,000円、妊婦健康診査事業補助金59万1,000円の減によるもの。


 3目農林水産業費県補助金、1節農業費補助金、調定額及び収入済額ともに87万7,000円、前年度比373万9,750円の減、昨年度ありました農とみどりの整備事業補助金として、岩沢尻農道拡幅工事に対する補助金385万8,750円の減によるもの。備考欄001農業委員会交付金、前年度比14万4,000円の増、農家数、農地面積、前年度の農地法取扱件数等の実績により交付、002農業経営基盤強化措置特別会計事務取扱交付金、前年度比4,000円の増、町内の国有農地8筆分の事務費、005鳥獣保護管理対策事業補助金、前年度比2万9,000円の減。2節林業費補助金、調定額及び収入済額ともに523万6,875円、前年度比179万5,719円の減。備考欄001松くい虫被害対策自主事業補助金、樹幹注入に対する補助金、507本の松に対してアンプル数3,975本と伐倒駆除39本が主なものです。


 4目教育費県補助金、1節社会教育費補助金、調定額及び収入済額ともに94万3,000円、前年度比458万6,000円の減、前年度ありました新しい公共の場づくりのためのモデル事業補助金454万6,000円の減によるもの。備考欄001市町村青少年行政推進費補助金、青少年育成事業「海山交流会」ほか6本に充当、002放課後子ども教室推進事業費補助金、「放課後子どもいきいきクラブ」等の事業に充当。


 5目1節水源環境保全・再生施策市町村交付金、調定額及び収入済額ともに1,190万円、前年度比810万円の増、地下水環境保全調査に440万円、水源林整備にかかる町有林管理事業に750万円充当。


 6目1節緊急地域雇用市町村補助金、調定額及び収入済額ともに819万7,350円、前年度比37万4,251円の減。備考欄002緊急雇用創出事業臨時特例基金市町村補助金は、企業、団体、NPO法人等への委託または直接雇用により、新たな雇用機会を創出するものとして二つの事業に実質7人を雇用。


 7目市町村自治基盤強化総合補助金、次のページをお願いいたします。1節市町村自治基盤強化総合補助金、調定額及び収入済額ともに160万円、前年度比60万円の減、西部広域の歯科二次診療事業、町道改修事業、風疹予防接種一部助成事業に対する補助金。


○(議長)  それでは、暫時休憩いたします。再開は20分後、3時20分から再開いたします。


             (休憩 午後2時56分)


             (再開 午後3時18分)


○(議長)  それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  会計課長。


○(会計課長)  8目消防費県補助金、1節災害対策費補助金、調定額及び収入済額ともに59万6,000円、前年度比143万7,000円の減。備考欄001市町村地震防災対策緊急推進事業費補助金は、海抜表示板と避難経路シートの整備事業、防災用資器材の整備に対するもので、補助基準額の3分の1補助。


 3項委託金、1目総務費委託金、1節徴税費委託金、調定額及び収入済額ともに1,317万4,449円、前年度比28万8,483円の減。備考欄001個人県民税徴収取扱費委託金。2節戸籍住民基本台帳費委託金、調定額及び収入済額ともに1万6,482円、前年度比3,150円の増。備考欄001人口動態調査費交付金は、厚生労働統計調査委託料で、連絡打ち合わせ会議等の旅費及び調査にかかる人口の案分により交付されるもの。3節選挙費委託金、調定額及び収入済額ともに491万5,829円、前年度比72万6,377円の増。備考欄001神奈川海区漁業調整委員会委員選挙人名簿調製費委託金から009在外選挙特別経費交付金までの5事業に対し交付を受けたもの。4節統計調査費委託金、調定額及び収入済額ともに69万4,000円、前年度比44万6,000円の増。備考欄003漁業センサス、012住宅・土地統計調査の実施による増。明細は備考欄の記載のとおり。


 2目民生費委託金、1節社会福祉費委託金、調定額及び収入済額ともに31万2,000円、前年度比10万3,000円の増。備考欄001援護事務交付金、前年度比5,000円の増。003人権啓発活動費委託金、前年度比9万8,000円の増で、人権保護運動実施に伴う事業費の増が主な要因。2節児童福祉費委託金、調定額及び収入済額ともに3,600円、前年度比3,600円の増。


 次のページをお願いします。


 備考欄001子どもを守る地域ネットワーク等調査委託交付金は、新規で要保護児童対策協議会の内容回答に対する交付金。


 3目農林水産業費委託金、1節林業費委託金、調定額及び収入済額ともにありません。1ヘクタール以上の山林保有者3件分の申請事務を県が直接処理することになったための減。


 4目土木費委託金、1節港湾費委託金、調定額及び収入済額ともに1,576万9,000円、前年度比1万1,000円の増。備考欄001港湾の指定管理料。


 5目教育費委託金、1節教育総務費委託金、調定額及び収入済額ともに58万円。新規で、備考欄001かながわ学びづくり推進地域研究委託金、小学校・中学校の教育振興費の校内研究費に充当。


 15款財産収入、1項財産運用収入、1目財産貸付収入、1節土地建物貸付収入、調定額5,837万7,691円、収入済額3,754万7,063円、前年度比1,167万776円の増、収入未済額2,083万628円。備考欄001町有土地貸付料から006電柱等設置料、008高圧鉄塔線下補償料、009町有施設貸付料は、前年度比66万505円の減。内容は、前年と同様。007高圧鉄塔線下補償料は新規で、湯河原町との共有土地にかかるもの。010町有施設貸付料は、平成25年3月末に移転した保健センターを城北自治会に集会施設として6月より貸し付け開始したもの。1,234万280円の増。


 2目みどり基金運用収入、1節利子及び配当金、調定額及び収入済額ともに28万8,000円、前年度比2万7,000円の減。備考欄001みどり基金繰替運用利子で水道事業会計貸付金の利子。


 3目1節配当金収入、調定額及び収入済額ともに5,500円、前年度と同額。備考欄001株式会社テレビ神奈川株式の配当金。


 2項財産売払収入。


 次のページをお願いします。


 1目不動産売払収入、1節土地売払収入は該当事案がなかったため、調定額及び収入済額ともありません。2節その他不動産売払収入、調定額及び収入済額とも144万3,000円、前年度比86万5,000円の増。備考欄001立木売払収入、台風等による倒木16本分。


 2目1節物品売払収入、調定額及び収入済額ともに3万3,006円。備考欄005観光キャラバン等物品売払収入、前年度比3,909円の増。2節美術館図録等売払収入、調定額及び収入済額ともに276万5,500円、前年度比73万5,180円の減。備考欄001美術館図録等売払収入、図録、絵はがき、陶皿等の販売で観覧者数の減少と単価の高い陶皿が年度途中で販売中止となったための減。


 16款1項寄附金、1目一般寄附金、1節ふるさと応援基金寄附金、調定額及び収入済額ともに250万9,845円、前年度比57万6,422円の減。備考欄001ふるさと応援基金寄附金76件分。


 2目農林水産業費寄附金、1節林業費寄附金、調定額及び収入済額ともに69万1,592円、前年度比44万8,886円の増。備考欄002みどり基金に対する寄附金6件分で、全日本漢詩連盟より50万円の寄附が大きなもの。


 3目商工観光費寄附金、1節観光費寄附金、調定額及び収入済額ともに30万円、前年度と同額。備考欄001観光事業に対する寄附金で冬の花火に対する寄附1件分。


 4目教育費寄附金、1節教育総務費寄附金、調定額及び収入済額ともに2万406円。備考欄002町立小中学校図書等寄附金1件分、前年度比3,730円の減。


 2節小学校費寄附金、調定額及び収入済額ともに30万7,000円、前年度比4万9,000円の増。備考欄002町立小学校に対する寄附金、真鶴小学校バス通学児童保護者会29名からの寄附。


 3節幼稚園費寄附金、調定額及び収入済額ともに31万9,000円、前年度比9万9,000円の増。備考欄001町立ひなづる幼稚園に対する寄附金、ひなづる幼稚園バス利用保護者会29名からの寄附。


 4節社会教育費寄附金、調定額及び収入済額ともに1,501万円。備考欄001美術館に対する寄附金1件分。前年度比7,977万468円の減。


 5目1節社会福祉総務費寄附金、調定額及び収入済額ともに51万6,890円、前年度比39万8,080の増。備考欄001地域振興基金に対する寄附金6件分。


 次のページをお願いいたします。


 6目総務費寄附金、1節企画費寄附金、調定額、収入済額ともに102万円。備考欄001まちづくり推進事業に対する寄附金4件分。


 17款繰入金、1項基金繰入金、1目1節財政調整基金繰入金、調定額及び収入済額ともありません。


 2目1節ふるさと応援基金繰入金、調定額及び収入済額ともに200万円、前年度比80万円の増。中学生の海外派遣事業や歯科診療事業に充てたもの。


 3目1節みどり基金繰入金、調定額及び収入済額ともに423万875円、前年度比48万2,875円の増。松くい虫被害対策事業に充てたもの。


 4目1節奨学基金繰入金、調定額及び収入済額ともに21万円、前年度比3万円の減。奨学金事業に充てたもの。対象者7名分。


 5目1節教育施設整備基金繰入金、調定額及び収入済額ともに100万円、前年度比61万7,000円の減。小学校の給食室改修事業に充てたもの。


 6目1節学校図書等整備基金繰入金、調定額及び収入済額ともに44万5,000円、前年度比32万6,000円の減。学校図書購入に充てたもの。


 7目1節美術館運営基金繰入金、調定額及び収入済額ともに2,048万9,000円、前年度比478万円の増。美術館運営の財源に充てたもの。


 8目1節まちづくり推進事業基金繰入金、調定額及び収入済額ともに120万円、新規でコミュニティバス事業の財源に充てたもの。


 2項特別会計繰入金、1目下水道事業特別会計繰入金。


 次のページをお願いいたします。


 1節下水道事業特別会計繰入金、調定額及び収入済額ともに140万8,585円、前年度比123万5,251円の減。24年度決算確定による精算分。


 2目1節介護保険事業特別会計繰入金、調定額及び収入済額ともに411万7,010円、前年度比187万6,122円の減。24年度介護給付費確定による精算分。


 3目1節後期高齢者医療特別会計繰入金、調定額及び収入済額ともに4万8,098円、前年度比26万9,232円の減。24年度事務経費確定による精算分。


 4目1節国民健康保険事業特別会計(施設勘定)繰入金、調定額及び収入済額ともに2,239万2,268円、新規で施設勘定への繰出金の精算分。


 18款1項1目繰越金、1節前年度繰越金、調定額及び収入済額ともに9,798万1,990円、前年度比20万5,057円の減。


 19款諸収入、1項延滞金加算金及び過料、1目延滞金、1節延滞金、調定額及び収入済額ともに547万7,425円、前年度比59万5,080円の増。備考欄001町税滞納延滞金。


 2項貸付金元利収入、1目1節水道事業会計貸付金元利収入、調定額及び収入済額ともに410万8,000円、前年度比301万2,000円の減。元金400万円と利子10万8,000円を収入したもの。


 3項1目1節雑入、調定額及び収入済額ともに3,447万3,140円、前年度比690万59円の減。


 次のページをお願いいたします。


 備考欄023市町村振興協会市町村交付金1,608万8,526円は、前年度比106万1,791円の減。神奈川県市町村振興協会からの宝くじ売上金の市町村交付金。039広報広告掲載料53万1,000円は、広告掲載料49件分、前年度比22万5,000円の増、24件分の増。24年度ありました040介護予防サービス計画作成料319万120円は、25年度予算替えにより介護保険事業会計へ移行したため減。043デイサービスセンター光熱水費35万4,809円、前年度比35万4,809円の増。24年度ありました059長寿社会づくりソフト事業交付金はありません。060コミュニティ助成事業助成金250万円は、高齢者のスポーツ振興のためパークゴルフに使用する用具等の備品の購入にかかる助成金として、財団法人自治総合センターより交付。


 次のページをお願いいたします。


 24年度ありました062防災ラジオ購入受益者負担金401万8,331円の減。065以下は、新規として065コミュニティ助成事業助成金(地域防災組織育成助成事業)80万円は、消防団員用のヘルメット購入事業にかかるもの。066(財)地域活性化センター助成金200万円は、漁村体験モデル事業を通して住民の移住、交流事業を実施し、観光、地場産業の振興を図るもの。067漁業体験参加者負担金3万3,200円は、上記の066事業のうち干物づくり体験者一人200円の166名分。068貝類博物館資料提供謝礼53万円は、貝標本の写真撮影謝礼2名分。069第三者行為損害賠償金過年度分8万3,417円は、重度障害者医療助成に基づく損害賠償金。070美術館販売品目に係る返金17万1,990円は、陶器製作業者へ返金。071町行事参加者負担金6万円は、賀詞交換会の懇親会への参加費一人1,000円の60人分。072立木伐採補償料15万220円は、JR送電線にかかる雑木である樹木伐採の補償金として受け入れたもの。999その他55万8,796円は、情報センターほか公共施設の公衆電話委託手数料や有償刊行物の売り上げ等。


 20款1項町債、1目土木債、1節急傾斜地崩壊対策整備事業債、調定額及び収入済額ともに350万円、前年度比40万円の減。宮ノ前地区と清水澤地区の整備にかかる町負担分。


 3節道路整備事業債、調定額及び収入済額ともに400万円、前年度比170万円の減。町道真第375号線ほか町道改修に係るもの。


 2目消防債、1節緊急防災・減災事業債、調定額及び収入済額ともに430万円、前年度比250万円の増。消防防災無線デジタル化の共通波、活動波整備に係る町負担分。


 3目1節臨時財政対策債、調定額及び収入済額ともに1億7,353万5,000円、前年度比1,371万9,000円の減、交付税の税額の特例により不足する額を補填するもの。


 4目1節退職手当債、調定額及び収入済額ともに2,840万円、前年度比650万円の減。退職手当支給に係る財源確保によるもの。


 歳入合計、当初予算額28億1,939万7,000円、1億7,093万円追加補正し、予算現額29億9,032万7,000円に対し、調定額31億5,475万4,328円、収入済額30億3,460万6,718円、不納欠損額338万2,315円、収入未済額1億1,676万5,295円。


 次のページをお願いいたします。


 歳出の内容を説明させていただく前に、職員の人件費につきまして、平成25年4月1日のラスパイレス指数は90.2となっており、前年同期が91.5でしたので、1.3ポイント減となっております。本来ならば24年、25年の2年間は国家公務員の給料を東日本大震災の復興支援の財源に充てるため7.8%減額しておりますので、25年の真鶴町のラスパイレス指数は、97.7となります。先ほどの90.2は、この措置がないものとして換算した場合の指数です。


 また、予算執行率につきましては、意見書に詳細が記載されておりますので、省略させていただきます。


 それでは歳出です。


 1款1項1目議会費、予算現額8,334万7,000円に対し支出済額8,272万2円、前年度比519万4,551円の減、不用額62万6,998円。備考欄001一般経費1,556万2,084円は、前年度比38万2,723円の増。一般職給料895万2,477円から公務災害負担金1万2,798円までは、議会事務局職員2名分の人件費。印刷製本費1万3,860円は、前年度比1万3,860円の増で新正副議長の名刺印刷代。その他の明細は記載のとおり。010議会運営事業6,552万3,983円は、前年度比552万8,504円の減、議員提案により、議員定数を12人から11人の1名減したことによるもの。議員報酬153万5,426円の減、議員期末手当209万6,248円の減、議員共済負担金196万9,920円の減、普通旅費4万4,820円の増、消耗品費3万3,130円の増。020議会だより・議事録発行事業163万3,935円、前年度比4万8,770円の減、年4回発行する議会だよりの印刷製本費51万4,080円。そのほかの明細は記載のとおり。


 2款総務費1項総務管理費、1目一般管理費、予算現額2億6,446万7,143円に対し支出済額2億5,526万2,451円、前年度比3,068万2,811円の増、不用額920万4,692円。備考欄001一般経費2億5,444万252円は、前年度比3,064万6,615円の減。特別職給料から、次のページをお願いいたします。


 公務災害負担金までは、特別職及び総務課、企画調整課、会計課等職員の人件費。人事給与システム機器保守業務委託料、前年度比145万7,268円の増、新旧システムの入れ替えにより、移行作業に伴う並行使用によるもの。そのほかは、経常的な支出のため、明細は記載のとおりで、前年度とほぼ同様。


 010表彰関係事業29万7,364円は、前年度比15万2,744円の増、町表彰条例に基づく功労と善行の6名を表彰。020職員福利厚生事業52万4,835円で前年度比18万8,940円の減。


 次のページをお願いします。


 2目文書広報費、予算現額404万円、支出済額382万4,630円、前年度比54万8,246円の減、不用額21万5,374円。備考欄010広報事業276万9,630円、前年度比83万5,446円の増。主に広報まなづるの発行及びホームページの運用にかかるもので、24年度5目企画費030OA化推進事業に計上していた公式ホームページ運用業務委託事業をこちらの2目文書広報費に移したことによるもの。030自治会助成事業105万5,000円、前年度比28万7,200円の減。


 3目会計管理費、予算現額140万4,000円に対し支出済額137万1,094円で、前年度比18万2,649円の減、不用額は3万2,906円。備考欄001一般経費、消耗品費83万2,645円、前年度比15万1,601円の減、事務用消耗品を会計課で一括管理し、経費の削減。そのほか、明細は記載のとおり。


 4目財産管理費、予算現額1,685万6,731円に対し支出済額1,586万1,104円、前年度比43万77円の減、不用額99万5,627円。


 次のページをお願いします。


 備考欄090公有財産維持管理経費343万2,673円、前年度比250万9,282円の増。旧保健センターの所管替えに伴う団体貸付にかかる管理経費として光熱水費50万71円、浄化槽検査手数料1万円、消防・防災設備保守点検業務委託料3万9,900円、浄化槽清掃等業務委託料11万9,193円を24年度の衛生費、保健衛生費より予算措置替え。東京電力申請手数料3万8,000円、旧保健センター電気設備等改修工事費146万4,750円は、新規で増。中段、風倒木処理等委託料99万1,514円、前年度比34万510円の増、予備費91万2,214円流用し執行。


 5目企画費、予算現額2,588万2,380円に対し支出済額2,555万7,831円、前年度比5,209万9,486円の減、不用額は32万4,549円。備考欄001一般経費20万400円、前年度比6万5,690円の増。ふるさと応援寄附金謝礼品6,000円は新規で、26年1月から寄附者に対する特典を特産物に変更したことによる謝礼品代。ふるさと応援寄附金謝礼魚座負担金6万6,000円も新規で、25年12月までの寄附者への特典であった魚座食事券に対する負担で、使用された食事券に対して40%を負担したもの。そのほかの明細は記載のとおり。010総合計画事業3万6,000円、前年度と同額。総合計画審議会委員報酬で1回開催で9名分。020広域行政推進事業83万7,000円、前年度比33万円の増。箱根ジオパーク推進協議会負担金66万円、前年度比36万円の増。案内板設置等にかかる負担金の増。脱原発をめざす首長会議会費3万円は新規で、全国98名の首長で組織する会議の負担金。そのほかの明細は記載のとおり。030OA化推進事業723万8,509円、前年度比127万4,094円の減。庁内に設置されている情報機器等の管理等にかかる事業費で、庁内ネットワークや国・県・市町村を専用回線で結ぶ総合行政ネットワークシステム(LGWAN)、次のページをお願いします。


 庁内情報網機器等保守委託料55万3,875円、前年度比96万2,094円の減。ホームページ運用業務委託を広報事業に移したことによるもの。総合行政ネットワークシステム機器借上料183万7,752円、前年度比31万3,698円の減。機器借り上げの再リースによるもの。そのほかの明細は記載のとおり。040財政管理事業317万8,890円、前年度比81万6,954円の減。財務会計システムの運営にかかるものが主なもの。財務会計システム機器等借上料89万9,640円、前年度比116万9,574円の減。新システム移行、クラウド化によりサーバー等機器の借り上げが不要となったため。公会計システム利用料31万5,000円は新規で、決算統計のデータを使用した総務省改定モデルに対応したシステムの使用料。そのほかの明細は記載のとおり。041財政調整基金積立事業1,000万円、前年度比5,000万円の減。043ふるさと応援基金積立事業247万7,112円、前年度比57万2,888円の減。ふるさと応援寄附金を積み立てたもの。044まちづく推進事業基金積立事業102万円、前年度比32万1,600円の減。まちづくり推進事業に対する寄附金を積み立てたもの。060行政改革推進事業37万2,040円、前年度比35万2,040円の増。前年度ありました行政改革推進委員会委員報酬は、委員会の開催がありませんでした。行政政策委員会アドバイザー謝礼26万円は新規で、町政策企画会議10回の開催にかかるアドバイザー26人分の謝礼。活性化プロジェクトチーム保険料1万2,040円、新規で町民等一般のプロジェクトメンバー7人にかかる傷害保険。活性化プロジェクトチーム活動補助金10万円、新規でプロジェクトチーム5チームの活動費について補助したもの。070情報公開・個人情報保護事業19万380円、前年度比14万820円の増。審査会の開催回数が昨年は1回、本年は3回開催したため、明細は記載のとおり。080男女共同参画推進事業7,500円、前年度比2,500円の減。かながわ女性センターと共催にて開催した講演会の講師謝礼。


 6目治安対策費、予算現額72万6,000円に対し支出済額70万8,274円、前年度比2,474円の減、不用額1万7,726円。備考欄010防犯対策事業から、次のページをお願いします。


 030庁用車管理経費まで、経常的なものであり、明細は記載のとおりで、前年とほぼ同様。


 7目地区集会所費、予算現額59万6,450円に対し支出済額47万9,086円、前年度比13万753円の減、不用額11万7,364円。備考欄010地区集会所経費、修繕料5万1,454円、宮ノ前地区集会所のエアコンの修繕で、予備費5万450円の充当。


 8目職員研修費、予算現額20万6,930円に対し支出済額19万1,989円、前年度比9,612円の増、不用額1万4,941円。備考欄010職員研修経費にかかるもので経常的なものであり、明細は記載のとおりで、前年度とほぼ同様。


 9目情報センター費、予算現額1,223万9,000円に対し支出済額1,202万8,658円、前年度比240万1,892円の減、不用額21万342円。備考欄001一般経費212万3,034円、前年度比9,698円の減。明細は記載のとおり。010真鶴地域情報センター費259万3,697円、前年度比200万8,322円の減。


 次のページをお願いします。


 通信運搬費92万6,115円、前年度比154万3,938円の減。ネットワーク回線のプラン変更等によるもの。機器等保守委託料37万2,750円、前年度比44万8,266円の減。メーカー保守適用外となった機器があったため。その他の明細は記載のとおり。020情報センター真鶴施設管理経費731万1,927円は前年度比38万3,872円の減。清掃業務委託料85万4,442円、前年度比37万766円の減、カーペットや窓拭き等の定期清掃の回数を年4回から2回に変更したことによるもの。その他の明細は記載のとおり。


 10目諸費、予算現額105万8,463円に対し支出済額105万8,463円、前年度比58万9,755円の減。備考欄010町税等過誤納金還付金41件分、前年度比10件の減。


 2項徴税費1目税務総務費、予算現額6,056万8,000円に対し支出済額6,050万524円、前年度比999万5,824円の増。職員の異動による人件費の増、不用額は6万7,476円。備考欄001一般経費の明細は記載のとおりです。


 次のページをお願いいたします。


 2目賦課徴収費、予算現額722万6,839円に対し支出済額701万1,598円、前年度比69万3,017円の増、不用額21万5,241円。備考欄、予備費充用額5,839円は、020滞納対策事業の充用。010町税賦課徴収事業のうち印刷製本費、前年度比40万1,252円の増。固定資産土地評価時点修正業務委託料、前年度比51万4,500円の増。これは、27年度評価替えに向けた標準宅地等の鑑定評価委託業務の増。なお、昨年度までありました保護シール貼付機器借上料28万980円の減は、契約が20年度から24年度までで終了したものです。020滞納対策事業のうち公売システム手数料は、新規に運営を実施した差押財産の公売に係るヤフーインターネットシステムの利用料です。


 3項1目戸籍住民基本台帳費、予算現額5,673万4,000円に対し支出済額5,449万296円、前年度比210万4,822円の減、不用額224万3,704円。備考欄001一般経費1,319万3,096円、前年度比10万7,552円の増。人事異動に伴う人件費の増。その他の明細は記載のとおり。


 次のページをお願いいたします。


 010戸籍住民基本台帳等経費4,054万7,080円、前年度比199万5,074円の減。神奈川県町村情報システム共同事業組合負担金2,439万2,400円、前年度比149万7,297円の減。その他の明細は記載のとおり。020町民交通傷害保険事業17万7,120円、前年度比2,520円の増。新入生、障がい者、知的障がい者、生活保護者計492名分の保険料。030消費生活事業57万3,000円、前年度比21万9,820円の減。消費生活相談業務負担金は、小田原市消費生活センターへの業務委託負担金。


 4項選挙費、1目選挙管理委員会費、予算現額48万2,000円に対し支出済額46万9,000円、前年度比1万700円の減、不用額1万3,000円。経常的なものであり、明細は記載のとおり。


 2目参議院議員通常選挙費、予算現額506万3,000円に対し支出済額490万9,587円、前年度比490万9,587円の増、不用額15万3,413円。平成25年7月21日執行の参議院議員選挙経費。


 次のページをお願いいたします。


 3目町議会議員一般選挙費、予算現額424万円に対し支出済額420万9,649円、前年度比420万9,649円の増、不用額3万351円。平成25年9月22日執行の町議会議員一般選挙費。


 5項統計調査費、1目統計調査総務費、予算現額69万6,880円に対し支出済額69万6,880円、前年度比45万4,916円の増。漁業センサス、住宅・土地統計調査の実施が増の主なもの。


 次のページをお願いいたします。


 6項1目監査委員費、予算現額37万9,880円に対し支出済額37万7,060円、前年度比9,880円の減、不用額2,820円。経常的なものであり、明細は記載のとおり。


 3項民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費、予算現額3億5,724万1,404円に対し支出済額3億5,693万76円、前年度比823万7,658円の増、不用額31万1,328円。備考欄、予備費充用額20万4,404円は、010行旅死亡人取扱手当へ充用。001一般経費3,236万6,491円、前年度比782万8,855円の減。一般職給料から公務災害負担金までの人件費の減。005民生委員活動費、民生委員推薦会報酬は、新規で任期満了に伴う推薦会開催時の5人分。010行旅死亡等取扱事業41万1,404円、2件分の手数料と委託料。以下、015人権啓発活動事業から、次のページ、040地域振興基金積立事業51万6,890円、8件分、前年度比38万8,080円の増。045アモーレ号運行事業4万4,670円、前年度比14万6,410円の減。町社会福祉協議会に貸与したことによる燃料費の減。


 050国民健康保険事業特別会計(事業勘定)繰出金6,729万4,692円、前年度比912万7,411円の増。事業勘定へ3,071万9,740円、前年度比867万2,740円の増。内容は、職員給与費等、出産育児一時金、財政安定化支援事業へ繰り出すもの。保険基盤安定制度へ3,657万4,952円、前年度比45万4,671円の増。055国民健康保険事業特別会計(施設勘定)繰出金1億398万円、前年度比1,148万円の増。065介護保険事業特別会計繰出金1億1,622万8,000円、前年度比346万7,000円の減。070後期高齢者医療特別会計繰出金2,025万810円、前年度比40万8,058円の増。明細は記載のとおり。


 2目国民年金費、予算現額722万4,000円に対し支出済額721万8,768円、前年度比9万3,117円の増、不用額5,232円。備考欄001一般経費、職員1名分の人件費。明細は記載のとおり。


 次のページをお願いいたします。


 3目老人福祉費、予算現額794万円に対し支出済額773万5,383円、前年度比509万5,723円の減、不用額20万4,617円。備考欄010敬老事業236万310円、前年度比219万7,088円の減。報償費193万1,052円の減。1,000円の商品券の支給を廃止したことによるもの。060在宅要援護老人等福祉サービス事業163万6,175円、前年度比37万1,849円の減。支え合い、分かち合い体制づくり事業補助金、新規で前年度比102万円の増。前年度ありました、ひとりぐらし高齢者等配食サービス事業委託料50万円の減。070老人クラブ補助事業42万2,000円、前年度比254万8,000円の減。前年度ありましたコミュニティ助成による備品購入240万円の減。080生きがい事業団補助事業305万2,000円、前年度比56万3,000円の減。その他の明細は記載のとおり。


 4目心身障害者福祉費、予算現額1億9,539万4,000円に対し支出済額1億8,659万4,357円、前年度比798万7,995円の増、不用額879万9,643円。備考欄020重度障害者医療費助成事業2,149万9,066円、前年度比132万2,749円の減。


 次のページをお願いいたします。


 085障害者自立支援給付事業1億5,568万628円は、前年度比960万409円の増。明細は記載のとおりです。


 次のページをお願いいたします。


 096成年後見制度利用支援事業24万円は新規で、判断能力の不十分な方を保護するため、一定の場合に本人の行為能力を制限するとともに、本人のために法律行為を助ける者を選任する制度で1件分。


 5目老人福祉施設費、予算現額147万7,000円に対し支出済額141万8,361円、前年度比32万1,632円の減、不用額5万1,639円。備考欄010老人憩いの家管理事業、前年度比13万8,047円の減。通信運搬費6万1,478円の減。固定電話2台の撤去によるもの。前年度ありました消耗品費4万9,370円の減。020老人福祉センター管理事業、前年度比18万3,585円の減。前年度ありました修繕料の減。畳の表替えによるものです。


 6目老人保健医療対策費、予算現額1億2,230万2,000円に対し支出済額1億2,213万7,120円、前年度比2,057万9,093円の増、不用額16万4,880円。備考欄010老人保健医療対策事業は、消耗品費、印刷製本費、通信運搬費は新規で、後期高齢者健康診査事業委託に係る経費として補助金で賄われるもの。後期高齢者健康診査事業委託料300万3,618円、前年度比15万150円の増。受診者338名分。後期高齢者医療広域連合負担金1億1,900万409円、前年度比2,153万4,934円の増。


 7目老人デイサービスセンター費、予算現額540万8,773円に対し支出済額526万2,820円。前年度比32万9,431円の減。不用額14万5,953円。備考欄、予備費充用額15万773円は、010老人デイサービスセンターの管理事業へ充用。010老人デイサービスセンター管理事業、修繕料15万1,773円は、誘導灯、非常用発電設備、加圧給水ポンプ修繕。修繕料を除き、次のページをお願いします。


 電話借上料までのその他の明細は記載のとおりで、前年度と同様。


 2項児童福祉費、1目児童福祉総務費、予算現額1,338万5,000円に対し支出済額1,277万7,233円。前年度比296万9,124円の増、不用額60万7,767円。備考欄001一般経費94万1,511円、前年度比77万6,552円の増。幼児保育相談員等賃金、新たに町民センターに開設した子育てサロンの相談員1名分。消耗品費、保育士の人材確保対策を推進する一環として、100%補助による保育士等処遇改善消耗品2園分。005児童委員活動事業から030放課後児童対策事業費まで、明細については記載のとおり。100子ども・子育て支援推進事業253万650円は新規で、子ども・子育て支援関連3法、子ども子育て支援法、就学前の子供に関する教育、保育等の総合的な整備に関する法律の成立により、子ども・子育て会議委員報酬、子ども・子育て支援システム構築調査委託料です。


 2目児童福祉施設費、予算現額13万8,000円に対し支出済額13万7,724円、前年度と同額、不用額276円。ちびっこ広場の借上料と水道料。


 3目児童措置費、予算現額1億9,406万4,666円に対し支出済額1億9,392万4,618円、前年度比256万3,439円の減、不用額14万48円。備考欄010保育所運営費助成事業9,130万8,452円、前年度比22万7,698円の減、法定負担分。020民間保育所運営費等補助事業1,869万2,500円、前年度比203万4,259円の増。


 次のページをお願いいたします。


 安心こども交付金事業補助金は新規で、保育所2園に対し、保育士の人材確保対策を推進する一環として、100%補助による保育士等処遇改善臨時特例事業及び保育所においての人材養成や児童虐待防止対策強化を図るための保育所児童虐待緊急強化事業による補助金。保育所歯科健康診断補助金、保育所ぎょう虫検査補助金は、前年度と同額。030児童手当支給事業8,392万3,666円、前年度比1,180万3,666円の増。予備費17万3,666円を充用。児童手当8,375万円は、法改正により前年度ありました子ども手当支給事業が当事業で執行。児童手当返納金17万3,666円は、24年の国庫分を返納。


 4目小児福祉費1,634万円に対し支出済額1,503万1,600円。前年度対比362万8,080円の増、不用額130万8,940円。備考欄010小児医療費助成事業、1,467万1,060円、前年度比358万8,080円の増。中学校卒業までの助成制度拡充によるものです。020育児助成事業36万円は、36件分。


 4款衛生費、1項保健衛生費、1目保健衛生総務費、予算現額4,612万円に対し支出済額4,597万2,795円、前年度比877万9,313円の増、不用額14万7,205円。備考欄001一般経費、前年度比766万4,940円の増。一般職給料から公務災害負担金までは人事異動に伴う人件費の増。


 次のページをお願いいたします。


 口腔がん予防啓発事業負担金2万円は新規で予備費を充用。010救急医療事業702万394円、前年度比161万3,373円の減。真鶴町内を対象とした休日診療を行う一時救急医療。2市8町での広域二次医療、小田原医師会による休日夜間救急診療所や神奈川県及び山梨県の東部を運行対象とするドクターヘリの運営に係る負担金等で、明細は記載のとおりであります。一次救急医療対策事業委託料415万5,516円、178万1,000円の増。委託単価の改定によるもの。030地下水対策事業443万1,000円、前年度比33万6,000円の増。地下水環境保全調査業務委託料は、「第2期かながわ水源環境保全・再生実行5か年計画」に対応して調査を行っているもの。040住宅用太陽光発電導入促進事業8万6,000円、前年度比83万5,000円の減。25年度からの県の補助金が廃止され、町単独事業になり、町の上限を8万円から3万5,000円に引き下げ、件数も7件から3件に減となったもの。


 2目保健事業費、予算現額429万4,000円に対し支出済額406万5,087円、前年度比413万5,698円の減、不用額22万8,913円。前年度保健センター費として予算計上していましたが、保健センター閉館に伴い、施設管理事業431万6,098円を除いた保健事業費を計上し、科目名も保健事業費へ変更。備考欄001一般経費7,800円から、次のページをお願いいたします。


 050乳幼児歯科健康診査事業までの明細は記載のとおり。060母子保健事業55万523円、前年度比8万8,894円の増。未熟児養育医療費は新規で母子保健法に規定するもので、養育のための病院または診療所に入院することを必要とする未熟児に対し、医療に要する費用を支給するもので、対象は1件。070保健推進委員活動事業22万6,536円、明細は記載のとおり。


 3目予防費、予算現額2,130万9,000円に対し支出済額1,755万5,889円、前年度比435万9,316円の減、不用額375万3,111円。備考欄005予防接種事業1,140万5,407円、前年度比287万7,832円の減。三種混合やMRなどの定期接種や任意接種の高齢者にインフルエンザ、小児ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチン、子宮頸がんワクチンなどの予防接種委託料。子宮頸がんワクチン接種者の減。025健康診査事業450万258円のうち、がん検診委託料、前年度比70万366円の減。胃がん130名、大腸がん253名、子宮がん218名、乳がん160名等が主な検診で、計809名が受診。


 次のページをお願いいたします。


 040健康づくり事業53万1,692円、前年度比87万5,088円の減。前年度ありました健康増進計画策定事業委託料の減。その他の明細については記載のとおり。


 4目火葬場費、予算現額2,481万3,000円に対し支出済額2,457万2,125円、前年度比568万693円の増、不用額24万875円。修繕料925万5,750円、前年度比566万3,050円の増。火葬炉耐火物積替修繕によるもの。その他の明細は記載のとおりです。


 次のページをお願いいたします。


 6目畜犬登録費、予算現額13万8,000円に対し支出済額12万6,090円、前年度比3万750円の増、不用額1万1,910円。備考欄010畜犬登録事業、猫不妊・去勢手術費助成金、前年度比3万2,000円の増。不妊22匹、去勢15匹、その他は明細のとおりです。


 2項清掃費、1目清掃総務費、予算現額1,522万3,000円に対し支出済額1,518万2,246円、前年度比1,371万4,164円の減、不用額4万754円。備考欄001一般経費1,491万5,630円、前年度比1,372万5,734円の減。湯河原町真鶴町衛生組合と小田原市への職員派遣がなかったことによるもの。010ごみ減量化対策事業26万6,616円、前年度比1万1,057円の減。集団回収に対する補助金と生ごみ処理器購入に対する補助金。


 2目塵芥処理費、予算現額1億3,958万9,000円に対し支出済額1億3,954万6,544円、前年度比893万9,717円の減、不用額4万2,456円。備考欄010塵芥処理事業、湯河原町真鶴町衛生組合9,214万1,000円、前年度比925万4,926円の減。その他の明細は記載のとおり。


 3目し尿処理費、予算現額5,531万2,000円に対し支出済額5,464万3,886円、前年度比79万2,292円の増、不用額66万8,114円。備考欄010し尿処理事業5,464万3,886円。


 次のページをお願いいたします。


 し尿運運搬委託料2,136万9,279円、し尿処理委託料2,285万5,650円、浄化槽汚泥等の運搬処理で4,571.13キロリットル分。前年度比70.94キロリットルの増。し尿等共同処理事業負担金134万7,500円、新規で熱海市と湯河原町との1市2町でし尿等の共同処理について検討、それに対する負担金、負担割合は各市町3分の1ずつ。合併処理浄化槽設置整備事業補助金66万4,000円。下水道計画区域以外に設置した浄化槽に対する補助で、5人槽2基分。その他の明細は記載のとおり。


 4目美化運動事業費、予算現額158万9,925円に対し支出済額98万4,911円、前年度比71万4,944円の減、不用額60万5,014円。備考欄010美化運動事業のうち、三ツ石海岸モノレール修繕料に予備費8,925円を充用。財団法人かながわ海岸美化財団清掃事業費負担金62万5,506円、前年度比70万4,465円の減。


 5款農林水産業費。


○(議長)  会計課長、そこまでといたします。


○(議長)  それでは、お諮りします。


○(議長)  本日の会議はこれで延会したいと思いますが、異議ございませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。よって、本日はこれで延会とすることに決定いたしました。


○(議長)  明日、9月10日は午前10時から本会議を開きますので、参集をお願いします。


○(議長)  本日はこれにて延会いたします。


○(議長)  ご苦労さまでした。


             (散会 午後4時18分)