議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 真鶴町

平成24年第5回定例会(第2日 9月 6日)




平成24年第5回定例会(第2日 9月 6日)





        平成24年第5回真鶴町議会定例会会議録(2日目)


              平成24年9月6日(木)


 
1.出席議員 12名


 1番   板 垣 由美子         7番   神 野 秀 子


 2番   村 田 知 章         8番   二 見 和 幸


 3番   高 田   昇         9番   青 木   嚴


 4番   海 野 弘 幸        10番   草 柳   昭


 5番   青 木   繁        11番   岡ノ谷 佳 子


 6番   岩 本 克 美        12番   黒 岩 宏 次





2.欠席議員  0名





3.執行部出席者


町長        青 木   健    介護健康課長    青 木 幹 夫


副町長       長谷川 勝 己    福祉課長      奥 野   憲


教育長       牧 岡   努    町民生活課長    長 沼   隆


総務課長      井 上 準 一    税務課長      尾 森   正


危機管理課長    西 垣 将 弘    収納対策課長    峯 尾 龍 夫


企画調整課長    青 木 幸 夫    上下水道課長    露 木 克 之


産業観光課長    土 屋   茂    教育総務課長    細 田 政 広


まちづくり課長   青 木 富士夫    生涯学習課長    五十嵐 徹 也


会計課長      二 見 良 幸    診療所事務長    松 本 一 彦





4.出席した議会書記


議会事務局長    岩 本 祐 子


書記        池 田 十史子    書記        二 見 浩 子





5.議事日程


   日程第1 認定第 1号 決算の認定について(平成23年度真鶴町一般会計決算


               )


   日程第2 認定第 2号 決算の認定について(平成23年度真鶴町国民健康保険


               事業特別会計(事業勘定)決算)


   日程第3 認定第 3号 決算の認定について(平成23年度真鶴町国民健康保険


               事業特別会計(施設勘定)決算)


   日程第4 認定第 4号 決算の認定について(平成23年度真鶴町下水道事業特


               別会計決算)


   日程第5 認定第 5号 決算の認定について(平成23年度真鶴町真鶴魚座・ケ


               ープ真鶴特別会計決算)


   日程第6 認定第 6号 決算の認定について(平成23年度真鶴町介護保険事業


               特別会計決算)


   日程第7 認定第 7号 決算の認定について(平成23年度真鶴町後期高齢者医


               療特別会計決算)





             (開会 午前10時00分)


○(議長)  皆さん、おはようございます。


○(議長)  ただいまの出席議員は12名で、定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。


○(議長)  本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。


○(議長)  これより日程に従い審議を進めます。


○(議長)  日程第1、認定第1号「決算の認定について(平成23年度真鶴町一般会決算)」の件を議題とします。


○(議長)  昨日に引き続き、149ページ、歳出9款教育費からの内容説明を会計管理者に求めます。


○(会計課長)  おはようございます。昨日に引き続き説明をさせていただきます。よろしくお願いします。


 それでは、9款教育費からになります。149ページ、150ページをお願いいたします。


 9款教育費、1項教育総務費、1目教育委員会費は予算現額92万3,000円に対し支出済額91万3,380円で、前年度対比4万1,094円の増、不用額は9,620円となっております。


 次の151ページ、152ページをお願いいたします


 2目事務局費は予算現額9,063万9,072円に対し支出済額9,006万4,942円で、前年度対比352万6,961円の減、不用額は57万4,130円となっております。備考欄00一般経費は前年度対比357万5,926円の減、人事異動による人件費の減です。


 次の153ページ、154ページをお願いいたします。


 3目教育振興費は予算現額1,412万8,000円に対し支出済額1,327万3,923円で、前年度対比117万9,787円の増、不用額は85万4,077円となっております。


 次の155ページ、156ページをお願いいたします。備考欄60副読本研究事業229万6,350円は新規で、小中学校社会科副読本を作成し、教材として配布したものです。また、3目教育振興費では、昨年度に行いました子どもたちの健やかな成長のために家庭と地域の連携体制で教育力の向上を図ることを目的としました学校支援地域本部事業101万7,409円が減となっております。


 次の157ページ、158ページをお願いいたします。


 2項小学校費、1目学校管理費は予算現額3,994万8,700円に対し支出済額3,932万6,374円で、前年度対比1,008万6,738円の増、不用額は62万2,326円となっております。備考欄00一般経費584万1,744円は前年度対比468万9,502円の減で、前年度支出しておりました期末手当、勤勉手当、職員共済負担金の計483万1,228円の減によります。


 10学校施設管理運営費1,471万5,099円は前年度対比184万1,331円の増、11−61修繕料は214万6,255円の増、小学校プール入り口の藤棚及び体育館水銀灯の修繕です。


 2枚おめくりいただきます。161ページ、162ページをお願いいたします。備考欄20備品購入事業133万4,295円は前年度対比65万9,833円の減、18−11学校運営用備品は地デジ対応テレビ、消火器等を購入しております。前年度ありました教師・児童用図書160万5,548円が減となっております。


 60学校施設改修事業1,362万3,282円は新規で、小学校普通教室15室に各1台と給食室に2台の、合わせて17台のエアコンを設置したものです。また、小学校の1年生用女子トイレ8個を洋式へと改修工事をしております。


 2目教育振興費は予算現額77万1,000円に対し支出済額72万5.377円で、前年度対比16万5,499円の減、不用額は4万5,623円となっております。


 3目給食費は予算現額1,291万9,000円に対し支出済額1,279万3,735円で、前年度対比374万4,710円の増、不用額は12万5,265円となっております。備考欄10給食事業で、07−11臨時職員賃金708万5,615円は前年度対比172万7,145円の増、職員の退職に伴い臨時職員を増員したことによる増です。


 次の163ページ、164ページをお願いいたします。備考欄18−11給食室用備品購入費202万8,673円は新規で、ガス炊飯器、食品放射能測定システム等を購入しております。


 3項中学校費、1目学校管理費は予算現額3,167万5,167円に対し支出済額3,080万605円で、前年度対比877万2,919円の増、不用額は87万4,562円となっております。備考欄10学校施設管理運営費1,103万9,098円は前年度対比106万7,401円の減、11−61修繕料217万1,852円は雨漏りによる校舎修繕、体育館倉庫の扉の修繕、浄化槽マンホール枠修繕等を行ったもので、前年度対比47万9,014円の減です。12−41手数料26万5,050円は、校庭及びテニスコートの放射能検査を行いました。


 次の165ページ、166ページをお願いいたします。備考欄20備品購入事業330万1,771円は前年度対比147万5,583円の増、18−11学校運営用備品は100万7,699円の増で、地デジ対応テレビ、体育備品として柔道用畳、高跳び用バー、音楽備品としまして琴のセット、その他牛乳保冷庫等を購入しております。


 次の167ページ、168ページをお願いいたします。備考欄40学校施設改修事業830万4,918円は新規で、15−03エアコン設置工事824万7,168円は、中学校普通教室、美術室、理科室等12室に計14台のエアコンを設置したものです。


 2目教育振興費は予算現額147万円に対し支出済額143万2,276円で、前年度対比16万5,359円の増、不用額は3万7,724円となっております。備考欄10教育振興費で、19−43特別教育活動費は野球部、サッカー部等7つの部に対しての活動費で、14万664円の増、19−46体験教室活動費は、地域の皆様の協力のもと、アジを使った料理や農園体験等にかかる経費で、11万1,899円の増となっております。


 4項1目幼稚園費は予算現額2,632万2,354円に対し支出済額2,606万2,665円で、前年度対比293万2,840円の増、不用額は25万9,689円となっております。備考欄00一般経費2,192万10円は前年度対比165万6,463円の増、人事異動による増と、次の169ページ、170ページをお願いいたします。備考欄07−11臨時職員賃金は前年度対比37万8,680円の増、非常勤の幼稚園バス運転手採用によるものです。


 次の171ページ、172ページをお願いいたします。備考欄20備品購入事業12万2,660円は、地デジ対応テレビと消火器を購入したものです。


 30マイクロバス管理経費77万8,715円は前年度対比26万4,595円の増、11−61修繕料は幼稚園バスのタイヤ交換によるもので、前年度対比16万7,996円の増。40幼稚園施設改修事業114万3,450円は新規で、保育室2部屋にエアコンを2台設置したものです。


 2目幼稚園振興費は予算現額5万円に対し支出済額も5万円で、前年度対比2,500円の増です。


 5項社会教育費、1目社会教育総務費は予算現額2,903万6,841円に対し支出済額2,822万9,355円で、前年度対比112万3,264円の増、不用額は80万7,486円となっております。


 次の173ページ、174ページをお願いいたします。備考欄20青少年関係経費544万6,682円は前年度対比223万4,073円の減、19−43中学生国際交流海外派遣事業補助金は前年度対比216万4,057円の減、前年度は21年度の中止となった分として20名が派遣されましたが、23年度は通常の10名に戻したことによります。


 次の175ページ、176ページをお願いいたします。備考欄50貝類博物館施設管理運営費2,065万2,429円は前年度対比352万6,491円の増、11−61修繕料148万9,841円は新規で、ケープ真鶴1階部分と博物館部分の電気使用量を明確にするため積算電力計を設置したもの。台風15号により破損したテラスの天井の修繕と2か所の水道設備の修繕を行っております。


 次の177ページ、178ページをお願いいたします。備考欄13−12新しい公共の場づくりモデル事業業務委託料126万9,000円も新規で、18−11備品購入費89万9,850円は、実体顕微鏡、液晶プロジェクター等を購入しております。


 2目公民館費は予算現額212万1,000円に対し支出済額201万2,945円で、前年度対比1万5,265円の増、不用額は10万8,055円となっております。


 次の179ページ、180ページをお願いいたします。


 3目文化財保護費は予算現額226万9,000円に対し支出済額224万7,148円で、前年度対比2万8,434円の減、不用額は2万1,852円となっております。


 4目町民センター費は予算現額1,218万2,000円に対し支出済額1,142万8,270円で、前年度対比178万2,045円の減、不用額は75万3,730円となっております。備考欄10町民センター施設管理経費で、11−51光熱水費は水道、電気料の減で、前年度対比58万7,760円の減となっております。前年度には消防防災設備ほか4件の修理を行った修繕料が133万4,655円の減となっております。


 次の181ページ、182ページをお願いいたします。


 5目民俗資料館運営費は予算現額143万7,000円対し支出済額140万8,638円で、前年度対比2万4,561円の増、不用額は2万8,362円となっております。備考欄10民俗資料館管理運営事業で、07−11施設管理人賃金は前年度対比2万3,350円の増で、最低賃金の改正による増となっております。


 6目美術館費は予算現額3,687万7,000円に対し支出済額は3,639万9,346円、前年度対比51万242円の増で、不用額は47万7,654円となっております。備考欄00一般経費2,306万5,409円は前年度対比242万8,227円の減で、人事異動による人件費の減と、次の183ページ、184ページをお願いします。備考欄11−41印刷製本費はリーフレット、絵はがき、団体用チケットの増刷をしたもので、前年度対比157万2,060円の減となっております。


 10中川一政治美術館施設管理運営費876万4,936円は前年度対比83万8,732円の減、11−61修繕料は加湿器パッケージ交換、加湿器シリンダー交換等を行ったもので、前年度対比56万2,590円の減です。その他各種施設保守業務の一括入札による減であります。


 次の185ページ、186ページをお願いいたします。備考欄30特別展事業456万9,001円は前年度対比377万7,201円の増、画伯の没後20年を迎えるにあたり、それを記念して「中川一政が愛した芸術 その東西芸術コレクション」と題しまして9月23日から11月20日まで特別展を、また1月19日から3月6日まで「一政絶筆 静物 薔薇」と題して特別展示を開催した経費であります。


 7目コミュニティ真鶴運営費は予算現額255万5,000円に対し支出済額247万8,419円で、前年度対比5万9,053円の増、不用額は7万6,581円となっております。


 次の187ページ、188ページをお願いいたします。


 8目図書館費は予算現額1,316万7,000円に対し支出済額1,271万839円で、前年度対比355万1,196円の減、不用額は45万6,161円となっております。備考欄00一般経費で、図書館長を生涯学習課長が兼務することとなったことから、前年度の図書館長報酬253万4,020円がなくなっております。


 9目海の学校運営費は予算現額14万8,000円に対し支出済額は13万1,586円で、前年度対比5万6,891円の増、不用額は1万6,414円となっております。


 次の189ページ、190ページをお願いいたします。備考欄10海の学校管理運営事業で18−11海の学校備品購入費7万2,000円は新規で、磯用プランクトンネット等を購入しております。


 6項保健体育費、1目保健体育総務費は予算現額600万1,000円に対し支出済額558万958円で、前年度対比1万4,981円の減、不用額は42万42円となっております。備考欄20小学校プール開放事業81万3,623円は前年度対比44万2,176円の増、18−11プール管理用備品購入費39万9,000円は新規で、プールクリーナーを購入しております。これはプールの水を張った状態でプールの底を掃除できるクリーナーです。


 次の191ページ、192ページをお願いいたします。備考欄80岩ふれあい館管理運営事業212万2,410円は前年度対比40万8,890円の減、昨年度は給水ポンプ等の修理をした修繕料24万5,700円が減となっております。その他施設の各種保守委託につきましては、一括入札によりそれぞれ減額となっております。


 次の193ページ、194ページをお願いします。備考欄90学校開放事業61万9,141円は前年度対比13万832円の増、11−61修繕料21万円は、中学校の夜間照明等が破損したことによる修理代です。


 2目体育館運営費は予算現額704万9,200円に対し支出済額670万1,088円で、前年度対比6万7,791円の増、不用額は34万8,112円となっております。備考欄10町立体育館施設管理運営事業で07−12管理指導員賃金は前年度対比13万9,268円の増、最低賃金の改正による増です。11−11消耗品費は前年度対比8万6,842円の増、体育館室内照明用水銀灯を購入したものです。11−51光熱水費は前年度対比28万8,587円の減、3.11の東日本大震災により4月の夜間を休館としたことによる減です。11−61修繕料55万7,550円は浄化槽バッキブロアー交換、オートリフターの修繕と床下地の補修を行っております。


 10款公債費、1項公債費、1目元金は予算現額2億7,406万5,000円に対し支出済額2億7,406万4,263円で、前年度対比1,668万3,159円の増、不用額は737円となっております。町債償還元金64件分です。


 次の195ページ、196ページをお願いいたします。


 2目利子は予算現額5,953万円に対し支出済額5,793万6,899円で、前年度対比84万3,603円の減で、不用額は159万3,101円となっております。備考欄10町債償還利子で23−01町債償還利子は81件分、23−02一時借入金利子は3回分です。


 11款災害復旧費は1項厚生施設災害復旧費から、次の197ページ、198ページをお願いいたします。6項その他公共・公用施設災害復旧費まで科目設定のみで支出はありませんでした。


 12款諸支出金、1項公営企業費、1目公営企業出資金は予算現額66万円に対し支出済額65万9,550円で、前年度対比52万9,550万円の増、不用額は450円となっております。備考欄10水道事業会計出資金で、28−01水道事業会計繰出金で、水道事業会計職員の子ども手当支給分として14万4,000円、水道管敷設替工事にあわせて行った消火栓更新工事にかかる分が51万5,550円です。この分が増となっております。


 13款予備費、1項1目予備費は1,372万9,899円を充用し852万5,101円が不用額となっております。


 それでは、3枚おめくりいただきます。203ページ、204ページをお願いいたします。


 以上、歳出合計は予算現額31億7,469万8,000円に対し、支出済額30億7,421万8,077円で、前年度対比573万6,077円の減、繰越明許費4,225万6,000円、不用額は5,822万3,923円となっております。


 次ページからは実質収支に関する調書及び財産に関する調書について掲載しておりますので、ごらんいただければと思います。


 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  これをもって提案理由の説明を終わります。


○(議長)  この際、暫時休憩いたします。


             (休憩 午前10時25分)


             (再開 午前10時40分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  これより本案に対する質疑に入ります。質疑者は1回、それでページ数を言ってください。それと再質問は2回までということでお願いします。質疑はございませんか。


○2番議員(村田知章)  2番、村田です。いつも先頭で申しわけないですが。


 72ページの15−01宮の前集会所改修工事で120万円ということですけれども、集会所の使用実績、年に何回ぐらいこういうのが使われているのかという使用実績を教えていただければと思います。


 それが1点目で、2点目で106ページの19−15ドクターヘリ運用費負担金です。ドクターヘリの運用実績も教えていただければと思います。年何回飛んで、何人ぐらい搬送されたかということも教えていただければと思います。


 112ページの65の地域自殺対策緊急強化事業、これ国の事業だということで、本当、近年、自殺問題というのはすごく深刻な問題となってきております。その中で消耗品費として25万1,990円使われているということで、パンフレットとか、新聞で折り込みで配られたりしていましたけれども、こういうのをどういう対策をしたのかということを具体的に教えていただければと思います。多分、こういうのは、町独自に今後どういうことを、自殺対策として取り組んでいくかということもあわせて教えていただければと思います。


 続いて、130ページの(10)の岩海岸海水浴場の運営事業です。その中に医療材料費とか、そういうのも計上されているということで、今年の夏は海水浴客、けがとか、そういう水難事故とか、そういうのがあったのかどうか、そういうのも教えていただければと思います。


 以上です。


○(総務課長)  それでは、1点目、宮の前集会所の修繕工事に絡みましたご質問でございます。


 まず、宮の前集会所につきましては、大変建築から時間がたっておりまして、老朽化が大分進んできたということから、雨漏り、あるいは2階からの外階段の腐食、こういったものが激しかったことから修繕をさせていただいたものです。


 なお、宮の前集会所の使用実績ということでございますが、ここの宮の前集会所1階には真鶴町観光協会が入っております。そういった意味で、常時ここの施設のところは使われているということです。


 2階部分につきましては、集会施設ということでの運用がされておりますが、こちらにつきましては地元の自治会さんですとか、あるいは町での説明会等、こういったところ、地域に出てお話をすべきときには使用するということでございますけれども、2階部分の集会所につきまして詳細な使用実績のデータというのは手元にございませんので、そのような使われ方をしているということでご理解をいただきたいと思います。


○(介護健康課長)  2点目のドクターヘリの運用状況ということですが、統計の年月日が22年の10月から23年の9月ということで、その1年間での利用状況を見ますと、1年間274件の搬送、そのうち県内の搬送件数が222件、それと、あと、利用範囲、山梨県も契約しておりますので、そこが52件、合わせて274件ということで、そのうち当町、真鶴町の利用については1件ということでございます。


○(福祉課長)  3問目の地域自殺対策緊急強化事業、消耗品費の対策ということなんですが、議員さんが言われましたように、啓発ということでチラシを作りまして、町内全戸配布ということで新聞折り込みを行いました。それ以外にのぼり、事業をやるときのものなんですが、それ以外にティッシュペーパー、啓発用物品、そちらをつくりました。


 啓発ということですから、通常、強化週間とか強化月間とかとあるのですが、1年を通してやろうということで、ティッシュなどは住民の方がたくさん集まる、昨年は町民運動会のときに配らせていただきました。それ以外としましては、2月に講演会を開かせていただきまして、そのときには町内外からたくさん来ていただいたのですが、そういうときにも啓発を兼ねて講演会を開かせていただいたということです。


 今後の町の方針ということなんですが、基本的に町の方でこういうものというのはなかなか続けるというのは難しいので、国の事業が続いている間は、町とそれ以外の対策としましては国とか県の方で電話相談というところを特にやっているのですが、そういうのを住民の方に周知して、お悩みの方があれば、そちらの方へ問い合わせできるような形で、そういうことを周知の強化を方策として考えていきたいと思っています。


 以上です。


○(産業観光課長)  岩海水浴場の運営状況なんですが、特に医薬材料費につきましては、消毒液ガーゼ、脱脂綿、バンドエイド等の簡単な整備、あるいは、虫さされというものに対応するための医薬品等を整備しております。


 それから、事故関係ですが、昨年度の事故につきましては、報告がありませんでしたということでございます。


○1番議員(板垣由美子)  1番、板垣です。


 まず、ページ56、総務費、総務管理費、一般管理費の中の09−21普通旅費なんですけれども、これは去年に比べて約123万円ぐらい増えていますが、その理由についてと、それから68ページ、総務費、総務管理費、職員研修費で10の職員研修費ですが、これもやはり去年に比べて約27万円ぐらい削減されていますけれども、研修の内容などの変更があったのかどうか。


 それから、ページ174、教育費、社会教育費、社会教育総務費、19−41ですが、青少年育成連絡会補助金の中で宿泊体験学習、これは小学校5年生が対象だと思うのですけれども、その中で前年は40名が参加されているのですが、23年度は21人と減っていますけれども、やり方とか、そういうところが変更があったのかどうか、お聞きしたいと思います。


 それと、ページ194の下の公債費なんですけれども、毎年少しずつ増えておりますが、計画的にやっていることと思いますけれども、返済のピークはいつごろになるか、お伺いしたいと思います。


 以上です。


○(総務課長)  まず、総務費、総務管理費の旅費についてのご質問でございます。普通旅費につきましては131万4,378円で、前年度比123万2,368円の増となっております。こちら増額の主な内容につきましては、昨年ありました東日本大震災に伴いまして被災地支援のために職員13名を石巻市に派遣したもので、こちらについて61万1,305円が増額支出されております。


 また、真鶴町のまちづくりの取り組みが評価されまして、出席要請がありました世界都市デザインサミットに参加した分、こちらの旅費が増額の主な内容となっております。


 それと、次の職員研修費でございます。職員研修費につきましては、真鶴町における職員研修の主なものといいますと、まず、神奈川県の市町村研修センターでの研修、それと2市8町県西地域での合同研修、それと町独自の研修、職員研修という大きく3つの研修先が分かれております。


 特に、今回の減額の理由といいますのが、庁内で行います研修でございますが、庁内で行った研修というのは人事評価制度のトレーニング研修を実は実施しておりまして、一昨年3回行ったところを、昨年は2年度目ということから2回の研修ということで実施した内容から減額になったということでございます。


○(生涯学習課長)  宿泊体験学習についてお答えさせていただきます。


 昨年、小学校6年生を対象とした事業でございまして、募集につきましては、子ども会を通じてのもの、また、子ども会に未加入者の方についても別途募集をかけております。


 なお、昨年、確かに21名と少なかったものでございますが、内容といたしましては、南足柄の方の宿泊ということで、特に変わったものではございませんが、やはり、ちょっとその年度によりまして、若干、グループで多くの方が申し込むとかございます。そういう傾向がございまして、今年度につきましては、逆にまた30名以上と増えておりますので、ちょっと若干昨年度につきましては少なかったという結果でございます。


○(企画調整課長)  公債費の返済のピークはということでございますが、23年度3億3,200万円、今年度、24年度につきましては、ほぼ同じ3億3,300円ほどで、来年度が3億4,700万円と若干増えますが、来年度で大きな情報センターの起債部分の償還が終わると。それ以降は毎年若干二、三千万円ずつ減っていくと。25年度がピークということで、今後ちょっと減っていくという状況でございます。


○1番議員(板垣由美子)  再度質問させていただきます。


 職員研修についてなんですけれども、町独自のものの中でいろいろ工夫されていると思うのですが、今、情報化の時代にあって、やはり新しい技術の取得とか、コミュニケーション力とか、職員のそういう研修って必要だと思うのですけれども、その点について伺いたいと思います。


 それと、先ほどの公債費に関してなんですけれども、決算附属資料なんですが、今回いただいていますけれども、その中で町債現在高一覧表がありますが、ちょっと字がものすごく細かくて、できましたら、もう一ランクぐらい大きい資料をつくっていただけるといいかと思うのですけれども、その点について伺います。


○(総務課長)  先ほど、研修につきましては市町村研修センターでの研修、それと2市8町での研修、こうした研修も実施しているということで、特に、議員質問にございました、いわゆる情報研修、いわゆるIT研修、こういった専門性を必要とするような研修につきましては、当然市町村から研修センターの方にもどういう研修をやってほしいという要望を出す機会がございまして、特に市町村研修センターにおきましては、情報研修ということで、ワード、エクセル、例えばパワーポイントですとか、そういった研修も実施され、町としても参加をしております。こういういわゆる専門研修というのは、他にも、例えば税務職員研修ですとか、マネジメント研修ですとか、こういったさまざまな項目がございますので、これに対しまして特に職員から希望が出る前に、職員に対して行きなさいというような場面も含めて実施をしております。


 県市町村職員センターにつきましては、職員延べ33名参加しております。また、県西地域2市8町で行われる共同研修につきましても26名の職員が参加しているということでございます。


○(企画調整課長)  議員さんの質問にありましたとおり、資料をなるべく1ページにおさめて、ページ数を縮小したという形でやっているのですが、確かに数が多くなってきて、おさまりつかなくなってきていますので、小さくなったものについてはA3で折り返して資料をつくるなり、ちょっと来年度におきまして調整させていただきたいと思います。


○7番議員(神野秀子)  7番、神野です。


 まず、96ページの下の方ですけれども、成年後見制度利用支援事業がありますが、国でも今後成年後見人を養成していこうというような動きになっているようで、各市町村ではそういったいろんな養成講座とか、そういうものをやっていきなさいという、そういうことかなと思うのですが、今年の夏、7月ごろに、私たち議員のところにも東京大学の方から、こういう研修を受けませんかというようなお手紙をいただきました。行く、行かないは個人のあれでしょうけれども。今後、真鶴町として、後見人制度を養成していくような、どのような考えをお持ちなのか、その辺について伺いたいと思います。


 それから、ただいま資料について質問がありましたけれども、附属資料の6ページ、その中で増減率の高かった、3、維持補修費と5、補助費等、この辺についてちょっと伺いますけれども、多分、維持補修費が増えているということは、いろんな町民センター、保健センター、かなり古くなっております。その中で、私たちも町の人たちから「ここを直して、ここを補修して」というような要望をいただきますけれども、前にもたしか要望したかなとは思うのですが、維持管理について計画をきちっと立ててほしいというような話をしておいたような気がするのですが、その辺について、計画されているのかどうか、伺いたいと思います。


 それから、もう一つ、補助費、町の補助費、かなり多額な補助費が出ておりますが、ざっと数えて約20近くあるかなと思いますけれども、この補助費についても、今後、行財政改革の中で、民主党じゃないですが、事業仕分けのようなものをやっていく必要があるのではないかと思うのですが、その辺について、どのようにお考えか、お伺いいたします。


○(福祉課長)  1問目の成年後見制度運用支援事業、こちらの方の今後の推進方法ということなんですが、今、議員さんが言われたのは、範囲を市民の方に広げていくというものは、多分、市民後見制度というものだと思います。一般の市民の方に、成年後見というのはある程度資格を持った人が第三者となって要援護をされる方に対しての代理行為を行う、それの範囲を広げるということで、一般の市民が同じことができるというようなことが市民後見制度ということで、そちらの方を拡充しなさいと、今、国の方の考えになっています。


 町の方では、うちの方の高齢者と障害の関係と、あと、介護の方と両方で市民後見、あと、広く言うと、社会福祉協議会なんかも入るのですけれども、今のところ、市民後見という、一般人の方に代理行為を行っていただくというようなことまでは、今のところは考えておりません。


○(企画調整課長)  施設の維持管理の件でございますが、維持管理について各所管で学校施設など、所管ごとに維持管理の計画を立ててございます。その内容に基づいて、それぞれ予算編成の際に実施していると。ただ、施設によりましては、やはり、大きく年数経過して大規模的にやらなきゃいけないものもあるということはありますが、その辺も、使っている内容、状況を見ながら予算を組んでいるという状況にございます。


 それで、ここで維持補修費が増えているのは、きめ細かな交付金がありました。それで施設の維持管理等に交付金がおりたということもありまして、その際に対応できる維持補修をやったということもありまして、ここが増えていると、そのような状況で、ここ2年ほど、きめ細かの維持補修等がありましたので、維持補修費が増えているところでございます。


 それから、補助費等の部分でございますが、団体への補助など扶助費的な補助の部分もございます。それ以外につきましては、それぞれの所管において内容を精査して、必要なものは交付しているということで、それぞれ検討してございます。例年、補助費、福祉関係に絡むものも増えてきておりますので、その辺が増額の要因かなという状況でございます。


○7番議員(神野秀子)  先ほど、成年後見人制度にお答えいただきましたが、今現在、真鶴町では何人ぐらいの方が後見人をされているのか、その辺について、もう一度伺いたいと思います。


 それから、補助費のことについてですが、本当に町民センター、皆さん、いろいろ活動されていまして、かなり使われていると思います。畳なんかもかなりぼろぼろ、襖もぼろぼろで、いろいろ皆さん、自分たちで補修したりしていただいてはいるみたいですけども、その辺、もう少し計画的に示していただけると、それは来年だというようなことで、私たちもお答えできるので、できれば、皆さんがわかるようなちゃんとした補修計画を作っていただきたいなと思いますので、よろしくお願いいたします。


○(福祉課長)  福祉課所管では、知能障害の方1人と、あと、高齢の方が1件、一つが補佐人という形で、一つが成年後見人という形で、今、2件事例がございます。そちらの方は司法書士の方が補佐人というような形になっています。2件です。


○(介護健康課長)  介護関係で1件、該当がございます。成年後見人になられている方は弁護士の方が任命されております。


○(企画調整課長)  最後の町民センターとかは、要望が出てきたものは内容を精査していますので、その辺につきましては、また、担当所管の方と予算編成のときに調整させていただきたいと思います。


○11番議員(岡ノ谷佳子)  142ページ、まちづくり推進事業、まず、一つ、これ当初予算では151万9,000円になっております。その中身というのが、花いっぱい運動ということで、花の種、プランター、土ということで、全世帯を対象にということで総合計画の中でもありました。ところが今回の決算を見ますと、約半分の75万4,139円ということでございますが、これがどうなのか、町民に余りよく受け入れられていないのかという感じなんです。これは一過性で終わらせてしまうつもりで当初出したのかどうか。それとも継続でやっていこうと思ったのが、途中で受け入れられないのでやめてしまったのかについて伺います。


 それと、もう一つ。この中でまちづくり推進事業、コミュニティバス運行事業、これは当初出発したときには、町長も最初はワンコインでということだったのですが、ワンコインとなると、運転手も専属で、届け出もしてということで、いろんなバス会社等ともいろいろ話し合った結果、ワンコインでなく今の体制でやるということで出発したのです。でも、そのときにはバス会社の補助金については全然検討されていなかったのです。でも、今、23年度、それで24年度もバスの補助金500万円を出しているわけですけれども、これというのは、岩路線が廃止されてしまうところで、それでは困るだろうということで、この500万円という補助金がなされていますが、今後、これはこのまま続けていくつもりなのかどうか。今、これがコミュニティバス運行に対して一番最善だと思っていらっしゃるのかどうか、その辺をちょっとお伺いします。


 以上です。


○(町長)  まず、1点目の花いっぱい運動、これについては、私が全戸配布ですという部分でお認めいただいて、職員に指示したのですけれども、中には気持ちよくやってくれるところ、また、そうでないところ、それぞれの意見がございました。ただ、私は一つの町の中を花で飾っていくということの運動については、非常によかったと思っています。なぜかといいますと、やったことによって、その地域の方々が特に面通りに住まわれている方々が自主的に行っていただいている。こういった起爆剤を作ったという思いがございます。継続して町が全て補助金を出していくのでやってくださいというのではなくて、私はみんなそれぞれが思いをしっかりとこの町に伝えていくことが必要であろうと、一つの起爆剤だったということでご理解賜りたいと思います。


 中には拒否されたという方もおられますので、あえて無理して費用を使って配布するのはいかがなものかということで、私自身もいろいろと試行錯誤しながら、気持ちよく受けてくださる方々にはお渡しをすることができたというふうにご理解賜りたいと思っております。


 それから、コミュニティバスの出発につきましては、ワンコインというのは、基本的に通らないところ、バス路線でないところを認可を受けてやるならばワンコインという話があったのですけれども、基本的にはバス路線のところも通ってほしいということになりますと、バス会社、タクシー会社との摩擦が起きます。それと認可の問題が起きます。そんなことから、私はバス会社の社長、常務、専務、また、タクシー会社の社長とも会いました。担当職員では話ができないことが、私が出るところに出ていって話がまとまることというのはいっぱいありますよ、はっきり申し上げて。職員だと、脅かされてしまうことが、私ならば相手方も失礼のないように対応していただく。内容がわかっているのか、わかっていないのかということも含めて情報をとりながら、私は対応するつもりでございます。


 そんなことから、前にもお話ししましたとおり、バス会社は拒否したのです、2社は。タクシー会社は1,300万円の人件費の要求があったのです。ならば、有料で出すことで400万円で上がると。この決算を見ていただくとおり、三百数十万円で上がるのです。こういうことが結果としてあらわれていることが非常に町民の方々には利便性の向上が図られたというふうにも思っております。ぜひとも、この事業については継続させていただきたいと思っています。さらなる充実を図ってまいりたいということも思っています。


 それから、路線バスの継続について、これはバス会社さんの問題でございます。ただ、地区要望として、朝早い6時台、または夕方はコミュニティバスもカバーできるのですけれども、乗っている方を見ていると、どういった方々が朝忙しく乗られるかというと、どういう方々かというと、子供たちのスクールバスがわりに使わせていただいている、丸山のコースも変えていますから、これらにも影響があるということも考えますと、今すぐにどうのこうのではなく、地区の声をしっかりと聞き受けながら、バスについてはやってまいりたいと思っています、摩擦をすることなく。


 といいますのは、決算のときに、七百数十万、当初も七百七、八十万の要求があったのです。これも私の一声で500万円台にという形で決めさせていただいた金額です。担当所管に聞いていただければわかると思いますけれども、請求額、要求額というのは、700万円を超えた金額でございました。それを決算で何とかしてほしいという要望も来ました。そこら辺については交渉事としておさめていただいたということもご理解賜りたいと思います。


 また、新年度に向かってもバス会社と地区にもはかっていきたい。どこにも摩擦の生じることのないように、また、地区の方々にはご利用していただけるように図ってまいりたい。何事も全てはただがいいのです、誰もが。だけれども、そうではなくして、利用されるような民間企業としっかりと連携をとれるような利用方法というものも考えていくのも、地域の方々の連携というのはいかに必要かと思います。行政としても、何でもかんでも受けるのは行政ではないと思いますけれども、届かないところについては、しっかりと行政としてもサポートしてまいりたいと、そんなこともから、補助金、扶助費というものにつきましては、これは路線バスならば補助がつくのに、コミュニティバスはつかないと。いろいろな条件がございます。そんなことも含めて、しっかりと要求もさせていただいています。これらは国や県に向かってもやっています。


 これから扶助費というものについては、先ほどの質問にもありましたけれども、これは市町村が負担するのはいかがなものかということもありますから、これらについては、議会の皆さんと連携をとりながら、国に向かっても要望を出していきたいというふうに思っています。国民の生命・財産は基本的には憲法でうたわれているとおりのことを行っていただきたい、市町村にしわ寄せすることのないようにというふうに思っていますので、皆さんのお力添えを賜りますことをお願い申し上げまして、答弁とさせていただきます。よろしくお願いします。


○(議長)  暫時休憩します。


             (休憩 午前11時13分)


             (再開 午前11時13分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○11番議員(岡ノ谷佳子)  花いっぱい運動は、町長が町のきれいなまちづくりということで話がありました。今、町長のお話を聞くと、これは一つの起爆剤ということなんですが、やはり、個人で自分のおうちをきれいにする、これはやぶさかではない。でも、町民が町の予算の中でやることに対して、いろいろけんけんがくがくあるということもご承知おきいただきたいと思います。


 コミュニティバスの件ですけれども、町長は314万5,000円でできているはずだと。これは職員が運転している人件費というのは入っていないわけです。ですから、そういったことも含めると、コミュニティバスの運行方法というのは、もう少し考える必要があるのではないかということなんです。


 路線バスの補助金も、どうもコミュニティバスと路線バスを使っている人との時間帯とがうまくかみ合っていないということで、やめるにもやめられないということで、多分、これはしていかなければならないのだろうと思うのですけれども、その辺ももう少し見込んでコミュニティバスの運行時間とか何かでクリアできないものかと思いますが、その辺、よろしくお願いします。


○(町長)  監査委員だから監査の関係でよく言っていただければと思いますけれども、花いっぱい運動も全て町をきれいにしようと、人の心まで、私は言ったと思いますよ。人間の心が豊かでないと、花を見て誰も汚いという人はいませんし、花が枯れてくることにはどうするかというのも、人それぞれ考え方はあります。私は花を愛せない人というのは、いかがなものかと思っています、はっきり申し上げまして。美しいものは美しいというふうにみんなが感じ取れるもの、そして育てようという思いというものが、いかに大事かということを町民に皆さんに伝えてまいりたいと思っています。


 ですから、こういったことは一つの起爆剤といいますか、皆さんに心豊かな人になっていただきたいという思いから始めた事業であるということをお願いしたいと思っています。


 学校関係の方々にも、子供たちにも、花の育て方、苗というのはいっぱい町をきれいにすることと併せて人の心も美しくするという気持ちを伝えていきたい。町民の方々にぜひともそういうのを理解を、皆様も含めて伝えていただければと思います。


 コミュニティバス、職員は私はわざわざ雇って使っているわけではございません。ふだんからいる職員を自分たちの任意の協力のもとに使っているわけでございますから、あくまでも、私が「おまえがやれ、これがやれ」と言っているわけではありません。職員がみずから町民のために手となり足となるという形をとっているのですから、これを時間換算されるのは、私にとってもいかがなものかと。じゃあ、役所の中で休んでくださいというのは、いかがなものかと。こういったことを、職員の気持ちも酌んでいただけるような議会であっていただきたいと、こう思っております。これらも含めて皆さんのご理解を賜りたいというふうに思いますので、よろしくお願いします。


○6番議員(岩本克美)  6番、岩本です。ちょっと風邪ぎみで声が聞き取りにくいと思いますけれども、ご勘弁いただきたいと思います。


 3つあります。1つ目、28ページ、住宅使用料、不納のところの48万4,100円ですか、こちらの方、恐らく解決はしているだろうと思いますけれども、たしか今朝の新聞だと思いますが、近隣の市で住宅料不払いで訴訟にするとかしないとか、そんな記事が載っています。そんなふうにならないためにちょっとお伺いをしたいと思います。今現在、どうなっているのかだけで結構です。


 次に、110ページです。下の方の13−11の予防接種委託料1,780万円ほど、昨年に比べて約倍ぐらいに増えていると思うのですが、こちらの方の予防接種の種類、たしか種類は以前聞いたような気がするのですが、それと、実際、予防接種を受けられた方の人数とか、わかっているようでしたら教えていただければと思います。


 それから、次、138ページ、上の方にあります街灯管理事業です、10の。こちらの方は街灯そのものの器具、それにプラスして電気料がかかっていると思うのですけれども、この電気料について30万円ほど増えていると思うのです、前年に比べて。こちらの方なんですが、たしかセンサーで発光するようになっていると思うのですけども、昼間でもつきっ放しのところが散見される、それらは果たして電気料にどうなっているのか、その辺のところだけ教えていただきたいと思います。


 以上です。


○(福祉課長)  1問目の住宅使用料なんですが、収入未済額の48万4,100円、これは入居者2件分でございます。そのうち1件分に関しましては、この8月いっぱいで退去ということで、未収金に関しましては完納という形になります。


 もう1件に関しましては、現在、最終勧告を、条例規則等で3カ月以上使用料の不納が生じた場合には、退去していただくという形になっていますので、それに基づいた形で最終勧告という形で行っております。ですから、今、残りの1件に対しては状況待ちという形です。


 以上です。


○(介護健康課長)  110ページの予防接種の関係でございますが、前年度比838万5,000円の大幅な増ということで、増の要因につきましては、現在、国の方で定期予防接種ということで検討されております任意接種であります ヒブワクチン、それから小児用肺炎球菌ワクチン、それとあと、子宮頸がん、そのワクチン、この3種類が重要性の関係から経過的に先行実施されたというところで、大幅な増となっております。


 それで、接種の状況でございますが、従来からの定期予防接種であります三種混合が135、MRが158、それから日本脳炎が170、ポリオが56人と、それとあと、今、説明いたしました三種のヒブと小児用、それから子宮頸がん、これにつきましては、ヒブが73人、それから小児用肺炎球菌ワクチン、これが104人、それとあと、子宮頸がんが、サーバリックスとあとガーダシルという2つのワクチンがありますが、合わせて108人という接種の人数になります。


○(まちづくり課長)  街灯管理事業の光熱水費ですが、昨年は383万1,602円ということで31万1,627円増えておりますが、本数的には23年度が1,442本、22年度が1,439本ということで、本数的には3本しか増えておりません。


 それで、先ほど言いました街灯につきましては、光を感知してスイッチが入ったり消えたりしますもので、定額で電気料を払っているということで、今、自動点滅器の故障が多くて、昼間もついておるというご指摘でしたが、基本的には定額料金ということで、ちなみに平均で1本当たり230円ぐらいの使用料を月額で払っておりまして、前年度につきましては223円ということで単価的に若干上がったということが金額が増えた要因かと思われます。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は原案のとおり認定することに賛成の方は起立願います。


                 (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「決算の認定について(平成23年度真鶴町一般会計決算)」については認定することに決定しました。


○(議長)  暫時休憩します。


             (休憩 午前11時23分)


             (再開 午後 1時30分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  日程第2、認定第2号「決算の認定について(平成23年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(事業勘定)決算)」の件を議題とします。


○(議長)  本案について、提出者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  認定第2号は、平成23年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(事業勘定)の決算の認定についてであります。


 去る7月11日に、会計管理者より提出があり、7月18日から26日までの間の4日間において、監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものであります。


 詳細につきましては、会計管理者に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を会計管理者に求めます。


○(会計課長)  それでは、説明をさせていただきます。


 認定第2号は、平成23年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(事業勘定)歳入歳出決算です。


 211ページ、212ページをお願いいたします。


 歳入です。


 1款1項国民健康保険税は調定額4億7,846万5,827円、収入済額3億432万748円で、前年度対比456万6,529円の増、不納欠損額は1,009万4,034円で、収入未済額は1億6,405万1,045円となっております。


 2款使用料及び手数料、1項手数料は調定額、収入済額とも27万1,700円で、前年度対比9万2,900円の増となっております。


 3款国庫支出金は調定額、収入済額とも2億3,598万5,948円で、前年度対比1,257万2,485円の減、1項国庫負担金は調定額、収入済額とも2億1,620万7,948円で、前年度対比674万634円の減、2項国庫補助金は調定額、収入済額とも1,977万8,000円で、前年度対比583万1,851円の減となっております。


 4款1項療養給付費等交付金は調定額、収入済額とも5,120万5,244円で、前年度対比184万4,750円の増となっております。


 5款1項前期高齢者交付金は調定額、収入済額とも3億3,864万2,794円で、前年度対比3,044万1,158円の増となっております。


 6款県支出金は調定額、収入済額とも6,047万8,674円で、前年度対比246万6,864円の増、1項県負担金は調定額、収入済額とも1,118万4,674円で、前年度対比297万5,864円の増、2項県補助金は調定額、収入済額とも4,929万4,000円で、前年度対比50万9,000円の減となっております。


 7款1項共同事業交付金は調定額、収入済額とも1億4,908万8,488円で、前年度対比1,198万3,932円の減となっております。


 8款繰入金は調定額、収入済額とも1億505万9,094円で、前年度対比3,201万94円の増、1項他会計繰入金は調定額、収入済額とも7,505万9,094円で、前年度対比201万94円の増、2項基金繰入金は調定額、収入済額とも3,000万円で、前年度対比3,000万円の増となっております。


 9款1項繰越金は調定額、収入済額とも6,082万7,944円で、前年度対比2,870万1,392円の減となっております。


 10款諸収入は調定額、収入済額とも353万8,909円で、前年度対比330万3,644円の増、1項延滞金加算金及び過料は調定額、収入済額とも136万5,600円で、前年度対比135万6,900円の増、2項受託事業は収入ありませんでした。3項雑入は調定額、収入済額とも217万3,309円で、前年度対比194万6,744円の増となっております。


 以上、歳入合計は調定額14億8,356万4,622円、収入済額13億941万9,543円、前年度対比2,146万8,130円の増で、不納欠損額は1,009万4,034円、収入未済額は1億6,405万1,045円となっております。


 次の213ページ、214ページをお願いいたします。


 歳出です。


 1款総務費は予算現額2,897万9,000円、支出済額2,721万8,144円、前年度対比216万6,255円の減、不用額は176万856円です。1項総務管理費は支出済額2,670万7,321円で、前年度対比220万2,358円の減、2項運営協議会費は支出済額51万823円で、前年度対比3万6,103円の増となっております。


 2款保険給付費は予算現額9億102万8,000円、支出済額8億4,507万5,775円で、前年度対比479万1,096円の減、不用額は5,595万2,225円です。1項療養諸費は支出済額7億4,031万3,992円で、前年度対比305万8,598円の減、2項高額療養費は支出済額9,841万9,683円で、前年度対比149万2,288円の減、3項移送費は支出はありませんでした。4項出産育児諸費は支出済額504万2,100円で、前年度対比84万210円の減、5項葬祭諸費は支出済額130万円で、前年度対比60万円の増となっております。


 3款1項後期高齢者支援金等は予算現額1億3,989万7,000円、支出済額1億3,988万5,595円で、前年度対比1,517万8,063円の増、不用額は1万1,405円となっております。


 4款1項前期高齢者納付金等は予算現額41万6,000円、支出済額41万4,926円で、前年度対比19万5,880円の増、不用額は1,074円となっております。


 5款1項老人保健拠出金は予算現額1万円、支出済額8,674円で、前年度対比336万1,817円の減、不用額は1,326円となっております。


 6款1項介護納付金は予算現額6,128万7,000円、支出済額6,128万6,082円で、前年度対比505万363円の増、不用額は918円となっております。


 7款1項共同事業拠出金は予算現額1億5,524万2,000円、支出済額1億4,269万7,980円で、前年度対比902万7,007円の増、不用額は1,254万4,020円となっております。


 8款保健事業費は予算現額1,121万8,000円、支出済額706万809円で、前年度対比74万365円の減、不用額は415万7,191円です。1項特定健康診査等事業費は支出済額586万7,437円で、前年度対比82万2,986円の減、2項保健事業費は支出済額119万3,372円で、前年度対比8万2,621円の増となっております。


 9款1項基金積立金は支出はありませんでしたので、前年度対比2,065万6,000円の減となっております。


 10款公債費、1項一般公債費は支出はありませんでした。


 次の215ページ、216ページをお願いします。


 11款諸支出金は予算現額1,116万3,600円、支出済額1,095万4,753円で、前年度対比974万3,489円、不用額は20万8,847円です。1項償還金及び還付加算金は支出済額475万4,753円で、前年度対比354万3,489円の増、2項繰出金は支出済額620万円で、前年度対比620万円の増となっております。


 12款1項予備費は予算現額283万6,400円が、そのまま不用額となっております。


 以上、歳出合計は予算現額13億1,212万7,000円、支出済額12億3,460万2,738円、前年度対比747万9,269円の増、不用額は7,752万4,262円となっております。歳入歳出差引残額7,481万6,805円は前年度対比1,398万8,861円の増となっております。


 次の217ページ、218ページをお願いいたします。


 歳入歳出決算事項別明書です。


 歳入です。


 1款1項国民健康保険税、1目一般被保険者国民健康保険税、1節医療給付費分現年課税分は調定額2億1,304万1,547円、収入済額1億9,583万6,835円で、前年度対比480万4,166円の減、収入未済額は1,720万4,712円で、徴収率は91.92%です。2節介護納付金分現年課税分は調定額2,195万2,152円、収入済額1,958万5,980円で、前年度対比31万2,914円の増、収入未済額は236万6,172円で、徴収率は89.22%です。3節後期高齢者支援金分現年課税分は調定額4,585万8,670円、収入済額4,222万2,381円で、前年度対比96万2,636円の減、収入未済額は363万6,289円で、徴収率は92.07%です。4節医療給付費分滞納繰越分は調定額1億3,955万5,846円、収入済額1,914万2,362円で、前年度対比1,020万9,824円の増、不納欠損額は547件の879万9,958円で、収入未済額は1億1,161万3,526円で、徴収率は13.72%です。5節介護納付金分滞納繰越分は調定額1,744万8,322円、収入済額225万5,364円で、前年度対比112万6,021円の増、不納欠損額は376件の102万5,945円で、収入未済額は1,416万7,013円です。徴収率は12.93%です。6節後期高齢者支援金分滞納繰越分は調定額1,321万6,701円、収入済額222万9,595円で、前年度対比149万2,511円の増、不納欠損額は35件の6万979円で、収入未済額は1,092万6,127円です。徴収率は16.87%です。


 次の219ページ、220ページをお願いします。


 2目退職被保険者等国民健康保険税、1節医療給付費分現年課税分は調定額1,518万7,650円、収入済額1,484万3,905円で、前年度対比203万8,889円の減、収入未済額は34万3,745円で、徴収率は97.74%です。2節介護納付金分現年課税分は調定額358万8,467円、収入済額351万260円で、前年度対比49万3,711円の減、収入未済額は7万8,207円、徴収率は97.82%です。3節後期高齢者支援金分現年課税分は調定額322万3,714円、収入済額315万1,239円で、前年度対比45万5,013円の減、収入未済額は7万2,475円、徴収率は97.75%です。4節医療給付費分滞納繰越分は調定額461万5,357円、収入済額132万7,212円で、前年度対比27万3,576円の増、不納欠損額は14件の18万8,792円、収入未済額は309万9,353円、徴収率は28.76%です。5節介護納付金分滞納繰越分は調定額51万1,401円、収入済額12万3,021円で、前年度対比5万2,764円の減、不納欠損額は9件の1万8,360円、収入未済額は37万20円、徴収率は24.06%です。6節後期高齢者支援金分滞納繰越分は調定額26万6,000円、収入済額9万2,594円で、前年度対比4万1,138円の減、収入未済額は17万3,406円、徴収率は34.81%です。


 2款使用料及び手数料、1項手数料、1目1節督促手数料は調定額、収入済額とも27万1,700円で、前年度対比9万2,900円の増です。


 3款国庫支出金、1項国庫負担金、1目療養給付費等負担金、次の221ページ、222ページをお願いいたします。1節現年度分は調定額、収入済額とも2億485万8,274円で、前年度対比1,002万8,142円の減となっております。2節過年度分は収入はありませんでした。


 2目1節高額医療費共同事業負担金は調定額、収入済額とも1,027万5,674円で、前年度対比302万4,508円の増、備考欄01高額医療費共同事業負担金で、市町村が拠出する額に対し国県がそれぞれ4分の1を負担するものです。


 3目1節特定健康診査等負担金は調定額、収入済額とも90万1,000円で、前年度対比9万円の増です。2節過年度分は調定額、収入済額とも17万3,000円で、前年度対比17万3,000円の増です。


 2項国庫補助金、1目財政調整交付金、1節普通調整交付金は調定額、収入済額とも1,961万8,000円で、前年度対比523万3,000円の減です。


 2目1節介護従事者処遇改善臨時特例交付金は収入はありませんでしたので、前年度対比49万8,851円の減となります。


 3目1節出産育児一時金補助金は調定額、収入済額とも16万円で、前年度対比10万円の減、補助金は出産育児一時金が38万円から42万円に引き上げられ、その上乗せ分の4万円の4分の1の1万円が補助されるもので、16件分です。


 4款1項は、次の223ページ、224ページをお願いいたします。1目療養給付費等交付金、1節現年度分は調定額、収入済額とも5,120万5,244円で、前年度対比284万244円の増、退職者医療費に対する助成で、社会保険診療報酬基金より入るものです。2節過年度分は収入はありませんでしたので、前年度対比は99万5,494円の減となっております。


 5款1項1目1節前期高齢者交付金は調定額、収入済額とも3億3,864万2,794円で、前年度対比3,044万1,158円の増、前期高齢者医療費に関する財政調整のための交付金です。


 6款県支出金、1項県負担金、1目1節高額医療費共同事業負担金は調定額、収入済額とも1,027万5,674円で、前年度対比302万4,864円の増、国庫と同様に県からも4分の1が負担されるものです。


 2目1節特定健康診査等負担金は調定額、収入済額とも90万9,000円で、前年度対比4万9,000円の減、こちらも国庫と同様に県から3分の1が負担されるものです。


 2項県補助金、1目県財政調整交付金、1節普通調整交付金は調定額、収入済額とも4,929万4,000円で、前年度対比50万9,000円の減となっております。


 7款1項共同事業交付金、1目高額医療費共同事業交付金、次の225ページ、226ページをお願いします。1節高額医療費共同事業交付金は調定額、収入済額とも3,475万4,910円で、前年度対比1,267万325円の減、高額医療費共同事業交付金で、80万を超える部分について国保連合会から負担されます。


 2目1節保険財政共同安定化事業交付金は調定額、収入済額とも1億1,433万3,578円で、前年度対比68万6,393円の増、1件30万円を超える医療費を賄うため、市町村の拠出金をもとに交付されるものです。


 8款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金、1節保険基盤安定制度繰入金(保険税軽減分)は調定額、収入済額とも3,093万4,423円で、前年度対比91万423円の増、保険基盤安定制度は、低所得者に対する保険税軽減相当額を公費で補てんする制度です。2節保険基盤安定制度繰入金(保険者支援分)は調定額、収入済額とも664万6,671円で、前年度対比12万3,671円の増、3節職員給与費等繰入金は調定額、収入済額とも2,937万4,000円で、前年度対比99万3,000円の増、職員3名分の人件費です。4節出産育児一時金繰入金は調定額、収入済額とも410万円で、前年度対比16万7,000円の減、出産育児一時金12件分です。5節財政安定化支援事業繰入金は調定額、収入済額とも400万4,000円で、前年度対比15万円の増、国保財政の健全化のための繰り入れです。


 2項基金繰入金、1目1節保険給付費支払準備基金繰入金は調定額、収入済額とも3,000万円で、前年度対比3,000万円の増。


 9款繰越金は、次の227ページ、228ページをお願いします。1項繰越金、1目1節療養給付費交付金繰越金は収入はありませんでした。


 2目その他繰越金、1節前年度繰越金は調定額、収入済額とも6,082万7,944円で、前年度対比2,870万1,392円の減となっております。


 10款諸収入、1項延滞金加算金及び過料、1目1節一般被保険者延滞金は調定額、収入済額とも136万5,600円で、前年度対比135万6,900円の増で、263件増の268件分になります。


 2目1節の退職被保険者等延滞金と2項1目1節の特定健康診査等受託料は収入はありませんでした。


 3項雑入、1目1節一般被保険者第三者納付金は調定額、収入済額とも66万7,620円で、前年度対比55万5,157円の増、備考欄01一般被保険者第三者行為損害賠償金で4件分です。


 次の229ページ、230ページをお願いします。


 2目1節の退職被保険者等第三者納付金から4目1節の退職被保険者返納金まで収入はありませんでした。


 5目1節雑入は調定額、収入済額とも150万5,689円で、前年度対比139万1,587円の増です。


 以上、歳入合計は調定額14億8,356万4,622円、収入済額13億941万9,543円で、前年度対比2,146万8,130円の増、不納欠損額1,009万4,034円、収入未済額が1億6,405万1,045円となっております。


 次の231ページ、232ページをお願いいたします。


 歳出です。


 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費は予算現額2,796万円に対し支出済額2,621万4,456円で、前年度対比219万6,525円の減、不用額は174万5,544円となっております。備考欄00一般経費、02−21一般職給料から04−21公務災害負担金までは人事異動に伴い72万7,588円の減、12−11通信運搬費は55万7,825円の増、隔年実施しています国保の保険証更新を書留で郵送していることによります。前年度執行の被保険者マスター作成システム開発にかかる委託料105万円が減となっております。


 10国民健康保険税賦課徴収事業449万4,759円は前年度対比91万8,102円の減、11−41印刷製本費は町村の電算化の共同化に伴い35万8,655円の増、前年度執行の賦課徴収システム改修にかかる委託料105万円が減となっております。


 次の233ページ、234ページをお願いします。


 2目連合会負担金は予算現額49万6,000円に対し支出済額49万2,865円で、前年度対比5,833円の減、不用額は3,135円となっております。保険者割と被保険者数割等により負担するものです。


 2項1目運営協議会費は予算現額52万3,000円に対し支出済額51万823円で、前年度対比3万6,103円の増、不用額は1万2,177円となっております。備考欄10国民健康保険運営協議会運営費で01−32国民健康保険運営協議会委員報酬が前年度対比3万8,152円の増となっております。


 2款保険給付費、1項療養諸費、1目一般被保険者療養給付費は予算現額7億2,398万2,000円に対し支出済額6億8,441万2,327円で、前年度対比582万8,550円の減、不用額は3,956万9,673円となっております。備考欄10一般被保険者療養給付費で、19−41一般被保険者分診療報酬は3万9,907件分、19−42入院時食事療養費は666件分です。


 2目退職被保険者等療養給付費は予算現額5,408万3,000円に対し支出済額4,563万6,597円で、前年度対比394万3,918円の増、不用額は844万6,403円となっております。備考欄10退職被保険者等療養給付費で、19−41退職被保険者等分診療報酬は2,863件分で、19−42入院時食事療養費は41件分です。


 3目一般被保険者療養費は予算現額980万6,000円に対し支出済額821万5,214円で、前年度対比81万6,480円の減、不用額は159万786円となっております。


 次の235ページ、236ページをお願いいたします。備考欄10一般被保険者療養費で、19−41一般被保険者分療養費は1,089件分です。


 4目退職被保険者等療養費は予算現額38万4,000円に対し支出済額30万4,136円で、前年度対比11万8,736円の減、不用額は7万9,864円となっております。備考欄10退職被保険者等療養費で、19−41退職被保険者等分療養費は44件分です。


 5目審査支払手数料は予算現額189万6,000円に対し支出済額174万5,718円で、前年度対比23万8,750円の減、不用額は15万282円となっております。


 2項高額療養費、1目一般被保険者高額療養費は予算現額9,668万2,000円に対し支出済額9,233万1,231円で、前年度対比215万6,518円の減、不用額は435万769円となっております。備考欄10一般被保険者高額療養費で、19−41一般費被保険者分高額療養費は給付件数は180件増の1,425件です。


 2目退職被保険者等高額療養費は予算現額617万1,000円に対し支出済額608万8,452円で、前年度対比66万4,230円の増、備考欄10退職被保険者等高額療養費で、19−41退職被保険者等分高額療養費は5件増の60件分です。


 3目一般被保険者高額介護合算療養費から3項移送費、次の237ページ、238ページをお願いいたします。2目退職被保険者等移送費まで支出はありませんでした。


 4項出産育児諸費、1目出産育児一時金は予算現額630万4,000円に対し支出済額504万2,100円で、前年度対比84万210円の減、不用額は126万1,900円となっております。備考欄10出産育児一時金で、19−41出産育児一時金504万円は1件42万円の12件分です。


 5項葬祭諸費、1目葬祭費は予算現額150万円に対し支出済額130万円で、前年度対比60万円の増、不用額は20万円となっております。備考欄10葬祭費で、19−41葬祭費130万円は1件5万円の26件分です。


 3款1項1目後期高齢者支援金は予算現額1億3,988万1,000円に対し支出済額1億3,987万1,652円で、前年度対比1,518万744円の増、不用額は9,348円となっております。増の要因は加入者一人当たりの算定基礎額が変更されたことによるものです。


 2目後期高齢者関係事務費拠出金は予算現額1万6,000円に対し支出済額1万3,943円で、前年度対比2,681円の減、不用額は2,057円となっております。


 4款1項前期高齢者納付金等は、次の239ページ、240ページをお願いします。1目前期高齢者納付金は予算現額40万2,000円に対し支出済額40万1,300円で、前年度対比19万8,558円の増、不用額は700円となっております。


 2目前期高齢者関係事務費拠出金は予算現額1万4,000円に対し支出済額1万3,626円で、前年度対比2,678円の減、不用額は374円となっております。


 5款1項老人保健拠出金、1目老人保健医療費拠出金は支出はありませんでしたので、前年度対比336万1,384円の減となっております。22年度で終了したものです。


 2目老人保健事務費拠出金は予算現額9,000円に対し支出済額8,674円で、前年度対比433円の減、不用額は326円となっております。


 6款1項1目介護納付金は予算現額6,128万7,000円に対し支出済額6,128万6,082円、前年度対比505万363円の増、不用額は918円となっております。第2号被保険者が20人増えたことによることと精算行為によるものです。


 7款1項共同事業拠出金、1目高額医療費共同事業拠出金は予算現額4,485万4,000円に対し支出済額3,859万1,625円で、前年度対比690万4,728円の増、不用額は626万2,375円となっております。一般被保険者の療養にかかるもののうち80万円を超える部分について交付されております。


 次の241ページ、242ページをお願いいたします。


 2目その他共同事業事務費拠出金は予算現額1,000円に対し支出済額383円で、前年度対比32円の増、不用額は617円となっております。


 3目保険財政共同安定化事業拠出金は予算現額1億1,038万7,000円に対し支出済額1億410万5,972円で、前年度対比212万2,247円の増、不用額は628万1,028円となっております。基準拠出対象額の増額によるものです。


 8款保健事業費、1項1目特定健康診査等事業費は予算現額918万円に対し支出済額586万7,437円で、前年度対比82万2,986円の減、不用額は331万2,563円となっております。備考欄10特定健康診査等事業費で、13−11健康診査等委託料552万17円は受診者数は630人で、前年度対比ですと47人の減により78万3,516円の減となっております。


 2項保健事業費、1目保健衛生普及費は予算現額43万7,000円に対し支出済額40万4,662円で、前年度対比1万3,383円の減、不用額は3万2,338円となっております。備考欄10保健普及事業で、12−11通信運搬費29万2,551円は6,166件の医療費通知の発送代です。


 2目疾病予防費は予算現額160万1,000円に対し支出済額78万8,710円で、前年度対比9万6,004円の増、不用額は81万2,290円となっております。備考欄10疾病予防事業、次の243ページ、244ページをお願いします。備考欄07−11臨時職員賃金は19万5,480円の増、前年度執行しました全自動血圧計の修理代6万1,125円が減となっております。


 9款1項基金積立金、1目保険給付費支払準備基金積立金は支出はありませんので、前年度対比では2,065万6,000円の減となっております。


 10款公債費、1項一般公債費、1目利子も支出はありませんでした。


 11款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目一般被保険者保険税還付金は予算現額30万円に対し支出済額9万4,900円で、前年度対比16万3,100円の減、不用額は20万5,100円となっております。還付該当件数は12件でした。


 2目退職被保険者等保険税還付金は予算現額5万2,600円に対し支出済額も同額で、還付該当件数は1件でした。


 3目一般被保険者還付加算金及び、次の245ページ、246ページをお願いします。4目退職被保険者等還付加算金は支出はありませんでした。


 5目国庫支出金返納金は予算現額460万8,000円に対し支出済額は460万7,253円で、前年度対比365万3,989円の増、不用額は747円となっております。


 6目療養給付費返納金も支出はありませんでした。


 2項繰出金、1目一般会計繰出金は予算現額620万円に対し支出済額も620万円で、前年度対比620万円の増です。


 12款1項1目予備費は2万2,600円を充用しまして283万6,400円が不用額となっております。


 以上、歳出合計は予算現額13億1,212万7,000円、支出済額12億3,460万2,738円で、前年度対比747万9,269円の増、不用額は7,752万4,262円となっております。


 次ページからは実質収支に関する調書、財産に関する調書について掲載してございますので、ごらんいただきたいと思います。


 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます


○(議長)  これをもって提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより本案に対する質疑に入ります。質疑はございませんか。


○7番議員(神野秀子)  歳入の方ですが、不納欠損額、決算審査意見書にも書いてありますけども、滞納繰越分では7.0ポイントの増だったのですが、不納欠損処分の取り扱い状況については件数で94件、税額1,009万4,034円とありますが、不納欠損が1,000万円超えたということで、昨年はたしか650万ぐらいだったのですが、ちょっと1,000万円ということで、今後心配になってきたのですけれども、この件について、もう少し詳しい内容説明をお願いしたいと思います。


○(収納対策課長)  不納欠損につきましては、本来、賦課担当課の所掌事務となりますけれども、23年度から収納対策課において町税及び保険料の滞納整理を所管しておりますので、ご説明させていただきます。


 不納欠損は債権を放棄する行為ではなく、何らかの事由により時効等で債権が消滅したために消滅不納となったものを欠損する会計処理でございます。


 国保税に関して地方税法に規定される時効による納税義務の消滅は5年の時効、それから滞納処分に関する規定では地方税法第15条の7第4項の滞納処分停止後3年経過、同条第5項の滞納処分の停止後、その後徴収不納が明らかであるため地方公共団体の長が直ちに納税義務を消滅させる場合、いわゆる即時消滅がございます。


 国保税について具体に申し上げますと、執行停止後3年経過分及び執行停止期間中の時効消滅分は該当がございません。


 即時消滅分につきましては、調査により家庭裁判所より相続放棄の申述書などにより確認がとれたもので3名、6件、これが62万8,111円になります。ここでの件数は年度ごとの人数となります。一人の方に複数年度分の滞納があった場合は、それぞれの年度で1件としてカウントしております。それから、5年経過消滅時効分については、68名、計88件の946万5,923円となります。


 これらは財産調査をしても、無財産、差し押さえる財産もないケースや所在不明により実体のないもの、それから生活困窮、本人が死亡し、かつ相続人に支払い能力がないなどのケースで、町内者は38世帯で、主な世帯の状況は、完納できず、毎月分納を継続している世帯が15世帯、本人死亡が6世帯、生活保護4世帯、住民登録がそのままで所在不明の世帯が2世帯などになります。


 また、町外30世帯ございまして、湯河原町11世帯、小田原市3世帯、他市町村16世帯で、うち死亡が4世帯、生活保護3世帯、所在不明4世帯などとなっております。


 不納欠損につきましては、税負担の公平性の観点からも問題ございますので、こういった意味からも日ごろから財産調査を行い、適正に差し押さえ処分などの滞納整理を行い、債権の確保を行っております。


 また、分納や一部納付により時効を中断できないものかどうか、これらは常に念頭に置きながら、納税の折衝に当たっているところでございます。


 今後も不納欠損処分については、滞納者の実態を十分把握いたしまして、税負担の公平性が損なわれることのないよう適正な処理に努めてまいりたいと思います。


 以上です。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は原案のとおり認定することに賛成の方は起立願います。


                 (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「決算の認定について(平成23年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(事業勘定)決算)については認定することに決定しました。


○(議長)  日程第3、認定第3号「決算の認定について(平成23年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施設勘定)決算)」の件を議題とします。


○(議長)  本案について、提出者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  認定第3号は、平成23年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施設勘定)の決算の認定についてであります。


 去る7月11日に、会計管理者より提出があり、7月18日から26日までの間の4日間において、監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものであります。


 詳細につきましては、会計管理者に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を会計管理者に求めます。


○(会計課長)  それでは、ご説明をさせていただきます。


 認定第3号は、平成23年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施設勘定)歳入歳出決算です。


 249ページ、250ページをお願いいたします。


 歳入です。


 1款診療収入は調定額、収入済額とも7,278万6,876円で、前年度対比3,500万5,586円の減、1項外来収入は調定額、収入済額とも6,849万932円で、前年度対比3,497万5,356円の減、2項その他の診療収入は調定額、収入済額とも429万5,944円で、前年度対比3万230円の減となっております。


 2款使用料及び手数料は1項手数料で、調定額、収入済額とも37万490円で、前年度対比22万2,860円の減となっております。


 3款繰入金は1項他会計繰入金で、調定額、収入済額とも4,280万円で、前年度対比831万円の減となっております。


 4款1項繰越金は調定額、収入済額とも918万7,969円で、前年度対比103万6,461円の増となっております。


 5款諸収入は調定額、収入済額とも95万900円で、前年度対比85万2,770円の増、1項雑入は調定額、収入済額とも9万8,900円で、前年度対比770円の増、2項受託事業収入は調定額、収入済額とも85万2,000円で、前年度対比85万2,000円の増となっております。


 以上、歳入合計は調定額、収入済額とも1億2,609万6,235円で、前年度対比4,164万9,215円の減となっております。


 次の251ページ、252ページをお願いいたします。


 歳出です。


 1款総務費は1項施設管理費で、予算現額1億395万2,300円、支出済額1億323万5,899円で、前年度対比2,471万2,457円の減、不用額は71万6,401円となっております。


 2款1項医業費は予算現額919万8,000円、支出済額888万1,751円で、前年度対比298万4,471円の増、不用額は31万6,249円となっております。


 3款1項公債費は予算現額2,490万3,000円、支出済額2,468万9,352円で、前年度対比2万2,493円の減、不用額は21万3,648円となっております。


 4款1項予備費は111万4,700円がそのまま不用額となっております。


 以上、歳出合計は予算現額1億3,916万8,000円、支出済額1億3,680万7,002円で、前年度対比2,175万479円の減、不用額は236万998円で、歳入歳出差引額は1,071万767円の歳入不足となり、同額を翌年度歳入繰上充用金としております。


 次の253ページ、254ページをお願いします。


 事項別明細書、歳入です。


 1款診療収入、1項外来収入、1目国民健康保険診療報酬収入、1節現年分は調定額、収入済額とも1,592万8,639円で、前年度対比836万3,807円の減、診療件数は3,290件の4,461人で、前年度対比1,484件、2,232人の減となっております。2節未収繰越分は収入はありませんでした。


 2目社会保険診療報酬収入、1節現年分は調定額、収入済額とも1,424万751円で、前年度対比689万6,105円の減、診療件数は3,145件、4,161人で、前年度対比1,306件の、1,833人の減です。2節未収繰越分は収入はありませんでした。


 3目後期高齢者診療報酬収入、1節現年分は調定額、収入済額とも2,308万9,781円で、前年度対比1,261万1,211円の減、診療件数は3,872件、5,463人で、前年度対比1,644件、2,323人の減です。2節未収繰越分は収入はありませんでした。


 4目一部負担金収入、1節現年分は調定額、収入済額とも906万5,908円で、前年度対比486万9,360円の減、診療件数は7,965件、8,017人で、前年度対比4,023件、4,018人の減です。2節未収繰越分は収入はありませんでした。


 5目その他の診療報酬収入、1節現年分は調定額、収入済額とも616万5,853円で、前年度対比223万4,873円の減、診療件数は2,053件の2,159人で、前年度対比950件、852人の減となっております。2節未収繰越分は収入はありませんでした。


 2項その他の診療収入、1目諸検査等収入、1節健康診断料は調定額、収入済額とも429万5,944円で、前年度対比3万230円の減、健康診断料件数479件で、前年度対比59件の減となっております。


 2款使用料及び手数料、1項1目1節手数料は調定額、収入済額とも37万490円で、前年度対比22万2,860円の減、備考欄01各種診断手数料36万3,790円は前年度対比21万9,960円の減、184件の186人分で、前年度対比91件、89人の減となっております。


 3款繰入金、1項他会計繰入金、次の255ページ、256ページをお願いします。1目1節一般会計繰入金は調定額、収入済額とも4,280万円で、前年度対比831万円の減、備考欄05地域医療再生計画事業費補助金420万円が新規です。


 4款1項1目繰越金、1節前年度繰越金は調定額、収入済額とも918万7,969円で、前年度対比103万6,461円の増となっております。


 5款諸収入、1項1目1節雑入は調定額、収入済額とも9万8,900円で、前年度対比770円の増、備考欄03その他9万7,900円は飲料自販機設置手数料です。


 2項受託事業収入、1目総務費受託事業収入、1節医療受託事業収入は調定額、収入済額とも85万2,000円で、新規で、備考欄01休日救急医療看護師受託収入です。


 以上、歳入合計は調定額、収入済額とも1億2,609万6,235円で、前年度対比4,164万9,215円の減となっております。


 次の257ページ、258ページをお願いします。


 歳出です。


 1款総務費、1項施設管理費、1目一般管理費は予算現額1億369万5,100円に対し支出済額1億297万9,699円で、前年度対比2,488万2,557円の減、不用額は71万5,401円となっております。備考欄00一般経費9,441万3,938円は前年度対比2,475万9,554円の減、内科医師が22年度末で退職したことによります。02−22医療職は1,093万4,808円の減、03−12期末手当は232万6,421円の減、03−13勤勉手当は159万6,755円の減、03−14退職手当負担金等は249万1,812円の減、03−52医務手当は252万円の減、04−11職員共済負担金は298万5,812円の減、また、これに伴いまして07−11臨時医師が479万8,980円の増となっております。


 次の259ページ、260ページをお願いいたします。備考欄13−13血液検査料57万8,591円は前年度対比57万6,519円の減となっております。


 次の261ページ、262ページをお願いいたします。備考欄10施設管理経費856万5,761円は前年度対比12万3,003円の減、11−51光熱水費は前年度対比25万4,529円の減となっております。


 次の263ページ、264ページをお願いいたします。


 2目財産管理費は予算現額25万6,200円に対し支出済額も25万6,200円で、前年度対比17万100円の増、備考欄10施設維持修繕経費で11−61修繕料は自家発電設備燃料噴射ポンプとドアの修理をしたものです。


 3目諸費は支出はありませんでした。


 2款1項医業費、1目医療用機械器具費は予算現額423万3,000円に対し支出済額420万5,302円で、前年度対比410万9,192円の増、不用額は2万7,698円となっております。備考欄10医療用機械器具費で18−15医療用備品購入費420万円は新規で、解析付パノラマ心電計等を購入しております。


 2目医療用消耗器材費は予算現額87万円に対し支出済額85万4,982円で20万3,416円の減、不用額は1万5,018円となっております。備考欄10医療用消耗器材費で、注射器針等の購入代です。


 3目医薬品衛生材料費は予算現額409万5,000円に対し支出済額382万1,467円で、前年度対比92万1,305円の減、不用額は27万3,533円となっております。備考欄10医薬品衛生材料費で、11−81薬品代が88万5,260円の減となっております。


 次の265ページ、266ページをお願いいたします。


 3款1項公債費、1目元金は予算現額1,702万6,000円に対し支出済額1,702万5,522円で、前年度対比35万950円の増、不用額は478円となっております。


 2目利子は予算現額787万7,000円に対し支出済額766万3,830円で、前年度対比37万3,443円の減、不用額は21万3,170円となっております。


 4款1項1目予備費は33万300円を充用しまして111万4,700円が不用額となっております。


 以上、歳出合計は予算現額1億3,916万8,000円、支出済額1億3,680万7,002円で、前年度対比2,175万479円の減、不用額は236万998円となっております。


 次ページからは実質収支に関する調書及び財産に関する調書を掲載しておりますので、ごらんいただければと思います。


 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  これをもって提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより本案に対する質疑に入ります。質疑はございませんか。


○2番議員(村田知章)  2番、村田です。


 253ページ、歳入のところで外来収入のところでも軒並み患者の診察数が激減しているというふうな印象を受けました。今、新しい先生が来て、かなり好評だというふうには聞いておりますが、23年度の決算の報告は余りにも落ち込みがひど過ぎるように思われます。ここら辺のことについて、それはどうしてそういうふうになったのかということを、どのように分析されているのかということをお聞かせ願えたらと思います。


○(診療所事務長)  23年度の外来収入の減につきましては、医師が22年度と比較して1名減になったということが、もうその原因に尽きると思われます。外科医1名で運営したことにより、内科分の診療収入がものすごく減ったということが原因になると思います。


○2番議員(村田知章)  確かに常駐の医師は1名減りましたけれども、非常勤で医師を雇っていると思います。ただ実質収支も1,000万円を超えるほどの、はっきり言って赤字ですよね。ここら辺、やはり、これぐらい大きな額になってくると、しっかりとした、どうしてそういうふうに、医師が減っただけで、これだけ大きな損失が出てくるのか、そこら辺を分析すべきだと思うのですけれども、そこら辺の考えをお聞かせいただければと思います。


○(診療所事務長)  現在、新しい体制の中で工夫をしながら診療所の運営を、体制を整えることを努力しているところなんですが、一度離れた患者さんが、なかなかそう簡単に戻ってくるかというと、私も甘くないものだと思いながら、日々努力をしているところです。


 何をするかといいますと、私たちも取り組んでいるのが、医師だけにとどまらず、中の環境を変えることも一つ、診療所の、形というのは環境です、院内の環境を変えることも大きく左右するのではないかなということもあり、また、宣伝等も一つ一つチラシを配ったりしながら、そういう努力をしているところですので、結果として簡単に本当にあらわれるものではないので、少し長い目で見ていただけたらありがたいのかなというふうに思っております。


○8番議員(二見和幸)  8番、二見和幸です。


 253ページと診療収入、外来収入、村田議員と同じようなところなんですけど、原因の一つになるかわからないですが、町民の患者さんが診療に伺ったところ、3人先に患者さんが座っていて、自分は4番目だったそうです。そのときに、2時間待たされたということで、大体一人40分ぐらいの時間がかかっている。診察ですから、長い時間がかかることはあるかもしれないですけど、もう少しスムーズにできれば、患者数なんかも改善していくと思うのですが、その辺はどう思っているのか、お答えください。


○(診療所事務長)  ありがとうございます。待ち時間のことにつきましては、ほかのいろいろな患者さんからも待ち時間が長いというふうなご意見を伺っております。ただ、今現在の劉先生につきましては、いい見方をしますと、丁寧に診ていただいているという意見もたくさんいただいておりまして、そういう意見を言われる患者さんも逆にたくさんいることは事実です。


 実際には短い時間でよい診療を受けることが一番良いことだと思いますので、その辺につきましても、内部で、先生が診る以前に看護師さんがどのような対応ができるかとか、そういう工夫もしているところです。


 いずれにしましても、短い時間で良い診療を受けられるようなことに向けて、内部での調整をしながら、待ち時間を少なくする努力は続けていきたいと思っております。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は原案のとおり認定することに賛成の方は起立願います。


                 (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「決算の認定について(平成23年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施設勘定)決算)」については認定することに決定しました。


○(議長)  暫時休憩します。


              (休憩 午後2時39分)


              (再開 午後3時10分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  日程第4、認定第4号「決算の認定について(平成23年度真鶴町下水道事業特別会計決算)」の件を議題とします。


○(議長)  本案について、提出者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  認定第4号は、平成23年度真鶴町下水道事業特別会計決算の認定についてであります。


 去る7月11日に、会計管理者より提出があり、7月18日から26日までの間の4日間において、監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものであります。


 詳細につきましては、会計管理者に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を会計管理者に求めます。


○(会計課長)  それでは、説明をさせていただきます。


 認定第4号は、平成23年度真鶴町下水道事業特別会計歳入歳出決算です。


 273ページ、274ページをお願いいたします。


 歳入です。


 1款分担金及び負担金は1項負担金で、調定額、収入済額とも120万円で、前年度対比85万円の増。


 2款使用料及び手数料は調定額1,207万5,564円、収入済額1,175万5,916円で、前年度対比89万6,859円の増、1項使用料は調定額1,191万1,564円、収入済額1,159万1,916円で、前年度対比74万8,859円の増、2項手数料は調定額、収入済額とも16万4,000円で、前年度対比14万8,000円の増となっております。


 3款国庫支出金は1項国庫補助金で、調定額、収入済額とも1,350万円で、前年度対比402万2,000円の減。


 4款県支出金は1項県補助金で、調定額、収入済額とも178万8,000円、前年度対比107万5,000円の減。


 5款繰入金は1項他会計繰入金で、調定額、収入済額とも1億1,796万2,000円で、前年度対比1,274万4,000円の減。


 6款1項繰越金は調定額、収入済額とも153万3,886円で、前年度対比118万9,629円の減。


 7款諸収入は1項雑入で、調定額、収入済額とも1万6,502円で、前年度対比1万6,502円の増。


 8款1項町債は調定額、収入済額とも2,280万円で、前年度対比510万円の増となっております。


 以上、歳入合計は調定額1億7,087万5,952円、収入済額1億7,055万6,304円で、前年度対比1,216万7,268円の減、収入未済額は31万9,648円となっております。


 次の275ページ、276ページをお願いいたします。


 歳出です。


 1款総務費は1項下水道総務費で、予算現額4,441万731円、支出済額4,433万2,965円で、前年度対比295万445円の減、不用額は7万7,766円となっております。


 2款1項事業費は予算現額5,005万2,000円、支出済額4,789万3,621円で、前年度対比1,484万8,281円の減、不用額は215万8,379円となっております。


 3款1項公債費は予算現額7,571万4,000円、支出済額7,568万5,882円で、前年度対比452万1,508円の増、不用額は2万8,118円となっております。


 4款1項予備費は予算現額5万269円がそのまま不用額となっております。


 以上、歳出合計は予算現額1億7,022万7,000円、支出済額1億6,791万2,468円で、前年度対比1,327万7,218円の減、不用額は231万4,532円、歳入歳出差引残額264万3,836円で、前年度対比110万9,950円の増となっております。


 次、277ページ、278ページをお願いいたします。


 事項別明細書、歳入です。


 1款分担金及び負担金、1項負担金、1目受益者負担金、1節下水道事業受益者負担金は調定額、収入済額とも120万円で、前年度対比85万円の増、内訳は賃貸住宅が60万円が1件、減免率0%で10万円が4件、減免率50%で5万円が3件、減免率75%で2万5,000円が2件の計120万円です。その他減免率100%が4件ございます。


 2款使用料及び手数料、1項使用料、1目1節下水道使用料は調定額1,165万1,910円、収入済額1,152万3,413円で、前年度対比71万3,942円の増、収入未済額は12万8,497円で10件分です。23年度末現在の下水道使用世帯数は248世帯となっております。2節滞納繰越分は調定額25万9,654円、収入済額6万8,503円で、前年度対比3万4,917円の増、収入未済額は19万1,151円で7件分です。


 2項手数料、1目1節下水道手数料は調定額、収入済額とも16万4,000円で、前年度対比14万8,000円の増、備考欄01排水設備指定工事店登録等手数料14万円は新規登録が1万円の4件、登録更新が5,000円の20件分、02排水設備責任技術者登録等手数料2万4,000円は新規登録が3,000円の6件、登録更新が2,000円の3件分です。


 3款国庫支出金、1項国庫補助金、1目下水道費国庫補助金、1節下水道費補助金は調定額、収入済額とも1,350万円で、前年度対比402万2,000円の減です。


 4款県支出金、1項県補助金、1目下水道費県補助金、1節下水道費補助金は調定額、収入済額とも178万8,000円で、前年度対比107万5,000円の減です。


 次の279ページ、280ページをお願いいたします。


 5款繰入金、1項他会計繰入金、1目1節一般会計繰入金は調定額、収入済額とも1億1,796万2,000円で、前年度対比1,274万4,000円の減となっております。


 6款1項1目繰越金、1節前年度繰越金は調定額、収入済額とも153万3,886円で、前年度対比118万9,629円の減となっております。


 7款諸収入、1項1目1節雑入は調定額、収入済額とも1万6,502円で、前年度対比1万6,502円の増、県下水汚泥処理処分等対策協議会の清算金です。


 8款1項町債、1目下水道債、1節公共下水道債は調定額、収入済額とも2,280万円で、前年度対比510万円の増となっております。


 以上、歳入合計は調定額1億7,087万5,952円、収入済額1億7,055万6,304円で、前年度対比1,216万7,268円の減、収入未済額は31万9,648円となっております。


 次の281ページ、282ページをお願いいたします。


 歳出です。


 1款総務費、1項下水道総務費、1目一般管理費は予算現額3,247万8,400円に対し支出済額3,242万5,077円で、前年度対比285万6,953円の減、不用額は5万3,323円となっております。備考欄00一般経費3,079万413円は前年度対比66万8,936円の増、上下水道課下水道班職員4名分の人件費です。


 10下水道運営経費163万4,664円は前年度対比352万5,889円の減、27−91消費税及び地方消費税109万7,400円は前年度対比58万6,800円の増、前年度執行しました公共下水道事業再評価調査等業務委託料404万2,500が減となっております。


 次の283ページ、284ページをお願いいたします


 2目施設管理費は予算現額1,061万9,331万円に対し支出済額1,059万5,002円で、前年度対比101万7,137円の増、不用額は2万4,329円となっております。備考欄10施設維持管理費で13−15公共下水道管路施設調査委託料120万7,500円が新規で、管路の目視による調査を行っております。19−11下水処理負担金427万2,249円は前年度対比167万8,896円の増。


 3目一般会計繰出金は予算現額131万3,000円に対し支出済額131万2,886円で、前年度対比111万629円の減、不用額は114円となっております。


 2款事業費は、次の285ページ、286ページをお願いいたします。1項事業費、1目下水道整備費は予算現額5,005万2,000円に対し支出済額4,789万3,621円で、前年度対比1,484万8,281円の減、不用額は215万8,379円となっております。備考欄10公共下水道整備事業で、13−17公共下水道事業認可変更業務委託料337万500円は新規で、認可設計を行ったものです。15−01公共下水道管渠築造工事2,726万8,500円は前年度対比1,237万9,500円の減、3件で総延長269.7メートルの工事を行ったものです。19−11広域公共下水道建設事業費負担金1,667万9,566円は前年度対比584万7,039円の減、下水道事業事務委託にかかる分が1,064万6,566円、建設費負担金が603万3,000円となっております。


 3款1項公債費、1目元金は予算現額4,550万5,000円に対し支出済額4,550万4,714円で、前年度対比514万3,633円の増、不用額は286円となっております。備考欄10町債償還元金で、23−01町債償還元金は35件分です。


 2目利子は予算現額3,020万9,000円に対し支出済額3,018万1,168円で、前年度対比62万2,125円の減、不用額は2万7,832円となっております。備考欄10町債償還利子で、23−01町債償還利子は47件分です。23−02一時借入金利子は1回分です。


 4款1項1目予備費は9万9,731円を充用して5万269円が不用額となっております。


 以上、歳出合計は予算現額1億7,022万7,000円、支出済額1億6,791万2,468円で、前年度対比1,327万7,218円の減、不用額は231万4,532円となっております。


 次ページからは実質収支に関する調書及び財産に関する調書を掲載しておりますので、ごらんいただければと思います。


 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  これをもって提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより本案に対する質疑に入ります。質疑はございませんか。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は原案のとおり認定することに賛成の方は起立願います。


                 (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「決算の認定について(平成23年度真鶴町下水道事業特別会計決算)」については認定することに決定しました。


○(議長)  日程第5、認定第5号「決算の認定について(平成23年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計決算)」の件を議題とします。


○(議長)  本案について、提出者から議案理由の説明を求めます。


○(町長)  認定第5号は、平成23年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計決算の認定についてであります。


 去る7月11日に、会計管理者より提出があり、7月18日から26日までの間の4日間において、監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものであります。


 詳細につきましては、会計管理者に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を会計管理者に求めます。


○(会計課長)  それでは、説明をさせていただきます。


 認定第5号は、平成23年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計歳入歳出決算です。


 291ページ、292ページをお願いいたします。


 歳入です。


 1款使用料及び手数料は1項使用料で、調定額326万4,500円、収入済額236万4,500円で、前年度対比111万2,000円の減、収入未済額は90万円となっております。


 2款財産収入は調定額、収入済額とも1億4,297万6,979円で、前年度対比1,501万2,059円の減、1項財産運用収入は調定額、収入済額とも378万円で、前年度対比10万5,000円の減、2項財産売払収入は調定額、収入済額とも1億3,919万6,979円で、前年度対比1,490万7,059円の減。


 3款繰入金は調定額、収入済額とも1,000万円で、前年度対比500万円の増、1項基金繰入金は収入はありませんでした。2項他会計繰入金は調定額、収入済額とも1,000万円で、前年度対比500万円の増。


 4款1項繰越金は調定額、収入済額とも21万2,484円で、前年度対比313万3,773円の減。


 5款諸収入は調定額、収入済額とも1,100円で、前年度対比6万471円の減、1項預金利子は収入はありませんでした。2項雑入は調定額、収入済額とも1,100円で、前年度対比6万471円の減となっております。


 以上、歳入合計は調定額1億5,645万5,063円、収入済額1億5,555万5,063円で、前年度対比1,431万8,303円の減、収入未済額は90万円となっております。


 次の293ページ、294ページをお願いいたします。


 歳出です。


 1款1項魚座運営費は予算現額8,364万3,716円、支出済額8,228万147円で、前年度対比828万8,310円の減、不用額は136万3,569円となっております。


 2款1項ケープ真鶴運営費は予算現額7,481万9,836円、支出済額7,216万4,984円で、前年度対比91万6,672円の減、不用額は265万4,852円となっております。


 3款1項公債費は予算現額601万2,000円、支出済額601万769円で、前年度と同額です。不用額は1,231円となっております。


 4款諸支出金、1項繰出金は支出はありませんでした。


 5款1項予備費は予算現額40万1,448円がそのまま不用額となっております。


 以上、歳出合計は予算現額1億6,487万8,000円、支出済額1億6,045万5,900円で、前年度対比920万4,982円の減、不用額は442万2,100円で、歳入歳出差引額は490万837円の歳入不足となり、同額を翌年度歳入繰上充用金としております。


 次の295ページ、296ページをお願いいたします。


 事項別明細書、歳入です。


 1款使用料及び手数料、1項使用料、1目魚座使用料、1節施設使用料は調定額、収入済額とも140万7,000円で前年と同額です。備考欄01水産物荷さばき施設利用料です。


 2目1節駐車場使用料は調定額、収入済額とも95万7,500円で、前年度対比21万2,000円の減。


 3目ケープ真鶴使用料、1節施設使用料は調定額90万円に対し、収入がありませんでしたので、90万円が収入未済額となっております。シーフロントの店舗貸付料です。


 2款財産収入、1項財産運用収入、1目財産貸付収入、1節土地建物貸付収入は調定額、収入済額とも378万円で、前年度対比10万5,000円の減、魚座店舗貸付料6店舗分です。


 2項財産売払収入、1目生産品売払収入、1節物品売払収入は調定額、収入済額とも4,510万7,255円で、前年度対比397万4,558円の減、備考欄01魚座物品等売払収入466万1,545円は前年度対比43万8,935円の減、02ケープ真鶴物品等売払収入4,044万5,710円は前年度対比353万5,623円の減となっております。2節食堂売上収入は調定額、収入済額とも9,408万9,724円で、前年度対比1,093万2,501円の減、備考欄01魚座食堂売上収入6,740万2,020円は前年度対比1,312万2,815円の減、02ケープ真鶴食堂売上収入2,668万7,704円は前年度対比219万314円の増となっております。


 3款繰入金、1項基金繰入金、1目1節魚座・ケープ真鶴運営基金繰入金は収入はありませんでした。


 2項他会計繰入金は、次の297ページ、298ページをお願いいたします。1目1節一般会計繰入金は調定額、収入済額とも1,000万円で、前年度対比500万円の増。


 4款1項1目繰越金、1節前年度繰越金は調定額、収入済額とも21万2,484円で、前年度対比313万3,773円の減となっております。


 5款諸収入、1項1目預金利子は収入はありませんでした。


 2項1目1節雑入は調定額、収入済額とも1,100円で、前年度対比6万471円の減、廃油回収にかかるものです。


 以上、歳入合計は調定額1億5,645万5,063円、収入済額1億5,555万5,063円で、前年度対比1,431万8,303円の減、収入未済額が90万円となっております。


 次の299ページ、300ページをお願いいたします。


 歳出です。


 1款1項魚座運営費、1目一般管理費は予算現額2,153万8,716円に対し支出済額2,082万6,087円で、前年度対比692万9,832円の増、不用額は71万2,629円となっております。備考欄00一般経費2,003万1,448円は前年度対比672万7,388円の増、01−41管理員等報酬377万1,650円と04−61社会保険料54万5,472円は魚座の支配人にかかる分で、新規ですが、人員配置の変更により一般管理費に移されたものです。07−11臨時職員賃金243万円は清掃員と駐車場の警備員にかかるもので、これも管理員報酬等と同様でございます。13−27水槽管理委託料91万9,800円は前年度対比39万9,000円の減、前年度は大水槽の清掃を執行したことによります。23−01一般会計借入金償還元金250万円と23−02一般会計借入金償還利子2万9,726円は新規で、みどり基金繰替運用返済金と利子です。


 次の301ページ、302ページをお願いいたします。備考欄30魚座修繕事業79万4,639円は前年度対比30万2,444円の増、11−61修繕料54万5,369円は水槽・エレベーター等14件分です。19−42魚市場プレハブ冷凍庫大扉交換工事負担金24万9,270円は新規で、交換にかかる分を漁協と案分して負担しております。


 2目食堂運営費は予算現額6,210万5,000円に対し支出済額6,145万4,060円で、前年度対比1,521万8,142円の減、不用額は65万940円となっております。備考欄10食堂運営事業5,837万5,806円は前年度対比1,498万6,231円の減、01−41調理員等報酬1,283万5,230円は前年度対比669万3,906円の減、調理員4名分の報酬です。先に説明させていただいたとおり、人員配置の変更により減となっております。07−11臨時職員賃金990万4,103円は前年度対比124万4,011円の減、13名分で人員配置の変更による減です。11−71賄材料費は食堂の売上の減少に伴い前年度対比525万1,430円の減となっております。


 20物品販売事業307万8,254円は前年度対比23万1,911円の減、11−11販売用物品購入費は土産品の総売上の減少に伴い減となっております。


 次の303ページ、304ページをお願いいたします。


 2款1項ケープ真鶴運営費、1目一般管理費は予算現額1,728万9,836円に対し支出済額1,664万625円で、前年度対比588万3,325円の増、不用額は64万9,211円となっております。備考欄00一般経費で07−11臨時職員賃金373万4,383円は前年度対比348万3,583円の増、夏季の駐車場整理員4名と事務員1名、清掃員2名の賃金で、人員配置の変更と清掃を直雇いにしたことによる増です。11−61修繕料は前年度対比93万4,703円の増、水道メーターの移設ほか18件の修繕を執行しております。23−01一般会計借入金償還元金250万円と23−02一般会計借入金償還利子2万9,726円は新規で、1款の魚座運営費と同様にみどり基金繰替運用返済金と利子です。前年度執行しました浄化槽の汚泥の引き抜き14万7,000円と清掃業務の委託料178万5,282円が減となっております。


 2目食堂等運営費は予算現額5,753万円に対し支出済額5,552万4,359円で、前年度対比679万9,997円の減、不用額は200万5,641円となっております。備考欄10食堂等運営事業2,591万6,013円は前年度対比431万25円の減。


 次の305ページ、306ページをお願いいたします。備考欄04−61社会保険料の前年度対比39万1,060円の減と07−11職員賃金の前年度対比352万1,528円の減は、人員配置の変更による減です。11−71賄材料費は前年度対比81万5,804円の減、これは原価率の改善を図ったものであります。


 3款1項公債費、1目元金は予算現額534万1,000円に対し支出済額534万491円で、前年度対比15万5,548円の増、不用額は509円で、町債償還元金です。


 2目利子は予算現額67万1,000円に対し支出済額67万278円で、前年度対比15万5,548円の減、不用額は722円で、町債償還利子です。


 4款諸支出金、1項繰出金、1目一般会計繰出金は支出はありませんでした。


 5款予備費、次の307ページ、308ページをお願いいたします。1項1目予備費は54万5,552円を充用して40万1,448円が不用額となっております。


 以上、歳出合計は予算現額1億6,487万8,000円に対し支出済額1億6,045万5,900円で、前年度対比920万4,982円の減、不用額は442万2,100円となっております。


 次ページ以降は実質収支に関する調書と財産に関する調書を掲載しておりますので、ごらんいただければと思います。


 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  これをもって提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより本案に対する質疑に入ります。質疑はございませんか。


○5番議員(青木 繁)  5番、青木繁です。


 295ページ、6ページの中で、3目の1節施設使用料90万円の未収額、これについてはシーフロントのという、今、会計課長からの説明もありました。それから、以前、経済の常任委員会でも担当の土屋課長並びに町長からもるる説明をいただいておりましたけれども、その後、今年度7月末ですか、新規に契約者が更新されたと。従前の方からは、こうやって未収額ですけれども、この未収額についての以降の経緯、それから、新たな契約者、この方にはどのような賃貸契約でされたか。俗に言う民間ですと、保証金、あるいは何カ月分かの保証金、敷金等の契約ということで通常は賃貸契約を結ぶかと思います。従前、他の町有財産の貸付においては、そういうことを私は聞いてはいませんけれども、こうやって未払いの未収がある場合は、そういう契約も方法論としてはあるかなと個人的には思うので、その辺の内容もちょっとご説明を担当課長からお聞きしたいと思います。


 以上です。


○(産業観光課長)  ケープのシーフロントについての90万円の未収金についての説明でございますが、シーフロント契約自体の経緯を簡単に説明をさせていただきます。


 まず、平成16年の5月に小田急から真鶴町にケープ自体が運営をするようになりました。その時点では、前使用者が使用していたわけですが、その時点では町としましては、商工会が中心となってケープパレス、今のケープ真鶴ですが、そこを運営していくというような話がありまして、その間においては従前使用していた方に、じゃあ、1年足らずですので、使用していただこうということで引き続き前使用者が使用をしていたということでございます。


 しかし平成17年になりまして、商工会の方で運営ができなくなったということで、平成17年から22年度まで、前使用者と賃貸借の契約を1年更新で実施していたという経緯がございます。


 その中で、前使用者は、建物管理が非常に悪く、観光客からクレーム、建物内外のごみが散乱しているという状況がたびたびあり、何度か注意をしていたところでございます。


 それらを受け、23年度の契約に当たり、十何年と前使用者が使っていたわけですが、一個人に長期間、町の施設を使用させることは他の使用希望者もあることから、今後二、三年で契約を見直したいという旨の交渉を始めさせていただきました。明け渡しの時期とか、それから家賃の納入について本人と町との話し合いで折り合いがなかなかつかない、そういう状況で、その間、町としましても顧問弁護士と協議をしながら、使用者と交渉を行いましたが、なかなか話がまとまらず、前使用者の言い分としましては、自分は死ぬまでここを使用するのだと、一歩も動かないというようなことで、なかなか契約が取り交わせなかったという状況でございます。


 しかし、使用していることは事実でありますので、使用料については納入をしていただきたいと再三申し出を行ったところなんですが、前使用者は、立ち退き料の一部として家賃は払わないということで、現在に至っておるということでございます。


 しかし、前使用者は5月末をもって一度は撤去するという申し出があったのですが、5月末になっても、なかなかそういう様子が見られなかったということで、7月下旬にやっと明け渡しを受けることができました。


 その間、平成23年4月から明け渡しのあった平成24年7月までの間、1年4カ月になりますが、それが全部負担が請求できるものであれば約120万ほどになりますが、これらについても、今後、裁判手続を視野に入れながら、弁護士さんとも相談して、連帯保証人も含め話し合っていきたいというふうに考えております。


○5番議員(青木 繁)  今の課長のご説明、ご回答で内容はよくわかりました。ただし、この前も町長、課長からも説明がありましたように、借受人には保証人が2名ついているといった話の中で、その保証人等も何か一応協力的にはしてくれているというような話も承っていますけれども、今回の場合の借受人との契約については保証人はついているのかどうか。以上、それだけです。


○(産業観光課長)  今回の契約者でございますが、シーフロントの貸付という形ではなくて、使用許可という形で許可をしております。毎年更新ということで1年間の使用許可を与えているということで、賃貸借契約とは別な考え方であります。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は原案とおり認定することに賛成の方は起立願います。


                 (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「決算の認定について(平成23年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計決算)」については認定することに決定しました。


○(議長)  暫時休憩いたします。


              (休憩 午後3時46分)


              (再開 午後4時01分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  日程第6、認定第6号「決算の認定について(平成23年度真鶴町介護保険事業特別会計決算)」の件を議題とします。


○(議長)  本案について、提出者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  認定第6号は、平成23年度真鶴町介護保険事業特別会計決算の認定についてであります。


 去る7月11日に、会計管理者より提出があり、7月18日から26日までの間の4日間において、監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものであります。


 詳細につきましては会計管理者に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を会計管理者に求めます。


○(会計課長)  それでは、説明をさせていただきます。


 認定第6号は、平成23年度真鶴町介護保険事業特別会計歳入歳出決算です。


 315ページ、316ページをお願いいたします。


 歳入です。


 1款保険料は1項介護保険料で、調定額1億1,301万8,590円、収入済額1億549万8,190円で、前年度対比18万8,160円の増、不納欠損額は82万9,010円、収入未済額は669万1,390円となっております。


 2款使用料及び手数料は1項手数料で、調定額、収入済額とも6万円で、前年対比1万4,900円の増。


 3款国庫支出金は調定額、収入済額とも1億3,720万400円で、前年度対比782万9,885円の増、1項国庫負担金は調定額、収入済額とも1億526万2,000円で、前年度対比528万8,435円の増、2項国庫補助金は調定額、収入済額とも3,193万8,400円で、前年度対比254万1,450円の増となっております。


4款1項支払基金交付金は調定額、収入済額とも1億7,836万9,374円で、前年度対比86万8,666円の増。


 5款県支出金は調定額、収入済額とも1億440万4,428円で、前年度対比1,174万1,618円の増、1項県負担金は調定額、収入済額とも9,271万3,728円で、前年度対比178万4,393円の増、2項県補助金は調定額、収入済額とも1,169万700円で、前年度対比995万7,225円の増となっております。


 6款繰入金は調定額、収入済額とも1億3,576万1,610円で、前年度対比288万7,610円の増、1項一般会計繰入金は調定額、収入済額とも1億2,150万2,000円で、前年度対比42万8,000円の増、2項基金繰入金は調定額、収入済額とも1,425万9,610円で、前年度対比245万9,610円の増。


 7款1項繰越金は調定額、収入済額とも1,003万8,441円で、前年度対比505万3,113円の増。


 8款諸収入は調定額、収入済額とも296万7,503円で、前年度対比296万7,503円の増、1項延滞金加算金及び過料は調定額、収入済額とも1万1,700円で、前年度対比1万1,700円の増、2項雑入は調定額、収入済額とも295万5,803円で、前年度対比295万5,803円の増。


 以上、歳入合計は調定額6億8,182万346円、収入済額6億7,429万9,946円で、前年度対比3,155万1,455円の増、不納欠損額は82万9,010円、収入未済額は669万1,390円となっております。


 次の317ページ、318ページをお願いいたします。


 歳出です。


 1款総務費は予算現額5,198万7,000円、支出済額4,942万8,033円で、前年度対比740万8,480円の増、不用額は255万8,967円、1項総務管理費は支出済額3,149万1,058円で、前年度対比447万2,315円の減、2項徴収費は支出済額131万5,792円で、前年度対比25万4,465円の増、3項介護認定審査会費は支出済額471万4,374円で、前年度対比28万479円の減、4項事業計画策定費は予算現額、支出済額とも241万5,000円で、これは新規です。5項施設開設準備経費助成特別対策事業費は予算現額1,031万1,000円で、支出済額949万1,809円で、これも新規です。


 2款保険給付費は予算現額6億1,845万円、支出済額6億370万3,103円で、前年度対比2,583万1,855円の増、不用額は1,474万6,897円、1項介護サービス等諸費は支出済額5億3,342万3,685円で、前年度対比2,345万2,512円の増、2項介護予防サービス等諸費は支出済額3,199万3,608円で、前年度対比12万8,473円の増、3項その他諸費は支出済額46万3,705円で、前年度対比1万4,255円の減。4項高額介護サービス等費は支出済額991万2,379円で、前年度対比1万6,876円の減、5項高額医療合算介護サービス等費は支出済額68万2,106円で、前年度対比55万8,688円の減、6項特定入所者介護サービス等費は支出済額2,722万7,620円で、前年度対比284万689円の増となっております。


 3款地域支援事業費は予算現額1,219万円、支出済額1,147万6,015円で、前年度対比213万1,338円の増、不用額は71万3,985円、1項介護予防事業費は支出済額239万7,319円で、前年度対比9万6,602円の増、2項包括的支援事業任意事業費は支出済額907万8,696円で、前年度対比203万4,736円の増。


 4款1項基金積立金は予算現額、支出済額とも187万円で、前年度対比40万3,000円の減。


 5款1項公債費は支出はありませんでした。


 6款諸支出金は予算現額560万4,000円、支出済額557万4,551円で、前年度対比437万2,079円の増、不用額は2万9,449円。1項償還金及び還付加算金は支出済額66万6,192円で、前年度対比14万3,441円の増、2項繰出金は支出済額490万8,359円で、前年度対比422万9,538円の増。


 7款1項予備費は予算現額99万5,000円がそのまま不用額となっております。


 次の319ページ、320ページをお願いいたします。


 以上、歳出合計は予算現額6億9,115万4,000円、支出済額6億7,205万1,702円で、前年度対比3,934万1,652円の増、不用額は1,910万2,298円で、歳入歳出差引残額224万8,244円は前年度対比779万197円の減となっております。


 次の321ページ、322ページをお願いいたします。


 事項別明細書です。


 歳入です。


 1款保険料、1項介護保険料、1目第1号被保険者保険料、1節現年度分特別徴収保険料は調定額9,298万7,410円、収入済額9,353万2,800円で、前年度対比72万3,060円の増、徴収人数2,544名分で、収入未済額がマイナス54万5,390円となっております。これは還付未済金で130件分になります。2節現年度分普通徴収保険料は調定額1,251万730円、収入済額1,085万2,640円で、前年度対比111万5,750円の減、徴収人数は359名分で、不納欠損額は2万3,220円で1件分です。収入未済額が163万4,870円で、これは94名分になります。徴収率は86.75%です。3節滞納繰越分普通徴収保険料は調定額752万450円、収入済額111万2,750円で、前年度対比58万850円の増、不納欠損額は80万5,790円で8名の29件分です。収入未済額は560万1,910円で、これは76名分です。徴収率は14.80%です。


 2款使用料及び手数料、1項手数料、1目1節督促手数料は調定額、収入済額とも6万円で、前年度対比1万4,900円の増となっております。


 3款国庫支出金、1項国庫負担金、1目介護給付費負担金、1節現年度分は調定額、収入済額とも1億526万2,000円で、前年度対比583万7,000円の増。


 次の323ページ、324ページをお願いいたします。


 2項国庫補助金、1目調整交付金、1節現年度分は調定額、収入済額とも2,753万9,000円で、前年度対比160万9,000円の増、調整交付金で市町村ごとの介護保険財政の調整を行うため全国ベースで給付費の5%相当額が交付されるものです。


 2目地域支援事業介護予防交付金、1節現年度分は調定額、収入済額とも59万3,000円で、前年度対比3万5,250円の増、地域支援事業介護予防交付金で、交付割合は25%となっております。


 3目地域支援事業包括的支援等交付金、1節現年度分は調定額、収入済額とも380万6,400円で、前年度対比89万7,200円の増、地域支援事業包括的支援等交付金で、交付割合は40%となっております。


 4款1項支払基金交付金、1目介護給付費交付金、1節現年度分は調定額、収入済額とも1億7,765万8,374円で、前年度対比141万1,374円の増、介護給付費交付金は40歳から64歳まで2号被保険者の介護納付金にかかるもので、社会保険診療報酬支払基金からの交付金で、地域支援事業支援交付金の31%相当額となっております。


 2目地域支援事業支援交付金、1節現年度分は調定額、収入済額とも71万1,000円で、前年度対比4万2,000円の増、介護予防事業に対するもので、給付費の31%相当額となっております。


 5款県支出金、1項県負担金、1目介護給付費負担金、1節現年度分は調定額、収入済額とも9,271万3,728円で、前年度対比178万4,393円の増、在宅サービス給付費の12.5%、施設サービス給付費の17.5%相当額となっております。


 2項県補助金、1目地域支援事業介護予防交付金、1節現年度分は調定額、収入済額とも29万6,500円で、前年度対比1万7,625円の増、介護予防事業費の12.5%相当額となっております。


 2目地域支援事業包括的支援等交付金、1節現年度分は調定額、収入済額とも190万3,200円で、前年度対比44万8,600円の増、地域支援事業包括的支援等交付金で、事業費の20%相当額となっております。


 次の325ページ、326ページをお願いいたします。


 3目施設開設準備経費助成特別対策事業費補助金、1節現年度分は調定額、収入済額とも949万1,000円で、新規で、新たな施設の開設に伴う補助金です。


 6款繰入金、1項一般会計繰入金、1目介護給付費繰入金、1節現年度分は調定額、収入済額とも7,730万7,000円で、前年度対比198万円の増。


 2目地域支援事業介護予防繰入金、1節現年度分は調定額、収入済額とも37万7,000円で、前年度対比6,000円の減。


 3目地域支援事業包括的支援等繰入金、1節現年度分は調定額、収入済額とも212万6,000円で、前年度対比51万円の増。


 4目その他繰入金、1節職員給与費等繰入金は調定額、収入済額とも3,036万2,000円で、前年度対比460万3,000円の減、職員5名分の人件費です。2節事務費繰入金は調定額、収入済額とも1,133万円で、前年度対比254万7,000円の増です。


 2項基金繰入金、1目1節介護給付費支払基金繰入金は調定額、収入済額とも1,283万4,000円で、前年度対比317万7,000円の増です。


 2目介護従事者処遇改善臨時特例基金繰入金は、次の327ページ、328ページをお願いいたします。1節第1号被保険者保険料軽減分繰入金は調定額、収入済額とも142万5,610円で、前年度対比71万7,390円の減、介護保険料の急激な上昇を抑制するため基金から繰り入れしたものです。


 7款1項1目繰越金、1節前年度繰越金は調定額、収入済額とも1,003万8,441円で、前年度対比505万3,113円の増です。


 8款諸収入、1項延滞金加算金及び過料、1目1節第1号被保険者延滞金は調定額、収入済額とも1万1,700円で、前年度対比1万1,700円の増。


 2目第1号被保険者加算金と3目過料は収入はありませんでした。


 2項雑入、1目1節第三者納付金は収入はありませんでした。


 2目1節返納金は調定額、収入済額とも8,043円で、前年度対比8,043円の増、不正不当利得による返納金です。


 3目1節雑入は調定額、収入済額とも294万7,760円で、前年度対比294万7,760円の増です。


 以上、歳入合計は調定額6億8,182万346円、収入済額6億7,429万9,946円で、前年度対比3,155万1,455円の増、不納欠損額は82万9,010円、収入未済額は669万1,390円となっております。


 次の329ページ、330ページをお願いいたします。


 歳出です。


 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費は予算現額3,161万3,000円に対し支出済額3,149万1,058円で、前年度対比447万2,315円の減、不用額は12万1,942円となっております。備考欄00一般経費で、人事異動による人件費の減が02−21一般職給料から04−21公務災害負担金までで445万6,091円の減、11−41印刷製本費40万6,455円は新規で、介護保険第5期啓発用パンフレットほかを作っております。14−92電算システム借上料は前年度対比23万3,685円の減、電算委託会社の変更によります。


 2項徴収費、1目賦課徴収費は予算現額145万6,000円に対し支出済額131万5,792円で、前年度対比25万4,465円の増、不用額は14万208円となっております。備考欄10介護保険料賦課徴収費で13−11電算業務委託料は前年度対比21万5,778円の増です。


 3項介護認定審査会費は、次の331ページ、332ページをお願いいたします。1目介護認定審査会費は予算現額318万8,000円に対し支出済額232万3,000円で、前年度対比20万6,000円の減、不用額は86万5,000円となっております。備考欄10介護認定審査会運営事業で、01−31介護認定審査会委員報酬が前年度対比19万8,000円の減となっております。認定審査会は21回開催し、419件について審査しております。


 2目認定調査等費は予算現額300万4,000円に対し支出済額239万1,374円で、前年度対比7万4,479円の減、不用額は61万2,626円となっております。備考欄10認定調査費等で、12−41手数料は前年度対比29万5,399円の減、主治医の意見書作成に係る手数料です。13−11訪問調査委託料が前年度対比23万7,720円の減となっております。


 4項事業計画策定費、1目介護保険事業計画策定費は新規で、予算現額、支出済額とも241万5,000円です。備考欄20介護保険事業計画策定事業で、13−01介護保険第5次計画策定委託料です。


 5項1目施設開設準備経費助成特別対策事業費も新規で、予算現額1,031万1,000円に対し支出済額949万1,809円で、不用額は81万9,191円となっております。新たな施設の開設にかかる補助金です。


 次の333ページ、334ページをお願いいたします。


 2款保険給付費、1項介護サービス等諸費、1目介護サービス等給付費は予算現額5億4,530万5,380円に対し支出済額5億3,342万3,685円で、前年度対比2,345万2,512円の増、不用額は1,188万1,695円となっております。施設サービス利用延べ人数1,132人、在宅サービス利用延べ人数2,599人、地域密着サービス利用延べ人数144人となっております。


 2項介護予防サービス等諸費、1目介護予防サービス等給付費は予算現額3,378万3,000円に対し支出済額3,199万3,608円で、前年度対比12万8,473円の増、不用額は178万9,392円となっております。備考欄10介護予防サービス等給付費で、19−11介護予防サービス等給付費負担金で、介護予防、訪問介護、通所介護、通所リハビリ等の給付費です。


 3項その他諸費、1目審査支払手数料は予算現額48万8,000円に対し支出済額46万3,705円で、前年度対比1万4,255円の減、不用額は2万4,295円となっております。単価50円の8,431件分です。


 4項1目高額介護サービス等費は予算現額1,005万1,000円に対し支出済額991万2,379円で、前年度対比1万6,876円の減、不用額は13万8,621円となっております。


 次の335ページ、336ページをお願いいたします。


 5項1目高額医療合算介護サービス等費は予算現額159万5,000円に対し支出済額68万2,106円で、前年度対比55万8,688円の減、不用額は91万2,894円となっております。


 6項1目特定入所者介護サービス等費は予算現額、支出済額とも2,722万7,620円で、前年度対比284万689円の増となっております。居住費と食費は保険給付費対象外ですが、所得の低い方が施設を利用することが困難とならないように一定額以上は保険給付されるものです。


 3款地域支援事業費、1項介護予防事業費、1目介護予防特定高齢者施策事業費は予算現額50万6,000円に対し支出済額45万4,631円で、前年度対比9,601円の増、不用額は5万1,369円となっております。


 次の337ページ、338ページをお願いいたします。備考欄20訪問型介護予防事業が新規で、担当看護師への報酬です。前年度執行しました特定高齢者スクリーニング事業9万2,400円が減となっております。


 2目介護予防一般高齢者施策事業費は予算現額194万6,000円に対し支出済額194万2,688円で、前年度対比8万7,001円の増、不用額は3,312円となっております。


 2項包括的支援事業任意事業費、1目地域包括支援センター運営費は予算現額914万3,000円に対し支出済額868万8,339円で、前年度対比174万1,064円の増、不用額は45万4,661円となっております。備考欄00地域包括支援センター運営費で、02−21一般職給料から、次の339ページ、340ページをお願いいたします。備考欄04−21公務災害負担金までの人件費で、前年度対比56万8,782円の増、07−01臨時職員賃金は前年度対比50万6,400円の増で、介護支援専門員1名分です。13−12システム移行データ作成委託料から18−12システム機器購入費までは新規で、電算委託会社の変更にかかるもので、合計で61万6,339円の増となっています。


 2目任意事業費は予算現額59万5,000円に対し支出済額39万357円で、前年度対比29万3,672円の増、不用額は20万4,643円となっております。備考欄10成年後見制度利用支援事業が新規で、08−11報償費は、この事業における成年後見人等報酬助成額です。


 4款1項基金積立金は、次の341ページ、342ページをお願いいたします。1目介護保険給付費支払基金積立金は予算現額、支出済額とも187万円で、前年度対比40万3,000円の減となっております。


 5款公債費は支出はありませんでした。


 6款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目第1号被保険者保険料還付金は予算現額7万円に対し支出済額4万2,300円で、前年度対比4万2,300円の増、不用額は2万7,700円となっております。


 2目の第1号被保険者保険料還付加算金は支出はありませんでした。


 3目償還金は予算現額62万4,000円に対し支出済額62万3,892円で、前年度対比10万1,141円の増、不用額は108円となっております。


 2項繰出金は、次の343ページ、344ページをお願いいたします。1目一般会計繰出金は予算現額490万9,000円に対し支出済額490万8,359円で、前年度対比422万9,538円の増、不用額は641円となっております。


 7款1項1目予備費は1万8,000円を充用し99万5,000円が不用額となっております。


 以上、歳出合計は予算現額6億9,115万4,000円、支出済額6億7,205万1,702円で、前年度対比3,934万1,652円の増、不用額は1,910万2,298円となっております。


 次ページからは実質収支に関する調書と財産に関する調書を掲載しておりますので、ごらんいただければと思います。


 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  これをもって提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより本案に対する質疑に入ります。質疑はございませんか。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は原案のとおり認定することに賛成の方は起立願います。


                 (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「決算の認定について(平成23年度真鶴町介護保険事業特別会計決算)」については認定することに決定しました。


○(議長)  日程第7、認定第7号「決算の認定について(平成23年度真鶴町後期高齢者医療特別会計決算)」の件を議題とします。


○(議長)  本案について、提出者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  認定第7号は、平成23年度真鶴町後期高齢者医療特別会計決算の認定についてであります。


 去る7月11日に会計管理者より提出があり、7月18日から26日までの間の4日間において、監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものであります。


 詳細につきましては会計管理者に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を会計管理者に求めます。


○(会計課長)  それでは、説明をさせていただきます。


 認定第7号は、平成23年度真鶴町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算です。


 347ページ、348ページをお願いいたします。


 歳入です。


 1款1項後期高齢者医療保険料は調定額7,633万130円、収入済額7,336万2,670円で、前年度対比103万6,480円の減、収入未済額は223万7,560円。


 2款使用料及び手数料は1項手数料で、調定額、収入済額とも2万6,800円で、前年度対比300円の減。


 3款繰入金は1項他会計繰入金で、調定額、収入済額とも1,914万9,000円で、前年度対比82万6,000円の増。


 4款諸収入は調定額、収入済額とも37万4,270円で、前年度対比25万9,780円の増、1項延滞金加算金及び過料は調定額、収入済額とも3万8,100円で、前年度対比3万300円の増、2項償還金及び還付加算金は調定額、収入済額とも33万6,170円で、前年度対比22万9,480円の増、3項雑入は収入はありませんでした。


 5款1項繰越金は調定額、収入済額とも139万5,885円で、前年度対比23万7,110円の減。


 以上、歳入合計は調定額9,727万6,085円、収入済額9,430万8,625円で、前年度対比18万8,110円の減、収入未済額は223万7,560円となっております。


 次の349ページ、350ページをお願いいたします。


 歳出です。


 1款総務費は1項総務管理費で、予算現額117万1,000円、支出済額98万6,273円で、前年度対比10万7,990円の増、不用額は18万4,727円となっております。


 2款分担金及び負担金は1項広域連合負担金で、予算現額9,324万5,000円、支出済額9,047万1,022円で、前年度対比122万3,836円の減、不用額は277万3,978円となっております。


 3款諸支出金は予算現額77万9,180円、支出済額77万7,008円で、前年度対比24万9,229円の増、不用額は2,172円、1項償還金及び還付加算金は予算現額36万5,180円、支出済額36万4,180円で、前年度対比24万9,299円の増、2項諸支出金は支出はありませんでした。3項繰出金は41万3,000円、支出済額41万2,828円で、前年度対比61円の減となっております。


 4款1項予備費は92万9,820円が不用額となっております。


 以上、歳出合計は予算現額9,612万5,000円、支出済額9,223万4,303円で、前年度対比86万6,547円の減、不用額は389万697円で、歳入歳出差引残額207万4,322円は前年度対比67万8,437円の増となっております。


 次の351ページ、352ページをお願いいたします。


 事項別明細書です。


 歳入です。


 1款1項1目後期高齢者医療保険料、1節現年分は調定額7,305万3,420円、収入済額7,230万7,190円で、前年度対比189万1,830円の減、収入未済額は74万6,230円となっております。徴収率は98.98%です。2節滞納繰越分は調定額327万6,710円、収入済額105万5,480円で、前年度対比85万5,350円の増、不納欠損額は72万9,900円で、11件分です。収入未済額は149万1,330円となっております。徴収率は32.21%です。


 2款使用料及び手数料、1項手数料、1目徴収手数料、1節督促手数料は調定額、収入済額とも2万6,800円で、前年度対比300円の減となっております。


 3款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金、1節保険基盤安定制度拠出金は調定額、収入済額とも1,797万7,000円で、前年度対比94万6,000円の増となっております。2節事務経費繰入金は調定額、収入済額とも117万2,000円で、前年度対比12万円の減となっております。


 4款諸収入は、次の353ページ、354ページをお願いいたします。1項延滞金加算金及び過料、1目1節延滞金は調定額、収入済額とも3万8,100円で、前年度対比3万300円の増となっております。


 2項1目償還金及び還付加算金、1節保険料還付金は調定額、収入済額とも33万6,170円で、前年度対比22万9,480円の増、2節還付加算金は収入はありませんでした。


 3項1目雑入も収入はありませんでした。


 5款1項1目1節繰越金は調定額、収入済額とも139万5,885円で、前年度対比23万7,110円の減となっております。


 以上、歳入合計は調定額9,727万6,085円、収入済額9,430万8,625円で、前年度対比18万8,110円の減、不納欠損額が72万9,900円で、収入未済額が223万7,560円となっております。


 次の355ページ、356ページをお願いいたします。


 歳出です。


 1款総務費、1項1目総務管理費は予算現額117万1,000円に対し支出済額98万6,273円で、前年度対比10万7,990円の増、不用額は18万4,727円となっております。備考欄10徴収費は前年度対比10万7,506円の増、11−11消耗品費が前年度対比3万7,792円の増、12−11通信運搬費が4万824円の増となっております。


 2款分担金及び負担金、1項広域連合負担金、1目広域連合分賦金は予算現額9,324万5,000円に対し支出済額9,047万1,022円で、前年度対比122万3,836円の減、不用額は277万3,978円となっております。


 3款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目保険料還付金は予算現額、支出済額とも36万4,180円で、前年度対比24万9,360円の増、過誤納付による歳出還付12件分です。


 2目還付加算金は支出はありませんでした。


 2項1目諸支出金も支出はありませんでした。


 次の357ページ、358ページをお願いいたします。


 3項繰出金、1目一般会計繰出金は予算現額41万3,000円に対し支出済額41万2,828円で、前年度対比61円の減、不用額は172円となっております。


 4款1項1目予備費は6万3,180円を充用し92万9,820円が不用額となっております。


 以上、歳出合計は予算現額9,612万5,000円、支出済額9,223万4,303円で、前年度対比86万6,547円の減、不用額は389万697円となっております。


 次ページに実質収支に関する調書を掲載しておりますので、ごらんいただければと思います。


 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  これをもって提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより本案に対する質疑に入ります。質疑はございませんか。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は原案のとおり認定することに賛成の方は起立願います。


 (起立多数)          反対 12番議員


○(議長)  賛成多数。よって、「決算の認定について(平成23年度真鶴町後期高齢者医療特別会計決算)」については認定することに決定しました。


○(議長)  以上で本日の日程は全部終了しました。


○(議長)  明日9月7日は午後1時30分から本会議を開きますので、ご参集願います。


○(議長)  本日はこれで散会します。ご苦労さまでした。


     (閉会 午後4時44分)