議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 真鶴町

平成24年第4回臨時会(第1日 7月13日)




平成24年第4回臨時会(第1日 7月13日)





          平成24年第4回真鶴町議会臨時会会議録


             平成24年7月13日(金)


 
1.出席議員 11名


 1番   板 垣 由美子         7番   神 野 秀 子


 2番   村 田 知 章         8番   二 見 和 幸


 3番   高 田   昇         9番   欠席


 4番   海 野 弘 幸        10番   草 柳   昭


 5番   青 木   繁        11番   岡ノ谷 佳 子


 6番   岩 本 克 美        12番   黒 岩 宏 次





2.欠席議員  1名


 9番   青 木   嚴





3.執行部出席者


町長        青 木   健    介護健康課長    青 木 幹 夫


副町長       長谷川 勝 己    福祉課長      奥 野   憲


教育長       牧 岡   努    町民生活課長    長 沼   隆


総務課長      井 上 準 一    税務課長      尾 森   正


危機管理課長    西 垣 将 弘    収納対策課長    峯 尾 龍 夫


企画調整課長    青 木 幸 夫    上下水道課長    露 本 克 之


産業観光課長    土 屋   茂    教育総務課長    細 田 政 広


まちづくり課長   青 木 富士夫    生涯学習課長    五十嵐 徹 也


会計課長      二 見 良 幸    診療所事務長    松 本 一 彦





4.出席した議会書記


議会事務局長    岩 本 祐 子


書記        岩 倉 みどり    書記        二 見 浩 子





5.議事日程


日程第  1 発委第 5号 真鶴町議会改革特別委員会設置に関する決議について


日程第  2        議長の辞職の件について


追加日程第1        議長の選挙について


追加日程第2        真鶴町広域行政特別委員会委員の辞任について


追加日程第3        議会運営委員会委員の辞任について


追加日程第4        議会運営委員会委員の選任について


追加日程第5        真鶴町広域行政特別委員会委員の選任について


追加日程第6        湯河原町真鶴町衛生組合議会議員の補欠選挙について





              (開会 午前9時07分)


○(議長)  おはようございます。


○(議長)  ただいまの出席議員は11名で、定足数に達しておりますので、これより平成24年第4回真鶴町議会臨時会を開会いたします。


○(議長)  今回の臨時会の会期は本日1日といたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。会期は本日1日と決定いたしました。


○(議長)  会議録署名議員は、会議規則第116条の規定により、2番村田知章君、8番二見和幸君を指名します。


○(議長)  ただいまから本日の会議を開きます。


○(議長)  本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。


○(議長)  これより日程に従い審議を進めます。


○(議長)  日程第1、発委第5号「真鶴町議会改革特別委員会設置に関する決議について」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


                (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提出者の趣旨説明を求めます。議会運営委員会副委員長、青木繁君の登壇を許します。


○5番議員(青木 繁)  案文の朗読をもちまして趣旨説明にかえさせていただきます。


 真鶴町議会改革特別委員会設置に関する決議。


 次のとおり真鶴町議会改革特別委員会を設置するものとする。


 1、名称、真鶴町議会改革特別委員会。


 2、設置の根拠、地方自治法第110条及び真鶴町議会委員会条例第4条。


 3、目的、議会の活性化に伴う議会改革のため、議会運営に関する調査研究及び議員定数等に関する諸問題についての調査研究を行う。


 4、委員の定数、12名。


 5、調査期間、平成24年7月13日から調査完了までとする。なお、委員会は議会の閉会中も継続して調査研究を行うことができるものとする。


 以上、よろしくお願いいたします。


○(議長)  これより本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


                 (起立多数)


○(議長)  全員賛成。よって「真鶴町議会改革特別委員会設置に関する決議について」の件は原案のとおり可決されました。


○(議長)  お諮りいたします。ただいま設置されました真鶴町議会改革特別委員会の委員の選任については、真鶴町議会委員会条例第5条第1項の規定により、板垣由美子君、村田知章君、高田昇君、海野弘幸君、青木繁君、岩本克美君、神野秀子君、二見和幸君、青木嚴君、草柳昭君、黒岩宏次君、岡ノ谷佳子君、以上、議員全員を指名いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました諸君を真鶴町議会改革特別委員会の委員に選任することに決定いたしました。


○(議長)  議長を交代いたします。


○(副議長)  日程第2「議長の辞職の件」を議題といたします。


○(副議長)  地方自治法第117条の規定によって、神野秀子君の退場を求めます。


                (7番議員退場)


○(副議長)  書記に辞職願を朗読させます。


               (書記辞職願朗読)


○(副議長)  お諮りいたします。神野秀子君の議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(副議長)  ご異議なしと認めます。よって、神野秀子君の議長の辞職を許可することに決定いたしました。


                (7番議員出席)


○(副議長)  この際、暫時休憩いたします。


              (休憩 午前9時15分)


              (再開 午前9時25分)


○(副議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(副議長)  ただいま議長が欠けました。


○(副議長)  お諮りいたします。「議長の選挙について」を日程に追加し、追加日程第1として直ちに選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(副議長)  ご異議なしと認めます。よって、「議長の選挙について」を日程に追加し、追加日程第1として直ちに選挙を行うことに決定いたしました。


○(副議長)  追加日程第1「議長の選挙」を行います。


○(副議長)  選挙は投票で行います。


○(副議長)  議場を閉鎖いたします。


                 (議場閉鎖)


○(副議長)  ただいまの出席議員は11人です。


○(副議長)  お諮りいたします。会議規則第32条第2項の規定により、立会人に板垣由美子君及び海野弘幸君を指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(副議長)  ご異議なしと認めます。よって、立会人に板垣由美子君及び海野弘幸君を指名いたします。


○(副議長)  投票用紙を配ります。念のために申し上げます。投票は単記無記名です。


                (投票用紙配付)


○(副議長)  投票用紙の配付漏れはありませんか。


               (「なし」の声あり)


○(副議長)  配付漏れなしと認めます。


○(副議長)  投票箱を点検します。


                (投票箱点検)


○(副議長)  異状なしと認めます。


○(副議長)  ただいまから投票を行います。事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。


                  (点呼)


                  (投票)


○(副議長)  投票漏れはありませんか。


               (「なし」の声あり)


○(副議長)  投票漏れなしと認めます。


○(副議長)  投票を終わります。


○(副議長)  開票を行います。板垣由美子君及び海野弘幸君、立ち会いをお願いします。


                  (開票)


○(副議長)  選挙の結果を報告します。投票総数11票、有効投票8票、無効投票3票です。有効投票のうち、草柳昭君7票、神野秀子君1票、以上のとおりです。この選挙の法定得票数は2票です。よって、草柳昭君が議長に当選されました。


○(副議長)  議場の閉鎖を解きます。


                 (議場開鎖)


○(副議長)  ただいま議長に当選された草柳昭君が議場におられますので、会議規則第33条第2項の規定によって、当選の告知をいたします。


○(副議長)  議長に当選されました草柳昭君のご挨拶があります。


○(議長)  まずは、多数の方に推挙されましたことを心より感謝申し上げます。


 もとより微力ではございますが、各議員のご指導、ご協力を仰ぎまして、円滑なる議会運営と町政の進展のために全力を尽くす所存でございます。


 何とぞ今後とも一層のご支援、ご鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げまして、就任の挨拶といたします。ありがとうございました。


○(副議長)  議長を交代いたします。


○(議長)  暫時休憩いたします。


             (休憩 午前 9時37分)


             (再開 午前11時30分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  お諮りいたします。ただいま神野秀子君から真鶴町広域行政特別委員会の委員の辞任願が提出されました。これを日程に追加し、追加日程第2として議題にしたいと思います。これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。よって、「神野秀子君の真鶴町広域行政特別委員会の委員の辞任の件」を日程に追加し、追加日程第2として議題とすることに決定いたしました。


○(議長)  追加日程第2「神野秀子君の真鶴町広域行政特別委員会の委員の辞任の件」を議題といたします。


○(議長)  地方自治法第117条の規定によって、神野秀子君の退場を求めます。


                (7番議員退場)


○(議長)  本日、神野秀子君から真鶴町広域行政特別委員会の委員を辞任したいとの申し出があります。


○(議長)  お諮りいたします。本件は申し出のとおり辞任を許可することにご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。よって、神野秀子君の真鶴町広域行政特別委員会の委員の辞任を許可することに決定いたしました。


                (7番議員出席)


○(議長)  議長を交代します。


○(副議長)  お諮りいたします。草柳昭君から議会運営委員会の委員の辞任願が提出されました。これを日程に追加し、追加日程第3として議題にしたいと思います。これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(副議長)  ご異議なしと認めます。よって、「草柳昭君の議会運営委員会の委員の辞任の件」を日程に追加し、追加日程第3として議題とすることに決定いたしました。


○(副議長)  追加日程第3「草柳昭君の議会運営委員会の委員の辞任の件」を議題といたします。


○(副議長)  地方自治法第117条の規定によって、草柳昭君の退場を求めます。


               (10番議員退場)


○(副議長)  本日、草柳昭君から議会運営委員会の委員を辞任したいとの申し出があります。


○(副議長)  お諮りいたします。本件は申し出のとおり辞任を許可することにご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(副議長)  ご異議なしと認めます。よって、草柳昭君の議会運営委員会の委員の辞任を許可することに決定いたしました。


               (10番議員出席)


○(副議長)  議長を交代いたします。


○(議長)  お諮りいたします。ただいま議会運営委員会の委員が1名欠員となっておりますので、本委員会の委員の選任の件を日程に追加し、追加日程第4として議題にしたいと思います。これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。よって、「議会運営委員会の委員の選任の件」を日程に追加し、追加日程第4として議題とすることに決定いたしました。


○(議長)  追加日程第4「議会運営委員会の委員の選任の件」を議題といたします。


○(議長)  お諮りいたします。本委員会の委員の選任につきましては、委員会条例第5条第1項の規定により、岡ノ谷佳子君を指名したいと思います。これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。よって、議会運営委員会の委員に岡ノ谷佳子君を選任することに決定いたしました。


○(議長)  お諮りいたします。ただいま真鶴町広域行政特別委員会の委員が1名欠員となっておりますので、本委員会の委員の選任の件を日程に追加し、追加日程第5として議題にしたいと思います。これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。よって、「真鶴町広域行政特別委員会の委員の選任の件」を日程に追加し、追加日程第5として議題とすることに決定いたしました。


○(議長)  追加日程第5「真鶴町広域行政特別委員会の委員の選任の件」を議題といたします。


○(議長)  お諮りいたします。本委員会の委員の選任につきましては、委員会条例第5条第1項の規定により、黒岩宏次君を指名したいと思います。これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。よって、真鶴町広域行政特別委員会の委員に黒岩宏次君を選任することに決定いたしました。


○(議長)  お諮りいたします。神野秀子君の湯河原町真鶴町衛生組合議会議員の辞職により、湯河原町真鶴町衛生組合議会議員が1名欠員となっておりますので、「湯河原町真鶴町衛生組合議会議員の補欠選挙」を日程に追加し、追加日程第6として議題にしたいと思います。これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。よって、「湯河原町真鶴町衛生組合議会議員の補欠選挙の件」を日程に追加し、追加日程第6として議題とすることに決定いたしました。


○(議長)  追加日程第6「湯河原町真鶴町衛生組合議会議員の補欠選挙」を行います。


○(議長)  お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定いたしました。


○(議長)  お諮りいたします。指名の方法につきましては、議長が指名することにしたいと思います。これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決定いたしました。


○(議長)  湯河原町真鶴町衛生組合議会議員に高田昇君を指名いたします。


○(議長)  お諮りいたします。ただいま議長が指名いたしました高田昇君を湯河原町真鶴町衛生組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました高田昇君が湯河原町真鶴町衛生組合議会議員に当選されました。


○(議長)  ただいま湯河原町真鶴町衛生組合議会議員に当選されました高田昇君が議場におられますので、会議規則第33条第2項の規定によって、当選の告知をいたします。


○(議長)  最後に、委員会において当選されました正・副委員長をご報告いたします。議会改革特別委員会は、委員長、岡ノ谷佳子君、副委員長、板垣由美子君、総務民生常任委員会は、委員長、海野弘幸君、副委員長、黒岩宏次君、以上の諸君が当選されました。


○(議長)  これで本日の日程は全部終了しました。


○(議長)  会議を閉じます。


○(議長)  平成24年第4回真鶴町議会臨時会を閉会します。


             (閉会 午前11時41分)


会議の経過を記載し、その相違ないことを証し、ここに署名する。

















 平成24年7月13日











      真鶴町議会議長








      真鶴町議会議長








      真鶴町議会副議長








      署 名 議 員








      署 名 議 員