議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 真鶴町

平成23年第5回臨時会(第1日11月29日)




平成23年第5回臨時会(第1日11月29日)





          平成23年第5回真鶴町議会臨時会会議録


             平成23年11月29日(火)


 
1.出席議員 12名


 1番   板 垣 由美子         7番   神 野 秀 子


 2番   村 田 知 章         8番   二 見 和 幸


 3番   高 田   昇         9番   青 木   嚴


 4番   海 野 弘 幸        10番   草 柳   昭


 5番   青 木   繁        11番   岡ノ谷 佳 子


 6番   岩 本 克 美        12番   黒 岩 宏 次





2.欠席議員  0名





3.執行部出席者


町長        青 木   健    介護健康課長    青 木 幹 夫


副町長       長谷川 勝 己    福祉課長      奥 野   憲


教育長       牧 岡   努    税務町民課長    力 石   要


管理課長      井 上 準 一    収納対策課長    峯 尾 龍 夫


環境防災課長    青 木   肇    上下水道課長    二 見 良 幸


企画調整課長    青 木 幸 夫    教育総務課長    森   敦 彦


産業観光課長    土 屋   茂    生涯学習課長    細 田 政 広


まちづくり課長   青 木 富士夫    診療所事務長    宇 賀 一 章


会計課長      尾 森 まゆみ





4.出席した議会書記


議会事務局長    岩 本 祐 子


書記        五十嵐 徹 也    書記        松 本 一 彦





5.議事日程


別紙日程表のとおり





             (開会 午前10時00分)


○(議長)  皆さん、おはようございます。


○(議長)  ただいまの出席議員は12名で、定足数に達しておりますので、これより平成23年第5回真鶴町議会臨時会を開会いたします。


○(議長)  本臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。


○(議長)  会期は、本日1日と決定しました。


○(議長)  会議録署名議員は、会議規則第116条の規定により、3番高田昇君、及び10番黒草柳昭君を指名いたします。


○(議長)  これから、本日の会議を開きます。


○(議長)  本日の議事日程は、お手元に配布のとおりであります。


○(議長)  これより、日程に従い審議を進めます。


○(議長)  日程第1、議案第45号「真鶴町職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について」の件を議題といたします。


○(議長)  本案について、提案者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  おはようございます。


 議案第45号は、真鶴町職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定についであります。


 本年9月30日の人事院勧告に基づき、本町の職員の給与に関し、所要の改正をいたしたく提案するものであります。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(管理課長)  おはようございます。よろしくお願いいたします。


 議案第45号についてご説明をいたします。


 真鶴町職員の給与等に関する条例等の一部を改正する条例は、本年9月30日の人事院勧告に基づき、民間給与との格差0.23%を解消するため、本町職員の50歳代を中心に40歳代後半層の給料表の改正を行い、給与水準の引き下げを行うものでございます。


 それでは、新旧対照表により内容説明させていただきます。議案第45号資料1をごらんください。


 1ページ目は、真鶴町職員の給与に関する条例の一部改正、第1条関係です。ここでは、民間給与との格差0.23%を解消するため、真鶴町職員の給与に関する条例で規定する行政職給料表及び医師を除く医療職給料表のうち、50歳代を中心とする給料表の改正をするものでございます。


 給料表の改訂の詳細につきましては、議案第45資料2により改正前、改正後の給料月額と差引額及び改定率を比較対照したものをお示ししてございますので、詳細につきましては後ほどごらんいただきたいと思います。


 次に、新旧対照表にお戻りいただきまして、2ページ目でございます。真鶴町職員の給与に関する条例の一部改正第2条関係でございます。ここでは、平成18年に実施いたしました、給与構造改革に伴う町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を改正するものでございます。平成18年に給与構造改革を実施した際、切り替え時に大幅に給与が減額する者に対しましては現給保障を実施する旨の規定を行ったものですが、この現給保障額を今般の民間給与との格差を解消するための減額率を規定するものでございます。


 右側改定前の第4条第1項第1号では、現給保障対象となった職員について、平成21年の人事院勧告により定めた調整率のアンダーライン部分「100分の99.59」を、また、第2号では、上記第1号以外の職員の調整率「100分の99.83」を、改正後の左側アンダーライン部分では、それぞれ第1号では「100分の99.1」及び第2号では「100分の99.34」へ改正するものでございます。


 恐れ入ります。議案本文にお戻りいただきまして、本文の10ページ目の附則でございます。


 附則、第1項は施行期日です。


 この条例は、平成23年12月1日から施行する。


 次の第2項は、既に支給された、本年4月から11月までの給料及び6月に支給した期末・勤勉手当について、今回改正で民間格差解消のため、減額改定の対象となったものの給与に100分の0.37の調整率を乗じた額を、本年12月支給の期末手当から減額する規定を定めたものでございます。


 なお、第1号では、給与について、次のページの第2号では期末勤勉手当について定めております。


 朗読いたします。


 第2項、平成23年12月に支給する期末手当(以下この項において「期末手当」という。)の額は、第1条の規定による改正後の真鶴町職員の給与に関する条例第17条第2項(同条第3項の規定により読み替えて適用される場合を含む。)及び第4項又は第19条第1項から第3項まで若しくは第5項の規定にかかわらず、これらの規定により算定される期末手当の額(以下この項において「基準額」という。)から次に掲げる額の合計額(以下この項において「調整額」という。)に相当する額を減じた額とする。この場合において、調整額が基準額以上となるときは、期末手当は、支給しない。


 第1号、平成23年4月1日(同月2日から同年12月1日までの間に職員(真鶴町職員の給与に関する条例(昭和32年真鶴町条例第11号。以下「給与条例」という。)第18条の3に規定する職員を除く。以下この項において同じ。)以外の者又は職員であって適用される給料表並びにその職務の級及び号給がそれぞれ次の表の給料表欄、職務の級欄及び号給欄に掲げるものであるものからこれらの職員以外の職員(以下この項において「減額改定対象職員」という。)となった者(同年4月1日に減額改定対象職員であった者で、任用の事情を考慮して規則で定めるものを除く。)にあっては、その減額改定対象職員となった日(当該日が2以上あるときは、当該日のうち規則で定める日)において減額改定対象職員が受けるべき給料、管理職手当、扶養手当、住居手当及び単身赴任手当(給与条例第8条の5第2項に規定する規則で定める額を除く。)の月額の合計額に100分の0.37を乗じて得た額に、同月からこの条例の施行の日(以下「施行日」という。)の属する月の前月までの月数(同年4月1日から施行日までの期間において、在職しなかった期間、給料を支給されなかった期間、減額改定対象職員以外の職員であった期間その他の規則で定める期間がある職員にあっては、当該月数から当該期間を考慮して規則を定める月数を減じた月数)を乗じて得た額。


 次のページをお願いします。


 次のページの本表は、ただいまの規定により、今回の民間格差解消措置の対象とならない給料表の対象級をお示ししたものでございます。


 次に、第2号、平成23年6月1日において減額改定対象職員であった者(任用の事情を考慮して規則で定める者を除く。)に同月に支給された期末手当及び勤勉手当の合計額に100分の0.37を乗じて得た額。


 終わりに委任規定でございます。


 規則への委任。第3項、前項に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。


 以上で説明を終わります。よろしくご審議の上、ご承認くださるようお願いいたします。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○12番議員(黒岩宏次)  まず、今、説明のあった内容の確認も含めて質問をしたいと思います。


 この減額の対象の職員数というのは何名が対象になっているのか、この点について明らかにしていただきたい。そして、平均の減額の金額、一人当たりいくらなのか。それから、この合計額は総額でいくらになるのか。


 それから、民間との格差の是正ということですけれども、同じような職員が、例えば県、あるいは小田原に住んでいる人とか、湯河原に住んでいる人、比較して、真鶴町の職員は、わかればいいんですけれども、高い方なのか、安い方なのか、この辺について。


 それから、昨日の「町長と語る会」で町長のあいさつの中でありましたけれども、真鶴町は人事院勧告を拒否したということが何回か過去にありまして、職員の給与は低いと。本当に職員の力を発揮してもらう上でも、そういう職員を採用することも大事だということで、今まで何回か人事院勧告の減額を反対したこともあります。そのことについてペナルティーを何度も真鶴は受けたと。どういうペナルティーをどのぐらい受けたのか、この点について明らかにしていただきたいと思います。


 以上です。


○(管理課長)  具体的な内容についてのお答えでございます。今回の減額改正対象職員という形で影響を受ける職員数につきましては53名でございます。4月からのさかのぼりでの影響、また、この12月から来年の3月までの影響額、年間を通しての影響額でございますが、総額で102万7,893円、一人当たり平均で1万9,395円というような形になります。


 また、今回の改正以外のご質問でございますが、近隣市町村との比較という話でございますが、詳細について経験年数ですとか、年齢での比較というのは細かくはしてございませんで、正確にはお答えできませんけれども、現在、本年度の国家公務員での比較、ラスパイレス指数につきましては、真鶴町91.0という形になっております。


 過去の人事院勧告に従わない給与改定しなかった影響額と質問されましたが、実際にいくらという金額につきましては、今、把握はしておりませんけれども、やはり人事院勧告に基づかずに給与を出しているということは、その地方自治体が財政がいいから、そういう措置をしているんであろうという判断がされて、地方交付税、その辺が減額されて、地方自治体の方に交付されていたというふうな形での影響ということでございます。


○12番議員(黒岩宏次)  今度の期末手当も含めた減額対象職員数、あるいは金額は先ほど説明がありましたけれども、金額はわずかといいますか、102万7,000円ぐらいということで、やっぱり真鶴の職員は他の自治体職員と比較しても低いという、前にも私も同じような質問をしたことがありますけれども、兄弟の1人は弟が箱根に行って、1人は兄の方は真鶴に勤めていて、ところが、後から就職した職員、箱根は方は兄の職員よりも高いというような、なぜこんなことが起きているのかということで、近隣の問題を取り上げたことがあるんですけれども、職員の知恵とか、あるいは力を引き出すためには、近隣の自治体の職員と同じ、あるいは同じ職種でやっていたら、同じ額ということが望ましいというふうに、私の見解はあります。


 今回のこれについても、民間給与との格差を解消するという人事院勧告だということで、真鶴町はそのまま受け入れることがいいのかどうかという点について、町長の見解を明らかにしていただきたいと思います。


○(町長)  黒岩さんに職員を思っていただくのは大変ありがたいと思います。


 本来、給料というものは、その地域に合った給与体系、これは真鶴町に役所と同じ規模の企業があったときの比較なんです。ですから、東京とか小田原とか、隣町と比べるものでは本当はないんです。ただ人事院勧告は社会一般の情勢に合わせながら、平均的なものをバランスをとりますから、人事院勧告の指示に従わなきゃならないというのは、当然、私たちは町なんだから、地方交付税という大きな国からの交付金を受けなければ、そういう問題点があるんです。


 あと、一つ、よその公務員さんというのは、上級公務員にはいろんな、1種2種というような、そういった戦もしてきています。競争心がかなりあります。そういったところのバランスと市町村とのバランスとを考え合わせるということも大事なことの要素だと思います。


 したがって給与というのは、真鶴町に合った体系なんです。それが人事院というところが調査をかけて、適正かどうか、その平均値を求めてやっているということが実情だと思います。


 うちの町に、今、もう既に自己評価システム、こういったところで職員に切磋琢磨していただきたいと思っています。功績を残せる職員は毎年1回の昇給や、そういった問題が起きるんではなく、常日ごろからの行動、または職務に精励することによって評価を自分でし、そして上司が評価をし、そういったことが認められた者は、決まり以上の評価を受けることはあり得ます。これからは、そういう評価の仕方をしていくことが、給与体系に必要だろうというふうに思います。ですから、真鶴町の職員は、それなりに努力している職員も目に写ってきていますから、自分の給料が決して低過ぎるなんて思いますっている職員の方が私にとってはおかしいと思います。


 いくらでも意見具申できますよ。私はこれだけやっているのに、何で給料が低いんですかということは言えるわけですから。公平委員会だってあるし、そういったところが、いろんな意味で相談することができるわけです、公務員は。過酷な職員に負担をかけているというふうに思えるのか、思われるのか、こういったことも含めて適正な評価をできるような仕組みというものも、これからも努力してまいりたいと、私どもは思っています。色めがねではなく、だれから見ても、公平に取り扱われているというような体制が必要だと思います。


 ただ、黒子というのはいますから、見えないところで、手柄もとれない職種の部署もありますから、一生懸命そういうところで働いている。例えば財政、収納、結果的には、すべてが結果で評価されるんです。ところがそうでない部分もかなりあります。滞納整理なんて大変な仕事なんですよ、はっきり言って。そういうところへ持っていく職員は優秀な職員じゃないとできないんです。だれでもいいなんて、私なんかは思っていません。


 そういったところを含めて、どこの部署が楽だというのはないんです。大変な部署も中にはあるということ、そこでどういう成果、評価をあらわしてくるか。必ずしも数字にあらわれなくても、そういった努力が認められるような仕組みというものを考えていきたいと思います。


 ですから、評価というのは、そういうやり方をしていくということと、やっぱり人事院の勧告については従っていかないと、私が聞いている範囲では、当時3,000万円ですよ、ペナルティーを受けた金額は。これは町民にできるサービスを落としたということにもなりかねないんです。そういうことも含めて、みんなですばらしい町をつくれるように努力していきますので、これからもよろしくお願いします。


○12番議員(黒岩宏次)  町長の答弁をいただきまして、納得する面と納得しない面がありますが、私の方で要望というような形で、職員の能力に応じた適材適所、そういうことについても町長は苦労して、私は、町長をやったことはありませんが、苦労していると思います、議員の立場からね。しかし、そういうことを本当に貫いて、町職員が町民からも信頼される、また、行政が地方でも大きく前進できるような、そういう行政を進められるように、町長には配慮していただきたいと思います。


 以上です。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


                 (起立多数)         反対 12番議員


○(議長)  賛成多数。よって、「真鶴町職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  日程第2、陳情第2号「漁業用軽油にかかる軽油引取税の免税措置の国への意見書の提出に関する陳情書について」を議題といたします。


○(議長)  本案について、委員長の報告を求めます。


○(議長)  経済文教常任委員長、8番二見和幸君、ご登壇願います。


○(経済文教常任委員長)  経済文教常任委員長、陳情の審査報告をいたします。


 9月16日、本会議において付託されました陳情第5号「漁業用軽油にかかる軽油引取税の免税措置の国への意見書の提出に関する陳情書について」。


 11月15日、経済文教常任委員会を開催し、慎重審議の結果、採択と決定しましたので、ご報告いたします。


 以上です。


○(議長)  委員長報告に対する質疑を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。よって、委員長報告に対する質疑は、省略いたします。


○(議長)  討論を省略して、採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。よって討論を省略して採決いたします。


○(議長)  この陳情に対する委員長の報告は、採択です。


○(議長)  陳情第2号「漁業用軽油にかかる軽油引取税の免税措置の国への意見書の提出に関する陳情書について」は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立を願います。


(全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、陳情第2号「漁業用軽油にかかる軽油引取税の免税措置の国への意見書の提出に関する陳情書について」の件は、採択することに決定しました。


○(議長)  日程第3、発議第3号「漁業用軽油にかかる軽油引取税の免税措置に関する意見書の提出について」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


                (書記議案朗読)


○(議長)  本件について、提出者の趣旨説明を求めます。


 二見和幸君の登壇を許します。


○8番議員(二見和幸)  案文の朗読をもちまして趣旨説明にかえさせていただきます。


 発議第3号、漁業用軽油にかかる軽油引取税の免税措置に関する意見書の提出について。


 昨今の漁業を取り巻く情勢は、コストに占める燃油費のウエートが極めて大きい漁業にとって燃油価格の高騰に加え、構造的な漁価の低迷の中、収入面においても厳しい状況であり、漁業経営は深刻な状態に陥っている。


 真鶴町を含む沿岸漁業地域においては、零細漁業者も多く、軽油引取税の免税措置が廃止されることは、漁業経営をさらに圧迫し、廃業にさえ追い込まれかねない。


 国民に対し国産水産物の安定供給を続けるためには、漁業者の経営安定が必要である。食料産業の存続のためには、漁業用軽油にかかる軽油引取税の免税措置は、不可欠な措置である。


 よって国及び政府に対し、今後においても漁業用軽油にかかる軽油引取税の免税措置を継続することを強く求めるものとして、この意見書を国へ提出しようと思います。


 提出先は、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、農林水産大臣、総務大臣です。


 よろしくご審議のほど、お願い申し上げまして、提案説明を終わらせていただきます。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  異議なしと認めます。よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


(全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「漁業用軽油にかかる軽油引取税の免税措置に関する意見書の提出について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  これで、本日の日程は、全部終了しました。


○(議長)  会議を閉じます。


○(議長)  平成23年第5回真鶴町議会臨時会を閉会します。


             (閉会 午前10時30分)


会議の経過を記載し、その相違ないことを証し、ここに署名する。





平成23年11月29日





       真鶴町議会議長





       署名議員





       署名議員