議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 真鶴町

平成23年第3回定例会(第2日 9月15日)




平成23年第3回定例会(第2日 9月15日)





        平成23年第3回真鶴町議会定例会会議録(2日目)


             平成23年9月15日(木)


 
1.出席議員 12名


 1番   板 垣 由美子         7番   神 野 秀 子


 2番   村 田 知 章         8番   二 見 和 幸


 3番   高 田   昇         9番   青 木   嚴


 4番   海 野 弘 幸        10番   草 柳   昭


 5番   青 木   繁        11番   岡ノ谷 佳 子


 6番   岩 本 克 美        12番   黒 岩 宏 次





2.欠席議員  0名





3.執行部出席者


町長        青 木   健    介護健康課長    青 木 幹 夫


副町長       長谷川 勝 己    福祉課長      奥 野   憲


教育長       牧 岡   努    診療所事務長    宇 賀 一 章


会計課長      尾 森 まゆみ    教育総務課長    森   敦 彦


税務町民課長    力 石   要    生涯学習課長    細 田 政 広


管理課長      井 上 準 一    産業観光課長    土 屋   茂


企画調整課長    青 木 幸 夫    まちづくり課長   青 木 富士夫


環境防災課長    青 木   肇    上下水道課長    二 見 良 幸


収納納税課長    峯 尾 龍 夫





4.出席した議会書記


議会事務局長    岩 本 祐 子


書記        青 木 美 江    書記        二 見 浩 子





5.議事日程


別紙日程表のとおり





              (開会 午前9時02分)


○(議長)  皆さん、おはようございます。


○(議長)  ただいまの、出席議員は12名で、定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。


○(議長)  本日の議事日程は、お手元に配布のとおりです。


 これより、日程に従い審議を進めます。


○(議長)  日程第1、認定第1号「決算の認定について(平成22年度真鶴町一般会決算)」の件を議題とします。


○(議長)  昨日に引き続き155ページ、歳出9款教育費からの内容説明を会計管理者に求めます。


○(会計課長)  おはようございます。引き続きよろしくお願いします。


 9款教育費、1項教育総務費、1目教育委員会費、予算現額95万5,000円に対し支出済額87万2,286円、前年度対比1万7,417円の増で、不用額8万2,714円でございます。備考欄01−23教育委員会委員報酬前年度対比4万1円の増で、交代により報酬の1カ月重複による増でございます。


 2目事務局費、予算現額9,432万3,200円に対し支出済額9,359万1,903円、前年度対比226万8,200円の増で、不用額73万1,297円でございます。備考欄00一般経費、前年度対比224万8,275円の増で、主なものは02−11教育長給料と人事異動による人件費の増でございます。


 159ページをお願いします。


 3目教育振興費、予算現額1,257万1,000円に対し支出済額1,209万4,136円、前年度対比60万5,387円の増で、不用額47万6,864円でございます。増の主なものは備考欄中段08−11語学研修講師謝礼が前年度対比36万6,000円の増と、次の161ページをお願いします。中段備考欄85学校支援地域本部事業101万7,409円は新規事業で、子どもたちの健やかな成長のために家庭と地域の連携体制で教育力の向上を図ることを目的としたもので、3名の地域コーディネーターへの活動謝金が主なものでございます。


 2項小学校費、1目学校管理費、予算現額2,979万4,884円に対し支出済額2,923万9,636円、前年度対比220万9,525円の減で、不用額55万5,248円でございます。


 次の163ページをお願いします。備考欄中段11−61修繕料は前年度対比89万1,309円の減で、前年、放送設備の修理を行った分が減となっております。


 次の165ページをお願いします。備考欄上から8段目、14−92防犯カメラ等借上料26万2,704円は新規事業で、防犯カメラを設置し児童生徒のさらなる安全の確保を図ったものでございます。18−31教師・児童用図書、前年度対比120万7,929円の増、前年ありました教職員パソコン21台購入分208万3,725円が減となっております。


 2目教育振興費、予算現額91万1,000円に対し支出済額89万876円、前年度対比9万9,294円の増で、不用額2万124円でございます。


 次の167ページをお願いします。増の主なものは備考欄19−47学力向上実践研究事業補助金は前年度対比14万円の増で、小中一貫教育研究部会への補助金でございます。


 3目給食費、予算現額941万4,000円に対し支出済額904万9,025円、前年度対比115万9,414円の減で、不用額36万4,975円でございます。減の要因としまして、前年度のスチームオーブン購入費157万978円が減となったためでございます。11−61修繕料44万1,000円は給食用小型エレベーターを修理したものでございます。


 3項中学校費、1目学校管理費、予算現額2,235万8,866円に対し支出済額2,202万7,686円、前年度対比7,272万7,358円の減で、不用額33万1,180円でございます。


 次のページをお願いします。備考欄上から3段目11−61修繕料は前年度対比182万8,962円の増で、内容は体育館床修繕、消火用ポンプ修繕、職員用男子トイレ雨漏りによる修繕等計25件を行ったものでございます。中段の13−18理科薬品廃棄委託料15万9,699円は新規のもので、現在、学校で使用していない劇物等の薬品を廃棄委託したものでございます。一番下の14−92防犯カメラ等借上料15万2,712円も新規のもので、小学校同様生徒のさらなる安全のため設置したものでございます。


 次の171ページをお願いします。備考欄上から8段目18−12管理用備品29万4,000円は新規で、電話機を購入したものでございます。


 2目教育振興費、予算現額141万円に対し支出済額126万6,917円、前年度対比20万5,833円の増で、不用額14万3,083円でございます。増の要因としまして備考欄19−44校内研究費が前年度対比22万4,000円の増で、国語、数学に関する学力調査を行ったものでございます。


 4項1目幼稚園費、予算現額2,339万円に対し支出済額2,312万9,825円、前年度対比453万1,995円の減で、不用額26万175円でございます。


 次の173ページをお願いします。備考欄02−21から07−11までは職員の人件費と臨時職員の賃金ですが、前年度対比424万4,100円の減で、中段下の11−61修繕料34万9,750円は新規で、雨どいほか4カ所の修理をしたものでございます。


 次の175ページをお願いします。


 下段です。2目幼稚園振興費、予算現額4万8,000円に対し支出済額4万7,500円、前年と同額で、不用額500円でございます


 次の177ページをお願いします。備考欄19−41園内保育研究会費は、「明るく楽しい毎日を過ごすための秘訣」というテーマで講演会を行ったものでございます。


 5項社会教育費、1目社会教育総務費、予算現額2,822万1,166円に対し支出済額2,710万6,091円、前年度対比5,951万4,735円の減で、不用額111万5,075円でございます。増の要因としまして、下段19−43中学生国際交流海外派遣事業498万5,843円は、前年度新型インフルエンザが流行し中止となったため、今年度20名が派遣されたことによる増でございます。


 次の179ページをお願いします。下段50の貝類博物館施設管理運運営費が前年度対比6,447万3,821円の減で、これは前年ありました貝類博物館整備工事7,152万3,900円が減になったのと、次のページをお願いします。備考欄13−11博物館データ入力作業業務等委託料が前年度対比922万5,189円の増によるものでございます。


 2目公民館費、予算現額210万4,000円に対し支出済額199万7,680円、前年度対比3万542円の増で、不用額10万6,320円でございます。増の要因としまして備考欄20公民館事業の中の07−11臨時職員賃金が前年度対比3万3,890円の増となっております。


 次の183ページをお願いします。


 3目文化財保護費、予算現額229万5,000円に対し支出済額227万5,582円、前年度対比4万4,696円の減で、不用額1万9,418円でございます。減の要因は前年ありました埋蔵文化財包蔵地調査工事5万8,800円の減によるものでございます。


 4目町民センター費、予算現額1,439万8,120円、支出済額1,321万315円、前年度対比106万177円の増で、不用額118万7,805円でございます。備考欄11−51光熱水費は水道、電気料の増で、前年度対比43万1,671円の増になっております。11−61修繕料は前年度対比67万4,940円の増で、消防防災設備ほか4件の修理を行ったものでございます。


 次の158ページをお願いします。備考欄上から6段目13−31清掃業務委託料、前年度対比13万1,933円の減は、一括入札にしたための減でございます。


 5目民俗資料館運営費、予算現額141万8,000円、支出済額138万4,077円、前年度対比3万8,761円の増で、不用額3万3,923円でございます。備考欄07−11施設管理人賃金が前年度対比3万1,460円の増で、最低賃金の改正による増でございます。


 6目美術館費、予算現額3,737万1,650円に対し支出済額3,588万9,104円、前年度対比296万9,774円の増で、不用額148万2,546円でございます。増の主なものは、人事異動による人件費の増と、次のページをお願いします。備考欄中段11−11消耗品費が前年度対比39万244円の増で、販売用の陶画が増となっております。11−41印刷製本費、前年度対比137万4,450円の増で、図録、リーフレット等の印刷代でございます。


 次の189ページをお願いします。中段30特別展事業は「中川一政 花の世界」を開催したもので、入館者数4,060人と好評でした。


 08−11美術館指導員等謝礼4万円は、「中川一政について語る」という演題で小池邦夫氏が講演会を行ったもので、136人の方が聴講されたものでございます。


 7目コミュニティ真鶴運営費、予算現額247万2,000円に対し支出済額241万9,366円、前年度対比43万4,829円の減で、不用額5万2,634円でございます。前年度エアコン修理をした47万4,600円が減となっております。


 次の191ページをお願いします。


 8目図書館費、予算現額1,782万2,000円に対し支出済額1,626万2,035円、前年度対比147万4,593円の減で、不用額155万9,965円でございます。中段の備考欄07−11臨時職員賃金が前年度対比34万2,930円の減と、18−11図書館等備品購入費が前年度対比72万9,105円の減となっております。


 9目海の学校運営費、予算現額7万7,000円に対し支出済額7万4,695円、前年度対比276万855円の減で、不用額2,305円でございます。前年ありました社会教育指導員報酬239万2,200円が貝類博物館長報酬として支出したため減となっております。なお、海の学校利用者は1,600名でした。


 次の193ページをお願いします。


 6項保健体育費、1目保健体育総務費、予算現額596万9,000円、支出済額559万5,939円、前年度対比37万4,175円の増で、不用額37万3,061円でございます。備考欄00社会体育推進事業は前年度対比12万3,763円の減で、これは前年度ありました県総合体育大会選手派遣費11万3,263円が減になったのと、次のページをお願いします。備考欄一番上の19−46半島駅伝大会実行委員会補助金が前年度対比12万円の増で、中段08−11町民運動会協力団体等謝礼4万5,000円は新規のもので、9自治会へのお礼を支出したものでございます。


 80の岩ふれあい館管理運営事業の中の11−61修繕料は前年度対比23万107円の増で、岩ふれあい館給水ポンプの修理をしたものでございます。


 次の197ページをお願いします。


 2目体育館運営費、予算現額698万7,000円に対し支出済額663万3,297円、前年度対比113万7,354円の減で、不用額35万3,703円でございます。備考欄07−12管理指導員賃金は前年度対比11万8,387円の減で、これは3月11日の東日本大震災後、体育館を休館にしたための減でございます。11−61修繕料はバスケットゴール修繕と水銀灯の修繕を行ったもので、前年ありました床盛り上がりのためのエキスバンションゴム交換を行った82万1,940円が減となっております。


 10款1項公債費、1目元金、予算現額2億5,738万2,000円に対し支出済額2億5,738万1,104円、前年度対比1,895万7,438円の増で、不用額896円でございます。町債償還元金56件分でございます。


 2目利子、予算現額6,138万5,000円に対し支出済額5,878万502円、前年度対比91万8,873円の増で、不用額260万4,498円でございます。


 次の199ページをお願いします。備考欄23−01町債償還利子75件分、23−02一時借入金利子3件分でございます。


 11款災害復旧費は1項から、次のページの6項まで科目設定のみで支出はございませんでした。


 次の201ページをお願いします。


 12款諸支出金、1項公営企業費、1目公営企業出資金、予算現額、支出済額とも13万円で、前年度対比1,987万円の減でございます。13万円分は子ども手当分で、前年度、水道の水量を管理する遠方監視制御装置更新工事のため水道企業会計へ2,000万円を繰り出したものが減となっております。


 13款1項1目予備費は644万1,520円を充用し3,283万480円が不用額となっております。


 205ページをお願いします。


 以上、歳出合計は支出済額31億8,664万2,000円、支出済額30億7,995万4,154円、前年度対比1億9,626万1,436円の減で、繰越明許費2,968万9,000円、不用額7,699万8,846円でございます。


 次ページからは実質収支に関する調書、基金の関係について掲載してございますので、ごらんいただきたいと思います。


 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


 質疑はございませんか。


○2番議員(村田知章)  2番議員の村田です。


 まず、28ページ、歳入のところから入っていきたいと思います。美術館観覧料、これはありますけれども、前年度と比べて約182万円ぐらい減っているということで、これ、減っている原因とか、そういうのを教えていただければと思います。


 続いて、36ページ、林業費補助金で松くい虫被害対策自主事業補助金で555本、松へのアンプルを注入したということですけれども、この効果です。何本枯れて、何本守れたのかというのを教えていただければと思います。


 続いて、50ページ、備考欄の52のふるさと町民登録の更新料のところなんですけれども、これ、平成21年度は103名で、30万8,000円の収入だったと思うんですけれども、今年は16万6,000円、かなり減っていると思いますけれども、これは減っている理由とかあれば教えていただければと思います。


 続いて、52ページ、不納欠損額についてお伺いしたいと思います。22年度は798万1,878円とありますけれども、21年度は235万1,322円ですが、この差の原因は何なのかというのを教えていただきたいと思います。


 また、不納欠損の内訳を教えていただければと思います。内訳というのは、滞納処分停止なのか、執行停止後欠損なのか、消滅事項なのか、それがそれぞれどの程度なのか割合を教えていただければと思います。


 続いて、歳出の方で質問があります。90ページ、福祉バス運行事業、45ですね。これはアモーレ号のことだと思うんですけれども、駐車場にずっととまっていて、ほとんど運用されていないように見受けられますけれども、運用実績について教えていただければと思います。


 続いて、116ページ、65の地域自殺対策緊急強化事業が新規ということで、パンフレットを配ったということですけれども、このパンフレットを配るだけで自殺問題というのがすぐに効果があるのかどうか、ちょっと疑問なんですけれども、そのほか自殺問題について取り組みとして考えていることがあれば教えていただきたいと思います。


 続いて、180ページ、これは幾つかの市民団体の補助金が載っていると思います。グリーンエードとか、いきいきクラブ補助金とか、こういうのはここのページだけに限らず市民団体への補助金、これはすごく大変結構なことで、どんどん幅広く市民団体への助成金をしていっていただきたいと思うんですけれども、助成するに当たっての基準というのが明確ではないような気がするんです。例えば新しい団体とかもたくさん出てくると思うんですけれども、そういう団体がどういうふうにしたら助成がもらえるのか。


 それで今までもらい続けていた団体も実績とか、別紙の方にある程度載っていますけれども、毎年もらえるから今年も出すんだみたいなことだと、これはマンネリ化してしまうと思うんです。なので、そういう事業実績とか、今後、継続性とか、そういうところの明確な基準づくりというのが必要になってくると思います。そこら辺の考えも教えていただければと思います。


 以上です。


○(教育総務課長)  村田議員のご質問にお答えいたします。


 美術館観覧料の前年度の差ということでございますが、開館日につきましては336日間ということで、前年度と同日の日数を開館しております。入館者につきましては1万8,677人ということで、前年に比べまして2,207人の減ということで、この減の主な理由というのは、例の3.11東日本の大震災、その関係のものが主な原因だと思います。


 以上でございます。


○(産業観光課長)  松くい虫の被害対策事業でございますが、アンプル555本に対しまして、


 昨年度61本の伐倒を行っております。半島全体の区域を4分割をして、薬効が4年あるということで4分割をして、毎年順次やっているわけですが、20年度から申しますと、20年度では781本のアンプルに対しまして伐倒した松が40本、21年度ですと、874のアンプル数に対しまして枯れた松が全体で40本、22年度では555本で61本ということでございます。全体では約3,000本近い松があるということで考えております。


 以上です。


○(企画調整課長)  先ほど、村田議員のご質問にありましたふるさと町民登録の関係でございますが、21年度につきましては制度ができた当時ということで、その年は全員新規登録ということで、1人3,000円ということでございましたが、22年度は更新の方につきましては1人1,000円ということで、22年度新規の3,000円の方が34名、更新された方が1人1,000円が64名ということで、減額という形になってございます。


○(税務町民課長)  4点目の不納欠損についてお答えいたします。町税等が不納欠損になる場合としましては、地方税法第18条第1項に規定される時効による納税義務の消滅と同法第15条の7第4項の滞納処分の停止後3年経過、第18条第5項の滞納処分の停止後、その徴収が不納が明らかであるため地方公共団体の長が直ちに納税義務を消滅させる場合等がございます。


 今回22年度ですけれども、町民税につきましては39件、前年度対比プラス6件、ただし金額が472万56円増となっております。法人町民税につきましては、22年度4件、前年度対比でマイナス1件でございます。前年比5万円の減。固定資産税につきまして8件、前年度対比マイナス7件、前年度比としまして35万5,400円の増、軽自動車税につきましては17件、前年度対比プラス7件、4万1,000円の増となっておりまして、合計68件、前年度対比プラス5件ですが、506万6,556円の増となっております。


 以上でございます。


○(福祉課長)  アモーレ号の関係なんですが、運行実績ということなんですが、この4月から運行を開始しました。9月で約半年になるんですが、その間、運行開始に当たりまして、運行規則といいまして、一応、町の広報紙に載せていただいたんですが、平日は需要があった場合、運行区間は町内のみ、それで町職員が運転手で従事する。休祭日に関しましては原則町の方では運行しないということで、ただ、利用者の方で運転手の方を確保していただければ貸し出ししますというような形で運行を開始しました。


 その間の6カ月間の利用実績なんですが、民間の方への貸し出しは休祭日に関しましては1件、一泊二日で貸し出しをしました。平日は原則貸し出しはしないんですが、うちの方の利用の予定が入っていなかった場合は、町長が特に認めるという形で、2件貸し出しを特例でしました、1件に関しましては一泊二日、1件に関しましては日帰りという形でした。都合3件貸し出ししました。


 通常の平日の利用なんですが、そちらの方は週2回、人工透析されている方がいまして、町外の医療機関でやっているんですが、人工透析をした後というのは体調がちょっとすぐれないということで、真鶴の駅まではご自分で来ていただきまして、そこからご自宅までお送りするというのが、対象者はお一人なんですが、週2回、4月から実施しております。


 以上であります。


 続きまして自殺対策なんですが、こちらの方も福祉課の方でやっておりまして、こちらは自殺者が年間3万人以上ということで、22年度から国の方で事業化になりまして、町の方では初年度ということで、22年度に関しましてはリーフレットをつくって、あと、ティッシュペーパー、一応、村田議員が言われるように、啓発事業を主にやりました。


 23年度に関しましては、2カ年目という形になりますので、当初、事業計画の中では、そちらの方も拡充して、主となるのは、やっぱり啓発事業という形になりますが、今、思っているのは、庁舎とか町内にのぼりを立てて、10月1日から7日までは国の方で強化週間という形になっていますので、それを周知するためにのぼりを製作しました。あと、従前から行っている一般的な周知事業という形でパンフレットとか、ウエットティッシュ、そういうものをつくって、町民の方がたくさん集まるときに、そういうものを配るというような形で予定しております。直近で言いますと、町民運動会等を予定しております。それ以外に関しましては、これから検討させていただきたいと思います。


 以上であります。


○(生涯学習課長)  各種団体への補助金についてでございますが、村田議員がおっしゃるとおり、各種団体、活動内容、それから目的等により、補助金の基準を決めていくというのはなかなか難しいものがございまして、教育委員会の方では補助金を出すに当たって、事前に代表の方をお呼びしましてヒアリング等を実施しておるという状況でございます。その中で、その中身が妥当であるかどうか判断をさせていただきまして、補助金を出しているというような状況でございます。


 また、補助金の団体によりましては、大きな団体がございますので、例えば体育協会等につきましては、体育協会の出した補助金の中身の中でまた役員さんたちが各部等下部組織がございますので、その方たちの活動内容等を把握した中で割り振りをしているというような状況もございます。


 したがって補助金の基準につきましては、今現在ございませんが、活動内容等が違いますので、我々教育委員会の方で各団体の代表の方とヒアリング等をした中で妥当であるかというようなところで補助金の支出をさせてもらっているというところでございます。


 以上です。


○2番議員(村田知章)  じゃあ、まず、1つ目の28ページの美術館料のところから。3.11があり、その影響でかなり観客数が減ったということですけれども、3.11ですから、3月ですよね。要するに、1カ月ないぐらいの間に2,000も激減するというふうに、ちょっとこれは考えられないですよね。ですから、もうその前からかなり減っているんじゃないか。もちろん、月別の数字とかも教えていただければと思いますけれども、そこまでは今日は求めませんけれども、やっぱり美術館がかなり減ってきているというのは事実だと思います。なので、そういうのの解決策、毎回、頑張りますとか、そういうのが回答でくるかもしれないですけれども、やはり、このままでちょっといいのかどうかというのが、すごく疑問です。


 そこはそれで、続いて、36ページの松枯れということで、前も一般質問のときさせていただきましたけれども、本当にお林の松を守るために薬剤注入だけでいいのだろうか、本当にそれが松を守っていることになるのだろうか、そういうところも改めて考えていかなければならないと思うんです。そうじゃないと、せっかくお金をこれだけかけてやっても、どんどん枯れていくというのは避けられない。そうじゃなくて、松を守ることに終始しているのか、それとも、ほかの新しい植樹にかえていくのか。新しい植樹もどんどん植えているみたいなので、そこら辺の考えもまた教えていただければと思います。


 52ページの不納欠損額ですけれども、僕の聞いているのは、民間とか軽自動車のそういうのの内訳というよりも、その理由です。消滅事項で、これが不納欠損になったのかというふうに、それとも滞納処分の停止なのかと、そういうふうなことを教えていただければと思っての質問です。これは消滅事項がほとんどだというふうに解釈してよろしいのでしょうか。


 あと、最後に180ページの市民団体への助成ということで、これ、一番問題になるのは、新規の新しい団体にどういうふうに申請していったら自分たちももらえるのか、そういうところがすごい大事だと思いますので、今までずっともらい続けていたところは申請とかも容易かもしれないですけれども、これからどんどんこういう市民活動が活発化してくる社会になってくると思います。そういう人たちが、どういうふうにそういう申請をとれるのか、そういうようなところの考えもあるのかということを、再度、質問させていただきたいと思います。


 以上です。


○(教育長)  それでは、美術館と社会教育の補助の対象団体について、私の方から説明します。


 美術館の入場者または入場料のことについては、私自身もある程度危機感をもって構えております。分析については、先ほど、総務課長の分析にさらに高速道路の1,000円ですか、あれで人の流れが変わったということを、あれはたしか昨年の5月ごろからだと思いますけれども、そういうことも影響していると。ただ、そういう中で、いかに美術館が町にある教育施設として、その力を、効果を発揮していくかということは、大きなこれからの課題です。


 具体的には、美術館の入場については2つの視点から考えています。一つは、やはり新規の方をこちらの方に向ける。もう一つは一度来られた方がまた来ようという、ありますよね。その2つの視点で考えています。


 それで新規の入場者を開拓するということについては、今までは主に団体のところに目を向けながら、旅行会社等に企画を提案したりして行ってきましたが、それプラス個人に目を向けて、一人一人の口コミというのは、今、非常に大きな力がありますので、そういう入場者を増やしていこうということ。さらに、近隣の企業等に呼びかけて、近隣の企業の厚生活動の一環としても見えていただくというようなこと。そういうことで新規の入場者を増やすということを考えております。


 それから、もう一度来ていただくということについては、館内の接遇のさらに不足を見直していくということで、これは接遇の面では非常に細かいところまで館長を中心に、来ていただいた方が気持ちよく館内で一政の作品に触れていただく、または学芸員等の説明でさらに興味を持っていただくと、そういうような2つの視点から考えております。


 このことについては、美術館の、これは教育委員会の事務局の中での内部の会議でありますが、経営会議というのを二月に一度ぐらい持ちまして、入場のことについては、具体的なことについてお互いにチェックをし合うという会議を持っております。


 それから、補助金の方については、対象団体については、それぞれの活動の特殊性がありますから、同一の基準は持っておりませんが、毎年、団体の方から予算、決算、それから活動報告、または次年度の活動の予定等の書類が上がってきますので、そのことについてはチェックをして、改善の必要のある場合には指導をしております。


 また、新たな団体のということにつきましては、やはり、その団体の活動が町民に対する公益性というのですか、そういう部分、それから、やはり継続的に行っていただくことが大事ですから、継続性などを考えて対応していこうというふうに考えております。


 以上です。


○(環境防災課長)  以前にもお林の松の保全、そういうものについて一般質問があったと思います。そのときの回答と同じようになってしまいますが、お林の照葉樹林帯を天然記念物に指定をしたときの調査に参加されている大学の先生と連絡がとれまして、一応、今後、その専門家の先生にいろいろ相談をした中で適正に管理をしていきたいということで、自主転換、そういうものは今のところ考えていないということでございます。


○(税務町民課長)  すみません。先ほどの68件の件数の内訳としまして執行停止後3年継続分といたしましては、19件、それから執行停止期間中の時効消滅分として6件、特時消滅分として10件、5年経過としまして33件になります。


 以上でございます。


○2番議員(村田知章)  不納欠損のところだけ、また再度質問ですけれども、5年経過で不納になったのが33件ということで、これ一番多いと思いますけれども、その間、どのように、多分、督促状とか、いろいろ努力はされていると思うんですけれども、やはり、それでも収納てせきなかったというふうな解釈でよろしいのでしょうか。


○(税務町民課長)  日々、徴収の担当の職員は努力はしているところでございますけれども、やはり、なかなか行ってもお金がないとかということで、現実お支払いいただけないケースが多く、こういう形になっております。


○(収納対策課長)  5年経過消滅時効分につきましては、法定の期限の翌月から起算して5年経


 過したことにより納税義務が消滅するものでございます。多くは財産調査をしても無財産で差し押さえる財産もないケース、法人町民税については法人の実態のないものばかり、県税事務所等でも、既にもう抹消としているもの、こういったものになります。


 不納決算処分については、作為的、計画的にできるものではなくて、地方税法に基づいて適正に調査を行った上でやっておりますので、決して安易に行っているものではございません。今後も滞納事案につきましては、より厳しく対処していきます。


○9番議員(青木 嚴)  まず最初に、歳入のところで38ページ、一番上の01水源環境保全・再生施策市町村交付金、これは経年にわたって水源環境調査ということで、県の方から補助金が入っているというふうに解釈しておりますが、総合計画の22年度、その内容によりますと、県水源環境保全・再生市町村交付金ということで、地下水質の季節変動、経年変動、それから、詳細な把握、地下水源利用量、季節によって水量がどう変わるか、また、常設観測井戸の位置、仕様書等の確認、このような計画のもとに、歳出では1,100の支出をしているわけであります。


 当然、これは我が町の水道資源、また水資源として、すぐに使えるものじゃないんですが、現実に何を調査して、どういう結果で、どういう記述なのか、もそういうものが公に公開されていいものじゃないかというふうに思うんですが、その成果と、それから公開、それをご説明ください。


 次に、これから歳出につきましてご質問をさせていただきます。


 ページ72の12−91、真ん中辺にあります12−91真鶴地区情報センター費、通信運搬費、この費用についての明細と地域情報センターについての起債を発行した残高、それから、今現在、年間幾ら払っているかをお教えください。


 次に、ページ60、19−41自治会連合会補助金134万2,200円、まずこれも同じように総合計画の22年度に位置づけされた内容によりますと、単位自治会の位置づけ、場所等についての役割明確化、いろいろな項目の中で、果たしてこの134万2,200円が自治会、単位自治会、連合自治会、それぞれに対して本当にその内容、金額、そういったものが評価できるほどに、ここの計上した金額どおりになっているのかどうか、その辺の説明をいただきたいと思います。


 次に、ページ100ページ、ちょうど下の方になりますけれども、13−12電算システム業務委託料、これはタスクネットというのですか、TASK、NETシステム要するに住基ネットですね。この住基ネットのシステムと、それから保守委託料が、なぜここの項目に上がっているのか、よくわからないのですが、e-TASKとか、財務管理システムとか、いろんなものはありますけれども、通常この項目というのは総務費に上がるものだと思うんですが、まず、この辺の内容をご説明ください。


 それから、次に、ページ102、やはり、これも下の方にあります(20)ひとり親家庭医療費助成事業641万7,979円、これが大体経年の決算内容を見ますと、ほぼ600万円台を推移しているわけですけれども、ひとり親家庭につきまして、どれくらいの対象があるのかをご説明ください。


 それから、ページ146、飛びまして、土木費のところの項目で、ページ146ページ、07−12空地空家事業臨職員賃金、206万7,770円、まず、この事業につきましては、たしか3年を経て毎年調査をされておりますが、私が見る限り、ホームページ上の空地空家情報につきましては、調査結果を参考にした物件等が少ないように見えますが、この辺も200万使って、それから、いろんな情報を集めているということですが、実際に200万の評価をされるデータが集まっているのかどうかをまたお教えください。


 それから、ページ150ページ、消防費につきましてなんですが、やはり、総合計画の中に防災訓練の開催ということで、22年度の事業費として上がっておりますが、自主防災組織の主体的な誘導、津波ハザードマップをもとにした避難訓練の実施、避難所宿泊体験訓練の継続、こういったものが22年度の実施計画に上がっておりますけれども、基本的に防災、災害時の避難、これにつきまして、どのような内容をこの消防費の中に反映されているかをご説明ください。


 それから、項目がちょっと僕が見つけ切れなかったんで、救急医療事業、これ一次、二次、三次救急医療事業の中で、ドクターヘリ、実は自分の友人が夢公園の近くに住んでおりまして、かなり頻繁にドクターヘリがおりるということを聞いておりますが、我が町ではドクターヘリを要請したような件数が22年度にはあったのかどうか、何件あったのかをお教えください。


 次に、ページ152ページ、11−11消防水利整備事業ということで、街頭消火器10カ所、消火器格納箱3箱、消防水利標識2カ所の更新とありますが、具体的に消防管理費運営の中で、この項目の内容は反映されているのでしょうか、お教えください。


 次に、ページ124ページの07−91ふれあい農園管理指導者賃金ということのところでありますが、これも同じように、遊休地農地解消対策事業ということで、ふれあい農園の運営、それからふれあい農園の整備、検討ということで、これもやはり事業費が計上されておるわけでありますけれども、この大猿山の農園について、広くまた町民に公開し、それからまた、広く町民が農業に触れ合う上では、将来的に農園の拡大とか、そういうものをこの予算の中に反映されているのかどうかをお教えください。


 それから、19−43、同じページです。かながわ西湘農業協同組合真鶴駅前支店助成金22万600円、これにつきましては農業振興事業ということで、真鶴町に適した振興について連携をとるためにJA西湘に補助金を出しておるわけでありますが、現実にJA西湘がこの補助金をどのように運用されているのか、お教えください。


 それから、ページ126の17−01、農道整備事業、13−11農道用地等測量、それから農道拡幅工事、農道用地購入費ということで、この費目が上がっているんですが、この工事内容についてご説明ください。


 それから、ページ128の19−49、これは漁業振興事業ということで、水産振興事業費補助金ということで金額が上がっておりますが、実際に漁場改良事業ということで、漁礁設置後の魚類、また状況調査及び利用状況の調査とアワビ稚貝の放流というのは、このような総合計画の中の位置づけで、この補助金がどの補助金で使われているのか、お教えください。


 それから、ページ144の13−18、一番下、まちづくり条例景観計画運用支援業務518万7,000円、これも我が町の景観計画の推進ということで、景観法の委任条例の運用、それから、必要に応じた景観条例の見直し、景観計画に位置づけた制度の運用、実施、このような形で景観計画について前向きな取り組みをする我が町は、まちづくり条例も含めて500万の実際に業務費用を使っているわけですが、この辺の使った評価、実績の内容をお教えください。


 それから、ページ162ページ、08−11、まず、学校支援地区本部事業ということで101万7,409円が計上され、地域コーディネーター活動謝礼ということで77万6,940円という計上がありますが、同じく豊かな心を育む教育内容の充実、教育人材等を生かした心に響く道徳教育の推進、奉仕活動、体験活動の促進ということで、小、中につきましては、ボランティア体験、それから観光、キャリア、保育、福祉、いろいろな体験をさせていただいているわけでありますが、この辺の実績もお教えください。


 それから、ページ182の13−11、貝類博物館の管理運営につきまして、貝類博物館の適正な管理運営と寄贈所蔵品の目録制作及びデータ処理委託ということで、通信運搬費の項目の中に博物館データ入力作業業務等委託料ということでありますが、実際に前回の議会におきましても、これはあくまでも入力費だけではなく、派遣社員のカウンター業務、それから館内の案内業務を含めては数人の人を雇っているお金が含まれるということでありますが、このお金、1,145万1,189円は、これは来年度は、その補助金がなくなるというようなお話も聞いておりますので、今年の見通しと人件費も含めた評価をお教えください。


 それから、ページ186ページ、01−31美術館運営審議会委員会報酬10万4,000円というところがありますが、真鶴周辺への広報活動とマスコミへの働きかけを行い、町民向けに講座等の開催ということで、先ほど村田議員の質問に明確に教育長が答えられましたので、一応、今、読み上げたんですけれども、この1件につきましては取り下げております。


 以上のことでご質問の回答をお願いいたします。


○(町長)  決算は、支出についてご説明します。中身をどうのこうの質問されましても、予算のときではないですから。でも、みんな答えていますが。


○(議長)  いやいや、だから、その中で予算に関係することは、ここでは質問を受けないということで、嚴議員、よろしいですね。


○(町長)  質問していただけるのは大変ありがたいし、また、説明を果たすのは我々の使命かもしれないんですけれども、あくまでも決算についての内容、費用対効果はどうだったかという質問ならわかるんですけれども、総合計画に位置づけられたものを我々は予算に計上し、決算でお認め願う、今、お話をさせてもらっているわけです。ですから、この内容についてどうですか、こうですかじゃなくて、基本的にはこの内容に対してどういう効果があらわれているんだと聞かれるのはわかるんですけれども、中身はどうなんですかという問題はちょっと違うかと思います。この点について、議長が、今、どのように聞いていたかもわらからないけれども、最終的には議長の判断で、各所管課がお答えすることになろうかと思いますけれども、あくまでも決算の内容について認めるか認めないかということの内容だと思いますから、中身がどうのこうのじゃなくて、これはもう予算のときに、そのために委員会で各説明をさせていただいていますから、誤解のないように質問をしていただければなと思いますので、よろしいですか、それで。


○(議長)  では、今の町長の答弁というか、中で、予算に関することは、皆さんにもうお伝えいたしていますけれども、ここでは諮ることではなくて、22年度の決算の中身についてお尋ねしていただきたいんですね。それを踏まえてお願いします。


 そうすると、まず一番最初の水資源の環境、これについても、一つ一つちょっとページが飛んでいますけれども。


○9番議員(青木 嚴)  効果という言葉を使わせてもらっているので、中身をだからどうなんだというふうに質問したものについては撤回しますよ。ただ、予算として決算として計上されたものが、総合計画の中で予算が立てられ、それでそれが実行されたわけですから、その評価を聞いているものについては回答をお願いしたい。


 以上です。


○(議長)  では、評価について、では、水資源環境。


○(環境防災課長)  それでは水源環境保全・再生施策市町村交付金なんですが、当課の部分につきましては、この中で地下水の環境保全調査ということで、決算額につきましては540万支出しております。これにつきましては、神奈川県が平成17年11月に策定した神奈川水源環境保全・再生施策大綱におきまして、19年度以降5年間に取り組むべき具体的実行計画というところをもとにして、当町でも行っております。


 そういったことで、19年度からそれぞれ調査を行っていますが、22年度につきましては、モニタリング調査を主体としまして継続調査をいたしました。そういったことで、まず、箇所については15カ所なんですが、浅井戸につきましては11カ所、それから深井戸につきましては3カ所、それと湧水、湧き水ですね、ということで、これが1カ所の15カ所でございます。


 そういったことでやった結果ですが、地下水の深度にしましては、浅井戸の水深が5メートルぐらいに確認される場合が多いと。一方では深井戸の水位はおおむね50から100メートルぐらいだということで確認されました。


 地下水変動で変動動向としましては、浅井戸部分なんですが、変動幅が最小であるというところで、この最小分については0.03メートル、それから、最大については3.49メートルほど変動幅があったということで、おおむね内陸部ほど水位変動幅が大きい傾向を示したというような結果になっています。


 また、季節的な変化につきましては、地点によっては若干ばらつきがございますが、浅井戸の場合には最高水位が2月、最低水位が10月に観測されております。また直前の降雨状況によりまして対応した変動傾向を示しております。


 なお、深井戸につきましては、最高水位が10月から11月、または6月、最低水位が3月、または5月に観測しまして、浅井戸と類似した変動経過を示していると、こういった結果が出ました。


 水質の環境保全の部分につきましては、以上でございます。


 それと、消火器の関係、防災訓練の関係ですが、まず、防災訓練事業としましては、金額では2万7,277円ということで、消耗品の1万9,277円、これは訓練のときの消耗品という部分と、それからあとは参加された方の保険料ということでやっております。


 なお、ここにつきましては、一般経費の方で消耗品22万9,530円出ているんですが、こちらについては議会用の防災服、ヘルメットの購入をしたものでございます。


 なお、訓練の方については、確かに訓練費用としてはラグがござますが、トータルでは次の防災備蓄事業から始まりまして災害対策経費、そういった一連のものを含めた中で、それぞれ備蓄品、それから無線関係の新たな改修だとか、そういったものをやって、皆さんに伝えるようにしています。


 なお、今回につきましては、街頭消火器については、22年度は交換はしておりません。


 以上でございます。


○(企画調整課長)  情報センターの通信運搬費の件の説明するものでございますが、インターネットの回線の使用料、それから、町内の情報センター、それから学校施設などと接続しましたネットワークの使用料と、これが11施設の使用料などが通信運搬費ということでございます。


 それから、自治会連合会の補助金についてということでございますが、自治会連合会の補助金につきましては、連合会に補助します助成金が19万7,500円、それから、連合会を通じて各単位自治会の運営費として83万7,000円、連合会を通じて回覧物の配布委託料、毎月回覧をお願いしておりますが、この委託料が30万8,000円ということで、これは連合会の方において、各単位自治会の方にそれぞれ連合会の中で配分しているということでございます。連合会の補助金以外に、町の方では職員が資料作成などを支援するとともに、町自治会担当制を実施しており、各自治会の担当職員が、自治会を含めて理事会とか、役員会があると出席しまして、そこで各自治会からの情報収集などのことを行っております。企画としましても、毎月回覧を自治会に回しておりますが、その回覧に出したものは自治会担当の職員に、どういうものが町から来るか、配布されているよということで担当には知らせて、また、何か問い合わせがあったときとかは回答できるようにということで対応しております。


 以上でございます。


 もう1点、情報センターの建設事業の起債の残高ということでございますが、決算の付属資料の方に記載してございますが、22年度末で9,837万円ということで、起債の残高でございます。


○(議長)  次の100ページの青木議員の老健のところで、なぜ電算システムが入っているかというのは、予算のときに質疑していただきたい内容と思いますので、ここでは答弁なしでお願いします。


 その次はひとり親家庭。


○(福祉課長)  対象の世帯、人数等がどのぐらいかというお問い合わせなんですが、8月12日現在68世帯、170人となっています。


 以上です。


○(まちづくり課長)  146ページの07−12空地空家事業臨時職員賃金の206万7,770円の支出についてですが、空家空地事業対策については、平成20年度に新規事業として実施し、空地空家調査、所有者等の調査、情報提供等の事業を行い、町内における調査結果としまして、把握物件の総数につきましては430数件の物件を調査実施しております。そのうち、廃屋状況とか、大修理の必要なものを除き、所有者等に意向確認のアンケート等を発送して、情報の再収集を行っております。先ほど申されましたホームページの件数につきましては、9月現在で74の物件、成約につきましては28件の状況となっておりまして、近隣である箱根町や清川村のホームページ等の件数等に比べると、数倍の量となっております。


 144ページのまちづくり条例景観計画運用支援業務につきましてですが、この事業につきましては、国の緊急雇用創出事業臨時特例交付金を活用した緊急雇用創出事業を臨時特例基金事業で短期の雇用、就業機会を創出する、あわせて提供することを目的とした事業を行いました。


 業務につきましては、景観計画運用システムに基づく色彩基準、屋根の形状等の円滑な運用を図るとともに、それに伴ったまちづくり条例及び景観計画に関する業務を委託したものでございます。


 業務内容としましては、建築の確認、完成後の確認、確認結果の追尾のほか、窓口対応等を1年間を通して委託したものでございます。


○(介護健康課長)  108ページのドクターヘリの状況でございます。22年度の当町での運用件数、これにつきましてはゼロ件でございます。ちなみに神奈川県での県内での搬送件数は232件、また、山梨県の区域も一部入っておりますが、そこが48件ということで、合計280件の22年度中の運用があるということでございます。


○(産業観光課長)  農業振興事業のふれあい農園でございますが、ふれあい農園管理指導員賃金は月額6,000円で、1名分の7万2,000円を支出しております。指導員につきましては、園を借りている人の相談に乗ったり、作付けの指導等を行っていただいております。


 次のふれあい農園用地借上料でございますが、6万1,740円、これにつきましては大猿山839番の38、686平米の賃貸借契約による借上料を支出しているものでございます。


 それから、かながわ西湘農協に対する助成金でございますが、主産物でありますミカンやお茶の品質向上を図り、農業を活性化する目的で、新規の新たな種の苗木の購入代、あるいは真鶴町のロゴ入りのミカン箱の購入代、それから、婦人部の集まり等の研究対策というんですか、そういうものに使用されていると。金額、細かい詳細につきましては、今、手元にございませんので、後ほど回答させていただきたいと思います。


 それから、農道の整備事業の件でございますが、沢尻農道拡幅工事、これにつきましては、工事延長を57.5メートル、小型縦列式擁壁、同じく57.5メートル、アスファルト舗装工132平米、コンクリート舗装工55平米、フェンスの設置、門扉の設置、防風のネットの設置などが主なものでございます。


 農道拡幅工事の設計委託につきましては、工事発注に伴う実施設計をするために委託したものでございまして、189万円でございます。


 それから、農道拡幅工事測量委託料でございますが、これにつきましては用地を買収するに当たり、その分筆、境界確定、そういうものを行ったものでございます。


 それから、沢尻農道の用地の買収でございますが、これにつきまして、地権者が4名ございます。買収面積は合計で113.75平米でございます。


 水産振興事業補助金でございますが、これは漁業協同組合においてアワビの稚貝を放流し、漁業者の収入安定、資源維持、回復を図ることを目的として行っております。現在、アワビにつきましては、水揚げの約8割ぐらいが放流物ということを聞いてございます。岩漁業協同組合と真鶴漁業協同組合に10万ずつ支出をしております。真鶴漁協ではアワビ25ミリの規格のものです。これを1万1,000個放流しております。それから、岩漁協では50ミリの稚貝でございます。これを1,600個放流をしたということでございます。


 以上です。


○(教育総務課長)  9番議員のご質問にお答えいたします。


 学校支援地域本部事業101万7,409円ということで、これは新規事業ということでございます。子供たちの健やかな成長のために地域の学習ボランティアと学校教員との架け橋役ということで、週3回、1回2名ということで、3名分の予算をとって消化したものでございます。


 内容につきましては、予算時に話していると思いますけれども、町の地域全体で学校教育を支援するという形で、今も申しましたけれども、学習ボランティアと学校との架け橋役ということで活動したものでございます。ほかの消耗品費以下印刷製本費からパソコンにつきましては、その事業でかかった必要なものの経費でございます。


 以上でございます。


○(生涯学習課長)  182ページの貝類博物館の運営費について、13−11博物館データ入力作業業務等委託料ということで、こちらにつきましては、2つの委託をしております。


 まず、1点目でございますが、これは県のふるさと雇用再生特別基金を活用いたしまして、博物館の貝のデータの入力、これの委託でございますが、これが285万6,000円ということで、これにつきましては貝類博物館には4,500種、5万点の貝がございます。このデータを入力するという委託の業務でございますが、今年度で補助金等もなくなりますが、今年度の末をめどに入力の終了を目指しているところでございます。


 それから、もう1点が、やはり博物館の窓口業務の委託料でございます。


 こちらにつきましては、人材派遣会社に委託の中で859万5,189円の委託料でございます。こちらも神奈川県の緊急雇用創出事業の臨時特例交付基金を活用いたしまして、契約をしているものでございます。


 こちらにつきましては、現在、4名登録があるんですが、常時2名の配置ということで、窓口業務を委託をしているというところでございます。


 また、こちらにつきましても、今年度で補助金等が切れますので、これにつきましては来年度以降、どうしていくかというところで、新年度の予算に向けて検討をしている状況でございます。


 以上でございます。


○9番議員(青木 嚴)  今、質問した中で、二、三、また再度質問したいんですが、最初の方に質問したページ72の12−91通信運搬費についてのご説明で、町内学校、公共施設のネットワーク等にお金がかかっているということでありますが、たしか情報センターの2階には企画調整課の担当室と、その中にジャンクネットの従業員が1人派遣されているとしいうふうに思いますが、このような人件費もこの通信運搬費に含まれているのかどうかをお聞きします。


 それから、ページ60の19−41自治会連合会補助金につきましては、企画調整課長から明確な説明をいただきましたので、このまま終わらせていただきます。


 それから、100ページの件につきましては、却下されましたので終わります。


 102ページの(20)ひとり親家庭の医療費助成事業、これにつきましても明確なご説明をいただきましたので、次の質問はございません。


 ページ146ページ、07−12空地空家臨時職員賃金につきましては、確かにまちづくり課長がおっしゃられるように、清川村とか東北の方の町が行っている空地空家情報に比べまして、当町の取り組み、それから町長の意気込み、その2つが重なって28件という件数とホームページに累計した件数が百何十件を超えているというような実績もありますので、その賃金が適正に使われたというふうに解釈いたしまして、これも次の質問はいたしません。


 次に、150ページの防災訓練の開催、先ほどと同じページなので続けますが、ドクターヘリ、ここでそれぞれに質問したいんでけすが、今回、御殿場のコマカドからヘリコプターが舞い降りて、そして避難訓練が始まるというような状況の中で、豪雨のために、また天候不順のために。


○(議長)  嚴議員、その質問はちょっと、決算だから。


○9番議員(青木 嚴)  今のは撤回します。じゃあドクターヘリだけを質問させていただきます。


 まず、ドクターヘリの発着場所は夢公園が発着場所であるかを確認いたします。


 それから、ページ152の11−11消防設備管理運営費、これにつきましてもヘルメットとかいろんな備品、それ以外にもいろんな防備、備品を使ったということで、152ページも結構です。


 それから、114ページの7−91ふれあい農園とかながわJA西湘農業協同組合、これにつきましても、今のご説明で結構です。


 それから、126の17−01、これは農道整備、先ほどの沢尻農道ということで、農用地の買収購入費を、今、計算しますと、5万円単価ですか、かなり高額な値段で買っているなというふうに思いました。一応それで結構です。


 次に、128ページ、19−49水産加工助成金につきましては、稚貝を1万2,000個、または1,600という形で漁業養殖に反映されていますので、この明細説明で結構です。


 それから、144ページの13−18まちづくり条例・景観計画運用支援ということで、これも明確に屋根の形状であるとか、色、それから、いろんな形での運用支援をやっているということですが、景観計画というのは、回やった内容でかなりの実績が出たというふうに解釈してよろしいんでしょうか。


 それから、162の08−11学校支援地域本部事業ということで、これもやはり教育委員会、生涯学習課が取り組み、学校施設課も取り組み、決算金額の割にはかなり内容のあることをやってきたんじゃなしいかということを確認いたしましたので、これで結構です。


 それから、ページ186の01−31中川一政美術館の管理運営事業というところで、まず、美術館審議会委員の報酬ということで、この説明もこれで結構です。


 それから、ページ182の13−11博物館データ入力作業業務委託料、これにつきましてはデータ入力が最後の追い込みにかかっていると。当然、来年度から補助金がなくなるというふうなことも含めまして追い込みにかかっているということで、1,100万、その中で派遣社員に払う金額が859万、こういうような経過を経て、評価・実績が出ていることで、これも次の質問は結構です。


 以上です。


○(産業観光課長)  ただいま議員さんから5万幾らの買収単価というご指摘がありましたが、すべて同じ単価で、平米当たり1万円代で購入をさせていただいております。


○(議長)  お答えを言っていただかないという項目がかなりあったので、整理して質問してください。


○(企画調整課長)  再質問で、情報センターの通信運搬費に人件費が含まれているかということでございますが、人件費につきましてはOA化の推進事業ということで、別のところで予算化してございます。あくまでもそれも県の緊急雇用対策事業の補助金を受けて実施しているものでございまして、この通信運搬費はあくまでも回線使用料でございます。


○(介護健康課長)  ドクターヘリ離着陸の場所ということで、湯河原、真鶴地区ですと、ご質問のとおり、夢公園ということで指定されております。


○(まちづくり課長)  景観計画運用支援業務につきましては、平成21年度に運用システムの事務要綱を作成しまして、審査基準等を設け、色彩については、マンセル値等で数値化できるようになり、窓口におきまして建築確認の相談等窓口対応を22年度につきましては十数件対応しました。


 以上でございます。


○(議長)  最後の美術館の委員の報酬については、答弁はしていないので、その辺、お願いします。


○6番議員(岩本克美)  6番の岩本です。


 私は歳入の方だけちょっと質問させていただきたいと思います。全体のところで、収入未済額、これが全体で1億4,700万ほどになってきておりまして、町税から始まって、それから負担金、分担金、使用料、財産運用収入、項目としては4つほどあると思うんですけれども、歳入未済というのは、内容は確かにいろいろとあるとは思うんですが、その中で一つずつちょっと、どうしてこうなっているのということを質問させていただきたいと思います。町税に関しては省きます。


 まず最初に、民生費の中かな、これは、児童福祉費、こちらで収入未済額690万ほど……。


○(議長)  ページを言ってください。


○6番議員(岩本克美)  失礼しました。24ページです。収入未済額が695万円ほどございます。こうなってしまった理由とか、それから、今後の見通し、この辺をお尋ねしたいと思います。


 それから、次のページ、26、使用料、手数料のところで、これは造船所使用料ですか、51万8,000円、未収ということで発生しました。今回初めて出てきたと思いますので、これは一体どういうことなのかということと、今後の見通し、お願いいたしたいと思います。


 細かいところですけれども、土地使用料の中で、町営住宅も7万2,000円ほどありますね。これは恐らく年度がかわって解決されとているのかなと思いますが、その辺、一つお尋ねしたと思います。


 それから、次のページ28です。教育使用料の中の幼稚園保育料、18万9,000円、それは先ほど3名とか言われましたですかね。何か説明があったようですが、確認のため質問させていただきます。


 そして、これは土地使用料、いわゆる貸付料ですね。土地の貸付料収入が、残念ながらまた少し増えてしまったと思います。これは既に2回ほど質問させていただいているんで、内容はわかっていますが、今後の対策だけ一つご回答いただきたいと思います。


 以上です。


○(福祉課長)  24ページの児童福祉費負担金の収入未済額、こちらの方、備考欄にありますように、該当のものは保育園の入所児童徴収金と放課後児童クラブ保護者負担金。この未済になっている部分は01番の保育園の保育料の未収金でございます。そちらの方がこれだけあるということで、今年度で、上記の方で消滅時効が地方税法の18条に該当する部分が60万弱不納欠損をさせていただいたんたですが、その以外の部分で700万近く残っているということでございます。


 今後の見通しということなんですが、収納対策課の方が今回新しくできましたが、保育料に関しましては所管課の福祉課の方で対応するというような形になっております。実際問題といたしましては、保護者の方に回収して納めていただくという。あと、それ以外に、保育園の保育料の方も地方税法にのっとった形での事務処理ができますので、保護者の財産調査とかを実施して強制処分というような形、最終的になりますが、そのような形での未収金の回収というものに努めていきたいと考えております。


 町営住宅の未収金がございます。そちらの方、お一人なんですが、3カ月分、町営住宅の使用料3カ月分と、あと駐車場の使用料3カ月分、それが同じ対象者で、それぞれ3カ月分ございまして、そちらの方は既に、年度を越しましたが、夏までにすべて完納していただきました。処理済みになっています。


 福祉課は以上です。


○(管理課長)  26ページの使用料の関係でございます。今回、こちらに未収金として残っております51万8,382円につきましては、造船所使用料ということで、こちらにつきましては年度内に内金という形で入っておりまして、残金については滞納という形で未収金となってしまったわけでございますが、いずれにしましても、こちらの残金につきましては、既に6月下旬に納金されております。こちらの使用料と、ご質問に答えました39ページの土地使用料、財産使用料の関係でございますが、社会経済情勢の悪化の状況によりまして、大変納入が困難になっているというような業者さんも出てきております。


 また、こちらの財産貸付収入の方につきましては、昨年度、ご質問をいただいておったところから、今年度の状況をちょっとお話しさせていただきますと、平成20年度分の滞納分につきましては、昨年8件ありましたが、今年度までに納入いただいて、現在3件分が残っていると。21年度分につきましては、昨年時点では12件であったところが、今年度3件までに減らしてきているというようなことがございます。


 今年度の未済額につきましては、合計13件分の事業者、個人等の対象の方がおるわけですけれども、やはり、こちらにつきましては、丁場関係につきまして、大変広い面積での貸付となっております。ですから、貸付対象の業者さんにつきましては、大変少数ではございますが、金額的に大きくなってきてしまっているというような状況でございます。しかしながら、こういった事業者さんとは、当然ながら面談をして、分納申請をしていただいて、計画的な納付に努めていただくというようなことがございます。また、特に金額的に目立つような業者さんにつきましては、当役所内で協議いたしまして、こちらからは町有地の返還も含めたお話はさせていただいております。こういった中で計画的な分納の申請を出していただいて、滞納の解消に努めていただくというような形で対応をしているところでございます。


 以上でございます。


○(教育総務課長)  28ページの町立ひなづる幼稚園の保育料でございます。収入未済額として18万9,000円ということで、3件分でございます。平成7年度分、これが9カ月、平成11年度で6カ月分ということで、直近で22年度が12カ月分ということで、この12カ月の直近の22年度の方につきましては、接触をとりまして、お話をしまして、分納計画書をつくりまして、8月から既にお支払いをしていただいていますという形で、残りの部分のについても、そういう形で徴収をするように、分納計画を進めていきたいと思っております。


 以上でございます。


○6番議員(岩本克美)  再質問ではないかもしれません。いわゆる収入未済額というのは、一つの財産だと思うんですよね、町にとって。これをどう回収していくかというのは、非常に大事で、そういう意味で収納対策課というのができた、これは結構な話だと思うんです。


 ただ、今後の対策といいますと、どうしても個々の折衝とか、そういったものが増えてくるでしょうし、要は余りにもたまり過ぎて、こういう言い方でいいのかな、滞納者、債務者ですね。その方に余りにもたまらないような、そういう方法をどんどん進めていただきませんと、なかなか解決に向かわないと。これは質問とはちょっと違うかもしれません。申し訳ありません。そういうことを思います。


 特に監査書の中にも、体制強化をしっかりしろというようなこと。これはまさに収納対策課ができて、その活躍がこれから期待されるところだと思います。


 そのほかに、今、一般会計ですから、国保会計も大分延滞、収納未済がありますよね。それらも含めた全体的な対策をこれからとっていただくということをきちんとお願いしておきたい。


 特にこれから予算編成されます。町の健全化というと、いかに歳入を増やして、いかに歳出を減らすか、そうしていきませんと、町も生きていかれないと思いますので、その辺を踏まえて予算措置してほしいなと、これは私の願望ですけれども、質問とはちょっと違いましたけれども、そういうことで締めくくりたいと思います。結構です。終わります。


○8番議員(二見和幸)  8番、二見和幸です。


 歳出で質問させていただきます。60ページ、22−01で、車両等事故賠償金10万9,748円出ていますが、事故の賠償金ですから、事故があって支払いをしたと思うんですが、これは庁用車が事故をしたのかどうかというのと、あと90ページ、福祉バス、アモーレ号のことだと思いますが、これを町民の方に貸し出しをしてくれるということで、僕もちょっと使いたい用があるので借りたいんですが、バスの保険、例えば対人対物、車両保険まで、こういうことを入って貸してくれるのか伺います。


○(管理課長)  60ページの車両事故等賠償金の関係でございます。こちらの事業につきましては、昨年夏休み中の真鶴中学校の部活動におきまして、グランドで中学校の生徒が蹴ったサッカーボールがグランドの外まで飛んでいきまして、そこを走行して車にたまたま偶然ぶつかりまして、そのボディーが傷がついたということでございます。これにつきましては、町で加入しております全国賠償保険の保険金の請求をし、直った時点で、当然相手側との話し合いをして、了解をいただいた後に賠償金のお支払いをさせていただいたという内容となっております。


○(福祉課長)  アモーレ号の貸し出し等についてですが、貸し出しに対しても条件的なものは一切ございません。町で入っています保険が、一般の民間の方が利用されていても、万が一の場合でも、その保険が適用されるということになっています。ただ、負担していただくのは燃料代です。そちらの方は使用者が負担していただくという形になります。


 以上です。


○8番議員(二見和幸)  賠償の金額は。


○(福祉課長)  賠償は無制限になります。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


○(議長)  よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は、原案のとおり認定することに賛成の方は、起立願います。


           (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「決算の認定について(平成22年度真鶴町一般会計決算)」については、認定することに決定しました。


○(議長) 暫時休憩いたします。


        (休憩 午前10時50分)


        (再開 午前11時10分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  日程第2、認定第2号「決算の認定について(平成22年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(事業勘定)決算)」の件を議題とします。


○(議長)  本案について、提出者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  認定第2号は、平成22年度真鶴町国民健康事業特別会計(事業勘定)の決算の認定についてであります。


 去る7月1日に、会計管理者より提出があり、8月9日から12日までの4日間において、監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものであります。


 詳細につきましては、会計管理者に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を会計管理者に求めます。


○(会計課長)  それでは、ご説明いたします。認定第2号は、平成22年度真鶴町国民健康事業特別会計(事業勘定)歳入歳出決算でございます。


 213ページをお願いします。


 歳入です。


 1款1項国民健康保険税、調定額4億8,332万8,346円、収入済額2億9,975万4,219円、前年度対比550万4,266円の減で、不納欠損額654万600円、収入未済額1億7,700万3,527円です。


 2款使用料及び手数料、1項手数料、調定、収入済額とも17万8,800円、前年度対比3,300円の増。


 3款国庫支出金、調定、収入済額とも2億4,855万8,433円、前年度対比4,144万4,718円の減、1項国庫負担金、調定、収入済額とも2億2,294万8,582円、前年度対比2,534万8,979円の減、2項国庫補助金、調定、収入済額とも2,560万9,851円、前年度対比1,609万5,739円の減。


 4款1項療養給付費等交付金、調定、収入済額とも4,936万494円、前年度対比1,041万8,472円の増。


 5款1項前期高齢者交付金、調定、収入済額とも3億820万1,636円、前年度対比5,079万4,593円の増。


 6款県支出金、調定、収入済額とも5,801万1,810円、前年度対比307万7,961円の減。1項県負担金、調定、収入済額とも820万8,810円、前年度対比110万8,309円の増、2項県補助金、調定、収入済額とも4,980万3,000円、前年度対比418万6,000円の減。


 7款1項共同事業交付金、調定、収入済額とも1億6,107万2,420円、前年度対比927万2,954円の減。


 8款繰入金、1項他会計繰入金、調定、収入済額とも7,304万9,000円。2項基金繰入金は収入はありませんでした。


 9款1項繰越金、調定、収入済額とも8,952万9,336円、前年度対比1,017万9,393円の減。


 10款諸収入、調定、収入済額とも23万5,265円、前年度対比10万1,071円の増、1項延滞金加算金及び過料、調定、収入済額とも8,700円、前年度対比1万1,600円の減。2項受託事業は収入ございませんでした。3項雑入、調定、収入済額とも22万6,565円、前年度対比11万2,671円の増。


 以上、歳入合計は調定額14億7,152万5,540円、収入済額12億8,795万1,413円、前年度対比4,086万2,433円の減で、収入未済額1億7,003万3,527円でございます。


 次の215ページをお願いします。


 歳出です。


 1款総務費、予算現額3,082万3,000円、支出済額2,938万4,399円、前年度対比389万7,256円の減で、不用額143万8,601円。1項総務管理費、支出済額2,890万9,679円、前年度対比384万8,976円の減。2項運営協議会費、支出済額47万4,720円、前年度対比4万8,280円の減。


 2款保険給付費、予算現額8億7,145万6,427円、支出済額8億4,986万6,871円、前年度対比468万5,398円の増で、不用額2,158万9,556円です。1項療養諸費、支出済額7億4,337万2,590円、前年度対比289万2,537円の増。2項高額療養費、支出済額9,991万1,971円、前年度対比198万1,181円の増。3項移送費は支出はありませんでした。4項出産育児諸費、支出済額588万2,310円、前年度対比13万8,320円の減。5項葬祭諸費、支出済額70万円、前年度対比5万円の減。


 3款1項後期高齢者支援金等、予算現額1億2,472万4,000円、支出済額1億2,070万7,532円、前年度対比1,800万2,305円の減で、不用額1万6,468円。


 4款1項前期高齢者納付金等、予算現額22万7,000円、支出済額21万9,046円、前年度対比18万6,734円の減で、不用額7,954円。


 5款1項老人保健拠出金、予算現額337万4,000円、支出済額337万491円、前年度対比990万8,747円の減で、不用額3,509円。


 6款1項介護納付金、予算現額5,623万6,000円、支出済額5,623万5,719円、前年度対比81万6,833円の増で、不用額281円。


 7款1項共同事業拠出金、予算現額1億5,478万2,000円、支出済額1億3,367万973円、前年度対比22万5,710円の増で、不用額2,111万1,027円。


 8款保健事業費、予算現額1,124万1,215円、支出済額780万1,174円、前年度対比3万6,705円の減で、不用額344万41円。1項特定健康診査等事業費、支出済額669万423円、前年度対比9万7,242円の増。2項保健事業費、支出済額111万751円、前年度対比13万3,947円の減。


 9款1項基金積立金、予算現額、支出済額とも2,065万6,000円、前年度対比1,999万3,000円の増。


 10款公債費、1項一般公債費、支出はありませんでした。


 次のページをお願いします。


 11款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、予算現額128万6,264円、支出済額121万1,264円、前年度対比583万7,578円の減で、不用額7万5,000円。


 12款1項予備費、予算現額2,980万2,094円が、そのまま不用額となっております。


 以上、歳出合計は予算現額13億465万8,000円、支出済額12億2,712万3,469円、前年度対比1,216万1,041円の減で、不用額7,753万4,531円、歳入歳出差引残額6,082万7,944円は前年度対比2,870万1,392円の減でございます。


 次の219ページをお願いします。歳入歳出決算事項別明細書でございます。


 歳入です。


 1款1項国民健康保険税、1目一般被保険者国民健康保険税、1節医療給付費分現年課税分、調定額2億2,172万8,251円、収入済額2億64万1,001円、前年度対比169万6,522円の増で、収入未済額2,108万7,256円、一般被保険者国民健康保険税で、徴収率は90.49%でございます。2節介護納付金分現年課税分、調定額2,231万9,794円、収入済額1,927万3,066円、前年度対比49万2,954円の減で、収入未済額304万6,728円、一般被保険者介護納付金分で、徴収率は86.35%。3節後期高齢者支援金分現年課税分、調定額4,768万1,329円、収入済額4,318万5,017円、前年度対比37万210円の増で、収入未済額449万6,612円、一般被保険者後期高齢者支援金分で、徴収率90.57%。4節医療給付費分滞納繰越分、調定額1億3,419万3,362円、収入済額893万2,538円、前年度対比540万104円の減で、不納欠損額579万2,132円、収入未済額1億1,946万8,692円、一般被保険者国民健康保険税滞納繰越分で、徴収率は6.66%。5節介護納付金分滞納繰越分、調定額1,625万9,515円、収入済額112万9,343円、前年度対比47万8,400円の減で、不納欠損額61万8,468円、収入未済額1,451万1,704円、一般被保険者介護納付金滞納繰越分で、徴収率は6.95です。6節後期高齢者支援金分滞納繰越分、調定額967万7,193円、収入済額73万7,084円、前年度対比30万3,070円の増で、徴収率は7.62%でございます。


 次のページをお願いします。


 2目退職被保険者等国民健康保険税、1節医療給付費分現年課税分、調定額1,733万343円、収入済額1,688万2,794円、前年度対比118万9,749円の減で、収入未済額44万7,549円、徴収率は97.42%です。2節介護納付金分現年課税分、調定額409万4,906円、収入済額400万3,971円、前年度対比23万8,603円の減で、収入未済額9万935円、徴収率は97.78%です。3節後期高齢者支援金分現年課税分、調定額370万871円、収入済額360万6,252円、前年度対比27万2,711円の減で、収入未済額9万4,619円、徴収率は97.44%。4節医療給付費分滞納繰越分、調定額541万9,069円、収入済額105万3,636円、前年度対比3万4,504円の増で、不納欠損額11万6,000円、収入未済額424万9,433円、徴収率は19.44%。5節介護納付金分滞納繰越分、調定額61万8,441円、収入済額17万5,785円、前年度対比5万7,470円の増で、不納欠損額1万4,000円、収入未済額42万8,656円、徴収率は28.42%。6節後期高齢者支援金分滞納繰越分、調定額30万4,966円、収入済額13万3,732円、前年度対比10万6,479円の増で、収入未済額17万1,234円、徴収率は43.85%です。


 2款使用料及び手数料、1項手数料、1目1節督促手数料、調定、収入済額とも17万8,800円、前年度対比3,300円の増。


 3款国庫支出金、1項国庫負担金、1目療養給付費等負担金、次のページをお願いします。1節現年度分、調定、収入済額とも2億1,488万6,416円、前年度対比2,630万7,956円の減でございます。2節過年度分は収入はありませんでした。


 2目1節高額医療費共同事業負担金、調定、収入済額とも725万1,166円、前年度対比85万1,977円の増、01高額医療費共同事業負担金で、市町村が拠出する額に対し国県がそれぞれ4分の1を負担するものです。


 3目1節特定健康診査等負担金、調定、収入済額とも81万1,000円、前年度対比10万7,000円の増で、01特定健康診査等負担金で、受診者数の3分の1が交付されるものでございます。


 2項国庫補助金、1目財政調整交付金、1節普通調整交付金、調定、収入済額とも2,485万1,000円、前年度対比1,156万4,000円の減。


 2目1節介護従事者処遇改善臨時特例交付金、調定、収入済額とも49万8,851円、前年度対比46万1,739円の減。


 3目1節出産育児一時金補助金、調定、収入済額とも26万円、前年と同額で、出産育児一時金補助金で、2万円の13件分でございます。


 4款1項、次のページをお願いします。1目療養給付費等交付金、1節現年度分、調定、収入済額とも4,836万5,000円、前年度対比1,631万6,000円の増、これは退職者医療費に対する助成で、社会保険診療報酬基金より入るものでございます。2節過年度分、調定、収入済額とも99万5,494円、前年度対比589万7,528円の減となっております。


 5款1項1目1節前期高齢者交付金、調定、収入済額とも3億820万1,636円、前年度対比5,079万4,593円の増で、前期高齢者医療費に関する財政調整のための交付金でございます。


 6款県支出金、1項県負担金、1目1節高額医療費共同事業負担金、調定、収入済額とも725万810円、前年度対比85万4,309円の増で、国庫と同様に県からも4分の1が負担されます。


 2目1節特定健康診査等負担金、調定、収入済額とも95万8,000円、前年度対比25万4,000円の増。こちらも国庫と同様に県から3分の1が負担されます。


 2項県補助金、1目県財政調整交付金、1節普通調整交付金、調定、収入済額とも4,980万3,000円、前年度対比418万6,000円の減。


 7款1項共同事業交付金、1目、次のページをお願いします。1節高額医療費共同事業交付金、調定、収入済額とも4,742万5,235円、前年度対比319万8,359円の増で、高額医療費共同事業交付金で、80万を超える部分の10分の6が国保連合会から負担されます。


 2目1節保険財政共同安定化事業交付金、調定、収入済額とも1億1,364万7,185円、前年度対比1,247万1,313円の減で、こちらは1件30万円を超える医療費を賄うため、市町村の拠出金をもとに交付されるものでございます。


 8款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金、1節保険基盤安定制度繰入金(保険税軽減分)、調定、収入済額とも3,002万4,000円、前年度対比70万1,398円の減で、保険基盤安定制度繰入金7割、5割、2割の軽減に対するものでございます。2節保険基盤安定制度繰入金(保険者支援分)、調定、収入済額とも652万3,000円、前年度対比29万2,565円の減。3節職員給与費等繰入金、調定、収入済額とも2,838万1,000円、前年度対比589万円の減で、職員給与費等繰入金で、3名分の人件費でございます。4節出産育児一時金繰入金、調定、収入済額とも426万7,000円、前年度対比4万円の減で、出産育児一時金14件分でございます。5節財政安定化支援事業繰入金、調定、収入済額とも385万4,000円、前年度対比61万6,884円の減で、国保財政の健全化のための繰り入れでございます。


 2項基金繰入金、1目1節保険給付費支払準備基金繰入金は支出はございませんでした。


 9款。次のページをお願いします。1項繰越金、1目1節療養給付費交付金繰越金も収入はありませんでした。


 2目その他繰越金、1節前年度繰越金、調定、収入済額とも8,952万9,336円、前年度対比1,017万9,393円の減。


 10款諸収入、1項延滞金加算金及び過料、1目1節一般被保険者延滞金、調定、収入済額とも8,700円、前年度対比1万1,600円の減で、5件分でございます。


 2目1節、2項1目1節の特定健康診査等受託料まで収入はありませんでした。


 3項雑入、1目1節一般被保険者第三者納付金、調定、収入済額とも11万2,463円、前年度対比11万2,436円の増で、一般被保険者第三者行為損害賠償金1件分でございます。


 次の231ページをお願いします。


 2目1節と3目1節、4目1節まで収入はありませんでした。


 5目1節雑入、調定、収入済額とも11万4,102円、前年度対比208円の増。


 以上、歳入合計は調定額14億7,152万5,540円、収入済額12億8,795万1,413円、前年度対比4,086万2,433円の減で、不納欠損額654万600円、収入未済額1億7,703万3,527円となっております。


 次の233ページをお願いします。


 歳出です。


 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費、予算現額2,979万8,000円に対し支出済額2,841万981円、前年度対比411万3,142円の減で、不用額138万7,019円でございます。備考欄02−21一般職給料から04−21公務災害負担金までは人事異動に伴い332万284円が減でございます。備考欄12−11通信運搬費は前年度対比59万4,670円の減で、隔年実施されています国保の保険証更新を書留で郵送している分が減になったためでございます。13−17被保険者マスター作成システム開発業務委託料105万円は新規による増でございます。


 次の235ページをお願いします。


 2目連合会負担金、予算現額50万1,000円に対し支出済額49万8,698円、前年度対比26万4,166円の増で、不用額2,302円でございます。保険者割と被保険者数割等により負担するものでございます。


 2項1目運営協議会費、予算現額52万4,000円に対し支出済額47万4,720円、前年度対比4万8,280円の減で、不用額4万9,280円でございます。備考欄01−32国民健康保険運営協議会委員報酬が前年度対比4万7,500円の減で、委員1名の欠員と欠席による減でございます。


 2款保険給付費、1項療養諸費、1目一般被保険者療養給付費、予算現額7億674万6,591円、支出済額6億9,024万877円、前年度対比852万6,058円の減で、不用額1万1,650万5,714円でございます。給付件数は4万2,396件で、前年度対比3,906件の増でございます。


 次のページをお願いします。


 2目退職被保険者等療養給付費、予算現額4,196万5,079円に対し支出済額4,169万2,649円、前年度対比940万5,424円の増で、不用額27万2,400円でございます。給付件数は3,107件で、前年度対比196件の増でございます。


 3目一般被保険者医療費、予算現額1,118万2,000円に対し支出済額903万1,694円、前年度対比184万7,374円の増で、不用額215万306円でございます。給付件数は1,144件で、前年度対比240件の増でございました。


 4目退職被保険者等療養費、予算現額50万7,000円に対し支出済額42万2,872円、前年度対比10万9,444円の増で、不用額8万4,128円でございます。給付件数は48件で、前年度対比7件の減でございました。


 5目審査支払手数料、予算現額203万6,000円に対し支出済額198万4,468円、前年度対比5万6,353円の増で、不用額5万1,532円でございます。


 2項高額療養費、次のページをお願いします。1目一般被保険者高額療養費、予算現額9,565万1,535円、支出済額9,448万7,749円、前年度対比149万8,984円の減で、不用額116万3,786円でございます。給付件数は1,245件で、前年度対比14件の減でございます。


 2目退職被保険者等高額療養費、予算現額、支出済額とも542万4,222円、前年度対比348万165円の増でございます。給付件数55件で、前年度対比23件の増でございます。


 3目、4目、3款1目、次のページ、2目まで支出はございませんでした。


 241ページをお願いします。


 4項出産育児諸費、1目出産育児一時金、予算現額672万4,000円に対し支出済額588万2,310円、前年度対比13万7,690円の減で、不用額84万1,690円でございます。出産育児一時金は14件分でございます。


 5項葬祭諸費、1目葬祭費、予算現額100万円に対し支出済額70万円、前年度対比5万円の減で、不用額30万円でございます。19−41葬祭費14件分でございます。


 3款1項1目後期高齢者支援金、予算現額1億2,470万5,000円に対し支出済額1億2,469万908円、前年度対比1,799万9,513円の減で、不用額1万4,092円でございます。減の要因は加入者一人当たりの算定基礎額が減額されたことによるものです。


 2目後期高齢者関係事務費拠出金、予算現額1万9,000円に対し支出済額1万6,624円、前年度対比2,792円の減で、不用額2,376円でございます。


 4款1項前期高齢者納付金。次のページをお願いします。1目前期高齢者納付金、予算現額21万円、支出済額20万2,742円、前年度対比18万5,596円の減で、不用額7,258円でございます。


 2目前期高齢者関係事務費拠出金、予算現額1万7,000円に対し支出済額1万6,304円、前年度対比1,138円の減で、不用額696円でございます。


 5款1項老人保健拠出金、1目老人保健医療費拠出金、予算現額336万4,000円に対し支出済額336万1,384円、前年度対比990万7,112円の減で、不用額2,616円でございます。


 2目老人保健事務費拠出金、予算現額1万円に対し支出済額9,107円、前年度対比1,635円の減で、不用額893円でございます。


 6款1項1目介護納付金、予算現額5,623万6,000円、支出済額5,623万5,719円、前年度対比81万6,833円の増で、不用額281円でございます。増の要因は、第2号被保険者一人当たりの負担額が増額されたことによりものです。


 7款1項共同事業拠出金、1目高額医療費共同事業拠出金、予算現額3,454万8,000円に対し支出済額3,168万6,897円、前年度対比610万892円の増で、不用額286万1,103円でございます。


 次のページをお願いします。一般被保険者の療養に係るもののうち80万円を超える部分の10分の6が交付されております。


 2目その他共同事業事務費拠出金、予算現額1,000円に対し支出済額351円、前年度対比351円の増で、不用額649円でございます。


 3目保険財政共同安定化事業拠出金、予算現額1億2,023万3,000円対し支出済額1億198万3,725円、前年度対比587万5,533円の減で、不用額1,824万9,275円でございます。基準拠出対象額の減によるものでございます。


 8款保健事業費、1項1目特定健康診査等事業費、予算現額918万円に対し支出済額669万423円、前年度対比9万7,242円の増で、不用額248万9,577円でございます。受診者数677名で、前年度対比39名の増となっております。


 2項保健事業費、1目保健衛生普及費、予算現額43万7,000円に対し支出済額41万8,045円、前年度対比1万4,633円の増で、不用額1万8,955円でございます。年6回、医療費通知を発送しているものでございます。


 2目疾病予防費、予算現額162万4,215円に対し支出済額69万2,706円、前年度対比14万8,580の減で、不用額93万1,509円でございます。


 次のページをお願いします。備考欄11−61修繕料6万1,125円は新規で、役場1階の全自動血圧計を修理したものでございます。


 9款1項基金積立金、1目保険給付費支払準備基金積立金、予算現額、支出済額とも2,065万6,000円、前年度対比1,999万3,000円の増でございます。


 10款公債費、1項一般公債費、1目利子は支出はありませんでした。


 11款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目一般被保険者保険税還付金、予算現額30万円に対し支出済額25万8,000円、前年度対比36万9,483円の減で、不用額4万2,000円でございます。還付該当件数は14件でした。


 2目退職被保険者等保険税還付金。次のページをお願いします。3目、4目まで支出はございませんでした。


 5目国庫支出金返納金、予算現額95万3,264円に対し支出済額、同額で、前年度対比545万1,816円の減でございます。


 6目療養給付費返納金も支出はございませんでした。


 12款1項1目予備費は124万2,906円を充用しまして2,980万2,094円が不用額となっております。


 以上、歳出合計は予算現額13億465万8,000円、支出済額12億2,712万3,469円、前年度対比1,216万1,041円の減で、不用額7,753万4,531円でございます。


 次ページからは実質収支に関する調書、基金の関係等について掲載してございますので、ごらんいただきたいと思います


 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


 質疑はございませんか。


○2番議員(村田知章)  2番、村田です。


 220ページ、お願いします。健康保険税も介護保険も後期高齢者も収納率が9割前後ということで、払っていない人の中で健康保険等が失効している人の人数と割合を教えていただければと思います。


 あと、免除者などは、どの程度いるのかというのも、あわせて教えていただければと思います。


○(税務町民課長)  収入未済額の件数ということでよろしいでしょうか。医療一般、それから医療退職、それから後期一般、後期退職、介護一般、介護退職、1,790件という数になります。


 それから、保険証の出ていない方はいらっしゃいません。免除者もございません。


○12番議員(黒岩宏次)  12番です。


 まず、決算を提出し、今回の議会に提案している町長にお尋ねするわけですけれども、まず、保険料の関係で、確かに現年課税分が収入率が上がっていると、88.8から90.8ということで2%上がっているという、そういうデータがあります。しかし滞納の繰越分が逆に11.2から7.3に下がっているということなんですけれども、保険税の収入について、財政の健全化を図る上で、未済額について、いろいろ工夫をして、努力をしてもらいたいという税の公平化という立場からも、それを図ってほしいという、こういう監査委員の意見もあるわけですけれども、この辺について町長はどういうふうに改善しようとしているのか、この決算を上程するに当たっての基本的なことについてお聞きをしたいと思います。その点、まず聞いてからにいたします。


○(町長)  基本的に国民健康保険、税という体系の中で算定をさせていただき、支出から収入を見させていただく、こういった仕組みの中で税が算出されるんですけれども、私はやっぱり税というのは、基本的に、今、黒岩議員が言われた不公平であってはならない。要するに、納めるべき人はしっかりと納税をされることによって医療費を賄っていく扶助相互の関係ということ。それは原則論でありますから、しっかりと守っていただけることが必要であると。そのための収納というものに対してご理解をいただけるように納税義務という憲法でもうたわれている、私は憲法だと思います、基本的には。すべては憲法で始まり、憲法ですべてを守っていく、そして、その義務を果たしていく、そして権利を主張していく。こういった仕組みがしっかりされているものですから、それらを小さなときから日本国民である以上は納税の義務を負うんだ。収入のない困った人は助けるんだと。これは収納対策課をつくったときに、一番に職員の方々にも、私の方からレクチャーをさせていただいています。話を聞けば誰でもわかる。話を聞けばわかるんじゃなくて、それを身にしみるようにして物事を対処していくのが私は必要だと思います。したがって収納については、粛々とご理解をいただき、納税の義務を果たしていただける場面を展開してまいりたいと。


 ただ、普通に不納欠損をするのは簡単なんですよ。時効だの何だのということは。それまで何もしなければ時効になりますよ。それをすることはいかがなものかと。優良な税を納めている方々、または天引きで納めている方々、いろんな場面、おられます。ただ国民健康保険は基本的には普通徴収、もっともっと言わせていただくと、町の業務の中に収納対策課というのは必要なのか、必要でないのかと。今、収納課に配属されている職員は優秀ですから、やがては収納対策課という課をなくすぐらいまでにしたい。それだけの意気込みを持っている職員が配属されております。そのぐらいの気概を持っていただけると、町としても、私としても、大変助かる、ありがたいと思います。


 したがって納税義務というのは、しっかりと教育をしていかなきゃいけない。ですから、私は教育というものは大事だと。小さなときから、防災も含めて、納税の教育もしていかなきゃいけない。大人はその見本をしっかりと見せる。


 ただ、その中で困った人、納めたくても納められない、納められるのに納めないとは意味が違うんです。ここのところをしっかりと見定める力を公務員たる者は持たなきゃだめだと思います。


 皆様方にいろんな方々がご相談をされるでしょう。されたときに、本当にこの人は困っての相談なのか、それとも上辺だけの相談なのか、しっかりと見定める力を持っていただければ、大変私どもとしてもありがたいと。これが連携だと思います。執行部と議会の連携というのは、すべては町民のため、ここを間違えないように、納税の義務を果たせられるような仕組みをしっかりと展開してまいりたいと、こういうことでご理解をいただきたいと思います。


○12番議員(黒岩宏次)  町長の姿勢は一応評価をしますけれども、しかし、今回の決算の中で収入未済額が1億7,700万、前年度、今度の決算、増えた分が4%を占めて828万円というふうに報告されております。監査委員の報告の中でも、負担の公平化という立場からいっても、一層の努力をしてくれということなんですけれども、努力をしていく、頑張っていることはわかります、わかりますけれども努力をしていく方向について、もう少し具体的に目にわかるような形、それから、実績が上がるような形を一つ、こういう方向でいくんだと。23年度、今、途中ですけれども、いくんだという、そういう決意も含めた、もう一度お願いいたします。


○(町長)  担当課長、お話ししたいようですから、なんですけれども、一番の基本で、一億数千万残っているというのは、私どもの方は、5年たったらゼロですよという話はしていません。あくまでも、今まで優良的に納めてくださっている納税義務を果たしている方々、不公平感を起こしてはならんというところから、誓約書をもって納めている方々もおられます。そういう方々は、納税の意味も含めておわかりいただいていて、我々が恐喝をしているわけじゃなく、自分は納めなきゃいけないんだという思いの中から、少しずつ少しずつ納めている人たちの累計が大きいという。


 そして、収納課は、今、対策事業として、まず、給与の差し押さえ、生命保険の調査、あらゆる銀行の調査、個人の財産まで全部立ち入ります。踏み込みます。税務署と同じような権限を持っている中で、履行をしております。


 ところが、財産のない方も数多くおられます。しかし、生活保護を受けているでもなく、それなりの生活水準を守っている方がいます。その中から、わずかながらでも納税の意識を高めていただき、納税をしていただいている。こういう方々が非常に多いと。


 そして国民健康保険だけでなくして、町税、水道料、こういったものにもかなりの影響が出ている。要するに、滞納者というものについては、大体等しく、どの部門においても同じ方々が連れているという。


 その中で相談を受けて、この人は生活保護の受給対象だねという人については、福祉事務所の方にしっかりと連携をとっているということも含めて、皆さん方にもお伝えをさせていただきます。我々が首を絞めてでも、何をしてでもという形で巻き上げてきているわけではございません。あくまでも納税というものは義務であり、その中から履行していただいている。安易に時間が来たから、すべてをゼロにするという行為は極力避けて通りたいというふうに思いますので、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。


○12番議員(黒岩宏次)  町長の決意、わかりましたし、また、具体的にこの方向で頑張っていただきたいと思います。


 ただ、この辺はどうなのという感じで受けているんだけども、真鶴は保険税で、周辺の多くは保険料でなっているんだけど、この料と税という問題について、大きな違いがあるのかどうか、その辺は、わかっているつもりで、もう一回、町長にその辺を。


○(町長)  税と料は言葉のとおり違うことであって、黒岩さんも40年も議員やっているんだから、失礼千万だよ。時効の問題だとか、やっぱり税というものになると、国民も町民も、ある意味では税という意識が高いんです、料と税の違いは。そういったことを基本的なことも含めて、私は料にするんでなく、税という、お互いの扶助相互の中でも料だと、やっぱり力が弱いです。それと時効の期間が違うということ。これが大原則です。ですから、そういう意味で、私どもは、しばらくの間も含めて、将来的にも含めて、税という形で真鶴町は徴収体制をとるのが一番ベターだというふうに、ベストとは言いません、ベターだというふうに思っておりますので、その点もよろしくお願いします。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


○(議長)  よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は、原案のとおり認定することに賛成の方は、起立願います。


 (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「決算の認定について(平成22年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(事業勘定)決算)については、認定することに決定しました。


○(議長)  暫時休憩いたします。


        (休憩 午後12時02分)


        (再開 午後 1時33分)


○(議長)  休憩前に 引き続き会議を開きます。


○(議長)  日程第3、認定第3号「決算の認定について(平成22年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施設勘定)決算)の件を議題とします。


○(議長)  本案について、提出者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  認定第3号は、平成22年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施設勘定)の決算の認定についてであります。


 去る7月1日に、会計管理者より提出があり、8月9日から12日までの4日間において、監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものであります。


 詳細につきましては、会計管理者に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を会計管理者に求めます。


○(会計課長)  それでは、ご説明いたします。認定第3号は、平成22年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施設勘定)歳入歳出決算でございます。


 253ページをお願いします。


 歳入です。


 1款診療収入、調定、収入済額とも1億779万2,462円、前年度対比1億810万7,424円の減、1項外来収入、調定、収入済額とも1億346万6,288円、前年度対比1億839万2,568円の減、2項その他の診療収入、調定、収入済額とも432万6,174円、前年度対比28万95,144円の増。


 2款使用料及び手数料、1項手数料、調定、収入済額とも59万3,350円で、前年度対比7,570円の増。


 3款繰入金、1項他会計繰入金、調定、収入済額とも5,111万円、前年度対比205万4,000円の増。


 4款1項繰越金、調定、収入済額とも815万1,508円、前年度対比480万7,094円の増。


 5款諸収入、1項雑入は調定、収入済額とも9万8,130円、前年度対比60万9,194円の減。


 以上、歳入合計は調定、収入済額とも1億6,774万4,450円、前年度対比1億184万7,954円の減でございます。


 次のページをお願いします。


 歳出です。


 1款総務費、1項施設管理費、予算現額1億3,086万1,000円、支出済額1億2,794万8,356円、前年度対比340万3,917円の減で、不用額291万2,644円。


 2款1項医業費、予算現額684万4,000円、支出済額589万7,280円、前年度対比9,940万293円の減で、不用額94万6,720円。


 3款1項公債費、予算現額2,490万3,000円、支出済額2,471万1,845円、前年度対比8万205円の減で、不用額19万1,155円。


 4款1項予備費、130万2,000円がそのまま不用額となっております。


 以上、歳出合計は予算現額1億6,391万円、支出済額1億5,855万7,481円、前年度対比1億288万4,415円の減で、不用額535万2,519円、歳入歳出差引残額918万7,969円、前年度対比103万6,461円の増でございます。


 次のページをお願いします。


 事項別明細書、歳入です。


 1款診療収入、1項外来収入、1目国民健康保険診療報酬収入、1節現年分、調定、収入済額とも2,429万2,4469円、前年度対比2,382万5,466円の減で、診療件数4,774件で、前年度対比99件の減でございます。2節未収繰越分は収入はございませんでした。


 2目社会保険診療報酬収入、1節現年分、調定、収入済額とも2,113万6,856円、前年対比2,012万5,138円の減で、診療件数4,455件、前年度対比27件の増でございます。


 2節未収繰越分は収入はございませんでした。


 3目後期高齢者診療報酬収入、1節現年分、調定、収入済額とも3,570万992円、前年度対比5,057万6,170円の減で、診療件数5,516件、前年度対比258件の増でございます。2節未収繰越分、収入はございませんでした。


 4目一部負担金収入、1節現年分、調定、収入済額とも1,393万5,268円、前年度対比1,255万4,744円の減で、診療件数1万1,988件で、前年度対比67件の増でございます。2節未収繰越分、収入はございませんでした。


 5目その他の診療報酬収入、1節現年分、調定、収入済額とも840万726円、前年度対比131万1,050円の減で、診療件数3,003件、前年度対比117件の増でございます。2節未収繰越分、収入はございません。


 2項その他の診療収入、1目諸検査等収入、1節健康診断料、調定、収入済額とも432万6,174円、前年度対比28万5,144円の増で、健康診断料件数530件で、前年度対比8件の増となっております。


 2款使用料及び手数料、1項1目1節手数料、調定、収入済額とも59万3,350円、前年度対比7,570円の増で、各種診断手数料で172件、前年度対比9件の増となっております。


 3款繰入金、1項他会計繰入金、次のページをお願いします。1目1節一般会計繰入金、調定、収入済額とも5,111万円、前年度対比205万4,000円の増。


 4款1項1目繰越金、1節前年度繰越金、調定、収入済額とも815万1,508円、前年度対比480万7,094円の増となっております。


 5款諸収入、1項1目1節雑入、調定、収入済額とも9万8,130円、前年度対比60万9,194円の減、03その他では飲料自販機の電気代が主なものでございます。


 以上、歳入合計は調定、収入済額とも1億6,774万5,450円、前年度対比1億184万7,954円の減でございます。


 次のページをお願いします。


 歳出です。


 1款総務費、1項施設管理費、1目一般管理費、予算現額1億3,076万円に対し支出済額1億2,786万2,256円、前年度対比340万1,219円の減で、不用額289万7,744円でございます。備考欄00一般経費は前年度対比299万863円の減で、要因としまして、21年9月に准看護師1名の依願退職による減と、次の263ページをお願いします。備考欄中段、13−18X線画像処理機保守委託料36万6,450円は新規の増で、14−61医療事務機借上料、前年度対比59万6,988円の減、一番下の14−95多機能心電図解析装置借上料、前年度対比60万3,288円の減となっております。


 次の265ページをお願いします。備考欄14−96卓上生化学検査装置借上料は、前年度対比37万6,488円の減となっております。


 中段の10の施設管理経費は前年度対比41万356円の減で、11−51光熱水費、前年度対比32万3,550円の増、これは電気料の値上げで、昨年の猛暑による使用料の増加でございます。一番下の13−35清掃業務委託料、前年度対比23万565円の減で、一括入札による減でございます。昨年ありました高圧受変電設備補修工事49万8,750円の減となっております。


 次のページをお願いします。


 2目財産管理費、予算現額10万に対し支出済額8万6,100円、前年度対比2,698円の減で、不用額1万3,900円でございます。11−61修繕料はポンプ室圧力センサーと浄化槽の修理をしたものでございます。


 3目諸費は支出はございませんでした。


 2款1項医業費、1目医療用機械器具費、予算現額27万3,000円に対し支出済額9万6,110円、前年度対比81万6,720円の減で、不用額17万6,890円でございます。備考欄11−61修繕料は、前年度対比30万772円の減で、レントゲン室の空調の修理をしたもので、前年ありました酸素供給装置保守料51万7,440円が減となったためでございます。


 2目医療用消耗器材費、予算現額128万7,000円に対し支出済額105万8,398円、前年度対比25万1,224円の減で、不用額22万8,602円でございます。備考欄11−11消耗品費、前年度対比25万1,224円の減で、注射器針等の購入代でございます。


 3目医薬品衛生材料費、予算現額528万4,000円に対し支出済額474万2,772円、前年度対比9,833万2,349円の減で、不用額54万1,228円でございます。減の要因は11−81薬品代が院内処方から院外処方に切り替えたことにより前年度対比9,784万8,305円の減となっております。


 269ページをお願いします。


 3款1項公債費、1目元金、予算現額1,667万5,000円に対し支出済額1,667万4,572円、前年度対比34万3,716円の増で、不用額428円でございます。


 2目利子、予算現額822万8,000円に対し支出済額803万7,273円、前年度対比42万3,921円の減で、不用額19万727円でございます。


 4款1項1目予備費、予算現額130万2,000円がそのまま不用額となっております。


 以上、歳出合計は支出済額1億6,391万円、支出済額1億5,855万7,481円、前年度対比1億288万4,415円の減で、不用額535万2,519円でございます。


 次ページからは実質収支に関する調書、基金の関係について掲載してございますので、ごらんいただきたいと思います。


 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


 質疑はございませんか。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


○(議長)  よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は、原案のとおり認定することに賛成の方は、起立願います。


 (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「決算の認定について(平成22年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施設勘定)決算)」については、認定することに決定しました。


○(議長)  日程第4、認定第4号「決算の認定について(平成22年度真鶴町老人保健医療特別会計決算)」の件を議題とします。


○(議長)  本案について、提出者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  認定第4号は、平成22年度真鶴町老人保健医療特別会計決算の認定についてであります。


 去る7月1日に、会計管理者より提出があり、8月9日から12日までの4日間において、監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものであります。


 詳細につきましては、会計管理者に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を会計管理者に求めます。


○(会計課長)  それでは、ご説明いたします。認定第4号は、平成22年度真鶴町老人保健医療特別会計歳入歳出決算でございます。


 277ページをお願いします。


 初めに、老人医療制度は平成20年3月31日で廃止となり、20年3月診療分までの医療費の払い戻し有効期間が2年間だったため、22年3月まで残務整理期間として継続されていたものでございます。


 歳入です。


 1款1項支払基金交付金、調定、収入済額とも4,000円、前年度対比4,000円の増。


 2款は支出はありませんでした。


 3款、県支出金、1項県負担金、調定、収入済額とも1,919円、前年度対比2万8,530円の減。


 4款繰入金、1項一般会計繰入金、調定、収入済額とも3,673円、前年度対比16万5,327円の減。


 5款1項繰越金、調定、収入済額とも22万8,408円、前年度対比1,137万7,856円の減。


 6款諸収入、1項雑入、調定、収入済額とも1万2,357円、前年対比8万8,441円の減となっております。


 以上、歳入合計は調定、収入済額とも25万357円、前年度対比1,165万6,154円の減でございます。


 次のページをお願いします。


 歳出です。


 1款1項医療諸費、予算現額120万3,340円、支出済額2万797円、前年度対比1万4,082円の減で、不用額118万2,543円。


 2款諸支出金、1項償還金、予算現額5万7,000円、支出済額5万5,196円、前年度対比761万804円の減。


 2項繰出金、予算現額17万5,000円、支出済額17万4,364円前年度対比380万4,636円の減。


 3款1項予備費は660円がそのまま不用額となっております。


 以上、歳出合計は予算現額143万6,000円、支出済額25万357円、前年度対比1,142万7,746円の減で、不用額118万5,643円、歳入歳出差引残額はゼロ円となっております。


 次のページをお願いします。


 事項別明細書、歳入でございます。


 1款1項支払基金交付金、1目医療費交付金、1節現年度分、調定、収入済額とも4,000円、前年度対比4,000円の増。2節過年度分と2目、2款まで収入はありませんでした。


 3款県支出金、1項県負担金、1目医療費負担金、1節現年度分、調定、収入済額とも1,919円、前年度対比2万8,530円の減。2節過年度分は収入はありませんでした。


 4款繰入金、1項1目1節一般会計繰入金、調定、収入済額とも3,673円、前年度対比16万5,327円の減。


 5款1項1目1節繰越金、調定、収入済額とも22万8,408円、前年度対比1,137万7,856円の減となっております。


 6款諸収入、1項1目雑入、調定、収入済額とも1万2,357円、前年度対比8万8,441円の減で、過誤調整による返還金3件分でございます。


 以上、歳入合計は調定、収入済額とも25万357円、前年度対比1,142万7,746円の減となっております。


 次のページをお願いします。


 歳出です。


 1款1項医療諸費、1目医療給付費は予算現額120万円に対し支出済額1万8,144円、前年度対比1万6,290万円の減で、不用額118万1,856円でございます。過誤による診療報酬2件分でございます。


 2目医療費支給費、予算現額、支出済額とも2,320円、前年度対比2,320円の増で、調剤の現物支給1件分でございます。


 3目審査支払手数料、予算現額1,000円に対し支出済額333円、前年度対比112円の減で、不用額667円でございます。


 2款諸支出金、1項1目償還金、予算現額5万6,000円に対し支出済額5万5,196円、前年度対比760万9,488円の減で、不用額804円でございます。


 2目還付金は支出はありませんでした。


 2項繰出金、1目一般会計繰出金、予算現額17万5,000円に対し支出済額17万4,364円、前年度対比380万4,176円の減で、不用額636円でございます。医療費確定による精算分でございます。


 3款1項1目予備費、340円を充用し660円が不用額となっております。


 以上、歳出合計は予算現額143万6,000円、支出済額25万357円、前年度対比1,142万7,746円の減で、不用額118万5,643円でございます。


 次ページに実質収支に関する調書が掲載してございますので、ごらんいただきたいと思います。


 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


 質疑はございませんか。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


○(議長)  よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は、原案のとおり認定することに賛成の方は、起立願います。


            (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「決算の認定について(平成22年度真鶴町老人保健医療特別会計決算)」については、認定することに決定しました。


○(議長)  日程第5、認定第5号「決算の認定について(平成21年度真鶴町下水道事業特別会計決算)」の件を議題とします。


○(議長)  本案について、提出者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第5号は、平成22年度真鶴町下水道事業特別会計の決算の認定についてであります。


 去る7月1日に、会計管理者より提出があり、8月9日から12日の4日間において、監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものであります。


 詳細につきましては、会計管理者に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を会計管理者に求めます。


○(会計課長)  それでは、ご説明いたします。認定第5号は、平成22年度真鶴町下水道事業特別会計歳入歳出決算でございます。


 286ページをお願いします。


 歳入です。


 1款分担金及び負担金、1項負担金、調定、収入済額とも35万円、前年度対比7万5,000円の減。


 2款使用料及び手数料、調定額1,111万8,711円、収入済額1,085万9,057円、前年度対比141万7,783円の増で、不用額25万9,654円、1項使用料、調定額1,110万2,711円、収入済額1,084万3,057円、前年度対比152万6,783円の増、2項手数料、調定、収入済額とも1万6,000円、前年度対比10万9,000円の減でございます。


 3款国庫支出金、1項国庫補助金、調定、収入済額とも1,752万2,000円、前年度対比79万2,000円の増となっております。


 4款県支出金、1項県補助金、調定、収入済額とも286万3,000円、前年度対比16万2,000円の増。


 5款繰入金、1項他会計繰入金、調定、収入済額とも1億3,070万6,000円、前年度対比260万7,000円の増。


 6款1項繰越金、調定、収入済額とも272万3,515円、前年度対比134万2,337円の減となっております。


 7款は収入はありませんでした。


 8款1項町債、調定、収入済額とも1,770万円、前年度対比390万円の減となっております。


 以上、歳入合計は調定額1億8,298万3,226円、収入済額1億8,272万3,572円、前年度対比33万8,554円の減で、収入未済額25万9,654円でございます。


 次のページをお願いします。


 歳出です。


 1款総務費、1項下水道総務費、予算現額4,780万1,725円、支出済額4,728万3,410円、前年度対比47万944円の減で、不用額51万8,315円。


 2款1項事業費、予算現額6,306万6,400円、支出済額6,274万1,902円、前年度対比29万4,718円の減で、不用額32万4,498円。


 3款1項公債費、予算現額7,147万7,000円、支出済額7,116万4,374円、前年度対比161万6,737円の増で、不用額31万2,626円。


 4款1項予備費、予算現額10万2,875円、そのまま不用額となっております。


 以上、歳出合計は予算現額1億8,244万8,000円、支出済額1億8,118万9,686円、前年度対比85万1,075円の増で、不用額125万8,314円、歳入歳出差引残額153万3,886円、前年度対比118万9,629円の減でございます。


 次ページをお願いします。


 事項別明細書、歳入でございます。


 1款分担金及び負担金、1項負担金、1目受益者負担金、1節下水道事業受益者負担金、調定、収入済額とも35万円、前年度対比7万5,000円の減。


 2款使用料及び手数料、1項使用料、1目1節下水道使用料は調定額1,093万735円、収入済額1,080万9,471円、前年度対比152万1,407円の増で、収入未済額12万1,264円は14件分です。なお、23年の3月31日現在下水道使用世帯数は230世帯となっております。2節滞納繰越分、調定額17万1,976円、収入済額3万3,586円、前年度対比5,376円の増で、収入未済額13万8,390円は8件分でございます。


 2項手数料、1目1節下水道手数料、調定、収入済額とも1万6,000円、前年度対比10万9,000円の減で、01排水設備指定工事店登録手数料1件分でございます。02の排水設備責任技術者登録手数料は3件分でございます。


 3款国庫支出金、1項1目下水道費国庫補助金、1節下水道費補助金、調定、収入済額とも1,752万2,000円、前年度対比79万2,000円の増でございます。


 4款県支出金、1項県補助金、1目下水道費県補助金、1節下水道費補助金、調定、収入済額とも286万3,000円、前年度対比16万2,000円の増で、公共下水道事業費補助金でございます。


 次のページをお願いします。


 5款繰入金、1項他会計繰入金、1目1節一般会計繰入金、調定、収入済額とも1億3,070万6,000円、前年度対比260万7,000円の増。


 6款1項1目繰越金、1節前年度繰越金、調定、収入済額とも272万3,515円、前年度対比134万2,337円の減となっております。


 7款諸収入、1項1目1節雑入、収入ございませんでした。


 8款1項町債、1目下水道債、1節公共下水道債、調定、収入済額とも1,770万円、前年度対比390万円の減となっております。


 以上、歳入合計は調定額1億8,298万3,226円、収入済額1億8,272万3,572円、前年度対比33万8,554円の減で、収入未済額25万9,654円でございます。


 次のページをお願いします。


 歳出です。


 1款総務費、1項下水道総務費、1目一般管理費、予算現額3,548万1,000円に対し支出済額3,528万2,030円、前年度対比380万5,121円の増で、不用額19万8,970円でございます。備考欄00一般経費は前年度対比55万5,316円の減で、人事異動による減と、中段の10下水道運営経費の中の13−15、新規で公共下水道事業再評価調査等業務委託料404万2,500が増になっております。


 次の296ページをお願いします。備考欄27−91消費税及び地方消費税、前年度対比24万120円の増となっております。


 2目施設管理費、予算現額989万6,725万円に対し支出済額957万7,865円、前年度対比263万3,728円の減で、不用額31万8,860円でございます。備考欄11−61修繕料、前年度マンホール上部修繕工事を行ったもので、前年度対比95万8,965円の減で、19−11下水処理負担金、前年度対比392万967円の減と、その下の10施設維持管理費が157万5,000円の増となっております。


 3目一般会計繰出金、予算現額242万4,000円に対し支出済額242万3,515円、前年度対比164万2,337円の減で、不用額485円でございます。


 2款1項事業費、1目下水道整備費は予算現額6,306万6,400円に対し支出済額6,274万1,902円、前年度対比29万4,718円の減で、不用額32万4,498円でございます。


 次のページをお願いします。


 備考欄の上から7段目15−01公共下水道管渠築造工事は3件の工事を行ったもので、前年度対比418万9,500円の減、19−11広域公共下水道建設事業費負担金は4事業に対するもので、前年度対比429万4,119円の増となっております。


 3款1項公債費、1目元金、予算現額4,036万2,000円に対し支出済額4,036万1,081円、前年度対比207万2,690円の増で、不用額919円でございます。23−01町債償還元金31件分でございます。


 2目利子、予算現額3,111万5,000円に対し支出済額3,080万3,293円、前年度対比45万5,953円の減で、不用額31万1.797円でございます。23−01町債償還利子44件分、23−02一時借入金利子1回分でございます。


 4款1項1目予備費、予算現額40万円から29万7,125円を充用しましたので10万2,875円が不用額となっております。


 次のページをお願いします。


 以上、歳出合計は予算現額1億8,244万8,000円、支出済額1億8,118万9,686円、前年度対比85万1,075円の増で、不用額125万8,314円でございます。


 次ページからは実質収支に関する調書、財産に関する調書について掲載してございますので、ごらんいただきたいと思います。


 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


 質疑はございませんか。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


○(議長)  よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は、原案のとおり認定することに賛成の方は、起立願います。


            (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「決算の認定について(平成22年度真鶴町下水道事業特別会計決算)」については、認定することに決定しました。


○(議長)  日程第6、認定第6号「決算の認定について(平成22年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計決算)」の件を議題とします。


○(議長)  本案について、提出者から議案理由の説明を求めます。


○(町長)  認定第6号は、平成22年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計決算の認定についてであります。


 去る7月1日に、会計管理者より提出があり、8月9日から12日までの4日間において、監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものであります。


 詳細につきましては、会計管理者に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を会計管理者に求めます。


○(会計課長)  それでは、ご説明いたします。認定第6号は、平成22年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計歳入歳出決算でございます。


 306ページをお願いします。


 歳入です。


 1款使用料及び手数料、1項使用料、調定、収入済額とも347万6,500円、前年度対比11万7,000円の減。


 2款財産収入、調定、収入済額とも1億5,798万9,038円、前年度対比1,631万1,308円の減、1項財産運用収入、調定、収入済額とも388万5,000円、前年度対比21万円の増。


 2項財産売払収入、調定、収入済額とも1億5,410万4,038円、前年度対比1,652万1,308円の減。


 3款繰入金、1項基金繰入金は収入はありませんでした。2項他会計借入金、新規のもので、調定、収入済額とも500万円。


 4款1項繰入金、調定、収入済額とも334万6,257円、前年度対比92万8,399円の減となっております。


 5款諸収入、1項預金利子は収入ありませんでした。2項雑入、調定、収入済額とも6万1,571円、前年度対比6万41円の増でございます。


 以上、歳入合計は調定、収入済額とも1億6,987万3,366円、前年度対比2,879万6,666円の減となっております。


 次のページをお願いします。


 歳出です。


 1款1項魚座運営費、予算現額9,012万3,000円、支出済額9,056万8,457円、前年度対比928万3,019円の減で、不用額855万4,543円。


 2款1項ケープ真鶴運営費、予算現額7,748万5,000円、支出済額7,308万1,656円、前年度対比637万9,874円の減で、不用額540万3,344円。


 3款1項公債費、予算現額601万1,000円、支出済額601万769円、前年と同額でございます。不用額231円。


 4款諸支出金、1項繰出金は支出はありませんでした。


 5款1項予備費は予算現額13万3,000円がそのまま不用額となっております。


 以上、歳出合計は予算現額1億8,375万3,000円、支出済額1億6,966万882円、前年度対比2,566万2,893円の減で、歳入歳出差引残額21万2,484円、前年度対比313万3,733円の減となっております。


 次の310ページをお願いします。


 事項別明細書、歳入でございます。


 1款使用料及び手数料、1項使用料、1目魚座使用料、1節施設使用料、調定、収入済額とも140万7,000円、前年と同額でございます。


 2目1節駐車場使用料、調定、収入済額とも116万9,500円、前年度対比11万7,000円の減でございます。


 3目ケープ真鶴使用料、1節施設使用料、調定、収入済額とも90万円も前年と同額です。


 2款財産収入、1項財産運用収入、1目財産貸付収入、1節土地建物貸付収入は調定、収入済額とも388万5,000円、前年度対比21万円の増で、魚座店舗貸付料、6店舗分でございます。


 2項財産売払収入、1目生産品売払収入、1節物品売払収入、調定、収入済額とも4,908万1,813円、前年度対比566万2,683円の減で、魚座物品等売上収入510万480円は前年度対比100万1,675円の減、ケープ真鶴物品等売払収入4,398万1,333円は前年度対比465万1,008円の減となっております。2節食堂売上収入、調定、収入済額とも1億502万2,225円、前年度対比1,085万8,625円の減で、魚座食堂売上収入8,052万4,835円は前年度対比1,264万6,870円の減、ケープ真鶴食堂売上収入2,449万7,390円は前年度対比178万8,245円の増となっております。


 3款繰入金、1項基金繰入金、1目1節魚座・ケープ真鶴運営基金繰入金は収入はありませんでした。


 新規のもので、2項他会計借入金、1目、次のページをお願いします。1節一般会計借入金、調定、収入済額とも500万円、一般会計借入金でございます。


 4款1項1目繰越金、1節前年度繰越金、調定、収入済額とも334万6,257円、前年度対比92万8,399円の減でございます。


 5款諸収入、1項1目預金利子、収入ございませんでした。


 2項1目1節雑入、調定、収入済額とも6万1,571円、前年度対比6万41円の増で、雇用保険料の精算金でございます。


 以上、歳入合計は調定、収入済額とも1億6,987万3,366円、前年度対比2,879万6,666円の減となっております。


 次の314ページをお願いします。


 歳出です。


 1款1項魚座運営費、1目一般管理費、予算現額1,495万8,000円に対し支出済額1,389万6,255円、前年度対比124万6,128円の減で、不用額10616,745円でございます。備考欄上から3段目11−51光熱水費は前年度対比34万1,652円の増で、昨年の猛暑による電気料の増、備考欄下から3段目20の特別企画事業は前年度対比42万8,583円の減でございます。


 次のページをお願いします。備考欄11−61修繕料は昨年の修理場所が駐車場浄化槽ふたの修繕と施設管理の修繕11件分でして、前年度対比118万1,279円の減となっております。19−41魚市場照明設備改修工事負担金30万7,650円は新規による増でございます。


 2目食堂運営費、予算現額8,416万5,000円に対し支出済額7,667万2,202円、前年度対比803万6,891円の減で、不用額749万2,798円でございます。減の要因としまして、備考欄01−41調理員報酬、前年度対比82万7,682円の減、4名分です。07−11臨時職員賃金、前年度対比77万8,042円の減、こちらは16名分です。11−71賄材料費、前年度対比505万534円の減、これは食堂の売上減によるものでございます。


 20の物品販売事業が前年度対比93万6,748円の減となっております。


 2款1項ケープ真鶴運営費、1目一般管理費、予算現額1,116万9,000円に対し支出済額1,075万7,300円、前年度対比941万1,792円の減で、不用額41万1,700円でございます。備考欄00一般経費は前年度対比941万1,792円の減で、要因としまして、前年ありました管理員報酬650万391円の減と、次のページをお願いします。備考欄上から5段目11−61修繕料が前年度対比155万4,410円の減、前年、シーフロント桟橋修繕工事を行ったことによる減と13−32清掃委託事業が前年度対比19万952円の減となっております。


 2目食堂等運営費、予算現額6,731万6,000円に対し支出済額6,232万4,356円、前年度対比303万1,918円の増で、不用額499万1,644円でございます。備考欄01−41調理員報酬413万694円は新規による増で、07−11臨時職員賃金は前年度対比57万6,307円の減、11−71賄材料費は新メニューを採用したことによる売上増により前年度対比211万9,625円の増となっております。


 次のページをお願いします。新規で、備考欄13−13厨房床油脂汚れ除去用酵素水供給委託料20万1,600円は新規による増で、20の物品販売事業は前年度対比378万6,100円の減となっております


 3款1項公債費、1目元金、予算現額518万5,000円に対し支出済額518万4,943円、前年度対比15万1,018円の増で、不用額57円でございます。町債償還元金でございます。


 2目利子、予算現額82万6,000円に対し支出済額82万5,826円、前年度対比15万1,018円の減で、不用額174円でございます。町債償還利子でございます。


 4款諸支出金、1項繰出金、1目一般会計繰出金は支出はありませんでした。


 5款1項1目予備費、予算現額13万3,000円がそのまま不用額となっております。


 以上、歳出合計は予算現額1億8,375万3,000円に対し支出済額1億6,966万882円、前年度対比2,566万2,893円の減で、不用額1,409万2,118円でございます。


 次ページ以降は実質収支に関する調書、基金の関係等について掲載されておりますので、ごらんいただきたいと思います。


 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


 質疑はございませんか。


○9番議員(青木 嚴)  319ページ、下の方から07−11と11−71、まず、臨時職員賃金と賄材料費についてお聞きしたいんですが、その話の前提に、ケープと魚座の会計システムは、同じものを使っているのかどうかということと、その場合に、賄い費ですから、魚を仕入れる、また主食品を仕入れた場合に、ケープと魚座間で貸し借り、つまり品物の貸し借りがあるのかどうか。


 また、臨時職員につきましても、ケープで働いている臨時職員が魚座の方に行ったり来たりすることがあった場合に、この辺の経理上のやり繰りというのは、どういう形で金額が上がっているのか。つまり、賄費に上がっている金額がこのとおりなのか、要するに、賄費は材料をケープと魚座で貸し借りがあるのかどうか。


○(産業観光課長)  真鶴魚座・ケープ真鶴の特別会計に係る経費の仕分けについてですが、真鶴


 魚座及びケープに係る経費については、一つの特別会計となっておりますが、特別会計内で別々の施設として、1款を魚座運営費に、2款をケープ真鶴運営費と分けて予算措置をされております。


 また、仕入れ関係の経費につきましても、それぞれの施設ごとに仕入れを行い、支払いはそれぞれの施設ごとに行っております。


 さらに、パート、従業員につきましては、ケープと魚座で人材交流をしておりますが、これは今年度からでございまして、決算に出ているときには、まだそういう交流は行っておりません。


 そういうわけで、会計的には、ここに記載されているとおりの会計になっております。


 それから、品物の貸し借りというのはありますが、それにつきましても、安いものを一括して購入する場合、伝票で分けて、それぞれの施設に請求が来ると、そういう形をとっております。


○9番議員(青木 嚴)  今、お話しいただいたように、会計システムは別だと。それから、伝票は一括で仕入れた場合に、使った分だけそれぞれの会計システムで運営されるということで、もう一つお聞きしたいのは、ケープ真鶴の物品販売、これは皆さんもご存じのように、3割を町がいただくような形式ですから、この数倍の売り上げがあるわけですけれども、レジがあって、そのレジからオンライン、インターフェースがつながって、経理システムに入っているのか。要するに、物品販売店が売り上げたお金の3割というのが、伝票上上がってきたところで集計されて3割が真鶴町の会計システムに入るのか、その辺をちょっとお聞かせください。


○(産業観光課長)  物品の販売につきましては、一律3割ではなくて、地元業者さん、それから、


 よその町の業者さん、そういうものによって、多少率は変わってきております。地元の業者でも、物品を置きながら販売員を置いて販売しているところは同じ率じゃありません。1割とか、そういうふうな形でなっております。


 会計上は、すべてレジを一つ通しますので、レジで集計したものを、毎日、パソコンに移しかえます。その時点でこの店は何割というのが率が出ていますので、それで1カ月の集計を出します。そうすると、その店の売り上げが出ます。その売り上げに対して、おたくの売れたのはこれだけ売れていますので、何割負担のものをケープがとって、残りの分を請求をしてくださいという形で請求書が来ると、そういう形になっております。


○5番議員(青木 繁)  5番、青木です。


 319ページの12−61食品営業賠償保険料1万7,940円とありますが、これは保険料の掛け金だと思いますが、これは賠償額、最高幾らまでのあれでこの金額なのか。


 それと、もう1点、次のページの321ページ、これは13−31殺鼠駆除委託料5万5,910円、金額の大小ではないんですが、衛生面からすれば、委託料、結構ですけれども、こういう事実があって、これは毎年やっているのかどうか、それから、業者がどの程度の内容まで殺鼠委託をしてといるのか、ちょっとその辺を教えてください。


○(産業観光課長)  殺鼠駆除につきましては、毎年行っております。委託で行っております。


 それから、食品賠償保険の方なんですが、1件当たりの限度額何千万円というのは、記載がないもので、ちょっと後ほど回答させてもらいたいと思います。多分、限度額ぎりぎりぐらいまではかけていると思っております。


○5番議員(青木 繁)  今の殺鼠の件ですけれども、土屋課長からの答弁で、毎年やっておられると。ということは、根本的に侵入するところをきちっとしておかないと、やっても意味がないんじゃないかなと思うんです。中の侵入経路を遮断するしかないんじゃないですか。その辺はどうですか。


○(町長)  殺鼠駆除とかゴキブリとか、これは人間の家にもそうでしょうけれども、古いうちに住んでいるものが新しいうちに飛んでくる、そういう習性があるんじゃないですか。そうすると、やっぱり下が市場として、いろんなものもありますし、侵入はどこからでも来ます。全部シャッターを閉めるということになると、お客さんも閉めることになっちゃうので、こういうことも含めて、相手も動物なものですから、食品衛生上に支障を来さないような形のことは、やっぱり義務的に我々は、ネズミを見たことはないんです、はっきり言って、お話しさせてもらいますけれども。見たことはないんです。だけども、こういうことはやらなきゃいけないという義務の中でやっているということで理解をしてもらいたいというふうに思います。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか


         (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


○(議長)  よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は、原案とおり認定することに賛成の方は、起立願います。


            (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「決算の認定について(平成22年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計決算)」については、認定することに決定しました。


○(議長)  暫時休憩いたします。


         (休憩 午後3時24分)


         (再開 午後3時40分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  日程第7、認定第7号「決算の認定について(平成22年度真鶴町介護保険事業特別会計決算)」の件を議題とします。


○(議長)  本案について、提出者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  認定第7号は、平成22年度真鶴町介護保険事業特別会計決算の認定についてであります。


 去る7月1日に、会計管理者より提出があり、8月9日から12日までの4日間において、監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものでございます。


 詳細につきましては、会計管理者に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を会計管理者に求めます。


○(会計課長)  それでは、ご説明いたします。認定第7号は、平成22年度真鶴町介護保険事業特別会計歳入歳出決算でございます。


 328ページをお願いします。


 歳入です。


 1款保険料、1項介護保険料、調定額1億1,290万4,680円、収入済額1億531万30円、前年度対比123万1,340円の増で、不納欠損額7万4,200円、収入未済額752万450円。


 2款使用料及び手数料、1項手数料、調定、収入済額とも4万5,100円、前年対比1,500円の増。


 3款国庫支出金、調定、収入済額とも1億2,937万515円、前年度対比758万8,490円の増、1項国庫負担金、調定、収入済額とも9,997万3,565円、前年度対比545万1,740円の増。2項国庫補助金、調定、収入済額とも2,939万6,950円、前年度対比213万6,750円の増。


 4款1項支払基金交付金、調定、収入済額とも1億7,750万708円、前年度対比1,055万2,414円の増。


 5款県支出金、調定、収入済額とも9,266万2,810円、前年度対比740万5,631円の増、1項県負担金、調定、収入済額とも9,092万9,335円、前年度対比730万256円の増。2項県補助金、調定、収入済額とも173万3,475円、前年度対比10万5,375円の増。


 6款繰入金、調定、収入済額とも1億3,287万4,000円、前年度対比721万7,000円の増、1項一般会計繰入金、調定、収入済額とも1億2,107万4,000円、前年度対比739万9,000円の増。2項基金繰入金、調定、収入済額とも1,180万円、前年度対比18万2,000円の減。


 7款1項繰越金、調定、収入済額とも498万5,328円、前年度対比206万6,302円の減。


 8款諸収入、1項延滞金加算金及び過料は、2項雑入とも収入はございませんでした。


 以上、歳入合計は調定額6億5,034万3,141円、収入済額6億4,274万8,491円、前年度対比3,192万9,191円の増で、不納欠損額7万4,200円、収入未済額752万450円でございます。


 次のページをお願いします。


 歳出です。


 1款総務費、予算現額4,373万1,000円、支出済額4,201万9,553円、前年度対比38万983円の減で、不用額171万1,447円。1項総務管理費、支出済額3,596万3,373円、前年度対比24万3,821円の増。2項徴収費、支出済額106万1,327円、前年度対比26万1,854円の減。3項介護認定審査会費、支出済額499万4,853円、前年度対比36万2,950円の減。


 2款保険給付費、予算現額6億261万5,000円、支出済額5億7,787万1,248円、前年度対比2,576万5,554円の増で、不用額2,474万3,752円。1項介護サービス等諸費、支出済額5億997万1,173円、前年度対比1,787万2,582円の増。2項介護予防サービス等諸費、支出済額3,186万5,135円、前年度対比319万689円の増。3項その他諸費、支出済額47万7,960円、前年度対比3万4,110円の減。4項高額介護サービス等費、支出済額992万9,255円、前年度対比136万9,741円の増。5項高額医療合算介護サービス等費、支出済額124万794円、前年度対比124万794円の増。6項特定入所者介護サービス等費、支出済額2,438万6,931円、前年度対比212万5,858円の増。


 3款地域支援事業費、予算現額976万9,000円、支出済額934万4,677円、前年度対比69万653円の増で、不用額42万4,323円。1項介護予防事業費、支出済額230万717円、前年度対比17万7,328円の増。2項包括的支援事業任意事業費、支出済額704万3,960円、前年度対比51万3,325円の増。


 4款1項基金積立金、予算現額、支出済額とも227万3,000円、前年度対比227万3,000円の増。


 5款1項交際費は支出はありませんでした。


 6款諸支出金、予算現額125万4,751円、支出済額120万1,572円、前年度対比247万2,146円の減、不用額5万3,179円。1項償還金及び還付加算金、支出済額52万2,751円、前年度対比69万4,945円の減。2項繰出金、支出済額67万8,821円、前年度対比77万7,201円の減。


 7款1項予備費、予算現額236万6,249円がそのまま不用額となっております。


 次のページをお願いします。


 以上、歳出合計は予算現額6億6,206万7,000円、支出済額6億3,271万50円、前年度対比2,687万6,078円の増で、不用額2,935万6,950円、歳入歳出差引残額1,003万8,441円、前年度対比505万3,113円の増となっております。


 次の334ページをお願いします。


 事項別明細書、歳入です。


 1款保険料、1項介護保険料、1目第1号被保険者保険料、1節現年度分特別徴収保険料は調定、収入済額とも9,280万9,740円、前年度対比198万1,150円の増で、現年度分特別徴収保険料、徴収人数2,497名分で、徴収率100%でございます。2節現年度分普通徴収保険料、調定額1,386万9,670円、収入済額1,196万8,390円、前年度対比81万910円の減で、収入未済額190万1,280円、現年度分普通徴収保険料で、徴収人数365名分で、徴収率は86.29%でございます。3節滞納繰越分普通徴収保険料、調定額622万5,270円、収入済額53万1,900円、前年度対比6,100円の増で、不納欠損額7万4,200円は5件分、収入未済額561万9,170円は85名分、徴収率は8.54%でございます。


 2款使用料及び手数料、1項手数料、1目1節督促手数料、調定、収入済額とも4万5,100円、前年度対比1,500円の増、保険料督促手数料でございます。


 3款国庫支出金、1項国庫負担金、1目介護給付費負担金、1節現年度分、調定、収入済額とも9,942万5,000円、前年度対比534万円の増、2節過年度分、調定、収入済額とも54万8,565円、前年度対比11万1,740円の増。


 次のページをお願いします。


 2項国庫補助金、1目調整交付金、1節現年度分、調定、収入済額とも2,593万円、前年度対比192万6,000円の増で、調整交付金で給付費の5%相当額が交付されるものでございます。


 2目地域支援事業介護予防交付金、1節現年度分、調定、収入済額とも55万7,750円、前年度対比2万5,750円の増、地域支援事業介護予防交付金で、交付割合は25%となっております。


 3目地域支援事業包括的支援等交付金、1節現年度分、調定、収入済額とも290万9,200円、前年度対比18万8,000円の増で、地域支援事業包括的支援等交付金で、交付割合は40%となっております。


 4款1項支払基金交付金、1目介護給付費交付金、1節現年度分、調定、収入済額とも1億7,624万7,000円、前年度対比1,120万円の増、介護給付費交付金は40歳から64歳まで2号被保険者の介護納付金に係るもので、給付費の相当額31%相当額となっております。2節過年度分、調定、収入済額とも58万4,708円、前年度対比67万4,586円の減。


 2目地域支援事業支援交付金、1節現年度分、調定、収入済額とも66万9,000円、前年度対比2万7,000円の増、介護予防事業に対するもので、給付費の31%相当額となっております。


 5款県支出金、1項県負担金、1目介護給付費負担金、1節現年度分、調定、収入済額とも9,092万9,335円、前年度対比730万256円の増、在宅サービス給付費の12.5%、施設サービス給付費の17.5%相当額となっております。2節過年度分は収入はございませんでした。


 2項県補助金、1目地域支援事業介護予防交付金、1節現年度分、調定、収入済額とも27万8,875円、前年度対比1万1,375円の増で、介護予防事業費の12.5%相当額となっております。


 2目地域支援事業包括的支援等交付金、1節現年度分、調定、収入済額とも145万4,600円、前年度対比9万4,000円の増で、地域支援事業包括的支援等交付金で、事業費の20%相当額となっております。


 次の338ページをお願いします。


 6款繰入金、1項一般会計繰入金、1目介護給付費繰入金、1節現年度分、調定、収入済額とも7,532万7,000円、前年度対比647万3,000円の増。


 2目地域支援事業介護予防繰入金、1節現年度分、調定、収入済額とも38万3,000円、前年度対比11万5,000円の増。


 3目地域支援事業包括的支援等繰入金、1節現年度分、調定、収入済額とも161万6,000円、前年度対比24万2,000円の増。


 4目その他繰入金、1節職員給与費等繰入金、調定、収入済額とも3,496万5,000円、前年度対比108万3,000円の増で、職員給与費等繰入金は職員6人分の人件費でございます。2節事務費繰入金、調定、収入済額とも878万3,000円、前年度対比51万4,000円の減です。


 2項基金繰入金、1目1節介護給付費支払基金繰入金、調定、収入済額とも965万7,000円、前年度対比87万5,000円の減でございます。


 2目介護従事者処遇改善臨時特例基金繰入金、1節第1号被保険者保険料軽減分繰入金、調定、収入済額とも214万3,000円、前年度対比69万3,000円の増で、介護保険料の急激な上昇を抑制するため基金から繰り入れしたものでございます。


 7款1項、次のページをお願いします。1目繰越金、1節前年度繰越金、調定、収入済額とも498万5,328円、前年度対比206万6,302円の減。


 8款諸収入、1項延滞金加算金及び過料、1目第1号被保険者延滞金と2目、3目、2項の1目、2目、3目、収入はございませんでした。


 以上、歳入合計は調定額6億5,034万3,141円、収入済額6億4,274万8,491円、前年度対比3,192万9,191円の増で、不納欠損額7万4,200円、収入未済額752万450円でございます。


 次のページをお願いします。


 歳出です。


 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費、予算現額3,646万2,000円に対し支出済額3,596万3,373円、前年度対比24万3,821円の増で、不用額49万8,627円でございます。異動に伴う人件費の増と下から5段目、備考欄14−92電算システム借上料、前年度対比55万8,499円の減によるものでございます。


 2項徴収費、1目賦課徴収費、予算現額142万4,000円に対し支出済額106万1,327円、前年度対比26万1,854円の減で、不用額36万2,673円でございます。


 次の344ページをお願いします。備考欄13−11電算業務委託料、前年度対比25万9,535円の減で、業務委託内容の見直しによるものでございます。


 3項1目介護認定審査会費、予算現額318万8,000円に対し支出済額252万9,000円、前年度対比24万6,000円の減で、不用額65万9,000円でございます。備考欄01−31介護認定審査会委員報酬が前年度対比25万4,000円の減となっております。認定審査会は23回開催し、審査件数467件でございました。


 2目認定調査等費、予算現額265万7,000円に対し支出済額246万5,853円、前年度対比11万6,950円の減で、不用額19万1,147円でございます。備考欄13−11訪問調査委託料が前年度対比16万1,700円の減で、さわやかケア真鶴事業所ほかで77件を委託しております。


 2款保険給付費、1項介護サービス等諸費、1目介護サービス等給付費、予算現額5億2,961万3,000円に対し支出済額5億997万1,173円、前年度対比1,787万2,582円の増で、不用額1,964万1,827円でございます。施設サービス利用延べ人数1,202人、在宅サービス利用延べ人数3,414人、地域密着サービス利用延べ人数158人でございます。


 2項介護予防サービス等諸費、次のページをお願いします。1目介護予防サービス等給付費、予算現額3,409万4,000円に対し支出済額3,186万5,135円、前年度対比319万689円の増で、不用額222万8,865円でございます。19−11介護予防サービス等給付費負担金で、介護予防、訪問介護、通所介護、通所リハビリ等の給付費で、利用年間件数は956件となっております。


 3項その他諸費、1目審査支払手数料、予算現額52万2,000円に対し支出済額47万7,960円、前年度対比3万4,110円の減で不用額4万4,040円でございます。単価65円の7,910件分でございます。


 4項1目高額介護サービス等費、予算現額993万9,000円に対し支出済額992万9,255円、前年度対比136万9,741円の増で、不用額9,745円でございます。3月現在で77名の方が該当しております。


 5項1目高額医療合算介護サービス等費、予算現額170万6,000円に対し支出済額124万794円、前年度対比124万794円の増で、不用額46万5,206円でございます。


 6項.次のページをお願いします。1目特定入所者介護サービス等費、予算現額2,674万1,000円に対し支出済額2,438万6,931円、前年度対比212万5,858円の増で、不用額235万4,069円でございます。居住費と食費は保険給付費対象外ですが、所得の低い方が施設利用が困難とならないように一定額以上は保険給付されるものでございます。


 3款地域支援事業費、1項介護予防事業費、1目介護予防特定高齢者施策事業費、予算現額45万6,000円に対し支出済額44万5,030円、前年度対比7,740円の増で、不用額1万970円でございます。備考欄00特定高齢者スクリーニング事業内容は、65歳以上の介護認定を受けていない高齢者を抽出し、診療所で健診をしてもらい、教室等に参加を促し、予防を図っていくもので、前年度対比5万400円の増となっております。


 2目介護予防一般高齢者施策事業費、予算現額187万9,000円に対し支出済額185万5,687円、前年度対比16万9,588円の増で、不用額2万3,313円でございます。


 次のページをお願いします。増の要因としまして、備考欄、上から5段目08−11集団健康教育謝礼、前年度対比8万4,000円の増で、内容は食生活改善教室の栄養士の謝礼、毎月実施しております、はつらつ元気塾の健康運動指導士、看護師の謝礼、認知症予防教室の講師謝礼でございます。


 2項包括的支援事業任意事業費、1目地域包括支援センター運営費、予算現額702万7,000円に対し支出済額694万7,275円、前年度対比51万9,435円の増で、不用額7万9,725円でございます。増の要因としまして、新規で07−01臨時職員賃金51万5,400円が増となっております。


 次の352ページをお願いします。


 2目任意事業費、予算現額40万7,000円に対し支出済額9万6,685円、前年度対比6,110円の減で、不用額31万315円でございます。前年度ありました成年後見制度利用支援事業1万7,600円が利用実績がなかったことによるものでございます。


 4款1項基金積立金、1目介護保険給付費支払基金積立金、予算現額、支出済額とも227万3,000円で、前年度対比227万3,000円の増となっております。


 5款は支出はございませんでした。


 6款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目第1号被保険者保険料還付金、2目の第1号被保険者保険料還付加算金まで支出はございませんでした。


 次のページをお願いします。


 3目償還金、予算現額、支出済額とも52万2,751円、前年度対比63万5,295円の減でございます。


 2項繰出金、1目一般会計繰出金、予算現額67万9,000円に対し支出済額67万8,821円、前年度対比77万7,201円の減で、不用額179円でございます。


 7款1項1目予備費は33万9,751円を充用し236万6,249円が不用額となりました。


 以上、歳出合計は予算現額6億6,206万7,000円、支出済額6億3,271万50円、前年度対比2,687万6,078円の増で、不用額2,935万6,950円でございます。


 次ページからは実質収支に関する調書、基金の関係等について掲載してございますので、ごらんいただきたいと思います。


 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


 質疑はございませんか。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


 よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は、原案のとおり認定することに賛成の方は、起立願います。


 (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「決算の認定について(平成22年度真鶴町介護保険事業特別会計決算)」については、認定することに決定しました。


○(議長)  日程第8、認定第8号「決算の認定について(平成22年度真鶴町後期高齢者医療特別会計決算)」の件を議題とします。


○(議長)  本案について、提出者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  認定第8号は、平成22年度真鶴町後期高齢者医療特別会計決算の認定についてであります。


 去る7月1日に会計管理者より提出があり、8月9日から12までの4日間において、監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものであります。


 詳細につきましては、会計管理者に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を会計管理者に求めます。


○(会計課長)  それでは、ご説明いたします。認定第8号は、平成22年度真鶴町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算でございます。


 358ページをお願いします。


 歳入です。


 1款1項後期高齢者医療保険料、調定額7,755万3,050円、収入済額7,439万9,150円、前年度対比47万2,080円の減で、収入未済額315万3,900円。


 2款使用料及び手数料、1項手数料、調定、収入済額とも2万7,100円、前年度対比1万6,200円の減。


 3款繰入金、1項他会計繰入金、調定、収入済額とも1,832万3,000円、前年度対比21万9,000円の増。


 4款諸収入、1項延滞金加算金及び過料、調定、収入済額とも7,800円、前年度対比7,800円の増。2項償還金及び還付加算金、調定、収入済額とも10万6,690円、前年度対比10万6,690円の増。3項雑入は収入はありませんでした。


 5款1項繰越金、調定、収入済額とも163万2,995円、前年度対比91万7,543円の増。


 以上、歳入合計は調定額9,765万635円、収入済額9,449万6,735円、前年度対比76万2,753円の増で、収入未済額315万3,900円でございます。


 次の360ページをお願いします。


 歳出です。


 1款総務費、1項総務管理費、予算現額129万1,000円、支出済額87万8,283円、前年度対比17万6,736円の減で、不用額41万2,717円。


 2款分担金及び負担金、1項広域連合負担金、予算現額9,172万4,000円、支出済額9,169万4,858円、前年度対比114万4,302円の増で、不用額2万9,142円。


 3款諸支出金、予算現額52万9,820円、支出済額52万7,709円、前年度対比3万2,297円の増で、不用額2,111円。1項償還金及び還付加算金、支出済額11万4,820円、前年度対比3,500円の減。2項諸支出金は支出はありませんでした。3項繰出金、支出済額とも41万2,889円、前年度対比3万5,797円の増となっております。


 4款1項予備費112万6,180円が不用額となっております。


 以上、歳出合計は予算現額9,467万1,000円、支出済額9,310万850円、前年度対比99万9,863円の増で、不用額157万150円、歳入歳出差引残額139万5,885円、前年度対比23万7,110円の減でございます。


 次のページをお願いします。


 事項別明細書、歳入でございます。


 1款1項1目後期高齢者医療保険料、1節現年度分、調定額7,553万6,160円、収入済額7,419万9,020円、前年度対比52万6,860円の減で、収入未済額133万7,140円、現年分で徴収率は98.23%でございます。2節滞納繰越分、調定額201万6,890円、収入済額20万130円、前年度対比5万4,780円の増で、収入未済額181万6,760円、滞納繰越分で徴収率は9.92%でございます。


 2款使用料及び手数料、1項手数料、1目徴収手数料、1節督促手数料、調定、収入済額とも2万7,100円、前年度対比1万6,200円の減となっております。


 3款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金、1節保険基盤安定制度拠出金、調定、収入済額とも1,703万1,000円、前年度対比39万5,000円の増、保険基盤安定制度拠出金です。2節事務経費繰入金、調定、収入済額とも129万2,000円、前年度対比17万6,000円の減となっております。


 4款諸収入、1項延滞金加算金及び過料、1目1節延滞金、調定、収入済額とも7,800円、前年度対比7,800円の増は、4件分でございます。


 2項1目償還金及び還付加算金、次のページをお願いします。1節保険料還付金、調定、収入済額とも10万6,690円、前年度対比10万6,690円の増、2節還付加算金、収入はございませんでした。


 3項1目1節も収入はありませんでした。


 5款1項1目1節繰越金、調定、収入済額とも163万2,995円、前年度対比91万7,543円の増となっております。


 以上、歳入合計は調定額9,765万635円、収入済額9,449万6,735円、前年度対比76万2,753円の増で、収入未済額315万3,900円でございます。


 次の366ページをお願いします。


 歳出です。


 1款総務費、1項1目総務管理費、予算現額129万1,000円に対し支出済額87万8,283円、前年度対比17万6,736円の減で、不用額41万2,717円でございます。減の要因としまして、備考欄11−41印刷製本費、前年度対比6万4,912円の減で、12−11通信運搬費が前年度対比8万9,087円の減となっております。


 2款分担金及び負担金、1項広域連合負担金、1目広域連合分賦金、予算現額9,172万4,000円に対し支出済額9,169万4,858円、前年度対比114万4,302円の増で、不用額2万9,142円でございます。


 3款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目保険料還付金、予算現額、支出済額とも11万4,820円、前年度対比3,500円の減でございます。過誤納付による歳出還付10件分でございます。


 2目還付加算金は支出はありませんでした。


 2項1目諸支出金も支出はありませんでした。


 368ページをお願いします。


 3項繰出金、1目一般会計繰出金、予算現額41万3,000円、支出済額41万2,889円、前年度対比3万5,797円の増で、不用額111円でございます。


 4款1項1目予備費は10万4,820円を充用し112万6,180円が不用額となっております。


 以上、歳出合計は予算現額9,467万1,000円、支出済額9,310万850円、前年度対比99万9,863円の増で、不用額157万150円でございます。


 次ページに実質収支に関する調書が掲載してございますので、ごらんいただきたいと思います。


 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


 質疑はございませんか。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


○(議長)  よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は、原案のとおり認定することに賛成の方は、起立願います。


 (起立多数)          反対 12番議員


○(議長)  賛成多数。よって、「決算の認定について(平成22年度真鶴町後期高齢者医療特別会計決算)」については、認定することに決定しました。


○(議長)  以上で、本日の日程は全部終了しました。


○(議長)  明日9月16日は、午前10時00分から本会議を開きますので、ご参集願います。


○(議長)  本日は、これで散会します。


 ご苦労さまでした。


        (散会 午後3時40分)