議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 真鶴町

平成22年第3回定例会(第2日 9月16日)




平成22年第3回定例会(第2日 9月16日)





        平成22年第4回真鶴町議会定例会会議録(2日目)


             平成22年9月16日(金)


 
1.出席議員 12名


 1番   板 垣 由美子         7番   神 野 秀 子


 2番   村 田 知 章         8番   二 見 和 幸


 3番   高 田   昇         9番   青 木   嚴


 4番   海 野 弘 幸        10番   草 柳   昭


 5番   青 木   繁        11番   岡ノ谷 佳 子


 6番   岩 本 克 美        12番   黒 岩 宏 次





2.欠席議員  0名





3.執行部出席者


町長        青 木   健    介護健康課長    力 石   要


副町長       長谷川 勝 己    福祉課長      奥 野   憲


教育長       牧 岡   努    診療所事務長    宇 賀 一 章


会計課長      尾 森 まゆみ    教育総務課長    青 木 幹 夫


税務課長      二 見 良 幸    生涯学習課長    細 田 政 広


管理課長      井 上 準 一    産業観光課長    土 屋   茂


企画調整課長    青 木 幸 夫    まちづくり課長   青 木 富士夫


環境防災課長    森   敦 彦    上下水道課長    青 木   肇


町民課長      高 畑 誠 二





4.出席した議会書記


議会事務局長    岩 本 祐 子


書記        青 木 一 広    書記        青 木 美 江





5.議事日程


別紙日程表のとおり





             (開会 午前10時00分)


○(議長)  皆さん、おはようございます。


○(議長)  ただいまの、出席議員は12名で、定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。


○(議長)  本日の議事日程は、お手元に配布のとおりです。


 これより、日程に従い審議を進めます。


○(議長)  日程第1、認定第1号「決算の認定について(平成21年度真鶴町一般会決算)」の件を議題とします。


○(議長)  昨日に引き続き107ページ、歳出4款衛生費からの内容説明を会計管理者に求めます。


○(会計課長)  それでは、引き続きお願いします。


 107ページです。


 4款衛生費、1項保健衛生費、1目保健衛生総務費は予算現額3,667万3,000円、支出済額3,571万4,759円、前年度対比22万3,130円の増で、不用額95万8,241円でございます。


 次の110ページをお願いします。異動等による人件費の増で、00一般経費2,717万215円は、前年度対比105万4,659円の増です。


 次のページをお願いします。上から2段目、10の救急医療事業の中の19−14休日・夜間急患診療所運営費負担金31万6,000円、前年度対比16万9,000円の減で、1市3町の利用者割で案分のため減になったものでございます。中段の30地下水対策事業315万円は前年度対比85万851円の減で、この事業内容としましては、町内15カ所で、月に1回定期地下水位観測を行ったものでございます。40の住宅用太陽光熱発電導入促進事業15万3,000円は新規のもので、1件分の申請に対する補助でございます。


 2目保健センター費、予算現額676万6,000円に対し支出済額638万7,655円、前年度対比79万4,203円の増で、不用額37万8,345円でございます。10の施設維持管理事業の11−51光熱水費92万3,33円は前年度対比7万8,829円の減で、11−61修繕料12万225円、前年度対比4万7,009円の増は、保健センター非常口誘導灯の修繕をしたものでございます。


 次のページをお願いします。中段の40妊婦・乳幼児健康診査事業の中の13−12妊婦健康診査委託料195万6,856円は前年度対比96万2,323円の増で、少子化対策による妊婦健康診査の補助が5回から14回に増えたことによるものです。


 次のページをお願いします。


 3目予防費、予算現額1,833万5,000円に対し支出済額1,612万7,758円、前年度対比330万539円の増で、不用額220万7,242円でございます。11−11消耗品費は新規のもので、新型インフルエンザ対策として、マスク、消毒薬、防護服等を購入したもので、18−01新型インフルエンザ対策用備品購入費37万8,000円は、サーモグラフィー赤外線カメラを購入したもので、ともに地域活性化臨時交付金により交付されております。中段の05予防接種事業の20−01、新規のもので、新型インフルエンザワクチン接種費用助成3万2,400円は、生活保護世帯、非課税世帯の方を対象に助成したものでございます。下から3段目、25健康診査事業466万978円は、前年度対比137万9,896円の増で、新規で、11−41印刷製本費40万7,358円は、女性特有がんの検診案内のクーポン券や検診手帳の印刷を行ったものでございます。


 次のページをお願いします。上から4段目、13−11健康診査委託料117万2,024円、前年度対比87万1,859円の増で、要因は女性特有がんの検診費用で、子宮頸がん29名、乳がん91名の方が受診されています。13−12がん検診委託料291万1,376円、前年度対比7万2,167円の増で、1,532名の方が受診されております。


 4目火葬場費、予算現額1,663万3,000円に対し支出済額1,622万1,347円、前年度対比171万8,333円の減で、不用額41万1,653円でございます。備考欄、11−41印刷製本費は新規で、真鶴聖苑の許可申請書を印刷したものでございます。減の主なものとしましては、11−61修繕料が前年度対比63万6,090円の減、修繕の内容は、炉の台車ブロックの交換と主燃炉レンガ交換修繕工事を行ったものでございます。11−51光熱水費は電気料が26万5,083円の減となっております。


 次の119ページをお願いします。備考欄中段13−26火葬炉設備等保守管理業務委託料31万5,000円は、前年度行った火葬炉扉部分の点検がなかったため26万2,500円の減となっております。前年度ありました残灰集塵装置保守管理業務委託料52万5,000円も減となっております。


 5目公害対策事業費、予算現額8万円に対し支出済額7万4,690円、前年度対比7,719円の減で、不用額5,310円でございます。備考欄19−12西さがみこども環境学習協議会負担金は、エコキャンプや三ツ石海岸での自然観察会ほか4事業を行ったもので、59名が参加し、真鶴町から10名が参加しました。


 6目畜犬登録費、予算現額13万5,000円に対し支出済額11万8,219円、前年度対比2万8,105円の減で、不用額1万6,781円でございます。前年度ありました通信運搬費2万6,000円が管理課で一括管理されていることによる減でございます。


 次のページをお願いします。


 2項清掃費、1目清掃総務費、予算現額3,809万9,000円に対し支出済額3,792万4,879円、前年度対比801万1,753円の増で、不用額17万4,121円でございます。増の要因としまして、湯河原町真鶴町衛生組合に主幹職員が1名派遣されたことによる人件費の増でございます。


 2目塵芥処理費、予算現額1億6,238万6,000円に対し支出済額1億5,779万7,871円、前年度対比397万4,950円の減で、不用額458万8,129円でございます。減の要因としまして、備考欄19−11湯河原町真鶴町衛生組合負担金で、衛生組合の塵芥処理費の工事費等の減でございます。


 3目し尿処理費、予算現額5,645万4,000円に対し支出済額5,255万8,834円、前年度対比37万4,218円の増で、不用額389万5,166円でございます。


 次の123ページをお願いします。上から7段目、備考欄10し尿処理事業の13−14し尿運搬委託料は前年度対比138万5,993円の増で、し尿運搬車修理により単価アップしたためでございます。13−15し尿処理委託料は前年度対比103万5,527円の増で、単価が5,100円から5,500円にアップしたことによるものでございます。


 4目美化運動事業費、予算現額173万8,000円、支出済額173万600円、前年対比3万6,000円の減で、不用額7,400円でございます。減の要因は、備考欄19−11かながわ海岸美化財団清掃事業費負担金が美化財団の運営に係る職員の人件費の減により減額となったためでございます。


 5款農林水産業費、1項農業費、1目農業委員会費、予算現額131万9,000円に対し支出済額127万5,280円、前年度対比3,220円の減で、不用額4万3,720円となっております。減の主なものは前年度ありました00一般経費の通信運搬費5,000円が管理課で一括管理されたことによる減でございます。


 次のページをお願いします。


 2目農業総務費、予算現額679万5,000円に対し支出済額671万4,872円、前年度対比941万2円の減で、不用額8万128円となっております。減の主なものは、異動等による人件費に係る減でございます。


 3目農地費、予算現額1,847万7,000円に対し支出済額1,837万4,442円、前年度対比57万7,878円の減で、不用額10万2,558円となっております。備考欄10の農道管理事業、13−11、新規で、農道拡幅工事測量調査業務委託料89万2,500円の増で、次の128ページをお願いします。備考欄中段20の19−11広域営農団地農道整備事業負担金1,690万5,000円は、前年度対比147万円の減によるものでございます。


 2項林業費、1目林業総務費、予算現額496万6,000円、支出済額476万6,853円、前年度対比199万4,679円の増で、不用額19万9,147円となっております。19−11県治山林道協会負担金4万円は前年度対比7万7,000円の減で、20の自然保護奨励事業8,000円は前年度対比7万8,499円の減、前年度ありました消耗品費7万9,359円も減になっております。13−11町有林管理事業委託料375万9,000円は前年度対比192万1,500円の増で、3ヘクタールの下草刈りとクヌギ154本、イロハモミジ20本を植栽したものでございます。


 次のページをお願いします。25−21みどり基金元金積立46万9,243円は前年度対比29万4,390円の増で、不用額5万878円で、みどり基金への寄附金8件分を積み立てしたものでございます。


 2目松くい虫被害対策費、予算現額1,580万1,000円に対し支出済額1,575万122円、前年度対比107万1,617円の増で、不用額5万878円でございます。内容としましては、備考欄10松くい虫被害対策事業、13−11松くい虫防除事業委託料、前年度対比165万600円の増、13−12松くい虫被害木伐倒駆除事業委託料、前年度対比75万6,000円の減、新規のもので、13−13松くい虫被害対策抵抗性松の植樹事業委託料は、抵抗性のクロマツを植樹したもので、18万4,850円が増になっております。


 3項水産業費、1目水産総務費、予算現額33万7,000円に対し支出済額33万5,330円、前年度対比1万8,330円の減で、不用額1,670円でございます。備考欄00一般経費、09−21普通旅費、前年度対比2万1,670円の増と19−13県水産振興促進協会負担金が4万円の減となっております。


 2目水産振興費、予算現額2,324万円に対し支出済額2,323万9,782円、前年度対比2,071万1,610円の増で、不用額218円となっております。19−13漁業共済掛金補助金230万9,782円は前年度対比25万1,659円の増で、大型定置3件と小型定置4件、合計7件分の補助を行ったものでございます。


 次のページをお願いします。上から2段目、10水産振興事業2,058万円は事故繰越し分で、19−41強い水産づくり交付金は、真鶴町漁協燃油タンク補強施設整備費でございます。


 3目漁港管理費、予算現額4万3,000円に対し支出済額3万5,826円、前年度対比2,402万3,382円の減で、不用額7,174円です。減の要因は、前年度ございました岩漁港整備工事費2,205万円の減と岩漁港整備事業委託料154万3,500円の減によるものでございます。


 6款商工観光費、1項商工費、1目商工総務費、予算現額1,484万7,800円に対し支出済額1,483万3,953円、前年度対比178万3,331円の減で、不用額1万3,847円でございます。異動等による人件費の減と備考欄下段の30、19−41商店街助成金、街灯の助成事業で、電気料の値上げにより5万7,000円が増となっております。


 次のページをお願いします。


 2項1目観光費、予算現額3,514万3,000円に対し支出済額3,482万1,932円、前年度対比203万6,484円の増で、不用額32万1,068円でございます。増の要因としまして、異動等による人件費の増と、次の136ページをお願いします。備考欄、上から4段目、19−45真鶴町元気事業実行委員会補助金50万円、これはゼロワンプロセスを実施したものと19−46真鶴半島冬花火大会実行委員会助成金40万円が新規事業の増となっております。


 2目お林展望公園費、予算現額1,604万4,000円、支出済額1,501万6,638円、前年度対比27万7,249円の減で、不用額102万7,362円でございます。


 次の137ページをお願いします。上段の備考欄20お林展望公園管理事業の07−11臨時職員賃金は、前年度ありました管理員報酬がなくなったため増となったものでございます。11−61修繕料10万2,900円は、浄化槽ブロワー室排気ファンの修繕事業でございます。


 7款土木費、1項土木管理費、1目土木総務費、予算現額5,733万1,000円に対し支出済額5,680万8,979円、前年度対比52万5,958円の減で、不用額52万2,021円でございます。減の主なものとしまして、異動等による人件費の減と、次のページをお願いします。下から4段目、備考欄19−21湯河原町水路改修費負担金16万371円は、前年度対比14万1,565円の減で、音無川改修工事に要した費用の町負担分でございます。50の急傾斜地崩壊対策事業1,794万100円、これは県が指定した3カ所、宮ノ前、磯崎、真崎地区に係る負担金で、前年度対比39万9,865円が減となっております。


 2項道路橋梁費、1目道路維持費、予算現額5,273万8,000円、支出済額5,143万7,401円、前年度対比1,989万3,068円の増で、繰越明許費73万円、不用額57万599円でございます。10の道路維持管理事業701万8,219円は前年度対比672万5,690円の増で、次のページをお願いします。中段、20道路維持補修事業、繰越明許3,496万5,000円につきましては、町道1号線舗装改良工事、町道1号線側溝舗装改良工事を行ったものでございます。


 2目道路照明費、予算現額420万1,000円、支出済額412万410で、前年度対比53万5,989円の減で、不用額8万590円でございます。11−51光熱水費378万8,502円、前年度対比60万420円の減で、電気料の減でございます。


 次のページをお願いします。上段の11−61修繕料12万3,284円、前年度対比2万3,429円の減で、内容は防犯灯の修繕等でございます。


 3目交通安全施設費、新規で、予算現額200万円、支出済額199万5,000円、不用額5,000円でございます。カーブミラー、ガードレール、転落防止柵を3カ所に設置したものでございます。


 4目臨時道路維持補修費、新規で、予算現額6,040万円に対し支出済額5,237万8,500円、繰越明許費765万円で、不用額37万1,500円になっております。15−01道路維持補修工事4,889万円は、町道1号線の改良、559号線、108号線、572号線、375号線、長坂橋橋梁改修工事事業等を行ったもので、地域活性化・経済危機対策臨時金交付金より3,602万3,000円が交付されております。


 3項港湾費、1目港湾管理費、予算現額1,703万4,800円、支出済額1,664万6,039円、前年度対比19万8,965円の増で、不用額38万8,761円でございます。01−41港湾管理嘱託員報酬672万6,800円、前年度対比9万8,840円の減で、次のページをお願いします。上から6段目、備考欄13−31、新規で、公衆便所清掃委託料、琴ヶ浜の公衆トイレ委託料で11万7,600円の増、30の庁用車管理経費、前年度対比が12万3,739円の増となっております。


 4項都市計画費、1目都市計画総務費、予算現額1億5,968万円、支出済額1億5,938万3,799円、前年度対比1,923万7,864円の増で、不用額29万6,201円でございます。00一般経費1,254万1,005円、前年度対比397万9,272円の減でございます。これは職員1名減による人件費の減でございます。


 次のページをお願いします。上段20のまちづくり推進事業1,874万1,114円は、前年度対比1,613万4,796円の増でございます。07−11コミュニティバス運転手賃金230万5,602円、前年度対比109万9,602円の増で、夜間運行運転手賃金2名分で、運転と補助員を交代で運行しております。新規で、07−12空地空家対策臨時職員賃金213万1,681円は、広く町内の空地や空家の情報を提供し、定住人口の増加を図るためのもので、情報収集を行う臨時職員の賃金でございます。07−11と07−12ともに国の緊急雇用創出事業による県補助金事業でございます。新規で08−14景観形成研究会委員謝礼78万5,000円の内容は、ハウスメーカー、住宅生産団体、町づくり審議委員等8名により構成され、全15回の会議を開催したものでございます。新規で13−16景観計画運用システム構築業務委託682万5,000円は、景観形成の向上を目指して景観計画運用の分析や色彩基準の導入等、審査基準の見直しによる運用システムの構築委託業務です。新規で13−17耐震改修促進計画策定業務委託522万9,000円は、建築物の耐震改修の促進に関する法律の改正に伴い、真鶴町耐震改修促進計画を策定するためのものでございます。


 2目荒井城址公園費、予算現額601万6,000円に対し支出済額535万7,749円、前年度対比217万5,704円の増で、不用額65万8,251円でございます。


 次の149ページをお願いします。上段の15−03荒井城址公園遊具設置事業259万2,240円は、ブランコ1台、すべり台1台、ネットクライミング1台を設置したもので、地域活性化交付金事業で全額支出されております。


 5項住宅費、1目住宅管理費、予算現額107万7,000円、支出済額98万1,434円、前年度対比8万4,135円の減で、不用額9万5,566円でございます。減の要因としまして、10の町営住宅事業の13−21昇降機設備保守管理業務委託料が67万6,700円が前年度対比6万9,300円の減となっております。保守管理の委託先の変更により廉価になったためでございます。


 8款1項消防費、1目常備消防費、予算現額1億8,236万8,000円、支出済額1億8,236万7,655円、前年度対比922万331円の減で、不用額345円でございます。真鶴分署に係る職員の人件費が21年度は平均人件費で算出されたことによる減でございます。


 2目非常備消防費、予算現額2,780万3,528円に対し支出済額2,706万3,519円、前年度対比573万6,086円の増で、不用額74万9円でございます。備考欄00一般経費が異動等により人件費56万341円減になっております。


 次の151ページをお願いします。上から7段目、備考欄10消防団運営費は、前年度ありました消防団員退職報償金等が300万円の減、11−11消耗品費178万2,602円は、真鶴町消防団員活動服85着の購入費で、前年度対比159万1,638円の増になっております。


 次の153ページをお願いします。備考欄中段の60消防自動車譲受事業は新規で、石原プロモーションから譲り受けた西部警察で使用された高所放水車を保管するための車庫の建築等の事業でございます。地域活性化・経済危機対策臨時交付金事業で13−11、13−12、15−01の費用、673万6,800円が支出されております。


 3目消防施設費、予算現額80万3,000円に対し支出済額78万1,8028円、前年度対比23万7,995円の増で、不用額2万1,172円でございます。備考欄10消防施設管理運営費、11−61修繕料6万3,500円は、県道739号線修繕に伴う消火栓かさ上げ工事でございます。新規で15−02公共下水道切替工事、消防の第二分団詰所に係るもので、39万348円の増でございます。


 次のページをお願いします。


 4目災害対策費、予算現額1,120万円に対し支出済額525万2,078円、前年度対比1,063万5,291円の減で、繰越明許費546万5,000円、不用額30万2,922円でございます。備考欄中段20の防火備蓄事業、11−31食糧費は前年度対比59万7,882円の増で、内容はレトルトカレー500食、アルファー米2,100食分、粉ミルク30缶を新たに備蓄したものでございます。40の防災行政無線維持整備事業は、翌年度繰越明許費となった整備費に係るもので、前年度対比580万5,200円の減となっております。


 次のページをお願いします。上から3段目、備考欄50災害対策経費は前年度対比376万2,623円の減で、内容は前年度、津波ハザードマップを作成し、全世帯に配布した事業が減で、13−12海抜表示電柱巻標識製作取付委託料12万2,377円は新規で、町内35カ所の電柱に「津波に注意」の表示を示したものでございます。


 9款教育費、1項教育総務費、1目教育委員会費、予算現額90万1,000円に対し支出済額85万4,869円、前年度対比3万1,031円の減で、不用額4万6,131円でございます。減の要因は、備考欄01−23教育委員会委員報酬27万9,999円は、前年度対比4万1円の減で、委員が欠員となった期間があったための減となっております。


○(議長)  暫時休憩いたします。


        (休憩 午前10時34分)


        (再開 午前10時45分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(会計課長)  それでは、引き続きお願いします。


 2目事務局費、予算現額9,177万5,370円に対し支出済額9,132万3,703円、前年度対比985万7,839円の増で、不用額45万1,667円でございます。増の要因としまして、人件費1名分が増になったことによる、00一般経費、前年度対比959万7,889円の増と、1枚飛んで162ページをお願いします。中段の20、新規で、庁用車管理経費33万321円は、教育委員会で専用車となった車検代等で、新規による増でございます。


 3目教育振興費、予算現額1,189万3,000円に対し支出済額1,148万8,749円、前年度対比28万3,369円の減で、不用額40万4,251円でございます。下から5段目、30心の教室相談事業117万8,423円は前年度対比56万6,836円の減で、相談員の謝礼を月額で支給していたものを半日の時間給支給にしたための減でございます。


 次のページをお願いします。中段70児童生徒就学援助事業204万9,090円、前年度対比67万6,251円の増で、20−01要保護及び準要保護児童生徒援助費は193万345円、32名分で、20−02特別支援教育就学奨励費11万8,745円は5名分で、対象者の増によるものでございます。


 2項小学校費、1目学校管理費、予算現額3,235万9,058円に対し支出済額3,144万9,161円、前年度対比47万9,254円の減で、不用額90万9,897円でございます。00一般経費1,048万2,127円は前年度対比61万5,984円の減でございます。


 次のページをお願いします。上から3段目、07−11臨時職員賃金227万505円は前年度対50万8,090円の減で、地域コーディネーター3名減によるものでございます。11−61修繕料188万9,058円、前年度対比140万1,079円の増で、内容は非常用放送設備、業務用放送設備の修理と防火設備及び自動火災報知器設備改修を行ったものでございます。


 次のページをお願いします。中段20の備品購入事業、18−11学校運営用備品160万3,002円は前年度対比121万8,167円の増で、理科、算数の教材を購入したものでございます。下から4段目、18−12公務用パソコン購入費は、教職員21名、21台のパソコンを購入したものでございます。地域活性化臨時交付金から2分の1補助されております。


 2目教育振興費、予算現額85万円に対し支出済額80万582円、前年度対比4万9,418円の減で、不用額も4万9,418円でございます。減の要因としまして、19−42特色ある学校づくり事業費9万7,540円、前年度対比4万7,460円の減となっております。


 次の169ページをお願いします。


 3目給食費、予算現額1,029万1,000円に対し支出済額1,020万8,439円、前年度対比39万7,543円の増で、不用額8万2,561円でございます。13−33、新規で、グリストラップ清掃委託料4万8,300円は、業務用の油分が下水に流れないようにするものでございます。18−11給食室用備品購入費157万978円は、スチームコンベクションオーブン等を購入したもので、前年度対比92万4,262円の増で、前年度ありました修繕料や換気扇の清掃委託料等が減になっております。


 3項中学校費、1目学校管理費、予算現額9,544万904円、支出済額9,475万5,044円、前年度対比7,556万289円の増で、不用額68万5,860円でございます。増の要因としまして、次のページをお願いします。11−61修繕料82万1,904円は前年度対比16万308円の増で、照明器具の交換や岩ふれあい館のホワイトボードを真中の調理室に移設したものでございます。


 次のページをお願いします。上から6段目、18−11学校運営用備品204万4,417円は前年度対比114万5,692円の増で、理科と算数の教材を購入しました。18−12公務用パソコン購入費188万5,275円は新規で、教職用のパソコン19台を購入したもので、地域活性化交付金から2分の1支出されました。40学校施設改修事業7,344万7,500円は、新規事業でございます。13−12体育館耐震補強等基本実施設計業務委託料519万7,500円、全額、地域活性化臨時交付金から交付されております。13−13体育館耐震補強等工事監理業務委託料336万円のうち217万7,000円が地域活性化臨時交付金から支出されております。15−02体育館耐震補強等改修工事費6,489万円は、屋根面ブレースを入れ替える等の耐震補強工事を行ったものでございます。


 2目教育振興費、予算現額106万3,000円に対し支出済額106万1,084円、前年度対比1,362円の減で、不用額1,916円でございます。


 次のページをお願いします。


 4項1目幼稚園費、予算現額2,792万8,000円に対し支出済額2,766万1,820円、前年度対比18万1,357円の減で、不用額26万6,180円でございます。異動による職員の人件費の減と中段の07−11臨時職員賃金247万240円、前年度対比75万2,575円の増、前年度ありました修繕料、水道管漏水工事のため48万6,450円の減が主な要因となっております。


 次の179ページをお願いします。


 2目幼稚園振興費、予算現額4万8,000円、支出済額4万7,500円は前年度と同額でございます


 5項社会教育費、1目社会教育総務費、予算現額8,828万1,000円、支出済額8,662万826円、前年度対比7,794万1,279円の増で、不用額166万174円でございます。主な要因としまして、新型インフルエンザの流行により、前年度ありました中学生国際交流海外派遣事業が中止となり、補助金249万8,291円が減となっております。


 次のまた1枚飛んで183ページをお願いします。上段の40(仮称)貝類博物館整備事業8,159万9,759円は新規事業です。寄贈いただいた4,500種、5万点の貝類の展示をするため博物館の整備事業を行ったものです。日本宝くじ協会から真鶴町貝類博物館整備事業助成金6,657万円が交付されております。


 2目公民館費、予算現額208万7,000円、支出済額196万7,138円、前年度対比5,041円の減で、不用額11万9,862円でございます。08−11公民館教室講師謝礼11万6,000円は前年度対比2万6,000円の減となっております。


 次のページをお願いします。


 3目文化財保護費、予算現額235万5,800円、支出済額232万278円、前年度対比34万6,294円の減で、不用額3万5,522円でございます。20の文化財保護事業の中の15−01埋蔵文化財包蔵地調査工事5万8,800円は新規の増でございます。前年度ありました町重要指定文化財目録印刷製本委託料39万9,000円が減となっております。


 4目町民センター費、予算現額1,290万4,500円、支出済額1,220万4,138円、前年度対比338万6,548円の減で、不用額70万362円でございます。減の要因としまして、11−61修繕料65万9,715円はエアコンチラーユニット修繕と冷却塔の修繕をしたもので、前年度、屋上の扉ほか4カ所の修繕があったため前年度対比215万9,469円の減となっております。


 次のページをお願いします。上から5段目、13−26昇降機設備保守業務委託料22万6,800円は前年度対比20万1,600円の減、13−31清掃業務委託料133万7,105円は前年度対比18万4,423円の減となっております。


 5目民俗資料館運営費、予算現額140万3,000円、支出済額134万5,316円、前年度対比1万1,315円の増で、不用額5万7,684円でございます。07−11施設管理人賃金79万1,490円は前年度対比1万5,840円の増で、最低賃金の改正によるものでございます。


 6目美術館費、予算現額3,374万3,000円に対し支出済額3,291万9,330円、前年度対比924万2,766円の減で、不用額82万3,670円でございます。減の主なものは、前年度ありました美術館長報酬214万5,000円の減と、次のページをお願いします。上から7段目、07−12管理保安員賃金183万9,100円は前年度対比178万4,815円の減、これはアトリエ賃金の減でございます。14−81著作権料28万3,276円、前年度対比22万6,839円の減となっております。18−12制服購入費4万9,140円は新規で、2名分の制服を購入したものでございます。11−51光熱水費442万1,192円は前年度対比184万3,018円の減、これは業務用電気料の値下げによるものでございます。


 次のページをお願いします。中段14−61、新規で、複写機借上料が10万5,923円の増、同じく新規で、18−11清掃用ブロワー購入費3万9,800円は、落ち葉を飛ばして清掃するものでございます。30の特別展事業94万7,480円、前年度対比350万5,950円の減となっております。


 7目コミュニティ真鶴運営費、予算現額293万3,000円に対し支出済額285万4,195円、前年度対比37万6,605円の増で、不用額7万8,805円でございます。07−11管理人賃金167万8,040円は前年度対比3万7,430円の増で、これも最低賃金の改正によるものでございます。


 次のページをお願いします。上から3段目、11−61修繕料47万4,600円は新規のもので、コミュニティ真鶴のエアコン修理をしたものでございます。


 8目図書館費、予算現額1,801万2,000円に対し支出済額1,773万6,628円、前年度対比3万7,759円の増で、不用額27万5,372円でございます。07−11臨時職員賃金329万265円は前年度対比26万円の増、新規で、11−61修繕料3万1,500円はパソコン用プリンタを修繕したものでございます。13−11図書館システム保守委託料117万7,050円は前年度対比31万1,850円の減となっております。


 次のページをお願いします。


 9目海の学校運営費、予算現額294万2,000円、支出済額283万5,550円、前年度対比6,343円の減で、不用額10万6,450円でございます。減の要因としまして、01−41社会教育指導員報酬239万2,200円、前年度対比2万4,750円の減となっております。


 6項保健体育費、1目保健体育総務費、予算現額562万3,553円、支出済額522万1,764円、前年度対比44万7,968円の減で、不用額40万1,789円でございます。前年度、一般経費の中にありましたスポーツ・アンド・レクレーション実行委員会負担金15万6,000円が減になったものと、次のページをお願いします。上段の01−31体育館指導員報酬28万8,000円が前年度対比6万4,000円の減、下段の08−41町民運動会賞品代22万2,534円は、前年度対比2万9,091円の増となっております。


 次のページをお願いします。上から3段目、11−61修繕料1万5,593円は、岩ふれあい館の照明修繕工事で、前年度対比12万4,897円の減となっております。


 2目体育館運営費、予算現額789万6,740円、支出済額777万651円、前年度対比107万4,616円の増で、不用額12万6,089円でございます。07−12管理指導員賃金292万6,694円、前年度対比12万1,457円の増で、こちらも最低賃金の改正による増でございます。11−61修繕料123万7,740円は前年度対比113万8,515円の増で、体育館床盛り上がり修繕で、エキスバンションゴムの交換をしたものでございます。


 次のページをお願いします。


 10款1項公債費、1目元金、予算現額2億3,842万4,000円に対し支出済額2億3,842万3,666円、前年度対比2,939万1,789円の減で、不用額334円でございます。町債償還元金で49件分でございます。


 2目利子、予算現額6,158万6,000円に対し支出済額5,969万9,375円、前年度対比70万7,091円の減で、不用額188万6,625円でございます。23−01町債償還利子68件分、23−02一時借入金利子77万1,985円は、一時借入を3回分行ったものでございます。


 11款災害復旧費は1項から6項まで科目設定のみで支出はございませんでした。


 次のページをお願いします。


 12款諸支出金、1項公営企業費、1目公営企業出資金は新規のもので、予算現額、支出済額とも2,000万円。地域活性化・経済危機対策臨時交付金事業で全額交付された遠方監視制御装置更新工事、水道の水量を管理する中央監視装置本体とそのソフトウェアを更新したもので、水道企業会計へ繰り出したものでございます。


 13款1項1目予備費901万1,271円を充用し、不用額1,560万5,729円となっております。


 次のページをお願いします。205ページから209ページ中段まで予備費充用の内容でございます。


 208ページをお願いします。中段の20ひとり親家庭等医療費助成事業・扶助費へ充用、306万1,327円は、2月分医療費支払分が国保連合会より請求されたのですが請求書が補正対応に間に合わなかったため、予備費を充用したものでございます。


 次のページをお願いします。下段です。


 以上、歳出合計は支出済額32億7,621万5,590円、前年度対比4億4,008万4,342円の増で、繰越明許費5,792万円、不用額7,774万4,494円となっております。


 次ページからは実質収支に関する調書、基金の関係等について掲載してございますので、ごらんいただきたいと思います。


 以上で説明を終わらせていただきます。ご承認くださいますよう、よろしくお願いします。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


 質疑はございませんか。


○2番議員(村田知章)  2番議員の村田です。


 まず、124ページ、農業委員会のことでお聞きしたいと思います。農業委員会の委員は、今、何名いるのでしょうか。


○(産業観光課長)  10名です。


○2番議員(村田知章)  今、農家数もどんどん減ってきて、昭和50年のときは162戸、平成17年で41と、どんどん減ってきていると思います。専業農家数も、平成17年度で12ぐらいですか、今ではもっと減っていると思います。


 それで農業委員会の数は10人ということで、ちょっとこれは多いのじゃないかと思いまして質問させていただきました。


 それとあわせて、次の126ページです。農地転用のそういう実績とかありますけれども、これは何件、転用地を調べたという実績があるんでしょうか。


○(産業観光課長)  農地転用の関係なのですが、現地調査が7件、それから、転用の事実確認が2件ということでございます。


○2番議員(村田知章)  では、続いて130ページの松くい虫についてお伺いしたいと思います。


 これは21年度も松くい防除をしたということで、一めぐりしたと思うんですけれども、そのときの松くい防除の実績というか、どれだけ効果があったのかということをお伺いしたいと思います。


○(産業観光課長)  どれだけの効果と言いますと、枯れている本数ですか。


○2番議員(村田知章)  助けた本数。


○(産業観光課長)  助けた本数というよりも、全体年間にどれぐらい枯れていくかという本数ですね。枯れたものを助けるという内容のものではございませんので、虫が入りにくくする、そういうアンプルになっていますので、枯れた本数というのは、昨年度で12本でございます。


○2番議員(村田知章)  わかりました。枯れたのが12本に抑えられたということですね。わかりました。


 それで、御林なんですけれども、今後、どのように守っていくかということも重要だと思うんですけれども、松林として守っていくのか、それとも、例えば、御林に限らず鎮守の森なんかはどんどん遷移していくものだと思います。松なんかの特徴としては、これは二次林なんですね。二次林というのは、要するに、やせた土地に生えやすい木ということで松が生えてきて、それでだんだんとうっそうとした森になってくると、だんだん極相林に近づいてくる。ここら辺の極相林は照葉樹林ですよね、クスの木とか。なので、もう御林自体が極相林に近づいてきている。それなのに松を守るというのは、松の適した環境じゃなくなってきている。だから守り方として、いくら薬剤をまいたからといって守れるものじゃないと思うんです。例えば、松を守れるとしたら、やっぱり松に適した環境、要するにやせた環境に御林自体を持っていかないと、いくら薬をまいたからといって、それはちょっと守り方が違うんじゃないかなと思うんですが、ここら辺、どうお考えか、教えていただきたいんですが。


○(産業観光課長)  議員の言われるとおり、もう山自体がかなり年齢がたっているということは事実でございます。


 それから、言われているとおり、松が生育するには適した場所ではないというのも、周りが湿気が多過ぎるというのも一つあります。


 ただ歴史のある松林ですので、できるだけ長い間守っていきたいと、そういうふうに考えております。


○(議長)  質問は、1回に出してください。1回ごとじゃなくて。1回に質問事項を。よろしいですか。


 それと、先ほどの中で、2番議員が農業委員の数が多過ぎるということに対しての回答はよろしいですか。


○2番議員(村田知章)  10人でそれだけの事業実績があるということでしたので。


○6番議員(岩本克美)  6番議員、岩本でございます。


 歳入の中から42ページ、財産収入です。財産の貸付収入の中で、土地貸付収入についてお尋ねをいたします。


 町有土地貸付料、石丁場ですけれども、収入が2,375万ですね。これは本年度、21年度の予算からすると、予算が2,796万8,000円でしたので、420万ほど不足といいますか、少なかったということ。それから、20年度の実績、これは収入済が2,588万9,000円、これと比較して210万ほど不足、足りなかったということになっていますけれども、この、いわゆる石丁場の貸付料収入が減っていっている要因をきちんとつかんでおられるかどうかということが一つ。


 それから、収入未済額が1,776万4,000円、こちらの方も大分金額が多くなってきているわけなんですけれども、平成20年度の時の決算書で、この未収額というのは855万7,000円ほどでした。それから見ると、一挙に未収額が倍に増えているというところがあるわけなんですが、この辺の改善の見通しといいますか、その辺をお尋ねしたいと思います。


 管理課長  お答えいたします。町有地の未収金額1,776万4,712円と、こういうことで、決算書には記載されておりますが、実はその98%が丁場の貸地料という内容になっております。丁場につきましては、大変広い面積で貸地をしているため、貸地料については大変高額になってくるというところでございますが、この未収額の内訳件数では、大変少ない件数でございます。私どもも未収がございます、滞納がございます業者さんの方には、直接、私も現場の事務所の方に出向きまして、いろいろ事情を聞かせていただいているところでございます。内容的には、昨今の社会経済情勢の大きな変化ということで、経営的なものが厳しいというようなお話も伺っております。


 そうしたことから、私どもといたしましては、一度にすべてを精算してくれというようなものがベストでございますが、その業者さんが払えるような形での分納の計画を立てていただいて、納入をしていただくというようなこともやっております。現に分納で歳入がされているというような状況もございます。


 今後、引き続き対応を課税担当と密にして、出向いて、早く改善できるように努力をしていきたいというふうに考えております。


○9番議員(青木 嚴)  9番、青木です。


 歳入の32ページ、04女性特有がん検診推進事業補助金についてお伺いします。


 平成21年度真鶴保健事業報告書を見させていただきますと、子宮頸がん、子宮体がん、乳がん、それぞれ対象者数と受診者数、それから受診率が書かれておりますが、お聞きしたいのは、この補助金138万7,000円に対して、どれぐらい町の方として負担しているのかというところをお聞きしたいというふうに思います。よろしくお願いします。


○(介護健康課長)  町の方はこれはゼロ円です。ゼロ円というか、全額、国の方の補助でいただいているところです。


○9番議員(青木 嚴)  受診率が低いという認識を、私、しておりまして、やはり、子宮頸がんにおきましては、国の方に意見書が出ておりますし、ワクチン等の。特に婦人のがんにつきましては、ぜひ積極的に広報、それから町の自治会等のPRをしていただきたいというふうに思います。


 終わります。


○5番議員(青木 繁)  5番、青木です。


 3款民生費、3目、ページ数は96ページです。その中で19−45火災警報器購入費補助金の項目で1万2,000円というのがあるんですが、これは平成21年度の新規事業として100個3,000円ということで予算措置されておりましたけれども、これが決算では1万2,000円ということで、4個しかなかったのではないかと思われますが、これが23年の5月までで警報器の設置の年限が来るんですが、22年度は15万に半額に減額されておりますけれども、これがどうして周知徹底されずに4件で終わったのか、あるいは、それに申請条件がいろいろあったがために、それしかなかったのか、その辺の内容を担当課長に説明を求めます。


 福祉課長  ご質問のありました高齢者住宅用火災警報器設置費補助金ですが、議員さんの言われるように、昨年の4月から始まった制度でございます。それで、周知の方法につきましては、昨年から始まったということで、町広報紙に掲載して周知を図りました。


 実績として、議員さんの言われるように、昨年度、4基の補助がありましたが、周知の方が足りなかったのか、条件が厳しいのか、ちょっとわかりませんが、交付の条件といたしまして、町に住所を有しまして、住民税の非課税世帯で、65歳以上の高齢者のみの世帯であり、自己所有の住宅という条件をすべてクリアした方が対象者となっております。


 この20日に敬老会が行われますので、そのときにこの事業のお知らせという形でチラシをつくって周知徹底を図りたいということを考えております。


 議員さんが言われるように、来年の6月1日が設置の義務化の期限になっておりますので、そのような機会をとらえて周知を図っていきたいと思います。


 予算費措置につきましては、昨年100台分で30万円という形でしたが、今年度に関しましては、昨年の実績を踏まえた形で半分の50世帯分、15万円を予算措置しております。予算につきましては、これからの周知の状況もあると思いますが、執行状況を見ながら予算の執行管理をしていきたいと思います。


 以上であります。


○1番議員(板垣由美子)  162ページの不登校相談事業についてお伺いしたいんですけれども、まず、相談員の人数と、現在の状況、小学校と中学校に何人ぐらい生徒さんが学校に行けないでいらっしゃるか。それと、どのような支援事業をなされているのかお聞きしたいと思います。


 それと、もう1点、188ページの民俗資料館管理運営事業についてですけれども、今、年間、どのぐらいの方が訪れてくれているのかということと、あと、女性の方が1人で働いているわけですけれども、担当につくときは、不審者の心配とか、ないのかということと、あと、管理の方たちが本当にきれいにしてくださっていて、草などもきれいに本当にとっていただいて、門扉のなどもボランティアの方が壊れたら直したりしてくださっているらしいんですけれども、屋根などはすごく傷んでおりまして、雨漏りなどしますと、貴重なものが雨に濡れたりすると、そういう被害が心配だということと、今後の保存を含めて、どのようにお考えか、お聞きしたいと思います。


 以上です。


○(教育総務課長)  不登校の状況のご質問でございますが、現在、何人いるかというご質問というところですが、これにつきましては、毎年、国の方で不登校の状況調査という形で調査がございます。それに基づきますと、小学校の方はゼロと、中学校の方は複数人という形で県の方も統計的には把握しておりますが、当町の方はゼロではないというところで、ご承知置きいただければと思っています。


 それと、あと、不登校の対策というところでございますが、当町におきましては、不登校訪問相談事業ということで予算化をまずしております。これにつきましては、町の単独事業ということで、教諭の経験者、女性の方ですが、この方、不定期でございますが、週何回という形で、対象となる方、生徒のところに、個々の状況に応じまして家庭訪問、あるいは電話、あるいは学校でのワンセグ授業というのをやっていますが、そういうところでのかかわり合い。ただ、この先生だけではなくて、複数のネットワークという形で、あとは学校の方でも個々の教師がという形で、若い先生、非常勤ですが、指導に当たっております。それと、あと、教育委員会の中でも、指導主事の先生がおられます。また、当然、学校には校長、教頭、それから担任の教諭等々数名、これらがチームワーク、チームを組んで、未然にまず防ぐというところから始まりまして、あと、通えなくなった子どもたちにつきましては、まず、学校へ行こう、来れない人については、教育支援センターでの見守りというか、勉強、そういう形でもネットワークを組んで対応しておりますという状況です。


○(生涯学習課長)  民俗資料館の管理運営についてでございますが、21年度の来館者につきましては、885名、来館されております。また、今年度、8月末でございますが、316名という来館者になっております。


 それから、管理人さんの関係で、女性1人で治安的には危ないんではないかというお話ですが、今のところ、管理人さんの方から、そういうお話は聞いていない状況ですので、やはり、管理人さん1人で、女性の方ということで継続をしていきたいと思っておりますが、万が一、そういうケースがあった場合には、逆に男性の方にかえるというようなところでも検討していきたいというふうに思っております。


 それから、門扉の関係では、中央の自治会の方がボランティアということで、うちの方で材料等を用意した中で、門扉の塗り替え等、ボランティアでやっていただきまして、大変感謝している状況でございます。


 それから、雨漏りにつきましては、随時、漏ったところの修繕については管理人さんから報告を受けた中でしておりますが、今の段階では屋根全部の大規模的な改修というところにはまだ至っておりませんが、今後、その辺については検討していきたいというふうに思っております。


 以上でございます。


○1番議員(板垣由美子)  管理人の件なんですけれども、別に男性にかえてほしいとか、そういうことではなくて、女性1人でも、すぐ何かあった場合に通報できるようなシステムをちゃんとやっておけばいいことだと思いますので、別に男性にかえるとか、女性とか、そういうことではなくて、そのまま危機管理というのですか、それをお願いしたいということです。


 以上です。


○9番議員(青木 嚴)  先ほど、私、歳入の方の質問をさせていただいて、このあと、歳出について一括で質問させていただきます。


 まず、116ページの18−01インフルエンザにつきまして、昨年度、ちょうどこの9月ごろからブタに由来する新型インフルエンザ、それから、去年の12月ぐらいから、季節性のインフルエンザ、これが特にお年寄りに限ってはワクチンが不足して、町立診療所の方で少し対応のできない時間があったというような対応の少しまずさがあったと思うんですが、そのあと、小学校におきましては、お話が飛びますが、小学校の新型インフルエンザというか季節インフルエンザ、これが学級閉鎖、それから、学年閉鎖、頻繁に起きまして、運動会が実施できないというような現状がありました。中学校におきましても、繰り返し同じ学級が閉鎖になるようなことがありました。


 このインフルエンザの予防ということの対策上で、まず、今年度も含めて、新型、それからブタ由来の新型インフルエンザの二種混合とか、具体的なそういう話も挙がっておりますので、そういうような来年度の対策についてお聞きしたいということと、学校の方に関しましては、学級閉鎖の基準、学年閉鎖の基準を、国とか県に働きかけて、クラスで何人発生したら学級閉鎖というところの基準が、もう少し緩やかにならないのかというようなところを、わかる範囲で結構ですから、お答えいただきたいと、よろしくお願いします。


 あと、126ページの19−12有害鳥獣被害についてなんですが、この問題につきましては、前に一般質問した議員の方もおられますし、私自身も町中を歩いてて、電信柱をハクビシンが日中走っている姿も見たり、城北地区におきましては、朝、サルと「おはよう」とあいさつするような、そういう機会がままあったようでございます。また、細山の方におきましては、イノシシが頻繁に出るということで、農作物被害も起きているということを聞いております。


 そこで、国が補助金を出して防護柵を設置する、そういうような計画も、また、県が補助を出して、そのような補助を続けるというお話もあるんですが、やはり、全国で200億円に上る被害が起こっているということの現状と国の対応、また、県の方の対応について、この前、知事がこちらの真鶴の町民センターの方に来られて、首長と懇談会をやられた中でも、鳥獣被害についてのお話が出たということで、町として、どのような対策をしていけるかというところも、一つお聞きしたいというふうに思います。よろしくお願いします。


○(町長)  それでは、1点目の予防接種、季節性、流行性を含めて、うちの町は他市町よりも早くに対応をとれるような補助体制、こういったものは来年以降も考えていきたいということでご理解いただきたいと思います。


 また、学校の学級閉鎖等も、国や県にいろいろ基準を持っているでしょうけれども、真鶴町も独自にそういったことも模索しながら、十分な連携をとりながら、学級閉鎖が起きないような、事前の対策をしっかりとれるように、情報をしっかりとりながらやっていきたいと。勉学がおくれないようにしていきたいと。


 やり方はいろいろあるかと思います。国の指示を待ち、県の指示を待つだけでなくして、真鶴町でも考えていきたい。これから、まさしくそういうところが求められてくることでありましょうから、こういったことをしっかりと連携をとりながら、教育委員会を中心に考えてまいりたいと、こう思います。


 それから、鳥獣被害、これにつきましては、イタチごっこになります。皆さんにも承知していただきたいんです。昔、湯河原町に野猿の郷事業という整備事業がありました。この事業は3億もお金をかけて失敗したんです。これにはいきさつがいろいろあります、隣町のことを言いたくないんですけれども。そういったところから増えてきた頭数が多い、そこにはぐれが起きてきて、山の中も、真鶴町はまだまだ、採石場がありますから、まだまだ被害が少ないのかと思っても、移動してきますから、イノシシもサルも。ここを根城にしているところはないんですけれども、みんな、よそから回ってくるもんですから、ですから、まず、町としての対策は、追い払いから始まり、そして、私は基本的にはどこかに餌付けをするしかないのかなと。


 冗談めいた話をさせてもらいますと、動物園をつくったらどうだという考え方です。里の整備。そこに全部追い込んでいって、そこを一つのサル山にするとか、イノシシの何とかにするとか、サルはなかなか駆除するというのは大変なことにもなりますから、人間にも近いですから。人間はそれだけ殺生だと思いますけれども、殺さなければ最終的には減ってこないということが起きますから、ただ、それはいかがなものかと思いますから。町としてできること、神奈川県として、また2市8町が連携をとってやるならば、そういったサル山をつくって、そこを一つの観光事業にしていくとか、これが一つの解決策だとは思います。こういったことを提案させていただきながら考えていきたいと思います。


 イノシシにつきましては、食用にもできますから、いろんな意味で、そも観光事業とか、食の文化の中にも働きかけていくことができるのかなと、こう思います。中にはイノシシの場合は、しっかりとわなをかける、確保して食用にしているという、そういった流通系統も考えていかれることも一つあるようですから、こういったことも連携をとりながらやってまいりたいというふうにご理解いただきたいと、こう思います。


 以上です。


○9番議員(青木 嚴)  ありがとうございました。引き続き、124ページのし尿処理委託料ということで、13−15、それから、148ページ、07−12空地空家情報ということでご質問させていただきます。


 まず、し尿処理におきましては、湯河原、真鶴広域で委託作業をし、また最終処理におきましては、南足柄市の協力を仰いでいるわけでありますけれども、現状、真鶴港にし尿処理槽があるということが、やはり、港湾の環境、海の環境も含めまして、住民のいろいろな苦情も含めて、これから増えてくるというふうに思われます。


 町として、し尿処理の一時貯水槽をどこかに移転するとか、また、町としての方向性をこの数年のうちに出さなければいけないというふうに思っておりますが、行政として、どのような対応をお考えか、ご返事いただきたいというふうに思います。


 また、空地空家情報につきましては、非常にユニークな情報収集をして、また、町のホームページには、空家と空地の情報が掲載されております。また、たまに見せていただくと、4割近くの契約済みというような内容も含まれております。


 そこで、今年の3月に聞いた空地空家件数調査数は450件ほど、その中で調査は、今、続けている中で、今後の空家、持ち主との関係を含めて、どれぐらいの利用状況が発生しているのか、お知らせいただければと思います。


 以上です。


○(町長)  し尿処理の問題からお話しします。し尿処理のストックヤード、皆さん、ご承知のとおり、磯崎のところにございますけれども、これは湯河原町と真鶴町とが共同でし尿処理の貯留槽として利用されております。


 ここには環境という以上に、やっぱり不快なものが住宅地を通り、海岸という一番の事業を行うべきところ、町としても、そこにはあるのはいかがなものかと。周りに食堂等々があり、ホースを巻いた車が走ってくることはいかがなものかという、こういった苦情もないわけではございませんけれども、今、真鶴港の再整備計画という事業が入っております。この事業が今後の地域再生の中で、今、民主党が政権を持っていますけれども、これが八場ダムみたいなような方向性になる可能性も十分あります。


 そんなことも含めながら、整備というものを考えていかなきゃいけないことと、さらには、どこかに移転しなければならないということは、真鶴町にとっても大きなこれからの懸案だと思っています。移転するには移転先で必ず問題点が起きます。こういったことも含めながら、これから皆さんとも十分な協議を進めながら、候補地選びもさせていただきながらということは考えていきたいと思っています。隣の町も含めて、これから広域の皆さん方には、汗をかいていただきたいような、協力していただきたいような場面をつくってまいりたいと、こう思っています。


 いずれにしても、いつまでもあの港湾の中のし尿処理中間処理槽があるということは、私も決していいことだとは思っていません。必ずやどこかに移動していきたいというふうに思っています。そんな問題があろうかと思いますから、途中経過と言いますか、方向性としては、どこかに移動しなければならないと。これをいつの時期にするかというのを、これから十分な協議をさせていただきたいということでご理解いただきたいと思います。


 そして、空地空家情報、この空地空家情報につきましては、基本的には人口流出、または交流人口の増加、そして近隣の方々に地元の方々に多く利用していただけることを願っての情報を提供させていただくと。これをいいタイミングとして、私たちの計画の中から、さらには臨時交付金をいただけるような場面ができたということから、この事業を進めているわけでございます。


 その中で、青木議員さんもご承知のとおり、インターネットの中でも、かなりの契約がされています。これは今後の中でもさらに進めていく。細かな数字は担当課長に答弁させますけれども、いずれにしても、今、空いているところの土地というものが有効活用させていただけるような、そういう場面をつくっていきたい。これからもこの事業は内部の中でも進めていきたい。補助金が切れたからどうのじゃなくて、内部的にも進めていかれるような事業として、人口の増加を図ってまいられるような事業につなげていきたいということでご理解いただきたいと思います。


 よろしくお願いします。


○(まちづくり課長)  空地空家情報の調査につきましては、先ほど、議員さんが言われたとおり、町内の空地空家等450件以上の現地調査とデータを資料として集積されたデータのものがございまして、今後、各所有者に電話連絡等の連絡をさせていただいて、売買に対しての希望等を調査させていただいて、それらのデータをもとに、小田原の宅建協会等とも連携をとりながら、今後、そういう手続きに入っていく予定になっております。


 細かいデータにつきましては、ちょっと手元にございませんので、後ほど提示したいと思います。


○2番議員(村田知章)  2つ質問させていただきたいと思います。


 146ページの19−16の鉄道輸送力増強促進会議負担金のところなんですが、先日も台風9号で5時間ほどJRがとまったということで、真鶴町として、鉄道がとまってしまったときに、振替輸送、そういうものを、こういう会議のところで要望しているのかということをお伺いしたいのが1点と、186ページ、文化財のところなんですけれども、文化財審議会会議費というのが10番であると思うんですけれども、これは会議は年何回ぐらい開かれていて、それで、あと、15−01、調査工事が行われているとありますが、どこを調査されたのかというのをお伺いしたいと思います。


○(まちづくり課長)  先ほど言われました鉄道輸送力増強会議等につきましては、神奈川県の輸送力増強につきまして、会員等が、神奈川県の市町村長や商工会議所会頭等、神奈川県知事を含めました委員さんで構成されておりまして、先ほど、議員さんが質問された台風時等における代行バス等の要望につきましては、この会議では話されておりませんので、そういう緊急時とか災害時における代行につきましては、JR等で対応をされているということで、その会議では話し合われておりません。


○(町長)  誤解されちゃうといけなんで。鉄道輸送力の問題については、今、担当課長がお話しした、要するに、便数を増やすとか増やさないとかという鉄道のダイヤの問題とか、そういったことがありますことと、もっと細かく言うと、ロマンスカーを真鶴駅を通って熱海まで行くとか、そういうような話をするのが鉄道輸送力であって、災害のときにどうのこうのというのは、これは環境防災になるんだけれども、縦割りになってしまっていますから、全体をお話ししますと、町からもいろんな問い合わせはするんです。町民からも何かあれば町に問い合わせが来ます。今、村田議員が言われたような、本数を出してくれないんですか、臨時便、出してくれないんですかと、この話はしています、現在。今回についても。ところが、相手は鉄道会社ですから、鉄道会社は、ある意味での危険回避という形の中から、動かしませんというのが答えのようです。要するに、危険なときに危険な状況で動かすということは危険であると。よく言われる二次災害、三次災害になっては困るという。だから様子を見るんだということで足止めをするという。こういうことが起きていますから、かなりシビアに物を考えているかなというふうに思っております。


 ただし、こういった件が、真鶴の場合は、どうして人口が減るかということも含めて、やっぱり根府川の橋ですよ。あれが30メートルの強風が吹いてくるととまる。道路は125ミリとか何十ミリ、降雨量が1時間で出てくれば、とめるという、こういった地域にあるということは、余り表に全面的に出てくることが、余り好ましい地域ではないということを表明しているようなものであって、ここいらも含めながら、安全対策ということは、お互いに連携をとってまいりたいと思いますし、さらには皆さん方にも、朝から台風のときに出ていくか出ていかないかということも含めて、情報をしっかりととってもらえるような、そういうまちづくりに向かっていきたいということでご理解をいただきたいと、こう思います。


○(生涯学習課長)  文化財に関するご質問でございますが、まず、文化財審議委員会の回数でございますが、年3回ほど開催をしております。


 それから、埋蔵文化財の包蔵地の調査工事というようなご質問でございますが、これは県が指定してございます埋蔵文化財の用地が真鶴町に何カ所がございまして、業者等が開発等を行う場合に、たまたま、今回、その場所が埋蔵文化財の指定の用地だったということで、掘削の調査をしたと。また、調査につきましては、県の専門の方が来まして、我々も立ち会う中で調査をしたと。結果としては、特に埋蔵されていたものはなかったというようなところでございますが、ちなみに場所といたしましては、有料道路沿いにございます旧モーテル、モアですかね、こちらの跡地になります。


 以上でございます。


○12番議員(黒岩宏次)  私は、決算の何ページということではなくて、21年度の決算に対する審査意見書という中で、ちょっと幾つか非常に大事な問題が指摘されている点がありますので、質問したいんですけれども、いいですか。時間がちょっとかかりますけれども。お昼からやりますか。


○(議長)  いいですよ。


○12番議員(黒岩宏次)  審査の総括意見の中で、昨年度、監査委員の意見の中で入っていたのが抜けたことがあります。「予算の執行と全体の事業の処理については」という次から、昨年は「全体を通じて改善すべき点は確実に改善されている」という文章が入っていたんですけれども、今度の決算の中でこの文章が抜けています。しかし、その後には「概ね適正に処理されている」というふうに報告されていますけれども、この監査審査意見というのは、非常に行政としては、受けとめる上で大事な内容を指摘されていると思うんですけれども、特に、「財源確保のために徴収方法の研究や体制の強化を図る等さらなる対策を講じられたい」というようなことも言っています。また、「各種の補助金、助成金、交付金等については、行政の責任分野、経費負担のあり方、事業効果等を精査し、その用途や使用方法等を明確な事務執行を進められたい」という、こういう指摘があるわけですけれども、この点が、昨年抜けた点をこの1年間で、昨年評価された点が、今回は入っていないということについては、いろいろと問題があるのではないかと思いますけれども、この点について……、そのあとは、ほとんど毎年同じような文章が載っていますので、これは省略しますけれども、この点について、まず、1点目としてお伺いをいたします。


 しかし、このページの3ページの中では、収入率が20年度よりも21年度は1.7%増加しているという、こういう評価もあるわけですけれども、この辺について、どういう町として見解を持っているのか、お伺いをしたいと思います。


 それから、2つ目には、これはいろんなところに関係するんで簡潔に質問しますけれども、今、求められているのは、石材の問題も出ておりますけれども、商店や旅館、民宿、非常に大変な状態に、今、陥っています。中小企業が生き生きと活躍できるような真鶴町をどうやってつくっていくのかという点で、一つの目安になっていく、目標にしていくのは、いろんなところで条例が制定されているように、中小企業の振興基本条例とか、こういうものを本当に検討して、町として正面から支援をしていく、あるいは一緒になって自覚を高めるというような、こういう考えがあるかどうか。


 神奈川県では、中小企業活性化推進条例というのが、昨年できて、昨年の4月1日から施行されておりますけれども、今、真鶴町の中小業者が本当にやめていく、真鶴で、今、商店街として残っているのは、大道商店街、ここでも大事なのは、やはり、八百屋さんとか、あるいは魚屋さん、肉屋さんという供給する3つの住民の生活と密着したこういう業者がこの場所にはまだ細々と、失礼かもしれませんけれども、残っておりますけれども、しかし、岩地域だとか、もとの真鶴町とか、大事な地域では、もうほとんど中小商店のあれが弱いという点で、この条例をきちっとつくって、本当に明確に町も支援していくということが大事だというふうに思いますけれども、この点について、町長はどういうふうに考えているのか伺います。


 簡潔に質問しました。


○(町長)  簡潔にお答えします。


 監査委員の意見書につきましては、代表監査委員、神野委員が監査の議員さん代表でおられますので、言葉の字句の問題については、後ほど確認をとっていただければと思います。


 徴収率の問題につきましては、私は、やっぱり公正さということから考えてみますが、当然ながら、私は、4月1日に大きく機構の改革をやっていきたいと、こう思っています。収納率というか、それを上げるんではなくして、国民として、町民として、公平さということはしっかりともって、我々は仕事をさせていただいているわけですが、そこを滞らせるようなことがないようなことがないように、こう思います。


 それと、中小企業の問題につきましては、うちの町、よく皆さんもご承知していただいんですけれども、中小企業の近代化促進資金だとか、利子の補給だとか、いろんな制度を商工会と連携をとって、関係者の方々に十分な周知をしているつもりですけれども、皆様方にご理解をいただいていないのか、それとも町民の方々にご理解をいただいていないのか、これらも含めて、これから広報等々を活用させていただきながら、自治会からも広報をさせていただけるような場面をつくってまいりたいと、こう思っております。


 それと石屋さんの問題につきましては、もう皆さんといろいろ議論させていただいております。それも一つは、私は景気の最大の・・だろうと、こう思っています。そういったこともご理解いただければと、こう思っています。


 それから、うちの町、小さい中でも、各種団体にはいろいろな補助金、助成金を交付させていただいて、地域を元気にさせようということはやっています。今回も皆さんの中にも、元気事業実行委員会って、町が立ち上げたんですよ。皆さんにご理解いただいて、これからも大道駅前、大道をよさこいだとか、岩も含めて、やぶさめとか、いろんな事業をこれから展開してまいります。


 さらに言わせていただきますと、町内には3つも4つも、町直営のレストランがあり、いろんな施設があるわけです、土産藻物も含めて。こういう方々も零細の企業の方々とも取り引きをしているということは忘れないでいただきたいと、こう思っています。町有レストランは、少なくともディスカウントで取り引きしているんじゃないんです。町内の小売店業者さんから、鮮魚から肉屋から何を含めて、八百屋さんから酒屋さんから全部取り引きしていますから、皆さんに入る声がどういう人たちの声なのか、十分聞き受けていただければなと。その方が取り引きしていないならば、ぜひ、言ってください。できる状況をつくってまいりますから。こういうことでご理解をいただきたいと、こう思っております。


 町が何もやっていないんじゃなくて、町はいろんな意味でサポートをさせていただいてますし、地域では、町内の業者さんたちが町内で取り引きしているのかどうかが問題だと思いますよ、私が思うには。こういったことも含めて、町内を元気にしていただきたいと思います。


 それで、岩のことをよくお話ししますけれども、岩にはいろいろと、今、宅配社がいっぱい来ています。この方々のサービスというのは、これからの商売になります。


 私は、皆さんにいろんなことの場面を提供させていただきますけれども、それがいいとか悪いことじゃなくて、小売店舗を開けば、そこに大手のスーパーとの違いはどこにあるかと。小さな店はお茶が出せます。スーパーはお茶を出しません。こういうところで、取り引きのやり方をすれば、少しちょっとしたアイデアを使えば、おのおのの店が繁栄されると思いますし、さらにはよその町からも電車を使ってでも、この町の店を使おうというような機運を高められるような場面は、私どもも協力することは決してやぶさかではございませんから、いろんなアイデア等々を使いながら、これからも知恵を出してまいりたいということでご理解をいただきたいと、こう思いますので、よろしくお願いします。


○12番議員(黒岩宏次)  町長が、今、答弁したようなことを、本当に実行を上で、やはり、条例が必要だと思います、私は。真鶴町のまちづくり条例、非常に全国的にも有名になりましたけれども、条例によって真鶴町をどうするかという問題、これから総合計画の第4次に来年スタートするわけですけれども、町の基本条例についても、今、検討しているわけですから、スタートも一緒にするというぐらいの、そして、総合計画のスタートと、真鶴町の基本条例と一緒にスタートするぐらいの取り組みが必要だと思います。


 そして、真鶴の町の活性化というものについては、これは全議員も、また行政も同じ気持ちでいるんじゃないかと思うんですけど、これを進める上でのきちんとした、業者の方たちの協力も得ながら、条例をきちっとつくっていくという考えがあるかどうか、再度伺います。


○(町長)  条例の問題については、何でもかんでも条例があったらいいのか。私は物事のルールを違反するならば、条例が必要だと思います。まちづくり条例と比較するのはいかがなものかと思うんですけれども。皆さんがいろんな金儲けのために何かをすることを起こす、そこに住んでいる人が困るからこそ条例というのは規制をかけるわけです。中小企業の問題の条例というのは、また、それとは異にしているものだと思いますけれども、その人たちを守るという以上に、町民の生活を守るといった大きな枠を我々は考えていかなきゃいけないと思います。


 そんな意味では、これは提言というものについては否定するんではなく、また、これは内部的にも研究しなきゃいけないこともあろうかと思いますけれども、余り比較するものがちょっと異にすると、間違った方向に行きますので。


 何を言いたいかというと、何でもかんでも役所が……、いいことも悪いことも含めて言いますと、決まりがないと動けなくなるということなんです。裏を返すと。災害が起きました、防災計画にのっとってやります、職員が登庁しなかったらできませんよ。これではいかがなものかということがありますから、いろんな意味のもの、ルールをつくるこというのは、生活の上の中で、町民が安心して安全に暮らせられるようなまちづくりというのが一番基本でしょうから、これらも含めながら、そこにリンクされるものならば、十分な研究・検討をしていかなきゃいけないと、こう思っていますので、しばらくの時間をいただきながら、これから担当部署と、また、黒岩さんの持っている情報もいただきながら、十分な精査をさせていただき、いい方向に向かうように努めてまいりたいということでご理解をいただきたいと思います。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


○(議長)  よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は、原案のとおり認定することに賛成の方は、起立願います。


           (起立多数)          反対 12番議員


○(議長)  全員賛成。よって、「決算の認定について(平成21年度真鶴町一般会計決算)」については、認定することに決定しました。


○(議長)  暫時休憩いたします。


        (休憩 午後12時07分)


        (再開 午後 1時30分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  日程第2、認定第2号「決算の認定について(平成21年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(事業勘定)決算)」の件を議題とします。


○(議長)  本案について、提出者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  認定第2号は、平成21年度真鶴町国民健康事業特別会計(事業勘定)の決算の認定についてであります。


 去る7月1日に、会計管理者より提出があり、8月の4日、5日、6日、10日の4日間において、監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものであります。


 詳細につきましては、会計管理者に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を会計管理者に求めます。


○(会計課長)  認定第2号は、平成21年度真鶴町国民健康事業特別会計(事業勘定)歳入歳出決算でございます。


 217ページをお願いします。


 歳入です。


 1款1項国民健康保険税、調定額4億8,127万69,181円、収入済額3億525万8,485円、前年度対比817万2,215円の減で、不納欠損額727万2,250円、収入未済1億6,874万8,446円でございます。


 2款使用料及び手数料、1項手数料、調定、収入済額とも17万5,500円、前年度対比1万3,500円の減。


 3款国庫支出金、1項国庫負担金、調定、収入済額とも2億4,829万7,561円、前年度対比1,723万1,741円の増、2項国庫補助金、調定、収入済額とも4,170万5,590円、前年度対比1,088万3,590円の増でございます。


 4款1項療養給付費等交付金は調定、収入済額とも3,894万2,022円、前年度対比776万3,415円の減。


 5款1項前期高齢者交付金、調定、収入済額とも2億5,740万7,043円、前年度対比2,835万9,306円の増。


 6款県支出金、1項県負担金、調定、収入済額とも710万501円、前年度対比76万1,247円の増。2項県補助金、調定、収入済額とも5,398万9,000円、前年度対比718万9,000円の増でございます。


 7款1項共同事業交付金、調定、収入済額とも1億7,034万5,374円、前年度対比3.908万3,731円の増。


 8款繰入金、1項他会計繰入金、調定、収入済額とも8,074万9,847円、前年度対比1,357万5,95円の増。2項基金繰入金、調定、収入済額とも2,500万円でございます。


 9款1項繰越金、調定、収入済額とも9,970万8,729円、前年度対比3,399万5,231円の減。


 10款諸収入、1項延滞金加算金及び過料、調定、収入済額とも2万300円、前年度対比14万6,500円の減。2項受託事業は収入ございませんでした。3項雑入、調定、収入済額とも11万3,094円、前年度対比12万6,389円の減でございます。


 以上、歳入合計は収入済額12億3,700万394円、前年度対比24万297円の減でございます。


 以上、歳入合計は収入済額13億2,881万3,846円、前年度対比9,181万3,452円の増で、収入未済額1億6,874万8,446円でございます。


 次のページをお願いします。


 歳出です。


 1款総務費、予算現額3,471万7,000円、支出済額3,328万1,655円、前年度対比931万1,754円の増で、不用額143万5,345円。1項総務管理費、支出済額3,275万8,655円、2項運営協議会費、支出済額52万3,000円。


 2款保険給付費、予算現額8億7,539万9,000円、支出済額8億4,518万1,473円、前年度対比8,342万8,540円の増で、不用額3,021万7,527円。1項療養諸費、支出済額7億4,048万53円、2項高額療養費、支出済額9,793万790円で。3項移送費は支出はございませんでした。4項出産育児諸費、支出済額602万630円、5項葬祭諸費、支出済額75万円でございます。


 3款1項後期高齢者支援金等、予算現額1億4,271万1,000円、支出済額1億4,270万9,837円、前年度対比984万8,775円の増で、不用額1,163円です。


 4款1項前期高齢者納付金等、予算現額40万7,000円、支出済額40万5,780円、前年度対比14万562円の増で、不用額1,220円


 5款1項老人保健拠出金、予算現額1,328万円、支出済額1,327万9,238円、前年度対比1,118万3,126円の減で、不用額762円。


 6款1項介護納付金、予算現額5,541万9,000円、支出済額5,541万8,886円、前年度対比490万7,799円の減で、不用額114円でございます。


 7款1項共同事業拠出金、予算現額1億4,478万6,000円、支出済額1億3,344万5,263円、前年度対比1,172万7,362円の増で、不用額1,134万737円。


 8款保健事業費、予算現額1,186万円、支出済額783万7,879円、前年度対比42万5,442円の増で、不用額402万2,121円で。1項特定健康診査等事業費、支出済額659万3,181円、2項保健事業費、支出済額124万4,698円。


 9款1項基金積立金、予算現額、支出済額とも66万3,000円、前年度対比1万7,000円の減。


 10款公債費、1項一般公債費、予算現額5万円、支出済額1万2,657円、不用額3万7,343円でございます。


 次のページをお願いします。


 11款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、予算現額728万7,483円、支出済額704万8,842円、前年度対比320万5,668円の増で、不用額23万8,641円でございます。


 12款1項予備費、予算現額1,998万6,517円は、そのまま不用額となっております。


 以上、歳出合計は支出済額12億3,928万4,510円、前年度対比1億199万2,845円の増で、不用額6,728万1,490円でございます。歳入歳出差引残額8,952万9,336円、前年度対比1,017万9,393円の減でございます。


 次の223ページをお願いします。事項別明細書でございます。


 歳入です。


 1款1項国民健康保険税、1目一般被保険者国民健康保険税、1節医療給付費分現年課税分、調定額2億2,493万2,638円、収入済額1億9,894万4,479円、前年度対比809万5,090円の減で、収入未済額2,598万8,159円、01一般被保険者国民健康保険税で、徴収率88.45%でございます。2節介護納付金分現年課税分、調定額2,320万6,286円、収入済額1,976万6,020円、前年度対比115万3,289円の減で、収入未済額344万266円、一般被保険者介護納付金分で、徴収率85.18%でございます。3節後期高齢者支援金分現年課税分、調定額4,830万6,851円、収入済額4,281万4,807円、前年度対比191万2,712円の減で、収入未済額549万2,044円、一般被保険者後期高齢者支援金分で、徴収率88.63%でございます。4節医療給付費分滞納繰越分、調定額1億3,105万1,946円、収入済額1,433万2,642円、前年度対比67万5,422円の増で、不納欠損額653万5,712円、収入未済額1億1,018万3,592円、一般被保険者国民健康保険税滞納繰越分で、徴収率10.94%でございます。5節介護納付金分滞納繰越分、調定額1,527万3,092円、収入済額160万7,743円、前年度対比4万5,432円の増で、不納欠損額72万8,138円、収入未済額1,293万7,211円、一般被保険者介護納付金滞納繰越分、徴収率10.53%でございます。新規で、6節後期高齢者支援金分滞納繰越分は、調定額489万8,731円、収入済額43万4,014円、収入未済額446万4,717円、一般被保険者後期高齢者支援金滞納繰越分で、徴収率8.86%でございます。


 次のページをお願いします。


 2目退職被保険者等国民健康保険税、1節医療給付費分現年課税分、調定額1,900万9,462円、収入済額1,807万2,543円、前年度対比130万9,569円の増で、収入未済額93万6,919円、徴収率は95.07%です。2節介護納付金分現年課税分、調定額445万9,514円、収入済額424万2,574円、前年度対比33万5,962円の増で、収入未済額21万6,940円、徴収率は95.14%です。3節後期高齢者支援金分現年課税分は調定額408万1,849円、収入済額387万8,963円、前年度対比26万2,146円の増で、収入未済額20万2,886円、徴収率は95.03%です。4節医療給付費分滞納繰越分、調定額543万8,799円、収入済額101万9,132円、前年度対比11万5,936円の減で、不納欠損額7,029円、収入未済額441万2,638円、徴収率は18.74%です。5節介護納付金分滞納繰越分、調定額50万7,025円、収入済額11万8,315円、前年度対比1万5,014円の増で、不納欠損額1,371円、収入未済額38万7,339円でございます。徴収率は23.34%です。新規のもので、6節後期高齢者支援金分滞納繰越分は調定額11万2,988円、収入済額2万7,253円、収入未済額8万5,735円は徴収率24.12%でございます。


 2款使用料及び手数料、1項手数料、1目1節督促手数料、調定、収入済額とも17万5,500円、前年度対比1万3,500円の減で、保険税督促手数料1,755件分でございます。


 3款国庫支出金、1項国庫負担金、1目療養給付費等負担金、次のページをお願いします。1節現年度分、調定、収入済額とも2億4,119万4,372円、前年度対比1,647万7,400円の増となっております。2節過年度分は収入はございませんでした。


 2目1節高額医療費共同事業負担金、調定、収入済額とも639万9,189円、前年度対比69万6,341円の増でございます。


 3目1節特定健康診査等負担金、調定、収入済額とも70万4,000円、前年度対比5万8,000円の増でございます。


 2項国庫補助金、1目財政調整交付金、1節普通調整交付金、調定、収入済額とも4,048万5,000円、前年度対比966万3,000円の増、2節その他特別調整交付金は、収入はございませんでした。


 新規で、2目1節介護従事者処遇改善臨時特例交付金、調定、収入済額とも96万590円。


 次に、新規で、3目1節出産育児一時金補助金、調定、収入済額とも26万円。


 次のページをお願いします。


 4款1項1目療養給付費等交付金、1節現年度分、調定、収入済額とも3,204万9,000円、前年度対比1,371万1,000円の減、これは退職者医療費に対する助成で、社会保険診療報酬基金より入るものでございます。2節過年度分、調定、収入済額とも689万3,022円、前年度対比594万7,585円の増でございます。


 5款1項1目1節前期高齢者交付金、調定、収入済額とも2億5,740万7,043円、前年度対比2,835万9,306円の増で、前期高齢者医療費に関する財政調整のための交付金でございます。


 6款県支出金、1項県負担金、1目1節高額医療費共同事業負担金、調定、収入済額とも639万6,501円、前年度対比70万3,247円の増となっております。


 2目1節特定健康診査等負担金、調定、収入済額とも70万4,000円、前年度対比5万8,000円の増。


 2項県補助金、1項県財政調整交付金、1節普通調整交付金は調定、収入済額とも5,398万9,000円、前年度対比718万9,000円の増でございます。


 7款。次のページをお願いします。1項共同事業交付金、1目1節高額医療費共同事業交付金は調定、収入済額とも4,422万6,876円、前年度対比1,632万9,607円の増。


 2目1節保険財政共同安定化事業交付金は調定、収入済額とも1億2,611万8,498円、前年度対比2,275万4,124円の増となっております。


 8款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金、1節保険基盤安定制度繰入金(保険税軽減分)は調定、収入済額とも3,072万5,398円、前年度対比91万8,531円の増、保険基盤安定制度繰入金(保険税軽減分)で、7割、5割、2割の軽減に対するものでございます。2節保険基盤安定制度繰入金(保険者支援分)、調定、収入済額とも681万5,565円、前年度対比86万2,191円の増となっております。3節職員給与費等繰入金、調定、収入済額とも3,427万1,000円、前年度対比1,068万5,000円の増で、職員の人件費2名から3名に増になったためでございます。4節出産育児一時金繰入金、調定、収入済額とも430万7,000円、前年度対比165万9,000円の増。5節財政安定化支援事業繰入金、調定、収入済額とも447万884円、前年度対比70万8,727円の減でございます。6節は新規で、その他一般会計繰入金、調定、収入済額とも16万円。


 2項基金繰入金、1目1節保険給付費支払準備基金繰入金については繰り入れはございません。


 9款1項繰越金。次のページをお願いします。1目1節療養給付費交付金繰越金、調定、収入済額とも2,500万円、前年度対比2,500万円の増で、これは医療費の急騰により基金から繰り入れしたものでございます。


 9款1項繰越金は収入はございませんでした。


 2目その他繰越金、1節前年度繰越金、調定、収入済額とも9,970万8,729円、前年度対比3,393万5,231円の減となっております。


 10款諸収入、1項延滞金加算金及び過料、1目1節一般被保険者延滞金、調定、収入済額とも2万300円、前年度対比14万6,500円の減で、6件分でございます。


 2目1節退職被保険者等延滞金は、収入はございませんでした。


 2項も収入はございませんでした。


 3項、雑入は次のページをお願いします。1目から4目まで収入はございませんでした。


 5目1節雑入、調定、収入済額とも11万3,894円、前年度対比23万5,304円の減でございます。


 以上、歳入合計は収入済額13億2,881万3,846円、前年度対比9,181万3,452円の増で、不納欠損額727万2,250円、収入未済額1億6,874万8,446円でございます。


 次のページをお願いします。


 歳出でございます。


 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費、予算現額3,394万4,000円に対し支出済額3,252万4,123円、前年度対比923万2,188円の増で、不用額141万9,877円でございます。増の要因としまして、人件費が2名から3名に増えたことによる増、12−11通信運搬費74万9,295円は前年度対比59万2,295円の増で、被保険者証の更新年であり、約1,700世帯へ簡易書留にて郵送したための増でございます。


 次のページをお願いします。上から6段目、備考欄13−12賦課徴収システム改修業務委託料31万5,000円が新規で増となっております。


 2目連合会負担金、予算現額24万9,000円に対し支出済額23万4,532円、前年度対比7万6,576円の増で、不用額1万4,468円、国保システム開発費用負担金の増でございます。


 2項1目運営協議会費、予算現額52万4,000円、支出済額52万3,000円、前年度対比3,000円の増で、不用額1,000円でございます。会長及び委員9名の年額報酬と研修会での旅費でございます。


 2款保険給付費、1項療養諸費、1目一般被保険者療養給付費は予算現額7億1,715万9,375円に対し支出済額6億9,876万6,935円、前年度対比7,828万1,851円の増で、不用額1,839万2,440円でございます。19−41一般被保険者分診療報酬、ゼロ歳から69歳までの7割給付分3万8,490件分で、19−41、6億8,615万2,495円は、前年度対比7,871万5,089円の増でございます。


 次のページをお願いします。


 2目退職被保険者等療養給付費、予算現額3,253万8,625円に対し支出済額3,228万7,255円、前年度対比1,738万2,344円の減で、不用額25万1,370円でございます。減の主なものは19−41退職被保険者等分診療報酬3,214万1,625円は前年度対比1,715万8,148円の減となっております。


 3目一般被保険者医療費、予算現額921万3,572円に対し支出済額718万4,320円、前年度対比57万9,797円の増で、不用額202万9,252円でございます。一般被保険者分療養費94件分でございます。


 4目退職被保険者等療養費、予算現額、支出済額とも31万3,428円で、前年度対比12万8,708円の減で、退職被保険者等療養費55件分でございます。


 5目審査支払手数料、予算現額207万7,000円、支出済額192万8,115円、前年度対比6,878円の増で、不用額14万8,885円でございます。


 2項高額療養費、1目一般被保険者高額療養費、予算現額1億333万4,000円に対し支出済額9,598万6,733円、前年度対比2,273万2,356円の増で、不用額734万7,267円でございます。一般保険者分高額療養費1,259件分でございます。


 次のページをお願いします。


 2目退職被保険者等高額療養費、予算現額240万1,000円に対し支出済額194万4,057円、前年度対比254万1,920円の減で、不用額45万6,943円でございます。退職被保険者等高額療養費2,911件分でございます。


 3目一般被保険者高額介護合算療養費、3目と4目につきましては、支出はございませんでした。


 3項の移送費も1目、2目とも支出はございませんでした。


 4項出産育児諸費、1目出産育児一時金、予算現額694万円に対し支出済額602万円、前年度対比243万円の増で、不用額92万円でございます。出産育児一時金15件分で、昨年10月より育児金の一時金が38万円が42万円となっております


 2目支払手数料、予算現額2,000円に対し支出済額630円、不用額1,370円でございます。


 5項葬祭諸費。次のページをお願いします。1目葬祭費、予算現額120万円、支出済額75万円、前年度対比55万円の減で、不用額45万円でございます。葬祭費15件分でございます。


 3款1項1目後期高齢者支援金は予算現額1億4,269万1,000円に対し支出済額1億4,269万421円、前年度対比984万8,129円の増で、不用額579円でございます。19−41後期高齢者支援金が前年度対比973万3,701円の増となっております。


 2目後期高齢者関係事務費拠出金、予算現額2万円に対し支出済額1万9,416円、前年度対比646円の増で、不用額584円となっております。


 4款1項1目前期高齢者納付金、予算現額38万9,000円に対し支出済額38万8,338円、前年度対比14万4,323円の増で、不用額662円となっております。


 2目前期高齢者関係事務費拠出金、予算現額1万8,000円に対し支出済額1万7,442円、前年度対比3,761円の減で、不用額558円でございます。


 5款1項老人保健拠出金。次のページをお願いします。1目老人保健医療費拠出金、予算現額1,326万9,000円に対し支出済額1,326万8,496円、前年度対比1,094万5,824円の減で、不用額504円でございます。


 2目老人保健事務費拠出金、予算現額1万1,000円に対し支出済額1万742円、前年度対比23万7,302円の減で、不用額258円でございます。


 6款1項1目介護納付金、予算現額5,541万9,000円に対し支出済額5,541万8,886円、前年度対比490万7,799円の減で、不用額114円でございます。


 7款1項共同事業拠出金、1目高額医療費共同事業拠出金、予算現額2,677万2,000円に対し支出済額2,558万6,005円、前年度対比281万2,989円の増で、不用額118万5,995円でございます。国保連合会を事業主体として高額医療費80万円以上に対する事業で、市町村が国保連合会に拠出するものでございます。


 2目は支出はございませんでした。


 3目保険財政共同安定化事業拠出金、予算現額1億1,801万3,000円、支出済額1億785万9,258円、前年度対比891万4,679円の増で、不用額1,015万3,742円でございます。1件30万円を超える医療費について市町村の拠出金をもとに共同で財源を確保するものでございます。


 次のページをお願いします。


 8款保健事業費、1項1目特定健康診査等事業費、予算現額985万4,000円に対し支出済額659万3,181円前年度対比40万5,074円の増で、不用額326万819円でございます。07−11臨時職員賃金30万5,400円は、保健師の賃金で、前年度対比24万5,400円の増となっております。13−11健康診査等委託料は675名の方が受診されました。2項保健事業費、1目保健衛生普及費、予算現額43万7,000円に対し支出済額40万3,412円、前年度対比1万1,765円の減で、不用額3万3,588円でございます。医療費通知を2カ月ごとに通知して、医療費に対する理解をしてもらうことを目的に実施しております。


 疾病予防費、予算現額156万9,000円に対し支出済額84万1,286円、前年度対比3万2,133の増で、不用額72万7,714円でございます。13−15生活習慣病予防事業委託料は、血液のさらさら度のチェックをする事業を行いました。


 9款1項基金積立金、1目保険給付費支払準備基金積立金、予算現額、支出済額とも66万3,000円、前年度対比1万7,000円の減でございます。


 次のページをお願いします。


 10款公債費、1項一般公債費、1目利子、予算現額5万円に対し支出済額1万2,657円、不用額3万7,343円、23−01一時借入金利子は、一時借り入れを1回行ったときの利子でございます。


 11款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目一般被保険者保険税還付金は予算現額、支出済額とも62万7,483円、前年度対比15万109円の増でございます。


 2目退職被保険者等保険税還付金、予算現額3万円に対し支出済額2,817円、前年度対比3万1,674円の減で、不用額2万7,183円でございます。


 3目一般被保険者還付加算金と4目については、支出はございませんでした。


 次のページをお願いします。


 5目国庫支出金返納金、予算現額640万6,000円に対し支出済額640万5,080円、前年度対比274万6,506円の増で、不用額920円でございます。


 6目療養給付費返納金は、支出はございませんでした。


 7目高額療養費特別支給金は新規のもので、予算現額22万2,000円に対し支出済額1万3,462円、不用額20万8,538円でございます。


 12款1項1目予備費は32万7,483円を充用しましたので、1,998万6,517円の不用額となりました。


 以上、歳出合計は支出済額12億3,928万4,510円、前年度対比1億199万2,845円の増で、不用額6,728万1,490円でございます。


 次ページからは実質収支に関する調書、基金の関係等について掲載してございますので、ごらんいただきたいと思います


 以上で説明を終わらせていただきます。ご承認くださいますよう、よろしくお願いいたします。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


 質疑はございませんか。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


○(議長)  よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は、原案のとおり認定することに賛成の方は、起立願います。


 (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「決算の認定について(平成21年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(事業勘定)決算)については、認定することに決定しました。


○(議長)  日程第3、認定第3号「決算の認定について(平成21年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施設勘定)決算)の件を議題とします。


○(議長)  本案について、提出者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  認定第3号は、平成21年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施設勘定)の決算の認定についてであります。


 去る7月1日に、会計管理者より提出があり、8月の4日、5日、6日、10日の4日間において、監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものであります。


 詳細につきましては、会計管理者に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を会計管理者に求めます。


○(会計課長)  それでは、認定第3号は、平成21年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施設勘定)歳入歳出決算でございます。


 257ページをお願いします。


 歳入です。


 1款診療収入、調定、収入済額とも2億1,589万9,886円、前年度対比6万4,174円の増、1項外来収入、調定、収入済額とも2億1,185万8,856円、前年度対比34万5,708円の減、2項その他の診療収入、調定、収入済額とも404万1,030円、前年度対比40万9,882円の増でございます。


 2款使用料及び手数料、1項手数料、調定、収入済額とも58万5,780円で、前年度対比5万9,510円の減。


 3款繰入金、1項他会計繰入金、調定、収入済額とも4,905万6,000円、前年度対比249万円の減。


 4款1項繰越金、調定、収入済額とも334万4,414円、前年度対比72万3,029円の増。


 5款諸収入、1項雑入は調定、収入済額とも70万7,324円、前年度対比43万9,093円の増となっております。


 以上、歳入合計は調定、収入済額とも2億6,959万3,404円、前年度対比132万3,214円の減でございます。


 次のページをお願いします。


 歳出です。


 1款総務費、1項施設管理費、予算現額1億3,321万3,750円、支出済額1億3,135万2,273円、前年度対比275万9,091円の減で、不用額186万1,477円。


 2款1項医業費、予算現額1億985万2,500円、支出済額1億529万7,573円、前年度対比298万4,816円の減で、不用額455万4,927円でございます。


 3款1項公債費、予算現額2,490万3,000円、支出済額2,479万2,050円、前年度対比5万6,991円の減で、不用額11万950円でございます。


 4款1項予備費、予算現額13万7,750円がそのまま不用額となっております。


 以上、歳出合計、支出済額2億6,144万1,896円、前年度対比580万898円の減で、不用額666万5,104円、歳入歳出差引残額815万1,508円、前年度対比480万7,094円の増でございます。


 次のページをお願いします。


 事項別明細書、歳入でございます。


 1款診療収入、1項外来収入、1目国民健康保険診療報酬収入、1節現年度分、調定、収入済額とも4,811万7,912円、前年度対比287万686円の減で、診療件数4,873件、前年度対比140件の減で、減の要因は、国保の75歳以上の方が3目後期高齢者医療へ移行したものによるものです。2節未収繰越分は収入はございませんでした。


 2目社会保険診療報酬収入、1節現年度分、調定、収入済額とも4,126万1,994円、前年対比8万1,608円の増で、診療件数4,428件、前年度対比96件の減でございます。


 2節未収繰越分は収入はございませんでした。


 3目後期高齢者診療報酬収入、1節現年度分、調定、収入済額とも8,627万7,162円、前年度対比126万5,844円の増で、診療件数5,258件、前年度対比237件の増でございます。2節未収繰越分は収入はございませんでした。


 4目一部負担金収入、1節現年度分、調定、収入済額とも2,649万12円、前年度対比104万8,751円の減。2節未収繰越分は収入はございませんでした。


 5目その他の診療報酬収入、1節現年度分、調定、収入済額とも971万1,776円、前年度対比222万6,277円の増で、診療件数3,120件、前年度対比705件の増で、季節・新型インフルエンザ注射とがん免疫細胞療法により増になったものでございます。2節未収繰越分は収入はございません。


 2項その他の診療収入、1目諸検査等収入、1節健康診断料、調定、収入済額とも404万1,030円、前年度対比40万9,882円の増でございます。健康診断料で、件数は538件、前年度対比64件増で、会社受診が増えたことによるものでございます。


 2款使用料及び手数料、1項1目1節手数料、調定、収入済額とも58万5,780円、前年度対比5万9,510円の減でございます。


 3款繰入金、1項他会計繰入金、次のページをお願いします。1目1節一般会計繰入金、調定、収入済額とも4,905万6,000円、前年度対比249万円の減で、医療用機械が350万8,000円の増で、03財政事情によるが598万2,000円の減となっております。


 4款1項1目繰越金、1節前年度繰越金、調定、収入済額とも334万4,414円、前年度対比72万3,029円の増でございます。


 5款諸収入、1項1目1節雑入は調定、収入済額とも70万7,324円、前年度対比43万9,093円の増で、03その他の44万93円の増は、院内から院外処方せんに変更するに当たり、開封されている薬の売上代でございます。


 以上、歳入合計は調定、収入済額とも2億6,959万3,404円、前年度対比132万3,214円の減でございます。


 次のページをお願いします。


 歳出です。


 1款総務費、1項施設管理費、1目一般管理費、予算現額1億3,311万2,750円に対し支出済額1億3,126万3,475円、前年度対比273万709円の減で、不用額184万9,275円でございます。看護師1名が中途退職したことによる人件費の減と、次の267ページをお願いします。備考欄中段、13−24X線自動現像機点検委託料5万5,000円は新規で、隔年点検委託しているものでございます。13−26患者情報連携システム作成委託料31万5,000円も新規のもので、X線画像処理機に受付レセコンから患者情報を送るシステムでございます。14−62X線画像処理機借上料91万6,652円は、前年度対比43万5,464円が増になっております。


 次のページをお願いします。上から7段目、中段14−99マイクロ波治療器借上料6万8,292円、15−02X線画像モニター配線工事9万9,582円は新規による増でございます。10の施設管理経費、11−51、光熱水費424万9,389円は前年度対比43万6,390円の減で、電気料の減でございます。


 次のページをお願いします。上から3段目、13−35清掃業務委託料233万6,714円、前年度対比25万5,432円の減で、一括入札したことによる減でございます。15−07高圧受変電設備補修工事49万8,750円は新規による増でございます。電気料金が低減となり、無効となる電力が減少することで、省エネルギーにもつながる工事でございます。


 2目財産管理費、予算現額10万に対し支出済額8万8,798円、前年度対比2万8,382円の減で、不用額1万1,202円でございます。11−61修繕料で、街灯絶縁不良、エレベーターのバッテリー不良の修理をしたものでございます。


 3目諸費は支出はございませんでした。


 2款1項医業費、1目医療用機械器具費、予算現額112万1,500円に対し支出済額91万2,830円、前年度対比9万660円の増で、不用額20万8,670円でございます。備考欄11−61修繕料は、X線撮影装置高圧ケーブル交換と電子内視鏡修繕で、前年度対比17万1,832円の増と13−11酸素供給装置保守料は1名、11カ月分でございます。前年度ありました在宅人工呼吸器保守委託料47万4,400円が減となっております。


 2目医療用消耗器材費、予算現額144万6,000円に対し支出済額130万9,622円、前年度対比2万8,925円の減で、不用額13万6,378円でございます。


 次の273ページをお願いします。上段、備考欄11−41印刷製本費6万2,690円、これは薬の袋の印刷代で、前年度対比2万4,360円の減となっております。


 3目医薬品衛生材料費、予算現額1億728万5,000円に対し支出済額1億307万5,121円、前年度対比304万6,551円の減で、不用額420万9,879円でございます。主な減額は備考欄11−81薬品代372品目、前年度対比294万1,432円の減でございます。


 3款1項公債費、1目元金、予算現額1,633万1,000円に対し支出済額1,633万856円、前年度対比33万6,629円の増で、不用額144円でございます。病院事業債でございます。


 2目利子、予算現額857万2,000円に対し支出済額846万1,194円、前年度対比39万3,620円の減で、不用額11万806円となっております。23−02一時借入金利子13万5,766円は、さがみ信金から2件、一時借り入れをしたものでございます。


 4款1項1目予備費は45万1,250円を充用し、不用額13万7,750円となっております。


 以上、歳出合計は支出済額2億6,144万1,896円、前年度対比580万898円の減で、不用額666万5,104円でございます。


 次ページからは実質収支に関する調書、基金の関係について掲載してございますので、ごらんいただきたいと思います。


 以上で説明を終わらせていただきます。ご承認くださいますよう、よろしくお願いします。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


 質疑はございませんか。


○5番議員(青木 繁)  ページ数、274ページ、町債の償還元金について、現在、どのぐらい残高が残っているのか、教えてもらいたいと思います。


○(診療所事務長)  病院事業債として、平成10年、11年にお借りしたんですが、お借りした額が4億7,800万、平成21年度に支払い終わりますと、残りが3億8,


 538万8,403円でございます。ちなみに支払った額が9,261万1,597円となります。


 以上でございます。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


○(議長)  よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は、原案のとおり認定することに賛成の方は、起立願います。


 (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「決算の認定について(平成21年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施設勘定)決算)」については、認定することに決定しました。


○(議長)  暫時休憩いたします。


         (休憩 午後2時27分)


         (再開 午後2時40分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  日程第4、認定第4号「決算の認定について(平成21年度真鶴町老人保健医療特別会計決算)」の件を議題とします。


○(議長)  本案について、提出者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  認定第4号は、平成21年度真鶴町老人保健医療特別会計決算の認定についてであります。


 去る7月1日に、会計管理者より提出があり、8月の4日、5日、6日、10日の4日間において、監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものであります。


 詳細につきましては、会計管理者に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を会計管理者に求めます。


○(会計課長)  それでは、認定第4号は、平成21年度真鶴町老人保健医療特別会計歳入歳出決算でございます。


 281ページをお願いします。


 初めに、老人保健医療会計予算は、医療制度改革に伴う20年度後期高齢者医療制度の開始により、老人保健医療制度は、診療報酬等の請求権の時効が3年のため、22年度まで存続となるものでございます。


 歳入です。


 1款、2款については、収入がございませんでした。


 3款、県支出金、1項県負担金、調定、収入済額とも3万449円、前年度対比755万7,976円の減。


 4款繰入金、1項一般会計繰入金は調定、収入済額とも16万9,000円、前年度対比1,039万8,000円の減。


 5款1項繰越金、調定、収入済額とも1,160万6,264円、前年度対比1,160万6,264円の増でございます。


 6款諸収入、1項雑入は調定、収入済額とも10万798円、前年対比7,664円の増となっております。


 以上、歳入合計は収入済額1,190万6,511円、前年度対比1億931万1,536円の減となっております。


 次のページをお願いします。


 歳出です。


 1款1項医療諸費、予算現額226万1,000円、支出済額3万4,879円で、前年度対比8,744万3,492円の減で、不用額222万6,121円。


 2款諸支出金、予算現額1,164万5,000円、支出済額1,164万3,224円、前年度対比1,068万7,110円の増で、不用額1,776円。1項償還金、支出済額766万4,684円、2項繰出金、支出済額397万8,540円。


 3款1項予備費は予算現額4,000円がそのまま不用額となっております。


 以上、歳出合計は支出済額1,167万8,103円、前年度対比9,793万3,680円の減で、不用額223万1,897円、歳入歳出差引残額22万8,408円、前年度対比1,137万7,856円の減でございます。


 285ページをお願いします。


 事項別明細書、歳入です。


 1款、2款については、収入はございませんでした。


 3款県支出金、1項県負担金、1目医療費負担金、1節現年度分、調定、収入済額とも3万449円、前年度対比755万7,976円の減。


 4款繰入金、1項1目1節一般会計繰入金は調定、収入済額とも16万9,000円、前年度対比1,039万8,000円の減。


 5款1項1目1節繰越金、調定、収入済額とも1,160万6,264円、前年度対比1,160万6,264円の増で、前年度繰越金です。


 6款諸収入、1項1目雑入は、1節、2節は収入はございませんでした。


 次のページをお願いします。3節雑入は調定、収入済額とも10万798円、前年度対比7,664円の増で、02過誤調整による返還金でございます。


 以上、歳入合計は収入済額1,190万6,511円、前年度対比1億931万1,536円の減でございます。


 次のページをお願いします。


 歳出です。


 1款1項医療諸費、1目医療給付費、予算現額167万円に対し支出済額3万4,434円、前年度対比8,310万8,326円の減で、不用額163万5,566円でございます。


 2目は支出ございませんでした。


 3目審査支払手数料、予算現額1,000円に対し支出済額445円、前年度対比26万9,636円の減で、不用額555円でございます。


 2款諸支出金、1項1目償還金、予算現額766万6,000円に対し支出済額766万4,684円、前年度対比762万6,203円の増で、不用額316円でございます。


 2目還付金は支出はございませんでした。


 2項繰出金、1目一般会計繰出金、予算現額397万9,000円に対し支出済額397万8,540円、前年度対比306万907円の増で、不用額460円でございます。


 3款1項1目予備費、予算現額4,000円がそのまま不用額となっております。


 以上、歳出合計は支出済額1,167万8,103円、前年度対比9,793万3,680円の減で、不用額223万1,897円でございます。


 次ページに実質収支に関する調書が掲載してございますので、ごらんいただきたいと思います。


 以上で説明を終わらせていただきます。ご承認くださいますよう、よろしくお願いします。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


 質疑はございませんか。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


○(議長)  よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は、原案のとおり認定することに賛成の方は、起立願います。


            (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「決算の認定について(平成21年度真鶴町老人保健医療特別会計決算)」については、認定することに決定しました。


○(議長)  日程第5、認定第5号「決算の認定について(平成21年度真鶴町下水道事業特別会計決算)」の件を議題とします。


○(議長)  本案について、提出者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第5号は、平成21年度真鶴町下水道事業特別会計の決算の認定についてであります。


 去る7月1日に、会計管理者より提出があり、8月の4日、5日、6日、10日の4日間において、監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものであります。


 詳細につきましては、会計管理者に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を会計管理者に求めます。


○(会計課長)  認定第5号は、平成21年度真鶴町下水道事業特別会計歳入歳出決算でございます。


 歳入です。


 1款分担金及び負担金、1項負担金、調定、収入済額とも42万5,000円、前年度対比10万円の減。


 2款使用料及び手数料、1項使用料、調定額948万8,250円、収入済額931万6,274円、前年度対比245万1,104円の増で、収入未済額17万1,976円でございます。2項手数料、調定、収入済額とも12万5,000円、前年度対比9万7,000円の増。


 3款国庫支出金、1項国庫補助金、調定、収入済額とも1,673万円、前年度対比757万円の減でございます。


 4款県支出金、1項県補助金、調定、収入済額とも270万1,000円、前年度対比20万5,000円の増。


 5款繰入金、1項他会計繰入金、調定額1億2,949万9,000円、収入済額1億2,809万9,000円、前年度対比718万6,000円の増で、収入未済額140万円につきましては、マンホール上部補修工事に係る繰越明許分でございます。


 6款1項繰越金、調定、収入済額とも406万5,852円、前年度対比216万6,310円の減。


 7款は収入はございませんでした。


 8款1項町債、調定、収入済額とも2,160万円、前年度対比1,090万円の減。


 以上、歳入合計は収入済額1億8,306万2,126円、前年度対比1,387万6,367円の減でございます。


 次のページをお願いします。


 歳出です。


 1款総務費、1項下水道総務費、予算現額5,036万9,480円、支出済額4,775万4,354円、前年度対比294万6,470円の減で、翌年度繰越額170万円は、きめ細かな臨時交付金事業に伴う繰越明許分です。不用額91万5,126円となっております。


 2款1項事業費、予算現額6,388万9,900円、支出済額6,303万6,620円、前年度対比1,506万1,335円の減で、不用額85万3,280円。


 3款1項公債費、予算現額7,002万円、支出済額6,954万7,637円、前年度対比547万3,775円の増で、不用額47万2,363円となっております。


 4款1項予備費は620円が、そのまま不用額となっております。


 以上、歳出合計は予算現額1億8,428万、支出済額1億8,033万8,611円、前年度対比1,253万4,030円の減で、前年度繰越額170万円、不用額224万1,389円、歳入歳出差引残額272万3,515円は前年度対比134万2,337円の減でございます。


 次ページをお願いします。


 事項別明細書、歳入です。


 1款分担金及び負担金、1項負担金、1目受益者負担金、1節下水道事業受益者負担金、調定、収入済額とも42万5,000円、前年度対比10万円の減でございます。2年未満の2万5,000円が3件分で、3年未満の5万円が7件分でございます。


 2款使用料及び手数料、1項使用料、1目1節下水道使用料、調定額941万9,400円、収入済額928万8,064円、前年度対比244万2,964円の増で、収入未済額は13万1,336円は13件分でございます。なお、22年の3月31日現在で下水道使用世帯数は207世帯となっております。2節滞納繰越分、調定額6万8,850円、収入済額2万8,210円、前年度対比8,140円の増で、収入未済額4万640円は5件分でございます。


 2項手数料、1目1節下水道手数料、調定、収入済額とも12万5,000円、前年度対比9万7,000円の増。


 3款国庫支出金、1項国庫補助金、1目下水道費国庫補助金、1節下水道費補助金は調定、収入済額とも1,673万円、前年度対比757万円の減でございます。


 4款県支出金、1項県補助金、1目下水道費県補助金、1節下水道費補助金は調定、収入済額とも270万1,000円、前年度対比20万5.000円の増となっております。


 次のページをお願いします。


 5款繰入金、1項他会計繰入金、1目1節一般会計繰入金は調定額1億2,949万9,000円、収入済額1億2,809万9,000円、前年度対比718万6,000円の増で、収入未済額140万円は繰越明許に係るものです。


 6款1項1目繰越金、1節前年度繰越金、調定、収入済額とも406万5,852円、前年度対比216万6,310円の減となっております。


 7款は収入ございませんでした。


 8款1項町債、1目下水道債、1節公共下水道債。調定、収入済額とも2,160万円、前年度対比1,090万円の減でございます。


 以上、歳入合計は収入済額1億8,306万2,126円、前年度対比1,387万6,376円の減で、収入未済額157万1,976円でございます。


 次のページをお願いします。


 歳出です。


 1款総務費、1項下水道総務費、1目一般管理費、予算現額3,163万3,480円に対し支出済額3,147万6,909円、前年度対比285万3,989円の減で、不用額15万6,571円でございます。備考欄00一般経費3,067万6,793円は前年度対比315万6,027円の減で、主なものは会計間異動による人件費の減と、次のページをお願いします。27−91消費税及び地方消費税27万480円が増になったためでございます。


 2目施設管理費、予算現額1,467万円に対し支出済額1,221万1,593円、前年度対比515万2,830円の増で、繰越明許費170万円、不用額75万8,407円でございます。主なものは要因は、10の施設維持管理費、11−61、98万9,940円は、前年度対比87万248円の増で、3カ所のマンホール上部修繕工事を行ったものでございます。19−11下水処理負担金、これは湯河原町への負担金で、651万4,320円は前年度対比468万2,344円の増となっております。


 3目一般会計繰出金、予算現額406万6,000円に対し支出済額406万5,852円、前年度対比524万5,311円の減で、不用額148円でございます。前年度繰越金の確定により算出されたものでございます。


 2款1項事業費、1目下水道整備費、予算現額6,388万9,900円に対し支出済額6,303万6,620円、前年度対比1,506万1,6335円の減で、不用額85万3,280円でございます。主な減の要因は次の304ページをお願いします。備考欄、13−24真鶴町公共下水道事業関連図書作成業務委託料22万8,900円は新規のもので、15−01公共下水道管渠築造工事4,383万7,500円は前年度対比2,054万8,500円の減で、5区間の管渠築造工事を行ったものでございます。19−12道路掘削時監督事務費7万5,000円は新規で、県道739号線、情報センター前の管渠築造工事公共分割に伴う負担金です。


 3款1項公債費、1目元金、予算現額3,828万9,000円に対し支出済額3,828万8,391円、前年度対比544万988円の増で、不用額609円でございます。23−01町債償還元金は30件分でございます。


 2目利子、予算現額3,173万1,000円に対し支出済額3,125万9,246円、前年度対比3万2,787円の増で、不用額47万1.754円でございます。23−01町債償還利子45件分でございます。


 4款1項1目予備費は49万9,380円を充用し、620円が不用額となっております。


 以上、歳出合計は支出済額1億8,033万8,611円、前年度対比1,253万4,030円の減で、繰越明許費170万円、不用額224万1,389円でございます。


 次ページからは実質収支に関する調書、財産に関する調書について掲載してございますので、ごらんいただきたいと思います。


 以上で説明を終わらせていただきます。ご承認くださいますよう、よろしくお願いいたします。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


 質疑はございませんか。


○6番議員(岩本克美)  こちらの方も町債の現在高を明らかにしていただきたいと思います。


○(上下水道課長)  現在ですが、借入総額が15億5,000万円、それに対しまして現在残っている未償還元金が13億3,893万9,038円となっております。


 以上です。


○12番議員(黒岩宏次)  303ページの下水道の処理負担金なんだけれども、今回、651万4,000円ちょっとということで、前回よりも大幅に増えていますよね。前回は183万円、約。ですから、この増えた理由というか、その辺について、ちょっと説明を詳しくお願いします。


○(上下水道課長)  処理負担金につきましては、それぞれ、その土地によりまして量でやっています。ですので、翌年が精算ということになりますので、実際の実績、当年度実績額に基づいて、その翌年に精算するということで、毎年一定ではございません。そういったことから、20年度、21年度の額の違いが出るというようなことになりますが。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


○(議長)  よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は、原案のとおり認定することに賛成の方は、起立願います。


            (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「決算の認定について(平成21年度真鶴町下水道事業特別会計決算)」については、認定することに決定しました。


○(議長)  日程第6、認定第6号「決算の認定について(平成21年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計決算)」の件を議題とします。


○(議長)  本案について、提出者から議案理由の説明を求めます。


○(町長)  認定第6号は、平成21年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計決算の認定についてであります。


 去る7月1日に、会計管理者より提出があり、8月の4日、5日、6日、10日の4日間において、監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものであります。


 詳細につきましては、会計管理者に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を会計管理者に求めます。


○(会計課長)  それでは、認定第6号は、平成21年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計歳入歳出決算でございます。


 310ページをお願いします。


 歳入です。


 1款使用料及び手数料、1項使用料は調定、収入済額とも359万3,500円、前年度対比18万1,000円の増。


 2款財産収入、1項財産運用収入は調定額378万円、収入済額367万5,000円、前年度対比10万5,000円の減。


 2項財産売払収入は調定、収入済額とも1億7,062万5,346円、前年度対比1,258万1,629円の減でございます。


 3款繰入金、1項基金繰入金、調定、収入済額とも1,650万円、前年度対比350万円の増。


 4款1項繰入金、調定、収入済額とも427万4,656円、前年度対比574万5,132円の減となっております。


 5款諸収入、1項預金利子は収入はございませんでした。2項雑入、調定、収入済額とも1.530円、前年度対比4,329円の減となっております。


 以上、歳入合計は調定額1億9,877万5,032円、収入済額1億9,867万32円、前年度対比1,475万5,153円の減でございます。


 次のページをお願いします。


 歳出です。


 1款1項魚座運営費、予算現額1億725万4,824円、支出済額9,985万1,476円、前年度対比614万2,067円の減で、不用額740万3,348円。


 2款1項ケープ真鶴運営費、予算現額8,366万817円、支出済額7,946万1,530円、前年度対比268万4,687円の減で、不用額419万9,287円。


 3款1項公債費、予算現額601万1,000円、支出済額601万769円は前年と同額でございます。


 4款諸支出金、1項繰出金、予算現額、支出済額とも1,000万円、前年度対比500万円の減でございます。


 5款1項予備費は予算現額166万8,359円がそのまま不用額となっております。


 以上、歳出合計は支出済額1億9,532万3,775円、前年度対比1,382万6,754円の減で、不用額1,327万1,225円。歳入歳出差引残額334万6,257円で、前年度対比92万8,399円の減となっております。


 次のページをお願いします。


 事項別明細書、歳入でございます。


 1款使用料及び手数料、1項使用料、1目魚座使用料、1節施設使用料調定、調定、収入済額とも140万7,000円は前年と同額です。


 2目1節駐車場使用料、調定、収入済額とも128万6,500円、前年度対比18万1,000円の増。


 3目ケープ真鶴使用料、1節施設使用料、調定、収入済額とも90万円は前年と同額です。


 2款財産収入、1項財産運用収入、1目財産貸付収入、1節土地建物貸付収入は調定額378万円、収入済額367万5,000円、前年度対比10万5,000円の減で、収入未済額10万5,000円、魚座店舗貸付料、6店舗分でございます。


 2項財産売払収入、1目生産品売払収入、1節物品売払収入は調定、収入済額とも5,474万4,496円、前年度対比546万7,889円の減で、2節食堂売上収入、調定、収入済額とも1億1,588万850円、前年度対比711万3,740円の減となっております。


 3款繰入金、1項基金繰入金、1目1節魚座・ケープ真鶴運営基金繰入金、調定、収入済額とも1,650万円、前年度対比350万円の増で、魚座・ケープ真鶴運営基金繰入金でございます。


 316ページをお願いします。


 4款1項1目繰越金、1節前年度繰越金、調定、収入済額とも427万4,656円、前年度対比574万5,132円の減でございます。


 5款諸収入、1項1目預金利子は収入ございませんでした。


 2項1目1節雑入、調定、収入済額とも1,530円、前年度対比4,932円、その他で、廃油回収売払金でございます。


 以上、歳入合計は調定額1億9,877万5,030円、収入済額1億9,867万32円、前年度対比1,475万5,153円の減で、収入未済額10万5,000円でございます。


 次の318ページをお願いします。


 歳出です。


 1款1項魚座運営費、1目一般管理費、予算現額1,810万8,824円に対し支出済額1,514万2,383円、前年度対比383万6,667円の減で、不用額296万6,441円でございます。主な要因は、11−51光熱水費514万2,564円が前年度対比56万4,821円の減、中段の13−25昇降機設備保守管理委託料23万9,400円は前年度対比18万9,000円の減で、27−91消費税及び地方消費税282万500円、前年度対比33万3,500円の減でございます。下段の20特別企画事業52万8,583円は新規のもので、観光客を当町に誘致する目的でお林展望公園において実施されました木曽馬とのふれあいやポニーとの乗馬体験等2回実施し、約400名の方が参加されました。


 次の320ページをお願いします。備考欄30魚座修繕事業136万5,824円は前年度対比292万8,960円の減で、主な要因としまして、前年度ありました店舗棟の屋根補修と防水工事の減で、11−61修繕料は駐車場浄化槽ふたの修繕と施設管理の修繕11件分でございます。


 2目食堂運営費、予算現額8,914万6,000円に対し支出済額8,470万9,093円、前年度対比230万5,403円の減で、不用額443万6,907円でございます。10の食堂運営事業の中の11−11消耗品費155万3,990円、前年度対比35万1,019円の減で、11−71賄材料費4,127万979円は、前年度対比200万819円の減でございます。12−45両替手数料1万3,680円は新規の増で、つり銭の準備に係るものでございます。


 2款1項ケープ真鶴運営費、1目一般管理費、予算現額2,095万2,817円、支出済額2,016万9,092円、前年度対比109万9,565円の増で、不用額78万3,725円でございます。01−41管理員報酬650万391円、前年度対比180万237円の減は、清掃員1名分を清掃委託事業にしたための減になっております。


 次の322ページをお願いします。上から8段目の11−61修繕料202万1,817円は、前年度対比83万1,568円の増となっておりますが、シーフロント桟橋修繕工事97万7,500円、ケープ真鶴1階男子トイレ換気ファン交換工事48万3,000円等の増によるものでございます。下から10段目、13−32清掃業務委託料197万6,234円は新規による増でございます。次も新規で、15−02工事請負費49万9,800円は、音響設備設置工事費でございます。


 2目食堂等運営費、予算現額6,270万8,000円に対し支出済額5,929万2,438円、前年度対比378万4,252円の減で、不用額341万5,562円でございます。10の食堂等運営事業、前年度対比38万28円の減でございます。


 次の324ページをお願いします。11−71賄材料費860万3,305円、前年度対比32万5,047円の減で、12−42も両替手数料5,355円は新規で、つり銭の関係で発生したものでございます。20の物品販売事業の11−11消耗品費3,577万73円、前年度対比351万8,569円の減は、物品販売の減による仕入れ消耗品の減でございます。14−61レジスター借上料11万4,345円は、新規に借り上げをしたものでございます。


 3款1項公債費、1目元金は予算現額503万4,000円、支出済額503万3,925円、前年度対比14万6,619円の増で、不用額75円で、町債償還元金でございます。


 2目利子は予算現額97万7,000円に対し支出済額97万6,844円、前年度対比14万6,619円の減で、不用額156円で、町債償還利子でございます。


 4款諸支出金、1項繰出金、1目一般会計繰出金、予算現額、支出済額とも1,000万円、前年度対比500万円の減となっております。


 5款1項1目予備費は66万6,641円を充用し166万8,359円が不用額となっております。


 以上、歳出合計は支出済額1億9,532万3,775円、前年度対比1,382万6,754円の減で、不用額1,327万1,225円でございます。


 次ページからは実質収支に関する調書、基金の関係等について掲載してございますので、ごらんいただきたいと思います。


 以上で説明を終わらせていただきます。ご承認くださいますよう、よろしくお願いいたします。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


 質疑はございませんか。


○2番議員(村田知章)  315ページの魚座の売上収入、ケープ真鶴も食堂のですね。これ、魚座の方が535万ぐらい、ケープ真鶴の方が175万ぐらい売り上げが減ってきていますが、減ってきている理由とか、そういうのは分析されているんでしょうか。


○(産業観光課長)  ここ3年ぐらいの統計でいきますと、年々減ってきておるという状況にあります。何が原因かという一つの原因ではないかと思いますが、経済的な不況ということもございますし、町全体に入ってくる観光客も多少ですが、減って要いる状況でございますので、その辺が影響があるのかなということで考えております。


○12番議員(黒岩宏次)  財産貸付収入で、これは魚座のところにある売店だと思うんですけれども、1件、10万5,000円ですか、収入未済額ということで、昨年まではこういうのはなかったんですけれども、この業者との関係は、今、どういうふうになっているのか、どういうふうな指導をされているのか、その辺、説明をお願いします。


○(産業観光課長)  魚座の店舗棟が1件、昨年度2カ月分が納入されていないということで、今年度に入りまして、早速督促をいたしまして、昨年度分は今年度中に入ったんです。そういう状況でございます。今年度については、まだちょっと入っていないという状況で、督促、それから催促の文書等も出しております。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか


         (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


○(議長)  よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は、原案とおり認定することに賛成の方は、起立願います。


            (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「決算の認定について(平成21年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計決算)」については、認定することに決定しました。


○(議長)  暫時休憩いたします。


         (休憩 午後3時24分)


         (再開 午後3時40分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  日程第7、認定第7号「決算の認定について(平成21年度真鶴町介護保険事業特別会計決算)」の件を議題とします。


○(議長)  本案について、提出者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  認定第7号は、平成21年度真鶴町介護保険事業特別会計決算の認定についてであります。


 去る7月1日に、会計管理者より提出があり、8月の4日、5日、6日、10日の4日間において、監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものであります。


 詳細につきましては、会計管理者に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を会計管理者に求めます。


○(会計課長)  認定第7号は、平成21年度真鶴町介護保険事業特別会計歳入歳出決算でございます。


 332ページをお願いします。


 歳入です。


 1款保険料、1項介護保険料、調定額1億1,036万7,660円、収入済額1億407万8,690円、前年度対比837万3,120円の増で、不納欠損額26万2,460円、収入未済額602万6,510円でございます。


 2款使用料及び手数料、1項手数料、調定、収入済額とも4万3,600円、前年対比1万2,000円の減でございます。


 3款国庫支出金、1項国庫負担金、調定、収入済額とも9,452万1,825円、前年度対比886万4,825円の増。2項国庫補助金、調定、収入済額とも2,726万200円、前年度対比353万5,860円の減でございます。


 4款1項支払基金交付金、調定、収入済額とも1億6,694万8,294円、前年度対比1,014万3,683円の増でございます。


 5款県支出金、1項県負担金、調定、収入済額とも8,362万9,079円、前年度対比523万1,910円の増。2項県補助金、調定、収入済額とも162万8,100円、前年度対比3万8,375円の増でございます。


 6款繰入金、1項一般会計繰入金、調定、収入済額とも1億1,367万5,000円、前年度対比147万3,000円の減。2項基金繰入金、調定、収入済額とも1,198万2,000円、前年度対比34万5,000円の増。


 7款1項繰越金、調定、収入済額とも705万1,630円、前年度対比242万7,543円の減となっております。


 8款諸収入、1項延滞金加算金及び過料は、収入はございませんでした。2項雑入、調定、収入済額とも882円、前年度対比3,150円の減でございます。


 以上、歳入合計は収入済額6億1,081万9,300円、前年度対比2,554万5,360円の増で、収入未済額602万6,510円でございます。


 次の334ページをお願いします。


 歳出でございます。


 1款総務費、予算現額4,322万4,250円、支出済額4,240万536円、前年度対比749万6,002円の減で、不用額82万3,714円。1項総務管理費、支出済額3,571万9,552円、2項徴収費、支出済額132万3,181円、3項介護認定審査会費、支出済額535万7,803円。


 2款保険給付費、予算現額5億5,243万2,591円、支出済額5億5,210万5,694円、前年度対比4,894万3,455円の増で、不用額32万6,897円。1項介護サービス等諸費、支出済額4億9,209万8,591円、2項介護予防サービス等諸費、支出済額2,867万4,446円、3項その他諸費、支出済額51万2,070円、4項高額介護サービス等費、支出済額855万9,514円。5項は新規のもので、高額医療合算介護サービス等費は収入がございませんでした。6項特定入所者介護サービス等費、支出済額2,226万1,073円。


 3款地域支援事業費、予算現額895万7,000円、支出済額865万4,024円、前年度対比17万7,177円の減で、不用額30万2,976円。1項介護予防事業費、支出済額212万3,389円、2項包括的支援事業任意事業費、支出済額653万635円。


 4款、5款は収入はございませんでした。


 6款諸支出金、予算現額267万6,650円、支出済額267万3,718円、前年度対比26万596円の減で、不用額2,932円。1項償還金及び還付加算金、支出済額121万7,696円、2項繰出金、支出済額145万6,022円。


 7款1項予備費は85万4,509円が不用額となっております。


 次の336ページをお願いします。


 以上、歳出合計は支出済額6億583万3,972円、前年度対比2,761万1,622円の増で、不用額1,186万3,028円、前年度対比206万6,302円の減となっております。歳入歳出差引残額498万5,328円です。


 次のページをお願いします。


 事項別明細書、歳入です。


 1款保険料、1項介護保険料、1目第1号被保険者保険料、1節現年度分特別徴収保険料は調定額9,065万3,870円、収入済額9,082万8,590円、前年度対比812万3,300円の増で、収入未済額がマイナス17万4,720円、現年度分特別徴収保険料で、マイナス17万4,720円の未済額につきましては、国保連合会からの還付通知が21年度処理期限まで届かなかったため、調定額を超えた収入額となっており、22年度で還付処理することとなります。2,291名分の保険料でございます。2節現年度分普通徴収保険料、調定額1,479万4,120円、収入済額1,277万9,300円、前年度対比23万4,170円の増で、収入未済額201万4,820円は75名分です。現年度分普通徴収保険料371名分の保険料で、徴収率は86.38%でございます。3節滞納繰越分普通徴収保険料、調定額491万9,670円、収入済額47万800円、前年度対比1万5,650円の増で、不納欠損額26万2,460円は11件分で、収入未済額418万6,410円は62名分で、徴収率9.57%でございます。


 2款使用料及び手数料、1項手数料、1目1節督促手数料、調定、収入済額とも4万3,600円、前年度対比1万2,000円の減となっております。


 3款国庫支出金、1項国庫負担金、1目介護給付費負担金、1節現年度分、調定、収入済額とも9,408万5,000円、前年度対比842万8,000円の増でございます。2節過年度分、調定、収入済額とも43万6,825円でございます。


 次のページをお願いします。


 2項国庫補助金、1目調整交付金、1節現年度分、調定、収入済額とも2,400万4,000円、前年度対比208万8,000円の増。


 2目地域支援事業介護予防交付金は、1節現年度分、調定、収入済額とも53万5.000円、前年度対比11万7,250円の減。


 3目地域支援事業包括的支援等交付金、1節現年度分、調定、収入済額とも272万1,200円、前年度対比19万4,000円の増でございます。


 4款1項支払基金交付金、1目介護給付費交付金、1節現年度分、調定、収入済額とも1億6,504万7,000円、前年度対比1,032万6,000円の増で、40歳から64歳の2号被保険者が納付している社会保険診療報酬支払基金から介護給付費総額の30%が交付されたものでございます。2節過年度分、調定、収入済額とも125万9,294円、前年度対比113万2,683円の増。


 2目地域支援事業支援交付金、1節現年度分、調定、収入済額とも64万2,000円、前年度対比131万5,000円の減。


 5款県支出金、1項県負担金、1目介護給付費負担金、1節現年度分、調定、収入済額とも8,362万9,079円、前年度対比616万5,028円の増。


 2項県補助金、1目地域支援事業介護予防交付金、1節現年度分、調定、収入済額とも26万7,500円、前年度対比5万8,625円の減でございます。


 2目地域支援事業包括的支援等交付金、1節現年度分、調定、収入済額とも136万600円、前年度対比9万7,000円の増でございます。


 6款繰入金。次のページをお願いします。1項一般会計繰入金、1目介護給付費繰入金、1節現年度分、調定、収入済額とも6,885万4,000円、前年度対比498万7,000円の増。


 2目地域支援事業介護予防繰入金、1節現年度分、調定、収入済額とも26万8,000円、前年度対比6万4,000円の減となっております。


 3目地域支援事業包括的支援等繰入金、1節現年度分、調定、収入済額とも137万4,000円、前年度対比10万6,000円の増でございます。


 4目その他繰入金、1節職員給与費等繰入金、調定、収入済額とも3,388万2,000円、前年度対比530万4,000円の減で、職員5名分の人件費でございます。2節事務費繰入金、調定、収入済額とも929万7,000円、前年度対比119万8,000円の減で、保険料徴収、認定調査、認定事務等運営事務費を繰り入れするものでございます。


 2項基金繰入金、1目1節介護給付費支払基金繰入金、調定、収入済額とも1,053万2,000円、前年度対比110万5,000円の減。


 新規のもので、2目介護従事者処遇改善臨時特例基金繰入金、1節第1号被保険者保険料軽減分繰入金は、調定、収入済額とも145万円。介護保険料の急激な上昇を抑制するためのものでございます。


 7款1項1目繰越金、次のページをお願いします。1節前年度繰越金、調定、収入済額とも705万91,630円、前年度対比242万7,543円の減でございます。


 8款諸収入は収入はございませんでした。


 2項雑入、1目第三者納付金も収入はございませんでした。


 2目1節返納金、調定、収入済額とも36円、高額介護サービス費過払いによる返還金でございます。


 3目1節雑入、調定、収入済額とも846円は、支払利息でございます。


 以上、歳入合計は調定額6億1,710万8,270円、収入済額6億1,081万9,300円、前年度対比2,554万5,360円の増で、不納欠損額26万2,460円、収入未済額602万6,510円でございます。


 次のページをお願いします。


 歳出です。


 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費、予算現額3,583万6,000円に対し支出済額3,571万9,552円、前年度対比727万2,471円の減で、不用額11万6,448円でございます。減の要因は、10月末に職員が1名退職したこと及び異動に伴うものでございます。下段の19−11かながわ福祉サービス振興会負担金等は、県内市町村が介護保険制度等を広く広報するかながわ福祉情報コミュニティのホームページを共同で運営していくための負担金でございます。


 2項徴収費。次の348ページをお願いします。1目賦課徴収費、予算現額143万4,000円に対し支出済額132万3,181円、前年度対比8万9,269円の減で、不用額11万819円でございます。減の主なものは、13−11電算業務委託料105万9,133円は、前年度対比4万5,485円の減と前年度ありました消耗品費3万7,800円の減でございます。


 3項1目介護認定審査会費、予算現額331万3,000円に対し支出済額277万5,000円、前年度対比28万4,000円の減で、不用額53万8,000円でございます。01−31介護認定審査会委員報酬の減で、審査会を年25回開催し、442件を審査したものでございます。


 2目認定調査等費、予算現額264万1,250円に対し支出済額258万2,803円でございます。前年度対比14万9,718円の増で、不用額5万8,447円となっております。12−41手数料は主治医の意見書で、新規分116件、継続分367件、合計483件分でございます。13−11訪問調査委託料38万3,250円、前年度対比14万2,800円の増で、さわやかケア真鶴事業所ほかで115件を委託しています。


 2款保険給付費、1項1目介護サービス等給付費、予算現額、支出済額同額の4億9,209万8,591円、前年度対比3,699万332円の増でございます。


 次のページをお願いします。10の介護サービス等給付費は、施設サービス利用延べ人数1,123人分、在宅サービス利用延べ人数2,699人、地域密着サービス利用延べ人数97人となっております。


 2項介護予防サービス等諸費、1目介護予防サービス等給付費、予算現額2,867万4,446円、支出済額も一緒でございます。前年度対比603万3,155円の増で、介護予防、訪問介護、通所介護、通所リハビリ等の給付費で、利用年間件数は836件となっております。


 3項その他諸費、1目審査支払手数料、予算現額51万8,000円に対し支出済額51万2,070円、前年度対比3万8,025円の増で、7,878件分でございます。


 4項1目高額介護サービス等費、予算現額884万7,000円に対し支出済額855万9,514円で、前年度対比144万1,573円の増で、不用額28万7,486円でございます。前年度1割の自己負担が所得段階区分による一定額を超えたとき公費負担になる制度で、前年度57名から78名と増加しています。


 次のページをお願いします。


 1目、支出はございませんでした。


 6項1目特定入所者介護サービス等費、予算現額、支出済額とも同額で2,226万1,073円、前年度対比444万370円の増でございます。低所得者の負担軽減を図る制度で、施設入所者数は87名分でございます。


 3款地域支援事業費、1項介護予防事業費、1目介護予防特定高齢者施策事業費、予算現額44万円に対し支出済額43万7,290円、前年度対比28万3,985円の増でございます。介護認定を受けていない65歳以上の方を対象とした事業でございます。減の要因は、前年度、現状把握と予防のためのアンケートを実施した分が減になったためでございます。


 次のページをお願いします。


 2目介護予防一般高齢者施策事業費、予算現額170万円に対し支出済額1168万6,099円、前年度対比21万4,272円の減で、不用額1万3,901円でございます。08の集団健康教育謝礼32万円は、前年度対比6万8,000円の増で、食生活改善教室の栄養士の謝礼、毎月実施のはつらつ元気塾の健康運動指導士、看護師の謝礼、認知症予防教室の講師謝礼等です。


 2項包括的支援事業任意事業費、1目地域包括支援センター運営費、予算現額648万円に対し支出済額642万7,840円、前年度対比46万7,189円の増で、不用額5万2,160円となっております。増の要因は、人件費の増と、次のページをお願いします。新たに介護特会所有になった公用車11−21燃料費及び11−12は修繕料は車検に伴うもので、また、12−61保険料は自賠責等です。13−11システム保守委託料は、地域包括支援センター支援システムの保守、32万5,500円が新規による増でございます。


 2目任意事業費、予算現額33万7,000円に対し支出済額10万2,795円、前年度対比14万6,109円の減で、不用額23万円4,205円となっております。家族介護支援事業6万8,760円は、前年度対比18万144円の減で、非課税世帯の要介護4または5の方がいる世帯への支援で、前年度対4世帯が1世帯に減になったためでございます。また、増額要因は、成年後見制度利用支援事業が新規で、痴呆性高齢者、知的障害者、精神障害者等の判断能力が不十分な方の保護のため、代理権や同意権、取消権を付与する制度で、対象者1名の事務経費です。


 4款1項基金積立金、1目介護保険給付費支払基金積立金は、支出はございませんでした。


 5款1項公債費。次のページをお願いします。1目利子も支出ございませんでした。


 6款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目第1号被保険者保険料還付金、予算現額、支出済額とも5万9,650円、前年度対比3万8,850円の増で、還付該当件数は14件でございました。


 2目は支出はございませんでした。


 3目償還金、予算現額115万9,000円に対し支出済額115万8,046円、前年度対比18万5,459円の増で、不用額954円でございます。国庫支出金等過年度分返還金の増によるものでございます。


 2項繰出金、1目一般会計繰出金、予算現額145万7,000円に対し支出済額145万6,022円、前年度対比48万4,905円の減で、不用額978円でございます。


 7款1項1目予備費は167万2,491円を充用し85万4,509円が残額となりました。


 次のページをお願いします。


 以上、歳出合計は支出済額6億583万3,972円、前年度対比2,761万1,662円の増で、不用額1,186万3,028円でございます。


 次ページ以降は実質収支に関する調書、基金の関係等について掲載されておりますので、ごらんいただきたいと思います。


 以上で説明を終わります。ご承認くださいますよう、よろしくお願いします。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


 質疑はございませんか。


○9番議員(青木 嚴)  9番、青木です。地域包括支援センターのことについてお聞きしたいと思います。


 介護福祉課の中には包括支援センターがあり、国の補助金が260万、県の補助金が130万、一般会計から130万ということで、650万ほど予算があるということであります。


 それで、この内容につきましては、はつらつ元気塾とか、介護のための予防活動を盛んにやっているということで、認知症予防講演会とか、認知症サポート養成講座とか、要介護に入る前に予防しようということで、我が町では非常に活発に活動しているというふうに認識しております。


 ただ、町の高齢者保健福祉計画の中の第3次介護計画のこの本の中を見ると、訪問介護につきましては、それぞれ、毎年毎年1,000人単位ぐらいで増えていると。それから、入浴サービスとか訪問看護、それから、訪問リハビリテーション等につきましては、暫時増えているというような内容であります。


 特にお聞きしたいのが、通所サービスとショートステイについてお聞きしたいんですが、我が町ではショートステイを受ける施設は、施設として何件ぐらいあるのか。また、実際に、今、お話しした、話が飛んで申しわけないんですが、包括支援センターの機能が、今、かなりしているとき思うんですが、特に資料を見せていただいた中で、健康運動指導士の方が介護予防のために活躍されているということで、今後、町として介護予防のために健康運動指導士を非常勤ででも雇うような計画があるかどうか。少しまとまりがないですが、お聞きしたいと思います。


○(介護健康課長)  まず、1点目のショートステイを扱う事業所が真鶴の中に何件あるかというご質問なんですが、まず、社協さんでやっています、さわやかサービスさん、それから、駅前にあるミモザさんが対象になろうかと思います。


 それから、2点目の健康指導士につきましては、何人か町内及び町外の方を、事業の中でお願いをしているわけですけれども、今のところ、賃金というような形でやっているケースが多いものですから、今後、ちょっと検討していきたいと思います。


 以上です。


○9番議員(青木 嚴)  補正でも包括支援センターの方で臨時に保健師を採用したというようなことで、積極的に介護予防の方を進めていただきたいというふうに思います。


○(町長)  決算の内容の関連事項だと思いますから、全体的にお話をさせていただきますけれども、介護保険制度は、あくまでも需要と供給のバランスでやりますから、そのために支援センターを設けたり、予防事業をやったり、こういうことをしています。そのための審査もして、要介護か、介護認定をしていくという、そういう制度を持っていますから、いずれにしても、パイを大きくしたからいいというものじゃなくて、その分は逆に負担がくるんですよということも、アンバランス的にことが起きますから、ここいらのことも十分注意していただきたいということと、町としては、そういった全体の把握をしながら、計画をもって事業を進めていきます。そのきには行政だけでなくして、民の力をかりていくというやり方もとります。


 うちの介護保険料が低いというのは、民とうまく連携をとっているというところで大きくあろうかと思います。ですから、実態の把握をさせていただきながら、しっかりとした介護予防的なものも、または支援ができるように、そういった対策事業に進めていくということで、ご理解をいただければなと、こう思います。


 一般質問でも出ているようですから、また、そのときにもお話をさせていただきます。よろしくお願いします。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


 よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は、原案のとおり認定することに賛成の方は、起立願います。


 (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「決算の認定について(平成21年度真鶴町介護保険事業特別会計決算)」については、認定することに決定しました。


○(議長)  日程第8、認定第8号「決算の認定について(平成21年度真鶴町後期高齢者医療特別会計決算)」の件を議題とします。


○(議長)  本案について、提出者から提案理由の説明を求めます。


○(町長)  認定第8号は、平成21年度真鶴町後期高齢者医療特別会計決算の認定についてであります。


 去る7月1日に会計管理者より提出があり、8月4日、5日、6日、10日の4日間において、監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものであります。


 詳細につきましては、会計管理者に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を会計管理者に求めます。


○(会計課長)  それでは、ご説明いたします。


 認定第8号は、平成21年度真鶴町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算でございます。


 364ページをお願いします。


 歳入です。


 1款1項後期高齢者医療保険料、調定額7,677万3,300円、収入済額7,487万1,230円、前年度対比88万2,630円の減で、収入未済額190万2,070円となっております。


 2款使用料及び手数料、1項手数料、調定、収入済額とも4万3,300円、前年度対比1万800円の増でございます。


 3款繰入金、1項他会計繰入金、調定、収入済額とも1,810万4,000円、前年度対比136万1,340円の増。


 4款諸収入は、1項から3項まで収入はございませんでした。


 5款1項繰越金、調定、収入済額とも71万5,452円。


 以上、歳入合計は収入済額9,373万3,982円、前年度対比115万2,962円の増でございます。


 次のページをお願いします。


 歳出です。


 1款総務費、1項総務管理費、予算現額146万7,000円、支出済額105万5,019円、前年度対比12万6,889円の減で、不用額41万1,981円です。


 2款分担金及び負担金、1項広域連合負担金、予算現額1億15万円、支出済額9,055万556円、前年度対比13万3,104円の減で、不用額959万9,444円。


 3款諸支出金、予算現額49万7,320円、支出済額49万5,412円、前年度対比49万5,412円の増で、不用額1,908円。1項償還金及び還付加算金、予算現額11万9,320円、支出済額11万8,320円。2項諸支出金は支出はございませんでした。3項繰出金、予算現額、支出済額とも37万7,092円。


 4款1項予備費、予算現額23万2,680円がそのまま不用額となっております。


 以上、歳出合計は支出済額9,210万987円、前年度対比23万5,419円の増で、不用額1,024万6,013円、歳入歳出差引残額163万2,995円は、前年度対比91万7,543円の増でございます。


 次の368ページをお願いします。


 事項別明細書、歳入でございます。


 1款1項1目後期高齢者医療保険料、1節現年度分、調定額7,594万5,600円、収入済額7,472万5,880円、前年度対比102万7,980円の減で、収入未済額121万9,720円、徴収率は98.39%でございます。2節滞納繰越分、調定額額82万7,700円、収入済額14万5,350円、収入未済額68万2,350円は10人分で、徴収率17.56%でございます。


 2款使用料及び手数料、1項手数料、1目徴収手数料、1節督促手数料、調定、収入済額とも4万3,300円、前年度対比1万800円の増で、433件分でございます。


 3款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金、1節保険基盤安定制度拠出金、調定、収入済額とも1,663万6,000円、前年度対比145万2,340円の増で、保険料軽減等低所得者対策のものでございます。2節事務経費繰入金、調定、収入済額とも146万8,000円、前年度対比9万1,000円の減で、事務経費繰入金です。


 4款諸収入、1項から3項まで収入はございませんでした。


 次のページをお願いします。


 5款1項1目繰越金、1節繰越金は調定、収入済額とも71万5,452円、これは新規のものでございます。


 以上、歳入合計は収入済額9,373万3,982円、前年度対比115万2,962円の増で、収入未済額190万2,070円となっております。


 次の372ページをお願いします。


 歳出です。


 1款総務費、1項1目総務管理費、予算現額146万7,000円に対し支出済額105万5,019円、前年度対比12万6,889円の減で、不用額41万1,981円でございます。11−41印刷製本費60万5,962円は、宛名ラベルを印刷したものでございます。


 2款分担金及び負担金、1項広域連合負担金、1目広域連合分賦金は予算現額1億15万円、支出済額9,055万556円、前年度対比13万3,104円の減で、不用額959万9,444円でございます。19−11保険料等負担金は、町に納付された保険料を広域連合に納付したもので、7,391万5,340円は前年度対比158万4,660円の減でございます。


 3款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目保険料還付金、予算現額、支出済額とも11万8,320円、保険料還付金4件分でございます。


 2目還付加算金は支出はございませんでした。


 2項1目諸支出金も支出はございませんでした。


 次のページをお願いします。


 3項繰出金、1目一般会計繰出金、新規のもので、予算現額、支出済額とも37万7,092円となっております。


 4款1項1目予備費は3万8,320円を充用し、23万2,680円が不用額となっております。


 以上、歳出合計は支出済額9,210万987円、前年度対比23万5,419円の増で、不用額1,024万6,013円でございます。


 次ページに実質収支に関する調書が掲載してございますので、ごらんいただきたいと思います。


 以上で説明を終わらせていただきます。ご承認くださいますよう、よろしくお願いいたします。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


 質疑はございませんか。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


○(議長)  よって、討論を省略して採決します。


○(議長)  本案は、原案のとおり認定することに賛成の方は、起立願います。


 (起立多数)          反対 12番議員


○(議長)  賛成多数。よって、「決算の認定について(平成21年度真鶴町後期高齢者医療特別会計決算)」については、認定することに決定しました。


○(議長)  以上で、本日の日程は全部終了しました。


○(議長)  明日9月17日は、午後1時30分から本会議を開きますので、ご参集願います。


○(議長)  本日は、これで散会します。


 ご苦労さまでした。


        (閉会 午後4時28分)