議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 真鶴町

平成22年第1回定例会(第1日 3月 1日)




平成22年第1回定例会(第1日 3月 1日)





        平成22年第1回真鶴町議会定例会会議録(第1日)


              平成22年3月1日(月)


 
1.出席議員 12名


 1番   板 垣 由美子         7番   神 野 秀 子


 2番   村 田 知 章         8番   二 見 和 幸


 3番   高 田   昇         9番   青 木   嚴


 4番   海 野 弘 幸        10番   草 柳   昭


 5番   青 木   繁        11番   岡ノ谷 佳 子


 6番   岩 本 克 美        12番   黒 岩 宏 次





2.欠席議員  0名





3.執行部出席者


町長        青 木   健    介護健康課長    力 石   要


副町長       長谷川 勝 己    福祉課長      森   敦 彦


教育長       牧 岡   努    診療所事務長    奥 野   憲


会計課長      尾 森 まゆみ    教育総務課長    青 木 幹 夫


税務課長      二 見 良 幸    生涯学習課長    細 田 政 広


管理課長      井 上 準 一    産業観光課長    青 木 富士夫


企画調整課長    青 木 幸 夫    まちづくり課長   土 屋   茂


環境防災課長    高 畑 誠 二    上下水道課長    青 木   肇


町民課長      岩 本 祐 子





4.出席した議会書記


議会事務局長    宇 賀 一 章


書記        上 甲 新太郎    書記        青 木 一 広





5.議事日程


  別紙日程表のとおり





              (開会 午前9時00分)


○(議長)  ただいまの出席議員は12名で、定足数に達しておりますので、これより平成22年第1回真鶴町議会定例会を開会いたします。


○(議長)  本定例会の会期は、本日から3月12日までの12日間としたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


○(議長)  会期は、本日から3月12日までの、12日間に決定しました。


○(議長)  会議録署名議員は、会議規則第116条の規定によって、5番青木繁君、及び12番黒岩宏次君を指名します。


○(議長)  これから、諸般の報告をします。


○(議長)  議長の諸般の報告ですが、21年12月定例会から本定例会までの報告事項について印刷をし、皆様のお手元に配布いたしておりますが、その報告書をもって、報告にかえさせていただきます。


○(議長)  これで諸般の報告を終わります。


○(議長)  これから本日の会議を開きます。


○(議長)  本日の議事日程は、お手元に配布のとおりであります。


 これより、日程に従い審議を進めます。


○(議長)  日程第1、同意第1号「真鶴町固定資産評価審査委員会委員の選任について」を議題といたします。


○(議長)  提出者から、提案理由の説明を求めます。


○(町長)  皆さん、おはようございます。


 同意第1号は、真鶴町固定資産評価審査委員会委員の選任についてであります。


 現委員の尾森清?氏の任期が、平成22年3月31日で満了となります。そこで、同氏を再任いたしたく、地方税法第423条第3項の規定により提案するものであります。


 よろしくご審議の上、ご同意くださるようお願い申し上げます。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、同意することに賛成の方の起立を求めます。


                 (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「真鶴町固定資産評価審査委員会委員の選任について」の件は、同意することに決定しました。


○(議長)  日程第2、同意第2号「人権擁護委員の推薦について」を議題といたします。


○(議長)  提出者から、提案理由の説明を求めます。


○(町長)  同意第2号は、人権擁護委員の推薦についてであります。


 現、人権擁護委員岩本克美氏の任期が平成22年6月30日をもって満了となるため、横浜地方法務局長より候補者の推薦依頼があり、人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき、岩本克美氏の後任として、兵藤知義氏を候補者として、法務大臣に推薦いたしたく提案するものであります。


 よろしくご審議の上、ご同意くださるようお願い申し上げます。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、同意することに賛成の方の起立を求めます。


                 (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「人権擁護委員の推薦について」の件は、同意することに決定しました。


○(議長)  日程第3、同意第3号「人権擁護委員の推薦について」を議題といたします。


○(議長)  提出者から、提案理由の説明を求めます。


○(町長)  同意第3号は、人権擁護委員の推薦についてであります。


 現、人権擁護委員米山俊雄氏の任期が平成22年6月30日をもって満了となるため、横浜地方法務局長より候補者の推薦依頼があり、人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき、引き続き米山俊雄氏を候補者として、法務大臣に再推薦いたしたく提案するものであります。


 よろしくご審議の上、ご同意くださるようお願い申し上げます。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、同意することに賛成の方の起立を求めます。


                 (全員賛成)


○(議長)  全員賛成。よって、「人権擁護委員の推薦について」の件は、同意することに決定しました。


○(議長)  日程第4、発議第1号「真鶴町議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


                (書記議案朗読)


○(議長)  本件につき、提出者の趣旨説明を求めます。


○12番議員(黒岩宏次)  発議第1号は、真鶴町の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 今回の改正は、議長、副議長及び議員が、公務により旅行した際に支給される費用弁償のうち、真鶴町の地域外への旅行1日につき1,000円である日当の支給を廃止するものであります。


 また、本年2月16日に開催されました真鶴町特別職報酬等審議会の答申を受け、期末手当の支給割合の変更を行うものであります。


 それでは、発議資料第1号資料、新旧対照表をごらんください。


 右側が改正前、左側が改正後の条文でございます。


 第5条は、費用弁償について定めたものです。費用弁償の種類、額については「別表のとおり定める」となっております。


 2ページ目に別表がありますので、ごらんください。右側の表が改正前ですが、日当、宿泊料、食卓料などの種類と額を定めたものであります。今回は別表の左の日当についてのみ廃止により、左側改正後の表のように削除するものであります。


 次に、1ページにお戻りください。第6条です。ここは、期末手当の支給について定めたものでございますが、右側改正前の条文のアンダーライン部分、6月に支給する期末手当の割合の100分の140と12月に支給する割合の100分の160を、左側改正後は、それぞれ100分の195、100分の220に改めるものであります。


 それでは、条例改正本文に戻りまして、附則でございますが、附則は、この条例は、平成22年4月1日から施行します。


 説明は以上でございますが、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願いいたしまして、報告を終わりたいと思います。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか


○(議長)  これより討論に入ります。


○7番議員(神野秀子)  反対討論をさせていただきます。


 発議第1号、真鶴町議会の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について反対討論を行います。


 提案理由にありますとおり、「真鶴町特別職報酬等審議会からの答申を受けたことにより」とありますが、答申は重く受けとめ、尊重しなければならないと思います。しかしながら、現在の社会状況は大変厳しいものがあります。大多数の民間企業での残業規制、あるいは給料カットなどが、まだ、いまだに行われております。そういう社会状況から考えますと、議会として、もっと時間をかけて議論した後に結論を出しても、決して遅くはないと思います。


 特に次の3点についての少数意見がありましたので、述べさせていただきます。


 1、説明責任を果たすために周知期間を設け、徹底した議論を積み重ね、議会内の合意形成を図ること。


 2、現在、議員全員で議会基本条例を制定するための取り組みが始まりました。この基本条例は、議会の活性化を目指して、住民の皆さんからの付託に応えられる議会を目指しています。したがって、議会基本条例の策定後に、再度、この議案を諮ること。


 3、議員報酬のあり方を調査研究し、政務調査費等もその視野に入れて研究すること。


 このような少数意見がありました。このことを申し述べさせていただき、反対討論とさせていただきます。


○10番議員(草柳 昭)  発議第1号の賛成討論をさせてもらいます。


 先月、特別職報酬審議会が開催され、上げるのではなく、要するに、もとに戻すという答申が出されました。議員が協議の結果、大多数の者がそれに賛同し、町民の期待に添った活動をこれからもするということで賛成をしたわけでございます。


 以上でございます。


○2番議員(村田知章)  賛成討論をさせていただきます。


 今回、費用報酬を上げるということですが、答申を受けて、それはすごく尊重したいと思います。


 それで、今回、私も賛成するに当たって、一つ、委員会の方でも提案させていただきましたが、やはり、議員のお金の使い道、そういうのはやっぱり透明性を高めていくべきだと思います。


 なぜ、今回賛成したかといいますと、やはり、これから議会基本条例、町におきましては、自治基本条例の制定があります。それに伴いまして、やはり、議員活動も活発にこれから行っていかなければならないと思います。そのためにも費用はかなりかかります。ただ、やっぱりもらい放しのお金というのは、町民にとっても納得いくものではないと思います。そのためにも、ぜひ、今後、議員の活動そのものが透明化するような政務調査費のようなものも、ぜひ検討していただきたいと思います。


○(議長)  他に討論がないようですから、これをもって討論を終わります。


○(議長)  採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


                 (起立多数)    反対議員 1番・7番・9番


○(議長)  賛成多数。よって、「真鶴町議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  日程第5、議案第1号「真鶴町常勤特別職職員の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定について」を議題といたします。


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第1号は、真鶴町常勤特別職員職員の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 町長及び副町長並びに教育長の給料月額及び期末手当の支給割合に関し、真鶴町特別職報酬等審議会から答申を受けたことに伴い、所要の改正をいたしたく提案するものであります。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(管理課長)  議案第1号は、真鶴町常勤職員の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 今回の改正は、去る2月16日に開催されました真鶴町特別職報酬等審議会の答申を受け、町長及び副町長並びに条例附則により教育長の給料月額と期末手当の支給割合を改正するものでございます。


 内容につきましては、議案第1号資料の新旧対照表でご説明いたします。


 新旧対照表をごらんいただきたいと思います。


 右側が改正前、左側が改正後の条文でございます。


 まず、第4条は期末手当について規定したものでございます。右側改正前の条文のアンダーライン部分、6月に支給する期末手当の割合の100分の140と、12月に支給する割合の100分の160を、左側改正後は、それぞれ100分の195、100分の220に改めるものでございます。


 次に、2ページ目をお願いいたします。


 町長及び副町長の給料月額は、別表第1にございますように、町長は83万円、副町長は66万円と規定されております。しかし、平成17年4月1日より、別表の上のアンダーラインの附則第9項にありますように、「当分の間、給料月額については、第2条第1項の規定にかかわらず、町長は60万9,000円、副町長は58万8,000円とする。」といたしまして、暫定的な措置とする中で、附則により規定をしておりました。今回の改正では、この附則の規定を削除し、条例で規定した給料月額とするものでございます。


 次に、3ページ目をお願いいたします。


 真鶴町教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例新旧対照表でございます。ここでは、町長、副町長と同様に第3条で規定しております、期末手当の支給割合100分の140及び100分の160を、それぞれ100分の195及び100分の220に改め、また、暫定的措置として、附則第2項に規定をいたしました「当分の間、第2条第1項の規定にかかわらず、給料は月56万5,000円とする。」と規定された部分を削除するものでございます。


 なお、教育長に関する給料月額及び期末手当に係る条例改正は、本真鶴町常勤特別職職員の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例、附則に規定し、改正を行うものでございます。


 それでは、恐れ入ります、改正条例本文の方をごらんいただきまして、附則でございます。


 附則、第1項施行期日、この条例は、平成22年4月1日から施行する。


 以上で説明を終わります。よろしくご審議の上、ご承認くださるようお願い申し上げます。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


       (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「真鶴町常勤特別職員の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  日程第6、議案第2号「真鶴町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」を議題といたします。


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第2号は、真鶴町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 雇用保険法等の一部を改正する法律の施行に伴い、地方公務員災害補償の一部が改正されたため、本町条例に所要の改正をいたしたく提案するものであります。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(管理課長)  議案第2号は、真鶴町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 本条例は、地方公務員災害補償法の規定に基づき、議会の議員その他非常勤の職員に対する公務上の災害または通勤による災害に対する補償に関する制度等を定めておりますが、非常勤職員のうち、船員であるものの適用について、改正が必要となったことから提案するものでございます。


 恐れ入ります。議案第2号新旧対照表をごらんいただきたいと思います。


 右側が改正前、左側が改正後の条文でございます。


 まず、第2条でございますが、ここでは、地方公務員災害補償法の適用を受ける非常勤の職員の規定をしているものですが、それ以外の適用外の職員については、各号で列挙し、定められております。


 今回の法改正により、第2号アンダーラインが付された、非常勤職員のうち、船員保険法に基づく船員保険の被保険者につきましては、今回の雇用保険法の一部改正が施行されたことに伴い、船員保険法が一部改正され、常勤の地方公務員である船員と同様に、非常勤職員である船員についても、本年1月1日より、地方公務員災害補償法に基づく補償を行うこととなりましたので、適用除外規定を削除するものでございます。


 なお、右側第2号を削除することにより、左側改正後では、アンダーラインのとおり、第3号及び第4号をそれぞれ1号ずつ繰り上げて、条項整理をするものでございます。


 また、第16条の規定でございますが、アンダーラインの付されている部分のうち、第46条の2につきましては、地方公務員災害補償法の適用除外を規定した部分に船員を規定しておりますが、今回の法改正により地方公務員災害補償法の適用となることから、この部分を削除するものでございます。


 条例改正の内容は以上でございます。


 なお、今回の改正による対象職員は本町にはございません。


 恐れ入ります。条例改正本文にお戻りいただきまして、附則でございます。


 附則、施行期日、この条例は、公布の日から施行し、この条例による改正後の真鶴町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の規定は、平成22年1月1日から適用する。


 説明は以上でございます。よろしくご審議の上ご承認くださるようお願いいたします。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


       (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「真鶴町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  日程第7、議案第3号「真鶴町消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定について」を議題といたします。


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第3号は、真鶴町消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 今回の改正は、消防法の一部を改正する法律が平成21年10月30日に施行されたことに伴い、損害補償を受ける権利について引用する条項を改正するため、条例に改正を要するので、提案するものであります。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(環境防災課長)  議案第3号は、消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 消防法の一部を改正する法律が平成21年10月30日に施行されたことに伴い、損害補償を受ける権利について引用する条項を改正するため、本条例に改正を要しましたので、本案を提出するものであります


 それでは、議案第3号資料の新旧対照表をごらんください。


 右側が改正前、左側が改正後です。現行の損害賠償を受ける権利、第2条中、右側改正前9行目のアンダーライン「第35条の7第1項」を左側改正後「第35条の10第1項」に改めるものです。


 なお、この第35条の10第1項は「救急隊員は、緊急の必要があるときは傷病者の発生した場所付近にあるものに対し、救急業務に協力することを求めることができる。」という条文になっております。


 それでは、改正法本文2枚目をごらんください。


 附則です。施行期日を定めるもので、公布の日から施行し、この条例による改正後の真鶴町消防団員等公務災害補償条例の規定は、平成21年10月30日から適用するものでございます。


 以上で説明を終わります。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願いいたします。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


      (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「真鶴町消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  日程第8、議案第4号「岩ふれあい館条例の一部を改正する条例の制定について」を議題といたします。


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第4号は、岩ふれあい館条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 岩ふれあい館の使用実態をかんがみ、生涯スポーツに特化した施設として位置づけ、かつ、使用料に係る時間区分等を見直すため、所要の改正をいたしたく提案するものであります。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(生涯学習課長)  議案第4号、岩ふれあい館条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 今回の改正は、ただいま、町長の提案理由にもございましたように、使用実態をかんがみ、生涯スポーツの施設として使用するに当たり、改正の必要が生じたため、所要の改正を行うものでございます。


 改正の理由としましては、体育館の利用が、今年度1月末現在、延べ208団体3,281名の利用に対しまして、体育館下にございます2つの空き教室白梅・黒潮について、平成18年度開放以来、年に数回、地域自治会の会議での使用、また稚児神社の祭典に係る地域子ども会の神輿や、花だしの備品の保管等で、ほとんど使用がなされていない状況でございます。


 また、消防点検の際の消防法に基づく指摘によりまして、旧校舎との一体での使用のみを除きまして、空き教室の天井、また体育館の床、旧校舎との壁面に防火壁の工事をすべきとのご指摘でございましたが、使用状況に対する工事費の費用対効果を考慮いたしまして、今後、使用について減免扱いの考え方から普通財産的な使用により、地域自治会や子ども会等に活用を図っていただくための改正といたしました。


 詳細につきましては、議案第4号資料、岩ふれあい館条例の一部を改正する条例新旧対照表にて説明をさせていただきます。


 恐れ入りますが、資料をお願いいたします。


 左側が改正後、右側が改正前となっております。改正前の第1条2行目アンダーライン「生涯学習及び」を左の改正後では、生涯学習の振興に資するため削除いたします。


 次に、別表改正前の区分、「白梅・黒潮」を改正後では、削除いたします。


 また、改正後は、体育館のみとなるため、区分欄は削除いたします。


 同じく別表改正前アンダーライン、5つの時間帯につきましては、白梅・黒潮の8時30分から12時30分と12時30分から17時30分までの使用料の計620円、また、右から2列目の8時30分から17時30分の630円との差額10円につきましては、消費税の端数切り捨てに係るもので、体育館の場合、10円未満の端数処理による差額が生じないため、改正後では、時間帯を3つの区分といたしました。


 続きまして、改正前の下段米印、「上記料金表は、使用料及び消費税法(昭和63年法律第108号)第29条の税率と当該税率に地方税法(昭和25年法律第226号)第72条の83の税率を乗じて得た率を合計した率に1を加えた率を乗じて得た額です。」の文言を改正後においては、記載内容をわかりやすくするために、「上記料金には、消費税及び地方消費税が含まれています。」に改正するものでございます。


 改正内容については、以上でございます。


 恐れ入りますが、議案第4号の条例の改正文にお戻りいただきまして、中段をお願いいたします。


 附則でございます。附則、この条例は、公布の日から施行する。


 説明は以上でございます。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


       (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「岩ふれあい館条例の一部を改正する条例の制定について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  日程第9、議案第5号「真鶴町水道事業給水条例の一部を改正する条例の制定について」を議題といたします。


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第5号は、真鶴町水道事業給水条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 本町水道事業の料金は、平成17年7月に改定して以来、5年近くを経過ししました。その間の経済状況や社会情勢の変化を受け、使用料金の減少、また、上水道整備基本計画や老朽化した施設に整備に伴い、水道料金を見直し、事業の健全経営と安全・安心の水道の供給を図るため提案するものであります。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(上下水道課長)  議案第5号、真鶴町水道事業給水条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 ご説明いたします。


 それでは、議案第5号資料をごらんください。


 真鶴町水道事業給水条例の一部を改正する条例新旧対照表です。


 今回は、基本料金と超過料金についての改正です。


 まず、改正前、メーターの口径13ミリの基本料金1,344円を改正後の基本料金1,477円に、また、改正前、メーターの口径20ミリの基本料金2,688円を改正後の基本料金2,954円に、改正前、メーターの口径25ミリの基本料金を2,971円を改正後の基本料金3,265円に、また、改正前、メーターの口径40ミリの基本料金5,523円を改正後では基本料金を6,069円に、改正前、メーターの口径50ミリの基本料金1万9,131円を改正後の基本料金2万1,024円に、改正前、メーターの口径75ミリ以上の基本料金2万8,350円を改正後では基本料金を3万1,156円にするものです。


 また、超過料金1立方メートルにつきましては、改正前、11から20立方メートルまでの191円を改正後では210円に、改正前、21立方メートルから35立方メートルまで219円を改正後では240円に、改正前、36立方メートルから50立方メートルまでの283円を改正後では311円に、改正前、51立方メートルから200立方メートルまでの353円を改正後では387円に、改正前、201立方メートル以上の523円を改正後では574円に、それぞれ改正するものでございます。


 改定率にしますと、9.9%でございます。


 基本料金の合計13ミリでは133円、また20ミリでは266円、25ミリでは294円、40ミリでは543円、50ミリでは1,893円、75ミリ以上では2,806円、また、超過料金の1立方メートルにつきましては、11から20立方メートルまでは19円、21立方から35立方メートルまでは21円、36から50立方メートルまででは28円、51立方メートルから200立方メートルまででは34円、201立方メートル以上では51円の、それぞれ改正後における増額となる金額でございます。


 昨年の4月から本年2月までの1戸当たりの1カ月平均使用水量を口径別にしますと、13ミリでは平均で19立方メートル、現行料金では3,063円、これが改正後では3,367円で304円、20ミリは27立方メートルで、現行6,131円、改正後では6,734円で603円、25ミリでは94立方メートルで、現行2万7,946円が、改正後では3万658円で2,715円、40ミリでは193立方メートルで、現行6万5,442円が、改正後では7万1,775円で6,333円、50ミリでは145立方メートルで、現行6万2,106円が、改正後では6万8,150円で6,048円、75ミリ以上では297立方メートルで、現行の14万1,471円が、改正後では15万5,249円で1万3,778円の増額となります。


 それでは、改正文の附則にお戻りください。


 附則、第1項は施行期日で、この条例は、平成22年10月1日から施行する。


 第2項は経過措置で、改正後の条例の規定は、平成22年10月以降の月分として納付すべき料金について適用し、同年9月以前の月分として納付すべき料金については、なお従前の例によるとなっております。


 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○12番議員(黒岩宏次)  今回、9.9%の値上げということで、しかし、水道料金の審議会の中の審議の経過もありますし、それから、議会の中でも全協でいろいろ意見が出ております。


 この条例の適用の期日を22年10月1日ということで、先延ばしをしているわけですけれども、この間、町の方でどのように町民の理解を得る努力をしていく、また、どういう内容でしていくのか、その辺、もし、今、考えていることがありましたら、説明をお願いいたします。


○(上下水道課長)  現在のところ、周知につきましては、6カ月間の期間をいただいておりますので、その期間の中で、当然ながら広報、回覧とか、そういったことで周知していきたいと思っています。


 また、周知の内容につきましては、これから検討して、どういう形で一番わかりやすくできるかということを考えて進めていきたいと思っています。


○2番議員(村田知章)  料金値上げに伴いまして、生活困窮者が当然水道料金を払えなくなるという事態が発生するものと推測されますが、その場合、水道料金を払えない、経済的な理由から払えない住民にとって救済措置などは、どのようにお考えでしょうか。お願いいたします。


○(上下水道課長)  今のところ、状況に応じた中では、減免とか、そういったことがございます。


 いずれにしましても、生活水なものですから、極力何とか徴収というか、納めていただくような形をとっていきたいと思います。ですので、現状に合わせた中で進めていきたいと思います。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


       (起立多数)          反対議員 12番


○(議長)  賛成多数。よって、「真鶴町水道事業給水条例の一部を改正する条例の制定について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  日程第10、議案第6号「町道路線の廃止について」を議題といたします。


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第6号は、町道路線の廃止についてであります。


 町道真第267号線の全部が道路形態がなく、個人所有の宅地内に位置し、一般交通の用に供する必要がなく、道路に異動が生じるため、同路線の廃止を行いたく提案するものであります。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(まちづくり課長)  議案6号は、町道路線の廃止についてであります。


 道路法第10条第1項の規定により、町道路線を廃止することについて、議会の議決を求めるものです。


 路線番号267、路線名、真第267号線、起点、真鶴町岩字専祖畑240番2地先から終点、真鶴岩字専祖畑226番14地先までです。


 町道真第267号線が個人所有の宅地内に位置し、道路形態もなく一般交通の用に供する必要がないため、町道路線の廃止を行うために提案するものでございます。


 詳細につきましては、議案第6号資料で説明いたします。資料をご用意ください。


 次のページをお願いします。位置図でございます。場所は、役場横旧小泉ビル向かいの赤丸で囲まれているところでございます。着色されている部分が町道真第267号線です。


 次のページをお願いします。公図写です。黄色で表示されているところが、廃止する町道真第267号線です。この道路に接している土地の岩240番2及び岩218番2の土地所有者は、同じ長谷川氏でございます。


 次のページをお願いします。道路台帳図です。黄色で着色されているところが廃止する町道真第267号線です。道路台帳図上でも未供用区間となっています。町道の延長及び幅員は、延長が15メートル、幅員90センチです。


 次のページをお願いします。町道真第267号線の現況写真です。写真Aは起点側から見たところで、石積により通行はできません、写真Bは、当該路線が個人の宅地内に位置している状況です。写真Cは、終点側から見たところで、擁壁により通行はできません。写真Dは、宅地内の状況でございます。現況写真を見ましても、既に町道としての形態はなく、一般交通の用に供する必要がないこと、また、路線の廃止による周辺住民への影響もないことから、町道真第267号線を廃止するものです。


 以上で説明を終わらせていただきます。よろしく、ご審議の上、ご承認くださるようお願いいたします。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○2番議員(村田知章)  町道廃道ということで、これは民有地に払い下げするということになると思うんですけれど、もし、そうであるとすれば、いくらで払い下げたのか。その算出基準などがあれば教えていただきたいんですが、よろしくお願いします。


○(まちづくり課長)  今回は、町道路線の廃止ということで提案をさせていただいております。廃止に伴いまして、行政財産から普通財産に移るということになります。払い下げにつきましては、その後、普通財産になった後に行われることだと思われます。


 以上です。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


       (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「町道路線の廃止について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  日程第11、議案第7号「町道路線の変更について」を議題といたします。


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第7号は、町道路線の変更についてであります。


 町道真第138号線の一部が道路形態がなく、個人の所有の宅地内に位置し、一般交通の用に供する必要がなく、道路に異動が生じるため、同路線の廃止を行いたく提案するものであります。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(まちづくり課長)  議案第7号は、町道路線の変更についてであります。


 道路法第10条第1項の規定により、町道路線を変更することについて、議会の議決を求めるものです。


 町道真第138号線の一部が、個人所有の宅地内に位置し、道路形態もなく、一般交通の用に供する必要がないため、町道路線の変更を行うために提案するものです。


 次のページをお願いします。路線変更調書です。


 路線番号138、新旧の別、「旧」、路線名、真第138号線、起点、真鶴町真鶴字大ケ窪152番2地先から、終点、真鶴町真鶴字大ケ窪162番3地先までが、新旧の別、「新」、路線名、真第138号線、起点、真鶴町真鶴字大ケ窪152番2地先から、終点、真鶴町真鶴字大ケ窪161番1地先までに変更するものです。


 詳細につきましては資料にて説明いたします。


 議案第7号資料をご用意ください。


 次のページをお願いします。位置図です。場所は、大ケ窪、真鶴ブルーライン岩インター手前の右側、下水道中継ポンプ場横で、黄色で着色されているところが町道真第138号線です。


 次のページをお願いします。公図写です。黄色で表示されているところが、変更・廃止する区間でございます。この区間に隣接する土地所有者は、161番5及び163番1は、同一所有者の大野氏です、また、142番1は山本氏で、本件の路線の変更廃止等については、同意をしております。


 次のページをお願いします。道路台帳図です。黄色で着色されているところが、変更・廃止する町道真第138号線の区間で、未供用区間の一部21メートルであります。今回の変更により、町道真第138号線の延長及び幅員は、延長86メートル幅員90センチです。


 次のページをお願いします。町道真第138号線変更区間の現況写真です。写真Aは起点側から見たところで、石積により通行はできません。写真Bは、町道が個人所有地内に位置する状況で、写真Cは、終点から見た町道の状況で、宅地内に位置しています。また写真Dは、変更・廃止する区間の町道真第138号線の状況です。現況写真を見ましても、既に町道としての形態はなく、一般交通の用に供する必要がないこと、また、路線の変更による周辺住民には影響もないことから、町道真第138号線の終点を変更するものでございます。


 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださるようお願いいたします。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


       (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「町道路線の変更について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  暫時休憩いたします。


             (休憩 午前10時05分)


             (再開 午前10時20分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  日程第12、議案第8号「平成21年度真鶴町一般会計補正予算(第5号)について」を議題といたします。


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第8号は、平成21年度真鶴町一般会計補正予算(第5号)であります。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ2,197万4,000円を減額し、予算の総額を32億1,773万8,000円とするものであります。


 歳入の主なものは、町税では、法人数の減少による法人町民税を減額措置するもの。地方交付税では、特別交付税の増額により措置するもの。国庫支出金では、国の第2次経済対策による、地域活性化・きめ細やかな臨時交付金を新たに措置するもの。県支出金では、補助金や交付金の額確定により所要の措置をするもの。財産収入では、町有土地売払収入を増額措置するもの。寄附金では、みどり基金などへの寄附金を受け増額措置するもの。諸収入では、水道事業会計貸付金元利収入を減額措置するもの。町債では、起債限度額の変更により減額措置するものが主なものでございます。


 歳出では、年度最終補正に臨み、全科目にわたり、事業執行残などの不用額の整理を行い、新年度予算の財源確保を図る措置を講じております。


 歳出の概要としましては、総務費では、地域活性化・きめ細やかな臨時交付金の対象事業費を新たに措置するもの。民生費では、町立診療所に対し、繰出金を増額措置するもの。衛生費では、湯河原町真鶴町衛生組合負担金の額確定により増額措置するもの。農林水産業費では、漁業共済掛金補助金を増額措置するもの。消防費では、湯河原町への消防委託事務の額確定により減額措置するもの。教育費では、真鶴中学校体育館耐震補強等改修工事費の執行残などを減額措置するものが主なものでございます。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(企画調整課長)  議案第8号、平成21年度真鶴町一般会計補正予算(第5号)についてご説明いたします。


 第1条は、歳入歳出予算の補正で2,197万4,000円を減額し、予算の総額を32億1,773万8,000円とするものです。


 第2条は、繰越明許費で、翌年度に繰り越して使用することができる経費の定めをするものです。


 第3条は、地方債の補正で、2件の変更をするものです。


 次のページをお願いいたします。


 第1表、歳入歳出予算補正、1歳入です。


 1款町税は1項町民税から370万円を減額し、1款の総額を10億7,041万8,000円とするもので、歳入に占める構成割合は33.27%です。


 2款地方譲与税は2項自動車重量譲与税から100万円を減額し、2款の総額を2,200万円とするもので、構成割合は0.7%です。


 3款1項利子割交付金から100万円を減額し、3款の総額を350万円とするもので、構成割合は0.1%です。


 4款1項配当割交付金から40万円を減額し、4款の総額を160万円とするもので、構成割合は0.05%です。


 5款1項株式等譲渡所得割交付金から200万円を減額し、5款の総額を100万円とするもので、構成割合は0.03%です。


 7款1項自動車取得税交付金から1,000万円を減額し、7款の総額を1,332万7,000円とするもので、構成割合は0.41%です。


 9款1項地方交付税に1,400万円を追加し、9款の総額を7億7,060万円とするもので、構成割合は23.95%です。


 11款分担金及び負担金は1項負担金から492万2,000円を減額し、11款の総額を5,496万5,000円とするもので、構成割合は1.71%です。


 12款使用料及び手数料は1項使用料から179万1,000円を減額し、2項手数料から2万8,000円を減額し、計181万9,000円を減額し、12款の総額を4,369万円とするもので、構成割合は1.36%です。


 13款国庫支出金は1項国庫負担金から164万8,000円を減額し、2項国庫補助金に3,111万5,000円を追加し、計2,946万7,000円を追加し、13款の総額を3億1,472万円とするもので、構成割合は9.78%です。


 右側、14款県支出金は1項県負担金から13万5,000円を減額し、2項県補助金から778万1,000円を減額、3項委託金から11万1,000円を減額し、計802万7,000円を減額し、14款の総額を2億4,941万8,000円とするもので、構成割合は7.75%です。


 15款財産収入は2項財産売払収入に999万円を追加し、15款の総額を5,801万7,000円とするもので、構成割合は1.8%です。


 16款1項寄附金に87万8,000円を追加し、16款の総額を374万6,000円とするもので、構成割合は0.12%です。


 19款諸収入は2項貸付金元利収入から2,000万円を減額、3項雑入から194万1,000円を減額し、計2,194万1,000円を減額し、19款の総額を1億1,147万3,000円とするもので、構成割合は3.46%です。


 20款1項町債から2,150万円を減額し、20款の総額を2億7,599万5,000円とするもので、構成割合は8.58%です。


 次に、3ページをお願いいたします。


 2歳出です。


 2款総務費は1項総務管理費に3,123万2,000円を追加、3項戸籍住民基本台帳費から1万9,000円を減額、4項選挙費から92万円を減額、5項統計調査費から11万1,000円を減額し、計3,018万2,000円を追加し、2款の総額を5億6,487万5,000円とするもので、構成割合は17.59%です。


 3款民生費は1項社会福祉費に892万5,000円を追加し、2項児童福祉費から69万9,000円を減額、計822万6,000円を追加し、3款の総額を7億8,352万4,000円とするもので、構成割合は24.35%です。


 4款衛生費は1項保健衛生費から342万円を減額、2項清掃費に15万3,000円を追加し、計326万7,000円を減額し、4款の総額を3億3,729万9,000円とするもので、構成割合は10.48%です。


 5款農林水産業費は1項農業費から1万3,000円を減額、2項林業費から722万4,000円を減額、3項水産業費に94万3,000円を追加し、計629万4,000円を減額し、5款の総額を5,039万8,000円とするもので、構成割合は1.57%です。


 6款商工観光費は2項観光費から49万円を減額し、6款の総額を6,594万1,000円とするもので、構成割合は2.05%です。


 7款土木費は2項道路橋梁費から844万9,000円を減額、3項港湾費から20万5,000円を減額、4項都市計画費から431万8,000円を減額し、計1,297万2,000円を減額し、7款の総額を3億2,546万9,000円とするもので、構成割合は10.11%です。


 8款1項消防費から612万9,000円を減額し、8款の総額を2億2,194万3,000円とするもので、構成割合は6.9%です。


 右側、9款教育費は1項教育総務費から37万7,000円を減額、2項小学校費から64万6,000円を減額、3項中学校費から2,848万7,000円を減額、5項社会教育費から106万2,000円を減額、6項保健体育費から13万7,000円を減額し、計3,070万9,000円を減額し、9款の総額を4億4,815万9,000円とするもので、構成割合は13.93%です。


 13款1項予備費から52万1,000円を減額し、13款の総額を2,461万7,000円とするもので、構成割合は0.77%です。


 次の5ページをお願いいたします。


 第2表は、繰越明許費です。


 これは地方自治法の規定より、年度内にその支出を終わらない見込みについて、議決を経て翌年度に繰り越して使用するもので、2款総務費、1項総務管理費に計上いたしました4事業は、国の第2次補正予算に盛り込まれた緊急経済対策として実施する、地域活性化・きめ細やかな臨時交付金を受け実施する事業で、対象が公共施設等の維持補修や修繕事業であり、工事完了までに期間を要することから、翌年度に繰り越すものとし、また、交付金を有効に活用するため、総務管理費に新たな目を設け、予算を一括計上し、事業を執行するもので、公共施設等修繕事業は、デイサービスセンターほか5施設の6件の改修工事を実施するもので、金額は587万4,000円とするものです。


 臨時道路維持補修事業は、町道真第1号線の路面改修など3件の改修工事を実施するもので、金額は3,150万円とするものです。


 学校施設修繕事業は、小学校の浄化槽埋め戻し工事など7件の修繕工事を実施するもので、金額は222万1,000円とするものです。


 上水道会計等施設改修事業は、水道事業会計や下水道事業特別会計が実施する3件の機器の更新や補修事業に対し、水道事業会計へは交付金として、下水道事業会計へは繰り出すもので、金額は430万円とするものです。


 次に、8款1項消防費は、防災行政無線維持整備事業で、全国瞬時警報システムの改修に係るもので、このシステムのもととなる国のシステム改修がおくれているため、受信する市町村のシステム改修作業もおくれ、翌年度になることから繰り越すもので、金額は564万5,000円とするものです。


 次に、第3表は、地方債補正です。


 1、変更です。


 庁舎等改修工事債は、第2号補正により補正し、工事を実施したもので、事業の執行により額が確定したため、起債の限度額を変更するもので、補正前限度額3,440万円を補正後限度額2,620万円とするもので、学校教育施設等整備事業債は、同じく第2号補正により補正し、工事を施工した中学校体育館耐震補強等工事に係るもので、事業の執行により額が確定したため、起債の限度額を変更するもので、補正前限度額2,260万円を補正後限度額930万円とするもので、起債の方法、利率、償還の方法は従前と同様です。


 次に、9ページをお願いいたします。


 内容の説明させていただきます。


 なお、今回の補正では、平成21年度の最終となることから、翌年度の財源確保のため、例年同様、多くの項目にわたり補正措置を講じております。特に歳出においては、執行済等不用額の整理をしたものについては、説明を簡略化させていただく場合がありますので、よろしくお願いいたします。


 2、歳入です。


 1款町税、1項町民税、1目法人は補正額370万円を減額し、計を3,328万1,000円とするもので、1節現年課税分で、均等割の減は法人数の減によるものです。


 2款地方譲与税、2項1目自動車重量譲与税は100万円を減額し、計を1,600万円とするもので、今年度の交付実績により減額とするものです。


 3款1項1目利子割交付金は100万円を減額し、計を350万円とするもので、前年度交付実績及び本年度の交付実績より減額とするものです。


 4款1項1目配当割交付金は40万円を減額し、計を160万円とするもので、前年度交付実績及び本年度の交付実績より減額とするものです。


 5款1項1目株式等譲渡所得割交付金は200万円を減額し、計を100万円とするもので、前年度の交付実績をもとに減額するものです。


 次の11ページをお願いいたします。


 7款1項1目自動車取得税交付金は1,000万円を減額し、計を1,300万円とするもので、前年度の交付実績及び今年度の交付実績より減額とするものです。


 9款1項1目地方交付税は1,400万円を追加し、計を7億7,060万円とするもので、特別交付税の増は今年度の交付実績により増額としたものです。


 11款分担金及び負担金、1項負担金、2目民生費負担金は492万2,000円を減額し、計を2,367万円とするもので、2節児童福祉費負担金で、01入所児童徴収金560万9,000円の減は、入所児童数の減少等により実績及び見込みによるもの。02放課後児童クラブ負担金68万7,000円の増は、4月からの学童保育の保護者負担金を措置したものです。


 12款使用料及び手数料、1項使用料、6目教育手数料は179万1,000円を減額し、計を1,504万8,000円とするもので、3節美術館観覧料で182万7,000円を減額するもので、実績及び見込みにより当初予算との差額を措置するもの。4節保健体育使用料は、01屋外運動場夜間照明施設利用料11万3,000円の増は、実績による増額。02町立体育館使用料12万8,000円の減は、中学校体育館工事による学校の利用により減額するもの。03屋内運動場照明施設利用料5万1,000円の増は、利用実績により増額とするものです。


 2項手数料、3目農林水産手数料は1万3,000円を減額し、計を12万1,000円とするもので、1節農業手数料で、農業者年金業務委託手数料の額確定により減額とするもの。


 4目土木手数料は1万5,000円を減額し、計を2万9,000円とするもので、1節都市計画手数料で、屋外広告物許可申請手数料の減は、申請件数の減により減額するものです。


 次の13ページをお願いいたします。


 13款国庫支出金、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金は164万8,000円を減額し、計を9,938万3,000円とするもので、1節社会福祉費負担金は43万4,000円の追加で、保険基盤安定制度負担金の増は国2分の1のもので、保険者支援分の額確定により増額するもの。2節児童福祉費負担金は208万2,000円の減額で、保育所運営費負担金の減は、国負担分の額確定により減額するものです。


 2項国庫補助金、1目民生費国庫補助金は23万円を減額し、計を332万5,000円とするもので、1節社会福祉費補助金は23万円の減で、障害者自立支援事業給付費等補助金91万1,000円の減及び障害程度区分認定訪問調査等補助金5万1,000円の減は、実績見込みにより減額するもの。次世代育成支援対策交付金73万2,000円の増は、交付額が確定したことにより措置するものでございます。


 2目衛生費国庫補助金は52万8,000円を減額し、計を211万5,000円とするもので、1節保健衛生費補助金は、女性特有がん検診推進事業補助金は国10分の10の補助で、実績見込みにより52万8,000円を減額するもの。


 3目教育費国庫補助金は734万4,000円を減額し4,727万2,000円とするもので、3節中学校費補助金は、安全・安心な学校づくり交付金の減で、中学校体育館耐震補強工事等工事費が減額となったため、交付金を減額するもの。


 4目土木費国庫補助金は27万1,000円を減額し、計を522万9,000円とするもので、1節土木総務費補助金は、住宅・建築物安全ストック形成事業補助金の減で、歳出の耐震改修促進計画策定業務委託の契約執行残を減額するもの。


 5目総務費国庫補助金は3,948万8,000円を追加し、計を1億4,649万7,000円とするもので、1節総務管理費補助金は3,948万8,000円を追加し、06地域活性化・公共投資臨時交付金の減は中学校体育館工事に係るもので、211万3,000円を減額、07地域活性化・きめ細やかな臨時交付金は、繰越明許費でも説明いたしましたが、国の第2次補正による緊急経済対策として市町村が実施する公共施設等の維持補修や修繕事業に対して交付されるもので、新たに4,160万1,000円を措置するものです。


 14款県支出金、1項県負担金、1目民生費県負担金は13万5,000円を減額し、計を9,046万2,000円とするもので、1節社会福祉費負担金は90万6,000円の追加で、保険基盤安定制度負担金の増は、国庫負担金同様に額確定により県負担分の保険料軽減分と支援分を増額したもの。2節児童福祉費負担金は104万1,000円の減額で、保育所運営費負担金の減は国同様額の確定により減額するものです。


 次に、15ページをお願いいたします。


 2項県補助金、1目民生費県補助金は134万円を追加し、計を3,781万2,000円とするもので、1節社会福祉費補助金は106万1,000円の追加で、老人クラブ活動等事業費補助金の減は、額確定により7万2,000円を減額するもの。障害者自立支援事業給付費等補助金の減は、国同様実績見込みにより45万4,000円を減額するもの。障害者自立支援臨時特例交付金事業費補助金は、障害者施設サービス事業に対し交付されるもので、事業費の4分の3補助で、新たに158万7,000円を措置するもの。2節児童福祉費補助金は27万9,000円の追加で、民間保育所運営費補助金の増は額確定により増額措置するもの。


 2目衛生費県補助金は33万1,000円を減額し、計を342万7,000円とするもので、1節保健衛生費補助金は33万1,000円の減で、健康増進事業補助金10万7,000円の減及び妊婦健康診査事業費補助金22万4,000円の減は、ともに額確定により減額するもの。


 3目農林水産業費県補助金は15万7,000円を追加し、計を1,116万6,000円とするもので、1節農業費補助金は9,000円の追加で、農業委員会交付金は額確定により措置するもの。2節林業費補助金は14万8,000円の追加で、松くい虫被害対策自主事業補助金は、県補助額の確定を受け措置するもの。


 4目土木費県補助金は332万6,000円を減額し、計を499万円をとするもので、1節住宅費補助金の地域住宅交付金は、住環境整備事業に係る下水道事業に対するもので、額確定により減額措置するもの。


 7目水源環境保全・再生施策市町村交付金は55万円を減額し、計を715万円とするもので、1節水源環境保全・再生施策市町村交付金の減は、地下水保全調査業務委託事業費の額確定により減額措置するもの。


 8目市町村振興補助金は362万5,000円を減額し、計を1,750万円とするもので、1節市町村振興補助金の減は、対象事業費の額確定により減額措置するもの。


 9目緊急地域雇用市町村補助金は144万6,000円を減額し、計を1,465万3,000円とするもので、1節緊急地域雇用市町村補助金は、01ふるさと雇用再生特別基金市町村交付金130万2,000円の減及び緊急雇用創出事業臨時特例基金市町村補助金14万4,000円の減は、補助対象事業費の額確定により減額措置するものでございます。


 3項委託金、1目総務費委託金は11万1,000円を減額し、計を2,849万5,000円とするもので、4節統計調査費委託金で、工業統計調査委託金は3,000円の減額、農林業センサス委託金は1万5,000円の減額、経済センサス委託金は9万3,000円の減額で、委託費確定により減額措置するもの。


 15款財産収入、2項財産売払収入、1目不動産売払収入は1,299万円を追加し、計を1,301万円とするもので、町有土地売払収入の増は、旧婦人会館跡地ほか2件の売却により増額措置するもの。


 2目物品売払収入は150万円を減額し、計を882万8,000円とするもので、次の3目生産品売払収入も150万円を減額し、計を550万円とするもので、ともにお林展望公園の売店及び食堂売上を減額するもので、実績及び見込みによるものでございます。


 次の17ページをお願いいたします。


 16款1項寄附金、1目農林水産業費寄附金は16万9,000円を追加し、計を62万9,000円とするもので、1節林業費寄附金は、みどり基金に対する寄附金の増は8件で、総額46万9,000円の寄附がありましたので、当初予算との差額を措置するもの。


 3目一般寄附金は20万9,000円を追加し、計を171万円とするもので、2節ふるさと応援基金寄附金はふるさと応援基金寄附金の増で、25件、170万9,000円の寄附がありましたので、当初予算との差額を措置するもの。


 4目商工観光費寄附金は40万円を追加し、計を80万円とするもので、3節観光費寄附金は観光事業に対する寄附金の増で、真鶴半島冬花火大会へ2件で40万円の寄附がありましたので措置するもの。


 5目総務費寄附金は10万円を新たに追加するもので、1節企画費寄附金は、まちづくり推進事業に対して町民の方から1件の寄附がありましたので措置するものです。


 19款諸収入、2項貸付金元利収入、1目水道事業会計貸付金元利収入は2,000万円を減額し、計を12万円とするもので、水道事業会計長期貸付金元利収入の減で、水道事業会計の財政事情により貸付金の元金返済を繰り延べしたことにより減額措置するものです。


 3項1目雑入は194万1,000円を減額し、計を1億985万3,000円とするもので、1節雑入で、日本宝くじ協会真鶴町貝類博物館整備事業助成金の減は、整備事業費の確定により283万5,000円を減額、地域づくりアドバイザー事業助成金30万円及び市町村法制事務支援事業助成金の59万4,000円の増は、自治基本条例策定事業に対し助成を受けられることになったため措置したもので、財団法人地域活性化センター及び県市町村振興協会からの助成であります。


 20款1項町債、4目総務債は820万円を減額し、計を2,620万円とするもので、次の5目教育債は1,330万円を減額し、計を930万円とするもので、ともにさきに第3表、地方債補正の変更で説明させていただいたものです。


 次に、19ページをお願いいたします。


 3、歳出です。


 歳出における事業内容説明は、右ページ説明欄の事業ごとにさせていただきます。


 2款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費は163万9,000円を減額し2億5,989万9,000円とするもので、右ページですが、一般経費のうち、04−51労災保険料から07−11臨時職員賃金の減は執行残の整理をするもの。11−11消耗品費8万9,000円及び食糧費6万円の増は、貝類博物館開館記念式典用を措置するもの。13−11職員健康診査委託料及び職員採用試験業務委託料の減は執行残額を整理するもの。


 職員福利厚生事業の職員厚生事業助成金6万円の減は、人間ドック受検者数の減少により減額するもの。


 2目文書広報費は38万円を追加し451万9,000円とするもので、広報事業は町民カレンダー印刷製本事業の増で、今月発行するカレンダーの企画を変更したことにより増額措置するもの。


 4目財産管理費は990万4,000円を減額し5,143万5,000円とするもので、一般経費の修繕料31万1,000円の増は、旧岩ふれあい館の消防設備の修繕料を措置するもの。


 庁舎維持管理経費1,100万4,000円の減は、高圧受電設備等改修工事及び庁舎改修工事の減で、執行残額の整理を行うもの。


 公有財産維持管理経費の修繕料11万6,000円の増は、町有土地排水枡の修繕料を措置するもの。旧岩ふれあい館用途変更改修工事設計委託料として67万3,000円を措置するもの。


 5目企画費は116万6,000円を減額し7,210万5,000円とするもので、総合計画事業の総合計画基本計画改訂作業等委託料61万5,000円の減は、契約による残額整理を行うもの。


 OA化推進事業の真鶴町OA化推進事業委託料13万円の減は、契約による残額を整理するもの。公共施設地上デジタル放送備品購入費62万3,000円の減は、備品購入事業の執行残を減額するもの。


 ふるさと応援基金積立事業20万9,000円の増は、本年度採納いたしました寄附金を基金に積み立てるため増額措置するもの。


 まちづくり推進事業基金積立事業10万円の増も、寄附金を積み立てるため、新たに措置するもの。


 (仮称)自治基本条例策定事業の策定事業業務委託料10万7,000円の減は、契約による残額整理を行うもの。


 7目地区集会所費は1万6,000円を追加し、計を123万3,000円とするもので、地区集会所経費の光熱水費の増で、岩地区集会所の電気料が不足するため増額するもの。


 9目情報センター費は35万円を減額し、計を2,085万5,000円とするもので、情報センター真鶴施設管理経費35万円の減は、燃料費の空調用ガス代及び光熱水費の電気料を執行見込みにより減額するもの。


 11目地域活性化・きめ細やかな臨時交付金事業費は、新たに4,389万5,000円を追加するもので、さきに第2表、繰越明許費で説明いたしましたが、国の第2次補正による緊急経済対策として交付されます、地域活性化・きめ細やかな臨時交付金の対象となる公共施設等の維持補修や修繕事業を一括計上したもので、公共施設等修繕事業は、役場庁舎ほか5施設の修繕を行うもので、修繕料では町営住宅の浄化槽修繕など4件で276万4,000円、旧岩ふれあい館改修工事は167万円を追加、デイサービスセンター直流電源装置交換工事として164万円を措置したものでございます。


 次の臨時道路維持補修事業は、町道真第1号線路面改修など3件の補修事業費として3,150万円を措置したものでございます。


 次のページをお願いいたします。右側22ページの説明欄をお願いいたします。


 学校施設修繕事業は、小中学校の施設の7件の修繕を行うもので、修繕料は小学校調理室雨漏り修繕など6件で92万9,000円、浄化槽埋め戻し工事費として192万9,000円は、小学校の浄化槽の埋め戻し工事費です。


 上水道会計等施設改修事業は、上水道及び下水道会計にて実施する修繕事業に対するもので、水道事業会計交付金は、配水池の水位計等機器の更新のため290万円を交付するもので、下水道事業特別会計への繰り出しは、マンホールの上部補修のため140万円を繰り出すものでございます。


 3項1目戸籍住民基本台帳費は1万9,000円を減額し、計を3,100万4,000円とするもので、戸籍住民基本台帳等経費の窓口端末機保守委託料の減は、契約による残額を整理するものでございます。


 4項選挙費、1目町議会議員一般選挙費は57万6,000円を減額し、計を407万円とするもので、次の3目衆議院議員選挙費は18万8,000円を減額し、計を515万2,000円とするもので、次の5目参議院議員補欠選挙費は15万6,000円を減額し、計を490万4,000円とするもので、すべて選挙に係る執行残額を整理したものでございます。


 次の23ページをお願いいたします。2段目でございます。


 5目統計調査費、1目統計調査総務費は11万1,000円を減額し、計を76万2,000円とするもので、統計調査事業に係るもので、県委託金の確定により調査員報酬12万9,000円を減額し、消耗品費を1万8,000円増額措置するものでございます。


 3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費は973万2,000円を追加し、計を3億2,639万9,000円とするもので、国民健康保険事業特別会計(事業勘定)繰出金は、国保事業特別会計への繰り出しの事業勘定分70万9,000円の減は、国保財政安定化支援分の額確定により減額するもの。国保事業特別会計への繰り出しの保険基盤安定制度分178万6,000円の増は、保険税軽減分及び保険者支援分の額確定により増額するもの。


 国民健康保険事業特別会計(施設勘定)繰出金及び介護保険事業特別会計繰出金は、それぞれ特別会計への繰出金額確定及び見込みにより措置するものでございます。


 3目老人福祉費は9万円を減額し、計を1,491万5,000円とするもので、敬老事業3万2,000円の減は、敬老会事業の執行により残額を減したもの。次に、ふれあいスポーツ大会事業5万8,000円の減も事業執行により残額を整理したものでございます。


 4目心身障害者福祉費は71万7,000円を減額し、計を1億4,780万4,000円とするもので、一般経費2万1,000円の減は、心身障害児訓練会指導員賃金の執行残額を整理するもの。


 福祉団体支援事業3万3,000円の減は、身体障害者自立更生等表彰記念代及び食糧費の減は、執行残額を整理したもの。県西地区障害者家族のつどい及び作品展負担金の減は、県西地区障害者家族のつどいが雨天中止になったことにより減額するもの。


 在宅障害児者福祉事業61万6,000円の減は、重度心身障害児者訪問入浴サービス事業委託料及び町重度心身障害者福祉年金の執行見込みより減額するものでございます。


 次の25ページをお願いいたします。


 右側26ページ、説明欄をお願いいたします。


 障害者自立支援給付費等事業4万7,000円の減で、認定調査委託料10万3,000円の減額は、調査を職員が実施したことによるもの。自立支援法支援システム運営費委託料8万4,000円の減額は、システム改修が不要となったことによるもの。事務処理安定化支援事業補助金14万円の増は、障害者施設に対し事務処理の安定化のために補助金を交付するものでございます。


 2項児童福祉費、1目児童福祉総務費は41万1,000円を減額し、計を1,368万3,000円とするもので、放課後児童対策事業費41万1,000円の減は、学童保育の委託契約の残額を整理したものでございます。


 3目児童措置費は28万8,000円を減額し、計を1億6,870万4,000円とするもので、保育所運営費助成事業の保育所運営費218万2,000円の減は、負担金額確定により措置するもの。民間保育所等補助事業の民間保育所運営費補助金189万4,000円の増は、実績見込みより増額措置するものでございます。


 4款衛生費、1項保健衛生費、1目保健衛生総務費は55万円を減額し、計を3,667万3,000円とするもので、地下水対策事業は地下水環境保全調査業務委託料の減で、契約の残額を整理したものでございます。


 2目保健センター費は119万7,000円を減額し、計を676万6,000円とするもので、施設維持管理事業の光熱水費は実績見込みにより減額するもの。衛生・空調換気設備保守点検委託料及び清掃業務委託料の減は、契約により残額を整理したものでございます。


 妊婦・乳幼児健康診査事業の107万5,000円の減は、妊婦健康診査委託料を実績見込みにより減額したものでございます。


 3目予防費は159万4,000円を減額し、計を1,833万5,000円とするもので、一般経費は、新型インフルエンザ対策用備品購入事業の執行残額を整理したもの。


 健康教育事業の健康教育講演、講習会等講師謝礼は、執行残額を整理したものでございます。


 健康診査事業は、集団健診等事業実施による残額を整理したもの。


 4目火葬場費は7万9,000円を減額し、計を1,663万3,000円とするもので、火葬場事業は、契約による残額を減額したものでございます。


 次の27ページをお願いいたします。


 2項清掃費、2目塵芥処理費は15万3,000円を増額し、計を1億6,238万6,000円とするもので、塵芥処理事業の消耗品費42万円の減は、ごみ袋購入費を見込みにより減額するもの。湯河原町真鶴町衛生組合負担金の増57万3,000円は、廃木材処理手数料の収入の減に伴い負担金を増額措置するものでございます。


 5款農林水産業費、1項農業費、1目農業委員会費は、歳入に伴い財源更正でございます。


 2目農業総務費は1万3,000円を減額し、計を679万5,000円とするもので、一般経費の消耗品費の減は、農業者年金業務手数料の減に伴い減額するもの。


 2項林業費、1目林業総務費は483万円を減額し、計を496万6,000円とするもので、みどり基金積立事業483万円の減は、基金へ積み立てを予定しておりました水道事業会計償還元金とみどり基金への寄附金の補正額を相殺した額を減額したものでございます。


 2目松くい虫被害対策費は239万4,000円を減額し1,580万1,000円とするもので、松くい虫被害対策事業で、事業執行による残額整理を行ったものでございます。


 3項水産業費、1目水産総務費は2万3,000円を追加し、計を33万7,000円とするもので、一般経費の増は、水産関係事業打合わせ会議が増えたため増額するもの。


 2目水産振興費は92万円を追加し266万円とするもので、水産振興事業の漁業共済掛金補助金の増で、例年ここで補正しております大型定置網に係るもので、加入基準額の一定の町補助分を追加措置するものでございます。


 次の29ページをお願いいたします。


 6款商工観光費、2項1目観光費は24万3,000円を減額し、計を3,514万3,000円とするもので、一般経費40万円の増は、真鶴半島冬花火大会実行委員会助成基金で、花火大会への指定寄附がありました2件40万円を助成金として支出するもの。


 岩海水浴場運営事業17万5,000円の減は、岩海水浴場監視業務委託料で、執行残額を整理するもの。


 観光宣伝事業21万6,000円の減は、印刷製本事業費で、貴船まつりポスター、パンフレット作成事業の執行残額を整理したもの。


 観光施設管理事業の25万2,000円の減は、契約により執行残額を整理したものでございます。


 2目お林展望公園費は24万7,000円を減額し、計を1,604万4,000円とするもので、お林展望公園管理事業で、臨時職員賃金は食堂の臨時職員の賃金の実績見込みにより27万2,000円を減額、消耗品費は食堂及び売店用消耗品が不足するため37万7,000円を増額するもの。燃料費のガス代及び光熱水費は実績見込みにより減額するもの。植栽剪定委託料、見晴らし広場花壇植栽委託料、浄化槽整備保守管理委託料は、契約により残額を整理したものでございます。


 7款土木費、2項道路橋梁費、1目道路維持費は31万9,000円を減額し、計を1,773万8,000円とするもので、道路維持管理事業は、測量等調査業務委託料及び道路台帳補正業務委託料の減で、契約により残額を整理したもの。


 道路維持補修事業は公道公共施設等環境整備作業員賃金の減で、実績見込みにより減額したものでございます。


 2目道路照明費は53万円を減額し420万1,000円とするもので、街灯管理事業の光熱水費の減は、実績見込みにより電気料を減額したものでございます。


 4目臨時道路維持補修費は760万円を減額し、計を6,040万円とするもので、臨時道路維持補修事業の道路維持補修工事費の減は、地域活性化経済危機対策臨時交付金対象事業として実施しました工事の契約による執行残額を減額したものでございます。


 3項港湾費、1目港湾管理費は20万5,000円を減額し、計を1,702万6,000円とするもので、港湾管理施設事業の光熱水費は、港湾管理施設及び琴ヶ浜トイレの水道料を実績見込みにより減額するものでございます。


 次の31ページをお願いいたします。


 右側32ページの説明欄でございます。浄化槽保守管理委託料の減は、契約により残額を整理したものでございます。


 4項都市計画費、1目都市計画総務費は431万8,000円を減額し、計を1億5,968万円とするもので、まちづくり推進事業79万5,000円の減は、コミュニティバス運転手賃金及び空地空家対策臨時職員賃金は、実績見込みにより減額するもの。燃料費はコミュニティバスのガソリン代を実績見込みにより減額するもの。自動車保険料は額確定により減額するもの。耐震改修促進計画策定業務委託は、契約による執行残を整理したものでございます。


 下水道事業特別会計繰出金352万3,000円の減は、事業執行により繰出額が確定したため減額したものでございます。


 2目荒井城址公園費は歳入に伴う財源更正でございます。


 8款1項消防費、1目常備消防費は580万8,000円を減額し、計を1億8,236万8,000円とするもので、消防委託事務費は、湯河原町への消防委託事務費負担金の減で、人件費が減額となったため減額措置したものでございます。


 2目非常備消防費は32万1,000円を減額し、計を2,757万2,000円とするもので、消防自動車譲受事業は、西部警察消防車納車・整備等委託料の減で、事業執行による残額を整理したものでございます。


 9款教育費、1項教育総務費、1目教育委員会費は4万円を減額し90万1,000円とするもので、教育委員会経費の教育委員会委員報酬は、委員欠員期間分を減額するもの。


 2目事務局費は6万4,000円を減額し、計を9,173万9,000円とするもので、教職員等健康管理経費の健康診断委託料8万9,000円の減は、執行残額を整理したもの。


 庁用車管理経費の燃料費2万5,000円の増は、単価アップに伴う不足額を増額するもの。


 次の33ページをお願いいたします。


 3目教育振興費は27万3,000円を減額し、計を1,189万3,000円とするもので、教育振興経費10万円の増は児童生徒文化活動推進事業補助金の増で、昨年秋のインフルエンザの感染で全校児童を対象とした芸術鑑賞に参加できなかった児童のために、新たに芸術鑑賞会を開催するためのものでございます。


 心の教室相談事業の心の教室相談員謝礼の減は、非常勤職員の謝礼を月額から日額に変更したことにより37万9,000円を減額。通信運搬費6,000円の増は、電話相談の増により電話料を増額するものでございます。


 2項小学校費、1目学校管理費は57万3,000円を減額し、計を3,202万8,000円とするもので、学校施設管理運営費の光熱水費48万9,000円の減は、上下水道料及び電気料を実績見込みにより減額するもの。尿ほか検査委託料1万3,000円の減は執行残額を整理したもの。


 情報教育推進事業は、校務用パソコンシステム保守委託料7万1,000円の減で、パソコンの保守をスポット契約としたことにより減額するもの。


 3目給食費は7万3,000円を減額し、計を1,029万1,000円とするもので、給食事業の燃料費7万3,000円の減は、プロパンガスを実績見込みにより減額するものでございます。


 3項中学校費、1目学校管理費は2,848万7,000円を減額し、計を9,518万円とするもので、学校施設管理運営費の減は、小学校同様に光熱水費は実績見込みにより減額するもの、尿ほか検査委託料も同様に執行残額を整理するものでございます。


 情報教育推進事業の減も小学校同様に、校務用パソコン保守委託料を減額するもの。学校施設改修事業は2,832万8,000円を減額するもので、体育館耐震補強等基本・実施設計業務委託料、体育館耐震補強等工事監理業務委託料、体育館耐震補強等改修工事費は、契約による執行残額を減額措置したものでございます。


 次の35ページをお願いいたします。


 5項社会教育費、1目社会教育総務費は116万8,000円を追加し、計を8,828万1,000円とするもので、社会教育関係経費の社会教育委員報酬及び、次の青少年関係経費の青少年指導員報酬は、実績による執行残額を整理したもの。


 (仮称)貝類博物館整備事業は、印刷製本費の増34万2,000円はポストカードの作成費を措置するもの。(仮称)貝類博物館データ入力作業業務委託料7万4,000円の減は契約による残額を整理したもの。備品購入費98万円の増は、エントランス用ソファーや机などの必要備品を購入するため措置するもの。


 4目町民センター費は30万5,000円を減額し、計を1,264万3,000円とするもので、町民センター施設管理経費は契約により執行残額を整理したものでございます。


 6目美術館費は192万5,000円減額し、計を3,374万3,000円とするもので、一般経費から次の中川一政美術館施設管理運営費、その下の特別展事業に係る経費については、実績による執行残額、契約による執行残額を整理したものでございます。


 6項保健体育費、1目保健体育総務費は9万4,000円を減額し、計を550万9,000円とするもので、体育指導委員活動事業の体育指導委員報酬は、実績により執行残額を整理したもの。


 岩ふれあい館管理運営事業の浄化槽設備保守管理業務委託料の減は、契約による執行残額を整理したもの。


 2目体育館運営費は4万3,000円を減額し、計を680万7,000円とするもので、町立体育館施設管理運営事業は、契約による執行残額を整理するものでございます。


 次の37ページをお願いいたします。


 13款1項1目予備費は52万1,000円を減額し、計を2,461万7,000円とするもので、歳入歳出を調整したものでございます。


 以上で説明を終わります。よろしくご審議上、ご承認くださいますようお願いいたします。


○(議長)  これをもっても、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○10番議員(草柳 昭)  36ページにある貝類について関係質問をさせていただきます。


 先日、現地を見学させてもらいました。大分できているというか、内装工事を終わって、貝の展示ですか、その準備をしているようですが、委員会等で真鶴の小松石を使ってほしいという要望もしたはずなんですが、現在使われた様子はないんだけど、今後というか、あと残り一月ないわけだけど、使う場所がどこにあるのかどうか。要するに、前向きに検討しますということでの検討の結果は使わないという方向も聞いていないし、カウンターなどに用いたいという話は聞いたけど、カウンターも木でできている。そういう状況なので、その辺のことをちょっとご説明願いたいんだけど。


○(生涯学習課長)  現在、貝類博物館を建てます真鶴の中庭について、小松石を多数使用しておりまして、観光客にもアピールしてございますが、2階に開館します貝類博物館の小松石の活用というところにつきましては、設計の段階から検討協議を重ねてきました。その結果、あくまでも貝類が主役であるというような博物館であるという観点から、博物館として調和を考慮いたしまして、明るく温かみのある材質の選定をした状況でございます。


 しかしながら、真鶴の地場産業の一つでもある小松石の活用につきましては、やはり必要であるという認識を持っておりますので、真鶴の自然と貝と、また小松石をより融合していることをアピールするためにも、小松石の重厚な色と対比する明るい色の貝の標本を主にするんですが、そちらの方、展示台等の景観材料として活用をしていくというようなところで考えておりまして、現在、その展示産業を進めているという状況でございます。


○10番議員(草柳 昭)  なぜ小松石を使うかということは、地元の産業の大きなウエートを占めているわけです。要するに、カウンターなどに使っていただくということは、一輪挿しなんかを置くと、相乗効果があって、売れるんじゃないかと、そういうふうに思ったわけですが、今後とも、こういうことは事前に、使わないんだったら使わないという趣旨のことを説明していただきたい。言いっ放しで、その結果は何も完成しちゃったものについて物の言いようがないと思うわけです。


 今後とも、要望じゃなく、こういうことは、ちゃんと事前に報告してほしいというふうにお願いします。


 以上です。


○7番議員(神野秀子)  2点ほど質問いたします。


 26ページの放課後児童対策事業費、(仮称)真鶴学童保育実施委託料41万1,000円の減額になっておりますが、この経過というか理由についてご説明をお願いいたします。


○(福祉課長)  現在、真鶴小学校で行われている真鶴キッズクラブということで、財団法人で貴船会との間で契約を結んでいるもので、41万1,000円を減額するもので、ふるさと雇用地域再生特別交付金事業ということで、100%国庫補助事業として3カ年分事業としてやります。経過につきましては、今、申し上げたとおり、財団法人貴船会との契約の執行残ということでございます。


○7番議員(神野秀子)  この学童保育の人数ですが、その辺については計画どおり入所者があるのかどうか、その辺についてもお伺いしたいと思います。


○(福祉課長)  11名おりますので、計画の範囲内で進行しております。


○7番議員(神野秀子)  わかりました。


 次に、34ページの教育振興経費、児童生徒文化活動推進事業補助金、10万円の増となっておりますが、この事業の内容についてお伺いしたいと思います。


○(教育総務課長)  この事業につきましては、先ほど企画調整課長の予算説明の中で申し上げましたが、昨年来のインフルエンザの蔓延ということで、小学校、中学校とも学級閉鎖、あるいは学年閉鎖、毎日のように繰り返されていたと。そういう中で、小学校で、これは保護者も入っている協働事業なんですが、生の演奏とか、あるいは人形劇、あるいは、昨年は影絵を実施したんですが、要するに、プロの演者による生のそういう文化活動、これを子供の目で鑑賞して、いろいろな意味で目を養う、教養もつけるというところで実施している事業で、昨年は今申し上げたとおり、影絵を実施いたしましたが、たまたま小学校のあるクラスがインフルエンザで学級閉鎖と、あとプラス、ほかにもその他の私用もございますが、休んだ子供もいたということで、今回、この補正予算で、何分の1かの予算でございますが、それを使って、今、予定しているのは人形劇、プロの人形集団という人形劇、これを当日休んだ子供、また父兄に参加していただいてやるという事業でございます。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


            (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「平成21年度真鶴町一般会計補正予算(第5号)について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  暫時休憩いたします。


             (休憩 午前11時28分)


             (再開 午後 1時15分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  日程第13、議案第9号「平成21年度真鶴町国民保険事業特別会計(事業勘定)補正予算(第3号)について」を議題といたします。


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第9号は、平成21年度真鶴町国民保険事業特別会計(事業勘定)補正予算(第3号)についてであります。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ926万6,000円を追加し、予算の総額を13億656万6,000円とするものです。


 内容は、歳入では、国庫支出金の療養給付費等負担金の減額と療養給付費等交付金及び前期高齢者交付金の追加、一般会計繰入金の減額が主なもので、歳出では、総務費の連合会負担金の追加が主なものであります。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(町民課長)  議案第9号は、平成21年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(事業勘定)補正予算(第3号)についてであります。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ926万6,000円を追加し、予算の総額を13億656万6,000万円とするものです。


 次の1ページをお願いいたします。


 第1表、歳入歳出予算補正、1、歳入です。


 3款国庫支出金、1項国庫負担金から160万4,000円を減額し、3款の総額を2億7,448万4,000円とするもので、歳入に占める構成割合は21.01%です。


 4款1項療養給付費等交付金に580万1,000円を追加し、4款の総額を4,344万9,000円とするもので、構成割合は3.33%です。


 5款1項前期高齢者交付金に367万5,000円を追加し、5款の総額を2億5,740万7,000円とするもので、構成割合は19.07%です。


 6款県支出金、1項県負担金に9,000円を追加、2項県補助金に21万2,000円を追加、計22万1,000円を追加し、6款の総額を5,401万4,000円とするもので、構成割合は4.13%です。


 8款繰入金、1項他会計繰入金に107万7,000円を追加し、8款の総額を1億575万6,000円とするもので、構成割合は8.09%です。


 9款1項繰越金から1,000円を減額し、9款の総額を9,970万8,000円とするもので、構成割合は7.63%です。


 10款諸収入、3項雑入に9万7,000円を追加し、10款の総額を34万円とするもので、構成割合は0.02%です。


 次の2ページをお願いいたします。


 2、歳出です。


 1款総務費、1項総務管理費に2万6,000円を追加し、1款の総額を3,471万7,000円とするもので、歳出に占める構成割合は2.66%です。


 12款1項予備費に924万円を追加し、12款の総額を2,031万4,000円とするもので、構成割合は1.55%です。


 次に、5ページをお願いいたします。


 内容の説明をさせていただきます。歳入では、国庫支出金以下、交付決定を受け整理するもの、また、歳出でも歳入の額確定を受け整理するものです。


 2、歳入。


 3款国庫支出金、1項国庫負担金、1目療養給付費等負担金より161万3,000円を減額し、計を2億4,249万6,000円とするもので、右側の説明欄のとおり、国から療養給付費等負担金の額変更交付額が示され、一般療養費分が231万9,000円の増額、老人保健拠出金分が7万円の減額、介護納付金分が346万5,000円の減額、後期高齢者支援金分が38万7,000円の減額、病床転換支援金分が9,000円の減額となりました。2節過年度分は当初予算で1,000円を措置させていただいておりましたが、確定により返還による精算となりましたので、整理でございます。


 3目特定健康診査等負担金に9,000円を追加し、計を70万4,000円とするもので、集団による健診実績と個別による健診見込みより算出し、概算交付額が示されたため増額するものです。


 4款1項1目療養給付等交付金に580万1,000円を追加し、計を4,344万9,000円とするもので、社会保険診療報酬支払基金より退職者医療に対する交付金として変更交付額が示されたため増額するもの。


 5款1項1目前期高齢者交付金に367万5,000円を追加し、計を2億5,740万7,000円とするもので、社会保険診療報酬支払基金より前期高齢者医療に対する交付額が増額となったことによるもの。


 6款県支出金、1項県負担金、2目特定健康診査等負担金に9,000円を追加し、計を70万4,000円とするもので、国庫負担金と同様同額に増額するもの。


 2項県補助金、1目県財政調整交付金に21万2,000円を追加し、計を4,661万8,000円とするもので、普通調整交付金の交付申請額の算出により増額するもの。


 次に、7ページをお願いいたします。


 8款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金に107万7,000円を追加し、計を8,075万6,000円とするもので、額改定により保険基盤安定制度繰入金保険税軽減分に91万9,000円を増額、保険者支援分に86万7,000円を増額、財政安定化支援事業繰入金より70万9,000円を減額するもの。


 9款1項繰越金、1目療養給付費交付金繰越金より1,000円を減額し、計をゼロとするもので、退職被保険者等療養給付費交付金繰越金の20年度分は精算確定により発生せず、減額するものです。


 10款諸収入、3項5目雑入に9万7,000円を追加し、計を9万8,000円とするもので、高齢者医療制度円滑運営事業費補助金は、高齢受給者証再交付に要する概算経費に対して補助されるため増額するものでございます。


 次に、9ページをお願いいたします。


 3、歳出です。


 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費より5万2,000円を減額し、計を3,394万4,000円とするもので、電算事務委託料の増額で、歳入で説明しました高齢者医療制度円滑運営事業の高齢者受給者証を再交付するためのシステムの一部修正と作成に係る費用を増額するものでございます。給付システム改修業務委託料の減額は、国保連合会システムで対応できたためにシステム改修委託事業の整理でございます。


 2目連合会負担金に7万8,000円を追加し、計を24万9,000円とするもので、国保連合会負担金の増額は、特定疾患に係るシステムの開発費用を保険者で負担するために増額するものでございます。


 2款保険給付費、1項療養諸費、2目退職被保険者等療養給付費は財源の振り分けを変更するもので、予算額には変更はございません。


 4目退職被保険者等療養給付費も以下同様でございます。


 2項高額療養費、2目退職被保険者等高額療養費、3款1項1目後期高齢者支援金、5款1項老人保健拠出金、1目老人保健拠出金も同様に財源の振り分けを変更するもので、予算額には変更はございません。


 次の11ページをお願いいたします。


 11款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、6目療養給付費返納金も財源振り分けを変更するもので、予算額には変更はございません。


 12款1項1目予備費に924万円を追加し、計を2,031万4,000円とするもので、歳入歳出を調整したものでございます。


 以上で説明を終わります。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


                 (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「平成21年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(事業勘定)補正予算(第3号)について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  日程第14、議案第10号「平成21年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施設勘定)補正予算(第3号)について」を議題といたします。


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第10号は、平成21年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施設勘定)補正予算(第3号)についてであります。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ870万9,000円を減額し、予算の総額を2億6,810万7,000円とするものです。


 歳入では、診療収入を減額し、財政支援のための繰入金を追加するもので、歳出では、総務費で一般管理費の契約に係るものの不用額の整理と医業費での医薬品購入費の増加等が主なものであります。


 詳細につきましては、事務長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(診療所事務長)  議案第10号、平成21年度真鶴町国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)についてご説明いたします。


 第1条は歳入歳出予算の補正で、今回の補正は歳入歳出それぞれ870万9,000円を減額し、予算の総額を2億6,810万7,000円とするものです。


 第2条は、債務負担行為の補正で、限度額と期間に変更が生じたため行うものです。


 次のページをお開きください。


 第1表歳入歳出予算補正、1歳入であります。


 1款診療収入、1項外来収人を1,707万9,000円を減額、2項その他の診療収入を34万5,000円を追加し、合わせて1,673万4,000円を減額し、1款の総額を2億1,498万円とするものです。歳入に占める構成割合は80.18%です。


 3款繰入金、1項他会計繰入金に800万円を追加し、3款の総額を4,905万6,000円とするもので、歳入に占める構成割合は18.30%です。


 5款諸収入、1項雑入に2万5,000円を追加し、5款の総額を12万8,000円とするもので、歳入に占める構成割合は0.05%です。


 2歳出。


 1款総務費、1項施設管理費から174万7,000円を減額し、1款の総額を1億3,284万1,000円とするもので、歳出に占める構成割合は49.55%です。


 2款1項医業費に246万1,000円を追加し、2款の総額を1億977万4,000円とするもので、歳出に占める構成割合は40.94%です。


 4款1項予備費から942万3,000円を減額し、4款の総額を58万9,000円とするもので、歳出に占める構成割合は0.22%です。


 次に、2ページの第2表債務負担行為補正であります。


 医療機器の更新のため、当初予算で措置したものでありますが、掲載された2件に関しまして、去る4月に指名競争入札が行われ、それぞれ、期間と限度額に変更が生じたため補正を行うものであります。


 期間の変更は、入札が4月に行われ、契約が5月から生じたため、最終月が4月となり、期間となる年度が1年繰り下がったためであり、また、限度額については、入札による契約額が低額に抑えられたことによる減額であります。


 次に、5ページをお開きください。内容の説明をさせていただきます。


 2歳入です。


 1款診療収入、1項外来収入、1目国民健康保険診療報酬収入は328万5,000円を減額し、予算の計を5,068万6,000円とするもので、1節現年分で328万5,000円の減で、診療収入につきましては12月診療分までの実績値から残りの見込額を立て減額したものであります。以下、4目の一部負担金収入まで同様の理由でございます。


 2目社会保険診療報酬収入は279万8,000円を減額し、予算の計を4,042万5,000円とするもので、1節現年分で279万8,000円の減であります。


 3目後期高齢者診療報酬収入は920万1,000円を減額し、予算の計を8,486万5,000円とするものです。1節現年分で920万1,000円の減額でございます。


 4目一部負担金収入は251万6,000円を減額し、予算の計を2,706万9,000円とするもので、1節現年分で251万6,000円の減額をするものです。


 1目から4目の診療報酬収入につきましては、患者数の減少により予算額の減となりましたが、インフルエンザ患者に係る診療収入が増となったことから、診療収入全体といたしましては、決算見込みで前年度決算対比で99.18%で、前年度と同額程度が見込まれます。


 5目その他の診療報酬収入は72万1,000円を追加し、予算の計を809万円とするもので、1節現年分で72万1,000円の追加。これは新型インフルエンザワクチン接種収入による増でございます。


 1款診療収入、2項その他の診療収入、1目諸検査等収入は34万5,000円を追加し、予算の計を384万5,000円とするもので、1節健康診断料で34万5,000円の追加で、健康診断受託件数の増によるものでございます。


 3款繰入金、1項他会計繰入金、I目一般会計繰入金は800万円を追加し、予算の計を4,905万6,000円とするもので、1節一般会計繰入金に800万円の追加で、診療収入の増加が見込まれなかったことによる財政支援分として特別繰入れを受けるものであります。


 5款諸収入、1項1目雑入は2万5,000円を追加し、予算の計を12万8,000円とするもので、1節雑入に2万5,000円の追加で、諸雑費等の収入増の見込みによるものでございます。


 次のページをお開きください。


 3、歳出です。


 1款総務費、1項施設管理費、1目一般管理費は174万7,000円を減額し、予算の計を1億3,274万円とするものです。3節職員手当等は4万1,000円を追加し、7節賃金21万2,000円、11節需用費は9万5,000円、12節役務費2万1,000円、13節委託料24万6,000円、14節使用料及び賃借料121万4,000円をそれぞれ減額をするものです。


 内容といたしましては、右列の説明欄の03−08宿日直手当4万1,000円の追加、07−11臨時医師賃金21万2,000円の減額は、臨時医師2名が休診となったための減額で、宿日直手当の追加は休日救急診療日に診療所医師が代診したための手当の追加であります。13節委託料24万6,000円の減額の主なものは、説明欄の施設管理経費の中で13−23、24、26、32、35、この5つの事業が一括入札案件でありまして、落札額の減額によるものでございます。14節使用料及び賃借料121万4,000円減額の主なものは、14−62と64の2件の医療機器のリース更新に際しての入札を実施いたしまして、導入金額が低く抑えられたことによる減額であります。


 次に、2款1項医業費、1目医療用機械器具費20万円を追加、予算の計を104万3,000円とするもので、電子内視鏡の故障による修繕料を追加するものであります。


 3目医薬品衛生材料費は226万1,000円を追加し、予算の計を1億728万5,000円とするもので、その主なものは需用費で、腹部撮影用に関しましてはフイルムを使用しておりますが、その使用量が少なかったため21万6,000円を減額し、薬品代230万5,000円の追加は、新型インフルエンザ流行に係るワクチンとタミフルやリレンザ等の薬品購入費の増加のためであり、11−83の検査試薬代22万円の追加は、インフルエンザに感染しているかどうかの判定の際に使用する簡易キットの購入費の追加が主な要因でございます。


 4款1項1目予備費は942万3,000円を減額し、予算現計を58万9,000円とするもので、歳入歳出を調整したものでございます。


 以上で説明を終わります。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


                 (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「平成21年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施設勘定)補正予算(第3号)について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  日程第15、議案第11号「平成21年度真鶴町下水道事業特別会計補正予算(第2号)について」を議題といたします。


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第11号は、平成21年度真鶴町下水道事業特別会計補正予算(第2号)についてであります。


 今回の補正は、歳入歳出それぞれ1,838万9,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を1億8,428万円とするものです。


 歳入では、負担金及び分担金を追加し、事業費の減による国庫出金、県支出金及び繰入金並びに町債の減額が主なものです。


 歳出では、総務費の下水道総務費の追加と事業費の下水道整備費の減額が主なものです。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(上下水道課長)  議案第11号、平成21年度真鶴町下水道事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。


 第1条は、歳入歳出予算の補正で、歳入歳出それぞれ1,838万9,000円を減額し、予算の総額を1億8,428万円とするものです。


 第2条は、繰越明許費で、翌年度に繰り越して使用することができる経費によるものの定めをするものです。


 第3条は、地方債の補正で、下水道整備に対する限度額の変更を行うものです。


 次のページをお願いします。


 第1表、歳入歳出予算補正、1、歳入。


 1款分担金及び負担金は1項負担金に2万5,000円を追加し、1款の総額を27万5,000円とするもので、歳入に占める構成割合は0.15%。


 2款使用料及び手数料は1項使用料から103万2,000円を減額、2項手数料に11万5,000円を追加、計91万7,000円を減額し、2款の総額を901万円とするもので、構成割合は4.89%。


 3款国庫支出金は1項国庫補助金から535万円を減額し、3款の総額を1,673万円とするもので、構成割合は9.08%。


 4款県支出金は1項県補助金から62万4,000円を減額し、4款の総額を270万1,000円とするもので、構成割合は1.47%。


 5款繰入金は1項他会計繰入金から212万3,000円を減額し、5款の総額を1億2,949万9,000円とするもので、構成割合は70.27%。


 8款1項町債は940万円を減額し、8款の総額を2,200万円とするもので、構成割合は11.94%。


 次に、2、歳出。


 1款総務費は1項下水道総務費に103万7,000円を追加し、1款の総額を5,009万9,000円とするもので、歳出に占める構成割合は27.19%。


 2款1項事業費は1,850万円を減額し、2款の総額を6,366万1,000円とするもので、構成割合は34.55%。


 3款1項公債費は23万3,000円を減額し、3款の総額を7,002万円とするもので、構成割合は37.99%。


 4款1項予備費は69万3,000円を減額し、4款の総額を50万円とするもので、構成割合は0.27%。


 次の3ページをお願いします。


 第2表、繰越明許費です。


 1款総務費、1項下水道総務費は、事業名、マンホール上部補修工事で、金額は170万円です。


 3表、地方債補正につきましては、起債の目的であります公共下水道事業債の限度額を変更するもので、補正前の限度額3,140万円から整備事業費の減により940万円を減額し2,200万円に改めるもので、起債方法、利率、償還の方法については、従前と同様でございます。


 次に、6ページをお願いいたします。


 これより内容の説明をさせていただきます。


 1、歳入。


 1款分担金及び負担金、1項負担金、1目受益者負担金につきましては2万5,000円を追加し27万5,000円とするもので、1節の下水道事業受益者負担金で、当初1年以降2年未満が2万5,000円が6件で15万円、2年以降3年未満が2件で10万円を計上しましたが、実績から1年以降2年未満が1件の2万5,000円、2年以降3年未満が5件の25万円を合わせた27万5,000円の差額を追加とするものです。


 2款使用料及び手数料、1項使用料、1目下水道使用料につきましては103万2,000円を減額し889万3,000円とするもので、1節下水道使用料106万3,000円の減額は、4月から11月までの実績を踏まえ、3月までの収入を見据え減額措置したものです。2節滞納繰越分の3万1,000円の追加は、実績によるものです。


 2項手数料、1目下水道手数料につきましては11万5,000円を追加し11万7,000円とするもので、1節下水道手数料の内訳は、排水設備指定工事店登録等手数料が1件の1万円と工事店証再発行1件2,000円を合わせた1万2,000円から、当初1,000円との差額1万1,000円、また、排水設備責任技術者登録等手数料が新規1件の3,000円、更新が51件の10万2,000円を合わせた10万5,000円から、当初1,000円との差額10万5,000円を追加するものでございます。


 3款国庫支出金、1項国庫補助金、1目下水道費国庫補助金は535万円を減額し1,673万円とするもので、1節の下水道費補助金で、公共下水道事業費補助金の減は、対象事業費の減額によるものでございます。


 4款県支出金、1項県補助金、1目下水道費県補助金につきましては62万4,000円を減額し270万1,000円とするもので、1節の下水道費補助金で、対象事業費の確定等による減額によるものでございます。


 次の8ページをお願いします。


 5款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金については212万3,000円を減額し1億2,949万9,000円とするもので、1節の一般会計繰入金で、内訳は事業費の減額による一般会計繰入金352万3,000円の減額、次の地域活性化・きめ細やかな臨時交付金事業繰入金140万円の追加は、先ほどの第2表の繰越明許費でご説明しましたマンホール上部補修工事に充当するものでございます。


 8款1項町債、1目下水道債については940万円を減額し2,200万円とするもので、1節の公共下水道債は、国庫・県支出金と同様に整備事業費の減によるものです。


 次に、10ページをお願いします。


 3、歳出。


 1款総務費、1項下水道総務費、1目一般管理費につきましては1万1,000円を減額し3,136万3,000円とするもので、説明欄、下水道運営経費の日本下水道協会研修会等負担金1万1,000円の減額で、執行残によるものです。


 2目施設管理費については104万8,000円を追加し1,467万円とするもので、説明欄の施設維持管理費104万8,000円の追加で、11−51光熱水費65万2,000円の減額は、4月から12月の実績と3月までの見込み減額措置したものです。15−01施設補修工事170万円の追加は、先ほどの地域活性化・きめ細やかな臨時交付金制度の事業で、マンホール上部補修工事3カ所分を計上したものです。


 2款1項事業費、1目下水道整備費については1,850万円を減額し6,366万1,000円とするもので、公共下水道整備事業の公共下水道管渠築造工事1,850万円の減額で、事業費確定によるものでございます。


 3款1項公債費、2目利子については23万3,000円を減額し3,173万1,000円とするもので、説明欄、23−01町債償還利子7万1,000円の減額は利率変動によるものです。23−02一時借入金利子16万2,000円の減額は、事業費の減額及び借入日数の見直しによるものです。


 4款1項1目予備費は69万3,000円を減額し50万円とするもので、歳入歳出を調整したものです。


 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださるようお願いいたします。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○6番議員(岩本克美)  先ほどから説明を伺っていまして、下水道関係の整備事業の減という言葉が二、三度、聞かれたわけですけれども、計画どおりに進んでいるのか、それともちょっとおくれぎみなのか、そこだけ教えておいていただきたいと思います。


○(上下水道課長)  補助対象事業でございまして、その時の進み方によりまして、例えば今年度ですと、今回減額した分は翌年度、22年度の方の事業に回す予定になっていますので、すべてがそういったものではないんですが、たまたま今回そういったもので、なお、計画的な部分で進めております。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


                 (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「平成21年度真鶴町下水道事業特別会計補正予算(第2号)について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  日程第16、議案第12号「平成21年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計補正予算(第4号)について」を議題といたします。


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第12号は、平成21年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計補正予算(第4号)についてであります。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ1,115万円を減額し、予算の総額を2億859万5,000円とするものです。


 歳入では、魚座の物品等売払収入の増額及び食堂売上収入の減額とケープ真鶴の物品等売払収入及び食堂売上収入の減額に係るものであります。


 歳出では、消費税及び地方消費税、魚座の臨時職員賃金、ケープ真鶴の物品販売用消耗品及び一般会計繰出金の減額、また、魚座の販売用物品購入費及びケープ真鶴の賄材料費の追加が主なものとなっております。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(産業観光課長)  議案第12号は、平成21年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計補正予算(第4号)についてであります。


 今回の補正は、歳入歳出それぞれ1,115万円を減額し、予算の総額を2億859万5,000円とするものです。


 次の1ページをお願いします。


 第1表、歳出予算補正、1歳入です。


 2款財産収入、2項財産売払収入から1,115万円を減額し、2款総額を1億8,431円とするもので、歳入に占める構成割合は88.36%です。


 2歳出です。


 1款1項魚座運営費から312万7,000円を減額し、1款総額を1億719万8,000円とするもので、歳出に占める構成割合は、51.39%。


 2款1項ケープ真鶴運営費から402万3,000円を減額し、2款総額を8,305万1,000円とするもので、構成割合は39.81%。


 4款諸支出金1項繰出金から400万円を減額し、4款総額を1,000万円とするもので、構成割合は、4.79%です。


 次に、4ページをお願いします。


 内容についてご説明します。


 2歳入です。


 2款財産収入、2項財産売払収入、1目生産品売払収入から1,115万円を減額し、1億8,053万円とするもので、1節物品売払収入は、魚座及びケープ真鶴物品等売払収入が4月から12月までの実績と1月から3月までの見込みにより、それぞれ65万円の増額と500万円の減額をするものです。2節食堂売上収入680万円の減額は、魚座食堂売上収入500万円の減額とケープ真鶴食堂売上収入180万円の減額で、ともに実績見込みにより減額するものです。


 3、歳出。


 1款1項魚座運営費、1目一般管理費から120万8,000円減額し1,805万2,000円とするもので、右側説明欄の一般経費の11−51光熱水費の減は、実績及び見込みにより水道料を減額するもの。昇降機投備、浄化設備保守管理委託料及び清掃業務委託料の減は執行残額で、駐車場整理委託料は実績見込みによる減額、27−91消費税及び地方消費税は、9月の納付実績と見込みにより67万6,000円を減額するものです。


 2目食堂運営費から191万9,000円減額し8,914万6,000円とするもの。食堂運営事業の01−41調理員等報酬の減は、期末手当支給率確定に伴う減額によるもの。04−61社会保険料40万円と07−11臨時職員賃金の175万円の減額は、実績見込みにより減額するもの。13−12業務用廃油処理委託料は、本年度より廃油買取となったため3万2,000円の減額をするものです。11−11販売用物品購入費は実績見込みにより60万円追加するものです。


 6ページをお願いします。


 2款1項ケープ真鶴運営費、1目一般管理費から65万円減額し2,034万3,000円とするもので、右ページ説明欄、一般経費、01−41管理員報酬13万3,000円の減額は、期末手当支給率確定に伴う減額。07−11臨時職員賃金6万7,000円の減は夏期等駐車場整理員賃金の執行残で、光熱水費は、電気料及び水道料を実績を見込みにより減額するもの。浄化槽設備保守管理委託料及び清掃業務委託料は執行残でございます。


 2目食堂等運営費から337万3,000円減額し6,270万8,000円とするもの。食堂等運営事業、07−11臨時職員賃金25万円の減は実績見込みによる減です。11−71賄材料費は、当初賄材料比率を35%で計上しておりましたものを、魚価の高騰により実績が37%でありますので、予算額に不足を生じるため40万円追加をするものです。


 (20)の物品販売事業、11−11消耗品費につきましては、歳入の物品等売払収入の減額に伴い、実績見込みにより販売用物品購入額を350万円減額するものです。


 4款諸支出金1項繰出金1目一般会計繰出金から400万円を減額し、1,000万円とするもので、歳入の減額に対応したものです。


 以上で説明を終了させていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださるようお願いいたします。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○2番議員(村田知章)  2番、村田です。


 昨今の不況からは売り上げが伸び悩むというのはやむを得ないことかなと思いますが、売り上げ、これで見ると、5.8%ですかね、生産品売上収入の大幅の予測、落ち込んでいるということですが、今後、経営努力とか、民間の活力を活用するとか、あるいは、収入を増やすとか、そういうような努力目標などはあるのでしょうか。教えていただきたいと思います。


○(産業観光課長)  ご指摘のとおり、昨今の経済不況により収入等が減っておりますが、いろいろなイベント等を開催していく中で観光客の集客努力をしたり、当初予算の段階では、実績に対して110%の予測を立てた中で予算計上しておりますので、企業努力に対する結果が若干伴っていないことを、今後も一層の努力をしたいというふうに考えております。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


                 (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「平成21年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計補正予算(第4号)について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  日程第17、議案第13号「平成21年度真鶴町介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について」を議題といたします。


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第13号は、平成21年度真鶴町介護保険事業特別会計補正予算(第3号)についてであります。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ553万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を6億1,769万7,000円とするものです。


 主な内容としましては、歳入では、介護サービス等給付費の増加に伴い、国・県支出金の介護給付費負担金、介護給付費交付金及び介護給付費基金繰入金等の追加を、歳出では、介護サービス等給付費を追加するものです。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(介護健康課長)  議案第13号、平成21年度真鶴町介護保険事業特別会計補正予算(第3号)についてご説明いたします。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ553万6,000円を追加し、歳入歳出それぞれ6億1,769万7,000円とするものです。


 1ページ、第1表、歳入歳出予算補正をごらんください。


 1歳入です。


 3款国庫支出金、1項国庫負担金は73万4,000円を追加、2項国庫補助金は7万円を追加、計80万4,000円を追加し、3款総額を1億2,545万2,000円とするもので、歳入に占める構成割合は20.31%です。


 4款1項支払基金交付金は55万8,000円を追加し、4款総額を1億6,589万1,000円とするもので、構成割合は26.86%です。


 5款県支出金、1項県負担金は87万1,000円を追加、2項県補助金は、12万円を減額、計75万1,000円を追加し、5款総額を8,599万1,000円とするもので、構成割合は13.92%です。


 6款繰入金、1項一般会計繰入金は65万5,000円を追加、2項基金繰入金は276万8,000円を追加、計342万3,000円を追加し、6款総額を1億2,565万7,000円とするもので、構成割合は20.34%です。


 2ページをごらんください。


 2歳出です。


 2款保険給付費、1項介護サービス等諸費は408万8,000円を追加、2項介護予防サービス等諸費は109万4,000円を追加、3項その他諸費は6,000円を追加、4項高額介護サービス等費は33万4,000円を追加、6項特定入所者介護サービス等費は66万2,000円を追加、計618万4,000円を追加し、2款総額を5億5,083万円とするもので、歳出に占める構成割合は89.17%です。


 3款地域支援事業費、1項介護予防事業費は13万1,000円を減額、2項包括的支援事業任意事業費は51万7,000円を減額、計64万8,000円を減額し、3款総額を895万7,000円とするもので、構成割合は1.45%です。


 5ページをごらんください。内容の説明をします。


 2、歳入。


 3款国庫支出金、1項国庫負担金、1目介護給付費負担金は73万4,000円を追加し9,465万5,000円とするもので、1節現年度分、介護給付費国庫負担金は、追加する保険給付費618万4,000円のうち、居宅介護サービス費分の20%、施設介護サービス分の15%相当額を追加するものです。


 2項国庫補助金、1目調整交付金は30万9,000円を追加し2,754万1,000円とするもので、1節現年度分、調整交付金は追加する保険給付費総額の5%相当額を追加するものです。


 2目地域支援事業介護予防交付金は3万2,000円を減額し53万5,000円とするもので、1節現年度分、地域支援事業介護予防交付金は、減額する予防事業費総額の25%相当額を減額するものです。


 3目地域支援事業包括的支援等交付金は20万7,000円を減額し272万1,000円とするもので、1節現年度分、地域支援事業包括的支援等交付金は、減額する支援事業費総額の40%相当額を減額するものです。


 4款1項支払基金交付金、1目介護給付費交付金は59万7,000円を追加し1億6,524万9,000円とするもので、1節現年度分、支払基金交付金は、追加する保険給付費総額の30%相当額を追加するものです。


 2目地域支援事業支援交付金は3万9,000円を減額し64万2,000円とするもので、1節現年度分、地域支援事業支援交付金は、減額する予防事業費総額の30%相当額を減額するものです。


 5款県支出金、1項県負担金、1目介護給付費負担金は87万1,000円を追加し8,436万4,000円とするもので、1節現年度分、介護給付費県負担金は、追加する保険給付費総額のうち、居宅介護サービス費分の12.5%、施設介護サービス分の17.5%相当分を追加するものです。


 7ページをお願いいたします。


 2項県補助金、1目地域支援事業介護予防交付金は1万6,000円を減額し26万7,000円とするもので、1節現年度分、地域支援事業介護予防交付金は、減額する予防事業費総額の12.5%相当額を減額するものです。


 2目地域支援事業包括的支援等交付金は10万4,000円を減額し136万円とするもので、1節現年度分、地域支援事業包括的支援等交付金は、減額する支援事業費総額の20%相当額を減額するものです。


 6款繰入金、1項一般会計繰入金、1目介護給付費繰入金は77万4,000円を追加し6,885万4,000円とするもので、1節現年度分、介護給付費繰入金は、追加する保険給付費総額の12.5%相当額を繰入するものです。


 2目地域支援事業介護予防繰入金は1万5,000円を減額し26万8,000円とするもので、1節現年度分、地域支援事業繰入金介護予防事業は、減額する予防事業費総額の12.5%相当額を減額するものです。


 3目地域支援事業包括的支援等繰入金は10万4,000円を減額し、137万4,000円とするもので、1節現年度分、地域支援事業繰入金包括的支援任意事業は、減額する支援事業費総額の20%相当額を減額するものです。


 2項基金繰入金、1目介護給付費支払基金繰入金は276万8,000円を追加し1,053万2,000円とするもので、1節介護給付費支払基金繰入金は、介護保険料の余剰金を積み立てしていたものを追加する介護保険給付費等の財源として繰り入れするものです。これにより介護給付費支払基金の残高は1,834万9,994円の見込みです。


 9ページをお願いします。


 3歳出。


 2款保険給付費、1項介護サービス等諸費、1目介護サービス等給付費は408万8,000円を追加し4億9,049万6,000円とするもので、19節負担金補助及び交付金、介護サービス等給付費負担金は、居宅サービス利用は、昨年度度当初より月当たり利用単価が実績で106万5,000円、また施設サービス利用は月当たり利用単価が実績で168万8,000円上昇していることにより、給付費の増加が見込まれるため追加をするものです。


 2項介護予防サービス等諸費、1目介護予防サービス等給付費は109万4,000円を追加し2,834万1,000円とするもので、19節負担金補助及び交付金、介護予防サービス等給付費負担金は、予防サービス利用は、年度当初より月当たり利用単価が実績で55万4,000円上昇していることにより、給付費の増加が見込まれるため追加をするものです。


 3項その他諸費、1目審査支払手数料は6,000円を追加し51万8,000円とするもので、12節役務費手数料は、1件の単価65円の90件分の追加をするものです。


 4項1目高額介護サービス等費は33万4,000円を追加し884万7,000円とするもので、19節負担金補助及び交付金、高額介護サービス等費負担金は1割の自己負担があり、一定額を超えた分が公費負担となるものです。償還払いは年度当初より月当たり利用単価が実績で13万7,000円上昇していることにより、給付費の増加が見込まれるため追加をするものです。


 5項1目高額医療合算介護サービス等費は、補正額ゼロの財源補正です。


 11ページをお願いします。


 6項1目特定入所者介護サービス等費は66万2,000円を追加し2,162万8,000円とするもので、19節負担金補助及び交付金、特定入所者介護サービス費負担金は、所得の低い方の負担を軽減するというものですが、年度当初より月当たり利用単価が実績で30万2,000円上昇していることにより、給付費の増加が見込まれるため追加をするものです。


 3款地域支援事業費、1項介護予防事業費、1目介護予防特定高齢者施策事業費は12万1,000円を減額し44万円とするもので、特定高齢者スクリーニング事業、13−11生活機能評価健康診査委託料は、特定高齢者を選定するための健康診査を15人見込んでおりましたが、受診率が低く5人のみの受診となったことによる減額、通所介護予防事業の減額は、医師や講師の保険料額の変更に伴うもの及び交渉による委託料の変更でございます。


 2目介護予防一般高齢者施策事業費は1万円を減額し170万円とするもので、地域介護予防活動支援事業、08−11講師謝礼等は、認知症サポーター講習会講師を町職員で対応したことによる減額です。


 2項包括的支援事業任意事業費、1目地域包括支援センター運営費は10万円を減額し648万円とするもので、地域包括支援センター運営費、08−11報償費は、委員11名の予算計上をしておりましたが、2グループに分けて実施しているため、偶数人数の10名に変更したことによる委員1名分の減額です。その他は執行残を整理したものでございます。


 2目任意事業費は41万7,000円を減額し33万7,000円とするもので、家族介護支援事業、20−11扶助費は、在宅で非課税世帯に属する要介護4以上の方に対し介護用品に対する支援を行うというものですが、当初4名分を見込んでおりましたが、死亡及び非課税者でなくなった方が出たことによる減額です。また、成年後見制度利用支援事業、08−11報償費は、対象者の成年後見人の選定が1月からとなったことによる減額です。


 以上で説明を終わります。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


                 (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「平成21年度真鶴町介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  日程第18、議案第14号「平成21年度真鶴町水道事業会計補正予算(第4号)について」を議題といたします。


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第14号は、平成21年度真鶴町水道事業会計補正予算(第4号)についてであります。


 今回の補正は、収益的収入及び支出と資本的収入及び支出の補正であります。


 収益的収入では、水道事業収益に67万7,000円を追加し、総額を2億4,810万9,000円に、支出では、水道事業費用に615万3,000円を追加し、総額を2億5,112万9,000円とするものです。


 資本的収入では、企業債から960万円を減額、出資金に290万円を追加し、総額を5,130万円に、資本的支出では、建設改良費から707万7,000円及び他会計長期借入金償還金を2,000万円減額し、総額を1億1,892万8,000円とするものです。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(上下水道課長)  議案第14号、平成21年度真鶴町水道事業会計補正予算(第4号)についてご説明いたします。


 第2条は、予算第3条の収益的収入及び支出の補正です。


 収入の第1款水道事業収益は、第1項の営業収益に225万9,000円追加、第2項の営業外収益から158万2,000円減額、計67万7,000円を追加し、1款の総額を2億4,810万9,000円とするものです。


 支出の第1款水道事業費用は、第1項の営業費用に95万円、第2項の営業外費用に520万3,000円、計615万3,000円を追加し、1款の総額を2億5,112万9,000円とするものです。


 第3条は、予算第4条の資本的収入及び支出の補正です。


 収入の第1款資本的収入は、第1項の企業債から960万円を減額、第2項の出資金に290万円を追加、計670万円を減額し、1款の総額を5,130万円とするものです。


 支出の第1款資本的支出は、第1項の建設改良費から707万7,000円、第3項の他会計長期借入金償還金を2,000万円、計2,707万7,000円を減額し、1款の総額を1億1,892万8,000円とするもので、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額6,762万8,000円は、過年度分損益勘定留保資金6,532万1,000円と当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額230万7,000円で補てんするものです。


 第4条は、予算第5条の企業債の限度額で、3,800万円から960万円減額し2,840万円に改めるものです。


 第5条は、予算第8条のたな卸し資産の購入限度額で、297万6,000円から1万円を減額し296万6,000円に改めるものでございます。


 次に、8ページをお願いします。


 水道事業会計補正予算(第4号)の明細書でございます。


 収益的収入及び支出。


 収入の1款水道事業収益は67万7,000円を追加し、計を2億4,810万9,000円とするものです。


 1項営業収益の1目給水収益は256万9,000円を追加し2億4,422万6,000円とするもので、節の水道使用料で、実績を踏まえ見込み、追加措置したものです。


 2目受託工事収益は3万1,000千円を減額し59万8,000円とするもので、節の修繕工事収益を実績と今後の見込みから減額したものです。


 3目その他営業収益は27万9,000円を減額し26万1,000円とするもので、節の材料売却収益を実績を踏まえ減額したものです。


 2項営業外収益の2目加入金は210万円を減額し210万円とするもので、節の水道利用加入金は、4月から12月の実績と1月から3月の見込みから減額したものです。


 3目雑収益は51万8,000円を減額し92万3,000円とするもので、節の不用品売却益は5,000円減額、雑収益は52万3,000円を追加するもので、いずれも実績を踏まえ見込み計上したものでございます。


 次に、10ページをお願いします。


 支出の1款水道事業費用は615万3,000円を追加し、計を2億5,112万9,000円とするものです。


 1項営業費用の1目原水配水及び給水費は137万8,000円を減額し9,814万2,000円とするもので、節の燃料費2万2,000円の追加は、実績を踏まえ追加措置をしたものです。委託料180万円の減額は、主に額確定による執行残を整理したものです。修繕費の40万円の追加は、実績と今後の見込みから追加いたしました。


 2目受託工事費は8万4,000円を減額し56万7,000円とするもので、節の消耗品費の4万2,000円と修繕費の4万2,000円の減額は、いずれも実績を見据え減額したものです。


 3目総係費は6万4,000円を減額し2,094万1,000円とするもので、節の報酬は水道料金審議会委員報酬の実績による減額でございます。


 4目減価償却費は28万5,000円を追加し6,718万4,000円とするもので、節の構築物減価償却費2万8,000円、機械及び装置減価償却費25万7,000円の追加は、いずれも償却額確定による追加でございます。


 5目資産減耗費は219万1,000円を追加です。節の固定資産除去費の内容は、構築物1件3万5,194円で、県道真鶴半島公園線(幸路坂453−7〜天井511)のメカニカルジョイント型高級鋳鉄管121.99メーター、これは昭和41年度に取得したものでございますが、今年度県道739号線配水管布設替工事入替により除去しました。次に、機械及び装置2件、212万1,481円で、1件目は、テレメーター中央監視制御、これは昭和61度取得分、209万8,390円で、今年度遠方監視制御装置更新工事に伴い役場水道班内に設置のテレメーターを撤去。2件目は、検満量水器取替で2万3,091円。内訳は13ミリ口径、これは昭和11年度取得の量水器を除去、288個分、2万1,816円、また、20ミリ、これは昭和13年度取得の量水器を除去です、8個、1,275円。次に、工具器具及び備品、これは使用不能のため廃棄ということで、4件分、3万4,150円でございます。その内訳は、草刈機(昭和53年度取得分)、6,800円、配水管維持修繕用ランマー(昭和46年度取得)1万5,000円、夜間工事照明用ポータブル発電機(昭和42年度取得)9,450円、その他工事器具及び備品現場用カメラ(平成4年度取得)2,900円。以上が固定資産除去費219万1,000円の内容でございます。


 2項営業外費用の1目支払利子は63万7,000円を減額し3,818万3,000円とするもので、節の企業債利息を減額するものです。


 2目雑支出は1万円を減額するもので、節の不用品売却原価で、実績と今後の見込みから減額いたしました。


 3目消費税は585万円を追加し585万1,000円とするもので、節の消費税、本年度の見込み納税額を措置したものでございます。


 次の12ページをお願いします。


 資本的収入及び支出。


 収入。


 1款資本的収入の1項1目企業債は960万円を減額し、計を2,840万円とするもので、節の企業債は額確定により減額するものです。


 2項出資金の1目一般会計出資金は290万円を追加し、計を2,290万円とするもので、地域活性化・きめ細やかな臨時交付金を受けるため、追加措置したものです。


 14ページをお願いします。


 支出です。


 1款資本的支出、1項建設改良費、1目配水設備工事費は707万7,000円を減額し、計を5,203万8,000円とするもので、節の工事請負費602万7,000円の減額は、額確定による減額分960万7,000円から、先ほどの出資金の地域活性化・きめ細やかな臨時交付金の対象事業であります、用留配水池残塩濃度測定器更新工事と並松配水池水位計更新工事の事業費358万円との差引額602万7,000円と執行残による委託料の105万円を減額するものでございます。


 3項1目他会計長期借入金償還金は2,000万円を減額し、計をゼロとするもので、事業運営に基づき償還を先送りにしたことによるものです。


 以上で説明を終わりにさせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認いただくようお願いいたします。


○(議長)  これをもって、提案理由の説明を終わります。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


                 (全員起立)


○(議長)  全員賛成。よって、「平成21年度真鶴町水道事業会計補正予算(第4号)について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  暫時休憩いたします。


              (休憩 午後2時30分)


              (再開 午後3時30分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  日程第19、町長の施政方針を求めます。


○(町長)  それでは、しばらくの間、ご清聴、お願いいたします。


 平成22年度当初予算案を上程するに当たりまして、私の施政方針について所信を申し上げます。


               


 以上、平成22年度の施政方針と会計ごとの予算の概要について申し述べましたが、これらに対する行財政運営や、その執行に当たりまして、町議会及び町民各位のご意見、ご要望を十分尊重し、住民福祉の向上を最大の目標として取り組んでまいる所存ですので、重ねて皆様のご理解とご協力をお願い申し上げ、私の施政方針といたします。


 ご清聴、ありがとうございます。


○(議長)  これをもって、施政方針報告を終わります。


○(議長)  以上で、本日の日程は全部終了しました。


○(議長)  本日は、これで散会いたします。


 明日は、午前10時から本会議を再開いたします。


             (散会 午後4時17分)