議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 真鶴町

平成20年第3回定例会(第1日 9月 3日)




平成20年第3回定例会(第1日 9月 3日)





       平成20年第3回真鶴町議会定例会会議録(第1日)


            平成20年9月3日(水)


 
1.出席議員 10名


 1番   二 見 和 幸         7番   神 野 秀 子


 2番   欠席              8番   露 木 八 郎


 3番   草 柳   昭         9番   岡ノ谷 佳 子


 4番   欠員             10番   福 井 弘 行


 5番   黒 岩 宏 次        11番   青 木   茂


 6番   奥 津 光 隆        12番   川 崎 日出男





2.欠席議員  1名


      青 木   透





3.執行部出席者


町長        青 木   健    介護健康課長    朝 倉 久 泰


副町長       長谷川 勝 己    福祉課長      高 畑 誠 二


教育長       松 本 吉之助    診療所事務長    奥 野   憲


会計課長      森   敦 彦    教育総務課長    平 井 敬 一


税務課長      二 見 良 幸    生涯学習課長    青 木   肇


管理課長      青 木 幹 夫    産業観光課長    細 田 政 広


企画調整課長    井 上 準 一    まちづくり課長   土 屋   茂


環境防災課長    青 木 富士夫    上下水道課長    廣 石 逸 雄


町民課長      青 木 幸 夫





4.出席した議会書記


議会事務局長    宇 賀 一 章


書     記   峯 尾 龍 夫    書     記   青 木 守 夫





5.議事日程


  別紙日程表のとおり


           (開会 午前10時01分)


○(議長)  皆さん、おはようございます。


 まず、開会に先立ちまして、8月6日に、青木浩君が逝去されました。


 謹んでご冥福をお祈りし、黙祷を捧げたいと思いますので、ご起立お願いいたします。


 黙祷始め。


 黙祷を終わります。


 着席してください。


○(議長)  ただいまの出席議員は8名で、定足数に達しておりますので、これより平成20年第3回真鶴町議会定例会を開会いたします。


○(議長)  本定例会の会期は、本日から9月5日までの、3日間にしたいと思います。ご異議ありませんか。


            (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。会期は、本日から9月5日までの、3日間に決定いたしました。


○(議長)  会議録署名議員は、会議規則第116条の規定によって、6番奥津光隆君、及び11番青木茂君を指名します。


○(議長)  これから、諸般の報告をします。


 農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定に基づく、選任による委員につきましては、諸般の事情により推薦しないことと報告いたしましたので、ご報告します。


○(議長)  議長の諸般報告ですが、20年4月から本定例会までの報告事項について印刷をし、皆様のお手元に配布いたしておりますが、その報告書をもって報告にかえさせていただきます。


 これで諸般の報告を終わります。


○(議長)  これから、本日の会議を開きます。


○(議長)  本日の議事日程は、お手元に配布のとおりであります。


○(議長)  これより、日程に従い審議を進めます。


○(議長)  日程第1、議案第36号「専決処分の承認を求めることについて」(平成20年度真鶴町一般会計補正予算(第2号)を議題といたします。


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  おはようございます。議案第36号は、専決処分の承認を求めることについてであります。


 今回の専決処分については、平成20年度真鶴町一般会計補正予算第2号による予算措置であります。


 平成20年8月6日に、町議会議長より公職選挙法第111条第1項第3号の規定に基づき、議員に欠員が生じた旨の通知を町選挙管理委員会が受けたことに伴い、議会議員補欠選挙を執行する必要が生じましたが、これに要する経費を予算措置するのに急施を要するたるめ、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をしたものであります。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(企画調整課長)  おはようございます。それでは、議案第36号、専決処分の承認を求めることについての内容説明をさせていただきます。


 今回の専決処分の内容につきましては、ただいま町長より提案理由で述べたとおり、9月21日執行の町議会議員補欠選挙の執行経費を予算化した平成20年度真鶴町一般会計補正予算第2号に係るものでございます。


 8月6日になした本処分について、地方自治法第179条第3項の規定により、次の議会である本定例会に報告し、承認を求めるものでございます。


 内容は議案の3枚目の補正予算書により、その概要を説明させていただきます。恐れ入ります。議案の3枚目をお願いいたします。


 平成20年度真鶴町一般会計補正予算第2号です。この補正予算は、一般財源のみで、歳出だけのものでございます。


 次の1ページをお願いいたします。第1表、歳出予算補正、1、歳出です。


 2款総務費は4項選挙費に127万5,000円を追加し、2款総額を4億2,840万8,000円とするもので、歳出に占める構成割合は15.01%。


 12款1項予備費は127万5,000円を減額し、12款総額を1,413万円とするもので、構成割合は0.49%です。


 次の2ページをお願いいたします。内容説明をさせていただきます。ページの中段ほどでございます。


 2、歳出、2款総務費、4項選挙費、13目町議会議員補欠選挙費で127万5,000円を新たに追加するものです。内訳につきましては右側ページでございますが、01―93選挙立会人の増、2万7,000円は3名分でのもの。投開票事務従事者手当の増、14万7,000円は5名分。消耗品費の増、26万4,000円はポスター掲示板ほか事務用でのもの。食料費の増、7,000円は事務従事者昼、夕食代でのもの。印刷製本費の増、39万8,000円は選挙公報、投票用紙等でのもの。通信運搬費の増、12万円は選挙運動通常はがきでのもの。手数料の増、6万7,000円は投票用紙計数器点検でのもの。ポスター掲示場設置等委託料の増、24万5.000円は掲示設置及び撤去に要するものでございます。


 次に、12款1項1目予備費は127万5,000円を減額し1,413万円とするもので、歳出予算の調整をしたものです。


 以上で説明を終わります。


 よろしくご審議の上、ご承認くださるようお願い申し上げます。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して、採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


            (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


 よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、承認することに賛成の方の起立を求めます。


               (全員起立)  欠席議員 2番・10番・12番


○(議長)  全員賛成。


○(議長)  よって、「専決処分の承認を求めることについて」(平成20年度真鶴町一般会計補正予算(第2号))の件は、承認することに決しました。


○(議長)  日程第2、議案第37号「真鶴町税条例の一部を改正する条例の制定について」を議題といたします。


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第37号は、真鶴町税条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律並びに公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律が、本年12月1日に施行されることに伴い、本町税条例に所要の改正の必要が生じたことから、本案を提案するものであります。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(税務課長)  議案第37号、真鶴町税条例の一部を改正する条例の制定についての内容説明させていただきます。


 町長の提案理由にありましたとおり、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年法律第48号)並びに公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律(平成18年法律第50号)が本年12月1日に施行されることに伴いまして、町税条例についても所要の改正をする必要が生じましたことから、本条例案を提出するものでございます。


 今回の改正につきましては、税額及び税率に関するものはございません。町民税の減免の対象となるものを定めました文言の変更でございます。詳細につきましては議案第37号資料、真鶴町税条例の一部を改正する条例新旧対照表にて説明をさせていただきます。恐れ入りますが、資料をお願いいたします。


 左が改正後、右が改正前であります。


 第18条をお願いします。第1項の第1号から第6号までで、町民税の減免の対象者を規定しておりますが、下線を付してあります、改正前の「第5号民法第34条の公益法人(収益事業をあわせて行うものを除く。)」を、改正後の「第5号 公益社団法人及び公益財団法人」に改めるものでございます。


 これは民法で規定します法人に関する諸規定が、「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」に移り、現行の公益法人が公益社団法人または公益財団法人に移行することよるものでございます。


 改正内容をについては、以上のとおりでございます。


 それでは、改正条例本文にお戻りください。


 下段の附則をごらんください。


 この条例は平成20年12月1日により施行する。


 以上、簡単ではありますが、内容説明を終らせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださいますよう、よろしくお願いいたします。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○6番議員(奥津光隆)  これは具体的には町内には、それに該当する法人というのはないんでしょうか、あるんでしょうか。もしあるとすれば、それは具体的には何社あって、金額はどれぐらいの減免になるということを具体的にわかれば教えてください。


○(税務課長)  お答えいたします。これに該当する法人というのはございません。平成20年度町民税の減免につきましては、1件のみでございます。これは資料にございましたように、第2号に規定してございます。生活保護法の規定により保護を受けている方のみでございます。住民税につきましては、所得があった年の翌年度課税となります。このケースで言いますと、平成19年中に収入がありましたので、平成20年度は課税となったわけですが、その後、何らかの都合により収入が途絶え、生活保護を受けられたというケースでございます。


 以上でございます。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して、採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


            (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


 よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


               (全員起立)  欠席議員 2番・10番・12番


○(議長)  全員賛成。


○(議長)  よって、「真鶴税条例の一部を改正する条例の制定について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  日程第3、議案第38号「町道路線の認定ついて」及び日程第4、議案第39号「町道路線の認定について」を一括議題といたします。


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第38号及び39号は、町道路線の認定についてであります。


 両議案とも、真鶴町字大浜・旧トヨタ保養所跡地の開発行為に伴い、開発区域内道路が町に帰属されたことにより、町道認定を行いたく、提案するものでありです。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(まちづくり課長)  議案第38号、議案第39号は、同一開発区域内の道路路線の認定についてでありますので、一括説明とさせていただきます。


 道路法第8条第2項の規定により、町道の路線を認定することについて議会の議決を求めるものです。


 議案第38号です。


 次のページをお願いします。路線認定調書です。


 路線番号・662、路線名・真第662号線、起点・真鶴町真鶴字大浜1292番54地先から、終点・真鶴町真鶴字大浜1292番58地先までです。


 次に、議案第39号です。


 次のページをお願いします。路線認定調書です。


 路線番号・663、路線名・真第663号線、起点・真鶴町真鶴字大浜1292番60地先から、終点・真鶴町真鶴字大浜1292番62地先までです。


 それぞれ開発行為に伴う区域内道路が町に帰属されたことにより町道路線の認定を行うために提案するものです。


 議案第38号、議案第39号資料をお願いします。


 次のページです。位置図です。


 場所は、真鶴町真鶴字大浜の旧トヨタ保養所跡地です。


 次のページをお願いいたします。公図写しです。


 赤色の囲み線の表示が町道真第662号線で、青色の囲み線の表示が町道真第663号線です。


 次のページをお願いします。平面図です。


 赤色の囲み線で表示されているのが、町道真第662号線で、延長が41.5メートル、幅員4.5メートルから9.1メートルです。青色の囲み線で表示されているのが、町道真第663号線で、延長5メートル、幅員5メートルから9.3メートルです。両路線とも、起点がフラスコ型で終点が矢印となっております。


 以上で説明を終らせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださるようお願いいたします。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○6番議員(奥津光隆)  これは開発行為としては分譲住宅ということでおやりになるようで、当然、これはまちづくり条例にのっとった開発行為だろうとは思いますけれども、ここでちょっと疑問に思いますのは、これははっきり言って、行き止まりの道路で、こういう開発行為、この費用は当然業者が全部つくって町に移管ということで理解していいですね。


 それと、もう一つは、奥にあります行き当たりの1274番とか、そのほか1275番ですか、右側の字違いの場所、これは一段高低差があるのかということと、それから、それの場合に、これがもしくの字のようなところであるならば、もう少しですから、町道として、この1274番ぐらいまで引っつけるような、何かそういう配慮があったかどうか。その辺のことも含めて担当委員会等で、これはどういうふうな審議をされたか、その辺の経過も伺いたいと思います。


○(まちづくり課長)  まず、道路の費用につきましては、全額開発業者の負担ということになっております。


 それから、くの字道路の形態なんですが、これにつきましても、要綱の中で定めた基準を満たしているということでございます。35メートル以内に行き止まりの場合は車回しをつけるということで、この5メートルの道路があるということでございます。


 それから字違いの道路ですが、これは県道の部分になっています。県道と開発の宅盤番との高低差は4、5メートルありますので、これを県道に結びつけるということは、ちょっと難しく問題があると思います。


 以上でございます。


○6番議員(奥津光隆)  確認です。そうすると、1274番とか1275番は、入る道路が別にあるわけですね。一番右側です。凡例の上、すぐ上のこれあたりはどうなっているのかなというような、ちょっと心配なんです。それがほかの道路に接し、なおかつ、いわゆる囲繞地でないという。


○(まちづくり課長)  県道ですが、位置図を見ていただければおわかりになると思いますが、1271番、そこには県道から道が入っております。


○6番議員(奥津光隆)  いや、74番、75番。右側。右のどん詰まりの奥が、どういう状況になっているか。これが全然道路に接していないとなると、ちょっとした配慮でね、この人たちも利便を受けるだろうと、町道になる以上は。どうなんでしょうか。その辺の配慮をしている。


○(まちづくり課長)  ご指摘の土地につきましては、周りが1人の所有者であり、県道に接続していると。その下につきましては、位置図で見ますと、緑色の囲み線、この道路がずっと続いておりまして、それに接続しているという状況です。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して、採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


            (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


 よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  議案第38号は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


               (全員起立)  欠席議員 2番・10番・12番


○(議長)  全員賛成。


 よって、「町道路線の認定について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  議案第39号は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


               (全員起立)  欠席議員 2番・10番・12番


○(議長)  全員賛成。


 よって、「町道路線の認定について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  日程第5、議案第40号「町道路線の変更ついて」を議題といたします。


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第40号は、町道路線変更についてであります。


 日本道路公団により施工された真鶴有料道路料金所近くの新島歩道橋は、町道第378号線の一部でありますが、老朽化等により危険であることから、通行の安全を図るため路線の変更をいたしたく提案するものであります。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(まちづくり課長)  議案第40号は、町道路線の変更です。


 道路法第10条第2項の規定により町道路線を変更することについて議会の議決を求めるものです。


 真鶴有料道路・料金所の建設に伴い、日本道路公団により施工された町道真第378号線の一部(新島歩道橋)が老朽化により危険な状況であるため、道路として管理することが難しいので一部を変更したく提案するものです。


 次のページをお願いします。路線認定調書です。


 路線番号・378、新旧の別・旧、路線名・真第378号線、起点・真鶴町岩字新島904番1地先から、終点・真鶴町岩字新島902番1地先までが、新旧の別・新、路線名・真第378号線、起点・真鶴町岩字新島904番1地先から、終点・真鶴町岩字新島899番5地先までに変更するものです。


 議案第40号資料をご用意ください。


 次のページをお願いします。位置図です。


 場所は、真鶴有料道路料金所付近です。桃色及び山吹色で表示されているのが町道真第378号線です。


 次のページをお願いいたします。公図写しです。


 次のページをお願いします。道路台帳図です。


 山吹色で表示されているところが町道区間を廃止するところでございます。これは町道真第378号線の一部に真鶴有料道路を横断する新島歩道橋がございます。この陸橋は昭和55年に日本道路公団により設置されたものです。築28年が経過し、老朽化により破損し危険な状況であるため、平成18年11月より通行止めとさせていただいております。


 現在、陸橋下の真鶴有料道路を管理する神奈川県道路公社と同陸橋の維持管理について協議した結果、同陸橋の歩行者はほとんどなく、このままの状態では倒壊のおそれもあり、通行車両に危険を及ぼすことも考慮されるため、同陸橋を撤去するに当たり、町道路線を変更するものであります。


 変更後の町道真第378号線は、青色のがフラスコ型から赤色の矢印までとするものです。


 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださるようお願いいたします。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○5番議員(黒岩宏次)  この赤い道路なんですけれども、今回は、その先の有料道路の工事の新道ができたときに、住民の要望で新島歩道橋というのができたわけですけれども、これがないと海まで行く道が途中で切れてしまうということで、理由は、今、聞いて、やむを得ないと思うんですけれども、この赤い道路については、ちゃんと管理はされているのかどうか。町道として。今の先の方について提案はいいんですけれども。されていると思えないような現状があるんじゃないかと思うんですけど、その辺について、関連をして質問をしたいと思います。


○(まちづくり課長)  先ほどご説明しました道路台帳図をごらんいただきたいと思うんですが、赤いところと言いますと、桃色で塗られている部分でございますが、一部未供用区間がございます。72メートルほどございます。この区間につきましては、もう崖地ということで、道路の形態がほとんどないという状況でございます。


○5番議員(黒岩宏次)  今の答弁はそのとおりなんですけれども、それまでの道路ですね。もし、管理が十分されていないとしたら、やっぱり、きちっと管理を今後していくということが必要だと思いますので、その辺をもう一度再度。


○(まちづくり課長)  ご指摘の道路につきましては、2、3軒下の方にございます。その方たちから随時連絡をいただいているところについては、その都度、補修等を行っております。


○5番議員(黒岩宏次)  再確認をしていただいて、もう一度、あの道路の管理の問題について、私の認識とちょっと違うので、それは現場をもう一回確認していただきたいと思います。要望でいいです。


○1番議員(二見和幸)  新島歩道橋なんですけど、今朝も僕はちょっと調査に行ってきたんですけど、すごくぼろぼろで、危険だということで、町道廃止ということですけど、料金所のところから上れないように金網の柵みたいのが簡単についているんですけど、立入禁止とかいう看板もなく、下から見ても、すごくもう古くてぼろぼろだということはわかるんですけど、これ、神奈川道路公社に撤去の要請とかはできるんでしょうか。


○(まちづくり課長)  9月の4日から県の公社から神奈川県に道路管理が引き継がれたわけですが、その公社及び神奈川県の管理をする部署との話の中で、町の方で認定の廃止が決まれば、年度内にも撤去をしたいという話はさせていただいております。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して、採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


            (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


 よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  議案第40号は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


               (全員起立)  欠席議員 2番・10番・12番


○(議長)  全員賛成。


 よって、「町道路線の変更について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  日程第6、議案第41号「平成20年度真鶴町一般会計補正予算(第3号)について」を議題といたします。


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第41号は、平成20年度真鶴町一般会計補正予算第3号についてであります。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ4,261万9,000円を追加し、予算の総額を28億9,739万1,000円とするものでございます。


 内容は、平成20年度事業における国・県等からの補助金、交付金等の額確定によるもの及び平成19年度決算額確定により所要の措置をするものが主なものとなっております。


 歳入につきましては、町税では、町民税及び固定資産税の当初予算額からの増額見込分を措置するもの。県支出金においては、県補助金では、(仮称)貝類博物館整備事業費の確定により減額し、委託金では、税源移譲に伴う経過措置による県民税の還付分を受け増額するもの。繰越金では平成19年度繰越額確定に伴い総額するものが主なものです。


 次に、歳出につきましては、総務費では、公的個人年金から住民税の特別徴収に係る電算システム導入経費等を追加するもの。土木費では、町道1号線拡幅整備に際しての用地の購入費及び長坂橋の点検調査委託料を追加するもの。教育費では、町民センター内機能回復訓練室フロア損傷部分及び避難誘導灯などの修繕を行うため追加するものが主な内容でございます。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(企画調整課長)  議案第41号、平成20年度真鶴町一般会計補正予算第3号についてご説明いたします。


 第1条は、歳入歳出予算の補正で、今回の補正は歳入歳出それぞれ4,261万9,000円を追加し、予算の総額を28億9,739万1,000円とするものです。


 第2条は地方債の補正で、1件の変更をするものです。


 次の1ページをお願いいたします。第1表、歳入歳出予算補正、1、歳入です。


 1款町税は1項町民税に292万8,000円を追加、2項固定資産税に263万2,000円を追加、計556万円を追加し、1款総額を10億9,922万9,000円とするもので、歳入に占める構成割合は37.94%。


 8款1項地方特例交付金に89万4,000円を追加、2項特別交付金から8万7,000円を減額、計80万7,000円を追加し8款総額を950万7,000円とするもので、構成割合は0.33%。


 9款1項地方交付税は2,927万8,000円を追加し、9款総額を7億1,427万8,000円とするもので、構成割合は24.65%。


 11款分担金及び負担金は1項負担金に3万円を追加し、11款総額を4,401万9,000円とするもので、構成割合は1.52%。


 12款使用料及び手数料は1項使用料から1万4,000円を減額し、12款総額を4,759万8,000円とするもので、構成割合は1.64%。


 14款県支出金は2項県補助金から200万円を減額、3項委託金に425万6,000円を追加、計225万6,000円を追加し、14款総額を2億6,999万円とするもので、構成割合は9.32%。


 17款繰入金は1項基金繰入金から200万円を減額、2項特別会計繰入金に193万9,000円を追加、計6万1,000円を減額し、17款総額を1億103万6,000円とするもので、構成割合は3.49%。


 18款1項繰越金は465万6,000円を追加し、18款総額を8,465万6,000円とするもので、構成割合は2.92%。


 19款諸収入は3項雑入に100万円を追加し、19款総額を4,750万6,000円とするもので、構成割合は1.64%。


 20款1項町債から89万3,000円を減額し、20款総額を1億7,570万7,000円とするもので、構成割合は6.06%。


 次に、2、歳出でございます。


 2款総務費は1項総務管理費に1,037万4,000円を追加、2項徴税費に443万4,000円を追加、計1,480万8,000円を追加し、2款総額を4億4,321万6,000円とするもので、歳出に占める構成割合は15.3%。


 4款衛生費は1項保健衛生費に4万円を追加、2項清掃費に2万3,000円を追加、計6万3,000円を追加し、4款総額を3億2,546万1,000円とするもので、構成割合は11.23%。


 5款農林水産業費は3項水産業費に1万4,000円を追加し、5款総額を1億68万9,000円とするもので、構成割合は3.48%。


 7款土木費は2項道路橋梁費に617万4,000円を追加、3項港湾費に1万7,000円を追加、4項都市計画費に36万1,000円を追加、計655万2,000円を追加し、7款総額を2億7,722万4,000円とするもので、構成割合は9.57%。


 9款教育費は1項教育総務費に45万8,000円を追加、4項幼稚園費に88万8,000円を追加、5項社会教育費から309万6,000円を減額、6項保健体育費に3万8,000円を追加、計171万2,000円を減額し、9款総額を2億9,844万7,000円とするもので、構成割合は10.3%。


 12款1項予備費は2,289万4,000円を追加し、12款総額を3,702万4,000円とするもので、構成割合は1.28%です。


 次の3ページをお願いいたします。


 第2表、地方債補正、1、変更です。臨時財政対策債は、地方交付税の減額の特例により不足する額を補てんするもので、国からの額の確定を受け補正前限度額1億3,400万円を補正後限度額1億3,310万7,000円とするものです。なお、起債の方法、利率、償還の方法は、従前と同様でございます。


 6ページをお願いいたします。内容の説明をさせていただきます。歳入です。


 1款町税、1項町民税、1目個人は補正額292万8,000円を追加し、計4億3,725万円とするもの。1節現年課税分の所得割の増で、分離譲渡所得税額の増額が見込まれることから、ここで当初予算額との差額を措置するものでございます。


 次に、2項1目固定資産税は263万2,000円を追加し5億6,105万1,000円とするもの。1節現年課税分の償却資産の増で、一般分及び大臣配分分の調定額確定に伴い、当初額との差額を増額するものです。


 次に、8款1項1目地方特例交付金は児童手当の地方負担分が交付措置されるもので、ここで国からの額の確定を受け89万4,000円を追加し、709万4,000円とするものです。


 次に、2項1目特別交付金は平成19年度より恒久的な減税の廃止による減収の激変緩和措置として交付されるもので、国からの額の確定を受け8万7,000円を減額し241万3,000円とするものです。


 続いて、9款1項1目地方交付税は2,927万8,000円を追加し7億1,427万8,000円とするもので、ここで地方交付税のうち普通交付税の額が国の算定の結果、確定したことから、当初予算額との差額を追加するものです。


 次の8ページをお願いいたします。


 11款分担金及び負担金、1項負担金、3目衛生費負担金は3万円を追加し1,929万4,000円とするもの。火葬場経営費湯河原町負担金の増で、本年5月1日より、休日、夜間における真鶴聖苑施設防犯管理のため、警備委託を実施したことから、警備機器からの信号受信のための通信運搬費が増額となり、その湯河原町負担分をここで受けるため措置するものでございます。


 次に、12款使用料及び手数料、1項使用料、3目農林水産業使用料は1万4,000円を減額し15万1,000円とするもの。2節水産業使用料の漁港区域内占用料等の減で、岩海水浴場内海の家占用料で、建築基準法の改正から本年は1階建て200平米未満のものとしたことにより、当初予算額に差が生じたものから措置するものです。


 次に、14款県支出金、2項県補助金、6目教育費県補助金は200万円を減額し164万9,000円とするもの。1節社会教育費補助金で、地域づくり振興事業補助金の減、これは(仮称)遠藤貝類博物館整備工事設計業務に対する補助金額について、契約により事業費が確定したことから、ここで減額するものでございます。


 次に、3項委託金、1目総務費委託金は425万6,000円を追加し2,316万8,000円とするもので、1節徴税費委託金は個人県民税徴収取扱費委託金の増で、所得税から住民税への税源移譲に際し、所得変動に係る経過措置により県民税の還付額が確定したことから増額分を措置するものです。


 次に、17款繰入金、1項基金繰入金、2目まちづくり推進事業基金繰入金は200万円を減額し357万8,000円とするもので、先ほど県補助金で説明しました(仮称)貝類博物館整備工事設計業務委託費の確定により、ここで事業費に充当しておりました、まちづくり推進事業基金からの繰入額を減額するものです。これにより平成20年度末基金残高見込額は200万円となります。


 次の10ページをお願いします。


 2項特別会計繰入金、4目介護保険事業特別会計繰入金は193万9,000円を追加し194万円とするもので、平成19年度介護保険事業費確定に伴い精算分を繰り入れるものでございます。


 次に、18款1項1目繰越金は465万6,000円を追加し8,465万6,000円とするもので、ここで前年度繰越額が確定したことから、当初予算額との差額を追加措置するものでございます。


 次に、19款諸収入、3項1目雑入は100万円を追加し2,602万6,000円とするもの。湯河原町・真鶴町広域行政推進協議会において繰越金額及び事業計画を勘案し、両町へ戻し入れをすることで決定したことから、それを受け措置するものでございます。


 次に、20款1項町債、4目臨時財政対策債は、先ほど第2表、地方債補正で説明いたしました、国からの額確定を受け89万3,000円を減額し1億3,310万7,000円とするものでございます。


 次の12ページをお願いいたします。歳出でございます。


 2款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費は補正額235万1,000円を追加し、計2億5,190万1,000円とするもので、右側説明欄でございますが、一般経費は臨時職員に係る人件費で、当初3名の採用で措置しておりましたが、諸事情により5月、6月にそれぞれ1名ずつ増員採用したことから、不足する額をここで追加措置するものでございます。


 次の4目財産管理費は241万1,000円を追加し、1,817万2,000円の増とするもの。町有土地貸地料還付金で、湯河原町との共有土地における平成19年度使用料のうち、本年4月、5月に納付されたものについて持分割合等により湯河原町に支出するものでございます。


 次に、10目諸費は561万2,000円を追加し1.061万2,000円とするもの。町税等過誤納金還付金で、歳入でもございました所得税から住民税への税源移譲に対し所得変動に係る経過措置による町民税還付額が確定したことから、ここで県民税還付分を合わせ追加措置するものでございます。


 次に、2項徴税費、2目賦課徴収費は443万4,000円を追加し1,830万3,000円とするもので、地方税法の改正により新たに公的個人年金から住民税の特別徴収制度に対応するための電算システム改修委託料442万1,000円及び年金特別徴収に係る経由機関業務等を行う地方税電子化協議会への負担金等1万3,000円を措置するものでございます。


 次に、4款衛生費、1項保健衛生費、4目火葬場費は4万円を追加し1,789万3,000円とするもので、火葬場事業の通信運搬費の増は、歳入でもご説明いたしました真鶴聖苑への夜間、休日の警備業務委託に伴う警備機器からの信号受信に伴う増額分を措置するもの。


 次に、2項清掃費、1目清掃総務費は2万3,000円を追加し3,015万1,000円とするもの。一般経費の普通旅費の増で、本年度新たに県レジ袋削減実行委員会が創設されたこと、また、水源環境保全再生推進会議が追加されたこと等により、不足する額を追加措置するものでございます。


 次に、5款農林水産業費、3項水産業費、2目水産振興費は1万4,000円を追加し2,127万2,000円とするもの。漁業共済掛金補助金の増で、例年ここで補正措置をしております小型定置網4件分の加入基準額の一定の町補助金分を追加措置するものでございます。


 次の14ページをお願いいたします。


 7款土木費、2項道路橋梁費、1目道路維持費は815万2,000円を追加し4,080万9,000円とするもの。道路維持管理事業は3万1,000円の増で、消耗品費の増、2万4,000円は土のう袋300袋分、印刷製本費の増、7,000円は大型図面青焼機の故障により外部発注するため措置するもの。次の廃材処理手数料の増及び廃材処理委託料の減は、自己処理にて処分を行うことから、手数料へ予算振替を行うものです。


 次の道路維持補修事業は810万5,000円の増、修繕料150万円の増はここで町道2カ所の排水改良工事が必要となったため、追加措置するもの。長坂橋橋梁調査委託料160万円の増は、本年6月に県砂防河川調査実施の際、長坂橋コンクリート部の剥離箇所の指摘を受けたことから、点検調査のため委託料を措置するもの。町道第506号線測量等業務委託料39万3,000円の増は、緊急車両の通り抜けができない真鶴中学校体育館横の町道拡幅整備に向け、ここで現況測量等を実施するため措置するもの。道路維持補修工事200万円の増は、真鶴半島亀ヶ崎への進入道路の改修工事において、ガードレールなどの道路安全施設の設置費について、この後出てまいります交通反則金を原資とする交通安全施設整備費事業費を本工事に充てるため措置するものでございます。道路維持補修用資材38万2,000円の増は、職員対応の道路直営補修工事での生コン、アスファルト等の材料費が、ここで補修件数の増加により不足するため追加措置するものでございます。道路用地購入費223万円の増は、町道1号線拡幅整備に当たり、当初予算において購入費を措置しておりましたが、ここで新たに拡幅整備用地56.37平米のご協力をいただけることになったことから、追加措置をするものでございます。


 作業車管理経費1万6,000円の増は、6月購入の作業用軽トラックの入れ替えに際して、年式により不足する車両保険料を措置するものでございます。


 次に、2目道路照明費は2万2,000円を追加し394万2,000円とするもので、ここで要望により、町道530号線上釈迦堂へ街灯を1基新設するため措置するものでございます。


 次に、3目交通安全施設費は200万円を減額するもので、先ほど道路維持補修事業でご説明いたしました亀ヶ崎進入道路改修工事におけるガードレール等安全施設設置費に充当するため、ここで減額をするものでございます。


 次に、3項港湾費、1目港湾管理費は1万7,000円を追加し1,729万4.000円とするもの。港湾管理施設事業の燃料費の増で、港湾施設利用者用給湯施設プロパンガス代の不足する見込額をここで追加措置するものでございます。


 次に、4項都市計画費、1目都市計画総務費は36万1,000円を追加し1億4,806万5,000円とするもの。まちづくり推進事業で、コミュニティバス運転手賃金の増、60万3,000円は当初乗務員1名での運行を予定しておりましたが、ここで利用者のより安全の確保を図るため、2名体制での運行としたことから、不足する額を追加措置するもの。消耗品費の増、4万2,000円はここで住民募集いたしましたコミュニティバスの愛称が「マナティ号」と決定しましたので、より親しみを持っていただくための表示をコミュニティバスにつけるため、マグネット板購入をするものです。自動車借上料の減、28万4,000円は当初リースしておりましたコミュニティバス借上料の残額を整理するものでございます。


 次の16ページをお願いいたします。


 9款教育費、1項教育総務費、3目教育振興費は45万8,000円を追加し1,185万円とするもので、ここで児童生徒就学援助事業の対象者が確定したことから、当初予算額に不足する額を追加措置するもので、要保護及び準要保護児童生徒援助費の増は10名分、特別支援教育就学奨励費の増は1名分でございます。


 次に、4項1目幼稚園費は88万8,000円を追加し2,916万2,000円とするもの。一般経費で、ここで園長が療養となっているから、9月より新たに臨時教諭1名を採用するため、人件費を措置するものでございます。


 次に、5項社会教育費、1目社会教育総務費は399万円減額し933万4,000円とするもので、(仮称)貝類博物館設計監理委託料の確定による残額を整理するものでございます。


 次に、4目町民センター費は79万6,000円を追加し1,584万7,000円とするもので、町民センター施設管理経費の修繕料は、機能回復訓練室フロアの損傷部分の張り替え及び本年度消防用設備点検の際、指摘のあった避難誘導灯バッテリー交換、非常電源蓄電池交換等に要する費用をここで措置するものです。


 次の7目コミュニティ真鶴運営費は9万8,000円を追加し249万5,000円とするもので、和室のエアコンが故障したため、ここで新たに購入費を措置するものでございます。


 次の6項保健体育費、2目体育館運営費は3万8,000円を追加し617万1,000円とするもので、消防用設備点検の際、指摘がありました避難誘導灯3カ所のバッテリー交換を行うため、ここで追加措置するものでございます。


 次の18ページをお願いいたします。


 12款1項1目予備費は2,289万4,000円を追加し3,702万4,000円とするもので、歳入歳出を調整したものでございます。


 以上で説明を終わります。よろしくご審議の上、ご承認くださるようお願い申し上げます。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して、採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


            (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


 よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


               (全員起立)  欠席議員 2番・10番・12番


○(議長)  全員賛成。


○(議長)  よって、「平成20年度真鶴町一般会計補正予算(第3号)について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  暫時休憩をいたします。


            (休憩 午前10時57分)


            (再開 午前11時15分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  日程第7、議案第42号「平成20年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(事業勘定)補正予算(第1号)について」を議題といたします。


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第42号は、平成20年度真鶴町国民健康保険事業特別会計事業勘定補正予算第1号についてであります。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ1億4,002万5,000円を追加し、予算の総額を12億1,705万9,000円とするものです。


 内容は、歳入では国庫負担金の療養給付費負担金と前年度繰越金確定による追加であります。


 また、歳出では、後期高齢者支援金の追加が主なものであります。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(町民課長)  議案第42号は、平成20年度真鶴町国民健康保険事業特別会計事業勘定補正予算第1号についてご説明いたします。


 今回の補正は、歳入歳出それぞれ1億4,002万5,000円を追加し、予算の総額を12億1,705万9,000円とするものです。


 1ページをお願いいたします。第1表、歳入歳出予算補正、1、歳入です。


 3款国庫支出金、1項国庫負担金に3,638万2,000円を追加し、3款の総額を2億7,406万2,000円とするもので、歳入に占める構成割合は22.52%です。


 9款1項繰越金に1億364万3,000円を追加し、9款の総額を1億3,364万4,000円とするもので、歳入に占める構成割合は10.98%です。


 2、歳出です。


 3款1項後期高齢者支援金等に6,130万円を追加し、3款の総額を1億1,293万5,000円とするもので、歳出に占める構成割合は9.28%です。


 4款1項前期高齢者納付金等に14万3,000円追加し、4款の総額を26万7,000円とするもので、歳出に占める構成割合は0.02%です。


 8款保健事業費、1項特定健康診査等事業費に6万3,000円を追加し、8款の総額を1,077万円とするもので、歳出に占める構成割合は0.88%です。


 11款諸支出金、1項償還金及び還付加算金に365万8,000円を追加し、11款の総額を418万2,000円とするもので、歳出に占める構成割合は0.34%です。


 12款1項予備費に7,486万1,000円を追加し、12款の総額を8,763万8,000円とするもので、歳出に占める構成割合は7.20%です。


 次に、4ページをお願いいたします。内容についてご説明いたします。


 2、歳入です。


 3款国庫支出金、1項国庫負担金、1目療養給付費等負担金に3,638万2,000円を追加し、計を2億6,748万4,000円とするもので、1節現年度分の増額で、後期高齢者支援金に対する負担金分が3,636万3,000円で、病床転換支援に対する負担金分として1万9,000円が概算交付されるものでございます。


 9款1項繰越金、2目その他繰越金に1億364万3,000円を追加し、計を1億3,364万3,000円とするもので、1節前年度繰越金の増は前年度繰越金の額が確定したため追加するものでございます。


 6ページをお願いいたします。


 3、歳出です。


 3款1項後期高齢者支援金等、1目後期高齢者支援金に6,130万円を追加し、計を1億1,291万6,000円とするもので、19節負担金補助及び交付金は19―41後期高齢者支援金等の増は概算納付額が確定したため不足額を追加するものでございます。


 4款1項前期高齢者納付金等、1目前期高齢者納付金に13万1,000円を追加し、計を24万5,000円とするもので、19節負担金補助及び交付金は19―41前期高齢者納付金は概算納付額が確定したため不足額4万6,000円の追加と19―42病床転換支援金の概算額も確定したため8万5,000円を追加するものでございます。


 2目前期高齢者関係事務費拠出金に1万2,000円を追加し、計を2万2,000円とするもので、19節負担金補助及び交付金は19―41前期高齢者関係事務費拠出金の増で、概算額が確定したため不足する1万2,000円を追加するものでございます。


 8款保健事業費、1項1目特定健康診査等事業費に6万3,000円を追加し、計を901万円とするもので、12節役務費は12―11通信運搬費の増で、特定健診の個別健診を10月より診療所で行うため、申し込みをされた方への受診券、問診表や結果通知等を送付するための郵送料を追加するものでございます。


 11款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、5目国庫支出金返納金に365万8,000円を追加し、計を365万9,000円とするもので、23節償還金利子及び割引料は23―91国庫支出金返納金で、19年度の療養給付費負担金確定による返還金でございます。


 12款1項1目予備費に7,486万1,000円を追加し、計を8,763万8,000円とするもので、歳入歳出を調整したものでございます。


 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願いいたします。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○5番議員(黒岩宏次)  1ページの後期高齢者支援金等ということで、6,130万円という補正が組まれてているわけですけれども、今、全国的にこの高齢者医療制度そのものを廃止をし、また見直す必要があるということで、神奈川県の医師会も含めて30都府県の医師会が現在署名を集めたりして、政府に要請をしているわけですけれども、こういう中で、昨日ですか、私のうちに政府が数億円、お金をかけてつくったと言われるような長寿医療制度のお知らせというのが、全世帯に新聞折込みで入っているようなんですけれども、この関連で、いろいろとそういう都道府県の医師会がかなりのところが見直し、または廃止してほしいというようなことで運動している、この真鶴町も数百も署名が集まって、国に上げていますけれども、こういう動きの中で、この制度そのものを本当に廃止か、あるいは抜本的に見直すというお考えがあるかどうか、1点目として伺います。


 それから、この政府の保険料の軽減の特別対策なんですけれども、これもまた大きな問題があるということで、実は、75歳以上のご夫婦の場合、302万円の収入の方、夫が260万で、妻が42万という、この方は15万9,430円という世帯の保険料を払っているんですね。ところが、同じ302万円、Bさんという方が夫が152万円、そして妻が150万円の年金の収入の方、同じ302万円でも2万3,900円、7倍の格差がそのまま現在行われてると。これが今度見直しによって、さらに7倍が14倍に広がっているというような、同じ方がですね。こういう例が出ているわけですけれども、こうした問題について、是正をする、あるいは問題だということで、神奈川県の県の広域連合議会の中でも提案もしているわけですけれども、その点について承知した上で、現在、こういう補正予算を出しているのかどうか、この2点について伺いたいと思います。


○(町長)  5番の黒岩議員の質問についてお答えしますけれども、確かに、今、いろいろと見直すべきところは見直すようなことも含めて、国に考えを求めていくことは必要だろうなということは思います。ただ、今、現状の法律の中で、予算を組んでいかないと、この制度が機能してこないと、神奈川県一つになっている制度でございますので、ここらのものについての声というものは伝えていきたいというふうに思っていますので、ご理解をいただきたいと、こう思います。よろしくお願いします。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


            (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


 よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


               (全員起立)  欠席議員 2番・10番・12番


○(議長)  全員賛成。


○(議長)  よって、「平成20年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(事業勘定)補正予算(第1号)について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  日程第8、議案第43号「平成20年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施設勘定)補正予算(第1号)について」を議題といたします。


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第43号は、平成20年度真鶴町国民健康保険事業特別会計施設勘定補正予算第1号についてであります。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ162万1,000円を追加し、予算の総額を2億7,015万6,000円とするものです。


 歳入では、前年度繰越金の確定による追加を、また、歳出では、予備費を追加するものであります。


 詳細につきましては、事務長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(診療所事務長)  議案第43号は、平成20年度真鶴町国民健康保険事業特別会計施設勘定補正予算第1号についてご説明申し上げます。


 今回の補正は、歳入歳出それぞれ162万1,000円を追加し、予算の総額を2億7,015万6,000円とするものです。


 次のページをお開きください。第1表、歳入歳出予算補正、1、歳入。


 4款1項繰越金に162万1,000円を追加し、4款の総額を262万1,000円とするもので、歳入に占める構成割合は0.97%です。


 2、歳出。


 4款1項予備費に162万1,000円を追加し、4款の総額を381万9,000円とするもので、歳出に占める構成割合は1.41%です。


 次に、4ページをお開きください。内容の説明をさせていただきます。


 2、歳入です。


 4款1項1目繰越金に162万1,000円を追加し、繰越金の総額を262万1,000円とするもので、1節前年度繰越金が確定されたことから追加補正するものです。


 3、歳出です。


 4款1項1目予備費は162万1,000円を追加し381万9,000円とするもので、歳入歳出を調整したものであります。


 以上で説明を終わりにさせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますよう、よろしくお願いします。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して、採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


            (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


 よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


               (全員起立)  欠席議員 2番・10番・12番


○(議長)  全員賛成。


○(議長)  よって、「平成20年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施設勘定)補正予算(第1号)について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  日程第9、議案第44号「平成20年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計補正予算(第2号)について」を議題といたします。


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第44号は、平成20年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計補正予算第2号についてであります。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ1万9,000円を追加し、予算の総額を2億2,676万9,000円とするものです。


 歳入につきましては、前年度繰越金の確定による追加を、また、歳出では、予備費を追加するものであります。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(産業観光課長)  議案第44号、平成20年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計補正予算第2号についてご説明いたします。


 今回の補正は歳入歳出それぞれ1万9,000円を増額し、予算総額を2億2,676万9,000円とするものです。


 次の1ページをお願いいたします。第1表、歳入歳出予算補正、1、歳入です。


 4款1項繰越金に1万9,000円を追加し、4款総額を1,001万9,000円とするもので歳入に占める構成割合は4.42%です。


 2、歳出です。


 5款1項予備費に1万9,000円を追加し、総額を621万5,000円とするもので、歳出に占める構成割合は2.74%です。


 4ページをお願いいたします。内容についてご説明いたします。


 2、歳入。


 4款1項1目繰越金に1万9,000円を追加し、1,001万9,000円とするもので、19年度の決算により繰越金が確定したことから、当初予算1,000万円との差額1万9,000円を追加するものです。


 3、歳出。


 5款1項1目予備費に1万9,000円追加し621万5,000円とするもので、歳入歳出を調整したものでございます。


 以上で説明を終了させていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださるようお願い申し上げます。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して、採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


            (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


 よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


               (全員起立)  欠席議員 2番・10番・12番


○(議長)  全員賛成。


○(議長)  よって、「平成20年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計補正予算(第2号)について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  暫時休憩いたします。


 再開は1時半からです。


            (休憩 午前11時35分)


            (再開 午後 1時32分)     10番議員出席


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  日程第10、議案第45号「平成20年度真鶴町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について」を議題といたします。


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第45号は、平成20年度真鶴町介護保険事業特別会計補正予算第1号についてであります。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ828万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を5億3,604万5,000円とするものです。


 主な内容としましては、歳入では県支出金の介護給付費負担金と前年度繰越金確定による追加を、歳出では追加した繰越金のうち、介護保険料相当分は給付費支払基金に積立て、国庫支出金等及び一般会計繰入金は返還するものでございます。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


                           12番議員出席


○(介護健康課長)  議案第45号、平成20年度真鶴町介護保険事業特別会計補正予算第1号についてご説明いたします。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ828万4,000円を追加し、歳入歳出それぞれ5億3,604万5,000円とするものです。


 内容につきましては、先に議案第45号資料、介護給付費精算表にでご説明いたします。


 歳出、保険給付費は、介護サービス等諸費、その他諸費、高額介護サービス等費、特定入所者介護サービス等費の総額4億7,296万3,262円を支出しました。


 歳入、?計は特定財源として歳入した額ですが、支出した保険給付費の国庫支出金以下それぞれの負担割合による必要負担額は?に計上された額になります。それにより差し引きすると、多かった場合は返還、少なかった場合は過年度分として交付されます。


 2ページは地域支援事業費精算表です。


 介護予防事業費、包括的支援事業任意事業費、総額772万556円を支出し、特定財源として?の計を歳入しましたが、それぞれ必要負担割合による必要負担額は?に計上された額になります。差し引きすると、すべて多かったので返還するものです。


 今回の補正予算は繰越金の確定に伴う精算と国庫支出金等の精算でございます。


 それでは1ページ、第1表、歳入歳出予算補正をごらんください。


 1、歳入。


 4款支払基金交付金は1項支払基金交付金に12万6,000円追加し、総額を1億4,500万7,000円とするもので、歳入に占める構成割合は27.05%。


 5款県支出金は1項県負担金に93万3,000円追加し、総額を7,343万7,000円とするもので、構成割合は13.70%。


 7款繰越金は1項繰越金に722万5,000円追加し、総額を947万9,000円とするもので、構成割合は17.68%。


 2、歳出。


 4款基金積立金は1項基金積立金に537万2,000円追加し、総額を838万円とするもので、歳出に占める構成割合は1.56%。


 6款諸支出金、1項償還金及び還付加算金97万2,000円追加、2項繰出金194万円追加、計291万2,000円を追加し、総額を294万5,000円とするもので、構成割合は0.55%。


 4ページをごらんください。2、歳入。


 4款支払基交付金、1項支払基金交付金、1目介護給付費交付金12万6,000円追加し1億4,389万1,000円とするもので、2節過年度分、19年度不足分です。


 5款県支出金、1項県負担金、1目介護給付費負担金93万3,000円追加し7,176万1,000円とするもので、2節過年度分です。


 7款1項1目繰越金722万5,000円追加し947万9,000円とするものです。


 6ページをお開きください。3、歳出。


 4款1項基金積立金、1目介護保険給付費支払基金積立金537万2,000円追加し838万円とするもので、繰越金のうち保険料相当分を基金に積み立てるものです。


 6款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、3目償還金97万2,000円を追加し97万3,000円とするもので、繰越金のうち国庫等に返還するものです。


 2項繰出金、1目一般会計繰出金194万円を追加し194万1,000円とするもので、一般会計に返還するものです。


 以上、簡単ですが、説明を終わります。よろしくご審議の上、ご承認くださるようお願い申し上げます。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して、採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


            (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


 よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


               (全員起立)        欠席議員 2番


○(議長)  全員賛成。


○(議長)  よって、「平成20年度真鶴町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について」の件は原案のとおり可決されました。


○(議長)  日程第11、監査委員の監査報告を求めます。


○監査委員10番議員(福井弘行)  ただいまから、平成19年度決算審査に関する報告並びに意見を述べさせていただきます。


 地方自治法第233条第2項の規定により、平成19年度真鶴町一般会計ほか6特別会計歳入歳出決算が審査に付されました。これを受けて平成20年7月29日を第1日目として、30日、8月4日並びに5日の計4日間にわたり計数の確認、予算執行の適否、収支の合理性、財政運営状況の適否を審査の主眼として決算審査を実施いたしました。


 その実施方法として、平成19年度真鶴町一般会計並びに特別会計歳入歳出決算書、歳入歳出事項別明細書、実質収支に関する調書、財産に関する調書などの審査にあたっては、歳入簿、歳出簿、支出負担行為書、支出伝票、調査簿などにより決算計数の正確性を精査するとともに、関係法令等に基づく定期監査、例月現金出納検査の諸資料を活用し、また効率的な予算の執行状況の可否について調査し、あわせて工事施工個所等の詳細な事情聴取も実施いたしました。


 さらに、監査当日においては、必要に応じ随時関係者の説明を求めるなど慎重に審査いたしました。その結果につきましては、お手元に提出してございます平成19年度決算審査意見書として内容の取りまとめを行ったものでございます。


 これより、その内容について概要説明をさせていただくわけですが、この決算審査意見書につきましては、平成20年8月5日に代表監査委員の二見弘幸氏と私とで真鶴町長へ提出いたしたものであります。


 では、その決算審査の結果概要について申し上げます。


 審査意見書2ページの合計欄、平成19年度真鶴町一般会計、国民健康保険特別会計(事業勘定)、国民健康保険特別会計(施設勘定)、老人保健医療特別会計、下水道事業特別会計、真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計及び介護保険特別会計の歳入決算総額は65億2,460万7,610円で、歳出決算総額は62億9,913万2,288円でありました。


 各会計の決算額については、次のページより個々に示しているとおりですが、この決算額は、地方自治法施行令第166条第2項の規定に定められた歳入歳出決算事項別明細書及び実質収支に関する調書並びに諸帳簿などと照合したところ、計数は正確で誤りがありませんでした。


 なお、会計経理に支障はないものの、一部に留意又は改善を必要とする事項もあり、細部についてはそれぞれの項目の中で述べております。


 まず、一般会計においては、形式収支額はプラスとなりましたが、これは基金の取り崩し及び起債に依存するもので、財政の健全化の推進は引き続き努力を望むものであります。


 主な事業を総合計画の推進目標別に述べますと、最初に、「まちづくり、みんなの手づくりで進めるまちづくり」では、男女共同参画社会の実現に向けたプラン策定に着手し、「健やかで心かよう安らぎのまちづくり」では、妊婦健康診査の公費負担回数の増や就学前児童への医療費助成の拡充措置がなされ、また、「地域に息づくにぎわいと活力のあるまちづくり」では、地場産業の振興で広域農道整備事業費の負担を、漁業振興では地域再生計画に基づく岩漁港近代化のための整備工事を施工したものであります。次に、「学び、ふれあい、豊かな文化をはぐくむまちづくり」を目指しては、(仮称)遠藤貝類博物館の開館に向け施設の設計委託をするとともに、寄贈を受けた貝類の一部や半島の自然を紹介する「真鶴半島の海と緑紹介コーナー」を新たに開設しました。このほか、「海と緑にいだかれたこころよいまちづくり」では、豊かな自然を継承していくため、薬剤の樹幹注入や被害木伐倒など松くい虫防除事業を継続し、また、町道整備では、旧水族館跡地に至る572号線ほかの改修工事を施工するとともに、簡易な修繕については迅速に対応すべく町直営工事として実施したものであります。


 次に、特別会計です。


 国保・事業勘定については、保健普及事業や疾病予防事業の実施により医療費の抑制及び健康づくりの推進に積極的に取り組んでいますが、国民健康保険税の収納にあたっては関係課との連絡・調整を密にし、納税の公平・公正の観点からより一層の徴収率向上を望みます。


 なお、平成20年度より、後期高齢者医療制度や特定健康診査が導入されましたが、国保事業を取り巻く環境は依然として厳しい状況におかれており、健全で効率的な事業運営に一層の努力を望むものです。


 次に、国保・施設勘定については、やむなく入院診療を休止するなど、診療所を取り巻く環境は大きく変化し、経営は依然として厳しい状況が続いておりますが、今後とも、町民から信頼され、安心して診療が受けられる地域保健医療活動の拠点として、経営努力による健全な財政運営と更なる医療サービスの向上が図られるよう、職員一丸となって努力されるよう望むものであります。


 老人保健医療については、高齢者人口の増加と医療技術の高度化により、今後とも医療費の増大は避けられない状況ですが、後期高齢者医療制度のスタートに伴い、精算処理のため会計としての本会計の適正な運用に今度とも努められるよう望むものです。


 下水道事業については、中継ポンプ場が完成により、昨年3月までに供用開始され、順調な接続状況にありますが、今後とも各家庭への下水道接続に対する理解を求めるなど普及率の向上に努め、より安定した事業運営が図られるよう願うものです。


 真鶴魚座・ケープ真鶴の事業運営にあたっては、民間的経営手法の導入を推進し、必要不可欠な施設整備や運営の効率化を図るとともに、観光拠点としての誘客宣伝に努め、健全な運営がなされるよう望むものです。


 次に、介護保険事業の運営については、平成20年度に第3期介護保険事業計画の最終年度を迎えますが、訪問調査、要介護認定事務の公平・効率化を目指し、利用者のニーズに応じた的確な介護給付が受けられるよう、今後とも、そのサービスの充実と確保に一層の努力をされたい。


 なお、以上の事業は、概ね計画どおり執行され、その結果は認められましたが、これからも前例を踏襲することなく、常に事務事業の見直しを行い、行政の簡素・効率化に一層努力されることを望むものであります。


 また、各事業の執行については、一部に留意または改善を要する事務も見られたもので、それぞれの事業内容等を十分に精査・照合し、適正な執行管理がなされるよう努められたい。


 さらに、事業執行後による検証結果を踏まえ、本決算の意見等が新たな事業及び今後の予算編成に反映されるよう望むものです。


 厳しい財政状況を強いられ続けている中ではありますが、町民の要請に的確に対応していくためには、町税をはじめ、保険料・保育料・住宅使用料・水道料など関係各課との連携を密にした徴収体制を強化し、負担の公平・公正性の確保を図るよう強く望むものであります。


 さらに、特定財源の確保の面では、日ごろから、国・県の補助金制度を効果的に活用するための調査研究、確認を行い、投資性、経済性の両面から行政運営が図られ、創造性と自立性のあるまちづくりの推進を願うものであります。


 続きまして、平成19年度真鶴町上水道事業会計決算でございます。


 地方公営企業法第30条第2項の規定により、決算報告書等関係書類を添えて監査委員の審査に付されたので、平成20年7月29日に監査委員両名をもって計数の確認、予算執行の適否を審査の主眼として決算審査を行いました。


 経営状況については、1,921万3,279円の当年度純利益と、前年度対比で約10倍の黒字となり、経営努力の跡が見受けられます。前年度繰越欠損金から当年度純利益を差し引いた当年度未処理欠損金は3億2,516万2,897円であり、平成17年7月から平均35%の料金改定を実施したものの、水道使用量は近年、節水意識の浸透等により減少傾向にあり、依然として経営は厳しい状況にあります。


 建設事業では、公道の改修工事や下水道の工事にあわせて配水管の敷設替工事が実施されましたが、前年度に比べ事業量は増加しています。有収率については、年々向上しておりますので、なお一層の努力を望むものであります。


 また、徴収状況は、現年度分は98.0%と、前年度に比べ0.1ポイント減少しました。なお、徴収事務においては、専任の嘱託職員を配置し、改善に取り組まれており、今後も一層の努力を願うものであります。


 終わりにあたり、安全で安心な水を供給するため、今後も水源の確保と老朽管施設等の改良工事を継続的に実施していかなければなりません。このためには安定的な水道使用量を確保していく必要があり、平成19年度に実施の経営診断の結果をもとに、中長期的視野に立った抜本的な改革を検討し、将来にわたり安定した経営基盤を築くよう切に願うものであります。


 以上により、決算審査の結果は適正なものと認められます。


 簡単ではございますが、監査委員報告を終わります。よろしくお願いをいたします。


○(議長)  これをもって、監査報告を終わります。


○(議長)  この際、暫時休憩いたします。


            (休憩 午後1時53分)


            (再開 午後2時32分)      10番議員退席


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  日程第12、認第1号「決算の認定について(平成19年度真鶴町一般会計決算)」を議題といたします。


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  認第1号は、平成19年度真鶴町一般会計決算の認定についてであります。


 去る7月4日に会計管理者より提出があり、7月29日から8月5日までの4日間において監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものです。


 詳細につきましては、会計管理者に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を会計管理者に求めます。


○(会計課長)  初めに、普通建設事業等に係る書類検査につきましては、5月27日に、また、先ほども町長からもお話ありましたけれども、決算審査につきましては、7月29日、30日、あと8月4日、5日の4日間において、監査委員に審査を行っていただきました。


 それでは、認第1号は平成19年度真鶴町一般会計歳入歳出決算でございます。


 3ページをお願いいたします。歳入でございます。


 1款町税は調定額12億7万6,791円、収入済額10億9,121万2,035円、前年度対比6,925万2,592円の増、不納欠損額1,007万7,700円、収入未済額9,878万7,056円でございます。増の主なものにつきましては、町民税で6,986万7,263円の増でございます。1項町民税は調定額5億1,911万7,476円、収入済額4億7,644万7,010円、不納欠損額238万7,700円、収入未済額4,028万2,766円。2項固定資産税、調定額6億1,724万9.090円、収入済額5億5,194万5,700円、不納欠損額760万7,000円、収入未済額5,769万6,390円でございます。3項軽自動車税、調定額1,109万8,700円、収入済額1,020万7,800円、不納欠損額8万3,000円、収入未済額80万7,900円でございます。4項町たばこ税は調定、収入済額とも5,261万1,525円でございます。


 2款地方譲与税は調定、収入済額とも2,561万8,000円で、前年度対比6,010万3,033円の減でございます。1項自動車重量譲与税は調定、収入済額とも1,904万1,000円で、前年度対比23万5,000円の減でございます。2項地方道路譲与税は調定、収入済額とも657万7,000円、前年度対比5万6,000円の減でございます。


 3款1項利子割交付金は調定、収入済額とも427万4,000円、前年度対比107万4,000円の増でございます。


 4款1項配当割交付金は調定、収入済額とも454万2,000円で、前年度対比58万円の増でございます。


 5款1項株式等譲渡所得割交付金は調定、収入済額とも334万5,000円で、前年度対比52万7,000円の減でございます。


 6款1項地方消費税交付金は調定、収入済額とも6,009万9,000円で、前年度対比332万5,000円の減でございます。


 7款1項自動車取得税交付金は調定、収入済額も2,647万2,000円で、前年度対比134万3,000円の減となっております。


 8款地方特例交付金は調定、収入済額とも559万3,000円、前年度対比1,943万円の減でございます。1項地方特例交付金は調定、収入済額とも318万円で、前年度対比2,184万3,000円の減。2項特別交付金は調定、収入済額とも241万3,000円で、前年度にはなかったものでございます。


 9款1項地方交付税は調定、収入済額とも6億4,170万円で、前年度対比5,613万5,000円の増でございます。


 10款1項交通安全対策特別交付金は調定、収入済額とも167万8,000円でございます。前年度対比8万9,000円の減となっております。


 次の5ページをお願いいたします。


 11款分担金及び負担金、1項負担金は調定額4,755万6,134円、収入済額4,164万9,084円、前年度対比336万3,229円の減、不納欠損額7万1,400円、収入未済額583万5,650円でございます。


 12款使用料及び手数料は調定額4,858万2,680円、収入済額4,449万898円、前年度対比497万7,554円の減となっております。収入未済額につきましては409万1,782円でございます。1項使用料は調定額4,092万9,652円、収入済額3,683万7,870円、前年度対比488万3,322円の減となっております。2項手数料は調定、収入済額とも765万3,028円、前年度対比9万4,232円の減でございます。


 13款国庫支出金は調定、収入済額とも1億1,396万4,178円、前年度対比2,106万2,537円の増となっております。1項国庫負担金は調定、収入済額とも9,926万8,791円、前年度対比1,280万1,315円の増。2項国庫補助金も調定、収入済額とも1,135万1,000円、前年度対比802万8,000円の増となっております。3項委託金も調定、収入済額とも334万4,387円、前年度対比23万3,222円の増となっております。


 次に、14款県支出金、調定、収入済額とも2億7,055万2,993円、前年度対比8,366万3,894円の増でございます。1項県負担金は調定、収入済額とも9,790万9,363円、前年度対比461万3,343円の増となっております。2項県補助金も調定、収入済額とも1億2,372万7,936円、前年度対比5,903万5,446円の増となっております。3項委託金も調定、収入済額とも4,891万5,694円、前年度対比2,001万5,105円の増となっております。


 続きまして、15款財産収入につきましては調定額6,538万7,301円、収入済額6,327万5,232円、前年度対比3,684万8,156円の減でございます。収入未済額につきましては211万2,069円でございます。1項財産運用収入は調定額4,843万3,733円、収入済額4,632万1,664円、前年度対比1,083万4,588円の増でございます。2項財産売払収入は調定、収入済額とも1,695万3,568円、前年度対比4,768万2,744円の減でございます。


 続きまして、16款1項寄附金につきましても調定、収入済額とも322万5,832円、前年度対比562万4,681円の減でございます。


 17款繰入金は調定、収入済額とも1億9,009万8,500円、前年度対比1,559万2,934円の減でございます。1項基金繰入金、調定、収入済額とも1億5,070万6,781円、前年度対比2,067万6,219円の減となっております。2項特別会計繰入金も調定、収入済額とも3,939万1,719円、前年度対比508万3,285円の増でございます。


 18款1項繰越金、調定、収入済額とも1億2,684万6,680円、前年度対比355万2,315円の増となっております。


 次の7ページをお願いいたします。


 19款諸収入、調定、収入済額とも4,554万6,815円、前年度対比1,354万6,181円の増でございます。1項延滞金加算金及び過料、調定、収入済額とも219万5,513円、前年度対比47万7,878円の増でございます。続きまして、2項公営企業貸付金元利収入、これにつきましても調定、収入済額とも2,018万3,453円、前年度対比997万3,453円の増でございます。3項の雑入でございます。調定、収入済額とも2,316万7,849円、前年度対比309万4,850円の増となっております。


 20款1項町債は調定、収入済額とも2億1,771万1,000円、前年度対比1億798万9,000円の減となっております。


 以上、歳入合計につきましては29億9,089万4,247円で、前年度対比1,034万6,068円の減となっております。


 9ページをお願いいたします。歳出でございます。


 1款1項議会費は予算現額7,894万5,000円、支出済額7,821万8,190円、前年度対比162万175円の増で、不用額につきましては72万6,810円。


 2款総務費、予算現額5億8,348万6,931円、支出済額5億7,513万6,692円、前年度対比5,133万3,193円の増となっております。不用額につきましては835万235円でございます。増の主なものにつきましては1項の総務管理費、5目の企画費の財政調整基金積立事業、これに関しまして1億2,000万円が増の主なものとなっております。1項総務管理費、支出済額4億6,206万2,229円、前年度対比5,513万8,866円の増。2項徴税費、支出済額6,416万2,031円、3項戸籍住民基本台帳費、支出済額3,906万259円、4項選挙費、支出済額901万2,457円、5項統計調査費、支出済額45万8,716円、6項監査委員費、支出済額38万1,000円で、前年と同額でございます。


 続きまして、3款民生費、予算現額7億5,891万1,788円、支出済額7億4,532万1,828円、前年度対比5,440万6,813円の増でございます。不用額につきましては1,358万9,960円でございます。ここの増の主なものにつきましては、1目の社会福祉総務費2,000万円と4目の心身障害者福祉費1,700万円、6目の老人保健医療対策費1,700万円の増が増の主なものとなっております。1項社会福祉費、支出済額5億5,353万2,152円、前年度対比5,236万314円の増。2項児童福祉費、支出済額1億9,178万9,676円。


 4款衛生費、予算現額3億3,006万9,700円、支出済額3億2,106万8,099円、前年度対比64万7,833円の減でございます。不用額につきましては900万1,601円でございます。1項保健衛生費、支出済額7,771万6,225円、2項清掃費、支出済額2億4,335万1,874円となっております。


 続きまして、5款農林水産業費、予算現額1億2,841万7,500円、支出済額1億2,549万2,042円、前年度対比1,974万5,212円の増でございます。不用額につきましては292万5,458円でございます。ここの増の主なものにつきましては、3項の水産業費、3目漁港管理費の4,600万円の増が増の主なものとなっております。1項農業費、支出済額3,796万6,841円。2項林業費、支出済額2,061万3,640円。3項水産業費、支出済額6,691万1,561円となっております。


 続きまして、6款商工観光費、予算現額7,922万5,890円、支出済額7,676万6,752円でございます。前年度対比につきましては254万1,500円の減でございます。不用額につきましては245万9,138円となっております。1項商工費、支出済額2,416万2,321円。2項観光費、支出済額5,260万4,431円となっております。


 次の11ページをお願いいたします。


 7款土木費、予算現額2億5,338万円、支出済額2億5,224万572円、前年度対比333万6,576円の減でございます。不用額につきましては113万9,428円でございます。1項土木管理費、支出済額5,288万8,518円。2項道路橋梁費、支出済額2,619万667円。3項港湾費、支出済額1,525万617円。4項都市計画費、支出済額1億5,308万9,311円。5項住宅費、支出済額482万1,459円となっております。


 8款1項消防費、予算現額2億1,599万8,075円、支出済額2億1,515万3,049円、前年度対比につきましては241万5,853円の増となっております。不用額につきましては84万5,026円でございます。


 続きまして、9款教育費、予算現額2億8,572万1,157円、支出済額2億8,057万6,192円、前年度対比1億461万399円の減でございます。不用額につきましては514万4,965円でございます。ここの減の主なものにつきましては、前年度はまなづる小学校の外壁剥離部の改修費があったためでございます。1項教育総務費、支出済額9,300万6,466円。2項小学校費、支出済額3,807万3,413円。3項中学校費1,992万4,846円。4項幼稚園費、支出済額2,794万7,328円。5項社会教育費、支出済額8,905万674円。6項保健体育費、支出済額1,257万3,465円となっております。


 10款1項公債費は予算現額2億3,715万2,000円、支出済額2億3,527万9,468円でございます。前年度対比1,247万4,311円の増でございます。不用額につきましては187万2,532円でございます。


 続きまして、11款災害復旧費、1項公共土木施設災害復旧費、予算現額98万9,211円、支出済額98万5,211円のみでございます。2項から6項までは科目設定でございます。


 下の12款1項予備費につきましては予算現額3,258万2,748円で、そのまま不用額となっております。


 次の13ページをお願いいたします。


 以上、歳出合計につきましては支出済額29億623万8,095円、前年度対比3,184万4,460円の増となっております。


 歳入歳出差引残額8,465万6,152円で、前年度対比4,219万528円の減となっております。


 続きまして、次の15ページをお願いいたします。事項別明細書、歳入でございます。


 1款町税、1項町民税、1目個人、1節現年課税分は収入済額4億3,265万1,544円、前年度対比7,665万7,480円の増となっております。不納欠損額6,622円、1件分でございます。収入未済額につきましては1,536万5,834円となっております。2節滞納繰越分でございます。収入済額594万3,966円、前年度対比6万9,283円の増となっております。不納欠損額につきましては214万6,078円で、73件分でございます。収入未済額2,251万9,232円でございます。


 続きまして、2目の法人でございます。1節現年課税分、収入済額3,712万9,100円、前年度対比661万5,200円の減となっております。収入未済額につきましては111万4,400円でございます。2節滞納繰越分です。収入済額72万2,400円、前年度対比24万4,300円の減となっております。不納欠損額につきましては23万5,000円で5件分となっております。収入未済額につきましては128万3,300円でございます。


 続きまして、2項固定資産税でございます。次の17ページをお願いいたします。


 1目固定資産税、1節現年課税分でございます。収入済額5億3,577万2,800円、前年度対比110万2,481円の減となっております。不納欠損額につきましては12万3,600円で2件分でございます。収入未済額につきましては1,860万4,700円でございます。2節滞納繰越分でございます。収入済額1,585万9,500円、前年度対比117万4,380円の増となっております。不納欠損額につきましては748万3,400円で57件分でございます。収入未済額3,909万1,690円となっております。


 続きまして、2目国有資産等所在市町村交付金及び納付金でございます。1節現年課税分、収入済額31万3,400円、前年度対比4,500円の減でございます。


 続きまして、3項1目軽自動車税、1節現年課税分でございます。収入済額1,003万1,400円、前年度対比20万5,200円の増でございます。収入未済額につきましては27万900円でございます。続きまして2節滞納繰越分でございます。収入済額17万6,400円、前年度対比7万9,000円の減でございます。不納欠損額につきましては8万3,000円で21件分でございます。収入未済額につきましては、次の19ページをお願いいたします。53万7,000円でございます。


 4項1目町たばこ税でございます。1節現年課税分、収入済額5,261万1,525円、前年度対比80万8,270円の減でございます。


 続きまして、2款地方譲与税、1項1目1節自動車重量譲与税でございます。収入済額1,904万1,000円、前年度対比23万5,000円の減でございます。


 2項1目1節地方道路譲与税、収入済額657万7,000円、前年度対比5万6,000円の減でございます。


 続きまして、3款1項1目1節利子割交付金、収入済額427万4,000円、前年度対比107万4,000円の増となっております。


 4款1項1目1節配当割交付金でございます。収入済額454万2,000円、前年度対比58万円の増でございます。


 続きまして、5款1項1目株式等譲渡所得割交付金でございます。次の21ページをお願いいたします。1節株式等譲渡所得割交付金、収入済額334万5,000円、前年度対比52万7,000円の減でございます。


 続きまして、6款1項1目1節地方消費税交付金でございます。収入済額6,909万9,000円、前年度対比332万5,000円の減でございます。


 続きまして、7款1項1目1節自動車取得税交付金でございます。収入済額2,847万2,000円、前年度対比134万3,000円の減でございます。


 続きまして、8款1項1目1節地方特例交付金でございます。収入済額318万円、前年度対比2,184万3,000円の減となっております。


 続きまして、2項1目1節特別交付金でございます。収入済額241万3,000円、これにつきましては新規でございます。


 続きまして、9款1項1目1節地方交付税でございます。収入済額6億4,170万円でございます。前年度対比5,613万5,000円の増でございます。01の普通交付税で5億3,429万1,000円、02の特別交付税で1億740万9,000円となっております。


 次の23ページをお願いいたします。


 10款1項1目1節交通安全対策特別交付金でございます。収入済額167万8,000円、前年度対比8万9,000円の減でございます。


 11款分担金及び負担金、1項負担金、1目総務費負担金、1節総務管理費負担金でございます。収入済額339万9,226円、前年度対比14万3,144円の減でございます。01の真鶴町・湯河原町共有土地管理事務負担金でございます。人件費の2分の1を負担するものでございます。


 2目民生費負担金、1節社会福祉費負担金、収入済額2万8,500円、前年度対比13万8,800円の減でございます。01の老人措置費徴収金でございます。2節児童福祉費負担金でございます。収入済額1,995万3,880円、前年度対比374万1,770円の減でございます。不納欠損額につきましては7万1,400円で、13件分でございます。収入未済額につきましては583万5,650円となっております。


 3目の衛生費負担金、1節保健衛生費負担金でございます。収入済額1,195万8,624円、前年度対比134万9,262円の増でございます。火葬場経営費湯河原町負担金でございます。続きまして、次の25ページをお願いいたします。2節清掃費負担金でございます。収入済額489万6,109円、前年比27万7,216円の減でございます。し尿貯留施設管理費湯河原町負担金でございます。


 4目土木費負担金、1節道路等改修費負担金でございます。収入済額136万6,045円、前年度対比17万3,739円の増となっております。


 5目教育費負担金、1節保健体育負担金、収入済額2万7,700円、前年比4,300円の減でございます。水泳教室の参加負担金でございます。


 6目農林水産業費負担金、1節林業総務費負担金でございます。収入済額1万9,000円で、これにつきましては新規でございます。自然観察会の参加者に対する負担金で、参加者の保険料でございます。単価200円の95名分でございます。


 12款使用料及び手数料、1項使用料、1目総務使用料、1節総務管理使用料でございます。収入済額536万6,485円、前年度対比57万3,873円の減で、02の造船所使用料が減の主なものでございます。


 続きまして、2目の衛生使用料、1節保健衛生使用料でございます。収入済額382万5,000円、前年比116万5,000円の減でございます。火葬場使用料でございます。大人の54人分、子供1人分でございます。


 3目の農林水産業使用料、1節農業使用料でございます。収入済額6万9,000円、前年比2万1,000円の増でございます。ふれあい農園の使用料でございます。これにつきましては前年は2区画空いていたためでございます。2節水産業使用料、収入済額10万5,750円、前年度対比11万2,570円の減でございます。漁港区域内の占用料等で、プレジャーボートの分が減となっております。


 続きまして、4目の商工観光使用料、1節観光使用料でございます。収入済額63万円で、宮ノ前観光案内所の使用料で、これにつきましては前年と同額でございます。


 次の27ページをお願いいたします。


 5目土木使用料、1節道路使用料でございます。収入済額293万4,565円、前年比3,447円の減で、道路占用料でございます。2節住宅使用料、収入済額673万9,800円、前年度対比51万1,700円の増となっております。収入未済額につきましては56万4,900円、町営住宅の使用料でございます。


 6目教育使用料、1節幼稚園保育料でございます。収入未済額331万1,000円、前年比32万2,000円の減となっております。収入未済額につきましては20万3,000円で、3名分でございます。2節公民館使用料、収入済額63万6,550円、前年比6,110円の増となっております。続きまして3節美術館観覧料、収入済額1,148万9,380円、前年比321万2,722円の減でございます。収入未済額5,500円、これにつきましては既に納めてもらっていただいております。4節保健体育使用料、収入済額153万630円、前年比5万1,490円の減でございます。5節社会教育使用料でございます。収入済額19万9,710円、前年比1万8,970円の増でございます。これにつきましてはコミュニティ真鶴の使用料でございます。


 続きまして、2項手数料、1目総務手数料、1節徴税手数料でございます。収入済額20万7,500円、前年比5万9,900円の減でございます。これにつきましては督促手数料でございます。続きまして2節の事務手数料でございます。収入済額9万5,178円、前年比9,892円の減でございます。町民交通傷害保険の取扱事務手数料でございます。2,424口分でございます。3節の窓口事務手数料です。収入済額488万4,250円、前年度対比5万1,750円の減でございます。これにつきましては02の戸籍手数料4万7,550円の減が減の主なものとなっております。


 続きまして、2目の衛生手数料、1節の畜犬登録手数料でございます。収入済額42万8,750円、前年比1万3,200円の減でございます。続きまして2節清掃手数料です。収入済額180万8,550円、前年度対比5万1,160円の増でございます。02の一般廃棄物収集運搬手数料の前年度対比12万3,500円の増が増の主なものでございます。


 次の29ページをお願いいたします。


 農林水産手数料、1節農業手数料でございます。収入済額15万5,600円、前年度対比7,800円の減でございます。これにつきましては01の農業者年金業務委託手数料が前年度対比7,800円でございますので、減の主なものでございます。


 4目土木手数料、1節都市計画手数料でございます。収入済額3万7,200円、前年度対比1万5,150円の増でございます。屋外広告物の許可申請手数料でございます。


 5目の教育手数料、1節幼稚園入園料でございます。収入済額3万6,000円、前年度対比1万8,000円の減でございます。


 続きまして、13款国庫支出金、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金、1節社会福祉費負担金でございます。収入済額4,385万4,647円、前年度対比670万3,365円の増で、07の障害者自立支援事業給付費負担金、前年度対比5,044万8,489円の増が増の主なものとなっております。2節児童福祉費負担金、収入済額5,409万1,030円、前年度対比628万8,791円の増でございます。これにつきましては01の保育所運営費負担金、前年度対比296万4,790円の増と02の被用者児童手当負担金、前年度対比238万4,000円の増が増の主なものでございます。


 続きまして、2目の衛生費国庫負担金でございます。1節保健衛生費負担金、収入済額132万3,114円、前年比19万844円の減でございます。これにつきましては03の前年度老人保健事業負担金、前年度対比18万704円で、減の主なものでございます。


 2項国庫補助金、1目民生費国庫補助金、1節社会福祉費補助金でございます。収入済額1,058万9,000円、前年度比823万8,000円の増でございます。


 恐れ入ります、次の31ページをお願いいたします。備考欄の10後期高齢者医療制度創設準備事業費補助金565万円と13の高齢者医療制度円滑導入事業費補助金189万円が増の主なものでございます。


 2目の衛生費国庫補助金、1節保健衛生費補助金でございます。収入済額71万8,000円、前年度対比30万4,000円の増で、循環型社会形成推進交付金で、合併処理浄化槽5基に係るものでございます。


 続きまして、3目の教育費国庫補助金、1節教育総務費補助金、収入済額4万4,000円、前年度対比4,000円の増でございます。4節社会教育費補助金は調定、収入済額ともございません。


 続きまして、3項委託金、1目総務費委託金でございます。1節戸籍住民基本台帳費委託金、収入済額25万2,000円、前年度対比1万2,000円の増でございます。


 2目民生費委託金、1節社会福祉費委託金でございます。収入済額307万6,261円、前年度対比22万2,628円の増でございます。これにつきましては01の基礎年金等事務費委託金、前年度対比21万5,760円の増が増の主なものでございます。続きまして2節児童福祉費委託金、収入済額1万6,126円、前年度対比1,406円の減でございます。特別児童扶養手当事務費委託金でございます。


 続きまして、14款県支出金、1項県負担金、1目民生費県負担金、1節社会福祉費負担金でございます。収入済額5,410万5,225円、前年度対比373万9,650円の増でございます。


 恐れ入ります、次の34ページの備考欄の方をお願いいたします。備考欄の12の障害者自立支援事業給付費負担金、これは前年度対比352万7,723円の増となっておりますので、増の主なものでございます。2節児童福祉費負担金、収入済額3,140万2,014円、前年度対比280万5,245円の増でございます。これにつきましては備考欄の01の保育所運営費負担金、前年度比148万2,394円の増が増の主なものとなっております。


 2目衛生費県負担金、1節保健衛生費負担金でございます。収入済額111万9,549円、前年度対比39万4,406円の減となっております。


 3目1節市町村移譲事務交付金、収入済額1,128万2,575円、前年度対比153万7,146円の減でございます。51件の事務に係るものでございます。


 2項県補助金、1目総務費県補助金、1節総務費補助金でございます。収入済額24万5,000円、前年比506万3,000円の減でございます。前年度は個人県民税システム改訂経費等負担金506万3,000円が予算措置されていたためでございます。


 続きまして、2目民生費県補助金、1節社会福祉費補助金、収入済額1,761万2,000円でございます。前年度対比111万7,000円の増で、備考欄の12重度障害者医療費給付事業補助金の前年度対比131万1,400円が増の主なものでございます。2節児童福祉費補助金でございます。収入済額1,746万4,000円、前年度対比34万3,000円の減でございます。これにつきましては01の民間保育所運営費補助金で、前年度対比の37万9,000円の減が減の主なものでございます。


 続きまして、3目衛生費県補助金、1節保健衛生費補助金でございます。収入済額150万4,000円、前年度対比31万5,000円の増となっております。これにつきましては備考欄の03合併処理浄化槽設置整備事業費補助金の前年対比30万5,000円の増となっておりますので、それが増の主なものでございます。


 次の35ページをお願いいたします。2節美化事業費補助金でございます。収入済額2万3,000円、前年度比4,000円の増でございます。備考欄01の不法投棄・散乱ごみ対策推進事業市町村補助金でございます。


 4目農林水産業費県補助金、1節農業費補助金でございます。収入済額81万円、前年度対比4万1,000円の増でございます。備考欄01の農業委員会交付金が増の主なものとなっております。2節林業費補助金、収入済額1,003万8,936円、前年度対比219万6,554円の減でございます。これにつきましては松くい虫被害対策自主事業の補助金でございます。3節水産業費補助金、収入済額4,980万1,000円、前年度対比4,677万4,000円の増となっております。これにつきましては04の市町営漁港整備事業補助金3,536万3,000円の前年度対比の増となっております。それと05の強い水産づくり交付金の1,230万2,000円が新規でございます。


 5目土木費県補助金、1節都市計画費補助金でございます。収入済額171万2,000円、前年度対比168万1,000円の増でございます。これにつきましては備考欄02の都市計画基礎調査交付金170万円が新規となっております。続きまして2節住宅費補助金でございます。収入済額683万円で、これにつきましても新規でございます。


 6目消防費県補助金、1節地震対策費補助金、収入済額602万7,000円、前年比59万9,000円の減でございます。


 続きまして、7目教育費県補助金、1節社会教育費補助金でございます。収入済額156万1,000円、前年度対比37万5,000円の増でございます。これにつきましては02の(仮称)地域子ども教室に対する補助金22万5,000円と03の地域課題調整費15万円がともに新規でございます。


 続きまして、8目の1節水源環境保全・再生施策市町村交付金でございます。収入済額510万円で、個人県民税に係るものでございます。新規でございます。


○(議長)  暫時休憩いたします。


            (休憩 午後3時27分)


            (再開 午後3時41分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(会計課長)  37ページです。


 9目1節市町村振興補助金でございます。収入済額500万円、亀ヶ崎の町道改修工事に係るもので、新規でございます。


 3項委託金、1目総務費委託金、1節徴税費委託金でございます。収入済額2,228万6,140円、前年度対比1,163万8,658円の増でございます。2節戸籍住民基本台帳費委託金、収入済額1万3,521円、前年度対比4,683円の減で、人口動態調査費交付金でございます。3節選挙費委託金、収入済額902万2,033円、前年度対比670万4,930円の増でございます。備考欄04の参議院議員通常選挙費委託金555万2,429円が新規でございます。4節統計調査費委託金、収入済額45万8,000円、前年度対比10万5,000円の減でございます。前年度は事業所・企業統計調査委託金39万1,000円が計上されていたためでございます。


 2目民生費委託金、1節社会福祉費委託金、収入済額134万9,000円、前年度対比99万9,200円の増でございます。備考欄05の障害者自立支援対策臨時特例交付金、前年度対比96万6,000円の増が増の主なものでございます。


 3目農林水産業費委託金、1節林業費委託金、収入済額500万円、前年度対比3万円の増でございます。01の自然保護奨励金事務委託金で、1ヘクタール以上の山林所有者3名分に係るものでございます。


 4目土木費委託金、1節港湾費委託金でございます。収入済額1,473万7,000円、前年度対比38万5,000円の増で、港湾指定管理料でございます。


 次の39ページをお願いいたします。


 5目教育費委託金でございます。1節教育総務費委託金、収入済額100万円、前年度対比36万7,000円の増で、備考欄の04の問題を抱える子ども等の自立支援事業委託金で、新規でございます。


 続きまして、15款財産収入、1項財産運用収入、1目財産貸付収入、1節土地貸付収入でございます。収入済額4,518万9,454円、前年度対比981万3,378円の増でございます。収入未済額は211万2,069円、備考欄07の高圧鉄等線下補償料が新規で1,223万4,126円が増の主なものでございます。


 続きまして、2目土地開発基金運用収入、1節利子及び配当金、収入済額10万5,379円、前年度対比5,621円の減でございます。2節土地貸付収入、収入済額65万4,010円、新規でございます。琴ヶ浜の駐車場を町観光協会に貸し付けたものでございます。


 3目みどり基金運用収入、1節利子及び配当金、収入済額37万2,821円で、みどり基金繰替運用利子で、新規でございます。水道会計への長期貸付に係る償還利息でございます。


 2項財産売払収入、1目不動産売払収入、1節土地売払収入でございます。収入済額205万5,863円、前年度対比4,356万5,329円の減でございます。減の内容につきましては、前年はみどり基金資産売払収入4,562万1,192円が計上されていたためでございます。2節その他不動産売払収入、収入済額2万1,000円で、立木の売払収入でございます。


 2目物品売払収入、次の41ページをお願いいたします。1節美術館図録等売払収入、収入済額468万5,900円、前年度対比153万6,080円の減でございます。2節の物品売払収入です。収入済額413万8,505円、前年度対比124万1,185円の減で、お林展望公園の売店等売払収入でございます。


 3目生産品売払収入、1節食堂売上収入、収入済額605万2,300円、前年度対比136万1,150円の減でございます。お林展望公園の食堂の売上収入でございます。


 16款1項寄附金、1目農林水産業費寄附金、1節林業費寄附金、収入済額71万1,632円、前年度対比216万9,509円の減でございます。02のみどり基金に対する寄附金、前年度対比213万5,831円の減が減の主なものでございます。


 2目教育費寄附金、1節教育総務費寄附金、収入済額10万円、前年度対比370万円の減でございます。前年につきましては町立小・中学校図書等寄附金350万円が前年に計上されていたためでございます。2節幼稚園費寄附金、収入済額43万3,200円、前年度対比3万4,800円の減で、ひなづる幼稚園の通園バス利用者に係るものでございます。3節小学校費寄附金、収入済額18万1,000円、前年度対比4,000円の減で、小学校の通学バス利用者にこれも係るものでございます。4節社会教育費寄附金、収入済額10万円、放課後子どもいきいきクラブに対する寄附金でございます。


 続きまして、3目商工観光費寄附金、1節商工費寄附金でございます。収入済額50万円で、前年同額で、商工事業に対する寄附金でございます。


 4目1節一般寄附金、収入済額100万円で、新規でございます。


 次に、5目民生費寄附金、1節社会福祉総務費寄付金、収入済額20万円で、地域振興基金に対する寄附金で、1名分でございます。


 17款繰入金、1項基金繰入金。


 43ページをお願いいたします。1目1節財政調整基金繰入金でございます。収入済額4,888万1,000円、前年度対比1,251万2,000円の減でございます。


 2目1節まちづくり推進事業基金繰入金、収入済額3,109万6,000円、前年度対比39万6,000円の増でございます。


 3目1節地域振興基金繰入金、収入済額1,039万192円、前年度対比2,430万9,808円の減となっております。社会福祉事業に充当するものでございます。


 続きまして、4目1節奨学基金繰入金、収入済額9万円で、奨学金事業に充当するもので、3名分でございます。前年同額でございます。


 5目1節みどり基金繰入金、収入済額580万円、前年度対比3,870万円の減となっております。


 7目1節土地開発基金繰入金、収入済額5,444万9,589円で、土地開発基金条例廃止に係るものでございます。


 続きまして、2項特別会計繰入金、1目1節老人保健医療特別会計繰入金、収入済額318万1,212円、前年度対比234万4,075円で、18年度の医療費確定による精算分でございます。


 続きまして、2目下水道事業特別会計繰入金でございます。45ページをお願いいたします。1節下水道事業特別会計繰入金、収入済額895万4,639円、前年度対比222万5,755円の増でございます。


 3目1節真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計繰入金です。収入済額2,500万円、前年度対比500万円の増となっております。


 4目1節介護保険事業特別会計繰入金、収入済額225万5,868円、前年度対比20万1,605円の増で、介護給付費確定による精算分でございます。


 次に、18款1項1目繰越金、1節前年度繰越金でございます。収入済額1億2,684万6,680円、前年度対比355万2,315円の増でございます。


 19款諸収入、1項延滞金加算金及び過料、1目1節延滞金は収入済額219万5,513円、前年度対比47万7,878円の増で、町税滞納延滞金でございます。


 2項公営企業貸付金元利収入、1目1節上水道事業会計貸付金元利収入、収入済額2,018万3,453円、前年度対比997万3,453円の増となっております。上水道事業会計長期貸付金元利収入でございます。


 3項雑入でございます。次の47ページをお願いいたします。


 1目1節雑入でございます。収入済額2,316万7,849円、前年度対比309万4,850円の増でございます。これにつきましては、備考欄下の40の介護予防サービス計画作成料、前年度対比108万8,000円の増、42と43のデイサービスセンターの燃料費、これにつきましては前年度対比41万3,638円の増、光熱水費につきましては前年度対比173万7,020円の増が増の主なものでございます。


 続きまして、次の49ページをお願いいたします。


 20款1項町債、1目農林水産業債、1節漁港整備事業債、収入済額1,120万円、新規でございます。地域再生計画の岩漁港に係るものでございます。2節農道整備事業債、収入済額1,980万円、広域農道に係るものでございます。


 2目土木債、1節急傾斜地崩壊対策整備事業債でございます。収入済額580万円、前年度対比70万円の減でございます。宮ノ前地区に係るものでございます。2節自然災害防止事業債、収入済額770万円、前年度対比110万円の増でございます。磯崎と真崎地区に係るものでございます。


 3目1節臨時財政対策債、収入済額1億4,211万1,000円、前年度対比1,448万9,000円の減となっております。


 4目1節退職手当債につきましては収入済額3,110万円、前年度対比2,370万円の減となっております。退職者3名に係るものでございます。


 以上、歳入合計につきましては調定額31億1,186万9,904円、収入済額29億9,089万4,247円、不納欠損額1,014万9,100円、収入未済額1億1,082万6,557円となっております。


○(議長)  お諮りいたします。


 本日の会議は、これで延会したいと思います。


 これに、ご異議ありませんか。


            (「異議なし」の声あり)


○(議長)  「異議なし」と認めます。


 本日は、これで延会することに決定いたしました。


○(議長)  本日は、これで延会いたします。


 明日(9月4日)は、午前10時から本会議を再開いたします。


          (延会 午後3時57分)