議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 真鶴町

平成20年第1回定例会(第3日 3月 5日)




平成20年第1回定例会(第3日 3月 5日)





       平成20年第1回真鶴町議会定例会会議録(第3日)


            平成20年3月5日(水)


 


1.出席議員 10名


 1番   二 見 和 幸         7番   神 野 秀 子


 2番   青 木   透         8番   露 木 八 郎


 3番   草 柳   昭         9番   岡ノ谷 佳 子


 4番   青 木   浩        10番   福 井 弘 行


 5番   黒 岩 宏 次        11番   青 木   茂


 6番   奥 津 光 隆        12番   川 崎 日出男





2.欠席議員  2名


 2番   青 木   透        12番   川 崎 日出男


3.執行部出席者


町長        青 木   健    介護健康課長    朝 倉 久 泰


副町長       長谷川 勝 己    福祉課長      青 木 哲 朗


教育長       松 本 吉之助    診療所事務長    青 木 幸 夫


会計課長      森   敦 彦    教育総務課長    平 井 敬 一


税務課長      二 見 良 幸    生涯学習課長    青 木   肇


管理課長      青 木 幹 夫    産業観光課長    細 田 政 広


企画調整課長    井 上 準 一    まちづくり課長   土 屋   茂


環境防災課長    宇 賀 一 章    上下水道課長    廣 石 逸 雄


町民課長      高 畑 誠 二





4.出席した議会書記


議会事務局長    松 本 宣 夫


書     記   青 木 富士夫    書     記   清 水 勇 一





5.議事日程


別紙日程表のとおり


           (開会 午前10時02分)


○(議長)  ただいまの出席議員は10人で、定数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。


○(議長)  議事日程を報告いたします。


             (書記日程朗読)


○(議長)  これより、日程に従い審議を進めます。


○(議長)  日程第1、議案第17号「平成20年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(事業勘定)予算について」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


             (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  おはようございます。議案第17号は、平成20年度真鶴町国民健康保険事業特別会計事業勘定予算についてであります。


 さきに報告しました平成20年度真鶴町施政方針に基づくものでありますので、これをもって提案理由にかえさせていただきます。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(町民課長)  おはようございます。よろしくお願いいたします。


 議案第17号、平成20年度真鶴町国民健康保険事業特別会計事業勘定予算についてご説明いたします。


 第1条は歳入歳出予算で、歳入歳出予算の総額をそれぞれ10億7,703万4,000円と定め、前年度比687万3,000円、0.63%の減とするものです。


 第2条は一時借入金で、借り入れの最高額を3,000万円と定めるものです。


 第3条は歳出予算の流用で、保険給付費に過不足が生じた場合の各項内の流用を認めていただくための規定でございます。


 133ページをお願いいたします。第1表、歳入歳出予算、1、歳入。


 1款1項国民健康保険税でね1款の総額を4億1,970万1,000円とするもので、歳入に占める構成割合は38.97%。


 2款使用料及び手数料、1項手数料で、2款の総額を20万円するもの、構成割合は0.02%。


 3款国庫支出金、1項国庫負担金で2億3,767万9,000円、2項国庫補助金で1,000円、3款の総額を2億3,768万円とするもの、構成割合は22.07%。


 4款1項療養給付費等交付金で4款の総額を6,283万円とするもの、構成割合は5.8%。


 5款1項前期高齢者交付金で、5款の総額を6,904万9,000円とするもの、構成割合は6.41%。


 6款県支出金、1項県負担金で657万7,000円、2項県補助金で4,757万9,000円、6款の総額を5,415万6,000円とするもの、構成割合は5.03%。


 7款1項共同事業交付金で、7款の総額を1億2,600万円とするもの、構成割合は12.7%。


 8款繰入金、1項他会計繰入金で7,706万4,000円、2項基金繰入金1,000円で、8款の総額を7,706万5,000円とするもの、構成割合は7.16%。


 9款1項繰越金で、9款の総額を3,000万1,000円とするもの、構成割合は2.79%。


 10款諸収入、1項延滞金加算金及び過料30万1,000円、2項受託事業収入1万円、3項雑入4万1,000円で、10款の総額を35万2,000円とするもの、構成割合は0.03%。


 134ページをお願いいたします。2、歳出。


 1款総務費、1項総務管理費で2,255万1,000円、2項運営協議会費で52万4,000円、1款の総額を2,307万5,000円とするもので、歳出に占める構成割合は2.14%。


 2款保険給付費、1項療養諸費で6億9,141万2,000円、2項高額療養費で7,277万9,000円、3項移送費で2万円、4項出産育児諸費で350万円、5項葬祭諸費で135万円で、2款の総額を7億6,906万1,000円とするもの、構成割合は71.41%。


 3款1項後期高齢者支援金等で、3款の総額を5,163万5,000円とするもの、構成割合は4.79%。


 4款1項前期高齢者納付金等で、4款の総額を12万4,000円とするもの、構成割合は0.01%。


 5款1項老人保健拠出金で、5款の総額を2,578万4,000円とするもの、構成割合は0.24%。


 6款1項介護納付金で、6款の総額を6,049万8,000円とするもの、構成割合は5.62%。


 7款1項共同事業拠出金で、7款の総額を1億2,213万2,000円とするもの、構成割合は11.34%。


 8款保健事業費、1項特定健康診査等事業費で894万7,000円、2項保健事業費で176万円、8款の総額を1,070万7,000円とするもの、構成割合は0.99%。


 9款1項基金積立金で、9款の総額を68万円とするもの、構成割合は0.06%。


 10款公債費、1項一般公債費で、10款の総額を3万7,000円とするもの、構成割合は0.01%。


 11款諸支出金、1項償還金及び還付加算金で、11款の総額を52万4,000円とするもの、構成割合は0.05%。


 135ページをお願いします。


 12款1項予備費、12款の総額を1,277万7,000円とするもの、構成割合は11.36%。


 139ページをお願いいたします。内容についてのご説明をいたします。


 2の歳入です。


 1款1項国民健康保険税、1目一般被保険者国民健康保険税、本年度4億198万6,000円、前年度比4,751万3,000円の増、1節医療給付費分現年課税分3億1,337万2,000円は、1人当たりの保険税額を10万4,000円とし、推計被保険者3,240人を乗じ、収納率93%で積算しました。前年度比440人の減は75歳以上の方が後期高齢者医療に移行し、また、退職被保険者が一般被保険者に移行したための減となっております。ただし、金額につきましては535万6,000円の増となっております。2節介護納付金分現年課税分2,709万円は1人当たりの介護納付金を2万3,857円とし、推計被保険者数1,221人を乗じ、収納率93%で積算し、前年度比は906万7,000円の減となっており、3節後期高齢者支援金分現年課税分5,122万4,000円は、制度改正により新たに創設された科目で、前年度までの医療給付費分0.064を医療給付費分0.054と後期高齢者支援分0.009で分割し算出いたしました。4節医療給付費分滞納繰越分1,000万円は前年同額。5節介護納付金分滞納繰越分30万円も前年同様となっております。


 2目退職被保険者等国民健康保険税1,771万5,000円、6,787万1,000円の減は、退職者医療制度は廃止され、一般被保険者に移行いたしますが、平成26年度まで65歳未満の退職被保険者が65歳に達するまでの間、経過的に現行制度が存続されることになります。右側をお願いします。1節医療給付費分現年課税分1,340万6,000円、前年度比6,332万8,000円の減、2節介護納付金分現年課税分297万1,000円で、前年度比567万1,000円の減、3節後期高齢者支援金分現年課税分は112万8,000円で、一般被保険者と同様に算出いたしました。4節医療給付費分滞納繰越分20万円、5節介護納付金分滞納繰越分1万円は前年と同様となっております。


 2款使用料及び手数料、1項手数料、1目督促手数料20万円で、前年度比2万円の減。


 3款国庫支出金、1項国庫負担金、1目療養給付費等負担金2億3,110万2,000円、3,550万6,000円の増、1節現年度分、一般療養給付費に対する負担金2億555万4,000円で、前年度比7,932万8,000円の増、老人保健拠出金に対する負担金497万8,000円は3,952万9,000円の減、介護納付金に対する負担金2,056万9,000円は429万3,000円の減となっております。2節過年度分1,000円は科目設定です。


 2目高額医療費共同事業負担金626万1,000円は74万9,000円の減で、平成19年度の一般被保険者の医療費をもとに国保連合会から算出された額の補助率4分の1を計上いたしました。


 3目特定健康診査等負担金31万6,000円は新規で、特定健康診査等に係る負担金です。


 141ページをお願いいたします。


 2項国庫補助金、1目財政調整交付金1,000円、前年度比100万円の減で、科目設定です。


 4款1項1目療養給付費等交付金6,283万円、1億1,132万4,000円の減で、1節減年度分6,282万9,000円は、退職者本人及び扶養者に係る医療費に対し退職者の保険税を差し引いた額を支払基金から交付されるもので、2節過年度分1,000円は科目設定。


 5款1項1目前期高齢者交付金6,904万9,000円は新規で、65歳から74歳までの被保険者数567人の医療費を推計し定められた掛け率で算出したものです。


 6款県支出金、1項県負担金、1目高額医療費共同事業負担金626万1,000円、74万9,000円の減で、国庫と同様で補助率4分の1となっております。


 2目特定健康診査等負担金31万6,000円は新規で、国庫と同様に措置したものです。


 2項県補助金、1目県財政調整交付金4,757万9,000円、731万1,000円の増、1節普通調整交付金、01普通調整交付金4,078万2,000円は市町村国保の厳しい財政運営に配慮し、安定的な財源の確保に向け財政調整が行われるもので、療養給付費等負担金の6%となっております。02その他特別調整交付金679万7,000円で、療養給付費等負担金の1%でなっております。


 143ページをお願いいたします。


 1項共同事業交付金、1目高額医療費共同事業交付金2,000万円、457万6,000円の増で、高額な医療費の発生が国保の財政に与える影響を緩和するため、1件80万円を超える高額医療費共同事業が実施されるものです。


 2目保険財政共同安定化事業交付金1億600万円で、1,448万5,000円の増、こちらは1件30万円を超える医療費について賄うもので、財源を共同でプールし市町村の寄附金をもとに交付金が交付される事業です。


 8款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金7,706万4,000円、83万2,000円の減、1節保険基盤安定制度繰入金(保険税軽減分)4,249万3,000円で、前年度比123万5,000円の増、低所得者の保険税並びに介護納付金を国、県、町で交付するものとなっております。2節保険基盤安定制度繰入金(保険者支援分)916万1,000円で、前年度比41万4,000円の増、低所得者を多く抱える保険者を支援するもので、同じく国、県、町で交付するもの。3節職員給与費等繰入金2,307万5,000円、前年度比213万円の増、費職員2名分の人件費、事務費等を繰り入れるもの。4節出産育児一時金繰入金233万4,000円、前年度比116万6,000円の減、1人35万円の10人分をみ、その3分の2を繰り入れものです。5節財政安定化支援事業繰入金1,000円は、科目設定です。


 8款繰入金、2項基金繰入金、1目保険給付費支払準備基金繰入金1,000円は科目設定。


 9款1項繰越金、1目療養給付費交付金繰越金1,000円も科目設定。


 2目その他繰越金3,000万円は351万円の減で、1節前年度繰越金3,000万円は前年度繰越金を見込んで予算措置したものです。


 145ページをお願いします。


 10款諸収入、1項延滞金加算金及び過料、1目一般被保険者延滞金30万円、10万円の増は19年度実績で計上しました。


 2目退職被保険者等延滞金1,000円は科目設定。


 10款諸収入、2項受託事業収入、1目特定健康診査等受託料1万円は新規ですが、科目設定です。


 10款諸収入、3項雑入、1目一般被保険者第三者納付金1万円。2目退職被保険者等第三者納付金1万円。3目一般被保険者辺納金1万円。4目退職被保険者等辺納金1万円。


 5目雑入1,000円は前年同額で科目設定です。


 147ページをお願いいたします。歳出です。


 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費、本年度2,237万6,000円、前年度比213万円の増。説明欄、一般経費1,742万1,000円は前年度比307万2,000円の増で、職員2名分の人件費また異動による増で、09―11費用弁償から14―71住民記録公開データベースソフトウェア借上料までは前年同様ですが、13―11電算事務委託料110万7,000円は前年度比36万1,000円の減で、国保連合会電算共同処理にかかわるものです。下段の国民健康保険税賦課徴収事業495万円は前年度比94万2,000円の減で、13―11電算事務委託料356万7,000円は前年度比95万4,000円の減で、去年ありました保険証カードの減が主なものとなっております。


 2目の連合会負担金18万円は前年同額です。


 2項1目運営協議会費52万4,000円は前年同額で、会長及び委員計9名の年額報酬と研修会での旅費です。


 149ページをお願いいたします。


 2款保険給付費、1項療養諸費、1目一般被保険者療養給付費6億1,472万4,000円、2億1,720万1,000円の増で、退職者から一般に切り替わる2,600人から3,200人を見込み計上いたしました。説明欄19―41一般被保険者分診療報酬6億35万9,000円は前年度比2億1,300万3,000円の増、19―42入院時食事療養費1,436万5,000円は4,190万8,000円の増。


 2目退職被保険者等療養給付費6,475万8,000円、1億3,300万円の減で、逆に一般被保険者から切り替わる870人から260人を見込みました。19―41退職被保険者等分診療報酬6,401万7,000円は前年度比1億3,077万1,000円の減、19―42入院時食事療養費67万1,000円。


 3目一般被保険者療養費954万3,000円、290万5,000円の増で、診療費用額に平均給付率と給付割合と伸び率を乗じて算出しました。


 4目退職被保険者等療養費43万6,000円、103万2,000円の減。


 5目審査支払手数料195万1,000円、3万2,000円の増、約4万2,000件の手数料です。


 2項高額療養費、1目一般被保険者高額療養費6,716万9,000円、1,919万9,000円の増、過去3年間の実績をもとに退職被保険者からの切り替えをもとに算出しました。


 2目退職被保険者等高額療養費541万円で1,368万9,000円の減、一般被保険者に切り替えをもとに積算しました。


 3目一般被保険者高額介護合算療養費10万円と4目退職被保険者等高額介護合算療養費10万円は新規ですが、科目設定です。


 3項移送費、1目一般被保険者移送費1万円、2目退職被保険者等移送費1万円、前年同額で科目設定です。


 151ページをお願いいたします。


 4項出産育児諸費、1目出産育児一時金350万円、175万円の減は、実績をもとに10人分を計上いたしました。


 5項葬祭諸費、1目葬祭費135万円、635万円の減は、議案第5号で認められました葬祭費10万円から5万円に引き下げられたことと、75歳以上の方が後期高齢者医療に移行いたしますので、27人分を計上いたしました。


 1目後期高齢者支援金5,161万6,000円は新規で、加入見込数と伸び率、1人当たりの算額を見込んで算出いたしました。


 2目後期高齢者関係事務費拠出金1万9,000円は新規で、加入見込数算定基礎額で算出いたしました。


 1項前期高齢者納付金等、1目前期高齢者納付金11万4,000円は新規で国保加入者4,400人の4分の1で、伸び率を乗じて算出いたしました。


 2目前期高齢者関係事務費拠出金1万円、これも新規で科目設定です。


 1項老人保健拠出金、1目老人保健医療費拠出金2,553万6,000円、1億3,812万2,000円の減で、後期高齢者医療に移行したための減です。


 2目老人保健事務費拠出金24万8,000円、251万2,000円の減も同様となっております。


 153ページをお願いいたします。


 6款1項1目介護納付金6,049万8,000円、784万8,000円の減、2号被保険者分介護納付金で社会保険診療報酬支払基金より20年度概算納付金から18年度の確定納付金を差し引いた額で計上いたします。


 1項共同事業拠出金、1目高額医療費共同事業拠出金2,504万6,000円、299万8,000円の減は、国保連合会を事業実施主体として高額医療費80万円以上に対する事業で、市町村が連合会へ拠出するもとなっております。


 3目保険財政共同安定化事業拠出金9.708万5,000円、75万2,000円の増で、1項の高額医療費に共同事業拠出金は80万円以上でしたが、30万円から80万円未満のものに対して補助するものとなっております。


 8款保健事業費、1項特定健康診査等事業費、1目特定健康診査等事業費894万7,000円は新規で、特定健康診査等に係る費用で、説明欄07―11臨時職員賃金102万8,000円は保健師また栄養士の臨時職員賃金です。11―11消耗品費5万円は啓発用パンフレット等、11―41印刷製本費23万1,000円は受診券、利用券の印刷代、12―11通信運搬費5万2,000円は受診結果通知で、13―11健康診査等委託料758万6,000円は単価で9,000円で800人を見込み、医者の判断により心電図、眼底検査等を見込みます。なお、受益者負担ということで、国の基準の参考に1,000円を徴収することにいたします。


 155ページをお願いします。


 2項保健事業費、1目保健衛生普及費43万4,000円、4,000円の減で、医療費通知に係る費用です。


 2目疾病予防費132万6,000円、99万1,000円の減はレセプト点検臨時職員賃金と血液さらさら事業等で、前年度ありました簡易人間ドックは特定健診がありますので中止といたします。


 9款1項基金積立金、1目保険給付費支払準備基金積立金68万円、10万5,000円の増。


 10款公債費、1項一般公債費、1目利子3万7,000円で、前年同額です。


 11款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目一般被保険者保険税還付金50万円、2目退職被保険者等保険税還付金2万円、3目一般被保険者還付加算金1,000円、4目退職被保険者等還付加算金1,000円、5目国庫支出金返納金1,000円、157ページ、6目療養給付費返納金1,000円は、いずれも前年同額で予算措置いたします。


 12款1項1目予備費1,277万7,000円、80万8,000円の減で、歳入歳出間を調整したものです。


 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  お諮りいたします。ただいま、議題となっております議案第17号については、総務民生常任委員会に付託いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


           (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。よって議案第17号については、総務民生常任委員会に付託することに決しました。


○(議長)  日程第2、議案第18号「平成20年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施設勘定)予算について」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


             (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第18号は、平成20年度真鶴町国民健康保険事業特別会計施設勘定予算についてであります。


 さきに報告しました平成20年度真鶴町施政方針に基づくものでありますので、これをもって提案理由にかえさせていただきます。


 詳細につきましては、事務長に説明させますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(診療所事務長)   おはようございます。よろしくお願いいたします。


 議案第18号、平成20年度真鶴町国民健康保険事業特別会計施設勘定予算についてご説明申し上げます。


 第1条の歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ2億6,853万5,000円と定めるもので、前年度対比1,361万3,000円の減で、率は4.82%減とするものです。


 第2条は一時借入金で、借入の最高額を3,000万円と定めるものです。


 164ページをお願いいたします。第1表、歳入歳出予算です。


 1、歳入です。


 1款診療収入、1項外来収入2億2,538万6,000円、2項その他の診療収入388万5,000円、1款の総額を2億2,927万1,000円とするもので、歳入に占める構成割合は85.38%です。


 2款使用料及び手数料、1項手数料で59万7,000円とするもので、構成割合は0.22%です。


 3款繰入金、1項他会計繰入金で3,756万4,000円とするもので、構成割合は13.99%です。


 4款1項繰越金で100万円とするもので、構成割合は0.37%です。


 5款諸収入、1項雑入で10万3,000円とするもので、構成割合は0.04%です。


 次のページをお願いいたします。


 2、歳出です。


 1款総務費、1項施設管理費で1億3,537万8,000円とするもので、歳出に占める構成割合は50.41%です。


 2款1項医業費で1億607万9,000円とするもので、構成割合は39.5%です。


 3款1項公債費で2,488万円とするもので、構成割合は9.27%です。


 4款1項予備費で219万8,000円とするもので、構成割合は0.82%です。


 次に、169ページをお願いいたします。内容についてご説明いたします。


 2、歳入です。


 1款診療収入、1項外来収入、外来収入につきましては、外科が常勤で再開しました、18年12月から19年11月までの1年間の収入実績をもとに見込んでおります。1目国民健康保険診療報酬収入は5,334万7,000円で、前年度比633万3,000円の増、1節現年分は5,334万6,000円で、件数では5,152件、前年度比852件の増ですが、1件当たりでは1万354円で、前年度比579円の減となっています。2節未収繰越分1,000円は科目設定です。


 2目社会保険診療報酬収入は4,259万9,000円で、前年度比245万6,000円の減で、1節現年分は4,259万8,000円で、件数で4,682件、前年度比6件の増ですが、1件当たりでは9,098円で、前年度比537円の減となっております。2節未収繰越分1,000円は科目設定です。


 3目後期高齢者診療報酬収入は老人医療制度の改正により目の名称を老人保健診療報酬収入から後期高齢者診療報酬収入に改めたもので、9,392万8,000円で、前年度比2,202万1,000円の減で、1節現年分は9,392万7,000円で、件数5,115件、前年度比872件の減で、1件当たりでは1万8,363円で、前年度比1,003円の減でございます。2節未収繰越分1,000円は科目設定です。


 4目一部負担金収入2,899万1,000円で、前年度比39万3,000円の増で、1節現年分は2,899万円で、件数127件、前年度比29件の増を見込んだものです。2節未収繰越分1,000円は科目設定です。


 5目その他の診療報酬収入は652万1,000円で、前年度比192万1,000円の増で、1節現年分は652万円で、各種健診、予防接種や自費診療などの収入分、2,291件と本年度より外科にて実施するがん免疫細胞療法の管理料分を見込んだもので、健診、予防接種などの分は526万955円で、がん免疫細胞療法管理料は126万円です。2節未収繰越分1,000円は科目設定です。


 2項その他の診療収入、1目諸検査等収入は388万5,000円で、前年度比30万1,000万円の減で、1節健康診断料は一般健診のほか就職時等健康診断料、一般事業所や役場職員等の健診分を計上したものでございます。


 2款使用料及び手数料、1項1目手数料59万7,000円で、前年度比12万6,000円の減で、1節手数料で各種診断手数料は実績より175件、58万2,760円、死体処置料は前年同額、障害者医療手数料外は18年度実績により1万3,000円を見込んだものでございます。


 次のページをお願いいたします。


 3款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金3,756万4,000円で前年度比809万2,000円の増、1節一般会計繰入金で、増額の要因は、02医療用機械等の増が主なもので、医療用機械の借上料に充当する分の増によるものです。


 事業勘定繰入金は廃目です。


 4款1項1目繰越金は100万円で、前年度比450万円の減で、1節前年度繰越金です。


 5款諸収入、1項1目雑入は10万3,000円で、前年度比5万2,000円の増で、1節雑入はその他の増で、自販機に係る電気料等を計上したものでございます。


 次のページをお願いいたします。3、歳出です。


 1款総務費、1項施設管理費、1目一般管理費1億3,532万7,000円で、前年度比1,513万6,000円の減額です。説明欄の一般経費1億2,579万3,000円は前年度比で1,364万1,000円の減で、人件費関係では02−21行政職から04−61社会保険料を除く07―71医師共済負担金までが行政職2名、医療職8名分の人件費で、02−21行政職給料、03―03地域手当、03―12期末手当、03―13勤勉手当、03―14退職手当等、04―11職員共済負担金などで、1,303万4,000円の減額となっておりますのは事務職員1名の退職によるものでございます。また、04―61社会保険料、04―81雇用保険料、07―16臨時事務員賃金で221万1,000円増額となっておりますが、これは退職した事務職員にかわり臨時事務員で対応するため増額したものでございます。11―11消耗品費、11―21燃料費、13―13血液検査料、13―20放射線技師派遣業務委託料、14―63複写機借上料を除き、14―62X線画像処理機借上料までは若干の増減はありますが、前年と同様でございます。11―11消耗品費9万7,000円の減は実績を勘案し減額、11―21燃料費8万9,000円の減は灯油代で、デイサービスとの案分率の見直しによる減額。13―13血液検査料22万7,000円の減は実績を勘案し減額、13―20放射線技師派遣業務委託料10万1,000円の減は年間派遣日数が減ったことによる減額でございます。14―63複写機借上料16万9,000円の減は借上期間5年を経過し、再リースしたことによる減額でございます。また、昨年度計上しておりましたレセプト電算処理システム業務委託料193万2,000円が減額となっております。


 次のページをお願いいたします。一般経費の続きでございます。14―68骨塩量測定装置借上料3万3,000円の減は19年度に更新したもので、借上料が確定したことによる減額でございます。19―39諸負担金1万円は本年10月に横浜で全国国保地域医療学会が開催されるため、1名分の参加負担金を計上したものでございます。その他は前年同様ですが、昨年度計上しておりました契約解除違約金45万円が減額となっております。


 次に、施設管理経費950万4,000円は前年度比136万8,000円の減で、増額は13―41受電設備清掃委託料の1万8,000円で、3年に1度実施するものでございます。11―51光熱水費83万5,000円の減、13―25温水ボイラー保守委託料の減は、デイサービスとの案分率の見直しによる減額、11―61修繕料は実績を勘案し減額したもの、12―41手数料は3年に1度実施の地下タンク漏洩検査手数料分の減額、13―61給水設備保守点検は実施回数の見直しによる減額でございます。その他一括入札によるものが若干減額となっております。


 次に、往診車管理経費3万円は前年比12万7,000円の減額で、車検に係る経費の減額でございます。


 2目財産管理費5万円で前年度比35万円の減額で、11―61修繕料は実績をもとに減額したものでございます。


 3目諸費1,000円で、23―10診療報酬等過誤納金還付金の科目設定でございます。


 次のページをお願いいたします。


 2款1項医業費、1目医療用機械器具費139万7,000円で、前年度比28万円の減額で、修繕料が減額の主なもので、実績をもとに減額するものです。なお、酸素供給装置保守料、在宅人工呼吸器保守委託料とも1名分でございます。


 2目医療用消耗器材費148万円で、前年度比3万2,000円の増でございます。消耗品費の増は外科サポーター購入費の増が主なものでございます。


 3目医薬品衛生材料費1億320万2,000円で、前年度比106万8,000円の増額で、主に薬品代ですが、18年度実績と19年度12月までの実績によるもので、その要因はや外科用の新規医薬品の増加によるものでございます。また、外科のレントゲン撮影が増えたためフィルム代も5万2,000円増額してございます。


 3款1項公債費、1目元金1,599万5,000円で、前年度比33万円の増で、23―01町債償還元金で、10年度債分1,468万1,405円、11年度債分98万3,133円を計上したものでございます。


 2目利子888万5,000円で、前年度比14万6,000円の減額で、23―01町債償還利子で10年度債813万4,187円、11年度債52万7,870円を計上したものと23―02一時借入金利子は22万2,000円は運営費の一部を一時的に借り入れるための利子でございます。


 4款1項1目予備費219万8,000円で、前年度比86万9,000円の増で、歳入歳出を調整したものでございます。


 以上で説明を終わりにさせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願いいたします。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○10番議員(福井弘行)  診療報酬で伺います。町長の施政方針の中にも、新しい免疫療法を取り入れた治療をしていくということで、その報酬をどのぐらい見込んで、これがどこに入ってくるのかなということと、それから、全部の診療報酬の中で投薬代というんですか、薬代というのは、どのぐらいの収入を得ているのか。その2点について伺いたいと思います。


 それから、投薬にかかわる人の人数。


○(診療所事務長)  1点目のがん免疫細胞に係るものでございますが、外来収入の5目その他の診療報酬の現年度分の中に計上してございまして、今年度は4件分として126万円を計上してございます。4件分で126万円でございます。1件についてては31万5,000円が1件分でございます。


 次の薬代でございますが、薬代につきましては、18年度の実績をもとに見込みましたが。


○10番議員(福井弘行)  予算組むには試算しているべに、18年度でもいいけどよ。


○(議長)  休憩いたします。


            (休憩 午前11時00分)


            (再開 午前11時01分)


○(議長)  再開いたします。


○(診療所事務長)   薬価差につきましては、4.5%で、約400万円ほどの収入でございます。


○10番議員(福井弘行)  いや、違うよ。診療報酬の中には薬価代が入っているでしょう。その薬価代は幾らになるのかということを聞いているんだよ。薬価代で幾らの報酬を得ているのかということ。だから、合計でいいというんだよ。


○(診療所課長)  診療報酬の45.1%を見込んでおります。


○10番議員(福井弘行)  金額はいくらなのよ、おれ頭が悪いから計算出来ない。1億400万円のうち、投薬にかかわる人が何人いて。


○(診療所課長)  投薬については、看護師が1名毎日交代で投薬にかかわっております。


○10番議員(福井弘行)  何でこんなことを聞くかというと、前々から、私、言っているんだけれども、薬は病院でやるより外部に出した方が得だろうということの中で、今も聞いてみると、人件費を入れると、よくてツーペイ、利益が出てきていないという中では、投薬を外部に出せば、処方箋代が今度は病院の収入になる。町長は前に処方箋を書くと300円なり500円なりの患者負担になってしまう。それは当然だけれども、やっぱり診療所を維持というより経営していくためには、それぞれに負担をお願いしていかなくちゃいけない。町民だけだったら、一般会計から入れるのもこれは町民の負担だから、まだ納得できるけれども、患者の中には町外者もいる。そんな何で診療所をなるべく経費を安く維持していくことが大変必要だと思うし、繰入も少なくするためには、そういった方法も必要だろうと思うので、その辺について、もう一度お答えをいただければと思います。


○(町長)  10番議員は、それを承知で質問しているから、私もそういうふう答えますけれども、私は基本的に診療所の収入収入だけにこだわるのは、果たして町民にとって幸せなのかということを考えると、果たしてそうではない。例えば、今、言われた薬価率の問題からして、大きくそこに薬剤の関係で2人3人とかかって、診療所の維持管理が大変難しい状況にあるというならば、見直すことも必要でしょうけれども、今の状況においては、診療所の混雑状況も含めて、どうにかこうにか、それに対して回すことができるということと、多くの町民の方々が利用する中での薬に対する処方箋を町内業者でやっていくことも、それは研究していく上ではやぶさかではないんですけれども、今の状況の中においては、現在のままでいくことが、町民にとっては安い金額で診療を受けられるということだろうと思っています。ただ、これからも私は、他市町に、病院関係にかかわられている方が、この診療所でも処方ができないかどうかということも含めて考えていた方が、かえって患者さんを増やすことにもあり得るかな、こういうところに診療所の再生を考えたいというふうに思っておりますので、ご理解いただきたいと思います。


 以上です。


○10番議員(福井弘行)  なぜこんなことを言うかというと、やっぱり診療所を維持することが町民のためだということだと思いますので、その辺も心得て、研究の一つとしてとらえていただきたい。


 それから、もう1点、やはり、高齢化がこれだけ進んでくると、往診ということが非常に必要だろう。今のような状況でなくて、往診を積極的にやっていくということが必要になるんじゃないかと思いますけれども、それによって、また、収入が、収入が増えればいいんじゃねえよと町長には言われそうですけれども、やはれ収入が増えることが必要だと思いますので、この辺について、往診を積極的にやるのかやらないのか。今も往診をやっていることはわかるけれども、何かつけたしで往診をやっているようなことじゃなくて、高齢化が進むと、相当往診を積極的にやっていかないと、来る患者を待っていたんでは、なかなか診療所運営上もだんだんきつくなってくるだろうし、それから、介護という点で、介護で処理してしまうと介護保険、診療所が往診するれば療養というようなことにもなると思いますので、その辺について、もう一度お答えして、3度目になりますから、終わります。


○(町長)  ご存じのとおり、往診をやっていないのではなくて、往診はやっています。その中で、今、新しく外科医師についても、積極的に往診をお願いしているところでございますので、もうしばらくしますと、活動状況が皆さんの方にわかってもらえるのかなと思いますので、もうしばらくお待ちいただきたいと思います。やるということでご理解いただきたいと思います。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  お諮りいたします。ただいま、議題となっております議案第18号については、総務民生常任委員会に付託いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


           (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。よって議案第18号については、総務民生常任委員会に付託することに決しました。


○(議長)  休憩いたします。


            (休憩 午前11時08分)


            (再開 午前11時32分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  日程第3、議案第19号「平成20年度真鶴町老人保健医療特別会計予算について」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


             (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第19号は、平成20年度真鶴町老人保健医療特別会計予算についてであります。


 さきに報告しました平成20年度真鶴町施政方針に基づくものでありますので、これをもって提案理由にかえさせていただきます。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(町民課長)  議案第19号、平成20年度真鶴町老人保健医療特別会計予算についてご説明をいたします。


 町長の施政方針報告にもありましたように、平成20年4月以降は後期高齢者医療に移行することから、平成20年度は2カ月分の診療費と請求の遅延分を見込みました。


 第1条は歳入歳出予算で、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1億3,794万6,000円と定め、前年度比7億8,264万9,000円の減、85.02%の減とするものです。


 184ページをお願いいたします。第1表、歳入歳出予算、1、歳入。


 1款1項支払基金交付金で7,455万3,000円とするもの、歳入に占める構成割合は54.05%。


 2款国庫支出金、1項国庫負担金で4,225万8,000円とするもの、構成割合は30.63%。


 3款県支出金、1項県負担金で1,056万4,000円とするもの、構成割合は7.66%。


 4款繰入金、1項一般会計繰入金で1,056万7,000円とするもの、構成割合は7.66%。


 5款1項繰越金で1,000円とするもの。


 6款諸収入、1項雑入で3,000円とするものです。


 185ページをお願いします。内容についてご説明いたします。


 2、歳出、1款1項医療諸費で1億3,793万9,000円とするもので、歳出に占める構成割合は99.99%。


 2款諸支出金、1項償還金2,000円、2項繰出金で1,000円、2款総額を3,000円とするもの。


 3款1項予備費で4,000円とするものです。


 189ページをお願いいたします。内容についてご説明いたします。


 2、歳入です。


 1款1項支払基金交付金、1目医療費交付金、本年度は7,381万4,000円、前年度比4億684万1,000円の減、1節現年度分7,381万3,000円は平成20年3月までの2カ月分の医療費で、一定以上所得者医療費1,042万7,000円と公費50%分の6,338万3,000円を見込みました。2節過年度分1,000円は科目設定です。


 2目審査支払手数料交付金73万9,000円、247万9,000円の減、1節現年度分73万8,000円は補助率100%でございます。2節過年度分1,000円は科目設定です。


 2款国庫支出金、1項国庫負担金、1目医療費負担金4,225万8,000円は2億4,888万6,000円の減、1節現年度分4,225万7,000円は支払基金負担分の残りの3分の1の負担分でございます。2節過年度分1,000円は科目設定。


 3款県支出金、1項県負担金、1目医療費負担金1,056万4,000円、6,222万1,000円の減、1節現年度分1,056万4,000円は、国庫負担分の残りの10分の1の負担金となっております。


 4款繰入金、1項1目一般会計繰入金1,056万7,000円、6,222万1,000円の減、1節一般会計繰入金1,056万7,000円は県負担金同様に10分の1負担分と、あと端数分を合わせたものです。


 5款1項1目繰越金1,000円で、前年同額です。


 191ページをお願いいたします。


 6款諸収入、1項1目雑入3,000円、前年同額で、1節第三者納付金1,000円、2節返納金1,000円、3節雑入1,000円、いずれも科目設定でございます。


 193ページをお願いいたします。3、歳出。


 1款1項医療諸費、1目医療給付費、本年度1億3,402万2,000円、前年度比7億6,756万5,000円の減で、19節負担金補助及び交付金1億3,402万2,000円で、診療費用額1億4,216万1,000円から一部負担金1,144万4,000円を差し引いた額1億3,071万7,000円と食事療養費499万6,000円から標準負担額169万1,000円を差し引いた額330万6,000円を合算したものです。


 2目医療費支給費317万8,000円、1,260万1,000円の減、19節負担金補助及び交付金317万7,000円は19−41老人医療費支給費113万円で、柔整、補装具等に係る分で、19年度平均で算出、2カ月分を計上しました。19−42高額医療費204万8,000円は19年度平均で算出、19年12月分、20年、1月、2月、3月分を次の20年度で支払うものとなっております。


 3目審査支払手数料73万9,000円、247万9,000円の減で、支払基金及び連合会の前年同額の単価で支払予定数を掛けたものでございます。


 2款諸支出金、1項1目償還金1,000円、前年同額、2目還付金1,000円、前年同額でございます。


 2款諸支出金、2項繰出金、1目一般会計繰出金1,000円で、前年同額です。


 3款1項1目予備費4,000円も前年同額でございます。


 以上で説明を終わります。よろしくご審議の上、ご承認くださるようお願い申し上げます。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  お諮りいたします。ただいま、議題となっております議案第19号については、総務民生常任委員会に付託いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


           (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。よって議案第19号については、総務民生常任委員会に付託することに決しました。


○(議長)  暫時休憩いたします。


            (休憩 午前11時44分)


            (再開 午後 1時36分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  日程第4、議案第20号「平成20年度真鶴町下水道事業特別会計予算について」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


             (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第20号は、平成20年度真鶴町下水道事業特別会計予算であります。


 さきに報告いたしました平成20年度真鶴町施政方針に基づくものでありますので、これをもって提案理由にかえさせていただきます。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(上下水道課長)  議案第20号、平成20年度真鶴町下水道事業特別会計予算についてご説明いたします。


 第1条は歳入歳出予算で、予算の総額は、歳入歳出それぞれ2億2,940万円と定めるもので、前年度対比960万円の減額、率では4.02%の減でございます。


 第2条の地方債につきましては、下水道整備事業に対するもので、内容につきましては197ページの第2表により説明させていただきます。


 第3条の一時借入金については、借り入れの最高額を1億1,214万8,000円と定めるものでございます。


 次の195ページをお願いいたします。第1表、歳入歳出予算、1、歳入です。


 1款分担金及び負担金は1項負担金で、1款の総額を1,000円とするものです。


 2款使用料及び手数料は1項使用料で355万3,000円、2項手数料で2,000円、1款総額を355万5,000円とするもので、歳入に占める構成割合は1.55%。


 3款国庫支出金は、1項国庫補助で、3款の総額を4,179万9,000円とするもので、構成割合は18.22%。


 4款県支出金は1項県補助金で、4款の総額を643万2,000円とするもので、構成割合は2.81%。


 5款繰入金は1項他会計繰入金で、5款の総額を1億2,941万1,000円とするもので、構成割合は54.41%。


 6款1項繰越金は6款の総額を1,000円。


 7款諸収入は1項雑入で、7款の総額を1,000円。


 8款1項町債につきましては、8款の総額を4,820万円とするもので、構成割合は21.01%。


 次ページをお願いします。2、歳出でございます。


 1款総務費は1項下水道総務費で、1款の総額を5,002万3,000円とするもので、歳出に占める構成割合は21.81%。


 2款1項事業費は2款の総額を1億1,295万6,000円とするもので、構成割合は49.24%。


 3款1項公債費は3款の総額を6,591万1,000円とするもので、構成割合は28.73%。


 4款1項予備費は4款の総額を51万円とするもので、構成割合は0.22%でございます。


 次の197ページをお願いいたします。


 第2表、地方債につきましては、起債の目的は公共下水道事業債で、限度額を4,820万円と定めるもので、起債の方法は普通貸借または証券発行、利率は5.0%以内で、ただし書以下次の償還方法は記載のとおりでございます。


 次に、201ページをお願いいたします。内容の説明をさせていただきます。


 2、歳入、1款分担金及び負担金、1項負担金、1目受益者負担金1,000円は新規で科目設定でございます。これにつきましては下水道の供用開始から2年目になることから、20年度に開始となります接続申請による収入の状況により補正対応とする予定でございます。


 2款使用料及び手数料、1項使用料、1目下水道使用料は355万3,000円とするもので、前年比221万4,000円の増額となっております。1節の下水道使用料355万2,000円は、公共施設が1件増の8カ所と一般住宅等は新規分として50件を見込み、計で103件分の使用料を措置いたしました。2節の滞納繰越分1,000円は下水道使用料の滞納繰越分で、新規の科目設定でございます。


 次に、2項手数料、1目下水道手数料2,000円は科目設定で前年同額、これは下水道に接続するための建物及び敷地内等の排水設備工事に対して、町が指定します下水道工事店及び責任技術者の登録手数料をそれぞれ1,000円措置したものでございます。なお、今後につきましても、収入の増額の際には補正を考えております。


 3款国庫支出金、1項国庫補助金、1目下水道費国庫補助金は4,179万9,000円とするもので、前年比1,816万9,000円の増額となっております。増額の要因は、補助対象事業費の伸びによるものでございます。1節の下水道費補助金の内訳は公共下水道事業補助金で管渠築造工事費7,850万円と事務費509万8,000円の合計8,359万8,000円の補助率2分の1を措置したものでございます。


 4款県支出金、1項県補助金、1目下水道費県補助金は643万2,000円とするもので、前年比178万8,000円の減額となっております。1節の下水道費補助金は、まず広域公共下水道事業費補助金が前年比464万1,000円の減額の280万4,000円、湯河原町の建設事業費に対します負担金分で560万8,000円の補助率2分の1を措置したもの。公共下水道事業費補助金の通常分は前年比285万3,000円増の362万8,000円で対象事業費9,809万8,000円の補助率1,000分の37を措置したものでございます。


 次の203ページをお願いいたします。


 5款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金は1億2,941万1,000円とするもので、前年比282万4,000円の増額。


 6款1項1目繰越金1,000円は、1節前年度繰越金で前年同額の科目設定。


 7款諸収入、1項1目雑入1,000円は、1節雑入で消費税還付金を前年同額の科目設定としております。


 8款1項町債、1目下水道債482万円は前年度対比3,140万円の減額で、1節の公共下水道債の内訳は、町事業費分が前年比880万円増の4,540万円、湯河原町事業費負担金分は前年比4,020万円減の280万円でございます。


 次の205ページをお願いいたします。


 3、歳出、1款総務費、1項下水道総務費、1目一般管理費は4,143万8,000円とするもので、前年比137万2,000円の減額。説明欄の一般経費4,094万2,000円は前年比15万2,000円の減額になります。内容は02―21の一般職給料2,090万8,000円以下04―21の公務災害負担金3万5,000円までは課長を含め職員5名分の人件費を措置したものでございます。


 下水道運営経費49万6,000円は前年比122万円の減額で、主に昨年度計上しておりました排水設備工事に対する金融機関への融資あっせん預託金100万円が減になったことによるものでございます。13―11下水道使用料徴収事務等委託料17万円は前年実績から21万5,000円の減額としております。19―11全国町村下水道推進協議会神奈川県支部負担金以下19―18の日本下水道協会研修会等負担金は前年と同額でございます。


 次に、2目施設管理費858万4,000円は、前年比160万4,000円の増額。施設維持管理費は中継ポンプ場に係ります経費で、主なものは11―11消耗品費9万8,000円は前年比8万9,000円の増で、自家発電用のタービンオイル及びグリス代と小型高圧洗浄機等の購入を見込んだもの。11―41印刷製本費1万4,000円は新規で、平成17年度に導入いたしました下水道台帳修正版の印刷代でございます。11―51の光熱水費207万8,000円は前年比45万1,000円の増、中継ポンプ場の電気料を措置したもの。13―11のポンプ場維持管理業務委託料315万円は前年比9万4,000円の増、13―31の管渠清掃委託料10万円は前年比11万円の減で、それぞれ前年実績に基づき計上いたしました。19―11下水処理負担金180万円は前年比130万円の増額で、前年実績と今年度の接続分を見込み措置したもので、1月当たり2,450立方メートルに12カ月を掛けた年間2万9,400立方メートルに18年度の処理単価63円をもとに算出したものでございます。これにつきましては、毎年度、実績処理水により精算することとしております。


 3目一般会計繰出金につきましては1,000円で、前年同額の科目設定でございます。


 次に、207ページをお願いいたします。


 2款1項事業費、1目下水道整備費につきましては1億1,295万6,000円で、前年比1,120万5,000円の減額でございます。説明欄の公共下水道整備事業1億1,270万8,000円は前年比1,137万6,000円の減額で、主な要因は前年度計上しておりました公共下水道事業認可変更業務委託料及び管渠設計委託料の減によるものでございます。13―11設計積算システム保守委託料10万1,000円と14―71の設計積算システム借上料29万8,000円は下水道工事に対するもので、前年同額でございます。15−01の公共下水道管渠築造工事9,350万円は前年比4,300万円の増額で、面整備における工事量の伸びによるもので、現認可内の字丸山ほか4カ所、整備面積2.62ヘクタール、工事延長751メーターを予定しているものでございます。19―11広域公共下水道建設事業費負担金1,864万9,000円は前年比4,329万5,000円の減額、湯河原町への負担金に対する建設事業費が減少したことによるものでございます。


 次に、庁用車管理経費24万8,000円は前年比17万1,000円の増額で、公用車セプターの車検に伴う費用で、11―61修繕料9万6,000円と27―11自動車重量税3万8,000円は新規に措置したものでございます。


 次の3款1項公債費、1目元金につきましては3,287万9,000円で、前年度対比142万8,000円の増額、説明欄の町債償還元金の借入先の内訳につきましては、財務省運用部資金が4件、簡保資金が10件、公営企業金融公庫3件、県貸付金が10件の計27件分でございます。


 次の2目利子は3,303万2,000円とするもので、前年比1万8,000円の減額、説明欄23―01の町債償還利子3,187万円は前年比24万4,000円の減額で、その内訳は財務省運用部資金が4件、簡保資金が15件、公営企業金融公庫が8件、県貸付金が13件の計40件分でございます。23―02の一時借入金利子は本年度におけるに事業の執行状況を考慮し、借入予定額1億1,214万8,000円に借入利率1.8%で見込み116万2,000円を措置し、前年度に対しまして22万6,000円の増額といたしました。


 次の4款1項1目予備費につきましては、前年度対比3万7,000円減の51万円としたものでございます。


 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださるようお願いいたします。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○6番議員(奥津光隆)  幾つか疑問点があるんですが、ちょっと整理しまして、2点ぐらいに絞りたいと思いますが、第1点は、数字的なことももちろんですが、下水道事業そのものの最終年度というか、少なくとも目標年度はどのぐらいに置いていて、しかも、その実施率は何%ぐらい、100%は無理だと思うので。それから、その中には、もちろん、どうしても下水道を必要としない、例えば、駐車場にして、その必要がないというものを計画区域の中にもあると思うんです。ですから、そういうものも検討した上で、少なくとも住民の義務である実施についての、いろいろな家庭の事情もあったりしてできないところもあったりします。その辺の目標年次なり目標の数値はどのぐらいなのかというのが第1点。


 その中には、例えば、3、4年前かな、湯河原と広域行政の中で、大口がどのぐらい実施している、つまり旅館、ホテル、企業等がどのぐらいの実施率だった、何と41%だというんですね、そうすると湯河原と一緒にやっていく上で。そして、そのときに湯河原の担当者が、ぜひ、これ、もう少し上げるような努力をしたい、していきたいと思いますというようなコメントもいただいているわけですが、その後、あれから数年たつんですが、具体的に何か大口のやっていないところに対する働きかけ等はやっているのかどうか。


 それから、真鶴町の場合は、そういうことがあってはならないと思うし、また、ぜひ、大口については、率先してやっていただかないと、事業関係として、これ、繰入金をやり、あるいは公債費等の利子も全部税金で賄っているわけです。繰り入れした以上は繰り戻しもしなきゃなりません。そういうことが可能がどうかということがちょっと心配になりますので、その辺を含めて、ぜひ、数値の上で何ページというのがありますけれども、その辺をぜひはっきりした。目標は目標です。それについて、努力目標もあると思うので、ですから、この、例えば一番最初の提案にありました、総括の方で何でしたか、下水道のあれを補正でやるという最初からの話でした。昨年、実施した実績、それから今年の目標としては350万ぐらいの予算は計上されておりますけれども、やはり努力目標で、歳入欠陥をしたくないという、もちろん配慮もあるんでしょうが、せめてこの程度はという、予算でございますから、そして、それが理由があることならば、歳入欠陥もやむを得ないこともあると思うので、この辺はどうなのか、ちょっとその2点について伺います。


○(上下水道課長)  ただいまのご質問の最終年度といいますか、現在、下水道は決定計画175ヘクタールございます。今、現在、認可を受けているのが25ヘクタールということで面整備をしているところでございますが、最終的な目標年次等につきましては平成32年を置いております。現在、25ヘクタールの約半分ほどの整備ということでございますので、ここで認可変更を今年度中にするということで、今の計画では残りの14ヘクタールほどを6年ほどかけてやるということで、今、認可をいただくということで進めております。


 それを終われば、次の段階で、岩にいくか、真鶴にいくか、あるいはJRの山側にいくかということで、それもまた地元の意向等も踏まえながら、今後、どういうふうに進めていくかということも、また、様子を見ながら、最終的に32年度に全面整備ということで進めていきたいというふうに考えております。


 湯河原の大口の状況でございますが、湯河原の状況は私の方は直接は聞いておりませんので、うちの方が供用開始したばかりだということで、うちの方の接続を進めたいというようなことがございますので、湯河原の状況についてはよくわかりませんので、ご了承願いたいと思います。


 それとあと、努力目標ということで、前にもお話ししたんですが、今年度、この2月までで約90件ほどの接続がございます。今の認可整備が1.5ヘクタールでございますので、接続可能な260世帯のうち、今、90件ほどが接続出来たということで、35%ほどの普及率ということになっておりますが、目標としては、半分以上は当然接続をお願いしたいということで、個別勧奨にも努めておりますし、今後も対応していきたいというふうに考えております。


 分担金及び負担金の科目設定でございますが、2年目に入るということで、まだ状況的にもわかりません。当然2年目ですと、受益者負担金も自己の負担が出るような形になります。そういったことで、状況を踏まえた中で、今後補正対応ということでさせていただくということで、今回、科目設定ということにさせていただきましたので、これらのご理解をお願いしたいと思っております。よろしくお願いします。


○6番議員(奥津光隆)  大変、実際担当される方は苦労されていると思うし、これからも苦労も伴うと思うんです。ただ、これが財源的にはやはり国や県が現在のところは20数%程度が入っていますが、どこの自治体でもそうですが、これがやっぱり一番大きな財政上の負担、長期にわたる負担の事実があるわけなんで、そういう中で、しかし、そうはいっても、これでいいということじゃないので、何かそこにいろいろな工夫の余地があろうかなとも思います。課長さんもおやめになるのが近いようですが、次の方にも引き継いで、この辺は具体的に、かつ有効な手段、これは私たちもそういう意味では大いに手伝わなきゃいけないんですが、進めていただきたいと思うんです。


 そういうわけで、湯河原のことをまた持ち出すことは控えたいとは思いましたが、これは下水道事業全体にかかわる問題ですし、将来的には、これもいつまでも施設だって、湯河原だって、もう改修のそろそろ時期も来ています。そういうことなんかがありますと、健全な経営ということを目標にしないと無理なことが生じ、無理とは健全経営のその努力は必要だろうと思います。これは町民を巻き込んでのみんなで解決しなければならない問題でもあろうかと思いますが、その辺をぜひお願いして、これ以上の質問は控えます。


 以上です。


○5番議員(黒岩宏次)  下水道に関連をした湯河原の方でいろいろと話題になり、また真鶴も関係するわけですけれども、公営企業の内容として汚泥の焼却問題というのがあると思うんですね。その施設の設計なんかも進んでいるようなんですけれども、この辺についての現状と、それから、対応について、どういう今、協議が行われているのか、ぜひ、説明をいただきたいと思います。


○(上下水道課長)  汚泥焼却施設につきましては、第1期工事で炉はスタートして、平成8年ごごろにたしか建設されたと思うんですが、その辺は炉的にも老朽化してきているというようなことがございまして、また、あるいは点検等、そういった支障の中で、容量的にも満杯になってきたということで、もう1基、建設をするというような計画がされております。今年度、基本実施設計委託を実施しまして、来年から3カ年かけて焼却施設の建設をしていくという予定でおります。


○5番議員(黒岩宏次)  予算等のそういう予定とか。


○(上下水道課長)  予定は、本年度は焼却施設の設計委託料を見込んでおりまして、来年から3カ年かけて建設事業ということで、ちょっと細かく全体で幾らかかるかというのは、今、手元に資料がございませんので、また、調べた中で、その辺がどのぐらいかかるのかというのはお示ししたいと思いますが、ただ、大分事業費も大きくかかりますので、今、県の財政支援を受けて広域の県補助を受けております。そういったことで、21年度末今の財政支援が切れるというような状況がございます。それについては、まだまだ、うちの負担も当然あるんですが、処理場はこれから残っている施設の増設もございます。そういったことで、21年度に財政支援が打ち切りになりますと、厳しい状況の中で大変なものですから、その期間延伸を町長とともども要望するということで、その辺を県知事に要望していこうというような考え方でおりますが、その辺ももし財政支援が厳しいということになりましたならば、汚泥処理施設の建設も先送りになるかは、その辺はまだはっきりしておりませんが、今の事業計画では本年度設計委託ということの予定でございます。


○5番議員(黒岩宏次)  もう1点、湯河原と熱海で進めていた汚泥と真鶴からの、今、上の方へ委託しているくみ取ったし尿処理ですね、この辺の湯河原と熱海が進めているあれはどういうふうになっているのか、もし、情報を報告いただけたらと思います。


○(町長)  他市町村のことについては、首長さんもかわられていますので、そのような情報は町としては持ってございません。


○4番議員(青木浩)  私が聞こうとしてすることは、今、6番議員が聞いた状況から言うと、今、新しく公共下水道を接続した部分について、みんなの努力次第でこれは100%つなげるように努力するということだから、これは接続してみないとわからないけれども、いずれにしても、今、35%ぐらいオーケーになったと、そういうふうなことを言われたから、それは考えてみれば、よく町民の本管に接続できる人には、ぜひ、そういう働きをしてもらい、なおかつ、今、どの程度までそれが進んでいるのか、加入に同意してくれる人があるのかということを、ちょっと聞かせてもらいたいと。


 それから、今後の本管、今後の公共下水の位置づけ、これ、いろいろ方にもずっとつながるんじゃないの。そういう計画はもうできているの、できていないの。これを2つ目。


 それで、あとは、町民の協力がなければ、下水道は水道料と同じで、大変町が困る状況になっちゃうんだよ。おれが言うことじゃない、町長が言うべきことかもしれないけれども、そういうことの、ぜひ、町民の本管に接続できるような説得というか、お願いして回ってほしいと、こういうことだけど、現状はどうだい。


○(上下水道課長)  先ほど、6番議員のご質問の答えと重複するかと思いますが、今の認可の面整備が終わったところが10.5ヘクタールほどございます。そのうちの10月末現在で約90件ほどの接続数ということで、35%の接続率ということでございます。


 日常的にも職員が個別に伺った中で、整備されたところについては接続をお願いしたいと。特に接続負担金の減免措置もございますので、できるだけ1年目にやられた方がというようなことの話をしながら、接続に努めているということで進めているということでご理解いただきたいと思います。


 今後の整備計画ですが、今の認可は25ヘクタール、それを先ほどもお話ししたように、認可変更、ここでしておりますので、これは一応6年の計画ですが、その前に認可が切れる前に次の敷設をどう整備していくということをまた、今後、皆さんの意見を聞きながら、全体175ヘクタールございますので、どちらの方向に行くか、その段階で、いろいろ調査しながら、計画を立てて、それら沿った計画で接続を進めていきたいというふうに考えておりますので、ご理解をよろしくお願いいたします。


○4番議員(青木浩)  いずれにしても、上下水道課長から、今、そういう努力目標を掲げてやっていこうとだから、ぜひ一つセクションのみんなで壁を乗り越えて、総務課だから、企画調整課だから、管理課だからじゃなくて、これを町民に理解してもらわなきゃ困るんだよ。だけど、その辺のところを、大変だとは言いながらも、接続してもらうように努力してほしい。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  お諮りいたします。ただいま、議題となっております議案第20号については、経済文教常任委員会に付託いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


           (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。よって議案第20号については、経済文教常任委員会に付託することに決しました。


○(議長)  日程第5、議案第21号「平成20年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計予算について」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


             (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第21号は、平成20年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計予算であります。


 さきに報告しました平成20年度真鶴町施政方針に基づくものでありますので、これをもって提案理由にかえさせていただきます。


 詳細につきましては、担当課長に説明させますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(産業観光課長)  議案第21号、平成20年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計予算についてご説明いたします。


 第1条の歳入歳出の総額は、歳入歳出それぞれ2億2,675万円とするもので、前年度比1,162万1,000円、4.87%の減となっております。


 214ページをお願いします。第1表、歳入歳出予算、1、歳入。


 1款使用料及び手数料は1項使用料で、1款総額を447万1,000円とするもので、歳入に占める構成割合は1.97%。


 2款財産収入は1項財産運用収入で378万円、2項財産売払収入で1億9,549万6,000円で、2款総額を1億9,927万6,000円とするもので、構成割合は87.88%。


 3款繰入金は1項基金繰入金で、3款総額を1,300万円とするもので、構成割合は5.73%。


 4款繰越金は1項繰越金で、4款総額を1,000万円とするもので、構成割合は4.41%。


 5款諸収入は1項預金利子1,000円、2項雑入で2,000円で、5款総額を3,000円とするものです。


 次のページをお願いします。2、歳出。


 1款1項魚座運営費で、1款総額を1億1,143万3,000円とするもので、歳出に占める構成割合は49.14%。


 2款1項ケープ真鶴運営費で、2款総額を8,789万7,000円とするもので、構成割合は38.76%。


 3款1項公債費で、3款総額を601万2,000円とするもので、構成割合は2.65%。


 4款諸支出金は1項繰出金で、4款総額を1,500万円とするもので、構成割合は6.62%。


 5款1項予備費で640万8,000円とするもので、構成割合は2.83%。です


 219ページをお願いいたします。内容についてご説明します。


 2、歳入。


 1款使用料及び手数料、1項使用料、1目魚座使用料は本年度140万7,000円の前年度同額で、水産物荷さばき施設使用料は魚市場施設115万5,000円と仲買人室使用料25万2,000円です。


 2目駐車場使用料は今年度216万4,000円で、前年度比1万9,000円の減で、ケープ真鶴夏期駐車場使用料は7月19日から8月24日までの37日間、1台500円の過去3年間の平均台数を措置したものです。


 3目ケープ真鶴使用料は本年度90万円の前年度同額で、店舗使用料はシーフロント使用料月額7万5,000円の12カ月を措置したものです。


 2款財産収入、1項財産運用収入、1目財産貸付収入は本年度378万円の前年度同額で、魚座店舗貸付料は6店舗、月額5万2,500円の12カ月分です。


 2項財産売払収入、1目生産品売払収入は1億9,549万6,000円で、前年度比39万7,000円の増で、1節物品売払収入の魚座物品等売払収入は土産品の海苔佃煮、塩辛、湯呑み、小物等の売り上げで、過去の実績を踏まえまして489万7,000円を措置したもので、ケープ真鶴物品等売払収入は売店収入5,611万6,000円、自販機収入466万6,000円の6,078万2,000円を措置したものです。2節食堂売上収入の魚座食堂売上収入は過去の実績及び見込みを加味し1億300万円を措置し、ケープ真鶴食堂売上収入は食堂貴船売上収入1,920万6,000円、喫茶リップル売上収入761万1,000円の2,681万7,000円を措置したものです。


 3款繰入金、1項基金繰入金、1目魚座・ケープ真鶴運営基金繰入金は今年度1,300万円で、前年度比1,200万円の減で、魚座・ケープ真鶴の運営財源として繰り入れるものです。なお、基金の20年3月末予定額は3,008万1,010円となっております。


 4款1項1目繰越金は本年度1,000万円で、実績等を勘案し前年同額を見込んだものです


 次の221ページをお願いします。


 5款諸収入、1項1目預金利子1,000円は前年度と同額で、余剰金の運用利息を見込んだ科目設定です。


 2項1目雑入2,000円は前年度比1,000円増で、雇用保険料精算金が生じた場合の科目設定の1,000円及びその他の収入があった場合の科目設定1,000円でございます。


 次の223ページをお願いします。3、歳出です。


 1款1項魚座運営費、1目一般管理費で今年度2,120万3,000円、前年度比20万4,000円の増額で、内容につきましては右側説明欄の事業別で説明いたします。一般経費1,711万円で、前年度比30万8,000円の減額で、11−11消耗品費はメニューの印刷用カラープリンタートナー、トイレ管理用消耗品等107万円、11−41印刷製本費は現在、平成13年度に増刷いたしました魚座インフォメーションカードの増刷で8万9,000円です。11−51光熱水費は実績見込みにより電気料411万1,000円、水道料234万4,000円の645万5,000円です。12―11通信運搬費は電話3回線分の12万9,000円でございます。12―41手数料は浄化槽の法定検査1万5,000円、12―61火災保険料は市場棟8万8,322円、店舗棟5,423円の9万4,000円の措置でございます。12―62火災盗難損傷保険料は片岡鶴太郎の絵画1万4,000円でございます。13−21消防・防災設備保守点検委託料から14−91玄関マット借上料までの施設管理に関する委託料、使用料及び賃借料は、前年とほぼ同様の内容ですので、説明を省略させていただきます。なお、13―27水槽管理委託料につきましては、前回平成17年度に実施した水槽のろ過材等の交換、配管点検を20年度に実施するため、前年度比16万3,000円の増となっております。27−91消費税及び地方消費税は、概算分といたしまして450万円、前年度比46万7,000円の減となっております。


 庁用車管理経費は魚座号に係るもので、23万4,000円は前年度車検の係る諸経費の減額及び燃料費の高騰による増額の差し引きにより前年度比2万円の減額でございます。


 魚座修繕事業は385万9,000円で、前年度比53万2,000円の増額、11―61修繕料は老朽化による階段前の照明灯取替工事47万6,000円、大型水槽開放式濾過用循環ポンプ2台の交換65万1,000円、大型水槽透明アクリル板下部のシリコンの補修でございます、23万7,000円、その他修繕50万円の計186万4,000円、15−11魚座修繕工事請負費は店舗棟の雨漏りによる屋根の防水工事の請負費でございます。199万5,000円でございます。


 2目食堂運営費、今年度9,023万円、前年度比64万1,000円の増で、食堂運営事業は8,680万2,000円、前年度比35万6,000円の増額で、01−41調理員等報酬は支配人、調理員3名、調理補助員1名、計5名の2,112万円でございます。労災保険料、社会保険料、雇用保険料は報酬及び賃金に率を乗じて算定した額です。07−11臨時職員賃金は接客配膳、清掃員13名分の1,350万8,000円、11―11消耗品費は食器、はし等257万5,000円、11―21燃料費は過去の実績見込みのよるガス代157万5,000円、11−71賄材料費は食堂売上収入1億3,000万円の42%、4,326万円を措置しております。12−41白衣クリーニング代19万8,000円から次ページの19−11飲食店組合費3万円までは前年度同様の内容ですので、説明を省略させていただきます。


 物品販売事業の販売用物品購入費は物品売払収入489万7,000円の70%、342万8,000円で、前年度比28万5,000円の増額です。


 2款1項ケープ真鶴運営費、1目一般管理費は本年度1,947万7,000円、前年度比57万円の増で、一般経費01−41管理員報酬は支配人、副支配人、管理員の3名分の報酬834万3,000円です。労災保険料、社会保険料、雇用保険料は報酬に率を乗じて算定した額です。07−11臨時職員賃金は夏期駐車場整理員賃金で、7月19日から8月24日までの37日分、59万2,000円で、11―11消耗品費は管理用消耗品トイレットペーパー、清掃用具等40万円、事務用消耗品、ファクス用インク、タイムカード等10万円の計50万円です。11―21燃料費は実績見込みによるガス代9万円、11―51光熱水費は実績見込みによる電気料435万円、水道料176万4,000円の611万4,000円の措置、11―61修繕料は車検に伴う車両の修理及びその他修繕57万8,000円です。12―11通信運搬費は電話料月平均1万1,750円掛ける12カ月分14万1,000円です。12−41手数料は浄化槽法定検査2万5,000円と20年度車検による車両検査登録による4万1,000円の6万6,000円です。12−61火災保険料から14−31放送受信料までは前年同様の内容ですので、説明を省略させていただきます。27―11自動車重量税は車検に伴う重量税9,000円でございます。


 2目食堂等運営費は6,842万円で、前年度比49万2,000円の増、食堂運営事業2,385万7,000円は前年度比17万7,000円の減額です。労災保険料、社会保険料、雇用保険料は賃金に率を乗じて算定した額です。07−11臨時職員賃金は事務員1名を含む13名分の賃金1,278万4,000円です。11−11消耗品費は、食堂に関する箸、キッチンペーパー、食器等97万1,000円です。11―21燃料費は実績見込みによるガス代76万8,000円、11−71賄材料費は食堂売上収入の35%、670万7,000円、喫茶売上の収入191万4,000円の計862万8,000円です。12−61食品営業賠償保険料から19−11飲食店組合費までは前年同様の内容ですので、説明を省略させていただきます。


 次のページをお願いします。


 物品販売事業は4,456万3,000円で前年度比66万9,000円の増で、消耗品費は自販機売上の80%、389万7,000円、売店売上サンゴ等の80%、898万4,000円、その他販売品70%、3,148万2,000円、レジ袋20万円の計4,456万3,000円です。


 3款1項公債費、1目元金は今年度488万8,000円で、前年度比14万3,000円の増額、魚座建設に係る町債償還元金で、平成7年から平成26年の20年間償還です。


 2目利子は今年度122万4,000円で、前年度比14万2,000円の減、町債償還利子でございます。


 4款諸収入、1項繰出金、1目一般会計繰出金は本年度1,500万円、前年度比1,000万円の減で、一般会計繰出金として計上したものでございます。


 5款1項1目予備費は今年度640万8,000円、前年度比352万9,000円の減で、歳入歳出を調整したものです。


 以上簡単ですが、説明を終了せていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださるようお願い申し上げます。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○6番議員(奥津光隆)  初めてこの魚座という位置づけについては、大変歴代の課長なり職員さんたちが苦労されてきていると思うし、町長がおられたときも、売上あるいはそのほかの努力等も、今、頭にいろいろ浮かんでくるんです。一番浮かんでくるのは、食堂のメニューを常に新しく何か挑戦していたような感じもするんです。例えば、サバのみそ煮というのは、やっぱりいいんじゃないですか、余りないんですが、ということは、何かということは、真鶴でなければというのは、真鶴の話題性なり、真鶴だからこそという何かそういうものを常に発掘して、ほかの民宿とか、観光振興の一つの起爆剤になってくれるように、そういうやっぱり意気込みがほしいなと常々思っているわけです。


 例えば、話題性の中には、イベントでかつて頼朝の船出という中で、大々的なイベントをやったことがありますが、そういうイベントも大事でしょうけれども、そういうことと同時に、ああいうケープ真鶴も含めた食堂の献立の中にも、例えば、こんなことは聞き流していただければ、例えば、頼朝の船出の弁当だとかということで、当時の時代考察によって、例えばおにぎりに何かカッコそれぞれいいと思うんですよ、それがおいしければ、これは話題性を呼ぶでしょうし、あるいは、夏目漱石が道中に書いていますが、ブリの絞めるところを見たり、あのときは熱海の帰りに寄って、真鶴の日帰りで帰るのですかね、どこか行って、昼食ですね、どんな献立だかわかりませんが、それも一つの話題性として、そんなものをつくる、あるいは、そんなことも含めて、ぜひ、一つ今後も。


 非常に今、大体見た限りでは、少なくともあれだけの雇用の機会を生み、そして、あの中で働いている方々の仕事ぶりからすると、一応、健全な経営をしていると思うんですが、そういう中で、ぜひ今後とも、そこに安住しないで、真鶴に行ったら、こんなことがあったよというような、こんな料理を食べたよとか、こんなものでしたよというような話題性を常に意識して、なお、売上を伸ばすような努力をしてほしいと思いますが、その辺について。


 競り合いで、だから、もうけを控えろじゃないと思うんで、私は、そういうお互いやらないことを、それを次へ波及効果を出していくということも大事だと思うので、いつも言うんですが、観光振興の一つの大きな大事な役割があると思うので、だから、ほかがやっているから遠慮するとかじゃなくて、もっとそれを越えたものを創造的に、クリエイティブに、今後もやってもらいたいと思いますが、その点の意気込みを、ぜひひとつ伺いたいと思うんです、いかがでしょうか、町長。


○(町長)  ただいまの質問についてお答えします。


 今まで過去にも歴代の課長それぞれが特色を出しながら、例えば、魚座定食にしたって、海鮮丼にしたって、私が考えているのは、民間には、福井議員がいますね、民間と一緒になってできること、どこだかの町でたんたんたぬきの、固有名詞を余り出したくないんですけれども、そういうように、この町に来れば、同じ料金でこういうものが食べられますよということは考えていきたい。そのためには、関係される飲食店の方々との調整というものも図っていきたいと思います。私が考えるならば、真鶴に来れば、まご茶漬け、これがどこでも食べられるような、低額の料金で、こういうことは思っていますので、これから担当課を中心としながら、飲食業者とも協議をしていきたいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  お諮りいたします。ただいま、議題となっております議案第21号については、経済文教常任委員会に付託いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


           (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。よって議案第21号については、経済文教常任委員会に付託することに決しました。


○(議長)  暫時休憩いたします。


            (休憩 午後2時34分)


            (再開 午後3時02分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  日程第6、議案第22号「平成20年度真鶴町介護保険事業特別会計予算について」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


             (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第22号は、平成20年度真鶴町介護保険事業特別会計予算であります。


 さきに報告いたしました平成20年度真鶴町施政方針に基づくものでありますので、これをもって提案理由にかえさせていただきます。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(介護保険課長)  議案第22号、平成20年度真鶴町介護保険事業特別会計予算についてご説明いたします。


 第1条は歳入歳出予算で、予算の総額を5億2,776万1,000円と定めるもので、前年度予算額に対し1,337万5,000円、2.6%の増になります。


 第2条は一時借入金で、借り入れの最高額を3,500万円と定めるものです。


 第3条、歳出予算の流用は、保険給付費の各項に過不足が生じた場合の各項間の流用を認めていただくための規定でございます。


 230ページをお開きください。第1表、歳入歳出予算、1、歳入。


 1款保険料、1項介護保険料9,305万4,000円、歳入に占める構成割合は17.63%。


 2款使用料及び手数料、1項手数料3万6,000円、構成割合は0.01%。


 3款国庫支出金,1項国庫負担金7,989万4,000円、2項国庫補助金2,654万円、総額1億643万4,000円、構成割合は20.17%。


 4款支払基金交付金、1項支払基金交付金1億4,488万1,000円、構成割合は27.45%。


 5款県支出金、1項県負担金7,082万7,000円、2項県補助金167万7,000円、総額7,250万4,000円、構成割合は13.74%。


 6款繰入金、1項一般会計繰入金1億859万1,000円、2項基金繰入金1,000円、総額1億859万2,000円、構成割合は20.57%。


 7款繰越金、1項繰越金225万4,000円、構成割合は0.43%。


 8款諸収入、1項延滞金加算金及び過料3,000円、2項雑入3,000円、総額6,000円、構成割合は0.001%。


 次のページをお開きください。


 2、歳出、1款総務費、1項総務管理費4,154万5,000円、2項徴収費142万円、3項介護認定審査会費593万円、総額4,892万5,000円、歳出に占める構成割合は9.27%。


 2款保険給付費、1項介護サービス等諸費4億1,916万円、2項介護予防サービス等諸費1,980万円、3項その他諸費44万1,000円、4項高額介護サービス等費660万円、5項特定入所者介護サービス等費1,776万円、総額4億6,376万1,000円、構成割合は87.87%。


 3款地域支援事業費、1項介護予防事業費360万2,000円、2項包括的支援事業任意事業費605万5,000円、総額965万7,000円、構成割合は1.83%。


 4款基金積立金、1項基金積立金300万1,000円、構成割合は0.57%。


 5款公債費、1項公債費5万8,000円、構成割合は0.01%。


 6款諸支出金、1項償還金及び還付加算金3万2,000円、2項繰出金1,000円、総額3万3,000円、構成割合は0.01%。


 7款予備費は1項予備費231万9,000円、構成割合は0.44%。


 235ページをお願いいたします。内容のご説明をいたします。


 2、歳入、1款保険料、1項介護保険料、1目第1号被保険者保険料9,305万4,000円、前年度比375万4,000円の増、1節現年度分特別徴収保険料7,875万6,000円、前年度比755万6,000円、10.6%の増。第三期の介護保険事業計画によって定めた基準額年額3万6,000円をもとに、19年度同様に保険料の激変緩和措置の影響額を加味し、現年度分の総額を9,265万5,000円と見込み、その85%相当額を特別徴収、15%相当額を普通徴収といたしました。2節現年度分普通徴収保険料1,389万8,000円、前年度比390万2,000円、21.9%減、実績を踏まえ保険料総額の20%から15%に見込みを改めたものによる減でございます。3節滞納繰越分普通徴収保険料40万円、19年度見込みよる前年度比10万円、33.3%増といたしました。


 2款使用料及び手数料、1項手数料、1目督促手数料3万6,000円、前年度同額360件を見込んだものです。


 3款国庫支出金、1項国庫負担金、1目介護給付費負担金7,989万4,000円、前年度比174万2,000円の増、介護給付費総額のうち居宅介護サービス給付費の20%、4,132万円及び施設サービス費の15%、3,857万4,000円でございます。


 2項国庫補助金、1目調整交付金2,318万8,000円、前年度比110万円の減、介護給付費総額4億5,061万3,850円の5%相当額を見込みました。


 2目地域支援事業介護予防交付金90万円、前年度比24万7,000円の増、介護予防事業費総額360万2,000円の25%相当額を見込みました。


 3目地域支援事業包括的支援等交付金245万2,000円、前年度比24万5,000円の減、包括的支援任意事業費総額605万5,000円の40.5%の交付額を見込んだもの。


 次のページをお開きください。


 4款支払基金交付金、1項支払基金交付金、1目介護給付費交付金1億4,376万5,000円、前年度比407万5,000円の増、40歳から64歳の第2号被保険者が納付している社会保険診療報酬支払基金から介護給付費総額の31%相当額を見込ました。


 2目地域支援事業支援交付金111万6,000円、前年度比30万6,000円の増、同様に地域支援事業費のうち介護予防事業費の31%相当額です。


 5款県支出金、1項県負担金、1目介護給付費負担金7,082万8,000円、前年度比253万2,000円の増、介護給付費のうち施設サービスの17.5%相当額です。


 2項県補助金、1目地域支援事業介護予防交付金45万円、前年度比12万4,000円の増、地域支援事業の介護予防事業費の12.5%相当額です。


 2目地域支援事業包括的支援等交付金122万6,000円、12万2,000円の減、地域支援事業のうち包括支援センター運営費及び任意事業費の605万5,000円の20.25%相当額。


 6款繰入金、1項一般会計繰入金、1目介護給付費繰入金5,797万1,000円、前年度比164万4,000円の増、居宅及び施設サービス総額の市町村負担率12.5%相当額を繰り入れするものです。


 2目地域支援事業介護予防繰入金45万1,000円、前年度比12万4,000円の増、地域支援介護予防事業費総額の12.5%相当額です。


 3目地域支援事業包括的支援等繰入金122万7,000円、前年度比12万2,000円の減、地域支援事業のうち包括支援センター運営費及び任意事業の総額の20.25%相当額を繰り入れするものです。


 4目その他繰入金4,894万2,000円、前年度比43万7,000円の増、1節職員給与費等繰入金3,936万8,000円、行政職4人、医療職、看護師1名の人件費を繰り入れするものです。2節事務費繰入金957万4,000円、認定調査・認定事務等の介護保険運営事務費を繰り入れするものです。


 次のページをお開きください。


 2項基金繰入金、1目介護給付費支払基金繰入金1,000円、前年度同様科目設定するものです。


 7款繰越金、1項繰越金、1目繰越金225万4,000円、前年度比2万1,000円の減、19年度の予備費を基準として積算いたしました。


 8款諸収入、1項延滞金加算金及び過料、1目第1号被保険者延滞金1,000円、2目第1号被保険者加算金1,000円、3目過料1,000円は前年度同額の科目設定です。


 2項雑入、1目第三者納付金1,000円、2目返納金1,000円、3目雑入1,000円、これも前年度同額の科目設定でございます。


 241ページをお願いします。


 3、歳出、1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費4,154万5,000円、前年度比54万4,000円の増、一般経費の02−21一般職給料から04−21の公務災害負担金まで行政職4名、医療職1名、計5名の人件費です。等級昇格、勤勉手当の支給率の改定及び11―41の第4期介護保険事業計画啓発用パンフレット800部の印刷製本費により増額になっております。


 2項徴収費、1目賦課徴収費145万円、前年度比15万8,000円の増、内容は保険料の計算業務及び納付書の作成料等の電算業務委託が主なものですが、委託件数の増加により増になっております。


 3項介護認定審査会費、1目介護認定審査会費331万3,000円、前年度比15万6,000円の減、前年度より4回減し、月2回から3回、年間29回開催する予定です。


 243ページをお開きください。


 2目認定調査等費261万7,000円、前年度比12万3,000円の減。12−41手数料は、認定に必要な医師の意見書作成440件分の手数料210万7,000円、13−11訪問調査委託料は在宅120件、施設10件、計130件分で45万円、そのほかの370件は職員が調査いたします。


 2款保険給付費、1項介護サービス等諸費、1目介護サービス等給付費4億1,916万円、前年度比1,176万円の増、19年4月から9月の実績及び10月から3月の推計により、居宅介護サービスにつきましては、前年度月平均168人の見込みに対し月平均約180人、1,500万円の利用、施設サービスにつきましては、前年度見込み79人に対し85人、月平均2,000万円で積算したものです。


 2項介護予防サービス等諸費、1目介護予防サービス等給付費1,980万円、前年度比180万円の増、実績により約50人、延べですと、月平均利用者240人の方が介護予防サービスを利用され、公費負担は月平均約165万円で積算いたしました。


 3項その他諸費、1目審査支払手数料44万1,000円、前年度比1万9,000円の増、1件65円、6,780件で積算しました。


 245ページをお開きください。


 4項高額介護サービス等費、1目高額介護サービス等費660万円、前年度比60万円の減、1割の自己負担が所得段階区分による一定額を超えたとき公費負担になる制度ですが、実績により月46人、平均55万円で積算したものです。


 5項特定入所者介護サービス等費、1目特定入所者介護サービス等費1,776万円、前年度比16万7,000円の増、高額介護サービス同様、低所得者の負担軽減を図る制度で、平成18年度から始まりましたが、19年度実績をもとに施設利用者約50人、月平均148万円で見込みました。


 3款地域支援事業費、1項介護予防事業費、1目介護予防特定高齢者施策事業費169万5,000円、前年度比120万3,000円の増。増の要因でありますが、特定高齢者スクリーニング事業におきまして、平成20年度から制度改正により老健法に基づきまして行われていた住民全員を対象とする基本健診はなくなり、40歳から74歳までの被保険者、被扶養者は高齢者医療確保法に基づき、医療保険者が特定健康診査を行います。また、75歳以上の者は高齢者医療確保法に基づき後期高齢者医療広域連合が健康診査を行います。65歳以上の介護保険の第1号被保険者に対しては、介護保険法に基づき介護保険者、市町村の介護担当部局が元気な高齢者と要介護者を除いた介護予防が必要な特定高齢者は優先的に生活機能評価を行うこととなります。それにより13―11生活機能評価健康審査委託料は国保で実施する特定健診と一緒に実施する約100人分の健診料です。その上の12―11通信運搬費は要介護者を除く65歳以上の方に特定高齢者を選定するためのチェックリストの配布・回収する費用でございます。


 通所型介護予防事業、これは特定高齢者対象事業ですが、13−11の運動機能向上教室業務委託料、これはらくらく運動教室と言っておりますが、予算額24万2,000円は15名から20名程度の参加者を見込み、年8回開催する予定でございます。


 2目介護予防一般高齢者施策事業費190万7,000円、前年度比21万5,000円の減。02―21給料、04―11共済負担金までは社会福祉士の3カ月分の人件費です。


 248ページをお開きください。集団健康教育謝礼は食生活改善教室1回、はつらつ元気塾年12回、認知症予防教室1回を開催する講師料です。


 地域介護予防活動支援事業は認知症サポーター育成講習会を19年度に引き続き実施します。


 介護予防一般高齢者施策評価事業は評価支援システムの保守料でごす。


 2項包括的支援事業任意事業費、1目地域包括支援センター運営費584万9,000円前年度比22万3,000円の減、02―21給料から04―11共済負担金は社会福祉士9カ月分の人件費でございます。08−11の報償費は地域包括支援センター運営協議会を年2回開催、またケアマネジメント支援事業研修会を2回開催するものでございます。


 2目の任意事業費20万6,000円、前年度比38万3,000円の減、家族介護支援事業は非課税世帯の要介護4、または5の3名分の介護用品給付事業です。


 成年後見制度利用支援事業は19年度実績がないため、本年度は予算の科目設定といたしました。


 4款基金積立金、1項基金積立金、1目介護保険給付費支払基金積立金300万8,000円、前年度比較65万5,000円の減、19年度からの繰越金及び保険料のサービス給付費の充当残を積み立ていたします。19年度末の基金積立予定額は3,237万4,362円になる見込みです。


 249ページをお開きください。


 5款公債費、1項公債費、1目利子5万8,000円、前年度比1万4,000円の増、介護サービス給付費の支払に一時的に借り入れする利子ですが、3,500万円、利率1.8%の30日間を見込んだものです。


 6款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目第1号被保険者保険料還付金3万円、2目第1号被保険者保険料還付加算金1,000円、3目償還金1,000円は前年同額で措置いたしました。


 2項繰出金、1目一般会計繰出金1,000円、19年度の一般会計繰入金を精算いたしますので、科目を設定したものです。


 7款1項1目予備費231万9,000円、前年度比6万5,000円の増、介護サービス給付費の0.5%相当額で措置したものです。


 以上簡単ですが、説明を終わります。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  お諮りいたします。ただいま、議題となっております議案第22号については、総務民生常任委員会に付託いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


           (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。よって議案第22号については、総務民生常任委員会に付託することに決しました。


○(議長)  日程第7、議案第23号「平成20年度真鶴町後期高齢者医療特別会計予算について」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


             (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第23号は、平成20年度真鶴町後期高齢者医療特別会計予算についてであります。


 さきに報告しました平成20年度真鶴町施政方針に基づくものでありますので、これをもって提案理由にかえさせていただきます。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(介護健康課長)  議案第23号、平成20年度真鶴町後期高齢者医療特別会計予算についてご説明いたします。


 平成20年4月から始まる後期高齢者医療に係る新設の特別会計予算です。


 第1条、歳入歳出予算で予算の総額をそれぞれ9,763万9,000円と定めるものです。


 256ページをお願いいたします。第1表、歳入歳出予算、1、歳入。


 1款1項後期高齢者医療保険料で7,693万3,000円とするもので、歳入に占める構成割合は78.79%。


 2款使用料及び手数料、1項手数料で1,000円とするものです。


 3款繰入金、1項他会計繰入金で2,069万2,000円とするもの、構成割合は21.19%。


 4款諸収入、1項延滞金加算金及び過料1,000円、2項償還金及び還付加算金で1万1,000円、3項雑入で1,000円、4款の総額を1万3,000円とするもので、構成割合は0.01%。


 257ページをお願いします。


 2、歳出。


 1款総務費、1項総務管理費で155万8,000円とするもので、歳出に占める構成割合は1.6%。


 2款分担金及び負担金、1項広域連合負担金で9,606万6,000円とするもの、構成割合は98.39%。


 3款諸支出金、1項償還金及び還付加算金で1万1,000円、2項諸支出金で1,000円、3款の総額を1万2,000円とするもので、構成割合は0.01%。


 4款1項予備費で3,000円とするものです。


 261ページをお願いいたします。


 2、歳入、1款1項1目後期高齢者医療保険料7,693万3,000円、1節現年度分で、広域連合で試算した保険料総額640億6,840万7,000円を県内33市町村で共通経費、定率負担金、保険基盤安定繰出金で算出したものです。なお、共通経費は被保険者数割45%、人口割45%、均等割10%で、定率負担金は平成18年度の老人医療給付額をもとに算出いたしました。


 2款使用料及び手数料、1項手数料、1目徴収手数料1,000円は督促手数料で科目設定です。


 3款繰入金、1項1目一般会計繰入金2,069万2,000円、1節保険基盤安定制度拠出金1,913万3,000円は低所得者に対する保険料均等割軽減分及び社保被扶養者に対する軽減措置の補てん財源で、各軽減人数は国保基盤安定75歳以上分における割合で算出したもので、1,217人中7割の方が441人、5割の方が42人、2割の方が104人と、計587人、48.23%を見込み計上いたしました。2節事務経費繰入金155万9,000円は市町村事務受付徴収等に係る事務経費繰入金でございます。


 4款諸収入、1項延滞金加算金及び過料、1目1節延滞金は1,000円で科目設定、2項1目償還金及び還付加算金1万1,000円、1節保険料還付金1万円、2節還付加算金1,000円は、いずれも科目設定でございます。


 263ページをお願いします。


 3項1目雑入1,000円も科目設定でございます。


 265ページをお願いいたします。3、歳出。


 1款総務費、1項総務管理費、1目総務管理費155万8,000円で、説明欄、一般経費の普通旅費3万4,000円は広域連合関係会議等の交通費、消耗品費5万円は台帳のバインダー等の消耗品。


 消耗品費14万9,000円はカラープリンター用トナー、用紙代等で、印刷製本費74万6,000円は特別徴収納入通知書、普通徴収納付通知書、再発行納付書等の印刷代、通信運搬費23万3,000円は保険証再送付、所得照会及び簡易申告書関係郵送代、督促状送付郵送料等でございます。また、手数料34万6,000円は口座振替手数料、保険料日割計算料等でございます。


 2款分担金及び負担金、1項広域連合負担金、1目広域連合分賦金9,606万6,000円は19節負担金補助及び交付金で、19―11保険料等負担金7,693万3,000円は、歳入でありました町に納付された保険料を広域連合に納付することになります。19―12保険基盤安定制度拠出金1,913万3,000円は同様に歳入でありました低所得者均等割軽減及び社保被扶養者軽減の補てん財源として広域連合に納付することになります。


 3款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目保険料還付金1万円、2目還付加算金1,000円は、いずれも科目設定です。


 3款1項1目諸支出金1,000円も科目設定となります。


 267ページでございます。


 4款1項1目予備費3,000円は、歳入歳出間を調整したものでございます。


 以上で説明を終わります。よろしくご審議の上、ご承認くださるようお願いいたします。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  お諮りいたします。ただいま、議題となっております議案第23号については、総務民生常任委員会に付託いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


           (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。よって議案第23号については、総務民生常任委員に付託することに決しました。


○(議長)  日程第8、議案第24号「平成20年度真鶴町水道事業会計予算について」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


             (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第24号は、平成20年度真鶴町水道事業会計予算であります。


 さきに報告いたしました平成20年度真鶴町施政方針に基づくものでありますので、これをもって提案理由にかえさせていただきます。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(上下水道課長)  議案第24号、平成20年度真鶴町水道事業会計予算についてご説明いたします。


 第2条の業務の予定量は、1号給水戸数としまして3,913栓、前年比31栓の減、2号年間給水量としましては140万5,000立方メートルで、これは前年度に比べまして2万9,000立方メートルの減量となっております。3号1日平均給水量は3,849立方メートルで、前年比79立方メートルの減、4号主要な建設改良事業費を前年度対比878万円の減、1,995万円と定めました。


 第3条は、収益的収入及び支出でございます。収入の第1款水道事業収益の第1項営業収益で2億5,202万6,000円、第2項営業外収益で440万6,000円、水道事業収益合計といたしましては2億5,643万2,000円で、前年度比886万4,000円の減額、率では3.3%の減となっております。


 支出の第1款水道事業費用の第1項営業費用で2億1,257万3,000円、第2項の営業外費用で4,166万9,000円、水道事業費用合計といたしましては2億5,424万2,000円で、前年度対比351万2,000円の減額で、率では1.4%の減になっております。


 第4条は、資本的収入及び支出でございます。


 収入は第1款の資本的収入の第1項企業債で、前年度比878万円の減、1,890万円を計上しております。


 次のページをお願いいたします。


 支出でございます。


 第1款の資本的支出、第1項建設改良費としまして2,182万7,000円、第2項の企業債償還金6,442万4,000円、第3項の他会計長期借入金償還金としまして2,000万円で、資本的支出の合計額は1億625万1,000円、前年度比で599万1,000円の減額、率では5.3%の減でございます。


 前ページに戻っていただきまして、今回の予算に伴いまして、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額の8,735万1,000円は、前年度損益勘定留保資金で8,640万1,000円、消費税資本的収支調整額95万円で補てんするものでございます。


 もとのページにお願いいたします。


 第5条は、企業債についてでございます。起債の目的は上水道整備事業で、限度額は1,890万円、起債の方法、利率、償還方法につきましては記載のとおりであります。


 次の第6条は、一時借入金の限度額を5,000万円と定めております。


 第7条は、議会の議決を経なければ流用することができない経費は、職員給与費として2,733万8,000円、交際費を3万円と定めております。


 第8条は、たな卸資産の購入限度額で、本年度の購入限度額は369万3,000円と定めました。


 内容につきましては287ページで説明させていただきます。287ページをお願いします。


 収益的収入及び支出です。


 収入の第1款水道事業収益、1項営業収益の1目給水収益としまして2億5,085万7,000円、前年度対比891万4,000円の減額です。昨年度実績及び見込額による水道使用料でございます。まず、現在の給水栓数が4,647栓、休栓数764栓で、本年度増加見込数を30栓みまして、年度末の給水栓見込数を3,913栓といたしました。その内訳は13ミリが3,487栓で1億6,457万2,000円、20ミリが332栓で3,175万6,000円、25ミリが59栓で2,279万円、40ミリが22栓見込みまして2,019万2,000円、50ミリは11栓で846万1,000円、75ミリ以上を2栓見込みまして208万6,000円、合計で2億5,085万7,000円の水道使用料を計上いたしました。


 2目の受託工事収益としまして62万9,000円は前年度と同額でございます。そのうち新設工事収益59万8,000円は、新設30件、改造等30件の計で60件の新設及び敷設替えの給水工事収益を見込んだもの。修繕工事収益3万1,000円は、前年同額。


 3目のその他営業収益としまして54万円で、これも前年と同額でございます。そのうち材料売却収益42万円は件数で40件を見込んだものでございます。手数料の12万円は、設計審査手数料で、新設30件、改造30件の計で60件を見込んだものでございます。


 2項営業外収益、1目受取利息及び配当金1,000円は普通預金利息で科目設定でございます。


 2目の加入金につきましては420万円で前年同額でございます。これは新規給水に伴います加入金で、本年度は13ミリを20件、20ミリを10件、計30件で見込んでおります。


 3目の雑収益は20万5,000円で、前年度比5万円の増額、そのうち不用品売却益5,000円は科目設定、雑収益は申請書等で20万円を見込んでおります。


 次の289ページをお願いいたします。


 支出です。


 1款水道事業費用、1項営業費用の1目原水配水及び給水費につきましては、1億671万5,000円、前年度対比57万4,000円の減額になっております。


 まず、給料692万5,000円、職員手当等564万4,000円、1つ下の共済費180万5,000円につきましては、職員2名分の人件費でございます。なお、前年度と対比しますと計で3万2,000円の増額になっております。


 賃金につきましては18万円で、年末年始の待機料ということで、1日1万、2社1組として、12月27日から翌年の1月4日まで9日間を見込んだもので、前年度に対して6万円の3日分を追加したことによるものでございます。


 旅費1万2,000円は普通旅費で、前年比2,000円の減額。


 備消耗品費の13万4,000円は前年同額で、軽トラック及び普通トラックのタイヤ交換代と工事用の消耗品及び工具器具、備品の購入代ということでございます。


 燃料費23万2,000円は自動車等のガソリン代でございます。


 光熱水費につきましては19万2,000円で、水源池、配水池の電気料ということで11カ所分を見込んでおります。


 印刷製本費は工事図面等の青焼き印刷代として1万円を計上いたしました。


 委託料としまして1,615万4,000円、これは前年度対比10万2,000円の増額になっております。主な要因は検満により量水器の取替分が増になったものでございます。


 次に、動力費は1,140万円で、前年度に対し12万円の減額、これは水道施設6カ所分の動力に使用する電気料ということで、昨年度実績から月95万円の12カ月を見込んだものでございます。


 修繕費603万3,000円で、前年度と比較しますと61万1,000円の減額となっております。これは漏水等の修理、さらには施設等の修理代ということで、これも前年実績で見込みました。


 薬品費は43万9,000円で、浄水池の滅菌に要する薬品代ということでこれも前年実績で見込んでおります。


 通信運搬費123万9,000円、遠方監視制御装置の電話の回線使用料ということで、湯河原局を10回線、さらに小田原局を1回線ということで、11回線分でございます。


 受水費は5,461万4,000円でございます。これは湯河原からの受水に対するもので、1日1,900トンの365日分の費用を措置したものでございます。


 原材料費は56万7,000円は維持修繕に要する材料費でございます。


 路面復旧費は63万円で、これは県道の漏水等修理のための道路復旧費計上いたしましたが、平成18年度及び19年度の実績により前年同額とさせていただきました。


 使用料及び賃借料につきましては26万2,000円は、小田原市江ノ浦の施設使用料と水道工事のため積算システムのソフト賃借料を計上させていただきました。積算システムソフトは配水管敷設及び修繕工事の設計委託に使用するためのものでございます。


 次の292ページをお願いいたします。


 公課費12万4,000円は前年比9,000円の減額でございます。これは江之浦水源池の交付金と自動車重量税1台分を見込んだものです。


 保険料11万9,000円は前年比2万6,000円の減額で、軽トラック及び普通トラックとバイクの損害保険料でございます。


 次に、2目受託工事費90万3,000円を前年度と同額を計上しております。備消耗品費4万2,000円、修繕費で4万2,000円、原材料費は81万9,000円は、それぞれ前年度と同額を計上させていただきました。


 次の3目総係費2,014万1,000円は前年度比208万9,000円の減額です。まず、給料で685万円、職員手当等402万9,000円、1つ下の共済費208万5,000円で、これは職員2名分の人件費で、前年度と比較しますと201万5,000円の減額となっています。報酬としましては225万2,000円で、これは嘱託員1名の給料でございます。旅費2万7,000円は普通旅費。交際費は3万円、これはどちらも前年と同額でございます。備消耗品費16万8,000円も前年度同額、委託料51万4,000円は前年度と同額で、タスク水道管理システムハードウェアの保守料でございます。印刷製本費は63万9,000円は、前年度比9万4,000円の減額で、前年実績によるものでございます。手数料38万円は口座振替の委託手数料ということで、月2,997件で単価10円の12カ月分を見込んだものでございます。通信運搬費6万6,000円は切手代。使用料及び賃借料は310万1,000円で前年と同額、これは水道料金のタスクソフト及びハードウェアの使用料ということで、平成18年より5カ年のリース契約をしております。雑費はございません。


 次の4目減価償却費6,730万8,000円は前年度比31万6,000円の減額となっております。建物減価償却費が6件で180万8,000円、構築物減価償却費が前年比1件増の97件の4,969万6,000円でございます。機械及び装置減価償却費は前年比3件増の48件で1,577万4,000円でございます。


 次の294ページをお願いします。


 車両及び運搬具減価償却費は1件で3万円を計上しております。


 6目のその他営業費用としまして1,750万6,000円は前年比1,000円の減額、材料売却原価42万円で、給水用材料の払下代ということで前年と同額。負担金につきましては1,702万8,000円で、前年と同額。この主なものは湯河原町への上水道事業債の負担金が1,684万円、その他16万4,000円は水道協会等の負担金でございます。雑支出は5万8,000円で、前年費1,000円の減額、書籍購入と水道新聞購読料などでございます。


 次に、2項営業外費用の1目支払利子4,165万8,000円は前年度比116万4,000円の減額でございます。まず、企業債利息は4,056万2,000円で、前年比119万7,000円の減額。企業債利息の内訳は、財務省財政融資資金は22件の3,089万9,000円、公営企業金融公庫が21件の966万3,000円になります。一時借入金利息としまして55万6,000円は借入金3,000万円に対しまして2%の利率を乗じ、借入期間を合わせて計上いたしました。他会計長期借入金利息としましては54万円で、内容につきましては、平成15年度の借入金5,000万円のうち残金1,000万円の利率0.3%で3万円、平成16、17年度の借入金8,000万円のうち残金5,000万円の0.3%で15万円、18年度の借入金4,000万円の利率0.9%で36万円の合計になっております。


 2目の雑支出は1万円で前年同額、これは不用品の売却原価ということで科目設定でございます。


 3目の消費税につきましては1,000円、これも前年同額の科目設定でございます。


 次の295ページをお願いいたします。


 資本的収入及び支出でございます。


 収入の1款資本的収入の1項1目企業債で、上水道整備事業債として1,890万円を計上しております。内容につきましては、支出の建設改良費で説明させていただきます。


 297ページをお願いいたします。


 支出の1款資本的支出、1項建設改良費の1目配水設備工事費としましては1,995万円で、前年度比878万円の減額で、これは工事請負費の減によるものでございます。まず、工事請負費としまして1,890万円は前年度比878万円の減額で、下水道工事に伴う配水管敷設替え工事として1カ所、1,050万円、送水施設等工事で2台の送水ポンプ取替と用留配水池の残留塩素濃度測定器の更新工事に840万円を計上いたしました。なお、工事請負費1,890万円は資本的収入の企業債を財源としております。委託料につきましては105万円で、前年度と同額。この委託料は、設計等の委託を予定するものですが、緊急性や特殊性がない限り縮減する予定でございます。


 2目のメーター費187万7,000円は、前年度比21万2,000円の増額で、単価がアップしたことによるものでございます。内訳はメーター購入費で、13ミリを500個、20ミリを70個予定しております。


 次の2項1目企業債償還金は6,442万4,000円で、前年度対比257万7,000円の増額です。元金償還金の内訳は財務省財政融資資金が20件で4,490万3,000円、公営企業金融公庫が19件で1,952万1,000円です。


 次の3項1目他会計長期借入金償還金は2,000万円で、前年と同額でございます。これは他会計長期借入金の償還分2件分、平成15、16年分として、2,000万円を計上したものでございます。


 簡単ですが、以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださるようお願い申し上げます。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○4番議員(青木浩)  町長の20年度の上水道の内容については、こういうような累積赤字が出ても、町長は何か工夫はできるようなことを言っているけれども、実際に30%の値上げをしてから、そのまままた毎年毎年行って累積赤字になったら、どうなるの。これらをよく勘案した中で、次も覚悟もしようという気持ちもあるけれども、実際に町民が負担をしなければ、この水道料なんていうのは、いつだって赤字が生まれちゃうかわからないよ。そういうことについて、町長はよく検討なさっているのか、各課の課長さんがどういうふうに考えているのか、それをお尋ねしたいと思います。


○(町長)  水道は企業会計でございますので、そんなことから言うと、当然ながら、当然ながら累積赤字が続いていいわけでなく、そうなると、当然ながら料金改定も含めたり、または企業会計としてのあり方から見直さなきゃいけないとか。いろいろと方策はあろうかと思っております。これらについても、皆さんのお力をかりながら、委員長との協議も進めてまいりたいと、こう思いますので、行政だけでなく、皆様方のこれからに託してまいりますので、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。


○4番議員(青木浩)  真鶴の水は実際に薬を入れて水をよくするんではあろうけれども、真鶴の水道というのは、水質は悪いのかい。


○(上下水道課長)  別に水道の水質は悪いということはございません。ほかに比べておいしい水ではないというふうに認識しておりますので、その辺のご理解でと思います。


○6番議員(奥津光隆)  先ほど、4番議員の質問に関連して、290ページにあります水道事業費用のうちの委託料1,615万4,000円という内訳は先ほど聞き飛ばしたかもしれませんが、この中で特に上水道整備基本計画策定業務委託料が上がっております。恐らくこの中の大部分ではないかなと思います。全体を見ても、費用に占める割合というのが相当大きいんですね。あとは公債費の返還だとか、償還金の返還等、あるいは協会の負担金等でありまして、1,600万という金額的にも……。いいんです、かかった費用は本当にそれが基本計画策定のために役立つならば、それはやはり費用はかけてもきちっと出すべきだろうと思います。この場合、私、この前、聞いたときには、今年の3月いっぱいぐらいで何か結論が聞けそうな期待を持っていたんですが、来年度またここに載せてあります。これは基本計画策定委託の結論といいますか、いつごろ出て、それは20年度に直ちに計画策定するなり、次のステップに移れるのか、それとも21年に送るのか、その辺の見通しですね。


 こういうことは、できるだけ、いろいろな現状、それから状況の変化等がありますから、なかなか難しいとは思いますけれども、それに対応した基本的なもの1日も早く策定を示して、町民の協力を求めるなり、あるいは議会の理解を得て、一緒にこういうものは進めなきゃいけないと。水というのは非常に大変なこれからも、下水道もかかわってきますし、料金で一般の受給者にしてみますと。いうことですので、この辺の見通し、いつごろ結論が出て、そして、それに対する取り組み、実施はどういうふうにするのか、その辺について伺います。


 以上です。


○(上下水道課長)  ただいまのご質問ですが、初日の補正予算のときに、10番議員さんの方から、そういったことで、話があったということで進めさせていただいているんですが、今年度は水道事業の経営診断ということで、財政的に逼迫している中で特に細かく解析しないと、今後の計画が立てられないということで、当初予算では、ここである基本計画ということで立てさせていただいたんですが、それに切り替えさせていただいた中で、今、事業を実施しております。2月の中旬にはある程度完成ということで、上がってきておりまして、この辺のものはまた3月中に、もしできれば、議員の皆さんにもお話ししたいとは思っておりますが、今後、それを踏まえた中で、今年度、基本計画、特に水道ビジョンも講じなければいけないという国の指導もございますので、その辺の中でまとめていきたいというものでございまして、その中で今回の経営診断の結果等を踏まえた中で策定していきたいというふうに考えております。よろしくお願いします。


○6番議員(奥津光隆)  ぜひ、せっかくのこれだけの費用をかけて診断を仰ぐわけです。1日も早く実施に移れるような有効な取り組みをきちっとしていただきたい。こうしないと。命令することは簡単でしょう、そういうことじゃなくて、簡単かどうかしりませんが、いずれにもしても、きちっとした対応を、できれば20年度中にはもう取り組めるというふうに理解してよろしいでしょうか。今度、新年度の中で実施計画まで期待していいのかどうかということ、ちょっと最終的な。


○(上下水道課長)  それは町長の答弁にもありましたように、財政的には経営診断やった中での結果を踏まえるということになっておるんですが、湯河原等の受水の問題もございますし、それを踏まえた中で、やることはやっとくという考え方でおりますけれども、今回、調整したものを見込んだ中で策定していきたいということで考えておりますので、ご理解いただきたいと思います。


○6番議員(奥津光隆)  とかく、こういう大事な問題というのは、先送りと言っては失礼ですが、ついしがちでございます。しかし、これは受給者の立場なり、あるいは下水道の今後の負担のことを考えますと、1日も早いやっぱり対応、それから方針が、町民に理解していただくこと、それから、我々議会にもよく知らしていただいて、その財源的な問題は、これは企業債等で、これから20年30年先の私たちの子や孫に負担をかけても必要とあれば、きちっと対応すべきではないかと、こんなふうに考えますので、ぜひ、積極的にこれをきちっとした、1日も早く実施できるような方向でお願いします。これはお願いで結構です。


○5番議員(黒岩宏次)  やはり4番と6番に関連しますけれども、17年度に料金の改定、値上げがありました。それ以後、年々使用量は減っているという報告があるわけですけれども、上水道の整備基本計画というのは、サービスの向上と、それから事業の健全経営という2つの柱だと思うんですね。サービスというのがどこかにいつも論議の中で消えてしまって、経営の問題が中心になっているわけですけれども、ただ、値上げのときに、18年度、19年度に、今、質問にあったようなこの計画を立てて、真鶴の将来の上水道について、やっぱりサービスも含めたきちっとした計画を出すことになっていたのが、1年遅れて20年に630万ですか、この内容についての事業の予算がされているわけですけれども、このサービス向上というのは、大変言葉はきれいなことなんですけれども、真鶴の現状からいくと、本当に大変な状況なんで、この計画そのものが遅れないで、真鶴の中で料金の値上げということじゃなくて、水源の確保も含めた、抜本的に水道問題について解決が図れるような、そういうことがこの20年の中で進むように、ぜひしていただきたいと思うんですけれども、その辺はどのような決意を持って臨むのか伺いたいと思います。


○(町長)  十分に調査をしてまいります。ですから、皆様方の隣町との広域の中で十分なご議論をしていただけるような場面をつくってまいりますから、よろしくお願い申し上げます。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  お諮りいたします。ただいま、議題となっております議案第24号については、経済文教常任委員会に付託いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


           (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。よって議案第24号については、経済文教常任委員会に付託することに決しました。


○(議長)  お諮りいたします。


 議事の都合により、3月6日から3月13日までの8日間、休会といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


           (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。よって3月6日から3月13日までの8日間、休会とすることに決定いたしました。


○(議長)  以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。


 本日は、これをもって散会いたします。


○(議長)  なお14日は、午後2時から本会議を再開いたします。


           (散会 午後4時13分)