議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 真鶴町

平成19年第3回定例会(第1日 9月12日)




平成19年第3回定例会(第1日 9月12日)





       平成19年第3回真鶴町議会定例会会議録(第1日)


            平成19年9月12日(水)


 


1.出席議員 12名


 1番   二 見 和 幸         7番   神 野 秀 子


 2番   青 木   透         8番   露 木 八 郎


 3番   草 柳   昭         9番   岡ノ谷 佳 子


 4番   青 木   浩        10番   福 井 弘 行


 5番   黒 岩 宏 次        11番   青 木   茂


 6番   奥 津 光 隆        12番   川 崎 日出男





2.欠席議員  0名





3.執行部出席者


町長        青 木   健    介護健康課長    朝 倉 久 泰


副町長       長谷川 勝 己    福祉課長      青 木 哲 朗


教育長       松 本 吉之助    診療所事務長    青 木 幸 夫


会計課長      森   敦 彦    教育総務課長    平 井 敬 一


税務課長      二 見 良 幸    生涯学習課長    青 木   肇


管理課長      青 木 幹 夫    産業観光課長    細 田 政 広


企画調整課長    井 上 準 一    まちづくり課長   土 屋   茂


環境防災課長    宇 賀 一 章    上下水道課長    廣 石 逸 雄


町民課長      高 畑 誠 二





4.出席した議会書記


議会事務局長    松 本 宣 夫


書     記   岩 本 祐 子    書     記   與 川 勝 己





5.議事日程


  別紙日程表のとおり


           (開会 午前10時04分)


○(議長)  ただいまの出席議員は12人で、定数に達しておりますので、これより平成19年第3回真鶴町議会定例会を開会いたします。


○(議長)  今回の定例会の会期は、本日より14日まで、3日間といたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


            (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議ないようですから、会期は本日より14日まで、3日間と決定いたしました。


○(議長)  会議規則第116条の規定により、本定例会の会議録署名議員は、6番奥津光隆君、9番岡ノ谷佳子君にお願いいたします。


○(議長)  ただいまから、本日の会議を開きます。


○(議長)  議事日程を報告いたします。


              (書記日程朗読)


○(議長)  これより、日程に従い審議を進めます。


○(議長)  日程第1、議案第40号「真鶴町固定資産評価審査委員会委員の選任について」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


              (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  おはようございます。議案第40号は、真鶴町固定資産評価審査委員会委員の選任についてであります。


 現委員の平井八郎氏の任期が平成19年11月8日で満了となるため、同氏を再任いたしたく、地方税法第423条第3項の規定により提案するものです。


 よろしくご審議の上、ご同意くださるようお願い申し上げます。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して、採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


            (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、同意することに賛成の方の起立を求めます。


               (全員起立)


○(議長)  全員賛成、よって「真鶴町固定資産評価審査委員会委員の選任について」の件は、同意することに決しました。


○(議長)  日程第2、議案第41号「政治倫理の確立のための真鶴町長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例の制定について」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


              (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第41号は、政治倫理の確立のための真鶴町長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律及び証券取引法等の一部を改正する法律の施行に伴い、関係する文言等に所要の改正をいたしたく提案するものです。


 詳細につきましては、担当課長に説明させますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(管理課長)  議案第41号、政治倫理の確立のための真鶴町長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例の制定について説明させていただきます。


 今回の改正は、ただいまの町長提案理由説明のとおり、郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律、これが原則本年10月1日から、また、証券取引法等の一部を改正する法律が本年9月30日から施行されることに伴いまして、本条例に所要の改正をいたすものでございます。


 また、この長の資産公開条例の本文には、国では国会議員の資産公開法として、政治倫理の確立のための国会議員の資産等の公開等に関する法律がございますが、これに準拠する形で町の条例は整備されたものであります。今回、この議員資産公開法が証券取引法等の字句改正により改正されたこともあり、提案するものでございます。


 詳細につきましては、資料の新旧対照表により説明いたしますのでごらん願います。


 今回、改正する箇所は、第2条の資産等報告書等の作成に係る部分です。その中では、第1項の各号で、資産等報告書に記載すべき資産等の区分の内容を整理しており、今回これを改正するものでございます。


 まず、新旧対照表の裏の2ページ目、2条1項の第4号、「預金、貯金及び郵便貯金」の項目でございます。今回の郵政民営化法の施行によりまして郵便貯金は来月10月1日から郵便貯金銀行に引き継がれ、通常の銀行と同様の預金という区分に含まれる位置づけとなることから、今回、第4号から郵便貯金の文言を削除するものでございます。


 次に、第5号の金銭信託の部分では、今回、この号を全部削除するものですが、これは昨年公布され、本年9月30日から施行される証券取引法等の一部を改正する法律によるもので、この法改正により証券取引法の法律名、これが金融商品取引法に改められました。また、新たな金融商品取引法の中では、第2条で有価証券を規定してございますが、今回の改正で、その有価証券の範囲が拡大され、金銭信託などすべての信託の受益権、これも新の第5号で規定されております有価証券とみなされたことから、不用となる第5号を削るものでございます。


 次に、第6号では、ただいま述べたとおり、証券取引法が金融証券取引法へと題名、法律名が改められたことから改正するもので、また、第5号を削除したことから、第6号から第10号までをそれぞれ1号ずつ繰り上げるものでございます。


 それでは、改めまして改正条例の本文にお戻りください。


 本文の附則です。施行期日と郵便貯金を貯金とみなす経過措置を定めたもので、朗読させていただきます。


 附則第1項、施行期日、この条例は、平成19年10月1日から施行する。ただし、第2条第1項の改正規定(第4号の改正規定を除く。)は平成19年9月30日から施行する。


 第2項、経過措置、この条例による改正後の政治倫理の確立のための真鶴町長の資産等の公開に関する条例第2条第1項第4号の規定の適用については、この条例の施行の日前に有していた郵便貯金(通常郵便貯金を除く。)及び郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成17年法律第102号)附則第3条第10号に規定する旧郵便貯金(通常郵便貯金を除く。)は貯金とみなす。


 以上で内容説明を終了いたします。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して、採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


            (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


               (全員起立)


○(議長)  全員賛成、よって「政治倫理の確立のための真鶴町長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例の制定について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  日程第3、議案第42号「真鶴町上水道事業給水条例等の一部を改正する条例の制定について」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


              (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第42号は、真鶴町上水道事業給水条例等の一部を改正する条例の制定についてであります。


 地方公営企業法等に基づく事業名の変更と消費税法の一部改正に伴い、総額表示、税込価格表示が義務付けられたため、所要の改正をいたしたく提案するものであります。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(上下水道課長)  議案第42号、真鶴町上水道事業給水条例等の一部を改正する条例の内容についてご説明させていただきます。


 ただいまの町長の提案理由にありましたように、地方公営企業法等に基づく事業名の統一を図るとともに、消費税法の一部改正に伴う総額表示、税込価格表示が義務付けられたことから、所要の改正をするものであります。


 それでは、議案第42号の新旧対照表をお願いいたします。真鶴町上水道給水条例等の一部を改正する条例新旧対照表です。


 今回、改正理由が同じことから、3つの条例改正を1つの改正条例の中で行うもので、まず、1つ目の真鶴町上水道事業給水条例の一部改正でございます。題名ではアンダーライン部分の「真鶴町上水道事業給水条例」を改正後では「上」の1文字を除いた「真鶴町水道事業給水条例」に改め、同様に第2条中でも「真鶴町上水道事業」を「真鶴町水道事業」にそれぞれ改め、第5条を国の省庁再編により、既に厚生省は厚生労働省に変更されていることから、2行目の「厚生省令」を「厚生労働省令」に改め、33条の加入金の額では、2行目から3行目にかけての「同表の当該金額の欄に掲げる金額に消費税率等に1を加えた率を乗じて得た額」を「同表の額」に改めるものでございます。


 次のページをお願いいたします。メーターの口径及び金額の表では、消費税5%込みの表示に改めるもので、13ミリの金額を5,000円追加し10万5,000円に、20ミリの金額を1万円追加し21万円に、25ミリの金額を1万5,000円追加し31万5,000円に、40ミリの金額を3万円追加し63万円に、50ミリの金額を5万円追加し105万円に、75ミリの金額を12万5,000円追加し262万5,000円に、100ミリの金額を25万円追加し525万円に、150ミリの金額を50万円追加し1,050万円にそれぞれ改めるものでございます。


 次に新たに第2項としまして、「前項の加入金は消費税率等を乗じて得た額を含むものとする」を追加するものでございます。


 第34条では、第33条に1項を加えたことから「前条の規定」を「前条第1項の規定」に改め、3行目から4行目の「10万円を乗じ、当該金額に消費税率等に1を加えた率を乗じて得た額」を「10万5,000円(消費税率等を乗じて得た額を含む。)を乗じた額に」に改め、運用後の括弧書きにつきましては条文の整理ということで、「(当該改造工事後における住宅の各戸の合計数より多くなる場合に係る改造に係る改造工事に限る。)」を削除し、9行目の「10万円を乗じ、当該金額に消費税率等に1を加えた率を乗じて得た額」を「10万5,000円(消費税率等を乗じて得た額を含む。)を乗じた額」に改めるものでございます。


 次の第1号では、名称の統合等により、既に日本住宅公団は都市再生機構に変更されていることから、「日本住宅公団等」を「都市再生機構等」に改めるものです。


 次のページをお願いいたします。


 第39条第2項と第42条の第1号の2行目も「厚生省令」を「厚生労働省令」にそれぞれ改めるものです。


 次に、2つ目は、真鶴町上水道事業給水規制条例の一部改正です。


 なお、題名では「真鶴町上水道事業給水規制条例」を「真鶴町水道事業給水規制条例」に、第1条中でも「真鶴町上水道事業」を「真鶴町水道事業」にそれぞれ改めるものです。


 次のページをお願いいたします。


 最後に3つ目は、真鶴町上水道基金条例の一部改正です。


 題名を改正前「真鶴町上水道基金条例」を改正後では「真鶴町水道基金条例」に、同様に第1条では、2行目の「真鶴町上水道基金」を「真鶴町水道基金」に、第2条中で「町上水道」を「町水道」に、また、「真鶴町上水道基金」を「真鶴町水道基金」に、第5条中では、「真鶴町上水道事業特別会計歳入歳出予算」を「真鶴町水道事業会計予算」に、それぞれ改めるものでございます。


 それでは、議案本文の附則をお願いいたします。


 附則です。この条例は、公布の日から施行する。ただし、真鶴町上水道事業基金条例の一部を改正する条例第5条の改正規定は、平成20年4月1日から施行するとしたものでございます。


 以上で内容の説明を終了いたします。よろしくご審議の上、ご承認くださるようお願いいたします。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して、採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


            (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


               (全員起立)


○(議長)  全員賛成、よって「真鶴町上水道事業給水条例等の一部を改正する条例の制定について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  日程第4、議案第43号「平成19年度真鶴町一般会計補正予算(第2号)について」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


              (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第43号は、平成19年度真鶴町一般会計補正予算第2号であります。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ1億1,077万2,000円を追加し、予算の総額を29億427万6,000円とするものです。


 内容は、平成19年度事業における国県等からの補助金、交付金等の額確定によるもの及び平成18年度決算額確定により所要の措置をするものが主なものとなっております。


 歳入では、国からの額の確定を受け、地方特例交付金の増額及び特別交付金の減額並びに地方交付税の増額措置をするもの。県支出金では、民生費委託金で、障害者自立支援対策臨時特例交付金の額確定を受け増額措置するもの。繰入金では平成18年度決算額確定に伴い、下水道事業特別会計及び介護保険事業特別会計からの繰り入れを行うもの。繰越金では平成18年度繰越額確定に伴い増額措置をするものが主なものです。


 次に、歳出では、総務費の財産管理費で、平成18年度共有土地貸地料のうち、本年4月、5月収入分から湯河原町分を措置するもの。企画費では、平成18年度繰越金等に伴い財政調整基金へ積み立てを措置するもの。民生費では、障害者自立支援対策臨時特例交付金の額確定に伴い事業費を追加措置するもの。衛生費では県補助事業である地下水保全計画策定事業の事業費確定に伴い減額措置するもの。農林水産業費では、大型定置網に対する漁業共済掛金の額確定による補助金の措置をするもの。土木費の道路橋梁費では、町道補修箇所の増加に伴う不足額及び街灯新設工事費を措置するもの。都市計画費では、国庫補助金の増額交付に伴う追加事業による一般財源分を下水道事業特別会計に繰り出すため措置するものが主なものです。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(企画調整課長)  議案第43号、平成19年度真鶴町一般会計補正予算第2号についてご説明いたします。


 第1条、歳入歳出予算の補正で、今回の補正は歳入歳出それぞれ1億1,077万2,000円を追加し、予算の総額を29億427万6,000円とするものです。


 第2表は債務負担行為の補正で、1件の追加をするもの。


 第3条は地方債の補正で、1件の変更を行うものです。


 次の1ページをお願いします。第1表、歳入歳出予算補正、1、歳入です。


 8款1項地方特例交付金は98万円を追加、2項特別交付金から518万7,000円を減額、計420万7,000円を減額し8款総額を559万3,000円とするもので、歳入に占める構成割合は0.19%。


 9款1項地方交付税は6,129万1,000円を追加し、9款総額を6億2,729万1,000円とするもので、構成割合は21.6%。


 12款使用料及び手数料は1項使用料から10万4,000円を減額、2項手数料に3万2,000円を追加、計7万2,000円を減額し、12款総額を4,825万1,000円とするもので、構成割合は1.66%。


 14款県支出金は2項県補助金に4万6,000円を追加、3項委託金に63万2,000円を追加、計67万8,000円を追加し、14款総額を2億6,579万7,000円とするもので、構成割合は9.15%。


 17款繰入金は2項特別会計繰入金に589万2,000円を追加し、17款総額を1億3,653万2,000円とするもので、構成割合は4.7%。


 18款1項繰越金は4,684万6,000円を追加し、18款総額を1億2,684万6,000円とするもので、構成割合は4.37%。


 19款諸収入は3項雑入に23万3,000円を追加し、19款総額を4,095万4,000円とするもので、構成割合は1.41%。


 20款1項町債は11万1,000円を追加し、20款総額を1億8,841万1,000円とするもので、構成割合は6.49%です。


 次に、2、歳出です。


 2款総務費は1項総務管理費に1億234万4,000円を追加、2項徴税費に10万円を追加、計1億244万4,000円を追加し、2款総額を5億4,694万円とするもので、歳出に占める構成割合は18.83%。


 3款民生費は1項社会福祉費に60万2,000円を追加し、3款総額を7億2,529万5,000円とするもので、構成割合は24.97%。


 4款衛生費は1項保健衛生費から9万9,000円を減額し、4款総額を3億3,102万1,000円とするもので、構成割合は11.4%。


 5款農林水産業費は1項林業費に11万1,000円を追加、3項水産業費に122万3,000円を追加、計133万4,000円を追加し、5款総額を1億2,844万2,000円とするもので、構成割合は4.42%。


 7款土木費は2項道路橋梁費に180万円を追加、4項都市計画費に425万7,000円を追加、計605万7,000円を追加し、7款総額を2億6,772万4,000円とするもので、構成割合は9.22%。


 8款1項消防費に24万8,000円を追加し、8款総額を2億837万6,000円とするもので、構成割合は7.17%。


 12款1項予備費は18万6,000円を追加し、12款総額を2,148万8,000円とするもので、構成割合は0.74%です。


 次の3ページをお願いいたします。


 第2表、債務負担行為補正は、債務を負担する行為について、その内容を予算の一部として定めておくもので、1件の追加をするものです。後期高齢者医療制度対応TASK.NETシステム用OA機器賃貸借事業は、平成20年度からスタートする本制度に係る新システムの導入を行うもので、期間は平成20年度から24年度まで、限度額は1,695万6,000円とするものです。


 次に、第3表、地方債補正は、1件の変更をするものです。臨時財政対策債は、地方交付税の減額の特例により不足する額を補てんするもので、国からの額の確定を受け補正前限度額1億4,200万円を補正後限度額1億4,211万1,000円に増額変更するものです。なお、起債の方法、利率、償還の方法につきましては、従前と同様でございます。


 6ページをお願いいたします。内容の説明をさせていただきます。歳入です。


 8款1項1目地方特例交付金は補正額98万円を追加し、計318万円とするもので、児童手当分の交付額の決定を受け増額するものです。


 次に、2項1目特別交付金は本年度より恒久的な減税の廃止による地方特例交付金の大幅な減額を緩和するために措置されたもので、補正額518万7,000円減額し241万3,000円とするもので、国からの額の確定を受け措置するものです。


 次に、9款1項1目地方交付税は6,129万1,000円を追加し6億2,729万1,000円とするもので、ここで地方交付税のうち普通交付税の額が国の算定の結果、確定したことから、当初計上した額との差額を措置するものでございます。


 次に、12款使用料及び手数料、1項使用料、3目農林水産業使用料は10万4,000円を減額し16万5,000円とするもので、漁港区域内占用料等の減で、今年度、岩海水浴場の海の家が共同経営となり、占用面積が減ったことにより減額するものです。


 次に、2項手数料、3目農林水産手数料は3万2,000円を追加し15万1,000円とするもので、農業者年金業務委託手数料の交付額決定により措置をするものです。


 次に、14款県支出金、2項県補助金、4目農林水産業費県補助金は4万6,000円を追加し5,982万円とするもので、農業委員会交付金は農地調整事務処理に係るもので、額確定を受け増額するものでございます。


 次の8ページをお願いいたします。


 3項委託金、2目民生費委託金は60万2,000円を追加し82万3,000円とするもので、1節社会福祉費委託金で、障害者自立支援対策臨時特例交付金は制度改正等に伴い必要となる事務経費等に対するもので、額決定により増額するもの。


 次の3目農林水産業費委託金は3万円を追加し5万円とするもので、1節林業費委託金で、自然保護奨励金事務委託金の額決定により増額するものです。


 次に、17款繰入金、2項特別会計繰入金、2目下水道事業特別会計繰入金は363万6,000円を追加し363万7,000円とするもので、平成18年度決算額確定により繰り入れるものでございます。


 次の4目介護保険事業特別会計繰入金は225万6,000円を追加し225万7,000円とするもので、介護給付費確定による精算分219万6,000円の増及び介護保険事業事務費精算分6,000円の減は平成18年度額確定によるもの。地域支援事業介護予防事業費確定による精算分1万8,000円及び地域支援事業包括的支援事業費確定による精算分4万8,000円は、同様に平成18年度事業費の額確定による精算分を繰り入れるものです。


 次に、18款1項1目繰越金は4,684万6,000円を追加し1億2,684万6,000円とするもので、前年度繰越金で、ここで前年度繰越額が確定したことから、当初との差額を追加措置するものです。次に、19款諸収入、3項1目雑入は23万3,000円を追加し1,957万4,000円とするもので、消防団員退職報償金で、本年3月31日付けで退団した班長1名分の退職報償金をここで共済基金より受けるため措置するものです。


 次の20款1項町債、3目臨時財政対策債は11万1,000円を追加し1億4,211万1,000円とするもので、先ほど第3表で説明いたしましたが、国より額の確定を受け措置するものです。


 次の10ページをお願いいたします。歳出でございます。


 2款総務費、1項総務管理費、4目財産管理費は補正額269万2,000円を追加し、計1,818万7,000円の増とするもので、右側説明欄でございますが、町有土地貸地料石丁場等還付金の増は湯河原町との共有土地における平成18年度使用料のうち、本年4月、5月に納付されたものについて持分割合により湯河原町に支払うものでございます。


 次の5目企画費は9,965万2,000円を追加し1億1,376万2,000円とするもので、一般経費は16万8,000円の増、19−41安曇野市宿泊施設利用助成事業補助金の増は、当初実績から18名分、5万4,000円で見込みましたが、既に8月末までに13名分、3万9,000円の補助を実施しており、今後の申請を見込み6名分1万8,000円の増額措置をするものです。次の19−42住民活動団体支援補助金15万円の増は新規で、情報センターを活動拠点とする「小さな音楽会」よりコンサート実施の際の音響トラブルの改善のため、情報センター1階ホールに設置する吸音カーテンの工事における補助の申請があったことから措置するものです。なお、本事業には西湘地域県西総合センターによる地域課題調整費での2分の1の補助を予定しているものでございます。


 次に、広域推進事業40万円の減は、湯河原町・真鶴町広域行政推進協議会負担金で、本年6月開催の本推進協議会において両町の協議の中で本年度負担額が10万円で了承されたため、当初予算額との差額を減額するもの。


 次のOA化推進事業188万4,000円の増は役場ほかに設置しているパソコンのうち、初期に導入した業務用パソコンがここで老朽化に伴いメモリー増設等による性能アップができず、事務に支障を来たすおそれがあることから、早急に導入が必要な13台分を措置するものです。


 次の財政調整基金積立事業9,800万円は、今回補正での余剰分を財源確保のため積み立てるもの。これにより平成19年度末基金残高見込額は9,900万円でございます。


 次の2款総務費、1項徴税費、1目税務総務費は10万円を追加し5,711万円とするもので、一般経費の青色まつり補助金で、本年11月開催予定の小田原青色申告会真鶴支部が主催となる青色まつり実行委員会による青色まつりが町内のボランティアグループ等による地域活性化を目的とした事業であることから、補助を行うため措置するものです。なお、本事業につきましても、西湘地域県西総合センターの補助申請をあわせて行うものでございます。


 次に、3款民生費、1項社会福祉費、4目心身障害者福祉費は60万2,000円を追加し1億2,718万9,000円とするもので、障害者自立支援給付事業は歳入の県支出金でご説明いたしました制度改正等に伴い必要となる事務経費等に対する交付金を受け措置するものです。主な内容は、11−11消耗品費39万3,000円はサービス受給者証、関係法令図書等を購入するものです。18−13システム管理用機器購入費15万円は、全国共通システム導入に対応するパソコンを購入するため措置するものです。


 次の4款衛生費、1項保健衛生費、1目保健衛生総務費は9万9,000円を減額し3,627万8,000円とするもので、地下水対策事業は、本年度より県の水源環境保全再生施策市町村交付金を財源としたもので、11−11消耗品費9万6,000円の増は調査実施に係る経費として措置するもの。13−11地下水保全計画策定のための調査委託事業19万5,000円の減は契約による残額を整理したものです。


 次の12ページをお願いいたします。


 5款農林水産業費、1項農業費、1目農業委員会費及び2目農業総務費は、それぞれ県補助金及び手数料の交付額確定を受け財源内訳を変更するものです。


 次の2項林業費、1目林業総務費は11万1,000円を追加し354万7,000円とするもので、自然保護奨励事業2万8,000円の増は、県より事務委託金額の確定を受け、必要な事務経費を増額措置するもの。


 次の町有林管理事業8万3,000円の増も同様に水源環境保全再生施策市町村交付金の額確定に伴い措置するものでございます。


 次に、3項水産業費、2目水産振興費は122万3,000円を追加し1,835万3,000円とするもので、漁業共済掛金補助金は、例年ここで補正をしている真鶴漁協ほか1件分の大型定置網に係るもので、加入基準額の一定の町補助分を追加措置するものです。


 次の7款土木費、2項道路橋梁費、1目道路維持費は176万7,000円を追加し2,047万5,000円とするもので、道路維持補修事業は修繕料で町道4カ所の舗装の補修が必要となったため、ここで措置するもの。


 次の2目道路照明費は3万3,000円を追加し395万3,000円とするもので、街灯新設事業は2カ所の新設を行うため措置するものでございます。


 次の15ページをお願いいたします。


 4項都市計画費、1目都市計画総務費は425万7,000円を追加し1億5,026万円とするもので、下水道事業特別会計繰出金で、本年度国庫補助金の増額交付の決定に伴い追加事業を実施するため、県補助金の制度改正による湯河原町分負担金の減額及び事業実施に伴う起債額並びに県補助金の追加後の一般財源分をここで繰り出すものでございます。


 次に、8款1項消防費、2目非常備消防費は24万8,000円を追加し1,867万1,000円とするもので、消防団運営費は本年3月31日付けで退団した団員1名に対する消防団員退職記念品1万5,000円及び退職報償金23万3,000円を措置するものです。


 次の12款1項1目予備費は18万6,000円を追加し2,148万8,000円とするもので、歳入歳出を調整したものでございます。


 以上で内容説明を終わります。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願いいたします。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○11番議員(青木茂)  それでは、今回の台風の被害ですけれども、土木費に絡めて質問します。4号台風での被害は、どういうものがあったか。9号か、9号台風。


○(環境防災課長)  台風9号についてですね。台風9号そのものにつきましては、6日の日にレーダーでおっかけまして、石廊崎40キロ南岸線まで接近したんですが、途中、ちょっとレーダーでもわからなくなりまして、7日の2時ごろには、伊東沖、4時ごろには小田原付近に上陸ということで、それから栃木の方を回り、東北を縦断しながら北海道、伊豆半島から北海道まで縦断して総なめにしたという台風9号でございます。


 町の対応としましては、6日の13時に対策本部をうちの方の課の方に設置しました。それと同時に、緊急避難所として保健センター、または町民センターの2カ所を13時に開設いたしました。それにより町内11名の方が町民センターの方に自主避難をしてまいりました。


 6日の6時ごろからの被害状況ですが、全部で15カ所ありました。1カ所が小田原警察からの連絡で、中川からチケットボックスまでの間のコブシの木の倒木、これはすぐに消防団の方で切断処理しました。2番目としましては、岩の737付近で10センチの2メーターの倒木、これもすぐまちづくり課の方で対処、真鶴の1101番地付近でも倒木があり、これは15センチの3メーター、これもまちづくり課の方で切断処理をしております。続いて、真鶴の1770番付近では、雑木の枝の折れたのが見つかり、これは15センチの1.5メーターぐらいで、すぐにまちづくり課の方で処理しました。荒井城址公園の裏では公園裏の竹が家に倒れているということで、屋根、建物等に損傷はありませんでしたが、すぐ処理したものでございます。また、岩の756番地付近では、ベランダの屋根が外れているということで、これは消防団により処置しております。このことは報道関係が来てテレビでも映ったということです。7番目としまして、真鶴249番付近では、物干し竿が破損して、町道が通行困難になったということで、翌日、これは伐採したんですが、旧佐藤病院から昔の大ヶ窪の方に出る道ですが、その階段のすぐ右側ですが、こちらはちょっと木が大きくて30センチの15メーター、これは翌日伐採処理しております。8番目には、上道通りのスナックマコ付近の電線が垂れ下がっていると、これについては、NTT、東電の災害対策関係で処理しております。9番目としましては、真鶴1200付近の自宅のベランダに損傷があると。桜の木が折れてきて自宅のベランダに損傷。これにつきましては、翌日、所有者に連絡して処理されたことは確認しております。10番目は真鶴770番でベランダの屋根が飛び、隣地の屋根を損傷したと。消防団員、職員が先に行ったんですが、そのときにはもうベランダは飛ばされていて、隣のうちのトヨとか屋根を少し損傷したと。これについては、双方で解決いたしております。11番目は同じく岩の542付近で、ベランダ、トタンとかを損傷したと。これについては、まちづくり課とうちによりロープで固定しましたが、再度連絡がありトタンの剥離処理してきております。12番目には、大浦浜から赤浜にかけて高波による崖の下部の侵食がありました。これについては、所有者に連絡し、町は町でこれから対応等を考えることとしております。13番目には、岩海水浴場と船揚場にかじめとかごみ類の打ち上げが相当量ありました。これについては、美化財団また町の職員の協力により月曜日までには収集し処理されました。14番目には、岩防波堤裏の高波により、コンクリート板の剥離がありました。7メーターの4メーターのコンクリート板が30センチ、その下のぐり石が20センチほどなくなっておりました。これについては、本年度、漁港の改修工事ということで、それにより修復するという計画を立てております。15番には、真鶴港の港湾内、西の船揚場、これもごみ類の打ち上げが相当ありました。これにつきましても、漁協及び町の職員が出まして片づけを月曜日までには終わっております。


 簡単ですが、以上でございます。


○11番議員(青木茂)  上陸した割にはよかったねということだけれども、町内はそれでいいんだけれども、この慢性的な陸の孤島、今回も2時間です、小田原から真鶴に帰ってくるのに。このもう十何年間、米神のあそこに上がるのは、全然基本計画も何もなくて、その場限りで一方通行で米神に回せばいいという県のこの態度、こういうことに、この際、町はなんにも金がねえんだから、金のかからない県に働きかける。八貫山のあの工事も慢性的です。何回やってもこそくり仕事で、石をちょっと置いて、また直せばまた来ますよ、そういうことを真鶴はいつも許している。県会議員がいるでしょう。一緒になって湯河原とここで頑張って、これに抗議をしなければいけないと思います。今も交互通行でごまかしている。今度、公社になったから、神奈川県はどう考えるかわからないけれども。もう沖の方からきちっとやらないと、だめなところはだめなんです。こそくり仕事ではだめなので、全面的に抗議をしてもらいたい。知事だってお祭りに来れなかったので承知している。もう何から何まで、これは町民、観光客に対して多大な損害を与えている。真鶴の切れっ端がどこかに落っこっているという問題じゃないんです。必ずこれをどうやっていくか、町長、お伺いいたします。


○(町長)  ただいまのご指摘、大変私どもも気にしているところで、道路については、1市2町、湯河原、真鶴、小田原というところでの西湘バイパスの延伸も含めて協議もさせてもらっているし、強い要望も出させていただいております。慢性的な、真鶴町はこういうところに住んでいるんだという、こういった事実も皆さんが承知していかなきゃならない。そういったことで、物理的に可能なものについては、強く要望をしていきたいというふうに思いますし、さらなる災害に対する対応というものも行政内部でも十分な対応をとって考えていくと。私も2日間、パトロールだけでなく、身を挺して清掃もさせていただきました。こういった中でも、今、海岸線をどのようにしていかなきゃならないか、道路をどのようにしていかなければならないかという問題は、強くご指摘のとおり県に対して、県会議員も含め要望をさせていただく所存でございますので、ご理解いただきたいと思います。よろしくお願いします。


○11番議員(青木茂)  要望してくれているということで、もうあの状態じゃ観光客は二度と来ないですよ。私も鎌倉まで2時間、次の日も2時間、どうしても用がある人があるの。だけども、それではもう全然。もう台風が来ると通行止めになるなと、みんな予期しちゃっているんですよね。観光客なんて来っこないよ。だから、そういうものも強くね、要望するじゃなくて、何とか早くしろということを。真鶴の高潮対策で早くあそこをやらなきゃいけないぐらいですよ。行政区外だけども、それを頑張って要望してもらいたいと思いますので、要望しておきます。


○9番議員(岡ノ谷佳子)  同じく土木課の方について。これは県ではなく、今度は逆に町道に関してなんですけれども、今回、14カ所ですか、補修工事されたと、今、伺いましたけれども、今後町が必要とされている修繕の箇所というのはどのぐらい把握されているんでしょうか。


 それと、町民からの道路の補修、修繕の依頼というのは、やはりあると思うんですけれども、それがどの程度補修がなされているのか。そして優先順位というのは、どういう基準でなされているか、この3点についてお伺いいたします。


○(まちづくり課長)  今回の補正では、とりあえず4カ所、舗装が2カ所、改修が2カ所ということで計上させていただいております。それから、町でどれぐらいの箇所があるかといいますと、要望を受けているところは13カ所ございます。それらを町の直営でできるところ、あるいは、もう少し時間をかけて抜本的にやらなきゃいけないところというような形に分けて、緊急性、車が通るのに支障があるとか、人が歩くのに危険だとか、そういうところを優先的に補修をやるという形でいたします。


○9番議員(岡ノ谷佳子)  これは住民から再三町に言っても、それよりももっとひどいところがあるんですとか、それから、予算がないのでとか、そういう言いわけみたいなことで、ちっともしてくれないと。そのために、どこが、要するにどこが修繕の優先が決められていくのかという疑問が投げかけられてきたわけですけれども、この辺というのは、具体的にこういう基準でどうのというのが定かではない部分が感じられるんですね。町の担当の方が見て、これはそこにアスファルトを埋めるとか、その程度のことしかできないというのも、私もわかるんですけれども、もうちょっと住民が困っていることについて、優先順位の中にもうちょっと組み入れていただきたいと、このように思います。


 以上です。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して、採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


            (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。


 よって討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


               (全員起立)


○(議長)  全員賛成、よって「平成19年度真鶴町一般会計補正予算(第2号)について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  暫時休憩をいたします。


            (休憩 午前11時06分)


            (再開 午前11時20分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  日程第5、議案第44号「平成19年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(事業勘定)補正予算(第1号)について」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


              (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第44号は、平成19年度真鶴町国民健康保険事業特別会計事業勘定補正予算第1号についてであります。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ1億2,225万1,000円を追加し、予算の総額を12億615万8,000円とするものです。


 内容は平成18年度の繰越金確定に伴う補正であります。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(町民課長)  議案第44号は、平成19年度真鶴町国民健康保険事業特別会計事業勘定補正予算第1号についてご説明申し上げます。今回の補正は、歳入歳出それぞれ1億2,225万1,000円を追加し、予算の総額を12億615万8,000円とするものです。


 1ページをお願いいたします。第1表、歳入歳出予算補正、1、歳入です。


 8款1項繰越金に1億2,225万1,000円を追加し、8款の総額を1億5,576万2,000円とするもので、歳入に占める構成割合は12.91%。


 2、歳出です。


 7款1項基金積立金に1億円を追加し、7款の総額を1億57万5,000円とするもので、歳出に占める構成割合は8.34%。


 10款1項予備費に2,225万1,000円を追加し、10款総額を3,583万6,000円とするもので、構成割合は2.97%。


 4ページをお願いいたします。内容についてご説明いたします。2、歳入です。


 8款1項繰越金、1目その他繰越金に1億2,225万1,000円を追加し、計1億5,576万1,000円とするもので、1節前年度繰越金で繰越金確定によるものです。


 3、歳出です。


 7款1項基金積立金、1目保険給付費支払準備基金積立金に1億円を追加し、計1億57万5,000円とするもので、25節積立金で、保険給付費並びに国保等返納金に充てるため保険給付費支払準備基金に積み立てるものです。


 10款1項1目予備費に2,225万1,000円を追加し、計3,583万6,000円とするもので、歳入歳出を調整するものでございます。


 以上で説明を終わります。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願いいたします。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


            (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


               (全員起立)


○(議長)  全員賛成、よって「平成19年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(事業勘定)補正予算(第1号)について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  日程第6、議案第45号「平成19年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施設勘定)補正予算(第1号)について」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


              (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第45号は、平成19年度真鶴町国民健康保険事業特別会計施設勘定補正予算第1号についてであります。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ953万6,000円を追加し、予算の総額を2億9,168万4,000円とするものです。


 歳入では、平成18年度の繰越金確定に伴う補正であります。


 歳出では、総務費の契約解除違約金の減額と予備費を追加補正するものであります。


 詳細につきましては、事務長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(診療所事務長)  議案第45号は、平成19年度真鶴町国民健康保険事業特別会計施設勘定補正予算第1号についてご説明申し上げます。


 今回の補正は、歳入歳出それぞれ953万6,000円を追加し、予算の総額を2億9,168万4,000円とするものです。


 次のページをお願いいたします。第1表、歳入歳出予算補正、1、歳入です。


 4款1項繰越金に953万6,000円を追加し、4款の総額を1,503万6,000円とするもので、歳入に占める構成割合は5.15%です。


 2、歳出です。


 1款総務費は1項施設管理費から27万円を減額し、1款の総額を1億5,059万4,000円とするもので、歳出に占める構成割合は51.63%です。


 4款1項予備費に980万6,000円を追加し、4款の総額を1,113万5,000円とするもので、構成割合は3.82%です。


 次に、4ページをお願いいたします。内容説明をさせていただきます。


 2、歳入です。


 4款1項1目繰越金に953万6,000円を追加し、総額を1,503万5,000円とするもので、1節前年度繰越金が確定されたことから追加補正するものでございます。


 3、歳出です。


 1款総務費、1項施設管理費、1目一般管理費は27万円減額し1億5,019万3,000円とするもので、23節補償補填及び賠償金で、説明欄の一般経費、契約解除違約金はカード式テレビ等のレンタル用品の設置契約に基づくもので、昨年取り交わしました契約覚書による違約金45万円が業者との協議により18万円に減額されたこととなったもので、不用となりました27万円を減額するものです。


 4款1項1目予備費は980万6,000円を追加し1,113万5,000円とするもので、歳入歳出を調整したものです。


 以上で説明を終わりにさせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○10番議員(福井弘行)  施設についてですけれども、入院を中止して数字的に大分よくなってきているような気もします。ただ、去年度1,700万の基金からの借り入れをしている中で、この返済が最初年賦だと思っていたのが一括償還ということで、5年後の1,700万の返済を、やはりこれは一般会計の繰り入れで返済していくのか、それとも、施設が返済するのか。施設が返済するとなれば、やはりなかなか今の体系の中では1,700万を一括返済するということは、なかなか大変だということの中では、そろそろ繰越金も出てきている中では準備をしていく必要があるんじゃないかなと思うんですけれども、その辺についてお答え願いたいと思います。


○(町長)  今のお話しの部分、問題となっている償還金ですが、基本的には施設勘定の方から返済をするという形をとらさせていただくということ。あくまでも特別会計としての運営をさせていただかなきゃいけない時期にありますから、今からの準備ということでご理解いただければと思います。


○10番議員(福井弘行)  準備をしていくということなら、やっぱり繰越金の中から返済準備基金とかというような形で積み立てをしていく必要もあるんじゃないかなと思いますが、その辺について、そういった措置をとっていくのかどうか、もう一度お答えを願いたいと思います。


○(町長)  まだまだ今の状況というのは、予測的なものとして経営努力をしていかなければならない。そういった中でおいても、繰越金イコール基金に積み立てられるかどうかという問題もありますし、今後の中でも十分検討を積み重ねながら、そういった体系にあるということだけご理解いただければと思っております。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して、採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


            (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


               (全員起立)


○(議長)  全員賛成、よって「平成19年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施設勘定)補正予算(第1号)について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  暫時休憩をいたします。


            (休憩 午前11時40分)


            (再開 午後 1時31分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  日程第7、議案第46号「平成19年度真鶴町下水道事業特別会計補正予算(第1号)について」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


              (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第46号は、平成19年度真鶴町下水道事業特別会計補正予算第1号についてであります。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ2,220万7,000円を追加し、予算の総額を2億6,120万7,000円とするものであります。


 歳入では、国庫・県費事業対象工事の追加で、国庫支出金を1,000万円、県支出金を181万4,000円、それぞれ追加し、平成18年度繰越金の額確定により363万6,000円、町債は対象工事費の追加から250万円を、繰入金では425万7,000円をそれぞれ追加するものです。


 歳出では、総務費で前年度繰越金を一般会計に戻し入れのための363万7,000円、事業費では管渠築造工事として2,000万円を追加するものが主なものでございます。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(上下水道課長)  議案第46号、平成19年度真鶴町下水道事業特別会計補正予算第1号についてご説明いたします。


 第1条は歳入歳出予算の補正で、今回の補正については、歳入歳出それぞれ2,220万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を2億6,120万7,000円とするものです。


 第2条は地方債補正で、下水道整備事業に対します限度額の変更を行うものでございます。


 次の1ページをお願いいたします。第1表、歳入歳出予算補正、1、歳入。


 2款国庫支出金は1項国庫補助金に1,000万円を追加し、2款の総額を3,325万円とするもので、歳入に占める構成割合は12.73%。


 3款県支出金は1項県補助金に181万4,000円を追加し、3款の総額を1,003万4,000円とするもので、構成割合は3.84%。


 4款繰入金は1項他会計繰入金に425万7,000円を追加し、4款の総額1億3,084万4,000円とするもので、構成割合は50.09%。


 5款1項繰越金は363万6,000円を追加し、5款の総額を363万7,000円とするもので、構成割合は1.39%。


 7款1項町債に250万円を追加し、7款の総額を8,210万円とするもので、構成割合は31.43%。


 次の2、歳出。


 1款総務費は1項下水道総務費に363万7,000円を追加し、1款の総額を5,342万8,000円とするもので、歳出に占める構成割合は20.45%。


 2款1項事業費は1,857万円を追加し、2款の総額を1億4,273万1,000円とするもので、構成割合は54.64%。


 次の2ページをお願いします。第2表の地方債補正につきましては、公共下水道事業債の限度額を変更するもので、起債の方法、利率、償還の方法は従前と同様で、補正前の限度額7,960万円に250万円を追加し8,210万円に改めるものでございます。


 次に、5ページをお願いいたします。内容の説明をさせていただきます。


 2、歳入。


 2款国庫支出金、1項国庫補助金、1目下水道費国庫補助金につきましては1,000万円を追加し3,325万円とするもので、1節の下水道費補助金は国庫の追加内示により対象事業費2,000万円の2分の1を追加するものでございます。


 3款県支出金、1項県補助金、1目下水道費県補助金につきましては181万4,000円を追加し1,003万4,000円とするもので、1節の下水道費補助金は制度改正による見直しにより追加するものでございます。


 4款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金につきましては425万7,000円を追加し1億3,084万4,000円とするもので、1節の一般会計繰入金は歳入歳出を調整したものです。


 5款1項1目繰越金につきましては363万6,000円を追加し363万7,000円とするもので、1節の前年度繰越金の追加につきましては18年度の決算により繰越金の額確定によるものでございます。


 7款1項町債、1目下水道債につきましては250万円を追加し8,210万円とするもので、1節の公共下水道債については国庫の対象事業費が追加になったことにより措置するものでございます。


 次の7ページをお願いいたします。3、歳出。


 1款総務費、1項下水道総務費、3目一般会計繰出金につきましては363万7,000円を追加し363万8,000円とするもので、28節の繰出金363万7,000円は歳入で措置しました前年度繰越金を一般会計に戻し入れるために追加するものでございます。


 2款1項事業費、1目下水道整備費につきましては1,857万円を追加し1億4,273万1,000円とするもので、15節の工事請負費2,000万円の追加は、歳入の国庫補助金の追加内示により措置するものであります。19節負担金補助及び交付金は143万円を減額するもので、県補助金の制度改正に伴う広域公共下水道建設事業費負担金分が減額となったことによるものでございます。


 簡単ですが、以上で説明を終らせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださるようお願い申し上げます。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して、採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


            (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


               (全員起立)


○(議長)  全員賛成、よって「平成19年度真鶴町下水道事業特別会計補正予算(第1号)について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  日程第8、議案第47号「平成19年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計補正予算(第1号)について」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


              (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第47号は、平成19年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計補正予算第1号についてであります。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ1,067万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を2億4,904万3,000円とするものです。


 歳入では、平成18年度繰越金が確定したことにより当初予算額との差額1,067万2,000円を追加するものです。


 歳出では、魚座運営費の一般管理費で魚座運営基金積立金及びケープ真鶴運営費の一般管理費で、修繕料等の追加が主なものでございます。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(産業観光課長)  議案第47号、平成19年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計補正予算第1号についてご説明いたします。


 今回の補正は歳入歳出それぞれ1,067万2,000円を追加し、予算総額を2億4,904万3,000円とするものです。


 1ページをお願いいたします。


 第1表、歳入歳出予算補正、1、歳入です。


 4款1項繰越金に1,067万2,000円を追加し、4款総額を2,067万2,000円とするもので、収入に占める構成割合は8.3%です。


 2、歳出です。


 1款1項魚座運営費に1,000万円を追加し、総額を1億2,058万8,000円とするもので、構成割合は48.42%。


 2款1項ケープ真鶴運営費に20万7,000円を追加し、総額を8,704万2,000円とするもので、構成割合は34.95%。


 5款1項予備費に46万5,000円を追加し、5款総額を1,040万2,000円とするもので、構成割合は4.18%です。


 4ページをお願いいたします。内容についてご説明いたします。


 2、歳入。


 4款1項1目繰越金に1,067万2,000円を追加し、総額を2,067万2,000円とするもので、前年度繰越金でございます。これは18年度の決算により繰越額が確定したことから、当初予算1,000万円との差額1,067万2,000円を追加するものです。


 3、歳出。


 1款1項魚座運営費、1目一般管理費に1,000万円を追加し、3,099万9,000円とするもので、魚座運営費に1,000万円を積み立てるものです。これにより平成19年度末基金残高見込額は2,508万243円となります。


 2款1項ケープ真鶴運営費、1目一般管理費に20万7,000円追加し1,911万4,000円とするもので、11節需用費の修繕料を追加するものです。内容といたしましては、防災機器年次点検の際の指摘によりまして、ケープ真鶴の火災報知器1台分の修繕料1万1,550円、浄化槽バッキブロワ2台のうちの1台について、放流水の水質悪化による不具合の修繕料19万5,300円です。


 5款1項1目予備費に46万5,000円追加し1,040万2,000円とするもので、歳入歳出を調整したものでございます。


 以上で説明を終了させていただきます。よろしくご審議の上、ご承認くださるようお願い申し上げます。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して、採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


            (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


               (全員起立)


○(議長)  全員賛成、よって「平成19年度真鶴町真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計補正予算(第1号)について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  日程第9、議案第48号「平成19年度真鶴町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


              (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第48号は、平成19年度真鶴町介護保険事業特別会計補正予算第1号についてであります。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ1,452万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を5億2,890万8,000円とするものです。


 歳入では平成18年度繰越金の額確定により追加するものが主なものです。


 歳出では追加した繰越金のうち、介護保険料相当分は介護給付費支払基金積立金及び予備費に追加し、一般会計繰入金は精算等により返還するものでございます。


 詳細につきましては、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(介護健康課長)  議案第48号、平成19年度真鶴町介護保険事業特別会計補正予算第1号についてご説明いたします。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ1,452万2,000円を追加し、歳入歳出それぞれ5億2,890万8,000円とするものです。


 内容につきましては、先に議案第48号資料でご説明いたします。


 平成18年度介護給付費精算表、歳出。介護サービス等諸費、その他諸費、高額介護サービス等費、特定入所者介護サービス等費の総額4億4,437万6,089円を保険給付費として支出しました。


 歳入につきましては、保険給付費の特定財源として、国庫負担金、支払基金交付金、県負担金、一般会計繰入金を?計の額により収入しましたが、支出した保険給付費のそれぞれの負担割合による必要負担額は?に計上された額となります。それにより?から?を差し引いた額、例えば、国庫負担金の場合、537万9,346円多く収入されたため、19年度返還いたします。支払基金交付金、一般会計繰入金も同様の措置をいたします。ただし、県負担金65万5,814円は19年度県負担金として繰越充当いたします。


 2ページは地域支援事業費精算表です。


 介護予防事業費、包括的支援事業任意事業費の補助対象事業費総額504万599円を支出しました。


 歳入につきましては特定財源として、国庫補助金、支払基金交付金、県補助金、一般会計繰入金を?計の額により収入しましたが、支出した地域支援事業費のそれぞれの負担割合により必要負担額は?に計上された額でございます。それにより?から?を差し引いた額を19年度返還いたします。ただし、県補助金だけは18年度内に精算済みです。これにより今回、補正予算措置をさせていただきました。


 それでは補正予算1ページ、第1表、歳入歳出予算補正をごらんくだい。


 1、歳入。


 5款県支出金は1項県負担金を65万6,000円減額し、総額を6,931万4,000円とするもので、歳入に占める構成割合は13.11%。


 7款繰越金、1項繰越金に1,517万8,000円追加し、総額を1,745万3,000円とするもので、構成割合は3.30%。


 2、歳出。


 4款基金積立金、1項基金積立金に409万6,000円追加し、総額を775万9,000円とするもので、歳出に占める構成割合は1.47%。


 6款諸支出金は1項償還金及び還付加算金に678万3,000円、2項繰出金に225万6,000円、計903万9,000円を追加し、総額を907万2,000円とするもので、構成割合は1.72%。


 7款予備費、1項予備費に138万7,000円を追加し、総額を364万1,000円とするもので、構成割合は0.69%。


 4ページをごらんください。


 2、歳入、5款県支出金、1項県負担金、1目介護給付費負担金65万6,000円を減額し6,764万円とするものです。18年度分を繰越充当するため19年度分を減額するものです。


 7款1項1目繰越金1,517万8,000円を追加し、前年度繰越金を1,745万3,000円とするものです。


 6ページをごらんください。


 3、歳出。


 2款保険給付費、1項介護サービス等諸費から5項特定入所者介護サービス等費まで、県負担金の減額分を繰越金の一般財源に置き換える財源補正です。


 8ページをごらんください。


 4款1項基金積立金、1目介護保険給付費支払基金積立金409万6,000円追加し775万9,000円とするもので、18年度の保険料を積み立てるものです。18年度末基金残高3,147万1,362円に合計の775万9,000円を積み立ていたします。


 6款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、3目償還金678万3,000円を追加し678万4,000円とするものです。23節償還金利子及び割引料、国庫支出金等の過年度分償還金です。


 2項繰出金、1目一般会計繰出金225万6,000円を追加し225万7,000円とするもので、28節繰出金、給付費ほか精算するものでございます。


 7款1項1目予備費138万7,000円を追加し364万1,000円とするものです。


 以上、簡単ですが、説明を終わります。よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願いいたします。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して、採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


            (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


                    (全員起立)


○(議長)  全員賛成、よって「平成19年度真鶴町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について」の件は原案のとおり可決されました。


○(議長)  日程第10、監査委員の監査報告を求めます。


○監査委員10番議員(福井弘行)  ただいまから、平成18年度決算審査に関する報告並びに意見を述べさせていただきます。


 地方自治法第233条第2項の規定により、平成18年度真鶴町一般会計ほか7特別会計歳入歳出決算が審査に付されました。これを受けて平成19年7月25日を第1日として、26日、8月1日、2日の4日間にわたり計数の確認、予算執行の適否、収支の合理性、財政運営状況の適否を審査の主眼として決算審査を実施いたしました。


 その実施方法として、平成18年度真鶴町一般会計及び特別会計歳入歳出決算書、歳入歳出事項別明細書、実質収支に関する調書、財産に関する調書などの審査にあたっては、歳入簿、歳出簿、支出負担行為書、支出伝票、調査簿などにより決算計数の正確性を精査するとともに、関係法令等に基づく定期監査、例月現金出納検査の諸資料を活用し、また効率的な予算の執行状況の可否について調査し、あわせて工事施工個所等の詳細な事情聴取も実施いたしました。


 さらに、監査当日においては、必要に応じ随時関係者の説明を求めるなど慎重に審査いたしました。その結果につきましては、お手元に提出してございます平成18年度決算審査意見書として内容の取りまとめを行ったものでございます。


 これより、その内容について概要説明をさせていただくわけですが、この決算審査意見書につきましては、平成19年8月2日に代表監査委員の二見弘幸氏と私とで真鶴町長へ提出いたしましたものであります。


 では、その決算審査の結果概要について申し上げます。


 審査意見書2ページの合計欄、平成18年度真鶴町一般会計、国民健康保険特別会計(事業勘定)、国民健康保険特別会計(施設勘定)、老人保健医療特別会計、下水道事業特別会計、真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計、土地取得特別会計及び介護保険特別会計の歳入決算総額は65億9,226万961円で、歳出決算総額は62億5,136万5,337円であります。


 各会計の決算額については、次のページより個々に示しているとおりですが、この決算額は、地方自治法施行令第166条第2項の規定に定められた歳入歳出決算事項別明細書及び実質収支に関する調書並びに諸帳簿などと照合したところ、計数は正確で誤りがありませんでした。


 なお、会計経理に支障はないものの、一部に留意又は改善を必要とする事項もあり、細部について、それぞれの項目の中で述べております。


 まず、一般会計においては、形式収支額はプラスとなりましたが、これは基金の取り崩し及び起債に依存するもので、財政の健全化の推進は引き続き努力を望むものであります。


 主要な事業を総合計画の推進目標別に述べますと、最初に、「まちづくり、みんなの手づくりで進めるまちづくり」では、平成19年度から県に導入の水源環境保全税に対応するシステムの構築事業を実施し、「健やかで心かよう安らぎのまちづくり」では、障害者計画・障害福祉計画の策定と長坂住宅工区境の法面工事の施工を、また、「地域に息づくにぎわいと活力のあるまちづくり」では、地場産業の振興で広域農道整備事業費の負担を、漁業振興では地域再生計画に基づく岩漁港近代化のための整備事業調査・設計業務を委託しました。次に、「学び、ふれあい、豊かな文化をはぐくむまちづくり」を目指しては、児童・生徒の安全な教育環境確保のため、まなづる小学校校舎の外壁剥離部等改修工事を施工し、中学校では体育館耐震診断・評価取得業務委託が実施されました。このほか、「海と緑にいだかれたこころよいまちづくり」では、豊かな自然を継承していくため、松くい虫防除の薬剤散布・樹幹注入委託事業を継続し、また、災害に強いまちづくり対策の一環から、自動体外式除細動器(AED)を購入し町内公共施設に配備したものであります。


 次に、特別会計です。


 国保・事業勘定については、保健普及事業や疾病予防事業の実施により医療費の抑制及び健康づくりの推進に積極的に取り組んでいますが、国民健康保険税の収納にあたっては関係課との連絡・調整を密にし、納税の公平・公正の観点からもより一層の徴収率向上を望みます。


 なお、厳しい財政状況のもとで、国保事業を取り巻く環境は依然として厳しい状況におかれておりますが、健全で効率的な事業運営に努力を望むものであります。


 また、国保・施設勘定については、やむなく入院診療を休止するなど、診療所を取り巻く環境は大きく変化し、経営は依然として厳しい状況が続いておりますが、今後とも、町民から信頼され、安心して診療が受けられる地域保健医療活動の拠点として、健全な財政運営と更なる医療サービスの向上が図られるよう、職員一丸となって努力されるよう望むものであります。


 老人保健医療については、高齢者人口の増加と医療技術の高度化により、今後とも医療費の増大は避けられない状況ですが、平成20年度にスタートする後期高齢者医療制度を見据え、老人医療体制の今後を把握するとともに、保健事業を充実し、医療費適正化対策の推進に努められるよう望むものであります。


 下水道事業については、本年度、中継ポンプ場が完成し、本年3月末に供用開始されましたが、厳しい経営環境が予想される中で、各家庭への下水道接続に対する理解を求めるなど普及率の向上に努め、より安定した事業運営が図られるよう願うものであります。


 真鶴魚座・ケープ真鶴の事業運営にあたっては、民間的経営手法の導入を推進し、施設運営の効率化を図るとともに、観光拠点としての誘客宣伝に努めることにより健全な運営がなされるよう望むものであります。


 土地取得会計については、老人憩いの家「真崎荘」の用地購入に係る公債費で、償還は本年度で終了となります。計数的に正確であり、内容も正当なものであります。


 最後に、介護保険事業の運営については、訪問調査、要介護認定事務の公平・効率化を目指し、利用者のニーズに応じた的確な介護給付が受けられるよう、今後とも、そのサービスの充実と確保に一層の努力をされたい。


 なお、以上の事業は、概ね計画どおり執行され、その結果は認められましたが、これからも前例を踏襲することなく、常に事務事業の見直しを行い、行政の簡素・効率化に一層努力されることを望むものであります。また、各事業の執行については、一部に留意または改善を要する事務も見られたので、それぞれの事業内容等を十分に精査・照合し、適正な執行管理がなされるよう努められたい。


 さらに、事業執行後による検証結果を踏まえ、本決算の意見等が新たな事業及び今後の予算編成に反映されるよう望むものであります。


 厳しい財政状況を強いられ続けている中で、町民の要請に的確に対応していくためには、町税をはじめ、保険料・保育料・住宅使用料・水道料など関係各課との連携を密にした徴収体制を強化し、負担の公平・公正性の確保を図るよう強く望むものであります。


 さらに、特定財源の確保の面では、日ごろから、国・県の補助金制度を効果的に活用するための調査研究、確認を行い、投資性、経済性の両面から行政運営が図られ、創造性と自立性のあるまちづくりの推進を願うものであります。


 続きまして、平成18年度真鶴町上水道事業会計決算でございます。


 地方公営企業法第30条第2項の規定により、決算報告書等関係書類を添えて監査委員の審査に付されたので、平成19年8月1日に監査委員両名をもって計数の確認、予算執行の適否を審査の主眼として決算審査を実施いたしました。


 経営状況については、179万4,380円の当年度純利益で、若干ではありますが黒字となっています。前年度繰越欠損金から当年度純利益を差し引いた当年度未処理欠損金は3億4,437万6,176円であります。平成17年7月から平均35%の料金改定を実施したものの、水道使用量は近年、減少傾向にあり、依然として経営は厳しい状況にあります。


 建設事業では、公道の改修工事や下水道の工事にあわせて配水管の敷設替工事が実施されましたが、前年度に比べ事業量は減少しています。有収率については、年々向上しておりますので、なお一層の努力を望むものであります。また、徴収状況は、現年度分は98.10%と、前年度に比べ0.5ポイント増加しました。なお、徴収事務においては、専任の嘱託職員を配置し、改善に取り組まれており、今後も一層の努力を願うものであります。


 終わりにあたり、安全で安心な水を供給するため、今後も水源の確保と老朽管施設等の改良工事を継続的に実施していかなければなりませんが、このために安定的な水道使用量を確保していく必要があります。平成19年度に実施の経営診断の結果をもとに、中長期的視野に立った抜本的な改革を検討し、将来にわたり安定した経営基盤を築くよう切に願うものであります。


 以上により、決算審査の結果は適正なものと認められます。


 簡単ではございますが、監査委員報告を終わります。よろしくお願いをいたします。


○(議長)  これをもって、監査報告を終わります。


○(議長)  暫時休憩いたします。


            (休憩 午後2時12分)


            (再開 午後2時46分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  日程第11、認第1号「決算の認定について(平成18年度真鶴町一般会計決算)」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


              (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  認第1号は、平成18年度真鶴町一般会計決算の認定についてであります。


 去る7月2日に会計管理者より提出があり、7月25日から8月2日までの4日間において監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものです。


 詳細につきましては、会計管理者に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を会計管理者に求めます。


○(会計課長)  よろしくお願いします。初めに、普通建設事業等に係る書類検査につきましては、5月28日に、また、先ほども町長からもございましたけれども、決算審査につきましては、7月25日、26日、8月1日、2日の4日間において、監査委員に審査いただきました。


 それではご説明いたします。認第1号は平成18年度真鶴町一般会計歳入歳出決算でございます。3ページをお開きください。


 歳入です。


 1款町税は調定額11億3,312万4,192円、収入済額10億2,195万9,443円、前年度対比1,110万687円の減、不納欠損額1,398万1,539円、収入未済額9,718万3,210円、主な減のものにつきましては、固定資産税で前年対比3,339万円の減でございます。1項町民税は調定額4億4,294万4,456円、収入済額4億657万9,747円、不納欠損額360万2,689円、収入未済額3,276万2,020円です。2項固定資産税は調定額6億2,581万141円、収入済額5億5,187万8,301円、不納欠損額1,030万7,050円、収入未済額6,362万4,790円。3項軽自動車税は調定額1,094万9,800円、収入済額1,008万1,600円、不納欠損額7万1,800円、収入未済額79万6,400円。4項町たばこ税は調定、収入済額とも5,341万9,795円。5項特別土地保有税につきましては17年度終了のためございません。


 2款地方譲与税は調定、収入済額とも8,572万1,033円、前年度対比2,621万9,033円の増。1項所得譲与税は調定、収入済額とも5,981万2,033円、前年度対比2,790万33円の増。2項自動車重量譲与税は調定、収入済額とも1,927万6,000円、前年度対比117万4,000円の減。3項地方道路譲与税は調定、収入済額とも663万3,000円、前年度対比50万7,000円の減。


 3款1項利子割交付金は調定、収入済額とも320万円、前年度対比104万1,000円の減。


 4款1項配当割交付金につきましてはこれも同じく調定、収入済額とも396万2,000円で、前年度対比104万円の増。


 5款1項株式等譲渡所得割交付金は調定、収入済額とも387万2,000円で33万9,000円の減。


 6款1項地方消費税交付金は調定、収入済額とも7,242万4,000円で、前年度対比513万3,000円の増。


 7款1項自動車取得税交付金は調定、収入済額も2,781万5,000円で、前年度対比291万円の減。


 8款1項地方特例交付金も調定、収入済額とも2,502万3,000円で、前年度対比737万4,000円の減。


 9款1項地方交付税も調定、収入済額とも5億8,556万5,000円で、前年度対比6,765万5,000円の減。


 10款1項交通安全対策特別交付金も調定、収入済額とも176万7,000円で、前年度対比7万3,000円の増。


 5ページをお願いいたします。


 11款分担金及び負担金、1項負担金は調定額4,955万2,173円、収入済額4,501万2,313円で、前年度対比457万7,404円の減、収入未済額453万8,860円です。


 12款使用料及び手数料は調定額5,332万3,154円、収入済額4,946万8,452円で、前年度対比495万4,143円の増、収入未済額385万4,702円。1項使用料は調定額4,557万5,894円、収入済額4,172万1,192円。2項手数料も調定、収入済額とも774万7,260円。


 13款国庫支出金は調定、収入済額とも9,290万1,641円、前年度対比1億8,818万1,814円の減。1項国庫負担金は調定、収入済額とも8,646万7,476円、前年度対比1,101万6,977円の減。2項国庫補助金も調定、収入済額とも332万3,000円、前年度対比1億7,689万2,960円の減。3項委託金も調定、収入済額とも311万1,165円、前年度対比27万1,877円の減。


 14款県支出金も調定、収入済額とも1億8,688万9,099円、前年度対比831万7,168円の減。1項県負担金、調定、収入済額とも9,329万6,020円、前年度対比では586万2,058円の増。2項県補助金は調定、収入済額とも6,469万2,490円、前年度対比で228万4,270円の減。3項委託金、調定、収入済額とも2,890万589円、前年度対比1,189万4,956円の減。


 15款財産収入は調定額1億97万1,560円、収入済額1億12万3,388円、前年度対比4,253万5,204円の増、収入未済額84万8,172円で、増の主な要因につきましては、2項の財産売払収入のみどり基金に資産売払収入4,560万円でございます。1項財産運用収入は調定額3,633万5,248円、収入済額3,548万7,076円、前年度対比226万4,284円の増。2項財産売払収入は調定、収入済額とも6,463万6,312円、前年度対比4,027万920円の増。


 16款1項寄附金は調定、収入済額とも885万513円、前年度対比711万8,513円の増で、みどり基金に対する寄附金273万円が増の主な要因でございます。


 17款繰入金は調定、収入済額とも2億569万1,434円、前年度対比664万4,336円の減。1項基金繰入金は調定、収入済額とも1億7,138万3,000円、前年度対比1,869万8,000円の減。2項特別会計繰入金も調定、収入済額とも3,430万8,434円、前年度対比1,205万3,664円の増。


 18款1項繰越金で調定、収入済額とも1億2,329万4,365円、前年度対比で4,516万4,547円の増でございます。


 7ページをごらんください。


 19款諸収入も調定、収入済額とも3,200万634円、前年度対比3,810万2,355円の減。1項延滞金加算金及び過料は調定、収入済額とも171万7,635円、前年度対比50万3,464円の増。2項公営企業貸付金元利収入も調定、収入済額とも1,021万円、前年度対比4,006万7,561円の減。3項雑入につきましても調定、収入済額とも2,007万2,999円、前年度対比146万1,823円の増。


 20款1項町債は調定、収入済額とも3億2,570万円、前年度対比2億180万円の減。


 以上、歳入合計につきましては30億124万315円、前年度対比4億580万5,324円の減となっております。


 9ページをお願いいたします。歳出でございます。


 1款1項議会費は予算現額7,712万5,000円、支出済額7,659万8,015円、前年度対比89万6,777円の減で、不用額につきましては52万6,985円。


 2款総務費は予算現額5億3,021万4,251円、支出済額5億2,380万3,499円、前年度対比では563万3,246円の減、不用額641万752円で、減の主なものにつきましては財産管理費の1,000万円の減が主なものでございます。1項総務管理費は支出済額4億692万3,363円、前年度対比1,207万2,260円の減。2項徴税費は支出済額7,405万1,525円、3項戸籍住民基本台帳費は支出済額3,898万1,245円、4項選挙費は支出済額290万3,366円、5項統計調査費は支出済額56万3,000円、6項監査委員費は支出済額38万1,000円。


 3款民生費は予算現額7億428万1,000円、支出済額6億9,091万5,015円、前年度対比2,581万6,655円の減で、不用額1,336万5,985円。1項社会福祉費は支出済額5億117万1,838円。2項児童福祉費は支出済額1億8,974万3,177円。


 4款衛生費は予算現額3億2,887万8,100円、支出済額3億2,171万5,932円、前年度対比1,817万7,002円の減、不用額716万2,168円。減の主なものにつきましては、保健センター費110万円と予防費583万円、火葬場費252万円、清掃費782万円の減が主なものでございます。1項保健衛生費、支出済額7,205万9,157円、2項清掃費、支出済額2億4,965万6,775円。


 5款農林水産業費は予算現額1億612万6,369円、支出済額1億574万6,830円、前年度対比5,833万5,088円の増で、不用額につきましては37万9,539円で、増の主なものにつきましては、農業総務費695万円、林業費4,600万円、水産業費244万円の増が増の主なものでございます。1項農業費、支出済額3,244万5,084円。2項林業費、支出済額6,596万4,069円。3項水産業費、支出済額733万7,677円。


 6款の商工観光費は予算現額8,100万5,000円、支出済額が7,930万8,252円、前年度対比1,409万663円の減、不用額169万6,748円で、減の主なものにつきましては商工費837万円、観光費の665万円の前年対比の減が主なものでございます。1項商工費、支出済額2,631万4,805円。2項観光費、支出済額が5,299万3,447円。


 11ページをお願いいたします。


 7款土木費は予算現額2億5,631万4,178円、支出済額2億5,557万7,148円、前年度対比4億9,497万4,179円の減、不用額73万7,030円で、土木総務費1,023万円、道路橋梁費1,366万円、都市計画費1,500万円、住宅費4億7,000万円の前年対比の減が主なものでございます。1項土木管理費、支出済額5,788万4,161円。2項道路橋梁費、支出済額2,628万181円。3項港湾費、支出済額が1,508万992円。4項都市計画費、支出済額1億4,102万4,459円。5項住宅費1,530万7,355円。


 8款1項消防費、予算現額2億1,611万6,929円、支出済額2億1,273万7,196円、前年度対比では372万8,148円の減、不用額337万9,733円。


 9款教育費、予算現額3億9,221万7,059円、支出済額3億8,518万6,591円、前年度対比6,548万5,739円の増、不用額703万468円で、増の主な要因につきましては小学校費のまなづる小学校の外壁剥離部の改修費の増が主な要因でございます。1項教育総務費、支出済額が9,559万8,627円。2項小学校費、支出済額1億2,240万3,851円。3項中学校費、支出済額が2,544万8,854円。4項幼稚園費、支出済額2,677万4,865円。5項社会教育費1億156万1,148円。6項保健体育費、支出済額1,339万9,246円。


 10款1項公債費、予算現額2億2,311万7,000円、支出済額2億2,280万5,157円、前年度対比3,013万8,204円の増、不用額31万1,843円。


 11款災害復旧費は予算現額の8,000円の科目設定のみでございます。


 下にいきまして、12款1項予備費は予算現額6,213万4,114円はそのまま不用額となっております。


 13ページ、以上、歳出合計は支出済額28億7,439万3,635円で、前年度対比で4億935万7,639円の減となっております。


 歳入歳出差引残額は1億2,684万6,680円で、前年度対比355万2,315円の増となっております。


 以上でございます。


 15ページをお願いいたします。事項別明細書、歳入でございます。


 1款町税、1項町民税、1目個人、1節現年課税分は収入済額3億5,599万4,064円、前年度対比1,800万1,774円の増、収入未済額1,374万1,836円、2節滞納繰越分は収入済額587万4,683円、前年度対比155万4,263円の増、不納欠損額270万5,089円これにつきましては71件分、収入未済額1,677万9,484円。


 2目法人、1節現年課税分は収入済額4,374万4,300円、前年度対比108万6,800円の増、収入未済額57万2,200円、2節滞納繰越分は収入済額96万6,700円、前年度対比28万6,700円の増、不納欠損額89万7,600円は14件分でございます。収入未済額166万8,500円。


 次、2項固定資産税でございます。次の17ページ、1目固定資産税、1節現年課税分、収入済額5億3,687万5,281円、前年度対比3,024万4,019円の減、不納欠損額82万5,900円は5件分、収入未済額1,829万8,819円、2節滞納繰越分、収入済額1,468万5,120円、前年度対比291万6,897円の減、不納欠損額948万1,150円は92件分、収入未済額4,532万5,971円。


 2目国有資産等所在市町村交付金及び納付金、1節現年課税分、収入済額31万7,900円、前年度対比4万9,400円の減。


 3項1目軽自動車税、1節現年課税分、収入済額982万6,200円、前年度対比19万3,600円の増、収入未済額30万2,700円、2節滞納繰越分、収入済額25万5,400円、前年度対比6万500円の増、不納欠損額7万1,800円は15件分、収入未済額49万3,700円。


 次の4項町たばこ税でございます。19ページ、お願いします。1目町たばこ税、1節現年課税分、収入済額5,341万9,795円、前年度対比110万8,891円の増。


 5項1目特別土地保有税は調定、収入ともございません。


 2款地方譲与税、1項1目1節所得譲与税、収入済額5,981万2,033円、前年度対比2,790万133円の増。


 2項1目1節自動車重量譲与税、収入済額1,927万6,000円、前年度対比117万4,000円の減。


 3項1目1節地方道路譲与税、収入済額663万3,000円、前年度対比50万7,000円の減。


 3款1項1目1節利子割交付金、収入済額320万円、前年度対比104万1,000円の減。


 4款1項1目1節配当割交付金、収入済額396万2,000円、前年度対比104万円の増。


 5款株式等譲渡所得割交付金、21ページをお願いいたします。1項1目1節株式等譲渡所得割交付金は収入済額387万2,000円、前年度対比33万9,000円の減。


 6款1項1目1節地方消費税交付金は収入済額7,242万4,000円、前年度対比513万3,000円の増。


 7款1項1目1節自動車取得税交付金は収入済額2,781万5,000円、前年度対比291万円の減。


 8款1項1目1節地方特例交付金は収入済額2,502万3,000円、前年度対比737万4,000円の減。


 9款1項1目1節地方交付税は収入済額5億8,556万5,000円、前年度対比6,765万5,000円の減で、01の普通交付税は4億9,091万2,000円、特別交付税9,465万3,000円でございます。


 次の23ページをお願いいたします。


 10款1項1目1節交通安全対策特別交付金は収入済額176万7,000円、前年度対比7万3,000円の増。


 11款分担金及び負担金、1項負担金、1目総務費負担金、1節総務管理費負担金で収入済額354万2,370円、前年度対比12万5,356円の増、真鶴町・湯河原町共有土地管理事務負担金で、人件費等の2分の1を負担するものでございます。


 2目民生費負担金、1節社会福祉費負担金、収入済額16万7,300円、前年度対比7万1,900円の増、2節児童福祉費負担金、収入済額2,369万5,650円、前年度対比243万4,100円の減で、11名の減でございます。収入未済額453万8,860円。


 3目衛生費負担金、1節保健衛生費負担金、収入済額1,060万9,362円、前年度対比257万6,734円の減で、火葬場経営費湯河原町負担金467人分でございます。2節清掃費負担金、収入済額517万3,325円、前年度対比9万5,149円の減で、し尿貯留施設管理費湯河原町負担金でございます。


 4目土木費負担金、1節道路等改修費負担金、収入済額119万2,306円、前年度対比30万677円の減。


 5目教育費負担金でございます。25ページをお願いします。1節保健体育費負担金で、新規でございます。収入済額3万2,000円、これにつきましては水泳教室の参加負担金でございます。2節教育総務費負担金もこれも新規でございます。収入済額60万円、岩小学校廃校記念碑等設置負担金で、総額の2分の1を負担したものでございます。


 12款使用料及び手数料、1項使用料、1目総務使用料、1節総務管理使用料、収入済額594万358円、前年度対比31万5,871円の増。増の主なものにつきましては02の造船所使用料30万円と03の行政財産目的外使用料の4万7,561円の増でございます。


 2目衛生使用料、1節保健衛生使用料、収入済額499万円、前年度対比73万円の増。


 3目農林水産業使用料、1節農業使用料、収入済額4万8,000円、前年度対比1万2,000円の減、これにつきましてはふれあい農園の使用料の6,000円の8区画分です。2節水産業使用料、収入済額21万8,320円、前年度対比8万6,030円の減で、01漁港施設使用料5万1,100円、02の漁港区域内占用料等、海の家でございます、16万7,220円、4万2,230円の減でございます。


 続きまして、4目の商工観光使用料、1節観光使用料、収入済額63万円、宮ノ前観光案内所使用料でございます。前年同額でございます。


 5目土木使用料、1節道路使用料、収入済額293万8,012円、前年度対比1万5,862円の減で、道路占用料12件分でございます。2節住宅使用料は、収入済額622万8,100円、前年度対比331万6,600円の増。


 6目教育使用料、27ページをお願いいたします。1節幼稚園保育料、収入済額363万3,000円、前年度対比39万4,000円の増でございます。収入未済額23万8,000円、2節公民館使用料、収入済額63万440円、前年度対比4万1,640円の増で2,407件分でございます。3節美術館観覧料、収入済額1,470万2,102円、前年度対比59万6,518円の減、4節保健体育使用料、収入済額158万2,120円、前年度対比31万9,470円の増、収入未済額420円につきましては現在は完納されております。5節社会教育使用料は新規でございます。収入済額18万740円、コミュニティ真鶴の使用料でございます。457件分でございます。


 2項手数料、1目総務手数料、1節徴税手数料、収入済額26万7,400円で、前年度対比1,200円の減、これにつきましては督促手数料の2,674件分でございます。2節事務手数料、収入済額10万5,070円、前年度対比9,008円の減、これにつきましては町民交通傷害保険の取扱事務手数料2,788口分でございます。3節窓口事務手数料、収入済額493万6,000円、前年度比7万4,950円の減で、住民票等手数料21万円の減が主なものでございます。


 2目衛生手数料、1節畜犬登録手数料、収入済額44万1,950円、前年度対比3万8,550円の減、2節清掃手数料、収入済額175万7,390円、前年度対比46万7,240円の増、これにつきましては備考欄02の一般廃棄物収集運搬手数料、前年度対比58万2,000円の増が増の主なものでございます。


 続きまして、3目農林水産手数料、1節農業手数料、収入済額16万3,400円、前年度対比8万2,300円の増で、備考欄の01の農業者年金業務委託手数料、これが前年度対比7万8,900円の増が増の主なものでございます。


 4目土木手数料でございます。次のページ、29ページをお願いします。1節都市計画手数料、収入済額2万2,050円、前年度対比5万600円の減。


 5目教育手数料、1節幼稚園入園料、収入済額5万4,000円、前年度対比9,000円の減でございます。備考欄01町立ひなづる幼稚園の入園料3,000円の18名分でございます。


 13款国庫支出金、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金、1節社会福祉費負担金、収入済額3,715万1,282円、前年度対比26万9,018円の減で、備考欄01の保険基盤安定制度負担金が前年度対比32万2,326円の減、03の身体障害者補装具交付事務負担金22万2,951円の増、04の身体障害児補装具交付事務負担金31万5,790円の減及び07の障害者自立支援事業給付費負担金は、これにつきましては新規でございます。2節児童福祉費負担金、収入済額6,780万2,239円、前年度対比1,074万9,182円の減で、備考欄01の保育所運営費負担金が前年度対比509万1,015円の減と05の被用者小学校修了前特例給付負担金、前年度対比247万円の減等が主なものでございます。


 2目衛生費国庫負担金、1節保健衛生費負担金、収入済額151万3,955円、前年度対比1,223円の増。


 2項国庫補助金、1目民生費国庫補助金、1節社会福祉費補助金、収入済額235万1,000円、前年度対比610万2,960円の減で、前年の支援費制度事業費補助金752万9,960円がなくなったことが主な減の理由でございます。


 31ページをお願いいたします。


 2目衛生費国庫補助金、1節保健衛生費補助金、収入済額41万4,000円、前年度対比15万1,000円の減で、合併処理浄化槽3基分に係るものでございます。


 3目教育費国庫補助金、1節教育総務費補助金、収入済額4万円、前年度対比1万8,000円の減で、02特殊教育就学奨励費補助金は前年に対しまして2万円の減でございます。


 4目土木費国庫補助金、1節土木総務費補助金、収入済額51万8,000円、前年度対比1億6,941万6,000円の減で、前年につきましては公営住宅整備事業費補助金の繰越明許費ほか1件分、1億6,993万4,000円が措置されていたためでございます。


 3項委託金、1目総務費委託金、1節戸籍住民基本台帳費委託金、収入済額24万円、前年度対比9万9,000円の増。


 2目民生費委託金、1節社会福祉費委託金、収入済額285万3,633円、前年度対比36万6,539円の減でございます。これにつきましては備考欄の01基礎年金等事務費委託金、前年度対比32万7,924円の減が減の主なものでございます。2節児童福祉費委託金、収入済額1万7,532円、前年度対比4,338円の減でございます。


 続きまして、14款県支出金、1項県負担金、1目民生費県負担金でございます。次の33ページをお願いいたします。1節社会福祉費負担金、収入済額5,036万5,575円、前年度対比29万9,383円の減で、備考欄の01の保険基盤安定制度負担金、前年度対比142万363円が減の主なものでございます。続きまして、2節児童福祉費負担金、収入済額2,859万6,769円、前年度対比489万6,076円の増で、これにつきましては備考欄の05の被用者小学校修了前特例給付負担金411万7,500円の前年度に対しましての増が主なものでございます。


 続きまして、2目衛生費県負担金、1節保健衛生費負担金、収入済額151万3,955円、前年度対比4,293円の増で、備考欄03の前年度老人保健事業負担金の増が主なものでございます。


 3目1節市町村移譲事務交付金、収入済額1,281万9,721円、前年度対比126万1,072円の増で、これにつきましては34の事業に係るものでございます。


 2項県補助金、1目総務費県補助金、1節総務費補助金、収入済額530万8,000円、前年度対比506万3,000円の増で、備考欄の03の個人県民税システム改訂経費等交付金、この新規が増の主な要因でございます。


 2目民生費県補助金、1節社会福祉費補助金、収入済額1,649万5,000円、前年度対比773万5,100円の減で、次の35ページの備考欄の17の障害者自立支援給付事業補助金の220万8,100円の減と前年度に措置されておりました2の事業がなくなったことが減の主な要因でございます。2節児童福祉費補助金、収入済額1,780万7,000円、前年度対比137万6,000円の減で、備考欄の01の民間保育所運営費補助金の75万円の減が主なものでございます。


 3目衛生費県補助金、1節保健衛生費補助金、収入済額118万9,000円は前年度対比15万1,000円の減で、備考欄03の合併処理浄化槽設置整備事業費補助金の減が減の主なものでございます。2節美化事業費補助金、収入済額1万9,000円で、これにつきましては前年同額でございます。


 4目農林水産業費県補助金、1節農業費補助金、収入済額76万9,000円、前年度対比43万3,000円の減で、備考欄の01農業委員会交付金、前年度対比39万3,000円の減が減の主なものでございます。2節林業費補助金、収入済額1,223万5,490円、前年度対比210万8,830円の増、3節水産業費補助金、収入済額302万7,000円、前年度対比155万7,000円の増で、備考欄の04の漁港整備事業補助金で、地域再生計画の岩漁港に係る新規事業が増の主なものでございます。


 5目土木費県補助金、1節都市計画費補助金、収入済額3万1,000円、前年度対比4,000円の減。


 6目教育費県補助金、1節社会教育費補助金、収入済額118万6,000円、前年度対比5万1,000円の増、これにつきましては宿泊体験学習ほかでございます。


 7目消防費県補助金、1節地震対策費補助金、収入済額662万6,000円、前年度対比376万5,000円の増で、中学校の耐震診断等が主なものでございます。


 3項委託金、1目総務費委託金でございます。次の37ページをお願いいたします。1節徴税費委託金、収入済額1,064万7,482円、前年度対比73万8,883円の増でございます。2節戸籍住民基本台帳費委託金、収入済額1万8,204円、前年度対比2万2,946円の減で、前年度につきましては市町村金融広報活動推奨事業費交付金2万2,000円が予算措置されていたためのものでございます。3節選挙費委託金、収入済額231万7,103円、前年度対比891万113円の減で、前年度につきましては衆議院の選挙費と参議院の補欠選挙費が予算措置されていたためでございます。4節統計調査費委託金、収入済額56万3,000円、前年度対比393万3,000円の減で、前年は国勢調査委託金433万5,000円が計上されていたためでございます。


 続きまして、2目民生費委託金、1節社会福祉費委託金、収入済額34万9,800円、前年度対比27万8,800円の増で、備考欄の03、05、06がこれが新規に計上されていたものでございます。


 3目農林水産業費委託金、1節林業費委託金、収入済額2万円で、これにつきましては前年同額でございます。


 4目土木費委託金、1節港湾費委託金、収入済額1,435万2,000円で、これにつきましても前年同額でございます。


 5目教育費委託金、1節教育総務費委託金、収入済額63万3,000円、前年度対比4万3,000円の減で、これにつきましては不登校に係る相談員に対し交付されるものでございます。


 15款財産収入でございます。39ページをお願いいたします。1項財産運用収入、1目財産貸付収入、1節土地貸付収入、収入済額3,537万6,076円、前年度対比226万3,979円の増で、備考欄の01の町有土地貸地料石丁場等の前年度対比182万7,571円の増と05の町有土地貸地料亀ヶ崎観光の新規分が増の主なものでございます。収入未済額につきましては84万8,172円でございます。


 2目1節利子及び配当金、収入済額11万1,000円でございます。


 2項財産売払収入、1目不動産売払収入、1節土地売払収入、収入済額4,562万1,192円、前年度対比4,002万945円の増で、これにつきましてはみどり基金の資産売払収入でございます。県への払い下げに係るものでございます。2節その他不動産売払収入はございません。


 続きまして、2目物品売払収入、1節美術館図録等売払収入、収入済額622万1,980円、前年度対比94万1,270円の増で、陶器や絵皿等の売り上げでございます。2節物品売払収入、収入済額537万9,690円、前年度対比27万9,645円の減で、お林展望公園の売店等の売払収入でございます。


 3目生産品売払収入、1節食堂売上収入は、収入済額741万3,450円、前年度対比9万1,650円の減で、お林展望公園の食堂の売上収入でございます。


 16款1項寄附金、1目農林水産業費寄附金、1節林業費寄附金、収入済額288万1,141円、前年度対比265万4,498円の増で、備考欄の02のみどり基金に対する寄附金9件分の262万2,057円の前年度対比の増が主なものでございます。


 続きまして41ページをお願いします。


 2節農業費寄附金でございます。収入済額2万2,372円で、これにつきましては新規でございます。


 2目教育費寄附金、1節教育総務費寄附金、収入済額380万円で、これにつきましては前年度はゼロでございます。01の奨学金事業に対する寄附金30万円、02の町立小・中学校図書等の寄附金で、これにつきましては真鶴と岩の旧婦人会からの350万円の寄附がございました。2節幼稚園費寄附金、収入済額46万8,000円、前年度対比14万9,000円の増で、これにつきましてはひなづる幼稚園の通園バス利用者に係るものでございます。3節小学校費寄附金、収入済額17万7,000円、前年度対比1,000円の増、これにつきましては小学校の通学バス利用者に係るものでございます。


 3目商工観光費寄附金、1節商工費寄附金、収入済額50万円、これは新規でございます。2節観光費寄附金、収入済額100万円、これも新規でございます。


 17款繰入金、1項基金繰入金、1目1節財政調整基金繰入金、収入済額6,139万3,000円、前年度対比5,020万5,000円の減。


 2目1節まちづくり推進事業基金繰入金、収入済額3,070万円、前年度対比788万円の増で、10事業に充当したものでございます。


 3目1節地域振興基金繰入金、収入済額3,470万円、前年度対比128万4,000円の減で、6の社会福祉事業に充当したものでございます。


 4目教育施設整備基金繰入金、次の43ページをお願いいたします。1節教育施設整備基金繰入金は、これはございません。


 続きまして、5目1節奨学基金繰入金、収入済額9万円、前年度対比3万円の増。


 6目1節みどり基金繰入金、収入済額4,450万円、前年度対比4,404万9,000円の増でございます。


 2項特別会計繰入金、1目1節老人保健医療特別会計繰入金、収入済額552万5,287円、前年度対比80万6,238円の増で、医療費の確定による精算分でございます。


 2目1節下水道事業特別会計繰入金、収入済額672万8,884円、前年度対比936万4,000円の減。


 3目1節真鶴魚座・ケープ真鶴特別会計繰入金、収入済額2,000万円で、これにつきましては新規でございます。


 続きまして、4目1節介護保険事業特別会計繰入金、収入済額205万4,263円、前年度対比61万1,426円の増でございます。


 次の45ページをお願いします。


 18款繰越金、1項1目1節前年度繰越金、収入済額1億2,329万4,365円、前年度対比4,516万4,547円の増で、備考欄の01の前年度繰越金が前年度対比4,396万2,597円ございますので、これが増の主なものでございます。また02の繰越明許費分で142万4,000円は広域農道に係るものでございます。


 19款諸収入、1項延滞金加算金及び過料、1目1節延滞金、収入済額171万7,635円、前年度対比50万3,464円の増でございます。これは町税の滞納延滞金でございます。


 2項公営企業貸付金元利収入、1目1節上水道事業会計貸付金元利収入、収入済額1,021万円、前年度対比4,006万7,561円の減で、上水道事業会計の長期貸付金元利収入でございます。


 19款諸収入、3項1目1節雑入、収入済額2,007万2,999円、前年度対比146万1,823円の増で、これにつきましては、次ページになりますけれども、備考欄の39の広報の広告掲載料から43のデイサービスセンター運営委託料までの新規分が増の主なものでございます。


 47ページの20款1項町債、1目土木債、1節急傾斜地崩壊対策整備事業債、収入済額650万円、前年度対比10万円の増で、磯崎と真崎地区に係るものでございます。2節自然災害防止事業債、収入済額660万円、前年度対比200万円の増でございます。


 2目教育債、1節小学校安全対策事業債、収入済額5,990万円で、これは新規で、まな小外壁剥離部の改修工事に係るものでございます。


 2節地域再生事業債、収入済額2,000万円、前年度対比4,020万円の減で、前年につきましては町営住宅の建設事業債繰越明許費分の6,020万円が措置されていたものでございます。


 3目1節減税補てん債、収入済額930万円、前年度対比320万円の減でございます。


 4目1節臨時財政対策債、収入済額1億5,660万円、前年度対比1,960万円の減でございます。


 49ページをお願いいたします。


 5目1節退職手当債はこれは新規でございます。収入済額5,480万円で、退職者4名に係るものでございます。


 6目農林水産業債、1節農道整備事業債、収入済額1,200万円、前年度対比300万円の増で、01の農道整備事業債繰越明許分でございます。


 以上、歳入合計につきましては調定額31億2,164万6,798円、収入済額が30億124万315円、不納欠損額1,398万1,539円、収入未済額1億642万4,944円となっております。


○(議長)  お諮りいたします。


 本日の会議は、この程度にとどめ延会いたしたいと思います。


 これに、ご異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、本日はこれにて延会することに、決定いたしました。


○(議長)  本日は、これで延会いたします。


 なお、明日は、午前10時から本会議を再開いたします。


             (延会 午後3時48分)