議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 真鶴町

平成18年第3回定例会(第2日 9月14日)




平成18年第3回定例会(第2日 9月14日)





       平成18年第3回真鶴町議会定例会会議録(第2日)


            平成18年9月14日(木)


 


1.出席議員 12名


 1番   二 見 和 幸         7番   神 野 秀 子


 2番   青 木   透         8番   露 木 八 郎


 3番   草 柳   昭         9番   岡ノ谷 佳 子


 4番   青 木   浩        10番   福 井 弘 行


 5番   黒 岩 宏 次        11番   青 木   茂


 6番   奥 津 光 隆        12番   川 崎 日出男





2.欠席議員  0名





3.執行部出席者


町長        青 木   健    介護健康課長    中 山 康 吉


助役        長谷川 勝 己    福祉課長      宇 賀 一 章


教育長       松 本 吉之助    診療所事務長    青 木   肇


会計課長      高 畑 誠 二    教育総務課長    平 井 敬 一


税務課長      二 見 良 幸    生涯学習課長    青 木 幹 夫


管理課長      朝 倉 久 泰    産業観光課長    青 木 正 行


企画調整課長    井 上 準 一    まちづくり課長   土 屋   茂


環境防災課長    鈴 木 智 士    水道課長      青 木 哲 朗


町民課長      森   敦 彦    下水道課長     廣 石 逸 雄





4.出席した議会書記


議会事務局長    松 本 宣 夫


書     記   青 木 一 広    書     記   大 竹 建 治





5.議事日程


別紙日程表のとおり


           (開会 午前10時00分)


○(議長)  ただいまの、出席議員は12人で、定数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。


○(議長)  議事日程を報告いたします。


             (書記日程朗読)


○(議長)  これより、日程に従い審議を進めます。


○(議長)  日程第1、認第1号「決算の認定について(平成17年度真鶴町一般会計決算)」を議題といたします。


○(議長)  昨日に引き続き、51ページ、歳出、議会費からの内容説明を担当課長に求めます。


○(会計課長)  おはようございます。よろしくお願いします。


 歳出に入ります前に、職員の人件費につきましては、附属資料9ページの内訳表を参考になっていただきたいと思います。なお、平成17年4月1日現在のラスパイレス指数は90.0となっており、前年度同期が93.1でしたので、3.1ポイントの減となっております。


 内容に入りますが、目の支出済額の前年度との比較、また、備考覧での増減の大きかったもの、また、新しいもの中心に説明いたします。他の特別会計おいても同様にいたしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


 それでは、1款1項1目議会費、支出済額7,749万4,792円、前年度比1,048万5,171円の減、備考欄、00一般経費1,651万8,622円は118万7,989円の減、職員の人件費の減が主なもの。下段、10議会運営費6,029万2,940円は858万7,379円の減、議員定数2人削減によるもの。


 次のページをお願いします。備考欄、20議事録発行事業68万3,230円は70万9,808円の減、議会だより休止に伴う減であります。


 2款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費は支出済額2億5,752万4,285円、前年度比3,057万9,875円の減、備考欄、10一般経費2億5,612万9,985円は2,940万9,628円の減、人件費、消耗品費、諸負担金の減が主なもの。次のページをお願いします。中段下、13−18職員採用試験業務委託料21万7,350円と14−71人事給与システム機器等借上料17万2,776円は新規のもの。


 20職員福利厚生事業の19−41職員厚生事業助成金66万2,450円は79万2,497円の減、JTB会員制クラブ加入から職員とその配偶者にインフルエンザ予防接種の助成にかえたための減。


 2目文書広報費、支出済額380万9,721円、前年度比332万8,033円の減、前年度ありました自治会連合会備品購入事業の減が主なもの。


 備考欄、10広報事業210万1,692円は47万9,373円の減、30自治会助成事業19−41自治会連合会補助金170万2,000円は34万8,000円の減。


 3目会計管理費は支出済額199万4,335円、前年度比104万5,820円の減。これは会計課で一括管理している消耗品に国勢調査の委託料を会計課の消耗品購入に充てたための減となっております。


 次のページをお願いします。


 4目財産管理費は支出済額2,944万2,393円、前年度比8,441万4,454円の減。前年度ありましたケープ真鶴、お林展望公園の建物購入の減が主なもの。


 備考欄、10庁舎維持管理経費941万3,872円は402万5,396円の減、11−61修繕料52万9,323円は241万3,984円の減、13−31清掃業務委託料226万8,984円は122万1,440円の減、これは週5日の清掃を3日に削減したものでございます。


 次のページをお願いします。80都市開発基金積立事業1,011万695円は、23−01土地開発基金繰替運用元金1,000万円は上水道事業に、25−01土地開発基金繰替運用利子11万695円は上水道事業、国保施設会計のものとなっております。


 85町有土地貸付事業345万7,913円は337万2,913円の増、23−01高圧鉄塔線下補償料(東日本旅客鉄道)還付金118万1,686円と23−02町有土地貸地料還付金225万1,227円が増。


 90公有財産維持管理事業255万8,187円は70万1,437円の減、13−12風倒木処理等委託料58万4,900円は92万4,950円の減、13−15公共施設塗装調査委託料21万4,200円は新規、22−01公有財産に係る補償金130万4,100円、新規で、半島山の神祠建替による補償金で、5目企画費は支出済額9,903万1,096円、前年度比1,750万3,820円の減となっております。


 次のページをお願いします。備考欄、10の総合計画事業、13−11総合計画基本計画改訂作業等委託料606万9,000円は新規で、株式会社都市計画センターに委託したもので、基本計画書400部、概要版4,000部を作成。


 下段30のOA化推進事業590万7,206円は209万6,717円の減、12−91通信運搬費125万9,918円は152万7,493円の減、LGWAN総合行政ネットワーク回線使用料の減が主なもの。次のページお願いします。13−14電子自治体共同運営センター運用等業務委託料23万6,000円と13−15電子申請届出システム運用等業務委託料9万7,000円は新規。


 40財政管理事業549万8,650円は139万7,450円の減、14−71財務会計機器借上料498万8,970円は114万7,230円の減となっております。


 6目治安対策費は支出済額106万9,459円、前年度比63万966円の減。次のページをお願いします。備考欄、20交通安全対策事業64万1,097円は41万6,792円の減。消耗品費の減で、交通関係消耗品、啓発物品等削減したもの。


 7目地区集会所費、支出済額50万4,569円、前年度比61万7,874円の減。これは前年度ありました岩地区集会所屋上防水工事が減となったもの。


 次のページをお願いします。


 8目職員研修費は支出済額12万5,920円、前年度比15万2,820円の減、他事業と共催したための減が主なもの。


 9目情報センター費は支出済額2,498万9,645円、前年度比5,191万6,779円の減、備考欄、一般経費616万6,527円は73万6,715円の増、01−41地域情報センター嘱託職員報酬は新規で222万7,610円の増、07−11臨時職員賃金315万1,610円は78万1,381円の減、前年度ありました竣工式記念品代、食糧費等が減になっております。


 20の情報センター真鶴施設管理経費929万7,408円は3,682万1,880円の減。前年度ありました外構工事監理監督業務委託料、テレビ電波障害対策業務委託料、外構工事等が減となっております。


 次のページ、お願いします。


 10目諸費は償還金利子及び割引料で、支出済額50万4,200円で、前年度比49万5,800円の減。


 2項徴税費、1目税務総務費は支出済額5,305万1,392円、前年度比549万7,493円の減、人件費の減が主なもの。


 次のページ、お願いします。


 2目賦課徴収費は支出済額1,586万8,714円、前年度比1,035万6,118円の減。電算処理業務が町民課との共同処理により経費が削減されたことが主なもの。


 次のページをお願いします。


 3項1目戸籍住民基本台帳費は支出済額2,094万9,467円、前年度比50万3,847円の減。備考欄、00一般経費1,079万4,072円は320万7,719円の減、人件費の減が主なもの。


 10戸籍住民基本台帳等経費948万659円は270万5,470円の増。次のページ、お願いします。備考欄、14−71電算システム借上料314万1,600円は162万9,600円の増、14−72窓口端末機借上料285万8,004円は164万9,160円の増、再リース、公的個人認証システムの増となっております。


 4項選挙費、1目選挙管理委員会費は支出済額60万3,596円、前年度比1万7,588円の減。


 2目選挙常時啓発推進費は支出済額3万7,000円で、前年度比7万円の減、消耗品費の減が主なもの。


 次のページ、お願いします。


 3目町議会議員一般選挙費は支出済額448万7,587円で、内容は備考欄説明のとおりです。


 4目農業委員会委員選挙費は支出済額15万7,434円で、無投票でしたので、執行残26万4,000円を補正減いたしました。


 次のページをお願いします。


 5目衆議院議員選挙費は8月に補正予算を計上し、支出済額561万3,903円で、内容は備考欄説明のとおりです。


 6目参議院議員補欠選挙費、9月に補正予算を計上し、支出済額475万8,449円で、内容は備考欄説明のとおりです。なお、前年度ありました参議院議員通常選挙費、住民投票、町長選挙費等は減となっております。


 次のページをお願いします。


 5項統計調査費、1目統計調査総務費は支出済額452万360円、前年度比352万1,315円の増、国勢調査による調査員報酬等が主な増となっております。


 6項1目監査委員費は支出済額39万3,220円、前年度比8,180円の減。


 次のページをお願いします。


 3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費は支出済額3億6,882万1,784円、前年度比750万8,518円の増、備考欄下段、10行旅死亡人等取扱事業116万7,188円は予備費より97万188円を充用用し、6件分の取り扱いした経費です。


 次のページをお願いします。25の社会福祉協議会関係事業2,486万円は225万1,000円の減、あとは前年と同様です。


 次のページをお願いします。40地域振興基金積立事業100万円は99万8,919円の増、国民健康保険事業特別会計事業勘定繰出金8,193万2,517円は281万3,310円の増、国民健康保険事業特別会計施設勘定繰出金は4,908万7,000円、170万5,000円の減。60老人保健医療特別会計繰出金6,531万5,000円は542万6,000円の増。65介護保険特別会計繰出金9,652万3,000円は74万2,000円の増となっております。


 2目国民年金費、支出済額763万3,645円、前年度比58万6,992円の減、人件費の減が主なもの。


 次のページをお願いします。


 3目老人福祉費は支出済額2,033万4,035円、前年度比331万178円の増、備考欄、10敬老事業399万4,238円は53万2,850円の増、08−61報償費111万1,000円は70歳以上の方に商品券1,000円が1,661人分、それから、20−01敬老祝金176万円は77歳の方に1万円、それが101人、88歳の方に2万円、36人分、99歳の方に3万円、1人分の祝金でございます。


 20老人生きがい対策事業から下の60在宅要援護老人等福祉サービス事業まで前年同様でございます。


 次のページをお願いします。中段の70老人クラブ補助事業79万円は10万円の減、80生きがい事業団補助事業495万5,000円は22万円の減、90老人保健福祉計画事業388万9,405円は新規で、計画書100部を作成したもの。


 次のページをお願いします。


 4目心身障害者福祉費は支出済額1億1,040万6,048円、前年度比1,223万193円の増、備考欄、20重度障害者医療費助成事業1,901万7,677円は139万241円の増。60福祉団体支援事業の716万2,435円は526万2,160円の増、19−41障害者地域作業所補助金621万円が新規となっております。


 次のページをお願いします。80障害児者支援費制度事業の20−01障害児者支援費制度事業費補助金7,188万8,236円は473万7,599円の増、これは施設訓練等支援費、居宅生活支援費に係るもの。


 次のページをお願いします。


 5目老人福祉施設費は支出済額699万3,062円、前年度比79万3,602円の減、主なものは前年度ありました老人福祉センター費の備品購入が減となっております。


 6目老人保健医療対策費は支出済額231万1,432円、前年度比5万3,013円の減で、内容は前年と同様です。


 次のページをお願いします。


 7目老人デイサービスセンター費、支出済額452万794円、前年度比22万203円の増、備考欄、11−21燃料費55万8,475円は9万4,022円の増、11−51光熱水費192万3,200円は22万2,880円の増が主なもの。あとは前年と同様です。


 次のページをお願いします。


 2項児童福祉費、1目児童福祉総務費は支出済額715万5,209円、前年度比158万7,490円の減、前年度ありました次世代育成支援行動計画策定事業が主な減。備考欄、20ひとり親家庭等医療費助成事業の20−01医療費は617万2,581円、39万6,104円の増となっております。


 2目児童福祉施設費は支出済額14万9,440円、前年度比525万7,924円の減、前年度ありましたまな小下の広場整備工事の減が主なものとなっております。


 次のページをお願いします。


 3目児童措置費は支出済額1億8,393万1,886円、前年度比1,533万8,962円の増、備考欄、10保育所運営費助成事業の20−01保育所運営費1億2,428万3,160円は1,150万2,280円の増。20民間保育所運営費等補助事業の19−41民間保育所運営費補助金2,932万9,459円は253万7,317円の増、いずれも入所児童の増によるもの。30児童手当支給事業2,994万2,100円は158万383円の増となっております。


 4目小児福祉費は支出済額447万4,335円、前年度比11万9,522円の増。


 次のページをお願いします。


 4款衛生費、1項保健衛生費、1目保健衛生総務費は支出済額3,345万5,899円、前年度比548万2,289円の減、備考欄、00一般経費2,786万5,108円は591万6,430円の減、人件費の減が主なもの。


 次のページをお願いします。中段下、10緊急医療事業19−12広域二次病院群輪番制運営費負担金213万2,766円は48万5,766円の増、国庫補助がなくなり、2市8町それぞれ負担金が増額となっております。


 2目保健センター費は支出済額686万5,911円、前年度比37万2,674円の減。次のページをお願いします。備考欄、10施設管理事業の11−61修繕料3万6,666円は19万8,009円の減、13−31清掃業務委託料56万9,619円は8万9,683円の減、以下前年同様となっております。


 次のページをお願いします。


 3目予防費は支出済額2,384万42円、前年度比460万6,798円の減、備考欄、05予防接種事業617万9,563円は94万8,904円の減、日本脳炎予防接種の勧奨がなくなったためのものです。


 次のページ、お願いします。備考欄中段、25の健康診査事業13−11健康診査委託料1,105万6,658円は279万1,577円の減、住民健診、老人健診等の委託料でございます。なお、住民健診につきましては17年度から自己負担金500円を徴収しております。


 次のページ、お願いします。


 4目火葬場費は支出済額1,635万6,560円、前年度比135万819円の減、備考欄、10火葬場事業の11−61修繕料61万5,850円は148万1,420円の減。なお、修繕は火葬炉台車耐火材取替工事ほか3件となっております。次のページをお願いします。13−31清掃業務委託料64万5,568円は10万1,457円の減、15−02町営墓地水道設備工事21万円が新規となっております。


 5目公害対策事業費は支出済額7万4,487円、前年度比1万9,786円の増、19−12西さがみ連邦共和国地球ファミリー環境議会負担金6万4,227円は1万9,426円の増となっております。


 6目畜犬登録費は支出済額30万2,873円、前年度比6万4,704円の減、前年度ありました動物フェスティバル神奈川負担金が減となっております。


 次のページをお願いします。


 2項清掃費、1目清掃総務費は支出済額2,510万5,745円、前年度比5万7,095円の増、内容は前年と同様です。


 2目塵芥処理費、支出済額1億6,975万3,697円、前年度比1,715万9,599円の減。次のページ、お願いします。備考欄、19−11湯河原町真鶴町衛生組合負担金1億1,917万1,786円は1,595万6,435円の減となっております。


 3目し尿処理費、支出済額6,204万1,029円は前年度比399万1,756円の減、備考欄中段、13−14し尿運搬委託料1,849万7,650円は380万6,555円の減、19−41合併処理浄化槽設置費助成金169万5,000円は10万8,000円で4件分。


 4目美化運動事業費は支出済額209万6,691円、前年度比6万3,485円の減、前年度ありました町内一斉清掃賃金が減となり、賃金から代休扱いとしたためです。


 次のページをお願いいたします。


 5款農林水産業費、1項農業費、1目農業委員会費は支出済額140万1,000円、前年度比10万9,420円の減、備考欄、10農業委員会運営経費01−22農業委員会委員報酬95万2,000円は10万4,000円の減で、委員の2人の減によるもの。


 2目農業総務費は支出済額1,015万3,717円、前年度比849万7,354円の減、人件費の減が主なもの。次のページをお願いします。備考欄、10農業振興事業92万8,740円は23万2,800円の減、19−43小田原市農業協同組合助成金39万5,000円は9万8,800円の減、また、前年度までありました町農事研究会補助金が減となっております。


 3目農地費は支出済額1,081万7,275円、前年度比799万1,200円の減、繰越明許額1,342万4,000円、備考欄、10の農道管理事業11―61修繕料28万3,500円は8万4,000円の減、大猿山農道維持管理事業ほか1件。


 20広域営農団地農道整備事業1,000万円は790万6,000円の減となっております。


 2項林業費、1目林業総務費は支出済額73万4,909円の減、前年度比20万3,625円の減。次のページをお願いします。備考欄、40町有林管理事業45万1,500円は25万2,000円の減。


 2目松くい虫被害対策費は支出済額1,936万2,589円、前年度比199万8,925円の減、備考欄、13−11松くい虫防除事業委託料1,713万4,960円は158万7,811円の減、13−12松くい虫被害木伐倒駆除事業委託料は124万4,683円は44万1,656円の減で、27本を処理しております。


 次のページをお願いします。


 3項水産業費、1目水産総務費は支出済額27万1,100円、前年度比601万2,760円の減、前年度ありました魚座特別会計への繰出金の減が主なもの。


 2目水産振興費、支出済額433万6,795円、前年度比129万7,286円の減。備考欄、19―43漁業共済掛金補助金267万545円は68万5,593円の減、前年度ありました都市漁村交流活動促進事業費補助金、町の補助金分が減となっております。


 3目漁港管理費は支出済額33万4,357円、前年度比630万3,480円の減、前年度ありました岩漁港総合整備基本計画調査業務委託料が主な減となっております。


 6款商工観光費、1項商工費、1目商工総務費は支出済額3,288万3,196円、前年度比553万2,294円の増。備考欄、00一般経費2,541万4,196円は711万3,294円の増、人件費の増が主なもの。


 次のページをお願いします。備考欄、10商工会補助事業435万円は50万円の減、20商工祭助成事業35万円は15万円の減、30商店街助成事業75万9,000円は24万1,000円の減、40石材協同組合助成事業191万円は59万円の減、50商工会商品券発行補助事業10万円は10万円の減となっております。


 2項1目観光費は支出済額4,178万152円、前年度比2,609万5,774円の減、人件費の減と前年度ありました観光案内板設置委託料、また、観光宣伝用ビデオ製作委託料の減が主なものとなっております。次のページをお願いします。備考欄下段、19−21西さがみ連邦共和国観光交流推進協議会負担金3万円は新規で、外国人向けガイドブック作成やフォーラム開催への負担金でございます。


 次のページをお願いします。備考欄、20の観光宣伝事業575万1,081円は1,012万4,860円の減、観光案内板設置委託料の減ほかリーフレット、パンフレット等作成、印刷費436万2,561円は84万5,880円の減、19−41テレビ共同宣伝事業補助金50万円は150万円の減となっております。


 2目お林展望公園費は支出済額1,873万5,567円、前年度ありました(仮称)お林駐車場費の整備事業を除いて管理事業では891万410円の増、備考欄一番下、07−11臨時職員賃金388万1,026円は108万2,022円の増、これは6人分でございます。次のページをお願いします。備考欄、11−11消耗品費462万7,809円は396万8,085円の増、売店土産物等、自販機の飲み物代、11−71賄材料費227万6,167円は192万9,027円の増、コーヒー、ケーキ等の軽食代、13−12見晴らし広場花壇植栽委託料97万6,500円と14−61レジスター借上料11万3,400円は新規となっております。


 7款土木費、1項土木管理費、1目土木総務費は支出済額6,812万4,921円、前年度比1,195万4,918円の減、人件費の減が主なものとなっております。次のページをお願いします。備考欄、19―21湯河原町水路改修費負担金19万3,477円は112万8,670円の減、19−41みなとまちづくり補助金2万円は新規で、前年度ありました真鶴町私道整備費補助金が減となっております。50急傾斜地崩壊対策事業は1,217万8,410円、391万1,230円の減となっております。


 2項道路橋梁費、1目道路新設改良費は支出済額1,034万2,500円、前年度比1,031万6,565円の増、これは町営住宅関連で1号線道路改修工事でございます。


 次のページをお願いします。


 2目道路維持費は支出済額2,218万6,710円、前年度比4,630万9,960円の減。備考欄、10の道路維持管理事業13―11測量等調査業務委託料118万2,500円は815万2,000円の減、道路維持補修事業15−01道路維持補修工事1,260万円は3,646万6,500円の減、16−01道路補修用資材94万1,950円は55万8,099円の増、これは町職員直営工事が増えたための増でございます。


 3目道路照明費、支出済額438万7,758円、前年度比9,580円の減、前年と同様ですが、修繕は27カ所、新設10カ所、町内全部で1,444カ所となっております。


 4目交通安全施設費は支出済額112万2,450円、前年度比102万9,000円の減、転落防止柵設置やカーブミラー設置などを行っております。


 次のページをお願いします。


 3項港湾費、1目港湾管理費は支出済額366万3,507円、前年度比61万9,244円の減、人件費の減が主なもの。あとは前年と同様となっております。


 4項都市計画費、1目都市計画総務費は支出済額1億5,197万4,407円、前年度比3,813万5,589円の減、下水道事業特別会計繰出金の減が主なもの。


 次のページをお願いします。備考欄、10都市計画事業の01−31都市計画審議会委員報酬51万2,000円は43万2,000円の増、まちづくり審議会と統合したための増、13−17景観計画策定及びまちづくり条例改正業務委託料451万5,000円は新規で、200部を作成しております。また、前年度ありました特定用途制限地域指定業務委託料が減となっております。


 20まちづくり推進事業7万4,030円は79万9,970円の減、先ほどのまちづくり審議会委員報酬などの減が主なもの。


 次のページをお願いします。


 2目荒井城址公園費、支出済額381万7,373円、前年度比167万79円の減、前年度ありました遊器具解体工事、屋外時計購入費などが減となっております。備考欄、13−18スズメバチ駆除委託料1万9,425円が新規となっております。


 5項住宅費、1目住宅管理費は支出済額48万5,871円、前年度比287万9,977円の減、前年度ありました銭神引揚者住宅解体工事が主な減となっております。次のページお願いします。備考欄一番上、13−21昇降機設備保守管理業務委託料12万6,000円は新規。


 2目住宅建設費は支出済額4億8,444万5,830円、前年度比2億331万1,110円の増。備考欄、15−02住宅建設工事は4億7,264万6,724円は2億245万5,924円の減、2棟27戸の建設工事で、株式会社熊谷組横浜支店が行ったものです。22−01移転補償料300万円は1件15万円で20件分のもの。


 8款1項消防費、1目常備消防費は支出済額1億7,689万2,405円、前年度比1,727万765円の増。これにつきましては資料の20ページをごらんください。


 2目非常備消防費は支出済額2,327万6,400円、前年度比37万6,261円の増、備考欄、10消防団運営費1,386万8,924円は156万3,869円の増。次のページをお願いします。中段の08―41消防団員退職報償金438万1,000円は232万4,000円の増で、9人分でございます。あとは前年と同様です。


 次のページお願いします。


 3目消防施設費は支出済額145万507円、前年度比16万3,663円の増、備考欄13−12消防施設アスベスト調査委託料22万6,800円は新規で、成分調査の結果、問題なしと出ました。19−11消火栓設備工事費負担金39万9,000円は新規で、情報センター横の道路に設置したもの。


 4目災害対策費は支出済額1,484万6,032円、前年度比103万5,244円の減。


 次のページをお願いします。備考欄、20防災備蓄事業13−31食糧費112万2,450円は24万6,330円の増、18―11防災備蓄用備品購入費260万4,000円は42万円の増。内容につきましては資料20ページをごらんください。


 40防災行政無線維持整備事業149万1,000円は930万9,300円の減、前年度ありました町防災行政無線固定系子局更新等工事が減額となっております。


 50災害対策経費の19−41真鶴救難所補助金796万6,000円は791万6,000円の増、これは水難救助船建造費補助金であります。


○(議長)  この際、暫時休憩をいたします。


           (休憩 午前10時48分)


           (再開 午前11時16分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(会計課長)  157ページをお開きください。


 9款教育費、1項教育総務費、1目教育委員会費は支出済額109万2,963円、前年度比9万2,189円の減、交際費の減が主なものとなっております。


 次のページをお願いします。


 2目事務局費は支出済額7,943万3,790円、前年度比301万121円の増、これは人件費の増が主なものとなっております。161ページをお開きください。備考欄中段9行目の14−51旧岩小学校跡地借地料120万円は、前年度の岩小学校費から移行したもので、20年3月までの契約となっております。163ページをお願いします。備考欄、19−41小学校バス利用助成事業補助金51万400円は新規で、民間バス利用者への助成事業となっております。あとは前年同様でございます。


 3目教育振興費は支出済額1,116万4,324円、前年度比2,162万6,067円の減。前年度ありました公立小学校統合化推進事業の減が主なものとなっております。次のページ、お願いします。備考欄中段、55の教職員情報研修事業の14−71情報教育システム借上料146万3,172円は新規で、パソコン25台分の借上料でございます。


 2項小学校費は小学校統合により、前年度ありました真鶴小学校と岩小学校費が小学校費になったもので、1目学校管理費は支出済額4,763万5,331円。


 次のページをお願いします。中段、備考欄の10学校施設管理運営費の11−61修繕料262万7,359円はインターホン設置、校名変更ほか25件分でございます。次のページ、お願いします。


 下段、備考欄の20備品購入事業、18−11学校運営用備品308万1,603円は来客用下駄箱、校旗購入など7件分でございます。


 次のページ、お願いします。備考欄、60学校施設改修事業の15−04小学校給食設備整備工事943万50円の内容は、給食用厨房機器移設設置工事、給水給湯、配水、電気の接続、間仕切り壁、排水溝設置、食器棚の設置、電機機械設備工事等を行っております。


 2目教育振興費は支出済額111万4,000円で、備考欄、19−47学力向上実践研究事業補助金6万円が新規となっております。


 3目給食費は支出済額944万2,631円で、備考欄、10給食事業の07−11臨時職員賃金517万2,570円は7人の登録で5人制で行っております。


 次のページ、お願いします。


 3項中学校費、1目学校管理費は支出済額2,420万3,800円、前年度比861万2,525円の減、前年度ありましたトイレ改修工事が主な減となっており、備考欄、10学校施設管理運営費の11−61修繕料375万4,975円の内容は、老朽化した非常用放送設備の修繕、またテニスコート改修等28件でございます。175ページをお願いします。備考欄中段下、20の備品購入事業の18−11学校運営用備品112万3,566円は45万9,898円の増、体育器具、机などを購入しております。


 次のページ、お願いします。


 2目教育振興費は支出済額141万円、前年度比4万円の減、備考欄、19−48学力向上実践研究事業補助金6万円が新規となっております。


 4項1目幼稚園費は支出済額2,737万5,098円、前年度比49万993円の減、これは人件費の減が主なものとなっております。あとは前年同様です。


 2ページ飛んでいただいて、181ページ、お願いします。備考欄、30のマイクロバス管理経費の11−21燃料費30万5,420円は25万1,145円の増。ディーゼルからガソリンに、また、小学校のスクールバスと併用したための増となっております。


 2目幼稚園振興費は支出済額7万円、前年と同額です。


 5項社会教育費、1目社会教育総務費は支出済額1,113万354円、前年度比179万1,145円の減、各種委員報酬、各種団体補助金、また学級講座等の講師謝礼などの減が主なもので、あとは前年と同様ですので、2ページを飛んで185ページをお願いいたします。


 2目公民館費は支出済額378万4,115円、前年度比827万9,219円の減、人件費が8目の図書館費に移行したものが主な減となっております。次のページをお願いします。備考欄、20の公民館事業の08−11公民館教室講師謝礼47万円は43万6,200円の減、パソコン教室が情報センター費に移行したもので、11−11消耗品費14万2,099円は15万7,380円の減、新聞10紙をとっていましたが、5紙に減らしたものが主な減となっております。


 3目文化財保護費、支出済額254万9,781円、前年度比36万4,022円の減、前年度ありました真鶴の文化財石材業編の増刷が減、備考欄、19−71貴船まつり保存管理奨励交付金は10万円を減額して200万円を交付いたしました。


 4目町民センター費は支出済額1,492万8,201円、前年度比503万3,229円の減、前年度ありましたトイレ改修工事、非常階段塗装工事の減が主なものとなっております。次のページをお願いします。備考欄の下段、13−31清掃業務委託料147万6,695円は214万234円の減、週6回から3回に減らしたもの。また、前年度ありました植木借上料も減となっております。


 次のページをお願いします。


 5目民俗資料館運営費は支出済額174万2,392円、前年度比5万5,599円の減、前年度ありました放送受信料が減となっております。


 6目美術館費は支出済額4,573万2,449円、前年度比1,201万9,013円の減、前年度ありましたアトリエ移築事業、薫蒸庫内装修繕などが減となっております。


 次のページお願いします。備考欄、11−41印刷製本費121万6,992円は62万8,992円の増で、常設用しおり、リーフレットを増刷しております。


 下段、10中川一政美術館施設管理運営費の11―61修繕料191万5,825円は372万6,485円の減で、浄化槽、加湿器の修繕など5件を行っております。


 次のページをお願いします。中段、備考欄、特別展事業、11−41印刷製本費102万6,896円は163万263円の減で、美術館だより、リーフレットなど5件を印刷しております。13−13借用作品搬送及び展示作業委託料68万1,600円は289万2,650円の減、13−16スタンド等作製委託料30万7,650円は新規で、ネクタイ立て、額装などを作製しております。


 7目コミュニティ真鶴運営費は支出済額330万6,072円、前年度比39万7,600円の増、浄化槽を修繕しており、あとは前年と同様でございます。


 8目図書館費は支出済額1,930万9,203円、前年度比2,331万6,798円の減、前年度ありました図書館備品購入費、免震書架、家具等が主な減となっており、備考欄、00一般経費1,929万8,846円は530万8,854円の増、人件費と、次のページの一番上をごらんください。13−11図書館システム保守委託料が増となっております。


 備考欄、30の教育施設整備基金積立事業1万357円は新規でございます。


 6項保健体育費、1目保健体育総務費は支出済額663万7,197円、前年度比19万9,157円の減、社会体育関係補助事業と町民トレーニングセンター管理運営事業の減が主なものとなっております。


 201ページ、お願いします。備考欄一番下、70町民運動会事業23万5,945円は16万5,152円の減、平成16年度中止になった賞品を利用したための減で、800人の参加がありました。


 次のページをお願いします。80岩地区体育施設管理運営事業248万395円は新規で、岩ふれあい館の管理経費を執行したもので、08−11清掃協力者謝礼3万円は3人の方に。40学校開放事業58万3,433円は58万351円の減、前年度ありました夜間照明電球交換工事が減となっております。


 2目体育館運営費は支出済額763万9,147円、前年度比65万3,678円の減、清掃員賃金31万8,645円は日数の減により32万9,595円の減、また、前年度ありました備品購入費が減となっております。


 次のページをお願いします。


 10款1項公債費、1目元金は1億4,704万3,615円、前年度比2億154万5,267円の減。


 2目利子は4,562万3,338円、前年度比373万6,895円の増。


 次のページをお願いします。


 11款災害復旧費は支出ございません。


 次のページをお願いします。


 12款1項1目予備費は208万9,243円を充用いたしました。内容は備考欄説明のとおりでございます。


 次のページをお願いします。


 以上、歳出合計は支出済額が32億8,375万1,274円でございます。


 なお、調書等につきましては、次ページ以降に記載してありますのでごらんください。


 雑駁ですが、一般会計の説明を終わらせていただきます。ご承認くださいますようよろしくお願いいたします。


○(議長)  この際、暫時休憩いたします。


           (休憩 午前11時33分)


           (再開 午後 1時33分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○6番議員(奥津光隆)  せっかくの機会ですから、歳入について1点と歳出については2点伺いたいと思います。


 まず、歳入についてですが、16ページ、本町の最も大事な自主財源である町税が、下にそれぞれ町民税から始まって法人、固定資産税等の内訳はそれぞれ見させていただきましが、トータルの上で言うと、不納欠損処分が1億5,400万、それから、収入未済額が9,900万、約2億5,000万近い不納分があるんですけれども、相当税務課としては努力していることはわかりますが、これは出納閉鎖後ですよね、決算ですから。までの数字だろうと思いますが、新しくというか、これからどう新しい財源を掘り出していこうかというようなことも、今、活性化対策特別委員会等でも協議になっておりますけれども、何よりもまずこの辺の滞納分、あるいは未納分をできるだけなくす工夫が必要だと思うんです。もちろん督促状等はちゃんと出しておるんです。それだけで、例えば直接訪問を、特別これというようなところは、場合によっては課長みずから、あるいは役所の職員、あるいは別の方を使ってでも整理する必要があるんじゃないかと。この件について、内容的なことは、いろいろ多岐にわたっていますから、細かいことは必要はありませんが、一番の、何というか、理由、特に不納欠損ということ、これはやっぱりできるだけなくさないといけませんし、収入未済額についても、今後、どの程度入る予定が持てるのかどうかというよなことを、まず、1点お伺いします。


 それから、歳出についてですが、110ページにあります19−19地域医療連携推進事業負担金ということでなっております。今、医師不足だとか、あるいは偏りによって、大変、どこの地域もそうでしょうが、いろいろと医師をどうお互いに連携し合ったらいいかということは、既にやられていることだと思いますが、できたら、これの具体的な組織の状態だとか、構成メンバーだとか、それから、どういう連携作業をやっているのか、ということは、今後、私どもの診療所にも新しい方も見えてくださるにしても、こういう連携プレーというか、これはもう絶対必要だと思うので、積極的にこれはやはり政策としてもお互いに連携し合う中で進めるべきだと思います。働いていただく医師のためにも、その辺のことをどういうふうな形になっているのか、ぜひひとつ、その辺の内容的なことを、この際、伺いたいと思います。


 それから、歳出の第2点は、128ページにあります19−43です。最後の小田原市農業協同組合助成金ということで39万5,000円出ております。これは前々から出ていることで、いまさら何だということになるかもしれませんが、ちょっと一つ、最近の状況の中では、7月6日に駅前の方へ例の駅前支店が移りました。そのまま、あの状態の、何というか、廃屋のような格好でなっていますね。これはもちろん本来的には農協自身が考えてやるべきことですが、こういうふうな助成金も出している以上は、1日も早くあそこをやはり大きなメイン通りの大変大事な一画でございますので、何か一つ工夫して、町の活性化というか、賑わいのために何か役立つような方法はないのかどうか。これはやつぱり町としても、少し働きかけてもいいんではないかと、こういうふうに思いますが、その辺について伺いたいと思います。


 いずれにしましても、歳出については、これからまずは現状の中で、いかに歳入を図るかということで、それから、歳出についても、できるだけ助成金、補助金を減らしていくほかに、ちょっとこれから歳出を削る方法はないと思うんですが、その辺についての考え方を伺いたいと思います。


 以上です。


○(税務課長)  お答えをいたします。不納欠損でございますが、1億5,400万ほどさせていただきました。このうち、ずっと問題となっておりました特別土地保有税、これが1億3,200万ほどございます。事由につきましては、法人でございますけれども、皆様ご存じのことと思いますが、この法人でございますが、もう既に法人の体をなしておりません。世田谷に所有しておりましたスポーツ施設も売却して無財産であります。したがいまして、東京都にも約26億以上の滞納、不納があるということでございます。これによりまして、町としても、無財産になったということで、即時消滅ということで不納欠損をさせていただいたところでございます。


 不納欠損につきましては、事由でございますが、5年の時効が完成するとか、滞納処分の停止後3年を経過し、債権が消滅したものについて処理したものでございますけれども、単に時効により不納欠損にするということは、税負担の公平性の観点からも問題がございますので、適宜差押え処分などの滞納整理を行いまして、債権の確保を図ってまいりたいと思っております。


 あとは徴収でございますけれども、徴収率の低下ということでございますが、先ほどの特別土地保有税、これが問題となりました平成4年度から問題となっておるんですけれども、それでもこのころは90%を超えておりました。このあと、特別土地保有税の調定額がどんどん増えていきましたので、平成5年度から90%を割り込みまして、11年度には80%も割り込むということとなりました。平成17年度の最終徴収率は80.28%で、前年比で2.07%の増となりまして、平成3年度から平成15年度の若干の微増を除きましては、ずっと下がっていたものを、16、17年度と2カ年続けてアップさせております。しかしながら、とっても胸を張っていばれる数字ではないことは、理解もし、反省もしているところであります。


 17年度からの取り組みとしまして、自主納付につきましては、昼間、金融機関の窓口で納付ができない方のために、役場窓口におきまして平日は午後7時まで、休日においては9時から5時まで納付ができる体制をとっております。また、現在、発行しております納税通知書で郵便局で納付をしていただく場合には、関東と山梨県の郵便局でしかできないため、他県で町指定の金融機関がない場合にどうしても納付ができないという方のために、新たに郵便局に町の口座を設けまして、専用の振込用紙を使っていただくことになりますが、全国どこの郵便局でも納付ができるようにいたしております。


 いずれにしましても、徴収、収納に携わる課にとりましては、厳しい状況であることは確かでございますので、助役をトップとします徴収対策会議的なもので横の連絡を密にしまして、納税者の不公平感を招かないように厳しく当たりたいと思っております。


 以上でございます。


○(介護健康課長)  地域医療連携推進事業のご質問でございますけれども、特段、私どもは組織をつくってということは承知しておりません。1市3町管内で医療に係りますところの情報を提供し合うということで、人口割、均等割で、小田原医師会の方へ負担金を支出しているということでございます。


○(町長)  小田原市の農業協同組合の助成金と申しますのは、農協が何をするということよりも農業生産者、組合員の方々に利便を図るための助成金、例えば、農薬の散布事業とか、あとは野猿対策に対するもの、猿防除のための手だてをする。そういったものに対して農協が半分、助成をする以上の金額を負担しながら、町とともにそういった対策事業をやっている。こういったための助成金額であります。


 ですから、大道にあります農協については、私も組合長とか、新しく今度、神奈川西相、決まりましたけれども、役員の方々には、あそこをぜひとも、人の集まるような場面にしていただきたいということは申し上げておりますので、一度、ジョークかもしれませんけれども、町で買ってくれないかという話もありましたけれども、町は今、そういう状況にはございません。それらについては、農協さんの方で十分検討していただきたいという申し入れもさせていただいていますので、ご理解をいただきたいと思います。


○6番議員(奥津光隆)  特に特別土地保有税というのが金額等があって、また、こういう金額が出ちゃったのかなというようなことはよく理解できました。今、言った滞納処分を適宜適切にやっていくと、今後もやっていくという、あるいは徴収対策室的なもので、助役を中心に全庁挙げての収納を図るという決意を伺いました。本当に大変でしょうけれども、ぜひ、頑張っていただきたい、これは要望しておきます。


 第2点のさっき情報提供のみと、地域医療連携推進。これはわずか78万8,000円、人口割で出している1市3町の連絡かもしれない。しかし、これは考え方によりますと、小田原市中心にああいう市民病院等もありますし、医師の状態はどうなっているかというようなこと。それは例えば、医師がここではこういう急遽必要で、学会へ出ちゃうから、こちらからに回してくれとか、あちらから、例えば今度、来る先生は病理研究の面では相当な方のようです。そういう面で、例えば病理研究の結果を地域の医療の中に生かすとかというような、もっともっときめ細かな一体的に活動できるような事業でなくてはならないと思うんです。ぜひ、その辺の情報提供だけできなくて、そういうふうな、これは医師会のもちろん大きな壁もあるわけでしょうけれども、そういうところを行政としても積極的に説得する中で、ぜひ、積極的にこういうものを生かしておいていただきたいと思うんです。行く行くは、例えば地域医療の中でも在宅医療というか、あるいは訪問看護をどうするかと、訪問医療をどうするかというようなことも、もう緊急の課題だと思いますので、その辺を政策的にひとつ強力に推し進めていただきたいなと思うんですけれども、いかがでございましょうか。


○(町長)  ただいまのご質問というか、要望的な意見、こういったものについては、私ども、何も考えていないわけじゃないんです。私は、国保の役員もやっていまして、県の国保連合会の役員をやっていまして、その中の施設部会の会長もやらせていただいていまして、その中で、各公共団体、要するに市立病院、市民病院、町の診療所、こういった方々の医師、首長さんが集まる会議の中で会長をやらせてもらっていますけれども、その中で私が一番意見を申し上げるわけです。連携できるような医療体制、各市町村同じような悩みを持っている中で、医師はどうしても週5日制の中で働いている。さらに大きな病院であっても、300人、400人、医師を確保していても、大学病院との連携を持たなければ医療チームが回っていかないと。ところが同じ悩みを持っている市町村同士の中でも、そういった形の連携がとれませんでしょうか、ぜひやっていただきたいというお話は私はさせてもらっています。それについては、この近辺の医療界の先生方は、ぜひとも真鶴町長さんの発言した内容については協力させていただくというような言葉もいただいていますので、真鶴町に、もし重症な患者さんがいるような場面が起きたときには、そういうものを活用して、ぜひとも私の方からも町民のために命を助けてあげたいという役割を果たしてまいりたいと思っております。


 それと、今、お話がありました、私どもが何も考えていないんじゃなくて、そういったことも含めて、今後の中でもある場面を活用しながら、体制づくりも考えてまいりたいと思いますので、ご理解をください。よろしくお願いします。


○5番議員(黒岩宏次)  まず、小学校、中学校の長期の欠席者、病気だとか、あるいは不登校なんかあると思うんですけれども、それが今、真鶴では、どういうような状況になっているのか。私、聞くところによりますと、箱根なんかも34人、1,004人ですか、湯河原で30人で、真鶴町も9人という、平成4年、ありますけれども、病気と、それから不登校というようなことで、原因や、それに対する援助、それから、今後、こういうことをどういうふうに考えていくか、伺いたいと思います。


 それから、2点目ですけれども、これはページ数で言いますと132ページの水産振興費の19−47都市漁村交流活動促進事業費援助金というのが150万組まれておりまして、これ16年度は町が単独でこれに50万円プラスして200万円の予算が執行されていますけれども、今年度150万ということですけれども、これはどのような内容で、その成果はどういうふうにあらわれているのか説明をいただきたいと思います。


 それから、もう一つは、16年度に岩漁港の総合整備基本計画調査業務委託料というのが625万支出されております。この岩漁港の総合整備基本計画というのは、私はまだ実際に見ていないわけですけれども、どういうような事業の内容、地元の漁業組合とか、あるいは関係する業界、住民との協議はどういうふうに進んでいるのか。この事業そのものは総合計画の後期の計画によりますと、18年度からスタートするということになっておりますけれども、その内容については、こういう場所ですから、かいつまんで報告いただきたいと思いますし、この真鶴港については、地域再生計画という事業の中で進んでいるように、目に見えて進んでいますけれども、岩漁港についてはさっぱりわかりませんので、説明をできる範囲でひとつお願いをしたいと思います。


 特にこの辺は大事なのは、総合計画の中で、獲る漁業から育てる漁業に転換を漁場を改良して進めるというような、こういう今、計画がありますけれども、こういう内容がこの中に組まれているのかどうか伺いたいと思います。


 それから最後に、124ページですけれども、これについては資料も出ていないようなので、資料もぜひ提出してほしいと思うんですけれども、塵芥処理費の中で19−11で湯河原町真鶴町衛生組合の負担金1億1,900万余の負担金が支出されているわけですけれども、この事業そのものを議会で審議する上で大事なのは、この負担金がどういうふうに支出されているのか、内容について資料を、大きな金額ですし、当然、細かい内容があると思いますので、ぜひ、資料を提出してほしいと思います。


 特に、今、ちまたの話題になっている、また、衛生組合の中でも問題になっているようですけれども、廃木材処理の手数料がかなり滞納が何年も続いていて、大きくその内容を変えていないというようなことが大きな事態になっているようですけれども、それも衛生組合の中でやることですけれども、しかし、真鶴町でこれだけの金額の負担をしていますので、決算の中で非常に大事だと思いますので、ぜひ、説明をできる範囲で説明をしていただきたいと思います。


 以上です。


○(教育総務課長)  まず、教育関係のご質問に対してお答えさせていただきます。長期欠席者の方の関係ですが、年間30日休むということになると不登校関係に扱われるわけなんですが、今現在、真鶴町の小中学校では不登校と名のつく児童生徒はおりません。


 引きこもり、不登校傾向気味な子どもは、小学校で18年の1月あたりですと、3名で、中学校で3名というところの部分が把握されております。


 この子たちの対応、相談体制でございますけれども、この18年度の当初予算でもお認めいただいたひなづる幼稚園に教育支援センターを設置して、中学校の常勤の教員を配置しております。ここのところでも随時受けることもできますし、また、訪問していただくことも可能となっております。


 さらに、従前から不登校訪問相談員という形で1名の養護教諭のOBの方ですけれども、これも町で認めていただいて、配置して、それぞれ家庭訪問、町民センターでの教育事業という形で対応しております。


 また、心の教室相談員という形で今までやってきたんですけれども、今回、指導員という形で、うちの教育委員会の事務所の中に、学校の校長でございますけれども、2名の方がそれぞれ1日おきぐらいにこちらに出勤され、先ほどの相談員ともどもその子たちの相談に当たっていくという形で取り組んでおります。


 ですから、箱根、湯河原、いろいろ事情はあるでしょうけれども、私どもはせっかくいろいろお金をつけていただいて、いろいろな事業に対しても充実していると思っております。確かに不登校関係で先生を配置しておりますけれども、ゼロということは、本当にそれは喜ばしいことであって、配置したらといって不登校が増えても困るわけなんで、これからも財政の中で厳しいとは思いますけれども、できる限り町長にもその辺の事情を打ち明けて、不登校ゼロ、また小学校、中学校でいろいろな問題が起きないような形では取り組んでいきたいというふうに考えております。


○(産業観光課長)  2点目の都市漁村交流活動促進事業費補助金の150万の内容でございますが、これは主に真鶴町漁協に助成する部分で、内容につきましては、4月に開催される魚まつり、これらの事業で体験の定置網等の取り組みをしております。それらの事業費に300万円の2分の1を助成するという内容でございます。


 2点目につきましては、岩漁協の総合整備基本計画調査委託ですか、これが前年16年度につくりまして、17年度以降というような何かということだと思いますけれども、一応、予算対応としては18年度で、これらの岩漁港の再整備につきましての基本調査費を300万円だと思います、予算をつけさせていただいて、19年度以降、事業実施していくというようなことを考えております。


 以上でございます。


○(環境防災課長)  衛生組合の関係でございますけれども、資料につきましては、決算資料ということで負担金の精算書がここについておりますので、これをごらんいただきたいと思います。


 滞納云々という話に関しましては、衛生組合というものは別にございますので、私の方は細かい説明をするようなこと、全部承知しているわけではございません。そちらで聞いていただきたいと思います。


○5番議員(黒岩宏次)  1点目は、今の答弁で内容はわかりました。


 2点目についての岩の関係なんですけども、625万、そして、さらに300万ということ、相当なお金をつぎ込んでいるようなんですけれども、どういうところまで計画そのものが進んでいっているのか。総合計画、後期の18年度というのはスタートは、じゃあ無理ですね。19年度からという、今、答弁だとすると。内容的にどういう整備、これだけお金をかけて整備をしようとしているのか、基本的なことだけでも本会議の中で説明し、委託して内容が具体的に案なり、あるいはまとまったものがあるんでしたら、そういうものを機会をつくって説明をいただきたいと思いますけれども、その辺の関係で再度質問をいたします。


 それから、衛生組合の関係では、細かい内容をここで説明してくれというんじゃなくて、もう全協が開かれているので、それで大変なやっぱり問題がその中で明らかになっているわけで、全協の中で説明されている内容ぐらいはやはり、これだけのお金湯河原に負担をしていて決算をするわけですから、その内容についてやはり真鶴議会の中で、これに関係した形で、衛生組合の負担金に関係した形で話せる範囲の内容は、ぜひここで報告をしていただきたい。向こうの方で、衛生組合として、また、湯河原関係で改善すべき内容、これはここでとやかく言うことはないんですけれども、その話せる範囲の経過をお願いしたいということです。


○(町長)  地域再生計画は真鶴港だけを整備するんではなくて、岩漁港を整備することが地域再生計画なんです。真鶴港だけの港湾ならただ単なる港湾整備事業でいいわけですよ。これは国と県がお金を出して、地域の人たちの意見を聞いて整備すれば済むはずなんです。地域再生計画というのは、そこの港の整備から関連する、例えばあと一つの漁港だとか町が管理するもの、町道だとか、こういったことを整備することが地域再生計画の部分。ここの用語の意味がわからなければ、その先はすべてがわかりません。そういった形から真鶴の整備をしつつ、4分の3を国と県で見てもらうために岩の漁港を整備するんです。その整備費の調査費に設計にかかるんです、お金が。その設計を18年度でやっているわけですよ。そこにはまず組合の意見も聞きながら、この18年度ですよ、私のなってからの話ですからね、その以前のことは私は主で動いてないからわかんないだけれども、私になってからは私がやっているわけですからね、その部分では、そういう形で、今、沖の消波堤の真鶴の絡みと港の整備、真鶴港は港湾ですから、町は1円も出しませんけれども、真鶴町については。岩は町が全面的に面倒見なきゃならない。それは維持修繕は町が100%見なきゃならないんですよ。新設するならば、漁港改革とかという大きな仕事を1億からかかる仕事ならば、国も県も多少は漁港であっても整備に力をかしてくれますけれども、そうでないものは全部町が負担しなければならないというところが辛いところ。そのために地域再生計画に手を挙げたんです。そういうことで岩の整備は、まず、私は防波堤の整備ということを岩の組合ともすり合わせをさせてもらいました。こういうところに設計が、今、入っていると。ですから、テトラという声が出ています。そこに意見として真鶴石が使えないかということも私も提言もしています。ところが、そこのところは消波を、波をおろすためには、今の消波ブロックの方が効率が高い。要するに、真鶴というところは、外海なんです。だから、真鶴石が使えないんですというの。内海ならば、うんと使えますというんですよ。こういうところに難問もありますから、皆さんのご理解をいただきながら、十分な協議を進めながら、検討もやってまいりたいということで地域再生計画。


 それと、衛生組合関係の話については、全協も行われまして、これはやっぱり皆さんの中の代表の議員さんがおられるわけですから、この議員さんたちに了解をもらわないで、私どもが執行部として聞かされている話というものと皆さんの調整の部分というのは違うものですから、皆さん、同意の中でやられているわけですから、その代表者の方々の意見というものを十分聞きながら尊重しながら進めるべきだというふうに思っておりますので、そこいらについてはそちらで確認をとっていただきたいというふうにご理解願います。


○(産業観光課長)  町長の方で先ほど岩漁港の関係につきましては回答させていただきましたけも、数字的なことについてお答えさせていただきます。18年度につきましては、先ほど申しましたとおり、設計調査委託料ということで300万円、19年度につきましては防波堤の改良ということで5,000万円、20年度にやはり改良の引き続きということで2,400万円、計7,700万円の一応事業費を組んでおります。


 以上です。


○9番議員(岡ノ谷佳子)  収入に1点、歳出で2点、お伺いいたします。


 まず、収入は40ページの財産貸付でございますが、この財産貸付の中で収入未済額、この中に先ほどの説明の中で亀ヶ崎の件がちょっと私も聞き漏らしているんですが、亀ヶ崎の財産貸付についてお答えをいただきたい。


 それから、歳出の方ですが、192ページ、民俗資料館の施設管理人の賃金が76万8,360円とございますが、この仕事内容についてお伺いしたい。


 そして、その次の歳出、128ページのふれあい農園、この中で管理指導員の賃金が7万2,000円出ておりますが、この管理指導員の仕事内容、例えば、何回行われているのか、その辺についてお答えいただきたい。


 以上です。


○(管理課長)  財産の貸付収入につきまして、亀ヶ崎のお話は未収の中でお話しされたんですけれども、亀ヶ崎については、現にあります旧民宿ですか、これについては今、納まっておりますので、ただ、亀ヶ崎については、例えば前年度と比較したときに亀ヶ崎のいろいろな今まで滞納していた部分が、17年度以降はそれもありませんので、前年度に比較して大きくその部分が下がっておりますけれども、これはそういうことではなく、説明したように、石丁場の関係がたくさん集まった中での集計されたものが一部として未収として出ています。


○(生涯学習課長)  2点目の民俗資料館の管理人の仕事がどのような仕事なのかというご質問でございますが、民俗資料館、実際に勤務されている方は2人おられます。1人が岩の方、1人が真鶴の方、それが2人で交代勤務という形でお勤めしていただいております。基本的な仕事につきましては、当然、管理人ということで、あそこは貴重ないろいろな財産、絵とか掛け軸とかございますので、その辺の管理が主な目的でございますけれども、あと、日中やることといたしますと、まず、かぎを開けて、掃除から始めます。それから、あと、お客さんが来た場合、お一人の方は観光ボランティアにも加盟しておりまして、そういう造詣に深い方、もう一人の方もそれに準じるような方ということで、来館者に対して懇切丁寧にご案内、それから解説をしていただくという仕事が一番主な仕事になっております。それと、あと、従前はお客さんが来ないときなど、草取り賃金みたいな形で、別の賃金の方に頼んでおりましたけれども、その辺の草取り等の雑務につきましても、経費節減という形で日中はお客さんのいないところを見計らって、そういう草取り、あるいは水まき等々、ありとあらゆる仕事をこなしているという形で勤務しております。


 以上です。


○(産業観光課長)  ふれあい農園の関係ですけれども、委員さんにつきましては農業委員をやっている小松勝氏にお願いしております。内容につきましては、ふれあい農園、10区画あるんですけど、その方たちが来たときに農業の営農指導というんですか、この時期についてはこういう作物を植えたらいいとか、消毒についてはこういう消毒をした方がいいとか、そういう営農指導をしていただいております。また、これにつきましては、当然、民地を借りているわけですので、農園の草刈りも役場の職員、それから借りている方等々、指導員さんを交えて年に数回、周りの草刈りもやっているような状況でございます。


○9番議員(岡ノ谷佳子)  財産貸付の亀ヶ崎の件はわかりました。


 歳出の民俗資料館の管理人の賃金なんですけれども、今回、先ほどの説明ですと、草刈賃金、これが別途として計上されているわけですね。ですけれども、今、お話を伺っていると、そんなに日中忙しいというわけでもなさそうな感じがするんです。これは別途料金を払わなければできない仕事なのか。その中で要する管理人として暇なときにできない仕事なのかということをお伺いしたわけです。


 そして、今のふれあい農園の管理指導員の賃金ですけれども、これは10区画ありまして、それで、借りている方が農作物をやっていらっしゃるわけですけれども、これは来たときにという説明がありましたけれども、10区画ある中で、個々来たときに、個々に指導に当たるんですか。それとも、定期的にその方が指導をするという方なんですか。


 ちょっと細かいことであれなんですけれども、なぜこの質問をしたかというと、管理指導員がいなければ、このふれあい農園の借りている方が農作物の植え付けと言うんでしょうか、それができないのか、その辺をちょっとお伺いしているんです。


 それと、もう一つは、ふれあい農園の借上料というのが6万1,740円、ところが10区画の中で、今、貸付の中は6万円というわけですね。そうすると、ふれあい農園の中では13万3,740円、要するに、経費としては倍、貸付料よりも倍かかっているわけですね。ですから、この指導員がいなければ、ふれあい農園がやっていけないのか、その辺をちょっとお伺いしたかったのですが。


○(生涯学習課長)  草取りの関係でございますけど、17年度まではこういう形で、今回の場合、5,840円という形で8時間分、丸一日分ということでお願いしましたけれども、18年度以降は、先ほど申し上げましたように、経費の節減云々ということで、あと、駐車場の扱いもそうですが、その辺を全部見直した中でやっておりますので、この時点では夏の草がいっぱい生え茂ったとき、この辺を集中的に1日かけてやったということで、18年度以降は日常のところでお願いしているという現状でございます。


○(産業観光課長)  指導員さんがいなければできないということは、当然ないと思います。皆さん個人でお借りしてやっている農園ですので、作物等何植えようが構わないと思いますけれども、それらについては、当然、やっている方は、借りている方は本業じゃありませんので、今、言われたように植える時期の問題とか、消毒の問題、どこに聞いていいのかというような問題もあると思います。そのような形で指導員さんを配置しているというようなことだと私は思っております。


○9番議員(岡ノ谷佳子)  出発当初からこの指導員がいらして、ずっとやってこられたわけですけれども、ふれあい農園で農作物を家庭菜園以上のつもりでやっていらっしゃる方は、それなりの知識を持っていらっしゃるんだろうと思うんですね。ですから、行政側が事細かくやる必要があるのかなということで質問をいたしました。


 以上でございます。


○7番議員(神野秀子)  少しちょっと細かいことになるかと思いますけれども、5点ほど伺います。


 88ページの社会福祉協議会、デイサービスの方が今年から指定管理者制度になりまして、デイサービスをやるようになったわけですけれども、この目的が経費削減とサービスの向上ということで指定管理者制度に移行したと思うんですが、9月から指定管理者でやっていますけれども、契約というものがあると思うんですが、その契約について、どのぐらいの金額で契約されたのか、その辺をお聞きしたいと思います。それから、サービスの向上については、どのようなことを考えているかについて伺います。


 それから、94ページの生きがい事業団ですが、今、何か大変忙しいそうです。それで職種は限られているのかもしれませんが、今後、退職する方もずっとこれから増えてくると思いますので、いろんな例えば子育て支援とか、そういうところに職種を増やしていかなくちゃいけないんじゃないかなと思うんですが、その辺、どのように考えているか、伺います。


 それから、116ページの健康診査事業ですが、500円、受益者負担ということで500円いただいていますけれども、この前、住民健診が行われたばかりですけれども、500円とるようになって、増えているのか、減っているのか、その辺、伺いたいなと思います。


 それから、144ページの道路維持管理事業ですが、2割削減ということで職員の方が、言えば本当にすぐ飛んでいってやってくれるような状況になって、大変ありがたいんですけれども、同じところを何回もお願いするような場所がやっぱり出てくるんですね。何回やっても、また同じところが壊れたよというところがあるのですが、その辺、そういうところは、もうちょっと専門的なところにお願いするとか、そういうふうにできないものかなというふうに思うんですけれども、その辺のところをちょっと伺いたいと思います。


 以上です。


○(介護健康課長)  まず、1点目の指定管理者制度の件でございますが、6月の議会でお認めいただきまして、9月からデイサービスにつきましては社会福祉協議会の方へ指定管理をお願いするということで、この契約はどうなっているかというご質問でございますけれども、9月から始めるに当たりまして協定書を締結しております。


 その中でかかる経費でございますが、経費のメリットと申しますと、今まであの場所、あの施設を維持管理していく経費については、町側で負担しておりました。ただ、この9月から、今年度に限って申し上げますと、9月から来年3月まで、本来でしたらば、デイサービスの方で負担していただくべきところなんですが、その辺を協定上、いろいろ協議しましたところ、業者と町が締結しております。町といいますのは町長を代表者といたしまして業者と締結しています。そうしますと、社会福祉協議会が契約しておりませんので、支払いが難しいということになりまして、一旦は町が予算化し、これは昨日、補正予算でお認めいただいたところでございますけれども、予算化しまして、町が業者の方へ払い、その額をいずれデイサービスから町の方へ入れていただくということで、今まで町が持っていたものをデイサービスに持っていただくということで、その辺の経費の節減が図られております。


 それから、サービスの向上ということでございますけれども、これまで既にデイサービス事業は進めてこられております。したがいまして、今までの実績に基づいてこれからさらに充実した形ではやっていくように考えてまいりたいというふうに思っております。


○(町長)  社協の指定管理者の問題については、簡単に言いますと、小規模な維持メンテナンス、例えば、私の方で協定を結んだのは、20万円以内のものならば社協が負担してください。それ以上に高価な施設としてのメンテナンスが起きたときには大家である町がその補修についてやりますと。ですから、それ以下のことについては社協でお願いしますと、こういったものが協定になっています。かかった費用を払うのは指定管理を受けなくてもやるんです。こういうとことでご理解いただけたらと思います。


○(介護健康課長)  生きがい事業団の前に住民健診のご質問がございました。今年度から本人に500円の負担をいただいておりますけれども、やはり皆さん、健康には非常に関心を持っていらっしゃいまして、たとえ自己負担が発生しようとも、受診者は前年に比べまして増加しております。


 それから、生きがい事業団のご質問でございますけれども、確かに最近、住民の方から要望が非常に多ございます。事業団の方へ聞きますと、要望に応じ切れず順番待ちをしていただいているというのが実情のようでございます。したがいまして、従事していただく方々は、どっちかと言いますと、高齢の方がご自分の趣味ですとか、今まで手につけた技術を発揮する仕事かと思いますけれども、そういう方を募集しながら、少しでも皆様方の要望になるべく早く応えられるような形で体制を整えていきたいというふうに考えております。


○(まちづくり課長)  道路等の維持修繕につきましては、できるだけ職員でできるところはやっていきたいと。職員の手に負えないようなところについては、その都度、修繕工事等を発注していく予定です。


 それから、町内の町道等につきましては、非常に側溝はじめ舗装等寿命が来ているというところも多くあるわけですが、一遍にできないということで、優先順位等を考えながら、少しずつでも直していきたいと考えております。


○7番議員(神野秀子)  社会福祉協議会につきましては、これから大変重要な機関になるのではないかなというふうに考えております。これからボランティアの皆さんにも応援していただきながらやっていかなくちゃならないと思うんですが、そういったボランティアグループの核となるような機関になってほしいなというふうに思っております。


 それで、生きがい事業団の方も、今のやり方では、もうちょっと手狭なんじゃないのかなという気もしますし、もっともっと手広くやっていかれるような方針を出していただければなというふうに思っております。


 それから、もう一つ、すみません、追加なんですけれども、保健センターのことについて伺いたいと思います。保健センターも2割削減ということで、あそこに常時、人を置かなくなったということですが、今現在、草がかなり、管理がされていなくて草がぼうぼうになっているんですね。そういうところもありますので、今後、どういうふうな管理をしていくのか、その辺の方針を伺いたいと思います。


○(介護健康課長)  保健センターの草の関係でございますけれども、こちらにつきましては、先ほどご質問いただきました生きがい事業団の方にお願いしております。つい最近、手を入れたはずでございます。まだ、不十分でしたらば、また、その辺、確認した上で実施したいと思いますけれども、やっております。


○12番議員(川崎日出男)  町長にお尋ねしますけれども、本年度の決算の内容について詳細に説明を聞いたわけですけれども、中身からいくと、町営住宅以外はみんなこれだけ減らしました、これだけ減らしました、これだけ減らしました。減らす以外に能がないのか。それと、このように不況の中でもって減らしてばっかりいれば、ジリ貧になると。来年度の予算はこの決算をもとにしてつくられると思うんだけど、このままでもって予算つくられたんじゃ、どうにもならないだろうと。何とか知恵を出していただきたい。基金にしても、おととしまでは8億、10億あったやつが、今、この残りを見ると、1億9,000万かそこいらしかない。これじゃ2年もすれば、もう絶対なくなっちゃいますよ、基金そのものも。それじゃ収入をどのように考えるんだと。不納欠損の1億5,000万はこれはやむを得ないと思う。だけど、ここで未収が約1億ある。この1億5,000万も1億も町民のお金ですよ。これ、民間の企業でもって2億5,000万もとって集めてねえだなんて、それでもって民間の会社だったらやっちゃいかれないですよ。親方日の丸でもって平気でいれるけど、こういうことをやっぱり考えてやっていっていただきたい。それについて町長の来年度の予算編成に当たっての抱負をお尋ねしたいと思います。


○(町長)  私は、基本は総合計画の後期計画、これを基本ベースに物を考えていく。私がよく言っている、ないものねだりをせず、あるもの探しをしましょう、身の丈に合った行政水準を守りましょうというのが基本。それは沈むの。人間はだんだん淘汰されるんです、そういう意味で。ただし、皆さんが求めるものが、起債を仰ぎつつ、さらに町が活力を得られるものならば、幾らでも借金ができる体制づくりということは必要だと思っています。そこが問題なんです。だから、何でもやるより……。私にとって一番いいのは、箱物をつくったり、道路改修したりするのは、一番目に見えるんです。町民もそうすれば、ああ町長は一生懸命やっていると見えますよ。ところが、それが町にとって幸か不幸かということまで総合的に考えるのが私の仕事であって、さらに120名の職員の生活も守らなきゃいけない。そして町民を守るための生き生きとした仕事ができなきゃならない。そこも含めて考えていかなきゃならない。


 高齢者のこと、少子化の問題、こういった問題も含めて、これから扶助費、こういったものが大きく町を左右するような場面が出てきます。ですから、先ほど7番議員が言われました高齢者の60歳からの方々の使い方、協力の仕方、こういったもので町を守ってまいりたいというふうには思っています。


 私は何もしないじゃなくて、まずは自らを切ることが先決だということでやらさせてもらっているんであって、だれだって切られて気持ちのいいものは一人もいません。そういうことであるならば、払うものは払いましょう。職員だって同じです。一生懸命やっている者には何号俸でも上げられるようなそういった町は生き生きとした町になるんです。厳しいから切るなんていうのは一番確かに、12番議員さんがおっしゃいますように、知恵はないかもしれないけれども、その知恵ほど一番自分たちにきくんですよ。こんな苦しい思いはないんです、だれだって。だれだって切って気持ちがいいなんて思う人は一人もいません。私は、職員の方々にだって厳しいことはお話はしますけれども、私は生き生きとしている職員には何号俸でも上げられるようなまちづくりはしてみたいと思っています。これが私の思う気持ちですので、来年は生き生きとできるような予算編成も頑張ってまいりたいというふうに考えていますので、よろしくどうぞお願いします。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して、採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


           (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


              (全員起立)


○(議長)  全員賛成、よって「決算の認定について(平成17年度真鶴町一般会計決算)」の件は、原案のとおり認定することに決しました。


○(議長)  暫時休憩いたします。


           (休憩 午後2時30分)


           (再開 午後3時04分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  日程第2、認第2号、「決算の認定について(平成17年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(事業勘定)決算)」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


                  (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  認第2号は、決算の認定についてであります。


 平成17年度真鶴町国民健康保険事業特別会計事業勘定決算は、去る7月21日に助役より提出があり、8月2日から7日までの間において監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものです。


 詳細につきましては、助役、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を助役及び担当課長に求めます。


○(助役)  219ページをお開きください。


 認第2号は、平成17年度真鶴町国民健康保険事業特別会計事業勘定歳入歳出決算でございます。


 歳入です。


 1款1項国民健康保険税は調定額5億4,475万6,612円、収入済額が3億9,508万8,528円、前年度対比では766万4,174円の減、不納欠損額が1,712万5,750円、収入未済額が1億3,254万2,334円となっております。


 2款使用料及び手数料は1項手数料で、調定額、収入済額とも22万7,500円、前年度対比では6万2,400円の増となっております。


 3款国庫支出金は調定額、収入済額とも2億8,768万1,571円、前年度対比では8,279万5,364円の減、国庫負担金が6,300万円、国庫補助金が1,900万円それぞれ減となっております。1項国庫負担金は収入済額2億6,150万8,571円、2項国庫補助金は収入済額2,617万3,000円でございます。


 4款1項療養給付費等交付金は調定額、収入済額とも1億2,846万1,000円、前年度対比では2,316万4,851円の減。


 5款県支出金は調定、収入済額とも4,988万9,286円、前年度対比では4,258万3,564円の増、要因は県補助金でございます。1項県負担金は収入済額559万3,286円、2項県補助金は収入済額4,429万6,000円となっております。


 6款1項共同事業交付金は調定、収入済額とも2,415万8,720円、前年度対比では885万7,718円の減。


 7款繰入金は調定額、収入済額とも1億1,120万6,517円で、前年度対比では789万5,310円の増、1項他会計繰入金は収入済額8,193万2,517円、2項基金繰入金は収入済額2,927万4,000円。


 8款1項繰越金は調額定、収入済額とも1億3,608万196円で、前年度対比では1,213万346円の増。


 9款諸収入は調定、収入済額とも129万8,020円、前年度対比では110万6,785円の増、1項延滞金加算金及び過料は収入済額が49万1,100円、2項預金利子は収入済額が8円、3項雑入は収入済額が80万6,912円、前年度対比では77万3,021円の増となっております。


 以上、歳入合計は収入済額が11億3,409万1,338円、前年度対比では5,870万4,791円の減となっております。


 221ページをお開きください。歳出です。


 1款総務費は予算現額2,085万1,000円、支出済額が2,032万3,389円で、前年度対比では287万8,254円の増、不用額は52万7,611円です。1項の総務管理費は支出済額が1,979万3,889円、2項運営協議会費は支出済額が52万9,500円。


 2款保険給付費は予算現額が7億42万4,000円、支出済額が6億3,938万55円、前年度対比では3,532万1,831円の減で、主なものは療養諸費の一般被保険者療養給付費の1,472万円、高額医療費の一般被保険者高額医療費で800万円です。不用額は6,104万3,945円。1項療養諸費は支出済額が5億7,414万9,305円、2項の高額療養費は5,713万750円、3項移送費はゼロ円でございます。4項出産育児諸費は300万円、5項の葬祭諸費は510万円です。


 3款1項老人保健拠出金は予算現額が2億2,630万5,000円、支出済額が2億2,558万2,948円、前年度対比では1,798万7,452円の減、不用額は72万2,052円でございます。


 4款1項介護納付金は予算現額が6,881万円で、支出済額が6,853万2,437円、前年度対比では409万2,931円の増、不用額は27万7,563円。


 5款1項共同事業拠出金は予算現額が2,494万9,000円、支出済額が2,237万3,384円、前年度対比では110万6,191円の増、不用額は257万5,616円でございます。


 6款1項保健事業費は予算減額が236万6,000円、支出済額が142万2,465円、前年度対比では337万9,007円の減で、不用額は94万3,535円。


 7款1項積立金は予算現額39万8,000円、支出済額が39万7,500円、前年度対比では59万7,541円の減、不用額は500円でございます。


 8款公債費、1項一般公債費は支出はございません。


 9款諸支出金は1項償還金及び還付加算金で、予算現額が3,245万3,000円、支出済額が3,214万8,914円、前年度対比では265万3,614円の増、不用額は30万4,086円。


 10款1項予備費は予算現額が1,821万4,000円がそのまま不用額となっております。


 223ページをお願いいたします。以上、歳出合計は支出済額が10億1,016万1,092円で、前年度対比では4,655万4,841円の減、歳入歳出差引残高は1億2,393万246円で、前年度対比では1,214万9,950円の減となっております。


 次以降は事項別明細となりますので、会計課長に説明させますので、よろしくお願いします。


○(会計課長)  225ページをお開きください。事項別明細書でございます。


 歳入、1款1項国民健康保険税、1目一般被保険者国民健康保険税、1節医療給付費分現年課税分は収入済額2億8,044万9,324円、前年度対比1,713万5,792円の減、収入未済額3,122万3,500円、2節介護納付金分現年課税分は収入済額2,201万1,607円、前年度比154万3,426円の減、収入未済額377万1,474円、3節医療給付費分滞納繰越分は収入済額1,301万6,093円、前年度比5万3,482円の減、不納欠損額1,524万8,351円は138件分、収入未済額8,492万7,168円、4節介護納付金分滞納繰越分は収入済額123万6,496円、前年度比23万9,456円の増、不納欠損額126万22円は69件分、収入未済額852万4,222円。


 2目退職被保険者等国民健康保険税、1節医療給付費分現年課税分は収入済額7,176万1,837円、前年度比992万3,891円の増、収入未済額143万4,039円。次のページをお願いします。2節介護納付金分現年課税分、収入済額592万1,332円、前年度比76万9,877円の増、収入未済額17万9,587円、3節医療給付費分滞納繰越分は収入済額66万8,473円、前年度比15万3,612円の増、不納欠損額55万8,677円は6件分、収入未済額は224万6,580円、4節介護納付金分滞納繰越分は収入済額2万3,368円、前年度比1万8,305円の減、不納欠損額5万8,700円は3件分、収入未済額23万5,764円。


 2款使用料及び手数料、1項手数料、1目1節督促手数料は収入済額22万7,500円、624件分。


 3款国庫支出金、1項国庫負担金、1目療養給付費等負担金、1節現年度分は収入済額2億5,591万5,285円、前年度比5,680万5,827円の減。一般療養給付費に対する負担金1億6,085万1,000円、老人保健拠出金に対する負担金7,026万8,048円、介護納付金に対する負担金2,479万6,237円、2節過年度分はゼロ。


 2目1節高額医療費共同事業負担金は収入済額559万3,286円、前年度比27万6,564円の増。


 2項国庫補助金、1目財政調整交付金、1節普通調整交付金は収入済額2,617万3,000円、前年度比1,917万6,000円の減、普通調整交付金2,587万3,000円、その他特別調整交付金30万円。


 次のページをお願いします。


 4款1項1目療養給付費等交付金、1節現年度分は収入済額1億2,846万1,000円、前年度比1,998万1,000円の減、2節過年度分はゼロ。


 5款県支出金、1項県負担金、1目1節高額医療費共同事業負担金は収入済額559万3,286円、前年度比27万6,564円の増。


 2項県補助金、1目1節国民健康保険運営強化事業促進対策費補助金は収入済額79万5,000円、前年度比119万4,000円の減。


 2目1節県財政調整交付金は新規となっており、収入済額4,350万1,000円、普通調整交付金で2,787万1,000円、その他特別調整交付金1,563万円。


 6款1項共同事業交付金、1目高額医療費共同事業交付金、次のページをお願いします。1節高額医療費共同事業交付金は収入済額2,415万8,720円、前年度比885万7,718円。


 7款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金、1節保険基盤安定制度繰入金(保険税軽減分)は収入済額4,293万6,882円、前年度比100万8,924円の増、2節保険基盤安定制度繰入金(保険者支援分)は収入済額939万1,896円、前年度比43万7,290円、3節職員給与費等繰入金は収入済額2,085万円、前年度比307万7,000円の増、出産育児一時金繰入金は収入済額240万円、前年度比80万円の減、5節財政安定化支援事業繰入金は収入済額635万3,739円、前年度比3万5,324円の減。


 2項基金繰入金、1目1節保険給付費支払準備基金繰入金は収入済額2,927万4,000円。


 8款1項繰越金、1目療養給付費交付金繰越金、次のページ、お願いします。1節療養給付費交付金繰越金は収入済額1,214万9,202円、前年度ゼロでしたので、今の額が増となっております。


 2目その他繰越金、1節前年度繰越金は1億2,393万994円、前年度比1万8,856円の減。


 9款諸収入、1項延滞金加算金及び過料、1目1節一般被保険者延滞金は49万1,100円、前年度比33万4,100円の増。


 2目1節退職被保険者等延滞金はゼロ。


 2項1目1節預金利子は8円。


 3項1目1節一般被保険者第三者納付金は50万1,740円、前年度比50万1,309円の増。


 2目1節退職被保険者等第三者納付金はゼロ。


 3目一般被保険者返納金、次のページ、お願いします。1節一般被保険者返納金は収入済額30万5,172円、前年度比27万1,712円の増。


 4目と5目雑入は収入ございません。


 以上、歳入合計は収入済額11億3,409万1,338円となっております。


 237ページからは歳出でございます。


 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費は支出済額1,953万6,860円、前年度比286万7,581円の増、電算事務委託料の増が主なもの。備考欄中段下、11−11消耗品費30万9,909円は16万3,017円の増で、啓発用しおり等を購入しており、下段10国民健康保険税賦課徴収事業、次のページをお願いします。備考欄、13−11電算事務委託料は410万6,260円、189万695円の増、カード型にしたための増が主なもの。


 2目連合会負担金、支出済額25万7,029円。


 2項1目運営協議会費は支出済額52万9,500円。


 2款保険給付費、1項療養諸費、1目一般被保険者療養給付費は支出済額4億1,364万964円、前年度比1,572万7,871円の減。


 2目退職被保険者等療養給付費は支出済額1億5,094万5,785円、前年度比112万7,296円の減。


 次のページをお願いします。


 3目一般被保険者療養費は支出済額642万5,359円。


 4目退職被保険者等療養費は支出済額129万7,002円。


 5目審査支払手数料は支出済額184万195円。


 2項高額療養費、1目一般被保険者高額療養費は支出済額4,725万1,916円、前年度比826万1,346円の減。


 2目退職被保険者等高額療養費は支出済額987万8,834円、前年度比666万1,480円の減。


 3項移送費、次のページお願いします。1目一般被保険者移送費と2目退職被保険者等移送費は支出ございません。


 4項出産育児諸費、1目出産育児一時金は支出済額300万円で前年度比150万円の減、5人減って10件分。


 5項葬祭諸費、1目葬祭費は支出済額510万円、前年度比370万円の減、51件分でございます。


 3款1項老人保健拠出金、1目老人保健医療費拠出金は支出済額2億2,265万7,521円、前年度比1,795万7,461円の減。


 2目老人保健事務費拠出金は支出済額292万5,427円、前年度比2万9,991円の減。


 4款1項1目介護納付金は支出済額6,853万2,437円、前年度比409万2,931円の増。


 次のページをお願いします。


 5款1項共同事業拠出金、1目高額医療費拠出金は支出済額2,237万3,144円、前年度比110万6,256円の増。


 2目その他共同事業事務費拠出金は240円。


 6款1項保健事業費、1目保健衛生普及費は支出済額40万7,995円。


 2目疾病予防費は支出済額101万4,470円、前年度比39万1,130円の減。備考欄、11−61修繕料6万7,200円は役場庁舎に備えてあります自動血圧計の修理、13−13健康機器委託料5万円は骨密度測定を行っております。


 7款1項基金積立金、次のページをお願いします。1目保険給付費支払準備基金積立金は39万7,500円、前年度比59万7,541円の減。


 8款公債費は支出ございません。


 9款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目一般被保険者保険税還付金は28万800円。


 2目退職被保険者等保険税還付金から4目退職被保険者等還付加算金は支出ございません。


 次のページをお願いします。


 5目国庫支出金返納金は支出済額1,978万912円。


 6目療養給付費返納金は支出済額1,214万9,202円。


 10款1項1目予備費は1,821万4,000円の不用額となっております。


 以上、歳出合計は支出済額が10億1,016万1,092円となっております。


 次ページ以降は調書等について掲載されておりますので、ごらんください。


 以上、雑駁ですが、説明を終わります。ご承認くださるようお願いいたします。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○5番議員(黒岩宏次)  226ページの国民健康保険税の不納欠損、それから収入未済額に関連して質問をしたいと思うんですけれども、不納欠損については、この報告の中で文章になって、件数も出ていますけれども、収入未済額のこの1億3,000万余の金額なんですけれども、どのぐらいの世帯が収入未済、滞納者になっているのかと。ちょっと私の方で古いデータですけれども、15年は2,201名に対して466人、21.17%が滞納世帯というふうな数字の資料があります。そして17年の6月1日、2,302世帯に対して413、17.94、約18%ということなんですけれども、この中身がやっぱり問題だと思うんですけれども、滞納の理由の中に支払能力があって払わない、支払わないような、悪質というような人がいるのかどうか。あるいは、特別な理由があって、本当に、これからそれを解決をするためには、十分な納付の相談や具体的な事情の把握、そういう努力をした上で本当にその人に自覚を持ってもらって納めてもらうというような、そういう努力が必要なのかどうか、やっているのかどうか。


 比較しますと、近隣の町でいうと、松田町というような似たような町で、ここは最初言った平成15年、真鶴が21.17ですけれども、ここの滞納世帯は8.63、それから、17年の6月1日現在でこの同じく町は5.98というような、6%を切っているというような、18%近くと6%というような、こういう松田町との大きな差があるわけですけれども、そういう進んでいるところの経験、教訓というものをどういうふうにつかまれているのか、伺いたいというふうに思います。


 以上、1点です。


○(町民課長)  ただいまの未収額につきましては詳細のデータは持っていませんので、また後ほどお話しいたしますけれども、それに対する徴収の対応等につきましては、夜間徴収、当然やっておりますし、電話での催促等、あと、督促状を納期限を経過したものについては、17年度から新たに資格証の発行も行っております。また、納期限を過ぎたものについては、短期証という形で期限を区切った保険証の発行も行っております。


 先ほどもお話がありましたけれども、助役を中心として、毎月、税務、国保、水道の担当で徴収状況の打合わせ会を行って横の連絡を密にしていると。


 先ほどの支払えない方はどれほどいるかという部分ですけれども、微妙なすごい難しいところでありまして、実際いろんな探しますと、大体90%の人がほとんど払えないでしょうと。10%の人が払えるけれども払わないというような、何か全国的な調べたデータがあるんですけれども、そういう部分があります。


 最近、やっぱりそういう相談に見えております。ただ単にこの短期証とか資格証の発行を期限が来れば発行すればいいと、そういうふうなことだと、徴収の方もなかなか伸びませんので、やはり原点に帰って、納付相談ですよね。誓約書をとってから、分割で納付していただくと、そういう形を今、結構進めておりますので、窓口に来られる方も、最初は払う払わないという話があるんですけれども、そういう部分ではなくて、できるだけ払えるような形で分割納付をしていただくような形で、今、お話を進めているところでございます。


 以上です。


○5番議員(黒岩宏次)  努力していることはわかります。本当に、今、払えていない、まじめに働いて、特別ないろいろな事情があって払えていない人が90%という、この実態について、やはり非常に重視しなくちゃいけないと思います。資格証明書だとか、短期保険証とかという問題は、私はこれはやっぱり正しい解決の方法じゃなくて、本当にその人の生命を脅かすようなことになります。窓口払いというふうな問題が医者にかかった場合、全額払わなければという問題も出てきますし、それから、国民健康保険法の第1条のこの保険の制度というものは、社会保障と国民保健の向上に寄与する、そういう目的のためにつくられている健康保険法ですから、そういう立場からいっても矛盾をするわけで、本当にいわゆる具体的な事情を把握して、分割払いもやっているという、若干ですけれども、17年度は、現年分では納入率を上げているという、こういう努力も見られるわけですけれども、引き続きやはり、先ほども言ったように、松田町が何でこんなにいいのかというような情報も得ながら、学べるものについて学んで取り組んでいってほしいと思うんですけれども、いかがでしょうか、その点について。


○(町民課長)  松田町の例をお出しになりましたけれども、私、今回から上の方では、昔から税務の方で、盛んにやっているんですけれども、事務連絡会的なものをやっているんですけれども、管理の方で国保の関係につきましても、そういう集まりが盛んで、毎月、そういう形をとっております。新たに収納部の方も参加させていただいて、今回、何回か出させていただいています。


 それぞれ町によって松田は松田でいろいろな状況下で、過去には納税組合等が上の方では進んでいたというのも、どうも一つの要因ではないかと思うこともあります。今後もそういう会へ参加させていただいて、他町のそういういろんな情報を吸収して、黒岩さんが言われるように、前向きな形で進んでいきたいと思っております。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して、採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


           (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


              (全員起立)


○(議長)  全員賛成、よって「決算の認定について(平成17年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(事業勘定)決算)」の件は、原案のとおり認定することに決しました。


○(議長)  日程第3、認第3号、「決算の認定について(平成17年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施設勘定)決算)」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


             (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  認第3号は、決算の認定についてであります。


 平成17年度真鶴町国民健康保険事業特別会計施設勘定決算は、去る7月21日に助役より提出があり、8月2日から7日までの間において監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものです。


 詳細につきましては、助役、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を助役及び担当課長に求めます。


○(助役)  253ページをお開きください。認第3号は、平成17年度真鶴町国民健康保険事業特別会計施設勘定歳入歳出決算でございます。


 歳入で、1款診療収入は調定額、収入済額とも2億8,708万4,132円、前年度対比では1,631万6,914円の増、入院収入では234万円の増、外来収入では1,441万円の増となっております。1項入院収入は収入済額が3,262万3,417円、2項の外来収入は収入済額が2億4,893万2,115円、3項その他の診療収入は収入済額が552万8,600円でございます。


 2款使用料及び手数料、1項手数料は調定、収入済額とも80万6,840円、前年度対比では5万3,935円の増となっております。


 3款繰入金は調定、収入済額とも6,608万7,000円、前年度対比では1,412万7,000円の減、1項他会計繰入金は収入済額が4,908万7,000円、2項基金繰入金は収入済額が1,700万円、土地開発基金からの借入金でございます。


 4款繰越金は1項繰越金で調定額、収入済額とも1,043万54円、前年度対比では23万9,616円の増。


 5款諸収入は調定額、収入済額とも166万6,970円、前年度対比では7万5,331円の増、1項預金利子は収入済額がゼロ円、2項雑入は収入済額が166万6,970円です。


 以上、歳入合計は収入済額が3億6,607万4,996円、前年度対比では255万8,794円の増となっております。


 255ページをお開きください。歳出でございます。


 1款総務費、1項施設管理費は予算現額が1億9,847万4,182円、支出済額が1億9,574万4,564円、前年度対比では1,833万6,661円の減、要因は給料とあと職員手当でございます。不用額は272万9,618円です。


 2款の医業費は予算現額が1億2,571万1,000円、支出済額が1億2,484万2,176円、前年度対比では1,006万1,650円の増、これは医業費の医薬品衛生材料費の増が主なものでございます。不用額は86万8,824円。1項医業費は支出済額が1億2,119万7,670円、2項の給食費は支出済額が364万4,506円でございます。


 3款公債費は1項公債費で予算現額が2,469万8,000円、支出済額が2,466万1,925円、前年度対比では43万7,530円の増、不用額は3万6,075円。


 4款予備費は1項予備費で予算現額が969万7,818円がそのまま不用額となっており、歳出合計は支出済額が3億4,524万8,665円、前年度対比では783万7,483円の減となっており、歳入歳出差引残高は2,082万6,331円、前年度対比では1,039万6,277円の増となっております。


 次以降は事項別明細ですので、会計課長に説明いたさせますので、よろしくお願いします。


○(会計課長)  257ページをお開きください。事項別明細書でございます。


 歳入、1款診療収入、1項入院収入、1目国民健康保険診療報酬収入は1節現年分のみで、収入済額182万1,107円。


 2目社会保険診療報酬収入は1節現年分のみで、収入済額246万6,637円、前年度比65万778円の増。


 3目老人保健診療報酬収入は1節現年分のみで、収入済額2,473万8,985円、前年度比161万8,853円の増。


 4目一部負担金収入、1節現年分のみで、収入済額82万3,048円。


 5目標準負担額収入は1節現年分のみで、収入済額127万50円。


 6目その他の診療報酬収入は1節現年分のみで、収入済額150万3,590円。


 2項外来収入、1目国民健康保険診療報酬収入は1節現年分のみで、収入済額4,623万8,964円、前年度比707万7,700円の増。


 2目社会保険診療報酬収入は1節現年分のみで、収入済額4,802万1,885円、前年度比613万4,293円の増。


 次のページ、お願いします。


 3目老人保健診療報酬収入は1節現年分のみで、収入済額1億1,824万3,241円、前年度比126万8,515円の減。


 4目一部負担金収入は1節現年分のみで、収入済額3,058万9,606円、前年度比265万5,713円の増。


 5目その他の診療報酬収入は1節現年分のみで、収入済額583万8,419円。


 3項その他の診療収入、1目諸検査等収入は1節健康診断料で、収入済額349万700円。


 2目1節室料差額収入は収入済額203万7,900円、前年度比43万2,640円の減。室料差額収入、町内、前年度より42万円増の158万2,640円、室料差額収入、町外で84万4,000円の減で45万5,290円。


 2款使用料及び手数料、1項1目1節手数料は収入済額80万6,840円。


 3款繰入金、1項他会計繰入金、1目1節一般会計繰入金は4,908万7,000円、前年度比170万5,000円の減。


 2項1目基金繰入金、1節基金繰入金は新規で1,700万円。


 4款1項1目繰越金は1節前年度繰越金で1,043万54円。


 5款諸収入、1項1目預金利子はゼロ。


 2項1目1節雑入は収入済額166万6,970円。


 以上、歳入合計は収入済額3億6,607万4,996円となっております。


 263ページをお願いします。歳出です。


 1款総務費、1項施設管理費、1目一般管理費は支出済額1億9,530万9,927円、前年度比1,868万7,298円の減、人件費の減が主なもの。


 次のページをお願いします。備考欄6行目、12−42手数料21万700円は医師募集に際して予備費より18万7,700円を充用しております。下段14−61医療事務機借上料143万8,980円は120万1,980円の増、これは新しい機器に入れ替えたための増、14−62X線画像処理機借上料156万3,876円は324万8,064円の減、14−64超音波診断装置借上料10万6,050円は95万1,090円の減とともに再リースしたための減であります。次のページをお願いします。備考欄中段14−95多機能心電図解析装置借上料67万320円、14−96卓上生化学検査装置借上料48万320円、15−01LANケーブル回線工事9万7,650円、23−91基金繰替運用利子1万8,723円は新規のものとなっております。


 次のページをお願いします。備考欄中段13−35清掃業務委託料339万1,824円は53万7,659円の減、これは一括入札のための減、13−41受電設備清掃委託料1万9,782円は新規。20の往診車管理経費12万8,559円は10万1,070円の増となり、これは車検のための増となっております。


 次のページをお願いします。


 2目財産管理費は支出済額43万4,637円、前年度比35万637円の増、事務室3階天井などの修繕をしております。


 2款1項医業費、1目医療用機械器具費は支出済額259万2,227円、前年度比144万5,444円の増。備考欄、13−11酸素供給装置保守料64万2,600円は新規、13−12在宅人工呼吸器保守委託料142万3,200円は71万600円の増となり、2人分となっております。


 2目医療用消耗器材費、支出済額284万1,085円、前年度比97万5,706円の増、入院患者の消耗品が主な増となっております。


 3目医薬品衛生材料費は支出済額1億1,576万4,358円、前年度比763万618円の増。備考欄、11―81薬品代1億1,249万4,246円は718万6,423円の増、11−83検査試薬代132万5,341円は32万1,153円の増、11−84血液代16万2,621円は新規となっております。


 2項給食費、1目給食用器具費は支出済額10万6,854円、前年度比5,658円の減。


 次のページをお願いします。


 2目給食用賄材料費は支出済額353万7,652円、前年度比1万5,540円の増。


 3款1項公債費、1目元金は1,502万5,411円、前年度比77万492円の増。


 2目利子963万6,514円は前年度比33万2,962円の減。


 4款1項1目予備費は20万9,182円を充用いたしましたので969万7,818円の不用額となっております。


 以上、歳出合計は支出済額3億4,524万8,665円となっております。


 次ページ以降は、調書等が記載されておりますので、ごらんになっていただきたいと思います。


 以上説明を終らせていただきます。ご承認くださいますようよろしくお願いいたします。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○5番議員(黒岩宏次)  歳入の関係で不納欠損、それから収入未済額という項目がありますよね。いろいろな診療所の収入の一番大切な、収入未済額というのはずっと何年も見ていくとゼロ。ゼロというのは何か、例えば、中にはお金を持たないでけがをして、診療所に駆け込んだ。たまたまお金を払う能力、先ほどの国保税ですけれども、400人からの人が、生活の問題が9割、そういう場合の治療に当たってかかった費用というのはどこかで補てんしてゼロにされているのか、あるいは全員からお金を全額かかった費用を徴収されているのか、この辺、ちょっと何回か見ていて疑問を思っていたので、説明をお願いします。


○(診療所事務長)  今の質問なんですが、例えば、町外の方が来られて、それで費用が足らなかったと、そういった場合にはとりあえず手持ちの、帰るお金は除いて、それ以外でいただけるものはとりあえずいただいておいて、内金という形で預かり金にしておきまして、それで後日、相手の方から送っていただく、そういう形で年度内で処理しています。ですから、必ずその場ではいただいていない方もおられますが、やはり年度内で対処するという形で収納はしております。といったことから未済がないということです。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して、採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


           (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


             (全員起立)


○(議長)  全員賛成、よって「決算の認定について(平成17年度真鶴町国民健康保険事業特別会計(施設勘定)決算)」の件は、原案のとおり認定することに決しました。


○(議長)  日程第4、認第4号、「決算の認定について(平成17年度真鶴町老人保健医療特別会計決算)」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


             (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  認第4号は、決算の認定についてであります。


 平成17年度真鶴町老人保健医療特別会計決算は、去る7月21日に助役より提出があり、8月2日から7日までの間において監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものです。


 詳細につきましては、助役、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を助役及び担当課長に求めます。


○(助役)  281ページをお開きください。認第4号は、平成17年度真鶴町老人保健医療特別会計歳入歳出決算でございます。


 歳入で、1款支払基金交付金は1項の支払基金交付金で、調定、収入済額とも5億2,193万円で、前年度対比では4,508万4,000円の減となっております。


 2款の国庫支出金は1項国庫負担金で、調定、収入済額とも2億4,914万3,000円、前年度対比では1,623万4,000円の増。


 3款の県支出金は1項県負担金で、調定、収入済額とも5,978万9,709円で、前年度対比では461万9,503円の増。


 4款の繰入金は1項一般会計繰入金で、調定、収入済額とも6,531万5,000円、前年度対比では542万6,000円の増となっております。


 5款の繰越金は1項繰越金で、調定、収入済額とも1,840万1,615円。


 6款の諸収入は調定、収入済額とも3万6,945円、前年度対比では3万6,684円の増、1項の預金利子は収入済額ゼロ、2項の雑入の収入済額が3万6,945円。


 以上、歳入合計は収入済額が9億1,461万6,269円で、前年度対比では1,460万461円の減となっております。


 283ページをお開きください。歳出でございます。


 1款の医療諸費は1項の医療諸費で、予算現額が9億5,837万1,000円、支出済額が8億7,422万5,868円で、前年度対比では2,235万4,984円の減となっており、不用額は8,414万5,132円。


 2款の諸支出金は予算現額が1,840万4,000円、支出済額が1,840万1,617円で、前年度対比では416万7,354円の増、不用額は2,383円でございます。1項の償還金は支出済額が1,368万2,568円、2項の繰出金は支出済額が471万9,049円。


 3款の予備費は1項予備費で予算現額が1,000円がそのまま不用額となっております。


 以上、歳出合計は支出済額が8億9,262万7,485円で、前年度対比では1,818万7,630円の減となっております。歳入歳出差引残高は2,198万8,784円、前年度対比では358万7,169円の増となっております。


 次以降は事項別明細ですので、会計課長に説明させますので、よろしくお願いいたします。


○(会計課長)  285ページをお開きください。事項別明細書でございます。


 対象者は1,324人、うち重度障害者が55人、前年度比49人の減となっており、国保扱いは1,075人、社保扱いは249人となっております。


 それでは、歳入です。


 1款1項支払基金交付金、1目医療費交付金は1節現年度分のみで、収入済額5億1,849万1,000円、前年度比4,494万3,000円の減。


 2目審査支払手数料交付金は1節現年度分のみで、収入済額343万9,000円。


 2款国庫支出金、1項国庫負担金、1目医療費負担金は1節現年度分のみで、収入済額2億4,914万3,000円、前年度比1,623万4,000円の増。


 3款県支出金、1項県負担金、1目医療費負担金は1節現年度分で、収入済額5,978万9,709円、前年度比461万9,503円の増。


 4款繰入金、1項1目1節一般会計繰入金は6,531万5,000円、前年度比542万6,000円の増、医療所要額の負担分を繰り入れております。


 5款1項1目1節繰越金は1,840万1,615円で、前年度繰越金でございます。


 6款諸収入、1項預金利子はゼロ。


 2項1目雑入、次のページをお願いします。1節第三者納付金は収入済額3万6,945円。


 以上、歳入合計は収入済額が9億1,461万6,269円となっております。


 次のページ、お願いします。歳出です。


 1款1項医療諸費、1目医療給付費は支出済額8億5,562万4,321円、前年度比2,263万799円の減。


 2目医療費支給費は支出済額1,516万9,767円、前年度比39万9,802円の増。


 3目審査支払手数料、支出済額343万1,780円。


 2款諸支出金、1項1目償還金は支出済額1,368万2,568円、前年度比300万7,662円の減、国及び支払基金への負担金及び交付金の償還金となっております。


 2目還付金は支出ゼロ。


 2項繰出金、1目一般会計繰出金は471万9,049円。


 次のページ、お願いいたします。


 3款1項1目予備費は1,000円の不用額となっており、以上、歳出合計は支出済額が8億9,262万7,485円となっております。


 以上で説明を終らせていただきます。ご承認くださるようよろしくお願いします。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して、採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


           (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


             (全員起立)


○(議長)  全員賛成、よって「決算の認定について(平成17年度真鶴町老人保健医療特別会計決算)」の件は、原案のとおり認定することに決しました。


○(議長)  日程第5、認第5号、「決算の認定について(平成17年度真鶴町下水道事業特別会計決算)」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


             (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  認第5号は、決算の認定についてであります。


 平成17年度真鶴町下水道事業特別会計決算は、去る7月21日に助役より提出があり、8月2日から7日までの間において監査委員の審査に付し、その意見をつけて認定を求めるものです。


 詳細につきましては、助役、担当課長に説明をさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を助役及び担当課長に求めます。


○(助役)  294ページをお開きください。認第5号は、平成17年度真鶴町下水道事業特別会計歳入歳出決算でございます。


 歳入です。


 1款の国庫支出金は1項国庫補助金で、調定、収入済額とも1億397万5,000円で、前年度対比では340万1,000円の減でございます。


 2款の県支出金は1項の県補助金で、調定、収入済額とも3,478万5,000円は前年度対比で4,851万1,000円の減。


 3款の繰入金は1項他会計繰入金で、調定、収入済額とも1億2,199万円は前年度対比3,876万4,000円の減。


 4款の繰越金は1項繰越金で、調定、収入済額とも1,679万9,507円は前年度対比169万1,449円の減。


 5款諸収入は調定、収入済額とも390万377円で、前年度対比では280万7,803円の減。


 1項預金利子はゼロ円。


 2項雑入は390万377円。


 6款の町債は1項町債で、調定、収入済額とも1億840万円で、前年度対比では1,020万円の減となっております。


 歳入合計は収入済額が3億8,984万9,884円で、前年度対比では1億537万5,252円の減となっております。


 296ページをお開きください。歳出でございます。


 1款の総務費は1項下水道総務費で予算現額が5,382万6,000円、支出済額が5,363万3,756円、前年度対比では716万7,388円の減となっております。不用額は19万2,244円。


 2款の事業費は1項事業費で、予算現額が2億5,440万2,000円、支出済額が2億5,195万3,448円で、前年度対比では8,762万4,038円の減、不用額は244万8,552円となっております。


 3款の公債費は1項公債費で、予算現額が8,119万5,000円、支出済額が8,069万1,014円、前年度対比では264万4,015円の増となっております。不用額は50万3,986円。


 4款の予備費は1項予備費で、予算現額が42万6,000円がそのまま不用額となっております。


 歳出合計は支出済額が3億8,627万8,218円で、前年度対比では9,214万7,411円の減となっており、歳入歳出差引残高は357万1,666円で、前年度対比では1,322万7,841円の減となっております。


 次以降は事項別明細ですので、会計課長に説明させますので、よろしくお願いいたします。


○(会計課長)  298ページをお開きください。事項別明細書でございます。


 歳入、1款国庫支出金、1項国庫補助金、1目下水道費国庫補助金は1節下水道費補助金で、収入済額1億397万5,000円、前年度比340万1,000円の減、公共下水道事業費補助金5,956万5,000円、繰越明許分で4,441万円。


 2款県支出金、1項県補助金、1目下水道費県補助金は1節下水道費補助金で、収入済額3,478万5,000円、前年度比4,851万1,000円の減、広域公共下水道事業費補助金1,948万2,000円、繰越明許分で1,480万3,000円、公共下水道事業費補助金通常分で50万円。


 3款繰入金、1項他会計繰入金、1目1節一般会計繰入金は1億2,199万円、前年度対比3,876万4,000円の減。


 4款1項1目繰越金は1節前年度繰越金で1,679万9,507円、前年度比169万1,449円の減。


 5款諸収入、1項預金利子はゼロ。


 1項1目1節雑入は390万377円、前年度比280万7,469円の減、消費税確定に伴う還付金でございます。


 6款1項町債、次のページをお願いします。1目下水道債は1節公共下水道債で1億840万円、前年度比1,020万円の減。備考欄、公共下水道事業債6,140万円は金融公庫が2,330万円、郵政公社が3,810万円となっており、繰越明許2,500万円は簡保分でございます。


 以上、歳入合計は収入済額3億8,984万9,884円となっております。


 次のページ、お願いします。歳出です。


 1款総務費、1項下水道総務費、1目一般管理費は支出済額3,754万872円、前年度比488万7,290円の減、人件費の減が主な減となっております。


 2目一般会計繰出金は支出済額1,609万2,884円、前年度比228万98円の減、消費税還付金が減となっております。


 次のページ、お願いします。


 2款1項事業費、1目下水道整備費は支出済額2億5,195万3,448円、前年度比8,762万4,038円の減。


 備考欄、13−15中継ポンプ場施設建設委託料8,505万円は3,318万円の増、13−22下水道台帳作成業務委託料346万5,000円は新規で、下水道総合管理システムソフトウェアほか下水道台帳の作成を行っており、15−02公共下水道管渠築造等工事3,025万500円は961万8,000円の増。公共分割1は情報センター横90メートル、公共分割2は野川食堂から小沢石材店まで52メートル、ほか管渠連通管、防食対策工事を実施いたしました。19−11広域公共下水道建設事業費負担金4,308万7,374円は7,901万6,920円の減。


 3款1項公債費、1目元金は5,288万4,272円、前年度比165万982円の増。


 次のページをお願いします。


 2目利子は2,780万6,742円、前年度比99万3,033円の増。


 4款1項1目予備費は42万6,000円がそのまま不用額となっております。


 以上、歳出合計は支出済額が3億8,627万8,218円となっております。


 以上で説明を終わらせていただきます。ご承認くださるようよろしくお願いいたします。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○12番議員(川崎日出男)  下水道につきましては、この間も議案でもって徴収のことについて決まったという中で、やはり議員の皆さんもみんな非常に心配しているのは加入率の問題。そのことについて、駅の隣にあれだけ立派に農協の建物ができた。ところがあれは何か下水道に入っていないというような話を聞いたんですが、あれだけの大きな建物をつくるんだったら、当然、町の方にも協議が何か来ていると思う。そういう中で、我々があれだけ加入率の心配をしているのに、そういうものに対して下水道のことで何も町は動かなかったの。それは下水道だけじゃない。町の姿勢として、我々がいくら心配したってなにしたって、執行部がそういうことやらなきゃ、何もならねえじゃないかということでもってお尋ねしたいと思います。どういう作業をしたのか。


○(下水道課長)  ただいまのJAの前の国道につきましては、もう平成5年、6年に実施しているというところでございまして、その当時はJRの清算事業団が一つの土地として持っていたというような状況がございまして、当然、公共ますは1宅地に一つというのが原則なものですから、その当時、まだ駐輪場の関係もございましたけれども、1カ所しか取り扱いはしていなかったと。その後、売買で、今、JAが買って建物が建ったという状況でございますが、当然、公共ますまでは町が施工するというものでございますので、来年度の事業の中でそこの辺は位置づけていって、早急に供用開始の告示をした中で接続を促がしたいということで、JAの方には開発の段階ではそういうふうな話は一応事前にお願いしてありまして、うちの方が公共ますを設置したときには、早急にそういう対応をしていただきたいという調整はしております。


 以上です。


○12番議員(川崎日出男)  ただ、あれだけの建物の中で、恐らく、今、つくるのには合併浄化槽の大きいやつをつくっていると思うの。それを半年か1年でもって下水道につないでくれると思う、町長。普通、だれだって、新しく公共下水道ができるのがわかっていて、合併浄化槽をつくって、半年かそこらで、それじゃ公共下水道につないであげますよとは、恐らく言わねんじゃないかと思うよ。そういうことに対しては、ああいう現実があるということに対して、あなた方、どういうふうに思っているんだか、あなた方の姿勢を聞きたいんだよ。


○(町長)  私は農協の組合長じゃないからわからないですけれども、私だったらやらないですよ、問題として。やらないというのは、あの施設をもう少し時間を見ることも必要なのかな。そして、真鶴の地域の方々の意見も聞きながら建替計画というのはやるべきかなということも思っていました。ですから、そんなことも含めて支店長なんかにもお話をさせていただいて、ここにはこういう事情がありますよと。町にも事情があります。ぜひとも下水が供用開始されるような時期が来ましたならば、早急に接続をお願いしたいということは申し伝えてありますので、そういったことについても、鋭意努力をしながら理解を求めてまいりたいというふうに思っておりますので、ご理解をよろしくお願いします。


○12番議員(川崎日出男)  あれだけの建物を建てるのに町に協議しているだろうというんだよ。あれ、黙って建てたのかよ。その協議をしている段階でもって、どうしてそういうことをお願いしねえんだっていうの。我々がいくら入れることをみんなでもって協力しようじゃないかと、稼働率をよくしようじゃないかと言ってるに、町がやらねえものをしようがねえじゃないか。


○(町長)  当然、だから町はそういう協議には話をしているわけですよ、まちづくり課も含めて。自分たちの計画を推進しただけだと。ですから、そのときにはそういうことをやっていただけるんですねと話は進めているということです。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して、採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


           (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


             (全員起立)


○(議長)  全員賛成、よって「決算の認定について(平成17年度真鶴町下水道事業特別会計決算)」の件は、原案のとおり認定することに決しました。


○(議長)  以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。


 本日は、これをもって散会いたします。


○(議長)  明日は、午後1時30分から本会議を再開いたします。


           (散会 午後4時30分)