議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 真鶴町

平成17年第3回臨時会(第1日 7月 8日)




平成17年第3回臨時会(第1日 7月 8日)





      平成17年第3回真鶴町議会臨時会会議録


            平成17年7月8日(金)


 


1.出席議員 11名


 1番   ? 田   昇         8番   露 木 八 郎


 2番   欠     席         9番   奥 津 光 隆


 3番   欠     員        10番   岡ノ谷 佳 子


 4番   欠     員        11番   福 井 弘 行


 5番   黒 岩 宏 次        12番   青 木   浩


 6番   東 谷 真由美        13番   青 木   茂


 7番   神 野 秀 子        14番   川 崎 日出男





2.欠席議員  1名


 2番   青 木   透





3.執行部出席者


町長        青 木   健    福祉健康課長    宇 賀 一 章


助役        欠     員    診療所事務長    青 木   肇


教育長       松 本 吉之助    教育総務課長    平 井 敬 一


会計課長      高 畑 誠 二    生涯学習課長    青 木 幹 夫


税務課長      二 見 良 幸    産業観光課長    森   敦 彦


管理課長      朝 倉 久 泰    土木管理課長    土 屋   茂


企画調整課長    井 上 準 一    都市計画課長    中 山 康 吉


住民課長      鈴 木 智 士    水道課長      青 木 哲 朗


保険課長      青 木 正 行    下水道課長     廣 石 逸 雄





4.出席した議会書記


議会事務局長    松 本 宣 夫


書     記   松 本 一 彦    書     記   清 水 勇 一





5.議事日程


別紙日程表のとおり


           (開会 午前10時04分)


○(議長)  ただいまの出席議員は11人で、定数に達しておりますので、これより平成17年第3回真鶴町議会臨時会を開会いたします。


○(議長)  今回の臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


           (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議ないようですから、会期は、本日1日と決定いたしました。


○(議長)  会議規則第116条の規定により、本臨時会の会議録署名議員は、6番東谷真由美君、12番青木浩君にお願いいたします。


○(議長)  議事に入る前に報告事項を申し上げます。


○(議長)  農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定に基づく、選任による委員につきましては、諸般の事情により推薦しないことといたしましたので、ご報告申し上げます。


 以上で報告を終わります。


○(議長)  ただいまから、本日の会議を開きます。


○(議長)  議事日程を報告いたします。


             (書記日程朗読)


○(議長)  これより、日程に従い審議を進めます。


○(議長)  日程第1、議案第50号「助役の選任について」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


             (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  おはようございます。議案第50号は、助役の選任についてであります。


 前助役が平成16年12月31日に退任後、収入役の事務を助役に兼掌させる条例の整備もいたしましたが、現在まで助役を選任しないままでおりました。このたび、長谷川勝己氏を助役に選任したいので、地方自治法第162条の規定により提案するものであります。


 よろしくご審議の上、ご同意くださるようお願いいたします。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○(議長)  質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して、採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


           (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。


 よって討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、同意することに賛成の方の起立を求めます。


              (全員起立)         2番議員欠席


○(議長)  全員賛成、よって「助役の選任について」の件は、同意することに決しました。


○(議長)  日程第2、議案第51号「平成17年度真鶴町一般会計補正予算(第2号)について」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


             (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  議案第51号は、平成17年度真鶴町一般会計補正予算(第2号)についてであります。


 今回の補正は、歳入歳出それぞれ495万円を追加し、歳入歳出の総額を27億6,420万8,000円とするものであります。


 歳入の主なものは財産売払収入で、岩字上塔の前及び真鶴字上釈迦堂地内の町道敷地の払い下げにより追加をするものでございます。


 歳出では土木費道路橋梁費で、町道1号線拡幅整備実施にかかわる不足額の追加、道路改良工事等にかかわる測量費用の追加、また、直営で実施しております道路補修に要する資材購入のための原材料費を追加するものでございます。 詳細につきましては、担当課長に説明いたさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(企画調整課長)  議案第51号、平成17年度真鶴町一般会計補正予算(第2号)についてご説明いたします。


 今回の補正は、歳入歳出それぞれ495万円を追加し、予算の総額を27億6,420万8,000円とするものでございます。


 次のページをお願いいたします。第1表、歳入歳出予算補正、1、歳入でございます。


 15款財産収入は2項財産売払収入に495万円を追加し、15款総額を4,879万5,000円とするもので、歳入に占める構成割合は1.77%です。


 次に、歳出でございます。


 7款土木費は2項道路橋梁費に292万8,000円を追加し、7款総額を2億8,168万9,000円とするもので、歳出に占める構成割合は11.99%。


 12款1項予備費は202万2,000円を追加し、12款総額を2,084万5,000円とするもので、構成割合は0.75%でございます。


 4ページをお願いいたします。内容の説明をさせていただきます。歳入でございます。


 15款財産収入、2項財産売払収入、1目不動産売払収入は495万円を追加し497万円とするものです。内容は真鶴郵便局裏手の岩字上塔の前290番15他9筆、84.85平米の町道269号線道路整備に伴う残地及び真鶴字上釈迦堂1559番2他1筆、81.79平米の道路畦畔について払い下げを行うため追加するものでございます。


 次に、歳出でございます。


 7款土木費、2項道路橋梁費、1目道路新設改良費は192万8,000円を追加し1,192万8,000円とするもので、道路新設改良事業で町道1号線岩長坂住宅第1期工事上の拡幅整備をするもので、実施設計を行ったところ、予算額に不足を生じたため増額するものでございます。


 2目道路維持費は100万円を追加し2,332万6,000円とするもので、道路維持管理事業は測量等調査業務委託料を50万円追加するもので、町道370号線並松道路改良工事等境界確定実施のための測量事業に不足を生じるためのものです。


 道路維持補修事業は、直営で実施している道路補修にかかるアスファルト鋼材、砕石等に不足を生じるため、50万円追加するものでございます。


 12款1項1目予備費は202万2,000円を追加し2,084万5,000円とするもので、歳入歳出を調整したものでございます。


 以上でございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願いいたします。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


○9番議員(奥津光隆)  道路の補修、維持管理等で、今回、補正ということで、これは町民の生活に直接かかわることですから、何が起こるかわかりませんが、その都度きちっとした対応をしていくことは非常に結構だと思います。


 ただ、一つだけここでお願いしておきたいことがあるんですが、いろいろないきさつがあったと思いますが、ある背戸道がせっかくきれいにできているものが、たまたまそこでお年寄りが転んでけがをしたからということで、跡が完全にアスファルトで塗りつぶしてしまったような状態。いろいろ、これから年寄りが多くなりますと、ちょっとした出っ張りでも転ぶ危険性もないと言えませんが、あれ、私、よく見ますと、両側にはちゃんと平らな歩きやすくなっておりますし、いろいろ配慮してつくったと思うんですがね。そういうことも今後もいろいろとあると思いますけれども、ぜひ、やはりこの町……。といいますのは、私、たまたまよそから来た人があって、まちづくりの関係で、五、六人の人があそこに案内していったんです。あそこにいいデザインのものがあるからと思って行ったら、何のこと、ぺたんとなって、どうしたんでしょうかということで、後でわかったんです。確かにけがをさせてはいけない。そういう配慮も大事ですけれども、ご本人の不注意というようなこともあったかもしれませんし、その辺をよく……。特に背戸道などということは真鶴の条例上大変大事な位置になっておりますし、そういうことを重々仕事をやる土木の担当の方、そのほかが連絡を取り合って配慮いただきたいと、こんなふうに思いますが、いかがでこざいましょう。その辺の経過についてご説明いただきたいと思います。


○(町長)  今、奥津議員さんのお話の部分、私もよく承知しているところでございます。条例に基づいて整備された背戸道、こういったことでございますけれども、たまたまではないでしょうけれども、何人かの方、特に妊婦の方が転ばれて、こういう状況になりましたものですから、まず、安心・安全、安全が第一だろうと。今、一番求められるのは何かということは安全だと思います。その安全を第一に考えることが必要であると思います。そして、今、真鶴町の大変厳しい状況の中でも、手戻りにならないような施工がされていればよかったんでしょうけれども、今後については、今のご意見も踏まえながら、手戻りにならないようなまちづくり条例にも沿った形の背戸道整備に努めてまいりたいと。ただ、今回については、こういった事故があったということでございますので、いろいろと執行部としましては検討もさせていただきました。カッターで頭を削ることはできないかとかということもやりましたけれども、そういったことも総合的にな判断をさせていただき、まずは安全の道づくりをしていこうということでやりましたので、あれで永久的に終わるものだとは考えておりません。今後、町が足腰が強くなった段階では、条例に沿った整備も進めていきたいというふうに考えておりますので、ご理解いただきたいと思います。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  討論を省略して、採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


           (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。


 よって討論を省略して採決いたします。


○(議長)  本案は、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


              (全員起立)         2番議員欠席


○(議長)  全員賛成、よって「平成17年度真鶴町一般会計補正予算(第2号)について」の件は、原案のとおり可決されました。


○(議長)  これで、本日の日程は、全部終了しました。


 会議を閉じます。


 平成17年第3回真鶴町議会臨時会を閉会いたします。


           (閉会 午前10時18分)





会議の経過を記載し、その相違ないことを証し、ここに署名する。





                         平成17年7月8日


             真鶴町議会議長


             署名議員


             署名議員