議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 真鶴町

平成17年第1回定例会(第2日 3月 8日)




平成17年第1回定例会(第2日 3月 8日)





       平成17年第1回真鶴町議会定例会会議録(第2日)


            平成17年3月8日(火)


 


1.出席議員 14名


 1番   ? 田   昇         8番   露 木 八 郎


 2番   青 木   透         9番   奥 津 光 隆


 3番   青 木 雅 人        10番   岡ノ谷 佳 子


 4番   長谷川 勝 己        11番   福 井 弘 行


 5番   黒 岩 宏 次        12番   青 木   浩


 6番   東 谷 真由美        13番   青 木   茂


 7番   神 野 秀 子        14番   川 崎 日出男





2.欠席議員  0名





3.執行部出席者


町長        青 木   健    診療所事務長    青 木   肇


真鶴町収入役職務代理者


税務課長      二 見 良 幸    教育総務課長    平 井 敬 一


教育長       松 本 吉之助    生涯学習課長    高 畑 誠 二


管理課長      朝 倉 久 泰    産業観光課長    森   敦 彦


企画調整課長    井 上 準 一    半島振興課長    青 木 幹 夫


住民課長      鈴 木 智 士    土木管理課長    土 屋   茂


保険課長      青 木 正 行    都市計画課長    中 山 康 吉


福祉健康課長    宇 賀 一 章    水道課長      青 木 哲 朗


                     下水道課長     廣 石 逸 雄





4.出席した議会書記


議会事務局長    松 本 宣 夫


書     記   五十嵐 徹 也    書     記   青 木 見 和





5.議事日程


別紙日程表のとおり


           (開会 午前10時15分)


○(議長)  ただいまの、出席議員は13人で、定数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。


○(議長)  議事日程を報告いたします。


             (書記日程朗読)


○(議長)  これより、日程に従い審議を進めます。


○(議長)  日程第1、議案第28号「平成17年度真鶴町一般会計予算について」を議題といたします。


○(議長)  書記に議案を朗読させます。


             (書記議案朗読)


○(議長)  本案につき、提案者の提案理由の説明を求めます。


○(町長)  おはようございます。議案第28号は、平成17年度真鶴町一般会計予算についてであります。


 提案理由につきましては、さきに報告した平成17年度真鶴町施政方針に基づくものでありますので、それをもって提案理由にかえさせていただきます。


 詳細につきましては、担当課長より説明いたさせますので、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。


○(議長)  内容説明を担当課長に求めます。


○(企画調整課長)  おはようございます。しばらくの間、よろしくお願いいたします。


 議案第28号、平成17年度真鶴町一般会計予算についてご説明いたします。


 第1条は、歳入歳出予算です。予算の総額は、歳入歳出それぞれ27億5,000万円とするもので、前年度対比16億7,000万円、37.8%の減としたものです。


 第2条の債務負担行為は、1件を計上したもの。


 第3条の地方債は、2件を計上したもの。


 第4条は一時借入金で、借り入れの最高額を3億円と定めるもの。


 第5条の歳出予算の流用については、人件費の支出に際し、過不足が生じた場合の款項内の流用を認めていただくための規定でございます。


 次のページをお願いいたします。第1表、歳入歳出予算、歳入ございます。


 ここで予算に占める構成につきましては、一般会計附属資料の1、2ページに記載してございますので、ここでは表の朗読とさせていただきます。


 1款町税は1項町民税で3億7,152万9,000円、2項固定資産税で5億7,266万9,000円、3項軽自動車税で954万2,000円、4項町たばこ税で4,933万5,000円、5項特別土地保有税で1,000円とし、1款総額を10億307万6,000円とするもの。


 2款地方譲与税は1項所得譲与税で3,100万円、2項自動車重量譲与税で2,000万円、3項地方道路譲与税で700万円とし、2款総額を5,800万円とするもの。


 3款利子割交付金は1項利子割交付金で、3款総額を700万円とするもの。


 4款配当割交付金は1項配当割交付金で、4款総額を230万円とするもの。


 5款株式等譲渡所得割交付金は1項株式等譲渡所得割交付金で、5款総額を140万円とするもの。


 6款地方消費税交付金は1項地方消費税交付金で、6款総額を5,800万円とするもの。


 7款自動車取得税交付金は1項自動車取得税交付金で、7款総額を2,700万円とするもの。


 8款地方特例交付金は1項地方特例交付金で、8款総額を3,200万円とするもの。


 9款地方交付税は1項地方交付税で、9款総額を6億950万円とするもの。


 10款交通安全対策特別交付金は1項交通安全対策特別交付金で、10款総額を180万円とするもの。


 11款分担金及び負担金は1項負担金で、11款総額を4,954万5,000円とするもの。


 12款使用料及び手数料は1項使用料で3,719万4,000円、2項手数料で763万3,000円とし、12款総額を4,482万7,000円とするもの。


 13款国庫支出金は1項国庫負担金で1億1,161万2,000円、2項国庫補助金で1,368万5,000円、3項委託金で307万1,000円とし、13款総額を1億2,836万8,000円とするもの。


 14款県支出金は1項県負担金で6,233万2,000円、2項県補助金で6,333万9,000円、3項委託金で2,961万7,000円とし、14款総額を1億5,528万8,000円とするもの。


 15款財産収入は1項財産運用収入で2,950万5,000円、2項財産売払収入で1,434万円とし、15款総額を4,384万5,000円とするもの。


 16款寄附金は1項寄附金で、16款総額を63万5,000円とするもの。


 17款繰入金は1項基金繰入金で1億6,345万円、2項特別会計繰入金で3,000円とし、17款総額を1億6,345万3,000円とするもの。


 18款繰越金は1項繰越金で、18款総額を1億3,000万円とするもの。


 19款諸収入は1項延滞金加算金及び過料で85万円、2項町預金利子で1,000円、3項公営企業貸付金元利収入で2,027万円、4項雑入で1,184万2,000円とし、19款総額を3,296万3,000円とするもの。


 20款町債は1項町債で、20款総額を2億100万円とするものです。


 次のページをお願いします。歳出でございます。


 1款議会費は1項議会費で、1款総額を8,680万5,000円とするもの。


 2款総務費は1項総務管理費で3億3,184万1,000円、2項徴税費で7,362万9,000円、3項戸籍住民基本台帳費で2,270万円、4項選挙費で691万円、5項統計調査費で496万円、6項監査委員費で41万9,000円とし、2款総額を4億4,045万9,000円とするもの。


 3款民生費は1項社会福祉費で5億723万5,000円、2項児童福祉費で1億8,235万3,000円とし、3款総額を6億8,958万8,000円とするもの。


 4款衛生費は1項保健衛生費で9,466万7,000円、2項清掃費で2億6,183万6,000円とし、4款総額を3億5,650万3,000円とするもの。


 5款農林水産業費は1項農業費で2,946万9,000円、2項林業費で2,161万3,000円、3項水産業費で252万8,000円とし、5款総額を5,361万円とするもの。


 6款商工観光費は1項商工費で2,821万3,000円、2項観光費で6,704万円とし、6款総額を9,525万3,000円とするもの。


 7款土木費は1項土木管理費で6,940万8,000円、2項道路橋梁費で3,902万2,000円、3項港湾費で389万4,000円、4項都市計画費で1億6,496万円、5項住宅費で147万7,000円とし、7款総額を2億7,876万1,000円とするもの。


 8款消防費は1項消防費で、8款総額を2億1,299万6,000円とするもの。


 9款教育費は1項教育総務費で8,690万8,000円、2項小学校費で5,749万7,000円、3項中学校費で2,452万9,000円、4項幼稚園費で2,650万3,000円、5項社会教育費で1億626万3,000円、6項保健体育費で1,356万5,000円とし、9款総額を3億1,526万5,000円とするもの。


 10款公債費は1項公債費で、10款総額を2億19万円とするもの。


 11款災害復旧費は1項公共土木施設災害復旧費で、22万9,000円、2項厚生施設災害復旧費で1,000円、3項農林水産業施設災害復旧費で1,000円、4項商工観光施設災害復旧費で1,000円、5項文教施設災害復旧費で1,000円、6項その他公共・公用施設災害復旧費で1,000円とし、11款総額を23万4,000円とするもの。


 12款予備費は1項予備費で、12款総額を2,033万6,000円とするものです。


 次のページをお願いいたします。第2表、債務負担行為です。


 これは債務を負担する行為につき、その内容を予算の一部として定めておくもので、住民基本情報の窓口端末機器借上料で、期間は平成18年度から22年度までの5カ年間で、期間内の限度額は1,147万5,000円と定めるものです。


 第3表、地方債です。


 まず、減税補てん債は、恒久的な減税に係るもので、借り入れの限度額を1,200万円と定めるもの。臨時財政対策債は、交付税の減額の特例により不足額を補てんするもので1億8,900万円と定めるもの。起債の方法は、いずれも普通貸借または証券発行で、利率は4%以内。ただし書以下次の償還の方法については、説明欄に記載のとおりでございます。


 11ページをお願いいたします。これより内容の説明をさせていただきます。


 歳入。1款町税、1項の町民税、1目個人は本年度3億3,689万円で、前年度比1,217万8,000円の減、1節現年課税分は3億3,189万円で、算出方法は所得アップ率を0%として算出した平成17年度見込額に徴収率98%を乗じたもので、所得割は3億2,074万2,000円、均等割は1,114万8,000円。


 2目法人は3,463万9,000円で806万9,000円の減、平成17年度見込額に徴収率97.7%を乗じたもので、1節現年課税分は3,433万9,000円、法人税割は1,427万2,000円、均等割は291社分2,006万7,000円、2節の滞納繰越分は20万円増の30万円で計上いたしました。


 続いて2項1目固定資産税は5億7,231万4,000円で、3,759万円の減、1節現年課税分は5億6,314万円で、土地につきましては平成16年度同様の地目、筆数に徴収率96%を乗じて算出いたしましたもので2億2,685万3,000円、家屋につきましては、16年度より新、増築減少分を算入し、徴収率を乗じて算出し2億4,955万4,000円、償却資産につきましては、資産の増加を見込まず、現有資産の年次償却による減額があり、8,390万7,000円でございます。2節の滞納繰越分は200万円増の1,200万円で計上いたしました。


 2目国有資産等所在市町村交付金及び納付金は35万5,000円で12万1,000円の増、1節現年課税分は郵政公社分でございます。


 続いて3項1目軽自動車税は954万2,000円で18万9,000円の増、1節現年課税分は949万2,000円で、平成16年10月末での実績から平成17年度の登録台数を算出し、徴収率97%を乗じたものでございます。2節滞納繰越分は5万円で計上いたしました。


 4項1目町たばこ税は4,933万5,000円で867万7,000円の減、1節現年課税分で、一般分の巻きたばこ等は16年度見込額の95%で計上し4,908万6,000円、旧3級品の紙巻たばこは16年度から増額が見込まれ24万9,000円で計上いたしました。


 次のページをお願いいたします。


 5項1目特別土地保有税は1,000円で、2節滞納繰越分での科目設定でございます。


 次に、2款地方譲与税、1項1目所得譲与税は3,100万円で1,600万円の増、これは平成18年度までに所得税から個人住民税への税源移譲を実施するまでの間の暫定的な措置のもので、国庫負担金の減額分等が上乗せされているものでございます。


 続いて2項1目自動車重量譲与税は2,000万円で100万円の増、これは県より示された額を計上したものでございます。


 3項1目地方道路譲与税は700万円で50万円の増、これも同じく示された額を計上したものでございます。


 次に、3款利子割交付金、1項1目利子割交付金は実績から700万円で100万円の減でございます。


 次のページをお願いいたします。


 4款配当割交付金は1項1目配当割交付金で、230万円は前年度同額で計上したものでございます。


 次に、5款株式等譲渡所得割交付金は1項1目株式等譲渡所得割交付金で、140万円は前年度同額で計上したものでございます。


 次に、6款地方消費税交付金は1項1目地方消費税交付金で、5,800万円は前年同額で計上したもの。


 続いて7款自動車取得税交付金は1項1目自動車取得税交付金で、2,700万円は前年度同額。


 8款地方特例交付金は1項1目地方特例交付金で、3,200万円は前年度同額で計上したものでございます。


 次のページをお願いします。


 9款地方交付税は1項1目地方交付税で、6億950万円は5,050万円の減、普通交付税5億2,000万円、特別交付税8,950万円で、16年度実績見込額を計上したものでございます。


 次に、10款交通安全対策特別交付金、1項1目交通安全対策特別交付金で、180万円は前年度同額で計上をしたものでございます。


 次に、11款分担金及び負担金、1項負担金、1目総務費負担金は新規でございまして365万8,000円で、1節総務管理費負担金で16年度より真鶴町・湯河原町の共有土地収入を持分により案分するため等の管理事務費負担金でございます。


 2目民生費負担金は2,490万3,000円で197万3,000円の減、1節社会福祉費負担金12万2,000円は老人措置費徴収金で2名分。2節児童福祉費負担金2,478万1,000円は入所児童徴収金で、16年度実績によるもの。


 3目衛生費負担金は1,950万4,000円で156万7,000円の減、1節保健衛生費負担金1,404万1,000円は火葬場経営費湯河原町負担金で、過去5年間の実績によるもの。2節清掃費負担金は546万3,000円はし尿貯留施設管理費湯河原町負担金は前年同様でございます。


 4目土木費負担金は148万円で34万2,000円の減、1節道路等改修費負担金で、湯河原町からの水路改修分を受けるものでございます。


 次のページをお願いします。


 12款使用料及び手数料、1項使用料、1目総務使用料は509万1,000円で38万5,000円の増、1節総務管理使用料で、前年同様のものに新たに昨年10月オープンした情報センターを加えたものでございます。


 2目衛生使用料は343万円で13万円の増、1節保健衛生使用料で火葬場使用料は実績による見込額です。


 3目農林水産業使用料は36万3,000円で1万2,000円の増、1節農業使用料6万円はふれあい農園使用料10区画分。2節水産業使用料30万3,000円は、漁港施設使用料はプレジャーボート2件分、漁港区域内占用料等は海の家5件分でございます。


 4目商工観光使用料は63万円で138万円の減、1節観光使用料で、宮ノ前観光案内所使用料は前年同額。


 5目土木使用料は487万1,000円で87万7,000円の増、1節道路使用料274万2,000円は道路占有料で東電、NTTなどの電柱等。2節住宅使用料212万9,000円は町営住宅使用料、前年同様のものに新たに長坂住宅27戸分を加えたものでございます。


 6目教育使用料は2,280万9,000円で9万円の減、1節幼稚園保育料363万3,000円は町立ひなづる幼稚園保育料36人分、2節公民館使用料58万円、3節美術館観覧料で1,747万2,000円、4節保健体育使用料で112万4,000円は、実績を踏まえそれぞれ前年同様に措置したものでございます。


 次のページをお願いいたします。


 2項手数料、1目総務手数料は571万2,000円で5,000円の減、1節徴税手数料24万円は前年同様2,400件の督促手数料でございます。2節の事務手数料11万6,000円は町民交通傷害保険取扱事務手数料で3,233件分、3節窓口事務手数料535万6,000円は税務諸証明手数料以下窓口事務に係るもので、記載のとおりでございます。


 2目衛生手数料は170万4,000円で4万8,000円の減、1節畜犬登録手数料49万5,000円は登録手数料で55頭分、注射済票交付手数料で600頭分でございます。2節清掃手数料120万9,000円はし尿処理手数料は実績による見込み、一般廃棄物収集運搬手数料は家電製品収集運搬手数料に新たに粗大ごみ分を加えたもの。一般廃棄物処理業許可手数料は3件分を見込んだもの。


 3目農林水産手数料は8万3,000円で2,000円の減、1節農業手数料で、農業者年金業務委託手数料に新たに鳥獣飼養登録等手数料を措置したものでございます。


 4目土木手数料は8万円で1万8,000円の増、1節都市計画手数料8万円は屋外広告物許可申請手数料で、更新の年に当たるための増。


 5目教育手数料は5万4,000円で、前年同様18人で計上したものでございます。


 次に、13款国庫支出金、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金は1億978万8,000円で261万1,000円の増、1節社会福祉費負担金で保険基盤安定制度負担金は事業費の2分の1が措置されるもので2,587万8,000円、身体障害者及び身体障害児補装具交付事務負担金は前年同額、障害者施設入所分に係る支援費制度事業費負担金は2,721万円、更生医療給付費負担金は16年度実績によるもので、国2分の1のものでございます。続いて2節児童福祉費負担金で5,540万円、保育所運営費負担金は保育所運営費から個人徴収金を差し引いた2分の1でのもの。被用者児童手当負担金以下児童手当は、17年度より支給対象者が6歳から小学校3学年終了まで引き上げられたことによる増額となっております。


 2目衛生費国庫負担金は182万4,000円で76万8,000円の減、1節保健衛生費負担金で、16年度までの母子保健衛生費負担金が税源移譲で交付税措置されたため減額となっております。内容につきましては前年同様でございます。


 次のページをお願いします。


 2項国庫補助金では1目民生費国庫補助金で757万3,000円で307万2,000円の増、1節社会福祉費補助金で、在宅福祉費補助金は短期入所等事業の2分の1で措置されるもの。医療費適正化対策事業補助金はレセプト点検賃金に係るもので、2分の1で措置されるもの。身体障害者訪問入浴サービス事業補助金は2人分で2分の1で措置されるもの。支援費制度事業費補助金は2分の1措置されるもので、利用者増により増額をしております。


 続いて2目衛生費国庫補助金は103万7,000円で33万5,000円の減、1節保健衛生費補助金で、合併処理浄化槽設置整備事業補助金は8基の設置に対し3分の1で措置したもの。


 次に、3目土木費国庫補助金は468万5,000円で2億7,608万9,000円の減、1節住宅費補助金で、公営住宅等家賃対策補助金は新設の長坂住宅入居家賃に対し近傍同種家賃との差額の2分の1が措置されるもの。なお、昨年度の住宅建設事業に対する補助金が今年度ないために大幅減となっております。


 4目教育費国庫補助金は39万円で3,109万8,000円の減、1節教育総務費補助金で、要保護児童生徒援助費補助金は対象者11名、特殊教育就学奨励補助金は対象者2名分です。なお、16年度学校施設整備補助金が17年度はありませんので、大幅減となっております。


 続きまして3項委託金、1目総務費委託金は16万6,000円で1万9,000円の減、1節戸籍住民基本台帳費委託金、外国人登録事務費委託金及び自衛官募集事務委託金は前年同様のもの。


 続いて2目民生費委託金は290万5,000円で30万4,000円の増、1節社会福祉費委託金288万7,000円で、基礎年金等事務費委託金及び福祉年金事務費委託金は前年同様のもの。協力・連携事務費委託金は相談業務に係るものでございます。2節児童福祉費委託金1万8,000円は特別児童扶養手当事務費委託金は前年同様のものでございます。


 次のページをお願いします。


 14款県支出金、1項県負担金、1目民生費県負担金5,008万5,000円で4万1,000円の減、1節社会福祉費負担金2,803万1,000円で、保険基盤安定制度負担金は国庫負担金と同様、県4分の1ものです。民生委員協議会負担金、同じく活動費負担金、同じく推せん会負担金は前年同様の措置でございます。身体障害者及び身体障害児補装具交付事務負担金以下は国庫負担金と同様で県4分の1の措置でございます。2節児童福祉費負担金2,205万4,000円は、02の児童委員活動費負担金は前年同額のもの、その他の項目につきましては国庫負担金と同様のもので、それぞれ県負担割合により措置したものでございます。


 続いて2目衛生費県負担金182万4,000円で76万8,000円の減、1節保険衛生費負担金で、老人保健事業費負担金は国庫負担金と同様もので、県3分の1のものでございます。


 3目市町村委譲事務交付金1,042万3,000円で88万1,000円の増、1節市町村移譲事務交付金で、新たに4つの事務が移譲されるものでございます。


 次のページをお願いします。


 2項県補助金、1目総務費県補助金は24万5,000円で498万5,000円の減、1節総務費補助金で市町村消費生活相談体制整備推進事業費補助金で前年同様。なお、昨年の合併支援費補助金がないための減額でございます。


 2目民生費県補助金は4,204万3,000円で247万1,000円の増、1節社会福祉費補助金2,422万円は、介護予防・生活支援事業補助金は基準額の4分の3措置、次の家族介護支援特別事業補助金から15の身体障害者訪問入浴サービス事業補助金までは、例年同様の事業で定められた率により算出したものでございます。17支援費制度事業費補助金は国庫補助金と同様で4分の1で、一部事業は2分の1のものでございます。生活支援短期入所事業補助金及び障害児地域訓練事業費補助金は前年同様基準額の2分の1のもの。障害者地域作業指導事業補助金は新規で、町内に新たに設置される作業所に措置したものでございます。2節児童福祉費補助金1,782万3,000円は民間保育所運営費補助金以下前年同様、基準額の2分の1で措置もの。


 続いて3目衛生費県補助金は196万4,000円で33万7,000円の減、1節保健衛生費補助金193万4,000円は一次救急医療対策事業補助金以下前年同様の措置をしたものでございます。2節美化事業費補助金につきましては不法投棄・散乱ごみ対策推進事業市町村補助金、実績により3分の1を措置したもの。


 4目農林水産業費県補助金は1,134万9,000円で134万1,000円の減、1節農業費補助金112万2,000円は農業委員会交付金以下前年同様に措置したものでございます。2節林業費補助金872万7,000円は松くい虫被害対策自主事業補助金で、薬剤散布から樹幹注入に切り替えた部分が減額となっております。3節水産業費補助金150万円は都市漁村交流活動推進事業費補助金で、真鶴漁協の事業に対し2分の1で措置したものでございます。


 続いて5目土木費県補助金は4万1,000円で9,000円の減、1節都市計画費補助金で、土地利用規制等対策費交付金は前年同様のもの。


 6目消防費県補助金は179万7,000円で528万9,000円の減、1節地震対策費補助金で、市町村地震対策緊急支援事業費補助金は昨年防災行政無線子局の更新が終了したための減額でございます。


 7目教育費県補助金は90万円で10万円の減、1節社会教育費補助金で、市町村青少年行政推進費補助金は前年同様のもの。


 8目市町村振興補助金は500万円で690万円の減、1節市町村振興補助金で、長坂住宅前町道1号線改修工事に対するものでございます。


 なお、緊急地域雇用創出特別対策市町村補助金は、16年度で制度が終了したものでございます。


 次のページをお願いします。


 3項委託金、1目総務費委託金は1,489万1,000円で361万1,000円の減、1節徴税費委託金994万6,000円は個人県民税徴収取扱費委託金で、前年同様に措置したもの。2節戸籍住民基本台帳費委託金3万6,000円は人口動態調査費交付金以下前年同様でございます。3節選挙費委託金5,000円は神奈川海区漁業調整委員会委員選挙人名簿調製費委託金でございます。4節統計調査費委託金490万4,000円は学校基本調査委託金以下05までは前年同様のもの、06国勢調査委託金は本年度実施するものを措置しております。


 2目民生費委託金は前年同額の4万1,000円、1節社会福祉費委託金で、援護事務交付金以下前年同様もの。


 3目農林水産業費委託金は前年同額の2万円、1節林業費委託金で自然保護奨励金事務委託金で、実績によるものでございます。


 4目土木費委託金は1,435万1,000円で13万9,000円の減、1節港湾費委託金は前年同様に措置したもの。


 5目教育費委託金は前年同額の31万4,000円、1節の教育総務費委託金で、スクーリングサポートネットワーク事業委託金でごさいます。


 次に、15款財産収入、1項財産運用収入、1目財産貸付収入は2,950万5,000円で3,874万7,000円の減、1節土地貸付収入で、内容は記載のとおりですが、減額の理由の主なものは湯河原町共有地分及び小田急貸地料等によるものでございます。


 なお、利子及び配当金は、本年4月1日よりペイオフが解禁となることから、その対策といたしまして、預金が全額保護される決済用預金に切り替えることから計上しておりません。


 次のページをお願いします。


 2項財産売払収入、1目不動産売払収入は前年同額の2万円で、1節土地売払収入及び2節その他不動産売払収入とも科目設定でございます。


 2目物品売払収入1,072万円で、382万円の増、1節美術館図録等売払収入681万9,000円は前年同様を見込んだもの。2節物品売払収入390万1,000円は不用物品売払収入とお林展望公園売店等売払収入を計上したもの。


 続いて3目生産品売払収入は360万円で5,730万2,000円の減、1節食堂売上収入で、お林展望公園食堂売上収入を計上したものです。なお、減額の理由は、ケープ真鶴が特別会計に移ったということでございます。


 次に、16款寄附金、1項寄附金、1目衛生費寄附金は前年同額の1万6,000円で、1節清掃費寄附金は放置自転車撤去処理事業に対する寄附金で前年同額の1台分。


 2目農林水産業費寄附金は10万1,000円で65万円の減額、1節林業費寄附金で、みどり基金に対する寄附金は科目設定、自然保護協力寄附金はお林展望公園にて主に協力願うものでございます。


 3目教育費寄附金51万8,000円で23万1,000円の増、1節教育総務費寄附金は奨学金事業に対するもので科目設定。2節幼稚園費寄附金及び3節小学校費寄附金は、路線バス及びスクールバス利用者に係るものでございます。


 次に、17款繰入金、1項基金繰入金、1目財政調整基金繰入金は8,659万8,000円で1億4,888万8,000円の減、当初予算の編成に際し財政調整措置として繰入金の調整を行うものございます。


 2目町債管理基金繰入金は361万8,000円で5,138万2,000円の減、これは公債費の財源に充てるもの。


 3目まちづくり推進事業基金繰入金は2,282万円で、9,795万7,000円の減、貴船まつり保存奨励事業等6事業に充当するものでございます。


 4目地域振興基金繰入金は3,598万4,000円で301万6,000円の減、これはさわやかサービス助成事業等5事業に充当するもの。


 5目教育施設整備基金繰入金は1,390万円で3,110万円の減、これは真鶴小学校給食室設備整備工事等4事業に充当するもの。


 6目奨学基金繰入金は3万円で3万円の減、これは1名分でございます。


 7目みどり基金繰入金は50万円で50万円の増、これは町有林管理事業に充当するものでございます。


 次のページをお願いいたします。


 2項特別会計繰入金、1目老人保健医療特別会計繰入金以下、2目下水道事業特別会計繰入金、3目介護保険事業特別会計繰入金は1,000円で科目設定でございます。


 次に、18款は繰越金、1項1目繰越金は1億3,000万円で3,000万円の増、これは本年度予算の不用額、予備費等を見込んだものでございます。


 19款諸収入、1項延滞金加算金及び過料、1目延滞金は85万円で5万円の増、町税滞納延滞金で見込額を計上したもの。


 次に、2項町預金利子、1目預金利子は1,000円で科目設定でございます。


 次に、3項公営企業貸付金元利収入、1目上水道事業会計貸付金元利収入は2,027万円で9万円の増、これは平成13年度及び15年度貸付の元利返済分でございます。


 次のページをお願いします。


 4項1目雑入は1,184万2,000円で1,120万2,000円の減、これは県証紙販売手数料以下前年同様に受け入れるもので、内容は記載のとおりでございます。


 次に、20款1項町債、1目減税補てん債は1,200万円で2億1,700万円の減、これは恒久的減税により措置されるもので、第2表地方債で説明のとおりでございます。


 2目臨時財政対策債1億8,900円で1億1,100万円の減、これも地方交付税の減額により不足する財源措置で、第4表で説明のとおりでございます。


 なお、土木債は、昨年度、公営住宅建設事業債及びお林展望公園に対するもので本年度はございません。


 次のページお願いします。


 次に、歳出の説明に入りますが、説明欄に各事業ごとに細説をまとめてあることから、事業ごとに新規、または増減の大きいものなどを中心に説明をさせていただきたいと思います。


 歳出、1款1項1目議会費は本年度8,680万5,000円で、前年度比較193万5,000円の減、一般経費1,647万5,000円で、この一般経費は職員人件費のほか、同じ目内の他の事業に区分できない種類のものを整理しており、以下全科目共通のものでございます。内容は02−21から04−21までは職員2名分の人件費でございます。なお、一般職給料につきましては、17年度より国の給料表に準じたことにより、平均約3%の減額となっております。また、調整手当につきましては5%に見直しております。さらに、管理職手当につきましても、参事級は15%から12%へ、課長級は12.5%から10%へ、課長補佐級は11%から9%へ見直したもので計上されておりまして、以下全科目共通となっております。


 次に、議会運営事業は6,946万7,000円で26万2,000円の増、10−21議会交際費は前年に引き続きさらに10万円の減としたものです。11−11消耗品費は9月改正に伴う増額をしております。19−15議員団体補償掛金は町長招集の協議会においても保険対象となるよう措置したものでございます。


 次に議事録発行事業86万3,000円で、減額は17年度より議会だよりの発行を休止することによるものでございます。


 次に、2款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費は2億5,649万2,000円で5,380万7,000円の減、一般経費は2億5,460万1,000円で、次のページをお願いいたします、人件費は特別職は町長と企画調整課、管理課、会計課職員24名分で、町長につきましては給与を約30%減額しております。内容のところで、03−08宿日直手当につきましては17年度から休日の窓口事務実施のため振り替え措置とすることから、114万9,000円の減となっております。続いて10−11町交際費は前年に引き続きさらに10万円の減額、11−11消耗品費は前年度比56万1,000円の減、なお、17年度予算編成に当たり、需用費につきましては、すべての科目におきまして例年以上に見直しをしておりますので、以降は説明は必要なもののみとさせていただきます。13−16町例規集データ別システム管理委託料は、パソコンのインターネットにより広く例規集が閲覧できるようにしたもので、約150万円の節減とあわせて利便の向上を図っております。


 次のページをお願いいたします。


 表彰関係事業は25万3,000円で、職員自治功労者表彰対象者が17年度はないための減額。


 職員福利厚生事業は163万8,000円で、19−41職員厚生事業助成金で、従来の指定旅館利用者の割引助成にかえ、本年度から町診療所でのインフルエンザ予防接種実施者への助成に切り替えたことによる減額でございます。


 2目文書広報費は426万5,000円で404万2,000円の減、広報事業255万5,000円は119万2,000円の減、主に毎月15日発行のいそひよカレンダーを本年度は休止するためものでございます。


 続いて広聴事業は前年同様の事業内容でございます。


 自治会助成事業170万2,000円は、自治会連合会補助金につきましては2割の減額とさせていただいております。


 3目会計管理費203万4,000円で103万8,000円の減、一般経費は前年同様の内容ですが、一括管理をしている消耗品費につきましては見直しをして減額となっております。


 4目財産管理費1,765万5,000円で9,819万2,000円の減、一般経費8万5,000円は前年同様の措置でございます。続いて庁舎維持管理経費1,043万1,000円は11−61修繕料については科目設定として計上、13−31清掃業務委託料は回数等を見直したことにより減額をしております。


 次のページをお願いします。


 庁用車管理経費479万4,000円は107万1,000円の増、11−21燃料費はガソリン代高騰により増、下の修繕料の増は車検9台分に係るもの。下の手数料は1月1日施行のリサイクル法による手数料でございます。


 続いて町有土地貸付事業120万7,000円は98万2,000円の増、23−01高圧鉄塔線下補償料(東日本旅客鉄道)還付金は、3年分一括で納入されておりました線下補償料について湯河原町に持分案分で支出するものでございます。


 続いて公有財産維持管理経費113万8,000円は167万4,000円の減、事業内容につきましては前年同様でございます。


 5目企画費は2,049万4,000円で4,620万3,000円の減、一般経費25万2,000円でございます。19−15ゴールドコースト交流連絡協議会負担金は交流15周年記念事業によるものの2万円の措置でございます。


 続いて総合計画事業661万5,000円は652万7,000円の増、これは総合計画の基本計画改訂作業等委託料で、第3次総合計画後期計画を本年度策定することによるものでございます。


 広域行政推進事業109万3,000円は前年同様の内容でございます。


 OA化推進事業610万8,000円は152万7,000円の減、12−91通信運搬費は湯河原町真鶴町のLGWAN、光ケーブルを使用しなくなったための減額が主な内容でございます。


 次のページをお願いします。


 財政管理事業600万6,000円は104万3,000円の減、事業内容は前年同様でございますが、本年度、財務会計システム機器等の入れ替えをすることによる減額でございます。


 行政改革推進事業4万円は、前年同様の事業でございます。委員報酬は5人分。


 情報公開・個人情報保護制度化事業31万5,000円は、前年同様の措置でございまして、委員報酬が5人分でございます。


 男女共同参画推進事業6万5,000円は、前年同様の措置でございます。


 続いて6目治安対策費は122万6,000円で57万9,000円の減、防犯対策事業21万1,000円は前年同様、交通安全対策事業69万2,000円は前年同様ですが、補助金については減額をさせていただいております。庁用車管理経費32万3,000円は前年同様でございます。


 7目地区集会所費55万1,000円で11万8,000円の減、地区集会所経費55万1,000円は岩地区、宮ノ前地区集会所に係るもので、前年同様でございます。


 次のページをお願いします。


 8目職員研修費は29万4,000円で8万4,000円の減、職員研修経費29万4,000円は前年同様の措置でございます。


 9目情報センター費は2,783万円で5,858万1,000円の減、一般経費625万5,000円は地域情報センター嘱託職員1名分及び07−11臨時職員賃金が主なものでございます。


 真鶴地域情報センター費989万5,000円はIT講習講師謝礼4回分及び12−91通信運搬費774万1,000円はインターネット回線接続のもの、学校を含む庁内すべての回線をここで集約し、及び庁内すべてのネットワーク回線に対する使用料でございます。


 情報センター真鶴施設管理経費1,168万円は、燃料費及び光熱水費は10月からの実績により計上したもの。13−21消防・防災設備保守点検業務委託料以下13−32までは年間の施設管理委託料でございます。14−94電柱共架料は建物によるテレビ受信障害により共同アンテナを設置したことによるものでございます。


 続いて10目諸費は100万円で50万円の減、町税等過誤納金還付金は実績の中で減額しております。


 なお、合併対策費は16年度で終了した事業、町づくり推進事業費は本年度野外芸術祭を休止するためのものでございます。


 次のページをお願いします。


 2項町税費、1目税務総務費は5,619万4,000円で754万8,000円の増、一般経費5,619万4,000円で、人件費は税務課職員8人分でございます。


 続いて2目賦課徴収費は1,743万5,000円で、956万5,000円の減、町税賦課徴収事業1,743万5,000円で956万5,000円の減額、これは昨年実施した固定資産基礎資料整備事業委託料を本年度は実施しないためのものが主な内容でございます。


 続いて3項戸籍住民基本台帳費、1目戸籍住民基本台帳費は2,270万円で91万4,000円の減、一般経費1,087万5,000円は人件費で、住民課窓口2名分のものでございます。


 次のページをお願いします。


 戸籍住民基本台帳等経費1,112万4,000円は588万7,000円の増、14−71及び14−72でございますが、電算システム借上料、窓口端末機借上料は、本年度新たなシステムに切り替えることが増額の主な内容でございます。


 続いて町民交通傷害保険事業17万4,000円及び消費生活事業52万7,000円は前年同様の措置でございます。


 続きまして4項選挙費、1目選挙管理委員会費は71万7,000円で1万円の減、一般経費71万7,000円は前年同様の措置でございます。


 次のページをお願いします。


 2目選挙常時啓発推進費は4万円で12万円の減、これは例年成人式において選挙啓発として記念品代を措置しておりました予算を教育委員会費の方へ移したためのものでございます。


 3目町議会議員一般選挙費は新規で567万8,000円とするもの。これは町議会議員一般選挙執行経費として以下に記載の項目は、9月29日任期満了となる選挙経費を措置したものでございます。


 4目農業委員会委員選挙費は新規で47万5,000円とするもの。これは農業委員会委員選挙執行経費で、7月実施の選挙経費を措置したものでございます。


 なお、昨年実施の参議院議員通常選挙費及び海区漁業調整委員会委員選挙費は、今年度はございません。


 次のページをお願いします。


 5項統計調査費、1目統計調査総務費は496万円で387万6,000円の増、統計調査事業496万円は387万6,000円の増で、本年度国勢調査の実施年となっているため、その分、増額となっております。


 続いて6項1目監査委員費は41万9,000円で1万7,000円の減、監査事業は前年同様の措置としております。


 次に、3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費は3億5,718万円で257万9,000円の増、一般経費4,082万6,000円は人件費で、福祉関係職員6人分でございます。


 次のページをお願いします。


 民生委員活動費は76万7,000円で、民生委員推せん会を1回分措置しております。


 行旅死亡人等取扱事業は19万7,000円、前年同様1人分でのもの。人権同和問題啓発活動事業は5万7,000円で、前年同様。保健福祉サービス推進事業は16万円で前年同様同額でございます。社会福祉協議会関係事業は248万6,000円で、内容は前年同様の事業となっております。


 福祉団体支援事業は48万9,000円で、足柄下地区保護司会負担金及び郡遺族会負担金並びに19−72町遺族会交付金については、町及び郡町村会分が減額されたものでございます。


 続いて国民健康保険事業特別会計事業勘定繰出金は7,751万8,000円、国民健康保険事業特別会計施設勘定繰出金は4,908万7,000円、老人保健医療特別会計繰出金は6,531万5,000円、次のページをお願いいたします。介護保険事業特別会計繰出金は9,790万4,000円で、それぞれ措置をしております。


 次に、2目の国民年金費は754万円で59万3,000円の減、一般経費754万円は担当職員1名分の人件費でございます。


 3目老人福祉費2,224万3,000円で334万4,000円の増、一般経費は2万8,000円で前年同様、敬老事業は423万7,000円で32万5,000円の増は報償費、記念品の対象者1,000人で、増となっているものでございます。


 続いて老人生きがい対策事業74万9,000円で前年と同様の内容でございます。


 老人保護措置事業469万8,000円は40万4,000円の減額、内容は養護老人ホーム入所者2名分でのものでございます。


 ふれあいスポーツ大会事業は42万9,000円で5万5,000円の減、内容は前年同様の事業でございます。


 在宅要援護老人等福祉サービス事業220万7,000円は28万2,000円の減額は、内容は前年同様としたものでございますが、次のページをお願いします。13−12ひとり暮らし老人等緊急通報システム委託料につきましては、17年度から町単独事業として実施するものでございます。


 老人クラブ補助事業82万円は10万円の減で、19−42単位クラブ補助金を減額したものでございます。


 生きがい事業団補助事業495万5,000円は26万円の減で、19−41生きがい事業団補助金を減額したものでございます。


 老人保健福祉計画事業は412万円でございまして、新規で、17年度見直しをし、18年度のからの5カ年計画とするものでございます。


 4目心身障害者福祉費は1億621万5,000円で912万5,000円の増、一般経費は19万9,000円で前年同様でございます。心身障害児訓練会指導員賃金は16回分を見ております。


 重度障害者医療費助成事業1,799万7,000円は116万1,000円の減、20−01重度障害者医療費で、実績により計上したための減となっております。


 進行性筋萎縮症者療養給付事業449万4.000円は28万8,000円の増、これは医療内容が変わったことより増額をするものでございます。


 福祉団体支援事業729万4,000円は614万6,000円の増、新規で、19−41障害者地域作業所補助金621万円は旧診療所医師住宅を地域作業所として運営していくための補助を新たにするものでございます。


 次のページをお願いします。


 右側のページでございますが、在宅障害児者福祉事業は623万3,000円で前年同様の事業内容となっております。


 障害児者支援費制度事業6,999万8,000円は378万4,000円の増額で、20−01障害児者支援費制度事業費補助金は、各種支援費の見込額増によるものでございます。


 5目老人福祉施設費は712万4,000円で80万1,000円の減、老人憩いの家管理事業127万6,000円は前年同様の事業内容。


 老人福祉センター管理事業166万3,000円は前年同様の事業でございます。


 土地取得特別会計繰出金418万5,000円は真崎荘の用地取得に係るものを措置してございます。


 続いて6目老人保健医療対策費は258万3,000円で3万8,000円の減、老人保健医療対策事業258万3,000円で、内容はレセプト点検等に係る経費で、事業内容は前年同様でございます。


 次のページをお願いします。


 7目老人デイサービスセンター費は435万円で6万円の減、老人デイサービスセンター管理事業409万1,000円はデイサービスセンター維持管理経費を計上したもので、前年同様の内容でございます。


 続いて庁用車管理経費25万9,000円は2台に係るもので、前年同様の措置でございます。


 続いて2項児童福祉費、1目児童福祉総務費は775万4,000円で149万6,000円の減、一般経費7万1,000円は前年同様の措置でございます。


 次の児童委員活動事業63万4,000円も前年同様同額でございます。


 次のひとり親家庭等医療費助成事業704万9,000円は65万5,000円の増、前年同様の措置でございますが、増額分は実績による見込みに対して増ということになっております。


 次のページをお願いします。


 2目児童福祉施設費は15万7,000円で502万円の減、児童福祉施設管理経費で、減額の主な内容は16年度実施した真小正門横の小広場整備工事が終了したためのでございます。


 続いて3目児童措置費は1億7,058万1,000円で182万1,000円の増、保育所運営費助成事業1億1,234万2,000円は791万7,000円の減、20−01保育所運営費で、実績及び17年見込によるための減額でございます。


 次の民間保育所運営費等補助事業2,698万2,000円は111万9,000円の減、民間保育所運営費で、実績及び17年見込みによる減額でございます。


 児童手当支給事業3,125万7,000円は1,085万7,000円の増、20−04被用者小学校第3学年終了前特例給付及び非被用者小学校第3学年終了前特例給付につきましては、昨年まで就学前の6歳までの支給のものが法改正により小学校3学年終了前まで対象が引き上げられたことによるものでございます。


 次の4目小児福祉費は386万1,000円で176万7,000円の減、小児医療費助成事業で20−01小児医療費の16年度実績及び17年度見込みにより減額となったものでございます。


○(議長)  暫時休憩します。


           (休憩 午前11時24分)


           (再開 午後 1時09分)


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(企画調整課長)  引き続きよろしくお願いいたします。ページ67ページでございます。


 下段からまいります。4款衛生費、1項保健衛生費、1目保健衛生総務費は3,785万2,000円で407万円の減、一般経費は3,216万4,000円で、人件費は保健師3人を含めた保健センター職員5人分で、他の事業内容は前年同様でございます。


 次のページをお願いいたします。


 救急医療事業で568万8,000円は55万9,000円の増、19−12広域二次病院群輪番制運営費負担金は2市8町分で213万3,000円、19−15ドクターヘリ運営費負担金は45万1,000円で、県及び参加市町村で負担するものでございます。


 2目保健センター費805万6,000円で12万1,000円の増、一般経費69万2,000円は前年同等の事業内容でございます。


 施設維持管理事業390万円は前年同様の措置をしたものでございます。


 次のページをお願いいたします。


 庁用車管理経費23万2,000円は14万5,000円の増、これは本年度、訪問指導者の車検によるものでございます。


 次に、1歳6カ月児・3歳児健康診査事業52万円は前年同様6回の実施を予定しております。


 妊婦・乳幼児健康診査事業104万5,000円は17万1,000円の増、前年同様70人分で措置をしております。


 乳幼児歯科健康診査事業23万6000円で、前年同様年6回の実施を予定しております。


 母子保健事業62万1,000円は、前年同様の内容でございます。


 保健推進委員活動事業45万円につきましても、前年同様措置したものでございます。


 続いて3目予防費は3,119万4,000円で36万3,000円の増、一般経費23万1,000円は前年同様の内容でございます。


 予防接種事業769万5,000円は84万円の増、13−11予防接種委託料の参加増及び高齢者インフルエンザ予防接種の希望者増によるものでございます。


 続いて健康教育事業136万5,000円は、前年同様、高脂血症、高血圧、糖尿病などの予防啓発を行うものでございます。


 次のページをお願いいたします。


 健康相談事業は54万7,000円で前年同様同額で、年12回開催するものでございます。


 健康診査事業1,959万5,000円は23万4,000円の減、前年同様に措置したものでございます。なお、17年度より受益者負担といたしまして住民健康診査につきましては1人500円、肝炎検査につきましては700円の負担をお願いすることとなります。


 機能訓練事業76万9,000円は、前年同様の内容でございます。


 訪問指導事業20万4,000円は、前年同様同額で措置したものでございます。


 健康づくり事業37万9,000円は、13−11食生活改善推進養成講座を年12回開催するもので、前年同様同額でございます。


 難病患者等居宅生活支援事業27万7,000円も前年同様の事業でございます。


 精神障害者支援事業8万4,000円につきましては、作業所への交通費補助で、1名分を措置したものでございます。


 在宅寝たきり老人歯科診療対策事業4万8,000円は、17年度は単価が下がったため減額となりました。


 続いて4目火葬場費は1,717万1,000円で185万6,000円の減、火葬場事業1,717万1,000円は185万6,000円の減。次のページをお願いいたします。11−61修繕料の62万5,000円は炉の台車耐火材1台分を交換するものでございます。下がりまして15−02町営墓地水道設置工事23万7,000円は、岩町営墓地に水道施設を本年度設置することによるものでございます。


 5目公害対策事業費は11万2,000円で10万円の減は、19−12西さがみ連邦共和国地球ファミリー環境議会の参加者が昨年よりも減少するためのものでございます。


 続きまして6目畜犬登録費は28万2,000円で9万7,000円の減は、昨年の動物フェスティバル神奈川に対する負担金が今年度はなくなったためのものでございます。なお、19−41猫避妊・去勢手術費助成金は11万2,000円で2万2,000円の増、これは申請が増加しているため増額で措置したものでございます。


 続いて2項清掃費、1目清掃総務費は2,376万1,000円で85万8,000円の減、一般経費2,336万9,000円は、窓口を除く住民課職員3人分の人件費でございます。


 次のページをお願いいたします。


 ごみ減量化対策事業39万2,000円は、集団回収と生ごみ処理機への助成で、前年同様の措置でございます。


 2目塵芥処理費は1億6,997万4,000円で2,404万8,000円の減、塵芥処理事業につきましては前年同内容の事業でございますけれども、19−11湯河原町真鶴町衛生組合負担金は1億1,920万5,000円で2,208万2,000円の減は、組合事業計画の中でのものでございます。19−12足柄下地区ごみ処理広域化負担金は100万円で、引き続き措置するものでございます。


 3目し尿処理費は6,579万7,000円で531万8,000円の減、し尿処理事業6,579万7,000円は531万8,000円の減、13−14し尿運搬委託料は1,922万2,000円で400万4,000円の減、これは実績により17年度を見込んだものでございます。19−41合併処理浄化槽設置費助成金は8基分を計上したものでございます。


 4目美化運動事業費230万4,000円は21万6,000円の減、これは事業内容は前年同様でございます。


 次のページをお願いいたします。


 5款は農林水産業費です。1項農業費、1目農業委員会費は154万6,000円で2万1,000円の減、一般経費21万1,000円は前年同様の措置でございます。農業委員会運営経費133万5,000円も前年同様の措置でございます。


 2目農業総務費は1,698万7,000円で300万4,000円の減、一般経費1,603万8,000円は、産業観光課職員2名分の人件費でございます。なお、本年度から県農業共済事務組合負担金がなくなったためのものでございます。


 農業振興事業94万9,000円は31万3,000円の減、19−12野猿対策協議会負担金は30万円で10万円の減額。なお、17年度は農業振興まつりが休止のため、負担金が減額となっております。また、19−43小田原市農業協同組合助成金39万5,000円は9万9,000円の減額でございます。


 3目農地費は1,093万6,000円で830万6,000円の減、農道管理事業93万4,000円は40万円の減額、事業内容は前年同様でございますが、修繕料は新大猿山農道側溝清掃分で、40万円は前年度比40万円の減となっております。


 次のページをお願いします。


 上段右側でございます。広域営農団地農道整備事業1,000万円は790万6,000円の減、これは県への負担金で、17年度は岩沢川橋梁上部工事分を予定してございます。


 続きまして2項林業費、1目林業総務費は68万円で35万4,000円の減、一般経費11万6,000円は5万5,000円の増、19−11県治山林道協会負担金は、17年度、白金林道真鶴区間の全面舗装工事を実施するものでございます。


 自然観察会事業は前年同様同額の事業でございます。自然保護奨励事業につきましても前年同様同額の事業を措置しております。


 町有林管理事業50万円は39万4,000円の減、これは高山桜植樹地等を実施するものでこざいます。


 みどり基金積立事業は科目設定でございます。


 続いて2目松くい虫被害対策費2,093万3,000円で280万3,000円の減、松くい虫被害対策事業2,093万3,000円は280万3,000円の減でございます。これは実績により17年度を見込んだものでございます。13−11松くい虫防除事業委託料は薬剤散布23ヘクタール分、樹幹注入6,665本を実施するものでございます。


 続きまして3項水産業費、1目水産総務費は28万5,000円で6,000万5,000円の減、一般経費28万5,000円につきましては前年同様でございます。


 次のページをお願いいたします。


 2目水産振興費は184万9,000円で61万8,000円の減、水産振興事業184万9,000円は61万8,000円の減で、19−47都市漁村交流活動促進事業費補助金は継続実施事業で2年目になるものでございます。


 3目漁港管理費は39万4,000円で652万7,000円の減、漁港管理事業は39万4,000円で652万7,000円の減額は、昨年実施した岩漁港総合整備基本計画調査業務委託が終了したことよるもの。11−61修繕料は岩漁港西物揚場係船環を修理するものでございます。


 続いて6款商工観光費1項商工費、1目商工総務費は2,821万3,000円で425万6,000円の増、一般経費2,074万1,000円は、人件費は産業観光課職員3名分を措置したもの。19−42中小企業設備資金利子補給金は30万円として10万円の増、これは1企業10万円を限度額として利子の3%を助成するものでございます。


 商工会補助事業435万円は50万円の減額、商工祭助成事業は35万円で15万円の減額、商店街助成事業は75万9,000円で24万1,000円の減額、石材協同組合助成事業191万3,000円は58万7,000円の減額、これは町道447号線の150メートル分の舗装工事に助成するものでございます。


 次のページをお願いします。


 商工会商品券発行補助事業10万円は商品券印刷経費相当分を助成するものでございます。


 続いて2項観光費、1目観光費は5,142万7,000円で1,741万5,000円の減、一般経費3,534万6,000円は、人件費は産業観光課観光関連職員3名分のものでございます。12−61ガイド障害保険料3万5,000円はボランティアガイド7名分を措置したものです。なお、本年2月より情報センター真鶴におきまして休日の午前中にボランティアが常駐し活動しております。19−19西さがみ連邦共和国フィルムコミッション運営費負担金につきましても、引き続き措置をするものでございます。


 岩海水浴場運営事業369万5,000円は2万8,000円の増額、内容は前年同様でございます。


 観光宣伝事業626万円は1,060万円の減額。減額の主な内容は観光案内板設置事業、観光宣伝用ビデオ製作事業が16年度に終了したことによるものでございます。


 次のページをお願いいたします。19−41テレビ共同宣伝事業補助金50万円は200万円の減額で、県負担分の減少によるものでございます。


 観光施設管理事業612万6,000円は45万4,000円の減額、内容は公衆トイレ等の管理に要する経費を措置したものでございます。


 2目お林展望公園費は1,561万3,000円で1億472万7,000円の減、ここでは16年度は整備事業費として計上しておりましたが、17年度からは施設の管理事業として予算を措置しております。お林展望公園管理事業1,561万3,000円、人件費は01−41管理員報酬は1名分、04−51労災保険料から09−11費用弁償までは、管理員と食堂等販売員分を措置したものでございます。11−11消耗品費は318万円、これは清掃用具等施設管理用及び喫茶室用消耗品並びに売店販売物品などの購入によるものを計上したものでございます。11−71賄材料費126万円、これは売上の35%分を措置したものでございます。以下につきましては、施設運営上必要な管理委託料を措置したものでございます。


 なお、ケープ真鶴費は17年度特別会計へ移行したため廃目となります。


 次のページをお願いいたします。


 7款土木費、1項土木管理費、1目土木総務費は6,940万8,000円で1,526万2,000円の減、一般経費5,540万8,000円は、人件費につきましては土木管理課職員8名分を措置したもの。19−21湯河原町水路改修費負担金21万2,000円は音無川改修に伴う負担金でございます。


 土木管理事業50万円は前年同様の措置をしたもの。


 急傾斜地崩壊対策事業1,350万円は449万7,000円の減、内容は宮ノ前地区及び磯崎地区に係るものでございます。


 続いて2項道路橋梁費、1目道路新設改良費は1,000万円で993万円の増、道路新設改良事業1,000万円で、町道1号線岩長坂住宅第1期工事分の上部部分を拡幅整備するものでございます。


 2目道路維持費は2,232万6,000円で3,951万2,000円の減、道路維持管理事業は196万4,000円で、16年度緊急雇用対策事業の補助事業として実施していた測量調査事業等が終了したための減額となります。


 道路維持補修事業2,003万7,000円は、次のページをお願いいたします。14−91道路維持補修機材借上料は、簡易な補修については迅速な対応ができるよう直営で実施するための機材借上料で27万円、15−01道路維持補修工事は1,300万円で、優先度、緊急度に応じて実施する予定でございます。


 作業車管理経費32万5,000円は作業用ダンプトラックに係るものでございます。


 続いて3目道路照明費は449万6,000円で17万4,000円の減、街灯管理事業及び街灯修繕事業及び街灯新設事業は、前年同内容で措置したものでございます。


 4目交通安全施設費は前年同額の220万円で措置したものでございます。


 続いて3項港湾費、1目港湾管理費389万4,000円は61万8,000円の減、一般経費284万4,000円は港湾管理嘱託員報酬1名分を措置したものでございます。


 港湾管理費につきましては、前年同様同額の事業でございます。


 港湾管理施設事業63万4,000円は、磯崎の管理棟の施設管理経費で、前年同様に措置してございます。


 庁用車管理経費27万7,000円は9万6,000円の増、増額分は今年度車検によるものでございます。


 次のページをお願いいたします。


 7款土木費、4項都市計画費、1目都市計画総務費は1億6,096万7,000円で2,674万7,000円の減、一般経費2,496万5,000円は、人件費につきましては都市計画課職員4名分でございます。


 続いて都市計画事業539万7,000円は526万9,000円の減額、都市計画審議会委員報酬はまちづくり審議会と統合したためのもので、10人分で措置をしたもの。13−17景観計画策定及びまちづくり条例改正業務委託479万9,000円は新規で、本年1月に景観行政団体となり景観計画を策定するためのものとまちづくり条例改正に要する業務委託料でございます。


 まちづくり推進事業43万5,000円は、本年度、まちづくり審議会統合により減となっております。


 次のページをお願いいたします。


 生け垣設置奨励補助事業は、前年同様同額を措置したもの。


 下水道事業特別会計繰出金1億3,007万円は2,793万5,000円の減額、これは不足財源を措置するものでございます。


 2目荒井城址公園費は399万3,000円で160万4,000円の減、荒井城址公園管理事業で、減額は昨年老朽化した遊具の撤去及び屋外時計を購入したためで、内容は前年同様の措置をしてございます。


 続いて5項住宅費、1目住宅管理費は147万7,000円で94万3,000円の減、町営住宅事業で、臨時職員賃金は長坂住宅清掃員のもの。13−21昇降機設備保守管理業務委託料及び13−31浄化槽設置保守管理業務委託料は、長坂住宅に係るものを新たに措置したものでございます。なお、減額の理由は、16年度、銭神の住宅解体工事を実施したことによるものでございます。


 なお、住宅建設費につきましては、廃目となっております。


 続きまして8款は消防費でございます。1項消防費、1目常備消防費は1億7,597万3,000円で292万3,000円の増、消防委託事務費は真鶴分署12名分体制に要する費用と管理事務費等の負担を前年同様に措置するものでございます。


 2目非常備消防費は2,026万6,000円で277万8,000円の減、一般経費760万6,000円の人件費は、管理課消防担当職員1人分でございます。


 次のページをお願いします。


 消防団運営費1,061万1,000円は101万4,000円の減、人件費につきましては、団長以下80名分の報酬及び各種手当を措置したものでございます。以下につきましては前年同様の内容でございます。


 消防車等管理経費194万7,000円は、前年同様の内容で措置したものでございます。


 火災予防啓発事業7万9,000円につきましても前年同様の内容でございます。


 表彰関係事業2万3,000円につきましては、出初式でのもので、前年同様に措置したものでございます。


 次のページをお願いいたします。


 3目消防施設費は89万6,000円で32万8,000円の減、消防施設管理運営費89万6,000円で、11−61修繕料はマンホールの改修1件を予定して17万4,000円でございます。18−11消防施設管理用備品購入費2万5,000円は、真鶴分署にファクシミリを購入する予定のものでございます。


 4目災害対策費は1,586万1,000円で40万5,000円の減、一般経費12万7,000円は防災会議委員報酬3名分でございます。


 防災訓練事業17万円は、前年同様の内容で措置したもの。


 防災備蓄事業453万円は、11−31食糧費123万2,000円はアルファ米、粉ミルク、サバイバルフーズ等3日分を目安に措置したもの。18−11防災備蓄用備品購入費267万8,000円は、避難所用真空パック毛布500枚等を措置したものでございます。


 防災行政無線管理運営事業57万4,000円は前年同様でございますが、本年度は12−41手数料で無線固定局免許更新に係る費用を措置してございます。


 防災行政無線維持整備事業183万8,000円は866万7,000円の減、16年度で防災行政無線子局3カ所の更新工事が終了したための減額でございます。


 災害対策経費862万2,000円は798万9,000円の増、19−41真鶴救難所補助金797万円は、日本水難救済会真鶴救難所に配備の水難救助船の老朽化のため、建造が必要になったことから助成するものでございます。


 次のページをお願いいたします。


 9款は教育費です。1項教育総務費、1目教育委員会費は116万8,000円で4万3,000円の減、教育委員会経費は前年同様の措置でございます。教育委員会委員報酬から上から3行は教育長を除く教育委員4名分のものでございます。


 2目事務局費は7,419万4,000円で413万3,000円の減、一般経費7,350万1,000円は人件費で教育長を含む10名分のもの。なお、教育長は給与を13%削減をしております。14−51旧岩小学校跡地借地料120万円は増額で、小学校統合により事務局費で措置したものでございます。次のページをお願いいたします。19−41小学校バス利用助成事業補助金は43万1,000円で新規でございます。これは岩地区遠距離通学児童の路線バス利用に対する補助でございます。


 教職員等健康管理経費69万3,000円は前年同様の措置でございます。


 3目教育振興費は1,154万6,000円で170万1,000円の増、教育振興経費78万4,000円は前年同様の措置でございます。


 外国語指導助手事業356万3,000円は前年同様で、外国人指導者1名分を措置したもの。


 心の教室相談事業90万円は前年同様で、真鶴中学校で実施する事業でございます。


 不登校訪問相談事業292万3,000円も前年同様の措置でございます。


 就学時健康診断等事業につきましては21万7,000円で、これも前年同様の措置をしたもの。


 教職員情報教育研修事業164万4,000円は140万4,000円の増、14−71で情報教育システム借上料は、岩小学校に設置してございましたパソコンを2校1園で事務用として使用するものから措置したもの。


 児童生徒就学援助事業114万9,000円は、17年度見込額を措置したものでございます。


 次のページをお願いいてします。


 奨学金事業36万6,000円は、奨学金については高校生3名分、入学支度金については新1年生1名分、奨学基金元金積立につきましては科目設定でございます。


 続きまして2項小学校費です。なお、小学校統合により真鶴小学校費、岩小学校費は、ここで新たに小学校費という形になります。


 1目学校管理費は4,663万7,000円で6,416万4,000円の減、なお、比較につきましては16年度真鶴小学校費のものでございます。一般経費1,085万8,000円、このうち人件費は給食調理員1名分を措置してございます。07−11臨時職員賃金は障害児介護員2名分及び地域コーディネーター分を措置したものでございます。


 学校施設管理運営費1,505万3,000円、臨時職員賃金で、これは用務員1名分、11−61修繕料は212万円で、インターホンの設置、プール倉庫ドア交換、カーテン取り替え等によるものでございます。


 次のページをお願いいたします。


 備品購入事業439万9,000円は276万4,000円の増、学校運営用費品は統合により増額措置したもの。管理用備品は教科書改訂により教師用指導書を措置するものでございます。


 情報教育推進事業449万円は前年同様の事業内容でございます。


 学校施設改修事業1,183万7,000円は7,565万9,000円の減、事業内容といたしましては外壁剥離部改修工事調査設計委託料及び小学校給食施設整備工事でございます。


 2目教育振興費は111万4,000円で50万9,000円の増、内容は本年度19−47学力向上実践研究事業補助金として教育の研修事業費を措置しております。


 3目給食費は974万6,000円で174万8,000円の増、増額の主な内容は07−11臨時職員賃金で1名分を増員するものでございます。


 次のページをお願いいたします。


 3項中学校費、1目学校管理費は2,311万9,000円で1,224万9,000円の減、一般経費357万2,000円は前年同様の措置。01−91非常勤講師報酬はスタディサポート1名分でございます。


 学校施設管理運営費1,193万2,000円は、前年同様の措置でございます。臨時職員賃金は用務員1名分となっております。


 次のページをお願いいたします。


 備品購入事業156万9,000円は前年同様の措置でございます。


 情報教育推進事業418万1,000円につきましても、前年同様で措置をさせていただいております。


 学校施設改修事業186万5,000円は1,113万5,000円の減、本年度は体育器具倉庫屋根防水補修工事を実施するために措置したものでございます。


 2目教育振興費は141万円で4万円の減、教育振興費で19−48は新規でございまして、学力向上実践研究事業補助金6万円、これは小学校と同様の内容で措置したものでございます。


 4項幼稚園費、1目幼稚園費は2,643万3,000円で179万1,000円の減、一般経費2,326万5,000円は、このうち人件費は教員3名分を措置したものでございます。次のページをお願いいたします。07−11臨時職員賃金221万4,000円は、バス運転手1名と事務員1名分を措置したものでございます。


 幼稚園施設管理運営費247万9,000円は、前年同様の措置が記載されております。


 備品購入事業25万5,000円は、18−12管理用備品といたしましてエアコン及びデジタルカメラ1台を購入する予定でございます。


 マイクロバス管理経費43万4,000円は、前年同様の内容で措置したものでございます。


 続いて2目幼稚園振興費は7万円で、前年同額で措置したものでございます。内容は園内保育研究費でございます。


 次のページをお願いいたします。


 5項社会教育費、1目社会教育総務費は1,152万6,000円で191万1,000円の減、一般経費270万3,000円は、01−31社会教育指導員報酬は1名分、07−11社会教育相談員賃金は1名分を措置したものでございます。


 社会教育関係経費35万9,000円、01−31社会教育委員報酬は11名分を措置してございます。


 青少年関係経費642万6,000円は、01−31青少年指導員報酬は16名分、01−32青少年問題協議会委員報酬17名分を措置したものでございます。


 生涯学習関係経費203万8,000円、事業内容は前年同様でございまして、01−31生涯学習推進協議会委員報酬は16名分を措置したものでございます。次のページをお願いいたします。19−41町文化団体連盟補助金及び19−42町婦人団体連絡協議会補助金は減額措置をしております。


 2目公民館費は426万5,000円で845万6,000円の減、一般経費127万2,000円は公民館司書1名分が図書館費に移ったため減額をしております。


 公民館事業299万3,000円は前年同様の事業内容です。01−31公民館運営審議会委員報酬は7名分、07−11臨時職員賃金は1名分を措置してございます。


 3目の文化財保護費は257万円で14万5,000円の減、文化財審議会経費につきましては前年同様同額の措置でございます。


 文化財保護事業223万円も前年同様の事業でございまして、19−71貴船まつり保存管理奨励交付金200万円を計上措置をしております。


 4目町民センター費は1,633万4,000円で459万2,000円の減、町民センター施設管理経費1,633万4,000円でございます。次のページをお願いします。11−61修繕料194万5,000円は浄化槽ばっきブロワーを交換するもの。13−31清掃業務委託料171万1,000円はワックス回数等見直しによる減額を措置してございます。


 5目民俗資料館運営費は187万9,000円で1万3,000円の増、民俗資料館管理運営事業で、前年同様の内容で措置してございます。


 6目美術館費は4,660万8,000円で1,306万2,000円の減、一般経費2,867万9,000円は01−30美術館運営審議会委員報酬8名分、それと人件費につきましては職員2名分を措置したものでございます。次のページをお願いします。07−12管理保安員賃金371万4,000円は、お林展望公園内中川画伯アトリエの監視員1名分が増となったものでございます。


 続いて中川一政美術館施設管理運営費1,424万9,000円は439万8,000円の減、事業内容は前年同様ですが、減額の主な内容は16年度、薫蒸庫等修繕が終了したためのものでございます。11−61修繕料は198万4,000円で、浄化槽制御板交換及び加湿器シリンダー等交換を実施するものでございます。


 特別展事業368万円は、17年度(仮称)中川一政美術館所蔵品展を実施する予定のものでございます。


 7目コミュニティ真鶴運営費は343万3,000円で44万4,000円の増、コミュニティ真鶴管理運営事業343万3,000円は前年同様の措置でございます。


 次のページをお願いいたします。


 8目図書館費は1,964万8,000円で2,618万5,000円の減、一般経費1,964万8,000円で、人件費は図書館司書1名分、07−11臨時職員賃金280万1,000円は2人分を措置したもの。18−11図書等備品購入費350万円で、図書及びDVD等の視聴覚備品を措置したものでございます。


 6項保健体育費、1目保健体育総務費は559万2,000円で264万円の減、一般経費68万3,000円で、19−11ツーデーマーチ実行委員会負担金は10万1,000円で、引き続き措置をしたものでごさいます。


 社会体育推進事業41万9,000円は前年同様の措置でございます。次のページをお願いいたします。19−41県総合体育大会等選手派遣助成金40万円は、実績により10万円を減しております。


 真鶴小学校プール開放事業44万1,000円は前年同様同額で措置したもの。


 体育指導委員活動事業50万5,000円は前年同様の事業内容で、01−31体育指導委員報酬は12名分を2回措置したものでございます。


 社会体育関係補助事業136万6,000円は21万4,000円の減、事業内容は前年同様ですが、19−41町体育協会助成金は減額措置をしております。なお、19−43スポーツ少年団助成金、少年剣道が本年度1団体増となったものでございます。


 水泳教室事業15万円は12万円の減、これは委託料を減額措置したものでございます。


 各種スポーツ大会事業30万8,000円は61万6,000円の減、事業内容は前年同様でございますが、実施額の見直しにより減額措置をしたものでございます。


 町民運動会事業32万9,000円は56万8,000円の減、08−41町民運動会賞品代は16年度雨天中止であったため、賞品を活用することからの減額でございます。


 岩地区体育施設管理運営事業62万9,000円は、新規のものでございまして、岩ふれあい館体育館の施設に係るものでございます。


 次のページをお願いいたします。


 学校開放事業76万2,000円は61万5,000円の減、まな小、真中体育館及び真中グランド夜間照明に係るものを措置したものでございます。


 続いて2目体育館運営費797万3,000円は96万5,000円の減、町立体育館施設管理運営事業797万3,000円は96万5,000円の減額、これは前年度同様の事業内容でございます。


 なお、岩小学校費は統合により計上はございません。


 次のページをお願いいたします。


 10款は公債費です。1項公債費、1目元金は1億4,674万3,000円で1億9,506万6,000円の減、町債償還元金で30件分に係るものをでございます。


 2目利子は5,344万7,000円で764万2,000円の増、町債償還利子で、内訳は町債償還利子36件分に係るものが5,288万7,000円、一時借入金利子56万円でございます。


 11款は災害復旧費です。1項公共土木施設災害復旧費、1目道路橋梁災害復旧費は22万7,000円で49万9,000円の減、災害復旧事業で前年同様の措置をしております。なお、15−01災害復旧工事は科目設定でございます。


 続いて2目公園施設災害復旧費及び3目住宅施設災害復旧費は、新規で科目設定もの。


 以下につきましては、昨年10月の台風被害により10月臨時会において補正予算で新たに項を設けたものでございます。


 2項厚生施設災害復旧費、1目衛生施設災害復旧費で1,000円は科目設定。


 3項農林水産業施設災害復旧費、1目漁港災害復旧費で1,000円は科目設定。


 次のページをお願いいたします。


 4項商工観光施設災害復旧費、1目観光施設災害復旧費は1,000円で科目設定。


 5項文教施設災害復旧費、1目公立学校施設災害復旧費で1,000円は科目設定。


 6項その他公共・公用施設災害復旧費、1目庁舎災害復旧費で1,000円は科目設定。


 最後に、12款は予備費でございます。1項1目予備費は2,033万6,000円で232万6,000円の減は、歳入歳出を調整したものでございます。


 以上で内容説明を終わります。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願いいたします。


○(議長)  暫時休憩します。


           (休憩 午後1時57分)


           (再開 午後3時02分)      6番議員出席


○(議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。


○(議長)  これより、本案に対する質疑に入ります。


 まず、歳入についての質疑を許します。


○3番議員(青木雅人)  予算書の20ページなんですが、目で言いますと5目、この説明の中では町営住宅使用料についてなんですけれども、ご存じのとおり、公営住宅法、部位の範囲によって、収入によって使用料を、皆さん、取っているわけなんですけれども、これが適正に使用料が徴収されているのかどうなのか。当然、適正に使用料を徴収するには、各使用者の、入居者の収入を把握しなければ使用料も当然把握できない。また、収入を把握するためには、前年度の収入を把握しなければならない。当然、前年度の収入ということは、年が明けた1月の収入報告をもって収入を確定するということになろうかと思いますが、そういう形の中で事務をやっているのかいないのか、その辺のところをちょっと確認したいと思いますけれども、いかがですか。


○(議長)  3番議員に、あなた、総務民生担当委員会にいずれ付託して、その委員会でもって十二分に協議していただきたいと思いますので。


 なお、担当委員会の所轄の内容については、委員会でもって質疑をしていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。


○(議長)  歳入についての質疑を終わります。


○(議長)  続いて、歳出のうち、第1款議会費から第4款衛生費までについての質疑を許します。


○8番議員(露木八郎)  76ページの畜犬登録事業、これに関連して、ちょっと質問したいと思うんですが、畜犬登録の際に、適正な犬の飼い方ですね。ということは、非常に、例えば琴ヶ浜の海岸に遊歩道、そこに犬のフンが毎日のように、大型犬だと思いますが、してあるわけですね。それを飼い主が処理しないから、そのままずっと残っていると、こういうことがあるわけですね。これ、やはり犬を飼っている方に、こういう機会があるときに、予防注射や何かをするとき、そういうときに適正な飼育の指導、こういったことをしているのかどうなのか、その辺をまずお尋ねいたします。


○(住民課長)  ただいまのご質問ですが、畜犬登録、それから集団の予防注射の際にリーフレット等も配布して、やはり飼い主にその辺のPRはしております。また、広報等の中でもそういうことを載せていきたいと思っております。


○8番議員(露木八郎)  そういう指導をしているようですが、やはりリーフレット等を渡すときに、ただ渡すんじゃなくて、そういう事実があるというようなことを踏まえながら、きちっと指導をしていただければなというふうに思いますので、よろしくお願いします。


○10番議員(岡ノ谷佳子)  62ページの社会福祉費のひとり暮らしの老人の緊急通報システム委託料でございますが、これも例年どおりの予算で計上されておりますが、これはたしか80歳か85歳を対象にしていられると思うんです。このシステムなんですけれども、真鶴にも独居老人というか、そういう方が増えているようなんですよ。この年齢というのは、どうしても今までどおりでいかなければいけないのか。それとも、もうちょっと緩和されて利用ができるようにならないのか、その辺をちょっとお尋ねしたいと思います。


○(福祉健康課長)  ひとり暮らしの老人の緊急通報システムですが、予算上は20台分とってあります。実際のところ、今、17台、使用者があります。2,800円で12カ月ということで月2,800円支払っているものですが、もう少しそれが目いっぱい20台以上いきましたら、そういうことも考えていかなければいけないかなと。今年度はこの20台で、まだそれを超えていませんので、これで執行していこうかなと思っております。


○10番議員(岡ノ谷佳子)  年齢制限があるんですよね、たしか。その中で60を人間過ぎてきますと、それぞれ体力とか違う面が出てきて、もう70歳でも80歳みたいな方もいれば、80歳でもまだまだ元気な人もいるんですね。その辺でもうちょっと年齢が緩和されると、もっと利用したい。やっぱりひとりでいると不安でしようがないと。そうすると、ご近所、友人に、夜遅くでも長々電話をする方があったりで、いろいろしているようなんですよね。ですから、そういう不安解消のためにも、年齢をもうちょっと利用できるようなそういう形を検討していただきたいと、要望でございます。


○6番議員(東谷真由美)  まず、1点目、68ページの民生費、児童福祉費で、ちびっ子広場の借上料の関係なんですけれども、ちびっ子広場というか児童公園は、真鶴には宝性院と、あと大ヶ窪のところですよね、この2カ所なんですけれども、以前からずっと児童公園に関しては増やしてほしいという話で、場所を借り上げて、そういう町長の姿勢というか、お聞きしたいと思います。


 あと76ページの衛生費、保健衛生費の中で、先ほどの8番議員の質問にもちょっと近いものなんですけれども、猫の避妊・去勢手術ということでやっているわけですけれども、猫の被害というか、ことで、昨年、おととし、ちょっと入院しているときなんですけれども、猫を毒をまいて殺してしまうという被害があったということで報告があったんですよ。そういうやっぱりこれはマナーの問題とか人間的な問題なんで、でも、そういった先ほどの8番議員のフンの問題とともに、そういった動物愛護的なことも含めて啓発する考えはないか、お答え願います。


○(住民課長)  ただいまの猫の質問は、どうお答えしていいか、ちょっと難しい話なんですが、あくまでも、例えば犬とか猫を飼っている場合の指導のことならば、私の方から広報等で、こういうことと言えるんですが、そういう問題までちょっと触れていくのはどうなのかな、ちょっと検討はさせていただきますけど、はっきりやりますとかというお答え、ちょっとしづらい内容ですので、申しわけありません。


○(福祉健康課長)  ちびっ子広場、年間12万円で宝性院から借りているんですが、その他いろんな子供さん、親御さんから聞くと、真鶴町にちびっ子広場が欲しいと、これは薄々聞いてもおります。ただ、場所があれば、すぐにでもそういう広場をつくりたいんですが、今のところ、町中にはこれといった、ありません。できれば、開発地には開発時には公園というのがあるんで、そういうものを利用して、できればでかい真鶴半島公園を利用するとか、それに関してもしていきたいと思います。


○(町長)  ちびっ子広場につきましては、地域の要望等があって、地域の人たちが協力体制をとっていただけるならば、十分前向きに考えていきたいと思います。また、岩地区についても、小学校が廃校になった後、立派にグランドも残りますし、そういった中で十分活用していただきたいということと、半島の中には展望公園もできますし、荒井城址公園もありますし、できることならば、皆さん、そういうところを活用していただくということが、やっぱり広いところで遊ばせることが、子供さんも父兄も目の行き届くところで、伸び伸びと体を動かしていただけるような、そうした町になっていただければと思っておりますので、できるだけ、今ある施設を活用していただきたいというふうに考えております。前向きにはうちの方も協力をいただきながら考えていますので、よろしくお願いします。


○(議長)  第1款議会費から第4款衛生費までの質疑を終わります。


○(議長)  続いて、第5款農林水産業費から第12款予備費までについての質疑を許します。


○3番議員(青木雅人)  まず、88ページ、6款2項の説明の下から3つ、公衆便所に関する委託料についてなんですけど、この3つ、委託料ございますね。汚水槽、浄化槽、あとはトイレの清掃委託料、まず、これが入札なのかどうなのか、まず、それ1点聞きます。


 それで続いて、90ページ、7款1目土木管理費のこれも説明なんですが、説明欄の一番下、急傾斜地の関係なんですが、これがこれから真鶴の事業としては何カ所残っているのか。また、参考として、県との負担割合はどのぐらいなのか、まずそれを1点お聞きしたいと思います。


○(産業観光課長)  管理課の一括入札ということでございます。


○(土木管理課長)  急傾斜地の対策の工事なんですが、現在、2地区を行っています。宮ノ前地区、これは公共事業で、国庫補助をもらいながら県が事業主体となっています。事業負担の割合なんですが、町の負担は10%です。それから、磯崎地区、これにつきまして県の単独事業ということでやっております。これにつきましては負担割合は事業費の3分の1。磯崎地区につきましては、17年度で終了の予定です。それから、宮ノ前地区につきましては、まだこれから、来年度は一応20メートルを工事をする予定です。


 それから、そのほかに指定の拡大を県の方には今、要望しているわけですが、岩の真崎地区につきましては、漁業組合の方もからも陳情がありましたので、それらを受けて県の方に要望をしまして、指定地区の拡大がされると見込んでおります。


 それから、そのほかに赤浜地区、それについても要望していきたいと、そういうふうに思っています。


○3番議員(青木雅人)  まず、公衆便所の関係、3つの委託料なんですが、一括入札ということなんですが、したがって、したがってではないんだけれども、そうすると、昨年度の入札の実績ってございますよね。例えば何社が入札して、このような形でどの社が落札したと。簡単でいいですから、ちょっとそれの説明を伺いたいと。


 それと、2点目の急傾斜地、今の答弁の中で2カ所要望しているということなんですか、これから、要するに、先ほど、私が質問した何カ所残っているということよりも、これから2カ所を要望していくという解釈でよろしいんでしょうか。それを確認、その2点で。


○(管理課長)  申しわけございません。16年度の入札をした結果のやつがちょっと手元にないので、また後でご報告させていただきたいと思います。


○(土木管理課長)  今現在の地区というのは、急傾斜の指定をされている地区、これが宮ノ前地区と磯崎地区が工事中ということで、そのほかに真崎地区も指定はされているんですが、それらはもう事業は完了したということであるんですが、その地区のもう少し拡大をしてくれという要望を岩の真崎地区についてはしております。それについては、もうほぼ県の方も指定拡大の方向で検討していただいておりますが、そのほかに赤浜地区、それも要望していきたいと。指定地区になるよう要望していきたいということでございます。


 それから、磯崎地区につきましては、今やっている風外堂の裏、これが今年度でほぼ終わりまして、その後は磯崎の熊本鉄工の方へまた延ばしていくということで今、県の方は考えているということです。


○4番議員(長谷川勝己)  108ページの給食事業に関連して1件質問したいと思います。今現在、全国で児童の食物アレルギーということが問題になっていますけど、真小、岩小において、この食物アレルギーの児童がいるかということと、いたら、今、どういう措置をとっているか、もし、いなければ、今後、出てきた場合、どういう対策で、同じ給食を食べさせるとか、弁当を持たせるとか、そういうあれも出てくると思いますけど、今後、出てきた場合、どういう措置をとるか、それをちょっとお聞きします。


○(教育総務課長)  今現在のところは、食物アレルギーの関係は聞いておりません。当然、そういうものが出た場合につきましては、そのあたりは学校側の方から要望が入りますので、それは直ちに栄養士を交えた対策は講じていきたいと思っております。


○9番議員(奥津光隆)  82ページのみどり基金の積立事業ということで科目設定してありますけれども、既にこれは前からやっていると思いますが、現在、どの程度余っているのかどうか。それから、これの使い道ですけれども、私もまた一般質問とダブってはいけないんですが、御林あたりの銘木と称されるものを売った場合のこういった金をこういうところへ入れて、土地の買収だけじゃなくて、ああいう御林のこれからの保護育成に使ってもいいかなというふうな私なりに考えていましたけど、その辺について、どのような、例えば計画といいますか、今後のあり方についての計画なり、それから、過去、一部土地を買ったこともありますが、いろいろと景観上どうしてもここだけは抑えておきたいというようなこともあると思います。相当これあたりはこれから役に立つんではないかなと思いますが、その辺について一つ。


 もう一つは、よろしいでしょうか、84ページにやはり、都市漁村交流活動促進事業補助金ということで、今回2年目を迎えておりますが、この辺がちょっとまだ私の理解度が足りないのか。どういうふうな事業をやって、どのような効果的な成果が上がっているのか、できれば伺いたい。


 それから、第3点、3つだけまとめって伺っちゃいます。92ページの道路照明費の中の街灯管理事業ということで、これだけの予算が上がっておりますけれども、これはいつか町民との町長の懇談会の中で、ある人から出ていました。駅前の商店街、あれ、夜中を過ぎて1時、2時でも、ああいう明るくついているけれども、あれ少しもったいないんじゃないかと。通勤客の帰るせいぜい9時、10時、どんなにしても、もう夜中にはあれを落すとか、減らすとかということがあっていいんじゃないか。あの街灯の費用はどうなっているんだというような質問がたしか出ていたと思います。この辺で節減の効果ができるならば、京都議定書までを持ち出すまでもなく、何かその辺のことが工夫がもう一工夫あってもいいかなと思いますので、その3点について伺います。


○(産業観光課長)  みどり基金の実績に関しましては、平成3年度からグリーンエイド真鶴から2回ほどがございまして14万5,000円という形でございます。収入については以上でございます。


○(半島振興課長)  資料の一番最後のページに載っていると思いますが、16年度末で1,838万6,000円、それで、今年度予算書上は50万円という形で現在額、今後の予定、載っております。


 それとあと、今後の計画をお尋ねでございますが、今述べた数字のとおり、今年度末で1,800万と。過去にやはり大きな土地取得等で高浦におりていったところの部分とか、あるいは琴ヶ浜から半島に上るあのS字のところの民有地、これをやはり買い上げたとか、そういう主に土地の取得によって基金を取り崩して使っていると。ただ、あと残りわずかというところで、将来的な計画、方針といたしましては、半島保全利用計画のところで、今、特に声は聞いておりませんが、ここだけはさらに買い増していかなきゃいけないとか、そういう声を聞きながら、検討していきたいというふうに思っております。


○(産業観光課長)  都市漁村の交流事業の関係でございますね。2年目で真鶴漁協がやっております。町の補助で、150万円に対して今年度は25万円の補助という形で、魚まつりと、あと漁網の、学習ですね、小学生の関係で呼んで、そういう水産の関係の体験学習等を行っております。


○(土木管理課長)  駅前の商店街の街灯の件なんですが、この土木費で持っている街灯、この予算の中から電気料は出ていなくて、駅前の商店街の助成事業の中から出ているということで、土木費で出ているやつは町内の小さいな街灯、あれがあるわけです。


○9番議員(奥津光隆)  今の街灯の問題ですが、私も認識不足でした。確かに商店街ということではありますけれど、その辺の、なかなか商店街は明るいに越したことはないということもあるかもしれませんが、何かその辺の商工会を通すのか、あるいはどういうふうになるか、その辺の行政指導というとあれですけれども、何か施策があってもいいんではないかなと思います。


 それから、もう一つ、今言われた基金の使い道です。なかなか土地を買うとなると、これからはもっと厳しくなった財政の中では厳しいと思いますが、いわゆる半島の破壊された森林に限らず、地域地域にある、さっきもサクラの木の話も出ていましたが、ああいうふうな補修的なこと、あるいは育てるというようなことで、いろいろ弾力的に使ってもいいんではないかなというようなこともありますが、この辺について、一担当課だけでなくて、気がついたところで、何かその辺のことは、いわゆる大きく言えば環境問題になってきますが、政策的にどうなんでしょうか。町長をその辺をひとつ方向を示していただきたいと思います。


○(町長)  みどり基金の関係につきましては、半島だとか、あと、町内、これらについても十分活用していきたいと。保安林もございますし、なおかつ、もっともっと拡大していくことであるならば、個々の家の住宅内においても1本ずつの木ぐらいは植えていただけるよう、そういうことも視野に入れながら考えていきたいというふうに思っております。特に街路樹については、できるだけそういうことも含めながら、岩の地区においても、老木化になっております、こういった木も植え替えをしていきたいという考えもございますので、ほっとされるような、真鶴全体が公園地域になれるような、そういった考え方を持っておりますので、ご理解をいただきたいと思います。


○7番議員(神野秀子)  3点、お伺いいたします。


 82ページの林業費、農林水産業費ですけれども、私のところに町への手紙ということで住民の方から、昨年ですけれども、町への手紙を出されました。それは何かというと、半島に群棲しているカミヤツデについて、あれがかなり随分増えてきていると。あれが増えると、いろんなところに悪い影響を与えるのではないかということで、できれば伐採をしてほしいという、そういう手紙なんですけれども、そのことについて、どのようにお考えか、伺いたいと思います。これは82ページですね。


 それから、教育費の方です。教育費の方で106ページ、町長の施政方針の中にも載っておりますが、地域コーディネーター、このことについて、どのような事業なのか、その辺についてお伺いします。


 それから、もう1点、岩小学校の統合に伴い、108ページです、備品購入事業というのがありますけれども、いろいろ備品、使えるものは多分統合されるときにも使っていくということになると思いますが、今まで使っていた岩小の備品については、使えるものは使うということでしょうけれども、残ったものについては、どのように利用されていくのか、その辺についてお伺いしたいと思います。


○(半島振興課長)  それでは、1点目のカミヤツデの関係についてお答えさせていただきます。


 お話のように、ご質問のように、町への手紙で、昨年ですか、町内の方からお手紙をいただいて、それに対して一応回答もさせていただいております。


 カミヤツデの関係につきましては、議論といたしましては、切るべきか、それとも自然に生えたものだから、そのまま植生上残しておくべきなのかという相反する2つの意見が一応ございます。片や残しておくべきというのは、やはりそれなりの専門家の先生のご意見もありますし、また、片や、大勢を占めておりますが、切るべきだという方たちの意見を聞きますと、例えば専門家ですと、箱根の湿性花園の館長、権威というお話もあります。その館長とのお話ですと、やはり切るべきだと。これに基づいて県の基本的な考え方も、切ってやむなし、よろしいよという結論ということで私どもの方は聞いております。


 カミヤツデの伐採につきましては、おととしですか、前町長の時代に、そのときだけだとお話は来いておりますが、高浦の入り口のところ、約200本ほど業者に委託して伐根した経緯がございます。ただ、それからしばらくして、ゃはりまた生えてき始めている。結構繁殖力が強いということで、竹と同じように根の部分すべて取り払わないと、またそこから同じように生えてきちゃうということで、抜本的な解決策としては、同じ箇所を2回、3回伐根して、全部根こそぎ退治しないと、同じ状態にやはりなってしまういうようなことがあるそうでございます。


 それで、今後の対策といたしましては、最終的にやはり切るべきか、残すべきかというところを、最終的にまた県に一応確認した中で、あと、半島保全利用計画、利用の部分に、今、植えておいてといいますか、保全の部分というところで、その辺も議会の特別委員会のご意見等を聞きながら、今年度中、なるべき早目にその辺の結論を出した上で、切るべきという結論が出た中では、補正なり、あるいは来年度の新年度予算対応というところで対応させていただければというふうに思っています。


○(教育総務課長)  地域コーディネーターの関係でございます。統合によりまして、現在あります真鶴小学校の旧コミュニティスクール、あそこをまず一つの活動拠点と考えております。そこのところにそのコーディネーターを二、三名配置をしていきたいと考えております。


 仕事の内容なんですが、地域の教育力の活用ということで、要するに、地域の方々を学校の側に、今までもやっておりますれども、授業の補助をしていただくとか、あとは環境ボランティアを学校の方に寄こすとか、そういうような橋渡し役ですね。例えば、学校から地域の方には文化作品の展示、要するに、会場をどこどこでやるとか、また、教師を地域に回して、そこで講座を開くとか、そういうような間に入っていただいて、その学校が地域に開かれたコミュニティづくりになるような形の人たちのための活動拠点というのがコミュニティスクールなわけなんですが、そこに常時二、三名置いておきます。その人たちが常に活動の間に入った形でうまくリンクをして、その作業が、事業ができればということで、統合に向けた新しい学校の試みということで、今年度から2、3名の方にお願いをいたしまして進めていきたいということで考えております。


 備品の関係は、12月補正で590万ほどまず引っ越しの部分を委託料で組まさせていただきました。それと、給食の関係の機器も200万弱かな、組まさせていただいて、今現在、その作業をしております。できる限りある備品は使ってまいりますが、相当、やはり一緒になった場合であったって、すべてのものを使うことはできませんので、真小でまず使えるものを持っていく。そうすると不要になるものがありますから、置くところ、ストックヤードがありませんから、それを岩小学校の方にまた持ってきて、そこで保管しておくわけです。ですけど、すぐに備品を処分どうこうというのは、当然考えるわけはありませんので、これから不要になる、また廃棄しなければいけないものも数多くありますので、それらは統合後、落ちついた段階で整理をしていきたいというふうに考えております。ですから、できるものは真鶴小学校で残し、使うということ。不要になったものは、当面、岩小の教室のどこかに置いておいて、今後、その辺の活用を考えていくということで考えております。


○7番議員(神野秀子)  カミヤツデのことについて、もう一度伺いたいと思います。


 私もここに資料をいただいているんですけれども、このカミヤツデはいろいろ利用もできるというようなことも載っておりますけれども、町おこしになるかどうかわからないですけれども、そういう再利用というのですか、そういうことも考えられないかどうか、お伺いいたします。


 それから、さっきの備品のことですが、昨日ですか、浩議員さんからもお話がありましたけれども、資料館をつくるとか、そういうことも考えられるかもしれないですけれども、岩小の卒業生なんかは、自分が使った机とか、ピアノとか、そういうものも欲しいという人もあるのではないかと気がするんですが、そういう人たちにオークションとか、ただで上げるかどうか、その辺はわかりませんが、そういった方法も考えられないかどうか、もう一度伺いたいと思います。


○(半島振興課長)  カミヤツデの関係ですが、議員さんからいただいた資料等にもありますように、書画の用紙、あるいは水中花などの造花の材料、あるいは包装の詰め物というような紙関係というようなところの再利用ができるというお話だと思うんですが、この再利用につきましても、先ほど述べたとおり、県また関係機関、専門家、これらも全国的に再利用しているところも多分あろうかと思いますので、その辺の情報を聞きながら、ただ、余りに経費がかかって、再利用しても足がかなり出ちゃうとか、そういうあれもやはり検討しないといけない部分もあろうかと思いますので、今後、煮詰めていきたいとうふうに思います。


○(教育総務課長)  先ほど申し上げたように、まず、落ちつかなければ話になりませんので、備品を移動させた後、そのあと、それらの部分については考えていきたいと思います。


 例えばピアノ一つ例にとりますと、真鶴小学校のピアノ1台を、使えないポンコツがありますので、それを入れ替えるわけてす。欲しければ、それを持っていっても構わないですけれども、そういうようなものが多いんです。ですから、やはり落ちついた後で、その備品類をどういう形で整理するかは、これからじっくり検討しなければいけないかなと思っております。もちろん、不要になって、欲しい方があれば、引き取っていただければ、なおありがたいんですが。


 以上です。


○(議長)  他に質疑がないようですから、これをもって質疑を終わります。


○(議長)  お諮りいたします。


 ただいま、議題となっております議案第28号については、所管の各常任委員会に付託いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


           (「異議なし」の声あり)


○(議長)  ご異議なしと認めます。よって議案第28号については、所管の各常任委員会に付託することに決しました。


○(議長)  以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。


 本日は、これをもって散会いたします。


○(議長)  なお、明日は午前10時から本会議を再開いたします。


           (散会 午後3時41分)