議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 二宮町

平成21年第2回(6月)定例会(第8日目) 本文




2009.06.12 : 平成21年第2回(6月)定例会(第8日目) 本文


会議の状況                        午後1時 開議
◯議長【西山幹男君】 皆さん、こんにちは。ただいまの出席議員は14名でございます。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。
   ────────────────────────────────
   日程第1 議案第36号 二宮町職員の勤務時間、休暇等に関する条例
               の一部を改正する条例審査について


◯議長【西山幹男君】 日程第1「二宮町職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例審査について」町長提出議案第36号を議題といたします。


◯議長【西山幹男君】 職員をして朗読させます。


◯職員【鐘ケ江学君】 (朗  読)


◯議長【西山幹男君】 委員長の報告を求めます。


◯議長【西山幹男君】 二見泰弘議員。
      〔2番・総務建設経済常任委員長(二見泰弘君)登壇〕


◯2番・総務建設経済常任委員長【二見泰弘君】 総務建設経済常任委員会の委員長報告を申し上げます。
 去る6月5日の本会議において本委員会に付託されました町長提出議案第36号「二宮町職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について」を議題として、午前10時20分より第一委員会室において委員会を開催いたしました。出席者は委員全員、議長、町長、副町長、総務部長、総務課長、庶務人事班長、傍聴議員でした。執行者より補足説明のあと、直ちに質疑に入りました。概要は次のとおりです。
 委員「これまで13時から15時15分の間でとっていた15分の休息時間を廃止することによって、職員に弊害はないか。」執行者「基本的には大きな弊害はない。」委員「6条の2の中の、職員の健康及び福祉に重大な影響を及ぼすときに休憩時間を45分にすることができるの重大な影響を及ぼすときとは何か。また、それはだれが判断するのか。」執行者「重大な影響を及ぼすときとは、就学前の子どもを育児している場合、学童保育の託児のためや要介護者の介護のためなどの場合が該当する。職員が関係書類を添えて所属長に申し出て承認される。」委員「昼の休憩時間を45分間にして、15分を午後の休憩に使うことはできないのか。」執行者「休憩時間は継続してとることとなっており、分割してはとれない。」委員「昼休みを1時間とることで、午後の休息時間がなくなるが、全く一息入れることができなくなるのか。」執行者「特にこうすることということではないので、一息入れる程度なら問題はない。節度を持った休息とするよう注意はする。」
 以上で質疑を終了し、討論はなく、町長提出議案第36号を採決したところ、全員賛成で原案のとおり可決されました。よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。


◯議長【西山幹男君】 ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。
             (「省略」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 質疑なしと認めます。
 これより討論に入ります。
             (「省略」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 討論なしと認めます。
 これより町長提出議案第36号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案を委員長の報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立全員であります。よって、町長提出議案第36号は原案のとおり可決されました。
   ────────────────────────────────
   日程第2 議案第37号 二宮町職員の育児休業等に関する条例の一部
               を改正する条例審査について


◯議長【西山幹男君】 日程第2「二宮町職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例審査について」町長提出議案第37号を議題といたします。


◯議長【西山幹男君】 職員をして朗読させます。


◯職員【鐘ケ江学君】 (朗  読)


◯議長【西山幹男君】 委員長の報告を求めます。


◯議長【西山幹男君】 二見泰弘議員。
      〔2番・総務建設経済常任委員長(二見泰弘君)登壇〕


◯2番・総務建設経済常任委員長【二見泰弘君】 総務建設経済常任委員会の委員長報告を申し上げます。
 去る6月5日の本会議において本委員会に付託されました町長提出議案第37号「二宮町職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例について」を議題として、6月8日午前10時45分より第一委員会室において委員会を開催いたしました。出席者は委員全員、議長、町長、副町長、総務部長、庶務人事班長、傍聴議員でした。この条例改正は職員の勤務時間の変更を考慮し、育児短時間勤務職員の勤務時間も短縮するものです。執行者より補足説明のあと、直ちに質疑に入りましたが、質疑・討論はなく、町長提出議案第37号を採決したところ、全員賛成で可決されました。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


◯議長【西山幹男君】 ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。
             (「省略」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 質疑なしと認めます。
 これより討論に入ります。
             (「省略」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 討論なしと認めます。
 これより町長提出議案第37号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案を委員長の報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立全員であります。よって、町長提出議案第37号は原案のとおり可決されました。
   ────────────────────────────────
   日程第3 議案第38号 二宮町体育施設の設置、管理等に関する条例
               の一部を改正する条例審査について


◯議長【西山幹男君】 日程第3「二宮町体育施設の設置、管理等に関する条例の一部を改正する条例審査について」町長提出議案第38号を議題といたします。


◯議長【西山幹男君】 職員をして朗読させます。


◯職員【鐘ケ江学君】 (朗  読)


◯議長【西山幹男君】 委員長の報告を求めます。


◯議長【西山幹男君】 根岸ゆき子議員。
       〔5番・教育福祉常任委員長(根岸ゆき子君)登壇〕


◯5番・教育福祉常任委員長【根岸ゆき子君】 教育福祉常任委員会の委員長報告を申し上げます。
 去る6月5日の本会議において本委員会に付託されました町長提出議案第38号「二宮町体育施設の設置、管理等に関する条例の一部を改正する条例」を議題として、6月8日午後3時6分より第一委員会室において委員会を開催いたしました。出席者は町長、副町長、教育長、教育次長、生涯スポーツ課長、体育振興班班長、傍聴議員でした。執行者からの補足説明はなく、質疑に入りました。概要は次のとおりです。
 委員「時間延長する内容だが、かぎの返却はどうなるのかという町民の声かあるので、確認をしたい。町民にもその都度、説明をしているのか。」執行者「かぎはラディアンで管理している。ラディアンのテニスコートを使用する場合は問題はない。緑が丘のテニスコートの場合、5時までテニスをしても、10分から15分でかぎが返ってくると予測している。利用者への説明は当初、十分にしたので、皆さんが承知と思う。」委員「もう一歩、拡大して、夏休み期間中は早朝練習に対応してはどうか。」執行者「かぎの管理を教育委員会からラディアンに移したことで、土日も可能にした。ラディアンに事務員がいない時間帯では人件費も絡んでくる。人件費の総額をいじらない範囲内で最大限の提案をしている。」委員「かぎの受け渡しだけなら、警備員も考えられる。現金の発生には前納の方法もとれると思うが。」執行者「特定の団体の理由がある場合、個別対応で教育長の判断という部分が条例上、残っているが、それもあまり乱発するのはいかがかと思う。」委員「健康増進やスポーツに親しむ観点から言えば、利用者が使いやすい方法で貸し出しをしてほしい。」
 以上で討論を終結し、討論にはいりましたが、討論はなく、議案第38号を採決したところ、全員賛成で原案のとおり可決されました。よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。


◯議長【西山幹男君】 ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。
             (「省略」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 質疑なしと認めます。
 これより討論に入ります。
             (「省略」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 討論なしと認めます。
 これより町長提出議案第38号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案を委員長の報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立全員であります。よって、町長提出議案第38号は原案のとおり可決されました。
   ────────────────────────────────
   日程第4 平成21年
        陳情第3号 神奈川県最低賃金改定等についての陳情審査に
              ついて
   日程第5 意見書案
        第 3 号 神奈川県最低賃金改定等についての意見書の提
              出について


◯議長【西山幹男君】 お諮りいたします。日程第4「神奈川県最低賃金改定等についての陳情審査について」平成21年陳情第3号、日程第5「神奈川県最低賃金改定等についての意見書の提出について」意見書案第3号を一括議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
            (「異議なし」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 ご異議なしと認めます。よって、一括議題といたします。


◯議長【西山幹男君】 職員をして朗読させます。


◯職員【鐘ケ江学君】 (朗  読)


◯議長【西山幹男君】 委員長の報告を求めます。


◯議長【西山幹男君】 二見泰弘議員。
        〔2番・総務建設経済常任委員長(二見泰弘君)登壇〕


◯2番・総務建設経済常任委員長【二見泰弘君】 総務建設経済常任委員会の委員長報告を申し上げます。
 去る6月5日の本会議において本委員会に付託されました陳情第3号「神奈川県最低賃金改定等についての陳情」を議題として、6月8日午前9時30分より第一委員会室において委員会を開催いたしました。出席者は委員全員、議長、都市経済部長、経済課長、産業振興班班長、及び傍聴議員でした。陳情者より趣旨説明の後、質疑応答を行い、その後、執行者への参考質疑に入りました。概要は次のとおりです。
 委員「町内で最低賃金を守っていない例はあるか。また、実態をどう把握しているか。」執行者「これまでそういった相談は来ていない。相談窓口は労働基準監督署である。」委員「これまでに最低賃金について、商工会などを通じて事業所にアンケート調査などをしたことがあるか。」執行者「最低賃金に限ってアンケートは難しい。過去にも調査はしていない。」委員「町の嘱託などの再雇用の人でも、町では最低賃金を守っているか。」執行者「まず町が法を守ることが必要であり、町では最低賃金以上の賃金を出している。」
 以上で質疑を終了し、意見交換、討論は省略となり、陳情第3号を採決したところ、全員賛成で採択と決しました。
 なお、意見書についてはお手元に配付のとおりです。よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。


◯議長【西山幹男君】 ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。
             (「省略」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 質疑なしと認めます。
 これより討論に入ります。
             (「省略」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 討論なしと認めます。
 これより平成21年陳情第3号を採決いたします。本件に対する委員長の報告は採択であります。本件を委員長の報告のとおり採択することに賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立全員であります。よって、本件は報告のとおり採択と決しました。


◯議長【西山幹男君】 これより意見書案第3号を採決いたします。本案を原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
   ────────────────────────────────
   日程第6 平成21年
        陳情第4号 「肝炎対策のための基本法の制定を求める意見
              書」の採択を求める陳情審査について
   日程第7 意見書案
        第 4 号 「肝炎対策のための基本法の制定を求める意見
              書」の採択を求める意見書の提出について


◯議長【西山幹男君】 お諮りいたします。日程第6『「肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書」の採択を求める陳情審査について』平成21年陳情第4号、日程第7『「肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書」の採択を求める意見書の提出について』意見書案第4号を一括議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
            (「異議なし」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 ご異議なしと認めます。よって、一括議題といたします。


◯議長【西山幹男君】 職員をして朗読させます。


◯職員【鐘ケ江学君】 (朗  読)


◯議長【西山幹男君】 委員長の報告を求めます。


◯議長【西山幹男君】 根岸ゆき子議員。
       〔5番・教育福祉常任委員長(根岸ゆき子君)登壇〕


◯5番・教育福祉常任委員長【根岸ゆき子君】 教育福祉常任委員会のご報告を申し上げます。
 去る6月5日の本会議において本委員会に付託されました平成21年陳情第4号『「肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書」の採択を求める陳情』を議題として、6月8日午前11時13分より第一委員会室において委員会を開催いたしました。出席者は委員全員、健康福祉部長、保健予防課長、健康づくり班班長、傍聴議員でした。
 初めに、陳情者より趣旨説明があり、質疑を行ったあと、執行者より補足説明はなく、直ちに参考質疑及び意見交換を行いました。概要は次のとおりです。
 委員「町で該当する患者数と、どのような措置が行われるのか、教えてほしい。また、法案が可決された場合、町が受ける影響は。」執行者「国民健康保険加入者の中では、平成20年度の肝炎外来件数が34件ある。措置として、肝炎で特別にやっていることはないが、C型肝炎は特定検診で検査もする。」委員「町で行うエイズ感染症対策の中に、肝炎は対象となっているのか。」執行者「肝炎の検査は申し出のあった方に別にやっている。」委員「国で財政的な措置を行っているが、法をもってきちんとした制度を確立する必要があると思う。」
 以上で、質疑及び意見交換を終結し、討論に入りましたが、討論はなく、陳情第4号を採決したところ、全員賛成により採択と決しました。
 なお、意見書についてはお手元に配付のとおりです。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


◯議長【西山幹男君】 ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。
             (「省略」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 質疑なしと認めます。
 これより討論に入ります。
             (「省略」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 討論なしと認めます。
 これより平成21年陳情第4号を採決いたします。本件に対する委員長の報告は採択であります。本件を委員長の報告のとおり採択することに賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立全員であります。よって、本件は報告のとおり採択と決しました。


◯議長【西山幹男君】 これより意見書案第4号を採決いたします。本案を原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
   ────────────────────────────────
   日程第8 平成21年
        陳情第5号 豊かな教育を実現するため、平成22年度の教
              育予算増額を求める陳情審査について
   日程第9 意見書案
        第 5 号 豊かな教育を実現するため、平成22年度の教
              育予算増額を求める意見書の提出について


◯議長【西山幹男君】 お諮りいたします。日程第8「豊かな教育を実現するため、平成22年度の教育予算増額を求める陳情審査について」平成21年陳情第5号、日程第9「豊かな教育を実現するため、平成22年度の教育予算増額を求める意見書の提出について」意見書案第5号を一括議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
            (「異議なし」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 ご異議なしと認めます。よって、一括議題といたします。


◯議長【西山幹男君】 職員をして朗読させます。


◯職員【鐘ケ江学君】 (朗  読)


◯議長【西山幹男君】 委員長の報告を求めます。


◯議長【西山幹男君】 根岸ゆき子議員。
       〔5番・教育福祉常任委員長(根岸ゆき子君)登壇〕


◯5番・教育福祉常任委員長【根岸ゆき子君】 教育福祉常任委員会の報告を申し上げます。
 去る6月5日の本会議において、本委員会に付託されました平成21年陳情第5号「豊かな教育を実現するため、平成22年度の教育予算増額を求める陳情」を議題とし、6月8日午後1時30分より第一委員会室において委員会を開催いたしました。出席者は委員全員、教育長、教育次長、教育総務課長、教育総務課長代理、教育総務班班長、傍聴議員でした。
 初めに、陳情者より趣旨説明があり、質疑を行ったあと、執行者より補足説明はなく、直ちに参考質疑及び意見交換を行いました。概要は次のとおりです。
 委員「陳情者に教育諸条件の設備の例として、耐震化のことを挙げたが、二宮は既に耐震化は済んでしまっている。今回、緊急対策で出されても、自前で済ませた二宮は損というか、不公平感を持つが、どのように考えるか。」執行者「そういう考えもあるが、いつ地震が来るかわからないので、早くやれば、それにこしたことはない。不公平感はあるが、安全にはかえられない。今度の補助は予想されないことなので、地震対策は早くてもよいと思っている。」委員「第8次教職員定数の増員計画があるが、計画どおりに実行していくと、二宮町にどのような影響が出るのか。」執行者「想定はしていないが、教員が増えれば、子どもに対する指導が行き届き、丁寧に見ていくことができると思う。」委員「二宮町教育委員会として、国や県に対し施設整備費の増額を要望しているのか。」執行者「直接、要望はしないが、県の市町村教育長会議とか、教育委員会議を通じ、県に対し定数や予算の要望を出している。」
 以上で質疑を終結し、討論に入りましたが、討論はなく、陳情第5号を採決したところ、全員賛成により採択と決しました。
 なお、意見書についてはお手元に配付のとおりです。よろしくご審議のほど、お願い申し上げます。


◯議長【西山幹男君】 ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。
             (「省略」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 質疑なしと認めます。
 これより討論に入ります。
             (「省略」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 討論なしと認めます。
 これより平成21年陳情第5号を採決いたします。本件に対する委員長の報告は採択であります。本件を委員長の報告のとおり採択することに賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立全員であります。よって、本件は報告のとおり採択と決しました。


◯議長【西山幹男君】 これより意見書案第5号を採決いたします。本案を原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
   ────────────────────────────────
   日程第10 平成21年
        陳情第6号 個に応じた教育を実現するための学級規模の縮
              小・弾力化、30人以下学級の実現を求める陳
              情審査について
   日程第11 意見書案
        第 6 号 個に応じた教育を実現するための学級規模の縮
              小・弾力化、30人以下学級の実現を求める意
              見書の提出について


◯議長【西山幹男君】 お諮りいたします。日程第10「個に応じた教育を実現するための学級規模の縮小・弾力化、30人以下学級の実現を求める陳情審査について」」平成21年陳情第6号、日程第11「個に応じた教育を実現するための学級規模の縮小・弾力化、30人以下学級の実現を求める意見書の提出について」意見書案第6号を一括議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
            (「異議なし」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 ご異議なしと認めます。よって一括議題といたします。


◯議長【西山幹男君】 職員をして朗読させます。


◯職員【鐘ケ江学君】 (朗  読)


◯議長【西山幹男君】 委員長の報告を求めます。


◯議長【西山幹男君】 根岸ゆき子議員。
       〔5番・教育福祉常任委員長(根岸ゆき子君)登壇〕


◯5番・教育福祉常任委員長【根岸ゆき子君】 教育福祉常任委員会のご報告を申し上げます。
 去る6月5日、本会議において本委員会に付託されました平成21年陳情第6号「個に応じた教育を実現するための学級規模の縮小・弾力化、30人以下学級の実現を求める陳情」を議題として、6月8日午後1時55分より第一委員会室において委員会を開催いたしました。出席者は委員全員、教育長、教育次長、教育総務課長、教育総務課長代理、教育総務班班長、傍聴議員でした。
 初めに、陳情者より趣旨説明があり、質疑を行ったあと、執行者より補足説明はなく、直ちに参考質疑及び意見交換を行いました。概要は次のとおりです。
 委員「知的発達におくれはなく、学習・行動面で著しい困難を示す児童の割合が6.3%とあるが、二宮町ではどうか。」執行者「はっきりとした数字は出していないが、各クラスに二、三人という割合で対象者がいる。程度の度合いもさまざまで、把握するのが難しいが、おおむね陳情が示す割合と同じだと思う。」委員「その児童に対処するには、少ない人数の学級で教員数を増やすのがよいのか。」執行者「二宮町の学校は平均して1クラス32人ほどであるが、少人数学級であれば、教師も児童に目が届き、指導しやすい。」委員「1つの学級の人数を決めると、学年の途中でクラス編成が行われることもあるので、子どもたちも戸惑うと思うが、どうか。」執行者「途中で編成替えをして、1クラスの人数が減ると、保護者の方は安心するようだ。子どももゆとりが持てるようになる。」
 以上で質疑を終結し、討論に入りましたが、討論はなく、陳情第6号を採決したところ、全員賛成により採択と決しました。
 なお、意見書案につきましてはお手元に配付のとおりです。よろしくご審議のほど、お願い申し上げます。


◯議長【西山幹男君】 ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。
             (「省略」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 質疑なしと認めます。
 これより討論に入ります。
             (「省略」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 討論なしと認めます。
 これより平成21年陳情第6号を採決いたします。本件に対する委員長の報告は採択であります。本件を委員長の報告のとおり採択することに賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立全員であります。よって、本件は報告のとおり採択と決しました。


◯議長【西山幹男君】 これより意見書案第6号を採決いたします。本案を原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
   ────────────────────────────────
   日程第12 平成21年
        陳情第7号 平成22年度の義務教育費国庫負担制度の堅持
              を求める陳情審査について
   日程第13 意見書案
        第 7 号 平成22年度の義務教育費国庫負担制度の堅持
              を求める意見書の提出について


◯議長【西山幹男君】 お諮りいたします。日程第12「平成22年度の義務教育費国庫負担制度の堅持を求める陳情審査について」平成21年陳情第7号、日程第13「平成22年度の義務教育費国庫負担制度の堅持を求める意見書の提出について」意見書案第7号を一括議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
            (「異議なし」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 ご異議なしと認めます。よって一括議題といたします。


◯議長【西山幹男君】 職員をして朗読させます。


◯職員【鐘ケ江学君】 (朗  読)


◯議長【西山幹男君】 委員長の報告を求めます。


◯議長【西山幹男君】 根岸ゆき子議員。
       〔5番・教育福祉常任委員長(根岸ゆき子君)登壇〕


◯5番・教育福祉常任委員長【根岸ゆき子君】 教育福祉常任委員会のご報告を申し上げます。
 去る6月5日の本会議において、本委員会に付託されました平成21年陳情第7号「平成22年度の義務教育費国庫負担制度の堅持を求める陳情」を議題として、6月8日午後2時45分より第一委員会室において委員会を開催いたしました。出席者は委員全員、教育長、教育次長、教育総務課長、教育総務課長代理、教育総務班班長、傍聴議員でした。
 初めに、陳情者より趣旨説明があり、質疑を行ったあと、執行者より補足説明はなく、直ちに参考質疑及び意見交換を行いました。概要は次のとおりです。
 委員「国は削減した分を交付税対応しているというが、町に的確に教育予算として計上されているか。」執行者「図書費が交付税の算定基礎に盛り込まれており、それを反映させて予算計上している。ここ最近は毎年5校合わせて250万円から300万円規模で図書費として計上をしている。」委員「一般財源化されると、どのような影響が出てくるのか。」執行者「県全体で見てみると、学校規模の学級数によっては生徒指導担当教員がカットされたというようなことはある。」
 以上で質疑を終結し、討論に入りましたが、討論はなく、陳情第7号を採決したところ、全員賛成により採択と決しました。
 なお、意見書についてはお手元に配付のとおりです。よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。


◯議長【西山幹男君】 ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。
             (「省略」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 質疑なしと認めます。
 これより討論に入ります。
             (「省略」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 討論なしと認めます。
 これより平成21年陳情第7号を採決いたします。本件に対する委員長の報告は採択であります。本件を委員長の報告のとおり採択することに賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立全員であります。よって、本件は報告のとおり採択と決しました。


◯議長【西山幹男君】 これより意見書案第7号を採決いたします。本案を原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
   ────────────────────────────────
   議員提出議案
   第 3 号 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の核実験に抗議するこ
         とに関する決議(案)について


◯議長【西山幹男君】 お諮りいたします。議事日程第13の次に、追加議事日程を議事日程第1として、「朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の核実験に抗議することに関する決議(案)」についてを議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
            (「異議なし」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 ご異議なしと認めます。よって、追加議事日程第1「朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の核実験に抗議することに関する決議(案)」議員提出議案第3号を議題といたします。


◯議長【西山幹男君】 追加議事日程第1について、職員をして朗読させます。


◯職員【鐘ケ江学君】 (朗  読)


◯議長【西山幹男君】 提出者から提案理由の説明を求めます。
             (「休憩」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 暫時休憩いたします。
                          午後2時02分 休憩
   ────────────────────────────────
                          午後2時17分 再開


◯議長【西山幹男君】 休憩前に引き続き会議を開きます。


◯議長【西山幹男君】 追加議事日程第1について、職員をして朗読させます。


◯職員【鐘ケ江学君】 (朗  読)


◯議長【西山幹男君】 提出者から提案理由の説明を求めます。


◯議長【西山幹男君】 井上良光議員。
            〔11番(井上良光君)登壇〕


◯11番【井上良光君】 それでは、提案理由の説明を行います。
 このたび北朝鮮が行ったミサイルの発射や核実験は、世界平和に対して脅威である。とりわけ北東アジアの平和と安定に逆行する行為であって、断じて容認できないものであります。
 世界で唯一の被爆国であり、戦争を放棄した我が国は、全世界に向かって核兵器の廃絶を訴えてきました。そして、我が二宮町は「ガラスのうさぎ像」を平和のシンボルとし、その精神のもと、世界平和と人類の幸福を願ってきました。平和都市宣言をしたこの二宮から、北朝鮮に対して断固たる措置をとるよう政府に求めることを、二宮町議会として決議することを提案いたします。よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。


◯議長【西山幹男君】 ただいまの提出議員の説明に対する質疑にはいります。


◯議長【西山幹男君】 原冨士徳議員。


◯12番【原冨士徳君】 これは非常に国際的な問題で、大きな問題なもので、二宮町でどうするのかということではないので、私もこういうことに対しては賛成なんですけれども、ちょっと参考までにお伺いいたします。国際問題にかかわることなんですけれども、日本全国1,800余りの自治体の中で、幾つこういうものをやっているかということになると、非常に話が大きくなってつかみようがないと思うのですけれども、では、神奈川県内でこういうものが一体、幾つの自治体であったのかということをお伺いしたいと思います。
 それから、ここに提案者に6名の方々が連名で載っておりますけれども、これは議会運営委員会の中で決まったというふうに聞きますけれども、運営委員会の中でどのような意見がなされてこういう結果になったのかをお伺いしたいと思います。


◯議長【西山幹男君】 井上良光議員。


◯11番【井上良光君】 正直言って、まだ県内の自治体では鎌倉と葉山、あと、若干ちょっとわかりませんけれども、6自治体だそうです。
 大体、素案は見ていただいて、あとは正副に一任していただいたと思っております。
 若干、素案とは変わっているかもしれませんけれども、ただ、中ほどの二宮町の今までの動きをつけ加えさせていただいたということでございます。


◯議長【西山幹男君】 原議員。


◯12番【原冨士徳君】 私が知るところだと、鎌倉市しかわかっていないのですけれども、鎌倉市の場合には共産党が単独で提案なされている。なぜ二宮町でこうやって議会運営委員会の中でお決めになったのかというのがちょっとわからないんですけれども。
 それで、私、この案文を見させていただきまして、最近の核廃絶の機運の高まりに逆行するようなものであるということがあるのですけれども、実際、世界においては、核廃絶というのは、核拡散防止という条約があるのですけれども、実際には所有国が増えているのが現状なんですよ。そういうものに対しても意見を申し述べるのか、今、提案者からあったように、世界の脅威、東北アジアの脅威というならば、じゃあ、インド・パキスタンはどうするのか。イスラエルとか、イラン、イラク、そのようなことまで話が及んじゃうわけですよ。だから、国の安全を確保するために北朝鮮が脅威ですよというなら、拉致問題とかって包括的にあるけれども、拉致とか領海侵犯というのは国家の主権に関する侵略問題ですから、それは大いに賛成です。でも、核とかミサイルとかというのは国防の問題ですから、全く視点が違うと思うんです。だから、今、私、これを見ていて、おそらくあすにでも国連で7カ国協議が成立して、また決議案が採択されると思うのですけれども、まさに日本の第二次大戦前のような気がしているんです。要するに防衛の縮小、要するに貿易の制限、金融資産の凍結、そういうふうになると、私は第二次大戦前のような気がするのですけれども、そういうものに対して、委員長はどのようなお考えをお持ちか、お伺いいたします。


◯議長【西山幹男君】 井上議員。


◯11番【井上良光君】 最初の北東アジアの平和と安定に逆行するというくだりなんですけれども、インド方面、パキスタン方面はどうなのかということなんですけれども、とりわけ日本の立場といいますか、いわゆる我が国の周辺での状態を引用させていただきました。
 それと、拉致問題は入っておりますけれども、標題にもございますように、核実験に抗議するのが主でございますので、あわせて拉致問題を取り上げたということでございます。


◯議長【西山幹男君】 これをもって質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。


◯議長【西山幹男君】 西山宗一議員。


◯13番【西山宗一君】 今、原議員のほうから質問が提出者のほうに出されたようですけれども、これは先般、全協で素案が出されて、その素案のときに、提出者のほうから二宮らしい文章を入れたらどうかという提案がありまして、その席で、私もぜひそれを入れたものを提出されたらどうでしょうかということを言わせていただきまして、皆さんも納得しまして、その原案につきましては、議運の委員長・副委員長にお任せしますという中で出てきたきょうの提出(案)でございますので、私は賛成をして通したいというふうに思います。


◯議長【西山幹男君】 これをもって討論を終結いたします。
 これより追加日程第1「朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の核実験に抗議することに関する決議(案)」議員提出議案第3号についてを採決いたします。提出議員の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立多数であります。よって、議員提出議案第3号は原案のとおり可決されました。
   ────────────────────────────────
   日程第14 議会運営委員会の閉会中の継続審査について


◯議長【西山幹男君】 日程第14「議会運営委員会の閉会中の継続審査について」を議題といたします。
 議会運営委員長より、次期議会の会期日程等の議会運営に関する事項審議のため、議会運営委員会を継続審査としたい旨の申し出がありました。委員長の申し出に賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立全員であります。よって、本件は可決されました。
   ────────────────────────────────


◯議長【西山幹男君】 これにて本定例会に付議されました案件等の審議はすべて終了することができました。ありがとうございました。
 本定例会を閉会するに当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 6月5日から始まり、6月12日、本日までの8日間という短い期間ではありましたが、一般質問11名、12件の通告があり、将来の住みよい二宮町づくりにさまざまな角度から活発な、そして有意義な質疑応答が熱心に行われました。執行者におかれましても、親切、丁寧な答弁で対応していただきました。議会・執行者ともども町・町民の幸せを思う心は同じです。10日に梅雨入りしました。うっとうしい日々が続くかと思いますが、職務、議会議員活動に一層のご尽力いただきますようお願い申し上げまして、閉会のあいさつとさせていただきます。
 これをもちまして平成21年第2回二宮町議会定例会を閉会いたします。
 なお、この後、午後2時50分より議会全員協議会を第一委員会室で開催します。よろしくお願いいたします。ご苦労さまでした。
                          午後2時29分 閉会



   地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

      二宮町議会  議  長  井 上 幹 男

             署名議員  根 岸 ゆき子

             署名議員  西 山 宗 一