議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 二宮町

平成21年第1回(3月)定例会(第25日目) 本文




2009.03.23 : 平成21年第1回(3月)定例会(第25日目) 本文


会議の状況                     午後1時00分 開議
◯議長【西山幹男君】 皆さん、こんにちは。
 ただいまの出席議員は13名でございます。定足数に達しておりますので直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりでございます。
   ────────────────────────────────
   日程第1 議案第29号 平成20年度二宮町国民健康保険特別会計補
               正予算(第4号)


◯議長【西山幹男君】 日程第1「平成20年度二宮町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)」町長提出議案第29号を議題といたします。


◯議長【西山幹男君】 職員をして朗読させます。


◯職員【小林永季君】 (朗  読)


◯議長【西山幹男君】 提出者から提案理由の説明を求めます。


◯議長【西山幹男君】 町長。
            〔町長(坂本孝也君)登壇〕


◯町長【坂本孝也君】 議案第29号の提案理由を説明いたします。
 「平成20年度二宮町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)」ですが、第1条において、歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の金額を、第1表歳出予算補正のとおりとするものです。
 内容につきましては民生部長より説明いたしますので、ご審議の上、議決賜りますようよろしくお願い申し上げます。


◯議長【西山幹男君】 民生部長。


◯民生部長【池田茂男君】 ただいま町長よりご提案申し上げました議案第29号について内容の説明をさせていただきます。
 恐縮ですが、6ページ、7ページをお願いいたします。事項別明細書の説明をさせていただきます。歳出です。第2款保険給付費、第2項高額療養費です。1目一般被保険者高額療養費ですが、500万円の増額をお願いいたします。議会定例会初日に平成20年度二宮町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)として、一般被保険者高額療養費で400万円の増額補正をお願いしたところですが、ここで再度、500万円の増額をお願いすることになり、ご面倒をおかけしたこと、大変申しわけございません。よろしくお願いいたします。
 なお、一般被保険者高額療養費につきましては、平成21年1月末まで、10カ月分の支払金額が1億2,232万5,401円となり、残りの2月、3月分の支払金額を3,000万円と見込んだところ、2月分で1,937万975円の支払金額となり、3月分でも約1,600万円の支払いが見込まれるため500万円の不足となったものでございます。
 次のページをお願いいたします。
 予備費です。本補正に伴い500万円の減額補正をお願いし、補正後は1,172万7,000円とさせていただくものでございます。
 以上でございます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


◯議長【西山幹男君】 これより質疑に入ります。


◯議長【西山幹男君】 原議員。


◯12番【原冨士徳君】 今、部長の説明にあったとおり、第3号補正を提出されたのが2月27日。4号補正が3月23日、本日、提出されたのですが、この間になぜこのようなことが起こったのか。本来ならば、2月27日の提出の時点で、これは高額医療費に対する支払いなので事前に予測ができたのではないかと思うのですが、なぜこのような事態になったのか、もう少しこの内容をお教えいただきたいと思います。


◯議長【西山幹男君】 町民課長。


◯町民課長【石井博司君】 1月時点で支払額を見ながら予算を組ませていただいたというところは本当のところでございまして、2月、3月の支払いの部分がかなり余裕を見たというふうに課内では考えていたわけですが、意外に、ふたをあけてみると、2月、3月分の支払いが多かったということでございます。


◯議長【西山幹男君】 原議員。


◯12番【原冨士徳君】 では、この2月27日以降、このようなものが何件、高額医療費のものが発生したのですか。


◯議長【西山幹男君】 町民課長。


◯町民課長【石井博司君】 高額療養費につきましては、支払う内容が2口ありまして、1つは、入院をした方の限度額適用認定証を持っている方というのは入院の方だけなのですが、病院では高額医療費の限度額までしか払いませんで、それ以外の分は国保連合会のほうから請求がやってくることになっておりまして、その分が1カ月で約1,000万円。それと、ご自分で請求をされる方がいらっしゃるわけですが、この方の分が約500万円といったあたりで見込んでおるわけですが、国保連へ直接払う分もかなり多かったし、申請される分も多かったということでございまして、国保連に払っている分は1月の診療分。申請をさせていただいて払っている分は12月の診療分ということでございまして、これは季節的に増えるものなのか、それとももうこれから伸びる一方なのかという部分は、ちょっと現状ではとらえかねているというところでございます。
 以上です。


◯議長【西山幹男君】 原議員。


◯12番【原冨士徳君】 私どものほうから見ると、補正の補正といったような感じに見えますもので、このようなことがなるべくないようによろしくお願いいたします。


◯議長【西山幹男君】 これをもって質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。
             (「省略」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 討論なしと認めます。
 これより町長提出議案第29号を採決いたします。本案を原案のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立全員であります。よって、議案第29号は原案のとおり可決されました。
   ────────────────────────────────
   日程第2 平成21年
        陳情第1号 「JR不採用問題の早期解決に向けた意見書を
              国に提出することを求める」ことに関する陳情
              審査について
   日程第3 意見書案
        第 1 号 「JR不採用問題の早期解決に向けた意見書」
              の提出について


◯議長【西山幹男君】 お諮りいたします。日程第2「『JR不採用問題の早期解決に向けた意見書を国に提出することを求める』ことに関する陳情審査について」平成21年陳情第1号、日程第3「『JR不採用問題の早期解決に向けた意見書』の提出について」意見書案第1号を一括議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
            (「異議なし」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 ご異議なしと認めます。よって、一括議題といたします。


◯議長【西山幹男君】 職員をして朗読させます。


◯職員【小林永季君】 (朗  読)


◯議長【西山幹男君】 委員長の報告を求めます。


◯議長【西山幹男君】 二見泰弘議員。
      〔2番・総務建設経済常任委員長(二見泰弘君)登壇〕


◯2番・総務建設経済常任委員長【二見泰弘君】 総務建設経済常任委員会の委員長報告を申し上げます。
 去る2月27日の本会議において本委員会に付託されました平成21年陳情第1号 「『JR不採用問題の早期解決に向けた意見書を国に提出することを求める』ことに関する陳情」を議題として、去る3月2日午前9時30分より第一委員会室において委員会を開催いたしました。出席者は委員全員、議長、総務部長、総務課長、傍聴議員、傍聴者2名でした。陳情者より趣旨説明があり、質疑を行った後、執行者よりの補足説明はなく、また、委員による意見交換及び討論もなく、陳情第1号を採決したところ、全員賛成で採択と決しました。
 なお、意見書についてはお手元に配付のとおりです。よろしくご審議のほど、お願い申し上げます。


◯議長【西山幹男君】 ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。
             (「省略」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 質疑なしと認めます。
 これより討論に入ります。
             (「省略」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 討論なしと認めます。
 これより平成21年陳情第1号を採決いたします。本件に対する委員長の報告は採択であります。本件を委員長の報告のとおり採択することに賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立全員であります。よって、本件は報告のとおり採択と決しました。


◯議長【西山幹男君】 これより、意見書案第1号を採決いたします。本案を原案のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
   ────────────────────────────────
   日程第4 平成21年
        陳情第2号 「重度障害者等医療費助成制度に関する陳情」
              審査について
   日程第5 意見書案
        第 2 号 「重度障害者等医療費助成制度に関する意見書」
              の提出について


◯議長【西山幹男君】 お諮りいたします。日程第4「『重度障害者等医療費助成制度に関する陳情』審査について」平成21年陳情第2号、日程第5「『重度障害者等医療費助成制度に関する意見書』の提出について」意見書案第2号を一括議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
            (「異議なし」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 ご異議なしと認めます。よって、一括議題といたします。


◯議長【西山幹男君】 職員をして朗読させます。


◯職員【小林永季君】 (朗  読)


◯議長【西山幹男君】 委員長の報告を求めます。


◯議長【西山幹男君】 根岸ゆき子議員。
       〔5番・教育福祉常任委員長(根岸ゆき子君)登壇〕


◯5番・教育福祉常任委員長【根岸ゆき子君】 では、報告をいたします。
 去る2月27日の本会議において本委員会に付託されました平成21年陳情第2号「重度障害者等医療費助成制度に関する陳情」を議題として、3月2日午後1時30分より第一委員会室において委員会を開催いたしました。出席者は委員全員、民生部長、福祉課長、社会福祉係長、子育て支援係長、傍聴議員及び傍聴者でした。初めに陳情者より趣旨の説明があり、質疑を行った後、執行者より補足説明はなく、直ちに参考質疑及び意見交換を行いました。概要は次のとおりです。
 委員「前回も同じような内容の陳情を扱った。それに対し町はどのような対処をしているか」、執行者「県は昨年10月から65歳以上の新規重度障害者を認めないこと。及び通院、入院の一部負担金の導入を適用。今年10月からは所得制限を設ける。しかし、町は現行のままで所得制限も設けず堅持していく」。委員「では、陳情事項1番は町で既にやっているという確認でよいか。2番を県に意見書提出すればよいのか」、執行者「県の改正を含めた全体の中で働きかけてくださいということだと思う」。
 以上で質疑を終結し討論に入りましたが、討論はなく、陳情第2号を採決したところ、全員賛成により採択と決しました。
 なお、意見書についてはお手元に配付のとおりです。よろしくご審議のほど、お願い申し上げます。


◯議長【西山幹男君】 ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。
             (「省略」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 質疑なしと認めます。
 これより討論に入ります。
             (「省略」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 討論なしと認めます。
 これより平成21年陳情第2号を採決いたします。本件に対する委員長の報告は採択であります。本件を委員長の報告のとおり採択することに賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立全員であります。よって、本件は報告のとおり採択と決しました。


◯議長【西山幹男君】 これより意見書案第2号を採決いたします。本案を原案のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
   ────────────────────────────────
   日程第6 議案第23号
        議案第24号
        議案第25号
        議案第26号
        議案第27号
        議案第28号 平成21年度予算審査について


◯議長【西山幹男君】 日程第6「平成21年度予算審査について」町長提出議案第23号、第24号、第25号、第26号、第27号、第28号を一括議題といたします。


◯議長【西山幹男君】 職員をして朗読させます。


◯職員【小林永季君】 (朗  読)


◯議長【西山幹男君】 委員長の報告を求めます。
       〔1番・予算審査特別委員長(杉崎俊雄君)登壇〕


◯1番・予算審査特別委員長【杉崎俊雄君】 平成21年度予算審査特別委員会の委員長報告を申し上げます。
 平成21年度予算審査特別委員会は、本定例会第11日目の3月9日に付託を受けました「平成21年度二宮町一般会計予算」町長提出議案第23号、「平成21年度二宮町国民健康保険特別会計予算」町長提出議案第24号、「平成21年度二宮町老人保健医療特別会計予算」町長提出議案第25号、「平成21年度二宮町後期高齢者医療特別会計予算」町長提出議案第26号、「平成21年度二宮町介護保険特別会計予算」町長提出議案第27号、「平成21年度二宮町下水道事業特別会計予算」町長提出議案第28号を、平成21年3月12、13、16、17、18日の5日間にわたり第一委員会室において、町長、副町長、各部長以下、担当職員の出席を求め慎重審議いたしました。
 委員会審査では細部にわたり活発な質疑応答を行うとともに現地視察も行い、審査終了後、一括討論を行いました。採決の結果、町長提出議案第23号、第24号、第26号、第27号は賛成多数で、町長提出議案第25号、第28号は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定し、次の審査意見書を提出するものであります。
             平成21年度予算審査意見
 1)地球温暖化防止のため環境対策の推進を図られたい。
 2)多目的広場用地(ラディアン裏)の全体計画は、町民の理解を得られるような将
  来構想にされたい。
 3)国民健康保険税の軽減策を検討されたい。
 4)吾妻山公園再整備計画は、全体の景観に配慮し慎重に進められたい。
 5)公共施設・道路等の修繕は、年次計画を持って進められたい。
 6)消防・救急活動を円滑にするため、組織の充実を図られたい。
 7)自主防災の充実を図るため、必要な指導・支援をされたい。
 8)防災行政無線の難聴地域の解消に努力されたい。
 以上でございます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


◯議長【西山幹男君】 ただいまの委員長の報告に対する一括質疑に入ります。
             (「省略」との声あり)


◯議長【西山幹男君】 質疑なしと認めます。
 これより一括討論に入ります。


◯議長【西山幹男君】 鳥海恭子議員。
            〔8番(鳥海恭子君)登壇〕


◯8番【鳥海恭子君】 それでは、日本共産党議員団を代表して、議案第23号「平成21年度一般会計予算」について反対の討論をいたします。
 アメリカに端を発した経済危機は世界中に広がり、日本経済はアメリカがくしゃみをすれば風邪を引く状態が続いています。小泉政権のもとでつくられた派遣法によって労働者は職を失い、この年度末には50万人を超える人々が路頭に迷うと危惧されています。今、全国各地で派遣村が開かれている昨今です。
 さて、一般会計についてですが、評価すべき点も幾つかあります。それは、精神障害者1、2級の医療費の助成、そして小児医療費の小学校3年生までの無料化、また、税の収納率向上のために休日の窓口開設などがありますが、弱者のための施策の削減など、また、町民への負担増が大幅に増えたことです。昨年12月議会で可決された各施設利用料の大幅値上げは1,800万円の町民負担です。障害児者福祉手当が年額1万4,000円を7,000円にし、7,000円を3,500円にするなど50%もの削減をしました。町は、削減理由の1つに、県が65歳を超えて障害者になった方は助成の適用外にしたが、町は引き続き助成をするので福祉手当をカットするとの言い分ですが、対象は全く違う問題ではないでしょうか。一方では、介護認定審査会委員の医師、歯科医師の先生方には日額5,000円もの報酬引き上げは納得できません。医師会から報酬引き上げを求められた時点で、町財政の厳しさを率直に訴え、せめて半額程度にと理解を求めるべきではなかったでしょうか。
 次に、高齢者祝金については条例では金額が示されており、今回の方法は条例違反ともとれるものです。また、吾妻山の再整備については、トイレ改修や歩道のバリアフリー化等は1,200万円の調査委託をしなくても現状の充実・整備をするだけで十分ではないかと思います。また、図書費の削減も問題です。そして、火葬料の5万円限度額は、斎場によって大きく差があるわけですから、同じ町民の最後の公的補助です。5万円の限度額は撤廃すべきだと思います。予算全体で町民の暮らしを考えていないものであり、一般会計には反対といたします。
 次に、議案第24号「平成21年度二宮町国民健康保険特別会計予算」についても反対の討論をさせていただきます。
 高齢化の進む二宮町の国保加入世帯は5,050世帯、9,000人です。二宮町の国保税はほかの町村に比べて少し割高です。国保税については、昨年から限度額が2万円引き上げられ、後期高齢者医療制度の発足に伴い、国保加入者の0歳から74歳の人全員に対して1万8,793円が支援費として徴収されています。その上、国保税を1年間滞納すると保険証を取り上げられ資格証になり、病気で医者にかかると窓口では10割負担であり、金の切れ目が命の切れ目になりかねません。国庫補助が増額されているのですから、一般会計の基金と合わせ繰り入れれば3,000円の引き下げは可能であったはずと共産党議員団は試算をいたしました。制度にも大きな問題がありますが、国保特別会計に反対をいたします。
 次の議案第25号「平成21年度二宮町老人保健医療特別会計予算」については、21年度で制度が終了するため、賛成といたします。
 議案第26号「平成21年度二宮町後期高齢者医療特別会計予算」について反対の討論をいたします。
 まず、この制度そのものに反対です。この制度は75歳以上のお年寄りに医療の面からも、保険料の面からも差別をするものであり、保険料は年金18万円以上の人から年金天引きです。無年金の方も納めなければなりません。そして、保険料を1年間滞納すると保険証を取り上げられ、これは国民健康保険と同じです。国保には、75歳以上のお年寄りに資格証の発行はありません。昨年7月から9月の調査でも、既に神奈川の広域連合の滞納者は5万人以上、二宮町でも200人を超える滞納者があり、払いたくても払えない人が多くいます。その後の経済状況を考えますと、4月から多くの滞納者が資格証になってしまうことが予想されます。全国でも同じような状況ではないでしょうか。
 先日、厚生労働省は、悪質な滞納者を除き資格証の発行はすべきではないと通達を出しました。悪質とはお金があっても払わないような方だそうです。二宮町もよく精査をして、もっと多くなっているであろう滞納者の方々に対応してほしいと思います。以上でこの後期高齢者予算にも反対をいたします。
 次に、議案第27号「平成21年度二宮町介護保険特別会計予算」に反対の討論を行います。
 平成21年度は介護保険の3年ごとの見直しの年度になります。また、4月からは介護度を軽くする新要介護認定も始まろうとしています。小泉政権の構造改革によって介護報酬は4.9%、既に下げられていたわけです。国が社会保障費を毎年2,200億円ずつ削減していることが根本にあるわけですが、介護準備基金を大胆に使えば値上げをせずに済んだはずです。全国で高齢化が進む中で介護従事者の減少は異常なほどの低賃金にあるということで、国は介護従事者の処遇改善を図るためと、また、3年ごとの改定に伴う介護保険料の急激な上昇を抑制するために臨時特例交付金1,972万円が町に交付されました。町は一部の基金積立金として活用するわけですが、介護従事者の処遇改善に3%と言われますが、この程度では焼け石に水ですし、介護保険料も第1段階で300円値上げ、5段階では何と900円もの値上げになっています。急激な上昇ではないということでしょうが、高齢者からは年金天引きの保険料です。また、町長は、予算委員会の席で「各課の枠内配分を指示した」と述べられましたが、予算全体で見る必要があり、特に高齢者への配慮をすべきだと思います。そして、この議案第27号にも反対をいたします。
 議案第28号「平成21年度二宮町下水道事業特別会計予算」については賛成をいたします。
 使用料の値上げがあるのですが、普及率も徐々に上がっており、接続率向上の努力を求めて賛成をいたします。
 以上です。


◯議長【西山幹男君】 次、池田 宏議員。
            〔10番(池田 宏君)登壇〕


◯10番【池田 宏君】 私は、平成21年度町長提出議案第23号「二宮町一般会計予算」及び町長提出議案第24号、25号、26号、27号、28号の5つの特別会計予算に対して賛成する立場で討論いたします。
 まず、議案第23号「平成21年度二宮町一般会計予算」についてです。平成21年度の一般会計予算における歳入額は、前年比2億5,000万円減の72億1,300万円になっています。このうち町税は、昨年より923万円減の38億2,515万4,000円で、歳入全体に対して53%を占めています。また、既に値上げが決定されました町施設の使用料及び手数料は、昨年より2,046万5,000円増の、1億7,624万7,000円で貴重な財源になっています。町税が予定どおり収納される施策として月末の日曜日に納税相談窓口を開設することはよいアイデアと思います。財政の厳しい折り、思い切って町債を削減したことは評価いたします。
 次に歳出について。事業規模で見ますと、新たに加わった大型の事業が目立ちます。新給食センター整備事業、(仮称)栄通り子育てサロン整備事業、小児医療助成事業の拡大、新ごみ積替施設整備事業、多目的広場整備事業、吾妻山公園整備事業、都市計画道路3−5−5関係経費等があります。さらに歳入の落ち込みも加わって他の事業を財政的に圧迫しており、緊縮財政になっています。
 各部署別に主な事業を見ますと、総務費では、駅北口自転車駐輪場改修事業が始まります。老朽化しているため、通勤・通学者の安心・安全の確保のために改善するもので完成が期待されます。(仮称)一色防災コミュニティーセンター建設工事は、今年5月末に完成する予定です。一色地区住民の防災の拠点のみならず、地域の方々の集いの場としても期待されている施設です。次いで、災害発生時における防災対策事業、協働まちづくり推進事業があります。いずれも大事な事業であります。衛生費においては、新ごみ積替設備整備事業が始まります。周辺地域住民に配慮した施設にしていただきたいと思います。また、住宅用太陽光発電システム設置費補助金事業が再開されます。豊富な自然エネルギーの活用は、環境保全推進のためには重要なことです。ごみ減量化再利用事業は資源の有効活用や歳出の削減にもなります。さらには、次世代に向かっての環境改善からも重要なことであり、評価します。
 民生費では、子育て事業に重点が置かれています。(仮称)栄通り子育てサロン整備事業は働くお母さんたちを支援する事業であり、期待されています。ぜひ、使いよい施設をつくっていただきたいと思います。
 小児医療費助成事業は、10月1日から助成対象を小学校3年生修了時まで拡大するもので、子育てにかかわる負担の軽減、安心して子育てができる環境づくりの一助になります。また、母子保健事業は、母子の健康保持・増進を図るため、健康診断や育児相談、訪問指導を実施するものです。健康診断事業は病気の早期発見治療、及び生活習慣病の予防のために行われます。二宮町のコミュニティー保育を助成支援する子育て支援事業、延長保育事業は、働きながら子育てしている女性を支援する事業で、大いに評価いたします。障害者医療助成では、精神障害者1・2級の有資格者に対し医療補助を開始することはよいことです。
 農林水産事業費では、開始してから3年目に入ります中里及び一色地域の土地改良事業が行われます。二宮町の都市計画事業の一環として、また、ブランド開発のための基盤整備事業の面から見ても大切な事業です。完成が期待されます。二宮町ブランド開発研究推進事業も、また、町起こしのために大いに期待されている事業です。
 商工費では、町内の商業者に対し事業活動の維持・安定を図る目的で、商業者経営安定化緊急資金貸付事業が行われます。不況の折り、円滑な資金調達環境を整備することで町内の経済振興が図れることを期待します。
 土木費では昨年に引き続いて町道277号線、旧国立小児病院前道路の拡幅改良工事が行われています。完成すれば病院跡地の利用価値も上がるし、歩行者、車両の安全通行や地域住民にとっても利便性の向上になりますので、大いに評価いたします。その他、橋梁の安全点検調査は防災上の安心・安全の観点からも重要なことであります。都市公園等の維持整備事業、園試跡地(仮称)多目的広場整備事業は、二宮町の都市整備上、重要な事業です。コミュニティーバス運行事業は、交通不便地域の解消に貢献するものであります。
 消防費では、消防緊急無線広域化共同化整備事業は、平成26年度のデジタル無線の運用開始に向かって無線消防救急通信全般の基本的な整備を行うものですが、横浜市安全管理局が整備主体となり行われる事業です。これが完成すると高い秘匿性が期待され、消防救急活動の向上になることですので期待しています。
 教育費では、(仮称)新学校給食センター建設工事が2年計画で行われます。次世代を担う子どもたちの身体づくりのため大事な事業ですので期待します。国際教育推進事業、小学校英語教育推進事業、小・中学校コンピュータ整備事業は、小・中学校時代の感性豊かで、何事にも対応できる柔軟な頭脳を持っているときに外国語になれ、コンピュータのシステムを理解させることは有意義なことであります。また、学校間ネットワーク事業は小中学校5校のネットワーク及び、これら5校と教育委員会間のネットワークを構築し、迅速な相互連絡や意思の疎通を図ることを目的としたもので大変期待されています。図書館運営事業、二宮町民大学推進事業も大いに評価します。
 以上は、次世代を育む教育環境の整備、福祉の向上、道路、公園、生活環境など、都市基盤の整備・充実を図るものであり、二宮町の現在及び将来発展に向かっては重要なことであります。したがって、関係部署の予算は妥当と判断し、賛成いたします。
 次に5つの特別会計です。
 議案第24号「平成21年度二宮町国民健康保険特別会計予算」については、歳入において、税収の減少があり、その分、一般会計からの繰り入れが目立ちますので、税能率の向上の取り組みが望まれます。また、二宮町の健康管理の面から、特定健康診査の受診率の向上が望まれますが、予算全般的には妥当と判断します。
 議案第25号「平成21年度二宮町老人保健特別会計予算」は、残務整理期間ですので、間違いのないようにお願いいたします。
 議案第26号「平成21年度二宮町後期高齢者医療特別会計予算」は、2年目になり見直しが望まれています。二宮町においては、一般会計からの繰り入れが約2億5,800万円あり、広域連合への納付金に関する改正が望まれますが、全体の予算としては妥当と判断いたします。
 議案第27号「平成21年度二宮町介護保険特別会計予算」についてです。地域包括センターにおいて、介護予備給付を提供するケアマネージメントを行うことで要支援者の介護度の改善を図ったり、あるいは、重度化を予防することができる事業を行うことは評価できます。
 議案第28号「平成21年度二宮町下水道特別会計予算」は、下水道財政の健全化を図るため下水道への接続率の向上に努めることは重要なことです。21年度予算には接続率の向上に向けての施策が盛り込まれており、期待しております。
 以上のことから、5つの特別会計は妥当と判断し、賛成いたします。


◯議長【西山幹男君】 次、神保順子議員。
            〔3番(神保順子君)登壇〕


◯3番【神保順子君】 ネット二宮・市民自治の会を代表して、町長提出議案第23号「平成21年二宮町一般会計予算」、議案第24号「平成21年二宮町国民健康保険特別会計予算」、議案第25号「平成21年二宮町老人保健医療特別会計予算」、議案第26号「平成21年度二宮町後期高齢者医療特別会計予算」、議案第27号「平成21年度二宮町介護保険特別会計予算」、議案第28号「平成21年度二宮町下水道事業特別会計予算」に対し、賛成の討論をいたします。
 施政方針にもありましたとおり、日本経済の低迷による状況下でも、大きな企業の法人税に頼ることなく財政運営を行っている二宮町においては、さほど大きな影響を受けることなく一定の税収確保を見込める予算であったということで、対前年度比74億6,300万円から72億1,300万円の3.3%の減にとどまっております。しかし、2億5,000万円少ない金額は過去5年間の中でも一番低い数字をあらわしました。今後の見通しには、いつ上向きとなるかわからない社会情勢の中、生活者はより一層の家計の緊縮に加えて、女性が必要に迫られて仕事に出ていくことも増加していると思われます。そんな中、私たちは、二宮町で子育てをしてよかった、二宮町で少しでも心のゆとりを持ってほしいと感じながら住む人たちが増えることを考え、予算審議をいたしました。市民の力を生かすまちづくりをしていただきたいと考えます。総体的に見て21年度予算は町財政の厳しさの中、各課20%減額での予算組み立てを迫られ、どの課も努力した予算組みであったことがうかがえ、この点を評価し賛成の理由といたします。
 一般会計の歳出全体においては公債費を抑え、予備費充用の増、教育費の増が目立ったところです。加えて、課ごとの枠配分で予算化した視点から見れば、民生費の構成比26%から27%に上げたことも評価できるものと考えます。主な増加要因を見てみると、公共施設用地取得基金積立金、(仮称)栄通り子育てサロン整備事業、(仮称)新学校給食センター整備維持費というベスト3にあらわれています。以下、各事業について要望させていただきます。
 子育てサロンについては、今後ともお母さんたちとコミュニケーションを図り、一人でも多くの母親たちが子育てサロンを活用し、1人、子育てに思い悩むことのないような施設になることを望みます。そのためには、他自治体の子育て支援センターを参考にするなど、ソフト面での充実を図ってください。
 新学校給食センターについては、安全・安心の食の提供はもとより、新センターを使うことで、食、環境教育をより一層進められるよう、自然エネルギーを活用した太陽光パネル設置の検討、また、循環型社会をつくるための給食残渣の活用など、生きた教育につながることを期待します。どちらも今後の生かし方一つで大きく変わる事業です。おくれていた子育て環境の整備や、老朽化していた給食センターの新設など、将来に向けて大いに期待するところです。
 民生費の中では、とりわけ障害者医療費給付補助事業について、立ちおくれた精神障害者1・2級の方に医療費が助成されることは大きく評価したいと思います。できれば、早期に対応できることが望ましかったですが、従来から町単独で実施している軽度障害に加えて860万円を調整しました。手当の届かない人が出ないように、初年度としての対応を積極的にしてください。また、ネットがずっと追ってきたごみ処理の課題については、さらなる減量化への取り組みに地域環境推進委員20名の方の活動を生かすこと、ごみ減量化推進委員の提言を事業系ごみ袋導入に生かすことなどで着実に進めていくことへの姿勢がうかがえます。成果を出すためには各地域での協議と合意が欠かせません。市民の力を生かし、町は昨年以上にコーディネート力を発揮していただきたい。
 じん芥収集運搬事業においては、減量化を見込んだ数字となっていました。町民の分別、協力がむだにならないためにも、わかりやすい還元策とともに、委託費を減らす努力も引き続き怠らぬよう要望いたします。また、新ごみ積替施設については、スムーズな事業の開始に向け、住民との信頼確保に努めてください。減量化にしても、積替施設にしても、住民は広域化と関連づけて動向を見ています。広域化のできる限りの情報開示には、町の姿勢も示して整理をしながら説明をしていただきたいと考えます。
 今回の予算で、社協及び幾つかの団体への補助金が減額カットされました。昨年の予算の討論でも、この補助金に関して、ネットは補助金のあり方の検討を要望しました。その中でも協働まちづくり補助金は町民に見えやすい仕組みの補助金事業ですが、21年度は100万円の減額で、交付団体への補助が3年経過し、継続団体が1団体になったためと説明がありました。市民活動を支え、広めていくためにも、今ある各団体への補助金、また、地域施設に対する運営費交付金など、町民だれもが納得できるルールの中での交付のあり方を検討されるよう再度、要望いたします。
 社協への補助金を減額して町の在宅障害者援護事業に5事業を移行しました。差額は70万2,000円の減というところですが、内容を変えずに個々の事業が見やすくなりました。一方、職員の事務作業が増える負担は委託による合理化を図るようですが、ふれあい福祉大会などは、より広く町民の方に参加していただける策を講じ、充実した会としてください。地域作業所委託についても、地域に開かれた運営となることを期待いたします。補助金を減らしたことで社協はバスを取りやめる決断をしましたが、町バスの活用を図るなど、連携した策を進めてください。また、高齢者福祉では、今後も高齢者が増加する中で、独居高齢者や高齢者世帯、また、認知症を抱える世帯が増え、介護従事者の不足等から施設での介護が困難な状況を考えれば在宅介護の充実が求められてきます。在宅で安心して介護が受けられる、また、介護ができるよう、引き続き在宅支援事業の充実に力を入れていただきたいと考えます。
 生涯学習においては、文化の振興と町民活動のサポートに寄与する課としてさまざまなイベントを行っていることは評価いたしますが、各課横断的に連携を図るなどの工夫で精査をかけていくことも必要かと考えます。より多くの自主的な参加者が得られる講演会の開催を目指してください。また、ラディアンのみならず、公共施設全般において、老朽による修繕などの発生が増えてきています。今後さらに増えることが予想される施設管理費については、先のメンテナンス計画を立て、計画的に実行していく必要があります。図書館運営に関しては、利用者の増加、貸出冊数の増加に反比例して人件費の削減、図書購入費の減額がされています。さらに、アドバイザーの日数減などで今後の図書館運営に対して大変危惧するところではありますが、図書館基金を有効活用していただくことで、二宮町の図書館、ひいては、二宮町の文化が後退していくことのないよう切望いたします。
 経済課事業について、昨年に引き続き、ブランド開発研究を進めていくための予算が盛り込まれていますが、この1年、その活動は町民から見えづらく、21年度は具体化していく方針との説明もありましたので、進捗が町民にわかるよう広報の活用などで広く丁寧にお知らせしていただきたいと考えます。また、漁港においても、そのための道路整備などが着々と進められています。並行して養浜工事も行われていることなど、漁港による沿岸の流れの変化が浸食の原因になっていることも伝えられている中で、漁港整備と海岸浸食の関係性など、国、県ともよく協議をし、実態を調査した上で進めていただくことを要望いたします。
 二宮町土地開発公社先行取得する土地、(仮称)多目的広場に関して、国、出先機関、有料駐車場、多目的広場として活用する予定と説明がありましたが、土地の活用については、町民の意見も求めながら有効的に活用していただき、また、20億円という借金を町が抱えることに対して多くの町民が不安を抱いています。早急に返済計画を明らかにし、説明責任を果たし、計画的に返済が進められるようお願いいたします。以上をもちまして、町長提出議案第23号「平成21年二宮町一般会計予算」には賛成といたします。
 町長提出議案第24号「平成21年二宮町国民健康保険特別会計予算」について。収納率向上対策事業は、町県民税とともに、今年度は毎月の最終日曜日に税務課の窓口を開き収納業務を行うとのこと、十分に実態を把握し、減免施策の検討及び収納率向上に努めてください。葬祭費支給事業1件につき4万円は、一般会計事業火葬料補助に加えて国保加入者に支給されますが、より周知されるよう要望して賛成といたします。
 町長提出議案第26号「平成21年度二宮町後期高齢者医療特別会計予算」については、広域連合において1割負担の均等割の行方をしっかり見届けてほしいと切に願います。
 町長提出議案第27号「平成21年度二宮町介護保険特別会計予算」については、処遇改善基金で示された3段階の国補助を平均化し、町民負担の激変を防いだこと、基金の7割を投入しての工夫は妥当と判断をいたします。地域支援事業の充実も進められていると伺います。1人でも寝たきりにつながらないための支援事業の充実をさらに進めてください。
 町長提出議案第28号「平成21年度二宮町下水道事業特別会計予算」。起債を年度ごとに減らし、使用料の急激な増加を抑えたことを評価します。流域建設事業負担については、現在の全体計画の見直しを町からも提案し、酒匂川左岸3系列以上の工事について実施しないなど、将来を見越した下水道運営を流域自治体全体で考えていかなければならないと考えます。
 町長提出議案第25号「平成21年度二宮町老人保健医療特別会計予算」には賛成をいたします。
 以上をもちまして、議案第24号「平成21年度二宮町国民健康保険特別会計予算」、議案第25号「平成21年度二宮町老人保健医療特別会計予算」、議案第26号「平成21年度二宮町後期高齢者医療特別会計予算」、議案第27号「平成21年度二宮町介護保険特別会計予算」、議案第28号「平成21年度二宮町下水道事業特別会計予算」に対し賛成し、討論を終結いたします。


◯議長【西山幹男君】 これをもって討論を終結いたします。
 これより「平成21年度二宮町一般会計予算」町長提出議案第23号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案を委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立多数であります。よって、議案第23号は原案のとおり可決されました。


◯議長【西山幹男君】 次に、「平成21年度二宮町国民健康保険特別会計予算」町長提出議案第24号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案を委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立多数であります。よって、議案第24号は原案のとおり可決されました。


◯議長【西山幹男君】 次に、「平成21年度二宮町老人保健医療特別会計予算」町長提出議案第25号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案を委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立全員であります。よって、議案第25号は原案のとおり可決されました。


◯議長【西山幹男君】 次に、「平成21年度二宮町後期高齢者医療特別会計予算」町長提出議案第26号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案を委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立多数であります。よって、議案第26号は原案のとおり可決されました。


◯議長【西山幹男君】 次に、「平成21年度二宮町介護保険特別会計予算」町長提出議案第27号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案を委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立多数であります。よって、議案第27号は原案のとおり可決されました。


◯議長【西山幹男君】 次に、「平成21年度二宮町下水道事業特別会計予算」町長提出議案第28号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案を委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立全員であります。よって、議案第28号は原案のとおり可決されました。
   ────────────────────────────────
   日程第7 議会運営委員会の閉会中の継続審査について


◯議長【西山幹男君】 日程第7「議会運営委員会の閉会中の継続審査について」を議題といたします。
 議会運営委員長より、次期議会の会期日程等の議会運営に関する事項審議のため、議会運営委員会を継続審査としたい旨の申し出がありました。賛成の議員の起立を求めます。
               (賛成者起立)


◯議長【西山幹男君】 起立全員であります。よって、本件は可決されました。
   ────────────────────────────────


◯議長【西山幹男君】 これにて本定例会に付議されました案件の審議はすべて終了いたしました。本定例会を閉会するに当たり、一言ごあいさつ申し上げます。
 今定例会は予算審査が主であり、総括質疑、一般質問、条例審査など諸案件を、議員の終始、品格を持っての真剣な審議と、町長をはじめ、執行者、皆様方の真摯な答弁態度をもって協力をいただきましたことに深く感謝を申し上げるとともに、厚く御礼申し上げます。
 二宮町の将来像、「緑とやさしさと勇気あふれるまち 湘南にのみや」に向けて、にのみや総合長期プランに沿って21年度予算が、機構改革される中で、町長をトップに、職員一丸となって執行されることを期待いたします。4日の国会において定額給付金関連法案も可決され、二宮町のプレミアム商品券発行がニュースとなりました。また、日本人宇宙飛行士若田光一さんが宇宙ステーションで3カ月の長期滞在で活躍中であり、また、ワールドベースボールクラシック大会でジャパンチームが日の丸を背負い、ユニフォームに日の丸をつけて、2連覇に向けて大健闘しているテレビ映像を拝見し、明日の決勝で韓国に勝って優勝してほしいと願っている私と国民の大多数ではなかろうかと思っております。
 なお、3月末日をもって高橋克美総務部長、新井和明建設部長がめでたく定年退職を迎えます。長年にわたり町政にご尽力いただきました。まことにありがとうございました。(拍手)
 今後もご慈愛をなさり、第二の人生でますますのご活躍とご発展をお祈りいたします。長い間、ご苦労さまでした。
 桜も咲き始め、過ごしやすい季節となりました。21年度は100年に一度と言われている社会的金融危機、経済不況、社会環境の悪い中でのスタートですが、英気を出し合い、町民の期待に沿うよう、議会、執行者が協力をし合い、健康に十分ご留意いただき、ますますのご活躍を祈念いたしまして閉会のごあいさつといたします。大変ご苦労さまでした。
 以上で平成21年第1回二宮町議会定例会を閉会いたします。
 この後、午後2時50分より議会全員協議会を第一委員会室で開催いたしますので、よろしくお願いいたします。ご苦労さまでした。
                          午後2時19分 閉会




   地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

      二宮町議会  議  長  西 山 幹 男

             署名議員  神 保 順 子

             署名議員  城 所   努