議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 大磯町

平成19年議会運営委員会( 4月16日)




平成19年議会運営委員会( 4月16日)





大磯町議会


議会運営委員会


平成19年4月16日


 



(午前 9時49分)  開会


○議会運営委員長(山田喜一君)  定刻を過ぎましたけど、過半数に達しましたので議会運営委員会をこれから開会したいと思います。


 まず、きょうは町側の方は出席しておりません。現在の出席者の議員の数は4人ですね。


 そういうことで、これより開会したいと思います。


 傍聴者があったときは、また傍聴を認めていきたいと思っております。


 それでは、まず議題の(1)としまして、定例会の反省について、事務局の方に町民からの声が届けられておりますので、説明してください。


○議会事務局長代理(岩田隆吉君)  委員会資料ということで、平成19年3月定例会の反省ということの資料をお配りしてございます。


 まず、傍聴者の方から二つございます。一つが、清水議員の一般質問の発言中にやじがあり、聞き取れなかったと議会事務局に申し出がありました。二つ目が、12月の定例会の傍聴者から、一般質問の議事日程が1枚のスペースの中に3行しかない。紙のむだ遣いではないかと議会事務局に申し出がありました。


 それから、ケーブルテレビの視聴者から1件ございます。委員会構成を決めるときに、再開は放送をもってお知らせしますとのことだが、視聴者には再開時間がわからない。テレビの画面に出せないかとの電話がありました。


 それから最後、その他ということで、これはお礼でございますが、足の不自由な傍聴者から9月の定例会時に、4階から傍聴者席入り口までに手すりをつけてほしいとの要望を受けましたので、庁舎管理の財政課に伝えておいたところ今回設置されましたので、目の御不自由な別の方からお礼の言葉をいただきました。


 以上が内容でございます。


○議会運営委員長(山田喜一君)  ということで、町民の方からこういうような意見が出されたということで事務局、これ何か補足するものありますか。


○議会事務局長(荒木誠一君)  1番目の関係は、会議中ですのでそれほど大きな   ですけど、2点目の一般質問の議事日程が1枚のスペース、たしか3月1日の議事日程を見ると、議事日程3月1日しか書いていない。それもあれなんですけれども、例えばやるとすれば、3月1日と2日を1枚のページにおさめてやるという方法もあるかと思います。


○議会運営委員(浅輪いつ子君)  そうですね。もったいない。


○議会事務局長(荒木誠一君)  それから、ただ内容的には決まりがありまして。


○議会事務局長代理(岩田隆吉君)  会議規則のところに、議長は会議の日時を    議事日程を定め、あらかじめ議員に配布すると規定されています。議員必携の94ページには、議事日程は本会議の日ごとに議長が作成するという形になっておりまして、要は1日1枚という形になっております。ですから2日分を1枚という形となると、ちょっとこの不都合が出てくるのかなということです。


○議会運営委員(渡辺順子君)  裏表はいいの。


○議会運営委員長(山田喜一君)  いや、同じだよ。


○議会運営委員(渡辺順子君)  違うよ。ここに1日、2日と書くのと、こっちに1日で裏を返したら2日だったから違うんじゃないですか。どうなんです。


○議会運営委員長(山田喜一君)  そういう意見がありましたよね。


○議会事務局長代理(岩田隆吉君)  事務局の方として幾つか考えたものがございまして。


○議会運営委員長(山田喜一君)  それじゃそれを言ってみてください。


○議会事務局長代理(岩田隆吉君)  一つが、傍聴者には議事日程については張り出しをしてお知らせをしまして、配布をいたさないということが一つ考えられるのかな。あともう一つが、現在の形のものとしまして、またそういう申し出がありましたら、あいているところはメモにお使いくださいという形で口頭でお答えするような形にする形がある。あと三つ目は、紙を半分にしまして、それぞれに使う。これですと、とじ込みが今度はしにくくなるということがあります。このように三つぐらいが考えられるのかなというところがございますが。


○議会運営委員長(山田喜一君)  はい、渡辺さん。


○議会運営委員(渡辺順子君)  すみません。2番目のがちょっとわからなかったのですけど、もう一度。


○議会事務局長代理(岩田隆吉君)  2番目の場合は現在の形のままでございまして、空白の部分ですね、あいている部分については、口頭で、もしもう一回むだじゃないかという形で言われた場合には、事務局の方で、そこはメモにという形でお使いくださいという形で口頭でお答えするという形を考えております。


○議会運営委員(浅輪いつ子君)  いまの岩田さんの御説明の中に、掲示をしてと書いてありましたけれども、それは傍聴者に対してどの辺に掲示をして、それをしていただけるというんですか。具体的に。


○議会運営委員長(山田喜一君)  はい、事務局。


○議会事務局長代理(岩田隆吉君)  傍聴者名簿を書く場所がありますので、その上に張り出してという形で議事日程がございまして、この議事日程については今回は省略させていただきますというような形の文書を添えて張り出すという形が考えられるのかなと思います。


○議会運営委員長(山田喜一君)  浅輪委員。


○議会運営委員(浅輪いつ子君)  それは例えば、この町民から御指摘があったような、1行、3行というかスペースの空白が多く残るようなときだけにそれをして、もっと書くときは各人にお渡しできるように準備なさるというお考えですね。


○議会運営委員長(山田喜一君)  議事日程がたくさんあるときはでしょう。それは当然しようね。いま一般質問だけでしょう。


○議会運営委員(浅輪いつ子君)  私はその方法はよいと思います。


○議会運営委員長(山田喜一君)  そもそも一般質問のとき資料を渡すでしょう。だれだれが言うという時間が入っているから、きょうは2日目ですよと、1日目ですよといえば、資料を持っているわけだから、その場によって、ああ、きょうは一般質問1日目だなと。予定はこうですねということで、案内は十分徹底しているよね。そういう面では確かに張り出すだけで、いちいちこれを配る必要もないんじゃないかなというように思うんですけど。


 はい、事務局。


○議会事務局長(荒木誠一君)  いま傍聴の申し込みに来られたとき、一般質問のとじ込みのものと、ぺらで1枚の一般質問の、両方差し上げているので、議場内に入られる方にはいままでどおり議事日程をお配りしておいて、議事日程、一般質問ですね。いわゆる会議録をつくってるために、傍聴に来られた方には、いま委員長が言うように、一般質問のとじ込みの各委員さんの答弁の一般質問の通告書ですね。これはお渡ししますけど、きょうの一般質問については、そのまんまを張り出して、この下の空欄のところに、議事日程の配布は省略させていただいていますという断りを入れておくという説明です。


○議会運営委員長(山田喜一君)  鈴木委員。


○議会運営副委員長(鈴木京子君)  私もそのやり方でいいと思います。一般質問の日のみということで同じことが1日で起こるということで、それで傍聴者の方も理解を十分いただけるというように思います。


○議会運営委員長(山田喜一君)  一般質問だけね。


 ではそういうことで、いまの委員の皆さんの意見もほとんど一致したと思うので、それについては張り出しをして、そういう趣旨を相手に伝わるような何かメモをしておくというのでしょう。そういうことでひとつ対応をしてもらった方がいいんじゃないかと思います。


 それからその次、後でまたやるけど、この例のケーブルテレビのやつは、これはお知らせしますと、これ委員会をつくるときの話なの。


○議会事務局長(荒木誠一君)  そうです。前回ですね。予算特別委員会、これをつくるときに、これはいろいろ質疑があったけれども、特別委員会を設置して審査することで御異議ないですかということで、異議なしで休憩しますよね。休憩して再開の関係は、いわゆる全協の中ですね。じゃあ、10分後に開会しようというような形で決まりますね。テレビを見ている人は、何時に始まるのかはおおよそ検討がつかないというもので、それからあと、10時半の休憩、それからお昼休みの休憩、午後の2時半前後の休憩、この辺の取り扱いということですね。いまは休憩中ですという。


○議会運営委員長(山田喜一君)  テレビには出てる。


○議会事務局長(荒木誠一君)  じゃ何時何分に始まるんだよというのをどうしようかという、そういうところが問題になってくると思います。


○議会運営委員長(山田喜一君)  鈴木委員。


○議会運営副委員長(鈴木京子君)  確かに休憩中としか青い画面に出ておりませんので、いつまで休憩かと視聴者の方はそういうふうに思われると思うんです。それで、さきほど事務局長が整理をされたように、一つは通常の休憩中で、この扱いなんですけれども、議長が再開は何時何分からということで休憩に入りますので、それをケーブルテレビの方と調整していただいて、何時まで休憩ということを、うまくそれができるかどうかということを言っていただければいいと思います。


 それからもう一つは、全員協議会などで委員会移動をするときなどの休憩なんですが、それは一応テロップに、こういうことで休憩中ということで、そのときには放送をもって再開いたしますというときには、放送した時点で何時から再開されますというものがわかったときに、そういった表示ができるかどうかということですね。そういう理由でいま休憩をしていますということを、再開はわかり次第画面に表示しますというような、そういう利便を図ったらいいのではないかと思いますが、相手があることですから、それは事務局の方で一度それをケーブルテレビの方に言っていただいて、それが可能かどうかということで、また6月議会の方にタイミングを間に合わせるようにしたらどうかと思います。


○議会運営委員長(山田喜一君)  事務局、このことについて検討しているようですが、説明してもらいたいと思います。


○議会事務局長代理(岩田隆吉君)  このテロップの件でございますが、通常の休憩の場合ですとおおよその時間がわかります。テロップをあらかじめつくっておくという形のものは、それは瞬時にそれができるかどうかはまた検討していただきますけど、基本的にはあらかじめわかっていればテロップをつくって流せるというような形が可能みたいなんですが、それがまたあらかじめ決まった時間が変わっちゃうと、そのテロップが使えなくなってしまうということもありますので、とりあえずそれについてはテロップは可能かどうかはケーブルテレビの方に通常の場合は確認をしております。あと臨時の場合ですが、その場合にもテロップをつくらなきゃいけないということがありますので、あらかじめそれが作成できないということでなかなかそれは難しいというケーブルテレビの方からは、通常の方の対応はいま検討をお願いしているということでございます。


○議会運営委員長(山田喜一君)  普通、それとの関係なんだけれども、口頭でも入らないのかね。いまこういう、例えばいま検討中ですとかそういう間に、5分ぐらいの間に入れるとか。


○議会運営委員(渡辺順子君)  ときどき言うわけ。まだ検討中ですとか。


○議会運営委員長(山田喜一君)  あるいはテロップでいま委員会を開いているので、例えば休憩で、あのときはどうなっているの。休憩のときに委員会をやっているでしょう。そのときに休憩で、何かがあったら連絡しますみたいなことを言ってね。再開は、いま全協なら全協の委員会のあれをやっているからという、しばし休憩で、再開はあれをもって知らせますというような、早急にやるようにしますとか何か、確かに文章が何も出てないで、いきなり青い画面になってるとこれはどうなの。全然わからないから、何やっているのかということでもわかれば、時間はわからなくても、例えばいま議員の方で検討していますとか、こういうふうな会議中ですとか。何かそれを時間を決めないで、あらかじめつくっておく、前に幾つか。それを流したらどうなの。


○議会事務局長(荒木誠一君)  つくらないといけないんですね。


○議会運営委員長(山田喜一君)  つくっておいて、いま何やって休憩なのかということだけでもわかればいいわけね。時間がわかんなくても。正確な時間が。


○議会運営委員(浅輪いつ子君)  時間がわかりたいというのでしょう。


○議会事務局長(荒木誠一君)  聞いてる人は、議長が言いますから、寸前まで見ている人はわかっています。


○議会運営委員長(山田喜一君)  途中でつけたやつだよね。途中でつけた人間がわからなくなっちゃう。


 浅輪さん。


○議会運営委員(浅輪いつ子君)  私もいまの山田委員長のお考えとそれから副委員長のお考えのように、とにかくそれでは通常のときは休憩中のときに、再開は何時ということは入れられるということですから、それは入れていただいて、それから、いまの委員会を開いてとか修正案を検討してとか、いろいろありますけど、大体でもパターンは幾つかあるんじゃないですか。


○議会運営委員長(山田喜一君)  幾つか決められるんだよね。


○議会運営委員(浅輪いつ子君)  ただいま別室で委員会開催中につき休憩とか、ただいま修正案を検討中につき。とにかく考えられるパターンを、そしてそのパターンをぱっと出してもらってしばらく、という。


○議会事務局長(荒木誠一君)  テロップというのはあらかじめつくらなきゃいけないですよ。作成については先ほど岩田の方から言ったのは、通常の場合ですね、例えば10時半近辺なので、10時45分に再開ですとか10時50分再開です、10時55分再開です、11時に再開です。これをつくるんですよ。それでどれをとるかを判断してもらってやるということなんですね。


 もう一つの鈴木副委員長が言うように、時間はだめだけど何のために休憩しているかというのは幾つかつくれば可能性があると思うんですよ。ただ、何分再開というのは、これは事務局でもわからないわけですから、それはつくりようがないんですよね。


○議会運営委員長(山田喜一君)  議長。


○議長(熊木 博君)  テロップは私もちょっとやったことあるんだけども、パソコンでテロップをつくれるわけですよ。あそこに編集室があるでしょう。あそこにパソコンを持っていって、それで例えば、午前9時半から再開とかいうのを入れて、それを載せていただくと。それができるかどうかわからないけどね。ちょっと聞いてみたらいいと思います。それとパターンをつくっておいてということだったんだけれども、例えば聴衆の方に確かに何のためにやっているということはいいと思うのですね。ただ、国会でも中断するじゃない。そのためにほかの日本紀行みたいなほかの画面を入れながら、しばらくお待ちくださいとかいうようなところの文言を入れて、町民が、視聴者がわかるようにしておけばいいかなと思うのだけど、ただ、視聴者のために議論がおろそかになっちゃいけないと思うの。やっぱりこっちの方が大事だから。


○議会運営委員(浅輪いつ子君)  そんなことはないでしょう。


○議長(熊木 博君)  入れたらどうでしょうかね。


○議会運営委員長(山田喜一君)  渡辺さん。


○議会運営委員(渡辺順子君)  この視聴者からの意見を見ると、委員会構成を決めるときに再開はということが書いてあるわけですね。一般質問の場合は、もうそれは休憩が全部決まっていますからわかりますけど、これは臨時のことですよね。臨時に見ていて、今度いつ再開するかわからないというところが、見ている方はそれを知りたいということなので、いまのお話ですと一般質問とかはわかりますし、例えば普通の議案審議のときもずれ込んだりしますよね。そういうときにも大体休憩時間の想定というのが10時20分ごろから10時50分ごろの間ですか、ずれ込んでも。大体それぐらいの間だからそれは用意できるということでしょう。さっき荒木さんおっしゃったのは。それはできるけれども、臨時に休んだときの再会はなかなか難しいということですよね。だからそこのところを、私は、テレビ局の方で再開があったときに、放送があったときにあと何分で再開しますとか、再開は何時ですというのが流せれば一番、再開時間の放送があった時点で流せればいいと思うんですけど、それがテロップではできないということなんですかね。そこのところはできれば私はそれをやってもらったらいいと思います。


○議会事務局長代理(岩田隆吉君)  テロップにつきましては、あそこで作成ができないということなんで、あらかじめ用意しておくという形にしかできないということで。


○議会運営委員長(山田喜一君)  向こうで用意する必要ないでしょう。局の方で。


○議会運営委員(渡辺順子君)  そうすると、例えば放送で何時何分から再開しますと言ったときでもそれはできないんですよね。何時何分というのを用意しておかなきゃいけないから。例えば、あと放送が何時何分ですというと、あとそれが15分だったり20分だったりしますよね。それはできますよね。あと20分で再開ですとかというところはできる。


○議長(熊木 博君)  ただ、そこの係の方が来ているでしょう、ケーブルテレビから。しかし、その方たちは編集するのがあれじゃないと思う。ただ三つのカメラを切りかえているだけであって、そこでテロップを入れたりするのは本局に行かないとできないと思う。だから一番安い形態で恐らく契約してやっていると思うんだね。そうしたらちょっとそこが難しいんだけれども、そうすると、今度はこっちが本局へこれを流してくれというような連絡でコストが高くなるということで、その辺だと思うんだけど。


○議会運営委員長(山田喜一君)  選挙の一般公開だってなんだってすごい不親切だものね、僕らが見てると。ずるずるずるずる延びて、何やってるのかおんなじことをやって、もう少しましなやり方はないのかと思うんだけどやはりそれだけできないんだね。


○議会運営委員(渡辺順子君)  これは申しわけないけれどもよくわかりましたので、少し検討させていただくということで、今回は特にこれについては決めなくてもいいと私は思います。


○議会運営委員長(山田喜一君)  いずれにしても、見ている方の側に何で休憩なのかというのが伝わるような方法を何かできないかと。事務局の方でそれを改善できるようにちょっと、相手側の問題もあるだろうし、費用の問題もあるのでちょっと詰めてくださいよ。何かいい方法がないのかということで。


○議会事務局長(荒木誠一君)  今後も検討するということですね。


○議会運営委員長(山田喜一君)  一般質問の方はそういう可能性があるわけだね。そういう決まりきったというね。


 そうすると、その他はいいでしょう。


○議長(熊木 博君)  確かについているんですよ。


○議会事務局長(荒木誠一君)  傍聴席のいすも全部固定をしましたので、余計ないすは全部片づけましたから。壁際に単独で置いてあったいすとかそういうのも全部片づけて全部連結しましたから。柴崎さんが前に、上からですから、例えばいすを持ち上げて投げたりしたら下の人はどうなっちゃうのという心配もあるよということなので、五つぐらい連結してありますから、もう持ち上げられないように。


○議会運営委員長(山田喜一君)  単純にはいかないけどね。一つずつ自立してるとちょっと動かしてね。何があるかわからない。


○議長(熊木 博君)  私も上からボールペンが落ちた。上でメモしてるじゃない。


○議会運営委員長(山田喜一君)  重たいボールペンだったらけがをするよね。


○議会運営委員(渡辺順子君)  どんとか頭の上に突き刺さる。


○議会運営委員長(山田喜一君)  けがなんかあったら大変だよ。


 あとは、これはある程度やじはいい話だし、やじのあり方ですよ。


 議長。


○議長(熊木 博君)  やっぱり委員会条例に書いてあるとおり、発言を許可しているのはいまそのとおりになって、確かにやじもそれは許される範囲もあろうけれども、やはり注意されたらやめてほしいんだな。それを注意してもまた返ってくる、また返ってくるで、これじゃあ切りがないわけだ。特に議運の委員長でもある山田議員においては、私もぜひ反省していただきたいと、そう思います。


○議会運営委員長(山田喜一君)  おれだけじゃないよ。


○議長(熊木 博君)  そう言っちゃだめよ。


○議会運営委員長(山田喜一君)  それもあるんだけど、それもある程度国会でもやじとか何かいろいろあるわけで、その内容にもよるよ。


○議長(熊木 博君)  注意したらやめてほしいのよ。


○議会運営委員長(山田喜一君)  やめてるじゃない。やりっ放しじゃないんだよ。やりとりはしているわけでしょと。これはとにかく聞き取れないんじゃ困るので、これは聞き取れないようなことでは傍聴なんかは困るんで、これは適宜、お互いに注意をしながら、やじもするなというと変になっちゃうから、やじも適度なあれで、各議長もその辺のところを整理をして、程度を踏まえて注意をするという。


○議会運営副委員長(鈴木京子君)  やじに対して議長が1から10まで発言をとめるということではなくて、やはり議長判断で静かにしてくださいというときには、やはりそれを議長の言われることを尊重していくという、そういうことを私はしていく必要があるんじゃないかというふうに思います。議長も全部、ちょっと一言二言に対してはそのまま流されるわけで、ただやはりあまりにも見苦しいというときになりますと、私は見苦しいと感じましたので申し上げました。そういうことで対応していきましょう。


○議会運営委員長(山田喜一君)  わかりました。いずれにしても相手に聞こえないとか傍聴者にわからないようじゃ困るんで、その辺もやじも一つの議論の花ですから。その程度ということですよ。程度をわきまえないと正論を聞いているだけでなくていろんなやじが多少あるわけだし、内容においても多少のあれがある。それらは議長の判断とあと注意のあれによってスムーズにいけるようにお互い努力していこうと。発言する人にも注意してもらってその人にも理解してもらってやるということじゃないのかなと思います。具体的なケースで、一般論でやるとなるとそれはもうちゃんとルールに基づいてあれする必要なんですけど、それはお互いに注意して、議員の方でもいろいろそういうときは発言してもらって、そういうことのないように努力していくということでいいんじゃないかと僕は思うんですけどね。


 そういうことで、議会運営をスムーズにやって皆さんに伝わるように、そしてまた議会の意見がみんなに反映できるようにお互い努力をしていこうと思います。はい、もう一つ。


 鈴木委員。


○議会運営副委員長(鈴木京子君)  この配布の資料の最後のところなんですけれども、この手すりがついたのは結構なことなんですが、例えばいま車いすで傍聴をしたいと言う方がありましたら、例えば職員が何人かで車いすごと階段を上がっていただくという手配をしていただけるようにはなっているとは思うんですけれど、そこのところをちょっと聞かれたときにお答えしたいので確認させてください。


○議会事務局長(荒木誠一君)  当然、車いすの方が御希望なさったら事務局で対応します。ただ、手がないですので、そういう場合は総務課とかに応援を求めて対応していきたいというふうに思っております。ただ、付き添いの方がいられると、そういったお知らせをしていただいて、またおりるときとかに。ずっとついているというのはうちの方も人数が。


○議会運営委員長(山田喜一君)  だから最悪の場合は、1階のロビーで放映されているんでしょう。


○議会事務局長(荒木誠一君)そうですね。


○議会運営委員長(山田喜一君)  テレビ放映されているから、そういう場合にはそういうところに。


○議会事務局長(荒木誠一君)  事務局でも放映されています。


○議会運営委員長(山田喜一君)  事務局で見てもらってもいいですね。そういうような見方もあると思う。何でもかんでもみんなで人手をかけて上げるというんじゃなくて、事務局で見ていただくと。そういうようなことで、要望に沿って状況がわかるような、一番いいのは上げる必要があるけど、上げられない場合もあるだろうし、いろんな事情でね。そういうときには何か対応をとってもらうということがいいんじゃないかなと。せっかく来た人に状況を見てもらうというか知ってもらうということが重要なことですから。それは事務局が適宜できる最大の努力をしていただきたいと思います。


 あとはないですか。反省、その他。


 鈴木さん。


○議会運営副委員長(鈴木京子君)  議案の取り扱いのことで事実私が感じたのは、指定管理者制度の。


○議会運営委員長(山田喜一君)  反省会、これはもういいでしょう。それ以外の反省の問題ね。


○議会運営委員(渡辺順子君)  これはもういいですね。


○議会運営委員長(山田喜一君)  まず反省として、反省をするということで。


○議会運営副委員長(鈴木京子君)  指定の管理者制度の導入に対応するための条例改正がありましたが、あの議案が届いてから議運を開くということはできたかもしれませんけれども、非常に細かい、大量の条文が出てきまして、ほとんど真っ白、新規の条例のような形であったと思います。さざれ石の福祉センターと大磯運動公園の関係ですけれども、あれはもう少し議論があった方がよかったと私は思いました。ですから、こういうときにはもう少し、議案が出てきた段階では議案の題名しかわかりませんので、本会議場ですぐに採決するという形に今回なりましたけれども、そこは今度は一工夫あってもいいのではないかというふうに見受けました。特に協議会でもあまり説明がなされていなかったようなので、私は建設経済ですけれども大磯のところの関係ですね。そういうところもありませんでしたので、それは反省して三つ付託をしてもいいのではないかと、よかったのではないかというふうに。


○議会運営委員長(山田喜一君)  付託をするということなの。説明がないというのではないかというふうに。付託で、その辺がちょっとよくわからないけど、委員会付託する意味だというのか、それとも説明のことをもう一回ちょっと整理してください。


○議会運営副委員長(鈴木京子君)  もう一度。私たちこの議運で、議案の取り扱いについてはまだ議案が発送されていない状況で判断するわけですね。議案が届いた状況でやはり付託をした方がいいとか、もし、3本、3回、3往復というところをもう少し取り外すとか何かそういうやり方をした方がもっと議論が深まったんではないかということでございます。


○議会運営委員長(山田喜一君)  渡辺さん。


○議会運営委員(渡辺順子君)  私もいま鈴木さんがおっしゃったことは自分も感じました。それでいま一般質問については自由に何回も質問できるようになりましたね。それから議案審議のときは1回、3回だけというので、内容が煮詰まらないまま質問がよく行われないような場合もあるんですね。それを取り外すというのはちょっとこれから考えなきゃいけないことだと思いますけれども、この予定議案のときに本当にわからないわけですよね、内容が。特に今回の指定管理者制度の場合はそうだったんですね。それで福文でもあまりされなかったし、総務でもこれについては1回終わったままになっていて各所管でやるものだと。企画の方では、一応指定管理者についてはもう一通り説明したので、あと運動公園だったらどこ、さざれ石だったらどこと、その所管の委員会でそれについてはやるべきだったけれどもあまりやれてなかった。この議案が出てきて、ちょっと今回はこれについては、例えば議運でこういう内容だったらば付託をしようとか、それから協議会なり何なりでもうちょっと説明をしておく必要があるとか、そういうものの準備がちょっとこれは足りなかったなと私は思いました。


 そのほかに、それだけではなくて、例えば総務なんかですと、3月というのは予算が出てくる時期ですから、例えばこの財政健全化計画とか、それから総合計画とか、それからまちづくり交付金とか、そういう総務に関係したことは一切やりませんでしたね、総務の中でそれまで何も触れていなかったということで、非常にここの部分が私たちには説明不足。私たちももっと知りたい部分もあったし、そこのところが非常に今回抜けていたなということは、その2点で非常に感じていましたので、これからのこととして課題として、やはり特に3月についてはこういうふうなことは出てくることですから、予算ですから、その前にきちんと所管でやるべきであったと思いましたので、その点を今後に生かしていただきたいと思っております。


○議会運営委員長(山田喜一君)  いま言われたのは重要だと思うので、確かに議案提案というか、町側の提案がいきなりこういう結論的にこういうのを出すよというのは出されて初めてわかる場合もあると。いま言ったように、予算については交付金などは大分長い間考えて出すといろいろ変わって変更しているわけですよね。こんなにもこういうふうにいこうとか。そういうようなことなので、提案に関する事前の説明というのが、議案をつくる前にある程度そういうものについての基本的な部分については説明をしてもらうということを僕は必要だと思うんだけど、議案に出てからでは間に合わない場合があるのね。だから議案を出す場合こういう議案だというのを基本的なことだからね。細かいことは別として。こういうふうで基本的な骨組みぐらいは、骨子はやっぱり関係の委員会でも説明をしてから提案をしてもらうと。だからこれは出たやつで委員会をやるなんていうのじゃなくて、提案する前に、その提案内容を、これをだからもう少し工夫してもらって、提案したときに、ああ、あの中身かということでその内容を検討するならいいけど、そんなこと聞いたっけと、こういう話から始まっちゃったんでは確かに審議が十分深まらないから、提案をちょっと考えてもらうと。我々議員によくわかるようにね。特に事務局。


 事務局。


○議会事務局長(荒木誠一君)  議案については、各常任委員会の中でもう少し条例の改正点のポイントみたいのを各常任委員会で言っていただくということが必要かと思います。もう一つは、議運の中で鈴木副委員長が言いましたように、もう少し中身を質問をするとか説明をするとかいうことですね。今回の指定管理者の条例改正というのはどういうポイントなのかというものをもう少しかみ砕いた部分で議運の方に提示していただいて、その中で議運の中でするとか、あるいは本会議で一本でいくとか、その辺の判断をする材料提供をもう少しいただくということが必要かと思います。もう少し議論をするというようなね。単に題名だけでいくのではなくて。


○議会運営委員長(山田喜一君)  推測になっちゃうからね。


○議会事務局長(荒木誠一君)  中身はもう少し具体的に説明しようということが必要かと思います。その2点ですね。


○議会運営委員長(山田喜一君)  その辺をひとつ事務局の方からも町側の方に伝えておいて改善をお願いすると同時に、我々も今度そういう観点から、質問をゆっくりやれるようにしていきましょうね。


 渡辺委員。


○議会運営委員(渡辺順子君)  そうなんですけど、特に指定管理者の議案として直接受けてきましたからそういうことすごく必要なんですね。総合計画の場合は後でわかったんですけれども、15の計画が先延ばしになったり内容が変更になったりしていたんですね、今回。新たに15新しいのが加わっていた。だから総合計画の見直しについても、審議会でどういう何も説明がないままこういうふうに変えられたということが審議会の中でも問題になっていました。総合計画審議会の中でも。だからまた我々の議会に対しても、そういう内容は全然予算書を見てここが違うなということは自分ではやりましたけれども、15のそういうことはやはりもうちょっと気を配っていただきたかった。その辺も議案に関係ないところでも、直接的には関係なくても背景として、それを予算を組んだ場合にはその背景があるわけですから、そういうところもきちんと議会の方に対応していただきたいと。そういうことでもしてください。


○議会運営委員長(山田喜一君)  とにかく説明をちゃんともう少しさせなきゃいけないね。必要な内容をね。


 そういうことで、事務局の方で、とりあえず今度の議運のときにもう一度理事者がいるときにとりあえずもう一回確認をしますけど、事務局の方事務手順を伝えておいてもらえますか。


○議会事務局長(荒木誠一君)  はい。


○議会運営委員長(山田喜一君)  そういう努力をしてほしいということで。


○議会事務局長(荒木誠一君)  次の議運のときに、委員長から3月議会の反省点で町側の方に申し述べたいということがあるということで委員長の方からメモをつくって、次回の議運のときに記録に残るような形で町側の方に言っていただくということがよろしいかと思います。


○議会運営委員長(山田喜一君)  はい、わかりました。それはそういうことで次回に整理して、町側の方に申し入れをして、改善してもらうということでやりたいと思います。それとあと、何だっけ。


 はい、渡辺さん。


○議会運営委員(渡辺順子君)  反省で。さっきやじの点が反省であったんですけれども、やじだけでなくて議員同士の何かありましたよね、今回。どなたかが発言しているときにだれかがやじを飛ばして、それに議員が反応しちゃってなんかすごい言い合いになったというような部分もあるので、ただのやじだけでなく、私はすごくそういうことは結構大磯議会はあるので、その点も反省していきたいところだと思っています。


○議会運営委員長(山田喜一君)  それは私が多少関係してくるからね。例えばこれを検討しなきゃいけないと思うんですけど、例えば具体的に柴崎君の、具体的に言った方がいいと思うんで、何か予算の意見のときに、この項目についてはこうだ、総括のときに、最後の意見、賛成、反対のときだよ。ああいうふうに自分が特別委員会で話をして、さらにこの質疑でも既にやったと。その意見のときに、これの項目を具体的にこの辺は注意しろこれはこうしろああしろと、何ページ何ページと。ああいうものが果たしていいのかと。それは議長の方でその辺はちょっと整理をして、それはもう既に質疑に出てやってきているわけですから、それを全部項目を挙げながら、ここのところはどうだとかこれは反対だとかというような意見だったんでしょう、あれ。そのときにそれは既にもうやっているから、発言はもっと自分の意見をちゃんと整理して言うべきだというような私は意見を言ったはずなのです。そこのところが表面的には言い合いになりましたよ。だけどやっぱり議会運営を進めていく上には、討論というのはどういうものなのか、あるいは特別委員会に出たときの委員のあれとしては質疑があまり出せないわけでしょう、基本的には。そういうもののルールをある程度お互いにわきまえながら一応やるということは必要だなと思うんで、それはいま渡辺さんが言うようにそういうことを整理して、議運の方でも、そういう意味でもう少しはっきり特別委員会なんかに出て発言して、そういう特別委員の発言というのは意見として言うのはいいけれども、質疑があったときに逆に言っちゃう。質疑でやってたよね。特別委員会でやっていたね。とにかく、そういうことで議会運営をスムーズにやるには、その辺の整理というかそういうものを今後みんなで考えていく必要があるのかなあというふうに私は思います。そういうことは改善しなきゃいけないというのはわかります。その改善の仕方としてそういうものも含めてみんなで考えた方がいいかなというふうに私は思います。


 渡辺委員。


○議会運営委員(渡辺順子君)  そうなんです。山田議員のおっしゃることも本当にそうで、この議会の中でこういう問題点があったということを、議員同士で話を全然していないんですよね。いままでもね。例えば一つのことについてもそうなんですけど、いろんなことで町で起こっているいろんな状態についてもそうですよね。議案についてもそうですね。議員同士で質問とかができない。そういう部分というのが私は非常にそれはやるべきだと思っているんです。私たちが質問するのはみんな理事者側に対してですよね。私が最初に入ってきたときに、例えば山田さんがおっしゃったことが私がどういうことなのかなと思うと、山田さんに質問できないんですよ。質問というのは理事者側にするというだけなんですね。だからお互いの、皆さんが自分が聞きたいことだけを理事者側に聞いているという状態ですよね。だからこの場でなくてもいいから、そういうふうな時を設けて、お互い親しい人だったらば話をすることもあるかもしれないんですけれども、そういう部分がこの大磯議会には足りないなというふうに思っているところもあるので、そういう意味からしても何か改善をされたらいいと思います。


○議会運営委員長(山田喜一君)  鈴木さん。


○議会運営副委員長(鈴木京子君)  私たち議員というのは町民の付託を受けて、それで議会としての仕事をするわけですけれども、その議会の意思を決めていく過程で、まだまだ工夫をする余地は私もあると思っております。いまのやり方ですと、やはり討論の場でですね、こうこうこうこうこういうわけで賛成しますとか、反対しますとかいうのを判断しながら最後の採決に至るということだと思います。いまの一番最初の議員同士の言い合いですね。それはやはり私は見苦しいことであって避けるべきだと思いますが、私は時々言わなければならないと思うことがあるんです。といいますのは、自分のことを誤解のままにある議員が発言したりした場合は、ちょっとそれは事実と違いますとかという声を上げることはあります。そうしないとそこを修復できませんので、そういうときには声を上げることはあります。それしかやりようがないのでそういうふうにするんですけれども、そういうことを除いては、やはりその人が質問をしているときですとか、意見を言っているときには黙って聞いているということを、それが原則だというふうに思います。ただ、その時間が短い、長い、それについてはもう少し忌憚のない意見を議員の中で話をして、効率的な議会運営という視点に立って改善をしていくということは非常に必要ではないかというように思っております。ですから、今回こういう議運で話があったということをまた実行委員会の方で投げかけまして、そういう全協でまた話ができるように議運でも働きかけをしていくということでいかがでしょうか。


○議会運営委員長(山田喜一君)  渡辺さん。


○議会運営委員(渡辺順子君)  ちょっと私が言ったことを説明をしたいと思うんですけど、それは議場の話ではなくて、例えば委員会などで例えば浅輪さんが何か発言をなさった。私たちはその発言について、自分で理事者側と浅輪さんの質問のやりとりで、ああこれはこういうふうになっているんだなということを自分なりに理解して考えているわけですよね。この点について自分はどういうふうに思うか。そうすると自分の意見というのは討論の場でしかない。だけどもうちょっと浅輪さんが、例えばこういうふうなことをどういうつもりで言っているのかなということは、お互いの質問だけを聞いていてはわからない部分があるのですね。だから、こういう委員会などで何かを議論したときには、別の場所で委員同士が何か意見をお互いに確認し合うという時間があってもいいのではないかということなんです、私が申し上げているのは。それはやはり、結構いまはそういうふうな時間を別に設けているところもあるんですよ。そういうふうにだんだんなってきているところもあって、そういう時間というのが必要だというふうに認められているんです。だから大磯なんかでも、そういうふうな別枠でそういう時間を設けてお互いの意見交換をすることも必要だと、別にすぐやってほしいというのではなくて、そういうこともできたらいいなというふうにいまここで提案をしておきます。


○議会運営委員長(山田喜一君)  いまの話はそのとおりで、例えば僕らが栗山町の基本条例を見た。それであとこういう議会人を見ても、いまやっぱり議員間のいわゆる会派は自由討議といっているけど、やっぱり議員同士の意見を十分交わせて、議員の意見としてはその点に対しては全体的にはここの部分を改善してくれという点では一致したから、この点についてはやろうと。あとは反対はいいんだけど。そういうように議員間の討議あるいは議員間の論議というのはいかに重要かというように言われているんで、確かにいま大磯の場合はそういうことができきれてないので、この辺はやっぱり今後の大きな課題じゃないかなというふうに私も思います。そういうようにやれば、例えば浅輪さんが何を考えている、勘違いの場合もあるし、僕の意見はこうだという部分もああそうかと、そういう考えならそうかと、お互いにやり合う。それは栗山町なんというのは本会議でやるべきだと。極端に言えば、理事者側は出ていなくていいんだと。理事者側は出ていなくて、議員の本会議、議員だけの。それで例えば浅輪さんがこれはAだと。おれはBだと。鈴木さんはCだと。なぜAなのかBなのかCなのかという議論をして、それの論議をした上で最終的に議会としてはどうするんだ。ABでいくのかACでいくか、あるいはそういうふうなことである程度まとめて、それを基本にして理事者側に申し入れをしようとか、あるいはこの部分は違うからみんなそれぞれでやろうとか。こういう整理をするということになると僕は非常にいいんじゃないかな。だからそれはどういう形でやるかね。今後課題として僕は重要だと思うので、これは今後議会運営を進めていく上で非常に重要なことなんで、ぜひ皆さんで、我々が全協でも話して、みんながそういう   になってやり合えば一番いいと思うので、これはどうにかしていくことは必要なことだなと僕も思います。


 浅輪さん。


○議会運営委員(浅輪いつ子君)  私も渡辺議員の意見に賛成です。私も初めて委員会に皆さん方と御一緒してやって、一体いつお互いの意見というのを話し合うときがあるのかなと。その親しい人とじゃなくてですよ。ですけど、なかなかそういう機会はなく、ずっととにかく質疑というのは理事者側に対する質疑というだけで終始して、今日になっているわけですけど、本当に山田委員長のおっしゃられたことも踏まえて、これからはそういうことができるようにしていきたいと思います。


○議会運営委員長(山田喜一君)  鈴木委員。


○議会運営副委員長(鈴木京子君)  私も特に、例えば修正案をつくる場合などにそういうことが必要になってくると思います。例えば理事者側が出した案件について可否をこちらがするわけですね。だけども、もっとこういうことだったらいいんじゃないかというような意見の形成ですね。そういうことをする場が求められる部分ではないかというふうに思います。そこで大事なことは、議員同士の議論がやはり透明性が確保されてないといけないと。それを透明性を確保しつつ、よりよいまとめ方をしていくということでは大きな課題を研究をしていきたいと思います。


○議会運営委員長(山田喜一君)  そういうことで、方向としてはそういうことをぜひ全協でも考えて、そういうことができるような一つの条件整備をみんなで努力していこうということで、方向としてはそういうことでよろしくお願いします。そのためにはいろんな資料を、それに関する資料もある程度出してもらって、自分の思いつきじゃなくて、こういう資料を前提にして、それならおれはこう思うよというふうなことが言い合えるような、そういう実のある、自分の思いつきじゃなくて事実とか資料に基づいた議論が積み重ねられるような、そういうことが必要だと僕は思うんですけど、努力をお互いにしていきたいと思います。事務局の方もよろしくお願いします。僕もこういうものの、そのためには資料が必要だからこういうのを用意してよというお願いをするかもしれませんし、皆さんもこのためにはこの資料がどうしても必要だから出してくれというものはぜひ出してもらって、意見を出してもらえるようにお願いします。事務局とか理事者側にもそういうことでも必要なものは出してもらって議論する。討論していかないと、我々のレベルを上げなきゃいけないわけですよね。そういうことでよろしくお願いいたします。


 そうすると、きょうは非常に基本的な重要なことが出てきたと思うんですけど、反省はよろしいですか。


                (「はい」の声あり)


○議会運営委員長(山田喜一君)  じゃあそれはそういうことで、反省につきましてはこれで一応終わりたいと思います。


 その他ということで、その他の中の一つとして委員会の、いわゆる編成というものをどういうふうに考えたらどうかということを、とりあえず事務局が用意してくれましたので説明を受けたいと思います。


○議会事務局長代理(岩田隆吉君)  それでは、お手元の資料をお配りしてございますので、平成19年4月16日議運資料ということで書いた資料がございます。大磯町議会委員会条例の新旧対照表でございます。右側が現行、左側が改正案でございます。


 まず、条例第3条第2項の議会運営委員会の定数でございますが、現行は6人という形になっておりますけれども、1人ふやして改正案は7人としております。これにつきましては、議員定数の削減に伴い、この改正案で3常任委員会を2常任委員会とし、その定数を7人としておりますのでこの人数に合わせていきたいというところでございます。


 それから、第5条の委員の選任及び第10条の委員の辞任につきましては、地方自治法の改正によりまして、閉会中において議長が条例で定めるところにより、委員会の委員の選任をすることができることとなりますので、これに伴いましてただし書きを追加するものでございます。


 それから、第17条につきましては、同じく地方自治法の改正に伴いましてそれにあわせて字句の訂正をするものでございます。


 次に、2ページをお願いいたします。こちらでございますが、別表でございます。右側が常任委員会の名称、委員の定数、所管事項でございますが、右側は現行常任委員会の内容でございます。


 改正案につきましては二つの案を考えておりまして、まず3ページをごらんいただきたいと思います。改正案の?でございますが、こちらは総務企画常任委員会と建設経済常任委員会を一緒にした案でございます。下側になりますね。名称につきましては、総務企画建設経済常任委員会、下側でございます。上が現行の委員会の所管事項でございまして、矢印で下側が改正案の?ということでございます。名称でございますが、総務企画建設経済常任委員会でございます。定数は7人。所管事項につきましては、現在の総務企画常任委員会の所管事項に建設経済常任委員会の所管事項を加えたものでございます。


 下の福祉文教常任委員会につきましては、同じく定数を6人から7人としまして、所管事項につきましては現行と同じでございます。


 次に、4ページをお願いいたします。改正案の?でございます。下側の表でございますが、改正案の?を一部修正したものでございます。変わるところでございますが、まず名称につきましては総務建設経済常任委員会としております。次に所管事項でございますが、7番のところ、町民福祉部の所管に関する事項のうち戸籍、住民登録及び防災に関する事項を加えております。その下の8番でございますが、環境経済部の所管に関する事項のうち環境に関する事項を除いております。このように変えた原因につきましては、?案ですと、総務企画建設経済常任委員会の所管事項が多くなってしまうということ。それから二つ目が、現行の所管で課題になってる事項を改正したいということでこのような形に変えてございます。


 次に、下の環境福祉文教常任委員会でございますが、名称に環境を加えています。次に所管事項でございますが、1番の町民福祉部の所管に関する事項のうち、戸籍、住民登録及び防災に関する事項を除いています。3番の環境経済部の所管に関する事項のうち、環境に関する事項を加えております。


 以上が?案と?案でございます。


 また2ページに戻っていただきまして、一番最後の附則でございます。この改正条例の施行日につきましては、平成19年7月16日から施行という形にしております。


 以上、改正条例案の説明でございます。


○議会運営委員長(山田喜一君)  浅輪委員。


○議会運営委員(浅輪いつ子君)  まずちょっと質問をします。まず第3条の2ですね。議会運営委員会の設置。そこの2項の議会運営委員会の定数は7人とする。この7人とするということは、今度14人に議員がなって、7人、7人の常任委員会になったときに各常任委員会から3人ずつ出して、3、3、そして副議長が1名加わって7人というふうに考えるのか、それとも2常任委員会から、1常任委員会からは3人もう一つの常任委員会から4人ということで7人というふうにするのかというふうに考えられるのか。


 それから次に、今度は委員会条例別表のページ4のところの、どういうふうに第2条関係の改正するかというところのことですが、4ページにあります3常任委員会を2常任委員会にしたときの、下の欄の名称、総務建設経済常任委員会と環境福祉文教常任委員会と分けていってる案ですが、この中でかねがね私もやりにくいと思っておりましたその7、町民福祉部の所管に関する事項のうちの防災の点ですね。これを総務の方に入れる。それから、また決算、予算のときの戸籍、住民登録、この部分、町民窓口班の部分ですね。ここも総務の方に入れる。それから案では、環境福祉文教常任委員会の方にすると、環境経済部の所管の中の環境美化センターですか、そこの部分をすべてこの委員会の方に移すというふうな案が出ておりますが、こういうふうな所管を、そのように常任委員会の所管事務をそのように議会として分けることと、実際にある現在の組織とのその辺のあり方が、当面それでは町の方が部長廃止とかというお考えも7月ごろに素案を出して、だんだんにまとめていらっしゃって提案なさるというお考えを、ちょっとちらちら出していらっしゃるか。そのあたりとの関連は、とりあえずそれではそういうことは一応置いといて、そういうときになったときはまたそのときだけど、いま現在7月16日からこれでやりましょうというふうな考え方で取り組むのか。その辺の理事者なんかの考えはどうなんでしょう。


○議会運営委員長(山田喜一君)  とりあえずその提案をまとめた事務局の方の問題意識というか、それをちょっと聞かせてくださいよ。


○議会事務局長(荒木誠一君)  それでは、いま浅輪議員さんの方から、まず議運の7名の関係ですね。常任委員会から3というのは実際には決まっていないんですよ。これは全協で議員さん同士の話し合いで決まるので、二つの案を示されましたけど、事務局案としては常任委員会から3、3で、議長を入れた7人で、正式にいまオブザーバーで入っていますけど、7人にすれば、いわゆる委員会としてのバランスというのは7、7、7というふうになりますので、今度常任委員会が7人になりますので、その辺のバランスがとれるのかなというふうに単純に思います。常任委員会の数がですね。そうじゃないと、常任委員会が7、議会だよりは8、議運は6というようなそういう数について、できれば同じぐらいのそういう14人という数ですので、その半数を委員会の構成の人数にしていきたいなというふうな思いもありまして、そういうような提案をさせていただいたわけでございます。特に4人選べとか、こちらから3人じゃなくて、その辺は全協の中で常任委員会から3人ずつで、それに副議長も加えた7人でいかがでしょうかというのが全協で決まれば、そういった形で委員構成というのは議長指名で決まりますので、本会議の中で議員さんが了承すれば、委員会のメンバーというのはそういう形で決まるというものだというように思っております。


 それから、3常任委員会を2常任委員会にするというのは、もう昨年から8月ごろから議運の中で議論して、やはり全員に聞いたわけですね。その中で2常任委員会が適正だということが圧倒的でしたので、2常任委員会というふうな形にまずしようと。ですから、それにはまず案?では現行の、いま現存している組織を単純に2常任委員会に区分けしたのが案の?と書いてあるのがそうでございます。それから?の方は、浅輪議員さんが言ったように、理事者側の調整というのはほとんどないんです。議会側の審議のやりやすい形はどうなのかということで、防災は総務でやるべしと。それから総務管理費の中にある住民基本台帳費、窓口班ですね。この辺の事務も総務でやるべきだというような議運の中での御意見がありましたので、その意見を踏まえた中で、事務局で案として作成をさせていただいております。


 それから、環境に関する事項を除いたのは、以前にもお配りした各常任委員会の開催状況の3ヵ年を見ますと非常に建設が一番多いんですね。3ヵ年で12.3回の開催をしております。建設経済常任委員会ですね。総務が9.3回、福文が11.3回という形で、単純に足しますと、総務と建設を一緒にしてしまいますと21.6回ということから、圧倒的に倍ぐらいのバランスになってしまうというようなことから、それからさらに防災と戸籍も総務でやりますよというふうになってきますと、その辺のバランスをちょっととらないといけないなということで、事務局の案として、例えば昨年、一昨年、建設の中で18回開催した中で10回はごみの関係をやっています。したがって、ごみの部分を福文の方に回すことによって少しバランスがとれるのかなということで、以前は環境福祉部長というのがありまして、福祉と環境は一緒になっていた経緯があります。


 それから総務町民部長ということで、総務部いわゆる税務、財政と、それから町民課がいまいう戸籍の部分も一緒になって町民部長がございますね。総務町民部長というようなことでやっていた経緯もありまして、バランスを考えた中でそういうふうに素案としてつくらせていただいた案もあったということでございます。ですから、町側の方と     という内容ではなくて、議会側のいわゆる御希望の中で、それで町が今後どういうふうに部あるいは課が形成されていくのかちょっとつかみ切れていないので、いまの段階では現状の組織を使ってやる以外にはちょっとできないのかなということでつくっております。7月16日、改選後ですので、改選後には14人の方がそれぞれ所属をしなくちゃいけないので、14人の方がこれから委員会条例をその日に決めて上程をしてというわけにはいかないので、これは6月議会にお決めいただいて。


○議会運営委員長(山田喜一君)  ということで、これちょっと議論をしたいと思うんですけど、休憩をちょっとしまして、20分にしますか。


 休憩。





 (午前11時00分)  休憩


 (午前11時21分)  再開





○議会運営委員長(山田喜一君)  休憩を閉じて再開したいと思います。


 それでは、いまの委員会の設置の3を2に設置することと所管事項の内容についての意見をお願いをしたいと思います。


 引き続いて、鈴木さん。


○議会運営副委員長(鈴木京子君)  ?案の場合には、総務企画、現在の総務企画と建設経済が合体するような形になるので、こうなりますとやはりボリューム的には相当こちらの方が重くなりまして、やはり議員の活動をするという面からもバランスに欠くのではないかと私は思います。そこで?案の方なんですが、以前から議会でも問題になっておりました戸籍、住民登録及び防災に関することは消防や総務関係ということで、こちらは一緒に、流れ的にはわかりやすくなると思います。


 それで?案の場合は、環境に関する事項のところなんですが、やはりごみ処理にかかわることだと思いますが、これは環境福祉文教常任委員会の方に移すのがいいと思います。というのは、やはりボリューム的なもの。それからそのバランスをとるという意味からも、こちらで審議対象にするというのがよいかと思います。また、町側では機構改革を予定しているようですけれども、とりあえず現在の形をどう考えるかということが求められていると思いますので、それはまたそのときの対応ということで、今回は?案で私はいったらいいと思います。


○議会運営委員長(山田喜一君)  浅輪委員。


○議会運営委員(浅輪いつ子君)  私も鈴木委員と同じように考えます。それから事務局にちょっとお伺いいたしますが、6月の議会の議案提出等との兼ね合いのスケジュール的なことを御説明ください。


○議会運営委員長(山田喜一君)  事務局長。


○議会事務局長(荒木誠一君)  6月定例会においては5月21日が資料配布。5月16日が議運で、議案の名称それから提出議案で町側からの、議員提案、こういったものが出ますので、決裁の都合がありますので、5月の連休明けの7日ぐらいまで議会から提出する案件についても固めていただければありがたいというふうに考えます。


 以上です。


○議会運営委員長(山田喜一君)  ということで、一応議会の方としては意思というかまとめとして7日ぐらいまでに結論を出したらどうかというようなことで、スケジュールは出されました。内容については、鈴木さんはこの?案でいいんじゃないかという意見なんですが、まず内容の方からいきたいと思うんですけど、どうですか。?案で改正するということで、そういうことを議運として全協の方に提案して説明をして了解を求めると。特に意見があればまた7日ということがありますので、そういうスケジュール、これは後での話ですけど、どうするかというのはまた委員会を踏まえて検討しなければ、臨時に議運を開かなければならなくなるかもしれません。


○議長(熊木 博君)  いま臨時ということで出たんですが、5月16日に何かあったら   ここでまた議運で検討すると。それで提出の上程日を最後の最終日にやったらどうかなと。というのは、これからまた改選期を皆さん迎えてくるので、できれば少しでもここへ集まることを少なくすればいいかなと。そうすれば6月4日、最終日に上程したらどうかなと。提案したらどうかなということでどうでしょうか。


○議会運営委員長(山田喜一君)  いまスケジュールの方が少し意見が出ましたけれども、まずもう一回整理する。内容の問題で?案でいくかどうかということで、?案でいいですか。


                (「はい」の声あり)


○議会運営委員長(山田喜一君)  では?案ということで、全協に言うとしては?案でいきたいということで、提案説明して了解を求めると。特別何か各常任委員会で意見を討議して、この辺はこういうふうにしてもらった方がいいと特にあれば7日までに意見を出してもらうと。それを踏まえて我々は整理して、16日に最終的に決めるというようなスケジュールでよろしいですかね。


 まず名称をどうするのかということを言われているので、ここのところを差し当たり事務局二つ出ていますけれども、総務建設経済と総務企画建設経済と二つ出ているでしょう。この二つ。どっちがよろしいですか。一応名称まで出しておいた方がいいですよね。事務局、何かありますか。


○議会事務局長(荒木誠一君)  葉山町が以前に申し上げましたように、総務建設常任委員会と教育福祉常任委員会、こういう名称です。二つの常任委員会ですね。だから企画という文字がちょっと抜けちゃう。


○議会運営委員長(山田喜一君)  企画は要らないかもしれないね。総務でね。あんまりごちゃごちゃたくさん並べることはないよ。


○議会運営副委員長(鈴木京子君)  いま事務局の方が葉山町の例を挙げられまして、総務建設常任委員会ということでしたけれども、これで町民の方も十分おわかりいただけると思います。ただし、次のごみ処理を含めたもう一つの方の委員会なんですが、これはやはり福祉文教環境というような並び方ですと、割合覚えやすくて自然な受けとめ方をしていただける名前じゃないかなというふうに思うんですけれど、皆さん、いかがでしょう。


○議会事務局長(荒木誠一君)  県下のあれを見ますと、どうも、環境民生とかですね。福祉文教環境というと「きょう」「きょう」という言葉の響きがあるので、以前はだから大磯町においても環境福祉部という部がありましたので、上が6文字、下も6文字というように一応合わせてあるんですけど、上を4文字にすると福祉環境常任委員会になりますね。環境福祉常任委員会というふうに文教をとるとかですね。ちょっとバランス的には、4文字になると、いま鈴木副委員長がおっしゃるようにどっちでも、福祉環境常任委員会ということで響きがすごくまとまってきますけど、6文字6文字で合わせますと総務建設経済、環境福祉文教というふうにしゃべりが、福祉文教環境常任委員会というと、どうもかな、というふうに。


○議会運営委員長(山田喜一君)  渡辺さん。


○議会運営委員(渡辺順子君)  文教というのにこだわると環境と「きょう」が重なるんですけど、その文教というのを教育というふうに変えてもいいわけですか。


○議長(熊木 博君)  環境福文だよ。


○議会運営委員(浅輪いつ子君)  福祉教育というのは。


○議会運営委員長(山田喜一君)  文教というのはどういう。


○議会運営委員(浅輪いつ子君)  文化とか教育とか。教育だけじゃないんだね。


○議会運営委員長(山田喜一君)  教育というのが入っているね。


○議会事務局長(荒木誠一君)  葉山はさっき言ったように教育福祉常任委員会という名称です。


○議会運営委員(浅輪いつ子君)  そうすると環境がないじゃない。


○議会事務局長(荒木誠一君)  大磯が。


○議会運営委員(浅輪いつ子君)  環境教育福祉というの。


○議会運営委員長(山田喜一君)  いまは、渡辺さんが言ったのは教育から環境福祉教育常任委員会というような。そうすると環境福文じゃだめか。やはり中身がわかるようなのがいいね。同じ委員会でもわかりやすいのが、ここではこういうことをやっているのかとわかった方がいいんじゃないかとおれは思うんだけど。


○議会運営委員(浅輪いつ子君)  私はちょっと環境福祉文教といっちゃうと、環境が随分前面に出てきちゃってて、やはり福祉文教がメインのところに、あと環境がつくと思うので、「きょう」「きょう」と言ってもしようがないから、やはり福祉文教環境。


○議会運営委員(渡辺順子君)  ちょっと言いにくいから。


○議会運営委員(浅輪いつ子君)  じゃあ、福祉。


○議会運営委員(渡辺順子君)  福祉教育環境だったらいいかもしれない。


○議長(熊木 博君)  福祉文教でどうだろう。環境も含まれると。


○議会運営副委員長(鈴木京子君)  福祉文教だけにするの。それは無理でしょう。


○議会運営委員長(山田喜一君)  暫時休憩。





 (午前11時33分)  休憩


 (午前11時36分)  再開





○議会運営委員長(山田喜一君)  休憩を閉じて再開したいと思います。


 それでは、まず名称について渡辺さん、御意見を何か。


○議会運営委員(渡辺順子君)  ここにいまとりあえず書いてあります総務建設経済常任委員会が一つと、それから福祉文教を先に持ってきまして、福祉文教環境常任委員会がよろしいかと思います。


○議会運営委員長(山田喜一君)  そういうことでよろしいですか。じゃあ、議会運営委員会としては、そういう総務建設経済常任委員会と福祉文教環境常任委員会という名称にするということで決めて全協に提案をしたいと思います。


 それであとは。


○議会運営委員(浅輪いつ子君)  確認したいことがありますけど、そうしますと、全協できょうそのことを皆さんにお話しして、もし各議員からの御意見があれば、5月7日までに事務局に提出していただくということでいいんですね。それからもし、そこでいろいろこの案以外の御意見がたくさんあったとしたら、16日の。


○議会運営委員長(山田喜一君)  必要であれば臨時会を開いてやらなきゃいけないしあまり大したものじゃなかったら整理して16日の、たくさん意見が出たときにまた議運でちゃんと議論をしなきゃいけないということであれば、臨時の議会運営委員会を招集すると。じゃなくてわずかな修正ぐらいだったら、それについては16日の議運で提案して協議して、そこで決めるというようにしたいと思います。


○議会運営委員(浅輪いつ子君)  5月16日の議運で最終的に決定して、今度は資料配布の中にも出てくるんですよね、当然。それで、最終日の6月4日に提案する。


○議会運営委員長(山田喜一君)  それに16日にそういう考え方もあるという。


○議会運営委員(浅輪いつ子君)  そういう流れの中でやっていくということでよろしいんですね。


○議会運営委員長(山田喜一君)  そういう形で進めるということで事務局に準備してもらうということでなると思います。


 提出の件なんですけど、議会運営委員会としてやっぱり提案をすべきでしょうね、当然。いままでの経緯からいって。そういうことが提案できるので、議会運営委員会という初めての。


○議長(熊木 博君)  そうですね。全協で。言ってきてね。


○議会運営委員長(山田喜一君)  それはまだだから何も案も決まらないから、5月16日最終案が決まったときに提案するという形で、16日の、そういうふうに決めていきたいということで、一応議運の意見としてはそういうことを踏まえていくということで、押さえるだけ押さえておくというふうにしたいと思います。


 事務局の人に言ってください。確認をして。


○議会事務局長(荒木誠一君)  そうしますと、本日の議運で決定した内容について、午後の全協で議運の委員長さんの方から報告をいただくわけですけれども、全協には新旧対照表とそれから改正案に?と書いてあるのをただ改正案に直して、下を福祉文教環境常任委員会というふうに訂正したものをセットにしたものをお配りするということで準備をしておきたいと思いますけれども、そのほかに反省については、これはよろしいですか。全協にはお出ししなくても。


○議会運営委員長(山田喜一君)  いいんじゃない、それは。


○議会運営委員(浅輪いつ子君)  いや、出した方がいいでしょう。


○議会事務局長(荒木誠一君)  お出しした方がよろしいですか。じゃあこれも一緒にセットでお出しして、それで委員長さんの方からちょっと報告事項があれば言っていただくということでよろしいですか。


○議会運営委員長(山田喜一君)  さっきの話もありますしね。


○議会運営委員(渡辺順子君)  きょうのその反省も言うんでしょう。きょう出た議会の、これじゃなくて。


○議会運営委員長(山田喜一君)  そうそうそうそう。その他でもって話もこういうものもありましたよと。意見のそういうことをなりましたというような話を入れちゃうのですね。


 鈴木さん。


○議会運営副委員長(鈴木京子君)  いままで第3条の常任委員会を二つにするというのでやってきましたけれども、ほかの条文についても少し質問といいますか、皆さんで諮りたいことがあります。


 まず一つなんですけれども、第17条関係で改正されるところが、その他法令または条例に求める出席説明の要求のところが、その他法律に基づくというふうに今度は改正案として出てきております。それでこの法律ということですね。法令まず法律とかみたいなところまで対象になっていたのがこれが法律というふうになりますと、この対象物が法律ということでいままでと変わらないと考えてよろしいのかどうか、ちょっと事務局の説明をいただきたいと思います。


○議会事務局長代理(岩田隆吉君)  いままでと変わらない形でございます。町に関係するものは前段の方に全部されておりまして、この条項の言葉につきましては地方自治法の127条に同じ内容の条文がございまして、このその他法令または条例に基づくその他法律に基づくという形の改正がございましたので、それにあわせてここを改正するという形でございます。


○議会運営委員長(山田喜一君)  よろしいですか。


 あと、議会運営委員会の7名というのは決まったのかね。ちょっとはっきりしなかったんだけど。7名でいくのかと。一応今回の提案として7名でいくかというね。それについて確認をはっきりしていないのでもう一回ここだけ確認しておきます。いまは6人です。6人を議長、副議長まで入れて、いまはオブザーバーだけど、委員とするのか、6名でいくのかということを。いままではずっと6できているんですよね。


○議会事務局長(荒木誠一君)  そうです。


○議会運営委員長(山田喜一君)  人数は議運だけふえちゃうというのは、議運というのはふえても悪くはないんだけど。


○議会運営委員(渡辺順子君)  必要かどうかね。


○議会運営委員長(山田喜一君)  だからその7名というのは3、4で分けることはできませんから、いま言ったように3、3で副議長を一応入れるということになると思うんですけど。


○議会事務局長(荒木誠一君)  副議長に採決権を与えるかどうかということですね。いまはオブザーバーで副議長が出席しておりますので採決の際は加わっていませんので。


○議会運営委員(渡辺順子君)  そうすると6人になっちゃうんじゃないの。


○議会事務局長(荒木誠一君)  全部そういう改正を7月からするということで委員長以外は6人ですね。真っ二つになるという改正を行おうとしているわけですので、この際どうなんでしょうかという提案を、事務局としてはここの場所でそういった問題点を出さないと、なかなか。条例ですので改正を議会運営委員会の中で改正するというわけにはいかないですので、やるのであればここでやるのが一番目的なのかなという、改正ですのでね。


○議会運営委員(浅輪いつ子君)  そうするとちょっと、副議長を議運の委員長にみんながしたいと思えばそれでもいいわけですね。同じということでしょう、資格としては。


○議会事務局長(荒木誠一君)  これはあくまでも改正後です。ですから、メンバーはあくまで議長の指名という形をとりますので、常任委員会から3、3というのは表に出ないんですよ。住民側からすると。


○議会運営委員長(山田喜一君)  申し合わせなんだ。我々の。


○議会事務局長(荒木誠一君)  ええ、これは議長が全協で、となっておりますので、各常任委員会から出してくださいよというような形でやっていますので。ただ議会だよりははっきりうたわれてますけども、ほかの関係は議長指名で案が出たものを全協で再度確認して議員名を申し述べて、以上のメンバーでよろしいですねということで、オーケーした上で本会議が再開されて議長指名という。


○議会運営委員長(山田喜一君)  ほかの例えば議会運営委員会というのは、特に県会だとか市会でも会派があるときは、どこどこの会派は何名とか人数を決めて常任委員会は関係ないんだよ。それで代表が2名だとか1名だとかそういうことで、人数は定数は決まっているようで決まっていないような感じでしょう。会派の代表だから。会派の代表が来るわけよ。例えば自民党なら自民党何人、民主党何人、公明党何人、共産党何人、それである程度数に応じてそれぞれ代表に出てもらって委員会をどうするかという、議会運営委員長の。


○議会運営委員(渡辺順子君)  最初から7名とか決めないのですか。


○議会運営委員長(山田喜一君)  決めてないよ。定数は決めてるんだろうけど会派の割り振りはね。


○議会運営委員(渡辺順子君)  定数は決まっているのですか。


○議会運営委員長(山田喜一君)  定数は決まっているの、議会運営委員会の定数というのは。


○議会事務局長(荒木誠一君)  決まっていると思いますよ。


○議会運営委員長(山田喜一君)  決まっているかもしれないけど、とにかく常任委員会を云々じゃなくて会派を基準にして集めているということだから、常任委員会が必ず何名何名じゃなくてね。そういうふうな割り振りは我々の。


○議会運営委員(渡辺順子君)  ちょっとごめんなさい。私は理解できなくて。定数が決まっていて中の割り振り。


○議長(熊木 博君)  それは議事録には。


○議会運営委員(渡辺順子君)  山田委員がおっしゃっていたのは、定数は決まっているけど、その内訳を会派ごとで、大きい会派は何人とかと決めていくというふうにおっしゃっているのか、定数が決まってなくて会派で何人か出てきて、その出てきた人で構成しているのかというところがちょっと私ははっきりしないので教えてください。


○議会運営委員長(山田喜一君)  そういうと僕もよくわからないですけれど、定数で決めていると思う。それじゃなかったら成立しないから。


○議会運営委員(渡辺順子君)  わかりました。


○議会運営委員長(山田喜一君)  私が言いたいのは、常任委員会というところから割り振っていないよと、そういうことを言っているだけの話です。


○議会運営委員(渡辺順子君)  そういう意味ですね。


○議会運営委員長(山田喜一君)  だから議会運営上必要な何か選出方法をとっていますよという意味なんです。


 浅輪さん。


○議会運営委員(浅輪いつ子君)  それを伺いますと、そうしますと、必ずしも副議長をメンバー構成にという考えを持たないという案もあるわけですね。要するに7名を決めておいて、後は議長がまた。


○議会運営委員長(山田喜一君)  そこで1名は副議長に出てもらおうとなる場合だということね。3、3になるから。とにかく定数として7名がいいかどうかということを、とりあえず決めておきたいですよね。


 鈴木さん。


○議会運営副委員長(鈴木京子君)  私も7名でいくということでいいと思います。いろんな方がやはり議会運営にかかわるということもいいことだと思いますので、7名ということで結構です。


○議会運営委員長(山田喜一君)  いいですか、そうすると7名ということで。とりあえず7名ということで議運としてはきょうのところは提案すると。後は皆さんの意見を逐次踏まえて最終決定をお願いする、16日にやるということで一応7名ということで提案をしたいと。そういうことでよろしくお願いしたいと思います。


 あとは、なければ、この間の議会だよりのときに柴崎君が規則と条例の話、必要なら町の方では町長などが規則を決めるときは町長の先決事項で決められるわけですよね。ところが、規則の改正ということをこの間わざわざ議員の方で提案して改正したと。議会の方の会議規則というのはどういうような扱いになっているのか、その辺事務局ちょっと教えてもらいたいと思います。


○議会事務局長(荒木誠一君)  まず、会議規則というのは地方自治法の120条で、議会は会議規則を定めなければいけないように法律でまず決められております。それで議員必携の中にも自立権というところで議会のルール、いわゆる議員さんのルールということで52、3ページだと思いますけれども出ておると思います。そういうところで議員さんのそういった権利、そういったものを定めるというのが担当でございます。そういう際は逐条    解説の中にそれは受け継がれるでしょうということになっているので、議会の規則だけが議案として出す、そういう内容です。町側の方は、あくまで町長の執行権の範囲内の規則ですので、長のいわゆる告示行為だけでそれを施行ができると、文章のところの中身を説明させていただきます。


○議会運営委員長(山田喜一君)  説明してください。


○議会事務局長代理(岩田隆吉君)  地方自治法120条の会議規則の規定でございます。「普通地方公共団体の議会は会議規則を設けなければならない」という規定でございまして、その中の解釈の中で、「会議規則は議会によって制定される会議の一般的な決議に関する決議であるが、議会の議決によって定めるものである」ということです。ですから、すべての規則が議会ものについては議案という形で上程がなされる、特別な形になると思います。


○議会事務局長(荒木誠一君)  議会の議決が必要だという地方自治法120条の解説にそういうふうに書いてあります。ですから、規則という名前ですけども議決案件ですよという内容ですね。


○議会運営委員長(山田喜一君)  だから執行者側のそういうものと違いますよというね。議会の中を皆が決めるわけだからね。そういうことで、その辺ちょっとこの間の。


○議会事務局長(荒木誠一君)  会議規則の中で議員さんの自由を少し制限しているところがありますよね。例えば質疑の関係で、質疑は3回までですよと。これは制限しているわけですよね。ですから、議会によっては一般質問も。そういう制限をしますので、そういったものは会議規則の中に定めて、それは議員さんも住民も承知した上でやっていかないと相入れませんよということで、町側の規則とはちょっと違うんですね。


○議会運営委員長(山田喜一君)  規則ということだけにこだわっていちゃだめだと。ちょっと違うんだね。わかりました。そういうことでその辺のところは出ていましたので、一応確認をさせてもらいました。


 あとはないですか。じゃあ、予定しました議題ということは以上ですべて終了いたしました。そういうことでスケジュールは既にお手元の再確認の意味で決まりましたので、5月定例会に向けそういう形になると思いますので、ひとつよろしくお願いしたいと思います。


 以上をもちまして、議会運営委員会を終了したいと思います。


 (午前11時55分)  閉会