議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 大磯町

平成19年予算特別委員会( 2月28日)




平成19年予算特別委員会( 2月28日)





大磯町議会


予算特別委員会


平成19年2月28日


 



(午前 9時00分)  開会


○議長(熊木 博君)  皆さん、おはようございます。議長の熊木です。定刻に御参集いただきまして御苦労さまです。委員長の互選が行われるまで、大磯町委員会条例第7条第1項に基づきまして、会議の進行を務めさせていただきます。


 委員全員が出席されております。


 これより、昨日構成されました予算特別委員会を開会いたします。


 お諮りいたします。5日間にわたりまして、一般傍聴の申し出がありましたときはこれを許可したいと思いますが、御異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(熊木 博君)  御異議ないものと認め、許可することに決定します。


 まず、特別委員会の開始に当たり、正副委員長の互選を行いたいと思います。大磯町委員会条例第7条第2項に基づきまして、委員長及び副委員長がともにいないときの互選に関する職務は、年長の委員が行うことになっておりますので、山口委員に委員長席に着席の上、議事をお願いいたします。


 それではよろしくお願いいたします。


○予算特別委員会委員(山口陽一君)  おはようございます。山口です。ただいま議長の方からお話がありましたように、条例によって正式の委員長が決まるまで、私が職務を代行させていただきます。


 それでは早速、委員長についての互選を行いたいと思いますが、どなたか候補者について互選をお願いしたいと思います。


 はい、浅輪委員。


○予算特別委員会委員(浅輪いつ子君)  私は坂田委員にお願いいたしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたしたいと思います。


○予算特別委員会委員(山口陽一君)  はい。


○予算特別委員会委員(鈴木京子君)  私も坂田委員にぜひお願いしたいと思います。


○予算特別委員会委員(山口陽一君)  ただいま鈴木委員と浅輪委員から、坂田委員が委員長にふさわしいというような発言がありましたが、どなたかほかに候補者はございませんですか。


               (「異議なし」の声あり)


○予算特別委員会委員(山口陽一君)  よろしいですか。それでは異議ないものと認めて、委員長は坂田委員にお願いいたします。


 これをもって、私の職務は終わりました。


○予算特別委員会委員長(坂田よう子君)  おはようございます。委員長にただいま御推薦いただきまして互選いただきました坂田よう子でございます。よろしくお願いをいたします。


 大磯町委員会条例第6条第2項に基づき、副委員長の互選から入っていきたいと思います。どなたか互選ございましたらよろしくお願いいたします。


 鈴木委員。


○予算特別委員会委員(鈴木京子君)  私は山口委員にお願いしたいと思います。


○予算特別委員会委員(山口陽一君)  いえ、冗談じゃないよ。


○予算特別委員会委員長(坂田よう子君)  浅輪委員。


○予算特別委員会委員(浅輪いつ子君)  私も山口委員に。


○予算特別委員会委員長(坂田よう子君)  はい、山口委員。


○予算特別委員会委員(山口陽一君)  私はですね、鈴木さんがいいんじゃないかと思います。鈴木委員にね。


○予算特別委員会委員(鈴木京子君)  万年副なのよ、私。


○予算特別委員会委員(山田喜一君)  万年副でもいいじゃないね。


○予算特別委員会委員(山口陽一君)  そうそう、万年理事もいるんだから。私は高齢のために職務をやる自信がないのでね。非常に大事な仕事なんで。まあ、委員長が優秀なんでね。私は残念ながら、残念っていうか、絶対に受けませんので、よろしくお願いいたします。


○予算特別委員会委員(柴崎 茂君)  いや、山口さんにやってもらおうよ。どうせ副委員長だったらだれでも一緒じゃない、普通の委員と一緒だから。


○予算特別委員会委員(山口陽一君)  山田さん、補佐役でやってよ。


○予算特別委員会委員(柴崎 茂君)  山田さんも何回もやってんだから。


○予算特別委員会委員長(坂田よう子君)  はい、発言を続行しておりますので、挙手をしてお願いいたします。


 よろしいでしょうか。


               (「異議なし」の声あり)


○予算特別委員会委員長(坂田よう子君)  ただいま2名の方から山口委員というお声がかかっておりますが、いかがでしょうか。


○予算特別委員会委員(山口陽一君)  だめ。


               (「異議なし」の声あり)


○予算特別委員会委員(柴崎 茂君)  ほかにあまりしゃべることもねえんだから。


○予算特別委員会委員(山口陽一君)  おれとあんたと。


○予算特別委員会委員(柴崎 茂君)  あなたに比べればおれの方がしゃべるのが多いんだからさ。


○予算特別委員会委員長(坂田よう子君)  御異議ないものと認め、山口委員に副委員長をお願いしたいと思いますが、再度確認いたします。


 御異議ございませんでしょうか。


               (「異議なし」の声あり)


○予算特別委員会委員長(坂田よう子君)  御異議ないものと認め、山口委員を副委員長と決定をさせていただきます。


 山口副委員長、副委員長の席の方にお願いいただけますでしょうか。


○予算特別委員会委員(山口陽一君)  これ、強制ですか。


○予算特別委員会委員(山田喜一君)  よろしくお願いします。


○予算特別委員会委員長(坂田よう子君)  それでは委員長に私、坂田、副委員長に山口委員が決まりました。この構成で予算審査を行いますのでよろしくお願いをいたします。


 それでは審査に先立ち、町長からごあいさつをお願いいたします。


○町長(三好正則君)  皆さん、おはようございます。いよいよ19年度、私にとって最初の予算編成になります。ただ十分とは言えないんですが、私の気持ちを少し出させていただいてございますが、よろしく御審議いただきたいと思います。


○予算特別委員会委員長(坂田よう子君)  御苦労さまでした。


 直ちに本日の会議を開きます。


 平成19年度の一般会計並びに特別会計4件の予算につきましては、予算特別委員会が構成され、審査することとなりました。その任に我々が当たることになりましたので、日程に従って審査、よろしくお願いをいたします。


 お諮りいたします。本委員会に付託されました「議案第22号 平成19年度大磯町一般会計予算」「議案第23号 平成19年度大磯町国民健康保険事業特別会計予算」「議案第24号 平成19年度大磯町老人保健特別会計予算」「議案第25号 平成19年度大磯町介護保険事業特別会計予算」「議案第26号 平成19年度大磯町下水道事業特別会計予算」につきまして、一括議題とさせていただきます。


 これに異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○予算特別委員会委員長(坂田よう子君)  異議ないものと認め決定いたします。


 お諮りいたします。本日は全会計について、担当部課長等から予算の説明をお願いすることとなっておりますので、順次説明を受けたいと思いますが、会議の都合上、本会議場にて説明を受けること、及び委員長席として議長席を使用いたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○予算特別委員会委員長(坂田よう子君)  異議ないものと認め、決定をいたします。


 お諮りいたします。本日の本会議場での説明部分のみの反訳については、これを省略したいと思いますが、御異議ございませんか。


○予算特別委員会委員(柴崎 茂君)  どうかな、ちょっと待ってよ。


○予算特別委員会委員長(坂田よう子君)  柴崎委員。


○予算特別委員会委員(柴崎 茂君)  それをまるっきり削除されるとなるとね、例えば「あのときこう言ったね」というようなことになるかもしれませんから、もし、例えば問題がなさそうだなということがわかったんなら、例えばきょうの部分の説明は除くということでもいいですけど、念のためにテープも回してもらって、一応その準備をしておいてもらわないと、あの説明のときと違うじゃないかということは、往々にしてないとは言えませんよ。私は、反訳するかどうかは最終的な判断は別として、とりあえずきょうの分は全部記録に残していただいた方が、後々のためにとりあえずいいんじゃないかなというふうに思うんですけど、いかがですか。


○予算特別委員会委員長(坂田よう子君)  はい。では柴崎委員からの御意見もございます、テープの準備をして録音等はしておきます。そして最終日にそれを、反訳につきましては再度お諮りいたしますが、そのようなことでよろしいでしょうか。


               (「異議なし」の声あり)


○予算特別委員会委員長(坂田よう子君)  異議ないものと認め、そのようにさせていただきます。


 また、委員会中に「議会だより」の記載に必要なため、写真撮影を議会事務局でいたしますので御了解ください。


 暫時休憩いたします。


 再開は、委員が本会議場に集まり次第といたします。


 それでは皆様、随時、本会議場にお移りください。


 (午前 9時10分)  休憩