議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 寒川町

平成23年第1回定例会(第2日) 本文




2011年02月25日:平成23年第1回定例会(第2日) 本文

                 午後1時30分 開議
◯議長【及川栄吉君】  きのうに続きましてお疲れさまでございます。これより本日の会議を開きます。


◯議長【及川栄吉君】  本日の議事日程はお手元に配付のとおりであります。配付をもって報告にかえます。
   ──────────────────────────────────────
     日程第1 会議録署名議員の指名


◯議長【及川栄吉君】  日程第1「会議録署名議員の指名」を行います。会議録署名議員は会議規則第109条の規定により議長において、藤沢輝夫君、佐藤美鈴さんを指名いたします。
   ──────────────────────────────────────
     日程第2 議案第10号 平成22年度寒川町一般会計補正予算(第5号)
   ──────────────────────────────────────
     日程第3 議案第11号 平成22年度寒川町国民健康保険事業特別会計補
                 正予算(第3号)
   ──────────────────────────────────────
     日程第4 議案第12号 平成22年度寒川町下水道事業特別会計補正予算
                 (第4号)


◯議長【及川栄吉君】  日程第2議案第10号「平成22年度寒川町一般会計補正予算(第5号)」、日程第3議案第11号「平成22年度寒川町国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)」、日程第4議案第12号「平成22年度寒川町下水道事業特別会計補正予算(第4号)」を一括議題といたします。町長から提案理由の説明を求めます。山上町長。
               〔町長(山上貞夫君)登壇〕


◯番外【町長 山上貞夫君】  ただいま議題となりました議案第10号、議案第11号及び議案第12号は、平成22年度寒川町一般会計、平成22年度寒川町国民健康保険事業特別会計及び平成22年度寒川町下水道事業特別会計の補正予算であります。まず議案第10号の平成22年度寒川町一般会計補正予算(第5号)でありますが、第1条におきまして、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ4,603万4,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ132億9,719万4,000円とし、第2条では継続費の補正を、第3条では繰越明許費の補正を、第4条におきましては地方債の補正を行うものであります。
 次に議案第11号の平成22年度寒川町国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)でありますが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ52万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ53億9,441万円とするものであります。
 次に議案第12号の平成22年度寒川町下水道事業特別会計補正予算(第4号)でありますが、第1条におきまして既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ858万3,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ14億9,557万円とし、第2条では地方債の補正を行うものであります。
 以上、提案の概要を申し上げましたが、詳細につきましてはそれぞれの担当部長が説明をいたしますので、よろしくご審議の上議決賜りますようお願い申し上げまして、提案の理由といたします。


◯議長【及川栄吉君】  木内企画政策部長。


◯番外【企画政策部長 木内礼次郎君】  それでは議案第10号、平成22年度寒川町一般会計補正予算(第5号)につきまして、その内容をご説明いたします。
 2ページ、3ページをお開きください。第1表歳入歳出予算補正でございます。まず歳入でございます。第1款町税から20款町債において、それぞれ補正額の欄に記載の額を追加または更正減し、補正後の歳入総額を132億9,719万4,000円とするものでございます。
 4ページ、5ページをお開きください。次に歳出でございます。歳出につきましては、2款総務費から12款予備費において、それぞれ補正額の欄に記載の額を追加または更正減し、補正後の歳出総額を歳入同様132億9,719万4,000円とするものでございます。
 6ページ、7ページをお開きください。第2表継続費補正でございます。広域リサイクルセンター建設事業にかかる契約確定に伴い、継続費の総額及び年割額を記載の額に変更いたすものでございます。次に第3表繰越明許費の補正でございます。新たに追加するもの及び増額変更いたすものでございます。初めに追加いたします事業でございますが、まず3款民生費、2項児童福祉費にあっては子ども手当等事務経費でありまして、3歳未満児への増額支給分等に伴うシステム改修費でございます。年度内に作業が完了しないため、繰り越しをいたすものでございます。次に8款土木費、2項道路橋りょう費にありましては、国の平成22年度の第一次補正により創設されました地域活性化きめ細かな交付金を活用するものでございまして、岡田7号線維持工事を予定するものでございます。年度内に作業が完了しないため、繰り越しをいたすものでございます。
 次に変更分につきましては、寒川駅北口地区土地区画整理事業にかかる事業費の翌年度への繰越措置でございますが、12月補正をいたしましたところですが、移転補償交渉や宅地整地工事等において関係権利者との協議に時間を要しまして年度内完了が困難なため、繰越額8,560万7,000円を増額をいたすものでございます。第4表地方債補正でございます。2件の補正でございますが、寒川駅北口街区公園整備事業及び小谷小学校教室棟防災対策事業の工事契約額の確定に伴い、それぞれ限度額を変更するものでございます。
 12ページ、13ページをお開きください。まず歳入でございます。初めに1款町税でございます。昨年度から引き続きます厳しい経済状況の中、当初予算では昨年度費大幅な減額計上したところでございますが、町民税及び固定資産税等に伸びが見込まれることから、追加をいたすものでございます。1項町民税につきましては、1目個人及び2目法人にあっては、それぞれ所得割、均等割、法人税割の追加でございます。2項1目固定資産税にあっては、土地、家屋、償却資産の追加でございます。5項1目都市計画税にあっては、土地、家屋の追加でございます。次に9款1項1目地方交付税につきましては、特別交付税として交付されるものでございまして、法人税割の修正分の追加でございます。
 続きまして、14ページ、15ページをお開きください。12款使用料及び手数料1項使用料につきましては、2目民生使用料では(仮称)健康福祉総合センター用地の使用料の追加、及び4目土木使用料につきましては、総合体育館喫茶室使用料の更正減でございます。次に13款国庫支出金、2項国庫補助金、1目民生費国庫補助金につきましては、更生訓練費給付の減少に伴う障害福祉費補助金の更正減でございます。2目衛生費国庫補助金につきましては、女性特有のがん検診受診者の減に伴う保健衛生費補助金の更正減でございます。3目土木費国庫補助金につきましては、国の補助制度が従来の個別事業交付金から社会資本整備総合交付金に変更となったための追加及び更正減でございます。道路橋りょう費補助金にあっては、地域活力基盤創造交付金から社会資本整備総合交付金への変更に伴うものでございまして、補助率の変更による更正減。都市計画費補助金にあっては、土地区画整理事業補助金、あるいは、まちづくり交付金及び地域住宅交付金から社会資本整備交付金への変更に伴う更正減でございます。4目教育費国庫補助金につきましては、私立幼稚園就園奨励費補助金の補助率の変更に伴う教育総務費補助金の更正減、及び小谷小学校教室棟耐震補強工事の契約確定に伴う小学校費補助金の更正減でございます。7目総務費国庫補助金につきましては、国の平成22年度第一次補正に伴い創設されました地域活性化きめ細かな交付金、並びに住民生活に光をそそぐ交付金をそれぞれ追加するものでございます。なお、活用先につきましては歳出でご説明をさせていただきます。
 16ページ、17ページをお開きください。14款県支出金、1項県負担金、2目土木費県負担金につきましては、ツインシティ倉見地区まちづくり事業調査費の確定に伴う更正減でございます。2項県補助金、2目民生費県補助金につきましては、更生訓練費給付の減少に伴う障害福祉費補助金の更正減、及び子ども手当システム改修に伴う補助金の追加でございます。3目衛生費県補助金につきましては、健康増進事業対象経費及び妊婦健康診査事業対象経費の減少に伴う保健衛生費補助金の更正減でございます。4目労働費県補助金につきましては、緊急雇用創出事業臨時特例市町村補助金の事業確定に伴う労働諸費補助金の更正減でございます。9目市町村振興補助金につきましては、広域リサイクルセンター建設事業及び寒川駅前公園整備事業の額の確定に伴う追加でございます。次に15款財産収入、1項財産運用収入、1目利子及び配当金につきましては、財政調整基金をはじめとする説明欄に記載の各基金から生じます利子でございまして、それぞれ追加または更正減をするものでございます。なお、総額では追加となってございます。
 18、19ページをお開きください。次に16款1項寄附金でございます。1目一般寄附金につきましては、環境整備協力金及び一般寄附金でございます。2目民生寄附金につきましては、社会福祉事業に対する寄附でございます。3目土木寄附金につきましては、寒川駅前広場時計設置及び緑化事業に対する寄附でございます。4目総務寄附金につきましては、それぞれまちづくり事業に対する寄附でございます。なお、開発行為を除きまして寄附をお受けした際には、町広報紙にお名前等をご報告させていただいてございます。次に17款繰入金、1項基金繰入金、1目財政調整基金繰入金につきましては、事業費等の確定に伴う歳出経費の減額により財政調整基金からの繰入金を更正減するものでございます。これによりまして、本年度の財政調整基金からの繰り入れはしないで済むということになってございます。
 20ページ、21ページをお開きください。19款諸収入、4項1目雑入につきましては、民生費雑入にあっては広域連合高齢者健康診査事業費補助金の追加、雑入にあっては町村振興協会からの交付金の追加で、平成22年度の市町村振興宝くじ収益金の配分金でございます。次に20款町債につきましては、寒川駅北口街区公園整備事業及び小谷小学校教室棟防災対策事業の額の確定に伴う更正減でございます。
 22、23ページをお開きください。歳出に移ります。2款総務費、1項総務管理費、4目財政管理費につきましては、説明欄記載の各基金積立金を追加または更正減し積み立てるとともに、定額資金運用基金でございます土地開発基金にあっては記載の金額を繰出金として、それぞれ処理をするものでございます。7目企画費につきましては、本年4月17日に予定してございます事業仕分けに関する委託料を追加するものでございます。4月の開催を予定させていただいていることから、その準備として判定人の事前研修経費等を計上させていただくものでございます。15目文化渉外費につきましては、国際交流基金積立金について記載の額を更正減するものでございます。2項町税費、2目賦課徴収費につきましては、国税連携にかかわりますシステム改修経費の確定に伴う更正減でございます。
 24、25ページをお開きください。3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費につきましては、第2次寒川町地域福祉計画策定の契約確定に伴い、委託料を交付制限するとともに、社会福祉基金に記載の額を積み立てるものでございます。2目障害福祉費につきましては、負担金補助及び交付金にあっては地域活動支援センター負担金、障害者地域作業所運営費負担金及び在宅精神障害者地域作業所指導事業負担金、それぞれの見込み額の減に伴う更正減でございまして、扶助費にあっては更生訓練費等の給付、住宅重度障害者手当支給費及び福祉タクシー利用助成のそれぞれの見込額の減に伴う更正減でございます。また、償還金利子及び割引料につきましては、平成21年度におけます障害者自立支援給付等国庫負担金の返納金を追加するものでございます。3目老人福祉費につきましては、財源更正でございます。2項児童福祉費、2目児童措置費につきましては、子ども手当システム改修経費を追加するものでございます。
 26、27ページをお開きください。4款衛生費、1項保健衛生費、1目保健衛生総務費につきましては委託料の更正減であり、母子保健事業にあっては妊婦健康診査委託料、健康増進事業にあっては健康診査、がん集団検診、歯科検診、肝炎ウイルス検診委託料をそれぞれ更正減するものでございます。2項清掃費、2目じん芥処理費につきましては、じん芥収集運搬処理経費の契約執行の残でございますので、更正減するものでございます。次に6款農林水産業費、1項農業費、3目農業振興費につきましては、財源更正でございます。
 28、29ページをお開きください。7款1項商工費、2目商工業振興費につきましては、財源更正でございます。次に8款土木費、2項道路橋りょう費、1目道路橋りょう総務費につきましても、財源更正でございます。2目道路維持費につきましては、歳入で申し上げました総務費の国庫補助金を活用いたしまして、岡田7号線維持工事費経費を追加いたすものでございます。3目道路新設改良費につきましては、橋りょう点検委託の契約執行残額を更正減するものでございます。4項都市計画費、1目都市計画総務費につきましては、委託料にありましては、まちづくり事業調査委託等について契約執行残額を更正減、負担金補助及び交付金にあっては国の住宅建築物の耐震化のための緊急支援事業の創設に基づき、木造住宅耐震改修工事事業補助金を追加、積立金にありましては都市計画事業基金及び東海道新幹線新駅整備基金について、記載の額を追加、または更正減をするものでございます。
 30、31ページをお開きください。2目公園緑地費につきましては寒川駅北口1号街区公園整備工事の契約執行残額を更正減するとともに、緑化基金に寄附金及び基金利子であります記載の額を積み立てるものでございます。3目駅周辺整備費につきましては、財源更正でございます。4目下水道費につきましては、事業費の確定等に伴い、下水道事業特別会計への繰出金を更正減するものでございます。次に9款1項消防費、1目常備消防費につきましては、事業執行完了に伴う更正減でございます。
 32、33ページをお開きください。10款教育費、1項教育総務費、2目事務局費の積立金につきましては、義務教育施設整備事業基金利子を積み立てるとともに、定額資金運用基金でございます奨学金基金にあっては、繰出金として記載の額を更正減するものでございます。次に2項小学校費、1目学校管理費につきましては、小谷小学校教室棟耐震補強工事経費の契約執行残額について更正減するものでございます。2目教育振興費につきましては、歳入で申し上げました総務費国庫補助金を活用いたしまして、学校図書備品の購入費を追加するものでございます。次に3項中学校費、1目学校管理費につきましては、旭が丘中学校技術棟耐震補強工事経費の契約執行残について更正減をするものでございます。2目教育振興費につきましては、小学校費と同様に総務費国庫補助金を活用いたしまして、学校図書備品の購入経費を追加するものでございます。
 34、35ページをお開きください。次に4項社会教育費、2目青少年育成費につきましては、青少年広場樹木剪定委託経費の契約執行残について更正減するものでございます。5目図書館費につきましては、こちらも歳入で申し上げました総務費国庫補助金を活用いたしまして、総合図書館図書備品の購入費を追加するものでございます。次に11款1項公債費、2目利子につきましては、低利率に借入ができたことに伴う更正減でございます。次に、12款1項1目予備費への追加でございます。
 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。


◯議長【及川栄吉君】  木内健康福祉部長。


◯番外【健康福祉部長 木内正幸君】  それでは議案第11号、平成22年度寒川町国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)につきまして、ご説明を申し上げます。
 主な補正の背景でございますが、平成23年度から診療報酬の請求方法が今後予想されるデータの大幅な増加に対応するため電子化されることから、本年度において神奈川県国保連合会独自の国保電算共同システムから、国保中央会からリリースされます全国標準の国保総合システムへの移行の準備を進めてございます。当初では、県国保連と市町村を結ぶ全国標準システム運用機器の購入等経費が特別調整交付金の対象となってございましたが、データ移行、連携テスト、カスタマイズ等に関する経費も対象経費に追加されたことにより、交付金の増額、及び国保連合会への負担金増額への補正をお願いするものでございます。
 それでは、2ページ、3ページをお開きください。第1表歳入歳出補正予算でございます。歳入につきましては、3款国庫支出金、8款財産収入において各補正額の欄に記載の額を追加し、補正額を52万1,000円といたしまして、歳入総額を53億9,441万円とするものでございます。歳出につきましては、1款総務費、9款基金積立金において各補正額の欄に記載の額を追加し、補正額を52万1,000円といたしまして、歳出総額を歳入同様53億9,441万円とするものでございます。
 次に8ページ、9ページをお開きください。歳入でございます。3款国庫支出金、2項国庫補助金、1目財政調整交付金49万2,000円の追加につきましては、診療報酬の請求が電子化されるのに伴い、全国標準システムに移行する国保連と市町村を結ぶシステム最適化費用のうち、データ移行、連携テスト、カスタマイズ等の関連費用が交付金等対象経費となったため、追加するものでございます。次に8款財産収入、1項財産運用収入、1目利子及び配当金2万9,000円の追加につきましては、国保財政調整基金積立金利子の確定見込みに伴い、追加するものでございます。また、1月末現在の国保財政調整基金積立金残高は、1億1,272万5,147円となっております。
 次に10ページ、11ページをお開きください。歳出でございます。1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費49万2,000の円の追加につきましては、国民健康保険運営事業事務経費のうち、レセプト審査支払いシステム最適化にかかる県国保連合会負担金の追加で、歳入で説明をさせていただきましたシステム移行にかかる対象経費の追加に伴う交付金の追加額を、県国保連合会への負担金に充てるものでございます。次に9款基金積立金、1項基金積立金、1目保険給付基金積立金2万9,000円の追加につきましては、歳入で説明をさせていただきました国保財政調整基金積立金利息の確定見込みによる追加額を充てるものでございます。
 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。


◯議長【及川栄吉君】  前原都市建設部長。


◯番外【都市建設部長 前原宜明君】  それでは、議案第12号、平成22年度寒川町下水道事業特別会計補正予算(第4号)のご説明を申し上げます。
 2ページ、3ページをお開きください。第1表歳入歳出予算補正でございます。まず歳入でございますが、4款繰入金から7款町債まで、おのおのの補正額の欄に記載しております額を更正減いたしまして、858万3,000円の減額により、歳入の総額を14億9,557万円とするものでございます。次に歳出でございますが、1款総務費から2款事業費まで、おのおのの補正額の欄に記載しております額を更正減いたしまして、歳出の総額を歳入同様858万3,000円の減額をいたしまして、歳出の総額を14億9,557万円とするものでございます。
 4ページをお開きください。第2表地方債補正でございますが、限度額の変更でございます。公共下水道事業におきまして事業が確定いたしましたので、既定の限度額から580万円減額し、2億1,160万円といたすものでございます。
 10ページ、11ページをお開きください。歳入でございます。2款国庫支出金、1項国庫補助金、1目下水道事業費国庫補助金でございますが、従前の公共下水道事業補助金から社会資本整備総合交付金に組み換えるものでございます。次に4款繰入金、1項1目一般会計繰入金でございますが、事業の額が確定いたしましたので、更正減するものでございます。次に7款1項町債、1目下水道債の公共下水道事業債及び流域下水道事業債は、ともに工事発注等により額が確定いたしましたことによる更正減でございます。
 12ページ、13ページをお開きください。歳出でございます。1款総務費、1項下水道総務費、1目一般管理費、委託料につきましては、上下水道料金一括納付事務委託料が、また、負担金補助及び交付金につきましては、茅ヶ崎流出分維持管理負担金の額が確定いたしましたところによる更正減でございます。同2目施設管理費の委託料につきましては、公共下水道事業台帳作成委託料、雨水幹線草刈り委託料等の額が確定いたしましたので、更正減をするものでございます。負担金補助及び交付金につきましては、相模川流域下水道維持管理負担金の額が確定したことによる更正減でございます。次に2款事業費、1項1目下水道整備費につきましては、公共下水道事業整備事業費の事業確定による更正減でございます。次に2款事業費、2項1目流域下水道事業費でございますが、相模川流域下水道建設事業費負担金が確定したことに伴いまして、負担金補助及び交付金を更正減をいたすものでございます。
 14ページ、15ページをお開きください。3款1項公債費、1目元金及び2目利子につきましては財源更正でありまして、金額の変更はございません。
 16ページは、先ほどご説明いたしました地方債の変更後の調書でございます。
 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくお願い申し上げます。


◯議長【及川栄吉君】  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第10号、議案第11号及び議案第12号については提案説明までとし、次回の会議において質疑、討論、採決をいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
                (「異議なし」の声あり)


◯議長【及川栄吉君】  ご異議ないものと認めます。よって議案第10号、議案第11号及び議案第12号は、次回の会議において、質疑、討論、採決することに決しました。
   ──────────────────────────────────────
     日程第5 議案第13号 平成23年度寒川町一般会計予算
   ──────────────────────────────────────
     日程第6 議案第14号 平成23年度寒川町国民健康保険事業特別会計予
                 算
   ──────────────────────────────────────
     日程第7 議案第15号 平成23年度寒川町後期高齢者医療事業特別会計
                 予算
   ──────────────────────────────────────
     日程第8 議案第16号 平成23年度寒川町下水道事業特別会計予算
   ──────────────────────────────────────
     日程第9 議案第17号 平成23年度寒川町介護保険事業特別会計予算
   ──────────────────────────────────────
     日程第10 議案第18号 平成23年度寒川町(仮称)健康福祉総合セン
                  ター用地取得事業特別会計予算


◯議長【及川栄吉君】  日程第5議案第13号「平成23年度寒川町一般会計予算」、日程第6議案第14号「平成23年度寒川町国民健康保険事業特別会計予算」、日程第7議案第15号「平成23年度寒川町後期高齢者医療事業特別会計予算」、日程第8議案第16号「平成23年度寒川町下水道事業特別会計予算」、日程第9議案第17号「平成23年度寒川町介護保険事業特別会計予算」、日程第10議案第18号「平成平成23年度寒川町(仮称)健康福祉総合センター用地取得事業特別会計予算」を一括議題といたします。町長から提案理由の説明を求めます。山上町長。
               〔町長(山上貞夫君)登壇〕


◯番外【町長 山上貞夫君】  ただいま議題となりました議案第13号、議案第14号、議案第15号、議案第16号、議案第17号及び議案第18号は、平成23年度寒川町一般会計及び5特別会計の予算であります。まず、議案第13号の平成23年度寒川町一般会計予算でありますが、第1条におきまして歳入歳出予算の総額をそれぞれ148億7,400万円と定め、第2条では継続費の設定を、第3条では地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法を定め、第4条では一時借入金の借り入れの最高額を10億円と定め、第5条におきましては歳出予算の流用について定めるものであります。
 次に議案第14号の平成23年度寒川町国民健康保険事業特別会計予算でありますが、第1条におきまして歳入歳出予算の総額をそれぞれ52億7,288万6,000円と定め、第2条では一時借入金の借り入れの最高額を1億5,000万円と定め、第3条におきましては歳出予算の流用について定めるものであります。
 次に議案第15号の平成23年度寒川町後期高齢者医療事業特別会計予算でありますが、第1条におきましては、歳入歳出予算の総額をそれぞれ5億8,981万9,000円と定め、第2条におきましては、一時借入金の借り入れの最高額を2,000万円と定めるものであります。
 次に議案第16号の平成23年度寒川町下水道事業特別会計予算でありますが、第1条におきまして歳入歳出予算の総額をそれぞれ14億5,870万円と定め、第2条では地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法を定め、第3条におきましては一時借入金の借り入れの最高額を5億円と定めるものであります。
 次に議案第17号の平成23年度寒川町介護保険事業特別会計予算でありますが、第1条におきましては、歳入歳出予算の総額をそれぞれ21億3,564万5,000円と定め、第2条では一時借入金の借り入れの最高額を3,000万円と定め、第3条におきましては歳出予算の流用について定めるものであります。
 次に議案第18号の平成23年度寒川町(仮称)健康福祉総合センター用地取得事業特別会計予算でありますが、歳入歳出予算の総額をそれぞれ7,832万6,000円と定めるものであります。
 以上、平成23年度の各会計予算案について、それぞれ概要を申し上げましたが、各種の係数、主要事業等につきましては参考資料としてお手元にお配りしておりますので、ご参照いただきたいと存じます。
 なお、本予算につきましては後ほど予算特別委員会が設置されようかと存じますので、その席上で担当より詳細に説明申し上げたく、この席におきましての説明は以上をもちまして終わらせていただきたいと存じます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。


◯議長【及川栄吉君】  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。
                (「質疑なし」の声あり)


◯議長【及川栄吉君】  質疑なしと認めます。お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第13号、議案第14号、議案第15号、議案第16号、議案第17号及び議案第18号については、委員会条例第5条の規定により6人の委員をもって構成する予算特別委員会を設置し、これに付託の上審査いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
                (「異議なし」の声あり)


◯議長【及川栄吉君】  ご異議ないものと認めます。よって、議案第13号、議案第14号、議案第15号、議案第16号、議案第17号及び議案第18号は6人の委員をもって構成する予算特別委員会を設置し、これに付託の上審査することに決しました。


◯議長【及川栄吉君】  お諮りいたします。ただいま設置されました予算特別委員会の委員の選任については、委員会条例第6条第1項の規定により、佐藤美鈴さん、柳下雅子さん、海老根照子さん、関口光男君、早乙女 昭君、古山大二君の以上6人を指名いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
                (「異議なし」の声あり)


◯議長【及川栄吉君】  ご異議ないものと認めます。よって、ただいま指名いたしました6名の諸君を予算特別委員会委員に選任することに決しました。
 以上で本日の日程は終了いたしました。


◯議長【及川栄吉君】  お諮りいたします。議事の都合により、明日26日から27日までの2日間を休会とし、次回の会議は2月28日午前9時に開きたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
                (「異議なし」の声あり)


◯議長【及川栄吉君】  ご異議ないものと認めます。よって、明日26日から27日までの2日間を休会とし、次回の会議は2月28日午前9時に開くことに決しました。
 本日はこれをもって散会といたします。ご苦労さまでした。
                 午後2時08分 散会
   ──────────────────────────────────────
        地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。
          平成  年  月  日
             寒川町議会 議  長   及 川 栄 吉
               同   署名議員   藤 澤 輝 夫
               同   署名議員   佐 藤 美 鈴