議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 綾瀬市

議会運営委員会(平成22年) 11月19日−12号




議会運営委員会(平成22年) − 11月19日−12号







議会運営委員会(平成22年)



綾瀬市議会議会運営委員会

1 日時 平成22年11月19日(金)

 午前10時00分 開会

 午前10時22分 閉会

  会議時間 0:22

2 場所  議会棟第3委員会室

3 会議に付した事件

 (1)審査案件

  ア 12月定例会会期日程について

  イ 12月定例会第1日目の議事日程、議事運営、予算分割付託表及び議案等付託審査一覧表について

 (2)その他

  ア 市側からの発言の申し出

  イ 平成23年度議会費予算(案)について

4 出席者  11名

   委員長      内藤 寛君

   副委員長     松本春男君

   委員       比留川政彦君

   委員       笠間善晴君

   委員       松澤堅二君

   委員       笠間信一郎君

   委員       中野昌幸君

   委員       出口けい子君

   委員       綱嶋洋一君

   委員       佐竹百里君

   議長       青柳 愼君

5 欠席者  0名

6 傍聴議員 0名

7 市側出席者

   副市長      高島勝美君

   企画部長     加藤行数君

8 議会事務局出席者

   局長       守矢亮三

   次長       志村幸弘

   議事担当副主幹  赤羽正法

   主査       藤嶋 努

 午前10時00分 開会



○委員長(内藤寛君) ただいまから議会運営委員会を開会いたします。

 これより本委員会に審査依頼された事件の審査を行います。

 ――――――――――――――――――――――――



○委員長(内藤寛君) 初めに、12月定例会会期日程についての件を議題として審査を行います。

 事務局の説明を求めます。議会事務局長。



◎議会事務局長(守矢亮三君) それでは、12月定例会の会期日程について御説明をさせていただきます。

 これは、9月17日の議会運営委員会でお決めいただいた日程と同様でございます。

 11月26日から12月15日までの20日間でございます。日を追って御説明をさせていただきます。

 11月26日、初日でございます。本会議でございます。そして、27日、28日、29日と休会となりまして、30日、市民福祉常任委員会。12月1日、経済建設常任委員会。2日、総務教育常任委員会。3日、4日、5日と休会となりまして、6日、基地対策特別委員会。7日、8日と休会をいたしまして、9日、本会議で一般質問でございます。10日、本会議で一般質問。そして、その後、議会運営委員会を開催いたします。11日、12日と休会を挟みまして、13日、本会議の一般質問の予備日でございます。14日、休会を挟みまして、15日、本会議の最終日でございます。そして、それが終わりましたら、定例の議会全員協議会を開催いたします。以上でございます。



○委員長(内藤寛君) 本件につきましては、ただいまの説明のとおりとしてよろしいでしょうか。

  (「異議なし」の声あり)



○委員長(内藤寛君) それでは、そのようにさせていただきます。

 ――――――――――――――――――――――――



○委員長(内藤寛君) ここで、都合により「3その他」にございます市側からの発言の申し出を先にさせていただきます。

 あらかじめ市側から発言の申し出がありましたので、これを許可いたしております。副市長。



◎副市長(高島勝美君) おはようございます。よろしくお願いを申し上げます。

 ただいま委員長のほうから発言のお許しをいただきましたので、私のほうから今定例会での提出議案の取り扱いにつきまして、3点、お願いをさせていただきたいと思います。

 まず、1つ目でございますけれども、第47号議案でございます。専決処分の承認でございますけれども、こちらにつきましては、地方公共団体の手数料の標準に関する政令の改正に伴いまして、綾瀬市手数料条例において、特定屋外タンク貯蔵所及び準特定タンク貯蔵所に係る手数料につきまして、急施を要しましたことから、地方自治法第179条第1項による専決処分をさせていただいたもので、この承認を求めるものでございます。

 次に、2つ目でございます。内容につきましては、人事院勧告等に伴う条例の一部改正でございまして、第48号議案、第49号議案、第50号議案の3件につきましては、市の特別職、教育長、一般職に係ります期末手当、給料等を減額するものでございます。また、第51号議案につきましては、市議会議員の皆さんの期末手当に関する減額でございます。いずれも12月期の期末手当の支給等に係る基準日が12月1日となっておりますことから、この基準日前には条例を改正しておく必要がありますので、大変勝手ではございますけれども、第61号議案の工事案件と同様に、定例会初日に即決の取り扱いをしていただきたく、お願いをさせていただくものでございます。

 最後は3点目になりますけれども、この定例会に提出を予定しております追加議案の関係でございます。一つは、綾瀬市固定資産評価審査委員会委員が現在3名おられますけれども、そのうちのお1人が12月23日をもって任期満了となりますから、議会の同意を求める人事案件を提出させていただくものでございます。もう一つでございますけれども、子宮頸がんワクチンや子どもへの対策が求められている細菌性を予防するヒブワクチン、肺炎球菌ワクチン接種への助成等の感染症予防対策事業に関する補正予算でございます。この補正予算につきましては、現在、開かれております国会の動向を見きわめた中で、追加議案として補正予算を提出させていただきたいと、今、考えてございますので、よろしくお取り計らいをいただきますようお願いを申し上げます。



○委員長(内藤寛君) ただいまの説明に何か質疑等はございますか。

  (「なし」の声あり)



○委員長(内藤寛君) それでは、質疑等がないようですので、ただいまの内容で御承知おき願います。

 ――――――――――――――――――――――――



○委員長(内藤寛君) 次に、12月定例会第1日目の議事日程、議事運営、予算分割付託表及び議案等付託審査一覧表についての件を議題として審査を行います。事務局の説明を求めます。議会事務局長。



◎議会事務局長(守矢亮三君) それでは、12月定例会議事日程(第1号)をごらんいただきたいと思います。

 今回、議案が22件、そして議員提出議案が1件、報告案件が1件、合わせまして24件でございます。日程順に御説明させていただきます。

 まず、日程第1、会期決定について、日程第2、第47号議案・専決処分の承認について(綾瀬市手数料条例の一部を改正する条例)、日程第3、第48号議案・綾瀬市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例、日程第4、第49号議案・綾瀬市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例の一部を改正する条例、日程第5、第50号議案・綾瀬市教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例、日程第6、第51号議案・綾瀬市議会議員の議員報酬、費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例、日程第7、第62号議案・指定管理者の指定について(綾瀬市綾南会館)、日程第8、第63号議案・指定管理者の指定について(綾瀬市鶴島会館)、日程第9、第64号議案・指定管理者の指定について(綾瀬市大上会館)、日程第10、第65号議案・指定管理者の指定について(綾瀬市福祉会館)、日程第11、第66号議案・指定管理者の指定について(綾瀬市綾西高齢者憩の家)、日程第12、第67号議案・指定管理者の指定について(綾瀬市民スポーツセンター等のスポーツ施設及び綾瀬市都市公園等)、日程第13、第56号議案・平成22年度綾瀬市一般会計補正予算(第2号)、日程第14、第57号議案・平成22年度綾瀬市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)、日程第15、第58号議案・平成22年度綾瀬市下水道事業特別会計補正予算(第1号)、日程第16、第59号議案・平成22年度綾瀬市深谷中央特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)、日程第17、第60号議案・平成22年度綾瀬市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)、日程第18、第52号議案・綾瀬市市税条例の一部を改正する条例、日程第19、第53号議案・綾瀬市児童館条例、日程第20、第54号議案・綾瀬市火災予防条例の一部を改正する条例、日程第21、第55号議案・綾瀬市奨学金条例の一部を改正する条例、日程第22、第61号議案・工事請負契約の締結について(平成22年度春日台中学校空調設備機能復旧工事(機械))、日程第23、第68号議案・市道路線の認定について(R1446-4)、日程第24、議員提出議案第2号・綾瀬市議会議員の議員報酬、費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例、日程第25、第12号報告・綾瀬市教育委員会の点検・評価結果について。

 以上が日程でございます。

 次に、1日目の議事運営をごらんいただきたいと思います。

 まず、提案説明でございますが、市長から提案説明を行っていただきます。第47号議案から第68号議案までの22件を一括で行います。次に、補足説明に移りますが、まず、専決処分の承認で、第47号議案から行います。補足説明は総務部長が行いまして、質疑、討論、採決の順に行ってまいります。

 次に、補正予算及び補正予算関連議案を一括で行います。第48号議案から第51号議案、第56号議案から第60号議案及び第62号議案から第67号議案までの15件を一括で行います。補足説明につきましては、ごらんの各担当部長から行います。質疑につきましては、15件一括。委員会付託につきましては、第56号議案から第60号議案及び第62号議案から第67号議案の11件につきましては、各所管の委員会に付託をいたします。一般会計につきましては、分割付託をいたします。

 次に、即決案件の4件でございますが、第48号議案から第51号議案までの4件の討論を1件ごとに行いまして、採決につきましても同じく4件を1件ごとに採決を行ってまいります。

 次に、一般議案でございます。第52号議案から第55号議案、第61号議案及び第68号議案の6件につきまして一括で行います。補足説明につきましては、ごらんの担当部長から行っていただきます。質疑につきましては6件一括で行いまして、委員会付託につきましては、第52号議案から第55号議案及び第68号議案の5件につきましては、各所管の委員会に付託をいたします。即決案件でございますが、第61号議案につきましては、討論、採決を行ってまいります。

 次に、裏面をごらんいただきたいと思います。

 議員提出議案第2号でございます。提案説明を提出者から行っていただきまして、質疑、討論、採決の順に行ってまいります。

 次に、報告案件でございます。第12号報告でございますが、提案説明を教育長から報告いただきまして、補足説明を教育総務部長から行っていただき、質疑となります。

 以上が議事運営でございます。

 次に、予算分割付託表をごらんいただきたいと思います。

 総務教育常任委員会に付託いたしますのは、まず、平成22年度綾瀬市一般会計補正予算(第2号)のうちの第1条、歳入歳出予算の補正にございます歳入の部、歳出の部、それぞれ所管科目を付託いたします。そして、第2条の債務負担行為の補正のうち、地区会館指定管理運営経費と市民スポーツセンター等指定管理運営経費につきましても付託をいたします。

 次に、市民福祉常任委員会への付託につきましては、平成22年度綾瀬市一般会計補正予算(第2号)のうち、第1条、歳入歳出予算の補正のうち、歳入の部、歳出の部、それぞれ所管科目を付託いたします。そして、第2条の債務負担行為の補正のうち、福祉会館指定管理運営経費、それから、綾西高齢者憩の家指定管理運営経費、そして、高齢者保健福祉計画等策定経費を付託いたします。そして、特別会計につきましては、平成22年度綾瀬市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)、そして、平成22年度綾瀬市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)につきましても市民福祉常任委員会に付託となります。

 最後に、経済建設常任委員会への付託でございますが、平成22年度綾瀬市一般会計補正予算(第2号)のうち、第1条、歳入歳出予算の補正の歳入の部、歳出の部、それぞれ所管科目。そして特別会計につきましては、平成22年度綾瀬市下水道事業特別会計補正予算(第1号)、そして、平成22年度綾瀬市深谷中央特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)が付託となります。

 そして、議案等付託審査一覧表をごらんいただきたいと思います。

 総務教育常任委員会への付託でございますが、第52号議案、これにつきましては、総務部が所管となります。第55号議案につきましては、教育総務部が所管となります。第56号議案につきましては、各部等が所管でございます。そして、第62号議案、第63号議案、第64号議案の3件につきましては、総務部が所管となります。第67号議案につきましては、生涯学習部が所管でございます。

 最後に、陳情第49号でございますが、全国学力・学習状況調査結果の公開についての陳情でございますが、教育総務部が所管でございまして、これにつきましては、継続審査となっているものでございます。

 次に、市民福祉常任委員会への付託でございますが、第53号議案、これは健康こども部が所管でございます。第54号議案は消防本部。第56号議案は各部等。第57号議案、第60号議案、第65号議案、第66号議案につきましては、福祉部が所管でございます。

 そして、陳情第53号・保育制度改革に関する意見書提出を求める陳情書、健康こども部が所管でございます。陳情第55号・平成23年度における障害児者・透析者を含む移動困難者に対する通院支援についての陳情書、そして、陳情第56号・平成23年度における重度障害者医療費助成制度継続についての陳情書、この2件は福祉部が所管でございます。

 裏面をごらんください。

 陳情第57号・医師・看護師等の大幅増と夜勤改善で安全安心の医療・介護を求める陳情書、そして、陳情第58号・医業税制の存続と診療報酬への消費税のゼロ税率適用とする意見書提出を求めることに関する陳情、この2件は健康こども部の所管となります。

 次に、経済建設常任委員会への付託でございますが、第56号議案につきましては、各部等。第58号議案につきましては、建設部。第59号議案につきましては、都市経済部。第68号議案につきましては、建設部でございます。

 済みません。先ほどの市民福祉常任委員会で、陳情第53号につきましては、これも継続審査でございますので、よろしくお願いいたします。以上でございます。



○委員長(内藤寛君) 本件につきましては、ただいまの説明のとおりとしてよろしいでしょうか。

  (「異議なし」の声あり)



○委員長(内藤寛君) それでは、そのようにさせていただきます。

 以上で審査案件は終了いたしました。

 市側は退席をよろしくお願いします。御苦労さまでございました。

  〔市側退席〕

 ――――――――――――――――――――――――



○委員長(内藤寛君) 次に、平成23年度議会費予算(案)についての件を議題といたします。事務局の説明を求めます。議会事務局次長。



◎議会事務局次長(志村幸弘君) それでは、平成23年度の議会費当初予算(案)について説明をさせていただきます。後ろのほうに予算がついてございます。よろしいでしょうか。

  (「はい」の声あり)



◎議会事務局次長(志村幸弘君) 当初予算見積書の作成に当たりましては、厳しい財政状況が続いておりますので、昨年度と同様に、政策的な経費を中心に1件審査で査定を行うこととされております。一般財源での枠配分がされ、事務経費につきましては、引き続き圧縮がかけられてございます。そのような中で、議会費につきまして、一般財源の枠内におきまして、現在の状況で積み上げを行ってございます。それでは、資料に基づきまして説明をさせていただきます。

 歳入はございませんので、歳出の科目ごとに概要を説明させていただきます。

 まず、報酬でございますが、1億609万7,000円で、前年度より93万7,000円の減となっております。理由といたしましては、任期満了までの欠員となっております2名分と2%引き下げによるものでございます。

 次の、職員手当等でございます。4,120万6,000円としてございますが、人事院勧告などに伴う期末手当の年0.2ヶ月削減のため、前年度より214万1,000円の減でございます。

 次の共済費につきましては、1,807万3,000円で、36万3,000円の増額となってございますが、主には改選に伴い、新人議員分の4月分共済負担金を確保したためでございます。なお、新人議員の方々につきましては、報酬は日割りになるところでございますが、この負担金につきましては、1日でも月額負担となるものでございます。

 ここまでの、報酬、職員手当等、共済費につきましては、この12月定例会に提案される条例改正案を反映してございますが、地方議会議員年金制度の見直しに伴うものにつきましては、現時点では未定でございますので、考慮してございません。

 次に、報償費は7万3,000円で、前年度比較4,000円の増でございまして、議長賞が例年より1件ふえる予定でございます。

 続きまして、旅費でございますが、委員会の行政視察に要します費用弁償及び随行職員旅費が主なもので、372万5,000円の計上でございます。前年度比7万5,000円の減となっております。主な理由といたしましては、行政視察につきまして、隔年で交互に遠距離、近距離としておりますことからの減でございます。

 なお、委員会視察経費全体といたしましては、毎年度変わらないよう平準化を図っておるところでございます。

 次の、交際費でございますが、前年度と同額の70万円で計上してございます。

 次に、需用費でございます。前年度比16万7,000円増の222万3,000円の計上としております。改選に伴います議員証購入などの経費を見込んだためでございます。

 役務費につきましては、113万5,000円で、前年度より11万6,000円の増額でございます。議会中継システムの使用料が主なものでございますが、増の理由につきましては、議席の指定柱書きかえ手数料でございます。

 委託料につきましては、704万1,000円の計上で、2万3,000円の減でございます。

 会議録作成及び検索システムの委託料につきましては、反訳時間数などの増を見込んでございますが、それぞれ単価が下がったため減となるものでございます。

 使用料及び賃借料につきましては、62万5,000円の計上で、15万4,000円の増となってございます。日帰りの視察などに伴いますバス借り上げ経費を計上したための増でございます。

 最後に、負担金補助及び交付金につきましては、政務調査費交付金及び全国市議会議長会負担金などを計上したものでございますが、519万9,000円で、前年度比2万9,000円の減となってございます。こちらは、4月の政務調査費交付金2名分が減になるなどによるものでございます。

 以上、歳出総額につきましては、1億8,609万7,000円となりまして、前年度当初予算と比較いたしますと、240万1,000円の減となります。以上、現状での見積り要求額でございますが、今後、市全体の予算が積み上がる中でさらに圧縮の要請も予想されるところでございます。また、地方議会議員年金制度の見直しにつきまして、当初予算に計上する必要が生じてくることも考えられます。場合によっては、再度状況報告をさせていただきまして、確定した段階では全員協議会におきまして内容を説明させていただきたいと思ってございますので、よろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○委員長(内藤寛君) それでは、ただいまの説明に何か御質疑等はございますか。

  (「なし」の声あり)



○委員長(内藤寛君) それでは、質疑等がないようですので、ただいまの内容で御承知おき願います。

 そのほか、皆さんから何かございますか。

  (「ありません」の声あり)



○委員長(内藤寛君) ないようですので、終了いたしますが、定例会初日前3日、11月22日までに請願等が提出された場合は、11月26日の本会議前に議会運営委員会を開催いたします。開催の場合は事務局より御連絡をいたしますので、よろしくお願いをいたします。

 それでは、以上で議会運営委員会を閉会いたします。

 午前10時22分 閉会