議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 綾瀬市

平成21年6月定例会 06月19日−04号




平成21年6月定例会 − 06月19日−04号







平成21年6月定例会



綾瀬市議会6月定例会議事日程(第4号)

===================



 平成21年6月19日(金)午前9時30分開議

日程第1 第54号議案 平成21年度綾瀬市一般会計補正予算(第1号)

日程第2 意見書案第2号 基地対策予算の増額等を求める意見書

日程第3 意見書案第3号 現行保育制度の堅持・拡充と保育・学童保育・子育て支援予算の大幅増額を求める意見書

日程第4 意見書案第4号 肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書

日程第5 意見書案第5号 核兵器廃絶の国際条約締結へ、政府の具体的な努力を求める意見書

日程第6 意見書案第6号 神奈川県最低賃金改定等に関する意見書

日程第7        議員派遣について

 ――――――――――――――――――――――――

本日の会議に付した事件

 日程第1〜日程第7の議事日程に同じ

 ――――――――――――――――――――――――

◯6月定例会議案等審査結果一覧表

付託委員会番号件名所管区分出席委員委員会審査賛成者総務教育第54号議案平成21年度綾瀬市一般会計補正予算(第1号)各部等7名原案可決全員市民福祉陳情第26号現行保育制度の堅持・拡充と保育・学童保育・子育て支援予算の大幅増額を求める意見書提出を求める陳情書健康こども部8名趣旨了承全員陳情第32号「肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書」の採択を求める陳情健康こども部8名趣旨了承全員経済建設第54号議案平成21年度綾瀬市一般会計補正予算(第1号)都市経済部6名原案可決全員陳情第33号神奈川県最低賃金改定等についての陳情都市経済部6名趣旨了承全員議会運営陳情第34号地方議会議員年金制度の廃止を含めた検討をすることを求める陳情───10名趣旨不良少少数 ――――――――――――――――――――――――

出席議員(21名)

  1番   比留川政彦君

  2番   笠間善晴君

  3番   青柳 愼君

  4番   井上賢二君

  5番   松澤堅二君

  6番   笠間信一郎君

  7番   上田博之君

  8番   松本春男君

  9番   中野昌幸君

  10番   増田淳一郎君

  11番   近藤秀二君

  12番   安藤多恵子君

  13番   出口けい子君

  14番   山岸篤郎君

  15番   綱嶋洋一君

  16番   佐竹百里君

  17番   渡部市代君

  18番   二見 昇君

  19番   内藤 寛君

  21番   吉川重夫君

  22番   近藤 洋君

 ――――――――――――――――――――

欠席議員(1名)

  20番   山田晴義君

 ――――――――――――――――――――

地方自治法第121条による出席者

  市長           笠間城治郎君

  副市長          古塩政由君

  副市長          高島勝美君

  教育長          守矢育夫君

  企画部長         加藤行数君

  総務部長         笠間敏男君

  福祉部長兼福祉事務所長  樋口賢一君

  健康こども部長      見上 久君

  市民部長         新倉博信君

  環境部長         熊山 茂君

  都市経済部長       馬場 勉君

  インター推進担当部長   渡邊晴樹君

  建設部長         比留川正昭君

  消防長          橘川利一君

  監査事務局長       中島敬徳君

  選挙管理委員会事務局長  木村 博君

  農業委員会事務局長    曽根隆信君

  教育総務部長       鈴木政俊君

  参事兼学校教育課長    袴田 毅君

  参事兼教育指導課長    西島 晃君

  生涯学習部長       杉山 隆君

  秘書広報課長       森田純生君

 ――――――――――――――――――――――――

議会事務局出席者

  局長           守矢亮三

  次長           川崎 博

  議事担当総括主査     赤羽正法

  主査           藤嶋 努

  主査           保坂 敦

 ――――――――――――――――――――――――

 午前9時30分 開議



○議長(近藤洋君) ただいまの出席議員は21名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 ――――――――――――――――――――――――



○議長(近藤洋君) 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。

 ――――――――――――――――――――――――



○議長(近藤洋君) 日程に入るに先立ち、諸般の報告をいたします。

 陳情第26号及び陳情第32号から陳情第34号までの4件は、各委員長からお手元に配付してあります議案等審査結果一覧表のとおり審査結果が提出されておりますので、御了承願います。

 以上をもって諸般の報告を終わります。

 ==========================



○議長(近藤洋君) 日程第1、第54号議案・平成21年度綾瀬市一般会計補正予算(第1号)の件を議題といたします。

 本件に関し、各委員長の報告を求めます。初めに、松澤堅二総務教育常任委員長。

  〔総務教育常任委員長(松澤堅二君)登壇〕



◆総務教育常任委員長(松澤堅二君) おはようございます。

 ただいま議題となりました事件のうち、当委員会で所管するものの審査経過及び結果につきまして御報告申し上げます。

 当委員会に付託されております事件名とその審査結果につきましては、既にお手元に配付いたしました議案等審査結果一覧表のとおりでありますので、御参照いただきたいと思います。

 次に、当委員会の審査経過の概要を御報告申し上げます。

 第54号議案・平成21年度綾瀬市一般会計補正予算(第1号)(総務教育常任委員会所管部門)の件を議題として審査を行いましたが、主な質疑と答弁は次のとおりであります。

 緊急雇用創出事業臨時特例基金市町村補助金による雇用において、近隣市では、図書館のフロア案内や障害者作業所でつくった品の販路拡大のための雇用などをしているが、本市での職種決定のポイントは何かとの質疑に対し、市側からは、今回の雇用は一時的な期間なので、マイクロフィルムの撮影助手など技能を要しない職種に決めたものであるとの答弁がありました。

 以上の審査経過をもって、本件は可決すべきものと決定しました。

 以上で報告を終わります。



○議長(近藤洋君) 次に、佐竹百里経済建設常任委員長。

  〔経済建設常任委員長(佐竹百里君)登壇〕



◆経済建設常任委員長(佐竹百里君) おはようございます。

 ただいま議題となりました事件のうち、当委員会で所管するものの審査経過及び結果につきまして御報告申し上げます。

 当委員会に付託されております事件名とその審査結果につきましては、既にお手元に配付いたしました議案等審査結果一覧表のとおりでありますので、御参照いただきたいと思います。

 次に、当委員会の審査経過の概要を御報告申し上げます。

 第54号議案・平成21年度綾瀬市一般会計補正予算(第1号)(経済建設常任委員会所管部門)の件を議題として審査を行いましたが、主な質疑と答弁は次のとおりであります。

 観光推進補助事業で採用する人は、どのような条件で選ぶのか、また、事故等の保険への考え方はとの質疑に対し、市側からは、ハローワークと調整して、市民の方を2名にしたいと考えている。また、非常勤職員なので、保険についても対応するとの答弁がありました。

 以上の審査経過をもって、本件は可決すべきものと決定しました。

 以上で報告を終わります。



○議長(近藤洋君) 以上で報告を終わります。

 ただいまの各委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(近藤洋君) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。

 これより第54号議案に対する討論に入ります。討論はありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(近藤洋君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。

 これより第54号議案・平成21年度綾瀬市一般会計補正予算(第1号)の件を起立により採決いたします。

 本案に対する各委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

  〔賛成者起立〕



○議長(近藤洋君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 ==========================



○議長(近藤洋君) 日程第2、意見書案第2号・基地対策予算の増額等を求める意見書から日程第6、意見書案第6号・神奈川県最低賃金改定等に関する意見書までの5件を一括議題といたします。

 これより本5件について各提出者の提案理由の説明を求めます。初めに、綱嶋洋一議員。

  〔15番(綱嶋洋一君)登壇〕



◆15番(綱嶋洋一君) 意見書案第2号・基地対策予算の増額等を求める意見書につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、基地対策予算の増額等を求めるため、国会及び政府関係機関に意見書を提出したく提案するものであります。

 なお、案文につきましては既にお手元に配付いたしましたとおりでありますので、よろしく御審議の上、御賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(近藤洋君) 次に、出口けい子議員。

  〔13番(出口けい子君)登壇〕



◆13番(出口けい子君) おはようございます。

 意見書案第3号・現行保育制度の堅持・拡充と保育・学童保育・子育て支援予算の大幅増額を求める意見書につきまして提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、子供を安心して生み育てることのできる環境、子供たちが健やかに育つことができる環境の整備をするため、現行保育制度の堅持・拡充と保育・学童保育・子育て支援予算の大幅増額を求め、国会及び政府関係機関に意見書を提出いたしたく提案するものであります。

 次に、意見書案第4号、肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書についての提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、適切なウイルス感染対策を全国的規模で推進するため、肝炎対策のための基本法の早期成立を求め、国会及び政府関係機関に意見書を提出いたしたく提案するものであります。

 なお、それぞれの案文につきましては既にお手元に配付いたしましたとおりでありますので、よろしく御審議の上、御賛同賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(近藤洋君) 次に、内藤 寛議員。

  〔19番(内藤寛君)登壇〕



◆19番(内藤寛君) 意見書案第5号・核兵器廃絶の国際条約締結へ、政府の具体的な努力を求める意見書につきまして提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、核兵器廃絶国際条約の締結を目指して、国際交渉を開始するよう働きかけることを求め、国会及び政府関係機関に意見書を提出いたしたく提案するものであります。

 なお、案文につきましては既にお手元に配付いたしましたとおりでありますので、よろしく御審議の上、御賛同賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(近藤洋君) 次に、佐竹百里議員。

  〔16番(佐竹百里君)登壇〕



◆16番(佐竹百里君) 意見書案第6号・神奈川県最低賃金改定等に関する意見書につきまして提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、平成21年度の神奈川県最低賃金の諮問・改定に関し、諸施策の実現を求めるため、国会及び政府関係機関に意見書を提出いたしたく提案するものでございます。

 なお、案文につきましては既にお手元に配付いたしましたとおりでございますので、よろしく御審議の上、御賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(近藤洋君) 以上で提案理由の説明を終わります。

 これより本5件に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(近藤洋君) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。

 これより意見書案第2号に対する討論に入ります。討論はありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(近藤洋君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。

 これより意見書案第2号・基地対策予算の増額等を求める意見書の件を起立により採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

  〔賛成者起立〕



○議長(近藤洋君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 ――――――――――――――――――――――――



○議長(近藤洋君) これより意見書案第3号に対する討論に入ります。討論はありませんか。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。上田博之議員。

  〔7番(上田博之君)登壇〕



◆7番(上田博之君) 意見書案第3号・現行保育制度の堅持・拡充と保育・学童保育・子育て支援予算の大幅増額を求める意見書に賛成の立場から、日本共産党綾瀬市議団を代表して賛成の討論を行います。

 少子高齢化が進む日本で子育てしやすい社会環境を整えることは、とても重要な課題です。そのためには、保育・学童保育・子育て支援のための予算を大幅に増額することが強く求められています。国に対し、大幅な予算増を求めるこの意見書はとても重要でありますので、日本共産党といたしましては、この陳情が提出された昨年の9月議会から一貫して趣旨了承、つまり賛成であることを表明してまいりました。この6月議会で3度目の審議が行われ、市民福祉常任委員会全員の賛成でこの本会議にこの意見書を提出できましたことを心から喜んでおります。

 この意見書では、予算増についてだけではなく、現行保育制度の堅持・拡充についても明確に述べています。厚生労働省の社会保障審議会少子化対策特別部会は、5月19日、保育制度改悪の法制化に向けた審議を開始しました。その新保育制度案の骨格には、市町村の保育実施義務をなくすという重大な問題があり、利用者は自己責任で保育所と入所契約を結ばなければならなくなり、またさらに、保育所増設は民間企業の参入任せにするという内容になります。この新しい制度案の内容を知ったある保育士の方は、最低賃金ぎりぎりで働いている親は長時間働かなければならず、保育所の利用時間も長い。新制度の導入で保育料が応益負担になれば、そういう人たちは経済的理由で保育所に入れなくなるかもしれないと訴えています。また、企業などの保育所経営参入を促すため、園庭や調理室の必置義務、それと、保育室の面積基準などの最低基準を緩め、質を下げて保育所をふやすという方向に進む危険も指摘されています。

 今、国の施策で重要なことは、いたずらに混乱を招く制度改変よりも、現行保育制度を堅持し、待機児童解消のための緊急対策と予算の拡充です。

 以上の見解をもって、日本共産党綾瀬市議団としての賛成討論とさせていただきます。



○議長(近藤洋君) 反対討論はありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(近藤洋君) 賛成討論はありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(近藤洋君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。

 これより意見書案第3号・現行保育制度の堅持・拡充と保育・学童保育・子育て支援予算の大幅な増額を求める意見書の件を起立により採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

  〔賛成者起立〕



○議長(近藤洋君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 ――――――――――――――――――――――――



○議長(近藤洋君) これより意見書案第4号に対する討論に入ります。討論はありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(近藤洋君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。

 これより意見書案第4号・肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書の件を起立により採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

  〔賛成者起立〕



○議長(近藤洋君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 ――――――――――――――――――――――――



○議長(近藤洋君) これより意見書案第5号に対する討論に入ります。討論はありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(近藤洋君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。

 これより意見書案第5号・核兵器廃絶の国際条約締結へ、政府の具体的な努力を求める意見書の件を起立により採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

  〔賛成者起立〕



○議長(近藤洋君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 ――――――――――――――――――――――――



○議長(近藤洋君) これより意見書案第6号に対する討論に入ります。討論はありませんか。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。松本春男議員。

  〔8番(松本春男君)登壇〕



◆8番(松本春男君) 意見書案第6号・神奈川県最低賃金改定等に関する意見書に対して、日本共産党綾瀬市議団を代表して賛成の討論を行います。

 アメリカのサブプライムローン問題で世界同時不況になり、多くの労働者の働く場所が奪われたり、労働時間の短縮で収入が減っています。片や大企業は、1998年から2007年までの10年間で法人税率引き下げや証券優遇税約40兆円の優遇税制が行われました。1989年から2009年までの消費税収入は213兆円に達しますが、同時期に法人税、法人住民税、法人事業税の法人三法の合計で182兆円が減税されています。さらに、資本金10億円以上の大企業全体でため込んでいる内部留保金は230兆円で、そのうち2000年度以降の厳しい労働環境の中だけでも57兆円も内部留保をふやしています。

 今、大企業に社会的責任を自覚した行動を求め、家計を重視した経済政策に転換すべきとの声はメディアからも出ています。「バブル崩壊以降、企業は大規模なリストラを行った。賃金は抑えられ、雇用の非正規化も進んだ。その結果、企業収益は急回復した。最近では大企業・製造業の売上高経常利益はバブル経済期に匹敵する。大企業はまだもうかっているのだ。賃上げ余力や中小企業や下請けの利益還元余力はあるのだ。勤労者の収入増は家計消費増加をもたらし、企業自身も潤す。非正規雇用の正規化や雇用機会の拡大も、所得拡大を通じて景気を盛り上げる効果を持つ。」と、毎日新聞の社説にこのようなことが掲載されています。

 働く人たちの生活を守る立場から、最低賃金の改定を望むものですが、最低賃金は全国的引き上げを、全国最賃を求めることを指摘して、賛成の討論といたします。



○議長(近藤洋君) ほかに討論はありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(近藤洋君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。

 これより意見書案第6号・神奈川県最低賃金改定等に関する意見書の件を起立により採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

  〔賛成者起立〕



○議長(近藤洋君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 ==========================



○議長(近藤洋君) 日程第7、議員派遣についての件を議題といたします。

 本件につきましては、お手元に配付いたしました資料のとおり議員を派遣したいと思いますが、これに御異議ありませんか。

  (「異議なし」の声あり)



○議長(近藤洋君) 御異議なしと認めます。よって、お手元に配付いたしました資料のとおり議員を派遣いたすことに決しました。

 なお、派遣内容に変更が生じた場合の決定は、あらかじめ議長に一任いただきたく御了承願います。

 ――――――――――――――――――――――――



○議長(近藤洋君) 以上をもって本定例会に付議された案件の審議はすべて終了いたしました。

 これにて平成21年綾瀬市議会6月定例会を閉会いたします。

 午前9時51分 閉会

 ――――――――――――――――――――――――

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

  綾瀬市議会議長    近藤 洋

  綾瀬市議会副議長   増田淳一郎

  綾瀬市議会議員    松本春男

  綾瀬市議会議員    中野昌幸