議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 綾瀬市

平成21年5月第2回臨時会 05月29日−01号




平成21年5月第2回臨時会 − 05月29日−01号







平成21年5月第2回臨時会



綾瀬市議会5月第2回臨時会会期日程

=================

月・日曜日会議事項5・29金議会全員協議会 本会議・一般議案・農業委員会委員の推薦

綾瀬市議会5月第2回臨時会議事日程(第1号)

======================



 平成21年5月29日(金)午前9時開議

日程第1        会期決定について

日程第2 第50号議案 綾瀬市議会議員の議員報酬、費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例

日程第3 第51号議案 綾瀬市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例の一部を改正する条例

日程第4 第52号議案 綾瀬市教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例

日程第5 第53号議案 綾瀬市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例

日程第6        綾瀬市農業委員会委員の推薦について

 ――――――――――――――――――――――――

本日の会議に付した事件

 日程第1〜日程第6の議事日程に同じ

 ――――――――――――――――――――――――

出席議員(21名)

  1番   比留川政彦君

  2番   笠間善晴君

  3番   青柳 愼君

  4番   井上賢二君

  5番   松澤堅二君

  6番   笠間信一郎君

  7番   上田博之君

  8番   松本春男君

  9番   中野昌幸君

  10番   増田淳一郎君

  11番   近藤秀二君

  12番   安藤多恵子君

  13番   出口けい子君

  14番   山岸篤郎君

  15番   綱嶋洋一君

  16番   佐竹百里君

  17番   渡部市代君

  18番   二見 昇君

  19番   内藤 寛君

  21番   吉川重夫君

  22番   近藤 洋君

 ――――――――――――――――――――

欠席議員(1名)

  20番   山田晴義君

 ――――――――――――――――――――

地方自治法第121条による出席者

  市長        笠間城治郎君

  副市長       古塩政由君

  副市長       高島勝美君

  教育長       守矢育夫君

  企画部長      加藤行数君

  総務部長      笠間敏男君

 ――――――――――――――――――――――――

議会事務局出席者

  局長        守矢亮三

  次長        川崎 博

  議事担当総括主査  赤羽正法

  主査        藤嶋 努

  主査        保坂 敦

 ――――――――――――――――――――――――

 午前9時04分 開会



○議長(近藤洋君) ただいまの出席議員は21名であります。定足数に達しておりますので、これより平成21年綾瀬市議会5月第2回臨時会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 ――――――――――――――――――――――――



○議長(近藤洋君) 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。

 ――――――――――――――――――――――――



○議長(近藤洋君) 日程に入るに先立ち、諸般の報告をいたします。

 諸般報告書と監査結果報告につきましては、お手元に配付してございます印刷物のとおりでありますので、御了承願います。

 以上をもって諸般の報告を終わります。

 ――――――――――――――――――――――――

  諸般報告書

  =====

 月 日   報告事件

 5.15  議会全員協議会

  〃   5月臨時会本会議

  〃   総務教育常任委員会

  〃   市民福祉常任委員会

  〃   経済建設常任委員会

  〃   議会運営委員会

  〃   基地対策特別委員会

  〃   議会報編集委員会

 5.20  議会全員協議会

  〃   議会報編集委員会

 5.26  議会運営委員会

 ==========================



○議長(近藤洋君) 次に、会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員は、会議規則第114条の規定により、議長において

 笠 間 信一郎 議員

 上 田 博 之 議員

を指名いたします。

 ==========================



○議長(近藤洋君) 日程第1、会期決定についての件を議題といたします。

 お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

  (「異議なし」の声あり)



○議長(近藤洋君) 御異議なしと認めます。よって、会期は1日と決定いたしました。

 ==========================



○議長(近藤洋君) 日程第2、第50号議案・綾瀬市議会議員の議員報酬、費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例から、日程第5、第53号議案・綾瀬市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例までの4件を一括議題といたします。

 これより本4件について提出者の提案理由の説明を求めます。市長。

  〔市長(笠間城治郎君)登壇〕



◎市長(笠間城治郎君) おはようございます。議員各位におかれましては、5月臨時議会に御出席を賜り、まことにありがとうございます。また、平素から市政各般にわたり温かい御支援、御協力をいただいておりますことに対し、心から感謝とお礼を申し上げます。

 さて、議案の提案説明を申し上げる前に、本日の臨時議会を開催いただくことになりました経過につきまして御説明させていただきます。

 御承知のとおり、昨年来の世界的な金融危機を発端とした、これまでにない景気の急激な落ち込みは、いまだに回復の兆しは見えず、厳しい経済社会情勢が続いております。これは日本経済にも大きな打撃を与え、ことしの民間企業での春季賃金改定においても減少していることが生じてきております。

 本年4月に、人事院において民間の夏季ボーナスの状況調査が特別に実施され、その結果を受け、国家公務員についても今期の期末手当及び勤勉手当を0.2カ月凍結することが妥当である旨の勧告がありました。政府では、これを受け、5月8日に開催された給与関係閣僚会議において、国家公務員の期末勤勉手当について勧告どおり取り扱いする方針を決定し、あわせて地方公務員についても地域の実情を踏まえつつ、国の取り扱いを基本として対応するよう、地方公共団体に対して要請してきています。

 このような状況の中、本市におきましても今回の臨時の人事院勧告の趣旨を厳粛に受けとめ、あわせて国及び近隣市の状況にかんがみ、本年6月期の期末手当及び勤勉手当については人事院勧告どおり暫定的な減額措置を実施することといたします。この措置に対しまして、議員各位におかれましても御賛同賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

 なお、この措置を実施するに当たりましては、夏季一時金の基準日である6月1日の前に条例改正することが必要となり、本日臨時議会を開催させていただくこととなったものでございます。

 それでは、ただいま議題とされました第50号議案・綾瀬市議会議員の議員報酬、費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例、第51号議案・綾瀬市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例の一部を改正する条例、第52号議案・綾瀬市教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例、第53号議案・綾瀬市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の4議案につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。

 いずれの議案につきましても、今月の1日に人事院より臨時に行われました勧告と、それに対します近隣市の状況等をかんがみ、平成21年6月に支給いたします一時金について、第50号議案から第52号議案の3議案については期末手当を、第53号議案については期末手当及び勤勉手当を暫定的に減額する措置について、所要の改正をいたしたく提案するものでございます。

 なお、詳細につきましては、担当部長より補足説明をいたさせますので、よろしく御審議いただき御決定を賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。



○議長(近藤洋君) 以上で提案理由の説明を終わります。

 これより本4件に関し、担当部長の補足説明を求めます。総務部長。

  〔総務部長(笠間敏男君)登壇〕



◎総務部長(笠間敏男君) おはようございます。よろしくお願いいたします。

 それでは、第50号議案・綾瀬市議会議員の議員報酬、費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例から、第53号議案・綾瀬市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例につきまして補足説明を申し上げます。

 まず、条例改正の議案を御説明する前に、今回の人事院勧告の経過につきまして若干補足説明を申し上げます。

 御承知のとおり、人事院勧告は、国家公務員が労働基本権の制約を受け、みずからの労働条件の決定に直接参加することができないことから、その代償措置として適正な給与を確保する機能を持つ制度でございます。ことしの4月に、人事院は、急激な景気悪化を受けて、民間のボーナス支給予定状況を緊急調査し、その結果を踏まえ、5月1日に臨時に減額勧告をしました。

 綾瀬市におきましても、人事院勧告や近隣市の状況等を踏まえながら、地方公務員法第24条第3項の規定に基づきまして、国家公務員の給与の改正状況に沿った内容で御提案申し上げるところでございます。

 なお、綾瀬市職員労働組合とも交渉を重ね、5月20日に労使間で合意に達しております。

 それでは、議案書の1ページをお開きいただきたいと思います。綾瀬市議会議員の議員報酬、費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例でございます。

 内容につきましては、附則第7項として、6月に支給する期末手当を100分の210から100分の190とするものであります。

 提案理由は、平成21年5月1日に出された人事院の臨時勧告、近隣市の状況等にかんがみ、平成21年6月に支給する期末手当の暫定的な減額措置について、所要の改正をいたしたく、提案するものであります。

 黄色の表紙の議案資料をごらんになっていただけますでしょうか。市議会議員の6月の期末手当につきましては、現行2.1月を0.2月凍結し、1.9月とするものでございます。なお、特別職につきましても0.2月凍結し、一般職の職員につきましても期末手当、勤勉手当あわせて0.2月凍結し、再任用職員については期末手当、勤勉手当あわせて0.1月凍結するものでございます。

 議案書の1ページをごらんください。附則でございますが、この条例は公布の日から施行するものであります。

 次に、議案書2ページの綾瀬市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例の一部を改正する条例、3ページの綾瀬市教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例、4ページの綾瀬市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例につきましても、同様な内容となってございます。

 以上で補足説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(近藤洋君) 以上で説明を終わります。

 これより本4件に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。松本春男議員。



◆8番(松本春男君) 今回、人事院の暫定的な削減に対して、全国の自治体でそれぞれの取り組みがあると思うんですけど、今回は導入を見合わせるという状況は、市はどのように他の自治体の状況を把握されているかお聞きします。



○議長(近藤洋君) 総務部長。



◎総務部長(笠間敏男君) 今回の臨時減額を見送った県としましては、島根、沖縄など全国で10ほどの県が見送っていると聞いています。



○議長(近藤洋君) ほかに質疑はありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(近藤洋君) 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終了いたします。

 これより第50号議案に対する討論に入ります。討論はありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(近藤洋君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。

 これより第50号議案・綾瀬市議会議員の議員報酬、費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の件を起立により採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

  〔賛成者起立〕



○議長(近藤洋君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 これより第51号議案に対する討論に入ります。討論はありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(近藤洋君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。

 これより第51号議案・綾瀬市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例の一部を改正する条例の件を起立により採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

  〔賛成者起立〕



○議長(近藤洋君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 これより第52号議案に対する討論に入ります。討論はありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(近藤洋君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。

 これより第52号議案・綾瀬市教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例の件を起立により採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

  〔賛成者起立〕



○議長(近藤洋君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 これより第53号議案に対する討論に入ります。討論はありませんか。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。松本春男議員。

  〔8番(松本春男君)登壇〕



◆8番(松本春男君) 第53号議案・綾瀬市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例に対して、日本共産党綾瀬市議団を代表して反対の討論を行います。

 今回の条例改正は、一般職の職員に、ことし6月に支給する期末手当及び勤勉手当を人事院の臨時勧告により減額する内容です。人事院勧告は、通常であれば8月に民間給与を調査し、秋口に給与改定の勧告を行い、12月議会に提出されるものですが、今回は暫定措置として一般職の夏季ボーナスを0.2カ月分減額し、8月の調査を受けて年末に調整するというルールを無視した上、前倒しして減額するという前代未聞の勧告です。これまで公務員労働者の賃金を下げることで、民間労働者の賃金を抑える効果があると言わざるを得ません。

 神奈川新聞が、5月14日に報じた浜銀総研の県民のボーナス見通しでは、収益悪化を背景に前年比8.2%減となり、バブル後最低水準に落ち込みそうだとしているものの、前年比8.2%減であり、公務員一般職の10%削減よりも低いのが実態です。

 また、先ほど市の説明でもありましたけど、全国の都道府県とか市町村で今回の人事院勧告を見送る状況で、兵庫県人事委員会は、県内の民間事業所を特別調査した結果、約9割の従業員の夏季一時金が未定で、国の調査結果の約8割を大きく上回っており、実態把握が十分とは言いがたいと判断しています。兵庫県知事は、県の人事委員会の報告の趣旨を尊重することを基本姿勢として、慎重に検討し、適切に対処したいとする談話を発表し、その中で人事院の臨時勧告について、本来の民間給与実態調査ではなく、簡易調査によるもので、その正確性や決定済み企業の少なさなどの問題があるものと考えると、認識をこのように示しています。今回の人事院勧告に対して、地域の経済を守る立場から、兵庫県をはじめ多くの自治体で削減の勧告に対して対応しない自治体がふえています。

 日本共産党は、深刻な景気悪化の中、家計を応援し、内需主導経済に切りかえるときなのに、特別給削減は経済にマイナスの影響を及ぼすものとして、政府与党の削減方針決定の圧力に屈した人事院の問題と、綾瀬市が市民の暮らしを守る立場からでなく、国の言いなりになって市内の消費経済を厳しくしていることを指摘して、反対の討論といたします。



○議長(近藤洋君) 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。青柳 愼議員。

  〔3番(青柳 愼君)登壇〕



◆3番(青柳愼君) 私は、第53号議案・綾瀬市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例に対しまして、市民会議21を代表し、賛成の立場から討論いたします。

 本条例は、市からの提案理由などから、本年6月期の一時金についてその額を一部凍結するものですが、これは本年4月に実施された民間企業の夏季一時金の決定状況を把握するために人事院による特別調査の結果として、国家公務員を対象とした給与勧告に基づき、国や近隣市の状況をかんがみて行われるものと考えます。

 大変厳しい状況でございます。先ほども市長の説明がありましたけれども、昨年来の世界的な金融危機を発端とした景気の急速な悪化に伴い、我が国の多くの企業の業績は著しく悪くなり、赤字企業が大変多くなり、大企業でも夏季一時金は減額の予測となっております。零細企業、中小企業では、出したくても出せないことが多くある厳しい状況でございます。この人事院勧告を受けとめることを理解をいたします。

 綾瀬市では、行政改革に取り組んでおります。国におきましても、早期に財政の無駄をなくす努力に軸足を置くように期待しまして、本条例に賛成いたします。以上です。



○議長(近藤洋君) 反対討論はありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(近藤洋君) 賛成討論はありませんか。井上賢二議員。

  〔4番(井上賢二君)登壇〕



◆4番(井上賢二君) それでは、第53号議案・綾瀬市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例に対しまして、公明綾瀬を代表し、賛成の討論を行います。

 ここに提案された条例は、本年5月の国家公務員を対象とした臨時の人事院による勧告に基づいて、その内容に沿って本市職員にかかわる給与の改正を行おうとするものと理解します。そして、今回の臨時人事院勧告は、例年の8月の勧告とは別に、昨年後半からの世界的な景気悪化に伴う民間企業の夏季ボーナスの大幅な減額を受けて、国家公務員の今夏のボーナスを引き下げるべきものとして行われたものです。

 このような景気の中で、現下の経済社会情勢等を勘案すれば、地方公共団体である本市においても国に準拠した措置を講ずべきものであると判断し、それを実行するための本改正条例につきまして賛同するものです。以上です。



○議長(近藤洋君) ほかに討論はありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(近藤洋君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終了いたします。

 これより第53号議案・綾瀬市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の件を起立により採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

  〔賛成者起立〕



○議長(近藤洋君) 起立多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 ==========================

  〔1番(比留川政彦君)退席〕



○議長(近藤洋君) 日程第6、綾瀬市農業委員会委員の推薦についての件を議題といたします。

 お諮りいたします。綾瀬市農業委員会委員の1名については、議長において指名することといたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

  (「異議なし」の声あり)



○議長(近藤洋君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。

 比留川政彦議員を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま指名いたしました比留川政彦議員を綾瀬市農業委員会委員に推薦したいと思います。これに御異議ありませんか。

  (「異議なし」の声あり)



○議長(近藤洋君) 御異議なしと認めます。よって、比留川政彦議員を綾瀬市農業委員会委員に推薦することに決しました。

  〔1番(比留川政彦君)入場〕

 ==========================



○議長(近藤洋君) 以上をもって本臨時会に付議された案件の審議はすべて終了いたしました。

 これにて平成21年綾瀬市議会5月第2回臨時会を閉会いたします。

 午前9時26分 閉会

 ――――――――――――――――――――――――

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

  綾瀬市議会議長   近藤 洋

  綾瀬市議会議員   笠間信一郎

  綾瀬市議会議員   上田博之