議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 大和市

平成19年 12月 定例会−11月27日-01号




平成19年 12月 定例会
              平成19年11月27日(第1日)

1.本日の出席議員          3.本日の市側出席者
  1番  岩 崎  清 昭 君      市長      大 木    哲 君
  2番  三 枝    修 君      副市長     平 松    博 君
  3番  村 上  寛 光 君      教育長     山 根  英 昭 君
  4番  及 川  晃 成 君      病院長     五十嵐  俊 久 君
  5番  吉 澤    弘 君      消防長     篠 田    正 君
  6番  河 崎  民 子 君      企画部長    松 本  澄 夫 君
  7番  平 山  喜代美 君      総務部長    嶋 崎  良 一 君
  8番  吉 川  美 和 君      市民経済部長  坂 内  哲 夫 君
  9番  平 田  純 治 君      環境部長    八 木  繁 和 君
 10番  菊 地    弘 君      保健福祉部長  山 口    進 君
 11番  堀 口  香 奈 君      都市部長    中 原  政 俊 君
 12番  高 久  良 美 君      土木部長    外 山  誠 一 君
 13番  大 谷    仁 君      渋谷土地区画整理事務所長
 14番  青 木  克 喜 君              片 山  鉱 蔵 君
 15番  岡 本  聖 哉 君      教育総務部長  井 上    昇 君
 16番  古 澤  敏 行 君      生涯学習部長  熊 谷    薫 君
 17番  鈴 木  珠 惠 君      病院事務局長  清 水  和 男 君
 18番  木 村  賢 一 君      総務課長    對 馬  春 夫 君
 19番  国 兼  晴 子 君
 20番  中 丸  孝 志 君   4.議会事務局職員出席者
 21番  古 木  勝 治 君      事務局長      角 野  秀 樹
 22番  前 田  邦 壽 君      事務局次長     阿 部  通 雄
 23番  宮 応  扶美子 君      議事担当次長補佐  川 口  敏 治
 24番  窪      純 君      主任        福 士  忠 生
 25番  松 川    清 君      主任        高 橋    啓
 26番  荻 窪  幸 一 君      主事        植 山  友 隆
 27番  大 波  修 二 君      主事        竜 野  啓 子
 28番  綱 島  啓 司 君
 29番  池 田  俊一郎 君

2.本日の欠席議員
   な  し

                 議  事  日  程              第1号

                               平成19年大和市議会第4回定例会第1日
                               平成19年11月27日(火)午前9時開議

日程第 1 会議録署名議員の指名
日程第 2 会期の決定
日程第 3 諸報告について
日程第 4 監査報告について
日程第 5 陳情第19−15号 大和市コミュニティセンター有料化の減免の拡大に関する陳情書
日程第 6 基地対策に関する事項についての中間報告
日程第 7 議案第78号 平成19年度大和市一般会計補正予算(第3号)
日程第 8 議案第79号 大和市事務分掌条例の一部を改正する条例について
日程第 9 議案第80号 大和市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について
日程第10 議案第81号 大和市市営住宅条例及び大和市市営住宅条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例について
日程第11 議案第82号 大和市国民健康保険条例の一部を改正する条例について
日程第12 議案第83号 大和市後期高齢者医療に関する条例について
日程第13 議案第84号 大和市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例について
日程第14 議案第85号 大和市開発事業の手続及び基準に関する条例について
日程第15 議案第86号 大和市屋外広告物条例について
日程第16 議案第87号 大和市放課後児童クラブ事業条例について
日程第17 議案第88号 指定管理者の指定について
日程第18 議案第89号 指定管理者の指定について
日程第19 議案第90号 指定管理者の指定について
日程第20 議案第91号 指定管理者の指定について
日程第21 議案第92号 指定管理者の指定について
日程第22 議案第93号 指定管理者の指定について
日程第23 議案第94号 指定管理者の指定について
日程第24 議案第95号 指定管理者の指定について
日程第25 議案第96号 指定管理者の指定について
日程第26 議案第97号 指定管理者の指定について
日程第27 議案第98号 指定管理者の指定について
日程第28 議案第99号 指定管理者の指定について
日程第29 議案第100号 指定管理者の指定について
日程第30 議案第101号 指定管理者の指定について
日程第31 議案第102号 指定管理者の指定について
日程第32 議案第103号 指定管理者の指定について
日程第33 議案第104号 指定管理者の指定について
日程第34 議案第105号 指定管理者の指定について
日程第35 議案第106号 指定管理者の指定について
日程第36 議案第107号 指定管理者の指定について
日程第37 議案第108号 指定管理者の指定について
日程第38 議案第109号 指定管理者の指定について
日程第39 議案第110号 指定管理者の指定について
日程第40 議案第111号 指定管理者の指定について
日程第41 議案第112号 指定管理者の指定について
日程第42 議案第113号 指定管理者の指定について
日程第43 議案第114号 指定管理者の指定について
日程第44 議案第115号 指定管理者の指定について
日程第45 議案第116号 指定管理者の指定について
日程第46 議案第117号 指定管理者の指定について
日程第47 議案第118号 指定管理者の指定について
日程第48 議案第119号 指定管理者の指定について
日程第49 議案第120号 指定管理者の指定について
日程第50 議案第121号 指定管理者の指定について
日程第51 議案第122号 指定管理者の指定について
日程第52 議案第123号 指定管理者の指定について
日程第53 議案第124号 指定管理者の指定について
日程第54 議案第125号 指定管理者の指定について
日程第55 議案第126号 指定管理者の指定について
日程第56 議案第127号 指定管理者の指定について
日程第57 議案第128号 指定管理者の指定について
日程第58 議案第129号 指定管理者の指定について
日程第59 議案第130号 指定管理者の指定について
日程第60 議案第131号 指定管理者の指定について
日程第61 議案第132号 工事請負契約の締結について
日程第62 議案第133号 市道路線の認定について
日程第63 議案第134号 市道路線の廃止について
日程第64 議案第135号 市道路線の変更について
日程第65 議案第136号 市道路線の認定について
日程第66 議案第137号 市道路線の認定について
日程第67 議案第138号 市道路線の認定について 
日程第68 議案第139号 市道路線の認定について
日程第69 議案第140号 市道路線の認定について
日程第70 議案第141号 市道路線の認定について
日程第71 議案第142号 市道路線の廃止について
日程第72 議案第143号 市道路線の廃止について
日程第73 議案第144号 市道路線の廃止について
日程第74 議案第145号 平成19年度大和市一般会計補正予算(第4号)
日程第75 議案第146号 平成19年度大和市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
日程第76 議案第147号 平成19年度大和市下水道事業特別会計補正予算(第1号)
日程第77 議案第148号 平成19年度大和市渋谷土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)
日程第78 陳情第19−16号 県の医療費助成制度見直しに関する陳情書
日程第79 陳情第19−17号 貴市における医療費助成制度維持に関する陳情書
日程第80 陳情第19−18号 県の医療費助成制度見直しに関する陳情書
日程第81 陳情第19−19号 医療費助成制度維持に関する陳情書
日程第82 陳情第19−20号 安心して出産できる産婦人科医療体制を整備し妊産婦無料健診を拡大することを求める陳情書
日程第83 陳情第19−21号 深刻な医師不足を打開するための法律を制定するよう、国に対しての意見書提出を求める陳情書
日程第84 陳情第19−22号 「看護師等の人材確保の促進に関する法律」の改正を行うよう、国に対しての意見書提出を求める陳情書

本日の会議に付した事件

会議録署名議員の指名
会期の決定
諸報告について
監査報告について
陳情第19−15号 大和市コミュニティセンター有料化の減免の拡大に関する陳情書
基地対策に関する事項についての中間報告
議案第78号 平成19年度大和市一般会計補正予算(第3号)
議案第79号 大和市事務分掌条例の一部を改正する条例について
議案第80号 大和市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について
議案第81号 大和市市営住宅条例及び大和市市営住宅条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例について
議案第82号 大和市国民健康保険条例の一部を改正する条例について
議案第83号 大和市後期高齢者医療に関する条例について
議案第84号 大和市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例について
議案第85号 大和市開発事業の手続及び基準に関する条例について
議案第86号 大和市屋外広告物条例について
議案第87号 大和市放課後児童クラブ事業条例について
議案第88号 指定管理者の指定について
議案第89号 指定管理者の指定について
議案第90号 指定管理者の指定について
議案第91号 指定管理者の指定について
議案第92号 指定管理者の指定について
議案第93号 指定管理者の指定について
議案第94号 指定管理者の指定について
議案第95号 指定管理者の指定について
議案第96号 指定管理者の指定について
議案第97号 指定管理者の指定について
議案第98号 指定管理者の指定について
議案第99号 指定管理者の指定について
議案第100号 指定管理者の指定について
議案第101号 指定管理者の指定について
議案第102号 指定管理者の指定について
議案第103号 指定管理者の指定について
議案第104号 指定管理者の指定について
議案第105号 指定管理者の指定について
議案第106号 指定管理者の指定について
議案第107号 指定管理者の指定について
議案第108号 指定管理者の指定について
議案第109号 指定管理者の指定について
議案第110号 指定管理者の指定について
議案第111号 指定管理者の指定について
議案第112号 指定管理者の指定について
議案第113号 指定管理者の指定について
議案第114号 指定管理者の指定について
議案第115号 指定管理者の指定について
議案第116号 指定管理者の指定について
議案第117号 指定管理者の指定について
議案第118号 指定管理者の指定について
議案第119号 指定管理者の指定について
議案第120号 指定管理者の指定について
議案第121号 指定管理者の指定について
議案第122号 指定管理者の指定について
議案第123号 指定管理者の指定について
議案第124号 指定管理者の指定について
議案第125号 指定管理者の指定について
議案第126号 指定管理者の指定について
議案第127号 指定管理者の指定について
議案第128号 指定管理者の指定について
議案第129号 指定管理者の指定について
議案第130号 指定管理者の指定について
議案第131号 指定管理者の指定について
議案第132号 工事請負契約の締結について
議案第133号 市道路線の認定について
議案第134号 市道路線の廃止について
議案第135号 市道路線の変更について
議案第136号 市道路線の認定について
議案第137号 市道路線の認定について
議案第138号 市道路線の認定について 
議案第139号 市道路線の認定について
議案第140号 市道路線の認定について
議案第141号 市道路線の認定について
議案第142号 市道路線の廃止について
議案第143号 市道路線の廃止について
議案第144号 市道路線の廃止について
議案第145号 平成19年度大和市一般会計補正予算(第4号)
議案第146号 平成19年度大和市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
議案第147号 平成19年度大和市下水道事業特別会計補正予算(第1号)
議案第148号 平成19年度大和市渋谷土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)
陳情第19−16号 県の医療費助成制度見直しに関する陳情書
陳情第19−17号 貴市における医療費助成制度維持に関する陳情書
陳情第19−18号 県の医療費助成制度見直しに関する陳情書
陳情第19−19号 医療費助成制度維持に関する陳情書
陳情第19−20号 安心して出産できる産婦人科医療体制を整備し妊産婦無料健診を拡大することを求める陳情書
陳情第19−21号 深刻な医師不足を打開するための法律を制定するよう、国に対しての意見書提出を求める陳情書
陳情第19−22号 「看護師等の人材確保の促進に関する法律」の改正を行うよう、国に対しての意
見書提出を求める陳情書

                  午前9時33分 開会
○議長(青木克喜君) おはようございます。ただいま出席議員は29人で定足数に達しておりますので会議は成立いたしました。これより平成19年12月大和市議会第4回定例会を開会いたします。直ちに本日の会議を開きます。
○議長(青木克喜君) 本日の議事日程はお手元に配付したとおりであります。
△日程第1、会議録署名議員の指名をいたします。会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において、4番、及川晃成議員、15番、岡本聖哉議員、24番、窪  純議員を指名いたします。
        ――――――――――――― ● ―――――――――――――
○議長(青木克喜君) 
△日程第2、会期の決定を議題に供します。本件につきましては、議会運営委員会において審査されておりますので、この際同委員長に審査の経過と結果について報告を求めます。――29番、池田俊一郎議会運営委員長
               〔29番(池田俊一郎君) 登壇〕
◎29番(池田俊一郎君) おはようございます。議会運営委員会のご報告をさせていただきます。
 去る11月20日、委員9名の出席のもと議会運営委員会を開催いたしました。
 今定例会の会期につきましては、協議をした結果、本日から12月19日までの23日間と決定いたしました。
 なお、会期中の日程につきましてはお手元に配付してあります日程表のとおりでございます。
 今定例会に付議される案件につきましては、既に配付されてありますとおり、議案71件について審議をお願いしたいとの説明を受け、これを了承いたしました。
 また、議案第78号、平成19年度大和市一般会計補正予算(第3号)につきましては、本日即決にて議決をお願いしたい旨の説明を受け、これを了承いたしました。
 以上で報告を終わります。
○議長(青木克喜君) 委員長の報告が終わりました。お諮りいたします。委員長の報告では今定例会の会期は本日から12月19日までの23日間であります。本件を委員長報告のとおり決定することに異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(青木克喜君) 異議なしと認め、会期は23日間と決定いたしました。
 続いて、お諮りいたします。休会日についてはお手元に配付してあります会期日程のとおり決することに異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(青木克喜君) 異議なしと認め、さよう決します。
 なお、この日程につきましては本日時点での予定でありますので、追加等の変更がありますことをあらかじめご承知おきください。
        ――――――――――――― ● ―――――――――――――
○議長(青木克喜君) 
△日程第3、諸報告をいたします。本件につきましてはお手元に配付してあります文書をもって報告といたしますのでご了承願います。
        ――――――――――――― ● ―――――――――――――
○議長(青木克喜君) 
△日程第4、監査報告につきましては、地方自治法第199条及び第235条の2の規定により、監査委員より、お手元に配付してありますとおり、6件の定期監査及び例月出納検査の結果報告がありましたのでご了承願います。
 なお、会期中に報告されましたものにつきましては順次配付いたしますのでご了承願います。
        ――――――――――――― ● ―――――――――――――
○議長(青木克喜君) ここで、教育長から発言の許可を求められておりますので、これを許します。――教育長。
               〔教育長(山根英昭君) 登壇〕
◎教育長(山根英昭君) 発言の機会をご配慮いただき、ありがとうございます。ただいま青木議長のお許しをいただきましたので、一言ごあいさつ申し上げます。
 さきの9月定例議会におきまして、教育委員の任命に議会の皆様のご同意をいただき、まことにありがとうございました。身の引き締まる思いの中、これまでの学校教育や社会教育の経験を生かしまして全力を尽くしてまいる所存でございます。市民の幸せ、子供たちの幸せを願いまして、春風のごとく人に接し、秋霜を持ってみずから慎む姿勢で本市教育の発展に努めてまいりたいと考えております。議会の皆様のご指導とご理解、ご協力をよろしくお願いいたしまして、ごあいさつとさせていただきます。よろしくお願いいたします。
        ――――――――――――― ● ―――――――――――――
○議長(青木克喜君) 
△日程第5、陳情第19−15号、大和市コミュニティセンター有料化の減免の拡大に関する陳情書を議題に供します。
 本件は継続審査案件で文教市民経済常任委員会に付託され審査されておりますので、この際同委員長に審査の経過と結果について報告を求めます。――17番、鈴木珠惠文教市民経済常任委員長。
               〔17番(鈴木珠惠君) 登壇〕
◎17番(鈴木珠惠君) 去る11月1日に開催いたしました文教市民経済常任委員会における審査の経過と結果につきましてご報告いたします。
 当日は委員全員と委員外議員3名の出席がありました。
 直ちに陳情第19−15号、大和市コミュニティセンター有料化の減免の拡大に関する陳情書を議題とし、傍聴人2名を許可し、質疑に入りました。
 質疑、9月定例会では、減免内容については議会の意見を十分に踏まえてつくっていきたいとのことであったが、具体的な検討は進んでいるか。答弁、基本的な考え方としては、趣味的なサークルは有料化し、より公共性が高く、地域の発展や課題解決に寄与するための活動は減免していく。自治会、PTA等10団体例示しているが、公共的団体でコミセンの設置目的にかなうようなもの等、もう少し減免の幅を広げていくような検討はしている。ただ、どこまでといった具体的なところまでには至っていない。
 質疑、生涯学習センターの場合、社会教育団体に減免規定がある。コミュニティセンターの場合、もっと大きなくくりになるとすると、減免の範囲は非常に大きくなるのではないか。答弁、生涯学習センターは目的が市民の生涯学習の振興であり、社会教育関係団体は減免対象となっている。施設の設置目的によって減免団体も変わってくるが、コミュニティセンターの本来の目的は地域のコミュニティ醸成である。陳情者は社団法人日本吟道学院から認可された団体であるが、同種の団体は市内にもかなりある。社会教育関係団体なので減免するのではなく、あくまでも地域の発展、課題解決に寄与するような団体への減免を検討している。
 質疑、団体が会費を取るかどうか、裕福かどうかという点は減免対象の考え方と関連があるのか。答弁、コミュニティセンターを利用する方には一定の負担をしてもらいたいのが原則的な考え方である。市がさまざまな形で活動を支援しようとする団体に対する減免も、一つの支援のあり方ではないかと思っている。どういうものを減免で支援していくのかのくくりで対象となるものを考えていきたい。
 ここで委員から、今は規則をつくる段階にあるが、地域の活動に貢献しているので減免してほしいという団体はほかにもたくさんあるので、それらの声をしっかり聞いて参考にしてもらいたい。同様の団体が他にもたくさんあるということからも継続審査にされたいとの動議が提出され、動議を先議しましたが、討論はなく、採決の結果、継続審査の動議は賛成少数で否決されました。
 以上で質疑を終結し、討論はなく、採決の結果、本件は賛成少数で不採択と決しました。
 以上で報告を終わります。
○議長(青木克喜君) 委員長の報告が終わりました。ほかに他の委員から補足報告があれば発言を許します。
                (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(青木克喜君) なしと認めて進行いたします。これより質疑に入ります。
 ただいまの委員長報告に対し質疑はありますか。
                (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(青木克喜君) 質疑を終結いたします。
            (「議長、動議があります」と呼ぶ者あり)
○議長(青木克喜君) 自席で動議の内容を簡潔に述べてください。
◆23番(宮応扶美子君) 本件はなお慎重に審査を要する必要があると考えますので、文教市民経済常任委員会に再付託をされるよう求めます。
○議長(青木克喜君) ただいまの動議に賛成者はありますか。挙手を願います。
                   〔賛成者挙手〕
○議長(青木克喜君) ただいま23番、宮応扶美子議員から、陳情第19−15号、大和市コミュニティセンター有料化の減免の拡大に関する陳情書について、会議規則第47条の規定により、文教市民経済常任委員会に再付託されたいとの動議が提出され、所定の賛成者がありますので、動議は成立いたしました。
 よって本動議を直ちに議題といたします。23番、宮応扶美子議員の発言を許可します。
               〔23番(宮応扶美子君) 登壇〕
◆23番(宮応扶美子君) 陳情第19−15号、大和市コミュニティセンター有料化の減免の拡大に関する陳情書につきましては、ただいまの委員長報告は不採択ということでしたけれども、当日の審議の中で、減免規定は規則で定めるが、現段階では検討中であるという答弁がなされました。日本共産党大和市会議員団は、9月定例議会の中で、市民の活発な自主的活動を育て活発化させるコミュニティセンターは、大和市の特徴であり、宝であることから、有料化に反対をしてまいりました。9月定例会の審議の中で副市長は、既に規定している減免のほか、議会の意見を十分に踏まえ減免内容をつくっていきたいと考えているという答弁をしています。
 その最中で出されたのがこの陳情書ですけれども、他団体からも減免制度の適用を求める声が出されています。先日も市長と懇談をした女性団体では、市内各地のコミセンを利用して子育て子組という子育てサークルをつくっていて、ひとりぼっちだった若いママさんたちからは大変喜ばれています。その若いママたちの交流の中で、もう一人子供が欲しいという思いがこのサークルの中で後押しをされて、それは子育てはひとりぼっちではない。そういうサークルの楽しい思いからだという話がありました。場所取りに苦労しながら毎週サークルを行っていますが、それが有料化されては運営がとても困難になるとの訴えでした。これは十分に地域コミュニティの本質ではないでしょうか。その思いはコミセン有料化についてのパブリックコメントの数の多さ、その内容にもあらわれています。減免制度の内容に、これは大変大きな関心が集まっているということではないでしょうか。よって本件を文教市民経済常任委員会に再付託をされるよう求めます。
 以上です。
○議長(青木克喜君) 本動議に対し質疑はありますか。
                (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(青木克喜君) 質疑を終結いたします。
 続いて討論に入ります。まず反対討論。
                (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(青木克喜君) 次に賛成討論。
                (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(青木克喜君) 討論を終結いたします。これより採決いたします。
 本動議のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔少数起立〕
○議長(青木克喜君) 起立少数であります。よって陳情第19−15号、大和市コミュニティセンター有料化の減免の拡大に関する陳情書について、文教市民経済常任委員会に再付託されたいとの動議は否決されました。
        ――――――――――――― ● ―――――――――――――
○議長(青木克喜君) 日程第5、陳情第19−15号、大和市コミュニティセンター有料化の減免の拡大に関する陳情書について討論に入ります。まず賛成討論。
                (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(青木克喜君) 次に反対討論。
                (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(青木克喜君) 討論を終結いたします。これより陳情第19−15号、大和市コミュニティセンター有料化の減免の拡大に関する陳情書を採決いたします。
 本件に対する委員長の報告は不採択であります。本件を採択することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔起立者なし〕
○議長(青木克喜君) 起立なしであります。よって陳情第19−15号は不採択と決しました。
        ――――――――――――― ● ―――――――――――――
○議長(青木克喜君) 
△日程第6、基地対策に関する事項についての中間報告を議題に供します。
 本件については、会議規則第46条第2項の規定により基地対策特別委員会からお手元に配付してありますとおり文書による中間報告がございました。
 中間報告に対し質疑はありますか。
                (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(青木克喜君) 質疑を終結いたします。本件は中間報告につき、以上をもって終結いたします。
        ――――――――――――― ● ―――――――――――――
○議長(青木克喜君) 
△日程第7、議案第78号、平成19年度大和市一般会計補正予算(第3号)を議題に供します。
 直ちに提案理由の説明を求めます。――市長。
               〔市長(大木 哲君) 登壇〕
◎市長(大木哲君) ただいま議題となりました補正予算につきまして説明させていただきます。
 このたびの補正予算につきましては、9月定例会におきまして事業の見直し及び新規施策の予算計上を行ったことから、その後の状況の変化等により特に対応する必要がある課題に限り措置することといたしました。そのため補正予算規模としては大きくはないものの、次年度での予算執行をする上で必要となるシステムの構築に要する経費や事前準備経費、行政サービスの向上等に向け必要となる喫緊の課題に的確な対応をいたすところであります。
 今定例会では、一般会計及び特別会計で、国民健康保険事業特別会計、下水道事業特別会計、渋谷土地区画整理事業特別会計の4会計にかかわる補正予算を提案するものでございます。
 なお、一般会計の補正予算につきましては、予算案の一部に事業執行に期間を要するものがあることから、本日の本会議において議決をお願いする予算案と、通常どおり最終日に議決をお願いする予算案に分けて提出することといたしました。
 それでは、本日議決をお願いする議案第78号、平成19年度大和市一般会計補正予算(第3号)につきまして説明いたします。
 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3764万8000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ604億5607万4000円とするものでございます。
 歳出の内容につきましては、教育費の小学校費、学校建設費を追加するものでございます。これは、大野原小学校において特別支援教室及び普通教室の不足が見込まれることから、現在、図工室、図書室として使用している特別教室を普通教室に変更し、特別教室についてはプレハブ教室等で対処するものでございます。
 一方、歳入につきましては歳出の財源として繰越金を追加するものでございます。
 以上で説明を終わりますが、よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。
○議長(青木克喜君) 提案理由の説明が終わりました。これより質疑に入ります。
 本件について質疑はありますか。――23番、宮応扶美子議員。
               〔23番(宮応扶美子君) 登壇〕
◆23番(宮応扶美子君) 議案第78号、平成19年度大和市一般会計補正予算(第3号)について質問をいたします。
 ただいまの市長の説明では、大野原小学校の特別教室が現在3教室分のところに1つプラスをして4教室分に、そして普通教室をもう一つふやす、23プラス1で24教室にする。そのためのプレハブ建設ということでした。質問を3つします。
 1つは特別支援教室についてですけれども、特別支援教育は、知的、身体、情緒などが含まれますけれども、今、全市的に多くなっているのでしょうか。といいますのは、今回の原因が特別支援教室をふやすというところにあるのでお聞きいたします。
 そして2点目、さらにこの大野原小学校は4教室分になるということ、これは特別支援教育のセンター的といいますか、中心的な役割を担うという立場にこの大野原小学校があるのでしょうかお伺いいたします。
 3点目です。普通教室分も不足とのことですけれども、本市では平成16年度より学区の弾力的運用を実施しているわけですけれども、できればプレハブ教室を避けるために、弾力的運用の学区外から大野原小学校に通学している児童を、もちろん保護者、本人等の合意というのが必要ですけれども、調整するというような形での解決はできないのでしょうか。この大和市が行っている弾力的運用の実態はどのようになっているのかお伺いをいたします。
 以上です。
○議長(青木克喜君) 答弁を求めます。――教育総務部長。
             〔教育総務部長(井上 昇君) 登壇〕
◎教育総務部長(井上昇君) それでは、宮応議員のご質問にお答えを順次いたします。
 まず1点目でございますが、特別支援学級は全市でどのような状況になっているのかということでございますが、平成19年の5月1日現在で、小学校では44学級で182名、中学校では16学級で55名が在籍をしております。小中学校合計では、60学級、237名が在籍していることになります。具体的には、知的障害の方が90名、情緒が143名、肢体が3名、難聴1名の合計237名でございます。前年度比でございますが、合計で申し上げますと、学級数では2学級の増加でございますが、児童生徒数につきましては72名の増加となっております。それぞれ年度の増減はあるものの、年々増加傾向にあります。
 2番目のご質問でございますが、大野原小学校が特別支援学級の中心的な施設となっているのかということでございます。
 今年度は下福田中学校以外の全小中学校で特別支援学級が設置されている状況でございまして、市全体で特別支援教育の充実に力を入れているところでございます。特に大野原小学校をその中心校、いわゆる拠点校とする施策をとっているわけではございません。また、大野原小学校の特別支援学級の状況につきましては、現在、知的障害の児童が7名、情緒障害の児童が9名で、合計16名が在籍をしております。来年度は情緒障害の児童がさらに2名入学する予定でございますので、合計18名となる状況でございます。このようなことから、現在特別支援学級として使用している教室は、教室数では3教室でございますが、広さからすると、プレールームを含めまして普通教室の2.5教室分しかございません。以上のことから、1教室ふやしてより充実した特別支援教育を実施したいと考えているところでございます。
 3点目でございますが、現在大和小学校から大野原小学校に弾力的運用により児童が通学しているが、弾力的運用の実態と、この弾力的運用がなければ今回のプレハブ設置はないと思うがということだと思います。
 弾力的運用での学区外通学がなければ、大野原小学校のプレハブ設置の計画はございませんでした。しかしながら、大野原小学校のプレハブ教室の設置を考えなかった場合には、大和小学校では既に現在プレハブが6教室ございます。さらにプレハブ校舎が増加し、より一層の大規模校化となります。したがいまして、大野原小学校に弾力的運用をするわけでございますが、現在実施している学区の弾力的運用につきましては、大規模校化する小中学校の児童生徒数の地域的偏りの是正や学校規模の適正化を図るため、隣接小中学校への通学区域の弾力的運用による有効な施策ということで、平成16年度から小学校、緑野、北大和、林間、大和小でございますが、4校を対象に、そして平成17年度からは中学校、北部中部の学校でございますが、6校を対象に推進しているところでございます。学区の弾力的運用によりまして、大和小学校の大規模校化の抑制に効果が出ておりますが、受け入れ校の大野原小学校、あるいは大和東小学校の学校規模の拡大による普通教室の不足も限界が来ていることも、一方では事実でございます。したがいまして、平成20年度にその効果につきまして検証いたしまして、今後の方向性につきまして再検討する予定でございます。
 以上でございます。
○議長(青木克喜君) ほかに質疑はございませんか。
                (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(青木克喜君) 質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。本件については会議規則第38条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これに異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(青木克喜君) 異議なしと認めます。よって本件は委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論に入ります。まず反対討論。
                (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(青木克喜君) 次に賛成討論。
                (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(青木克喜君) 討論を終結いたします。これより議案第78号、平成19年度大和市一般会計補正予算(第3号)を採決いたします。
 本件を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔全員起立〕
○議長(青木克喜君) 起立全員であります。よって議案第78号は原案のとおり可決されました。
        ――――――――――――― ● ―――――――――――――
○議長(青木克喜君) 
△日程第8、議案第79号、大和市事務分掌条例の一部を改正する条例についてから
△日程第77、議案第148号、平成19年度大和市渋谷土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)まで、以上70件を一括議題に供します。
 直ちに提案理由の説明を求めます。――市長。
               〔市長(大木 哲君) 登壇〕
◎市長(大木哲君) ただいま議題となりました付議事件につきまして提案理由をご説明申し上げます。
 まず、議案第79号、大和市事務分掌条例の一部を改正する条例につきましては、市長部局の事務分掌上必要となる部分についての改正を行い、市全体としてこれまでの13部1室体制から17部1室体制へと組織を変更するものでございます。条例の施行日につきましては平成20年4月1日とするものでございます。
 次に、議案第80号、大和市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例につきましては、国家公務員の給与改定に準じまして本市職員の給与の改定を行うための改正を行うものでございます。
 改正内容といたしましては、若年層を対象として給与月額を引き上げる改正、子や60歳以上の親などにかかわる扶養手当の支給月額を7500円に統一する改正、及び勤勉手当の支給割合を年間0.05月分引き上げる改正を行うものでございます。条例の施行日につきましては公布の日とし、平成19年4月1日にさかのぼって適用するものでございます。
 次に、議案第81号、大和市市営住宅条例及び大和市市営住宅条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例につきましては、市営住宅から暴力団員を排除するための改正及び市営住宅管理人の事務の変更を行うものでございます。
 改正内容の1点目といたしましては、警察等の関係機関と連携を図ることにより、市営住宅への新たな暴力団員の入居を防ぐほか、既存入居者が暴力団員であることが判明した場合には退去させるなど、市営住宅から暴力団員を排除するための改正を行うものでございます。
 2点目といたしましては、指定管理者制度の導入に伴いまして市営住宅管理人の業務を変更するものでございます。
 条例の施行日につきましては、暴力団員を排除するための改正につきましては公布の日といたしますが、市営住宅管理人の業務の変更につきましては、平成19年6月28日に公布いたしました大和市市営住宅条例の一部を改正する条例の未施行部分を一部改正し、平成20年4月1日から施行するものでございます。
 次に、議案第82号、大和市国民健康保険条例の一部を改正する条例につきましては、健康保険法等の一部を改正する法律が公布されたことに伴い、療養給付にかかわる一部負担金につき、乳幼児の負担軽減の対象年齢を3歳未満から就学前へと拡大するものであります。
 次に、議案第83号、大和市後期高齢者医療に関する条例につきましては、健康保険法等の一部を改正する法律が公布されたことに伴い、本市が行う事務、普通徴収の納期、延滞金、罰則など、平成20年4月から開始する後期高齢者医療制度の実施について必要な事項を定めるものでございます。また、附則におきまして大和市特別会計条例の一部を改正いたしまして、条例の施行日につきましては平成20年4月1日とするものでございます。
 次に、議案第84号、大和市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例につきましては、診療費用等の債権管理に関する基準の設定、分べん介助料及び非紹介患者の初診時選定療養の額の改定、駐車場使用料の新設を行うものでございます。
 改正内容の1点目といたしましては、時効の完成、破産や所在不明等により患者が支払うことができなくなった診療費用等に関する債権を放棄することができる基準を定めるものでございます。
 2点目といたしましては、産婦人科の分べん介助料について、現在の市内在住者4万2000円、市外在住者6万3000円を平成20年4月から市内6万円、市外9万円に、平成22年4月から市内8万円、市外12万円へと段階的に改定するものでございます。
 3点目といたしましては、非紹介患者の初診時選定療養の額を現行の1320円から1800円に改定するものでございます。
 4点目といたしましては、市立病院の駐車場における無断駐車を排除し、来院者のご利用に支障が生じないようにするため、駐車場の使用料を設定するものでございます。
 条例の施行日でございますが、診療費用等の債権放棄の基準の設定につきましては公布の日とし、分べん介助料につきましては平成20年4月1日及び平成22年4月1日といたします。非紹介患者の初診時選定療養の額の改定につきましては平成20年4月1日、そして駐車場使用料の新設につきましては平成20年5月1日から、それぞれ施行するものでございます。
 次に、議案第85号、大和市開発事業の手続及び基準に関する条例につきましては、市民や事業者、本市が相互に連携し、協力して街づくりを推進し、良好な生活環境を保全及び創出することを目的といたしまして、開発行為や建築行為といった周辺環境に影響を及ぼす可能性のある開発事業を行う際に必要な手続や基準を定めるものでございます。
 条例の内容といたしましては、開発事業を行う際の近隣住民との協議、本市への事前届け出といった手続や住宅の敷地の最低限度や開発区域内の道路の形状などの基準を定めるほか、専門家派遣制度など市民に対する支援制度について定めるものでございます。また、附則におきまして大和市みんなの街づくり条例及び大和市中高層建築物の建築に係る紛争の調整に関する条例の一部を改正いたしまして、条例の施行日につきましては平成20年7月1日とするものでございます。
 次に、議案第86号、大和市屋外広告物条例につきましては、良好な景観を形成するため、屋外広告物の掲示等を地域の特性に応じて規制誘導していくことにつきまして、基本的な制度を定めるものでございます。
 条例の内容といたしましては、屋外広告物の掲示等に関する禁止地域及び禁止物件を設定するとともに、本市全域を許可の対象とした上で、地域や物件により許可の基準を定めるほか、より地域独自の表示基準を定めることができる広告景観形成地区について定めるものでございます。また、附則におきまして大和市附属機関の設置に関する条例の一部を改正いたしまして、条例の施行日につきましては平成20年4月1日とするものでございます。
 次に、議案第87号、大和市放課後児童クラブ事業条例につきましては、放課後、土曜日や長期休業日等において児童の健全な育成を図るために、本市が行う放課後児童クラブ事業について必要な事項を定めるものでございます。
 条例の内容につきましては、児童クラブ事業の対象となる児童、入会手続や利用者の費用負担、事業を行う日や時間などについて定めるものでございます。条例の施行日につきましては平成20年4月1日とするものでございます。
 次に、議案第88号、指定管理者の指定につきましては、市営住宅及び共同施設の指定管理者として株式会社日立ビルシステムを指定いたしたく、議会の議決をお願いするものでございます。
 次に、議案第89号から議案第108号につきましては、コミュニティセンター20館の指定管理者として各地域のコミュニティセンター管理運営委員会を指定いたしたく、議会の議決をお願いするものでございます。
 次に、議案第109号、指定管理者の指定につきましては、大和市まごころ地域福祉センターの指定管理者として社会福祉法人大和市社会福祉協議会を指定いたしたく、議会の議決をお願いするものでございます。
 次に、議案第110号から議案第131号につきましては、22館の児童館の指定管理者を指定いたしたく、議会の議決をお願いするものでございます。コミュニティセンターと併設しております20館の児童館につきましては指定管理者として各地域のコミュニティセンター管理運営委員会を、そして単独館であります議案第118号、大和市子安児童館の指定管理者としては大和市子安児童館管理運営委員会を、議案第129号、大和市上和田東児童館の指定管理者としては大和市上和田東児童館管理運営委員会を指定いたしたく、議会の議決をお願いするものでございます。
 議案第132号、工事請負契約の締結につきましては、平成19年度引地川公園ゆとりの森整備工事その1の請負契約を2億5639万4250円で東海興業株式会社横浜営業所と締結するものでございます。
 次に、議案第133号から第135号につきましては、大和市渋谷(南部地区)土地区画整理事業に伴い、市道路線を認定、廃止、変更するものでございます。
 次に、議案第136号から第141号につきましては、私道寄附、開発行為に伴い市道路線を認定するものでございます。
 次に、議案第142号から第144号につきましては、土地交換等に伴い市道路線を廃止するものでございます。
 続きまして、補正予算4件についてご説明申し上げます。
 まず、議案第145号、平成19年度大和市一般会計補正予算(第4号)でございますが、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ7081万3000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ605億2688万7000円とするものでございます。
 補正予算案の主な内容について申し上げます。
 まず、市民等の意見、提案等を広く聞き、市政へ反映させる方策の一つといたしまして、平成20年度からインターネット等の電子媒体を利用し、市の募集に応じた市民モニターとして登録していただき、アンケートに対して回答いただくことを予定しておりまして、その実施に向けてシステムを構築する準備をしてまいります。
 福祉の施策といたしまして、障害者支援の一つとして、現在障害児者とその家族が地域で安心した生活が送れるよう、障害児者を一時的に保護するとともに、障害児の放課後対策としての短期入所事業を行っておりますが、対象利用者数が増加しているため、事業費の増額を行い支援を図ってまいります。
 次に、障害軽減のために行う医療にかかわる経済的支援を行っている自立支援医療等給付事業で予想を上回る対象者及び経費の増加が見込まれるため、補正を行うものであります。
 その他税制改正に伴う市県民税にかかわるオンラインシステムの開発、修正の追加経費、障害福祉の各事業の事業費の確定に伴い、過年度国庫負担金等の超過交付分を返還する費用、平成20年4月の後期高齢者医療制度開始に向けた準備経費を追加し、それぞれの施策の充実を図るものでございます。
 また、今年度改修事業を行っている光丘中学校において不要となった受変電設備を下福田中学校へ移設するための工事費につきまして、平成20年4月に着工するため今年度中に契約を行う必要があることから、債務負担行為の設定を行うものでございます。
 以上が今回提案いたしました一般会計補正予算案の内容でありまして、その財源につきましては、事業に関連した国庫支出金、県支出金の増額、繰越金を充当し均衡を図るものでございます。
 次に、議案第146号、平成19年度大和市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2784万6000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ215億5185万8000円とするものでございます。
 歳出の内容といたしましては、後期高齢者医療制度の創設に伴う国民健康保険税の軽減措置及び高額療養費の所得区分判定の特例措置を実施するため、国民健康保険オンラインシステム改築の費用を増額するものであります。
 歳入につきましては繰越金を充当するものでございます。
 次に、議案第147号、平成19年度大和市下水道事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ8580万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ79億9915万9000円とするものでございます。
 内容といたしましては、国庫補助金の増額により北部下水処理場汚泥処理施設の改築・更新工事を行うものであり、歳入につきましては、国庫支出金、市債、繰越金を充当するものでございます。
 なお、工期が長期間で翌年度の完了見込みであることから、補正予算額全額を繰越明許費とするものであります。
 また、渋谷土地区画整理事業地内の雨水管及び汚水管整備事業につきましても、工事区域内の土地所有者の同意がおくれているため、事業費合計2301万6000円を繰越明許費とするものであります。
 次に、議案第148号、平成19年度大和市渋谷土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、都市計画道路高座渋谷駅東線の整備について、土地所有者の同意がおくれており、年度内の工事完了が困難なため、工事費3815万1000円を繰越明許費とするものであります。
 以上で説明を終わりますが、よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。
○議長(青木克喜君) 提案理由の説明が終わりました。これより質疑に入ります。
 議案第79号外69件について質疑はありませんか。
                (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(青木克喜君) 質疑を終結いたします。
 ただいま議題となっております議案第79号外69件については、お手元に配付してあります議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。
        ――――――――――――― ● ―――――――――――――
○議長(青木克喜君) 
△日程第78、陳情第19−16号、県の医療費助成制度見直しに関する陳情書から
△日程第84、陳情第19−22号、「看護師等の人材確保の促進に関する法律」の改正を行うよう、国に対しての意見書提出を求める陳情書まで、以上7件を一括議題に供します。
 これより日程に従い順次委員会付託を行います。
 日程第78、陳情第19−16号、県の医療費助成制度見直しに関する陳情書から日程第84、陳情第19−22号、「看護師等の人材確保の促進に関する法律」の改正を行うよう、国に対しての意見書提出を求める陳情書まで、以上7件については環境厚生常任委員会に付託いたします。
        ――――――――――――― ● ―――――――――――――
○議長(青木克喜君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。本日はこれにて散会いたします。ご苦労さまでした。
                  午前10時23分 散会