議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 大和市

平成19年  3月 総務常任委員会−03月08日-01号




平成19年  3月 総務常任委員会

                午後1時02分 開会
                 議長あいさつ

△日程第1 議案第35号 大和市議会議員及び大和市長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の一部を改正する条例について

                傍聴人1名を許可

                 市側より説明

              ( 質 疑・意 見 )

◆(窪委員) 1万6000枚の証紙を支給し、これをビラに張って頒布できるということか。
◎  選挙管理委員会事務局長 そのとおりである。証紙を張ることによって1万6000枚が確認できる。
◆(窪委員) 県知事、政令指定都市、市町村ごとの枚数の制限はあるのか。
◎  選挙管理委員会事務局長 公職選挙法で定められており、県知事30万枚、政令指定都市の市長7万枚、他の市長1万6000枚、町村長5000枚となっている。
◆(窪委員) 市で人口が少なくても1万6000枚なのか。
◎  選挙管理委員会事務局長 公職選挙法では、政令指定都市とそれ以外の市という定めであり、一般の市では人口規模にかかわらず一律に1万6000枚である。
◆(荻窪委員) 証紙を張って頒布する1万6000枚のビラについて、頒布条件はどうなっているか。
◎  選挙管理委員会事務局長 頒布条件については、新聞折込、個人演説会の会場、街頭演説会の場で頒布できることになっている。
◆(荻窪委員) 街頭演説会の場合、候補者本人がいることが条件か、いなくても頒布できるのか。
◎  選挙管理委員会事務局長 街頭演説会自体は候補者がいなくても、録音でもできることになっている。街頭演説会場で頒布できるとなっていることから、候補者がいなくても街頭演説会場であれば頒布できる。
◆(菅原委員) 今回の改正は国の法改正に伴うものであるが、条例改正の内容はすべて法改正を受けて改正するものか。
◎  選挙管理委員会事務局長 そのとおりである。
◆(菅原委員) 政令市以外の市では、条例は基本的に一律の内容と理解していいのか。
◎  選挙管理委員会事務局長 そのとおりである。
◆(窪委員) 今回の国の法改正は、議員提出によるものか。
◎  選挙管理委員会事務局長 議員提出議案である。
◆(窪委員) 全会一致によるものか、特定の政党によるものか。
◎  選挙管理委員会事務局長 そこのところは承知していない。

                  質疑終結
                 討論 なし
                   採決
               全員賛成 原案可決

                午後1時14分 閉会