議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 大和市

平成19年  2月 議会運営委員会−02月09日-01号




平成19年  2月 議会運営委員会

              午前10時02分 開会

                議長あいさつ

△1 平成19年第1回定例会の運営について
△(1) 付議事件について

                市側から説明

○(中丸委員長) 付議事件について説明のとおりで、どうか。

                全 員 了 承

             (総務部長、総務課長退席)

△(2) 会期日程について
○(中丸委員長) 日程1の(2)について事務局に説明を求めたい。
◎  事務局長 お手元の会期日程(案)をご参照いただきたい。今定例会は2月16日から3月12日までの25日間の会期を予定している。各常任委員会は2月20日から23日に開催し、特別委員会は2月26日の午前と午後に記載のとおり開催を予定している。27日は委員会の予備日となっている。一般質問については、3月5日、6日、7日の3日間とし、2月23日に開催される総務常任委員会の正午が一般質問通告の締め切りである。なお、本委員会については、3月5日、9日に開催する予定である。
○(中丸委員長) 説明のとおりでどうか。

                全 員 了 承

△(3)追加予定議案にかかる日程について
○(中丸委員長) 日程1の(3)について事務局に説明を求めたい。
◎  議事担当チーフ 資料3をご参照いただきたい。先ほど総務部長より工事委託契約の追加予定議案について話があったが、その議案が追加された場合の日程について説明させていただく。2月16日、本会議初日に議案第1号平成18年度大和市一般会計補正予算(第4号)を即決にて議決をお願いしたい。3月5日に予定している本委員会において正式に追加予定議案の説明を行い、その後の一般質問に先立ち、追加予定議案の上程、説明及び委員会付託を行う。3月8日に建設常任委員会を開催し、契約案件について審議をしていただき、3月12日の最終日に議決をお願いしたい。3月5日に正式に追加議案が提出された場合の予定である。
○(中丸委員長) 説明のとおりでどうか。

                全 員 了 承

△2 大和市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例について
○(中丸委員長) 日程2について事務局に説明を求めたい。
◎  庶務担当次長補佐 資料4をご参照いただきたい。この条例の主な改正点は、収支報告書の提出について、現行の「政務調査費に係る収支報告書を作成し、議長に提出しなければならない」を、「政務調査費に係る収支報告書を作成し、領収書等の証拠書類を添付して毎年4月30日までに議長に提出しなければならない」に改正するもので、収支報告書に領収書の添付義務を負うものである。施行日については、改選期を踏まえ平成19年5月4日とし、経過措置として、改正後の条例の規定の適用については、施行日以後に交付される政務調査費について適用とし、それ以前に交付された政務調査費については、従前の例によるものとする。また議決については、2月16日の本会議に即決でお願いしたい。
◆(伊知地委員) 5月4日が施行日だが、任期中に施行としなかった理由は何か。
◎  庶務担当次長補佐 改選期を考慮したためである。
◆(伊知地委員) もし4月1日施行となると、4月1日から30日分の収支報告書に領収書を添付して報告することになるのか。
◎  庶務担当次長補佐 そのとおりである。
◆(伊知地委員) 5月4日施行ではなく、4月1日施行とすべきと思うがどうか。
◎前田 議長 代表者会で議論を重ねて、5月4日施行に至っているのでご理解いただきたい。
◆(伊知地委員) 政務調査費に関しては、新聞等でも報道されており、大和市議会においては対応が遅れていると報道されている。議論をしている現状を少しでも早く示したいため発言させていただいた。
○(中丸委員長) 日程2については、説明のとおりでどうか。

                全 員 了 承

◎  議事担当チーフ 全会一致なので、2月16日の本会議での議員提出議案の提出者は大志会でお願いしたい。
○(中丸委員長) 提出者について、説明のとおりでどうか。

                全 員 了 承

△3 標準市議会会議規則等の改正に伴う対応について
○(中丸委員長) 日程3について、事務局から説明を求めたい。
◎  議事担当チーフ 資料5をご参照いただきたい。昨年の地方自治法改正を受けて、全国市議会議長会が標準会議規則・標準委員会条例を改正した。昨年11月20日の本委員会において、新旧対照表等の資料を配布し、概要は説明済みであり、12月18日の本委員会で、本日の本委員会で各会派の意見をまとめて、協議をお願いしたい旨をお伝えしているのがこれまでの経過である。内容的には大きく4点に整理ができ、各論点を要約し、それに対してどのような選択肢があるのかを整理したものが、配布した資料である。一点ずつ検討していただき、本日協議がまとまった点については、今定例会で改正したい。
 ?の「委員会の議案提出権について」は、地方自治法の改正により、これまで市長と議員にしか認められていなかった議案提出権が、法的に委員会にも認められたことから、その手続きを会議規則に定めるものである。法的に定められたものであり、標準会議規則どおり改正してよいか、確認をお願いしたい。
 ?の「会議録の作成等について」は、現在は、署名議員の署名を入れて冊子で作成している会議録原本を、従来どおりの紙によっても、電磁的記録によっても、いずれの方法でも作成できるよう規定を整備するものである。検討すべき点としては、a案として、将来に備えて標準会議規則・標準委員会条例どおりの改正をする。b案として、当面は電磁的記録により会議録原本を作成する予定はないことから現状どおりとするのいずれかの選択肢が考えられる。現在の会議録原本の作成及び保管には特段大きなコストがかかっているわけでもない。また、既に会議録検索システムが公開されており、電子化により公開や検索を容易にするという観点では実現されていることから、会議録原本を電磁的記録によることには直ちに大きなメリットがあるとは考えていない。昨今の電子化の進展の中で会議録原本の電磁的記録化を除外する必要もないことからの改正と聞いている。
 ?の「議長による委員の選任について」は、現在、委員会の委員の選任は、本会議で議長が会議に諮って指名することになっているが、これを会議に諮ることなく議長権限により指名することができるようにするものである。地方自治法改正の趣旨としては、閉会中に補欠選挙で当選した議員が閉会中の委員会活動に参加できるよう、議長権限で委員に選任できるようにしたもので、議長会では、閉会中に限らず会期中においても会議に諮らず委員の選任を行える規定としている。選択肢としては、a案として、議長会の見解にならい、委員の選任をすべて議長権限とする。b案として、地方自治法の改正趣旨のみを生かし、閉会中のみ議長権限で委員の選任を行えるよう独自の改正をする。c案として、現状どおり委員の選任は議長が会議に諮って指名するのいずれかと考える。現在、委員の選任は、臨時会において、代表者会での話し合いと抽選を経て選任されており、委員会条例が改正されても、この取り扱いについての変更はないことから、実質的な選任に影響を与えるものではない。
 ?の「常任委員会への所属制限の撤廃について」は、かつて、委員会の数は人口の規模別に決まっていたが、平成12年の地方自治法改正により、これが廃止され、自治体は委員会の数を自由に増やせるようになった。しかし、1人1常任委員会の制度が存続したため、特に小規模な自治体では委員会を増やすと委員会の定数が減ることから、実質的に常任委員会を増やすことができなかった。こうした点に配慮して、今回の地方自治法改正により、1人1常任委員会の制限が廃止された。この点については、各市の判断に任されており、標準委員会条例は改正されていない。選択肢としては、a案として、現状どおり1人1常任委員会とする。b案として、複数常任委員会への所属を可能とするのいずれかと考えられる。この場合、常任委員会ごとの定数をどうするか、常任委員会の数・所管事項の見直しの必要はないか、定数を見直した場合の委員の選任方法についてはどうするか、常任委員会の所管事項調査はどうするか。といった検討すべき課題が発生してくる。
 検討の容易な内容もあるが、本日中に協議がまとまらない場合は、改選後に引き続き協議をお願いしたい考えである。
 本日、協議がまとまり了解いただけた点については、3月5日の本委員会で改正案を示すので、会派に持ち帰り、3月9日の本委員会で承認いただければ、最終日3月12日に議員提出議案として即決での改正をお願いしたい。
○(中丸委員長) 日程3について、1点ずつ会派の意見を伺っていきたい。まず、?の「委員会の議案提出権について」はどうか。
◆(荻窪委員) 委員会に議案提出権を認めるように改正してよいと考える。
○(中丸委員長) 委員会に議案提出権を認めるように改正してよいとの意見が出たがどうか。

                全 員 了 承

○(中丸委員長) ?の「会議録の作成等について」はどうか。
◆(荻窪委員) 標準会議規則、標準委員会規則どおり改正し、将来的にいずれにも対応できるようにしておくべきと考える。
◆(伊知地委員) 同様の考えである。
◆(綱島委員) 同様である。
○(中丸委員長) 標準会議規則、標準委員会規則どおり改正し、将来的にいずれにも対応できるようにしておくとの意見でよいか。

                全 員 了 承

○(中丸委員長) ?の「議長による委員の選任について」はどうか。
◆(荻窪委員) 補欠選挙で当選した方が議会の了承を得る前に緊急性を要する委員会等が開かれる可能性があることから、閉会中のみ議長権限により委員の選任を行えるように改正するべきと考える。
◆(綱島委員) 委員の選任をすべて議長権限とするよう改正するべきと考える。
◆(伊知地委員) 委員の選任をすべて議長権限とするよう改正するべきと考える。
◆(菊地委員) ここで即決しなければならないのか。会派に持ち帰り検討したいがどうか。
○(中丸委員長) 会派に持ち帰り再度協議をしたいとの意見があるがどうか。

                全 員 了 承

○(中丸委員長) ?の「常任委員会への所属制限の撤廃について」はどうか。
◆(荻窪委員) 定数の問題、役割の問題、今後の市政の中での設置すべき必要委員会の問題、市側の担当部署の割り振りの問題等が考えられるため再度検討したい。
○(中丸委員長) 再度検討したいとの意見があるが、どうか

                全 員 了 承

◎  議事担当チーフ 「委員会の議案提出権について」及び「会議録の作成等について」は3月5日に改正案を提出させていただく。また、「議長による委員の選任について」及び「常任委員会への所属制限の撤廃について」は改選後も踏まえて協議をしていただきたい。

△4 その他
△(1)勇退議員のあいさつについて
○(中丸委員長) 日程4の(1)について事務局から説明を求めたい。
◎  議事担当チーフ 今定例会は任期の最終定例会となる。慣例により、3月12日の本会議終了後市長、議長のあいさつに続き勇退される議員で希望される方にあいさつをお願いしたい。順序は期数の多い方、同期の場合は年長者の順となっている。希望の方は、一般質問の最終日、3月7日の17時までに事務局に申し出ていただきたい。
○(中丸委員長) 説明のとおりでどうか。

                全 員 了 承

○(中丸委員長) 他に委員から質疑があるか。
◆(荻窪委員) 総務部長の説明の中に追加予定議案として損害賠償の話があった。本委員会の前に開催された代表者会議においても説明があり、議員各位は承知していると思われる。そこで、会期日程が示されているので、あらかじめ日程の確認をした方が良いと思うがどうか。
◎  議事担当チーフ 先ほどの代表者会において、損害賠償における追加予定議案の話があったが、損害賠償の案件については2件ある。会期日程については事前に説明をさせていただきたいが、質疑にあった追加議案については本委員会で説明がされていない。確定ではないが、2月16日の本会議前に本委員会を開催させていただき、詳細を説明したのち会期日程についても提示したいと考えている。

              午前10時47分 閉会