議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 厚木市

平成20年6月定例会(第1日) 本文




◯石射正英副議長 ただいまの出席議員は26人で定足数に達しております。関戸順一議長、齋藤仁礼議員から欠席の届け出がありました。
 ただいまから平成20年厚木市議会6月定例会を開会いたします。
 会議規則第79条の規定によって、本定例会の会議録署名議員を副議長から指名いたします。越智一久議員、田上祥子議員、高田浩議員にお願いいたします。
 議長の諸報告は、お手元に配付のとおりでありますので、ご了承願います。
 この際、宮台副市長から発言を求められておりますので、これを許可いたします。副市長。
---
◯宮台 功副市長 (登壇)皆さん、おはようございます。ただいま議長のお許しをいただきましたので、副市長就任のごあいさつをさせていただきたいと存じます。
 議員の皆様におかれましては、2月定例会におきまして副市長選任議案にご同意を賜り、まことにありがとうございました。改めて厚く御礼申し上げます。
 4月1日付で小林市長から副市長の選任発令をいただきました。小林市長が掲げております「明るく楽しい元気なまちあつぎ」の実現に向け積極的に取り組んでまいりますとともに、多くの行政課題解決のため副市長として小林市長を補佐し、平井教育長とともに厚木市発展のため率先励行、最善を尽くす所存でございます。どうかこれからも議員の皆様方にはご支援、ご指導、ご鞭撻を賜りますよう心よりお願いを申し上げ、副市長就任のごあいさつとさせていただきます。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。
---
◯石射正英副議長 本日の議事日程は、お手元に配付してあります日程表のとおりであります。
 日程に入ります。
   ──────────────
---
◯石射正英副議長 日程1「会期の決定」を議題といたします。
 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から6月24日までの23日間とすることにご異議ありませんか。
   (「異議なし」との声あり)
 ご異議なしと認めます。よって本定例会の会期は、本日から6月24日までの23日間と決定いたしました。
 なお、会期中の会議日割は、お手元に配付してあります日割表のとおりであります。
   ──────────────
---
◯石射正英副議長 日程2「報告第1号 平成19年度厚木市一般会計継続費繰越計算書について」から日程6「報告第5号 平成19年度厚木市一般会計事故繰越し繰越計算書について」までの5件を一括議題といたします。
 報告を求めます。市長。
---
◯小林常良市長 (登壇)おはようございます。ご報告をさせていただく前に、ただいま全国市議会議長会から、40年の長きにわたる議員としてのご功績を表彰されました徳間和男議員に、22万5000厚木市民を代表いたしまして心からお喜びを申し上げますとともに、長きにわたりまして厚木市の発展のためにご貢献いただきましたことに、改めて感謝と御礼を申し上げます。これからも夢と希望に満ちた厚木市の創造のため、引き続きお力添えをお願い申し上げ、お祝いの言葉とさせていただきます。本当におめでとうございます。
 それでは、ただいま議題となりました報告第1号から報告第5号までの5件につきまして、一括してご説明申し上げます。
 まず、報告第1号 平成19年度厚木市一般会計継続費繰越計算書につきましては、(仮称)厚木南地区老人憩の家建設事業ほか5事業に係る予算の一部を翌年度へ逓次繰り越しいたしたものでございます。
 次に、報告第2号 平成19年度厚木市公共下水道事業特別会計継続費繰越計算書につきましては、合流式下水道改善事業に係る予算の一部を翌年度へ逓次繰り越しいたしたものでございます。
 次に、報告第3号 平成19年度厚木市一般会計繰越明許費繰越計算書につきましては、平成19年9月定例会、平成19年12月定例会及び平成20年2月定例会におきまして繰越明許の手続をいたしました斎場施設整備事業ほか10事業に係る予算を翌年度へ繰り越しいたしたものでございます。
 次に、報告第4号 平成19年度厚木市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書につきましては、平成19年12月定例会におきまして繰越明許の手続をいたしました公共下水道整備事業(その2)に係る予算を翌年度へ繰り越しいたしたものでございます。
 次に、報告第5号 平成19年度厚木市一般会計事故繰越し繰越計算書につきましては、電算室維持補修事業費について、空調機の機器更新の委託におきまして、空調機の製造がおくれたことにより年度内の完成が不可能となったため、予算の一部を翌年度へ繰り越しいたしたものでございます。
 以上の5件につきましては、いずれも地方自治法施行令の定めるところにより、議会にご報告申し上げるものでございます。
 何とぞよろしくお願い申し上げます。
---
◯石射正英副議長 一括質疑に入りますが、本日からクールビズになっておりますので、上着、ネクタイは自由におとりになって結構です。徳間議員。
---
◯28番 徳間和男議員 市長、ご丁寧なお祝いの言葉をありがとうございました。
 繰り越しと繰越明許の財務規則上の具体的な手続の方法、条件について説明していただきたいと思います。同時に、出納閉鎖との関係で財務規則に矛盾はないのかどうかの点も説明してください。
---
◯下嶋和美財務部長 繰り越しの関係につきましては、財務規則におきましては、5月末日までに繰り越す場合の繰り越しの事業、これらの繰越計算書、調書を作成いたしまして、それに基づきまして繰り越しの手続を行います。その後、直近の議会にご報告を申し上げるというようなことでございます。
 それから、出納閉鎖との関係でございますけれども、これにつきましては、地方自治法に基づき規定されている内容で行うものでございますので、特に抵触するというふうには考えてございません。
---
◯28番 徳間和男議員 出納閉鎖が終わった後に数字に変化が起こるというのはおかしいと思いませんか。5月31日に出納閉鎖がありますから、それ以後の数字の動きというのはあり得ないと考えるのが普通ではないですか。だったら繰り越しの数字、逓次繰り越しとか事故繰り越し、繰越明許の数字が出た場合は、5月31日中に専決処分をして処理をするというのが法律を正しく運用することになるのではないですか。
---
◯下嶋和美財務部長 出納閉鎖が行われた後にというお話でございますけれども、地方自治法の中で手続が定められておりまして、これに基づき、先ほど申し上げたように5月31日までに継続費の計算書を調製する。それによりまして、事務手続上、その繰り越しの手続を決裁の上で決定いたします。決定いたしましたものを次の議会、6月議会になろうかと思いますけれども、そこでご報告を申し上げるということで、実際には決定をさせていただいているというように理解をしております。
---
◯28番 徳間和男議員 いや、わかりましたが、実際には決定されているというのは余計な話ではないですか。議会で議決して初めて決定されるのでしょう。ところが、5月31日に内部の数字の調整で実際には決定されているのだというのは余計な説明だと思うのです。
 では、最後に1つだけ。今最後に話されたのは財務規則の話ではなかったですね。法律の話ですね。財務規則では期日はどうなっていますか。
---
◯下嶋和美財務部長 財務規則におきましては、継続費の繰越調書を3月末日までに調製するというようになってございます。
---
◯石射正英副議長 奈良議員。
---
◯8番 奈良 握議員 済みません、1点だけ確認をしますが、それぞれの報告は大事な案件ではあると思うのですけれども、これが議決を要せずにいわゆる報告でいいというようになっている理由はそもそも何ですか。
---
◯下嶋和美財務部長 この手続におきましては、既に繰越明許等によりまして議決をいただいている事業が3月31日までに終わらないというようなことで、そのことを議決いただいた範囲の中で、事業が実際に繰り越しが出てしまう部分につきまして次年度に繰り越すということでございますので、地方自治法のそのような規定に基づきまして、報告という形をとらせていただいているということでございます。
---
◯石射正英副議長 ほかになければ、本5件はこれで終わります。
   ──────────────
---
◯石射正英副議長 日程7「議案第44号 専決処分の承認を求めることについて」を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。市長。
---
◯小林常良市長 (登壇)ただいま議題となりました議案第44号 専決処分の承認を求めることにつきまして、提案理由をご説明申し上げます。
 本件につきましては、地方税法の一部改正に伴い、厚木市市税条例の一部を改正する必要が生じましたが、特に緊急を要するため、議会を招集する時間的余裕がなかったことから、地方自治法第179条第1項の規定により、去る4月30日に専決処分をいたしたものでございます。
 改正の内容といたしましては、法人市民税の均等割の標準税率を課する法人の区分を明確にするほか所要の措置を講ずるものでございまして、地方自治法第179条第3項の規定により報告し、承認を求めるものでございます。
 何とぞよろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。
---
◯石射正英副議長 質疑に入ります。―別になければ質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。本件は、会議規則第36条第3項の規定によって委員会付託を省略することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」との声あり)
 ご異議なしと認めます。よって委員会付託を省略いたします。
 討論に入ります。―別になければ討論を終結いたします。
 採決いたします。日程7「議案第44号 専決処分の承認を求めることについて」は、承認することに賛成の議員の起立を求めます。
       (起立全員)
 起立全員。よって本件は承認することに決しました。
   ──────────────
---
◯石射正英副議長 日程8「議案第45号 厚木市立老人憩の家条例の一部を改正する条例について」及び日程9「議案第46号 厚木市心身障害者医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例について」の2件を一括議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。市長。
---
◯小林常良市長 (登壇)ただいま議題となりました議案第45号及び議案第46号の2件につきまして、一括して提案理由をご説明申し上げます。
 まず、議案第45号 厚木市立老人憩の家条例の一部を改正する条例につきましては、厚木南地域に建設中の老人憩の家の名称及び位置を定めるとともに、老人憩の家の利用範囲等に関し所要の措置を講ずるため、本条例の一部を改正するものでございます。
 次に、議案第46号 厚木市心身障害者医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例につきましては、本年4月1日から後期高齢者医療制度が施行されたことなどに伴い、医療費助成の対象者の範囲を明確にするため、本条例の一部を改正するものでございます。
 以上2議案につきまして、何とぞよろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。
---
◯石射正英副議長 一括質疑に入ります。釘丸議員。
---
◯10番 釘丸久子議員 議案第45号 厚木市立老人憩の家条例の一部を改正する条例についてですけれども、今回設置目的を変更するということですが、この変更するに至った理由は何でしょうか。
---
◯田口正和福祉部長 老人憩の家条例の改正で、第1条の設置目的についての変更理由でございますが、これまで老人憩の家は高齢者の方々の利用を主体として位置づけてきましたが、4割以上は高齢者以外の方が利用しているという実態もございます。また、老人憩の家が地域密着型の施設であるという部分もございますので、地域住民の方々が広く利用可能な施設として位置づけをしていきたく、今回の改正ということで第1条に文言を追加して条例上明確にしたということでございます。
---
◯10番 釘丸久子議員 そうしますと恐らく運営規則が変わると思います。これは全部地域の人たちによる運営委員会で指定管理されているわけですけれども、そこの運営のマニュアル的なものは今後どのように指定管理者のほうに連絡するのか。運営そのものが全市的に共通になるのかどうか、そこのところだけお願いします。
---
◯田口正和福祉部長 今後の運営のルールでございますけれども、当然規則等に遵守事項もございます。また、指定管理ということで管理委員会を設けてございますので、その中でも一定のルール、その中でも遵守事項が設けてございます。今後におきましては全市的に同じ扱いの方向で管理委員会のほうにもご説明をしていきたいと考えてございます。
---
◯石射正英副議長 ほかになければ質疑を終結いたします。
 本2件は、付託表のとおり市民福祉常任委員会に付託し、休会中の審査に付します。
   ──────────────
---
◯石射正英副議長 日程10「議案第47号 不動産の取得について」及び日程11「議案第48号 不動産の取得について」の2件を一括議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。市長。
---
◯小林常良市長 (登壇)ただいま議題となりました議案第47号及び議案第48号の2件につきまして、一括して提案理由をご説明申し上げます。
 まず、議案第47号につきましては、厚木環状3号線道路用地として厚木市愛名字宮地365番4ほか27筆、5464.16平方メートルの土地を取得するものでございます。
 また、議案第48号につきましては、新たな斎場施設の建設用地として厚木市下古沢字梅見里549番ほか5筆、1万1401.05平方メートルの土地を取得するものでございます。
 以上の2議案につきましては、いずれも厚木市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を求めるものでございます。
 何とぞよろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。
---
◯石射正英副議長 一括質疑に入ります。―別になければ質疑を終結いたします。
 本2件は、付託表のとおり所管の常任委員会に付託し、休会中の審査に付します。
   ──────────────
---
◯石射正英副議長 日程12「議案第49号 動産の取得について」を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。市長。
---
◯小林常良市長 (登壇)ただいま議題となりました議案第49号 動産の取得につきまして、提案理由をご説明申し上げます。
 本件につきましては、北部学校給食センターの食缶類洗浄機につきまして、機器の老朽化が進んでおりますことから、提供食品の安全性や作業の効率化を図るため、機器の更新を行うものでございます。
 この動産の取得に係る一般競争入札を去る5月15日に執行いたしましたところ、株式会社中西製作所横浜営業所が2129万4000円で落札いたしましたので、物件供給契約を締結いたしたく、厚木市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を求めるものでございます。
 何とぞよろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。
---
◯石射正英副議長 質疑に入ります。徳間議員。
---
◯28番 徳間和男議員 物品の購入契約の本会議議決要件を2000万円を超えるものに決めたのはいつごろの話ですか。
 わからないならいいです。全員協議会の報告とか何かにして、2000万円をもっと上げていいのではないか、低過ぎないかということを言っているのです。どうですか。
---
◯門倉照雄総務部長 この条例につきましては昭和39年4月に施行しておりますので、このときから施行されているというように思っております。2000万円につきましては、現状のいろいろな状況を勘案しまして低いか、安いかという部分もありますけれども、今後検討の課題ということにさせていただきたいと思います。
---
◯石射正英副議長 ほかになければ質疑を終結いたします。
 本件は、付託表のとおり総務企画常任委員会に付託し、休会中の審査に付します。
   ──────────────
---
◯石射正英副議長 日程13「議案第50号 厚木市立老人憩の家指定管理者の指定について」を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。市長。
---
◯小林常良市長 (登壇)ただいま議題となりました議案第50号 厚木市立老人憩の家指定管理者の指定につきまして、提案理由をご説明申し上げます。
 本件につきましては、本年7月に供用開始を予定しております厚木市立厚木南老人憩の家につきまして、指定管理者制度に基づく施設の管理を行わせるため、厚木南老人憩の家管理委員会を指定管理者として指定するものでございます。
 何とぞよろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。
---
◯石射正英副議長 質疑に入ります。―別になければ質疑を終結いたします。
 本件は、付託表のとおり市民福祉常任委員会に付託し、休会中の審査に付します。
   ──────────────
---
◯石射正英副議長 日程14「議案第51号 神奈川県後期高齢者医療広域連合の規約の変更に係る協議について」を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。市長。
---
◯小林常良市長 (登壇)ただいま議題となりました議案第51号 神奈川県後期高齢者医療広域連合の規約の変更に係る協議につきまして、提案理由をご説明申し上げます。
 本件につきましては、高齢者の医療の確保に関する法律施行令の改正等に伴い、神奈川県後期高齢者医療広域連合の規約の一部を変更する必要があることから、地方自治法第291条の11の規定により議会の議決を求めるものでございます。
 何とぞよろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。
---
◯石射正英副議長 質疑に入ります。―別になければ質疑を終結いたします。
 本件は、付託表のとおり市民福祉常任委員会に付託し、休会中の審査に付します。
   ──────────────
---
◯石射正英副議長 日程15「陳情第4号 厚木中央公園西側にあるコンクリート球と池を撤去し、環境自治体の実現のため、植樹を求める陳情」及び日程16「陳情第5号 後期高齢者医療制度の中止・撤回を求める意見書を国に提出することを求める陳情」の2件を一括議題といたします。
 本2件は、付託表のとおり所管の常任委員会に付託し、休会中の審査に付します。
   ──────────────
---
◯石射正英副議長 以上で本日の日程は終了いたしました。
 本日はこれで散会いたします。
   ━━━━━━━━━━━━━━
     午前9時47分  散会