議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 秦野市

平成20年度決算特別委員会 本文




2009.09.07 : 平成20年度決算特別委員会 本文


         平成20年度秦野市決算特別委員会(初委員会)

              午前 9時29分 開会
◯議会事務局長【 1頁】 それでは、皆さんおそろいでございますので、ただいまから平成20年度秦野市決算特別委員会初委員会を始めさせていただきたいと思います。
 この会議では、正副委員長の互選と審査要領案についての御協議を予定しておりますので、よろしくお願いいたします。
 初めに、設置後、最初の委員会ですので、正副委員長の互選を行っていただくわけでございますけれども、委員会条例第10条2項の規定に基づきまして、委員長が選出されるまでの間、委員の中の年長でございます高橋照雄委員に、臨時委員長の職務をお願いしたいと思いますが、よろしいでしょうか。
              〔「はい」と呼ぶ者あり〕


◯議会事務局長【 1頁】 それでは、高橋臨時委員長、よろしくお願いいたします。


◯高橋照雄臨時委員長【 1頁】 皆さん、おはようございます。今、局長のほうから話がありましたように、年長であるということで、臨時委員長をさせていただきますので、よろしく御協力お願いいたしたいと思います。
 これより、委員長の選挙を行います。
 暫時休憩いたします。
              午前 9時30分 休憩
             ─────────────
              午前 9時31分 再開


◯高橋照雄臨時委員長【 1頁】 再開いたします。
 お諮りいたします。
 選挙の方法につきましては、指名推選によることとし、臨時委員長において指名することに、いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯高橋照雄臨時委員長【 1頁】 御異議なしと認めます。
 したがって、臨時委員長において指名することに決定いたしました。
 委員長に佐藤敦委員を指名いたします。
 ただいま、指名いたしました佐藤敦委員を、委員長の当選人と定めることに、御異議ありませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯高橋照雄臨時委員長【 1頁】 御異議なしと認めます。
 したがって、佐藤敦委員が、委員長に当選されました。
 ただいま、委員長に当選されました佐藤敦委員に、ごあいさつをお願いいたします。
 佐藤敦委員。


◯佐藤敦委員【 2頁】 ただいま御推挙いただきまして、ありがとうございます。皆様の御協力をよろしくお願い申し上げます。


◯高橋照雄臨時委員長【 2頁】 どうもありがとうございました。
 それでは、委員長と交替いたします。


◯佐藤敦委員長【 2頁】 ただいまから、委員長としての職務を行いますので、委員各位の御協力をお願いいたします。
 これより副委員長の選挙を行います。
 暫時休憩いたします。
              午前 9時32分 休憩
             ─────────────
              午前 9時33分 再開


◯佐藤敦委員長【 2頁】 再開いたします。
 お諮りいたします。
 選挙の方法につきましては、指名推選によることとし、委員長において指名することに、いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤敦委員長【 2頁】 御異議なしと認めます。
 したがって、委員長において指名することに決定いたしました。
 副委員長に横山むらさき委員を指名いたします。
 ただいま、指名いたしました横山むらさき委員を、副委員長の当選人と定めることに、御異議ありませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤敦委員長【 2頁】 御異議なしと認めます。
 したがって、横山むらさき委員が、副委員長に当選されました。
 ただいま、副委員長に当選されました横山むらさき委員に、ごあいさつをお願いいたします。


◯横山むらさき委員【 2頁】 ただいま御推挙いただきまして、ありがとうございます。よろしくお願いいたします。


◯佐藤敦委員長【 2頁】 ありがとうございました。
 次に、審査の日程、及び審査の方法について、事務局の説明を求めます。
 議会事務局長。


◯議会事務局長【 2頁】 それでは、机上配付してあります資料2枚目以降にあるかと思いますが、審査要領案につきまして概略を御説明させていただきます。まず1の審査日程でございますけれども、9月11、土日の後の14、15、16の4日間ということになっております。表中の右の欄には、参考といたしまして昨年の平成19年度決算審査の進行状況につきまして記載してございますので、最後に御確認していただきたいと思います。次に、2の会派別質疑時間でございますけれども、先例・申し合わせに基づきまして算出した質疑時間を記載してございます。御確認をお願いいたしたいと思います。次に、2の会派別質疑時間でございますけれども、本日開催された議運にて決定し、先例・申し合わせに基づきまして算出した質疑時間を記載してございます。御確認をお願いいたしたいと思います。なお、総括質疑の発言通告につきましては、来週の火曜日9月8日の正午までになっておりますので、よろしくお願いいたします。それから総括質疑は、1回目は一括方式で質問していただきまして、2回目の再質問以降につきましては一問一答方式もできるということになっておりますので、御承知おきいただきたいと思います。次に、ただいまごらんいただいている資料の裏面をごらんいただきたいと思います。3の会派質疑順ですけれども、例年、総括質疑を多数会派から行っていただきまして、その後の款別、会計別の質疑に当たりましては、順次繰り上げていくというような形で実施されております。なお、決算は、水道事業会計も含めて審査していただくことになっております。通常、審査順は議案番号順を基本にしておりますけれども、予算編成の順番に従いまして一般会計、款別の審査、それには歳入までいれていただいて、一般会計が終わりましたら、水道事業会計、その後、特別会計、国保以降の特別会計、この順序で審査をお願いしたいと思います。次に2ページ、同じページの下のほうに4の審査の留意点ということで記載してございます。昨年度同様に、質問席で質疑される方は、起立して行っていただければと思いますので、よろしくお願いいたします。次に資料3ページの5の決算委員の席次の関係でございますけれども、これまでの例によりますと11番の席を委員長席、委員長は委員長席で左側の委員長席にすわりますので、11番は空席という形になります。1番の席を副委員長席ということで、2番から10番を委員会席、それから副委員長と同一会派が複数いられる場合には、1番、2番、ないしは3番までという形で着席をしていただくことになります。慣例ですとその後、副委員長と同じ会派の委員が2番以降に着席していただいて、その後は少数会派から順次着席していただくということになります。先程、副委員長をお決めいただきましたので、座席の関係をただいま発表させていただきますけれども、1番、2番が公明党、3番が日本共産党、4番、5番が市政会、6番、7番が民政会、8番、9番、10番が秦政会、11番は委員長席で空席という形になりますので、よろしくお願いいたします。ただいま、説明いたしました審査要領案の3の会派の質疑順、それからただいま、発表いたしました5の席次につきまして、御協議いただきたいと思います。よろしくお願いいたします。


◯佐藤敦委員長【 3頁】 審査要領案に関する説明は終わりました。まず、会派の質疑順につきましては、実施要領案のとおり、行うこととしてよろしいですか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤敦委員長【 3頁】 御異議なしと認めます。
 したがって、そのように決定いたしました。
 次に、席次につきましては、事務局長から説明のありました案のとおりとしてよろしいですか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤敦委員長【 4頁】 御異議なしと認めます。
 したがって、そのように決定いたしました。
 次に、事務連絡について、議会事務局長。


◯議会事務局長【 4頁】 それでは、初委員会終了後の流れについて、御連絡いたします。
 この後、本会議を再開いたしまして、議長から決算特別委員会の正副委員長の互選結果を報告いたします。その後、正副委員長には御登壇をいただきまして、委員長からごあいさつをいただくことになりますので、御了承いただきたいと思います。以上でございます。


◯佐藤敦委員長【 4頁】 他に委員の皆さんから、何かございますか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤敦委員長【 4頁】 それでは、以上で決算特別委員会を閉会いたします。
 ありがとうございました。
              午前 9時45分 閉会