議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 三浦市

平成17年第4回定例会(第5号12月14日)




平成17年第4回定例会(第5号12月14日)





      平成17年第4回三浦市議会定例会会議録(第5号)





 


                 平成17年12月14日(水曜日)午前10時開議


 日程第 1  議案第 83号 専決処分の承認を求めることについて


 日程第 2  議案第 84号 長期継続契約を締結することができる契約を定める条


                例


 日程第 3  議案第 85号 三浦市市税条例の一部を改正する条例


 日程第 4  議案第 87号 指定管理者の指定について


 日程第 5  議案第 88号 指定管理者の指定について


 日程第 6  議案第 89号 指定管理者の指定について


 日程第 7  議案第 90号 指定管理者の指定について


 日程第 8  議案第 91号 指定管理者の指定について


 日程第 9  議案第 92号 指定管理者の指定について


 日程第10  議案第 93号 指定管理者の指定について


 日程第11  議案第 94号 指定管理者の指定について


 日程第12  議案第109号 平成17年度三浦市一般会計補正予算(第6号)


 日程第13  議案第 82号 専決処分の承認を求めることについて


 日程第14  議案第 86号 三浦市都市公園条例の一部を改正する条例


 日程第15  議案第 95号 指定管理者の指定について


 日程第16  議案第 96号 指定管理者の指定について


 日程第17  議案第 97号 指定管理者の指定について


 日程第18  議案第 98号 指定管理者の指定について


 日程第19  議案第 99号 指定管理者の指定について


 日程第20  議案第100号 指定管理者の指定について


 日程第21  議案第101号 指定管理者の指定について


 日程第22  議案第102号 指定管理者の指定について


 日程第23  議案第103号 指定管理者の指定について


 日程第24  議案第104号 指定管理者の指定について


 日程第25  議案第105号 指定管理者の指定について


 日程第26  議案第106号 指定管理者の指定について


 日程第27  議案第107号 指定管理者の指定について


 日程第28  議案第108号 指定管理者の指定について


 日程第29  議案第110号 平成17年度三浦市老人保健医療事業特別会計補正予


                算(第1号)


 日程第30  議案第111号 平成17年度三浦市介護保険事業特別会計補正予算


                (第1号)


 日程第31  議案第112号 平成17年度三浦市水道事業会計補正予算(第2号)


 日程第32  議案第113号 三浦市民ホールに係る争訟に関する和解について


 日程第33  議案第114号 固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求め


                ることについて


 日程第34  意見書案第12号 障害者自立支援法の施行に関する意見書


 日程第35  閉会中継続審査申し出について


〇本日の会議に付した事件


 議事日程に同じ


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


〇出席議員(17名)


   議 長  土 田 成 明     副議長  石 渡 定 子


  (7 番)            (9 番)


   1 番  石 渡 裕 子     2 番  出 口 正 雄


   3 番  畠 中   宏     4 番  石 原 正 宣


   5 番  松 原 敬 司     6 番  佐 瀬 喜代志


   8 番  立 本 眞須美    10 番  中 谷 博 厚


  12 番  北 川 年 一    13 番  佐 藤   崇


  14 番  小 林 直 樹    15 番  田 辺 冨士雄


  16 番  松 原 安 雄    17 番  加 藤   建


  18 番  四 宮 洋 二


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


〇出席説明員


  市長           吉 田 英 男


  助役           杉 山   実


  教育長          岩 田   格


  政策経営室長       木 村   乃


  行政管理部長       山 内 和 世


  市民協働室長       高 木 伸 朗


  経済振興部長       松 井   久


  保健福祉部長       伊 藤   清


  都市部長         水 越 範 晃


  環境部長         高 木   厚


  市立病院事務長      砂 川 克 三


  水道部長         進 藤 留 次


  消防長          木 村 真 作


  教育部長         三 壁 伸 雄


  財務担当部長       久保田 正 廣


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


〇職務のため出席した議会事務局職員


  事務局長         蛎 崎   仁


  庶務課長         根 本 信 一


  議事係長         山 田 廣 一


  書  記         長 島 ひろみ


  書  記         藤 崎 礼 子


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


        平成17年第4回三浦市議会定例会議長報告(第2号)


                        平成17年12月14日(水曜日)


11月29日 同日の本会議において議決された「横須賀基地への原子力空母配備の合意


       撤回を求める意見書」を政府関係機関に送付した。


11月30日 代表者会議が開催された。


12月 4日 南下浦市民センターにおいて開催された第29回三浦三崎マグロ争奪将棋


       大会に出席し、あいさつを述べた。


12月 5日 総務経済常任委員会が開催され、委員長より「議案審査結果報告書」及び


       陳情に関する「閉会中継続審査申出書」を受けた。


 ・陳情第14号 「パート労働者等の均等待遇を求める意見書」採択を求める陳情書


 (平成16年) [審査結果] 閉会中継続審査


 ・陳情第 1号 「市場化テスト」や「給与構造見直し」に反対する意見書の採択を求


 (平成17年)  める陳情


         [審査結果] 閉会中継続審査


 ・陳情第 2号 確実な税源移譲、交付税の拡充による自治体財政の確立、公務・公共


 (平成17年) 業務を後退させる「市場化テスト」反対、地域経済等に悪影響を及ぼ


         す「給与見直し」に反対する意見書採択を求める陳情


         [審査結果] 閉会中継続審査


 ・陳情第 3号 定率減税縮小・廃止の中止、消費税の大増税をやめさせるための意見


 (平成17年) 書採択を求める陳情


         [審査結果] 閉会中継続審査


12月 6日 都市厚生常任委員会が開催され、委員長より「議案審査結果報告書」及び


       「陳情審査結果報告書」並びに陳情に関する「閉会中継続審査申出書」を


       受けた。


 ・陳情第19号 教育基本法改正ではなく、教育基本法に基づく施策を進めることを求


 (平成16年) める意見書を政府等に提出することについての陳情


         [審査結果] 閉会中継続審査


 ・陳情第15号 障害者自立支援法の施行に関する国への意見書提出についての陳情


 (平成17年) [審査結果] 了承できるもの


 ・陳情第16号 幹線道路に関する陳情書


 (平成17年) [審査結果] 閉会中継続審査


 ・陳情第17号 引橋周辺道路整備について


 (平成17年) [審査結果] 閉会中継続審査


 ・陳情第18号 諏訪町老人ホーム(虹の種子)建設についての陳情書


 (平成17年) [審査結果] 閉会中継続審査


 ・陳情第19号 市道1408号線の復原供用開始の実施に関する陳情書


 (平成17年) [審査結果] 閉会中継続審査


12月 7日 市役所本館第一会議室において開催された三浦市表彰者選考委員会に出席


       した。


12月 8日 ごみ処理等に関する特別委員会が開催された。


12月 8日 経済対策特別委員会が開催された。


12月 9日 市長より次のとおり議案が追加提出され受理した。


 議案第113号 三浦市民ホールに係る争訟に関する和解について


12月 9日 三浦市民ホール取得等調査特別委員会が開催された。


12月 9日 代表者会議が開催された。


12月 9日 議会運営検討会が開催され、会長より「議会運営検討会答申(その6)」


       を受けた。


12月13日 来福寺会館において開催された和田祐智氏瑞宝双光章受章感謝の集いに出


       席し、祝辞を述べた。


12月14日 石渡裕子議員外7人より次のとおり意見書案が提出され受理した。


 意見書案第12号 障害者自立支援法の施行に関する意見書


12月14日 市長より次のとおり議案が追加提出され受理した。


 議案第114号 固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


               午前10時29分開議


○土田成明議長  おはようございます。ただいまより本日の会議を開きます。


 本日の会議録署名議員に佐瀬喜代志議員、立本眞須美議員、石渡定子議員を指名いたします。


 諸般の報告は、お手元に配付いたしました報告書により朗読を省略させていただきます。


 これより本日の議事日程に入ります。


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


○土田成明議長  お諮りいたします。日程第1 議案第83号から日程第12 議案第109号までの以上12件につきましては一括して議題としたいと思いますが、これにご異議ございませんか。(「異議なし」の声あり) ご異議なしと認めます。よって、ただいまのとおり決しました。


 総務経済常任委員長の報告を求めます。16番。


             [16番松原安雄議員 登壇]


○16番松原安雄議員  ただいま議題となりました議案第83号より議案第109号までの12件につきまして、去る12月5日開催の総務経済常任委員会における審査の経過と結果をご報告申し上げます。


 まず、議案第83号 専決処分の承認を求めることについて申し上げます。


 本案は、経済対策利子補給事業に係る予算につき急施を要したため専決処分したものであり、専決処分した平成17年度三浦市一般会計補正予算(第5号)は、債務負担行為の補正として経済対策利子補給事業補助金500万円を追加するものであります。


 質疑におきましては、昨年の利子補給事業の実績について説明を求められ、担当より「78件の利用があり、226万1,222円の支出予定である」と説明されました。


 さらに委員より、三浦市の景気が冷え込んでいる中で、市が経済対策の面から利子補給を行うことは意義があると考える、との意見が述べられました。


 次に、議案第84号 長期継続契約を締結することができる契約を定める条例については、地方自治法及び同法施行令の一部改正に伴い、物品を借り入れる契約または役務の提供を受ける契約のうち、長期継続契約を締結することができる契約の対象範囲を定めるものであります。


 質疑としましては、この条例が施行されると、現在、債務負担行為を行っている事務用機器やソフトウエアなどのリース契約及び役務の提供に関する契約については長期契約を行うことになるのかと質疑され、担当より「そのとおりである」と答えられました。


 次に、議案第85号 三浦市市税条例の一部を改正する条例については、地方税法の一部改正に伴い、65歳以上の者に適用される市民税の非課税限度額廃止に伴う経過措置を規定するほか、固定資産税に係る規定について必要な規定の整備を行うものであります。


 質疑では、委員より、今回の条例改正は市民税について、平成18年度から65歳以上の方に対する非課税措置が廃止されることに伴い暫定的に均等割を減額するものであり、これは市にとっては増収となるが、市民から見ると増税になるのではないかとの点が指摘・確認されました。


 次に、議案第87号から議案第94号までの8件につきましては一括議題として審査を進めました。


 この8件の議案は、公の施設を管理する指定管理者の指定に当たり、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を求めるものであります。議案第87号の三浦市松輪会館については松輪区を、議案第88号の三浦市金原会館については金原区を、議案第89号の三浦市勤労市民センターについては社団法人三浦市シルバー人材センターを、議案第90号の三浦市火葬場については有限会社クリメイションサービスを、議案第91号の三浦市農村婦人の家については松輪区を、議案第92号の三浦市漁村センターについては城ヶ島区を、議案第93号のみさき海業センター及び新港海業センターについては株式会社三浦海業公社を、議案第94号の三浦市油壺駐車場については社団法人三浦市シルバー人材センターを、それぞれ指定管理者として指定するものであります。


 質疑としましては、今回議案として提案された以外のスポーツ施設や公園などの施設についても指定管理者制度による管理を考えているのか質疑され、担当より「今回の22施設以外の施設については、指定管理者制度導入の目的や市民サービスの向上、経費の縮減などを含めて、直営でいくのか、指定管理者制度を導入するのかを検討したい」と答えられました。


 委員より、指定管理者から市に対し、利用料金の引き下げや利用時間の延長などの要望があった場合の対応策と、指定管理者から市への事業報告の仕方について説明が求められ、担当より「利用料金の引き下げや利用時間の延長は市長の承認を得れば可能であり、指定管理者からの報告については、協定書の中に毎月の事業報告と、年度末に施設内容に関する事業報告を行うことを盛り込みたい」と答えられました。


 委員より、4年間の指定期間の間に指定管理者の住所や代表者などに変更が生じた場合は議会に報告は行われるのかと質疑され、「指定管理者である団体の住所や代表者などに変更があった場合でも、特に議会の議決は必要ないと考えている」と答えられました。


 また、指定管理者に対する委託料が確定する時期について説明を求められ、「事業者からは公募の段階で企画書が提出されており、市と事業者との間である程度金額の詰めは行っている。今回の議案の議決を受け、市長が指定管理者の指定を行った後、指定管理者と協議を行って委託料が確定することになるが、この委託料は18年度予算に盛り込まれるので、18年度予算の中で審議していただくことになる」と答えられました。


 さらに、議会で議決されて指定管理者について指定の告示がされた後には協定書を結べるくらいのところまで熟度のある協議はなされているのかと質疑された点に対しましては、「指定管理者選定委員会で事業者に対しヒアリングを実施し、その後、十分協議の上で指定管理者の選定を行ったので、協議は済んでいると考える」と答えられました。


 この点に対しましては委員より、指定管理者制度の導入については反対したが、指定管理者を指定するに当たっては十分協議がなされたものと解釈したい、との意見が述べられました。


 次に、議案第109号 平成17年度三浦市一般会計補正予算(第6号)については、歳入歳出それぞれ2億4,147万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を170億4,571万7,000円とするものであります。


 質疑におきましては、衛生センターで予定されているアスベスト対策工事について説明を求められ、担当より「施設内にあるアスベストをすべて除去する工法で行い、工事の際には、作業現場にあるボイラー等の運転を停止する予定である」と説明されました。


 また、衛生センターの耐用年数について質疑され、「し尿処理場の耐用年数は20年から25年と言われているが、衛生センターは既に築33年経過している。今後何年もつとは明確には言えないが、ことし耐震測定を実施しているので、結果が出たら報告をしたい」と答えられました。


 委員より、業務量調査事業及び(仮称)市民交流拠点整備事業の実施期間を来年度まで延ばす理由について説明を求められ、担当より「業務量調査は、当初2カ月から3カ月の期間で実施する予定であったが、庁内で協議した結果、1年間のデータを集めて分析したほうが事務改善には有効であると判断し、延長することとした。(仮称)市民交流拠点整備事業については、旧三崎高校跡地の整備について新たな検討方針を策定したことで、これに係る事務に時間を要したためである」と説明されました。


 最後に、歳入において公共公益施設整備基金からの繰入金が減った理由について説明を求められ、担当より「当初、(仮称)飯森総合公園の整備には基金と一般財源を充てる予定であったが、市町村振興補助金が得られることになったため、基金は今後の整備に充てることとし、基金からの繰入金を減らしたものである」と答えられました。


 以上が質疑の概要であります。


 討論におきましては、議案第85号 三浦市市税条例の一部を改正する条例について、小林直樹委員より反対の立場でなされました。


 その趣旨につきましては、「この条例は、65歳以上で合計所得金額が125万円以下であった者の非課税措置が18年度から廃止されることに伴い、この対象者に係る市民税の均等割を減額する内容であり、対象者は1,600人で、18年度は160万円、19年度は320万円、20年度以降は480万円の増税となる。


 今後、定率減税の廃止、諸控除額の見直し、消費税率の引き上げなどによる大増税が予定され、さらに医療制度、介護保険制度などの改正により、市民に負担が押しつけられようとしている。


 長引く不況により市民生活が大変である中、特に年金が年々減っている高齢者の生活は厳しい状態である。高齢者の生活を守るために反対する」と述べられました。


 採決の結果、議案第83号及び議案第84号については全会一致、議案第85号については賛成多数、議案第87号から議案第109号については全会一致をもって、それぞれ原案のとおり承認または可決すべきものと決した次第であります。


 以上、ご報告申し上げます。


○土田成明議長  委員長報告は終わりました。委員長報告はいずれも原案承認及び原案可決であります。


 お諮りいたします。議案第83号 専決処分の承認を求めることについて、及び議案第84号 長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の以上2件については、質疑討論を省略し、委員長報告どおり決することにご異議ございませんか。(「異議なし」の声あり) ご異議なしと認めます。よって、議案第83号及び議案第84号の2件については、委員長報告どおり決しました。


 お諮りいたします。議案第85号 三浦市市税条例の一部を改正する条例については、質疑討論を省略し直ちに採決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。(「異議なし」の声あり) ご異議なしと認めます。よって、質疑討論を省略して直ちに採決に入ります。


 採決の方法は起立により行います。


 ただいま議題となっております議案第85号については、委員長報告どおり決することに賛成の方の起立を求めます。


                [賛成者起立]


○土田成明議長  起立多数。よって、議案第85号については委員長報告どおり決しました。


 お諮りいたします。議案第87号 指定管理者の指定についてから議案第94号 指定管理者の指定についてまでの以上8件については、質疑討論を省略し、委員長報告どおり決することにご異議ございませんか。(「異議なし」の声あり) ご異議なしと認めます。よって、議案第87号から議案第94号までの8件については委員長報告どおり決しました。


 お諮りいたします。議案第109号 平成17年度三浦市一般会計補正予算(第6号)については、質疑討論を省略し、委員長報告どおり決することにご異議ございませんか。(「異議なし」の声あり) ご異議なしと認めます。よって、議案第109号については委員長報告どおり決しました。


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


○土田成明議長  お諮りいたします。日程第13 議案第82号から日程第31 議案第112号までの以上19件につきましては一括して議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。(「異議なし」の声あり) ご異議なしと認めます。よって、ただいまのとおり決しました。


 都市厚生常任委員長の報告を求めます。3番。


              [3番畠中 宏議員 登壇]


○3番畠中 宏議員   ただいま議題となりました議案第82号より議案第112号までの19件につきまして、去る12月6日開催の都市厚生常任委員会における審査の経過と結果をご報告申し上げます。


 まず、議案第82号 専決処分の承認を求めることについては、使用料の徴収に関し適正な事務執行を図るため、三浦市自転車等駐車場条例等の一部改正につき急施を要したため専決処分をしたものであります。


 質疑におきましては、条例不備のまま一時使用者から使用料を徴収していたことに対する市民への謝罪の仕方並びに徴収済みの使用料の使い道について質疑され、担当より「当該駐車場の3カ所におわびの文書を掲示しており、徴収した使用料の使途としては、駐車場の照明の増設や駐車スペースを示す線の引き直しなどの手だてを講じたいと考えている」と答えられるとともに、さらに助役より「今回のことは市としても重く受けとめており、誤って使用料を徴収したことの周知については、利用者のみならず市民からの信頼を得るという観点で対応していきたい」と答えられました。


 また、三浦海岸駅前の放置自転車への対処の仕方について質疑され、担当より「ほぼ毎日、放置自転車に駐車禁止区域であることを示す紙を張っているが、なかなか効果が上がらない。三浦海岸駅の駅長と毎年協議をしており、引き続き対応していきたい」と答えられました。


 さらに委員より、市内経済が非常に厳しい状況にある中で、条例上根拠のない使用料を徴収したことは、行政に対する市民の信頼を損ねたと言わざるを得ない。今後このような事態を二度と起こさないようにしていただきたいとの要望意見が述べられました。


 次に、議案第86号 三浦市都市公園条例の一部を改正する条例については、新たに(仮称)飯森総合公園の多目的グラウンドを有料公園施設として位置づけるとともに、その使用料の額を定めるものであります。


 質疑におきましては、トイレなど附属施設が整備されない段階で、多目的グラウンドの使用料金を徴収して運用することは時期的に無理があるのではないかと質疑され、担当より「今後、仮設トイレを整備するとともに、更衣室については、管理棟を建設するまでの間は野球場の近くにあるプレハブの建物を必要に応じて開放していきたい」と答えられました。


 また、グラウンドとトラック周辺の環境整備を始めるに当たり、市民の安全対策をどのように考えているか質疑され、担当より「公園整備を行う際の市民の安全面は一番大切な部分であり、事故などが起きないように対応したい」と答えられましたが、これに対しましては委員より、市民の安全を第一に考え、少しでも危険性を感じたら、供用開始時期の延期も視野に入れた形で取り計らっていただきたいと要望されました。


 次に、議案第95号から議案第108号までの14件につきましては一括議題として審査を進めました。


 この14件の議案は、公の施設を管理する指定管理者の指定に当たり、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものであります。議案第95号の三浦市民ホールについては株式会社三浦海業公社を、議案第96号の三浦市立諸磯青少年センターについては諸磯区を、議案第97号の三浦市立東岡児童会館については東岡区を、議案第98号の三浦市立上宮田児童会館については上宮田第1区を、議案第99号の三浦市立菊名児童会館については菊名区を、議案第100号の三浦市立和田児童会館については赤羽根区を、議案第101号の三浦市立金田児童会館については金田区を、議案第102号の三浦市立毘沙門児童会館については毘沙門区を、議案第103号の三浦市立大乗児童会館については大乗区を、議案第104号の三浦市立飯森児童会館については飯森区を、議案第105号の三浦市立宮川児童会館については宮川区を、議案第106号の三浦市高齢者ふれあいセンターについては社会福祉法人三浦市社会福祉協議会を、議案第107号の三浦市地域福祉センターについては社会福祉法人三浦市社会福祉協議会を、議案第108号の三浦市三崎口駅第1自転車等駐車場、三浦市三崎口駅第2自転車等駐車場及び三浦市三浦海岸駅第1自転車等駐車場についてはエヌ・アイ・サービス株式会社を、それぞれ指定管理者として指定するものであります。


 質疑におきましては、まず指定管理者を置く各施設の修繕費の負担区分について質疑があり、担当より「指定管理者には30万円程度を上限として修繕をお願いし、大規模な改修については市が行うことを考えている」と答えられましたが、さらに委員より、収入の見込みが少ない指定管理者に修繕費の負担を納得してもらえるのかとの質疑に対しましては、「施設ごとに、過去の修繕の実績と、緊急度や必要度を踏まえて修繕費の上限を設定し、指定管理者と話し合いながら指定管理料を査定していきたい」と答えられました。


 また、自転車等駐車場の指定管理者については、これまで管理を委託してきたシルバー人材センターにかわって別の会社が選定されているが、選定委員会では、高齢者の雇用対策の観点での議論がなされているのかとの質疑があり、担当より「選定委員会での選定項目の中には地域連携施策への配慮が含まれており、今回候補に挙がっている業者からは、地元の高齢者も雇いたいとの話を伺っている」と答えられましたが、さらに委員より、協定書の中に地元の高齢者の雇用を検討するよう盛り込むことはできるのかと質疑された点に対しましては、「指定管理者と協議を重ねて基本協定を結ぶ予定であるが、この段階で、地元の高齢者を採用するなどの条件を入れることは可能である」と答えられました。


 次に、市内10カ所にある各児童館の指導員のとらえ方と配置状況について質疑され、担当より「指導員については法で定められた指導員に準ずる形で、区長の推薦を受けた方を市が直接雇用している。事実上、指導員は管理人と兼ねており、現在、2館において指導員がいない状態である」と答えられました。


 また、今後管理人への委託料を検討する考え方が市から示されていることに関連し、委員より、この検討結果を18年度予算に反映していただきたいとの要望意見が述べられました。


 さらに、児童館の運営に関しましては、コスト削減ありきではなく、子供に健全な遊びを提供するという児童館の設置目的を考慮し、指定管理者に予定されている区と教育委員会とが連携をとって当たっていただきたいとの要望が述べられております。


 次に、議案第110号 平成17年度三浦市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)については、歳入歳出それぞれ831万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を41億1,323万5,000円とするものであります。


 質疑は特になされておりません。


 次に、議案第111号 平成17年度三浦市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)については、歳入歳出それぞれ2,685万円を追加し、歳入歳出予算の総額を31億9,242万2,000円とするものであります。


 質疑におきましては、介護保険制度が改正されることを受け、三浦市の介護保険料の見通しが質疑され、担当より「現在、保険料の算定を行っているが、高齢者及び認定者の増加や今回の制度改正の影響などから、現在の保険料より大変厳しい金額になると考えている」と答えられましたが、これに対しましては委員より、高齢者が元気でなるべく介護保険を利用しないことが重要であり、そのための施策を充実していただきたいとの意見が述べられました。


 次に、議案第112号 平成17年度三浦市水道事業会計補正予算(第2号)については、主要な建設改良事業のうち、松輪配水池改築事業について1億2,483万5,000円を減額し、1億3,011万円に補正することなどを主な内容としたものであります。


 質疑は特になされておりません。


 以上で質疑を打ち切り、討論を省略し採決の結果、議案第82号は賛成多数、議案第86号より議案第112号までの18件については全会一致をもって、いずれも原案のとおり承認または可決すべきものと決した次第であります。


 以上、ご報告申し上げます。


○土田成明議長  委員長報告は終わりました。委員長報告はいずれも原案承認及び原案可決であります。


 お諮りいたします。議案第82号 専決処分の承認を求めることについては、質疑討論を省略し直ちに採決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。(「異議なし」の声あり) ご異議なしと認めます。よって、質疑討論を省略して直ちに採決に入ります。


 採決の方法は起立により行います。


 ただいま議題となっております議案第82号については、委員長報告どおり決することに賛成の方の起立を求めます。


                [賛成者起立]


○土田成明議長  起立多数。よって、議案第82号については委員長報告どおり決しました。


 お諮りいたします。議案第86号 三浦市都市公園条例の一部を改正する条例については、質疑討論を省略し、委員長報告どおり決することにご異議ございませんか。(「異議なし」の声あり) ご異議なしと認めます。よって、議案第86号については委員長報告どおり決しました。


 お諮りいたします。議案第95号 指定管理者の指定についてから議案第108号 指定管理者の指定についてまでの以上14件については、質疑討論を省略し委員長報告どおり決することにご異議ございませんか。(「異議なし」の声あり) ご異議なしと認めます。よって、議案第95号から議案第108号までの14件については委員長報告どおり決しました。


 お諮りいたします。議案第110号 平成17年度三浦市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)、議案第111号 平成17年度三浦市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)、議案第112号 平成17年度三浦市水道事業会計補正予算(第2号)の以上3件については、質疑討論を省略し委員長報告どおり決することにご異議ございませんか。(「異議なし」の声あり) ご異議なしと認めます。よって、議案第110号、議案第111号及び議案第112号の3件については委員長報告どおり決しました。


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


○土田成明議長  日程第32 議案第113号 三浦市民ホールに係る争訟に関する和解についてを議題といたします。


 市側の説明を求めます。行政管理部長。


             [山内和世行政管理部長 登壇]


○山内和世行政管理部長  ただいま議題となりました議案第113号 三浦市民ホールに係る争訟に関する和解について、ご説明申し上げます。


 本案は、三浦市民ホールに係る争訟につき、三浦市初声町高円坊1182番地 鈴木 敦氏外4名と和解するため、地方自治法第96条第1項第12号の規定により議会の議決をお願いするものであります。


 和解の主な内容は、三浦市民ホールの売買代金のうち不動産取得税相当分として支払われた代金の本市への返還について、株式会社三浦海業公社と積極的に協議すること、本件争訟に相手方が要した費用の一部として本市が和解金50万円を支払うこと、及び現在係争中である住民訴訟を相手方が速やかに取り下げることであります。


 よろしくご審議のほど、お願い申し上げます。


○土田成明議長  説明は終わりました。


 お諮りいたします。本案については、質疑討論並びに委員会付託を省略し、即決することにご異議ございませんか。(「異議なし」の声あり) ご異議なしと認めます。よって、本案については即決することに決しました。


 お諮りいたします。本案については、原案のとおり可決することにご異議ございませんか。(「異議なし」の声あり) ご異議なしと認めます。よって、本案については原案のとおり可決することに決しました。


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


○土田成明議長  日程第33 議案第114号 固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。


 市側の説明を求めます。市長。


               [吉田英男市長 登壇]


○吉田英男市長  ただいま議題となりました議案第114号 固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて、ご説明申し上げます。


 本案は、固定資産評価審査委員会委員四宮秀毅氏の後任委員として中西章法氏を選任いたしたく、地方税法第423条第3項の規定により議会の同意を求めるものであります。


 本市固定資産評価審査委員会委員としてふさわしい方と存じますので、よろしくご同意を賜りますよう、お願い申し上げます。


○土田成明議長  説明は終わりました。


 お諮りいたします。本案については、質疑討論並びに委員会付託を省略し、即決することにご異議ございませんか。(「異議なし」の声あり) ご異議なしと認めます。よって、本案については即決することに決しました。


 お諮りいたします。本案については、原案のとおり同意することにご異議ございませんか。(「異議なし」の声あり) ご異議なしと認めます。よって、本案については原案のとおり同意することに決しました。


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


○土田成明議長  日程第34 意見書案第12号 障害者自立支援法の施行に関する意見書を議題といたします。


 説明につきましては、事務局長の朗読をもってこれにかえさせていただきます。


○蛎崎 仁議会事務局長  朗読いたします。


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


                                意見書案第12号





        障害者自立支援法の施行に関する意見書の提出について





 次のとおり意見書を三浦市議会会議規則第14条の規定により提出します。





 平成17年12月14日





 三浦市議会議長 土 田 成 明 様





                        三浦市議会議員  石 渡 裕 子


                           同     畠 中   宏


                           同     石 原 正 宣


                           同     立 本 眞須美


                           同     石 渡 定 子


                           同     北 川 年 一


                           同     佐 藤   崇


                           同     加 藤   建





           障害者自立支援法の施行に関する意見書


 第163回特別国会において、障害者自立支援法が成立し、身体障害・知的障害・精神障害を統合した福祉サービスが供給されること、支給基準を統一し市町村にサービス実施主体を一元化すること、就労支援の強化を図ることなどが打ち出されています。


 しかし、障害者福祉・医療サービスへの応益負担の導入や、認定される障害者程度区分によってサービスの利用が現行水準より下がることが懸念されています。


 とりわけ、応益負担の導入は、重度障害者ほどサービスの利用が多く、それだけ負担が増えることになります。


 よって、国におかれては、次の事項について早急に検討するよう強く要望します。


1 応益負担の実施は、障害者と家族の声を十分に聞いて見直すこと。


2 利用者の実態や意見を最大限に反映できる障害程度区分の認定に改めること。


3 障害程度区分によって利用するサービスに制限が加えられることのないようにし、現在利用しているサービス水準は維持すること。


4 利用者の実態を踏まえ、必要なサービスが利用できる国庫補助基準を設定すること。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。





 平成17年12月14日





                         三浦市議会議長 土 田 成 明


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


 以上であります。


○土田成明議長  説明は終わりました。


 お諮りいたします。本案については、質疑討論並びに委員会付託を省略し、原案のとおり決することにご異議ございませんか。(「異議なし」の声あり) ご異議なしと認めます。よって、ただいまのとおり決しました。


 ただいま議決されました意見書の事後の取り扱いにつきましては、議長にご一任願います。


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


○土田成明議長  日程第35 閉会中継続審査申し出についてを議題といたします。


 本件については、総務経済常任委員長及び都市厚生常任委員長から、会議規則第104条の規定により、お手元に配付いたしております閉会中継続審査申出一覧表のとおり閉会中継続審査の申し出がありました。


 お諮りいたします。各委員長から申し出のとおり閉会中の継続審査に付することにご異議ございませんか。(「異議なし」の声あり) ご異議なしと認めます。よって、ただいまのとおり決しました。








              閉会中継続審査申出一覧表


                             平成17年12月14日


┌────────────────────────────┬─────────┐


│         件        名         │  付託委員会  │


├────────────────────────────┼─────────┤


│(平成16年)陳情第14号、(平成17年)陳情第 1号、│総務経済常任委員会│


│(平成17年)陳情第 2号、(平成17年)陳情第 3号 │         │


├────────────────────────────┼─────────┤


│(平成16年)陳情第19号、(平成17年)陳情第16号、│都市厚生常任委員会│


│(平成17年)陳情第17号、(平成17年)陳情第18号、│         │


│(平成17年)陳情第19号               │         │


└────────────────────────────┴─────────┘





 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


○土田成明議長  以上をもって本日の議事日程はすべて終了いたしました。


 よって、平成17年第4回三浦市議会定例会を閉会いたします。どうもご苦労さまでございました。


               午前11時05分閉会


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


 地方自治法第123条第2項の規定による署名








           三浦市議会議長     土 田 成 明








           会議録署名議員     佐 瀬 喜代志








           会議録署名議員     立 本 眞須美








           会議録署名議員     石 渡 定 子