議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 逗子市

平成27年  6月 全員協議会(第2回・定例) 06月04日−01号




平成27年  6月 全員協議会(第2回・定例) − 06月04日−01号







平成27年  6月 全員協議会(第2回・定例)



               全員協議会

                      平成27年6月4日(木)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(18名)

      1番  根本祥子君      2番  毛呂武史君

      3番  岩室年治君      4番  橋爪明子君

     副議長

      5番  加藤秀子君      6番  高谷清彦君

      7番  松本 寛君      8番  横山美奈君

      9番  田幡智子君     10番  田中英一郎君

     11番  長島有里君     12番  匂坂祐二君

                     議長

     13番  高野 毅君     14番  眞下政次君

     15番  丸山治章君     16番  八木野太郎君

     17番  桐ケ谷一孝君    18番  菊池俊一君

◯欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者

 市長        平井竜一君   副市長        柏村 淳君

 経営企画部長    和田一幸君   総務部長兼選挙管理委員会事務局長

                              福井昌雄君

 総務部総務課長・総務係長事務取扱  市民協働部長     森本博和君

           三ッ森篤史君

 福祉部長兼福祉事務所長       環境都市部長     田戸秀樹君

           須藤典久君

 消防長兼消防署長  福地昭三君   教育長        村松 雅君

 教育部長      石黒康夫君   監査委員事務局長・監査委員事務局次長

                   事務取扱       菊池利幸君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議会事務局職員出席者

 局長        若菜克己    次長         舘 兼好

 議事係長      栗原富士子   書記         田中千冊

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会の宣告



○(眞下議長) それでは、これより全員協議会を開会いたします。

     午前10時03分 開会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員会委員長の報告



○(議長) 初めに、去る6月1日、本定例会の議事運営について議会運営委員会を開会し、種々御協議願いましたので、会議の経過及び結果につきまして、委員長より御報告をお願いいたします。報告に当たっては着席のままで結構です。



◆(議会運営委員長) 皆さん、おはようございます。

 それでは、議会運営委員会の決定事項を御報告申し上げます。

 当委員会は、6月1日開会し、本定例会の日程等について協議をいたしました。

 まず、日程につきましては、日程表を御覧いただき、その概要を御報告いたします。

 6月4日、本日ですが、先ほど本会議で会期を6月19日までの16日間と議決したところであります。そして、この全員協議会ですが、ただいま議会運営委員会の決定事項を報告しているところでございます。

 次の、市長報告は、池子米軍家族住宅建設事業について、平成27年(ネ)第504号各損害賠償等請求控訴事件についての2件でございます。

 全員協議会終了後、開会時間は議長から決定していただき、本会議を再開していただきます。

 日程第2、報告第4号 予算の繰越しについて、日程第3、報告第5号 逗子市土地開発公社の経営状況の報告について及び日程第4、報告第6号 専決処分の報告については、それぞれ報告を受けます。

 日程第5、議案第43号 逗子市個人情報保護条例の一部改正について、日程第6、議案第44号 逗子市職員給与条例等の一部改正について及び日程第7、議案第45号 逗子市職員の退職手当に関する条例の一部改正について、以上3件は、総務常任委員会へ付託いたします。

 日程第8、議案第46号 逗子市手数料条例の一部改正については、即決いたします。

 日程第9、議案第47号 逗子市介護保険条例の一部改正については、教育民生常任委員会へ付託いたします。

 日程第10、議案第48号 逗子市営住宅条例の一部改正については、即決いたします。

 日程第11、議案第49号 逗子市青少年会館条例の廃止については、教育民生常任委員会へ付託いたします。

 日程第12、議案第50号 平成27年度逗子市一般会計補正予算(第1号)につきましては、2常任委員会へ付託いたします。

 日程第13、請願第1号 教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度の国負担2分の1復元をはかるための2016年度政府予算に係る要請に関する請願は、教育民生常任委員会へ付託いたします。

 日程第14、陳情第3号から日程第23、陳情第12号までの陳情10件は、一括上程し、それぞれの所管の委員会に付託いたし、本会議は散会となります。

 5日金曜日は、午前10時から教育民生常任委員会の付託案件審査ということで、議案第47号、議案第49号、議案第50号、請願第1号、陳情第6号から陳情第8号の計7件と継続案件の審査をいたします。

 6日、7日は、土、日曜日のため休会といたします。

 8日月曜日は、午前10時から総務常任委員会の付託案件審査ということで、議案第43号から議案第45号、議案第50号、陳情第3号から陳情第5号、陳情第9号から陳情第12号の計11件と継続案件の審査をいたします。

 9日火曜日は、午前10時から基地対策特別委員会を開会し、池子米軍家族住宅建設に関する調査をいたします。

 なお、一般質問される方は、この日の午前10時までに質問事項の要旨を事務局まで御提出ください。

 10日水曜から12日金曜は、委員長報告書作成のための予備日といたします。

 そして、13日、14日は、土、日曜日のため、休会といたします。

 15日月曜日は、午前10時から委員長報告書等の調整後、人事案件、意見書案等の追加案件があれば、議会運営委員会等を開き、協議いたします。

 16日火曜日は、午前10時に本会議の第2日を開いていただきまして、議案第43号から議案第45号、議案第47号、議案第49号、議案第50号の計6件の委員長報告と表決及び請願第1号の委員長報告と表決、そして、陳情第3号から陳情第12号までと継続審査案件の陳情、計16件の陳情について委員会審査結果の報告を受け、その後、一般質問の1日目となります。この日の一般質問者は、4名を予定しています。

 17日水曜日は、休会といたします。

 18日木曜日は、午前10時に本会議の第3日を開いていただき、一般質問の2日目を行い、質問者は6名を予定しています。

 19日金曜日は、午前10時に本会議の第4日を開いていただき、一般質問の3日目を行い、質問者は5名を予定しています。

 一般質問終了後、15日の議会運営委員会で追加案件として決定を見ている事項がありましたら、それらの議決をしていただきまして、第2回定例会は閉会となります。

 閉会後は、議会報編集委員会を開きまして、この第2回定例会の編集につきまして、御協議いただきます。

 そして、最後の議会運営委員会は、恒例により、次の議会の報告を議長から受けます。

 日程につきましては、以上のとおりでございます。

 次に、一般質問の順序を申し上げます。

 1番、八木野議員、2番、田中議員、3番、長島議員、4番、岩室議員、5番、高谷議員、6番、田幡議員、7番、横山議員、8番、松本議員、9番、根本議員、10番、橋爪議員、11番、桐ケ谷議員、12番、高野議員、13番、私、丸山、14番、匂坂議員、15番、菊池議員、この順で行うことに決定いたしました。

 以上で、議会運営委員会決定事項の報告を終わります。



○(議長) ただいまの委員長の報告どおり、議事を進めることでよろしいでしょうか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○(議長) 御異議がないようなので、そのように議事を進めさせていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長報告



○(議長) 次に、議長報告については、お手元に配付したとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△資料の確認



○(議長) 次に、資料の確認をさせていただきます。

 市長報告の資料として、全員協議会フォルダに、市長報告2、判決文 平成27年(ネ)第504号の資料が配信されております。

 また、議案等資料フォルダに、議案第43号資料から議案第45号資料、議案第47号資料、議案第48号資料、議案第50号資料、計6件が、追加資料フォルダに議案第46号資料、議案第50号資料が2件配信されております。

 配信漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○(議長) 配信漏れなしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長報告



○(議長) それでは、市長報告に入ります。

 議長に連絡がありました市長報告は、池子米軍家族住宅建設事業について、平成27年(ネ)第504号各損害賠償等請求控訴事件についての2件であります。

 市長報告及び質疑に際しては、従来どおり、起立してお願いいたします。

 それでは、池子米軍家族住宅建設事業についてを議題といたします。

 報告をお願いいたします。



◎(市長) 皆さん、おはようございます。

 本日から6月19日までよろしくお願い申し上げます。

 それでは、市長報告といたしまして、池子米軍家族住宅建設事業について、第1回定例会以降の動きを御報告いたします。

 まず4月6日、副市長が就任の挨拶に南関東防衛局、丸井局長を訪問いたしました。池子の森自然公園スポーツ施設の整備に係る国の財政支援に感謝を申し上げるとともに、引き続きの御配慮をお願いいたしました。丸井局長からは、補助事業については厳しい財政状況ではあるが、できる限り協力していきたいとの発言がありました。

 4月17日、米海軍横須賀基地アギレラ新池子支所長、レターノー前池子支所長が着任と離任の挨拶のため来庁されました。アギレラ新支所長からは、逗子で皆さんと一緒に仕事をさせていただくことを大変楽しみにしており、よりよい関係を築いていきたいとの発言があり、レターノー前支所長からは、池子米軍家族住宅居住者に対しサポートをいただいたことについて、大変感謝しているとの発言がありました。

 4月23日、副市長が就任の挨拶に、米海軍横須賀基地グレニスタ司令官を訪問しました。グレニスタ司令官からは、共同使用により、池子住宅地区の住民と逗子市民が交流できる機会が広がりよかったと思っており、よりよい関係を築いていきたいとの発言がありました。

 5月29日、在日米海軍カーター司令官が着任の挨拶に来庁されました。カーター司令官からは、コミュニケーションをとりつつ、お互いに協力し、よりよい関係を構築していきたいとの発言がありました。

 池子の森自然公園整備プロジェクトにつきましては、今後、国からの財政支援を確保しながら、運動施設の整備を進めていくとともに、緑地エリアについては、自然環境調査の結果を踏まえ、整備、活用方針等を検討してまいります。また、共同使用地については、引き続き国、米軍と返還に向けた交渉を続けてまいります。

 以上で、私からの報告を終わります。



○(議長) 報告が終わりました。

 ただいまの報告に対し、御質疑はありませんか。

     〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○(議長) 御質疑がないようなので、池子米軍家族住宅建設事業についての質疑を打ち切ります。

 次に、平成27年(ネ)第504号各損害賠償等請求控訴事件についてを議題といたします。

 報告をお願いいたします。



◎(市長) 続きまして、平成27年(ネ)第504号各損害賠償等請求控訴事件について御報告いたします。

 第1回定例会において御報告いたしましたとおり、平成26年12月22日に判決言渡しのあった平成24年(ワ)第341号、第348号損害賠償等請求事件に対し、同年12月26日付けにて控訴人より控訴の提起がなされたところです。その後、平成27年3月17日に行われた第1回口頭弁論において結審し、同年4月9日に、東京高等裁判所において、お手元に配付しましたとおり、本市の勝訴となる判決が言い渡されたものです。

 なお、期限内に控訴人から上告提起がなされなかったため、判決が確定いたしました。

 以上で報告を終わります。



○(議長) 報告が終わりました。

 ただいまの報告に対し、御質疑はありませんか。



◆(岩室議員) ただいま、裁判の結果は分かりましたけれども、その後、その裁判に関係なく、事業者から何か市側に働きかけみたいなのはあったんでしょうか。



◎(環境都市部長) その後、特に事業者のほうから動きというのはございません。



○(議長) 他に御質疑ありませんか。



◆(松本議員) 5年間にわたる行政のき然とした対処、御指導に本当に敬意を表します。

 2点、まず確認させていただきたいと思います。

 今回の判決、もちろん市の勝訴ということは大きな成果だと思います。その中に、それに含めまして、都市計画法第32条同意の在り方について、大変興味深い言及がされていると思います。その中で1点、この32条同意に当たり、住民の意見を聞いて、その地域の状況をきちっと知り、判断するということは、決して法に反しないんだという部分が言及されていますが、そこについて、これまでと、そしてこれからの開発指導について、所管のほうでこの判決についての所見をお伺いしたいと思います。



◎(環境都市部長) 確かにこの判決の中で、周辺公共施設の管理のための都市計画法第32条協議、その周辺住民の方との関係、そういった周辺公共施設の管理に関わる内容について意見を聴取するということは、当然必要だという判断をされております。

 しかしながら、判決の中で一定あるのが、この32条協議はあくまで周辺公共施設の適正な管理確保という観点で行うものですので、それ以外の観点、例えば周辺住民がただ反対するですとか、まちづくりの方針に合わないといった理由だけでいたずらに同意しないということは、場合によっては不作為が違法となるということを示唆されているということでございますので、今後とも住民のお話を聞くというのはすごい重要なことですけれども、あくまでも周辺公共施設の維持管理という観点で聞いていくものだと考えております。



◆(松本議員) まさに、その微妙なところをしっかりと争っていただいて、勝訴というところに至ったという点については、本当に感謝いたします。

 もう1点、32条同意の関係ですが、いわば今回の一番大きなハードの部分での問題は、無余地の道路、4メートルを切ってしまうような道路が続いていたわけでありまして、この無余地の道路に接続する敷地については、接道する部分に限らず、その接続する延長の道路についても、交通事情を32条同意の条件と、当然それは必要なんだという内容に言及していると思うのですが、今後の開発指導について、御所見をお伺いしたいと思います。



◎(環境都市部長) おっしゃいますように、今回の事業は、開発だけではなくその後の事業展開に伴うところで、やはり周辺の道路というのの影響というのも、第32条の対象だろうというふうに言及されております。したがいまして、今後もそういった第32条の案件が出た場合、それはケース・バイ・ケースだと思いますけれども、その後の事業展開でやはり影響があるという周辺公共施設については、第32条の協議の対象になると考えています。



◆(松本議員) 最後に1点確認したいのですが、現在、地主はまた別の事業者を立てて、菜園を開きたいと近隣住民に説明して回っているようなんですが、今回の訴訟と何か関連があるかどうか、若しくは所管として情報が入っているかどうか、お伺いいたします。



◎(環境都市部長) 今回の判決と直接影響があるのかないのかは定かではございませんが、何個か相談は来ておりますけれども、まだ事前の相談というか、そういった話があるだけで、具体な動きというのは、特に所管のほうには来ておりません。



○(議長) 他に御質疑はありませんか。

     〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○(議長) 御質疑がないようなので、平成27年(ネ)第504号各損害賠償等請求控訴事件についての質疑を打ち切ります。

 以上で、市長報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○(議長) これをもちまして、全員協議会を閉会いたします。

     午前10時22分 閉会

                         逗子市議会議長  眞下政次