議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 逗子市

平成24年  9月 決算特別委員会(第3回・定例) 09月11日−01号




平成24年  9月 決算特別委員会(第3回・定例) − 09月11日−01号







平成24年  9月 決算特別委員会(第3回・定例)



          正副委員長の互選

◯9月11日に正副委員長の互選が行われ、委員長に原口洋子委員、副委員長に匂坂祐二委員が就任した。

          平成24年 決算特別委員会審査日程表

                           平成24年9月11日決定



月日
時間
審査内容
場所


9月12日(水)
午前10時
会計管理者及び監査委員の挨拶、所管別審査
全員協議会室


9月13日(木)
同上
全般審査
同上


9月14日(金)
同上
全般審査(午前中のみ)
同上


9月19日(水)
同上
総括結論
同上



            平成24年決算特別委員会所管別分担表

委員長  原口洋子

副委員長 匂坂祐二

                         (平成24年9月11日就任)



所管別分担
委員氏名
備考


総務常任委員会の所管(下水道事業特別会計を含む)
横山美奈
 


高谷清彦
 


長島有里
 


匂坂祐二
 


松本 寛
 


教育民生常任委員会の所管(国保、後期高齢者、介護保険の3特別会計を含む)
原口洋子
 


橋爪明子
 


高野典子
 


菊池俊一
 


丸山治章
 



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会計管理者挨拶

 皆様、おはようございます。

 決算特別委員会の開会に当たりまして一言ごあいさつ申し上げます。

 委員の皆様におかれましては、御多忙の中、本日から平成23年度一般会計及び4特別会計の歳入歳出決算の御審議について、何とぞよろしくお願い申し上げます。

 事業の執行に当たりましては、最小の経費で最大の効果を上げることを主眼に進めておりますが、本決算審査を通して、各委員の皆様の幅広い視野からの御指摘をいただければ、幸甚に存じます。

 平成23年度歳入歳出決算書及び附属書、監査委員からの決算等審査意見書並びに決算に係る主要な施策の成果報告書を委員の皆様のお手元に御配付させていただいておりますので、審査に当たり御参照いただければと思います。

 簡単ではございますが、会計管理者としての御挨拶とさせていただきます。

 よろしくお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△監査委員挨拶

 おはようございます。監査委員の石井でございます。よろしくお願いいたします。

 決算特別委員会が開催されるに当たり、監査委員として一言御挨拶申し上げます。

 平成23年度の各会計歳入歳出決算等につきましては、平成24年7月10日から7月31日までの間、慎重に審査を行い、8月24日、市長に審査意見書を提出いたしました。

 その審査結果につきまして概要を御説明申し上げます。

 まず、平成23年度における一般会計及び特別会計を合わせた決算総額は、歳入では325億6,692万6,833円、歳出では312億4,371万6,762円となり、前年度と比較すると、歳入では9億2,131万7,478円、率で2.9%の増、歳出では9億133万9,203円、率で3.0%の増となっております。

 決算収支差引額、すなわち形式収支額は13億2,321万71円で、これから翌年度に繰り越すべき財源を差し引いた実質収支額は12億7,371万8,621円で、前年度に引き続き黒字となっております。また、単年度収支額につきましては、1,667万7,684円の赤字となっております。

 一般会計の財政状況につきましては、財政構造の弾力性を示す経常収支比率が98.9%と、前年度に比べ0.6ポイント上回っていることから、更なる経費の削減と効率的な執行を図る必要があり、公債費比率については9.6%と、前年度から0.1ポイント下回ってはいるものの、起債に当たっては、後年度に及ぼす影響、財政の健全性にも十分に配慮する必要があると思います。

 このような状況から、受益者負担に基づく使用料・手数料等の見直し等、積極的な自主財源の確保を図るとともに、限られた財源の中での事業選択や財源配分の重点化等により、効率的な行財政運営に努め、財政の健全化を保持しつつ、住民福祉の向上に向けて、より一層の努力をされることを望みます。

 以上、決算審査の概要の一端を申し上げましたが、詳細につきましては、決算等審査意見書の記載のとおりですので、決算特別委員会委員の皆様が審査されるに当たり、御活用いただきますようお願い申し上げます。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。