議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 逗子市

平成23年  6月 議会運営委員会(第2回・定例) 06月20日−03号




平成23年  6月 議会運営委員会(第2回・定例) − 06月20日−03号







平成23年  6月 議会運営委員会(第2回・定例)



          議会運営委員会(第3日)

                          平成23年6月20日(月)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席委員(10名)

     委員長  菊池俊一君   副委員長 丸山治章君

     委員   塔本正子君   委員   原口洋子君

     委員   高谷清彦君   委員   岩室年治君

     委員   田中英一郎君  委員   高野 毅君

     委員   君島雄一郎君  委員   眞下政次君

◯欠席委員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     議長   岡本 勇君   副議長  高野典子君

◯オブザーバー(1名)

          加藤秀子君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議会事務局職員出席者

 鈴木局長、石黒次長・庶務係長、深海議事係長、鈴木書記、翁川書記

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯決定事項等

 ・ 議案の日程追加について

    教育委員会委員の任命について

    情報公開審査委員、個人情報保護委員の委嘱について

    人権擁護委員の推薦について

   以上3件については、6月23日(木)の本会議に追加上程する。

   なお、今回の人事案件3件については、全会一致が見込まれるため、質疑・討論は省略し、表決に入る。

 ・ 意見書案の日程追加

    意見書案第4号 神奈川県最低賃金改定等についての意見書

    意見書案第5号 永住外国人の地方参政権付与の法制化に反対する意見書

    意見書案第6号 東日本大震災の被災地・被災者の支援を求める意見書

    意見書案第7号 不妊治療の保険適用実現を求める意見書

    意見書案第8号 逗子市山の根3丁目における開発について、神奈川県知事に対し、宅地造成等規制法適用について調査を求める意見書

   以上5件は、6月23日(木)の本会議に追加上程する。

   なお、意見書案第4号は、委員会で全会一致を持って陳情第23号を了承したことに伴い、趣旨説明は教育民生常任委員長が行う。

   意見書案第5号は、趣旨説明は高谷委員が行う。

   意見書案第6号、第7号は、趣旨説明は議会運営委員長が行う。

   意見書案第8号は、趣旨説明は松本委員が行う。

   また、意見書案第4号、第6号及び第7号については、質疑・討論は省略し、表決に入る。

   意見書案第5号、第8号に対する討論の通告については、6月22日(水)の午前10時までに行うこととする。

 ・ 決議案の日程追加

    決議案第1号 逗子海岸「海の家」に対する夜間営業自粛を求める決議

    決議案第2号 沼間4丁目の墓地建設計画に反対する決議

   以上2件は、6月23日(木)の本会議に追加上程する。

   なお、決議案第1号は、委員会で全会一致を持って陳情第15号を了承したことに伴い、趣旨説明は教育民生常任委員長が行う。

   決議案第2号は、趣旨説明は議会運営委員長が行う。

   また、決議案第1号、第2号については、質疑・討論は省略し、表決に入る。

 ・ 議案第41号に対する修正案の表決の流れについて説明を行った。

 ・ 議会運営委員会決定事項の報告については、全員協議会での報告を省略する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会の宣告



○(菊池委員長) これより議会運営委員会を開会いたします。

 オブザーバーとして、加藤議員が出席しております。

               午後4時50分 開会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長のあいさつ



○(委員長) それでは、議長のあいさつをお願いいたします。



◆(議長) 本定例会も残り少なくなりました、いろいろと議事運営に御協力を賜り感謝を申し上げます。

 先ほど議会運営委員長に人事案件4件、意見書案5件及び決議案2件の日程追加について諮問をさせていただきましたので、御協議をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

 次に、議案第41号 平成23年度逗子市一般会計補正予算(第2号)と、その議員提出修正案の表決の流れについて事務局から説明がありますので、お願いいたします。

 それから、先日行われました神奈川県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙において、本職が当選し、7月1日より1年間の任期で同連合の議会の議員に就任することとなりましたので、よろしくお願いいたします。

 以上、簡単ではございますが、あいさつといたします。

 それでは、委員長よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の日程追加について



○(委員長) 議長のあいさつが終わりましたので、早速議事に入ります。

 まず、議案の日程追加についてを議題といたします。

 教育委員の任命について、情報公開審査委員の委嘱について、個人情報保護委員の委嘱について及び人権擁護委員の推薦について、以上4件の人事案件については、23日の本会議の一般質問の後に日程を追加し、上程することに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○(委員長) 御異議なしと認め、さよう決定いたしました。

 なお、情報公開審査委員の委嘱及び個人情報保護委員の委嘱については、2件一括議題とさせていただき、それ以外の教育委員の任命及び人権擁護委員の推薦については、1議題ずつ行いますので、よろしくお願いいたします。

 なお、議長のあいさつにありましたように、今回の人事案件4件につきましては、全会一致が見込まれる状況のようでございますので、質疑、討論を省略することに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○(委員長) 御異議なしと認め、さよう決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△意見書案の日程追加について



○(委員長) 次に、意見書案の日程追加についてを議題といたします。

 御配付させていただきましたように、陳情第23号の了承に伴い、最低賃金改定についての意見書として意見書案第4号を、平成22年陳情第7号、平成22年陳情第19号、平成22年陳情第20号及び平成22年陳情第21号の了承に伴い、永住外国人の地方参政権付与の法制化に反対する意見書として意見書案第5号を、東日本大震災の被災地・被災者の支援を求める意見書として意見書案第6号を、不妊治療の保険適用実現を求める意見書として意見書案第7号を、逗子市山の根3丁目における開発について、神奈川県知事に対し、宅地造成等規制法適用について調査を求める意見書として意見書案第8号を、23日の本会議の人事案件の後に日程を追加し、上程することに御異議ありませんですか。



◆(岩室委員) 意見書案第8号について、条件がそろっていないので、もう少し時間を置いて対応したほうがいいではないですか。



◆(君島委員) 条件がそろっていない、どういうことですか。



◆(岩室委員) だから、意見書案第8号については、私どもの会派は一応これに賛同するということで、内容的にも別に反対することはないんですけど、定例会の冒頭の議会運営委員会での議長の頭出しの部分で、これを出したいという意向が示されていなかったということで、全会一致で提案することが必要になっているし、その時間をとって今の時間になっている状況もあったと思うんです。最終的には、仮に署名して各会派が理解を示しているという状況を求めた内容になっているんですけれど、ルールから言えば、議会運営委員会の構成メンバーが全会一致であれば提案されてきてもおかしくないのに、賛成者だけに限った形で提案されているという中身からいっても、条件がそろっていない。

 だから、議会運営委員会の申し合わせ事項から言えば、それに沿ってもっと時間が必要であれば、時間をかけていただいてもいいですけど、この時間だからどうかというのはあるけど、時間をかけて整えて、議会運営委員会に提案し直すかをしないと、ルールを変えてしまうことになるんで、これに対しては、本来であれば、ほかの案件と同じように議会運営委員会のメンバーが……



◆(君島委員) 岩室委員、頭出ししています。議長から頭出ししている。



◆(岩室委員) した。



◆(君島委員) しました。私、説明してもいいけど、神奈川県に対する開発の決議を無所属の会から出すというのは頭出ししています。



○(委員長) ちょっとやりとりをしないでください。



◆(岩室委員) した。



◆(君島委員) だから、もう終わっているから、それは。してもしようがない。



○(委員長) 岩室委員は、頭出しをしていないのではないかということで、今、状況に整っていない。申し合わせ事項に言えば、頭出しをしていなければ、全会一致が原則なのに今回されていないのではないか、だから、今、まだ意見書として賛同するのはいかがなものかという意見ですよね。



◆(岩室委員) そう。



○(委員長) 分かりました。



◆(君島委員) 今、岩室委員の発言に口をはさんでしまったんですが、定例会の始まる前の日程確定のときの議会運営委員会で、議長のほうから無所属の会より、神奈川県に対して開発に関する意見書提出の用意があるということをきちっと頭出ししていただいているので、そこをちょっと失念されていたと思うんですが、そこは私どもの会派としては、議長もおっしゃっていましたし、申し入れした無所属の会としても、そこは改めて岩室委員にお伝えしておきたいと思います。



○(委員長) 委員長として、今、確認しますので暫時休憩いたします。

               午後4時56分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後4時58分 再開



○(委員長) 休憩前に引き続き会議を開きます。



◆(議長) 今、岩室委員から議長の頭出しがしていなかったということの御意見が出ましたけれども、そうではなくて私もよく覚えています。お知らせの中に1点、それが来たもので、書き込んでそれで報告するということで、間違いなく頭出しはしているということで理解をいただきたいと思います。少し読みますか。



◆(君島委員) いいです。



◆(岩室委員) 読んでも読まなくてもいいではないですか。



○(委員長) それでは、議長から頭出しがされているということなのです。岩室委員それでよろしいでしょうか。



◆(岩室委員) 事実関係だから、私としては、当時の記憶に限って言えば、議長から私どもの会派からしか頭出しがないんだなということで、そのときは認識したんですよ。

 どうしてそういう認識に立つかというと、自分の会派が頭出しをしていたからなんです。その2件に関してだけしか頭出しがないという認識の上で受け止めて理解したんで、ただし、この場でどうのこうのという記憶を手繰るというよりは、記録が残っているものであるんだったら、それを尊重するしかないし、これ以上意見を言いませんけど、明確に私は記憶することができなかったということで、今の発言に関しては、取り消すわけではありませんけど、事実認識が私のほうで確認できない、記憶に残っていないわけですから、これ以上この問題に対しての意見は差し控えます。



◆(君島委員) 岩室委員の御指摘、会派から出されたものはよく覚えていたけど、ほかの会派のものは覚えていなかったと、私は聞こえたんですけど、この間、確かに岩室委員が御指摘になったように、私どもの会派で取りまとめした山の根の意見書は、皆様のところに回るのも遅くなったということで、今日ここまで時間がかかっているというのは分かっているんですが、議会運営委員会を速やかに進めるためには、これまで文言について岩室委員とは随分と打ち合わせをやってきたので、そういった中で、そういう御発言があれば、今、ここでこういう話を改めて持ち出さなくても済むようなこともありまして、今後、議会運営委員会の開会前にお話をされるとかということがあっても、この議会運営委員会をスムーズに進行させるという目的においては、いいのかなと思いますので、ぜひともそういったことを御配慮いただければということを意見として申し上げておきます。



◆(岩室委員) 君島委員がおっしゃったことは、確かにそういう面もありますけど、基本的には順番が違ったわけです。だから、この意見書案は、長い字面で表題もあるし、この内容でそのままあったかどうかはまた別な問題だと思うわけですから、記憶にはこんな長いものはなかったわけで、私は全くなかったから、実際のところ全会一致で出てくるという前提の中で、ただし、理解を得ていくためには、各会派が賛同を得たもので選考して名前を書いてほしい。その中で説得していこうかなとは思っていたので、そういうやり方もあってもいいかなというので、認めてきたわけで、当然、全会一致を目指して取り組んでいただけるものだと思っていたので、それが、今の時点でも全会一致にならない形で提案されているし、すべての会派が了解しているとは思えない内容だから、こういうものが出てくることに対して驚いて意見を申し上げただけなので、そのことは理解していただきたいんです。

 実際のところ、こうした意見書を出すのであれば、もっと早い時間から対応していただければ、ただし、体の具合が悪くて遅れて遅参されてきたという状況の中で、すべてが遅れて対応されたんだなとは思っていますが、その部分は別に気にしていないので、そのことも理解しています。ただし、本当にこれが全会一致でできるものであれば、私は努力していただきたいなとは思っています。



◆(君島委員) 神奈川県に対する開発に関する意見書の用意が無所属の会からありますというふうに私も議長に申し入れて、そのように議長が冒頭発言されたということは、はっきりと私は覚えています。

 議長の頭出しに、今、岩室委員の御発言ですと、このタイトルが載っていないからというとらえ方になっているんですけど、これは過去の頭出しから見ても、全く同じタイトルで頭出しをやっているときもあれば、そうでないようなときもあったわけで、ちょっとその点に関しては、今までの頭出しのルールはそういった中である程度幅のある中でやってきたんで、そのことに関して意見を付けられても、それは岩室委員の感想としては受け止めますけれども、わざわざ議会運営委員会の場でおっしゃっていただく必要もなかったのかなということで、何度も申し上げていますけれども、議長が頭出しをきちんとやっているという中で、そこを勘違いされている。失念されているということで、今、この時間が費やされているわけですから、本来であれば、議長に事前に確認する等のやり方はあったはずなので、以降、こういうことでつまらない時間を使わないように、事前にしっかりと確認していただきたいというふうに強く申し上げておきます。



◆(岩室委員) 君島委員から御意見がありましたけど、私も確認したわけです。同僚議員の加藤議員から事務局に聞いたほうがいいのではないかということで、加藤議員のほうから事務局にお電話したわけです。そうしたら、頭出しはありませんでしたという御意見もあったわけです。それは、事務局が失念していたということにもつながるわけですから、そういうことは、ここでどこまで事実関係を確認すればいいのかということもあるし、我々議員は、当然事務局を頼っているわけです。これから議会運営委員会で全部メモしていかなきゃいけないわけではないですか。だから、事務局にも確認した中では、頭出しはなかったというお話も伝わってきたから、それをだれが言ったかどうかなんて言いませんけど、私は議会事務局に確認しなかったわけではないですよ。だから、そんなことを君島委員が繰り返して言えば、どんどんどんどん議長のもとで働いている議会事務局の責任も大きくなるわけです。

 だから、そういうことはやめたほうがいいですよという話。



◆(君島委員) だから、岩室委員、私が言っているのは、なぜ私に聞くなり、議長に聞くなり、そういうことをしないで、岩室委員とは、この間随分とこの文言に関してもいろんな形で御提案いただいて反映させている。



◆(岩室委員) 私どもの会派は賛成すると言っている。



◆(君島委員) 分かっています。だから、どうして、わざわざこの場に至るまで、これはちょっと信義則の部分になるんです。今までの中で、無所属の会は頭出ししたのということかあってもいいのではないですかという話をしているんです。分かります。これは信義則の部分ですから、今後守っていただきたいとも思わないです。



○(委員長) 関係者の皆さんにお話をさせていただきます。今は日程追加についてお話をさせていただいておりますので、事務局云々等の話というのは、今、議題に上がっておりません。

 再度、皆さんにお諮りさせていただきます、

 意見書案の日程についてを議題といたします。

 意見書案第4号及び第5号、第6号、第7号、第8号を23日の本会議の人事案件の後に、日程を追加し、上程することに御異議ありませんか。



◆(塔本委員) すみません、ちょっといいですか。

 私の名前が抜けているんです。前のひな型の名簿になっているので、直していただければと思います。



◆(君島委員) 塔本委員が正式委員になってからひな型変えていない可能性がある。



○(委員長) 誠に申しわけございません、今の御指摘に関しまして、現議会運営委員会のメンバーにした形で本会議には提出させていただきます。

 それでは、改めてお諮りします。23日の本会議の人事案件の後に意見書案第4号から意見書案第8号までについて日程を追加し、上程することに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○(委員長) 御異議なしと認め、さよう決定いたしました。

 なお、趣旨説明につきましては、意見書案第4号については教育民生常任委員長が行い、意見書案第5号は高谷議員が行い、意見書案第8号は松本議員が行い、意見書案第6号及び意見書案第7号は本職が行います。

 次に、意見書案第4号、第6号、第7号についましては、全会一致が見込まれており、従来から、全会一致が見込まれる場合は、慣例により質疑、討論を省略して表決に入ることになっておりますが、これに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○(委員長) 御異議なしと認め、さよう決定いたしました。

 なお、意見書案第5号及び第8号につきましては、全会一致が見込めず、所定の賛成者とともに提出されたものでございますので、質疑、討論の後に表決に入ることになりますので、よろしくお願いいたします。

 なお、討論される場合は、申し合わせにより、議案が上程される前日の午前10時までに通告するということになっておりますので、討論される方は、22日、水曜日の午前10時までに通告をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△決議案の日程追加について



○(委員長) 次に、決議案の日程追加についてを議題といたします。

 御配付させていただきましたように、陳情第15号及び陳情第21号の了承に伴い、逗子海岸「海の家」に対する夜間営業自粛を求める決議として決議案第1号を、沼間4丁目の墓地建設計画に反対する決議として決議案第2号を、6月23日の意見書案第8号の後に日程を追加し、上程することに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○(委員長) 御異議なしと認め、さよう決定いたしました。

 なお、趣旨説明につきましては、決議案第1号は君島議員が、決議案第2号は本職が行います。

 次に、決議案第1号及び第2号の2件については、全会一致が見込まれており、従来から全会一致の場合は、慣例により質疑、討論を省略して表決に入ることになっておりますが、これに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○(委員長) 御異議なしと認め、さよう決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第41号に対する修正案の表決の流れについて



○(委員長) 次に、議案第41号 平成23年度逗子市一般会計補正予算(第2号)に対する修正案が、明日、21日の本会議で審議される関係から、表決の流れにつきまして事務局より説明をお願いいたします。



◎(議会事務局次長) それでは、議案第41号に対する修正案の表決の流れにつきまして御説明いたします。明日、21日の本会議で、議案第41号の付託を受けました教育民生常任委員会の審査結果について、委員長の報告をしていただいた後に、議員提出修正案の提案者から提案説明をしていただきます。その後、委員長報告及び修正案に対する質疑を行っていただきます。質疑に際しましては、意見を述べることはできませんので御注意をお願いいたします。

 質疑が終わりましたら、討論に入ります。討論に参加される方は、議長から指名をさせていただきますので、本委員会後、直ちに発言通告書の提出をお願いいたします。

 討論が終わりましたら、表決に入ります。表決は初めに修正案について採決いたします。修正案が可決されますと、修正部分を除く残りの原案について採決いたします。また、修正案が否決された場合は原案を採決いたします。

 以上のような流れになりますので、よろしくお願いいたします。

 以上で説明を終わらせていただきます。



○(委員長) 説明が終わりました。

 ただいまの説明に対し御質疑ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○(委員長) それでは、事務局説明のとおりよろしくお願いいたします。

 なお、討論される場合は、申し合わせにより、議案が上程される前日の午前10時までに通告をするということになっておりますが、その時刻は既に過ぎておりますので、討論される方は、本委員会終了後、直ちに事務局へ通告をよろしくお願いいたします。

 それから、全員協議会を開いて、議会運営委員会決定事項を報告することを省略いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○(委員長) 御異議なしと認め、さよう決定いたしました。

 会派の皆さんに御周知くださいますよう、よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○(委員長) 以上で、議会運営委員会を閉会いたします。

 御苦労さまでした。

               午後5時10分 閉会