議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 茅ヶ崎市

平成26年 3月 議会運営委員会−03月13日-01号




平成26年 3月 議会運営委員会

平成26年3月13日
議会運営委員会

1 日時
  平成26年3月13日(木曜日) 午後2時00分開会 午後2時20分閉会

2 場所
  全員協議会室

3 出席委員
  岩田・和田の正副委員長
  花田・小島・伊藤・岸(高)・岸(正)・滝口・高橋・柾木の各委員
  広瀬議長、中尾副議長

4 説明者
  なし

5 事務局職員
  石田局長、石山次長、小島書記、高木書記、磯部書記

6 会議に付した事件
  (1) 陳情第4号 茅ヶ崎市自治基本条例に則った議会運営に関する陳情[新規]
  (2) 茅ヶ崎市議会会議規則の一部を改正する規則等について
    ?茅ヶ崎市議会会議規則の一部を改正する規則について
    ?茅ヶ崎市議会広報広聴委員会規程について
    ?茅ヶ崎市議会だより発行規程の一部を改正する告示について
  (3) その他

                午後2時00分開会
○委員長(岩田はるみ) 議会運営委員会を開会する。
 議題は、手元に配付の日程のとおりである。
 休憩する。
                午後2時01分休憩
 ──────────────────────────────────────
                午後2時06分開議
○委員長 再開する。
 これより陳情の審査に入る。
 議題1、陳情第4号茅ヶ崎市自治基本条例に則った議会運営に関する陳情を議題とする。
 質疑に入る。
              (「なし」と呼ぶ者あり)
○委員長 質疑を打ち切り、討論に入る。
◆滝口友美 委員 陳情第4号茅ヶ崎市自治基本条例に則った議会運営に関する陳情に関して公明ちがさきとして意見を述べる。
 地方分権が進む中で、市民社会と公行政がどのように得意な分野で協力し合って新しいまちづくりをしていくかが大切になっている。協働などの新しい公共経営のスタイルをつくっていくためには、そのときそのときで個別に協力し合うのも大事であるが、それ以上に、ある種の基本ルールを事前につくることが必要となってくる。自治基本条例は、言うまでもなく、さまざまなまちづくり活動の指針として、自分たちのまちの根本となるルールであり、まちづくりの理念を定めた条例である。その中に、もちろん議会及び議員の責務が位置づけられている。また、陳情にも記載されているとおり、自治基本条例に規定されている地方公共団体としての茅ヶ崎市には議会も含まれていることは承知している。自治基本条例の検証やアクション・プランの策定についても、議会、議員に関する第8条、第9条については、議会が検証及び策定を行い、執行部が検証及び策定を行った部分とあわせて市として取り組んでいる。
 平成23年に議会は、自治基本条例の議会、議員に関する規定をより具体化し、議会の指針として議会基本条例を策定した。議会基本条例には、議会の責務、委員の責務以外にも、自治基本条例に規定されている市民参加、説明責任といった条項や、自治基本条例の政策法務にもつながる政策討議などについて具体的に規定されている。その運用についても、現在、議会制度検討会において検討項目及びスケジュールを定め検討しており、運用方法が決まったものについては順次実行している。
 そのような意味で、議会基本条例の内容を実行することによって、市民と議会が協働しながら、両方が相まって新しい市の自治の創造に貢献することになる。当然、自治基本条例を踏まえて議会基本条例を実行していかなければならないので、議会基本条例に定められた事項を着実に実現させていくことが議会の責務であると考える。その意味で、今回の陳情には反対する。しかしながら、現在も議会制度検討会で検討され、実現したこと、また、議会報告会、意見交換会の開催、そこで出た意見の実現など全てホームページで開示しているので、趣旨のところは実行していると自負している。これからも、これまで取り組んできた議会改革をさらに推進するとともに、議会を構成する議員みずからが議員としての自覚と見識を持ち、主権を有する市民の皆様の負託に的確に答えていくことを付して、公明ちがさきとしての討論とする。
○委員長 討論を打ち切る。
 陳情第4号茅ヶ崎市自治基本条例に則った議会運営に関する陳情につき採決する。
 本件を採択すべきものと決するに賛成の方の起立を求める
                〔起立者なし〕
○委員長 起立なしと認める。
 よって、本件は採択することは否決された。
 ──────────────────────────────────────
○委員長 議題2、茅ヶ崎市議会会議規則の一部を改正する規則等についてを議題とする。
 議長より発言を求められている。
○議長(広瀬忠夫) 本日審査いただくのは、茅ヶ崎市議会会議規則の改正、茅ヶ崎市議会広報広聴委員会規程の制定及び茅ヶ崎市議会だより発行規程の改正についてである。
 議会基本条例に基づき開催している議会報告会、意見交換会に関する検討については、現在、議会だより編集委員会に担当していただいているが、今後の検討組織について各派代表者会議で協議した結果、議会の広報広聴を所管する広報広聴委員会を会議規則に規定することにより、地方自治法第100条第12項に基づく協議等の場として設置し、公式の会議とし、議会だよりの編集を含め、広報広聴全般を担当していただくことになった。また、それに伴い、広報広聴委員会の所管事項等を定めるための規定を制定するとともに、現行の議会だより編集委員会を廃止するため、茅ヶ崎市議会だより発行規程を改正することとなった。本日はそのための規則の改正等について審査願いたい。
○委員長 (1)茅ヶ崎市議会会議規則の一部を改正する規則について、(2)茅ヶ崎市議会広報広聴委員会規程について及び(3)茅ヶ崎市議会だより発行規程の一部を改正する告示について一括して説明願う。
◎議会事務局次長 茅ヶ崎市議会会議規則の一部を改正する規則について説明する。
 資料の1枚目をごらん願いたい。議案の審査または議会の運営に関し協議または調整を行うための場として、広報広聴委員会を設置するため提案するものである。
 改正内容については、3枚目の新旧対照表で説明する。現在、全員協議会が規定されている表に追加する。名称は広報広聴委員会、目的は議会の広報及び広聴に関する事項について、協議、調整等を行うこと、構成員は広報広聴委員会委員、招集権者は広報広聴委員会委員長である。
 なお、この規則は平成26年6月1日から施行することとしている。
 次に、茅ヶ崎市議会広報広聴委員会規程について説明する。
 資料の1枚目をごらん願いたい。茅ヶ崎市議会会議規則の改正に伴い、広報広聴委員会の所掌事項、組織及び運営に関し必要な事項を定めるため提案するものである。
 内容については、2枚目をごらん願いたい。
 第2条は、広報広聴委員会の所掌事項を茅ヶ崎市議会だよりの編集に関すること、議会ホームページに関すること、議会報告会、意見交換会の企画及び運営等に関すること等としている。
 第3条は、委員の定数を11人とし、議長及び副議長が参画することとしている。
 第4条は、委員は議長が選任することとし、委員の任期は2年とすること等としている。
 第5条は、委員長及び副委員長について定めている。
 第6条は、会議の原則公開について定めている。
 第7条は、委員会の運営等については、茅ヶ崎市議会委員会条例、茅ヶ崎市議会会議規則及び茅ヶ崎市議会委員会傍聴規程の例によることとしている。
 次に、第8条で、この告示に定めない事項については、委員長が委員会に諮って定めることとしている。
 なお、この告示は平成26年6月1日から施行することとし、所要の経過措置を設けている。
 次に、茅ヶ崎市議会だより発行規程の一部を改正する告示について説明する。
 資料の1枚目をごらん願いたい。茅ヶ崎市議会広報広聴委員会規程の制定に伴い、所要の規定を整備する等のため提案するものである。
 内容については、3枚目をごらん願いたい。新旧対照表で説明する。
 第6条から第10条は、議会だより編集委員会に関する規定を削るものである。
 第1条から第4条は、規定を整備するものである。まず第1条は、議会基本条例第21条の規定の趣旨にのっとり、広報の一環として議会だよりを発行することを明確化するものである。次に、第2条から第4条は、字句の整理をするものである。
 なお、この告示は平成26年6月1日から施行することとしている。
○委員長 質疑に入る。
◆高橋輝男 委員 委員会はきょうだけで最終本会議で決定するのか。
◎議会事務局次長 これでよければ署名いただいて、最終日に議会議案として提案していただく形になる。
◆高橋輝男 委員 第4条に「委員の任期は、2年とする。」と書いてあるが、6月からだと改選まで2年ないので、その辺の確認をしたい。
◎議会事務局次長 附則の2で「この告示の施行後最初に選任された委員の任期は、第4条第2項の規定にかかわらず、平成27年4月30日までとする。」としている。
◆高橋輝男 委員 第3条の委員会の構成で定数は11人で、第3条第2項に「委員会には、議長及び副議長が参画する。」とあるが、議長、副議長は委員の中に参画するのか、別に参画するのか。
◎議会事務局次長 議会運営委員会と同じで、意見があれば言うことも可能であるという形で、委員ではなく、議長、副議長として参画する。
◆高橋輝男 委員 議会だより編集委員会が現在行われているが、そこにいる委員のメンバーが第3条の委員会の委員の定数の11名の中に入るのか、それとも新しく決定するのか。
◎議会事務局次長 各派代表者会議で11名と決定され、会派から案分割りで選出していただき、議長が選出という形で、今の議会だより編集委員会の方が全て出てくるとは限っていない。規定はない。
○委員長 お諮りする。
 茅ヶ崎市議会会議規則の一部を改正する規則については、ただいまの事務局の説明のとおり改正することに異議ないか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○委員長 異議なしと認め、そのように決定した。
 お諮りする。
 茅ヶ崎市議会広報広聴委員会規程については、ただいまの事務局の説明のとおり制定することに異議ないか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○委員長 異議なしと認め、そのように決定した。
 お諮りする。
 茅ヶ崎市議会だより発行規程の一部を改正する告示については、ただいまの事務局の説明のとおり改正することに異議ないか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○委員長 異議なしと認め、そのように決定した。
 なお、茅ヶ崎市議会会議規則の一部を改正する規則、茅ヶ崎市議会広報広聴委員会規程及び茅ヶ崎市議会だより発行規程の一部を改正する告示の以上3件については、本会議議決案件なので、今期定例会の最終日に、慣例により議会運営委員会委員長の私が提案者となり、委員の皆様には賛成者となっていただき議会議案として提案するので、お含みおき願う。なお、本日の会議終了後、皆様には署名をいただくので、よろしくお願いする。
 ──────────────────────────────────────
○委員長 その他として何かあるか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)
○委員長 議会運営委員会を閉会する。
                午後2時20分閉会