議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 小田原市

平成19年  6月定例会 質問通告




平成19年  6月定例会 − 質問通告








平成19年  6月 定例会



                   索引

+−−−−−−+

│議案関連質問│

+−−−−−−+

◯鈴木美伸君……………………………………………………………………………………50

1(1)議案第41号 平成19年度小田原市一般会計補正予算のうち(款)8 土木費(項)4 都市計画費(目)2 街路事業費 小田原駅西口東町線街路築造事業経費について

◯原田敏司君……………………………………………………………………………………52

1(1)議案第46号 小田原市立幼稚園の入園料及び保育料の徴収に関する条例の一部を改正する条例について

◯田中利恵子君…………………………………………………………………………………54

1 議案第45号 小田原市地区計画の区域内における建築物に係る制限に関する条例の一部を改正する条例について

(1)今回は条例一部改正ということだが、どのような効果を期待しているのか

(2)既に地区計画決定されているが、住民発意による地区計画がある中ここはだれの提案発意によるものか

+−−−−+

│一般質問│

+−−−−+

◯鈴木美伸君……………………………………………………………………………………70

1 三位一体の改革が本市に及ぼした影響について

(1)国からの補助金の削減について

(2)住民の反応と本市の対応策について

(3)国民健康保険料と保育料等への影響について

2(1)保育料と学校給食費の滞納について

3 オールドボランティア等の活用について

(1)スクールボランティアについて

(2)介護ボランティアについて

(3)農業ボランティアについて

4(1)地域センター建設について

◯佐々木奈保美君………………………………………………………………………………90

1 小・中学校における介助員の配置の現状について

(1)介助員の勤務実態について

  ア 年間の勤務日数について

  イ 勤務時間について

  ウ 賃金について

(2)介助員の研修について

2 ごみ処理広域化について

(1)市民合意のとり方について

(2)協議会における検討内容について

◯青木正光君………………………………………………………………………………… 108

1 学校現場の多忙化の要因と労働安全衛生体制の確立について

(1)学校現場の労働安全衛生体制の確立について

(2)学校現場の多忙化の要因である会議や研修、通知や調査依頼の状況について

2(1)登城ルートの整備に伴い、中心市街地のまちづくりについて

◯相澤博君…………………………………………………………………………………… 119

1 小田原城跡周辺の景観保全について

(1)高度地区と景観計画重点区域との整合性について

(2)各基準の実質的効用性について

2 北原白秋を生かしたまちづくりについて

(1)北原白秋の顕彰、文化的資産の活用について

(2)北原白秋を生かした童謡教育と観光資源としての活用について

◯植田理都子君……………………………………………………………………………… 135

1 市民活動の推進について

(1)市民意識について

(2)オールドボランティアについて

2 (仮称)城下町ホール事業の推進について

(1)「広報 おだわら」別冊記事について

(2)広報広聴のあり方について

3 地域の特性を生かしたまちづくりについて

(1)地域遺産の活用について

◯杉山三郎君………………………………………………………………………………… 150

1 小田原市政の現状と未来像について

(1)財政基盤の安定策について

(2)中心市街地活性化策について

(3)スポーツ振興策について

(4)海岸浸食への対応策について

(5)旧あしがり荘跡地の活用策について

◯小松久信君………………………………………………………………………………… 169

1 子育て支援策等について

(1)妊婦健康診査等について

(2)マタニティマーク等について

(3)食育の推進等について

◯井原義雄君………………………………………………………………………………… 173

1 広域斎場計画について

(1)斎場計画の進捗状況について

(2)使用料金について

2 迷惑防止対策等について

(1)騒音防止対策について

(2)落書き防止対策について

(3)歩行喫煙対策について

(4)小田原駅東口周辺のごみ対策について

3 防災対策について

(1)安否確認システムの導入について

◯加藤仁司君………………………………………………………………………………… 189

1 地方分権社会における本市の人口増加施策について

(1)産業との連携について

(2)魅力あるまちについて

(3)今後の人口増加施策について

◯志澤清君…………………………………………………………………………………… 206

1 線引きの見直し等に関する諸問題について

(1)特定保留区域について

(2)農振農用地の見直しについて

(3)市街化調整区域の都市的土地利用について

(4)みかん減反に伴う跡地利用について

2 教育の諸課題について

(1)ゆとり教育の見直しについて

(2)30人学級の実現について

(3)学校に競争原理を導入することについて

◯檜山智子君………………………………………………………………………………… 227

1 学校教育現場における人権問題について

(1)市の機関として「人権オンブズパーソン」制度の導入を検討すべきでは

(2)いわゆる「指導力不足教員」に関する対応について

2 (仮称)城下町ホール建設について

(1)2件の住民監査請求の重みについて

(2)県企業庁との協定書締結について

(3)実施設計について

◯安野裕子君………………………………………………………………………………… 243

1 本市財政の情報公開等に関して

(1)市民にわかりやすく、親しまれる広報活動の工夫について

(2)審議会等の市民委員の人材育成と財政学習について

2 障害者の社会参加とその家族の支援等について

(1)地域作業所が地域活動支援センターへ移行するに当たっての課題について

(2)移動支援事業について

(3)就労支援について

(4)精神障害者への取り組みについて

  ア ショートステイ及びグループホームについて

  イ 啓発事業について

◯今村洋一君………………………………………………………………………………… 272

1 行政サービス・事業等の情報発信、事業展開の広報広聴・宣伝・伝達のあり方について

(1)現在の「広報 おだわら」について

(2)小田原市の公式ホームページについて

(3)タウンミーティング・市民と市長との地区懇談会について

(4)携帯電話情報について

(5)市民を交えた事業の展開について

2 地域に必要な人材資源の確保と活用について

(1)介護現場、教育現場に提供すべき人材の量と質の確保について

(2)放課後児童クラブ開設時間を地域の人材を活用することによって拡充できないか

(3)地域分権を目指した地域コーディネーターのような人材の育成について

3 地球温暖化対策とまちづくりについて

(1)二酸化炭素排出削減に資する「まちづくり」をどのように進めていくのか

◯原田敏司君………………………………………………………………………………… 292

1 お城通り地区再開発事業について

(1)お城通り地区再開発事業の推進により小田原駅東口臨時駐車場の駐車台数が大幅に減少する。このことが、中心市街地を一層衰退させるのではないか

(2)優先交渉権者アーバンコーポレイションが再開発ビルの不動産証券化を選択肢に含めていることについて

(3)万一事業が破綻したとき、民間事業者が小田原市に新たな負担を求めてくるのではないか

2 少子化が進む中、子育て支援の重要な施策として学童保育の拡充を進めるべきではないか

(1)小田原市の学童保育の現状について

(2)対象学年の引き上げについて

(3)学童保育所設置基準の確立と実施について

(4)指導員の待遇について

◯田中利恵子君……………………………………………………………………………… 306

1 保育園の待機児童の解消について

(1)本市の現状について

(2)保育園の新・増設について

2 住民税増税問題への市の対応について

(1)市民負担の軽減などについて

3 銭湯の役割に光を当て、市民の公衆衛生向上となる方策について

(1)本市の施策などについて

◯関野隆司君………………………………………………………………………………… 322

1 (仮称)城下町ホール建設について市長の見解を問う

(1)基本設計を市民の声や専門家の声をよく聞き見直すべきではないのか

  ア 基本構想から基本設計に至るまで大きな変化があった(仮称)城下町ホールの役割・機能をどのようにとらえるのか

  イ 市民への説明は十分と言えるのか。「市民説明会」は市民の声や要望にこたえ切ってはいないのではないか

  ウ 市民会館の利用者のプロの劇団や劇場関係者等の声や意見を聞いているのか。またどのように対応しているのか

  エ 建設費をどのように見積もっているのか。その細目はどうなっているのか

  オ 管理運営費をどのように見積もっているのか。その細目はどのようになっているのか

  カ 市民や専門家の声をよく聞き取り基本設計を見直すべきだ

(2)拙速に計画を進めるのではなく市民と合意して進めてこそ(仮称)城下町ホールの本来の役割を果たすと考えるが