議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 藤沢市

平成17年12月 議会運営委員会−11月30日-03号




平成17年12月 議会運営委員会

1.日   時  平成17年11月30日(水) 午前9時45分 開会
2.場   所  議会委員会室
3.出 席 者
     委 員 長  矢 島 豊 海
     副委員長  大 野 美 紀
     委  員  井 手 拓 也   原   輝 雄
           松 長 泰 幸   高 橋 八 一
           保 谷 秀 樹   諏訪間 春 雄
           松 下 賢一郎   二 上   喬
     準 委 員  原 田   建   真 野 喜美子
           柳 沢 潤 次   植 木 裕 子
     議  長  国 松   誠
     副 議 長  広 田 忠 男
     傍聴議員  有 賀 正 義   熊 倉 旨 宏
     事 務 局  長谷川議会事務局長、高木議会事務局次長、小野議会事務局主幹、
           落合議会事務局主幹補佐、永井議会事務局主幹補佐、??議会事務局主幹補佐、
           内田議会事務局主幹補佐、?橋議会事務局主幹補佐、小泉議事調査担当主査
4.件   名
1 日程とその処理について
2 その他
 (1) 請願・陳情付託一覧表
 (2) 陳情の付託先について
 (3) 一般質問の件名及び要旨の配付について
 (4) 全国市議会議長会からの依頼について
 (5) 閉会中に開催する予定の諸会議について
 (6) 2006年(平成18年)地域賀詞交換会日程について
 (7) その他
      ──────────────────────────────
○矢島豊海 委員長 ただいまから議会運営委員会を開会いたします。
      ──────────────────────────────
○矢島豊海 委員長 お諮りいたします。委員会の日程は、お手元に配付したとおり進行したいと思いますが、御異議ありませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○矢島豊海 委員長 ありがとうございます。御異議ありませんので、そのように決定いたしました。
      ──────────────────────────────
△1 日程とその処理について

○矢島豊海 委員長 日程第1、日程とその処理についてを議題といたします。
 事務局長から説明を求めます。
◎長谷川 議会事務局長 おはようございます。それでは、11月30日、本会議第2日でございますが、運営につきまして御説明を申し上げます。
 1、日程とその処理について。
 日程第1、議案第47、48号、計2件でございまして、工事請負契約の変更契約の締結でございます。質疑の後、委員会付託の省略、討論の後、?議案第47号につきましては簡易採決でお願いをいたします。?議案第48号につきましては起立採決でお願いをいたします。
 質疑の通告が3名の方からございます。まず、1番目としまして25番の塚本議員から第47号について、2番目としまして3番の柳沢議員から第47、48号について、3番目といたしまして8番の有賀議員から第48号について。以上の質疑の通告でございます。
 討論の通告がお1人からございます。3番の柳沢議員から第48号についての討論の通告でございます。
 次に、日程第2、議案第49、50号の計2件でございまして、市道の認定、廃止でございます。質疑の後、建設常任委員会へ付託でお願いをいたします。
 質疑の通告がお1人からございます。6番の三野議員から第49号についての質疑の通告でございます。
 次に、日程第3、議案第51号、1件でございまして、一般職員の給与に関する条例及び藤沢市一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部改正でございます。質疑の後、総務常任委員会へ付託でお願いをいたします。
 質疑の通告はございません。
 なお、ここで本会議を一たん休憩していただきまして、総務常任委員会の開催をお願いいたします。討論の通告の締め切りにつきましては、総務常任委員会終了後15分後でお願いをいたします。また、通告があった場合は議運を開催せず、再開までに通告書の写しを正副議長、議運の委員及び準委員に配付させていただきます。
 その後、本会議を再開していただきまして、総務常任委員会の報告の後、報告に対する質疑を省略し、討論の後、採決をお願いしたいと思います。
 総務常任委員会の報告でございますが、総務常任委員会の佐賀委員長からの報告でございます。
 次に、日程第4、議案第52、53、54、59、60号の計5件でございまして、災害派遣手当の支給に関する条例・手数料条例の各一部改正、2ページにお移りをいただきまして、長期継続契約を締結することができる契約を定める条例・国民保護協議会条例・国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部条例の各制定でございます。質疑の後、総務常任委員会へ付託でお願いをいたします。
 質疑の通告がお2人からございます。まず、17番の植木議員から第59、60号について、次に、1番の原田議員から第53、59、60号について。以上の質疑の通告でございます。
 次に、日程第5、議案第55、68号、計2件でございまして、市営住宅条例・消防団員等公務災害補償条例の各一部改正でございます。質疑の後、委員会付託の省略、討論の後、簡易採決でお願いをいたします。
 質疑、討論とも通告はございません。
 次に、日程第6、議案第56、57、58、61、62、63、64、65、66、67、69号の計11件でございまして、重度心身障害者介護手当条例・国民健康保険条例・藤沢市民病院診療費等に関する条例の各一部改正、在宅ねたきり老人等介護手当条例の廃止、保健所及び保健センター条例・食品衛生法の施行に関する条例・結核の診査に関する協議会条例・感染症の診査に関する協議会条例・小規模特定給食施設の栄養改善に関する条例・小規模水道及び小規模受水槽水道における安全で衛生的な飲料水の確保に関する条例・浄化槽保守点検業者の登録に関する条例の各制定でございます。質疑の後、民生常任委員会へ付託でお願いをいたします。
 質疑の通告が3名の方からございます。まず、3番の柳沢議員から第58号について、次に、4番の加藤議員から第56、57号について、3番目に1番の原田議員から第56、57号について。以上の質疑の通告でございます。
 次に、日程第7、議案第70号、1件でございまして、平成17年度一般会計補正予算(第4号)でございます。質疑の後、総務常任委員会へ付託でお願いをいたします。
 質疑の通告はございません。
 次に、日程第8、議案第71、72号、計2件でございまして、平成17年度国民健康保険事業費特別会計(第2号)、介護保険事業費特別会計(第2号)の各補正予算でございます。質疑の後、民生常任委員会へ付託でお願いをいたします。
 質疑の通告はございません。
 次に、日程第9、議案第73号、1件でございまして、平成17年度下水道事業費特別会計補正予算(第3号)でございます。質疑の後、建設常任委員会へ付託でお願いをいたします。
 質疑の通告がお1人からございまして、1番の原田議員からの質疑通告でございます。
 3ページにお移りをいただきまして、日程第10、請願17第2号、1件でございまして、国へ少人数学級実施を要望する意見書提出を求める請願でございます。紹介議員の説明の後、文教常任委員会へ付託でお願いをいたします。
 紹介議員は3番の柳沢議員でございます。
 日程とその処理につきましては以上でございます。
○矢島豊海 委員長 説明をいただきましたが、委員の皆さんから何か御質疑とか御意見はございますか。
               (「なし」と呼ぶ者あり)
○矢島豊海 委員長 では、次に移りましょう。
      ──────────────────────────────
△2 その他
 (1) 請願・陳情付託一覧表
 (2) 陳情の付託先について
 (3) 一般質問の件名及び要旨の配付について
 (4) 全国市議会議長会からの依頼について
 (5) 閉会中に開催する予定の諸会議について
 (6) 2006年(平成18年)地域賀詞交換会日程について
 (7) その他

○矢島豊海 委員長 日程第2、その他を議題といたします。
 事務局長から説明をしていただきます。
◎長谷川 議会事務局長 それでは、2のその他でございます。
 まず、(1)請願・陳情付託一覧表でございます。4ページの資料1をごらんいただきたいと存じます。
 資料1番は請願・陳情付託一覧表(平成17年12月定例会)でございまして、建設常任委員会、12月1日でございますが、陳情1件でございまして、17第22号川名の豊かで身近な自然を守る陳情でございます。
 民生常任委員会、12月2日でございますが、陳情1件でございまして、17第16号障害者自立支援法の施行に関する国への意見書提出についての陳情でございます。
 次に、文教常任委員会、12月5日でございますが、請願1件、陳情2件でございまして、まず、請願が、17第2号国へ少人数学級実施を要望する意見書提出を求める請願でございます。陳情につきましては、17第4号義務教育費国庫負担制度の堅持に関する陳情、17第9号地方の財政力を強化し、義務教育費国庫負担制度を維持することについての陳情でございます。
 次に、総務常任委員会、12月6日でございますが、陳情が7件でございまして、まず、17第17号「都市機構」住宅の家賃値上げに反対し、居住者の居住の安定に関する意見書提出を求める陳情、17第19号個人所得課税における各種控除の安易な縮小を行わないよう求める陳情、17第20号原子力空母の横須賀配備に反対する意見書提出の陳情、17第21号キャンプ座間への米陸軍新司令部の移転等再編に反対する意見書提出の陳情、17第24号横須賀原子力空母配備に反対する意見書提出を求める陳情、17第25号座間基地再編に反対する意見書提出を求める陳情、17第26号米軍基地の再編・強化に関する意見書提出を求める陳情、以上でございます。
 次に、議会運営委員会、12月7日でございますが、陳情1件でございまして、17第18号議員控室を禁煙にする陳情でございます。
 なお、陳情17第4号につきましては、11月25日に陳情書の取り下げが提出をされております。また、下線で表示してあるものにつきましては、平成17年9月定例会の締め切り日以後に新規に提出されたものでございます。
 次に、(2)陳情の付託先についてでございますが、5ページの資料2をごらんいただきたいと存じます。
 陳情17第23号でございますが、陳情者は議会運営委員会に対しまして、9月定例会の建設常任委員会での広田忠男議員の発言内容及び発言の訂正申し入れに対し委員長が許可訂正したことに関し、以下の3点を陳情されておるものでございます。
 まず、1番といたしまして、広田議員がどういう立場でアドバイザーに随行したのか、どういうものだと認識しているのか、本人に対して説明を求めるよう建設常任委員会に申し入れること。2番といたしまして、行政はどういう立場で許可したのか、どういうものだと認識しているのか、説明の場を設けるよう建設常任委員会に申し入れること。3番といたしまして、議事録からの削除撤回を協議・決定すること。
 これらの陳情内容につきましては建設常任委員会での委員の発言内容に関してであり、また、常任委員会の自律権に基づき委員長が許可決定した事項についてでありますので、これらについて議会運営委員会に付託、審査するのは疑義が生じる可能性がございます。しかしながら、陳情者との提出時の面談では、陳情内容は具体的には建設常任委員会に限定した内容でございますけれども、この陳情をきっかけに議会全体での議会記録や発言の正しいあり方を要望しているということでございまして、あえて議会運営委員会での審査をお願いしたいということも聞いてございます。
 つきましては、この陳情の取り扱いにつきましての御協議をお願いするものでございます。陳情者の意向に沿う形ということでございますと、事務局といたしましては議会運営委員会への付託が適当ではないかと考えておるものでございます。
 次に、(3)の一般質問の件名及び要旨の配付についてでございますが、本日午前中に各控室の方に配付をさせていただきます。よろしくお願いをいたします。
 (4)全国市議会議長会からの依頼についてでございますが、資料3、6ページをごらんいただきたいと存じます。
 本件につきましては、平成17年11月25日付で依頼があったものでございまして、内閣総理大臣の諮問機関である第28次地方制度調査会の場において、市議会議長会も地方議会のあり方について三議長会として一致協力し、対応してきたところでありますが、近々同調査会から答申が示され、これをもとに地方自治法が改正されると予想されるため、地方議会制度の抜本的な改正が行われるよう国会及び政府に対し、議会制度改革の早期実現に関する意見書を提出していただきたいというものでございます。この件の取り扱いにつきまして御協議をいただきたいと思っております。
 次に、(5)閉会中に開催する予定の諸会議についてでございますが、平成18年1月24日(火)都市整備特別委員会、1月25日(水)文教常任委員会、1月26日(木)民生常任委員会、1月27日(金)行政改革等特別委員会をそれぞれ予定させていただいております。なお、開会時刻につきましては、いずれの委員会も午前9時30分の予定でございます。
 次に、(6)2006年(平成18年)地域賀詞交換会の日程についてでございますが、8ページの資料4をごらんいただきたいと存じます。各地での賀詞交換会の日程でございます。参考にしていただければと思います。
 次に、(7)のその他でございますが、事務局から1点ございまして、18年度版の議員手帳でございますが、本日配付をさせていただきます。なお、証明書にもなってございますので、その日付につきましては18年1月1日付ということにさせていただきますので、御承知おきをいただきたいと思います。各議員の写真を張りまして、議員であることの証明が、手帳にさせていただきますので、その日付を1月1日付ということにしておきますので、よろしくお願いいたします。
 その他につきましては以上でございます。
○矢島豊海 委員長 今、事務局長からの説明をしていただきました中で、委員長の方からつけ加えておきます。
 議会運営委員会にかかっております陳情17第18号についてでありますが、国松議長から28日の代表者会議で、この会派控室の禁煙問題について問題の提起をされまして、その結果、12月1日から控室を禁煙としたいということで、各派代表者会議で了解が得られました。また、お1人お1人の会派の方々にもお話を申し上げまして、それも同様に御理解をいただきましたので、その点をつけ加えておきますので、よろしくお願いしたいと思います。
 とりあえず今、その点、代表者会議のこともちょっと申し上げておきますが、もう一つ、今、局長からお話がありましたように、建設常任委員会での議員発言の問題について議会運営委員会に陳情という形で出されておりますが、この陳情を議会運営委員会で受けるかどうかという、この常任委員会の自律権の問題もありますので、その点も含めて若干皆さんの御議論をいただきたいと思いますし、今、説明がありましたので、その他も含めて皆さんから御意見を承っておきたいと思います。
◆二上喬 委員 陳情17第23号については、これは今資料をいただいて、今初めて見るんですけれども、どこへかけるか。先ほど事務局長の方から、通常でいくと議会運営委員会にかけるということになっているんですけれども、これはきょう決定しなければいけないんですか。もうちょっと精査してみないとわからないんだけれども。
○矢島豊海 委員長 その他、委員の皆さんから、これに関する御質問とか何かありますか。
◆高橋八一 委員 陳情の中身はかなり具体的になっているんですが、建設常任委員会の委員長はうちだからというわけではないんですが、議会運営委員会は議会のルールを決めるところであって、常任委員会で既に決まったことについて差し戻しをするとかというような権限はないのではないかと認識をしております。お話があったように、そうは言いながら、議会の議事録の削除だとかというような、一般的な意味で、そういうことについては疑があると。どこかで議論してほしいということについては、議会運営委員会がいいのかどうなのかというのは、よくわかりませんけれども、それはそれとしても、ここに書かれているような建設常任委員会の決定についてどうこうせよということについては、少しなじまないのではないかというのが私の認識なんですが、その辺はいかがなものでありましょうか。
◎長谷川 議会事務局長 陳情の処理でございますけれども、これは陳情権はどなたにもというか、陳情が出された以上は事務局としてはお受けをして、議長にお願いをして、どこで審議をしていただくかを決めるわけでございますけれども、これは消去法でいきますと、内容的に議会運営委員会しかないのかなという感じなんです。それで、事務局としてはそういう形でお諮りをするのがいいのかなという感覚を持ってございます。
◆原輝雄 委員 1点。過去にこういう同じようなケースがあったのかどうなのか。もし事務局で把握していらっしゃったら、ひとつ伺いたいんですけれども。
◎長谷川 議会事務局長 過去にはこういった例はございません。
◆二上喬 委員 これはきょう結論を出すの。
◎長谷川 議会事務局長 ええ。日程の都合できょう……。
◆原輝雄 委員 あと1点確認なんですけれども、もしこれは議運でなじまないとすれば、そうすると、建設で取り扱うということになるんでしょうか。そうすると、今、二上委員から話がありましたけれども、あしたまた建設の委員会が開かれることになりますよね。その辺どうなるのか、お聞かせください。
○矢島豊海 委員長 一たん休憩しましょう。
      ──────────────────────────────
                午前10時05分 休憩
                午前10時12分 再開
      ──────────────────────────────
○矢島豊海 委員長 再開いたします。
 今、休憩中でお話をいただきましたが、陳情17第23号につきましては議会運営委員会で審議するということで、ひとつ決定をしておきたいと思います。
 よろしゅうございますね。異議はありませんか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○矢島豊海 委員長 ありがとうございました。
 それから、先ほど局長から御説明のありました全国議長会からの議会制度の充実強化のあれがございますが、取り扱いはどうしましょうか。慣例によれば、これは議会運営委員会で決めていただくということと、文案などにつきましては、当面本人がいらっしゃいますから、非常に言いづらいのでありますが、議運の正副委員長に文案などお任せいただきまして、皆さんの同意を取りつけたいと思いますが、いかがでしょうか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○矢島豊海 委員長 日限は追ってお知らせいたします。
 委員さんから何か御発言はございますか。ありませんか。
               (「なし」と呼ぶ者あり)
○矢島豊海 委員長 委員外から、どうぞ、原田さん。
◆原田建 準委員 2点ありまして、1点は私ごとなんですが、一般質問の通告による要旨を、聞き取りの段階で、3点目に限ってはもう公の場でのやりとりを要しないということになりましたので、3点目の要旨については削除させていただきたいという旨、御了解いただきたいと思います。それが1点目です。
 もう一点目は、実は、日本政府に対する意見書を1件、皆さんに御検討いただきたいと思いまして、できましたら、その内容については事務局に用意していただいていますので、配付をいただいた上で少し簡単に御提案させていただきたいと思いますが、お取り計らいをお願いいたします。
○矢島豊海 委員長 今、時間もきょうちょっと過ぎていますので、文案だけ配付してもらって、取り扱いはここで決めますから。
◆原田建 準委員 では、ちょっとスケジュールのことだけ。
○矢島豊海 委員長 何。文案を配付してもらわなきゃしようがない。
◆原田建 準委員 先にいいですか。
○矢島豊海 委員長 まず文案を配付してください。
                  (資料配付)
◆原田建 準委員 では、済みません、簡単に。恐れ入ります。
 一応3人以上で意見書は提出できるということで、その規定に関しては現段階で真野議員、植木議員、私と、一応3人でこの場では提案させていただきますが、できれば議会全体として、もし意見書を提出できるのであれば、それも含めて、また、そうでない場合でも有志を募って、各会派になると思うんですが、最終的には12月9日までにその辺の扱いを御判断いただければ、その段階を一応期限として、取り扱いについてはできるだけ広く皆さんと提出したいと希望しておりますので、御検討いただければと思います。12月9日までに一応私の方なり、3人で手分けするなりして御意向を伺いに上がりますので、その点だけ御検討いただければありがたいと思います。
 以上でお取り扱いをお願いします。
○矢島豊海 委員長 今、原田議員の御説明ですと、提案する3人の方の定数を満たしておりますので、正式に議会運営委員会に提案されたということで了解しておきます。
 それから、各会派でそれぞれ検討していただきますが、その期限を、一般質問の初日に該当いたしますが、なお、その後、3日間の議会運営委員会が開かれますので、その時間なども含めて皆さんの慎重な検討を煩わせておきたいと思いますが、よろしゅうございますか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
◆松下賢一郎 委員 今、原田準委員から申し出があった、この要旨を削除するということの申し出自体はよく理解できるんですけれども、一般質問の通告というのは議長に対して通告をしているものであって、この要旨を削除することを議会運営委員会で決定するのはふさわしくないのではないかと。本来であれば要旨はそのまま残して、質問をする際に登壇した際に、これこれこういう理由でこの質問は割愛するということを述べるのが本来のやり方なのではないかと。過去にも何か、そういう突然削除されるというお話があって、そのままなったことがありますけれども、本来はそういう手順ではないのかと思うんですが、いかがなんでしょうか。
◎高木 議会事務局次長 一般質問の件名の届け出の後に修正等があった場合については、一般質問の開始前までについては、議運に諮って一応報告をしていただいて御了解いただくという形をとらせていただいています。当日という場合も過去にあるわけですけれども、その場合については取り消しというわけにいきませんので、登壇された段階で発言者の方からその旨発言をしていただいて、進行していただくという形で取り扱いしております。
◆松下賢一郎 委員 それはいつから変わったんでしょうかね。私は、平成11年に議員になった際に、いつの質問だったか忘れましたけれども、通告をして取り下げたいというお話を事務局にした際に、これは一度議長に対して通告をしているのであって、幾ら質問前とはいっても削除はできませんと。本会議の場において、いわゆる割愛する旨を述べていただくしか削除はできませんよというふうに言われたことがあるんですけれども、いつから変わったのか、お聞かせいただければ。
◎高木 議会事務局次長 大変申しわけございませんけれども、私が来てから、記憶の中ですべてそのような取り扱いをされてきているというふうに理解しておりまして、若干松下委員さんのおっしゃる時期とはずれておりますけれども、今までの事務担当者の引き継ぎにおいても同じようなことで引き継ぎをされているというふうに理解しておりますので、その辺についてはもう一度調べさせていただきたいと思います。
○矢島豊海 委員長 ほかにございますか。
               (「なし」と呼ぶ者あり)
      ──────────────────────────────
○矢島豊海 委員長 なければ本日の本会議の開会を決めたいと思いますが、委員の皆さんの御意見はどうでしょうか。
               (「45分」と呼ぶ者あり)
○矢島豊海 委員長 45分ですか。10時45分開会という御意見がございますが。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○矢島豊海 委員長 では、10時45分に本会議を開会します。
      ──────────────────────────────
○矢島豊海 委員長 以上で本日の日程は全部終了しました。
 委員会を閉会します。
      ──────────────────────────────
                午前10時20分 閉会
      ──────────────────────────────
以上のとおり相違ありません。
藤沢市議会委員会条例第62条第1項の規定により、ここに署名する。
藤沢市議会議会運営委員会
委員長  矢 島 豊 海