議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 鎌倉市

平成22年 2月18日議会運営委員会−02月18日-01号




平成22年 2月18日議会運営委員会

議会運営委員会会議録
〇日時
平成22年2月18日(木) 11時06分開会 15時51分閉会(会議時間 0時間23分)
〇場所
議会第1委員会室
〇出席委員
小田嶋委員長、長嶋副委員長、久坂、納所、三宅、太田、岡田、吉岡、前川、伊東の各委員及び赤松議長、高橋副議長
〇理事者側出席者
なし
〇議会事務局出席者
讓原局長、小島次長、田中次長補佐、原田議事調査担当担当係長、久保議事調査担当担当係長、成沢担当書記
〇本日審査した案件
1 本日の本会議運営について
2 再開本会議について
(1)再開日時について
(2)次回議会運営委員会の開催について
3 各派代表質問の順序等について
4 予算等審査特別委員会の設置について
〇審査内容
 開会後、会議録署名委員に吉岡委員を指名し、以下日程に沿って次のとおり審査を行った。
1 本日の本会議運営について
 「日程第2一般質問」が終了した時点で、本日の本会議運営について協議した結果、本日は新年度議案の説明を聴取し、延会することを確認した。
ここで、委員外議員の松中議員から「日程第5議案第60号工事請負契約の締結について」議案質疑を行いたい旨の発言があり、協議した結果、これを確認した。
2 再開本会議について
(1)再開日時について
 協議した結果、2月24日(水)午前10時開議とすることを確認した。
(2)次回議会運営委員会の開催について
 委員長から、「陳情第31号十二所の民有地と市有地の等価交換について調査特別委員会設置を要請する陳情」が本日、議会運営委員会に付託されたが、審議日程上、この後、代表質問が予定されているので、陳情審査を行う議会運営委員会の開催日程については、後日改めて協議願いたい旨の発言があり、これを確認した。
 ここで、副議長から発言を求められ、協議した結果、これを許可した。その内容は、「明らかに、中に書いてある現職議員というのは私のことでございまして、役職をやらせていただいておりますこともありますので、事前に皆様に話だけさせていただきたいということで発言を求めさせていただきました。今持っておられます地主さんの前に、私の父親がやっておりました会社の土地でありました。しかし、本件に関して私が現市長や現副市長、職員、前市長や前副市長さんなどに、何らのことも話をした経過はございませんので、本当に一切本件に関しては、私のほうから行政側に対して話をした経過は一切ございませんので、それだけは、お含みおきいただきまして御審査いただければありがたい」というものだった。
 次に、次回議会運営委員会の開催について協議した結果、2月24日(水)午前9時30分に開催することを確認した。
 次に、委員長から、日程第15「議案第69号平成21年度鎌倉市下水道業特別会計補正予算(第3号)」の採決後に本会議を15分程度休憩し、新年度議案提案説明の文書を議場に配付すること及び日程第17議案第82号外15件の新年度予算議案の説明聴取後の当委員会で、代表質問の順序を決める抽せん等を行うことについて説明があり、改めてこれを確認した。
 次に、会議時間を考慮し、時間延長について協議した結果、議長一任とすること、本会議を午後1時10分に再開することを確認し、本会議再開のため、ここで一たん休憩した。
               (11時18分休憩   15時40分再開)
3 各派代表質問の順序等について
 事務局から別紙「代表質問の議事進行表」に沿って先例についての説明を聴取した後、先例のとおりに代表質問を実施することを確認した。
 次に代表質問を決める抽せんを先例に従って、まず大会派順、人数が同数の会派にあっては会派結成届け出順に、くじを引く順序を決める抽せんを行い、その結果順に抽せんを行った結果、1番 公明党 西岡幸子議員、2番 鎌無会 安川健人議員、3番 鎌倉みらい 池田実議員、4番 新・かまくら民主の会 久坂くにえ議員、5番 日本共産党 高野洋一議員、6番 ネットワーク鎌倉 太田治代議員、7番 民主党 早稲田夕季議員の順序で行うことに決定した。
4 予算等審査特別委員会の設置について
 事務局からの説明に基づき、まず、慣例のとおり議案第82号外15件については、予算等審査特別委員会を設置し、審査を付託することについて協議が行われ、これを確認した。
 次に予算等審査特別委員会の委員数については、従来どおり10名とするとともに、各会派からの選出委員数は、各会派の人数による比例案分により、ネットワーク・鎌倉、日本共産党及び鎌倉みらいからそれぞれ2名、民主党、公明党、鎌無会、新・かまくら民主の会からそれぞれ1名を選任することを確認した。
 また、特別委員会の設置については、慣例どおり動議により行うことを確認した。
 なお、特別委員会の設置の動議に係る議事運営については、後日の当委員会において協議を行うこととするとともに、各会派から選出する予算等審査特別委員の氏名は、2月19日(金)までに議長あて報告することを確認した。
 以上で本日は閉会した。


 以上は、会議の顛末を記録し、事実と相違ないことを証する。

   平成22年2月18日

             議会運営委員長

                 委 員