議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 平塚市

平成19年 総務経済常任委員協議会 本文




2007.12.13 : 平成19年 総務経済常任委員協議会 本文


議 題
  1.第58回湘南ひらつか七夕まつり開催基本方針について

                  午前11時40分開会
【委員長】それでは、引き続きまして、総務経済常任委員協議会を開催いたします。
 議題は「第58回湘南ひらつか七夕まつり開催基本方針について」です。
 まず、理事者側から説明があります。


【経済部長】それでは、第58回七夕まつりの開催基本方針につきまして、御説明を申し上げます。座って失礼します。
 去る11月14日に開催されました湘南ひらつか七夕まつり実行委員会により、決定承認されました第58回湘南ひらつか七夕まつり開催基本方針について、お手元の開催基本方針に基づき御説明申し上げます。
 まず、1、まつりの名称でございますが、「第58回湘南ひらつか七夕まつり」に決定いたしました。
 次に、2、開催期間ですが、平成20年7月4日金曜日から7日月曜日までの4日間での開催となります。第56回から4日間での開催となっておりますことから、第58回では3回目となります。
 次に、3、竹飾り関係でございますが、(1)の飾りの掲出につきましては、商店会並びに市民参加による掲出を広く呼びかけ、引き続き掲出の促進を図ってまいります。
 また、安全対策につきましては、落下事故防止に万全を期すように努めるとともに、観光客が飾りの吹き流しを引っ張ったり、結んだりすることに対する防止策に努めます。
 (2)の竹飾りコンクールにつきましては、57回から掲出促進の面から、市民飾りの部も審査対象といたしました。審査方法、賞などについて、引き続き竹飾り委員会で検討してまいります。
 (3)の消灯時間ですが、57回と同様、午後9時30分の消灯とし、最終日は午後9時といたしました。
 次に、4、交通関係でございますが、(1)の交通規制につきましては、メーン通りの湘南スターモールについては期間中、全面交通規制となります。その他の道路につきましては、時間交通規制及び指定方向の交通規制となります。特に、海岸南中線のうち中央地下道から平塚山下線までの区間において、57回は午後10時から翌朝8時まで西側部分の交通規制が解除されましたが、58回では東側部分も交通規制が解除されることになっております。これに伴いまして、この期間に接続する道路の交通規制もあわせて変更となります。
 また、通行路確保のため東側部分の中央分離帯側に配置されておりました露店がすべて配置されないことになります。
 (2)の避難通路の指定や竹飾りの搬出等の車両の通行については、来場者の安全を確保するために誘導員の配置等により安全対策を行ってまいります。
 次に、5、催物関係でございますが、(1)のお祭り広場の活用や催物等については、催物委員会で検討してまいります。
 (2)の、いわゆる北海道サミットが七夕まつり期間中に開催されるに伴いまして、神奈川県警の機動隊が北海道に派遣されることになった場合、実行委員会により自主警備態勢の強化を検討することが必要となります。警察による警備が少なくなった場合は、新たな警備費の支出も伴いますことから、イベント会場の縮小やイベントの一時休止も含めた削減について催物委員会で検討してまいります。
 次に、6、露店関係でございますが、(1)の露店の出店数や場所につきましては、サミット開催に伴う警備上の問題がありますことから、出店規制区域、出店可能数、出店場所などにつきまして露店委員会で検討してまいります。
 (2)の露店の営業時間について、竹飾りの消灯時刻と同様午後9時30分までとし、最終日は午後9時までとなります。来場者の帰宅を誘導するため、閉店時間の厳守を露店商に要請してまいります。
 (3)違法出店及びはみ出し対策について、スターモール、パールロード、Beロード商店会により、違法出店及びはみ出し防止のための自主規制委員会が57回から発足しました。これにより一定の成果が得られましたことから、今後も商店街の自主規制委員会と協調し、対策を進めてまいります。
 次に、7、環境接遇関係でございますが、環境接遇委員会を中心にボランティアの方々の協力を得ながら、クリーンキャンペーンや七夕みち案内人によるガイドツアーなどを充実し、市民との協働により七夕まつりの運営を推進してまいります。
 次に、8、警備関係でございますが、観光客などの安全対策を維持していくとともに、観光客の整理、誘導、通行車両の誘導及びパレード時の沿道警備などについて、サミット開催に伴う警備上の問題も含め、警察署と連携した警備計画を策定し、安全対策を進めてまいります。
 なお、お手元の開催基本方針には記載してございませんが、例年、七夕まつりの約1カ月前に開催しております湘南ひらつか織り姫コンテストにつきましては、6月8日日曜日に平塚市民センターで開催する予定となっております。ステージ審査を行い、3人の織り姫を選出いたします。審査員のほか来場者の参加による審査もあわせて実施してまいります。
 第58回湘南ひらつか七夕まつりが盛大に、かつ安全に開催されるよう、実行委員会を中心に検討し進めてまいりますので、御理解と御協力をお願いいたします。
 以上をもちまして、説明を終了させていただきます。


【委員長】説明は終わりましたが、質問等ございますか。


【黒部委員】今、最後の方に織り姫コンテストの話が出たのですけれども、ことしも例年どおり織り姫だけでやるのかどうかということで御質問したいのですが。


【商業観光課長】この前のお話にも出ましたけれども、申しわけございませんが、58回につきましてはサミットの関係もありまして、極力、安心・安全の七夕まつりの開催に向けてまいりますので、申しわけございませんが、しばしのお時間をいただきたいと思います。よろしくお願いします。


【黒部委員】余りサミットと関係ないと思うんだけど、どういう検討をされたのか。58回はだめだとしても、その後、見通しはどうなのかということで聞きたいのですけれども。


【商業観光課長】実は、七夕まつりはすべて実行委員会で、中にまた交通とか催物委員会等がございますので、ただいまの御提案につきましては、再度その委員会の中で審議いたしますので、よろしくお願いします。


【委員長】伊藤委員。


【伊藤委員】中央地下道が双方向になりますよと。昨年は中央地下道に露店が何店舗張りついていたのかお伺いしたいと思います。これを多分どこに持っていくんだという心配をされるのでしょうが、契約店の露店を、こういうチャンスを利用して減らす努力をぜひ、これは腹くくってもらわないとできない話なので、警備が大変なんだよ、5日が4日になってしまったんだよ、警察からも双方向で交通規制厳しいんだよと、こういう理由のあるときに減らす方向で、ぜひ努力をしてもらいたいと思うのですが、そんなことも含めていかがでしょうか。


【商業観光課長】昨年度、57回ですね、ことしにつきましては、約60店舗程度が移設という形になりました。当然、減らすこともお願いしてまいりました。
 来年度につきましては、ただいまおっしゃいましたことも含めまして、警備安全上、さまざまな点から露店商の方には、もう既に何回も面会をして、委員会の中でも、露店委員会の中でも、もんでおりますけれども、基本的に全国から来るという中での調整ということで、露店、イベントの代表の方は言っておられますけれども、私たちとしましては、やっぱり安心・安全な七夕まつりにしていくために、何度も減らすことを前提として話を進めております。
 以上でございます。


【伊藤委員】今後の努力に期待をしたいと思います。よろしくお願いします。


【委員長】山原委員。


【山原委員】せっかくの機会なので、一言だけ発言をさせていただきます。
 七夕まつり、4日間ということで、この次の58回が3回目ということですけれども、私もよく見受けるのは、市内外の、特に障害者の方々が初日の早いうちに、込む前にということで足を向けていただく光景をよく見るのですけれども、そういった意味では、むしろイベントの中に積極的に、例えばですよ、そこに限定しろとは言いませんけれども、例えば初日のそういうときに、市内外の近隣も含めまして、そういう楽しみにしておられる方々が近くまでバスで降りれて、それでちゃんと見て、またお返しできるような、そういうこともお考えになって、今の中央地下道の伊藤委員の御発言なんかとリンクして、思いとしては、それはなかなか実現できる、できないはあるかと思いますが、そういった意味では元気な方々は夜幾らでも、いつでも見れるよという方々はたくさんおられるんだろうけれども、そういった意味合いのところに心をはせていただいて、あとは子供たちもそうなんですけれども、そういっためり張りをプログラムなり、露店のレイアウトだとか、あと、そういうイベント全体の企画の中に、要望という形になりますけれども、折り込んでいただけるような御配慮が賜ればと。今回、規模がプラスに働くよりもマイナスに働く可能性がちょっと強いということであれば、そういうときに、そういうものを少し折り込んでいただくことで、また翌年度以降の中身につながるのかなと思っておりますので、一応そんなことで、答えは要りませんけれども、よろしくお願いします。


【委員長】伊藤委員。


【伊藤委員】初日の午前中の話が出たので、七夕の掲出に関してですが、七夕まつりの期間が4日から7日までというふうに観光ポスター等でもうたっていながら、昨年度は初日の午前中に掲出しますよという話で、前日の夜中に掲出をしたところと、当日の午前中に掲出をしていると。基本的には午前中に掲出をするというスケジュールを組まれたわけですよね。ところが、七夕まつりの期間はその日から。今言われたように当日の午前中に多くの方が見えているのが現状で、掲出前に、ここのところを少し精査をしないと、これは市内のお年寄りたちだから許されているんだけど、全国から観光バスで来てしまった日には、とてもじゃないけど言いわけが効かない。少しそこらの精査は必要ではないかと思います。そんなことも御検討いただければと思います。


【商業観光課長】交通規制の関係もありまして、極力、交通規制をしない形でやりますと、やはり夜間から始めて、早朝までの間に飾りの掲出を依頼してまいりましたけれども、今おっしゃいましたように時間が延びてしまっている店もございます。今のことにつきましては、竹飾り委員会の方に再度申し入れたり、実行委員会の中で協議してまいりたいと思います。よろしくお願いします。


【委員長】それでは、これで質問を終わります。
 なお、最後にですけれども、議員の皆様には、ぜひ七夕まつりに積極的に参加していただいて、かつ織り姫コンテストの方も、ぜひ皆さんで見にいってあげていただきたいと思いますので、最後にそれだけつけ加えて、以上で委員協議会を閉会いたします。御苦労さまでした。
                  午前11時54分閉会

           委 員 長   須 藤  量 久