議事ロックス -地方議会議事録検索-


神奈川県 平塚市

平成20年 総務経済常任委員協議会 本文




2008.09.17 : 平成20年 総務経済常任委員協議会 本文


議 題
  1.第58回湘南ひらつか七夕まつり開催実施報告について

                  午前11時54分開会
【委員長】引き続きまして、総務経済常任委員協議会を開催いたします。
 議題は「第58回湘南ひらつか七夕まつり開催実施報告について」です。
 まず、理事者から説明があります。


【経済部長】委員会の後、引き続きお時間をいただき恐縮でございますが、第58回湘南ひらつか七夕まつりの実施状況につきまして、お手元の開催実施報告書に基づき、概要を御説明させていただきます。よろしくお願いいたします。
 まず、報告書の1ページ目をお開きください。本年の七夕まつりは、7月4日金曜から7日月曜までの4日間開催いたしました。期間中、降雨により催し物への影響が心配された日もありましたが、予定した催し物はすべて実施することができました。
 期間中の人出は、当初270万人を見込んでおりましたが、雨天や曇りの日が多かったことや、ガソリンの高騰などもあり、240万人となっております。
 今回の七夕まつりの特色といたしましては、6月の常任委員会の後に御説明させていただきましたとおり、洞爺湖サミットの開催と日程が一部重なりましたことから、自主警備体制の強化が求められた点であります。警備の強化につきましては、警備会社や交通安全協会、市の職員等の増員を初め、雑踏監視カメラの改良と増設を行うとともに、イベントの縮小などもあわせて行いました。
 また、直前に発生しました秋葉原の無差別殺傷事件も警備体制に大きな影響を与えましたが、平塚警察署や警備会社、JR平塚駅との話し合いを重ね、協力体制を高めましたことから、大きな事故もなく無事終了することができました。今回の自主警備体制につきましては、今後の開催にも大きな影響を与えるものと思っております。
 続きまして、2ページをお開きください。今回の七夕まつりの特色の2点目といたしまして、中越沖地震で大きな被害を受けました柏崎市や周辺の市町村、新潟県とが連携し、復興1年を記念して開催された七夕まつりに、平塚市長を初め、副市長、職員、市民、中学生等の激励の短冊、約350枚と、市庁舎飾りや商工会議所、商店会等の七夕飾り、11セットを柏崎市に贈ることができた点にあります。
 戦災復興を記念して開催された平塚の七夕まつりと、震災復興1年目を記念して開催された柏崎市の七夕まつりとの交流が図れたことは有意義であったと思っております。
 続きまして、3ページからの実施結果につきまして、ごらんいただきたいと思います。
 まず、宣伝活動ですが、開催期間等を案内するためのPRはがきやホームページ、県内キャンペーン等による事前宣伝を行いました。宣伝ポスターにつきましては1600枚作成し、JR東海道線や小田急線等の主要駅に掲出していただきました。
 4ページですが、行事プログラムを20万部作成し、6月29日に新聞折り込みにより、市内を初め近隣市町に配布し、あわせて広報ひらつかで市民への周知を図りました。
 新聞、雑誌、テレビ等、マスコミへの対応は資料提供を行うとともに、SCNやFM湘南ナパサの協力をいただき、随時情報発信を実施いたしましたが、洞爺湖サミットとの重複による警備の関係から、PRはがきやポスターの配布など、宣伝活動の一部は縮小いたしました。
 次に、5ページをお開きください。催し物、イベントの関係ですが、竹飾りコンクールでは、コンクール参加数は昨年と比べ若干下回りましたが、市民飾りの部は増加し、全体では282件の参加となっております。竹飾りの審査は7月4日に実施し、審査結果は巻末に掲載しておりますので、後ほどごらんいただきたいと思います。表彰式は5日に特設ステージで行いました。
 竹飾りの掲出促進につきましては、昨年に引き続き市民ボランティアの会であります湘南七夕の会の製作指導のもと、地区体育振興会、保育園、高等学校等、市内の各団体の協力を得て、市民飾り、子ども飾りの製作並びに掲出を行っていただきました。
 6ページですが、昨年から行っております「願いごと短冊」は、6月27日まで市民から願いごとを募り、これは無料でございますけれども、明石町の手づくり食工房に開設しております七夕事務所で記入したものを、まちかど広場に掲出いたしました。
 次の織り姫コンテストにつきましては、6月に報告をさせていただきましたので、説明は省略させていただきます。
 次に、7ページから11ページに催し物、イベント内容を掲載いたしましたが、このうち主なものを御説明いたします。
 まず、各種パレードにつきましては、初日に織り姫披露パレードを実施しました。織り姫専用コスチュームを着ての演出は、多くの方々から大変好評を得ております。各種パレードは、不安定な天候ではありましたが、すべて予定どおり実施できましたが、警備の軽減を図るため千人踊りパレードと織り姫撮影会は片道とさせていただきました。
 9ページでございますが、イベント関係ではことしも特設ステージにおいてさまざまなプログラムが行われましたが、こちらも土曜、日曜のみの2日間に短縮しての実施となりました。
 また、メディアランナー、モニターつきの車でございます。これも市民プラザ前交差点に設置し、織り姫コンテストのVTRや企業CM、会場内禁煙、青少年防犯呼びかけ、七夕に関するプログラム、注意事項などの映像を放映いたしました。
 その他、見附台広場内では、ことしから発足しました市民団体による見附台広場自主運営協議会が広場とステージを運営し、会場の分散化と市民参画が図られました。
 その他、日産ファミリー劇場等の協賛行事を初め、幼稚園児、小学生を対象とした天体観測と星に関する教室等の「たなばたの星座をたのしもう」が開催されるなど、多くのイベントが行われました。
 11ページの下段に移ります。まちかど広場では、昨年と同様、商店街によりますおやすみ処の開設や環境接遇委員会が本部を設置し、七夕みち案内人を実施するなど、市民主体の来場者サービスが提供されました。
 続きまして、12ページの観光客接遇施設では、ことしも駅西口、北口、南口の各案内所において、県立平塚商業高校、高浜高校、平塚工科高校、神田高校、平塚学園高校の生徒さんの協力を得て、金曜日から日曜日の3日間、案内業務を行っていただきました。
 駐車場につきましては、河川敷臨時駐車場のほか、崇善小学校、松原小学校、江陽中学校に臨時駐車場を開設し、来場者の利便を図りました。駐車場の利用台数は、全体で1400台ほど減少しております。
 13ページですが、休憩施設につきましては、ことしも会場内の3公園及びまちかど広場にベンチ等を設置し、来場者のおやすみ処として開設し、好評を得ております。
 次に、清掃作業ですが、期間中、クリーンボックスを60カ所に246個設置し、毎日早朝6時から特別収集を実施しました。
 7月6日日曜には、青少年育成団体ほか多数のボランティアの参加により、早朝クリーン大作戦を実施していただきました。
 14ページですが、七夕まつり改革事業の一環として、クリーンキャンペーンを実施し、会場内のごみ散乱防止と排出抑制を図るため、環境接遇委員会を中心としたボランティアの協力を得て、ごみ袋の配布と回収を行い、御協力をいただいた来場者には記念品を配付いたしました。
 交通規制につきましては、湘南スターモールは期間中、全面交通規制とし、海岸南中線のうち中央地下道側から平塚山下線までについては、夜10時から翌朝8時まで交通規制を解除いたしました。
 露店出店規制につきましては、900店の出店となりましたが、暴力団関係者の排除のため事前審査を厳しく行い、期間中は不法出店者への警告や撤去等、警察署を初め関係者の方々の協力による露店出店パトロールを実施しました。
 中心商店街の商店による不法占用出店を規制するため、平塚市商店街連合会が中心となり、道路使用等自主規制委員会を組織し、期間中、随時パトロールを行い、指導、警告、撤去を行いました。今回で2回目となりますが、少しずつ効果が出てきていると感じております。
 安全対策といたしましては、人員の増加と効率的な配置を行い、来場者の安全・安心の確保のため、交通警備体制の強化を行いました。
 今回で58回目を迎えました七夕まつりも、社会情勢の変化とともに市民の祭りに対する評価や受けとめ方など多様化してきており、開催本部にはさまざまな御意見が寄せられております。
 また、無差別殺傷事件なども多発している今日、安全で安心な祭りを開催していくことは重要な課題となっており、4日間で200万人を超す人出となります七夕まつりを、今後も継続して開催していくためには、より多くの関係機関や関係者の方々の御協力は必要であるとともに、さまざまな視点から検討を進めていくことが重要であると認識しております。引き続き多くの市民に愛される七夕まつりとするための検討を重ねてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
 なお、16ページ以降には期間中の記録等を掲載いたしましたので、後ほどごらんいただきたいと思います。
 以上、雑駁な説明で恐縮ですが、実施報告書の説明を終了させていただきます。


【委員長】説明は終わりましたが、質問等はございますか。


【金子委員】質問というよりも要望で結構でございますが、織り姫コンテストと七夕の竹飾りの審査員の顔ぶれ、審査員の入れかえというんですか、少しずつ変えていったらどうかということを要望しておきます。
 一般的に見て、織り姫なんて言うと、これは怒られてしまうんですけれども、大分批判が入っている部分もありますし、竹飾りもどうしてこういうところが入っているのかなというところもありますので、見方が大分多様化して、考え方も変わっているのではないかと思いますので、要望で結構でございます。


【委員長】府川委員。


【府川委員】中央地下道、ことし10時から朝まで、あの関係で切りかえ時、特に問題がなかったのかということと、あと、やる前に七夕の関係で市として7000万円近くお金を出している中で、会計報告、どこで何に使われて、こういったことをやっているというのがわかるようにしてくださいということは、私質問したと思うので、それは必ず報告だけしていただきたいと思います。
 前回も言ったように、こういうイベントですから、お祭り事で集まりがあって、夜遅くなったからお弁当を出しましたよ、缶ビールの1本出しましたよというぐらいは目をつぶってもいい状態の中で、そういう部分は正確にそういう会議をやって、こういうことで使われましたよというのは、やっぱり市民から預かっているお金を支出しているもので、そういった報告は、使えば報告するのは当たり前だと思いますので、それはちょっと要望しておきます。
 特に、中央地下道の関係で、治安の関係でセブンイレブンの方にちょっと自粛してくださいという形、ことしも要望したと思うんですけれども、それは実施されたのかどうか、その点だけちょっとお聞きします。


【商業観光課長】中央地下道につきましては、ことしから、去年は片側で、ことしは全面的になりました。交通を解除する前に我々がハンドマイクで、車を解除しますので歩道に上がっていただくように、何回も往復して速やかに歩道に上がっていただいて、掃除をして、一般の交通を解除いたしました。円滑に行われたものと思っております。
 それから、セブンイレブンにつきましては、青少年が夜9時から夜中にかけて集まってしまうということで、西口のローソン、それから西口のセブンイレブン、それから見附町のセブンイレブンにお願いをしまして、営業時間は本部に決定権がありますので、本部にお願いをしまして、その3店については営業を9時半ぐらいから自粛していただきました関係で、若者がその前に行くことがなくなりました。成果はあったものと思っております。
 以上でございます。


【府川委員】努力賞だと思っています。あと、いろいろなところで駐車場、崇善小学校だとか。ことしも、いろいろな形でつながったりとか、スムーズに入れかえができなかったとか、入り口でちょっと危なかったりとか、そういう話も若干耳にしていますので、そこだけはちゃんとやっておかなければいけないのかな。
 警備の関係は、結構皆さんこまめに歩いていましたので、いろいろな腕章をつけて、職員もそうだったんですけれども、こまめに狭い路地まで歩いていた部分があって、ある程度警察が少なくても、サミットが関係していても、関係しなかったのかなという感じはしていますので、これはずっと続けていくような形だと思いますので。
 一昨年か何かで、暴走族が1回入り込んだというのがありますけれども、だんだん今は規制ができて、そういった部分はなくなって、ことしはたしかなかったと思うんですけれども、そういったことをぜひ、職員も大変ですけれども、続けていただきたいと。
 あと、要望として、七夕飾りを1年ぽっきりでいつも終わって、そこで終わる。7月の七夕の近くになると、庁舎のあそこでぼんぼりで七夕だけでなくて、少しはああいう大きいところのやつを安く買い取って、少しどこか市のところへ展示するとかというのも考えていった方がいいのかなという感じはしますので、それはちょっと検討してください。
 以上です。


【委員長】渡辺委員。


【渡辺委員】去年の終わった後の会議でもって要望して、ではそういうふうにしますというお約束をしていただいたことなんですけれども、始まる前のときに、多くの要望とか意見が出されますよね。終わった後に、そういった要望に対して、こういうふうな対応をしました、こうなりましたという、それをまとめてほしいということで、ではそうしますとなっていたのです。その辺はこの中に含まれたのか。できたら、ちゃんと承認してもらった方が、報告する側としては報告しやすいのです。その辺は、去年はそうするとなっていたんですけれども。


【商業観光課長】まず、1点目の府川委員さんの方から出ました報告書、会計報告につきましては、来年の七夕を始めるときに、ことしのを出したいと思っています。よろしくお願いします。
 それから、御要望、確かに、どんな要望、苦情があったのかということで、前回承っております。今、市民の方、それから警察の方からの要望とか、庁内の職員の要望等を取りまとめて整理しております。それで、それをいろいろ七夕まつりの実行委員会のときに報告しておりますので、次回については、それを御提示申し上げたいと思っています。よろしくお願いします。


【渡辺委員】市民の要望も含めて、ここでもって、これまで出された、いろいろ出しますよね、いろいろな意見をね。それについても。


【委員長】いいですか。


【渡辺委員】はい。


【委員長】ほかは。
                (「なし」と呼ぶ者あり)


【委員長】これで質問等を終わります。本件は報告でありますので、これで委員協議会を閉会いたします。御苦労さまでした。
                  午後0時13分閉会

           委 員 長   永 田  美 典